議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 新宮市

平成21年 12月 定例会 12月16日−05号




平成21年 12月 定例会 − 12月16日−05号










平成21年 12月 定例会



          平成21年12月新宮市議会定例会会議録

            第5日(平成21年12月16日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員定数19名、現在員19名、出席議員18名、氏名は次のとおり。

         1番  木戸地郁生君

         2番  松畑 玄君

         3番  久保智敬君

         4番  榎本鉄也君

         5番  福田 讓君

         6番  田花 操君

         7番  東 賀子君

         8番  杉原弘規君

         9番  東原伸也君

        10番  上田勝之君

        11番  三栗章史君

        12番  松本哲也君

        13番  前田賢一君

        14番  奥田 勲君

        15番  松本光生君

        16番  辻本 宏君

        18番  前田 治君

        19番  大西 強君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員1名、氏名は次のとおり。

        17番  屋敷満雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 平成21年12月16日 午前10時開議

 日程1 議案第62号 新宮市長の退職手当の特例に関する条例

 日程2 議案第67号 新宮市消防手数料条例の一部を改正する条例

 日程3 議案第68号 新宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例

            (以上3件 総務委員会委員長報告)

 日程4 議案第63号 新宮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例

 日程5 議案第64号 新宮市介護保険条例の一部を改正する条例

            (以上2件 教育民生委員会委員長報告)

 日程6 議案第61号 新宮市手数料条例の一部を改正する条例

 日程7 議案第65号 新宮市開発行為等に関する条例

 日程8 議案第66号 新宮市簡易水道設置条例の一部を改正する条例

            (以上3件 経済建設委員会委員長報告)

 日程9 議案第74号 平成21年度新宮市一般会計補正予算(第7号)

            (総務・教育民生・経済建設各委員会委員長報告)

 日程10 議案第88号 平成21年度新宮市一般会計補正予算(第8号)

             (総務・教育民生・経済建設各委員会委員長報告)

 日程11 議案第75号 平成21年度新宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 日程12 議案第76号 平成21年度新宮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 日程13 議案第77号 平成21年度新宮市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 日程14 議案第78号 平成21年度新宮市と畜場特別会計補正予算(第1号)

 日程15 議案第79号 平成21年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計補正予算(第1号)

 日程16 議案第82号 平成21年度新宮市立医療センター病院事業会計補正予算(第2号)

             (以上6件 教育民生委員会委員長報告)

 日程17 議案第80号 平成21年度新宮市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 日程18 議案第81号 平成21年度新宮市水道事業会計補正予算(第1号)

             (以上2件 経済建設委員会委員長報告)

 日程19 議案第83号 辺地総合整備計画の変更について

 日程20 議案第85号 監査委員の選任について

 日程21 議案第86号 公平委員会委員の選任について

 日程22 議案第87号 教育委員会委員の任命について

 日程23 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について

            (以上5件 総務委員会委員長報告)

 日程24 議案第84号 市道路線の認定について

             (経済建設委員会委員長報告)

 日程25 請願第2号 2010年度の年金確保に関する意見書採択についての請願書

 日程26 請願第3号 後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書採択についての請願書

            (以上2件 教育民生委員会委員長報告)

 日程27 選第1号 新宮市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙

 日程28 議会発案第4号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長を求める意見書の提出について

 日程29 閉会中の継続審査及び調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

 日程1 議案第62号 新宮市長の退職手当の特例に関する条例から

 日程追加変更 議会発案第5号 平成22年度の年金確保に関する意見書提出について

 日程追加変更 議会発案第6号 後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書提出について

 日程29 閉会中の継続審査及び調査についてまで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定による出席者

          市長                  田岡実千年君

          理事(港湾・企業誘致関係及び土地開発公社担当)

                              倉家 博君

          まちづくり政策部

          部長                  川嶋 潤君

          次長兼企画調整課長           芝 悦男君

          商工観光課長              北畑直也君

          総務部

          部長                  小山壽行君

          次長兼総務課長             丸山修市君

          参事(行政改革担当)          嶋田喜久一郎君

          秘書課長                鈴木俊朗君

          財政課長                上路拓司君

          市民福祉部

          部長                  向井 隆君

          福祉事務所長              浜前泰弘君

          建設農林部

          部長                  中畑孝一君

          参事(建設農林政策担当)兼農業委員会事務局長

                              和田 隆君

          都市建設課長              渕上 崇君

          熊野川行政局

          局長                  平 俊孝君

          会計管理者兼会計課長          中地清剛君

          医療センター

          事務長                 上野山巳喜彦君

          水道事業所

          所長                  山野上光治君

          消防本部

          消防長                 大石 明君

          次長                  辻坂雅則君

          教育委員会

          教育長                 大江清一君

          教育部

          部長                  杉山泰生君

          次長兼学校教育課長           平見善宣君

          参事(文化複合施設担当)兼文化振興課長 中岡保仁君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本会議の事務局職員

          局長                  浜口恭行

          次長                  畑尻英雄

          次長補佐                平見仁郎

          次長補佐兼議事調査係長         赤松勇人

          庶務係長                北 光子

            第5日(平成21年12月16日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(奥田勲君) 

 おはようございます。

 ただいまの出席議員は18名であります。

 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、別紙にて配布いたしたとおりであります。御了承願います。

 日程に入ります前に御報告いたします。

 本日、屋敷議員、所用のため遅刻の旨の届け出がありましたので、報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程1 議案第62号 新宮市長の退職手当の特例に関する条例



△日程2 議案第67号 新宮市消防手数料条例の一部を改正する条例



△日程3 議案第68号 新宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例



○議長(奥田勲君) 

 日程に入ります。

 日程1、議案第62号、新宮市長の退職手当の特例に関する条例から日程3、議案第68号、新宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例まで3件を一括議題といたします。

 付託なった総務委員会委員長の報告を求めます。

 なお、委員長報告に対する取り扱いについては、委員長より一括して順次報告を受けた後、報告の順位に従って分離して質疑を行い、質疑が終わって委員長が議席についてから、報告の順位に従い、各号について討論の上、その都度順次採決をいたしますので、あらかじめ御了承願います。

 では、委員長の報告を求めます。

 10番、上田議員。



◆10番(上田勝之君) (登壇)

 皆さん、おはようございます。

 総務委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、総務委員会に付託なりました議案第62号、新宮市長の退職手当の特例に関する条例、議案第67号、新宮市消防手数料条例の一部を改正する条例、議案第68号、新宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の3件につきまして、委員会審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第62号、新宮市長の退職手当の特例に関する条例につきましては、現市長の在職中に限り市長への退職手当を支給しない旨を規定するものであります。

 委員中より「市長の退職金をゼロとするのは余りにも乱暴ではないか、副市長等特別職への退職金の影響とバランスを考えると、金額や制度的なものを議論すべき」との意見がありましたが、採決の結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第67号、新宮市消防手数料条例の一部を改正する条例でありますが、本条例は平成22年4月1日より県から権限移譲される事務に関し、市において徴収することとなる消防関係の手数料について新たに追加するというものであります。本案は当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第68号、新宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例でありますが、これは消防法の一部改正に伴い、用語の整備を行ったものであります。本案は当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第62号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第67号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第68号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 以上で、質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 まず、議案第62号について討論ありませんか。

 16番、辻本議員。



◆16番(辻本宏君) 

 議案第62号の新宮市長の退職手当の特例に関する条例につきまして、反対の討論をさせていただきたいと思います。

 田岡市長4年任期中の期間のみに限り廃止ということでありますが、市長の退職金だけでなく、同じ特別職の副市長の退職金も廃止すべきであり、新宮市行政の最高責任者である市長、それを補佐する役の副市長との給与が逆転してしまうことにもなりかねない。これではバランスがとれず、一般的になじまないと思います。そして、4年間で1,100万円余りの退職金を廃止しても、財政的な効果があるとは考えられません。1年間に換算して300万円足らずの予算を削減しても、支出の大きな軽減にはならないと考えられます。税収も年々落ち込んでおり、これからもこの状態が続くと予想されます。来年の予算編成では、歳出の抑制、歳出を抑えたゼロまたはマイナスシーリングで組み立てていかないといけないときであります。もっとほかに予算を見直し、大きく削減しないといけないところはあるのではないでしょうか。

 このたび、市長退職金の4年だけ期限つきの廃止条例は、小手先だけの表面的な行為としか受け取れません。就任直後、市長の退職金を廃止する前に、市長みずから自信を持って市民の行政の満足度を一層高める働きをして評価されるのが、まずは肝心ではないかと思います。

 よって、この条例を反対します。

 以上です。



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 これより議案第62号を採決いたします。

 本案について、委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(奥田勲君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第62号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第67号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第67号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第68号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第68号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程4 議案第63号 新宮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例



△日程5 議案第64号 新宮市介護保険条例の一部を改正する条例



○議長(奥田勲君) 

 日程4、議案第63号、新宮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例及び日程5、議案第64号、新宮市介護保険条例の一部を改正する条例2件を一括議題といたします。

 付託なった教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 教育民生委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に付託なりました議案第63号、新宮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例、議案第64号、新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の2件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第63号及び議案第64号につきましては、厚生年金保険法等の一部改正する法律が施行され、社会保険の保険料等に係る延滞金が軽減されることに伴い、社会保険料全般において同様の取り扱いとなることから所要の整備を図るものであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第63号及び議案第64号につきましては、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第63号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第64号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 以上で質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 まず、議案第63号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第63号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第64号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第64号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程6 議案第61号 新宮市手数料条例の一部を改正する条例



△日程7 議案第65号 新宮市開発行為等に関する条例



△日程8 議案第66号 新宮市簡易水道設置条例の一部を改正する条例



○議長(奥田勲君) 

 日程6、議案第61号、新宮市手数料条例の一部を改正する条例から日程8、議案第66号、新宮市簡易水道設置条例の一部を改正する条例まで3件を一括議題といたします。

 付託なった経済建設委員会委員長の報告を求めます。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 経済建設委員会より委員長報告を行います。

 今期定例会において、経済建設委員会に付託なりました議案第61号、新宮市手数料条例の一部を改正する条例、議案第65号、新宮市開発行為等に関する条例、議案第66号、新宮市簡易水道設置条例の一部を改正する条例の3件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第61号につきましては、和歌山県の事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例により、平成22年4月1日から権限移譲される事務に関し、市において徴収することとなる手数料について新たに追加するものであります。

 次に、議案第65号につきましては、和歌山県の事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例により、平成22年4月1日から、都市計画法における開発行為及び宅地造成等規制法における宅地造成工事の二つの許可権が権限移譲されることに伴い、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第66号につきましては、三津ノ簡易水道の浄水方法の変更について、県知事から変更許可を受けたことに伴い、給水人口及び給水量の変更を行うものであります。

 審査に当たって出されました主な質疑、要望について申し述べます。

 委員中より「今後、この条例改正のように県からの権限移譲の増加が予想されるが、十分な対応ができるよう職員の体制づくりを含め、進めてほしい」との要望がありました。次に、委員中より開発行為等に関する条例の説明を求めたところ、当局より「県の権限移譲に伴うもので、都市計画法に基づく開発許可と宅地造成等規制法による宅地造成許可の権限移譲に基づき、法に縛りのない事項等を一つの条例にまとめたものであります」との答弁がありました。また、委員中より「開発行為と都市計画審議会との関係は」との質問があり、当局より「都市計画審議会は、法的な位置づけの中で新宮市の都市計画に関することを審議しており、開発行為については、都市計画法の一部であるので、非常に大きな案件など、案件によっては審議する場合もあります。ただし、あくまでも法に基づいた開発に対する指導なので、直接都市計画審議会のほうへ案件として上げる事例は少ないと予想されます」との答弁がありました。次に、委員中より「条例上、三津ノ簡易水道の給水量の限度がふえている理由は」との質疑があり、当局より「給水人口は、過去10年間の人口動態に基づいた計画給水人口とし、1日最大給水量につきましては、プール等で使用量が急激に増加するお盆の最大給水量を想定した数値で認可をいただいております」との答弁がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第61号、議案第65号、議案第66号につきましては、いずれも当局の説明を了として、全員異議なく原案のとおり可決するものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第61号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第65号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第66号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 以上で、質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 まず、議案第61号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第61号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第65号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第65号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第66号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第66号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程9 議案第74号 平成21年度新宮市一般会計補正予算(第7号)



○議長(奥田勲君) 

 日程9、議案第74号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

 分割付託なった総務、教育民生、経済建設、各委員会委員長の順序に従って報告を求めます。

 なお、各委員会委員長の報告の都度質疑を行いますので、御了承願います。

 まず、総務委員会委員長の報告を求めます。

 10番、上田議員。



◆10番(上田勝之君) (登壇)

 総務委員会委員長報告を行います。

 今期定例会におきまして、総務委員会に分割付託なりました議案第74号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第7号)のうち本総務委員会へ付託された部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 主な補正内容につきましては、歳出1款議会費は人件費、2款総務費は人件費及び丹鶴城址整備基金積立金、4款衛生費中1項保健衛生費9目簡易水道費は人件費分繰り出しによる減額、9款消防費は人件費及び消防団員4名の退職報償金、11款災害復旧費中の所管部分では、消防監視カメラ修繕にかかわる補正予算及び歳入全款であります。

 審査に当たって出されました主な質疑について申し述べます。

 委員中より「歳入の教育総務費補助金については、国の政権交代により国の予算が見直され減額措置されたものと承知しているが、さきの議会で議決した予算を見直すことについてどう考えますか」との意見があり、当局より「中学校電子黒板整備事業は、国の事情で政策変更され、年度途中で予算減額されたことは異例であり、残念であります。この事業が経済対策として全額交付金として財源が確保されていたこともあり、今回やむなく減額することとしたものであります」との答弁がありました。

 本案は、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 総務委員会委員長の報告について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 教育民生委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に分割付託なりました議案第74号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第7号)のうち本委員会へ付託された部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 主な補正内容につきまして、3款民生費では、報酬改定及び利用者の増加による介護給付事業扶助費の増額、身体障害者への医療援護事業の増加による自立支援医療費の増額、教育扶助費及び医療扶助の増加による生活保護扶助費の増額、4款衛生費では、新型インフルエンザ対策で、国の方針に基づく予防接種費用補助として個別予防接種事業の増額、10款教育費では、援助対象生徒の増加による中学校関係扶助費の増額、市民会館暖房用ボイラー修繕による増額、国の事業見直しに伴う執行停止による中学校電子黒板整備事業の減額、11款災害復旧費では、南谷墓地法面災害復旧事業、緑丘中学校フェンス災害復旧工事により増額するものであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第74号中、本委員会への付託区分については、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 教育民生委員会委員長の報告について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、経済建設委員会委員長の報告を求めます。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 経済建設委員会より御報告を行います。

 今期定例会において、経済建設委員会に分割付託なりました議案第74号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第7号)のうち本委員会へ付託された部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第74号につきましては、歳出6款農林水産業費の森林整備地域活動支援交付金事業、野生鳥獣被害防止事業等に係る補正予算、7款商工費では、新宮市交流促進施設さつきのボイラー制御板及び熱交換機の修繕料等の補正予算、8款土木費では、急傾斜地崩壊対策、緊急整備の県営事業地元負担金等としての補正予算、11款災害復旧費では、林道ホイホイ坂線外6線、西の森農道外1線災害復旧事業等の補正予算であります。

 審査に当たって出されました主な質疑について申し述べます。

 7款商工費では、委員中より交流促進施設さつき管理費修繕料について説明を求めたところ、当局より「修繕については、原則として1件30万円以上は市で行っております。ただし、1件30万円以下であっても、支払い総額が多額となった場合には指定管理者と市が協議しながら進めております」との答弁がありました。また、委員中より「今後、指定管理契約の金額を減額する考えはあるのか」との質問があり、当局より「指定管理契約を3年間結んでおり、基本協定の中で1年ごとに甲乙で協議することになっております。3年間を通して経営状況がよくなれば減額ということも考えられます」との答弁がありました。

 8款土木費では、委員中より「急傾斜指定地区の要望について」の質疑があり、当局より「現在のところ、直接住民からの要望はありませんが、指定区域外の箇所で個々に実施が必要な箇所もあり、今後は県と協議しながら進めていきたいと思います」との答弁がありました。

 11款災害復旧費では、委員中より「事業費が全部一般財源であるが、国費で見てもらえないのか」との質疑があり、当局より「今回の災害につきましては、国の補助対象外である維持管理的なものが多く、単独で計上させていただきました」との答弁がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第74号中、本委員会への付託区分につきましては、当局の説明を了として、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 経済建設委員会委員長の報告について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 以上で、各委員会委員長に対する質疑を終わります。

 各委員会委員長の報告は、いずれも原案を可決すべきものとの報告であります。

 これをもって、議案第74号をまとめ討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 各委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第74号は、各委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程10 議案第88号 平成21年度新宮市一般会計補正予算(第8号)



○議長(奥田勲君) 

 日程10、議案第88号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第8号)を議題といたします。

 分割付託なった総務、教育民生、経済建設、各委員会委員長の順序に従って報告を求めます。

 なお、各委員会委員長の報告の都度質疑を行いますので、御了承願います。

 まず、総務委員会委員長の報告を求めます。

 10番、上田議員。



◆10番(上田勝之君) (登壇)

 総務委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、総務委員会に分割付託なりました議案第88号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第8号)のうち本総務委員会へ付託されました部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 主な補正内容につきましては、岩の谷川河川災害復旧工事負担金及び河川災害復旧事業債等についてであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第88号中、本委員会への付託分につきましては、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 総務委員会委員長の報告について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 教育民生委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に分割付託なりました議案第88号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第8号)のうち本委員会へ付託された部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 補正内容につきましては、3款民生費、介護基盤緊急整備等臨時特例補助金で、熊野川町日足地区に開設しているグループホーム開門荘が別棟を増設するに当たり、県の補助金が確定し、市を通じての交付となったため補正するものであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第88号中、本委員会への付託区分については、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 教育民生委員会委員長の報告について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、経済建設委員会委員長の報告を求めます。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 経済建設委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、経済建設委員会に分割付託なりました議案第88号、平成21年度新宮市一般会計補正予算(第8号)のうち本委員会へ付託された部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第88号につきましては、歳出11款災害復旧費の岩の谷川河川災害復旧工事に要する経費で、この事業は、先日国の災害査定を受け、工法・事業費等が認められたため、本年度事業費分の補正予算であります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第88号中、本委員会への付託区分につきましては、当局の説明を了として、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 経済建設委員会委員長の報告について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 以上で、各委員会委員長に対する質疑を終わります。

 各委員会委員長の報告は、いずれも原案を可決すべきものとの報告であります。

 これをもって、議案第88号をまとめ討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 各委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第88号は、各委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程11 議案第75号 平成21年度新宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)



△日程12 議案第76号 平成21年度新宮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)



△日程13 議案第77号 平成21年度新宮市介護保険特別会計補正予算(第2号)



△日程14 議案第78号 平成21年度新宮市と畜場特別会計補正予算(第1号)



△日程15 議案第79号 平成21年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計補正予算(第1号)



△日程16 議案第82号 平成21年度新宮市立医療センター病院事業会計補正予算(第2号)





○議長(奥田勲君) 

 日程11、議案第75号、平成21年度新宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)から日程16、議案第82号、平成21年度新宮市立医療センター病院事業会計補正予算(第2号)6件を一括議題といたします。

 付託なった教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 教育民生委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に付託なりました議案第75号、平成21年度新宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第76号、平成21年度新宮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第77号、平成21年度新宮市介護保険特別会計補正予算(第2号)、議案第78号、平成21年度新宮市と畜場特別会計補正予算(第1号)、議案第79号、平成21年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計補正予算(第1号)、議案第82号、平成21年度新宮市立医療センター病院事業会計補正予算(第2号)の6件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第75号及び議案第76号につきましては、人事交流等及び人事院勧告に伴う人件費の減額、議案第77号につきましては、認定調査委託件数の増加に伴う調査委託料の増額と人事交流等に伴う人件費の減額、議案第78号につきましては、水道使用料増加に伴う光熱費と浄化槽修繕料の増額、議案第79号につきましては、人事交流等に伴う人件費の増額により予算の組み替えを行ったもの、議案第82号につきましては、収益的収入予定額の増額と収益的支出の予定額の減額、資本的収入及び支出の予定額を増額等するものであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第75号から議案第79号及び議案第82号の6件につきましては、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第75号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第76号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第77号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第78号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第79号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第82号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 以上で、質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 議案第75号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第75号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第76号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第76号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第77号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第77号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第78号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第78号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第79号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第79号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第82号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第82号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程17 議案第80号 平成21年度新宮市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程18 議案第81号 平成21年度新宮市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(奥田勲君) 

 日程17、議案第80号、平成21年度新宮市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)及び日程18、議案第81号、平成21年度新宮市水道事業会計補正予算(第1号)2件を一括議題といたします。

 付託なった経済建設委員会委員長の報告を求めます。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 経済建設委員長より報告いたします。

 今期定例会において、経済建設委員会に付託なりました議案第80号、平成21年度新宮市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第81号、平成21年度新宮市水道事業会計補正予算(第1号)の2件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第80号につきましては、人事院勧告に伴う人件費の減額補正であります。議案第81号につきましては、収益的支出における人事異動に伴う人件費の減額補正、また資本的支出における人事異動に伴う人件費の増額補正であります。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第80号及び議案第81号につきましては、当局の説明を了として、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第80号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第81号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決をいたします。

 議案第80号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第80号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第81号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第81号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程19 議案第83号 辺地総合整備計画の変更について



△日程20 議案第85号 監査委員の選任について



△日程21 議案第86号 公平委員会委員の選任について



△日程22 議案第87号 教育委員会委員の任命について



△日程23 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について



○議長(奥田勲君) 

 日程19、議案第83号、辺地総合整備計画の変更についてから日程23、諮問第1号、人権擁護委員の推薦についてまで5件を一括議題といたします。

 付託なった総務委員会委員長の報告を求めます。

 10番、上田議員。



◆10番(上田勝之君) (登壇)

 総務委員会委員長報告を行います。

 今期定例会におきまして、総務委員会に付託なりました議案第83号、辺地総合整備計画の変更について、議案第85号、監査委員の選任について、議案第86号、公平委員会委員の選任について、議案第87号、教育委員会委員の任命について、諮問第1号、人権擁護委員の推薦についての5件につきまして、委員会審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第83号、辺地総合整備計画の変更については、辺地債活用のために事業計画を策定している小口・三津ノ・敷屋の3辺地区のうち、小口地区に移動通信用鉄塔施設整備を新たに盛り込むという事業計画の変更であります。本案は当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第85号、監査委員の選任については、監査委員2名の委員のうち、本年12月31日に任期満了する北尾順二氏の再任に当たり、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものです。任期は4年であります。

 次に、議案第86号、公平委員会員の選任については、公平委員3名の委員のうち、本年12月31日に任期満了する松原丈保氏の再任に当たり、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会の同意を求めるものです。任期は4年であります。

 次に、議案第87号、教育委員会員の任命については、教育委員5名の委員のうち、本年12月22日に任期満了する吉良善和氏、中村八十八氏両名の再任に当たり、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものです。任期は4年であります。

 委員中より、議案第85号から87号の3議案すべてについて、「本案に提案されている皆さんは、すべて人格が高潔であり、公正な識見を有し、これまで市政に多大の貢献をいただいている方々であることは疑う余地もありません。大変感謝しているところであります。しかし、本来行政上の意思を決定する各種委員会、殊に地方公共団体に設置する執行機関の委員等については、公選によるのが民主的と考えますが、現実は法の定めるところによって、市長あるいは議会の指名、同意を得て選任しているものであります。ならば、なおさらその選任については、市長また我々議会も慎重を期さねばならないのであります。にもかかわらず、安易に一度委嘱した委員に継続的に留任を求め、結果として、委員の多選あるいは高齢化を助長してきたのであります。そもそも、委員にはそれぞれ3年、4年などの任期があるのであり、その任期を委嘱するのが本意であります。ならば、再任もしくは8年程度が常識的に適正限度であるのではないかと考えます。議会は、過去長年にわたり、当局に対し、この悪習を改善するように申し入れをしてきたにもかかわらず、一向に改善されることはなかったのであります。つきましては、今回あえて本案を否決して新たな人材を登用することこそが、今後の改革、改善が促される一助になると思料し、本案に反対をするところであります」との反対討論があり、採決の結果、議案第85号より議案第87号につきましては、賛成多数により同意すべきものと決定いたしました。

 次に、諮問第1号でありますが、人権擁護委員9名の委員のうち、来年3月末に任期満了する山口明美氏について、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を聞き再任しようとするものです。任期は3年であります。

 本案は当局の説明を了とし、全員異議なく同意すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第83号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第85号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第86号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、議案第87号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 次いで、諮問第1号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 以上で、質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 議案第83号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第83号は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 次いで、議案第85号について討論ありませんか。

 19番、大西議員。



◆19番(大西強君) 

 私は、本案に限らず、各執行機関等の委員については、ただいま委員長から報告のあった反対意見の趣旨で総務委員会において反対をしたものでありますが、私は、総務委員会のメンバーでもありますので、委員会の賛成議決を尊重し、賛成するものであります。しかし、それはあくまで当局の「今後は各委員会委員の多選、高齢化の抑制を十分考慮した上で人選する」との答弁を信じて、本案に賛成するものであります。



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第85号は、これを同意することに決定いたしました。

 次いで、議案第86号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第86号は、これを同意することに決定いたしました。

 次いで、議案第87号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議がありますので、起立によって採決いたします。

 本案について、委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(奥田勲君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第87号は、これを同意することに決定いたしました。

 次いで、諮問第1号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号は、これを同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程24 議案第84号 市道路線の認定について



○議長(奥田勲君) 

 日程24、議案第84号、市道路線の認定についてを議題といたします。

 付託なった経済建設委員会委員長の報告を求めます。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 経済建設委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、経済建設委員会に付託なりました議案第84号、市道路線の認定について、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 議案第84号につきましては、新宮市道路線認定基準要綱に基づき、新宮市蓬莱一丁目7324番1、幅員6メーター、延長約88.4メーターの私道を新たに市道に認定しようとするものであります。

 審査に入る前に、路線名西阿須賀町東境町線4号支線の現地調査を行ってまいりました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第84号につきましては、当局の説明を了として、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 本案について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第84号は、委員長報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程25 請願第2号 2010年度の年金確保に関する意見書採択についての請願書



△日程26 請願第3号 後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書採択についての請願書



○議長(奥田勲君) 

 日程25、請願第2号、2010年度の年金確保に関する意見書採択についての請願書及び日程26、請願第3号、後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書採択についての請願書2件を一括議題といたします。

 付託なった教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 教育民生委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に付託なりました請願第2号、2010年度の年金確保に関する意見書採択についての請願書、請願第3号、後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書採択についての請願書の2件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 請願第2号につきましては、高齢者の生活圧迫を招くことのないよう平成21年の消費者物価指数にかかわらず、高齢者の生活実態にかんがみ、平成22年度の年金の減額改定を行わないことを要望するもの、請願第3号につきましては、年齢で保険料も医療内容も異なる後期高齢者医療制度を、高齢者の人間としての尊厳を守る立場から、直ちに廃止することを要望するものであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、請願第2号及び請願第3号につきましては、全員異議なく採択すべきものと決定いたしました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(奥田勲君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、請願第2号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 次いで、請願第3号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 以上で、質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決をいたします。

 請願第2号について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、請願第2号は、委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

 次いで、請願第3号について討論ありませんか。

 4番、榎本議員。



◆4番(榎本鉄也君) 

 この意見書の採択について、反対の討論を行います。

 今、後期高齢者医療制度、即時廃止になったら、かなりの混乱が起こるところでございますし、また保険料もアップにつながるという悪弊があります。これを見逃すわけにはいきませんので、私は、この意見書の採択には反対をさせていただきます。



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 これより請願第3号を採決いたします。

 本案について、委員長の報告に賛成の方は起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(奥田勲君) 

 起立多数であります。

 よって、請願第3号は、委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程27 選第1号 新宮市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙



○議長(奥田勲君) 

 日程27、選第1号、新宮市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行います。

 本件は、本市の選挙管理委員及び同補充員の各4人が、12月21日をもって任期満了となる旨の地方自治法第182条第8項の規定による通知書に基づき、同条第1項の規定により選挙管理委員4人及び同補充員4人を、議会において選挙するというものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、議長の指名推選によることに決定いたしました。

 新宮市選挙管理委員会委員に、前義弥さん、仲一郎さん、岩上愛子さん、大川昌生さんの4人、及び補充員に、第1位、原田洵さん、第2位、江川守さん、第3位、加子坂英美さん、第4位、堀種藏さんの4人を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました方を選挙管理委員会委員及び補充員の当選人と決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、選挙管理委員会委員に、前義弥さん、仲一郎さん、岩上愛子さん、大川昌生さんの4人、及び補充員に、第1位、原田洵さん、第2位、江川守さん、第3位、加子坂英美さん、第4位、堀種藏さんの4人が、それぞれ当選人と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程28 議会発案第4号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出について



○議長(奥田勲君) 

 日程28、議会発案第4号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 18番、前田治議員。



◆18番(前田治君) (登壇)

 ただいま議題となりました議会発案第4号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出について御説明申し上げます。

 本市議会は、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書を関係行政庁に提出するものであります。

 なお、提案理由の説明につきましては、2枚目の文案の朗読をもって説明にかえさせていただきますので、御了承願います。

 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書(案)。

 電源立地地域対策交付金の水力発電施設周辺地域交付金相当部分(水力交付金)は、水力発電ダムに関わる発電用施設周辺地域住民の福祉の向上と電源立地の円滑化に資することを目的に創設されたものであり、本市では、この水力交付金を活用し、集会所整備や配水管断熱保護、塵芥収集車購入などを行い、住民生活の利便性向上を図ってきたところである。

 しかしながら、現在の制度では、交付対象市町村の多くが、まもなく最長交付期間の30年を迎えることとなる。本市においても、平成22年度末をもって交付期限を迎えるため、水力発電施設の円滑な運転継続や住民生活への影響が危惧される。

 豊富な水資源に恵まれた我が国において、水力発電は、原子力発電や火力発電に比べ、環境への負荷が少なく、再生可能なエネルギーとして、これまで電力の安定供給に大きく寄与してきたが、その背景には水力発電施設の建設に協力してきた地域の貢献があることを十分認識すべきである。

 よって、国におかれては、水力交付金について、過去30年間にわたる交付実績や、今後とも安定的な水力発電を維持する必要があること等を考慮の上、平成23年度以降は恒久的な制度とすること、及び原子力発電交付金との格差を踏まえた交付金の最高限度額及び最低保証額の引き上げなど交付条件の改善や事務手続きの簡素化を図られることを要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成21年12月16日、和歌山県新宮市議会議長、奥田勲。

 以上です。



○議長(奥田勲君) 

 本案について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 本案について討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 本案について御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議会発案第4号は、可決することに決定いたしました。

 暫時休憩いたします。

 休憩中に第2委員会室において、追加案件の取り扱いについて議会運営委員会を開催したい旨、委員長から申し出がありますので、これをもって招集通知にかえさせていただきます。よろしくお願いします。



△休憩 午前11時03分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時29分



○議長(奥田勲君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加変更について





○議長(奥田勲君) 

 お諮りいたします。

 この際、議事日程を追加変更して、お手元に配布いたしております議会発案第5号、平成22年度の年金確保に関する意見書提出について及び議会発案第6号、後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書提出についてを議題といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議事日程を追加変更して、議会発案第5号及び第6号を議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加変更 議会発案第5号 平成22年度の年金確保に関する意見書提出について



○議長(奥田勲君) 

 議会発案第5号を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 ただいま議題となりました議会発案第5号、平成22年度の年金確保に関する意見書の提出について御説明申し上げます。

 本市議会は、平成22年度の年金確保に関する意見書を国会及び関係行政庁に提出するものであります。

 なお、提案理由の説明につきましては、2枚目の文案の朗読をもって説明にかえさせていただきますので、御了承願います。

 平成22年度の年金確保に関する意見書(案)。

 高齢者の生活は、公的年金等控除の縮小・老年者控除の廃止・低所得高齢者の住民税非課税措置廃止などに加えて、医療・介護保険料の上昇などにより、非常に厳しいものとなっています。

 また、物価の上昇があったにも関わらず、政府は平成21年度の年金を据え置きにし、さらに困窮を極める年金生活者が増加しています。

 平成21年半ばより消費者物価指数の低下が伝えられており、政府はこれを理由に平成22年度の年金減額を実施するのではないかと予想されています。年金減額改定を強行すれば、高齢者の生活はさらに圧迫されることとなり、消費が一層停滞し、内需は冷え込み、地域経済や自治体財政に深刻な影響をもたらすものと考えられます。

 よって、高齢者の生活圧迫を招くことのないよう平成21年の消費者物価指数に関わらず、高齢者の生活実態に鑑み平成22年度の年金の減額改定を行わないことを要望します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

 平成21年12月16日、和歌山県新宮市議会議長、奥田勲。

 以上でありますので、何とぞ賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥田勲君) 

 本案について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 本案について御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議会発案第5号は、可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加変更 議会発案第6号 後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書の提出について



○議長(奥田勲君) 

 次いで、議会発案第6号を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 ただいま議題となりました議会発案第6号、後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書の提出について御説明申し上げます。

 本市議会は、後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書を国会及び関係行政庁に提出するものであります。

 なお、提案理由の説明につきましては、2枚目の文案の朗読をもって説明にかえさせていただきますので、御了承願います。

 後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書(案)。

 後期高齢者医療制度については、先の総選挙でも大きな争点となり、「即時廃止」を掲げた民主党新政権は「数年後の廃止」へと方針を転換しています。

 これまでに後期高齢者医療制度は、国民の大きな反発を受け参議院では廃止法案が可決されており、後期高齢者医療制度は、年齢で保険料も医療内容も異なるなど、高齢者の尊厳を冒すものと懸念されます。医療制度全般の改善は、緻密な現状分析と国民的議論の上で実施すべきもので、後期高齢者医療制度を廃止した上で着手すべきと考えます。保険料の上昇、区別医療の定着などの害悪を阻止し、高齢者の人間としての尊厳を守る立場から、後期高齢者医療制度をただちに廃止することを要望します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

 平成21年12月16日、和歌山県新宮市議会議長、奥田勲。

 以上でありますので、何とぞ御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥田勲君) 

 本案について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 討論ありませんか。

 4番、榎本議員。



◆4番(榎本鉄也君) 

 先ほどの委員会報告の件でもしましたけれども、この意見書提出には反対をさせていただきます。

 理由は、直ちに廃止ということに対しまして、直ちに廃止すれば地方のこの事務事業に対して大変な混乱を来すことになることは必至でありまして、また直ちに廃止するということは国民健康保険に戻すということになりますので、せっかくこの現行制度によって我が市においても保険料が下がっているにもかかわらず、この国民健康保険に戻すことによって保険料の上昇につながるということは間違いないことでありまして、またせっかくこの現行制度によりまして地方の保険料の格差が縮まっているにもかかわらず、この格差がまた大きく広がってしまうということは間違いないことだと思っております。したがって、この制度の対案を出さない限り、即時廃止ということにはどうしても賛成をしかねます。よって、この意見書提出には反対をさせていただきます。

 以上です。



○議長(奥田勲君) 

 8番、杉原議員。



◆8番(杉原弘規君) 

 賛成の討論をします。

 この後期高齢者医療制度というのは、そもそも最初の段階から、75歳で、先ほど反対討論の中にもありましたように、国民全体が一つの枠の中での保険制度であります。それを、この後期高齢者医療制度によって、75歳の年齢で、それによって国民を分けてしまう。私たちは、これを差別だと言っていますが、こういう差別医療を見過ごすこと事態が問題であります。

 そこで、民主党は昨年の6月でしたか、参議院でこの廃止法案について、直ちに廃止するという立場で法案を可決しています。確かに野党の時代でありました。ところが、政権をとって今日に至って、政権をとった当初は直ちに廃止をするという姿勢でありました。ところが、今日に至ってくると、それが3年、あるいは4年後という後退の姿勢になってきたのであります。

 しかし、国民の側から見れば、75歳以上の高齢者の側から見れば、直ちに廃止してほしいという声が圧倒的であります。このことを、やはり高齢者の、この皆さんの声を国会に反映するという立場から賛成をします。



○議長(奥田勲君) 

 討論を終わります。

 これより議会発案第6号について、起立により採決いたします。

 本案に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(奥田勲君) 

 起立多数であります。

 よって、議会発案第6号は、可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程29 閉会中の継続審査及び調査について



○議長(奥田勲君) 

 日程29、閉会中の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 総務委員長、教育民生委員長、経済建設委員長から、お手元に配布の申し出書のとおり、それぞれ閉会中の継続審査及び調査をいたしたい旨の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決定いたしました。

 本日は、議事日程のとおり全議案を議了しました。

 よって、今期定例会の日程は、以上をもってすべて終了しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(奥田勲君) 

 ただいま、市長より本定例会閉会に際し、あいさつの申し出がありますので、発言を許可いたします。

 田岡市長。



◎市長(田岡実千年君) (登壇)

 11月30日の開会以来、師走の本当に慌ただしい中、議員の皆様におかれましては、当面する市政課題に対しまして、本当に熱心な御議論いただきまして本当にありがとうございました。

 当局より出させていただきました諸案件に対しましても大方の理解をいただき、全議案に対しまして可とする議決をいただきましたことを重ねてお礼申し上げます。

 また、私が選挙公約で掲げさせていただいておりました市長の退職金廃止に関する特例に関しましても、賛成多数で可決いただき、本当にありがとうございます。

 これから、本当に必要なこと、そしてまた不必要なことをきちっと見きわめ、健全な市政運営を行ってまいりたいと思います。この会議中、一般質問、そして各委員会におきまして、私の思いを聞いていただいたり、また皆さんからいろんな御提案もいただきましたこと、本当に有意義な会議でございました。新宮のリーダーとして改めて責任をしっかりと自覚し、これからも一生懸命頑張りたいと思いますので、どうか議員の皆さんにおかれましては、今後とも御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 もうすぐことしも終わりです。皆様のますますの御活躍、そしてまた御多幸を祈念申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。



○議長(奥田勲君) 

 以上をもって、市長のあいさつを終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(奥田勲君) 

 去る11月30日開会以来、本日まで、議員各位におかれましては、終始御熱心に、かつ慎重なる御審議に加えて、議会運営に対し絶大なる御指導と御協力を賜り、衷心から厚くお礼申し上げます。

 本年もあと残すところ、わずかとなりました。どうか、議員各位及び当局の方々におかれましては、一層の御自愛を賜り、御健勝にて、新しきよき年をお迎えくださいますよう心からお祈りいたします。

 今期定例会に付議されました諸案件につきましては、その議了を見ましたので、これをもって、平成21年12月新宮市議会定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。



△閉会 午前11時43分

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

       新宮市議会議長   奥田 勲

       新宮市議会副議長  大西 強

       署名議員      松畑 玄

       署名議員      辻本 宏