議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 新宮市

平成21年  6月 定例会 06月16日−02号




平成21年  6月 定例会 − 06月16日−02号










平成21年  6月 定例会



          平成21年6月新宮市議会定例会会議録

            第2日(平成21年6月16日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員定数19名、現在員19名、出席議員19名、氏名は次のとおり。

                             1番  木戸地郁生君

                             2番  松畑 玄君

                             3番  久保智敬君

                             4番  榎本鉄也君

                             5番  福田 讓君

                             6番  田花 操君

                             7番  東 賀代子君

                             8番  杉原弘規君

                             9番  東原伸也君

                            10番  上田勝之君

                            11番  三栗章史君

                            12番  松本哲也君

                            13番  前田賢一君

                            14番  奥田 勲君

                            15番  松本光生君

                            16番  辻本 宏君

                            17番  屋敷満雄君

                            18番  前田 治君

                            19番  大西 強君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員 なし。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 平成21年6月16日 午前10時開議

 日程1 一般質問

      別冊 一般質問通告書 番号(1)から

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

 日程1 一般質問

      別冊 一般質問通告書 番号(1)から(4)まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定による出席者

               市長               佐藤春陽君

               副市長              竹嶋秀雄君

               収入役              江川忠雄君

               まちづくり政策部

               理事(港湾・企業誘致関係及び土地開発公社担当)

                                倉家 博君

               部長               川嶋 潤君

               次長兼企画調整課長        芝 悦男君

               商工観光課長           北畑直也君

               合併対策室長           嶋田喜久一郎君

               企業誘致対策課長         浮田和宏君

               総務部

               部長               小山壽行君

               次長兼総務課長          丸山修市君

               秘書課長             鈴木俊朗君

               財政課長             上路拓司君

               防災対策課長           井上 登君

               税務課長             阪本 殖君

               市民福祉部

               部長               向井 隆君

               福祉事務所長           浜前泰弘君

               市民窓口課長           萩原 智君

               生活環境課長           宇井正典君

               子育て推進課長          生駒 明君

               建設農林部

               部長               中畑孝一君

               参事(建設農林政策担当)兼農業委員会事務局長

                                和田 隆君

               都市建設課長           渕上 崇君

               農林水産課長           津呂建二君

               熊野川行政局

               局長               平 俊孝君

               医療センター

               事務長              上野山巳喜彦君

               庶務課長             豊田正志君

               医療業務課長           辻 篤樹君

               水道事業所

               所長               山野上光治君

               消防本部

               消防長              大石 明君

               次長               辻坂雅則君

               予防課長             切畑屋利一君

               教育委員会

               教育長              大江清一君

               教育部

               部長               杉山泰生君

               次長兼学校教育課長        平見善宣君

               参事(文化複合施設担当)兼文化振興課長

                                中岡保仁君

               生涯学習課長           前田圭史郎君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本会議の事務局職員

                    局長            浜口恭行

                    次長            畑尻英雄

                    次長補佐          平見仁郎

                    次長補佐兼議事調査係長   赤松勇人

                    庶務係長          北 光子

            第2日(平成21年6月16日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(奥田勲君) 

 おはようございます。

 ただいまの出席議員は18名であります。

 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、別紙にて配布いたしたとおりであります。御了承願います。

 日程に入ります前に御報告いたします。本日、松本議員、所用のため遅刻の旨の届け出がありましたので報告いたします。

 次に、6月9日開催の熊野川流域対策特別委員会において委員長に2番松畑議員が、同じく地域医療介護対策特別委員会において副委員長に16番辻本議員が選任されましたので、報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程1 一般質問



○議長(奥田勲君) 

 日程に入ります。

 日程1、一般質問を行います。

 別冊、一般質問通告表により、その番号順に従い順次発言を許可いたします。

 当局の答弁は備えつけのマイクを通して明解に答弁を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△東賀代子君



○議長(奥田勲君) 

 それでは、一般質問を行います。7番、東議員。



◆7番(東賀代子君) (登壇)

 皆様、おはようございます。

 通告に従いまして、私、一番先にさせていただきます。

 高田の市道拡幅についてお尋ねいたします。

 国道168号から高田に至る道路は、一つは相賀口から県道を通って入る道と、高田口から市道、新宮市の道を通って入る二つの道があります。この市道の拡幅については、昨年の12月議会で6番議員が高田小中学校前の道路の拡幅について取り上げております。道幅が狭く、またカーブしているために見通しが悪く、車が双方から進入した場合は交差することができません。

 お尋ねいたします。地域の人々からは、この問題はその後どうなったかと聞かれております。その後の経過についてお聞かせいただきたいと思います。いかがでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 渕上都市建設課長。



◎都市建設課長(渕上崇君) 

 その後、地権者の方と接触を図るべく努力しておるのでありますが、ちょっと今のところ難しい状況であります。



◆7番(東賀代子君) 

 このように茂ってくるんですね。できればここの草だけでも刈っていただいたらよろしいかと思いますけれども、見やすくなると思います。枝も、この中の枝を刈っていただくとかしていただいたほうがいいと思いますので、御検討のほどよろしくお願いします。



◎都市建設課長(渕上崇君) 

 道路管理上ありますんで、管理課と協議の上、検討させていただきます。



◆7番(東賀代子君) 

 この市道についてはほかにも、小中学校前と同様に道幅が狭く、カーブしていて見通しの悪いところがございます。口高田会館から少し下がった、高田支所に下る長さ780メートルの地点です。双方から車が進入した場合、立ち往生いたします。小中学校前と同じようなところです。この道路の両サイドにはガードレールがつけられております。しかし、少し大きな車が通ると通行する人は恐怖を覚えると言っております。

 かなり以前の話ですが、高田の西川と里川の合流点にかかる橋の上で、進入してきたトラックと欄干に挟まれて瀕死の重傷を負った人がいたそうでございます。そうした事故を思い出させる場所でございます。仮にも市道です。一つの村落を貫通して国道につながるバイパスでもあります。観光客の車も入ってまいります。ここも拡幅してほしいと思いますが、ここはどうでしょうか。



◎都市建設課長(渕上崇君) 

 現場を確認させていただいております。この現場につきましては約80メートルぐらいの区間でありますが、全部改良となりますとちょっと財政上の負担も大きいものですから、見通しがよく、ぱっとわかるカーブの手前で待避所ということで、用地の協力を得られましたら検討していきたいと考えております。



◆7番(東賀代子君) 

 ぜひよろしくお願いいたします。

 ここのところも写真を撮ってまいりました。このようになっております。この地点の見通しの悪さは、単にカーブしているからというだけでなくて、道のそばに林立する杉の小枝や雑木が繁茂していることにもよります。本格的工事に至る間、杉の小枝や雑木の伐採を考えてはどうかと思います。よろしくお願いいたします。



◎都市建設課長(渕上崇君) 

 管理課と協議の上、また検討させていただきます。



◆7番(東賀代子君) 

 よろしくお願いします。

 2番目、私道の補修費用の軽減などについてお尋ねさせていただきます。

 私たちが道路を使用する場合、その道路が国道か県道か新宮市の道、市道か私道かを区別することがございません。しかし、私道以外の道について補修などが行われる場合は、それぞれの管理箇所の責任によって行われます。そして、私道についてのみ個人負担あるいは地元負担を伴うことに私は疑問を感じております。なぜなら、私道といっても常時市民の通行する公共性の高い道だからです。

 新宮市の私道工事補助要綱によりますと、その3条に補助金の額は70万円を限度とする、補助金の率は70%とするとありますが、この補助についての年間予算は、申請が何件あっても210万円と聞いています。間違いございませんでしょうか。



◎都市建設課長(渕上崇君) 

 210万円です。



◆7番(東賀代子君) 

 公道沿線に住んでいようが私道沿線に住んでいようが、そこに住む市民にとっては何の変わりもないことでございます。そこに人が住み、そして本人が望む限り、私道と公の垣根を取り払って、できれば地元負担なしで扱っていただきたいと思いますが、市長、3割負担をもう少し何とか軽減できることはできないでしょうか、お伺いいたします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 私道の補修費用の問題につきましては、今、議員御指摘のように、数カ所でこのような要望というものも受けておりまして、我々としては今、上限100万円で限度70万円をいっぱいにいたしまして私道の補助制度をとっております。

 しかし、それで不十分という、いわゆる一般市道と同じように扱えという御趣旨でありますが、これはディベロッパーの、あるいは開発する業者等がその私道をどうしても域内、団地内に取り入れるというようなことになっておりまして、これが市道にでも移管してもらえるような方法があれば我々としては対応できるのでありますが、これ実態をよくそれぞれの状況から考えまして、できるだけ付近住民の方々にご理解いただけるようにこれからも変わらず対応を図ってまいりたい、このように思っております。



◆7番(東賀代子君) 

 できるだけ便宜を図っていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 ついでにお尋ねいたしますが、もちろん両方とも側溝が壊れていたときのことですが、私道の側溝でのけがは医療費自己負担、公の側溝のけがは医療費を出してもらえると聞いておりますが、このことは本当にそうなのでしょうか、お尋ねいたします。



○議長(奥田勲君) 

 上路財政課長。



◎財政課長(上路拓司君) 

 新宮市の場合は道路賠償責任保険という保険に加入してございます。ただし、この保険の対象になりますのは新宮市が所有、使用または管理していることが前提となってございます。よって、加入している道路といいますのは認定されている市道あるいは農道、林道ということになります。私道についてはこの保険の対象外となってございますので、市がこの保険の対象として支出することはできません。



◆7番(東賀代子君) 

 いずれにいたしましても、同じように税金を払って住んでいる場所によって自己負担が違ってくるということは不平等であると私は思います。改善の余地があるのではないかと思いますので、この点もよろしくお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。



◎財政課長(上路拓司君) 

 当然、市に管理上の瑕疵があるかないかということも大きなことになると思いますけども、道路賠償責任保険の対象として賠償が受けられる事故というのは、市道で発生した事故で、なおかつ新宮市に管理上の瑕疵があった場合に限られますので、私道につきましては対象外で、これは制度上どうすることもできないというふうに思っております。



◆7番(東賀代子君) 

 私道といっても多いと思いますので、この点も一応、将来に向けて考えていただきたいことだと思いますので、よろしくお願いいたします。

 3番、光洋中学校の防災無線についてお尋ねさせていただきます。

 大分前のことですが、光洋中学校の近くの散髪屋さんに行ったときに防災無線が放送されておりました。ところが、肝心の話の内容がさっぱりわかりません。外に出て聞いてみたのですが聞こえません。お店の方のおっしゃるには、いつもこんなに聞こえにくいということでございました。

 風が吹いているわけじゃなく、雨も降ってはおりません。どちらかというとよい天気のほうでした。これからの季節、大雨、台風などが多い季節になってまいります。よい天気のときこれだけ聞こえにくいのであれば、暴風雨になったらなおのこと聞きにくいのではないでしょうか。

 予想される東南海・南海地震防災無線は、より聞こえよいように工夫すべきではないでしょうか。この地域の防災無線、マイクの向き、設置場所も考えるべきと思いますが、これについてはいかがでしょうか。

 後で5月の広報のことを質問させていただきますので、この質問だけにお答えをお願いいたします。



○議長(奥田勲君) 

 井上防災対策課長。



◎防災対策課長(井上登君) 

 議員の指摘のあった場所につきましては、三輪崎の浄水場のところと新翔高校のところの屋外スピーカーがカバーしておる地域であります。距離にしまして、三輪崎浄水場からは約500メートル、新翔高校からは約600メートルあります。かなり距離はありますが、音声が届かない距離ではないと考えられます。何が原因なのか、まずは地区の状況を確認したいと思っております。



◆7番(東賀代子君) 

 私がそこへお伺いしたときは、このように雨が降っているわけでもないし、いいお天気でしたので、ぜひそこで聞いていただきたいと思います。家の中でおって、それから外へ出たんですけれど、それでも聞こえにくかったんです。よろしくお願いします。

 光洋中学校からの学校放送は、この付近の方にはよく聞こえるそうです、学校放送は。非常事態のときはこの学校放送を利用できないでしょうか、これもお伺いさせていただきます。



◎防災対策課長(井上登君) 

 学校放送についてはまだ検討したことはございませんが、今後、活用できるのであれば検討したいと考えております。



◆7番(東賀代子君) 

 よろしくお願いいたします。

 防災行政無線放送の難聴対策といたしまして、5月の広報しんぐうで携帯電話、パソコンにメール配信しますとございました。1人でも多くの方が、より正確に緊急事態が把握できるということは大変よいことではないでしょうか。

 携帯電話のメール配信は、登録用アドレスを入力してから空メールを送信していただき、登録完了メールが入ります。若い人でしたら簡単な操作でしょうが、私たちちょっと年配の者には操作できにくいことが多いのではないでしょうか。バーコード読み取り機能つきなら、QRコードは簡単に操作できます。しかし、比較的電話だけの機能をお持ちの方が多いのです。一番簡単なのは、携帯を買うときはこの機能がついた携帯ということになります。今後とも、よりわかりやすい、聞きよい防災無線であってほしいと私は願っております。

 これから台風が多く発生季節になってまいります。7月、8月、9月と広報の表紙などに防災無線0120−506043と、できるだけ大きな文字、わかりやすく、あるいは数字で広報に大きく記載していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。



◎防災対策課長(井上登君) 

 広報誌につきましては、機会あるごとに掲載させていただいております。ホームページのほうへも掲載いたしております。あと、自主防災訓練等、地域に赴いたときに積極的に周知していきたいと考えております。



◆7番(東賀代子君) 

 私は、5月号、結構中身を見てない方が多いんですね。それで、できれば表紙の表に防災無線をわかりやすく表示していただいたほうがよろしいかと思いますので、お願いいたします。



◎防災対策課長(井上登君) 

 工夫して見やすいように、それで、だれもが見てくれるようにしたいと思います。



◆7番(東賀代子君) 

 よろしくお願いいたします、これから台風のシーズンとなってまいりますので。

 子育て支援、学校給食の無料化についてお尋ねいたします。

 学校給食費を無料にした自治体は、私の知る限りでは全国で3カ所ございます。そのうちの一つが北海道三笠市です。このまちは、かつては炭鉱のまちでございました。最盛期の人口は6万3,000人を数えていました。ところが、小学校の給食費を無料にした2006年には1万2,000人を割るまでに激減していました。格差の広がりと生活悪化のもとで、給食も含めた給食費の軽減は市民の間にも強い要望がありました。市議会は、少子化対策の一環として、学校給食の無料化を求める意見書を可決していました。

 学校給食を無料にするに当たっての市の提案理由は次のようなものでした。出生率は空知管内で最低になった。地域連帯で子供を育てなければならない状態が生まれている。若者の定住効果が期待できる。給食費滞納者が増加する中で、市内の6カ所の小学校に対する給食費の無料化が始まりました。父兄は、少なくとも給食費については心配しなくてもよいことになりました。小学生743人に対する必要経費は1,230万円でした。

 次いで、山口県和木町がこれを行っております。続いて、山梨県南アルプス市の場合は第3子以降に対する無償支援となっています。

 私は、新宮市も給食費無料化に取り組んでいただきたいと思います。財政難で子供たちの予算を削るのではなく、未来の新宮市を担う子供に投資してこそ新宮市の未来があると思います。教育長の御意見はいかがでしょうか、お伺いいたします。



○議長(奥田勲君) 

 大江教育長。



◎教育長(大江清一君) 

 現在、小学生の場合は1食250円、年間180回ぐらいということで取り組みさせてもらってるわけで、今、議員さん言われるのは無料化ということでございますけれども、何しろ給食費関係、毎年度当初予算で見ていただいたらわかるんですけれども、調理員さんとかそういう方々の人件費等、大体例年9,000万ぐらい、それと保護者の方からは材料費だけ受け取ってるんですけれども、それがトータルいたしますと約1億ぐらいになる。ですから、それを無料ということになれば即1億円市負担、材料とか給食回数とかそういうので多少は変わってくるとは思いますけれども、おおむねそういう数字になるわけでございます。

 私どもも、学校給食の果たす役というのは物すごく大きいと思ってます。今、議員おっしゃられるように、子供たちを育成していくには知徳体という知識と社会常識と体力、この体力については、もう本当に食事ができないさまざまな問題を抱えた児童生徒もおりますから、給食が本当に最後のとりでというんですか、そういうふうなこともあるのも事実でございます。

 その中で、無料化というのは全国で三つということなんですけれども、今言うた金額の負担も伴いますので、そこらあたり、給食はもう絶対必要ですし、これは教育活動の一環として、なお充実させていく必要があると思いますが、無料化を今すぐというのはちょっとしかねると思うんです。



◆7番(東賀代子君) 

 給食費は1人約4,500円前後、授業日数にもよりますが、2人から3人と学校に通わせているご両親は大変でございます。せめてお子さんの2人目か3人目からの給食費援助も考えてはいかがでしょうか。教育長、再度御答弁お願いいたします。



◎教育長(大江清一君) 

 確かにいろんな、お金のことばかり言っておられませんし、少子化対策とか、児童数もかなり減ってきておりますし、そういう話が、三つの今挙げられたところでもそういうことを主体に取り組んできたということだと思います。

 何しろそういうことは検討もさせていただきますけども、とにかく財政的な面が、毎日大体2,000食ぐらいなんですよ。それをどんなふうにしていくか、なお検討させていただきたいと思います。



◆7番(東賀代子君) 

 検討をよろしくお願いいたします。

 私がこうした問題に取り組みたいと考えたときにいつも思いますのは、新宮市と熊野川町の合併時に、それまで熊野川町が行っていた1人20万円の出産祝い金を取り払ってしまったことでした。非常に残念に思います。新宮在住のある若者夫婦が熊野川町へ移住しようかと思っているといった言葉が忘れられません。

 また、これは他国の政策ですが、フランスでも国として少子化に手厚い施策をして、子供もふえているそうです。

 新宮市の人口、1月は3万3,043人ですが、5カ月で300人減少して現在は3万2,743人です。社会的増減でもあるのでしょうが、新宮市の人口は激減しています。また、日本の人口も1万1,000人余り減と、過去最大の減少だそうです。

 考えてみますと、この人口減少、恐ろしく思いますが、新宮市の赤ちゃんの出生率はこの5年間どうなっておりますか、お聞きいたします。



○議長(奥田勲君) 

 浜前福祉事務所長。



◎福祉事務所長(浜前泰弘君) 

 最近5年間の数字でございますけども、平成15年度が233名、16年度が241名、17年度が235名、18年度が244名、19年度が237名、大体、この5年間見ますとほぼ横ばいの状況というような感じでございます。



◆7番(東賀代子君) 

 はい、わかりました。

 少子化と人口減少は、社会が活力を失います。少子化、人口減少をとめるためにも、子育ての経済的負担を減少させ、保育の充実、子育て支援の充実、教育充実、これこそがこれからの大事なことではないでしょうか。新宮市ならではの単独政策で子育てを応援していただいて、未来に投資していただくべきと私は思います。もちろん、財政難は重々承知の上でこのような要求をさせていただいております。

 市長にお尋ねいたします。市長のお考えになる子育て支援とは一体どういうものでしょうか、具体的な展望があればお聞かせいただきたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 議員御指摘のとおりで、この新宮は教育濫觴の地として昔から熊野地域の中の役割を果たしてまいりました。教育の大切さ、ましてや出産数が240前後、大体平均そのぐらいが出生しているということで、数少ない子供たちをいろんな施策を総合的に、教育施策はもちろんのこと、福祉の充実、そういうものを図りながら、地域が子供を育てる、そういう地域ぐるみの子育てへの支援体制というのが大切だと思っています。

 そのような中で、今御提言いただきました例えば給食費の無料化であるとか、これは一気にそこまではいきませんけれども、いろいろな教育環境を整える条件の第1歩に着手しておりますので、そのような中から情操教育、また学力の向上、それから何よりも父兄の負担を少なくするような中から、子供たちの未来に向かったそういう支援というものをしっかり我々としては考えていかなきゃならないと、そのように思っている次第です。

 具体的にどういう策があるのかといいますと、これは教育委員会あるいは保育を担当する福祉ともいろいろな協議をしていただきまして、これからの例えば認定こども園の答申というものがかつては教育環境の中でも審議会の中でもなされておりますので、そういうものの実現を目指して我々は懸命に努力いたしてまいりたい、かように思っております。



◆7番(東賀代子君) 

 ありがとうございます。

 少子化あるいは子育て問題は、全国的に大変大きな課題が山積しております。10年、20年先を考えたとき、しっかりと子育て支援をしていかないと、未来は衰退していくと思います。

 これからも、私は子育て応援の質問をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 簡単ではございますが、以上で私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△松畑玄君



○議長(奥田勲君) 

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 皆さんおはようございます。通告に従い一般質問をさせていただきます。

 まずは医療センターについてなんですけど、最近、市民の方とお話をさせていただきますと、医療センターの話題が結構多くなってきましたので、一般質問に取り上げることになりました。

 まず、救急患者への対応についてです。

 ここで言う救急患者とは、救急車で来られる方ではなく、直接救急外来に来られる方のことです。一番多く言われるのは電話での対応です。病状を説明するに当たり、電話の担当者が変わるたびに同じことを何度も言わされるということです。このような苦情を今まで受けたことがありますか。



○議長(奥田勲君) 

 辻医療センター事務局医療業務課長。



◎医療業務課長(辻篤樹君) 

 救急外来に関しては、市民の方からいろんな意見をお伺いしております。電話の対応もなかなか適切にされないとか、受付で電話をかけてもなかなか診ていただけないというようなこともお伺いはしております。



◆2番(松畑玄君) 

 何度も説明をしなければならないというのは、これは事実なのでしょうか、担当者がかわるたんびに。



◎医療業務課長(辻篤樹君) 

 まず、救急外来に電話いただきますと、当直の看護師が対応します。それで、お話をお聞きして当直医に連絡をして指示を仰ぐような手段をとっております。当直医は、救急外来にいる場合もあるんですけども、医局で待機している場合や病棟で入院患者の急変に対して初期対応をしている場合もあります。当直医は、内科系、外科系1人ずつで、2人で当直をやっているんですけども、病棟の入院患者が急変した場合は、もちろん急変の状況が長い場合はその主治医を呼び出すんですけども、それまでの初期対応は当直医がやるということになっておりまして、そちらをしている場合もあります。

 そんなこともありますので、外から電話いただいた場合に長いことお待ちいただく場合や、その対応に時間がかかって、そういう場合は救急対応の看護師のほうからこちらからもう一遍かけ直させていただきますというようなこともあるんですけれども、今回の場合は長いこと待たされたということもあったのではないかと思われます。



◆2番(松畑玄君) 

 病状を一度で担当医に伝えることというのは不可能なのでしょうか。



◎医療業務課長(辻篤樹君) 

 先ほど言いましたように、病棟で急変の患者に対応している場合はなかなか救急外来の看護師がドクターの携帯の電話にかけても出ない場合もありますから、ドクターからの指示を仰ぐということが、なかなかその場では早急な対応ができないという場合もあります。



◆2番(松畑玄君) 

 わかりました。

 事例として、子供が高熱で、救急外来で診察してほしいと電話すると、先ほども言ったように、担当者がかわるたびに一から説明し、結局、様子を見てさらに悪くなったらもう一度連絡くださいと、診察していただけなかったようです。その保護者は、病状の説明、今後の指示をすべて看護師とのやりとりだけで行い、本当に病状が医師に伝わっているのかと不信感を持ったとのことです。

 診察を受けていればこのような苦情は出ないのでしょうが、今回の事例のように患者を待機させる場合は、患者、患者の家族の不安をあおらないためにも、なるべく医師が今後の指示を直接することは不可能なのでしょうか。



◎医療業務課長(辻篤樹君) 

 もちろんドクターの指示をあおいで電話で対応させていただくということが原則ですけども、看護師につきましても、例えば小児科ですと、小児科のドクターから小児科の救急患者への対応マニュアルというのも作成されて、それによって対応している場合もあります。また、小児科のドクターから研修も定期的に受けておりまして、軽微な症状、例えば発熱だけで、水分がとれているとか尿が出てるとか、手持ちの薬があるという場合は、それに基づいて看護師だけで、ドクターの指示を仰がずに研修に基づいて対応している場合もあります。



◆2番(松畑玄君) 

 看護師の指示は研修を受けてたらできるんですか。してよろしいんでしょうか。



◎医療業務課長(辻篤樹君) 

 もちろん、重篤な場合、子供さんが例えばけいれんしているとかそういう場合は小児科医を呼び出して、子供さんもすぐ連れてきてくださいよというような対応をとらせていただきますけれども、先ほど言いましたような軽微な症状ですと、このような対応をしてあげてくださいという小児科の医師の指示を受けておりますので、そのような対応をさせていただいております。



◆2番(松畑玄君) 

 軽微かどうかというのがちょっとあれなんですけど、待機中に患者に何かあった場合に責任の所在を明らかにする意味でも、僕としてはなるべく医師のほうに対応していただきたいというのがお願いであります。

 次の事例として、平日の昼間に子供がひじをすごく痛がり、腕を動かさなくなったということで、救急外来の診察を希望したところ、看護師がまず診てから、緊急性があるかどうか判断して救急もしくは普通外来で受診するか決めるというように言われたようでありますが、すぐに医師に診てほしいというと民間の病院に行くことを促され、結局、民間の病院に行ったそうです。

 その子供は肘内障、ひじの骨が一時的に亜脱臼を起こした状態と診察されまして、大事には至りませんでしたが、先ほどの事例もそうでありますが、救急患者が子供や高齢者の場合は、断ったり待機することがないような対応は不可能なのでしょうか。



◎医療業務課長(辻篤樹君) 

 電話で症状をお聞きしただけで、軽微なけがというふうな判断をしたと思います。昼間でしたので、開業医の方もおられるんで、その近くの開業医の方のほうがどうかということで指示させていただいたのではないかと思います。ただ、今症状をお聞きしますと、やはり医療センターに連れてきていただいたほうがよかったのかもわかりません。

 もう一度、看護師の判断がそれだけでいいのかどうかというのを持ち帰って再検証して注意を促したいと思います。



◆2番(松畑玄君) 

 ありがとうございます。電話での対応次第で患者、患者の家族の不安、不信感というものは全く違うと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 医療センターは、医師、看護師、ぎりぎりの人数で一生懸命やっていただいているのはわかっていますが、当地域の住民は医療センターを頼りにしています。電話対応やちょっとしたことで不安、不信感を軽減できるのであれば、そのようにしていただきたい。再度お願いし、この項を終わります。

 次に、雇用対策について。

 昨年の9月定例会の一般質問においても取り上げましたが、改めて質問させていただきます。

 近年、日本経済の低迷、そして昨年から行われた各製造業の大手企業による派遣社員の切り捨ては、大きな社会現象となりました。それらは一気に日本の失業率を上げてしまい、ことしの1月の完全失業率は4.1%、そして4月の完全失業率は5%、わずか四半期の間に0.9%も上昇しました。これらは、総務省が統計をとり始めて最も悪い数字です。特に、若年層の失業率は10%を超えていると言われております。昨年の完全失業率は4%前後で推移しており、労働者が低賃金、長時間労働、不安定雇用を強いられ、ワーキングプアと呼ばれる貧困層が拡大しているのが社会問題でありましたが、現在においては、労働条件云々ではなく、仕事がないというのが社会問題であります。

 新卒者を見ても、ことし3月に卒業した生徒、学生の内定を取り消した企業は444社で、取り消された内定者は2,125人、内定取り消し以外に自宅待機や入社延期を指示した企業は95社、指示された内定者は1,093人でした。これらを見ていると、近年まれに見る異常な事態だと思います。

 新宮市において、さらに厳しい現状にあると思います。実際、若年層の仕事をしていない人が新宮市は多過ぎるのではないでしょうか。仕事をしていないというよりも、仕事が若年層まで回ってこないというのが現状ではないのでしょうか。

 このような現実を踏まえ、幾つか質問させていただきます。

 まず、新宮市において内定取り消しや自宅待機、入社延期といった事例はあったのでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 北畑商工観光課長。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 今お尋ねの内定等の取り消しの件ですけども、全国では、今、議員おっしゃられたように、2,000人を超える大学生、高校生の内定の取り消しがあったと報道されてございます。ただ、昨年度からハローワーク新宮管内では1件もなかったと聞いてございます。



◆2番(松畑玄君) 

 現在の若年層の就業状況はどうなっているでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 お尋ねの就業状況でございますが、これにつきましては、5年に一度調査されます国勢調査以外にはなかなか把握することが困難で、この国勢調査につきましては来年、平成22年度に調査が予定されてございますが、それを待たないとなかなか難しい状況でございます。

 ただ、就業状況とは別に、仕事を求めてる求職者の状況でございますけども、昨年暮れから求職者の仕事を求める方は増加してございます。4月末現在で、新宮管内での求職者数は1,545人で、その中で35歳以下のいわゆる若者の求職者につきましては556人、全体の36%となってございます。

 また、その求職者の年齢構成ですけども、20代から50代ぐらいまで際だった特徴はなく、ほぼ各年代同じような人数の方が仕事を求めておられてございます。60歳を過ぎますとかなり少なくなってございます。

 また、男女比で申し上げますと、一般の常用労働につきましては、男性334人に対しまして、女性が106人で、男性が76%となってございます。また一方、パートを希望される求職者につきましては、男性が59人に対しまして女性が172人と、こちらは女性が74%と多くなってございます。



◆2番(松畑玄君) 

 この求職されている方の前職歴では何が一番多いでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 求職者の前の職業につきましては、なかなか把握が月々によっても異なって難しいところなんですけども、その方が新たに求める職業が以前の職業であるケースが多いということで、やはり販売関係であったり事務職であったり、特に4月には土木建設業の方が多いということを伺っています。



◆2番(松畑玄君) 

 介護とかの求職者数というのはどうですかね、介護関係では。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 介護関係につきまして、こちらにつきましては求人のほうで多くなってございます。



◆2番(松畑玄君) 

 求職者数と求人数のここ数年の推移というのはどうでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 この4月現在では、新宮管内、有効求人数が935で、逆に月間有効求職者数が1,545で、有効求人倍率が0.61となってございます。これにつきましても、昨年来の経済不況に伴って毎月毎月求人倍率が下がっていると。求職者はふえるのに対して求人数が減ってきているということでございます。

 各年度でいいますと、平成18年度の平均が0.85、19年度の平均が0.90、20年度が0.79となってございます。ただ、最もこの十数年で低かった時期は平成12年前後、このころが一番、現在よりももっとひどい状況だったと新宮管内ではなってございます。



◆2番(松畑玄君) 

 このように雇用状況が厳しくなる中、雇用を創出するには企業誘致が最も効果的な方法でありますが、日本の経済が低迷を続ける状況で企業を誘致するのは可能性的にどうなんでしょう、市長の見解をお願いします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 新宮市の経済実態を見ますと、大変企業数も少ない、そういうことの中から土木、先ほど言いましたように建設業等の求人が比較的高いということも聞いております。我々としては、ふるさと雇用の臨時交付金等の制度がありますから、そういうものを使って一人でも多く就業の機会が得られるように、ことしの公務員の実態を見ましても、例えばいろんな市が関係するいろんな常勤の形態一つを見ましても、ただ、給料の高いものではありませんが、極力図書館やとかあるいは他の関係法人等に対してできるだけ道を開こうということで、嘱託職員等の数は少し増加させているつもりです。

 そのような中で、過日、県のほうからも強い要請がありまして、求人の実態を憂えている状況の中、県としてもかなり大きな補正予算を組むので、できるだけそれらについて雇用の機会をふやしてもらうような市の施策をとってほしいと、こういう要請を受けております。

 我々が逆立ちして自治体だけが先頭を切ってやると言いましてもなかなか限度がありますので、できるだけ我々としては、今の現下の経済状況を踏まえて有効な実態を模索していきたい、そのように思っている次第です。



◆2番(松畑玄君) 

 私としては、雇用、企業誘致等、外部に頼るのではなく、地域でも創出していかなければならないと考えています。

 地道で時間のかかる作業かもしれませんが、1次産業を振興することにより、雇用を創出していただければと考えています。1次産業を振興し雇用を創出することに対し、市長の見解をお願いします。



◎市長(佐藤春陽君) 

 確かに第1次産業、とりわけ農業、林業、これは新宮市の場合は産業別人口の比率からいえば低いですが、可能性のあるものだと思っております。そのような中で、ふるさと雇用の仕組みを使って、例えば就労の機会を求める、そういう農業に対して関心を持ってくださる方々、そういうものをしっかり受け入れとして整えていかなきゃならんと思っております。

 ただ、何分、産業のほとんど、70%を超えるものが第3次産業に偏っておりますので、我が新宮市は。これからの1次産業を通じ、とりわけ農業等の就業者等をどのようにふやしていくか、これは三枝さんとか、地元でも非常にNPO法人等を主宰いたしまして懸命に取り組んでくださる方もいます。そういう方々のお力をかりまして、できるだけ第1次産業への受け入れを優遇するようなそういう制度というものの仕組みができないかということも考えたりいたしているところです。

 これからも農、林あるいは漁業の第1次産業は、我々はもともと伝統的な1次産業でありましたから、これをしっかり盛り立てていくことが必要だと、このように思っているところです。



◆2番(松畑玄君) 

 新宮市は、旧新宮市と旧熊野川町との合併により広大な山林と農地を有していますので、農林業について質問させていただきます。

 まずは農業について質問いたします。

 新宮市の農業従事者数、耕作面積を教えてください。



○議長(奥田勲君) 

 津呂農林水産課長。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 まず、農業の現状ですが、農業就業人口が180人、経営耕地面積が130ヘクタールとなっており、いずれも減少しておりまして、農家の高齢化や耕作放棄地、鳥獣害等の被害が増大しております。また、農家を取り巻く環境がますます厳しい状況になっておりまして、1次産業の従事者につきましても年々人数が減っているのが実情でございます。



◆2番(松畑玄君) 

 このような現状に対し、市としては今まで農業に対してどのような施策を行ってきたのでしょうか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 私ども、農林水産課としまして、長期総合計画に基づく基本計画に基づきまして、農業振興地域整備計画を柱に優良農地の保全と基盤整備、農道整備等を行い、効率的な安定的な農業経営基盤の育成を今後ともしていくつもりでございます。



◆2番(松畑玄君) 

 後継者を育てるということに対してはどうなんでしょうか、どういう取り組みを。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 独自の補助というのはございませんが、和歌山県におきまして和歌山県就農支援センターや和歌山県農業大学校等がございまして、そこで研修を受ける施設がありますので、そこら辺、御相談していただければ、うちのほうからまたいろいろお聞きしたいと思います、県に対してですね。



◆2番(松畑玄君) 

 それで実際、後継者的な若い方が農業に携わったという事例というか、そういうのは。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 私も詳しくはないんですが、学校のパンフレットとかいろいろ見ましたら、やっぱり独立してやった事例等が載ってましたので、成功しているんじゃないかと思います。



◆2番(松畑玄君) 

 新宮市ではどうでしょうか。新宮市はそのような研修を受けられているかたは。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 特に把握しておりません、それは。



◆2番(松畑玄君) 

 このままいったら、農業従事者がますます高齢化して、後継者がどんどんいなくなっていって農業が衰退していくような気がするんですが、いかがでしょうか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 これは難しい問題なんですが、農業と言わず全体に若者というんですか、サービス産業に入っているのが現実でございまして、うちとしても何らかの検討はしているんですが、なかなか難しい問題だと思います。



◆2番(松畑玄君) 

 難しくても一個一個取り組んでいただいてもらわなければなかなか現状は変わっていかないと思いますので、よろしくお願いします。

 6月11日付の南紀州新聞に、那智勝浦町でふるさと雇用再生特別交付金を利用して就農希望者をサポートする事業が展開されているとの記事が掲載されていましたが、このような取り組みは新宮市では不可能なのでしょうか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 現在、耕作地につきましては農業委員会のほうで草刈りを個人の責任においてやってくれてますので、私ども今すぐそういう作業を進めるのは考えておりません。



◆2番(松畑玄君) 

 現状ではなかなか施策ができないという状態ですので、この際、思い切って農業法人のようなものを立ち上げて、もしくはサポートし、農業従事者を育成し、市内の遊休農地を買い上げ、やる気のある人に貸し出し、後継者を育成しやすい環境をつくっていけないでしょうか。市長、見解をお願いします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 現在、熊野川の行政局を通じまして、空き地、空き家の情報を整理いたしまして情報として内外に発信いたしているところです。それによりまして、新しい入植者といいますか、そういう方もぼちぼち来てくださっているということで、我々としては今、遊休地、あるいはまた、農業の若年層、若い方々の招致を目指して、これからもいろんな方法を考えて取り組んでいきたいと思っております。



◆2番(松畑玄君) 

 いずれにしても、農業と雇用、就業対策を結びつけるには、兼業から専業へシフトできる環境づくりが重要になってきます。そこを強くお願いし、林業への質問に移ります。



○議長(奥田勲君) 

 質問中ですが10分間程度休憩します。



△休憩 午前10時58分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時13分



○議長(奥田勲君) 

 休憩前に引き続き一般質問を行います。

 2番、松畑議員。



◆2番(松畑玄君) (登壇)

 次は、林業について質問させていただきます。

 林業に対し、市としてはどのような取り組みをされてきたのでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 津呂農林水産課長。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 林業につきましても、私ども基幹林道や作業道の整備を進めております。また、高性能機械等の支援も行っております。



◆2番(松畑玄君) 

 その効果と今後の課題をお聞かせください。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 機械の導入につきましては、低コスト林業等ございまして、作業員の危険回避とか、いろいろ産業効率が上がっていると思っております。



◆2番(松畑玄君) 

 雇用に対してはどのような取り組みをされてきたのでしょうか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 緑の雇用について何人か雇用しております。森林組合で。



◆2番(松畑玄君) 

 その緑の雇用で大体何人ぐらい定住していただいたというか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 平成20年度につきましては22人です。内訳としましては、Iターンが15人、地元が7人となっております。



◆2番(松畑玄君) 

 林業についても後継者不足がかなり言われてますので、今後、さらに後継者育成に努めてもらいたいと思います。

 林業には経済危機対策でかなりの予算がつけられていると聞きましたが、数ある事業のうちでどの事業を活用する予定でしょうか。また、直接雇用に結びつくような事業はないのでしょうか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 今すぐこの事業というのは、今勉強会の途中でございまして、例えば国の政策、木質バイオマスとかパウダー燃料とかいろいろ手法がございます。それで今、私ども県・市・製造者と協議会をつくりまして、いかに効率的な補助があるかという、市のメリット等を勉強しているところでございます。今後とも勉強してきていきたいと思っています。



◆2番(松畑玄君) 

 私がちょっとインターネットで見た感じでは、トライアル雇用、3カ月程度の短期雇用を支援する事業でありまして、お試し的な雇用であります。本格的に林業従事者を目指す人は、雇用後、緑の雇用も利用できるというものです。

 支援内容としては、期間中、研修費として日額8,000円、講師役として雇用する技術者のお礼金として日額2万円、ヘルメット・作業服費用として上限4万円、都会から来る求職者の住宅手当への支援として月額上限3万円が事業主に助成されますが、このような短期雇用でも活用できるような方向はないでしょうか。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 緑の短期雇用につきましては、市じゃなくて森林組合等があるんですが、今雇用しても、いろんなケースがあると思うんですが、将来にわたって仕事の量が全部あるのか、量が少なくて、そこら辺の不安もあってやめていく人もあるとお聞きしております。



◆2番(松畑玄君) 

 仕事の量とおっしゃられましたが、これも緊急経済対策なんですけど、工夫次第では負担なく森林の整備が所有者はできるという、こういうのもあるんですけど、その点、森林所有者に強くあっせんしていくとかいうのは、そういうのは無理なんですかね。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 今後は、森林組合等を通じまして、そういう協議はさせていただきます。



◆2番(松畑玄君) 

 短期雇用でもどのような形でも、まずは雇用の創出でありますから、利用できる制度の情報をどんどん事業主に発信し、若年層の雇用の創出につながるようにお願いします。

 また、今後、新宮市は学校再編、図書館・市民会館等の建設と大きな事業を抱えております。これらの建物にはなるべく熊野材を使用し、木のよさを他地域に発信できるような建物にしたいと思います。

 熊野材の需要が高まれば、林業振興、雇用とつながり、木の国新宮の復活の起爆剤になる可能性があります。市長、ここら辺をよろしくお願いします。見解いかがでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 これは、教育委員会との協議の中でも、これからの学校統合、いわゆる校舎の建設につきましては熊野材を存分に使っていただきたいと私のほうからも御注文申し上げているところです。

 これは、当然のことながらこの協議会もありまして、その中に各自治体も参加していただいてますが、木材を多様する仕組みは一応制度的にはでき上がっていると、そのように思っております。これは、具体的に教育委員会もその方向で検討してくださっていることで、我々としては少しでも木のよさというものを子供たちの中にもしっかり、情操教育等を含めまして、よい効果を生むようにこれからもその方向で取り組んでまいります。



◆2番(松畑玄君) 

 前向きな答弁ありがとうございます。

 若年層の雇用状況をこのまま放置すると、新宮市の人的資源の将来に大きな影響を及ぼします。企業の誘致はもちろん最重要目標でありますが、1次産業振興に力を入れ、地域で雇用を創出できるようお願いし、この項を終わります。

 次は、佐藤春夫について、十和田湖奥入瀬渓谷とのかかわりを掘り起こし、文化観光交流の促進をということで、デーリー東北新聞社の2007年8月13日付のニュースから、青森県十和田八幡平国立公園、十和田湖のシンボル乙女の像と同じ1953年10月に除幕されながら、訪れる人もなく、奥入瀬渓流の銚子大滝付近に埋もれていた佐藤春夫の詩碑「奥入瀬渓谷の賦」がほぼ54年ぶりに確認された。詩が彫られた天然石の周囲は草木が生い茂り、周囲に人が近づけないありさまで、発見者の鈴木さんは、せっかく貴重な碑を多くの観光客に見てもらいたいと整備を訴えているとの記事を同僚議員が目にし、先月、同僚議員7人で確認に行ってまいりました。

 新宮市の名誉市民第1号の佐藤春夫は、青森県十和田市と深いつながりがあり、昭和の彫塑界の巨匠高村光太郎の遺作、乙女の像に大きくかかわっていました。そのことについてお話ししますと、青森県は、十和田湖が国立公園の指定を受けて15周年を迎えた記念事業に、十和田湖を観光地として世に広めた功労者を顕彰するための記念碑をつくろうとしていました。同じころ、女学校が新制県立高校となった三本木高校の新校歌の作詞を手がけ、校歌の披露式に出席のため三本木高校を訪れ、そのとき初めて奥入瀬渓流、十和田湖を見て、これほど美しい自然を見たのは初めてですと言い、大変気に入ったようです。太宰治と親交のあった佐藤春夫は、帰路、太宰の兄、津島文治青森県知事を表敬訪問する。知事は、記念碑の制作を高村光太郎に依頼して断られたいきさつを佐藤春夫に打ち明けた。高村光太郎は、妻の智恵子が亡くなって失意のうち、岩手の片田舎に引っ込んでしまうが、佐藤春夫が訪れて説得し、一緒に十和田湖の視察に出かけました。そして十和田湖の美しさに魅せられ、永遠に汚れを知らぬ乙女のようだと語り、乙女の像の構想が浮かび、高村光太郎は記念碑の仕事を引き受けることになりました。余り知られていませんが、十和田湖の象徴である乙女の像制作の背景には佐藤春夫の尽力があり、彼の高村光太郎への働きかけがなければ、恐らく乙女の像は生まれなかっただろう。佐藤春夫は十和田の恩人ですと十和田市の担当職員は評価していました。

 佐藤春夫は、像の完成記念に二つの詩を青森県に寄託しました。「湖畔の乙女」「奥入瀬渓谷の賦」であります。「湖畔の乙女」は現在でも歌い継がれており、有名であります。「奥入瀬渓谷の賦」は、銚子大滝30メートルほど下流の遊歩道沿いに、木製の掲示板により紹介されていました。今回記事になったのは、その掲示板から遊歩道を外れてわずか10メートル後方に「奥入瀬渓谷の賦」の反歌が佐藤春夫直筆で約40字刻まれていました。このようなことを新宮市としては認識していたでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 中岡文化振興課長。



◎参事[文化複合施設担当]兼文化振興課長(中岡保仁君) 

 この話につきましては、私どもの所管しております佐藤春夫記念館がこの事実については把握してございます。ただ、そういったその後の取り組みといいましょうか、そういった渓谷の賦があるといった部分についての取り組みについては、特に特段の動きはしてございませんでした。



◆2番(松畑玄君) 

 議長、市長にどのようなものかというのを見ていただきたいのですが、よろしいでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 どうぞ。



◆2番(松畑玄君) 

 同僚議員と見に行ってきて、大変すばらしいものでした。

 今回、最初に市長に2点お願いさせていただきます。

 1点目は、十和田市、青森県に対し、佐藤春夫詩碑までの遊歩道の整備を要請していただきたいのであります。現地を見たところ、新聞記事で読むほど草木が生い茂っているとは言えず、予算的にも作業的にも困難とは言えなかったので、市長いかがでしょうか。



◎参事[文化複合施設担当]兼文化振興課長(中岡保仁君) 

 私どもあくまで市と市の所管の話でございますけれども、先方の十和田市の観光推進課の担当者と私、実は話をしまして、その辺のことを伺ってきました。それで、議員御存じのとおり、以前に2008年、ここでは枯れた枝の落下事故によりまして、その下におられた御夫妻が大変なけがをされた。1人の方は今も車いす生活を送っているということで、1億9,000万円の判決が出まして、国も県も責任があるということで、つい先日、この2月に最高裁で判決が出たようです。そういった中で、県のほうは遊歩道はこれ以上広げたくないという、わずか10メートルの話でございましょうけども、そういった考えがどうも根底にあるようだというように向こうの担当者は話してございます。そういった中、現在も梅雨、雨が多い時期を迎えまして、向こうのほうもしょっちゅう、落石とか枝折れがあった場合、県も市も同じように出動しているらしいです。

 そういった中、本件の部分についての可能性、私も問うてきましたけども、実現可能とあれば県に対しても市としては要望してはいくつもりであるけれども、この整備につきましては、国立公園の管理の問題とか複雑な賠償問題とかございまして、なかなか今のところは難しい話じゃないかというふうに、今のところはそういうような話で聞いてございます。



◆2番(松畑玄君) 

 私が見た限りでは、そんな危険な場所でもなく、大きい木があるわけでもなく、急勾配でもなく、全然そういう事故が起こるような場所には見えなかったんですけど、市長も1回見に行っていただいて、見ていただければわかると思いますので、そんなんではないと思います。危ない箇所ではありませんので、そこは強く要請したいと思いますので、よろしいでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 私もこの奥入瀬渓谷、まだ知りません。ましてや十和田にある乙女の像、また佐藤春夫の詩があることは、かつて13番議員から御指摘、教えられまして知ったような状況です。

 そのような中で、ぜひ私としても、十和田湖畔の、ましてや奥入瀬の春夫の詩碑は実際この目で見たいと、このように思っているところです。機会をとらまえて一度行きたい、そのように願っております。



◆2番(松畑玄君) 

 2点目は、十和田市役所を訪れた際、乙女の像除幕式の映像が残っており、そこには佐藤春夫、高村光太郎等関係者が写っていました。これを何とかダビングして新宮市にいただけないものかと、これをまた十和田市と青森県に対して要請していただけないでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 中岡文化振興課長。



◎参事[文化複合施設担当]兼文化振興課長(中岡保仁君) 

 その件につきましても私、お尋ねしました。高村光太郎とか春夫が写っておる映像が確かにございまして、青森県の総合社会教育センターというところがライブラリーとして持っているということでございまして、そういった中、著作権とか所有権の問題があっていろいろとややこしい部分あるんですけれども、今のところコピーをいただける方向でございます。

 肖像権の問題がありまして、そのほか、春夫以外に写っている方につきましては没後50年たたないと一般公開できないということで、春夫が写っている部分だけ、例えば春夫記念館で一般公開とかいうのは可能だとは考えてございます。



◆2番(松畑玄君) 

 どうもありがとうございます。

 この二つを強く要請し、今回の本題である文化観光交流の促進ということについて質問させていただきます。

 観光には三つの要素があると言われています。見る楽しみ、買う楽しみ、食べる楽しみ。ただ最近、これらの要素に加えて、知る楽しみに関心が高まってきていると言われています。まさに私もそのように考えています。

 都市圏のいわゆる都会のシニア層を初めとした文学愛好家などに関心を高めるいいアイテムだと思います。これについてはどうでしょうか。



◎参事[文化複合施設担当]兼文化振興課長(中岡保仁君) 

 佐藤春夫が、アイテムという言い方はともかくも、私どもの郷里を代表する文豪、詩人でございまして、当然それを私どもは生かしながらまちを宣伝していくといいましょうか、そういった部分がございます。

 そういった中で、なかなか現在、佐藤春夫の認知が若干、たくさんの新しい作家が現在、例えば村上春樹さんとかいろんな方が出てくる中で多少埋没していっているのではないかと、そういった危惧もある中で、何とか佐藤春夫を生かした記念館、せっかくございますので、そこを通して文化振興の部分で私どもも努力したいと考えてございます。



◆2番(松畑玄君) 

 十和田市などでも、東北新幹線の青森延長開業が来年の12月ごろと決定しているようです。それに合わせ、何とか十和田市に観光交流人口の増加を目指してさまざまな施策を展開していく予定と伺っています。

 また、この佐藤春夫の石碑をデーリー東北に取材させた十和田湖畔の土産物屋経営の鈴木博社長の話を伺うと、昭和の時代は新婚旅行のメッカであり、また、北海道からの修学旅行など、いわゆる景勝地観光という要素が強かったが、今の時代、それだけでは人は呼び込めない。そのため、さまざまな工夫と知恵を絞らなければならない。十和田湖の水の色に合わせ、ソフトドリンクというかカクテル調の青いビールを製造したり、ヒメマスの薫製など、地元でしか味わえないような食べる楽しみを開発しているんだというようなお話をされていました。

 まさに我が意を得たり、観光による交流人口をふやすためには付加価値をつけることが重要なのです。担当課では、この付加価値をつけていくことに関してどうお考えですか。



○議長(奥田勲君) 

 北畑課長。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 今おっしゃられましたように、十和田湖のような全国各地の観光地と言われるところには、それぞれ民芸品があったり飲み物があったり食べ物があったり、そのような特産品があると思います。

 同じように、新宮市におきましてもめはりずしであるとかさんま寿司や地酒、地ビール、徐福茶初め多くの特徴のある和菓子など、たくさんの特産品と言えるものがあると思ってございます。

 あくまでこういうものにつきましては民間の力で商品開発するものだと考えておりますが、昨年も、天台烏薬を使用しましたお酒あるいは菓子の新商品開発に補助もさせてもらった経過もございます。

 今後につきましても、可能な範囲でそういう商品開発等には市として支援、協力していきたいと、そのように考えてございます。



◆2番(松畑玄君) 

 新宮市とその地だけの交流にとどまらず、両市で共同でPRを行い、全国発信していくことが重要です。

 例えば、じゃらんという旅行関係のサイトで佐藤春夫の取り上げられ方、ごらんになられたことがありますか。また、営業といいますか、いろいろ旅行会社に売り込まれたことはありますか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 もちろん、市のホームページには市内の文学散歩の中で佐藤春夫記念館や筆塚、生誕の地の紹介をしてございます。また、観光協会のホームページにも同様に掲載してございます。

 旅行エージェント等に対しましては、機会があるごとに私どもの川原横丁などとあわせてPRをしている状況でございます。



○議長(奥田勲君) 

 中岡文化振興課長。



◎参事[文化複合施設担当]兼文化振興課長(中岡保仁君) 

 参考までに申し上げますと、先ほどのそういった件を十和田市とのやりとりの中で、向こうのほうも、こういったこともあったんかなと思いますけれども、ことしの7月25、26日に十和田湖温泉郷の宿泊者対象に乙女の像と佐藤春夫の歌碑を訪ねてというようなハイキングを催すらしいです。

 それで、先ほど申しました遊歩道につきましては、ハードルが高くてなかなか実現ができないんですけれども、地元ではこういった取り組みを新たに考えまして、奥入瀬とか十和田湖を賛美した光太郎や春夫の遺徳をしのんで、ハードという遊歩道の整備はできない部分を何とか補いながらソフト的な部分で展開したりとか、あとパンフレットの充実で佐藤春夫の気持ち、心を来訪者に今後伝えていきたいと語っておりました。



◆2番(松畑玄君) 

 僕からしてみたら、できない状況ではないと思ってますので、これ、だめと決めるのではなく、市長、一度現場を見ていただいて要請していただくと。まず百聞は一見にしかず、見ていただくのが先決だと思いますので、だめと決めつけないでください。

 質問のほうに戻らせていただきます。

 長野県佐久市などは上手に取り上げてもらっています。新宮市は、記念館が掲載されていますが、少々状況は寂しいように見えます。聞くところによると、この記念館の建物を移築する際に、建物の所在地があった東京都文京区と長野県佐久市も建物の保存に手を挙げられ、争奪戦の末、新宮市に移築が決まったとのことです。

 佐藤春夫記念館の辻本雄一館長にお話をお伺いすると、佐藤春夫は全国各地にその足跡を残し、詩を詠み、さまざまな交流を行ってきたとのことです。また、全国各地の学校の校歌、あるいは文藝春秋等の会社の社歌まで作詞されています。全く当時の時代のことを考えれば、すごい方がこの新宮市から輩出されたんだなと思いました。また、その一つ一つに、つくってきたときの思いやエピソードなどがあるのではないでしょうか。このようなことを掘り起こし、アイテムを積み上げていく努力が必要なんではないでしょうか。市長の見解をお伺いします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 確かに佐藤春夫はこの市の名誉市民であり、また、我々新宮にある文化の礎を開いてくれたといって過言でない人だと、このように思っております。

 佐藤春夫のかつては校歌祭を、余談ですが、催したいというそんな思いの中で調べますと、市歌、校歌あるいはいろんなそういう作詞が80にも及ぶということを聞いておりまして、和歌山市長も、かつては私どもの市歌も佐藤春夫さんですよと、こういうことを言われました。そのような中から、いろんな交流の仕方があろうかと思います。

 また、詩碑は比較的、奥入瀬は別ですけれども、県外には少ない今、実情になっております。かつては犬吠埼にも立派な詩碑がありますけれども、このようなものを掘り起こして、我々としてはそれをつないだ、そういう御縁の中で新しい文化交流ができないかということを私としても思っている次第でございます。



◆2番(松畑玄君) 

 どうもありがとうございます。

 一度にすべてのゆかりの地とはいきませんから、まず十和田湖の関係を世に出し、十和田湖では佐藤春夫先生は十和田湖の恩人、2人の巨匠が青森に残した宝と言ってくれています。奥入瀬渓谷の石碑を見に行けるようにするために、わずか10メートルの道を整備すればよいのです。また、案内板の裏側に、だれも目につかないようなところにこの石碑と詩の紹介がされているので、これを散策、ウオーキングされる方の目につくようにすればいいのですが、青森県や環境省が所轄であり、十和田市も旧十和田市と旧十和田湖町が合併してできた新十和田市であり、現時点では関心の度合いが少し低いのかなという印象を持ちました。

 ただ、さきにも申し述べたように、青森県は本年は太宰治の生誕100年、そして交通体系を根本から変えるであろう東北新幹線の青森延長開業を目前に控え、知る楽しみの創出には積極的と感じました。

 高村光太郎の遺作である乙女の像制作にかかわる十和田湖の方々、津島青森県知事、太宰治と佐藤春夫の関係の逸話といいますか秘話を通じて、文学者や芸術家の交流に触れる機会を提供し、知る楽しみを喚起し、生誕の地と活躍したさまざまな地とタイアップして、我が郷土の誇る文学者佐藤春夫に再び光りを当て、観光交流人口の増加を目指すべきではありませんか。市長のお考えをお願いします。



◎市長(佐藤春陽君) 

 今御指摘ありました文化交流、これは新宮市にとってまことにふさわしい目的だと、また目標だと、そのように思っております。これからも、佐藤春夫だけではありませんけれども、我が市に寄与なさったいろいろな文化の足跡を残した先人たちをおしのびし、これらの新しい発掘や、また、それらを通じた観光交流の促進には私自身も努めてまいりたい、かように思っております。



◆2番(松畑玄君) 

 ありがとうございます。

 また、市民の皆さんにもいま一度郷土の誇る文豪佐藤春夫を再認識していただくためにも、このような逸話や秘話の紹介を例えば生涯学習の一環として何とか取り上げていただけないでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 前田生涯学習課長。



◎生涯学習課長(前田圭史郎君) 

 議員御指摘のことにつきましては、私どもでは健人大学といいまして、高齢者を対象に健康、文化、人権、また、時代に対応できるような学習を年10回開催しております。

 本年度につきましては学習予定が決定してますので、次年度、その点につきましても講師、内容、日程等調整しまして、佐藤春夫についての講座を組み入れていきたいと思っております。



◆2番(松畑玄君) 

 さらなる積極的な取り組みをお願いします。

 次に、小中学校での授業の一環として、佐藤春夫を初め新宮市が輩出した偉人のことを学習させていくというのは不可能なのでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 大江教育長。



◎教育長(大江清一君) 

 やはり子供たち、今、議員言われるとおり、温故知新というんですか、地元のことを知って初めて外へ行ってまた大きくなって思い出すと、そういうことは絶対必要だと思います。前にも申し上げたと思うんですけれども、ロータリークラブさんのほうでも新宮十郎行家から始まって中世の時代、そして、水野家の話、東くめさんから始まって中上健次さんまでそういう先人の方々の紹介とか、それを今の総合学習の時間に新中学生に1冊ずつ単行本としてお渡しさせてもらってます。

 それが今年度でちょうど終わるわけでありまして、自分自身もこれから先もやはり中学1年生あるいは小学校6年とかそういう一つの一番頭へ入る時期に、そういうことを教育というんですか、植えつけていく必要があるなと、それは思っております。



◆2番(松畑玄君) 

 ありがとうございます。

 さらに、青森県音楽資料保存協会や湖畔の乙女を歌い継ぐ会では、当時、佐藤春夫作詞の湖畔の乙女、奥入瀬大滝の歌を大変たくさんの学生や市民の方が歌われ、レコーディングもされたそうで、佐藤春夫の作品がレコード化されたのも珍しいのではないでしょうか。これらを新宮市民の方の合唱団などで発表していただけたりすることも、広く市民の皆さんに再認識していただく手段ではないでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 中岡課長。



◎参事[文化複合施設担当]兼文化振興課長(中岡保仁君) 

 確かに青森県音楽資料保存協会というのがございまして、十和田湖音頭とか、春夫作詞の湖畔の乙女、それから奥入瀬大滝の歌、よみがえらそうということで、そういうような催し、取り組みをやられていることを聞いてございます。そういったものも、一度私どものほうで、どういった状況で、そしてどういった楽譜があるかというのを確認しながら、そういった取り組みはできないか、私ども、文化協会にたくさん合唱団とか入ってございますので紹介することも可能ですから、一度検討してまいります。



◆2番(松畑玄君) 

 よろしくお願いします。

 いずれにしましても、新宮市にとりましても十和田市にとりましても交流人口の増加は大きな課題です。このような秘話やエピソードの掘り起こしが、新宮市の魅力、行ってみたい場所としての価値を高めていくと考えています。ぜひとも魅力の創出に向けてさらに一層の努力をされますことを要望して、一般質問を終わります。ありがとうございます。



○議長(奥田勲君) 

 昼食のため、午後1時まで休憩いたします。

 なお、休憩中に第2委員会室において、追加議案の取り扱いについて議会運営委員会を開催したい旨、委員長より申し出がありますので、委員の皆様よろしくお願いいたします。



△休憩 午前11時46分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後1時01分



○副議長(大西強君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△三栗章史君



○議長(奥田勲君) 

 一般質問を続行いたします。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 それでは、通告に従い一般質問をさせていただきたいと思います。

 まず最初に、新宮市の観光についてでございますが、去る4月22日の紀南新聞と4月23日の読売新聞で、田辺市が聖地熊野ということで、観光圏に認定されたという記事がありました。観光圏に認定されると、観光客に対する宿泊割引やレジャーイベントなどの事業費について、4割を上限とする補助金を受けることができるとありましたが、このほか、観光圏について説明等ありましたらお聞かせください。



○副議長(大西強君) 

 北畑商工観光課長。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 これは、観光圏の整備による観光旅客の来訪及び滞在の促進に関する法律に基づきまして、観光立国の実現に向けて国際競争力の高い魅力ある観光地を形成するため、内外観光客の滞在日数を拡大し、2泊3日以上の滞在型観光を促進する複数市町村で構成する地域を観光圏として国土交通大臣が認定する制度であります。

 そのため、複数の地方自治体、観光関係団体、農林漁業団体等で組織します協議会が事業主体となりまして、取り組む事業に対して国が補助金を出すということになっておりまして、現在、全国で30の地域が認定されております。



◆11番(三栗章史君) 

 この認定されるということは、観光にとってかなり有利な条件がついてくるというふうに理解しておるんです。当新宮市も観光には力を入れて取り組むと言っておられますけども、この観光圏に認定されれば、先ほども言いましたようにもっといろいろな事業がしやすくなると思うんですが、今回、観光圏に認定された聖地熊野ということで、新宮市等もかかわってくるとは思うんですけども、田辺市が認定されて新宮市がされなかったというのは何か理由でもあるんでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 今回認定されましたのは田辺市と奈良県十津川村の地域を一つの観光圏として認定されたわけなんですけども、私ども、この観光圏につきまして、具体的に市町村の枠組みであるとか協議会設立に向けての検討であるとか、そういうことをしていないというのが現状であります。

 なお、今後追加申請も可能であるとお聞きしておりますので、新宮市単独での申請は無理なのですが、隣町の那智勝浦町との連携等を協議し、またあるいは田辺・十津川圏に加わることも含めて考えていく必要があると考えております。



◆11番(三栗章史君) 

 ぜひともそういうふうな形で認定されるような方向でやっていっていただきたいと思うんですけども、この観光圏の認定に関しては、期限とかは何かあるんでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 この法律がいつまでという期限はないと思っておりますが、認定を受けるに当たっては5カ年の計画を策定する必要があります。その間、2年間において国からの補助が受けられると、そのように把握しております。



◆11番(三栗章史君) 

 新宮市がそういったことで認定されなかったということは大変残念に思いますし、ぜひとも、チャレンジしていただいて認定していただけるように御努力していただきたいと思います。

 続きまして、観光用の看板について御質問させていただきます。

 私の知人で元鍛治町に住んでいる人の話なんですけれども、その知人の家からですと、もう目の前に速玉大社が見えるんですけれども、観光客の方に速玉大社の場所をよく聞かれるんですということをお聞きしました。

 地元の人には当たり前でも、知らない人にとってはなかなかわかりにくいんだなという思いをその話を聞いてしたんですけれども、そこで、前にも商工会議所の青年部と新宮市との意見交換会で要望があった観光案内の看板をもっと充実することについて、今どのように取り組んでおられるんでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 よく御指摘を受ける点なんですけども、速玉大社への案内につきましては、車道、車で来られる方につきましては、国土交通省が大きな看板を立てていただいておりますので、迷わずに来ていただけるものと思っておりますけども、歩行者の方につきましては、速玉大社に限らず、その他市内の観光施設への誘導案内板につきましてはまだまだ不足している点が多いと思っております。できるだけ早い時期にそういうものを整備していきたいと考えているところであります。



◆11番(三栗章史君) 

 たしか商工会議所の青年部との意見交換会のときでもそういうふうに言われておりましたので、本当に早く具体的にしていってもらいたいと思います。

 ちなみに、きのうその友人に電話しましたら、もう自分で紙に書いて張っておいたよというふうな、案内を書いておいたよというような返事をいただきました。その方のほうがかなり早いなということで、市のほうも負けずに、ちょっとスピードアップしてやっていただきたいと思います。

 また、これは個人的な話なんですけども、私は速玉大社からあのお寺のところを通って神倉へ行く道が、物すごく風情があって、ええとこやと思うんですけども、なかなか観光客の人には道順等わからないと思いますし、できるだけ親切な看板の取りつけをお願いしたいと思います。

 それと、続きまして、新宮港に客船が入港しておりますけども、先般開かれた総務委員会では客船の入港数がふえてきたという御報告をお聞きしました。もちろん、それに比例しまして、入港される観光客もふえていると。その中で、なかなか市内観光される方が少ないとのことでしたが、せっかく新宮に来てもらって新宮で観光や買い物をしてもらえないようではもったいないと思いますので、ひとつこれ提案させていただきたいのですが、新宮港にある公設市場に観光客を招いて、そこで地元でとれた魚や野菜などの販売をして買い物をしていただくと。そうすれば、白浜にはとれとれ市場というのがあるんですけども、新宮も、そこまでいくかどうかわからないですけれども、売り上げにつながるのではないかと思っております。

 その辺に関しては、公設市場は広域事務組合が運営しておりますので、手続等いろいろあるとは思うんですけども、担当課としてその辺の案はいかがでしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 今お話ありましたように、「飛鳥?」など客船の寄港が世界遺産登録以降ふえてございまして、毎年数隻から10隻近く寄港してございます。

 主な目的としては熊野三山参詣ということになってございますけども、このクルーズには二ケースございまして、チャータークルーズと自主クルーズというのがございます。チャーターの場合は旅行会社がすべて日程を組むということで、なかなかこちらから新たな日程を入れていただく余地はないんですけども、自主クルーズの場合は、船会社から行き先の相談を受けたこと、また、こちらから提案するケースもございました。

 ただ、御質問の公設市場の水産物や野菜類の販売のことなんですけども、公設市場は卸売市場法で定められた卸売市場でありまして、販売取引の方法や卸売の相手方の制限がございます。仲卸業者あるいは売買の参加者以外に消費者に直接販売してはならないということになってございますので、なかなか現状では難しいかなと思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 確かに現状では難しいというお答え、理解できるんですけども、そのままほうっておいたらこのまま何もないままになっていくかと思いますので、公設市場の売上向上にもつながりますし、ぜひ実現していただきたいと思っております。

 観光だけではないんですけども、このようないろいろなアイデアを出していただいて、できるだけ可能な限り成功に導いていけるよう、いろいろ策は要るかとは思いますけども、新宮市の観光をもっと魅力あるものにしていっていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 観光についてはこれで終わらせていただきます。

 続きまして、若者の就業対策についてということで、先ほど2番議員も質問されておりましたので、重複する点もあるかもしれませんけども、御答弁をよろしくお願いいたします。

 今、世界規模の不況と言われておりますが、新宮市も例外ではありません。不況による倒産や経営の合理化によるリストラ等で職をなくした人から相談を受けることが私もふえてまいりました。

 特に、若者の失業がふえることにより考えられるのが、仕事を求めて新宮以外に出ていってしまうことでの人口の減少や、将来に不安を感じることで少子化が進むように考えられます。

 新宮市としては、こういった現状をどのように認識されておりますでしょうか、御答弁いただけますでしょうか。

 先ほど2番議員からも言われたように、今の雇用の問題、仕事というんですか、職がないということで、そこら辺の認識は、やっぱりそういう失業される方はふえているというような認識は当局として持っておられるんでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 倉家理事。



◎理事[港湾・企業誘致関係及び土地開発公社担当](倉家博君) 

 数字的には今ちょっと私のほうはつかんでないんですけども、ただ、現実的には既存の企業なんかも派遣職員が切られたりとかというそういう実情は聞いておりますので、現実、就職、仕事先というのは減っているということは認識しております。



◆11番(三栗章史君) 

 当市にはシルバー人材センターがございますが、まだ年金等がもらえなく、子育てをしている年代層の人を対象とし、次の仕事が見つかるまでの生活のサポートとなるような人材センター的なものをつくる必要があると思いますが、市長、御答弁ひとつよろしくお願いいたします。



○副議長(大西強君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 シルバー人材センターのような組織をということでございますが、これは我々想定外のことでございまして、シルバー人材センターのようなものを若い方々のそういう離職者あるいは職業、雇用の機会を失っている方々に対してどのようなサポートをしていくのか、それを更生して、また一種の市がサポートするお手伝いをということですが、余り正直言いまして実効性のないことではないかなと、そういう思いはいたします。

 そのような中で、若い人々の雇用につきましては、今いろんな職種、かつては軽工業の出荷額は各産業の中で90%を占めた巴や王子製紙や、そういう紙パルプのまちとして栄えたことがありますが、これはしかし今、産業構造の変化とともに、そういう大型の就労先というのはなくなりつつある現状です。

 しかし、片側で福祉の業務に従事する方々が非常にふえております。特に女性の若い方々の中では、新宮市の社会福祉協議会が行っております一例でありますが、ヘルパーの派遣事業等いろんな方が登録してくださって、そういう方々が介護のためにいろんなところへ派遣され、それで生活を、十分とは言いませんが、補っているというケースもございます。

 そのような中で、我々としてはやはり今、この地域の産業に合ったものとしてどのようなサポートをしていくのがいいのか、また、これは市だけがしゃかりきになっても実現できるものではありません。いろんな方々の、例えば毎年のように行っておる例でございますが、Uターンフェア、盆の特に夏休みのシーズンにそういう機会を協議会で取り組んで、就労の機会を若年層の方々にあっせんする一つの場所等の提供は我々としては懸命にこれからも取り組んでいかなきゃならないと、そう思っておりますが、何せその産業構造が70%を第3次産業が占めるという割合でございますから、その特徴にやはり我々は立脚して雇用対策は進めていかなければならないんではないかと、このように思っている次第です。



◆11番(三栗章史君) 

 ただいま市長のお答えの中でございました社会福祉協議会のヘルパー等、確かにこれは女性の方がメーンになるんだと思いますけども、そういった部分はあるとは思うんですけども、これ全国的にも今ヘルパーのお仕事というのはヘルパー不足であると。だけど資格を持っておられる方はかなりおる。やはり報酬等が見合わないので続かない人が多いということも確かにございますので、その辺も考えると、ただこれだけというわけにもいきませんし、私もちょこちょこ実際にシルバー人材センターに依頼した人からお話聞いたら、庭の木を刈ってほしいとお願いしたら今忙しいんで何カ月待ちと言うたんですかね、というようなシルバー人材センターは状況だというふうに言っておられました。

 例えば、そういったものを若い年齢層の方で職業を現在なくしている方で登録される方にそういったものを回すとかいうふうなやり方でつないでいけば、そういうことも可能になってまいりますし、先ほどもございましたけども、子育てをしているような家族で、女性のヘルパーの方は働くところがありますけども男性の方は意外と少ないというふうな場合に、やはり市としても何か手を差し伸べなくてはならないと私は思っているんですけども、今後、そういうまだまだ景気のほうも見通しはついておりません。特に現在、地方が疲弊しておりまして、経済は都心部に比べてまだまだもっともっと厳しくなるんじゃないかという見通しも出ております。そういう部分では、やはり市も一緒になってこういった部分に取り組んでいっていただきたいと思っております。

 それと、同じく就業対策でございますけども、那智勝浦町の色川地区などはIターンの人たちが休耕田を利用し、農業をして生活していますけれども、新宮市の高田地区や熊野川地区などの休耕田を新宮に住む人たち、もちろん先ほど言われました失業されている方たちなんかもそうですけども、こういった人たちに新宮独自の補助を出して農業をしてもらうことで、人口の流出を防ぐことになりますし、限界集落の解消の一つの対策になると思いますが、この辺いかがでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 津呂農林水産課長。



◎農林水産課長(津呂建二君) 

 ただいまのは、農地法や農業経営基盤法による利用権の設定を行えば可能でございます。

 ただし、遊休農地での営農再開に係る補助金につきましては農振農業地区内が条件となっております。



◆11番(三栗章史君) 

 先ほどもからも出ておりますけども、いろいろな縛りがございまして、なかなか思うようにいかないというのはよくわかっておりますけども、現実に限界集落ができ、農業される方、後継者も減ってきております。なのに、失業して仕事のない方が逆にふえてきておりますので、そういった部分、新宮市独自で何かアイデアを出していただいて、そういう救済のほうにもぜひ力を入れていただきたいと思います。

 市だけではやはり難しい問題だとは思うんですけども、地元の住民や農協、県・国など、皆で力を合わせていけば道は開けてくると思いますし、これこそが協働のまちづくりではないかと私は考えております。この施策がうまくいって農業する人がふえてきた場合なんかでも、広角用地なんかにしても直売所をつくったりすることによりまして農業振興と観光の両面にもプラスに働くかと私は思っておりますので、どうぞ、難題ではございますけども、ひとつ取り組んでいただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 続きまして、ごみの分別についてお聞きいたします。

 エコ広場を始めてから約7年ほどが経過し、分別も定着してきたように思いますが、平成12年4月の新宮市ごみ減量等推進審議会の答申に、ごみの分別種類についての中で廃食油というものが含まれておりました。現在、廃食油は収集されていませんが、何か理由等はあるんでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 宇井生活環境課長。



◎生活環境課長(宇井正典君) 

 議員御指摘のとおり、平成12年4月に新宮市ごみ減量等推進審議会の答申、またさらに平成19年12月に新宮市循環型まちづくり委員会からも、廃食油の有効活用に関する意見をいただいておりまして、私ども行政担当者としましても、地球温暖化や化石燃料の枯渇問題など環境面からも、廃食油の再利用の必要性は十分認識しているところでございます。

 また、おっしゃるように、平成14年4月より全市一斉にエコ広場の分別収集を開始して7年が経過し、ある程度分別のほうも定着してまいりました。開始当初は、町内会等の協力によりまして当番制による推進員を選出いただきまして、将来的にはそのような立ち会いの人も不要で、利用者のみで運営できるであろうとの予測のもと、実施したと聞いております。

 しかしながら、現時点におきましてもエコ運営委員の協力なしでは分別も完全ではなく、また、分別していない資源物等のエコ広場開始時間前の早出し、そしてまた、さらには運営委員の高齢化等もありまして、不足している運営委員自体の確保など、細部では問題点も多く残っております。

 そのような状況で、近隣自治体と比較してもまさるとも劣らない環境に配慮したエコ広場制度を確立するに当たり、これ以上の廃棄物関係の経費と市民負担を考えると慎重にならざるを得ない状況にありまして、廃食油の分別まで至っていないというのが現状であります。



◆11番(三栗章史君) 

 ということは、主に廃食油を収集するときにコスト等がかかるということが主な原因でよろしいんでしょうか。わかりました。

 現在、近隣市町村で廃食油を収集しているところはあるんでしょうか。



◎生活環境課長(宇井正典君) 

 近隣の市町村の廃食油の回収状況について、和歌山県側は田辺市まで、三重県側は熊野市まで調べてみました。三重県側では熊野市さんが、そして和歌山県側では白浜町さんが実施されております。他の近隣の町では、当市と同様の方法で固形状にするか、また紙にしみ込ませて燃やせるごみとして処理をしているということでありました。そして熊野市のほうでは、2カ月に1回、回収に協力してくれる地域に集積場を設けまして、各家庭から持ち込まれる廃食油をポリ容器に移しかえて、それを回収しているということでございました。それとまた白浜町のほうは、月1回、指定日に資源ごみ19品目の一つとして、各家庭から持ち込まれる油を専用のポリ容器に移しかえ、回収をしているという話でありました。



◆11番(三栗章史君) 

 はい、わかりました。

 ということは、白浜町なんかはもう一般のごみのときに一緒に油も容器に入れて持っていってもらうということでよろしいですか。



◎生活環境課長(宇井正典君) 

 白浜町さんの場合、指定日にステーションで回収しているということでございました。



◆11番(三栗章史君) 

 熊野市の場合は、町内会単位で場所を決めて、指定日に回収を行うということで理解してよろしいでしょうか。



◎生活環境課長(宇井正典君) 

 そのとおりでございます。



◆11番(三栗章史君) 

 わかりました。

 新宮市ごみ減量等推進審議会の答申では、廃食油は下水道汚染及び環境汚染の大きな原因物質である。廃食油は有効に再利用できる大切な資源であるので、常時収集できる場所と容器を確保し、再利用に協力する施策を実行することが必要であるとされております。

 確かに、諸事情ありまして今それは行われてないということなんですけれども、例えばこれはエコ広場だけではなく、白浜町のような指定日を決めて一般ごみで回収するとか、熊野市のように自治体単位というんでしょうか町内会単位というんでしょうか、そういうやり方で実際にやっているところもあるようですので、エコ広場での回収による経費の部分なんかは、そういう部分でもクリアできる部分があればやはりそういうふうに実行していっていただきたいと思っております。

 熊野川は世界遺産にも登録されています。その川の水をきれいにすることは、新宮市にとってはとても大切なことであると私は思っております。収集方法はいろいろあると思いますが、ぜひ廃食油の収集を行っていただきたいと思いますが、エコ分別の先駆者でもあります佐藤市長、この件について一言コメントいただけましたら。



○副議長(大西強君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 確かに廃食油の処分というのはやっかいなものでございまして、私自身もたまたま余暇を小型の船舶を操縦して楽しみますが、エンジンのオイル交換というときになると、これを果たして廃油をとりましてどこへ捨てていいのか、実態はそれぞれマリンの会社のほうに持ち込みますが、それは持ち込まれるといっても一部のものだろうなという思いもあります。それがいたずらにどこかに投棄されるということになったら、これはゆゆしきことやなという思いもございます。

 また、ごみ減量のためのかつてのエコ広場を創設しましたときに、審議会委員を任命いたしましてお力になっていただきましたが、その方々にも当然、粗大ごみ、それと廃油の処理についてはどのようなやり方でやったらいいのかということで、市政を担当して間もなく意見を求め、その御回答もいただいているところです。

 ただ、現状といたしましては、業者の方々が市内で、全域ということではありませんが、廃食油を御商売ということなんでしょう、回収して回っているということもございますので、有効な措置として、エコ広場あるいは回収の定点の場所等を設ける、それはさまざまな方法があるでしょうが、現実には実際、まだよう踏み切っておらないというのが実情です。



◆11番(三栗章史君) 

 業者の方で回収しているところを、私も一度、オークワ前の中にありますマクドナルドのところから油を回収しているところを見たこともあるんですけども、多分、そういう業務用の油は集められているとは思うんです。やはり一般家庭の油は、ちゃんと紙にしみ込ませたり固めたりということもあると思うんですけども、多少その中でも下水の中に入ってしまって環境汚染につながる原因にもなりかねないと思いますので、世界遺産を大切にするためにも、ぜひとも廃食油の回収は熊野に住む人として実行していただきたいと市長に強く要望しておきたいと思いますので、どうぞ市長、よろしくお願いいたします。

 それでは、続きまして2次合併の件につきまして御質問させていただきます。

 今、法定協議会で事務事業等の確認が行われていますが、最終的にすべての協議が整うのはいつごろでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 嶋田合併対策室長。



◎合併対策室長(嶋田喜久一郎君) 

 現在、第6回の合併協議会を終わりまして、約半分ぐらいの協議項目が終わっております。この21日に開かれる第7回の合併協議会で約10項目の協議をいたしまして、もし今月行われる協議項目が承認されれば残りがあと五つ六つということで、大事な基本計画が残っておりますが、7月中には終える見込みであります。



◆11番(三栗章史君) 

 そうすると、7月中には法定協議会ですべての協議が調うということになるわけですが、法定協議会での事務事業は順調に進んでいるようですけども、住民負担をお願いする部分など最終的にどのようになるのか、教えていただきたいと思います。例えば国保税や介護保険料、保育料などは、合併後どのようになるのでしょうか。



◎合併対策室長(嶋田喜久一郎君) 

 保育料につきましては、さきの合併協議会におきまして調整方針案が承認されております。各種事務事業、児童福祉事業の取り扱いということですが、一応調整方針案の中では、保育料の基準額については、合併翌年度以降、3年間の経過措置を設け、段階的に調整し、平成25年度に国基準額の75%を基本に統一すると。ほかにもへき地保育所等とかいろいろな方針案が確認されておりますが、保育所の基準額については、現在、新宮市が国基準額の75%ぐらいになっているということですので、那智勝浦町民、今、那智勝浦町でお住まいの方につきましては、新宮市のほうの料金に段階的に調整してくるという方向になっております。

 国民健康保険等につきましても新宮市のほうの料金に段階的に合わせていくというようなぐあいに、それぞれ直接住民負担になる、いろいろな条例で決められている税とか料金とかありますが、それについては、今月も地方税とかいろいろ出てくる予定ですが、協議会で確認していくということになっております。



◆11番(三栗章史君) 

 介護保険料なんかも、やっぱり新宮市のほうへ合わせていくということでよろしいんですか。



◎合併対策室長(嶋田喜久一郎君) 

 介護保険事業の取り扱いにつきましては、平成21年4月の協議会で確認されております。その調整方針案につきましては、介護保険事業計画については、合併翌々年度、平成23年度までは既存の旧市町の計画を新市の地域別計画として引き継ぎ、平成24年度以降の計画については新市において策定するということですので、平成24年度以降に策定する計画に基づいて決まっていくということになっております。



◆11番(三栗章史君) 

 ありがとうございます。

 その他で、市税とか水道料金なんかも教えていただきたいんですけども。



◎合併対策室長(嶋田喜久一郎君) 

 市税、水道料金につきましては、今月行われる合併協議会で協議される予定になっています。



◆11番(三栗章史君) 

 わかりました。

 そうすると、国保税、介護保険料、保育料は那智勝浦町の住民負担が将来的にちょっとふえてくるということになるかと思いますけども、固定資産税は那智勝浦町の税率に合わせて引き下げられるということでよろしいんでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 竹嶋副市長。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 介護保険につきましては、先ほど室長のほうからありましたように、現在3カ年計画でやっておりますから、3カ年ごとの。ですから、今の介護保険料が上がるということじゃなしに、新しくなった市で新しい保険料が制定されるということですし、国保につきましても、一応新宮市と那智勝浦町の特別会計の経理につきましては、新宮市の場合は一般からの繰り入れがなしでずっと見直しをしてきたということですが、那智勝浦町は一般からの繰り入れでずっと来たということで国保料を据え置いてきたという経過がございますので、新市では特別会計としての収支を合わすということで、そういうことになると思っております。

 それと、水道と税につきましては、協議会が迫っておりますので、ここでは答弁を控えさせていただきたいと思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 わかりました。

 国保税なんかも将来的には、今は那智勝浦町は繰入金で賄っておるので、新市になればその辺も変わってくるというふうに理解してよろしいですね。若干上がるというふうに理解してよろしいんでしょうね。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 国保税の上限につきましては、ほかの社会保険との格差があるということで、限度額が上がるというような情報もありますが、それらについては新市の中で検討されると思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 住民負担の中でも国保税は、その事業の運営費を賄うために料金をどうするかという点では、運営できる料金設定をするということはよくわかりました。

 しかし、固定資産税を下げるというお話もちょっと伝わっておりますけれども、これは、税金が安くなるという部分では住民にとってはありがたいことではありますけども、お互い対等な立場で議論して、よい合併を目指しているわけですから、収容能力などの観点から庁舎の位置が決まり、住民意識調査などを参考に名称が決まったと思います。固定資産税を下げるというのは、那智勝浦町長さんが言われておりました互恵互譲の精神で下げるというようなことであるんでしょうか。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 そういう話は承っておりますが、これにつきましても、下げることによって財源が相当窮屈な状態になるということも財政計画の中で出てきますから、それらについてもこの21日の協議会で協議をしたいと思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 税務課長さんにちょっとお尋ねしたいんですけども、今回、合併に関連して勉強させていただく中で、多くの市で都市計画税を課税していると聞きました。固定資産税も含めて、県下の市はどのような状況になっておりますでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 阪本税務課長。



◎税務課長(阪本殖君) 

 和歌山県下30市町村ですが、固定資産税につきましては、標準税率1.4%を使っているところが和歌山市、海南市、橋本市初め25市町あります。超過税率のほうですが、新宮市みたいに1.5%を使っているのが有田市、新宮市、湯浅町、広川町の4市町でございます。あと、北山村が1.7%の超過税率を使ってございます。

 都市計画税につきましては、0.1%から0.3%、11市町使ってございます。0.1%は、先ほど1.5%の超過税率を使っています湯浅町です。あと、0.16%が白浜町、0.20%につきましては海南市、橋本市、御坊市、田辺市、紀の川市、岩出市、かつらぎ町、粉河町でございます。和歌山市が平成20年度より0.3%を使ってございます。

 以上でございます。



◆11番(三栗章史君) 

 今のお話の中では、県下、町村も含めて言っていただきましたけども、県下九つの市のうち、有田市と新宮市を除いては都市計画税を課税しているわけでございます。新宮市と有田市が超過税率0.1%を取っているということですが、税率も違いますが、超過税率と都市計画税の違いというのはどこにあるのか、また、新宮市が都市計画税を取っていない理由や財政面での効果といった点について、財政に詳しい総務部長、少し教えていただけますでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 小山総務部長。



◎総務部長(小山壽行君) 

 都市計画税も、これは資産に課税されるという点は固定資産税と課税対象が同じです。ただ、都市計画税については、都市計画事業などを推進するという目的で課税されますので目的税ということになります。一方、今、新宮市がとっている0.1の超過課税分については、一般財源ということで、使途の特定されない財源として使うことができます。

 そういった中で、新宮市としてはこれまで、いわゆる目的税でない超過課税を取る中で、広くいろんな事業、ハード、ソフト、そういったものに使える税を市民の方々にお願いして、いろんな事業に役立ててきたと、そういうことであります。

 それと、都市計画税も超過課税分もそうなんですけれども、交付税の算定上にあってはいわゆる基準財政収入額に算入されないという点で大きな効果があります。例えば、100億の需要額に対して税が40億入るとすれば、その40億がすべてカウントされるのではなくて、75%の30億だけがカウントされて、10億円が独自の財源として残る。残り70億分が交付税としていただけるという、そういう計算になります。

 ただ、この超過課税分あるいは都市計画税、こういった税につきましては基準財政収入額にカウントされませんから、仮に1億円の超過課税をした場合は丸々自主財源になると。そういった点では一般の税に比べて4倍の大きな財政的なメリットがある、そういった超過課税分の財政的な効果が期待されます。



◆11番(三栗章史君) 

 ということは、県内9市のうちの7市では標準課税を採用するとともに、都市計画道路や都市下水道といった都市基盤の整備をするための財源として都市計画税を徴収していますが、今の新宮市の超過課税の方法はいろいろな事業に使えるということで、交付税の算定上も有利に働くということでよろしいんでしょうか。



◎総務部長(小山壽行君) 

 そういうことであります。



◆11番(三栗章史君) 

 ところで、税率を1.4%とした場合、新宮市域の税収は年間幾らほどの減収になるんでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 阪本税務課長。



◎税務課長(阪本殖君) 

 固定資産税だけで約1億1,000万ぐらいの収入減になろうかと思います。



◆11番(三栗章史君) 

 年間1億1,000万円の自由に使える財源、新宮市にとってかなり多額でございます。この代替財源について、1.4%にした場合、どのように考えておられるのでしょうか。



○副議長(大西強君) 

 竹嶋副市長。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 今の原案といいますか、不均一課税になると思いますが、我々としたら5年間は1.5でお願いしたいというような思いでございまして、その後については、1.4という標準税率に戻したときにそういう不足が出てくるわけですから、我々としたらそれをどうするかということの協議をこの21日の合併協議会でもさせていただきたいと思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 前回の特別委員会では入湯税とかいうお話も出ておりましたけども、これはもちろん代替財源には入っておりませんよね。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 入湯税につきましても、特定な事業、観光とかそういうところに使途を限定されておりますが、これらについては、減るとかふえるとかいう話じゃなしに、現行どおりの収入は入ってくると思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 入湯税に関しましては、こういった目的税でもありますし、もう現在既に那智勝浦町で使われている税金でありますので、新たな財源ではないということで理解させていただきます。

 特進プロジェクトの推進のために、合併後5年間は新宮地域では超過税率1.5%を適用し、その後はそのときの財政状況を見ながら都市計画税の導入を検討するとのことですけども、特進プロジェクトが完了しても、まちづくりのための多額の財源が必要になることは間違いありません。

 ここで大切なことは、新税を導入するのであれば、今から問題提起をした上で、課題解決のための目標年次を定め、そのためのスケジュールをあらかじめ定めて粛々と進めることだと思います。合併後、そのときの財政状況を見て導入について検討し判断するといった、計画性のない、将来に課題を先送りするような無責任な態度は決してとらないようにしていただきたいと思っております。

 導入に当たっては、市民の周知を初めさまざまな作業を必要とすると思いますが、その辺のスケジュールはどのように考えておられますか。具体的に事業計画をお持ちでしょうか。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 新宮市の今の総合計画のシミュレーションはやっておりますが、この合併協議会につきましては、先ほど室長のほうからありましたように基本計画を策定しなくてはいけません。その中で財政計画も必要ということですから、その中でそういうシミュレーションができてくると思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 わかりました。

 先ほど、標準税率の1.4%を適用した場合、年間1億1,000万が減収になることを明らかにされましたが、それだけの税額が下がることは、住民にとっては税負担が軽減され、ありがたいことではあります。今、お聞きした中では、固定資産税を対象とした課税方式では、都市計画税も含んだ場合ですけども、新宮市は有田市と並んで最も低い状況になるということが想像されます。それをさらに引き下げてしまうわけですから、本来は喜ばしいことかもしれませんが、まちづくりができない自治体になってしまうんではないかと大変危惧しております。

 新宮市は、周辺にお住まいの方々から見ると、ある程度の都市機能を整備した魅力あるまちであり、魅力あるまちづくりがされてきたからこそ商店街もにぎわってきたわけです。しかし、商店街の現状は非常に厳しく、我々としては、中心市街地を活性化させるための方策を今後ともさまざまな角度から取り組んでいただきたいと考えています。もちろん文化複合施設を中心とした市街地の整備が中心的なプロジェクトだと考えていますが、総合計画の特進プロジェクトを推進するための資金繰り、すなわち財源の確保が厳しくなってきている状況にあるのではないでしょうか。

 ところで、市長はこれまで、合併しても特進プロジェクトを実行すると言い続けておられます。昨年3月に作成した財政見通しについて、その後の事業の変更等でどのような状況が生まれているのか、お尋ねします。

 まず初めに、学校教育課長にお尋ねします。

 千穂、丹鶴の統合校建設事業費ですが、当初は17億4,000万と言っておられましたけども、現在の想定事業費は幾らぐらいか、また、蓬莱、王子統合校建設事業費などはいかほど見込まれているか、さらに中学校の耐震工事はどれぐらいなのか、簡単にちょっと御説明ください。



○副議長(大西強君) 

 平見学校教育課長。



◎教育部次長兼学校教育課長(平見善宣君) 

 最近、資材等が値上がりしてございます。隣町のほうでも小学校を新しく建設してございますので、その単価等に合わせてございます。当初17億でございましたけども、現在23億程度の積算になってございます。

 それから、蓬莱、王子小学校も同じ規模の学校になると思います。17億から22億程度になろうかと思います。

 それから、緑丘中学校、城南中学校の耐震補強と改修でございますが、当初、統合しまして耐震補強して増築を考えてございました。その折には7億5,000万を予定してございましたけども、2校そのまま存続ということで、耐震補強して改修ということで、両校とも2億5,000万ずつということで合わせて5億円ということで、中学校では2億5,000万の削減になろうかと思います。

 以上です。



○副議長(大西強君) 

 質問中ですが、10分間程度休憩いたします。



△休憩 午後1時58分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後2時11分



○議長(奥田勲君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 一般質問を続行いたします。

 11番、三栗議員。



◆11番(三栗章史君) (登壇)

 それでは、引き続き質問させていただきたいと思います。

 先ほどの金額をお聞きしますと、千穂、丹鶴の統合校で約5億6,000万、蓬莱、王子統合校では当初16億8,000万の事業費が5億2,000万の増ということで、あわせて約10億8,000万円の増額ということになりますね。一方、中学校の耐震工事では2億5,000万の減額ということですから、学校の整備のトータルは8億3,000万の増額ということになります。

 また、文化複合施設整備費40億円については、当初12億2,000万円余りの県費を見込んでいたと思いますが、去る4月の知事要望では大変厳しい反応であったとお聞きしております。

 なお、昨年3月に作成した財政見通しは、県費の支援を仮定した上で、基金もほとんど取り崩した上でのシミュレーションとお聞きしております。

 また、那智勝浦町職員分の退職手当組合から脱退のために、約7億円のうち、その5分の4に当たる5億6,000万円については新市で毎年1億4,000万円ずつ4年間支払いを続けていくことが、去る6月10日に開かれた合併対策調査特別委員会で明らかになりました。

 そこで、市長にお尋ねします。市長は合併協議に当たって、合併しても特進プロジェクトは必ず実施するとおっしゃっておられましたが、学校整備費の大幅な増額や文化複合施設整備への県費支援の減退等を考えると、庁舎整備費の確保は大変難しい状況が予想され、文化複合施設の整備にも影響が出るのではないかと懸念していますが、財源の見通しは大丈夫なのでしょうか。その点、十分な財政見通しを立てておられるのでしょうか、お伺いいたします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 かつて熊野川町と17年に合併した効果として、我々は特例債の発行が許される状態になりました。そのような特例債は26年度、ですから27年3月までに事業を着手する、そういう見通しに立ちますと、当然その特例債の発行が可能なわけです。これらにつきましては一部、もう既に先食いしているものもございますが、約50億余りのものは特例債として起こせるということになるでしょう。

 また、本債の義務教育施設整備事業債と一般財源はもちろんのことですが、それらを援用して特進プロジェクトは計画年度までに目鼻をつけたいと、かように思っている次第です。

 これは、那智勝浦町と合併しても特例債の発行できるのは、会計が1本になりますから、那智勝浦町と仮に一緒になった場合には1本の会計の中で支出されるものですけども、これによって那智勝浦町に迷惑をかけるという筋合いのものではありません。どうあっても私は、この特進プロジェクトは来年度内を目指して着々とその作業、また手順を進めてまいりたい、かように思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 市長さんのお話では大丈夫であるという御答弁でしたけども、1次合併の恩恵であります合併特例債を使い切った後にこそ、施設の維持管理に多額の経費が必要となってくると思います。例えば、田辺市の21年度予算書を見ると、紀南文化会館の運営委託料は7,900万円です。また、美術館運営費は9,500万円、図書館費は1億4,000万円です。新宮の場合、複合施設ということでありますので多少の経費節減効果は見込めるかもしれませんけども、多額の維持管理コストを覚悟する必要があります。また、22年度からはみなし過疎の恩恵を受けることが難しい状況になると予想されます。

 過日に行われましたまちづくりアンケート調査でも、住民の方々が合併に期待するものとして一番多かったのが行政経費の削減でありました。固定資産税のところでも提起しましたが、毎年1億1,000万円の一般財源減収に見合った事務事業削減の見通しはどうなのでしょうか、具体的にどのような経費が削減できるのでしょうか、できれば財政シミュレーションの範囲でお答えいただきたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 竹嶋副市長。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 ちょっと前に戻らせてもらいますが、緑丘、城南の耐震につきましては、21年度の補正予算に我々としたらのせていきたいというようなことで、9月補正を予定しておりますが、それらについては地方負担が9割ほど減額されるということですから、これらについては先行してやっていきたいなと思っております。

 それと、今見込まれている額につきましてどこを減額するかということは、現在、項目的にどこということまではシミュレーションしておりませんが、これらについても、先ほど申し上げましたように基本計画の作成の時点までに詰めていきたいなと思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 今ちょっと不安を抱いたわけですけども、まだそういう財政シミュレーションができていないということで、時間もそんなに余裕はないと思うんですけども、早急にシミュレーションをつくっていただいて、やっぱり市民、町民の皆様に安心していただけるようなシミュレーションを早くお伝えしていただきたいと思います。

 また、合併算定替えについては、那智勝浦町との合併では約6億円、熊野川町の合併では約3億円、計9億円と言われておりますが、算定期間内に同額以上の行財政のスリム化をする必要に迫られております。議員数や特別職の減少だけでは到底難しいと思いますが、ほかにも、新たなし尿処理施設を初めごみ処理施設、火葬場等、新市において二つの施設が残れば、財政運営上不合理な状況が残り、不適当だと考えます。

 ところで、こうした課題について、合併算定期間中に解決する見込みがあるのでしょうか。算定期間中にこれらの課題を解決する見込みを立てない限り、合併算定替えはプラスに働かず、新市における重い財政負担となることは目に見えています。こうした課題解決のための現在考えておられる具体的な計画を教えてください。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 し尿処理施設の改修につきましては、現在の構成団体で基本計画を策定するというようなことで進んでおりますが、新市を見込んだときに、増設できるような計画もその中へ入れてほしいという申し入れは事務組合のほうにしております。

 それと、クリーンセンターの改修につきましては、那智勝浦町があと7年ほどで地元との約束があるということを聞いておりますので、クリーンセンターを二つずっと営業するというようなことにはならないと思いますし、それらについても新市のほうで基本計画ができてくると思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 新宮市と熊野川町が合併したときは、ごみ施設は熊野川町の分を放棄するというか、やめるということで、かなり経費的にも節約できたというふうにお聞きしておりますし、今後、7年の間は二つの焼却場を利用していかなければならないという現実は確かに残ってくるかと思います。

 そういった中で、先ほどから申しておりますように、それプラス9億円のスリム化を図りながら、ましてや5年後には固定資産税を1.4%にして1億1,000万円ですか、税収減という部分で、これをクリアするのはかなり難しい数字だとは思います。

 市長にお尋ねします。那智勝浦町では合併のために税負担増は容認できないとの考えだといいますが、特進プロジェクトの推進や合併推進債を活用した新しいまちづくりのためにも、財源確保が極めて重要であることを説得し、理解してもらうことこそ市長の役目だと思っていますが、いかがでしょうか。

 また、新市での財源確保を確かなものとしない限り、新市誕生後、間もなく財政運営が行き詰まることは目に見えております。そうなると、那智勝浦町が当てにしている合併推進債を活用した事業そのものの推進が極めて困難になると容易に想定されます。こうしたことについて、新宮市民や那智勝浦町民は十分認識しているでしょうか。

 さらに、今月6日、那智勝浦町で開催された合併シンポジウムにおいても、中村町長が合併しなければ夕張になると発言していましたが、合併しても財政運営が極めて厳しくなり、夕張のようになる可能性が出てくるのではないでしょうか。

 財源の確保はまさしく新新宮市行財政運営上の重要な課題だと考えますが、いかがお考えでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 要る経費のことばかり議員から御指摘を受けまして、そのとおりなんですけれども、しかし、合併による財源というのは、例えば固定資産税では1億1,000万減りましても、同じ一般財源というわけにはいきませんが、非常に目的税としては緩やかな運営を行っておる入湯税等の収入が片側で1億4,000万、新市には同じように引き継がれるわけです。ですから、税収の面から言えば決してマイナスになるものではないと、かように思ってます。

 さらに、今言いましたこれから財政シミュレーションを、例えば退職者の予定数とかそういうものを詳細に検証していかなきゃなりませんが、この減量の効果というものは同じ二つの自治体が一緒になることによって行政効率がよく、最小限の、最小限と言っては何ですが、必要な人員の中で新しい市の運営を行っていかなきゃならない、そういう基調に立って、我々は厳しくそこら辺を精査していくつもりです。また、そのラインに沿った財政シミュレーションもできるだけ早期に計画の中で立ち上げたい、そのように思っています。

 また、固定資産税についていえば、現今の固定資産税は、かつて新宮市が財政再建を経験したときに超過税率1.5を採用したものでございます。しかし、もうはるか昔に再建団体は終了いたしました。その時点において本来なら1.4の標準税率に戻すべきだったと私は思うのであります。そのような税を、単にいたずらに超過税率を取ってよいというものではありません。いろんな財政の手法というのはございますから、国や県の補助制度を有効に活用しながら諸事業の執行には努力いたしてまいりたい、かように思っております。



◆11番(三栗章史君) 

 これまで質問してきた中で、出ることばかりということで御答弁いただきましたが、こちらがお聞きする中で、新たにふえる税等がなかなかお聞きできない部分、不安が募ってきている次第でございます。

 そして入湯税は、先ほども私が発言させていただきましたけども、これは目的税であり、現在、その1億4,000万円という税は那智勝浦町において既にもう使われておりますので、新たに1億4,000万円という部分であれば、今来てもらっている観光客が倍来てもらわないとだめだという計算になってきますので、新たなプラスの財源ではないのではないかなと私は理解しております。

 これまでお聞きしたところでは、なるほど人件費などの多くの経費が削減できる見込みのようですけども、1次合併で合併後の新宮市の財政運営が楽になったとは聞いておりません。もしかしたら、合併しなかったらもっと悪くなっていたかもしれません。

 全国的にも1次合併後に財政運営が楽になったとの新聞記事は見ることはなく、むしろ、その後の財政運営が厳しくなったとの記事があり、だから平成の合併は今回が最後だと言われております。合併するとバラ色の時代が待っているのかと思いきや、現在は、なかなか合併後の行政の合理化は難しいというのが実態ではないでしょうか。

 10年後、あるいは20年後、新宮市が寂れているのを想像したくありません。まちづくりを停滞させないという視点で、健全な行政運営を基本としつつ、将来にツケを残すことのない責任ある決断を慎重にしていただき、よい合併となるよう要望して、一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△福田讓君



○議長(奥田勲君) 

 5番、福田議員。



◆5番(福田讓君) (登壇)

 お時間をいただきまして、一般質問をさせていただきます。

 先ほど来、同僚議員からも質問のございました合併の協議は第7回、そして当局の答弁では、7月から8月初旬に協議会が終了すると。あとは調印式を待つばかりでございます。そして、国政選挙が8月中に行われる予定とお聞きしております。そして、この9月6日には那智勝浦町長選挙が執行されます。

 本定例会は6月24日までの会期でございますが、一般質問もこの6月議会で合併について行っていかなければ、9月では決着がついていると予想されます。

 ただいま大変数字に強い三栗議員から、財政、固定資産税等のことについて質問がございました。若干私も本日の質問の中に財政についてもございますが、お許しをいただきまして割愛させていただいたり、なおかつ、再度お聞きする点がございますが、執行部の皆さん、よろしくお願いいたしたいと思います。

 那智勝浦町との2次合併については、昨年の12月議会におきまして両議会で可決されました。その後、第1回協議会の開催から今日まで6回を数えております。当初、那智勝浦町議会では、皆様既に御承知のとおり、1名の議員の記名投票の名前の記入漏れが発端となり、反対と記入したにもかかわらず無効となり、議長の賛成採決の1票で可決されたわけでありますが、本来ならば、那智勝浦町議会の議決は、合併協議会の設立には否決の態度を表明されていたということであります。すなわち、合併協議会設立は頓挫していたのが予想されます。

 現在の合併協議会は、新宮市議会では賛成10票、反対8票で可決となりましたが、那智勝浦町議会での1名の議員の記入ミスの取り扱いが、現在の那智勝浦町議会の中での感情論に拍車をかけ、少し異様なまでに感じられます。

 過日、同僚議員と那智勝浦町議会の臨時会を傍聴してまいりました。住民投票条例の提案が当局より提出されましたが、反対議員と賛成議員が修正議案を提出するということで、事務局において時間がかかり、結局、6月議会に新たに修正議案を再度上程する運びになるとのことでございました。議会の休憩中に、ある那智勝浦町の議員が同僚議員に対して、新宮の議員さんは熱心やの。那智勝浦町の議会のことは新聞やテレビで見たらわかるのにと敵対感を丸出しにして発言されたとのこと、余りにも失礼であり、こういった感情論に走っている議員がおられるということは甚だ遺憾でありました。

 そもそも合併とは、お互いが信頼感を持って、十分に時間をかけて慎重に協議していくことが重要ではないでしょうか。合併が仮に成立すれば、気が合わないからといって世間で言われるような離婚はできません。それゆえに、両市町民の方々に合併に関する詳しい資料等を公開、提示していかねばなりません。

 合併を決定するのは、市長、町長ではありません。新宮市、那智勝浦町議会の議会議決であります。しかしながら、人のうわさも75日と世間ではよく言われております。昨年12月の那智勝浦町議会での1名の議員の記名投票時の記入漏れの報道等は皆様既に御承知のとおり、同じくことし3月議会における合併負担金570万円に対する那智勝浦町議会の反対8票、賛成5票の結果は、紀南の地方紙の報道を見れば、那智勝浦町議会は新宮市との合併に対しては同意はできないということが想定されます。

 中村町長は否決されました議案を再議に付しましたが、それも8対5票で否決されました。しかし、地方自治法に基づいて義務負担ということで現在執行され、合併協議会が進行していますが、住民の代表である那智勝浦町議会が8対5で否決されたということは住民の声であります。やはり那智勝浦町議会の議決を尊重しなければ、新宮市の議会の尊重もないものと私は考えております。

 しかしながら、現に合併協議会が開催され、また、その内容等が報道関係紙により発表されておりますので、最近、市民の方々にもよく尋ねられます。あんた、那智勝浦町と合併するんですか、もう合併することが決まってるんですかという問い合わせが多数であります。そのたびに私は、佐藤市長、中村町長は合併を推進していますが、合併の最終決定をするのは新宮市議会と那智勝浦町議会の議決がなければできないわけですとお答えします。ああそうですか。国会と同じで、市民の最高の議決機関は市民、町民から選ばれた新宮市議会、那智勝浦町議会ですねと納得していただけます。

 去る6月6日に那智勝浦町の合併シンポジウムが開催され、町民から質問を受けた中村町長が、以前にも発言されたとおり、合併しなければ夕張市のように財政破綻、すなわち財政再建団体に陥ると答弁されたということであります。この発言については、もう既に我が同僚議員からも、市議会の一般質問において、余りにも中村町長のおどしとも言えるような過激な発言は控えるよう佐藤市長にも要請があったと思いますが、その後、中村町長に申し入れはされたのでしょうか、お答え願いたいと思います。市長の答弁をお願いいたします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 いろいろ情報は伝わってまいります。しかし、感情的になって、合併の問題を個人的な感情や多くの住民感情をあおるようなそういう方向に、協議をするという場で我々としては持ち出さない、これは私の政治姿勢にもかかわる問題であります。

 あくまでも今、法定協議会が成立して着々と合併協議を真剣に討議しているわけですから、私自身はこの問題に、その成否は確かに議員おっしゃるように市議会の判断であり、町議会の判断です。その結果が出るまでは最善を尽くしたい、かように思っている次第です。



◆5番(福田讓君) 

 佐藤市長は大変紳士な方ですので、那智勝浦町長のような発言はされておりません。

 市長にお聞きします。以前、市長は、那智勝浦町の財政は健全な指標を示していると言われましたが、市長発言にはお変わりはございませんでしょうか。



◎市長(佐藤春陽君) 

 変わりません。



◆5番(福田讓君) 

 では、那智勝浦町長が言われているような財政破綻も、やはり見解が違うと私は解釈させていただきます。

 また、再建団体に陥るような中村町長の発言が新宮市民に不安を与えるようなことになると中村町長はお考えではないのか。互恵互譲の精神を新宮市に要求すること自体、中村町長の政治資質を疑うわけです。私は信頼はできません。市長は今でも中村町長を信頼されているのでしょうか。



◎市長(佐藤春陽君) 

 この東牟婁郡内、いろんな自治体があります。その執行に当たっている各町村長は、いずれも私自身が尊敬する方々ばかりです。



◆5番(福田讓君) 

 さらに再度、そのような認識を示す那智勝浦町、すなわち公共団体と合併を行うのであれば、効率の悪い合併推進債などを使った事業を合併市町基本計画に盛り込むことなどは、なかなか那智勝浦町長も要求できないのではないでしょうか。私は、新市においても大変難しいと思っております。

 まず、これは三栗議員と若干重複しますが、新宮市の財政について少しお聞きいたします。

 市長は、直面する新市の財政上の重要課題は何と考えておられますでしょうか、お聞きいたします。市長の答弁をお願いいたします。



◎市長(佐藤春陽君) 

 かつて、那智勝浦町も同時期に、また新宮市も同時期に、再建団体、再建準用団体を経験したまちであります。当時のそれぞれ財政を担当しておった方々が東京へ何度も通っている、そういう苦しい財政再建団体の協議のありさまは、私も同席し、また自分がその担当でありましたから、十分知り尽くしているつもりです。

 このような中で、新宮市の初めて市長ポストにつきましたときに、いかに職員が財政の厳しさというものをよく理解し、厳しい財政運営を強いていると、そのような思いを感じたことがございます。那智勝浦町も同様です。そのような中で、財政はまず昔は出るをはかって入るを制すと言いました。しかし、今、入るをはかって出るを制す、この精神の中で、その有効な財源を適切に効率的に運用しつつ財政運営に努めていくというのが基本だと、このように思っております。



◆5番(福田讓君) 

 先ほど同僚、三栗議員よりも質問をされた件でございますが、標準税率にすれば先ほどは1億1,000万の税収減になるということで、再度、担当課長よりお答えをお願いいたします。



○議長(奥田勲君) 

 阪本税務課長。



◎税務課長(阪本殖君) 

 固定資産税の税率を1.5%から1.4%にしますと、1億1,000万円の減収になるかと思います。



◆5番(福田讓君) 

 これも重複いたしますが、では代替財源は。もう一度お答え願いたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 竹嶋副市長。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 先ほども申し上げましたように、5年間は不均一課税ということで、1.5で旧新宮市民につきましてはお願いをしたいと思っておりまして、今の原案としましては、5年後のことにつきましてはこの21日の合併協議会で協議をさせていただきたいと思っております。



◆5番(福田讓君) 

 先ほどの竹嶋副市長の答弁では、入湯税ですか、1億何千万があると答弁されたと思いますが、これは市長でしたでしょうか。これを財源確保にされるんでしょうか、お聞きします。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 新たな財源確保をつくるということではありません。それぞれ二つの財政が一緒になるわけですから、その中で、新市として有効な財源というのがそこに招来する、そういうことを言ったわけでございます。



◆5番(福田讓君) 

 過日の特別委員会でも、入湯税を充てるという発言がございました。これも三栗議員が質問されております。入湯税というのは、環境衛生や観光の振興、消防活動に充てるための目的税であります。既に那智勝浦町で各事業に充当している財源であります。代替財源になり得るとは私は考えにくい。この財源は、那智勝浦町民に対する施策に充当してきた税だと思っております。この財源をもって新宮市の固定資産税を下げるようなことをすれば、適切な対応策とは私は言いがたい。

 それから、本日朝8時50分に那智勝浦町の、名前も言ってもいいと言いましたから、田中議員からこういうクレームが来ました。入湯税は勝浦でもう使っていると。それを新たな財源とはおかしいんじゃないかという大変きついクレームでございました。

 この点、入湯税というのは、私は財政のプロではありません。担当課長、担当部長からでも御答弁願いたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 小山総務部長。



◎総務部長(小山壽行君) 

 那智勝浦さんが今どういった形で使われているかという点については我々も把握してございませんが、恐らく1億数千万の歳入については何らかの、今、議員さんがおっしゃられた観光あるいは消防、そういった方面での活用がされている税だと思います。



◆5番(福田讓君) 

 観光とかに使われているんですね。もう一度お願いします。



◎総務部長(小山壽行君) 

 勝浦の入湯税の使い方について、我々は確認はしてございませんけども、恐らく今の財政運営の中では、歳入に見合った歳出が組まれているというふうに思います。



◆5番(福田讓君) 

 すなわち旅館関係でお客さんから入湯税いただくんですね。だから、その使い方というのは大体もう既に入湯税は使われているんでしょう。新たにまたふえるんですか、合併したら。違うんですか。



◎総務部長(小山壽行君) 

 那智勝浦さんで今使われてる経費を合併後に何らかの形で圧縮するということになったら、その部分が財源として確保できるということもあろうかと思いますが、そういうことがなければ、これまでと同様な経費へ那智勝浦さんが今お客様からいただいている入湯税については使われるというふうに思います。

 もう1点、合併後に合併効果としてもし多くの観光客が見えられると、そういうことがあれば、先ほども三栗議員さんの質問のときもそういったことがあったと思うんですけども、仮に1億に見合うお客さんが来られると、そういうことがあれば、これまた新たな財源ということも考えられるかとは思いますけども、少し厳しい数字かなというふうには思います。



◆5番(福田讓君) 

 お答え願ったことについて、確かに観光客の方がふえればそれだけ入湯税が入ってくるわけですね。しかし、現状のままで観光資源が推移すれば、特に入湯税が合併によって入ると、1.4%に下げても入湯税を利用して財源確保ができると言えるんですか。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 何度も繰り返しますが、新たな財源を我々は入湯税によって、合併によって新たな財源確保をできると言った覚えはありません。そういう固定資産税は仮に1.4に下げても、それは1億1,000万の減収になるけど、片側で全体のパイとして見たときに、財政のパイとして見たときに、入湯税はそれを補って余りあると、こういうことを基本的には申し上げているわけです。



◆5番(福田讓君) 

 だから、市民の方が御答弁を聞いたときに、入湯税で賄われるような新聞報道になってるんですよ。だから、入湯税があるからという形の1.4%にしたんじゃないんでしょう。そこを聞いているわけなんですよ。だから、特別な財源があるわけじゃないんでしょう。観光客がふえて、それによって入湯税がふえる、そういう説明じゃないんでしょう。



○議長(奥田勲君) 

 小山総務部長。



◎総務部長(小山壽行君) 

 税の専門部会では、そういった議論をもって協議はしてございません。



◆5番(福田讓君) 

 そうですね。

 今後、特進プロジェクトを進めるためにも、竹嶋副市長からも答弁がありましたが、5年間不均一課税するということでございますが、合併しなくても財源確保が大変厳しい中でございます。合併して、那智勝浦町域における各種事業を余り有利でない合併推進債を活用して事業を推進しようとするのであれば、さらに多額の一般財源の確保が必要不可欠であります。その意味でも、確かな見通しを立て、まちづくりのもととなる財源確保を計画的に取り組むべきであると思います。副市長、どうでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 竹嶋副市長。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 当然、歳入の減額、それから歳出については、義務的経費についてもその性質別で人件費、物件費、どこを減らすというところまでは決めておりませんが、大きくは人件費だと思っておりますが、そういう収支の差が出てくると思います。

 ですから、厳しい財政運営は強いられると思いますが、それを乗り越えることが合併の効果だと思っておりますので、これからも財政状況については継続的な計画をつくっていきたいと思っております。



◆5番(福田讓君) 

 財政シミュレーションについてお聞きしますが、事務局では既に作成されているのでしょうか。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 先ほど局長から申し上げましたように、ある程度の原案は今作成中でございますが、できれば7月の上旬の協議会に出せればいいなと思っておりますが、その次の協議会が7月30日に予定されておりますので、少なくともそこには出さなくてはいけないなと思っております。



◆5番(福田讓君) 

 それは、固定資産税が定率と超過税率を適用する場合と二つ適用の場合の両方、提示されるわけですね。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 先ほどから申し上げてますように、この21日に合併協議会がございますので、そこら辺を詰めた段階でそういう財政状況が確定すると思っております。



◆5番(福田讓君) 

 7月30日の最終の合併協議会ですか。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 この6月21日に税に関することも含めて合併協議会で協議される予定となっておりますので、この21日にある程度のめどが立つと思っております。



◆5番(福田讓君) 

 これも重複しますが、類似施設の統合化の行方というんですが、合併すればすぐにでも、無理であっても、何年後に類似施設、し尿処理、ごみ焼却場、火葬場、総合病院を統合していかねばなりません。

 早かれ遅かれ行財政運営上支障を来します。その意味で、新宮市と那智勝浦町の合併に際して今後、具体的にどのような計画を持っておられますでしょうか。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 ごみとかそういうものについては、先ほど申し上げましたように、物理的に今現在の炉は同じ50トン程度を処理しておりますので、どちらを閉めるというわけにいきませんから、那智勝浦町の今の計画の7年後までにはそういう100トン程度の計画をせないかんと思っておりますし、し尿につきましても今、那智勝浦町と太地町でやっておりますが、これらについても、先ほど言いましたように、現在の南清園に増設できるような計画も検討していただきたいというような申し入れもしてございます。



◆5番(福田讓君) 

 大体、計画はこれからということなんですが、別の方向から国民健康保険についてお聞きします。

 合併協議会において、国民健康保険は新宮市と那智勝浦町に差があるということで、そのお答えは、3年間をめどに勝浦の国民健康保険を上げていくと、そういう当局からの御説明でしたが、それについて再度お聞きしたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 萩原市民窓口課長。



◎市民窓口課長(萩原智君) 

 合併後2年間は不均一課税にして、要するに3年目で税率を統一するということです。



◆5番(福田讓君) 

 すなわち、現在の新宮市に今度合わされるということですね。



◎市民窓口課長(萩原智君) 

 新宮市の税率に統一するということになります。



◆5番(福田讓君) 

 ということは、勝浦の町民の方に負担をお願いするということで解釈させていただいてもよろしいでしょうか。



◎市民窓口課長(萩原智君) 

 那智勝浦町のほうの税率が結果として上がるということになります。



◆5番(福田讓君) 

 だから、合併後に調整しながら、その後は那智勝浦町の町民の方は現在の国民健康保険料よりもアップするということですね。



◎市民窓口課長(萩原智君) 

 はい、そのとおりでございます。



◆5番(福田讓君) 

 なぜお聞きしたかといいますと、やはり町民の方も市民の方も、国保とかそういう税率が合併によってどちらに合わされるか。

 もう1点、水道のほうはどちらに合わせる予定ですか。



○議長(奥田勲君) 

 山野上水道事業所長。



◎水道事業所長(山野上光治君) 

 水道の料金につきましては、21日に調整案が協議会で最終的に議論されると思いますけれども、部会等で、また幹事会等これまで決定されてきましたのは、あくまでも水道というのは経営が成り立つ収入を得るわけですから、どちらに合わすということではなくして、合併したときの費用を賄う料金が必要ですから、そういう形の料金表になるということであります。



◆5番(福田讓君) 

 すなわち、どちらのほうが現在よりも下がり、上がるんでしょうか、市と町では。



◎水道事業所長(山野上光治君) 

 単純に申し上げまして、現在、13ミリと申しますか家事用という、向こうは用途別ですけれども、私ども13ミリに該当するわけなんですけれども、これが那智勝浦町さんのほうが高いですし私どものほうが低いという、これが料金収入として一番多いわけですから、単純に考えますと、その中間というんですか、勝浦さんは下がるでしょうし新宮市は少し上がるというところでないと収入は求められないという形になります。



◆5番(福田讓君) 

 再度お聞きしますが、新宮市のほうが水道料金が少しアップすると、そういう解釈でよろしいでしょうか。



◎水道事業所長(山野上光治君) 

 はい。先ほど申しましたように、必要な費用を賄うための収入という形で料金表をつくるとすれば、そういう形で新宮市が少し上がるということになります。

 ただ、それぞれのこれからの事業計画がございますから、現新宮市においてもかなり厳しい財政状況で今運営しておりますので、後々の長計というものを含めて、合併するかしないかにかかわらず数年先には改定というものも当然見込まれるんですけども、その数字よりも安い程度で、上がり幅が少ない程度でおさまるのではないかというふうに今はシミュレーションしております。



◆5番(福田讓君) 

 私はなぜこれについて質問をするかと申しますと、今回、当局の御説明では、7月から8月にかけて那智勝浦町の合併に関する住民投票が行われます。それに対していろんな情報を提示しなきゃならない。今、合併協議会で進められていることは合併協議会だよりで報告されていますが、詳しくはなかなか、協議会の中身、全戸に配布されている、それだけではなかなか町民の方は理解が難しいのではないか。やはり合併を住民の声を聞くために、住民の方が、那智勝浦町の方が情報を要望していると思います。

 今回、どのような決断があるかもわかりませんが、住民投票条例が施行される、これは紀南においては他の町村でもございました。新宮市民や、またいろんな方も注目しているわけでございます。

 過日は町長主催ですか、合併シンポジウムが開かれました。今回、お聞きしますと、合併に拙速だと反対の態度を示されている8人の議員さんが連絡いただいて、近々シンポジウムを開くと。今後、8名の議員は結束して、いろんな合併に関する情報を住民に発表すると言われています。

 いろんなことで、ただいま執行部に対して固定資産税のことから始まってお聞きしておりますが、最終決定は議会議決なんです。今の状態では、勝浦は8名が署名をもって合併に対して町民に訴えていくということをお聞きしています。この方たちが変更しない限り、合併の成就は大変難しいと私は考えております。

 さらに、市長にお聞きしますが、那智勝浦町には那智勝浦町議会倫理条例というのがございます。これについて、市長はこの倫理条例をどのように受けとめられているか、率直な御意見をお聞きしたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 これは、那智勝浦町だけでなく、県下30市町村のうち、とりわけ和歌山市なんかではいち早く制定されたものです。それなりに見識のある、議員の行動規範を示すものとして、私としては最大限、この条例ができましたそういう方向の中で、私だけじゃない、皆さんにもそういう条例の趣旨にのっとった行動、言動をお願いしたいと思うわけですが、残念ながら新宮市にはまだありません。

 これらの制定につきましては、議会の判断によるところですけれども、当然、倫理綱領というのは市の職員さんにつきましても同様のことで、厳しい、任期中残念なことながら問題が起こった例というものも幾つかありましたが、これからも適正な人事管理を進めるためにも、この条例が趣旨としますその大もとのところはよくわきまえたそういう運用をしていきたい、そのようなつもりでおります。



◆5番(福田讓君) 

 この議会議員倫理条例につきましては、3月定例議会の一般質問で大西強議員が提起を行いました。その後は何の音さたもありません。合併協議会においてはこの件については、合併するんですから、いいところは踏襲する、悪いところは切ると、そのような観点から見れば、ただいま市長の御答弁、まさにそのとおりでございます。協議会の中で倫理規程を踏襲するというような話は出てこないんでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 嶋田合併対策室長。



◎合併対策室長(嶋田喜久一郎君) 

 調整方針案等につきましては、各専門部会を通じて幹事会、そして合併協議会の場で話し合われることになると思います。

 今のところ、倫理条例につきましては、新市になってから新市の議員さんで決めていただいてもよい項目だと思います。

 もし協議会の場で必要ということになれば協議会の場で話し合われるかと思うんですが、今のところ、協議会では話し合うことにはなっておりません。



◆5番(福田讓君) 

 すなわち協議会の中では提案の中にものってこないということですね。



◎合併対策室長(嶋田喜久一郎君) 

 今の時点では協議項目には入っておりません。



◆5番(福田讓君) 

 那智勝浦町議会議員倫理条例は、議員の活動が厳しくうたわれております。私の知人の御子息も、6年前に那智勝浦町議会議員に立候補され、見事当選されました。しかしながら、4年後の町議選には再度立候補をされませんでした。私は不思議に思い、親類の方にお聞きしました。那智勝浦町議員倫理条例に抵触するため、立候補を断念されたということです。

 この方は、父親が勝浦で建設業者を営んでおりまして、勝浦の建設指名業者にも入っておりました。御子息は父親から給料をいただいており、会社員であるため、倫理規程に抵触するというお答えでした。これほど那智勝浦町は県下でも先進地をいく、こういった倫理条例をつくられております。今回、合併を進めている協議会の中でそういうすばらしい倫理条例を今後、合併と同時に進めようかという話がないということですね。そういう話も協議会の中では出てこないということで御理解させていただいてもよろしいでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 竹嶋副市長。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 今御指摘のありました請負の関係ですが、それは議員になって自治法上は代表者は請負をすることはできませんが、従業員については何らないわけですから、そこまで自治法上の問題とそこらの倫理規程の問題は、新市の議員さんで、議会で決めていただければいいと思っておりますんで、現在のところ議題として上がってきておりません。



◆5番(福田讓君) 

 ですので、ただいま合併して新しいまちをつくるときに、そういういい、すばらしい倫理規程を踏襲する話はないということで御理解させていただいてもよろしいんですね。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 今現在、那智勝浦町議会でそういう議決によって倫理規程が設けられておるわけですから、それを合併協議の中で、今現在、新宮市はないわけですから、ないところで協議するというのはなかなか難しい問題かなと思っております。



◆5番(福田讓君) 

 あのね、難しいとか言ってるんじゃない。話がないということで、それでよろしいんですね。そういう話は出てこないということでよろしいんですね。



◎副市長(竹嶋秀雄君) 

 はい、そういうことでございます。



◆5番(福田讓君) 

 それで結構です。

 さらにお聞きします。実は、6月14日、朝日新聞の和歌山版に、市長が語る2009年度の取り組み新宮市、市長の写真も掲載されております。中身は、市長が思いを寄せる合併に対する矜持をもって合併を進めようとしている内容でございます。これは、佐藤市長の強い思いがここに掲載されております。

 これは約20センチ四方の広告だと思います。まず、その中でお聞きしたいんですが、この中に財団法人新宮徐福協会、新宮市観光協会、新宮金融協会、マリア保育園、畑地製菓と5社の方が、これは広告でしょうか。私がお聞きしたいのは、合併を語る、財団法人新宮徐福協会、新宮市観光協会というのは、これは新宮市からの補助金で運営されているんでしょうか。



○議長(奥田勲君) 

 北畑商工観光課長。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 両団体とも運営の中で市からの補助金はいただいております。



◆5番(福田讓君) 

 そうしますと会長はだれですか。どちら様でしょうか。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 新宮徐福協会につきましては財団法人で、理事長は佐藤市長でございます。新宮市観光協会につきましては、会長は西義弘様でございます。



◆5番(福田讓君) 

 どちらも新宮市の補助金で運営をされている、そうですね。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 補助金も入ってございますが、それぞれ会費等、その他の収入もございます。



◆5番(福田讓君) 

 だから、簡単に言いますと新宮市からの補助を出している団体ですね。それをお聞きします。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 正確にいいますと、新宮市観光協会につきましては運営的な補助金を出してございます。

 徐福協会につきましては、徐福公園等の管理を含めた指定管理料、補助金ではなくて指定管理料、もう一つは徐福との友好、交流のための委託的な補助金を出してございます。



◆5番(福田讓君) 

 すなわち観光協会は市からも補助金を出している。その団体がこういったところの広告ですわ。これはあくまでも市長が自分の熱い思いを語っているわけなんですが、これに対するスポンサーです。そうなっているわけなんですか。それをちょっとお聞きしたいんで、私はわかりませんから、担当の観光課長にお聞きしているわけです。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 今回の今御指摘の件につきましては、朝日新聞に掲載された件だと思いますけども、今回のこれに限って初めて広告を掲載したものではなくて、ちょっと調べましたところ、平成18年、それから20年、それで本年と、何年かにわたって掲載してございまして、市を全体的にPRする意味で、観光面にもプラスになると考えて、それぞれが協力させていただいていると、そのように考えております。



◆5番(福田讓君) 

 これは取材を受けてされたんでしょうか。市長、お聞きしたいんですけど。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 これは、年1回ですが、どの自治体とも各市町村長がその思いを語る、そういうページを設けておりまして、そのまちの特徴なり、また目指すべき方向等について御説明をいたしているものです。私自身は取材をこの会社から、朝日新聞から受けたということは一度もございません。



◆5番(福田讓君) 

 ということは、市長は受けたわけではなしに、こういった市長の許可なしにこういうことを出されたんでしょうか。そのあたりわかりますか。



○議長(奥田勲君) 

 鈴木秘書課長。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 この内容につきましては、ここの企画制作会社が私どもの広報担当のほうに例年のような形で、本年度の取り組みについてひとつ内容物をいただきたいというふうな依頼がございました。

 それで、例年私どもの広報のほうは、これは実は年度冒頭の施政方針をいわゆる文字面を500字に圧縮したようなものでございまして、施政方針の内容をことしの取り組み内容というふうな形で送らせていただいたという内容でございます。



◆5番(福田讓君) 

 そうしますと、これはあくまでも新宮市観光協会、市が補助金を出している。今、鈴木課長の御答弁いただきました。合併が新宮市でも、これ議会においても全員が賛成じゃないんですよね。10対8で協議会が設立したわけなんです。合併賛否は両論があるわけなんです。

 そのときに、佐藤市長に許可もなしにインタビューを受けずにこれを掲載した。なおかつそこへスポンサーとして金を入れている。これ幾らですか。



○議長(奥田勲君) 

 北畑課長。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 私どもの所管しております徐福協会からは1万円今回支出してございます。



◆5番(福田讓君) 

 観光協会は。



◎商工観光課長(北畑直也君) 

 観光協会につきましては、直接の所管する団体ではございませんので、ちょっと把握してございません。



◆5番(福田讓君) 

 私はちょっと疑念に思うんですが、これは市長の当初予算の中の予算大綱ですか。それを取材じゃなしに載せたわけですね。今、市長がお答えしていただきました。そうですね。



○議長(奥田勲君) 

 鈴木課長。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 例年こういうふうな形で、私どもの広報を中心にして、施政方針を中心に取り組みというふうな形で記事掲載をお願いしているというふうなものでございます。



◆5番(福田讓君) 

 こちらからお願いしたんですか。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 経過を申しますと、これにつきましては、こういう企画制作会社のほうから私どもの広報のほうに記事掲載、取り組みについていかがでしょうかという問いがあります。ただし、そのときに、本予算のほうからは広告料というのは一切出さないというふうなものでございまして、結果的に今、議員御指摘のこういうふうな徐福協会とか観光協会からの広告料収入というのが載っておりますが、私ども広報のほうに記事の依頼というか、こういう企画が持ち込まれたときには、どこがスポンサーでつくというのは私どものほうではその時点では把握をしてございませんでした。



◆5番(福田讓君) 

 実は、私は朝日新聞の購読者じゃありません。読売新聞でしたので、6月14日の日曜日の8時に新宮市内の方から電話がありまして、この記事があるということで、そこに新宮市徐福協会とか新宮市観光協会がスポンサーになっていると。ちょっとおかしいんじゃないかと。市長の、中身のことは何も言わないんですよ。それに対してこういうところがスポンサーとなって、合併を逆にあおっていると。観光協会というのは合併に前向きなんですか、そういう質問を受けたわけなんです。

 今お聞きしますと、スポンサーはこれ1万円ですか。私はこれ、和歌山全県下ですから、もっと要ると思ったんです、お金。しかし、今こういう情勢の中で、担当の課長は、10月25日に市長選挙が投開票されます。その方は疑問の点がありましたので私がお聞きしているわけです。課長はそのあたり、10月25日の市長選挙がございますので、いわゆる何か抵触されないかと、そのあたりを心配されたことはないんですか。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 今、議員御指摘の点は、いわゆる公職選挙法等々における売名行為というようなことを指して今おっしゃっているというふうに思いますが、正直、私どもといたしましても、時期的にはそういったことをもう十分に意識しなくてはいけないというふうに、これは常日ごろからですが、肝に銘じているつもりでございます。

 ただ、弁解じみたことになりますが、先ほど来申し上げましたとおり、これは私どものほうの広報のほうに聞きますと、これの企画制作につきましては大体、平成14年ぐらいからこういうふうな形で始まっているというふうに広報担当から聞いております。そういったことの中で、歴代の当時当時の市長さんの顔写真等々と一番最初に記事とともにお送りしているということもございまして、今回もこういう形で市長の顔写真、あるいは名前等々がこういうふうに大きく載ったということは、ある意味で私どもも少し不注意があったかなということは少し感じております。

 ただ、これがこの時期において公職選挙法そのものに当たるのかどうかというのは、実は、我々の選管のほうにもきのう来この話をお伺いしまして、いろいろ勉強させていただいております。そんな中では、公職選挙法には直接は今のところ当たらないんではないかという解釈もいただきましたので、正直、私は今ほっとしているのが現状でございます。



◆5番(福田讓君) 

 課長、それ、これを出す前に選管にお聞きしましたか。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 今回につきましては確認をしてございません。



◆5番(福田讓君) 

 ということは事前に確認されてないんですね。事後ですね。

 今、10月25日の市長選挙の投開票に向けて、後援会をつくられて頑張っている方もいらっしゃいます。また、市内では二、三人の立候補予定者の声も上がっております。

 その中でこういった文書が出たとき、市民の方からの疑いというんでしょうか心配事というんでしょうか、問い合わせがあったわけなんです。だからこそ、文書の中身じゃないんです。中身は当初予算の予算大綱の一部だと。今、鈴木課長が言われたことがそれで糊塗すればいいんですが、間違いなくそれは心配ないんですね。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 昨日、選管のほうにいろいろるるお教えを請いました。そういった中で選管のほうも、短期間ではございましたが、いろんなところに出向いていただきまして確認をしていただきました。その結果、先ほど申しましたとおり、特に公職選挙法に違反することはないというふうな形で返答をいただいております。



◆5番(福田讓君) 

 私、選挙管理委員会でちょっとお聞きしたんですけど、選挙管理委員会の方はこの文書が公選法に抵触するとは言ってなかったです。あなたと私の見解じゃなしに、私はそうきのう回答をいただきました。

 今、鈴木課長は大丈夫だと言われますが、私にはそういう回答じゃないんです。おそれがあると言ってきました。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 確かに今、議員おっしゃったとおり、当初、こういう御指摘をいただいたときには選管のほうは今、議員が言ったようにおそれがあるというふうなことで回答を申し上げたようです。

 その後、一応公職選挙法のこういうふうな最後の確認の場所といいますか、後で担当者にまた確認していただいたら結構かと思いますが、新宮警察のほうへ確認をしていただいたようであります。そういうことの中で、新宮警察のほうとしては、今回特に公職選挙法に抵触するようなことはないだろうというふうな返事を選管のほうがいただいたと、それを私がまた確認させていただいたという流れでございます。



◆5番(福田讓君) 

 きのう5時過ぎでしたか、選管の方から電話をいただいて、公職選挙法に抵触するおそれが、事前にこの件を相談されたら、あるんじゃないでしょうかという御回答をしましたが、もう既に発行されている以上は、あとは司法のほうにお任せすると新宮警察へ行かれたそうです。あとは司法が決めることだと、そう私に回答されましたから、あなたとの質問と答弁の中に若干ずれというんでしょうか、あるわけです。その方の名前は申し上げませんが、私の携帯にお電話いただきました。大丈夫なんですか、だから。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 私といたしましては、本当に先ほど御指摘いただきましたように、特に、事前に選管のほうにも今回、何の相談もしませんでしたので、そういう意味ではこの時期に至ってそういうふうな最終的には市民の皆様方にも誤解を与えたと、あるいは心配を与えたということにつきましては反省をしておりますが、先ほども言いましたように、きのうの時点において私どもの選管のほうから、そういう御指摘に対して司法といいますか、警察のほうへ最終確認を、疑義を抱えながらもそういう最終判断を警察に仰いだ段階で、今回は特に抵触しないだろうというふうな返事を警察からいただいたということを聞かされまして、正直、私は今のところほっとしたというふうな状況が、これがきょうの現状でございます。



◆5番(福田讓君) 

 それは何時ですか、聞いたのは。



◎秘書課長(鈴木俊朗君) 

 時間的には恐らく、僕が聞きましたのは、議員さんに選管のほうから電話をさせていただいた後だと思います。



◆5番(福田讓君) 

 ただ、再度申しわけございませんが、選管の方は届けをしてきたと、あとは司法のことですと、それのお答えの電話でした。それだけ申し上げておきます。

 最後になりますが、市長にお聞きいたします。

 今回、市長は、自分の矜持を持って熱い思いで那智勝浦町との合併に邁進されております。しかしながら、合併というものは相手があり、仮に新宮市議会が可決になっても、那智勝浦町議会が否決になれば結婚はできません。

 先ほどから申し上げましたとおり、大変那智勝浦町の情勢は厳しいものです。これは那智勝浦町議会のことですが、最終決定は議会です。市長に再度、今回の合併が成就、不成就になろうとも、次の10月25日投開票に向けた新宮市長選挙に立候補される気持ちは変わりませんか、お聞きしたいと思います。



○議長(奥田勲君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 変わりません。



◆5番(福田讓君) 

 ありがとうございました。

              (「議事進行」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 19番、大西議員。



◆19番(大西強君) 

 議長にお願いなんですが、今、福田議員が質問しました広告の件ですけど、我々市議会が少し前に、この間、選管のエキスパートを招いて議会が公職選挙法の講習を受けたわけですが、その後、ここ数日前に私の養母が亡くなりまして、それで会葬の御礼の広告を出したわけですよ。そしたら私の名前が抜けてるんで、新聞社へ苦情を言うたわけですよね。そしたら、公職選挙法の関係で現職の議員さんのお名前は載せられないんだということで削除されたんですよ。母親が亡くなった会葬御礼も広告を載させてくれないんですよ。

 公職選挙法は、市長であろうが議員であろうが一緒なんです。私の認識では、こういう文書は脱法文書、すなわち法を逸脱した文書ということで、公職選挙法に抵触すると私は認識しているんです、広告ですから。

 市の補助金を受けて運営している団体が、マリア保育園も入れて、現職の市長の宣伝に加担するという、これは福田議員の質問の内容でありましたが、僕はそこまで追及するんじゃなくて、この前我々が公職選挙法の講習を受けたんで、僕らはそういうふうに母親の会葬御礼も載せられないという厳しい中で、市長だったらこういう広告で要するに名前を売れる、あるいは政治信条を広告できるということは、これは当然、公職選挙法の趣旨からすれば不公平なことで、それで議長、この点についてはお願いしたいのは、やはりこれを精査して、そして我々議会に議長から、これは正当な文書であるかということの説明をしてほしいわけですよね。そうしないと、何のためにこの前、公職選挙法の厳しい講習を受けたかということがわからないでしょう。

 だから、僕もそれで新聞社には非常に不満を持ちましたけどね。不満を持ちましたけども、公職選挙法の関係でと言われたら、ああなるほどねということで、僕は矛をおさめましたけど、やっぱり我々はそういう認識でやってるんで、不公平があってはいけないので、ぜひ議長、この点について、今、福田議員と秘書課長の見解が異なってた件もありますので、どうですか、もう一遍、許されるものであるんかないんかはっきりしてもらわないと、許されるんだったらこういう方法を我々もとれるんですから、特に共産党やとか公明党やとか党組織でやっている議員は有利ですよね。

 我々の所属は、こういうことは脱法文書でほとんど認められてないので、不公平なところがあるんで、今後、そのためにもこの件ははっきりしてほしいんです。よろしくお願いします。



○議長(奥田勲君) 

 ただいま19番大西議員からの議事進行ですけれども、公職選挙法というのは大変難しいというのがあって、葬儀の通知は構わんけど、議員は礼状というんか、お礼はだめだというようなこともあって、この件に対しても大変難しいんで、一度、この件に対して詳しく調べるというか、公職選挙法に対してのどういうことかということをお聞きして、後日、この件に対してお答えさせていただきたいと。よろしいでしょうか。

                (発言する者あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(奥田勲君) 

 お諮りいたします。

 本日はこの程度をもって延会いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥田勲君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本日はこれをもって延会とすることに決定いたしました。

 あすは午後10時から会議を開きます。

 本日はお疲れさまでした。



△延会 午後3時37分