議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 新宮市

平成20年  3月 定例会 03月24日−07号




平成20年  3月 定例会 − 03月24日−07号










平成20年  3月 定例会



          平成20年3月新宮市議会定例会会議録

             第7日(平成20年3月24日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員定数19名、現在員19名、出席議員18名、氏名は次のとおり。

         1番  木戸地郁生君

         2番  松畑 玄君

         3番  久保智敬君

         4番  榎本鉄也君

         5番  福田 讓君

         6番  田花 操君

         7番  東 賀代子君

         9番  東原伸也君

        10番  上田勝之君

        11番  三栗章史君

        12番  松本哲也君

        13番  前田賢一君

        14番  奥田 勲君

        15番  松本光生君

        16番  辻本 宏君

        17番  屋敷満雄君

        18番  前田 治君

        19番  大西 強君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員1名、氏名は次のとおり。

         8番  杉原弘規君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 平成20年3月24日 午前10時開議

 日程1 議案第16号 新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例

 日程2 議案第17号 新宮市庁舎建設基金条例

 日程3 議案第42号 辺地総合整備計画の変更について

            (以上3件 総務委員会委員長報告)

 日程4 議案第18号 新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

 日程5 議案第19号 新宮市後期高齢者医療に関する条例

 日程6 議案第20号 新宮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例

 日程7 議案第21号 新宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例

 日程8 議案第22号 新宮市会館条例の一部を改正する条例

 日程9 議案第23号 新宮市重度心身障害児者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例

 日程10 議案第24号 新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例

 日程11 議案第30号 新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例

 日程12 議案第33号 新宮市体育施設条例の一部を改正する条例

 日程13 議案第43号 新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定について

             (以上10件 教育民生委員会委員長報告)

 日程14 議案第25号 新宮市都市公園条例の一部を改正する条例

 日程15 議案第26号 新宮市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例

 日程16 議案第27号 新宮市営住宅条例及び新宮市営特定住宅管理条例の一部を改正する条例

 日程17 議案第29号 新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例

             (以上4件 建設消防委員会委員長報告)

 日程18 議案第1号 平成20年度44新宮市一般会計予算

            (総務・教育民生・建設消防各委員会委員長報告)

 日程19 議案第8号 平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算

 日程20 議案第11号 平成20年度新宮市土地取得特別会計予算

             (以上2件 総務委員会委員長報告)

 日程21 議案第2号 平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算

 日程22 議案第3号 平成20年度新宮市老人保健医療特別会計予算

 日程23 議案第4号 平成20年度新宮市後期高齢者医療特別会計予算

 日程24 議案第5号 平成20年度新宮市介護保険特別会計予算

 日程25 議案第6号 平成20年度新宮市と畜場特別会計予算

 日程26 議案第7号 平成20年度新宮市産業廃棄物処理事業特別会計予算

 日程27 議案第10号 平成20年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計予算

 日程28 議案第14号 平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算

             (以上8件 教育民生委員会委員長報告)

 日程29 議案第9号 平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算

 日程30 議案第12号 平成20年度新宮市簡易水道事業特別会計予算

 日程31 議案第13号 平成20年度新宮市水道事業会計予算

             (以上3件 建設消防委員会委員長報告)

 日程32 陳情第29号 木ノ川会館建替えに関する陳情書

             (教育民生委員会委員長報告)

 日程33 閉会中の継続審査及び調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

 日程1 議案第16号 新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例についてから

 日程追加変更 議案第44号 新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例

 日程追加変更 議会発案第2号 特別委員会構成人員の変更について

 日程33 閉会中の継続審査及び調査についてまで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定による出席者

          市長                  佐藤春陽君

          副市長                 竹嶋秀雄君

          理事(港湾関係及び土地開発公社担当)  亀井寿一郎君

          まちづくり政策部

          部長                  森 常夫君

          次長兼情報推進課長           向井 隆君

          企画調整課長              中岡保仁君

          商工観光課長              鈴木俊朗君

          総務部

          部長                  小山壽行君

          次長兼秘書課長             川嶋 潤君

          参事                  坂本憲男君

          総務課長                丸山修市君

          財政課長                上路拓司君

          行政改革推進室長            和田 隆君

          市民福祉部長兼福祉事務所長       右京良平君

          市民福祉部

          生活環境課長              嶋田喜久一郎君

          福祉課長                勢古口博司君

          建設農林部

          部長                  前田道春君

          次長兼農林水産課長           倉家 博君

          参事(建設農林政策担当)        馳平忠男君

          都市建設課長              中畑孝一君

          管理課長                池端洋一君

          熊野川行政局

          局長                  平 俊孝君

          医療センター

          事務長                 杉山泰生君

          医療業務課長              上野山巳喜彦君

          水道事業所

          所長                  山野上光治君

          消防本部

          消防長                 塩崎正和君

          次長                  岡本義夫君

          農業委員会

          事務局長                坂本 均君

          教育委員会

          教育長                 大江清一君

          次長兼学校教育課長           楠本秀一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本会議の事務局職員

          局長                  鈴木 秀

          次長                  浜口恭行

          庶務係長                北 光子

          議事調査係長              赤松勇人

          係長待遇                西 洋一

             第7日(平成20年3月24日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(上田勝之君) 

 皆様、おはようございます。

 ただいまの出席議員は18名であります。

 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、別紙にて配付いたしたとおりであります。御了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程1 議案第16号 新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例



△日程2 議案第17号 新宮市庁舎建設基金条例



△日程3 議案第42号 辺地総合整備計画の変更について



○議長(上田勝之君) 

 日程に入ります。

 日程1、議案第16号、新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例から日程3、議案第42号、辺地総合整備計画の変更についてまでの3件、一括議題といたします。

 付託なった総務委員会委員長の報告を求めます。

 なお、委員長報告に対する取り扱いにつきましては、委員長より一括して順次報告を受けた後、報告の順位に従いまして分離して質疑を行い、質疑が終わった後、委員長が議席に着かれてから、報告の順位に従い、各号について討論の上、その都度、順次採決をいたします。あらかじめ御了承願います。

 では、委員長の報告を求めます。

 3番、久保議員。



◆3番(久保智敬君) (登壇)

 おはようございます。総務委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、総務委員会に付託なりました議案第16号、新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例、議案第17号、新宮市庁舎建設基金条例、議案第42号、辺地総合整備計画の変更について、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議でも説明のあったとおりでありますが、議案第16号は、郵政民営化関連法並びに証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴い、用語並びに名称等について所要の整備を行うものです。

 次に、議案第17号は、市庁舎建設に要する資金の積み立てを行うため、新宮市庁舎建設基金を創設するため条例を制定するもので、平成20年度は5,000万円を予定しています。委員中より「総合計画にも記載されている蓬莱小学校跡地への庁舎移転に関する積み立て基金とするのか。」との質疑に対し、当局より「本会議で市長が答弁いたしましたとおり、庁舎の建てかえに伴う基金であり、場所については決定しておりません。」との答弁がありました。

 続いて、議案第42号は、辺地債を活用するため、現在、事業計画を策定している3地区、小口、三津ノ、敷屋のうち、20年度に事業予定のある小口地区及び敷屋地区の事業計画を追加するものです。

 以上、慎重審査の結果、本委員会は、議案第16号、議案第17号、議案第42号につきましては、当局の説明を了として、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告につきまして質疑に入ります。

 まず、議案第16号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第17号について質疑を行います。

 13番、前田賢一議員。



◆13番(前田賢一君) 

 委員長にお伺いします。

 この場所については、決定しておりませんという報告になってますけども、蓬莱小学校での説明のときには、蓬莱跡地へ庁舎を持ってくるとPTAの方に説明したというふうに聞いてるんですけども、その辺の真意はどんなんでしょうか。



◆3番(久保智敬君) 

 委員会では、この本会議で市長が説明のあったとおり、総合計画にはありますけども、これを決定したというわけではないということを答弁いただきました。



◆13番(前田賢一君) 

 議長ね、これ、大事なことですんで、蓬莱PTAの方は、あそこに庁舎を持ってくるから王子との統合に賛成したという方もいらっしゃるんですよ。そういう説明があったのかどうか、僕はPTAの方から聞いたんですけど、そこをちょっと議長から、どういういきさつであったんか、一遍聞いてもらえませんか。



○議長(上田勝之君) 

 13番、前田賢一議員、ただいまの件につきましては、委員長報告が終わった後、確認をとって報告したいと思います。

 15番、松本光生議員。



◆15番(松本光生君) 

 前田議員と同じ話やったんで。



○議長(上田勝之君) 

 ほかに質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続いて、議案第42号について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 以上をもって質疑を終わります。

 先ほどの13番、前田賢一議員の蓬莱小学校等での市当局及び教育委員会の説明等に関しまして、確認をとりますので、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時05分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時10分



○議長(上田勝之君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 先ほど、13番、前田賢一議員の総務委員長に対する議案第17号の質疑についてですが、教育委員会等の小学校の育友会、そのほかの説明会等に対する答えの詳細につきまして、委員長報告の質疑ではありますが、教育委員会と佐藤市長のほうから再度報告いたさせます。

 楠本教育次長。



◎教育次長兼学校教育課長(楠本秀一君) 

 昨年11月末なんですけども、蓬莱小学校の育友会の方に、保護者懇談会という中での学校統合再編についての報告説明させていただきました。

 その場で、私が出ておりましたので、るる説明させていただいたわけですけれども、教育委員会として受けた教育審議会の答申には、蓬莱小学校の跡地には、幼稚園とか保育所が主となる、そういう関係の候補と、もう一つは新宮市の長期総合計画の中で、計画として市役所なんかも来るという候補地になっておるという、そういう説明をさせていただきました。その席上では、私ども、まだ長計もはっきりと決定しておりませんし、そういう中で、市役所が来るから蓬莱と王子の統合をこういう格好でさせてくださいというような説明はしてございません。ただ、一つの考え方として、市のほうはこういう考え方を持っておりますよという説明はさせていただきました。

 以上がその場での報告説明でございます。



○議長(上田勝之君) 

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) 

 長期基本計画の中におきまして、この庁舎の建てかえがいずれ課題となりますので、そのような学校統合が順調に行われた場合、その跡地利用の一つとして、この庁舎の移転候補地、跡地にしたい、そのようなことを掲げてございます。これは、あくまでも実施前の目標、計画でありまして、これは何度も繰り返すようでありますけれども、庁舎を建てかえる具体的な年度が迫ってくる中で、具体的になってまいりましたときに、これは議会ともども十分協議していかなければならない、そのような思いでおります。そのようなことで、今ある基本計画の中では、紛れもなく、この跡地利用の活用の一つとして庁舎をということを明示いたしてございますが、本決まりに、やみくもにこの計画を進めるというものではありません。



○議長(上田勝之君) 

 13番、前田賢一議員、以上のような経過報告ですが。

     (「議事進行だ」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 13番、前田賢一議員、議事進行。



◆13番(前田賢一君) 

 あのね、議長、この新宮市総合計画審議会、これ、お披露目をしたと思うんですよ。この中にも、6ページなんですけれども、文化交流ゾーンとして、丹鶴町市民会館用地に図書館、文化ホール、熊野学センターを整備しますと、その次に防災拠点ゾーンとして蓬莱小用地に市庁舎を整備しますというふうに明記しているわけですね。

 きょうの総務委員長報告では、市庁舎の整備、蓬莱小学校跡はまだ白紙やと、これは間違いないんですね、この委員長報告のとおりなんですね。再度確認してもらえませんか。



○議長(上田勝之君) 

 ただいまの13番、前田賢一議員の議事進行についてですが、3番、久保総務委員長、質疑中、そこは確認をされたわけですよね、この報告のとおり。



◆3番(久保智敬君) 

 このとおりでございます。



○議長(上田勝之君) 

 佐藤市長も、先ほどの答弁のとおり、基本計画の計画であって、決定ではないということでよろしいですか。

 佐藤市長、再度答弁。



◎市長(佐藤春陽君) 

 今、繰り返しますが、あくまでも計画でありまして、まず学校統合が先に来ますので、過日の市民発表会におきましても、学校統合につきましては、まず地域住民、また父兄の方々の御理解を得ることが先決だと、拙速はしないということを申し上げてまいりました。そのような中で、この計画を進めるよう、もちろんのこと努力いたしますが、そのような中から、おのずからその跡地が、もし利活用という面が課題になってきましたときには、これは正式な候補地として議会の皆様にまたお諮りをしたい、このように思っているところです。



◆13番(前田賢一君) 

 楠本次長の答弁の中にも、ここへ市庁舎を持ってくるから特に賛成してくれというような説明はしてないということなんですけども、受け取る側からしたら、市の方針だなと、これは。過度な期待持たせたと思うんですよ、あの説明会は。だから、やっぱり、こういう大事なことは、もっと慎重に提案してほしいんですよ。

 今回の委員長報告は関係ないですけども、2番の丹鶴町市民文化、これなんかも決定事項なんですか、議長。



○議長(上田勝之君) 

 何がですか。



◆13番(前田賢一君) 

 丹鶴小学校の跡地へ文化ホールとか図書館とか持ってくるいうの。これも、異論あると思うんですよ。ですから、このごろ、当局の議案の出し方というのが、まあ言うたら乱暴というか、もっと慎重な議案の出し方してほしいと思うんです。そうやないと議会でもめるんですわ、委員会でも、常に。教民でも、1つは附帯決議、1つは修正したでしょう。だから、もっと議長団とすり合わせをするなり何なりして、議案の提案を慎重にしてほしいと思うんですよね。その辺、いかがですか、議長。



○議長(上田勝之君) 

 ただいまの13番、前田賢一議員の議事進行につきまして、確かにこの長期総合計画の基本計画案を発表されたということは、あたかも市の決定事項のような印象を与えかねないという非常に大きな問題を抱えていることだとは思います。さらに、今議会の平成20年度の当初予算にも、その基本計画に沿った予算案を計上されている部分もございますので、ただいまの前田賢一議員の指摘につきましては、当局のほうと再度協議して改めて報告させていただきます。

 議案の提案、いわゆる市の計画の提案の方法等につきましても、市当局と十分協議して、議会サイドとしては、あたかも、もはや既に決まった事項であるというような印象を払拭するように強く申し入れていきたいと思いますので、御了承願います。

 19番、大西議員。



◆19番(大西強君) 

 この件につきまして、今、議長、答弁してくれましたけども、我々、地方自治法にしても、この議会というのが市の行政の最高意思決定機関なんですよね。それがこのごろ、そういうふうに協議会だとか、いろいろ市当局が委嘱した協議会等でまとめて、それを基本にして当局が市民に説明したりする。それで、今、13番議員なんかが言ってますように、市民が、それが市の決定だというふうにしてるんで、これは議長、我々議会にも問題あると思うんですよ。

 それで、先般、この問題について、最終的に決めるのは議会であるということを、やっぱり市民に、何につけですよ、この問題だけじゃなくて、何につけ議会が決定するんだということを市民に周知徹底してもらうために、この件については分離して、もう一遍議会へ戻してもろて、ほんで議会で調査、研究して、最終、議会の判断を出すということの申し入れをしたわけですね。議長に。

 ぜひ、今言う市民に周知するということの具体的な、僕は具体的にそのように委員会を設置するなり、そういうことで、市民に、ああそうかと、大事なことについては議会の決定がなければ、それは市の決定的な方針じゃないということを市民の皆さんに理解してもらえるようにする一番のええ方法だと思って申し入れしたんですよ。

 それが、この間、議会でも話し合いましたけど、何か結論出ないような形で終わったので、ぜひ議長、この問題について、議会も調査、研究を徹底して、そして最終的に議会の意思決定というものを市民に知らしめるべきだと思いますので、ぜひその点のお計らいをよろしくお願いします。



○議長(上田勝之君) 

 ただいまの19番、大西議員の議事進行につきましてですが、市当局のほうが、この長期総合計画の基本計画について、どのような意思で行っておるのか、私も真意を確認しておりませんが、先ほどからの答弁を踏まえまして、私としましては、あくまで長期総合計画の基本計画というのは市の素案であると、たたき台を示して、市民の方々から今後の方向性等についていろんな意見を聞いて、我々19名がそれぞれの考えを持って議論を交わして決定していくものというふうに私は考えております。当然、この我々19名で、さまざまな角度から、また市民の皆さんからいろんな御意見等を踏まえて議論していくものと思っておりますので、議会内、19名の議員の皆さん、そして市当局にも強く、両者ともに、先ほど13番、前田賢一議員、19番、大西議員の言われた点につきましては強く申し入れ、また19名の皆さんにも御理解を求めていくように取り計らっていきたいと思いますので、御了承お願いします。

 9番、東原議員、議事進行。



◆9番(東原伸也君) 

 続いて悪いんですけども、先ほどの前田賢一議員の議事進行の中で、この長期総合計画の中に入っている分の3番の部分に蓬莱小学校のことを書いてるんですけど、この部分の「防災拠点ゾーンとして蓬莱小用地に市庁舎を整備します」という文言なんですけど、6ページにあるんですけど、その部分というのは、この長期総合計画の先ほどの答弁から言いましたら、どうなるんですかね。これを変えるということにとらまえるんですか。このままで出されると、また同じ結果になってくるんですよね、結局。総務委員会の意思も無視したという形になるのと違うんですかね。その辺は、ちょっとすり合わせてほしいなと思うんですけど。



○議長(上田勝之君) 

 9番、東原議員の議事進行につきまして、総務委員会の委員長報告では、新宮市の庁舎建設の基金条例についての質疑でして、市庁舎の建設基金につきましては、庁舎の移転地を決定して積み立てるのではなく、老朽化してきた庁舎を、いずれ建てかえるための積み立てを始めるというような報告やったと思いますので、総務委員会の委員長報告につきましては、そごは起きないと思うんですね。

 ただ、いわゆる長期総合計画の基本計画が決定事項であるかというのは、先ほど13番、前田賢一議員、19番、大西議員の議事進行でも説明させていただいたように、あくまで市の素案ということであって、それが、先日も市当局のほうは、この長期総合計画の基本計画について発表会等をしたり、さまざまに市民に広報しておるんですが、ただそれがすべて決定事項といいますか、それで市のたたき台というか、素案を示して、皆さんに御意見を伺う、それを我々がまた提案されて、市当局なり議会がどう判断していくかだと思いますんで、先ほどの議事進行と同様の答弁になりますが、その辺は市当局にも強く申し入れていきたいと思いますんで、一度整理させていただきます。



◆9番(東原伸也君) 

 議長おっしゃるのは全くわかるんですけども、ただただ文言として出てくる場合に、先ほども市長の答弁の中に、長期基本計画自体はこれを進めていきたいという意思もさっき言うてましたんで、そうすると、この3番の部分というのは総務委員会の意見とまた反するわけですよね、今の時点で言いますと。もう断定した言い方ですよね、完全に。

 この部分というのは、総務委員会で当然また今度、建設に係ると思うんですけども、そこでまた同じような形で出るということは不可能なことでしょう、言うたら。総務委員会に出してくること自体がまずおかしいという話になるんで、そうするとこの部分はどうにか修正してもらわなんだら、基本計画の中でおかしくなりませんか。ちょっと、わかっていただけますよね。



○議長(上田勝之君) 

 4番、榎本議員。議事進行。



◆4番(榎本鉄也君) 

 いや、ちょっと議論をまぜこちゃにしてしまいそうなので、控えますわ。

 いや、議長が、基本計画は決定事項ではないという話でこの場をおさめようとされてますけども、そうなってくると、20日に行われた基本計画の発表会というのは一体どういう位置づけなのか。それは、だれを対象に、何の目的があってああいうことをされたのかということになってきますので、それとまた学校統廃合の問題にも絡んできますんで、かなり議論が極めて複雑になると思うんで、私が議事進行で言いたかったのはそういうことなんですけども。



○議長(上田勝之君) 

 ただいま、9番、東原議員、4番、榎本議員の議事進行につきまして、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時28分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時41分



○議長(上田勝之君) 

 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

 先ほど来、市当局提案の議案事項及び当初予算等の関連議案に対してと、長期総合計画の基本計画につきまして、議員各位からさまざまな御意見をいただきました。これらの意見を踏まえて、市長初め市当局と改めて協議、話し合いを進めるとともに、また後ほど、皆さんとこの件に関しまして協議していきたいと考えておりますので御了承願います。

 それでは、先ほどの日程1、議案第16号、新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例から日程3、議案第42号、辺地総合整備計画の変更についてまでの3件を、各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 まず、議案第16号、新宮市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第16号は委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第17号、新宮市庁舎建設基金条例について討論ございませんか。

 19番、大西議員。



◆19番(大西強君) 

 本案につきましては、委員長報告にありました庁舎の立地については決定しておりませんという当局の答弁でありますが、これにつきましては、市当局が基本計画の中でうたっているにもかかわらず、この議案について、当局のこの説明は議会の意思決定を待つということの意思表示だと受けとめまして、それを了として、本案について賛成いたします。



○議長(上田勝之君) 

 ほかに討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第17号は委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第42号、辺地総合整備計画の変更について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第42号は委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程4 議案第18号 新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例



△日程5 議案第19号 新宮市後期高齢者医療に関する条例



△日程6 議案第20号 新宮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例



△日程7 議案第21号 新宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例



△日程8 議案第22号 新宮市会館条例の一部を改正する条例



△日程9 議案第23号 新宮市重度心身障害児者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例



△日程10 議案第24号 新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例



△日程11 議案第30号 新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例



△日程12 議案第33号 新宮市体育施設条例の一部を改正する条例



△日程13 議案第43号 新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定について



○議長(上田勝之君) 

 日程4、議案第18号、新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例から、日程13、議案第43号、新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定についてまでの10件、一括議題といたします。

 付託なった教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 17番、屋敷議員。



◆17番(屋敷満雄君) (登壇)

 委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に付託なりました議案第18号、新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例から議案第43号、新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定についてまでの10件について、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議で説明のあったとおりでありますが、審査に当たって出されました主な意見、質疑について申し述べます。

 議案第30号について、委員中より「分娩料の値上げは、少子化と言いながらとても理解できない。」との意見があり、当局より「全国平均は38万2,000円ですが、当市国民健康保険の出産育児一時金は35万円ですので、政策的配慮もあり34万としておりますので御理解いただきたい。」との答弁でした。

 議案第33号について、委員中より「今回の改正で、屋内練習場とサッカー場については新設、改修なので理解できますが、今までのグラウンドにある市民運動競技場Bコートの使用料が1時間800円にすることについては便乗値上げと思われる。納得できない。ほかの施設とのバランス等を考えても理解できない。」との意見があり、教育委員会より「各所管の使用料等の見直しについて検討しているところですが、今回、Aコートは利用者の利便性や利用形態を考え、時間制としました。それにあわせてBコートも時間制に変更し、なおかつ受益者負担と近隣自治体との施設使用料を考慮し、料金の見直しを行うものです。」との答弁でした。

 また、委員中より「他の施設使用料の見直しを予定しているのですか。」との質疑があり、教育委員会より「担当課として平成5年に使用料改定を行ってから、そのままになっており、全体に見直さざるを得ないという思いはあります。」との答弁でした。

 また、委員中より「青少年の育成という面から考えても、このBコートの大幅値上げについては納得できない。」との意見と、時間制に統一するのであれば、現在の使用料とほぼ同じ金額とするため、別表(第4条関係)新宮市民運動競技場Bコート使用料、1時間800円を500円にする修正案が提出されました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第20号、議案第21号、議案第22号、議案第43号については当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定し、議案第18号、議案第19号、議案第23号、議案第24号、議案第30号について、挙手多数により可決すべきものと決定し、議案第33号については、修正案は全員異議なく可決すべきものと決定し、その後、修正部分についてを除く議案についても、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第18号、新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第19号、新宮市後期高齢者医療に関する条例について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第20号、新宮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第21号、新宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第22号、新宮市会館条例の一部を改正する条例について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第23号、新宮市重度心身障害児者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第24号、新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第30号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第33号、新宮市体育施設条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第43号、新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 以上をもって質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 議案第18号、新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第18号、新宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきまして採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第18号は委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第19号、新宮市後期高齢者医療に関する条例について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第19号、新宮市後期高齢者医療に関する条例につきまして採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第19号、新宮市後期高齢者医療に関する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第20号、新宮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第20号、新宮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第21号、新宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第21号、新宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第22号、新宮市会館条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第22号、新宮市会館条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第23号、新宮市重度心身障害児者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第23号、新宮市重度心身障害児者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきまして採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第23号、新宮市重度心身障害児者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第24号、新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第24号、新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第24号、新宮市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第30号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第30号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第30号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第33号、新宮市体育施設条例の一部を改正する条例について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 本案に対する教育民生委員会委員長の報告は一部修正であります。よって、まず教育民生委員会の修正案を起立により採決いたします。

 教育民生委員会の修正案に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 教育民生委員会の修正案は可決されました。

 次に、ただいま修正議決した部分を除く原案について、起立により採決いたします。

 修正部分を除く原案に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、修正議決した部分を除く議案第33号、新宮市体育施設条例の一部を改正する条例につきましては可決されました。

 続きまして、議案第43号、新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第43号、新宮市蜂伏会館の指定管理者の指定につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 昼食のため、午後1時まで休憩いたします。



△休憩 午前11時59分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後1時00分



○議長(上田勝之君) 

 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程14 議案第25号 新宮市都市公園条例の一部を改正する条例



△日程15 議案第26号 新宮市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例



△日程16 議案第27号 新宮市営住宅条例及び新宮市営特定住宅管理条例の一部を改正する条例



△日程17 議案第29号 新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例



○議長(上田勝之君) 

 日程14、議案第25号、新宮市都市公園条例の一部を改正する条例から日程17、議案第29号、新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例までの4件、一括議題といたします。

 付託なった建設消防委員会委員長の報告を求めます。

 9番、東原議員。



◆9番(東原伸也君) (登壇)

 建設消防委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、建設消防委員会に付託なりました議案第25号、新宮市都市公園条例の一部を改正する条例、議案第26号、新宮市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例、議案第27号、新宮市営住宅条例及び新宮市営特定住宅管理条例の一部を改正する条例、議案第29号、新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例の4件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 改正内容につきましては、本会議で説明のあったとおりでありますが、審査に当たって出されました主な質疑について申し述べます。

 委員中より、議案第26号について、今回の改正により道路占用料が安くなる理由について質疑があり、当局より「新宮市の占用物件による占用料はすべて引き下げとなっています。これは、道路占用料を定めている道路法施行令の改正に基づくもので、近年の全国的な地価の下落や市町村合併の進展等により全国的に下がっています。」との答弁がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第25号から議案第29号までの4件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第25号、新宮市都市公園条例の一部を改正する条例について質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続いて、議案第26号、新宮市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第27号、新宮市営住宅条例及び新宮市営特定住宅管理条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第29号、新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 以上をもって質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 議案第25号、新宮市都市公園条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第25号、新宮市都市公園条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第26号、新宮市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第26号、新宮市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第27号、新宮市営住宅条例及び新宮市営特定住宅管理条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第27号、新宮市営住宅条例及び新宮市営特定住宅管理条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第29号、新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第29号、新宮市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程18 議案第1号 平成20年度新宮市一般会計予算



○議長(上田勝之君) 

 日程18、議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算を議題といたします。

 分割付託なりました、総務、教育民生、建設消防の各委員会委員長の順序に従って報告を求めます。

 なお、各委員会委員長の報告の都度、質疑を行いますので御了承願います。

 まず、総務委員会委員長の報告を求めます。

 3番、久保議員。



◆3番(久保智敬君) (登壇)

 委員長報告を行います。

 議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算について、総務委員会に分割付託なりました付託区分について、本委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議でも説明のあったとおりであります。

 それでは、審査に当たって出されました主な質疑等を申し述べます。

 まず、歳出、2款総務費の企画費で、広角埋め立て土地開発申請業務委託料の詳細説明を求めたところ、当局より「現在、埋め立てを行い、整地作業を国土交通省のほうで進めることになっており、それらが終了次第、引き渡しの後、開発行為の申請、宅地造成の許可等、業務委託の関係で計上いたしており、入札で委託業者を決定していく予定です。」との答弁でした。

 続いて、協働のまちづくり構想推進事業の啓発冊子作成委託料について質疑があり、当局より「総合計画の市民説明版としてつくるものです。市民とともに歩むという視点でこの冊子には書き込んでいく予定で、16ページ、2万部印刷し、全世帯配布を予定しています。」との答弁がありました。

 続いて、地方公営企業等金融機構出資金の詳細説明を求めたところ、当局より「全国の都道府県で64億円、市で91億円、町村で11億円出資して新たな機構を立ち上げるものです。現在組織されております公営企業金融公庫につきましては、国の制度により廃止され、その受け皿として全国の地方公共団体が出資して立ち上げるもので、資産なり融資額が全額継承されます。業務の内容は、貸し付け業務が主なものであり、新宮市の負担金は標準財政規模と現在の貸し付け残高等により試算され、210万円となります。」との答弁がありました。

 次に、7款商工費中、まちなか観光情報センター管理費で、委員中より「現在の場所については、余り観光客に利用していただいていないと思われるが、どのような業務を行っているのか。」との質疑に対し、当局より「観光客に情報をお渡しする施設、観光ガイドの方々の詰所がメーンとなっています。」との答弁があり、また、同委員より「観光客が余り通る場所ではない。また、観光案内という部分では重要なポジションになってくるので、観光客の多くの方に利用していただけるような場所に移転する考えはないか。」との質疑があり、当局より「川原家横丁に新宮木協さんから御寄付いただたい川原家がありますので、観光協会のほうに利用の方法、民間の方を含めて色合いを醸し出すための使い勝手等を協議しまして、観光客にインフォメーション等を提供できる場所にしたいと思っています。」との答弁がありました。

 続いて、新宮市観光協会補助金について、委員より「この補助金については、行政から切り離した形をとるため、立ち上げに対する補助金ではなかったのか。」との質疑があり、当局より「自主運営を目指した形で新宮駅に立ち上げ、17年度から現在の補助金額を出しておりますが、観光協会には自主運営を確固たるものにしていただく、すなわち自主財源確保に力点を置いてほしいと協議をいたしております。」との答弁がありました。

 また、同委員より「自主財源確保については難しいと思われるが、観光協会補助金という名目ではなく、事業に対しての補助金に変更してはどうか。」との質疑があり、当局より「観光協会が市全体の観光を網羅し、徐福、川舟等に大きくかかわり、観光協会がステップアップできるように模索、研究をしていく必要があると感じています。」との答弁がありました。

 続いて、歳入について、委員中から「現在、国会で論議されている道路特定財源が廃止された場合、どの部分に影響を及ぼすのか」との質疑があり、当局より「道路特定財源廃止になりますと、自動車重量譲与税、地方道路譲与税、自動車取得税交付金、また、税ではありませんが土木費国庫補助金にも影響があり、道路特定財源に係る歳入を合わせますと、今年度予算では2億1,800万計上しておりますが、道路特定財源が本則に戻りますと9,402万6,000円となり、影響額が1億2,397万4,000円、率にして57%の減少率になります。」との答弁がありました。

 次に、地方債で退職手当債について質疑があり、当局より「基本的に、退職手当債は辺地過疎債のように交付税措置ではございませんが、多数の退職者が出た場合には財源が必要になりますので、退職手当債を借りて負担を各年度に分担し平準化していくものです。退職手当債は10年間の期限措置ですので、なるべく退職手当基金を残しながら平準化策をとっていきたい。」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第1号中、本委員会への付託部分については、当局の説明を了として、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 総務委員会委員長の報告につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 質疑を終わります。

 続きまして、教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 17番、屋敷議員。



◆17番(屋敷満雄君) (登壇)

 委員長報告を行います。

 議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算について、教育民生委員会に分割付託なりました付託部分について、本委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議でも説明のあったとおりでありますが、審査に当たって出されました主な意見、質疑について申し述べます。

 まず、3款民生費中、老人ホーム費について、委員中より「寿楽荘の南紀園への統合についてと寿楽荘の入居者及び職員数は」との質疑があり、当局より「現在、寿楽荘も、南紀園の方へ統合していただきたいという思いです。寿楽荘の入居者は現在36名です。職員は17名で、正職員が4名、嘱託職員と臨時職員を合わせて13名です。そのうち、調理員は嘱託4名、栄養士は職員1名を配置しています。定員は50名で、それに応じた職員の配置となっています。」との答弁でした。

 また、委員中より「南紀園は、ほとんどが正職員で、寿楽荘はその面で努力していると思いますが、民間委託についてはどのように考えていますか。」との質疑があり、当局より「寿楽荘の民間委託については、以前から話はありました。事務レベルでは、民間委託も含め検討はしていますが、平成17年ごろに南紀園との統合という話が出てきました。その関係もあり、統合についての話が進んでいるのが現状です。」との答弁でした。

 次に、4款衛生費中、新宮市地域医療関係調査事業について、委員中より、取り組み状況と実績についての質疑があり、当局より「医師確保に関する旅費で、収入役、まちづくり政策部長等が新宮市出身で医者をされている方等への接触を行ってまいりました。今回、医療センターへの産婦人科医師の確保は、この動きの中での大きな成果となったと思っています。」との答弁でした。

 また、委員中より「医師確保について、もっとトップセールスすべきでないか。新宮市出身で東北大学、金沢大学、琴の浦リハビリセンター等で頑張っている先生方が多くおられます。そういうところへ、市長、院長が訪問すべきでないか。」との意見があり、当局より「市長も大学等へも訪問していますので、今後も一生懸命取り組んでまいります。」との答弁でした。

 次に、10款教育費中、緑丘、城南中学校統合建設協議会について、委員中より「千穂、丹鶴小学校統合建設協議会は、12月の補正で既にスタートしていますが、一番危険性の高い蓬莱小学校は後回しとなっています。本会議でも、蓬莱、王子小学校の統合建設協議会については6月補正でとの話がありましたが、それでも半年違ってきます。緑丘、城南中学校よりも先に蓬莱、王子小学校統合建設協議会を立ち上げる必要があると思います。」との意見があり、教育長より「総合計画は、あくまでも計画ですので、実行段階になるまでにそれぞれの協議会でいろいろな意見が出てくると思います。その意見を十分聞いて、案としては蓬莱、王子を城南跡へとなっていますが、決めつけるのではなく、協議していただくべきと思っております。」との答弁でした。

 また、市長より「学校統合につきましては、統合対象となる各関係地区の小学校建設協議会をまず立ち上げさせていただきたい。ソフト・ハード両面において、よい環境をつくり上げる方向の中で市民の理解を得たいと考えています。教育委員会とは密接な連携をとり、地域住民の理解を得ることが先で、その実現のために拙速は避けたいとお互いに意思は確認しております。今議会の意見から酌み取れる考え方を尊重して、蓬莱、王子小学校の協議会はまだ立ち上げておりませんが、早急に教育委員会と相談しながら、6月定例会にその予算を上程させていただき、平成20年度、小学校の建設協議会が足並みをそろえて協議ができるようにしたいと思います。緑丘、城南中学校の統合の問題、その基本計画の着手時期については、当面見合せ、小学校の建設協議会の推移や議会の議論を踏まえて慎重に対応したいと思っています。」との答弁でした。

 また、教育委員会より「小学校の建設協議会を立ち上げて、ソフトの面の中に小・中連携がありますので、その協議会の中でも中学校の2校案と1校案を協議していただき、市民の総意としてまとまるのではないかと考えております。ある程度、2つの小学校の建設協議会の議論が先行した形の中で、中学校の建設協議会を立ち上げて進めていきたいと考えております。」との答弁でした。

 以上、本委員会の慎重審査の結果、議案第1号中、本委員会の付託部分については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 教育民生委員会委員長の報告につきまして質疑を行います。

 4番、榎本議員。



◆4番(榎本鉄也君) 

 すみません、委員長にお伺いさせてもらいます。

 まず、この10款の教育費の話なんですけども、この中で、委員会中の審議の中で、城南と緑丘の統合に関する反対意見等は出なかったですか。



◆17番(屋敷満雄君) 

 統合に反対。



◆4番(榎本鉄也君) 

 はい、予算の審議とはちょっと外れるんで、あれかもわかりませんが、反対意見等は出なかったですか。



◆17番(屋敷満雄君) 

 それは出ていませんでした。



◆4番(榎本鉄也君) 

 出ていませんでしたか。ああ、そうですか。

 ということは、そうしましたら、こちらで全員異議なく原案のとおり可決したというふうに結んでおりますので、教育民生委員会としては、全員が中学校統合については異議がないというふうに理解をしてよろしいんですか。



◆17番(屋敷満雄君) 

 はい、僕は理解していますけど。ただ、小学校の両方の建設協議会、その中で、ある委員の方から、同年代のメンバーの方の意見を酌み上げていただきたいという御意見はありました。



◆4番(榎本鉄也君) 

 ということは、城南と緑の統合に関しては、全員異議がなかったと。



◆17番(屋敷満雄君) 

 その程度でございます。



◆4番(榎本鉄也君) 

 わかりました。それだけ、それはちょっと確認させてもらいました。

 それと、そういう審議の中で、市長が答弁として、ここにありますように、城南中の統廃合の問題、その基本計画の着手時期については当面見合わせて、小学校の建設協議会と議会の議論の推移を踏まえた上で慎重に決定していきたいと、このような答弁があったわけですね。



◆17番(屋敷満雄君) 

 はい、そのように僕らも理解してます。



◆4番(榎本鉄也君) 

 間違いないですね。それを踏まえた議決として、この予算を全員が可決されたということだと理解してよろしいですね。



◆17番(屋敷満雄君) 

 はい。



◆4番(榎本鉄也君) 

 わかりました。

 以上です。



○議長(上田勝之君) 

 ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 質疑を終わります。

 続いて、建設消防委員会委員長の報告を求めます。

 9番、東原議員。



◆9番(東原伸也君) (登壇)

 建設消防委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、建設消防委員会に分割付託なりました議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算の本委員会へ付託された部分につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議で説明のあったとおりでありますが、審査に当たって出されました主な質疑等について申し述べます。

 歳出、6款農林水産業費では、市有林利用間伐事業における売り払い見込み額、三輪崎漁港漁具作業保管施設建設事業及び三輪崎漁港交流施設整備事業内容についての質疑があり、当局より「市有林利用間伐事業は、熊野川町日足地内で育林のため3.25ヘクタールの間伐を実施するとともに、作業道600メートルを整備するものですが、売り払い収入については、木材の価格の変動もあり正確な見込み額の提示は難しいですが、森林組合としては200万円程度を見込んでいます。三輪崎漁港漁具作業保管施設建設事業につきましては、新宮漁港協同組合に対する補助金で、新宮漁業協同組合は三輪崎漁港を利用して主に巻き網、引き網漁業を主体に漁を行っており、その巻き網の修繕等を屋外で行ってきましたが、夏場の炎天下での作業や雨天時の作業ができないため、土地については、三輪崎漁業協同組合の協力を得て、以前から要望のあった屋根つきの作業場、保管施設を建設するものであります。事業費は約3,000万円で、そのうち国が2分の1、市が4分の1を補助し、実施主体であります新宮漁業協同組合が4分の1を負担して行うものであります。

 次に、三輪崎漁港交流施設整備事業につきましては、当初の計画では、足湯施設に関して、三輪崎漁業協同組合が実施主体として計画していましたが、国から、温泉施設は直接漁業振興につながらないとの指摘を受ける中で、当初から市で建設を予定している海水浴客のための更衣室、シャワー室やトイレといった施設の附帯施設として、市民サービスや漁業従事者の福利厚生施設として、国の補助2分の1を受け、足湯施設を含めて建設するものであります。なお、足湯施設に関しては、温泉源が三輪崎漁業協同組合の所有物なので、維持管理費は漁協が負担することになりますが、他の施設の維持管理費は市が負担しなければなりませんので、全体的な施設の運営管理に関しては三輪崎漁業協同組合のほうに委託を予定しています。」との答弁がありました。

 次に、8款土木費では、公園費の松山公園整備事業内容について質疑があり、当局より「この用地は、もともとは県の土地開発公社が整備したところで、環境省の住宅が建っていましたが、今回、売却の話がある中で、住宅の下に下水管が布設されていることが判明しました。仮に民間等に売却された場合、下水管の布設がえに多大な経費を生じるため、経費の試算も行った上で、今回の隣接する松山公園を広げる目的で用地を購入するものであります。」との答弁がありました。

 次に、9款消防費では、ドクターヘリの運航に伴う県防災ヘリコプターの出動状況及び聴覚障害者等119番通報システムの対応機種や、今後の維持管理費について質疑があり、「県防災ヘリコプターの出動状況は、平成19年中が15件、ことしに入ってからは3件で、ドクターヘリの運航により救急に関する出動は大きく減っております。県防災ヘリコプターによる救急搬送に関しては、三重県等への要請がある場合に出動しています。聴覚障害者等119番通報システムは、市販の携帯電話すべての機種が対応できます。今後の維持管理費としては、システムの保守点検料として月額5万円とインターネット回線使用料だけです。」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第1号中、本委員会への付託区分については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 建設消防委員会委員長の報告につきまして質疑を行います。

 13番、前田賢一議員。



◆13番(前田賢一君) 

 委員長にお伺いします。

 この三輪崎漁港の漁具の作業保管施設事業ですけども、これは、あくまでも事業主体は新宮漁協になるわけですか。



◆9番(東原伸也君) 

 はい。



◆13番(前田賢一君) 

 この場合、国が2分の1、市が4分の1を補助してるということで、入札方法なんかはどういうふうに指導してるというような話がありましたですか、どのような方法でやるとか。



◆9番(東原伸也君) 

 お答えいたします。

 それについての委員会の中での質疑はございませんでした。



○議長(上田勝之君) 

 ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 質疑を終わります。

 以上で、各委員会委員長に対する質疑を終わります。

 各委員会委員長の報告は、いずれも原案を可決すべきものとの報告であります。

 これをもって、議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算をまとめ、討論を行います。

 7番、東議員。



◆7番(東賀代子君) 

 平成20年度新宮市一般会計予算案について、反対討論を行います。

 新宮市の土地開発公社での、30年来、借りかえながら持ち続けた土地の負債に対しての反省に至ってないこと、新宮港の第二期工事の企業誘致は、ほかと比べて土地の価格、立地条件の悪さで企業誘致不安、そして少子化対策と言いながらも出産費用の値上げ、これまで2年間に及ぶ中学校の2校推進が、この半年での突然中学校1校の計画など、子供たちの立場に立った適正規模校の議論が尽くされず、共産党として改めて反対させていただきます。

 また、後期高齢者医療保険に対する負担、高齢者だけでなく、これから年を重ねる全体の不安、負担になると思います。平成20年の予算案は、前年度予算と比較して4.3%減と言いながら、高齢者、市民に負担を押しつけ、特に弱者には厳しい予算であると思います。

 よって、本予算に反対いたします。

 先ほどの榎本議員の質疑の中で、「だれもおりませんでしたか」と言われてたんですけど、中学校の2校から1校という話なんですけれど、私、すみません、勉強不足で、途中で反対質疑しなければいけなかったのを見過ごしてしまいました。改めておわびさせていただきます。すみません。



○議長(上田勝之君) 

 4番、榎本議員。



◆4番(榎本鉄也君) 

 この予算案につきまして、賛成討論をさせていただきます。

 私は、10款の教育費について、城南、緑丘中学の統合関連予算についてのみ異議を申し上げておりましたけれども、付託されました教育民生委員会中、その審議の中で市長の答弁がありまして、緑丘、城南中学校の統合問題、その基本計画の着手時期については当面見合わせ、小学校の建設協議会の推移や議会の議論を踏まえて慎重に対応したい、この市長の答弁を確認し、また、この答弁が私の意見を十分取り入れていただいたと評価いたします。

 それによりまして、この予算案に賛成をいたします。

 以上です。



○議長(上田勝之君) 

 ほかに討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算を採決いたします。

 各委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第1号、平成20年度新宮市一般会計予算は、各委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程19 議案第8号 平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算



△日程20 議案第11号 平成20年度新宮市土地取得特別会計予算



○議長(上田勝之君) 

 日程19、議案第8号、平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算及び日程20、議案第11号、平成20年度新宮市土地取得特別会計予算の2件、一括議題といたします。

 付託なった総務委員会委員長の報告を求めます。

 3番、久保議員。



◆3番(久保智敬君) (登壇)

 委員長報告を行います。

 今期定例会において総務委員会に付託なりました議案第8号、平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算、議案第11号、平成20年度新宮市土地取得特別会計予算につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議で説明のあったとおりであります。

 議案第11号について、委員中より「用地購入費とあるが、どの場所を購入予定なのか」との質疑に対し、当局より「購入予定はありません。この特別会計につきましては、開発公社に取得依頼するものでないものとか、緊急を要するものが発生したときのために設けている特別会計で、ここ三、四年は使っておりません。」との答弁がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第8号、議案第11号につきましては、当局の説明を了として、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第8号につきまして、平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続いて、議案第11号、平成20年度新宮市土地取得特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 以上をもって質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 議案第8号、平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第8号、平成20年度新宮市駐車場事業特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第11号、平成20年度新宮市土地取得特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第11号、平成20年度新宮市土地取得特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程21 議案第2号 平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算



△日程22 議案第3号 平成20年度新宮市老人保健医療特別会計予算



△日程23 議案第4号 平成20年度新宮市後期高齢者医療特別会計予算



△日程24 議案第5号 平成20年度新宮市介護保険特別会計予算



△日程25 議案第6号 平成20年度新宮市と畜場特別会計予算



△日程26 議案第7号 平成20年度新宮市産業廃棄物処理事業特別会計予算



△日程27 議案第10号 平成20年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計予算



△日程28 議案第14号 平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算



○議長(上田勝之君) 

 日程21、議案第2号、平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算から日程28、議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算までの8件、一括議題といたします。

 付託なった教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 17番、屋敷議員。



◆17番(屋敷満雄君) (登壇)

 委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に付託なりました議案第2号、平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算から議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算までの8件について、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議での説明のあったとおりでありますが、審査に当たって出されました主な意見、質疑について申し述べます。

 議案第14号について、当局より「今回、計画している医師住宅建設については、院内に医師住宅新築検討会を立ち上げ、メンバーは院長、医局長、看護部長、事務長、庶務課長で、オブザーバーとして都市建設課長、建築主幹が入っています。設計については、プロポーザル方式、すなわちそのプロジェクトに最も適した創造力、技術力、経験などを持つ設計者を選ぶ方式を採用し進めています。今回の医師住宅新築工事は、1戸当たり約46坪で、一般的な建築費は坪単価で73万9,000円です。免震工事費等を加えますと、坪単価91万3,000円となります。その他の諸経費、消費税、空調設備等を含めると、坪単価115万2,000円となります。」との説明がありました。

 委員中より、「新宮市内で大工や工務店の設計施工で木造住宅を建築すると、坪単価50万円程度、それに空調設備の費用になる。設計事務所にお願いする等少し凝った建築となると、坪単価60万円程度と聞いています。それらを考えても、かなり市民の住宅から考えると高い単価と思います。医師確保のための必要性は理解しますが、用地取得費と新築工事費を合わせて3億5,200万の2分の1を一般会計で負担となっており、市の財政も大変厳しい中で、市民から賛同を得ることができない坪単価の設計、それに免震工事が必要なのか理解できない。耐震構造で家具を固定すればよいと思います。また、場所についても理解できない。」との意見があり、当局より「設計単価について、豪華、特別なものを使ってはいませんが、場所的に少し寒いとこなので、二重サッシとしたいと考えております。免震工事については、平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災で、神戸市内の病院の実情で、建物は耐震で無事でしたが、手術器具等が使い物にならない状況でした。そのようなこともあり、医療センターについては免震構造としています。医師住宅についても、耐震で十分との意見もあると思いますが、震災が発生したときに、医師がけがなどをすることなく診察に当たってほしいという思いで免震構造をお願いするものです。また、場所については、当初より医療センター近くに医師を配置したいと進めています。約30戸は医療センター近辺にありますが、最近、医師の中で家族と住んでいる方から旧市内での要望が強くあり、このような計画となっています。」との答弁でした。

 市長より「医師住宅について、市民からの反響には苦慮しています。住宅の建てかえに当たっては、病院、医局を交えた検討会の結果、免震構造となったと報告を受け、免震についてもやむを得ないとの思いでしたが、執行に当たって経費の節減はもちろんですが、さまざまなご指摘の中から、免震構造までは要らない、耐震化がしっかり図られた設計であれば十分ではないかという思いを最近しています。今の考えは、予算はこのまま通していただいて、執行の段階で免震構造工事の見直しを図りたいと思っています。」との答弁でした。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第2号、議案第3号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第10号については、当局の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定し、議案第4号については、挙手多数により可決すべきものと決定し、議案第14号については、委員中より「医師住宅についての予算が見直されるということはよいことですが、出産費用の値上げ等がありますので反対です」との反対討論があり、挙手による採決の結果、挙手多数により可決すべきものと決定しましたが、可決後、議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算、資本的支出、第1款資本的支出、第1項建設改良費中、医師住宅新築工事に当たり、免震構造を廃止し、耐震構造に見直すなどの設計の全面的な見直しを図り、建設工事の大幅な削減を行った後、予算を執行することとの附帯決議が提出され、採決の結果、全員異議なく附帯決議を付することに決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第2号、平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第3号、平成20年度新宮市老人保健医療特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第4号、平成20年度新宮市後期高齢者医療特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第5号、平成20年度新宮市介護保険特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第6号、平成20年度新宮市と畜場特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第7号、平成20年度新宮市産業廃棄物処理事業特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第10号、平成20年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算につきまして質疑を行います。

 15番、松本光生議員。



◆15番(松本光生君) 

 これ、医師住宅の建設について見直しをするという方向を打ち出されたということなんですけども、免震から、ただの耐震にすれば、どのぐらいの単価が安くなるというような、そんな説明はなかったですか。別にそういう答弁がなければいいですけど。



◆17番(屋敷満雄君) 

 坪単価15万で800万。



◆15番(松本光生君) 

 免震の場合が坪単価91万から、それが15万も。



◆17番(屋敷満雄君) 

 15万引ける。



◆15番(松本光生君) 

 15万引けるわけ。



◆17番(屋敷満雄君) 

 それで800万。



◆15番(松本光生君) 

 わかりました。



○議長(上田勝之君) 

 ほかに質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 以上をもって質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 まず、議案第2号、平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算について討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第2号、平成20年度新宮市国民健康保険特別会計予算は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第3号、平成20年度新宮市老人保健医療特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第3号、平成20年度新宮市老人保健医療特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第4号、平成20年度新宮市後期高齢者医療特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第4号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第4号、平成20年度新宮市後期高齢者医療特別会計予算は、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第5号、平成20年度新宮市介護保険特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第5号、平成20年度新宮市介護保険特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続いて、議案第6号、平成20年度新宮市と畜場特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第6号、平成20年度新宮市と畜場特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第7号、平成20年度新宮市産業廃棄物処理事業特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第7号、平成20年度新宮市産業廃棄物処理事業特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第10号、平成20年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第10号、平成20年度新宮市蜂伏団地共同汚水処理施設事業特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 これより議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算につきまして採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、附帯決議つきではありますが可決であります。委員長の報告に賛成の方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(上田勝之君) 

 起立多数であります。

 よって、議案第14号、平成20年度新宮市立医療センター病院事業会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程29 議案第9号 平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算



△日程30 議案第12号 平成20年度新宮市簡易水道事業特別会計予算



△日程31 議案第13号 平成20年度新宮市水道事業会計予算



○議長(上田勝之君) 

 日程29、議案第9号、平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算から日程31、議案第13号、平成20年度新宮市水道事業会計予算までの3件、一括議題といたします。

 付託なった建設消防委員会委員長の報告を求めます。

 9番、東原議員。



◆9番(東原伸也君) (登壇)

 建設消防委員会委員長報告を行います。

 今期定例会において、建設消防委員会に付託なりました議案第9号、平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算、議案第12号、平成20年度新宮市簡易水道事業特別会計予算、議案第13号、平成20年度新宮市水道事業会計予算の3件につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 内容につきましては、本会議で説明のあったとおりでありますが、審査に当たって出されました主な質疑等について申し述べます。

 議案第9号に関しては、委員中より「和歌山市では新年度から税を中心とした特別滞納整理準備室を設置するが、本市においても、この滞納問題に関しては、建設農林部だけの問題でなく全体的な体制の中で公平性の点からも積極的に取り組んでほしい。また、平成21年4月から住宅資金の整理回収機構が設立され、平成20年度においては移管に向けての整理期間ということだが、現在の徴収状況についてはどうか。」との意見、質疑があり、当局より「現在の貸付資金の状況ですが、貸し付け総数は240人で、そのうち返済がすべて終了した方が148人、毎月納付されている方が22人で、少しでもおくれている方を含めて滞納されている方は70人であります。市としては、新年度において滞納者の状況をさらに精査した上で、平成21年度に設立される整理回収機構へ移管すべきものを検討してまいりたい。」との答弁がありました。

 次に、議案第13号に関して、新年度に予定されている市道全龍寺神倉町線及び南谷火葬場線配水管布設がえ工事の実施時期について、国道や県道の道路改修に伴う水道工事に係る部分の入札方法及び費用負担について、水道庁舎移転に関する費用等について質疑があり、当局より「市道全龍寺神倉町線については、千穂小学校正門前の道路に延長210メートルの配水管の布設がえを行うものであります。工事の実施期間については、学校が夏休みに入る7月下旬から予定しております。工事区間が長いため、終了時期は9月に入ると思いますが、掘削等の周辺に大きな影響を与えるようなものは夏休み中に終わるように進めていきたい。また、南谷火葬場線は、ジャスコ前から火葬場前までの延長459メートルの石綿セメント管の入れかえを行うもので、実施時期につきましては、工期の関係もあり、墓参者等に極力迷惑をおかけしないよう、少しでも配慮した形で、盆過ぎから片側通行での工事を予定しております。次に、国や県の道路改修に伴う水道の土木工事ですが、これは市道の改修も同様ですが、水道の土木工事は道路工事を請け負った業者と随意契約をしています。しかし、土木工事以外の配管工事等については、水道事業所において入札を行っています。水道工事の費用負担ですが、道路管理者から条件つきで道路の占用をさせていただいているので、道路工事に伴う水道工事については、すべて水道事業所の負担になります。次に、水道庁舎の移転に要する費用としては、施設管理上、整備が必要な新宮浄水場入り口の受け付け関係や電話回線等の移設整備費用を修繕費等に計上しています。この移転の目的は、浄水場は災害時における水づくりの拠点施設であり、緊急時に対応できるよう、今回、移転を決断しました。窓口業務もすべて浄水場に移転しますが、従来、給水開始の手続は、契約の関係もあり、直接、水道事業所にお越しいただいていましたが、庁舎移転を機会に、この3月から電話での受け付けができるように改善しております。また、転入・転出時の給水の開始・休止事務は市民窓口課でもできるようお願いしております。現水道庁舎の家賃に関しては、市も改修費やランニングコストに経費を要し、財政的に厳しいという状況の中で、水道事業所としても、未利用のまま建物を置くよりも、少しでも利用していただくほうが周辺の環境にもよいと判断して、当面無償で賃貸することになっております。なお、現水道庁舎の維持管理は市でお願いすることになりますが、土地建物は水道事業会計の有形固有資産となっており、一般会計に移管すれば損失が発生しますので、所有権は従来どおり水道事業会計とします。」との答弁がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、議案第9号、議案第12号、議案第13号の3件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

 まず、議案第9号、平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続いて、議案第12号、平成20年度新宮市簡易水道事業特別会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 続きまして、議案第13号、平成20年度新宮市水道事業会計予算につきまして質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 以上をもって質疑を終わります。

 これより各号分離の上、討論を行い、採決いたします。

 議案第9号、平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第9号、平成20年度新宮市住宅資金貸付事業特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第12号、平成20年度新宮市簡易水道事業特別会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第12号、平成20年度新宮市簡易水道事業特別会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 続きまして、議案第13号、平成20年度新宮市水道事業会計予算につきまして討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 委員長の報告に御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第13号、平成20年度新宮市水道事業会計予算につきましては、委員長の報告のとおり原案のとおり可決いたしました。

 暫時休憩いたします。なお、休憩中に議会運営委員会を開催したい旨、委員長より申し出がありますので、第2委員会室にて議会運営委員会を開催いたします。



△休憩 午後1時59分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後2時59分



○議長(上田勝之君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程32 陳情第29号 木ノ川会館建替えに関する陳情書



○議長(上田勝之君) 

 日程32、陳情第29号、木ノ川会館建替えに関する陳情書を議題といたします。

 付託なった教育民生委員会委員長の報告を求めます。

 17番、屋敷議員。



◆17番(屋敷満雄君) (登壇)

 委員長報告を行います。

 今期定例会において、教育民生委員会に付託なりました陳情第29号、木ノ川会館建替えに関する陳情書について、委員会の審査の経過並びに結果を報告いたします。

 本陳情の主旨は、木ノ川地区にある会館は昭和37年後半に建築されたもので、災害時の避難場所にも指定されていますが、老朽化が著しく、自治活動にも不便を来し、さらなる地域振興の点を考えるとき、建てかえは不可欠で、早期の建てかえを求めるものです。

 委員中より「以前に要望はありましたか、土地については」との質疑があり、当局より「以前に要望はありましたが、陳情書が提出されたのは初めてです。土地については、木ノ川区で確保されており、今後の計画に組み入れるよう前向きに進めます。」との答弁がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、陳情第29号については、全員異議なく採択すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(上田勝之君) 

 委員長の報告について質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 質疑を終わります。

 討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 本件、委員長の報告につきまして御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、陳情第29号、木ノ川会館建替えに関する陳情書は、委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加変更について



○議長(上田勝之君) 

 お諮りいたします。

 この際、議事日程を追加変更して、お手元に配付いたしております議案第44号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例及び議会発案第2号、特別委員会構成人員の変更についての2件を議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議事日程を追加変更して、議案第44号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例及び議会発案第2号、特別委員会の構成人員の変更についての2件を議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加変更 議案第44号 新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(上田勝之君) 

 初めに、議案第44号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 当局の説明を求めます。

 上野山医療センター事務局医療業務課長。



◎医療センター医療業務課長(上野山巳喜彦君) (登壇)

 ただいま議題となりました議案第44号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本条例は、平成20年3月5日付をもって診療報酬の算定方法を定める件が厚生労働省告示第59号をもって公表されたことに伴い、条例の所定の整備を図りたいというものであります。

 具体的には、2ページ表中「平成18年厚生労働省告示第92号」を「平成20年厚生労働省告示第59号」に改めたいというものであります。施行は4月1日となっております。

 以上、簡単ですが御説明といたします。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(上田勝之君) 

 本案について質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 討論を終わります。

 お諮りいたします。

 本案につきまして御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議案第44号、新宮市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加変更 議会発案第2号 特別委員会構成人員の変更について



○議長(上田勝之君) 

 続いて、議会発案第2号、特別委員会構成人員の変更についてを議題といたします。

 なお、先ほど休憩中に市街地再生対策特別委員会の委員の皆様方より辞任の届けが出されました。辞任される委員の皆さんは、2番、松畑議員、3番、久保議員、5番、福田議員、7番、東議員、12番、松本哲也議員、13番、前田賢一議員、14番、奥田 勲議員、15番、松本光生議員、17番、屋敷議員の皆さんです。

 議案を朗読させます。



◎議会事務局長(鈴木秀君) 

 議会発案第2号、特別委員会構成人員の変更について。

 本市議会は、市街地再生対策特別委員会の構成人員「19名」を「10名」に変更する。

 平成20年3月24日提出。

 提案者議員、木戸地郁生、榎本鉄也、福田 譲、東原伸也、松本哲也、松本光生、辻本 宏。

 以上です。



○議長(上田勝之君) 

 お諮りいたします。

 本案は提案者の説明及び委員会付託を省略することに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は提案者の説明及び委員会付託を省略することに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 本案について御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、議会発案第2号は原案のとおり可決決定いたしました。

 暫時休憩いたします。休憩中に、市街地再生対策特別委員会委員長の欠員に伴い、委員長互選のため、第2委員会室において市街地再生対策特別委員会を開催したい旨、副委員長から申し出がありますので、皆様よろしくお願いいたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時06分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時24分



○議長(上田勝之君) 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 休憩中に行われました特別委員会の委員長互選の結果につきまして、次のとおり選任されましたので御報告いたします。

 市街地再生対策特別委員会委員長に6番、田花議員。

 以上のとおりであります。どうぞよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程33 閉会中の継続審査及び調査について



○議長(上田勝之君) 

 日程33、閉会中の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 総務委員長、教育民生委員長、建設消防委員長から、お手元に配付の申し出書のとおり、それぞれ閉会中の継続審査及び調査をいたしたい旨の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(上田勝之君) 

 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決定いたしました。

 本日は、議事日程のとおり、全議案を議了いたしました。

 よって、今期定例会の日程は以上をもってすべて終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(上田勝之君) 

 ただいま、佐藤市長より、本定例会閉会に際し、あいさつの申し出がありますので、発言を許可いたします。

 佐藤市長。



◎市長(佐藤春陽君) (登壇)

 議会閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 3月4日から本日まで21日間にわたる当初議会でございましたが、非常に各議案、とりわけ一般会計予算等を含む予算等の審議におきまして、活発な、また慎重な御審議をいただきまして、おかげさまで全議案とも、いずれも多数で、また異議なく可決をいただきました。厚くお礼を申し上げます。

 これで、20年度からの新しい施政の方針が決まったわけでございます。また、その中、とりわけ14号議案、医療センターの事業会計におきまして附帯決議等をいただきましたが、その趣旨は十分に体しまして、我々としましても、今後、予算の執行に当たっては経費の節減に努め、それぞれ効率的な財政の運用に努める所存でございます。

 また、長期計画の基本計画の第一歩を、この予算の中におきましても記すことができました。とりわけ、特進プロジェクトの推進に当たりましては、議会、また市民の方々に、まず御理解いただくということが先でありますから、十分この後も皆さん方と議論を深め、御理解、また御協力いただきますようお願いを申し上げる次第でございます。

 また、今議会をもちまして幹部職員を含む退職者が最後の議会となりました。この後、ごあいさつをさせてもらえると思いますけれども、一時期から40年余りにわたりまして、この新宮市政の執行に、それぞれの課題を抱えた中で全力を尽くしてくれた方々ばかりでございます。まだお若くございますので、第二の人生が有意義でありますように、これから善良な市民としてこの新宮市政に御協力を賜りたい、このように思っております。

 どうも、本当に長い間にわたりましてありがとうございました。お礼を申し上げます。



○議長(上田勝之君) 

 以上をもちまして市長のあいさつを終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△職員退職あいさつ



○議長(上田勝之君) 

 この際、皆様方にお願いいたします。

 この3月31日付をもって6名の管理職の方が退職されますが、退職者を代表して亀井理事から議員の皆様方に退職のあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、これを許可いたします。

 亀井理事。



◎理事[港湾関係及び土地開発公社担当](亀井寿一郎君) (登壇)

 貴重なお時間をいただき、まことにありがとうございます。

 退職者を代表して、一言ごあいさつを申し上げます。

 私たちは、昭和40年代に新宮市並びに熊野川町に奉職し、行政の担い手の一員として今日まで頑張ってまいりましたが、3月31日をもって退職することとなりました。おかげをもちまして、無事退職、卒業できますのも、議員各位を初め歴代の市長、先輩、同僚の皆様方の温かい御指導、御支援、御協力のたまものと、この場をおかりして深く感謝を申し上げたいと思います。

 私ごとではありますが、39年余り勤務する中で、さまざまな思いがよみがえってまいりますが、私なりに充実した役所生活ができたというふうに思っております。職務につきましても、十分とは申せないかもしれませんが、私なりに満足のできるもので、これも多くの皆様の御協力がいただけたものと深く感謝をいたしております。

 新宮市を取り巻く課題は数多くあろうかと思います。これら多くの課題を克服して、長期総合計画の中にうたわれております「人輝き文化奏でる都市」が、課題解決することによって実現されますよう期待をいたしたいと思っております。

 最後に、新宮市のますますの発展と議員各位の一層の御活躍、御健勝を心から御祈念申し上げ、甚だ簡単粗辞で意を尽くせませんが、お礼のごあいさつとさせていただきます。

 どうも長い間ありがとうございました。



○議長(上田勝之君) 

 6名の職員の皆様方を初め、この3月31日付をもって退職されます職員の皆様方、よりよい新宮市政をつくるため、これまでさまざまに私ども市議会議員と議論を尽くさせていただきました。また、時には御指導、御鞭撻も大変ちょうだいいたしました。厚くお礼申し上げます。本当に長い間お疲れさまでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(上田勝之君) 

 去る3月4日開会以来、本日まで、議員各位におかれましては、終始御熱心に、かつ慎重なる御審議に加えて議会運営に対する絶大なる御指導と御協力を賜り、衷心から厚くお礼申し上げます。

 今期定例会に付議されました諸案件につきましては、その議了を見ましたので、これをもって平成20年3月新宮市議会定例会を閉会いたします。

 お疲れさまでした。



△閉会 午後3時33分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

            新宮市議会議長  上田勝之

            署名議員     東原伸也

            署名議員     三栗章史