議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成21年 9月定例会(第5号 9月30日)




平成21年 9月定例会(第5号 9月30日)





             田辺市議会9月定例会会議録


            平成21年9月30日(水曜日)


           ──────────────────


 
 平成21年9月30日(水)午後 1時開議


 第 1 4定報告第 1号 専決処分事項について


 第 2 4定議案第 1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正に


              ついて


 第 3 4定議案第 2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 第 4 4定議案第 3号 工事請負契約の締結について


 第 5 4定議案第 4号 物品購入契約の締結について


 第 6 4定議案第 5号 物品購入契約の締結について


 第 7 4定議案第 6号 物品購入契約の締結について


 第 8 4定議案第 7号 物品購入契約の締結について


 第 9 4定議案第 8号 民事調停の申立てについて


 第10 4定議案第 9号 字の区域の変更について


 第11 4定議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更について


 第12 4定議案第11号 市道路線の廃止について


 第13 4定議案第23号 田辺市共同作業場条例の一部改正について


 第14 4定議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)


 第15 4定議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正について


 第16 4定議案第14号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(


              第3号)


 第17 4定議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)


 第18 4定議案第16号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2


              号)


 第19 4定議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)


 第20 4定議案第24号 訴えの提起について


 第21 4定報告第 2号 専決処分事項の報告について


 第22 4定報告第 3号 平成20年度財団法人龍神村開発公社の決算報告について


 第23 4定報告第 4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について


 第24 4定議案第18号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第25 4定議案第19号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第26 4定議案第20号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第27 4定議案第21号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第28 4定議案第22号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第29 4定発議第 1号 田辺市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の


              一部改正について


 第30 委員会の継続審査について


           ──────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第30まで


           ──────────────────


〇議員定数 26名


〇欠  員  0名


           ──────────────────


〇出席議員


             議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  市 橋 宗 行 君


             5番  安 達 幸 治 君


             6番  安 達 克 典 君


             7番  谷 口 和 樹 君


             8番  鈴 木 太 雄 君


             9番  小 川 浩 樹 君


            10番  塚   寿 雄 君


            11番  山 本 紳 次 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  佐 井 昭 子 君


            14番  中 本 賢 治 君


            15番  棒 引 昭 治 君


            16番  出 水 豊 数 君


            17番  宮 本 正 信 君


            18番  高 垣 幸 司 君


            19番  陸 平 輝 昭 君


            20番  山 口   進 君


            21番  宮 田 政 敏 君


            22番  吉 田 克 己 君


            23番  久 保 隆 一 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  吉 本 忠 義 君


           ──────────────────


〇欠席議員       なし


           ──────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市長         真 砂 充 敏 君


           副市長        福 田 安 雄 君


           副市長        庄 堂 琢 磨 君


           教育長        中 村 久仁生 君


           企画部長       山 崎 清 弘 君


           企画広報課長     松 川 靖 弘 君


           総務部長       岡 本 美 彦 君


           総務課長       小 川   鏡 君


           財政課長       田 上 豊 和 君


           市民環境部長     池 田 正 弘 君


           保健福祉部長     田 中   敦 君


           産業部長       福 井 量 規 君


           産業部理事      室 井 利 之 君


           建設部長       中 山 泰 行 君


           本宮行政局長     山 本 幾 生 君


           消防長        岩 本 徳 三 君


           消防総務課長     小 川 裕 史 君


           教育次長       ? 田 和 男 君


           水道部長       中 村 全 文 君


           工務課長       恵 中 祥 光 君


           ──────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長    中 瀬 政 男


            議会事務局次長   岩 本 さち代


            議会事務局主任   前 溝 浩 志


            議会事務局主査   松 本 誠 啓





 開 議


○議長(宮田政敏君)    定足数がありますので、ただいまからお手元に配付の日程により、平成21年第4回田辺市議会定例会5日目の会議を開きます。


              (午後 1時00分)


          ──────────────────


○議長(宮田政敏君)    それでは、日程に入ります。





◎日程第1 4定報告第1号 専決処分事項について上程





○議長(宮田政敏君)    日程第1 4定報告第1号 専決処分事項についてを上程いたします。


 本件については、過日既に当局の説明が終了しておりますので、これより質疑を行います。


 議案書1ページから14ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 それでは、お諮りいたします。


 4定報告第1号は、原案のとおり承認することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定報告第1号は、原案のとおり承認することに決しました。





◎日程第 2 4定議案第 1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてから


 日程第20 4定議案第24号 訴えの提起についてまで一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第2 4定議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてから、日程第20 4定議案第24号 訴えの提起についてまで、以上19件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました19件については、過日の本会議において、それぞれの所管の常任委員会に付託していたものであります。


 この場合、ただいま議題となっております19件について、各常任委員会委員長の報告を求めます。


 まず初めに、総務企画委員会委員長の報告を求めます。


 6番、安達克典君。


            (6番 安達克典君 登壇)


○6番(安達克典君)    それでは、委員長報告を朗読をもって行います。


 本委員会は、去る9月18日の本会議において付託を受けた議案11件のうち、平成20年度各種会計歳入歳出決算4件を除く議案7件について、24日及び30日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し、慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、4定議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、同議案第2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、同議案第4号 物品購入契約の締結について、同議案第5号 物品購入契約の締結について、同議案第9号 字の区域の変更について、同議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更について、及び同議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)の所管部分の以上7件について、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑の主なものは、次のとおりであります。


 まず、議案第4号 物品購入契約の締結について、屈折はしごつき消防ポンプ自動車購入契約の内容をただしたのに対し、「物品購入契約は自動車販売店との契約で、自動車メーカーが製作した消防専用シャシをポンプメーカーに納入し、はしごの製作、ポンプの取りつけ等を行う工程となり、シャシの納入で1カ月程度、はしご車の整備・艤装に5カ月程度かかる」との答弁がありました。


 次に、議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)の所管部分についてでありますが、地域情報化推進費の移動通信用鉄塔施設整備事業について、詳細説明を求めたのに対し、「携帯電話の不感地区解消のため、龍神村丹生ノ川地区において携帯電話基地局を整備するもので、基地局の鉄塔整備のほか、伝送路の整備として、殿原地区にある携帯基地局から光ファイバーを引くものである」との答弁があり、委員から、既設ケーブルテレビの光ファイバー網は利用できないかただしたのに対し、「ケーブルテレビ工事時に、この光ファイバー網を利用し、多くの携帯電話不感地区の解消を図ったところだが、携帯電話事業者側の丹生ノ川地区における基地局整備計画が示されていなかったため、今回、新たにケーブルテレビの光ファイバー網に追い張りをした形で伝送路を確保し、携帯電話基地局を整備するものである」との答弁がありました。


 次に、諸費における償還金の内容についてただしたのに対し、「法人市民税の精算に伴う還付金を計上しているもので、法人市民税については、前事業年度の年税額20万円以上の事業所については、事業年度の中間に予定納付を行い、その後、事業年度終了後に税額を確定し、精算することになっているが、経営状況の悪化により中間時に予定納付されていた税額の確定に伴う精算において、還付の必要が生じたことにより、償還金を計上しているものである」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成21年9月30日、総務企画委員会委員長、安達克典。


            (6番 安達克典君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、産業建設委員会委員長の報告を求めます。


 14番、中本賢治君。


            (14番 中本賢治君 登壇)


○14番(中本賢治君)    それでは、産業建設委員会の委員長報告をいたします。


 本委員会は、去る9月18日の本会議において付託を受けた議案18件のうち、平成20年度各種会計歳入歳出決算10件を除く議案8件について、9月18日及び30日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、4定議案第3号 工事請負契約の締結について、同議案第8号 民事調定の申立てについて、同議案第11号 市道路線の廃止について、同議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)の所管部分、同議案第16号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)、同議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)、同議案第23号 田辺市共同作業場条例の一部改正について、及び同議案第24号 訴えの提起についての以上8件については、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑の主なものは次のとおりであります。


 まず、議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)の所管部分のうち、農業費にかかわって、備崎畜産施設の解体撤去についての詳細説明を求めたのに対し、「昭和57年建築の備崎畜産施設は、地元畜産農家の養豚経営により畜産振興に資してきたが、農家の高齢化や豚肉価格の下落及び飼料の高騰等に伴う経営の悪化により養豚業は廃業され、現在は使用されていない。また、施設の老朽化が著しく、再開するためには改修に多額の費用を要することから、世界遺産の景観保全にも配慮し解体する方向となった。なお、畜舎解体に伴い、補助金適正化法に基づく残存価格にかかる補助金の返還が発生するため、その費用には地域基盤整備基金を充当したい」との答弁があり、さらに、解体後の跡地利用についてただしたのに対し、「現時点では、ハイキングや登山客のための広場・駐車場として利用する方向であるが、長期的には住民の意見等を取り入れながら、観光地としてふさわしい活用を図りたい」との答弁がありました。


 次に、水産業費にかかわって、ヒロメ販売市場拡大事業費補助金について詳細説明を求めたのに対し、「和歌山南漁業協同組合が実施する集出荷施設の整備や販売促進活動に対して助成するもので、ヒロメの取引価格の安定と京阪神地域への販路拡大を図り、漁業者の所得水準を上げることを目的としている。なお、事業費に対して、県が2分の1、市及び和歌山南漁業協同組合がそれぞれ4分の1ずつ負担する」との答弁がありました。


 次に、災害復旧費にかかわって、平成21年6月から7月にかけての集中豪雨による農地及び農業用施設並びに市道、河川の災害現場における復旧の見通しについて詳細説明を求めたのに対し、「順次、国の査定を受けている状況であり、できる限り早く発注することで、基本的には年度内に完成する方向で進めたい」との答弁がありました。


 次に、議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)にかかわって、緊急時用連絡管整備工事について詳細説明を求めたのに対し、「今年度事業に限り補助採択基準が緩和された水道施設整備補助金及び地域活性化、公共投資臨時交付金を活用し、古屋谷簡易水道と稲成町谷上地区の上水道の間に新たに連絡管を布設することで、渇水や停電等による緊急時の給水拠点を確保し、安定した水の供給を図るものである」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成21年9月30日、産業建設委員会委員長、中本賢治。


            (14番 中本賢治君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、文教厚生委員会委員長の報告を求めます。


 23番、久保隆一君。


            (23番 久保隆一君 登壇)


○23番(久保隆一君)    文教厚生委員会の委員長報告を朗読をもってかえさせていただきます。


 本委員会は、去る9月18日の本会議において付託を受けた議案17件のうち、平成20年度各種会計歳入歳出決算を除く議案6件について、24日及び30日にそれぞれ委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、4定議案第6号 物品購入契約の締結について、同議案第7号 物品購入契約の締結について、同議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)の所管部分、同議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正について、同議案第14号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、及び同議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)の以上6件については、すべて全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑の主なものは次のとおりであります。


 まず、議案第6号 物品購入契約の締結について、移動式破砕機購入にかかわって、随意契約に至るまでの考え方や経過等に主眼を置いた上で詳細説明を求めたのに対し、「移動式破砕機の取り扱いメーカー5社のうち、現在の使用機種以外のメーカーに対し、破砕機実物の稼働状況確認及び機器能力等の確認を行い、作業環境や周辺環境に与える影響が大きいと判断した1社を除く4社の機種について、処理能力等の仕様の具体的検討を重ねた。17項目にわたる評価項目を設定し、処理実演や破砕状況の確認、性能等についてのカタログ記載情報以外の具体的な仕様書の提出により比較した結果、三四六に搬入される埋め立てごみの処理業務を円滑に行うことが可能な機種は1機種に絞られたため、入札にそぐわないと判断した」との答弁があり、さらに委員から、優位性を比較した上で上位2社程度による入札を行う考えはなかったのかただしたのに対し、「優位性の順位のみを見ると大差はないが、実質的な部分で検討した結果、後のリスクを考えると入札の選択は難しいと判断した」との答弁がありました。


 次に、議案第7号 物品購入契約の締結について、ブルドーザ購入にかかる随意契約理由について説明を求めたのに対し、「当市の最終処分場における主な業務は、搬入されたごみ類を押し固め、上から土をかぶせ押し固めるものであるため、現在使用しているブルドーザタイプでショベルを持った車種について業者選定作業を進めたところ、2機種に限られていた。その2機種を比較検討したところ、エンジンの設置位置が違うため、運転席からの前方下部の視認性に大きな違いがあり、過去10年にわたる販売実績や当市の最終処分場における使用に際しての優位性、及び作業時の運転者の安全確保の点から考え、対象機種が1機種に絞られたため、入札にそぐわないと判断した」との答弁がありました。


 次に議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)の所管部分について、まず、障害者福祉費の障害福祉サービス事業所等事務安定化支援事業補助金及び障害福祉サービス事業所等、新事業移行促進事業補助金について詳細説明を求めたのに対し、事務安定化支援事業補助金については、自立支援法の施行に伴う事務処理が安定的に定着するまでの間、新たに事務職員を配置することにより、請求事務等の処理を適切に実施できるよう、かかる費用を補助するものである。


 補助は、定員60人以下の施設で、事務職員2人以上配置している場合には、1回に限り利用者1人につき2万円の補助がある。補助率は、国が2分の1、県と市がそれぞれ4分の1である。新事業移行促進事業補助金については、事業所が自立支援法の施行により、新しい事業に移行しなければならず、それによってコストが増加する場合に対応できるよう、移行した時点に限り、利用者1人当たり通所施設であれば、6,000円、入所施設であれば5,000円を補助するものである。補助割合は事務安定化支援事業補助金と同様に、国が2分の1、県及び市がそれぞれ4分の1となるとの答弁がありました。


 次に、母子福祉費について、母子家庭自立支援補助金の詳細説明を求めたのに対し、「当該補助金は、母子家庭の母の就労を促進するために給付金を支給するもので、二つの事業がある。そのうち、今回補正する母子家庭高等技能訓練促進事業は、看護師や介護福祉士等の資格を取得するために養成機関へ修業する場合、安定した修業環境を提供するために給付金を支給して、生活負担の軽減を図るものである。当初予算では、2名分を計上していたが、6月の制度改正により支給額の増加や支給期間の延長があり、給付人数も当初の予定より2名ふえたため、不足額を補正する」との答弁がありました。


 次に、老人福祉費にかかわって、シルバー人材センター事務所の移転経緯をただしたのに対し、「平成17年5月の市町村合併当時、旧4町村にシルバー人材センターがなかったことから、合併後にセンターの区域を拡大するため各地域と協議を重ねてきた。その中で、事務所の建物自体が既に狭い状態であったため、区域の拡大に合わせて事務所の移転場所の検討も進めていた。収益目的の団体でないことから、市の施設で、もう少し広く機能的に対応できる場所を探していたところ、末広共同作業所を利用していたふたば福祉会が、平成20年に移転し建物が空いていたため、そこを使用できないかという話が持ち上がった。就労対策の観点からも、事務所の移転に対して地元町内会から同意を得られたので、臨時交付金を活用して改修する運びとなった」との答弁がありました。


 次に、議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、電子計算機プログラム修正委託料の委託内容についてただしたのに対し、「平成20年度に始まった高額医療と高額介護合算制度により、後期高齢者医療保険の保険者である広域連合との間で、データ交換をするために必要となる修正を行う。国保や他の医療保険者との間の修正は平成20年度に完了していたが、後期高齢者医療保険との間のデータ交換については、本年7月に国の方針が決まったため、補正で修正することとなったもので、委託先はテレコムわかやまである」との答弁がありました。


 さらに、今回プログラムを修正することにより、後期高齢者医療制度が廃止になった場合に、影響がないのかただしたのに対し、「この制度は、平成20年4月からの制度であるため、平成20年度と21年度については既に実施済みであり、少なくともその部分についてはシステム改修が必要となる。それ以降に保険制度の変更があった場合は、再度改修が必要になってくるものと認識している」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成21年9月30日、文教厚生委員会委員長、久保隆一。以上です。


            (23番 久保隆一君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    以上で、各常任委員会委員長の報告が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 これより、ただいま議題となっております19件について、順次採決に入ります。





◎日程第2 4定議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    それでは、4定議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第1号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第1号は可決いたしました。





◎日程第3 4定議案第2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第2号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第2号は可決いたしました。





◎日程第4 4定議案第3号 工事請負契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第3号 工事請負契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第3号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第3号は可決いたしました。





◎日程第5 4定議案第4号 物品購入契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第4号 物品購入契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第4号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第4号は可決いたしました。





◎日程第6 4定議案第5号 物品購入契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第5号 物品購入契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第5号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第5号は可決いたしました。





◎日程第7 4定議案第6号 物品購入契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第6号 物品購入契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第6号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第6号は可決いたしました。





◎日程第8 4定議案第7号 物品購入契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第7号 物品購入契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第7号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第7号は可決いたしました。





◎日程第9 4定議案第8号 民事調停の申立てについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第8号 民事調停の申立てについてお諮りいたします。


 議案第8号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第8号は可決いたしました。





◎日程第10 4定議案第9号 字の区域の変更について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第9号 字の区域の変更についてお諮りいたします。


 議案第9号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第9号は可決いたしました。





◎日程第11 4定議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更についてお諮りいたします。


 議案第10号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第10号は可決いたしました。





◎日程第12 4定議案第11号 市道路線の廃止について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第11号 市道路線の廃止についてお諮りいたします。


 議案第11号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第11号は可決いたしました。





◎日程第13 4定議案第23号 田辺市共同作業場条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第23号 田辺市共同作業場条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第23号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第23号は可決いたしました。





◎日程第14 4定議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)についてお諮りいたします。


 議案第12号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第12号は可決いたしました。





◎日程第15 4定議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第13号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第13号は可決いたしました。





◎日程第16 4定議案第14号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第14号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてお諮りいたします。


 議案第14号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第14号は可決いたしました。





◎日程第17 4定議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてお諮りいたします。


 議案第15号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第15号は可決いたしました。





◎日程第18 4定議案第16号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第16号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてお諮りいたします。


 議案第16号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第16号は可決いたしました。





◎日程第19 4定議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)についてお諮りいたします。


 議案第17号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第17号は可決いたしました。





◎日程第20 4定議案第24号 訴えの提起について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定議案第24号 訴えの提起についてお諮りいたします。


 議案第24号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第24号は可決いたしました。





◎日程第21 4定報告第2号 専決処分事項の報告についてから


 日程第23 4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告についてまで一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第21 4定報告第2号 専決処分事項の報告についてから、日程第23 4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告についてまで、以上3件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました報告案件3件については、過日既に当局の説明が終了しておりますので、これより質疑を行います。





◎日程第21 4定報告第2号 専決処分事項の報告について





○議長(宮田政敏君)    それでは、まず4定報告第2号 専決処分事項の報告について質疑に入ります。


 議案書15ページから17ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、4定報告第2号は以上で終わります。





◎日程第22 4定報告第3号 平成20年度財団法人龍神村開発公社の決算報告について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定報告第3号 平成20年度財団法人龍神村開発公社の決算報告について質疑に入ります。


 議案書94ページから98ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、4定報告第3号は以上で終わります。





◎日程第23 4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について





○議長(宮田政敏君)    続いて、4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について質疑に入ります。


 議案書99ページから103ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 よって、4定報告第4号は以上で終わります。





◎日程第24 4定議案第18号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてから


 日程第28 4定議案第22号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてまで一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第24 4定議案第18号から日程第28 4定議案第22号までの5件の人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案第18号から第22号までの人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについての5議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず、議案第18号につきましては、人権擁護委員、岡本ミチ氏の任期が平成21年12月31日をもって満了いたしますので、引き続き同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市本宮町渡瀬798番地の1、岡本ミチ。昭和19年4月29日生まれ、65歳、建設会社経営でございます。


 次に、議案第19号につきましては、人権擁護委員、山下充洋氏の任期が平成21年12月31日をもって満了いたしますので、引き続き同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市神子浜一丁目11番43号、山下充洋。昭和28年9月18日生まれ、56歳、損害保険代理業でございます。


 次に、議案第20号につきましては、人権擁護委員、井澗松一氏の任期が平成21年12月31日をもって満了いたしますので、引き続き同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市明洋一丁目6番21号、井澗松一。昭和17年12月18日生まれ、66歳、社会保険労務士でございます。


 次に、議案第21号につきましては、人権擁護委員、城戸 和氏の任期が平成21年12月31日をもって満了いたしますので、引き続き同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市下川下556番地、城戸 和。昭和17年11月7日生まれ、66歳、自動車整備業でございます。


 次に、議案第22号につきましては、人権擁護委員、?口孝夫氏の任期が平成21年12月31日をもって満了いたしますので、その後任といたしまして、新たに久保正博氏を同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市龍神村廣井原46番地の2、久保正博。昭和37年8月7日生まれ、47歳、森林組合職員でございます。


 以上、どうかよろしくお願い申し上げます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 この場合、お諮りいたします。


 ただいま議題となっております5件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっている5件については、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 これより、ただいま議題となっている5件について、順次採決に入ります。





◎日程第24 4定議案第18号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    それでは、お諮りいたします。


 4定議案第18号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第18号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第25 4定議案第19号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 4定議案第19号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第19号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第26 4定議案第20号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 4定議案第20号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第20号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第27 4定議案第21号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 4定議案第21号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第21号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第28 4定議案第22号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 4定議案第22号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定議案第22号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第29 4定発議第1号 田辺市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例


               の一部改正について上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第29 4定発議第1号 田辺市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてを上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 18番、高垣幸司君。


            (18番 高垣幸司君 登壇)


○18番(高垣幸司君)    それでは、ただいま上程されました4定発議第1号 田辺市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について、議会運営委員会を代表して、私から提案説明をさせていただきます。


 4定発議第1号 田辺市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について。


 田辺市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第109条の2第5項において準用する同法第109条第7項の規定により提出する。


 平成21年9月30日。


 提出者は、地方自治法第109条の2第5項の規定により、議会運営委員会の提案とさせていただいております。


 提案理由につきましては、議長、副議長及び議員の職の間に異動のあったものに係る期末手当の支給について、特例措置を講ずるため、改正を行うものであります。


 内容は、期末手当の基準日以前6カ月以内において、議長、副議長及び議員の職の間に異動があった場合は、異動前及び異動後のそれぞれの在職期間に応じて日割計算するよう、特例措置を講ずるため改めるものです。


 以上、ご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようよろしくお願いいたします。


            (18番 高垣幸司君 登壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略することにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定発議第1号は委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 それでは、お諮りいたします。


 4定発議第1号は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、4定発議第1号は原案のとおり可決いたしました。





◎日程第30 委員会の継続審査について





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第30 委員会の継続審査についてを議題といたします。


 この場合、閉会中の委員会の継続審査について報告いたします。


 各常任委員会、議会運営委員会、特別委員会の委員長から、目下、委員会において審査、または調査中でありますお手元に配付の申出事件一覧表に記載のとおりの事件について、会議規則第105条の規定により、閉会中も審査または調査を継続いたしたい旨の申し出があります。


 それでは、ただいま報告いたしました委員会の継続審査について、お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、それぞれの委員会において閉会中も審査または調査を継続することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、それぞれの委員会において閉会中も審査または調査を継続することに決しました。


 以上をもって、本定例会に付議されました議案は、閉会中の継続審査とされたものを除き、すべて議了いたしました。


 他に発言、その他ありませんか。


              (「なし」の声あり)





◎市長閉会のあいさつ





○議長(宮田政敏君)    それでは、市長から閉会に当たってのあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    平成21年第4回田辺市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 去る9月7日に開会いたしました本定例会も、議員各位のご理解とご協力のもと、本日無事最終日を迎えることができました。本定例会におきましては、一般会計並びに各種特別会計の補正予算案を初め、条例の一部改正案など、さまざまな議案を提出させていただきましたが、議員各位には、終始にわたり熱心なご審議をいただき、提出いたしました諸議案のうち、各委員会に付託された平成20年度各種会計の決算審査の部分を除き、原案のとおりご賛同賜りましたことに、この場をおかりいたしまして厚くお礼を申し上げます。


 また、今議会では、10名の方が一般質問に立たれ、今後のまちづくりや地域振興、災害対策、福祉や教育などといったさまざまな課題や懸案事項などについて幅広い観点から、ご質問やご意見を賜りました。本市の置かれている厳しい状況や解決しなければならないさまざまな問題を考えますと、そのすべてにすぐに対応していくことはなかなか困難なところがございますが、たとえ、少しずつであったとしても、将来の発展へとつなげていく方策を探ってまいりたいと考えておりますので、今後ともなお一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。


 さて、彼岸を過ぎても日中はまだ暑さが残っていますが、今月中旬には、極早生ミカンの収穫、出荷も始まったということで、残暑の中にあっても季節はしっかりと移り変わっているようです。ことしは、梅雨前線等の影響により、全国各地で記録的な雨量が観測された8月初めごろまでとは打って変わり、8月中旬以降は、当地域でも晴天の日が多く、雨の量が非常に少ない状況で、この極端な天候による温州ミカンなどへの影響が大変心配されるところです。


 今週に入り、ようやくまとまった雨が降ったわけですが、11月ごろからは主力品種の収穫を迎えることになりますので、この後は天候にも恵まれ、順調に仕上がってくれることを願いたいと思います。


 ところで、深刻な金融危機と世界同時不況の発端となったアメリカの大手証券会社の経営破たんから、1年が経過したわけですが、世界経済は最悪期を脱し、落ちつきを取り戻しつつあるといわれています。我が国におきましても、海外景気の持ち直しによる輸出の増加、景気対策による消費や公共投資の増加などにより、4月から6月期の実質の国内総生産は、1年3カ月ぶりにプラスに転換し、戦後最悪といわれた景気の急落はとまったとの見方がされています。


 しかしながら、明るい兆しが見えてきたとはいえ、7月の完全失業率、有効求人倍率とも過去最悪を記録し、引き続き個人消費の低迷も懸念され、まだまだ経済の先行きは不透明で、景気の回復が実感できるには至っていないのが現状のようです。


 こうした中、今月16日に召集された特別国会において、ご承知のように、第93代首相に鳩山首相が選出され、3党連立による新内閣が発足いたしました。既に、政権公約の実現に向けた取り組みが開始されており、その中で政治主導、脱官僚依存などを目指し、新政権の心臓部ともいえる国家戦略室や行政のむだを省くため、行政刷新会議が設置されました。これから本格的な作業が進められることとなるわけですが、喫緊の課題となっている経済、雇用対策を初め、社会保障制度や子育て支援、そのための財源問題や事業の仕分けなど、課題が山積している中、具体的な取り組みを進めるに当たっては、地域主権の考え方のもと、地方とも十分な協議を行った上で、地方の置かれた実情に配慮するとともに、国民生活の安定に向けた政策を期待したいと思います。


 いずれにいたしましても、市といたしましても、引き続きさまざまな機会をとらえて、地方の実情を訴えるとともに、国の動向にも注視しながら、地域の活性化に向けてこれからも積極的に取り組んでまいりたいと考えておりますので、議員各位におかれましても、さらなるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


            (市長 真砂充敏君 降壇)





◎議長閉会のあいさつ





○議長(宮田政敏君)    私からも一言、ごあいさつを申し上げます。


 去る9月7日に開会いたしました本定例会も、本日をもって無事閉会の運びとなりました。


 連日の議員各位及び市長を初め、当局の皆さん方のご活躍に深く敬意を表し、種々賜りましたご協力に厚く御礼を申し上げます。


 また、提出された議案は、議員お一人一人の終始極めて真剣なご審議により、各委員会において、継続審査とされた案件を残し、すべて適切な決定を見ることができました。議長として、喜びに堪えません。


 今回、議決された議案の中でも、6月から7月にかけての豪雨により被災した道路や農業施設等に関する災害復旧関連補正予算については、迅速に的確に執行していただき、早期の復旧を進め、市民生活の正常化に努力していただきたいと思います。


 ところで、8月30日に投開票が行われた第45回衆議院議員総選挙において、民主党が308議席を占め、鳩山内閣が誕生いたしました。選挙戦で示されたマニフェストでは、脱官僚主義やむだ遣いの削減などを大きなテーマとしておりますが、その中でも、地域主権も大きなテーマであります。財源と権限、この二つが確保されてこそ、私ども地方自治体が主体的に地域に根差した施策を実施できるものであり、このために必要な施策が着実に実行されることを強く期待するものであります。


 猛暑に明け暮れた日々も過ぎ、これから日増しに秋も深まってまいりますが、議員並びに当局各位のご健勝をお祈りし、最後になりましたが、報道関係各位のご協力に心からお礼を申し上げ、閉会のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


 閉 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、これをもって平成21年9月7日招集の平成21年第4回田辺市議会定例会を閉会いたします。


              (午後 1時51分)





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成21年9月30日


                   議  長  宮 田 政 敏





                   議  員  谷 口 和 樹





                   議  員  鈴 木 太 雄





                   議  員  小 川 浩 樹