議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成21年 9月定例会(第1号 9月 7日)




平成21年 9月定例会(第1号 9月 7日)





             田辺市議会9月定例会会議録


             平成21年9月7日(月曜日)


           ──────────────────


 
 平成21年9月7日(月)午後1時開会


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 4定報告第 1号 専決処分事項について


 第 4 4定報告第 2号 専決処分事項の報告について


 第 5 4定議案第 1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正に


              ついて


 第 6 4定議案第 2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 第 7 4定議案第 3号 工事請負契約の締結について


 第 8 4定議案第 4号 物品購入契約の締結について


 第 9 4定議案第 5号 物品購入契約の締結について


 第10 4定議案第 6号 物品購入契約の締結について


 第11 4定議案第 7号 物品購入契約の締結について


 第12 4定議案第 8号 民事調停の申立てについて


 第13 4定議案第 9号 字の区域の変更について


 第14 4定議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更について


 第15 4定議案第11号 市道路線の廃止について


 第16 4定議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)


 第17 4定議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正について


 第18 4定議案第14号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(


              第3号)


 第19 4定議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)


 第20 4定議案第16号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2


              号)


 第21 4定議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)


 第22 4定報告第 3号 平成20年度財団法人龍神村開発公社の決算報告について


 第23 4定報告第 4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について


           ──────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第23まで


           ──────────────────


〇議員定数 26名


〇欠  員  0名


           ──────────────────


〇出席議員


             議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  市 橋 宗 行 君


             5番  安 達 幸 治 君


             6番  安 達 克 典 君


             7番  谷 口 和 樹 君


             8番  鈴 木 太 雄 君


             9番  小 川 浩 樹 君


            10番  塚   寿 雄 君


            11番  山 本 紳 次 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  佐 井 昭 子 君


            14番  中 本 賢 治 君


            15番  棒 引 昭 治 君


            16番  出 水 豊 数 君


            17番  宮 本 正 信 君


            18番  高 垣 幸 司 君


            19番  陸 平 輝 昭 君


            20番  山 口   進 君


            21番  宮 田 政 敏 君


            22番  吉 田 克 己 君


            23番  久 保 隆 一 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  吉 本 忠 義 君


           ──────────────────


〇欠席議員       なし


           ──────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市長         真 砂 充 敏 君


           副市長        福 田 安 雄 君


           副市長        庄 堂 琢 磨 君


           教育長        中 村 久仁生 君


           企画部長       山 崎 清 弘 君


           企画広報課長     松 川 靖 弘 君


           総務部長       岡 本 美 彦 君


           総務課長       小 川   鏡 君


           財政課長       田 上 豊 和 君


           市民環境部長     池 田 正 弘 君


           保健福祉部長     田 中   敦 君


           福祉課長       寺 本 雅 信 君


           産業部長       福 井 量 規 君


           産業部理事      室 井 利 之 君


           建設部長       中 山 泰 行 君


           建設部理事      長 嶝 義 雄 君


           中辺路行政局長    梅 田 敏 文 君


           消防長        岩 本 徳 三 君


           教育次長       ? 田 和 男 君


           教育総務課長     弓 場 和 夫 君


           水道部長       中 村 全 文 君


           ──────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長    中 瀬 政 男


            議会事務局次長   岩 本 さち代


            議会事務局主任   前 溝 浩 志


            議会事務局主査   松 本 誠 啓





 開 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、地方自治法第113条の規定による定足数がありますので、ただいまから本日招集の平成21年第4回田辺市議会定例会を開会いたします。


              (午後 1時00分)





◎市長招集あいさつ





○議長(宮田政敏君)    日程に入るに先立ち、市長から本定例会招集のあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    本日、平成21年第4回田辺市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私にわたり何かとご多用の中をご参集いただき、まことにありがとうございます。


 先月下旬から、朝晩を中心に過ごしやすく、秋の気配も感じられるようになってまいりましたが、日中はまだまだ残暑が続いています。ことしは近畿地方でも梅雨明けが8月3日ごろと観測史上、最も遅かったため、お盆前になってようやく夏らしい夏が到来したような感がいたします。


 この長かった梅雨の間に、記録的ともいえる集中豪雨が日本各地を襲ったわけですが、特に7月中旬から下旬にかけて、中国地方及び九州地方北部では、各地で過去最多の時間雨量が観測されるなど、集中的な大雨により大規模な土砂災害や住宅災害などのほか、多数の人的被害も発生いたしました。本市においても、7月上旬に継続的にふった激しい雨の影響により、各地で河川の氾濫や、土砂崩れなどが発生し、住宅や道路、農地などにも多くの被害を及ぼし、現在もその復旧作業を続けているところです。


 また、梅雨が明けた後も、台風9号の影響により、西日本のほか、首都圏などでも大雨による被害が相次ぎ、特に兵庫県では、記録的な大雨が観測され、静かな山間のまちでも深刻な被害が発生するなど、日本列島が連日のように猛烈な雨にさらされた夏であったかと思います。昨年は、日本への台風の上陸はなかったわけですが、過去のデータでは、8月、9月に台風の接近、上陸が多いことから、まだしばらくは台風の発生やその動きが大変気にかかるところです。


 また、先月には東海地方で震度6弱を観測する大きな地震が発生しており、当地域でも近い将来発生が予測されている地震に対して、不安を感じた方も少なからずおられたのではないかと思います。以前からよく、天災は忘れたころにやってくると言われており、近ごろでは自然現象ということで、天災は忘れなくてもやってくるというような表現もあるようですが、いずれにしても、以前に起こった天災を教訓として、天災が起こったときの備えを忘れないようにとの戒めであり、天災に対する心構えや被害の拡大を防ぐことの大切さをあらわしたものであるといえます。


 自然の猛威に対する有効な手だてというものは難しいわけですが、常日ごろから万一の場合に備えておくことが、やはり大切になってまいります。昨日、市内各地で防災訓練を実施いたしましたが、最近の異常気象なども一つの教訓としながら、こうした取り組みを積み重ねることによって、市民の皆様方、一人一人の災害に対する意識が高まるとともに、対応できる力につながっていくことと思います。


 一方、この夏の観光の目玉として、扇ヶ浜海水浴場では、イルカふれあい事業が開催されました。天候不順や途中で2頭のうち1頭が体調不良になってしまうといったアクシデントはありましたが、期間中は1万2,000人を超える入場者があり、大変好評であったと思います。また、あわせて自転車の貸し出し、お菓子やデザートなど、市内の甘味を紹介する甘夏マップの配布、商店街や駅をめぐるスタンプラリーなども行われ、イルカ人気との相乗効果もあり、海水浴客は約11万4,000人と昨年より大幅に増加するとともに、街中のにぎわいにもつながったことと思いますが、こうした事業の企画運営等にご尽力をいただいた関係の皆様方に対しまして、改めて厚くお礼を申し上げます。


 ところで、先月30日に衆議院議員総選挙が執行されました。ご承知のように、今回の選挙では、年金や医療・介護といった社会保障制度、子育て支援、経済対策などさまざまな政権公約を争点として、政権選択ということに大きな焦点が当てられたわけですが、最終的には歴史的ともいえる結果となり、今月中旬には新しい首相が誕生し、新政権が発足することとなります。国政運営において、景気対策や雇用問題、社会保障や少子化対策、地方分権など、数多くの課題を抱える中、新政権には今後具体的な施策を進めるに当たって、地方にも十分光が当たるよう、地方との連携を密にしながら、地域経済の活性化を図るとともに、国民生活の安定に向けた国民本位の政策の実現を期待したいと思います。


 さて、今議会におきましては、専決処分の報告2件、条例に関するもの3件、予算に関するもの5件、その他16件についてご審議をお願いするものでございます。よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、招集に当たってのごあいさつとさせていただきます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


 開 議


○議長(宮田政敏君)    それでは、お手元に配付の日程により、本日の会議を開きます。


              (午後 1時06分)


          ──────────────────





◎諸般の報告





○議長(宮田政敏君)    この場合、事務局長をして諸般の報告をいたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


          (議会事務局長 中瀬政男君 登壇)


○議会事務局長(中瀬政男君)    報告申し上げます。


 去る8月31日付、田総第215号をもって市長から本定例会に提出の案件として、4定議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてなど、議案22件及び4定報告第1号 専決処分事項についてなど、報告案件4件並びに議案参考資料の送付がありました。いずれもお手元に配付いたしております。


 以上であります。


          (議会事務局長 中瀬政男君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    それでは、日程に入ります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(宮田政敏君)    日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第82条の規定により、本定例会の会議録署名人として、7番 谷口和樹君、8番 鈴木太雄君、9番 小川浩樹君、以上3人の諸君を、また会議録署名の予備議員として、10番 塚 寿雄君、11番 山本紳次君、以上2人の諸君を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第2 会期の決定を上程いたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から9月30日までの24日間といたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から9月30日までの24日間と決定いたしました。





◎日程第 3 4定報告第1号 専決処分事項についてから


 日程第23 4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告についてまで一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第3 4定報告第1号 専決処分事項についてから、日程第23 4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告についてまで、以上21件を一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、専決処分報告2件、条例に関するもの3件、予算に関するもの5件、その他11件でございまして、その概要についてご説明申し上げます。


 まず、報告第1号 専決処分事項についてでありますが、平成21年度田辺市一般会計補正予算(第5号)につきましては、去る7月6日から7日にかけての梅雨前線豪雨による災害応急復旧費等を、平成21年度田辺市一般会計補正予算(第6号)につきましては、去る7月26日から29日にかけての梅雨前線豪雨による災害応急復旧費等をそれぞれ専決処分したものであります。


 報告第2号 専決処分事項の報告については、道路事故2件及び交通事故2件の損害賠償について、専決処分したものの報告であります。


 議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正については、一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律の一部改正に準じ、職員の勤務時間を変更するもので、議案第2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正については、消防法の一部改正に伴い、所要の規定の整備を行うものであります。


 議案第3号 工事請負契約の締結については、明洋団地古町線(2工区)道路改良工事請負契約の締結について、議案第4号から議案第7号までの物品購入契約の締結については、屈折はしご付消防ポンプ自動車、救助資機材積載車、移動式破砕機、ブルドーザの購入契約の締結について、議案第8号 民事調停の申立てについては、市営住宅の家賃の滞納者に対し、当該家賃の支払いを求める民事調停の申立てを行うため、議案第9号 字の区域の変更については、中辺路町真砂字北郡江入地の一部を中辺路町北郡字殿垣内に編入するため、議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更については、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律の規定により、議案第11号 市道路線の廃止については、道路法の規定により、それぞれ議決をお願いするものであります。


 次に、議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)につきまして、その概要をご説明申し上げます。


 今回の補正は、20億3,888万9,000円で、歳出の主なものを申し上げますと、まず、総務費では携帯電話の不感地域を解消するため、龍神村丹生ノ川地区における移動通信用鉄塔施設整備事業費、市税の償還金等を、民生費では、幼児教育期の負担軽減を図る子育て応援特別手当、シルバー人材センターの事務所を整備する高齢者雇用促進施設整備事業費等を、衛生費では、女性特有の子宮頸がん及び乳がんの早期発見を図るための検診委託料等を、農林水産業費では、備崎養豚団地畜舎の解体撤去費、里山環境の保全整備と新規雇用を創出するための林道周辺環境整備委託料、林道新設改良事業費等を、土木費では、稲成町下村地区及び古尾地区の浸水対策のための調査委託料、江川ポンプ場のポンプの整備費、瀬戸川第一ポンプ場の機械設備の更新費用等を、消防費では、高規格救急車積載の傷病者監視モニターの購入費を、教育費では、紀南文化会館空調設備整備費等を、災害復旧費では、農林施設及び公共土木施設等の災害復旧費を、諸支出金では、介護保険特別会計繰出金等を補正するほか、地方債を補正しております。


 今回の補正に要する財源といたしましては、国庫支出金、県支出金、繰越金、市債等をもって充てることにしております。


 議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正については、健康保険法施行令の一部改正に準じ、平成21年10月から平成23年3月までの間の出産に係る出産育児一時金の支給額を引き上げるため改正するもので、議案第14号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、出産育児一時金、退職者医療療養給付費等交付金の返還金等を、議案第15号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、国庫支出金、県支出金及び支払い基金交付金返還金等を、議案第16号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、軽四輪貨物自動車を買いかえるため、議案第17号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)につきましては、排水設備改良費をそれぞれ補正するものであります。


 報告第3号 平成20年度財団法人龍神村開発公社の決算報告について、及び報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告については、それぞれの法人から提出のあったものの報告であります。


 以上、提案いたしました議案につきまして、ご説明申し上げましたが、詳細につきましては、関係部課長から説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いいたします。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、補足説明を求めます。


 総務部長、岡本美彦君。


           (総務部長 岡本美彦君 登壇)


○総務部長(岡本美彦君)    それでは、補足説明をさせていただきます。


 議案書の1ページをお願いいたします。


 4定報告第1号 専決処分事項については、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したもので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認をお願いするものです。


 専決事項といたしましては、平成21年度田辺市一般会計補正予算(第5号)及び、平成21年度田辺市一般会計補正予算(第6号)の2件です。


 2ページをお願いします。


 平成21年度田辺市の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億4,860万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ383億7,578万9,000円とするものです。


 内容につきましては、5ページからの歳出をお願いいたしますが、いずれも去る7月6日から7日にかけての梅雨前線豪雨により、被災した施設の災害復旧費で、5ページの農林施設災害復旧費につきましては、農道、林道、水路等、324件、次の水産施設災害復旧費につきましては、芳養漁港、芳養川河口の松原防潮堤、扇ヶ浜ビーチハウスのポンプ施設の応急復旧にかかるもので、6ページの商工施設災害復旧費につきましては、ふるさと自然公園センター及び奇絶峡公衆トイレ駐車場にかかるもの、次の公共土木施設災害復旧費、現年度公共土木災害復旧事業費につきましては、稲成町4号線の本復旧にかかる測量、設計を行うもの、災害応急復旧費につきましては、道路、河川等245件の応急復旧にかかるものです。


 7ページにまいりまして、教育施設災害復旧費につきましては、芳養小学校のプール横の法面を復旧するもので、補正に要する財源といたしましては、地方交付税及び繰越金を充てております。


 次に、8ページをお願いします。


 平成21年度の田辺市一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,835万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ384億2,413万9,000円とするもので、これに伴う地方債の補正につきましては、10ページをご参照願います。


 内容につきましては、13ページの歳出をお願いいたします。


 社会福祉費、福祉センター等管理費につきましては、本宮うらら館にあります入浴施設「蘇生の湯」の源泉ポンプが故障し、緊急に修繕が必要となったものです。


 次の農林施設災害復旧費につきましては、去る7月26日から27日にかけての梅雨前線豪雨により被災した小広静川線ほか林道3件の応急復旧にかかるもので、14ページの公共土木施設災害復旧費、現年度公共土木災害復旧事業費につきましては、7月28日から29日にかけての豪雨で被災した秋津町稲成町2号線及び籠山武住線の本復旧にかかる測量設計を行うもの、災害応急復旧費は、測量設計を行う2路線及び津荷谷川の応急復旧にかかるものです。


 補正に要する財源といたしましては、地方交付税、国庫負担金、繰越金、市債を充てております。


 次に、15ページをお願いします。


 4定報告第2号 専決処分事項の報告については、損害賠償の額を定め、和解することについて、地方自治法第180条第1項の規定による指定に基づき専決処分したので、同条第2項の規定によりこれをご報告申し上げるものです。


 まず、1件目の内容といたしましては、平成21年5月5日午後5時ごろ、Aさんが、Bさん所有の普通乗用自動車を運転し、市道大津荷敷屋線を新宮市方面に走行中、本宮町小津荷505番地の33地先の山林からの落石により、当該車両の前方部等が損傷したもので、この損害に対する賠償金として、本市が15万円を相手方に支払うものです。


 次に、16ページ、2件目の内容としましては、平成21年4月21日午前11時30分ごろ、有限会社川辺運輸に勤務するCさんが、同社所有の普通冷蔵冷凍車を運転し、市道湊34号線を東方に走行中、湊1693番地の2地先において、車道上に張り出していた樹木に接触し、当該車両の荷台左前方部等を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が16万3,926円を相手方に支払うものです。


 次に、3件目の内容といたしましては、平成21年7月22日午後5時ごろ、本市産業政策課職員が、新庄町3353番地の9、和歌山県立情報交流センターでの業務を終え帰庁するため、同センターの駐車場内で軽貨物自動車を後退させたところ、駐車場出口方面へ前進してきたDさんが運転する、Eさん所有の軽乗用自動車と接触し、当該車両の左前部を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が14万5,102円を相手方に支払うものです。


 次に、17ページ、4件目の内容といたしましては、平成21年7月18日午前7時30分ごろ、本市観光振興課職員が、阪和自動車道下り線紀ノ川サービスエリアでの業務のため、小型乗用自動車を運転し、同サービスエリアの駐車場に到着した際、運転車両を後退させたところ、後方にいたFさんが運転する、Gさん所有の小型乗用自動車と接触し、当該車両の右後部を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が16万4,550円を相手方に支払うものです。


 次に、18ページをお願いします。


 4定議案第1号 田辺市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律の一部が改正されたことに準じ、職員の勤務時間を変更するものです。このことにより、平成22年1月1日から、勤務時間を1日7時間45分、週38時間45分に変更するとともに、終業時刻につきましても、午後5時30分から午後5時15分に変更するものです。


 次に、20ページをお願いします。


 4定議案第2号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、消防法の一部改正に伴い、本条例において引用する消防法の条文が繰り下げられたことにより、規定の整備を行うものです。


 次に、22ページをお願いします。


 4定議案第3号 工事請負契約の締結については、明洋団地古町線(2工区)道路改良工事請負契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 工事名は、明洋団地古町線(2工区)道路改良工事、契約の方法は、総合評価方式による条件つき一般競争入札、応札者数は8社、入札年月日は平成21年8月4日、契約金額は3億9,992万4,000円、契約の相手方は、株式会社かねやす建設代表取締役、康乗泰男氏です。なお、工事概要等につきましては、別冊参考資料1ページをご参照願います。


 次に、23ページをお願いします。


 4定議案第4号 物品購入契約の締結については、屈折はしご付消防ポンプ自動車購入契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決をお願いするものです。


 契約名は、屈折はしご付消防ポンプ自動車購入契約、契約の方法は指名競争入札、応札者数は2社、入札年月日は、平成21年8月10日、契約金額は1億693万2,000円、契約の相手方は和歌山日野自動車株式会社、田辺支店支店長、間野比佐男氏です。


 なお、契約概要等につきましては、別冊参考資料2ページをご参照願います。


 次に、24ページをお願いします。


 4定議案第5号 物品購入契約の締結については、救助資機材積載車購入契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決をお願いするものです。


 契約名は、救助資機材積載車購入契約、契約の方法は指名競争入札、応札者数は2社、入札年月日は、平成21年8月10日、契約金額は1,989万7,500円、契約の相手方は和歌山日野自動車株式会社田辺支店支店長、間野比佐男氏です。なお、契約概要等につきましては、別冊参考資料3ページをご参照願います。


 次に、25ページをお願いします。


 4定議案第6号 物品購入契約の締結については、移動式破砕機購入契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 契約名は、移動式破砕機購入契約、契約の方法は、随意契約、契約金額は3,780万円、契約の相手方はコマツ建機販売株式会社、近畿カンパニー南紀支店支店長、藤田秀行氏です。なお、契約概要等につきましては、別冊参考資料4ページをご参照願います。


 次に、26ページをお願いします。


 4定議案第7号 物品購入契約の締結については、ブルドーザ購入契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 契約名は、ブルドーザ購入契約、契約の方法は随意契約、契約金額は1,945万円、契約の相手方は、キャタピラー西日本株式会社、南近畿本店、田辺支店支店長、景山隆氏です。なお、契約概要等につきましては、別冊参考資料5ページをご参照願います。


 次に、27ページをお願いします。


 4定議案第8号 民事調停の申立てについて、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、市営住宅の家賃を滞納し、再三の納付指導に応じない入居者2人、及び退去者1人、並びにこれらの者の連帯保証人を相手方として、当該家賃の支払いを求める民事調停法に基づく調停を簡易裁判所に申し立てるものです。あわせて別冊参考資料6ページ及び7ページをご参照願います。


 次に、28ページをお願いします。


 4定議案第9号 字の区域の変更については、地方自治法第260条第1項の規定により、中辺路町真砂字北郡江入地の区域の一部を中辺路町北郡字殿垣内に編入するものです。


 本件につきましては、今回編入する北郡江入地の区域が飛び地として、殿垣内内に所在するため、当該区域に住所を有されている方が、日常生活に支障を来されていることから、字の区域を変更するものです。


 次に、29ページをお願いします。


 4定議案第10号 田辺市辺地総合整備計画の変更について、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第5項において準用する同条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、龍神村丹生ノ川地内での移動通信用鉄塔の整備及び龍神村丹生ノ川から龍神村小又川までにかけての林道小又川丹生ノ川線の改良整備をするための補正予算をこの議会に計上しており、その財源に、辺地対策事業債を充当すべく、田辺市辺地総合整備計画を変更するものです。


 次に、32ページをお願いします。


 4定議案第11号 市道路線の廃止について、道路法第10条第3項の規定により議会の議決をお願いするもので、廃止いたします路線は、新屋敷町5号線で、位置図につきましては、33ページをご参照願います。


 次に、34ページをお願いします。


 4定議案第12号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ20億3,888万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ404億6,302万8,000円とするもので、これに伴う地方債の補正につきましては、38ページをご参照願います。


 補正予算の内容につきましては、歳出の45ページからご説明いたしますが、人件費につきましては、給与費明細書を63ページに、工事請負費につきましては、工事明細を64ページから72ページに、県営事業負担金につきましては、箇所一覧を73ページから74ページに、あわせて別冊参考資料の8ページから60ページに、工事事業箇所を掲載しておりますので、ご参照願います。


 それでは、45ページをお願いします。


 総務管理費、人権推進費につきましては、末広集会所の浄化槽が老朽化し、修繕が必要となっていることから、合併処理浄化槽に更新するもので、次の地域情報化推進費につきましては、携帯電話の不感地区解消のため、国の補正予算を活用し、龍神村丹生ノ川地区において、携帯電話基地局を整備するもの、諸費につきましては、昨年の原油価格の高騰や世界的な金融危機などの影響から、法人の収益が悪化したため、法人市民税の償還金が当初の見込みを大きく上回ったことによるものです。


 次に、社会福祉費、社会福祉総務費につきましては、国の高齢者医療制度円滑導入事業費補助金、並びに県の老人医療費補助金及び重度障害者等医療費補助金の額の確定により、それぞれ返還金が発生したことによるものです。


 46ページの障害者福祉費につきましては、障害者自立支援法の施行による障害福祉サービスの再編に伴う障害福祉サービス事業所等の新体系への移行を円滑に進めるため、事業所等に対し、事務職員配置に対する支援及び移行に伴う経費負担に対応するための助成を行うものです。


 児童福祉費、児童措置費につきましては、国の経済危機対策に基づく補正予算において、子育て応援特別手当を再度支給することとなったもので、小学校就学前3年間に当たる児童1人当たり3万6,000円を支給するなど、基本的には本年2月1日を基準日として、支給したものと同様の制度となっておりますが、今回は第1子も支給対象となっております。


 母子福祉費につきましては、母子家庭の母の就業環境安定のため、資格取得訓練受講に要する期間に応じ、一定の金額を支給する母子家庭自立支援補助金について、厚生労働省令の一部改正に伴い、支給金額が市民税非課税世帯で、月額10万3,000円が14万1,000円に、支給対象期間が、訓練受講期間の後半2分の1から、全期間にそれぞれ拡充されたことに伴い増額するものです。


 47ページの保育所費につきましては、保育所環境の整備のためにといただいたご寄附を活用し、牟婁、もとまち、はやざとの3保育所に絵本を購入するためのものです。


 次に、老人福祉費につきましては、高齢者雇用促進施設整備事業として、旧末広共同作業場を改修するもので、市町村合併に伴い4行政局管内に支部が設立され、会員数も増加し、事業量や事務量が増大しているシルバー人材センター本部事務所を移転する予定としております。


 48ページにまいりまして、生活保護費、生活保護総務費及び援護費につきましては、国の住宅手当緊急特別措置事業により、昨今の雇用情勢の悪化により、離職し、住宅を喪失、または喪失するおそれのある者を支援するため、住居費の一部を貸し主に対し支払うもので、事業期間は10月1日から今年度末までとなっています。


 保健衛生費、保健衛生総務費につきましては、国の新たな助成措置の創設により昨年度で廃止した第三子以降妊婦健康診査助成事業について、昨年度の未申請分を今年度に支給しておりますが、助成対象が昨年度末までに出産した者から、今年度に出産した者の昨年度受診分も対象となったことに伴い、増額するものです。


 予防費につきましては、国の補正予算で創設された女性特有のがん検診推進事業により、5歳ごとの節目の年齢を対象に、子宮頸がん及び乳がんの検診を無料とするクーポン券を配付し、がんの早期発見と健康意識の普及啓発を図るものです。


 49ページをお願いします。


 農業費、農業総務費及び農業振興費につきましては、本宮町本宮にあります昭和57年建築の備崎畜産施設が現在、活用しておらず、老朽化し、世界遺産熊野参詣道の景観を阻害する状況となっていることから、地域活性化・経済危機対策臨時交付金及び地域基盤整備基金により、施設を解体撤去し、跡地を整地するもの、また県の補助制度を活用し、農作物への鳥獣害を防ぐため、防護柵を設置するもの、及び所有者が耕作困難となっている農地に利用権を設定し、生産活動を行うものに対し、助成を行うものです。なお、備崎畜産施設の解体に伴う国・県への補助金の返還金もあわせて計上しております。


 50ページに参りまして、農業土木費、農業土木総務費につきましては、人件費を農林施設災害復旧費に組み替えるもので、次の林業費、山村振興費につきましては、県の緊急雇用創出事業臨時特例基金活用事業を活用し、集落支援活動を行うため、6月議会で各行政局に集落支援員を1名ずつ配置する予算を計上させていただきましたが、今回新たに各1名を増員し、2名体制とするものです。


 51ページをお願いします。


 林業土木費、林業維持費につきましては、県の緊急雇用創出事業臨時特例基金活用事業を活用し、森林環境の保全と就労の場を創出するため、下草刈や側溝の清掃など、林道周辺の環境整備を行うもので、林道新設改良費につきましては、小又川丹生ノ川線及び橘川線の法面保護工事を行うもの、林道局部改良費につきましては、小広静川線の路側改良工事を行うものです。


 52ページの水産業費、水産振興費につきましては、ヒロメの取引価格の安定と京阪神地域への販路拡大のため、和歌山南漁業協同組合が実施する集出荷施設の整備や販売促進活動に対し、助成を行うもので、漁業集落環境整備事業費につきましては、事業が完了したことに伴い、土地開発公社で先行取得した道路用地の残地を公社から取得するためのものです。


 次の53ページにかけての土木管理費、土木総務費につきましては、人件費を公共土木施設災害復旧費に組み替えるもの、及び県が施工する道路事業13件、急傾斜地崩壊対策事業17件に対する負担金です。


 道路橋梁費、道路新設改良費につきましては、鍛治ヶ谷上平線及び万呂8・9号線の事業費を組み替えるもので、橋梁新設改良費につきましては、橋の中心が上富田町との境界に当たります加茂橋の塗装の劣化が著しいことから、上富田町と歩調を合わせて塗装工事を行うものです。


 54ページに参りまして、河川費、河川管理費につきましては、正確な水位情報の把握と迅速なポンプの操作を行うため、文里ポンプ場に自動通報装置を設置するもので、水路新設改良費につきましては、7月6日から7日にかけての豪雨で多大な浸水被害がありました稲成町下村地区及び古尾地区の排水対策として、尾の崎排水路ポンプ施設を整備するため、対象地域の排水路の測量調査及びポンプ施設の基本設計を行うものです。


 次の港湾費、港湾建設費につきましては、文里港の浚渫工事に対する県営事業負担金です。


 55ページをお願いします。


 都市計画費、都市計画総務費につきましては、人件費を都市下水路費に組み替えるもので、街路事業費につきましては、地域活性化・公共投資臨時交付金を活用するため、元町新庄線外1線の県営事業負担金の財源更正を行うものです。


 56ページにかけての都市下水路費につきましては、老朽化した江川ポンプ場のポンプ1基を更新するもの及び背戸川第一ポンプ場の故障しているポンプ設備1基を更新するとともに、自動運転装置、自家発電設備等を整備するものです。


 次に、消防費、上富田消防受託費につきましては、上富田消防署の救急自動車に搭載しております傷病者監視モニターが故障し、修理不能となったため、これを更新するものです。


 57ページにまいりまして、教育総務費、教育指導費につきましては、学校教育課に配置しております嘱託職員の指導主事の賃金で、小学校費及び次のページの中学校費の教育振興費につきましては、平成20年3月の学習指導要領の改訂に伴い、理科の授業項目が追加されたことに対応するため、不足する備品を購入するものです。幼稚園費、管理費につきましては、4月の人事異動に伴い不要となった臨時職員の賃金を減額するものです。


 59ページをお願いします。


 社会教育費、文化振興費につきましては、老朽化した紀南文化会館の1階展示ホール及び2階食堂の空調設備を更新するものです。


 次に、60ページにかけての農林施設災害復旧費、現年度耕地災害復旧事業費につきましては、6月から7月にかけての豪雨により被災した農業用施設及び農地、計92件の災害復旧工事にかかるものです。現年度林業施設災害復旧事業費につきましては、同じく6月から7月にかけて被災した林道9路線の災害復旧工事にかかるものです。


 60ページから61ページにかけての公共土木施設災害復旧費、現年度公共土木災害復旧事業費につきましては、7月6日から7日、及び24日から29日の集中豪雨により被災した市道32カ所、河川5カ所の災害復旧工事にかかるものです。


 次の教育施設災害復旧費、現年度教育施設災害復旧事業費につきましては、7月6日から7日の豪雨で被災した稲成小学校及び長野中学校の法面復旧工事を行うものです。


 62ページの特別会計繰出金、国民健康保険事業特別会計繰出金及び介護保険特別会計繰出金につきましては、それぞれの特別会計の補正に伴い繰り出すものです。


 以上、今回の一般会計の補正に要する財源といたしましては、国庫支出金、県支出金、寄附金、繰入金、繰越金、市債等をもって充てております。


 次に、75ページをお願いします。


 4定議案第13号 田辺市国民健康保険条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、国の少子化対策に伴う健康保険法施行令の一部改正に準じ、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間の出産にかかる出産育児一時金の支給額を4万円引き上げるため、所要の改正を行うものです。


 77ページをお願いいたします。


 4定議案第14号 平成21年度田辺市の国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)は次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,381万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ109億6,196万8,000円とするもので、内容につきましては、81ページの歳出をお願いいたします。


 出産育児諸費につきましては、国の緊急少子化対策として、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの期間の出産に対し、出産育児一時金の額を現行の35万円から4万円増額するもので、産科医療補償制度による加算金3万円を含めると、最大で42万円を支給することとなります。また、出産育児一時金等の医療機関への直接支払制度にかかる手数料もあわせて計上しております。


 償還金及び還付加算金につきましては、退職被保険者等にかかる平成20年度の療養給付費交付金に超過交付が生じたため返還を行うほか、平成20年4月から12月までの間に75歳となって、後期高齢者医療制度に移行したため、その月に医療機関で支払う自己負担額が通常より多くなった方に対して、その差額を支給するものです。


 補正の財源といたしましては、国庫支出金、繰入金、繰越金を充てております。


 次に、83ページをお願いします。


 4定議案第15号 平成21年度田辺市の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,015万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ76億1,800万4,000円とするもので、内容につきましては、86ページをお願いいたします。


 総務管理費につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例基金による保険料軽減措置に関する周知を図るためのパンフレットを作成するもの、及び高額医療・高額介護合算制度創設に伴う後期高齢者医療保険者との間の各種データの連携機能を追加するための電子計算機システムの改修を行うものです。


 償還金及び還付加算金につきましては、平成20年度分の第1号被保険者への保険料還付金及び平成20年度の介護給付費の実績に基づき、国・県支出金及び社会保険診療報酬支払基金に対し、負担金の精算を行うもので、介護給付費が予定額より大幅に減少したことにより、返還金が発生しております。


 補正に要する財源といたしましては、繰入金及び繰越金を充てております。


 次に、87ページをお願いします。


 4定議案第16号 平成21年度田辺市の簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ100万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億1,780万円とするもので、内容につきましては、90ページをお願いします。


 簡易水道事業費といたしまして、購入後15年以上が経過し、エンジンが故障した軽四輪貨物自動車を買いかえるもので、補正の財源といたしましては、繰越金及び諸収入を充てております。


 次に、91ページをお願いします。


 4定議案第17号 平成21年度田辺市水道事業特別会計補正予算(第3号)です。


 第1条 平成21年度田辺市水道事業特別会計の補正予算(第3号)は次に定めるところによる。


 第2条 平成21年度田辺市水道事業会計予算第4条中、本文括弧書きを次のとおり改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものです。


 内容につきましては、92ページをお願いします。


 資本的収入及び支出につきましては、緊急時の給水拠点を確保するため、古屋谷簡易水道と稲成町谷上地区の上水道の間に、新たに連絡管を布設するもので、工事請負費につきましては、工事施行箇所表を93ページに掲載しておりますので、ご参照願います。


 次に、94ページをお願いします。


 4定報告第3号 平成20年度財団法人龍神村開発公社の決算報告については、次のとおりです。


 95ページは、貸借対照表でありますが、資産の部につきましては、流動資産、固定資産、繰延資産を合わせまして、合計1億863万3,532円となっております。負債の部につきましては、流動負債、固定負債を合わせまして、合計9,378万5,581円、純資産の部につきましては、資本金1,000万円、利益剰余金484万7,951円で、合計1,484万7,951円となり、負債及び純資産の部合計は、1億863万3,532円となっています。


 96ページにまいりまして、損益計算書でありますが、営業利益153万7,855円と、営業外収益26万5,074円から営業外費用117万8,603円と、納付税額14万1,000円を差し引き、当期利益は、48万3,326円となっています。


 97ページには、販売費及び一般管理費3億782万8,831円の明細書を掲載しております。


 98ページは、利益金処理計算書でありますが、当期利益金は、48万3,326円で、前期繰越利益金が436万4,625円でございますので、次期繰越金は484万7,951円となってございます。


 次に、99ページをお願いします。


 4定報告第4号 平成20年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告については、次のとおりです。


 100ページは、貸借対照表でありますが、資産の部につきましては、流動資産、固定資産を合わせまして、合計2,854万1,062円となっております。


 負債の部につきましては、流動負債、固定負債を合わせまして、合計4,635万6,199円で、純資産の部につきましては、資本金600万円、利益剰余金はマイナス2,381万5,137円で、合計はマイナス1,781万5,137円となり、負債及び純資産の部の合計は、2,854万1,062円となっております。


 101ページにまいりまして、損益計算書でありますが、営業利益マイナス648万4,169円と、営業外収益1万3,706円を合計し、当期利益はマイナス647万463円となっております。


 102ページには、販売費及び一般管理費5,971万6,202円の明細書を掲載しております。


 103ページは、利益金処理計算書でありますが、当期利益金マイナス647万463円、前期繰越利益金がマイナス1,734万4,674円でありましたので、次期繰越金はマイナス2,381万5,137円となっております。


 以上をもちまして、補足説明を終わらせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


           (総務部長 岡本美彦君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    以上をもって、提出者の説明が終了いたしました。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております21件については、審議の都合上、後日審議願うことにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 この場合、お諮りいたします。


 本日の会議はこの辺にとどめ散会し、明9月8日から9月15日までの8日間は議案精査のため休会とし、9月16日午前10時から再開いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 なお、一般質問の通告につきましては、あす9月8日午後4時までに事務局へ提出願います。締め切り後、抽せんにより質問順位を決定し、通知申し上げます。


 散 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、本日はこれをもって散会いたします。


              (午後 1時56分)





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成21年9月7日


                   議  長  宮 田 政 敏





                   議  員  谷 口 和 樹





                   議  員  鈴 木 太 雄





                   議  員  小 川 浩 樹