議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成21年 6月定例会(第5号 7月 7日)




平成21年 6月定例会(第5号 7月 7日)





             田辺市議会6月定例会会議録


             平成21年7月7日(火曜日)


           ──────────────────


 
 平成21年7月7日(火)午後3時開議


 第 1 3定議案第22号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


 第 2 3定議案第23号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


 第 3 3定議案第24号 監査委員の選任につき同意を求めることについて


 第 4 3定議案第25号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて


 第 5 3定議案第26号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第 6 3定議案第27号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第 7 3定議案第28号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第 8 3定議案第29号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ


              て


 第 9 3定選 第 1号 選挙管理委員会委員の選挙


 第10 3定選 第 2号 選挙管理委員会委員補充員の選挙


 第11 3定発議第 1号 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の設置に関する


              決議


 第12 3定報告第 1号 専決処分事項について


 第13 3定報告第 2号 専決処分事項の報告について


 第14 3定報告第 3号 繰越明許費について


 第15 3定報告第 4号 田辺市水道事業会計の建設改良費の繰越しについて


 第16 3定報告第 5号 田辺市水道事業会計の事故繰越しについて


 第17 3定報告第 6号 田辺市水道事業会計の継続費の逓次繰越しについて


 第18 3定報告第 7号 平成20年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告


              について


 第19 3定報告第 8号 平成20年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告に


              ついて


 第20 3定報告第 9号 専決処分事項の報告について


 第21 3定議案第 1号 田辺市学童保育所条例の一部改正について


 第22 3定議案第 2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について


 第23 3定議案第 3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につ


              いて


 第24 3定議案第 4号 田辺市商工業振興条例の制定について


 第25 3定議案第 5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定につい


              て


 第26 3定議案第 6号 田辺市公園条例の一部改正について


 第27 3定議案第 7号 田辺市集会所条例の一部改正について


 第28 3定議案第 8号 田辺市営住宅条例の一部改正について


 第29 3定議案第 9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正について


 第30 3定議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正について


 第31 3定議案第11号 工事請負契約の締結について


 第32 3定議案第12号 物品購入契約の締結について


 第33 3定議案第13号 訴えの提起について


 第34 3定議案第14号 訴えの提起について


 第35 3定議案第15号 民事調停の申立てについて


 第36 3定議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更について


 第37 3定議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)


 第38 3定議案第18号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算


              (第2号)


 第39 3定議案第19号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1


              号)


 第40 3定議案第20号 平成21年度田辺市戸別排水処理事業特別会計補正予算


              (第1号)


 第41 3定議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)


 第42 3定議案第31号 田辺市副市長定数条例の一部改正について


 第43 3定議案第32号 田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について


 第44 3定議案第33号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第4号)


 第45 3定議案第34号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第2号)


 第46 3定議案第21号 副市長の選任につき同意を求めることについて


 第47 3定議案第35号 副市長の選任につき同意を求めることについて


 第48 3定発議第 2号 社会保険紀南病院の適切な譲渡を求める意見書の提出につ


              いて


 第49 委員会の継続審査について


           ──────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第49


           ──────────────────


〇議員定数 26名


〇欠  員  0名


           ──────────────────


〇出席議員


             議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  市 橋 宗 行 君


             5番  安 達 幸 治 君


             6番  安 達 克 典 君


             7番  谷 口 和 樹 君


             8番  鈴 木 太 雄 君


             9番  小 川 浩 樹 君


            10番  塚   寿 雄 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  佐 井 昭 子 君


            14番  中 本 賢 治 君


            15番  棒 引 昭 治 君


            16番  出 水 豊 数 君


            17番  宮 本 正 信 君


            18番  高 垣 幸 司 君


            19番  陸 平 輝 昭 君


            20番  山 口   進 君


            21番  宮 田 政 敏 君


            22番  吉 田 克 己 君


            23番  久 保 隆 一 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  吉 本 忠 義 君


           ──────────────────


〇欠席議員


            11番  山 本 紳 次 君


           ──────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市長         真 砂 充 敏 君


           副市長        森   章 二 君


           収入役        福 田 安 雄 君


           教育長        中 村 久仁生 君


           水道事業管理者    大 江 潔 史 君


           企画部長       山 崎 清 弘 君


           自治振興課長     宮 崎 和 人 君


           総務部長       岡 本 美 彦 君


           総務課長       小 川   鏡 君


           財政課長       田 上 豊 和 君


           市民環境部長     池 田 正 弘 君


           市民課長       石 橋 富 子 君


           保健福祉部長     田 中   敦 君


           福祉課長       寺 本 雅 信 君


           産業部長       福 井 量 規 君


           産業部理事      室 井 利 之 君


           建設部長       中 山 泰 行 君


           建設部理事      長 嶝 義 雄 君


           龍神行政局長     重 根 誠 治 君


           消防長        岩 本 徳 三 君


           教育次長       ? 田 和 男 君


           ──────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長    中 瀬 政 男


            議会事務局次長   岩 本 さち代


            議会事務局主任   前 溝 浩 志


            議会事務局主査   松 本 誠 啓





 開 議


○議長(宮田政敏君)    定足数がありますので、ただいまからお手元に配付の日程により、平成21年第3回田辺市議会定例会5日目の開会を開きます。


              (午後 3時01分)


          ──────────────────





◎報告





○議長(宮田政敏君)    11番、山本紳次君から欠席の届け出があります。


 それでは、日程に入ります。





◎日程第1 3定議案第22号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてから


 日程第2 3定議案第23号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


              まで一括上程





○議長(宮田政敏君)    日程第1 3定議案第22号及び日程第2 3定議案第23号の2件の教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案第22号及び議案第23号の教育委員会委員の任命につき同意を求めることについての2議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず、議案第22号につきましては、教育委員会委員、小幡淳美氏の任期が平成21年7月19日をもって満了いたしますので、その後任といたしまして、新たに玉置信彦氏を同委員として任命いたしたく存じ、同意をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市明洋二丁目15番34号、玉置信彦、昭和20年6月22日生まれ、64歳、医師でございます。


 次に、議案第23号につきましては、教育委員会委員、磯崎美佐子氏の任期が平成21年7月19日をもって満了いたしますので、その後任といたしまして、新たに羽根千惠子氏を同委員として任命いたしたく存じ、同意をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市本宮町請川297番地、羽根千惠子、昭和22年8月4日生まれ、61歳、無職でございます。


 以上、ご賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっている2件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっている2件については、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 これより、ただいま議題となっている2件について順次採決に入ります。


 それでは、お諮りいたします。


 3定議案第22号は、これに同意することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第22号は、これに同意することに決しました。


 続いて、お諮りいたします。


 3定議案第23号は、これに同意することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第23号は、これに同意することに決しました。


 なお、ただいま同意されました玉置信彦君、及び羽根千惠子君からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 まず、玉置信彦君。


          (教育委員会委員 玉置信彦君 登壇)


○教育委員会委員(玉置信彦君)    ただいま田辺市教育委員としてご推薦をいただき、また議会の皆様方にご承認を賜りました、私、玉置信彦でございます。まことに身の引き締まる思いでございます。何分、力不足の私ではございますけれども、今後、教育委員として精いっぱい職務に取り組んでまいりたいと思いますので、どうか皆様方のご支援、並びにご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、あいさつとさせていただきます。


 本日はどうもありがとうございました。


          (教育委員会委員 玉置信彦君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、羽根千惠子君。


         (教育委員会委員 羽根千惠子君 登壇)


○教育委員会委員(羽根千惠子君)    ただいま田辺市教育委員としてご推薦をいただき、議員の皆様からご承認を賜りました、本宮から来ました羽根千惠子と申します。大変光栄に存じますとともに、身の引き締まる思いをいたしております。教職35年、退職して2年目になります。元気だけが取り得の私です。田辺市の教育に新しい風が吹かせるよう、精いっぱい頑張っていきたいと思います。どうか、皆様のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたしまして、ごあいさつにかえさせていただきます。


 ありがとうございました。


         (教育委員会委員 羽根千惠子君 降壇)





◎日程第3 3定議案第24号 監査委員の選任につき同意を求めることについて上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第3 3定議案第24号 監査委員の選任につき同意を求めることについてを上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、監査委員、竹中清雄氏の任期が平成21年7月19日をもって満了いたしますので、引き続き同委員として選任いたしたく存じ、同意をお願いするものであります。


 ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市福路町21番地の1、竹中清雄。昭和12年1月26日生まれ、72歳、無職でございます。


 どうかよろしくお願い申し上げます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、議案第24号は、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 それでは、お諮りいたします。


 3定議案第24号は、これに同意することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第24号は、これに同意することに決しました。


 なお、ただいま同意されました竹中清雄君から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 竹中清雄君。


           (監査委員 竹中清雄君 登壇)


○監査委員(竹中清雄君)    竹中清雄でございます。議長さんのお許しを得て、一言ごあいさつを申し上げます。


 このたびの市長さんのご指名をいただき、今、皆さん方のご同意を得まして、再び監査委員を務めることになりました。ありがとうございます。


 さて、昨年国では、地方自治体財政健全化法を策定いたしました。これは各自治体の総合的な財政状況を把握し、分析、そして評価するものと心得てございます。ただ、私にとりましては、しっかりせよ、監査委員という叱咤激励と受けとめております。


 今後、職務には誠心誠意努めてまいりますので、議員の皆さん方の、そして行政の方々のご指導をお願い申し上げたいと思います。これでごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


           (監査委員 竹中清雄君 降壇)





◎日程第4 3定議案第25号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第4 3定議案第25号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、公平委員会委員、堀本盛一氏の任期が平成21年7月19日をもって満了いたしますので、引き続き同委員として選任いたしたく存じ、同意をお願いするものであります。


 ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市神子浜一丁目4番24号、堀本盛一氏。昭和16年12月7日生まれ、67歳、無職でございます。


 どうかよろしくお願い申し上げます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、議案第25号については、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 それでは、お諮りいたします。


 3定議案第25号は、これに同意することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第25号については、これに同意することに決しました。





◎日程第5 3定議案第26号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてから


 日程第8 3定議案第29号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてまで


              一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第5 3定議案第26号から日程第8 3定議案第29号までの4件の人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案第26号から第29号までの人権擁護委員候補者の推薦につき、意見を求めることについての4議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず、議案第26号につきましては、人権擁護委員、山本由紀子氏の任期が平成21年3月31日をもって満了いたしましたので、その後任といたしまして、新たに那須民子氏を同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市中辺路町栗栖川93番地、那須民子。昭和22年10月15日生まれ、61歳、無職でございます。


 次に、議案第27号につきましては、人権擁護委員、尾前陽三氏の任期が平成21年9月30日をもって満了いたしますので、引き続き同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市湊1372番地の1、尾前陽三。昭和18年3月8日生まれ、66歳、農業でございます。


 次に、議案第28号につきましては、人権擁護委員、岡本 勝氏の任期が平成21年9月30日をもって満了いたしますので、引き続き同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市本宮町本宮1373番地の4、岡本 勝。昭和27年6月24日生まれ、57歳、会社員でございます。


 次に、議案第29号につきましては、人権擁護委員、西村 潤氏の任期が平成21年9月30日をもって満了いたしますので、その後任といたしまして新たに、山本惠美氏を同委員の候補者として法務大臣に推薦いたしたく存じ、ご賛同をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市向山300番地の1、山本惠美。昭和43年4月23日生まれ、41歳、無職でございます。


 以上、どうかよろしくお願い申し上げます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 この場合、お諮りいたします。


 ただいま議題となっております4件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっている4件については、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 これより、ただいま議題となっている4件について、順次採決に入ります。





◎日程第5 3定議案第26号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    それでは、お諮りいたします。


 3定議案第26号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第26号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第6 3定議案第27号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 3定議案第27号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第27号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第7 3定議案第28号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 3定議案第28号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第28号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第8 3定議案第29号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 3定議案第29号は、これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第29号は、これを異議なしとすることに決しました。





◎日程第9 3定選第1号 選挙管理委員会委員の選挙





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第9 3定選第1号 選挙管理委員会委員の選挙を行います。


 本件については、地方自治法第182条第1項の規定により選挙するものであります。


 この場合、お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行います。


 これに異議ありまんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 さらにお諮りいたします。


 指名の方法については、議長を指名人として指名いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 それでは、指名いたします。氏名表をお手元に配付いたします。


               (氏名表配付)


○議長(宮田政敏君)    それでは、氏名、住所を順次申し上げます。職業、生年月日、政党別はお手元の氏名表に記載のとおりであります。なお、敬称を省略させていただきます。


 洞口久善、田辺市鮎川791番地の2。木村一美、田辺市新万30番17号。東谷 保、田辺市中辺路町川合1818番地。近藤千惠子、田辺市今福町13番地、以上のとおりであります。


 お諮りいたします。


 ただいま、議長において指名いたしました4人を、選挙管理委員会委員の当選人と定めることに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました4人につきましては、選挙管理委員会委員に当選されました。





◎日程第10 3定選第2号 選挙管理委員会委員補充員の選挙





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第10 3定選第2号 選挙管理委員会委員補充員の選挙を行います。


 本件は、地方自治法第182条第2項の規定により選挙するものであります。


 この場合、お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行います。


 これに異議ありまんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 さらにお諮りいたします。


 指名の方法については、議長を指名人として指名いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 それでは、指名いたします。氏名表をお手元に配付いたします。


               (氏名表配付)


○議長(宮田政敏君)    それでは、氏名、住所を順次申し上げます。職業、生年月日、政党別はお手元の氏名表に記載のとおりであります。なお、敬称を省略させていただきます。


 順位1番、吉本克也、田辺市龍神村柳瀬371番地の3。順位2番、寺元章介、田辺市目良38番28号。順位3番、畠中和夫、田辺市本宮町大居149番地。順位4番、能城美子、田辺市中辺路町西谷631番地。以上のとおりであります。


 お諮りいたします。


 ただいま、議長において指名いたしました4人を、選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました4人につきましては、選挙管理委員会委員補充員に当選されました。





◎日程第11 3定発議第1号 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の設置に関する決議について上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第11 3定発議第1号 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の設置に関する決議を上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 18番、高垣幸司君。


           (18番 高垣幸司君 登壇)


○18番(高垣幸司君)    3定発議第1号 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の設置に関する決議。


 田辺市議会会議規則第14条の規定により、次のとおり提出する。平成21年7月7日。提出者は、私、高垣幸司。賛成者として、川?五一議員、安達克典議員、小川浩樹議員、松下泰子議員、山口 進議員、吉田克己議員、久保隆一議員、天野正一議員。いずれも議会運営委員会の委員であります。


 決議文を読み上げます。


 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の設置に関する決議。1.高速道路及び国道バイパス促進特別委員会を設置する。2.委員の定数、9人。3.提案理由、高速道路及び国道バイパスの促進に関する事項について調査を行う必要があるため。


 以上でございます。


           (18番 高垣幸司君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定発議第1号については、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 それでは、お諮りいたします。


 3定発議第1号は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定発議第1号、高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の設置に関する決議については、原案のとおり決しました。


 したがって、高速道路及び国道バイパス促進特別委員会を今議会において設置することにいたします。


 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により議長の指名によることになっておりますので、議長から指名いたします。


 氏名表をお手元に配付いたします。


               (氏名表配付)


○議長(宮田政敏君)    ただいま配付いたしました氏名表に記載のとおり、高速道路及び国道バイパス促進特別委員会委員には、久保浩二君、市橋宗行君、安達克典君、佐井昭子君、中本賢治君、棒引昭治君、宮本正信君、陸平輝昭君、吉田克己君の以上9人を指名いたします。


 ただいま選任を終わりました特別委員会の正副委員長の互選を休憩中に行い、その結果を議長まで報告願います。


 休 憩


○議長(宮田政敏君)    この場合、正副委員長互選のため、暫時休憩いたします。


              (午後 3時30分)


         ―――――――――――――――――――


 再 開


○議長(宮田政敏君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 4時00分)


○議長(宮田政敏君)    休憩前の会議において、選任を行いました高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を事務局から報告いたします。


 議会事務局長、中瀬政男君。


          (議会事務局長 中瀬政男君 登壇)


○議会事務局長(中瀬政男君)    報告申し上げます。


 高速道路及び国道バイパス促進特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を報告申し上げます。


 委員長には、吉田克己君。副委員長には、久保浩二君が互選されました。


 以上でございます。


          (議会事務局長 中瀬政男君 降壇)





◎日程第12 3定報告第1号 専決処分事項について上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第12 3定報告第1号 専決処分事項についてを上程いたします。


 本件ついては、過日既に当局の説明が終了しておりますのでこれより質疑を行います。


 議案書の1ページから20ージまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 それでは、お諮りいたします。


 3定報告第1号は、原案のとおり承認することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定報告第1号は、原案のとおり承認することに決しました。





◎日程第13 3定報告第2号 専決処分事項の報告についてから


 日程第20 3定報告第9号 専決処分事項の報告についてまで一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第13 3定報告第2号 専決処分事項の報告についてから、日程第20 3定報告第9号 専決処分事項の報告についてまで、以上8件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました報告案件8件については、過日既に当局の説明が終了しておりますので、これより質疑を行います。


 それでは、まず3定報告第2号 専決処分事項の報告について質疑に入ります。


 議案書21ページです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第2号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第3号 繰越明許費について質疑に入ります。


 議案書22ページから24ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第3号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第4号 田辺市水道事業会計の建設改良費の繰越しについて質疑に入ります。


 議案書25ページです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 よって、3定報告第4号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第5号 田辺市水道事業会計の事故繰越しについて質疑に入ります。


 議案書26ページです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 よって、3定報告第5号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第6号 田辺市水道事業会計の継続費の逓次繰越しについて質疑に入ります。


 議案書27ページです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第6号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第7号 平成20年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告について質疑に入ります。


 議案書104ページから116ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第7号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第8号 平成20年度財団法人田辺社会教育振興会の決算報告について質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第8号は以上で終わります。


 続いて、3定報告第9号 専決処分事項の報告について質疑に入ります。


 議案書2の1ページです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第9号は以上で終わります。





◎日程第21 3定議案第 1号 田辺市学童保育所条例の一部改正についてから


 日程第45 3定議案第34号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第2号)まで


                一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第21 3定議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正についてから、日程第45 3定議案第34号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第2号)まで、以上25件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました案件は、過日の本会議においてそれぞれ所管の常任委員会に付託していたものであります。


 この場合、ただいま議題となっております25件について、各常任委員会委員長の報告を求めます。


 まず初めに、総務企画委員会委員長の報告を求めます。


 6番、安達克典君。


            (6番 安達克典君 登壇)


○6番(安達克典君)    総務企画委員会委員長報告をさせていただきます。


 本委員会は、去る6月26日の本会議において付託を受けた議案8件について、7月1日及び7日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第12号 物品購入契約の締結について、同議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更について、同議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)の所管部分、同議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)の所管部分、同議案第31号 田辺市副市長定数条例の一部改正について、同議案第32号 田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について、同議案第33号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第4号)及び同議案第34号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第2号)の以上8件について、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑及び要望の主なものは、次のとおりであります。


 まず、議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)の所管部分についてでありますが、市民生活費のバス運行委託料について、その積算根拠等をただしたのに対し、「大塔地域で10月から予定している住民バスの運行委託料で、その内訳は、過去の住民バスの運行実績等から算出した人件費及び車両の維持管理費用を見込んでおり、10月から半年間に要する経費を計上したものである」との答弁があり、それに対し、委員会から、委託契約については、安く抑えることのみにとらわれず、住民を安全に送迎することを第一に考慮するよう、また住民バスの運用に当たっては、今後、地域住民の意見等をできるだけ取り入れるよう、要望がありました。


 次に、地域情報化推進費のICT情報交流サロン事業運営委託料等にかかわって、事業の詳細説明を求めたのに対し、「県事業であるシニアICT利用による地域活性化モデル事業から2分の1の補助を受け、過疎対策や山村地域における生活の利便性の向上という観点から、パソコン等情報通信機器になれ親しんでいただく情報交流サロンを龍神、中辺路、大塔、本宮地域に開設し、パソコンやテレビを設置するとともに、講師となるアドバイザーを週1回派遣するもので、情報技術の活用により、過疎地の生活をどう変えられるかを実証実験していきたい」との答弁がありました。


 次に、防災対策費の家具転倒防止対策委託料について、詳細説明を求めたのに対し、「この事業は、県の地震防災対策事業支援補助金を活用し、自身で金具の取りつけが困難な高齢者、または障害者の方々を対象に実施する事業である。金具の費用は利用者の自己負担で、取りつけ作業については市の負担とし、シルバー人材センターに委託するものである」との答弁がありました。


 また、防災用備品購入の無線機について、利用目的をただしたのに対し、「土砂災害などにより孤立するおそれのある集落に貸与することで、行政局、または本庁との情報収集及び伝達に役立て、被害の軽減を図ることを目的とし、電波の状態が悪い集落については、外部アンテナを設置するほか、電源の確保については、外部バッテリーの利用及び車のシガレットライターの電源からも充電可能な無線機の購入を予定している」との答弁がありました。


 次に、住居表示費については、今後の実施計画についてただしたのに対し、「湊北部で住居表示を実施するための基礎調査に要する経費を計上しており、平成22年11月の実施を目標としている。計画区域の住居表示がすべて終了するのは、平成29年を見込んでいる」との答弁がありました。


 次に、電子計算費の情報発信(インターネット)業務委託料について、その内容をただしたのに対し、「今回の業務委託により市のホームページに簡易ツールを導入し、それぞれ担当課の職員で作業する環境を整えるものである」との答弁があり、さらに委員から年間どれだけの経費削減につながるのかただしたのに対し、「本事業委託によって、年間約150万円の経費削減を見込んでいる」との答弁がありました。


 次に、議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)の所管部分についてでありますが、常備消防費における屈折はしごつき消防ポンプ自動車の購入について、詳細説明を求めたのに対し、「現在、配備している30メートル級直進式はしご車は購入後18年が経過していることから、安全面等を考慮し、今回更新するもので、本市の市街地における狭隘な道路状況を勘案して、現行車両に比べ、車両の全長が1メートル短い25メートル級屈折はしご車を導入するものである。現行のはしご車に比べ、高さは5メートル低くなるが、電線等の障害物を避けることが可能となるなど、消火・救助活動範囲の拡大が図られると判断し、車種を決定したものである」との答弁がありました。


 さらに、同備品購入費の自動体外式除細動器(AED)の購入について、その仕様等をただしたのに対し、「救助隊専用の半自動式のもので、モニターを使って傷病者の状態を十分に観察した後、電気ショックを与える機器であり、救命処置を記録するための機能も備えている」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成21年7月7日、総務企画委員会委員長、安達克典。


            (6番 安達克典君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、産業建設委員会委員長の報告を求めます。


 14番、中本賢治君。


            (14番 中本賢治君 登壇)


○14番(中本賢治君)    産業建設委員会の委員長報告をさせていただきます。


 本委員会は、去る6月26日の本会議において付託を受けた議案11件について、29日及び7月7日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第4号 田辺市商工業振興条例の制定について、同議案第5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定について、同議案第6号 田辺市公園条例の一部改正について、同議案第7号 田辺市集会所条例の一部改正について、同議案第8号 田辺市営住宅条例の一部改正について、同議案第13号 訴えの提起について、同議案第14号 訴えの提起について、同議案第15号 民事調停の申立てについて、同議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)の所管部分、同議案第19号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)及び同議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)の所管部分の以上11件については、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑及び意見の主なものは次のとおりであります。


 まず、議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)の所管部分のうち、農業費にかかわって、農業担い手雇用創出事業について詳細説明を求めたのに対し、「ふるさと雇用再生特別基金を活用し、地域における継続的な雇用機会の創出を図ることを目的に、農家で組織する団体等において3名程度を新規雇用し、担い手不足等で耕作を放棄するおそれのある農家に新規雇用者の派遣、または借り上げた耕作放棄地で新規就農者として農業を営んでもらうための委託事業である」との答弁がありました。


 次に、林業費にかかわって、やまづくりモデル事業費補助金について、詳細説明を求めたのに対し、「森林資源の循環と林業の再生を主眼に、伐採跡地の再造林を促進するため、森林組合や林業事業体に対して、再造林に要する経費の一部を補助するもので、山村の雇用創出と地域の活性化、並びに集落機能の維持を図る県内初の事業である」との答弁がありました。


 次に、水産業費にかかわって、漁船クルージング事業費補助金について、詳細説明を求めたのに対し、「近年、漁獲高の減少と魚価が低迷する中、漁業による所得とは別に観光的な事業に取り組み、漁業者の所得水準を上げることを目的とした単年度事業である。なお、事業費180万円に対して、県が120万円、市及び新庄漁業協同組合がそれぞれ30万円ずつ負担する」との答弁がありました。


 また、製氷施設整備事業費補助金について詳細説明を求めたの対し、「現在の製氷施設は昭和48年供用開始であることから老朽化が非常に著しく、漁業関係にとって施設更新は、切実な課題の一つであり、加えて市内の多くの飲食店等にも氷を供給していることから、当地域にとって、必要不可欠な施設である。なお、整備費用については、全体事業費4億2,930万円に対して、国が50%の2億1,465万円、県が10%の4,293万円、市と和歌山南漁業協同組合がそれぞれ20%の8,586万円を負担する」との答弁がありました。


 次に、商工費にかかわって、情報産業活性化事業の一環で実施するテレビ電話を活用した地域活性化事業について詳細説明を求めたのに対し、「雇用を創出するために、創設されたふるさと雇用再生特別基金を活用し、行政施設や公益的施設にテレビ電話を設置することで、地域の活性化や行政サービスの向上を図りつつ、新たな雇用を創出するものである」との答弁がありました。


 さらに、委託先やテレビ電話機器の購入についてただしたのに対し、「県外からの企業誘致に成功したIT関連会社に対して委託するもので、3年にわたり8名の雇用を創出する。また事業に用いるテレビ電話機器については、その企業の技術力を活用できる端末機を購入する」との答弁があり、委員から他社製品の調査研究を実施していないことから、製品の購入に際しては、他の製品と比較検討するなど、公平性の観点から慎重に進めるとともに、適正な対応を図るよう強い要望がありました。


 次に、住宅費にかかわって、中心市街地家賃補助金について詳細説明を求めたのに対し、「中心市街地活性化事業の一環として、市街地への人口流入の促進を図るため、市外からの転入者を優先し、中心市街地内に転居する義務教育修了前の子供を扶養する世帯及び入籍1年未満の新婚世帯を対象とした民間賃貸住宅の家賃の一部を補助するモデル事業である。今年度は30世帯を募集する予定で、平成24年度までに計100世帯を計画している」との答弁がありました。


 平成21年7月7日、産業建設委員会委員長、中本賢治。


            (14番 中本賢治君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、文教厚生委員会委員長の報告を求めます。


 23番、久保隆一君。


            (23番 久保隆一君 登壇)


○23番(久保隆一君)    文教厚生委員会から委員長報告をさせていただきます。


 本委員会は、去る6月26日の本会議において付託を受けた議案10件について、30日及び7月7日にそれぞれ委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正について、同議案第2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について、同議案第3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、同議案第9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正について、同議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正について、同議案第11号 工事請負契約の締結について、同議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)の所管部分、同議案第18号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、同議案第20号 平成21年度田辺市戸別排水処理事業特別会計補正予算(第1号)及び同議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)の所管部分の以上10件については、すべて全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑の主なものは次のとおりであります。


 議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正について、鮎川小学校内に併設しなかった理由及び指導員体制についてただしたのに対し、「学校と空き教室について協議した結果、児童数もふえており教室を確保することができなかったことや、行政局の空きスペースの有効活用の観点から、大塔行政局3階の図書室の一部及び和室を利用することとなった。外遊びの場所は、約150メートル離れた小学校のグラウンドなども利用し、夏期には学校のプールの使用も考えている。なお、指導員は2人体制であるが、プール遊びの際は、保護者の協力をいただきながら、安全対策には万全を期したいと考えている」との答弁がありました。


 次に、議案第11号 工事請負契約の締結について、今回の改修に至った経緯についてただしたのに対し、「舞台機構の改修については、紀南文化会館が指定管理者制度に移行する以前からの懸案事項であったが、この事業に対する補助制度がなかったため、一括発注するには財政的に難しい面があった。そのため発注の方法等を模索していた中で、今回の臨時交付金を充当することが可能となったことから、実施する運びとなったものである」との答弁がありました。


 次に、議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)の所管部分のうち、民生費関係では、障害者相談支援環境整備事業委託料について、相談員の増員理由をただしたのに対し、「本市における障害者の相談支援事業については、四つの社会福祉法人に対し、それぞれ身体障害者・知的障害者・精神障害者・発達障害者の支援を委託しており、障害種別ごとに支援に取り組んでいたが、昨年4月から相談窓口を一つにするため、市民総合センターの1室に、田辺市障害者相談支援センター「ゆめふる」として、各法人から1名ずつの相談支援専門員が常駐することになった。その取り組みを1年間続けてきた中で、相談件数も以前と比較して増加していることから、相談活動を充実させるとともに、相談者の社会参加に向けた居場所づくりや自主サークルづくりの支援のため、今回1名を増員するものである」との答弁があり、さらに、委員から各行政局管内においても定期的に相談体制を組む予定がないかただしたのに対し、「1名増員することで、月に1日は各行政局において相談活動に当たることも計画している。行政局での相談は事前申し込みを想定しているが、必要であれば家庭訪問等も考えており、8月ごろには実施できる見込みである」との答弁がありました。


 次に、児童福祉施設整備事業費補助金にかかわって、三川地区への設置経緯についてただしたのに対し、「事業主体の法人に対し、三川地区からの強い要望があり、それを受けて事業主体の社会福祉法人からも、三川地区へ設置したい旨の意向を確認した」との答弁がありました。


 次に、保育所費にかかわって、今後の保育所の耐震化計画について説明を求めたのに対し、「昭和56年以前に建築された保育所4カ所について、耐震診断を実施したところ、強度が基準を満たしている牟婁保育所を除く3カ所が耐震改修の対象となっている。今回の補正予算では、追加議案分も含めて2カ所の耐震改修を予定しているが、残りの1カ所についても今後耐震改修等、安全確保に取り組んでまいりたい」との答弁がありました。


 次に、衛生費関係では、プラスチックリサイクル処理業務委託料について、委託業務の詳細説明を求めたのに対し、「今まで埋め立て処理していたプラスチックをサーマルリサイクルとして活用するため、破砕してこん包し、県外の業者にボイラー燃料として提供する。このうち、破砕からこん包までの作業について3名の雇用を創出するもので、委託先は和歌山県資源開発協業組合を予定している。これにより、プラスチックごみを埋め立てる必要がなくなるため、処分場に関しては、1年半から2年程度の延命効果があると見込まれる」との答弁がありました。


 次に、議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)の所管部分のうち、自然公園等管理費について、天神崎元島駐車場整備事業の詳細説明を求めたのに対し、「この事業は、天神崎を整備するもので、まず昨年度末に県の補助を受けて、整備したトイレの横にある駐車場が未舗装状態であるため、その舗装を行う。さらに今までは大型車両用の駐車場がなかったことから、和歌山県水産試験場増養殖研究所跡地を購入し、大型車両にも対応した駐車場整備を行うものである」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成21年7月7日、文教厚生委員会委員長、久保隆一。以上です。


            (23番 久保隆一君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    以上で、各常任委員会委員長の報告が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 これより、ただいま議題となっております25件について、順次採決に入ります。





◎日程第21 3定議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    それでは、3定議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第1号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第1号は可決いたしました。





◎日程第22 3定議案第2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第2号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第2号は可決いたしました。





◎日程第23 3定議案第3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第3号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第3号は可決いたしました。





◎日程第24 3定議案第4号 田辺市商工業振興条例の制定について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第4号 田辺市商工業振興条例の制定についてお諮りいたします。


 議案第4号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第4号は可決いたしました。





◎日程第25 3定議案第5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定についてお諮りいたします。


 議案第5号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第5号は可決いたしました。





◎日程第26 3定議案第6号 田辺市公園条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第6号 田辺市公園条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第6号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第6号は可決いたしました。





◎日程第27 3定議案第7号 田辺市集会所条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第7号 田辺市集会所条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第7号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第7号は可決いたしました。





◎日程第28 3定議案第8号 田辺市営住宅条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第8号 田辺市営住宅条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第8号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第8号は可決いたしました。





◎日程第29 3定議案第9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第9号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第9号は可決いたしました。





◎日程第30 3定議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第10号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第10号は可決いたしました。





◎日程第31 3定議案第11号 工事請負契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第11号 工事請負契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第11号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第11号は可決いたしました。





◎日程第32 3定議案第12号 物品購入契約の締結について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第12号 物品購入契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第12号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第12号は可決いたしました。





◎日程第33 3定議案第13号 訴えの提起について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第13号 訴えの提起についてお諮りいたします。


 議案第13号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第13号は可決いたしました。





◎日程第34 3定議案第14号 訴えの提起について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第14号 訴えの提起についてお諮りいたします。


 議案第14号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第14号は可決いたしました。





◎日程第35 3定議案第15号 民事調停の申立てについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第15号 民事調停の申立てについてお諮りいたします。


 議案第15号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第15号は可決いたしました。





◎日程第36 3定議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更についてお諮りいたします。


 議案第16号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第16号は可決いたしました。





◎日程第37 3定議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)についてお諮りいたします。


 議案第17号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第17号は可決いたしました。





◎日程第38 3定議案第18号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第18号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてお諮りいたします。


 議案第18号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第18号は可決いたしました。





◎日程第39 3定議案第19号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第19号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第19号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第19号は可決いたしました。





◎日程第40 3定議案第20号 平成21年度田辺市戸別排水処理事業特別会計補正予算(第1号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第20号 平成21年度田辺市戸別排水処理事業特別会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第20号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第20号は可決いたしました。





◎日程第41 3定議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第30号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第3号)についてお諮りいたします。


 議案第30号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第30号は可決いたしました。





◎日程第42 3定議案第31号 田辺市副市長定数条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第31号 田辺市副市長定数条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第31号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第31号は可決いたしました。





◎日程第43 3定議案第32号 田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第32号 田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第32号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第32号は可決いたしました。





◎日程第44 3定議案第33号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第4号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第33号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第4号)についてお諮りいたします。


 議案第33号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第33号は可決いたしました。





◎日程第45 3定議案第34号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第2号)について





○議長(宮田政敏君)    続いて、3定議案第34号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第2号)についてお諮りいたします。


 議案第34号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第34号は可決いたしました。


 この場合、本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめ延長いたします。


 休 憩


○議長(宮田政敏君)    それでは、暫時休憩いたします。


              (午後 4時41分)


         ―――――――――――――――――――


 再 開


○議長(宮田政敏君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 5時04分)


              (福田収入役除斥)





◎日程第46 3定議案第21号 副市長の選任につき同意を求めることについてから


 日程第47 3定議案第35号 副市長の選任につき同意を求めることについてまで


                一括上程





○議長(宮田政敏君)    日程第46 3定議案第21号及び日程第47 3定議案第35号の2件の副市長の選任につき同意を求めることについてを一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案第21号及び第35号の副市長の選任につき同意を求めることについての2議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず、議案第21号につきましては、森 章二副市長の任期が平成21年7月19日をもって満了いたしますので、その後任といたしまして、新たに福田安雄収入役を副市長として選任いたしたく存じ、同意をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市稲成町2160番地、福田安雄。昭和21年3月17日生まれ、63歳、田辺市収入役でございます。


 次に、議案第35号につきましては、副市長2人体制に伴い、新たに庄堂琢磨、土地開発公社事務局長を副市長として選任いたしたく存じ、同意をお願いするものであります。


 住所、氏名、生年月日、職業でありますが、田辺市湊1101番地、庄堂琢磨。昭和22年8月19日生まれ、61歳、田辺市土地開発公社事務局長でございます。


 以上、ご賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより一括して質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっている2件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ります。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっている2件については、委員会の付託を省略し、直ちに採決に入ることに決しました。


 これより、ただいま議題となっている2件について順次、採決に入ります。





◎日程第46 3定議案第21号 副市長の選任につき同意を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    それでは、お諮りいたします。


 3定議案第21号は、これに同意することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第21号は、これに同意することに決しました。





◎日程第47 3定議案第35号 副市長の選任につき同意を求めることについて





○議長(宮田政敏君)    続いて、お諮りいたします。


 3定議案第35号は、これに同意することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第35号は、これに同意することに決しました。


 なお、ただいま同意されました福田安雄君及び庄堂琢磨君からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 まず、福田安雄君。


           (新副市長 福田安雄君 登壇)


○新副市長(福田安雄君)    議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいまは、私、福田安雄の副市長選任につきまして、ご同意を賜り、心から御礼を申し上げます。


 さて、地方自治体を初め、経済社会全体に百年に一度と言われる激動の時代を迎えております。このときに当たり、もとより副市長の任につきましては身に余る大任と存じておりますが、真砂市長のご指導のもとに、一人一人が大切にされ、幸せを実感できるまちづくりに向けて、誠心誠意職務を全うする所存でございますので、どうかよろしくお願い申し上げます。


 また、議員の皆様方におかれましても、今後とも変わらぬご教示とご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げ、私の御礼のごあいさつにかえさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。


        (新副市長 福田安雄君 降壇、自席に着席)


○議長(宮田政敏君)    続いて、庄堂琢磨君。


           (新副市長 庄堂琢磨君 登壇)


○新副市長(庄堂琢磨君)    議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいま私の副市長選任につきまして、ご同意を賜りましたこと、心からお礼申し上げます。今、ここに立たせていただきますこと、議場の重みと副市長の重責をひしひし感じ、一層身の引き締まる思いをいたします。


 もとより微力ではございますが、真砂市長のご指導のもと、田辺市を誇りに思える、心豊かに暮らせるまちづくりに誠心誠意全精力を傾注して、頑張りたいと思います。努力をいたす所存でございますので、議員の皆様方に心からご指導とご鞭撻をお願いいたしまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。どうか、よろしくお願いいたします。


           (新副市長 庄堂琢磨君 降壇)





◎日程第48 3定発議第2号 社会保険紀南病院の適切な譲渡を求める意見書の提出について上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第48 3定発議第2号 社会保険紀南病院の適切な譲渡を求める意見書の提出についてを上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 23番、久保隆一君。


            (23番 久保隆一君 登壇)


○23番(久保隆一君)    3定発議第2号 社会保険紀南病院の適切な譲渡を求める意見書の提出について。


 標記について、田辺市議会会議規則第14条の規定により、次のとおり提出する。平成21年7月7日。提出者、田辺市議会議員、久保隆一。賛成者、田辺市議会議員、鈴木太雄、田辺市議会議員、出水豊数、田辺市議会議員、高垣幸司、田辺市議会議員、山口 進、田辺市議会議員、吉田克己。


 社会保険紀南病院の適切な譲渡を求める意見書。


 社会保険紀南病院(以下、「同病院」という。)は、災害拠点病院・地域がん診療連携拠点病院・医師臨床研修病院・僻地医療拠点病院及び地域周産期母子医療センター等、本県南部の中核医療機関として、地域住民にとって必要不可欠な存在となっており、周産期や小児救急など一般医療機関ではなし得ない重要な役割を果たしている。


 しかしながら、国では医療制度改革、年金制度改革の一環として、全国63カ所の社会保険及び厚生年金病院を平成20年10月1日に独立行政法人・年金健康保険福祉施設整理機構へ移管し、平成22年10月を目途に、適切な譲渡先を検討することとしており、具体的には同病院の運営を委託している公立紀南病院組合(田辺市、白浜町、上富田町、みなべ町で構成。以下、「同病院組合」という。)と協議を進めるとしている。


 同病院組合は、昭和20年の設立以来、地域の医療拠点である同病院の運営を通して、地域住民の命と健康を守ることを使命として、地域に存在してきた特別地方公共団体であり、今後もその機能を果たしていかなければならない。


 また、同病院組合を構成する市町は、平成17年度の新病院の整備に当たり、可能な限りの負担を行い、ようやく平成22年度を目途として、負担の軽減が図られるところであり、同病院の有償譲渡には財政的に耐えられない現状にある。


 同病院の有償譲渡に伴い、構成市町の財政破綻が懸念され、同病院の運営が困難となり、地域の医療機能が低下することになれば、地域住民の医療の確保ができなくなり、ひいては県南部の医療体制に重大な影響を及ぼすこととなる。


 よって、国においては、今後の同病院運営の検討に際しては、同病院組合及び構成市町の財政状況を十分把握され、現状の経営委託を踏襲されるとともに、万一譲渡される場合には、今後における地域医療への貢献を条件とし、同病院組合に無償で譲渡されることを強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成21年7月7日、田辺市議会。提出先、内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、衆議院議長、参議院議長。


 以上、ご審議の上、ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。


            (23番 久保隆一君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略することにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定発議第2号は委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 それでは、お諮りいたします。


 3定発議第2号は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、3定発議第2号は原案のとおり可決いたしました。





◎日程第49 委員会の継続審査について





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第49 委員会の継続審査についてを議題といたします。


 この場合、閉会中の委員会の継続審査について報告いたします。


 各常任委員会、議会運営委員会、特別委員会の委員長から、目下、委員会において審査、または調査中でありますお手元に配付の申出事件一覧表に記載のとおりの事件について、会議規則第105条の規定により、閉会中も審査または調査を継続いたしたい旨の申し出があります。


 それでは、ただいま報告いたしました委員会の継続審査について、お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、それぞれの委員会において閉会中も審査または調査を継続することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、それぞれの委員会において閉会中も審査または調査を継続することに決しました。


 以上をもって、本定例会に付議されました議案は、すべて議了いたしました。


 他に発言、その他ありませんか。


              (「なし」の声あり)





◎副市長退任のあいさつ





○議長(宮田政敏君)    この場合、森副市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 副市長、森 章二君。


            (副市長 森 章二君 登壇)


○副市長(森 章二君)    議長からごあいさつの発言を許可いただきましたので、一言退任に当たりまして、満腔の思いを込めて一言のごあいさつを申し上げたいと存じます。


 皆さん、本当にありがとうございました。そして、後になりましたが、今後ますます議員の皆さん方の一層のご活躍とそして田辺市の一層の発展を心からご祈念申し上げまして、退任の御礼とそしてごあいさつにかえさせていただきます。本当にありがとうございました。


            (副市長 森 章二君 降壇)





◎水道事業管理者退任のあいさつ





○議長(宮田政敏君)    この場合、大江水道事業管理者から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 水道事業管理者、大江潔史君。


          (水道事業管理者 大江潔史君 登壇)


○水道事業管理者(大江潔史君)    議長のお許しを得ましたので、一言ごあいさつを申し上げます。


 私はこのたび7月31日をもって任期満了により水道事業管理者を退任することとなりました。微力の私ではございましたが、在職中は議員の皆様方初め、市長並びに職員の皆様方、さらに市民の皆様方から一方ならぬご厚情と暖かいご支援を賜りましたことを厚くお礼申し上げます。おかげさまで、きょうまで無事務めることができましたことに、改めて感謝申し上げますとともに、今後とも相変わらずのご交誼を賜りますようよろしくお願いいたします。


 終わりに、田辺市政のますますの発展と皆様方のご健勝とご多幸を心からお祈りいたしまして、まことに簡単措辞でございますが、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。


          (水道事業管理者 大江潔史君 降壇)





◎市長閉会のあいさつ





○議長(宮田政敏君)    それでは、市長から閉会に当たってのあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    平成21年第3回田辺市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 去る6月15日に開会いたしました本定例会も、議員各位のご理解とご協力のもと、本日無事最終日を迎えることができました。本定例会におきましては、条例の制定、一部改正を初め、一般会計並びに特別会計の補正予算案など、さまざまな議案を提出させていただきましたが、議員各位におかれましては、終始にわたり熱心なご審議をいただき、提出いたしました諸議案につきましても原案のとおりご賛同賜りましたことに、この場をおかりいたしまして厚くお礼を申し上げます。


 昨夜から当地域におきましては、継続的に大変激しい雨が降り、大雨洪水警報が発令される中、床上、床下浸水や土砂災害など市内各地で大きな被害が出ております。市におきましては、災害対策本部を設置し、被害状況の確認も含め、その対応を図っているところでありますが、被害に遭われた皆様方には心からお見舞い申し上げます。


 さて、先日、平成21年度の過疎地域自立活性化優良事例表彰として、本市が総務大臣賞に選ばれ、あす、長野県で開催される全国過疎問題シンポジウム2009の場において表彰されることになっております。この賞は地域の自立と風格の醸成を目指した過疎地域の取り組みを奨励するため、創意工夫により過疎地域の活性化に取り組み、すぐれた成果を上げている優良事例を表彰しているもので、本市が昨年度から実施しております「元気かい!集落応援プログラム」が過疎対策の先進的、モデル的事例として評価されたものです。この取り組みが全国的に認められたことは、大変名誉なことでありますが、この受賞も一つの通過点としながら、過疎地域の活性化に向けて引き続き取り組みを進めてまいりたいと思います。


 一方、世界的な金融危機、世界同時不況を背景として、先般、アメリカ最大手の自動車会社が経営破綻に追い込まれるなど、世界の経済情勢はより一層深刻度を増しています。我が国におきましても、100年に一度の経済危機と言われる中、1月から3月期の実質のGDP、国内総生産は、年率換算で14.2%の減少となり、2期連続で戦後最悪の落ち込みを記録しています。また、5月の完全失業率は5.2%まで上昇し、過去最悪の水準に近づくとともに、有効求人倍率は過去最低の0.44倍となり、働く場は職を求める人の半分にも満たない状況で、雇用情勢の悪化による雇用不安や所得の減少が個人消費の低迷、企業業績の圧迫へとつながる悪循環となっています。


 内閣府が、毎月発表しております月例経済報告では、5月、6月と景気の基調判断を上方修正し、事実上、景気は既に底を打っているとの判断をしたものとなっていますが、依然として先行きは不透明であり、国民生活にも大きな影響が出ている中、悪化に歯どめがかかったと実感できるには至っていないのが現状のようであります。


 こうした中、政府におきましては、累次の経済対策に引き続き、経済危機対策を取りまとめ、雇用対策、金融対策、低炭素化への取り組み、地域活性化や地方公共団体への支援など、経済危機克服に向けたさらなる取り組みを実施することとし、先月、この対策を盛り込んだ補正予算が成立したところであります。


 身近なところでは、環境負荷の少ない低公害車、いわゆるエコカー購入時の減税や補助、省エネ家電製品購入時のエコポイント制などが実施され、景気への刺激にもつながることと思いますが、市におきましても、地球温暖化対策や安全・安心の実現など、国の対策と歩調を合わせ、事業を積極的に実施できるよう交付されている地域活性化経済危機対策臨時交付金を受け、公共施設や車両等の整備事業などを追加補正させていただいたところであります。


 また、現在、暫定2車線となっている高速道路の御坊・南紀田辺間について4車線化されることも決まり、供用が開始されるまではまだ時間がかかりますが、より一層利便性が向上し、来訪者の増加も期待されるわけで、こうしたさまざまな取り組みによりまして、今後、少しでも地域の活性化、地域経済の回復につながればと思います。


 いずれにいたしましても、地方自治体を取り巻く状況も依然として大変厳しい中、すぐに好転するものではありませんが、今回の対策なども生かしながら、引き続き、地域活力の創出、市民生活の向上のために精いっぱいの努力を重ねてまいりますので、議員各位におかれましても、今後ともなお一層のご尽力、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


            (市長 真砂充敏君 降壇)





◎議長閉会のあいさつ





○議長(宮田政敏君)    私からも一言、ごあいさつ申し上げます。


 去る6月15日に開会いたしました本定例会は、提出されました議案について、議員各位の終始真剣なご審議により、本日すべての議案を終了し、無事閉会の運びとなりました。


 議員各位から質問、意見等、活発な議論が展開され、議員それぞれが市政全般にわたって、市民福祉の向上のために全力を傾注され、ご尽力をいただきました。議長として心から敬意を表し、ご協力に深く感謝申し上げます。


 また、市長を初め、当局各位にはそれぞれ真摯な対応をいただきましたことを厚く御礼を申し上げます。昨日来の大雨で、市内各地に浸水や崩土などの被害が発生しており、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げるとともに、迅速な復旧と災害防止策の充実を切にお願いする次第であります。


 特に、秋津川でお亡くなりになった方には、まことに深くお悔やみを申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。私たちの人間の力は、大自然の圧倒的な力の前に、力が弱いものであります。私たちは大自然の前に、我々の矮小さを自覚して謙虚に行政、施策を実行していくべきだと思います。我々はこの教訓を次に生かし、市民がより安全な生活を送れるよう、努力していかなければなりません。


 さて、真砂市政2期目のスタートとなる今議会において、補正予算が国の景気対策と相まって、約25億円もの規模となりました。これらの議案審議に関して、議員から出された質問、意見、提言等を十分考慮の上、予算に伴う事業が迅速に、また的確に執行され、市民生活の向上と市政発展に寄与することを強く望みたいと考える所存であります。


 来る7月19日、任期満了により退任される森副市長、また7月31日に任期満了となる大江水道事業管理者には、新市発足以来の4年間、真砂市長とともに、本市市政発展の推進のために、多大な貢献を賜りました。本当にありがとうございました。今後とも市政発展のため、ご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、ご多幸を心からお祈りいたします。


 副市長2人制として新たに就任される福田安雄君、庄堂琢磨君には今後、市長、教育長、そして職員と力を合わせて近畿一広い面積を有する市域の政策課題に対して、迅速に的確に、より積極的に市民福祉向上のためご尽力いただきますようお願いいたします。


 もう間もなく梅雨も明け、真夏を迎えることになります。議員各位、並びに当局各位には向暑の折、ご自愛くださいますようお願いし、最後になりましたが、報道関係各位のご協力に心から御礼を申し上げ、閉会のあいさつといたします。


 ありがとうございました。


 閉 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、これをもって平成21年6月15日招集の平成21年第3回田辺市議会定例会を閉会いたします。


              (午後 5時33分)





 地方自治法第123条


                   議  長  宮 田 政 敏





                   議  員  久 保 浩 二





                   議  員  安 達 幸 治





                   議  員  安 達 克 典