議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成21年 6月定例会(第1号 6月15日)




平成21年 6月定例会(第1号 6月15日)





             田辺市議会6月定例会会議録


             平成21年6月15日(月曜日)


           ──────────────────


 
 平成21年6月15日(月)午後1時開会


 第 1 会議録署名議員の指名


 第 2 会期の決定


 第 3 3定報告第 1号 専決処分事項について


 第 4 3定報告第 2号 専決処分事項の報告について


 第 5 3定報告第 3号 繰越明許費について


 第 6 3定報告第 4号 田辺市水道事業会計の建設改良費の繰越しについて


 第 7 3定報告第 5号 田辺市水道事業会計の事故繰越しについて


 第 8 3定報告第 6号 田辺市水道事業会計の継続費の逓次繰越しについて


 第 9 3定議案第 1号 田辺市学童保育所条例の一部改正について


 第10 3定議案第 2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について


 第11 3定議案第 3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につ


              いて


 第12 3定議案第 4号 田辺市商工業振興条例の制定について


 第13 3定議案第 5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定につい


              て


 第14 3定議案第 6号 田辺市公園条例の一部改正について


 第15 3定議案第 7号 田辺市集会所条例の一部改正について


 第16 3定議案第 8号 田辺市営住宅条例の一部改正について


 第17 3定議案第 9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正について


 第18 3定議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正について


 第19 3定議案第11号 工事請負契約の締結について


 第20 3定議案第12号 物品購入契約の締結について


 第21 3定議案第13号 訴えの提起について


 第22 3定議案第14号 訴えの提起について


 第23 3定議案第15号 民事調停の申立てについて


 第24 3定議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更について


 第25 3定議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)


 第26 3定議案第18号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(


              第2号)


 第27 3定議案第19号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1


              号)


 第28 3定議案第20号 平成21年度田辺市戸別排水処理事業特別会計補正予算(


              第1号)


 第29 3定報告第 7号 平成20年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告


              について


 第30 3定報告第 8号 平成20年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告に


              ついて


           ──────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第30まで


           ──────────────────


〇議員定数 26名


〇欠  員  0名


           ──────────────────


〇出席議員


             議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  市 橋 宗 行 君


             5番  安 達 幸 治 君


             6番  安 達 克 典 君


             7番  谷 口 和 樹 君


             8番  鈴 木 太 雄 君


             9番  小 川 浩 樹 君


            10番  塚   寿 雄 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  佐 井 昭 子 君


            14番  中 本 賢 治 君


            15番  棒 引 昭 治 君


            16番  出 水 豊 数 君


            17番  宮 本 正 信 君


            18番  高 垣 幸 司 君


            19番  陸 平 輝 昭 君


            20番  山 口   進 君


            21番  宮 田 政 敏 君


            22番  吉 田 克 己 君


            23番  久 保 隆 一 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  吉 本 忠 義 君


           ──────────────────


〇欠席議員


            11番  山 本 紳 次 君


           ──────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市長         真 砂 充 敏 君


           副市長        森   章 二 君


           収入役        福 田 安 雄 君


           教育長        中 村 久仁生 君


           水道事業管理者    大 江 潔 史 君


           企画部長       山 崎 清 弘 君


           企画広報課長     松 川 靖 弘 君


           総務部長       岡 本 美 彦 君


           総務課長       小 川   鏡 君


           財政課長       田 上 豊 和 君


           市民環境部長     池 田 正 弘 君


           保健福祉部長     田 中   敦 君


           産業部長       福 井 量 規 君


           産業部理事      室 井 利 之 君


           建設部長       中 山 泰 行 君


           建設部理事      長 嶝 義 雄 君


           大塔行政局長     後 藤   昇 君


           消防長        岩 本 徳 三 君


           消防総務課長     小 山 裕 史 君


           教育次長       ? 田 和 男 君


           水道部工務課長    恵 中 祥 光 君


           ──────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長    中 瀬 政 男


            議会事務局次長   岩 本 さち代


            議会事務局主任   前 溝 浩 志


            議会事務局主査   松 本 誠 啓





 開 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、地方自治法第113条の規定による定足数がありますので、ただいまから本日招集の平成21年第3回田辺市議会定例会を開会いたします。


              (午後 1時00分)





◎市長招集あいさつ





○議長(宮田政敏君)    日程に入るに先立ち、市長から本定例会招集のあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    本日、平成21年第3回田辺市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私にわたり何かとご多用の中をご参集いただき、まことにありがとうございます。


 先週初め、近畿地方も平年よりやや遅目の梅雨入りとなり、これからしばらくは曇りや雨のすっきりしない空模様が続くことになりますが、特に自然とのかかわりが深い当地域にとりましては、なくてはならない恵みの季節でもありますので、適度な雨量をもたらす穏やかで梅雨らしい梅雨になってくれることを願うものです。


 ところで、先月中旬、内之浦湾にマッコウクジラが迷い込み、その後、半月ほど余り身動きがとれない状態で、湾内に留まったわけですが、その姿や毎日の動きなどがテレビや新聞で報道され、クジラのことを心配して、連日市内外から大勢の方が当地を訪れるなど、全国的にも大きな注目を浴びました。市では、対策本部を設置して、専門家の方々からアドバイスやご協力をいただきながら、いろいろと対策を検討し、極力クジラにストレスを与えない「静観」という基本的な方針により24時間体制の見守り活動を行うなど、思いも寄らぬ珍客への対応に大変苦慮したところであります。


 しかしながら、なかなか思うように事は進まず、最悪の事態も想定される中、多くの方々の願いが通じたのか、今月の初めに何とか自力で内之浦湾を脱出し、外洋へと帰っていってくれたわけで、だれもが望んでいた結果となり、ほっと一安心といったところでありました。大きな騒動の後だけに少し寂しいような気もいたしましたが、その後は何事もなかったように本来の生態に戻ってくれたことと思います。


 今回の対応に当たって、いろいろと助言やご尽力を賜りました専門家の方々、またご協力をいただきました関係の皆様方にこの場をおかりいたしまして、改めて厚くお礼を申し上げます。


 さて、毎年のことですが、今の時期は梅の栽培農家にとりまして、収穫作業や漬け込み作業などに追われ、1年を通して最も忙しい時期で、先月中旬から始まった収穫作業も小梅、古城から主力品種である南高へと、その最盛期を迎えつつあります。その一方で、先月下旬、低気圧の影響で発生した強風により、収穫を間近に控えていた南高梅の落下や枝折れ等、各地で大きな被害が出ているとのことで、収穫量はもちろん品質や市場価格への影響なども非常に心配されるところですが、今後、少しでも需要が拡大し、安定した価格での取引が行われることを望みたいと思います。


 こうした中、6月6日の梅の日も4年目を迎えたわけですが、ことしも東京での行事に参加し、紀州の梅を全国にPRしてまいりました。6月5日には、首相官邸を訪問し、麻生総理に直接お会いして、紀州梅をお贈りし、試食いただくとともに、6日の梅の日当日には、東京大田市場での、和歌山の梅フェアとして、早朝から地元関係者の皆様方のご参加のもと、梅料理の紹介や梅干の試食、梅加工、漬け方の講習などを実施したほか、埼玉県にある日本最大のショッピングセンターでもPR活動を行ってまいりました。


 また、同日、熊野本宮大社では、紀州梅の発展を願う記念式典を開催し、京都では上賀茂神社、下鴨神社へ梅を献上するイベントが行われるなど、生産者、関係団体、行政が一体となって梅に感謝するとともに、紀州梅の消費拡大に向けた取り組みを行いました。


 紀州梅ブランドは、全国的にも定着してきていることと思いますが、食の安全や健康に関心が高まる中、こうした産地を挙げての取り組みを継続することによって、地元はもとより全国的にも古くから日本人の生活や文化に深く浸透し、好まれてきた梅を再認識してもらい、梅のある暮らしをさらに広げ、少しずつではあっても、消費の拡大につなげていければと考えております。


 いずれにいたしましても、当地域の経済情勢は依然として厳しい状況が続いており、こうした基幹産業の振興も含めまして、引き続き、産業力の強化に努め、地域の活力を創出するとともに、市民の皆様方が安心して暮すことができるまちづくりに最大限の努力を重ねてまいりますので、議員各位におかれましても、今後、より一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。


 さて、本議会におきましては、専決処分の報告2件、繰越事業の報告4件、条例に関するもの10件、予算に関するもの4件、その他、17件についてご審議をお願いするものでございます。


 よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつといたします。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


 開 議


○議長(宮田政敏君)    それでは、お手元に配付の日程により、本日の会議を開きます。


              (午後 1時08分)


          ──────────────────





◎報告





○議長(宮田政敏君)    11番、山本紳次君から欠席の届け出があります。





◎諸般の報告





○議長(宮田政敏君)    この場合、事務局長をして諸般の報告をいたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


          (議会事務局長 中瀬政男君 登壇)


○議会事務局長(中瀬政男君)    報告申し上げます。


 去る6月8日付、田総第107号をもって市長から本定例会に提出の案件として、3定議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正についてなど、議案29件及び3定報告第1号 専決処分事項についてなど、報告案件8件並びに議案参考資料の送付がありました。いずれもお手元に配付しております。


 以上であります。


          (議会事務局長 中瀬政男君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    それでは、日程に入ります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(宮田政敏君)    日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第82条の規定により、本定例会の会議録署名人として、3番 久保浩二君、5番 安達幸治君、6番 安達克典君、以上3人の諸君を、また会議録署名の予備議員として、7番 谷口和樹君、8番 鈴木太雄君、以上2人の諸君を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第2 会期の決定を上程いたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から7月7日までの23日間といたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から7月7日までの23日間と決定いたしました。





◎日程第3 3定報告第1号 専決処分事項についてから


 日程第30 3定報告第8号 平成20年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告


              についてまで一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第3 3定報告第1号 専決処分事項についてから、日程第30 3定報告第8号 平成20年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告についてまで、以上28件を一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、専決処分報告2件、繰越事業報告4件、条例に関するもの10件、予算に関するもの4件、その他8件でございまして、その概要についてご説明申し上げます。


 まず、報告第1号 専決処分事項についてでありますが、平成21年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)ほか、5特別会計につきましては、出納閉鎖による繰上充用額を計上したものであります。


 報告第2号 専決処分事項の報告については、交通事故1件の損害賠償について専決処分したものの報告であり、報告第3号 繰越明許費について、報告第4号 田辺市水道事業会計の建設改良費の繰越しについて、報告第5号 田辺市水道事業会計の事故繰越しについて及び報告第6号 田辺市水道事業会計の継続費の逓次繰越しについては、それぞれの会計において、平成21年度に予算を繰り越して執行することにしたものであります。


 議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正については、新たに鮎川2567番地の1に学童保育所を設置するため改正するもので、議案第2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正については、軽費老人ホームの設備及び運営に関する基準が厚生労働省令として施行されたことに伴い、所要の規定の整備を行うもので、議案第3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正については、特定家庭用機器再商品化法施行令の一部改正により衣類乾燥機が特定家庭用機器廃棄物に指定されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 議案第4号 田辺市商工業振興条例の制定については、市内における商工業の発展が地域の経済及び社会に果たす役割の重要性にかんがみ、商工業の振興に関する基本的な事項を定めることにより、商工業の基盤の強化と地域経済の活性化を促進し、もって地域社会の発展と市民生活の向上に寄与することを目的として、議案第5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定については、出水による災害を未然に防止し、地域住民の安全を図るため、建築基準法に基づき、災害危険区域の指定及び当該区域内における建築物の建築の制限について、必要な事項を定めるため、それぞれ制定するものであります。


 議案第6号 田辺市公園条例の一部改正については、新たに上の山二丁目5番18号及び8番21号に公園を設置するとともに、御所谷公園及び松原公園を廃止するため、議案第7号 田辺市集会所条例の一部改正については、新たに上の山二丁目8番19号に集会所を設置するため、議案第8号 田辺市営住宅条例の一部改正については、中辺路団地及び本宮団地の一部を廃止するためそれぞれ改正するもので、議案第9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正については、田辺第一小学校体育館の新築に伴い、その使用料の額を改定するもので、議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正については、中部公民館の新築移転に伴い、その位置を変更するものであります。


 議案第11号 工事請負契約の締結については、紀南文化会館舞台機構改修工事請負契約の締結について、議案第12号 物品購入契約の締結については、化学消防ポンプ自動車(?型)購入契約の締結について、議案第13号 訴えの提起については、市営住宅の滞納家賃の支払いを求める訴えを提起するため、議案第14号 訴えの提起については、市営住宅の滞納家賃及び駐車場使用料の支払いを求める訴えを提起するため、議案第15号 民事調停の申立てについては、市営住宅の家賃及び駐車場使用料の滞納者に対し、当該家賃等の支払いを求める民事調停の申立てを行うため、議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更については、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律の規定により、それぞれ議決をお願いするものであります。


 次に、議案第17号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第2号)につきまして、その概要をご説明申し上げます。


 今回の補正は、当初予算が骨格予算でありましたことから、第1次産業と商工業及び観光産業の連携等による産業力の強化、心豊かに暮らせるように文化・スポーツ・生涯学習を含む教育の充実による文化力の向上、中心市街地や山村地域の活性化及び地域福祉の向上を図る地域力の充実に重点を置いて施策を推進するため、総額で14億9,594万4,000円を計上しております。


 歳出の主なものを申し上げますと、総務費では、大塔地域での住民バス運行委託料、災害時の孤立集落対策として移動系無線機の購入費、各行政局管内におけるICT情報交流サロン事業費、本宮町静川地区への移動通信用鉄塔施設の整備費等を、民生費では、鮎川学童保育所の開設費、社会福祉法人が向山地区で実施する児童養護施設の整備に対する補助金、日向保育所の耐震改修費、旧四村川小学校を活用した高齢者支援ハウスの整備費等を、衛生費では、プラスチックごみを燃料として再利用するプラスチックリサイクル処理業務委託料、焼却炉の水道水の節約を図るために浸出水処理施設放流水利用整備工事費等を、労働費では国の若年者等正規雇用化特別奨励金の対象者等に対する雇用促進奨励金補助金を、農林水産業費では、新規就農者を育成する農業担い手雇用創出事業委託料、植林地伐採後の再造林を促進する、やまづくりモデル事業費補助金、林業生産体制の向上を図るため、森林組合が実施する高性能林業機械の整備に対する農山漁村活性化プロジェクト支援交付金、林道小松原大川線の舗装等を行う住環境整備事業費、和歌山南漁業協同組合が効率化を図るために実施する製氷施設の整備に対する補助金等を、商工費では情報技術の人材のすそ野を広げるIT活用先端地域推進事業委託料、新たな情報通信システムを活用して、地域活性化等を行う情報産業活性化事業委託料、中心市街地の活性化を図るために、商店街振興組合連合会が実施する安心・安全な商店街づくり事業等に対する中心市街地活性化支援事業費補助金、全国に田辺市をPRする観光情報誌制作委託料、中辺路町の観光案内拠点施設である熊野古道館の整備委託料、国内外からの誘客と滞在を促進する田辺市・十津川村観光圏整備事業費補助金等を、土木費では、駅前広場整備の基本計画の策定、江川都市下水路のポンプ場機械設備の更新、市営住宅の補完と中心市街地への人口増を図るために、中心市街地家賃補助金等を、消防費では防火水槽設置工事費を、教育費では秋津川小学校便所改築工事費、耐震2次診断の結果に基づき計画的に耐震改修を進めるため、小学校6校及び中学校2校の耐震補強設計、小学校2校及び中学校1校の体育館の耐震改修工事費、第70回国民体育大会の開催に向けて、三四六運動公園の整備を検討する基本計画策定委託料等を、諸支出金では川湯簡易水道及び請川簡易水道を統合して整備するために簡易水道事業特別会計繰出金等を計上するほか、地方債の補正をしております。


 今回の補正に要する財源としましては、国庫支出金、県支出金、繰入金、市債等をもって充てることにしております。


 議案第18号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、臨時職員賃金を、議案第19号 平成21年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、川湯簡易水道及び請川簡易水道を統合して整備するための変更認可申請等の委託料を、議案第20号 平成21年度田辺市戸別排水処理事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、浄化槽1基の設置工事費及び地方債を、それぞれ補正するものであります。


 報告第7号 平成20年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告について、及び報告第8号 平成20年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告については、当該法人から提出のあったものの報告であります。


 以上、提案いたしました議案についてご説明申し上げましたが、詳細につきましては、関係部課長から説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いいたします。


 以上です。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて、補足説明を求めます。


 総務部長、岡本美彦君。


           (総務部長 岡本美彦君 登壇)


○総務部長(岡本美彦君)    それでは、議案書に基づきまして、補足説明をさせていただきます。


 1ページをお願いいたします。


 3定報告第1号 専決処分事項については、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したもので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認をお願いするものです。


 専決処分事項といたしましては、平成21年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)から、平成21年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1号)までの6件で、内容につきましては、いずれも前年度の歳入が歳出に対して不足する額を翌年度の歳入を繰り上げて、その年度の歳入に充用する措置について専決処分をしたものです。


 詳細につきましては、2ページから20ページまでの各特別会計補正予算をご参照願います。


 21ページをお願いします。


 3定報告第2号 専決処分事項の報告については、損害賠償の額を定め、和解することについて地方自治法第180条第1項の規定による指定に基づき専決処分したので、同条第2項の規定により、これをご報告申し上げるものです。


 内容といたしましては、平成21年3月23日午後3時3分ごろ、本市学校教育課職員が新庄小学校へ向かうため小型乗用自動車を運転し、田辺市民総合センターから湊1664番地先の県道田辺龍神線へ進入しようとしたところ、歩道上を稲成町方面から走行してきたAさん運転の自転車と接触し、同人に右膝挫傷等の負傷をさせるとともに、当該自転車を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が5万9,608円を相手方に支払うものです。


 次に、22ページをお願いします。


 3定報告第3号 繰越明許費について、平成20年度田辺市一般会計歳出予算、平成20年度田辺市後期高齢者医療特別会計歳出予算、平成20年度田辺市介護保険特別会計歳出予算、平成20年度田辺市簡易水道事業特別会計歳出予算及び平成20年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳出予算の経費の金額を翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するもので、内容につきましては、23ページ及び24ページ、あわせて別冊参考資料の1ページ及び2ページをご参照願います。


 一般会計では、定額給付金事業、ビジターセンター建設事業、道路新設改良事業、田辺第一小学校建設事業など26事業、翌年度繰越額といたしまして、あわせて34億4,381万5,551円を繰り越すものです。


 後期高齢者医療特別会計では、システムプログラム修正委託料867万5,000円、介護保険特別会計でも、システムプログラム修正委託料390万円、簡易水道事業特別会計では、龍神中央簡易水道施設整備事業など2事業、あわせて2,880万円、漁業集落排水事業特別会計では、漁業集落排水施設整備事業1億2,000万円を繰り越すものです。


 次に、25ページをお願いします。


 3定報告第4号 田辺市水道事業会計の建設改良費の繰越しについて、平成20年度田辺市水道事業会計予算において、建設改良に要する経費を翌年度に繰り越したので、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告するもので、内容につきましては、平成20年度田辺市水道事業会計予算繰越計算書にありますように、配水設備改良事業費1,682万9,000円を繰り越すものです。


 次に、26ページをお願いします。


 3定報告第5号 田辺市水道事業会計の事故繰越しについて、平成20年度田辺市水道事業会計予算において、営業費用を翌年度に繰り越したので、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告するもので、内容につきましては、繰越計算書にありますように、配水及び給水費など837万9,000円を繰り越すものです。


 次に、27ページをお願いします。


 3定報告第6号 田辺市水道事業会計の継続費の逓次繰越しについて、継続費に係る平成20年度田辺市水道事業会計予算の支出予定額のうち、支払義務が生じなかったものについて、逓次繰越しをしたので、地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により報告するもので、内容につきましては、繰越計算書にありますように、中央監視設備更新工事費3,840万円を繰り越すものです。


 次に、28ページをお願いします。


 3定議案第1号 田辺市学童保育所条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、新たに鮎川2567番地の1大塔行政局の施設内に鮎川学童保育所を設置するために改正するものです。


 次に、30ページをお願いします。


 3定議案第2号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、軽費老人ホームの設備及び運営に関する基準が厚生労働省令として、施行されたことにより、従来、軽費老人ホームの形態は、軽費老人ホームA型、軽費老人ホームB型、ケアハウスの3つに分かれていたものが一元化され、軽費老人ホームとされたことにより、所要の規定の整備を行うものです。


 次に、32ページをお願いします。


 3定議案第3号 田辺市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、有用な部分や材料をリサイクルすることが定められた特定家庭用機器再商品化法、いわゆる家電リサイクル法の施行令の一部改正により、一般家庭等から廃棄物として排出された家電製品のうち、衣類乾燥機が新たにリサイクル対象機器に追加指定されたことに伴い、本市において衣類乾燥機を廃棄物として処理する必要がなくなったことから、所要の改正を行うものです。


 次に、34ページをお願いします。


 3定議案第4号 田辺市商工業振興条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、本市の中心市街地の活性化に向けた取り組みを機に、市内における商工業の発展が、地域の経済及び社会に果たす役割の重要性にかんがみ、商工業の振興に関する基本的な事項を定めることにより、商工業の基盤の強化と地域経済の活性化を促進し、もって地域社会の発展と市民生活の向上に寄与することを目的として、事業者、組合等、市が一体となって商工業の振興を推進していくため制定するものです。


 次に、37ページをお願いします。


 3定議案第5号 田辺市熊野川出水災害危険区域に関する条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、たび重なる浸水被害が発生している熊野川右岸の本宮町本宮地区において、この地区の浸水被害を防ぐ県の熊野川土地利用一体型水防災事業により、輪中堤が築堤されることに伴い、建築基準法に基づき、浸水のおそれがある輪中堤の外側の区域を災害危険区域として指定し、当該区域内における建築物の建築の制限について、必要な事項を定めるため制定するものです。


 次に、39ページをお願いします。


 3定議案第6号 田辺市公園条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、御所谷住宅地区改良事業により、御所谷公園を廃止し、新たに2つの公園を設置するとともに、松原公園を廃止し、芳養公民館駐車場とするため、所要の改正を行うものです。


 次に、41ページをお願いします。


 3定議案第7号 田辺市集会所の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、御所谷住宅地区改良事業に伴い、新たに上の山二丁目8番19号に御所谷集会所を設置するため、改正するものです。


 次に、43ページをお願いします。


 3定議案第8号 田辺市営住宅条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、昭和29年度建設の木造平屋建て住宅である中辺路町栗栖川171番地の5の中辺路団地2戸及び昭和47年度建設の耐火平屋建て住宅である本宮町本宮1000番地の5の本宮団地1戸を譲渡処分するため改正するものです。


 次に、45ページをお願いします。


 3定議案第9号 田辺市立小学校及び中学校条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、田辺第一小学校建設事業により、同校に体育館を新築することに伴い、その使用料の額を改定するものです。


 次に、47ページをお願いします。


 3定議案第10号 田辺市公民館条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、中部公民館が田辺第一小学校の施設内に新築移転することに伴い、その所在地を変更するものです。


 次に、49ページをお願いします。


 3定議案第11号 工事請負契約の締結については、紀南文化会館舞台機構改修工事請負契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 工事名は、紀南文化会館舞台機構改修工事・契約の方法は指名競争入札、応札者数は3社、入札年月日は平成21年6月4日、契約金額は1億7,850万円、契約の相手方は三精輸送機株式会社、代表取締役、三和正明氏です。なお、工事概要等につきましては、別冊参考資料3ページをご参照願います。


 次に、50ページをお願いします。


 3定議案第12号 物品購入契約の締結については、化学消防ポンプ自動車?型購入契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決をお願いするものです。


 契約名は、化学消防ポンプ自動車?型購入契約で、契約の方法は指名競争入札、応札者数は3社、入札年月日は平成21年5月20日、契約金額は3,276万円、契約の相手方は、いすゞ自動車近畿株式会社和歌山事業本部、和歌山事業本部長、浜野晃治氏です。


 次に、51ページ及び52ページをお願いします。


 3定議案第13号 訴えの提起については、市営住宅内之浦5団地の家賃を滞納し、平成20年3月10日付の債務承認及び納付誓約書を履行しないだけでなく、再三の督促状及び催告状、内容証明郵便による催告にも一切応じず、また、職員の訪問及び電話による納付指導を行うも、支払う意思が全くないAさんに対して、市営住宅の滞納家賃の支払いを求める訴えを提起したいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 52ページの3定議案第14号 訴えの提起については、市営住宅栗栖川鍵団地の家賃を滞納し、平成21年2月27日付の債務承認及び納付誓約書を履行しないだけでなく、再三の督促状及び催告状、内容証明郵便による催告にも一切応じず、また、職員の訪問及び電話による納付指導を行うも、支払う意思がないBさん並びにその連帯保証人であるCさん及びDさんに対して、市営住宅の滞納家賃の支払いを求める訴えを提起したいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 なお、あわせて別冊参考資料5ページ及び6ページをご参照願います。


 次に、53ページをお願いします。


 3定議案第15号 民事調停の申立てについて、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、市営住宅の家賃及び駐車場使用料を滞納し、再三の納付指導に応じない入居者7人及び退去者1人並びにこれらの連帯保証人に対して、当該滞納家賃等の支払いを求める民事調停法に基づく調停を簡易裁判所に申し立てるものです。


 あわせて別冊参考資料7ページから9ページまでをご参照願います。


 次に、54ページをお願いします。


 3定議案第16号 田辺市辺地総合整備計画の変更について、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第5項において、準用する同条第1項の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、本宮町静川地内で計画しております移動通信用鉄塔施設整備事業を田辺市辺地総合整備計画に位置づけるため変更するものです。


 次に、56ページをお願いします。


 3定議案第17号 平成21年度田辺市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ14億9,594万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ371億3,105万7,000円とするもので、これに伴う地方債の補正につきましては、60ページをご参照願います。


 補正内容につきましては、70ページの歳出からご説明いたしますが、工事請負費につきましては、工事明細を90ページから92ページに、あわせて別冊参考資料の31ページから69ページに工事事業箇所図を掲載しておりますので、ご参照願います。


 それでは、議案書の70ページをお願いします。


 総務管理費、人事管理費につきましては、嘱託員賃金を各所管部局において該当する費目に計上しましたことに伴い、減額するものです。


 次に、企画費につきましては、地域づくり調査研究事業として、行政課題解決のための事業計画策定や、その実施に向けた調査研究が迅速かつ短期で実施できる体制を構築するため、大学等、教育研究機関との連携により現地で活動するために要する経費で、次の人権推進費につきましては、本年度より県が新たに創設した人権のまちづくりスタート支援事業の採択を受け、田辺市人権擁護連盟が実施する人権尊重社会のまちづくり事業に対する委託料の増額とそれに伴う市補助金の減額です。


 市民生活費につきましては、大塔地域で予定されております路線バスの再編に伴い、地域における住民の生活交通手段を確保するため、10月から予約制により、住民バスを運行するもの及びテレビ放送の受信について、地形上の問題により、共同受信施設を設置している共聴組合などに対し、デジタル化に対応するため施設の更新・改修を実施する費用の一部を助成するものです。


 71ページをお願いします。


 防災対策費につきましては、田辺市家具転倒防止対策事業として、自身では家具転倒防止金具の取りつけが困難な高齢者世帯や障害者世帯を対象に、取りつけ作業に係る費用を負担するもの、及び災害時の孤立集落対策として、県の孤立集落通信確保事業支援補助金を活用し、防災行政無線移動系無線機を購入し配備するものです。


 次の地域情報化推進費につきましては、山村地域の生活利便性の向上や過疎化対策の一環として県の補助を受け、各行政局管内においてインターネットなどの情報通信技術になれ親しんでいただく情報交流サロンを開設するもの、及び本宮町静川地区に携帯電話の移動通信用鉄塔施設を整備するものです。


 行政局費につきましては、龍神、大塔、本宮の各行政局の臨時職員及び嘱託職員の賃金です。72ページの住居表示費につきましては、八幡町、会津町、山手町、小泉、万呂小泉町内会の区域及びあたご町内会の一部を含めた湊北部地域で実施する住居表示の基礎調査に用する経費で、次の地籍調査事業費につきましては、地籍調査事業のため、配置しております嘱託職員の賃金です。


 続きまして、社会福祉費、障害者福祉費につきまして、障害者のコミュニケーション支援の充実を図るため、新たに要約筆記奉仕員養成事業及び視覚障害者代読・代筆奉仕員派遣事業を実施するもの、並びに発達におくれのある児童や障害児者及びその家族などの支援を行う発達相談支援事業を実施するもの、また、県のふるさと雇用再生特別基金を活用し、田辺市障害児者相談支援センター「ゆめふる」に新たに相談員1名を配置するものなどです。


 73ページにまいりまして、隣保館費につきましては、西部センター及び南部センターに配置しております臨時職員の賃金です。


 次に、児童福祉費につきましては、9月1日から大塔行政局の施設を活用し、新たに鮎川学童保育所を開設するもの、及び次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画を策定する軽費、並びに社会福祉法人が向山地区で実施する児童養護施設の整備に対し、補助金を交付するものです。


 児童措置費につきましては、児童手当関係事務のため配置しております嘱託職員の賃金です。


 74ページの保育所費につきましては、日向保育所の耐震改修等を実施するもので、次の老人福祉費、高齢者福祉施設整備事業費につきましては、旧四村川小学校を活用し、高齢者支援ハウスを整備するものです。


 75ページをお願いします。


 保健衛生費、環境衛生費につきましては、県の緊急雇用創出事業臨時特例基金を活用し、通常業務では対応が困難な不法投棄ごみやポイ捨てごみ等の撤去、回収をシルバー人材センターに委託するものです。


 清掃費、塵芥処理費につきましては、県のふるさと雇用再生特別基金を活用し、ペットボトル及び容器包装プラスチック以外のプラスチックごみを燃料として再利用するための処理業務を委託するもの、及び最終処分場の延命化対策として、埋立地ののり面整備工事を実施するもの、並びに焼却炉の温度上昇を抑制するため、噴霧している冷却用水に埋立地の浸出水処理施設にたまる放流水を活用し、水道水の節約を図るための整備工事を実施するものです。


 76ページにまいりまして、労働諸費につきましては、障害者や高齢者など特定求職者を雇用した事業所等への雇用促進奨励金の制度を拡充し、25歳以上40歳未満の不安定就労者や採用内定を取り消された学生、地域若者サポートステーション事業を活用した若者無就業者などを新たに対象とするため増額するものです。


 次の農業費、農業振興費につきましては、県のふるさと雇用再生特別基金を活用し、農業担い手雇用創出事業として、新たに雇用した者を高齢化等により、独自で耕作の困難な農業者への援農や借り上げた耕作放棄地の耕作に従事させることにより、新規就農者を育成する事業を農家で組織する団体に委託するもの及びアグリビジネス支援事業として農業者団体が実施している都市と農村との交流を通じて、農業と農村を活性化する活動に対して、助成するものです。


 77ページをお願いします。


 農業土木費、農業土木総務費につきましては、県の緊急雇用創出事業臨時特例基金を活用し、市内にあるすべてのため池の現状を把握するため、ため池の測量、堤体の漏水の状況、受益面積、管理体制等の調査を行い、ため池台帳のデータベース化を図るものです。


 農業施設整備事業費につきましては、市の単独事業として施工予定であった事業について、県の補助事業の採択を受けたことに伴い、財源更正を行うものです。土地改良施設維持管理適正化事業費につきましては、5カ年計画で県土地改良事業団体連合会に事業費を拠出し、当該期間内に施工する事業で、本年度に加入する用排水路改修1カ所及びため池改修1カ所分の拠出金を増額するものです。


 果樹農業再生基盤整備事業費につきましては、持続的な農業の発展を目指し、果樹栽培園地の小規模な改良整備に取り組むもので、国の補正に伴い、来年度に予定していた上芳養松場地区園地改良工事を前倒し実施するものです。


 小規模土地改良事業費につきましては、県の補助事業により農道4件、かんがい排水路14件の小規模な改良を実施するものです。


 次に、78ページをお願いします。


 林業費、林業振興費につきましては、県の紀の国森づくり基金を活用し、龍神2000年記念の森公園の植栽整備を実施するもの、及び森林組合等が行う植林地伐採後の再造林を促進するため、経費の一部を助成する、やまづくりモデル事業、木材産業の体制整備などのため、本宮町森林組合が実施する林業機械の導入に対し、補助金を交付する林業木材産業構造改革事業を実施するものです。


 山村振興費につきましては、集落支援活動事業として、県の緊急雇用創出事業臨時特例基金を活用し、各行政局に集落支援員を配置し、過疎・高齢化が進み集落機能の低下が懸念される山林集落の支援活動を行うもの、並びに、山村資源を活用した地域力の再生による定住を促進し、山村地域の振興を図るため、特用林産物などを活用した地域産品を生産する組合等の設備投資の一部を助成する山村地域力再生事業、林業生産体制の向上及び定住促進を推進するため及び森林組合の高性能林業機械の整備等に対して助成する農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業を行うものです。


 78ページから79ページの林業土木費、居住環境整備事業費につきましては、中辺路町小松原地区と中辺路町大川地区を結ぶ林道小松原大川線ののり面保護工事及び舗装工事を行うものです。


 次の水産業費、水産振興費につきましては、新庄漁業協同組合が中心となって取り組む海岸線の景観や海洋資源を活用し、漁船の特色を生かしたクルージング事業を実施するために必要となる経費の一部を助成するものです。


 漁業経営構造改善事業費につきましては、和歌山南漁業協同組合が実施する老朽化が著しい製氷・貯氷施設の新設にかかる費用に対し、補助金を交付するものです。


 80ページの商工費、商工総務費につきましては、商工振興課に配置しております臨時職員の賃金で、商工振興費につきましては、中心市街地活性化基本計画に基づき、扇ヶ浜でのレンタサイクルや街あるきマップを作成するまちづくりプロジェクト事業、県のふるさと雇用再生特別基金を活用し、株式会社まちづくり田辺の体制強化を図る中心市街地活性化スタートアップ事業、商店街の空き店舗等を新たに賃借し、出店する中小企業者を支援する中心市街地開業支援事業、商店街振興組合連合会が実施する防犯カメラ設置やイルカカードを活用したにぎわい創出事業を支援する中心市街地活性化支援事業を実施するもの、また、厳しい雇用情勢に対応するため、県のふるさと雇用再生特別基金を活用し、高校生を対象に情報技術の基礎的知識を身につける講座を開催するIT活用先端地域推進事業、特用林産物のブランド化を図る地域資源付加価値創造事業、新たな情報通信システムや情報媒体を活用した地域活性化の取り組みや情報発信を行う情報産業活性化事業及び田辺PR事業、地域産品と観光情報の発信を通じて田辺市の地域ブランドの創造と確立を図る紀州田辺ブランド推進事業、大規模商談会への出展・PRにより地域産品と地域の認知度向上を図るための商談会出展事業などを実施するものです。


 続きまして、81ページの観光費につきましては、全国に広く田辺市をPRするため、知名度のある観光情報誌において、田辺版を制作し、全国の書店等で販売する事業、世界に向けた観光情報提供機能の充実を図り、さらなる誘客を促進するため、市内の観光拠点施設3カ所に着地型旅行業の経験者や外国人対応が可能な職員を配置する事業、及び中辺路地域における観光及び世界遺産の案内拠点施設として、観光案内機能や展示の充実、飲食・物産販売等、もてなし機能の充実を図るため、熊野古道館を整備する事業を実施するもの、並びに、田辺市と十津川村が観光地相互間の連携により観光圏を形成し、圏域内の観光資源を活用した各種事業の展開を図ることにより、国内外からの観光客の誘客と滞在を促進する聖地熊野を核とした、いやしとよみがえりの観光圏整備事業、及びファミリー向け海水浴場として、扇ヶ浜海水浴場のさらなる誘客を促進するとともに、市街地への誘導による地域の活性化を図るため、株式会社まちづくり田辺が実施する「扇ヶ浜海水浴場イルカふれあい事業」に対し補助金を交付するものです。


 世界遺産熊野本宮館運営費につきましては、熊野本宮館に配置する嘱託職員及び臨時職員の賃金で、共同作業場整備事業費につきましては、梅干加工大型共同作業場の空調設備が更新時期に至ったことにより、3基分の空調設備を更新するものです。


 82ページをお願いします。


 道路橋梁費、道路新設改良費につきましては、市道明洋団地古町線の用地・補償2件とまちづくり交付金を活用して実施する湊88号線及び湊栄町1号線、県地震防災対策事業費補助金を活用して実施する新庄町19号線の整備に要するものなどです。


 次の交通対策費、交通対策総務費につきましては、田辺警察署との連携により、高齢者を対象とした交通安全大学を実施するものです。


 83ページにまいりまして、都市計画費、都市計画総務費につきましては、中心市街地活性化基本計画に基づき、まちづくり交付金を活用して実施する中心市街地内での空き店舗、空き屋の情報提供を行う「街なか住み替え支援事業」と駅前広場の整備を検討するための基本計画の策定、及び県の緊急雇用創出事業臨時特例基金を活用し、県屋外広告物条例に基づく禁止地域、許可地域における屋外広告物の現状調査を実施するものなどです。


 公園管理費につきましては、宝来町で民間事業者が行った宅地開発事業に伴い寄附を受けた公園用地をまちづくり整備基金を活用し、宝来公園として整備するものです。


 高速道路整備関連事業費につきましては、高速道路の整備促進に伴い、必要となる事業として、市道改良1線、水路改修2カ所を整備するものです。


 都市下水路費につきましては、江川ポンプ場のポンプ施設2基のうち、老朽化している1基のエンジン及び減速機を更新するもので、あわせて事業実施に伴う人件費についても都市計画総務費から組み替えを行っております。


 84ページの住宅費、住宅管理費につきましては、中心市街地への若年層の流入と子育て支援、公営住宅施策の補完などを目的としたモデル事業として、民間賃貸住宅家賃補助事業を実施するものです。


 85ページをお願いします。


 消防費、常備消防費につきましては、年次計画に基づき進めている防火水槽の整備にかかるもので、目良地区と中辺路町川合地区に40トン防火水槽を設置するためのものです。


 次の教育総務費、教育指導費につきましては、国の委託事業により三栖小学校を実践中心校として、子供に望ましい食習慣を身につけさせることができるよう、栄養教諭を中心に学校、家庭、地域との連携による食に関する取り組みを行う食育推進事業を実施するものです。


 86ページをお願いします。


 小学校費、学校管理費につきましては、秋津川小学校の便所建築及び稲成小学校谷上プールの撤去を行うもので、学校施設耐震改修事業費につきましては、昨年度までに実施いたしました耐震2次診断の結果に基づき、耐震補強が必要な学校施設について、年次的に耐震改修工事を実施していくため、小学校6校の補強設計及び2校の耐震改修工事を行うもので、次の中学校費、学校施設耐震改修事業費につきましても同様に、中学校2校の補強設計及び1校の耐震改修工事を行うものです。


 次に、87ページの社会教育費、文化財費につきましては、森林の保全と特別天然記念物であるカモシカを保護するため、龍神村の地域3カ所に防護柵を設置するものです。


 公民館費につきましては、芳養公民館の駐車場について、新芳養漁港に公園が整備されることなどから、手狭な現在の駐車場と公民館の前にある公園とをあわせて、新たに駐車場として整備するものです。


 文化振興費につきましては、県の障害者自立支援特別対策事業を活用し、紀南文化会館2階の障害者用便所をオストメイト対応に改修するものです。


 88ページをお願いします。


 保健体育費、保健体育総務費につきましては、平成27年に和歌山県で開催される第70回国民体育大会において、サッカー、ボクシング、軟式野球、弓道の4競技の本市開催が決定していることから、開催に向けた施設整備に係る基本計画を策定するもの、及び本年度に開催が予定されている第48回全日本登山体育大会、メイジャ・マクレ・14リーグ第11回紀州田辺ジャパンカップ国際親善ソフトボール大会を支援するためのものです。


 学校給食費につきましては、城山台学校給食センターへの規格外食材の納入に伴い、昨年度納入事業者から自主返納された返納金相当額を給食費負担者に返還するものです。


 次の特別会計繰出金、簡易水道事業特別会計繰出金につきましては、川湯・請川簡易水道統合整備事業を実施するための事前調査業務に要する費用を繰り出すもので、次のページの戸別排水処理事業特別会計繰出金につきましては、秋津川小学校の便所を建築することに伴う浄化槽設置により設置基数は増加するものの、従来の国庫補助率3分の1が本年度はモデル事業の創設により2分の1になったことに伴い、繰出金が減少するものです。


 以上、今回の一般会計の補正に要する財源といたしましては、分担金、使用料、国庫支出金、県支出金、財産収入、繰入金、繰越金、市債等をもって充てております。


 次に、93ページをお願いします。


 3定議案第18号 平成21年度田辺市の国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条 事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ130万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ107億9,815万6,000円とするもので、内容につきましては、職員配置の変更に伴い国民健康保険の資格異動の届け出等に関する窓口対応を円滑に行うため、配置した臨時職員の賃金を増額するもので、補正の財源といたしましては、繰越金を充てております。


 次に、96ページをお願いします。


 3定議案第19号 平成21年度田辺市の簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)は次に定めるところによる


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,650万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億3,078万円とするもので、内容につきましては、整備後30年以上が経過し、老朽化及び能力低下等により、継続運営が困難な川湯及び請川の簡易水道施設につきまして、浄水能力を高め、老朽化した給配水管の布設替え等統合整備を行うための事前調査業務を実施するもので、補正の財源といたしましては、一般会計繰入金を充てております。


 次に99ページをお願いします。


 3定議案第20号 平成21年度田辺市の戸別排水処理事業特別会計補正予算(第1号)は次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ154万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,741万4,000円とするもので、内容につきましては、秋津川小学校の便所を建築することに伴い、浄化槽を設置するもので、財源につきましては、先ほど一般会計からの繰出金でご説明しましたとおり、国庫補助率が2分の1に増加したことにより、国庫支出金を増額し、繰入金及び市債を減額しております。


 次に、104ページをお願いします。


 3定報告第7号 平成20年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告については、次のとおりです。


 次ページをお願いします。


 平成20年度田辺市土地開発公社事業報告書です。


 1.土地の取得につきましては、公有地取得事業として、芳養漁港集落環境整備事業用地42.09平方メートルを324万6,696円で取得いたしました。


 2.土地の処分につきましては、公有地取得事業として、海蔵寺地区土地区画整理事業用地746.71平方メートルを1億4,149万4,220円で、また土地造成事業として、城山台地区開発事業用地1,345.75平方メートルを7,732万6,409円で売却いたしました。


 106ページをお願いします。


 3.手持資産状況につきましては、芳養漁港集落環境整備事業用地等9事業用地で面積36万136.15平方メートル、金額にいたしまして36億2,580万2,039円を保有しております。詳細につきましては、記載のとおりです。


 次に107ページをお願いします。


 平成20年度田辺市土地開発公社貸借対照表です。資産の部につきましては、流動資産と固定資産を合わせて資産合計が37億3万9,477円です。


 108ページにまいりまして、負債の部につきましては、負債合計が34億5,192万3,615円です。


 次に、資本の部につきましては、資本金が田辺市からの出資財産1,000万円、準備金が前期繰越準備金と当期純損失を加減いたしました2億3,811万5,862円で、資本合計が2億4,811万5,862円となり、負債合計を合わせた負債資本合計は37億3万9,477円です。


 109ページは、平成20年度田辺市土地開発公社損益計算書です。


 当該事業年度につきましては、1,921万1,370円の当期純損失となっております。


 次の110ページは、キャッシュフロー計算書です。当該事業年度につきましては、現金及び現金同等物期末残高は、7,161万6,757円となっています。


 111ページの平成20年度田辺市土地開発公社財産目録につきましては、貸借対照表と同じ内容ですので、説明は省略させていただきます。


 次に、112ページをお願いします。


 平成20年度田辺市土地開発公社決算報告書です。


 収益的収入及び支出につきましては、収入の決算額が2億2,481万1,726円、支出の決算額が114ページの合計2億4,402万3,096円です。


 続いて、資本的収入及び支出につきましては、収入の決算額が35億円、次のページにまいりまして、支出の決算額は37億406万7,673円です。内容の説明につきましては、事業報告書等で申し上げましたので、省略させていただきます。


 また、116ページには、監事の監査報告書を添付しております。


 次に、117ページをお願いします。


 3定報告第8号 平成20年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告については、次のとおりです。


 内容につきましては、118ページからの収支決算書でご説明申し上げます。


 収入の部では、補助金収入として田辺市から102万1,000円、諸収入の会場使用料33万4,017円、前期繰越収支差額15万2,893円等を合わせまして、収入合計は152万175円となっています。


 次のページにまいりまして、支出の部では、管理費が149万3,414円で、その内訳は、光熱水費、警備保障、消防設備保守点検委託料、電話料、通信料等が主なもので、積立金支出1万1,328円を合わせて支出合計は、150万4,742円となり、次期繰越収支差額1万5,433円を次年度に繰り越すこととなります。


 このほか120ページに、貸借対照表、財産目録等を記載しておりますので、ご参照願います。


 以上をもちまして、補足説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。


           (総務部長 岡本美彦君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    以上をもって、提出者の説明が終了いたしました。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております28件については、審議の都合上、後日審議願うことにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 この場合、お諮りいたします。


 本日の会議はこの辺にとどめ延会し、明6月16日から6月23日までの8日間は議案精査のため休会とし、6月24日午前10時から再開いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 なお、一般質問の通告につきましては、6月16日午後4時までに事務局へ提出願います。締め切り後、抽せんにより質問順位を決定し、通知申し上げます。


 延 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、本日はこれをもって延会いたします。


              (午後 2時08分)





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成21年6月15日


                   議  長  宮 田 政 敏





                   議  員  久 保 浩 二





                   議  員  安 達 幸 治





                   議  員  安 達 克 典