議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成21年 5月臨時会(第1号 5月25日)




平成21年 5月臨時会(第1号 5月25日)





             田辺市議会5月臨時会会議録


             平成21年5月25日(月曜日)


           ──────────────────


 
 平成21年5月25日(月)午後1時開議


 第 1 仮議席の指定


 第 2 議長の選挙


 第 3 議席の指定


 第 4 会議録署名議員の指名


 第 5 会期の決定


 第 6 副議長の選挙


 第 7 2臨発議第1号 田辺市議会委員会条例の一部改正について


 第 8 議会運営委員の選任


 第 9 2臨報告第1号 専決処分事項について


 第10 2臨報告第2号 専決処分事項の報告について


 第11 2臨議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正について


 第12 2臨議案第2号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第1号)


 第13 2臨議案第3号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)


 第14 2臨議案第4号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)


 第15 2臨議案第5号 平成21年度田辺市診療所事業特別会計補正予算(第1号)


 第16 2臨議案第6号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)


           ──────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第16まで


           ──────────────────


〇議員定数 26名


〇欠  員  0名


           ──────────────────


〇出席議員


             議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  市 橋 宗 行 君


             5番  安 達 幸 治 君


             6番  安 達 克 典 君


             7番  谷 口 和 樹 君


             8番  鈴 木 太 雄 君


             9番  小 川 浩 樹 君


            10番  塚   寿 雄 君


            11番  山 本 紳 次 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  佐 井 昭 子 君


            14番  中 本 賢 治 君


            15番  棒 引 昭 治 君


            16番  出 水 豊 数 君


            17番  宮 本 正 信 君


            18番  高 垣 幸 司 君


            19番  陸 平 輝 昭 君


            20番  山 口   進 君


            21番  宮 田 政 敏 君


            22番  吉 田 克 己 君


            23番  久 保 隆 一 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  吉 本 忠 義 君


           ──────────────────


〇欠席議員  なし


           ──────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名        氏     名


           市長          真 砂 充 敏 君


           副市長         森   章 二 君


           収入役         福 田 安 雄 君


           教育長         中 村 久仁生 君


           水道事業管理者     大 江 潔 史 君


           企画部長        山 崎 清 弘 君


           企画広報課長      松 川 靖 弘 君


           自治振興課長      宮 ? 和 人 君


           総務部長        岡 本 美 彦 君


           総務課長        小 川   鏡 君


           契約課長        田 中 久 雄 君


           市民環境部長      池 田 正 弘 君


           市民課参事       葉 糸 真 一 君


           保健福祉部長      田 中   敦 君


           産業部長        福 井 量 規 君


           森林局長        原 ? 喜 一 君


           建設部長        中 山 泰 行 君


           建設部理事       長 嶝 義 雄 君


           計画課長        野 田 眞一郎 君


           中辺路行政局長     梅 田 敏 文 君


           消防長         岩 本 徳 三 君


           教育次長        ? 田 和 男 君


           ──────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長   中 瀬 政 男


            議会事務局次長  岩 本 さち代


            議会事務局主任  前 溝 浩 志


            議会事務局主査  松 本 誠 啓





 開 会


○事務局長(中瀬政男君)    皆さん、こんにちは。議会事務局長の中瀬でございます。


 本臨時会は、一般選挙後、初めての議会でございますので、地方自治法第107条の規定によりまして、議長が選挙されるまでの間、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになります。


 ただいまの出席議員のうち、年長者は吉本忠義議員でございます。吉本忠義議員、議長席にお着き願います。


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    ただいまご紹介をいただきました吉本忠義でございます。年長の故をもって、地方自治法第107条の規定により、しばらくの間、臨時議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。


 それでは、地方自治法第113条の規定による定足数がありますので、ただいまから本日招集の平成21年第2回田辺市議会臨時会を開会いたします。


              (午後 1時01分)


          ──────────────────





◎市長招集あいさつ





○議長(臨時議長 吉本忠義君)    日程に入るに先立ち、市長から本臨時会招集のあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    本日、平成21年第2回田辺市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多用の中をご出席いただき、まことにありがとうございます。


 季節の移り変わりというものは本当に早く、先月はまだまだ肌寒さも感じられましたが、24節季の一つである立夏を過ぎ、周辺の山々では新緑が美しく、少しずつ夏の気配が感じられるようになってまいりました。また、中旬には30度を超える気温が観測されたところもあり、暦の上だけでなく、一時的に夏本番を思わせるような気候となりました。


 一方、毎年冬に流行しているインフルエンザですが、連日、テレビや新聞で報道されているように、現在、新型インフルエンザが世界的な広がりを見せております。先日、国内でも感染者が確認された後、日ごとに感染者が増加しており、今後のさらなる感染拡大が懸念されています。国におきましては、基本的対処方針等に基づき、対策を講じており、県や市におきましても相談窓口の設置や予防策の啓発など、その対応を図っているところでありますが、市民の皆様方には国や地方自治体からの情報に十分注意され、予防に努められるとともに、冷静な対応を行っていただきたいと思います。


 さて、新市が発足してから早いもので丸4年が経過し、先月26日には市長選挙、市議会議員選挙が執行されました。本日、この場にご参集の議員の皆様方にはそれぞれに厳しい選挙戦を戦い抜いてこられたわけですが、晴れて26の議席を手にされた皆様方に心から敬意を表し、改めてお喜び申し上げます。


 私も皆様方と同様、市民の皆様方を初め、各方面の方々から温かいご支持、ご支援をいただき、引き続き2期目の田辺市政を担当させていただくこととなりました。このたび賜りましたご支援、ご厚情に対し、この場をおかりいたしまして、改めて厚くお礼申し上げます。


 皆様方から寄せられた期待の大きさや託された市政発展への重責などを思いますと、まことに身の引き締まる思いでいっぱいでございますが、そうした期待に誠心誠意お答えできるよう、精いっぱいの努力を重ねてまいるべく決意を新たにしているところであります。


 今回の選挙を通して、本当に限られた時間ではありましたが、市民の皆様方に今後、取り組むべき重要課題等について、その考え方や施策の方向性などを訴えてまいりました。これまでの1期4年間は市町村建設計画に基づき、まずは合併前からの懸案であったそれぞれの地域の課題解消に向けたさまざまな施策を実施するなど、新市としての一体感の醸成と合併効果の具現化を目指して、邁進してまいりました。この4年間を新市の基礎づくりとすれば、2期目の4年間は骨格づくりであり、全体像づくりであると考えております。


 市町村建設計画は、10年計画ですが、2期4年間を合わせた8年間で、全体計画をおおむね達成したいと思っておりますし、また市の現状を踏まえた地域の課題にも柔軟に対応し、総合的に政策を進めてまいりたいと考えております。


 こうした中で、特に産業力の強化、文化力の向上、地域力の充実ということに重点を置きながら、田辺市力を高めていきたいと思っております。古い歴史や文化、また大自然やその恵みなど、田辺市の有する地域資源を最大限に生かしながら、引き続き産業振興に取り組むとともに、地域文化や教育、そして地域福祉の向上、さらには中心市街地や山村地域の活性化などを図り、加えて、紀南地域の中心都市としての責任を果たすべく、広域的な取り組みにも最善を尽くしてまいりたいと考えております。


 いずれにいたしましても、田辺市を取り巻く社会経済情勢は依然として厳しく、また、取り組まなければならない課題もまだまだ山積している中、決して容易に進められるものではございませんが、市民の皆様方との対話と協調を大切にしながら、心豊かに暮らせる田辺市を目指して、一歩一歩着実にまちづくりを進めてまいりたいと考えておりますので、議員各位におかれましても、なお一層のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 さて、本臨時会におきましては、専決処分の報告2件、条例に関するもの1件、予算に関するもの5件、その他1件について、それぞれご審議をお願いするものでございます。よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、招集に当たってのごあいさつとさせていただきます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


          ──────────────────


 開 議


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    それでは、本日の会議を開きます。


              (午後1時08分)


          ──────────────────


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    議事日程は、お手元に配付しているとおりであります。一応、全日程を記載していますが、臨時議長といたしましては、議長選挙までこの日程により議事を運営いたします。以後の日程については、新議長が運営されますのでご了承願います。


 それでは、日程に入ります。





◎日程第1 仮議席の指定





○議長(臨時議長 吉本忠義君)    日程第1 仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいま着席の議席といたします。





◎日程第2 議長の選挙





○議長(臨時議長 吉本忠義君)    日程第2 議長の選挙を行います。


 休 憩


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    この場合、暫時休憩をいたします。


              (午後 1時09分)


          ──────────────────


 再 開


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 3時51分)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    お諮りいたします。


 議長の選挙の方法はいかがいたしましょうか。


              (「投票」の声あり)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    投票の声がありますので、投票により議長の選挙を行います。


 投票を行う前に、投票について説明をいたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


          (議会事務局長 中瀬政男君 登壇)


○議会事務局長(中瀬政男君)    投票についてご説明申し上げます。


 この選挙は、地方自治法第118条の規定により、公職選挙法第46条第1項及び第4項、第48条、第68条第1項並びに普通地方公共団体の議会の議員の選挙に関する同法第95条の規定が準用されるものであります。


 すなわち、公職選挙法第46条第1項及び第4項は、投票用紙に候補者1人の氏名を自書して投函し、投票用紙には選挙人自身の氏名を記載してはならないとする投票の記載事項、及び投函に関する規定であり、第48条は身体の故障等により、みずから候補者の氏名を記載することができない選挙人は、申請して代理投票させることができるとする代理投票に関する規定であります。


 また、同法第68条は、無効投票の形式的無効原因に関する規定であり、さらに同法第95条は、当選人に関する規定で、この選挙に準用される普通地方公共団体の議会の議員の選挙については、有効投票の最多数を得、かつ有効投票の4分の1以上の得票があったものをもって当選人とするものであります。


 この選挙におきましては、これらの規定が準用されることになります。


 以上でございます。


          (議会事務局長 中瀬政男君 降壇)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    投票についての説明が終わりました。


 議場の出入り口の閉鎖を命じます。


                (議場閉鎖)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    ただいまの出席議員は26人であります。


 投票用紙は、この用紙を用います。


 投票用紙を配付いたさせます。


               (投票用紙配付)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    ただいま投票用紙を配付いたしました。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検させます。


               (投票箱点検)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票願います。


 それでは、点呼いたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


○議会事務局長(中瀬政男君)    それでは、点呼いたします。


 川?五一君、真砂みよ子君、久保浩二君、市橋宗行君、安達幸治君、安達克典君、谷口和樹君、鈴木太雄君、小川浩樹君、塚 寿雄君、山本紳次君、松下泰子君、佐井昭子君、中本賢治君、棒引昭治君、出水豊数君、宮本正信君、高垣幸司君、陸平輝昭君、山口 進君、宮田政敏君、吉田克己君、久保隆一君、天野正一君、森 哲男君、吉本忠義君。


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    投票漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 投票箱の閉鎖を命じます。


               (投票箱閉鎖)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    議場の出入り口の閉鎖を解きます。


                (議場開鎖)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    ただいまから開票を行います。


 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、投票点検の立会人として、塚 寿雄君、山本紳次君を指名いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、立会人として、塚 寿雄君、山本紳次君を指名いたします。


 両君の立ち会いを求めます。


 それでは、開票を命じます。


                (開  票)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数26票、うち有効投票数18票、無効投票数8票、投票総数は出席議員数と一致しております。


 続いて、得票数を報告いたします。


 15票、宮田政敏君、3票、真砂みよ子君。


 この選挙の法定得票数は7票であります。


 よって、宮田政敏君が議長に当選されました。


 宮田政敏君に通告いたします。


 あなたは、選挙の結果、議長に当選されましたので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から告知いたします。


 この場合、当選人から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 宮田政敏君。


            (議長 宮田政敏君 登壇)





◎議長就任あいさつ





○議長(宮田政敏君)    伝統ある田辺市議会議長に指名していただきました宮田でございます。これからは、田辺市民、そして市政進展のために、誠心誠意頑張っていきたいと思います。皆さん方のご協力をよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。


            (議長 宮田政敏君 降壇)


                (拍  手)


○議長(臨時議長 吉本忠義君)    それでは、議長が決まりましたので、議長席を交代させていただきます。


 議長は、議長席にお着き願います。ご協力ありがとうございました。


○議長(宮田政敏君)    先ほど臨時議長から議席の指名以降の議事日程については、新議長が決まってから運営されたいということでありましたが、特に日程の変更もございませんので、お手元に配付の日程に従って、会議を進めさせていただきたいと思います。





◎諸般の報告





○議長(宮田政敏君)    この場合、諸般の報告をいたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


          (議会事務局長 中瀬政男君 登壇)


○議会事務局長(中瀬政男君)    本日付、田総第78号をもって市長から本臨時会に提出の案件として、2臨報告第1号 専決処分事項についてなど、報告2件、及び2臨議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正についてなど、議案7件の送付がありました。いずれもお手元に配付しております。


 以上であります。


          (議会事務局長 中瀬政男君 降壇)





◎日程第3 議席の指定





○議長(宮田政敏君)    日程第3 議席の指定を行います。


 議席の指定の前にお諮りいたします。


 議席の番号の順序はいかがいたしましょうか。


             (「議長一任」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    議長一任の声がありますが、議長に一任願うことに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、議長に一任願います。


 議席の番号順は、議長席から向かって最前列の左端を1番とし、順次右へ数え、第2列目以降も同様に順次26番まで数えることにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 それでは、議員の議席は会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。


 議員の氏名と議席の番号を朗読いたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


          (議会事務局長 中瀬政男君 登壇)


○議会事務局長(中瀬政男君)    1番 川?五一君、2番 真砂みよ子君、3番 久保浩二君、4番 市橋宗行君、5番 安達幸治君、6番 安達克典君、7番 谷口和樹君、8番 鈴木太雄君、9番 小川浩樹君、10番 塚 寿雄君、11番 山本紳次君、12番 松下泰子君、13番 佐井昭子君、14番 中本賢治君、15番 棒引昭治君、16番 出水豊数君、17番 宮本正信君、18番 高垣幸司君、19番 陸平輝昭君、20番 山口 進君、21番 宮田政敏君、22番 吉田克己君、23番 久保隆一君、24番 天野正一君、25番 森 哲男君、26番 吉本忠義君。


 以上であります。


          (議会事務局長 中瀬政男君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    ただいま朗読をしたとおり、議席を指定いたします。





◎日程第4 会議録署名議員の指名





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第4 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第82条の規定により、本臨時会の会議録署名人として1番 川?五一君、2番 真砂みよ子君、4番 市橋宗行君、以上3人の諸君を、また会議録署名議員の予備議員として、5番 安達幸治君、6番 安達克典君、以上2人の諸君を指名いたします。





◎日程第5 会期の決定





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第5 会期の決定を上程いたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日から5月29日までの5日間と決定いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日から5月29日までの5日間と決定いたしました。





◎日程第6 副議長の選挙





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第6 副議長の選挙を行います。


 休 憩


○議長(宮田政敏君)    この場合、暫時休憩いたします。


              (午後 4時13分)


          ──────────────────


 再 開


○議長(宮田政敏君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 4時50分)


○議長(宮田政敏君)    この場合、本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめ延長いたします。


 休 憩


○議長(宮田政敏君)    それでは、暫時休憩いたします。


              (午後 4時50分)


          ──────────────────


 再 開


○議長(宮田政敏君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 5時16分)


○議長(宮田政敏君)    この場合、お諮りいたします。


 副議長の選挙の方法はいかがいたしましょうか。


              (「投票」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    投票の声がありますので、投票により副議長の選挙を行います。


 投票については、先ほど議長の選挙の際に説明いたしましたとおり、公職選挙法関係条項の規定が準用されることになります。


 議場の出入り口の閉鎖を命じます。


                (議場閉鎖)


○議長(宮田政敏君)    ただいまの出席議員は26人であります。


 投票用紙は、この用紙を用います。


 投票用紙を配付いたさせます。


               (投票用紙配付)


○議長(宮田政敏君)    ただいま投票用紙を配付いたしました。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検させます。


               (投票箱点検)


○議長(宮田政敏君)    異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名投票であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票願います。


 それでは、点呼いたさせます。


 議会事務局長、中瀬政男君。


○議会事務局長(中瀬政男君)    それでは、点呼いたします。


 1番 川?五一君、2番 真砂みよ子君、3番 久保浩二君、4番 市橋宗行君、5番 安達幸治君、6番 安達克典君、7番 谷口和樹君、8番 鈴木太雄君、9番 小川浩樹君、10番 塚 寿雄君、11番 山本紳次君、12番 松下泰子君、13番 佐井昭子君、14番 中本賢治君、15番 棒引昭治君、16番 出水豊数君、17番 宮本正信君、18番 高垣幸司君、19番 陸平輝昭君、20番 山口 進君、22番 吉田克己君、23番 久保隆一君、24番 天野正一君、25番 森 哲男君、26番 吉本忠義君、21番 宮田政敏君。


○議長(宮田政敏君)    投票漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 投票箱の閉鎖を命じます。


               (投票箱閉鎖)


○議長(宮田政敏君)    議場の出入り口の閉鎖を解きます。


                (議場開鎖)


○議長(宮田政敏君)    ただいまから開票を行います。


 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、投票点検の立会人として、13番佐井昭子君、14番 中本賢治君を指名いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、立会人として、13番 佐井昭子君、14番 中本賢治君を指名いたします。


 両君の立ち会いを求めます。


 それでは、開票を命じます。


                (開  票)


○議長(宮田政敏君)    それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数26票、うち有効投票数26票、投票総数は出席議員数と一致しております。


 続いて、得票数を報告いたします。


 26票、塚 寿雄君。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は7票であります。


 よって、塚 寿雄君が副議長に当選されました。


 10番 塚 寿雄君に通告いたします。


 あなたは、選挙の結果、副議長に当選されましたので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から告知いたします。


 この場合、当選人から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 10番 塚 寿雄君。


            (10番 塚 寿雄君 登壇)





◎副議長就任あいさつ





○10番(塚 寿雄君)    このたび、副議長に当選させていただきました塚 寿雄でございます。


 心からの感謝の気持ちと同時に、緊張し、そして身の引き締まる思いでいっぱいでございます。今後も、一つでも多くの行政課題が解決できるよう、微力ながら議長をサポートし、一生懸命頑張ってまいりますので今後とも議員の皆様方、当局の皆様方、ご指導、ご鞭撻のほどを心からお願い申し上げまして、簡単ではありますが、お礼やらお願いの言葉とさせていただきます。どうか、今後ともよろしくお願いいたします。


            (10番 塚 寿雄君 登壇)


                (拍  手)


○議長(宮田政敏君)    この場合、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    それでは、一言お祝いを申し上げます。


 本日、先ほどからの議長選挙、副議長選挙におきまして、議長に宮田議員が、また副議長に塚議員がそれぞれ就任されました。お二方のご就任を心からお喜び申し上げます。


 また、一昨年の6月から議長の重責を担われ、2年間にわたって市政の発展と市議会の円滑な運営に尽力された鈴木前議長に対しまして、深く敬意を表しますとともに、心から感謝を申し上げる次第でございます。本当にご苦労さまでした。


 さて、議員の皆様方を初め、市民の皆様方のご理解、ご協力のもと、新しい田辺市のまちづくりも着実に前進しているところではありますが、まだまだ取り組まなければならない課題も山積している状況にあります。市議会議長並びに副議長という重責につかれたお二方には、今後さまざまな部分でご苦労やご心労をおかけすることになると思いますが、どうか、これまでに培われた豊富な経験やすぐれた見識を発揮していただいて、田辺市はもとより、当地域のさらなる発展に向けて、大いにご活躍いただきますとともに、市当局に対しましても、より一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。


 本日のご就任、まことにおめでとうございます。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


 休 憩


○議長(宮田政敏君)    この場合、暫時休憩いたします。


              (午後 5時31分)


          ──────────────────


 再 開


○議長(宮田政敏君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 5時45分)





◎日程第7 2臨発議第1号 田辺市議会委員会条例の一部改正について上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第7 2臨発議第1号 田辺市議会委員会条例の一部改正についてを上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 24番、天野正一君。


            (24番 天野正一君 登壇)


○24番(天野正一君)    2臨発議第1号 田辺市議会委員会条例の一部改正について、田辺市議会委員会条例の一部改正について、地方自治法第112条第1項の規定により提出をいたします。


 平成21年5月25日、提出者、私、天野正一でございます。


 賛成者として、真砂みよ子議員、小川浩樹議員、塚 寿雄議員、宮本正信議員、陸平輝昭議員、吉田克己議員であります。


 提案理由は、議会運営委員会の委員定数を改めるものであります。


 田辺市議会委員会条例の一部を改正する条例、田辺市議会委員会条例(平成17年条例第212号)の一部を次のように改正する。


 第4条第2項中、11人を9人に改める。


 附則。この条例は平成21年5月25日から施行する。


 以上であります。ご審議の上、ご賛同を賜りますようよろしくお願いします。


            (24番 天野正一君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略することにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、2臨発議第1号は、委員会の付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    討論なしと認めます。


 それでは、お諮りいたします。


 2臨発議第1号は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、2臨発議第1号は、原案のとおり可決いたしました。





◎日程第8 議会運営委員の選任





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第8 議会運営委員の選任を行います。


 委員の選任については、委員会条例第7号第1項の規定により、議長から指名いたします。


 氏名表をお手元に配付いたします。


 ただいま配付いたしましたとおり、議会運営委員会委員には、川?五一君、安達克典君、小川浩樹君、松下泰子君、高垣幸司君、山口 進君、吉田克己君、久保隆一君、天野正一君、以上9名を指名いたします。





◎日程第 9 2臨報告第1号 専決処分事項についてから


 日程第16 2臨議案第6号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)一括上程





○議長(宮田政敏君)    続いて、日程第9 2臨報告第1号 専決処分事項についてから日程第16 2臨議案第6号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)まで以上8件を一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、専決処分報告2件、条例に関するもの1件、予算に関するもの5件でございまして、その概要についてご説明申し上げます。


 まず、報告第1号 専決処分事項についてでありますが、田辺市税条例等の一部を改正する条例につきましては、地方税法等の一部改正により、個人住民税における住宅借入金等特別控除の創設、固定資産税の負担調整措置の継続等について、田辺市国民健康保険税条例等の一部を改正する条例につきましても、地方税法等の一部改正に伴い、介護納付金課税額の賦課限度額の改定等について、田辺市半島振興対策実施地域における固定資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例につきましては、半島振興法第17条の地方税の不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の一部改正により、適用期限を延長することについて、それぞれ専決処分したものであります。


 平成20年度田辺市一般会計補正予算(第11号)につきましては、起債の決定に伴う財源更正等及び地方債の補正を、平成20年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましても、起債の決定に伴う財源更正及び地方債の補正をしたものであります。


 和歌山県市町村非常勤公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び組合規約の変更については、同組合に和歌山県住宅新築資金等貸付改修管理組合を加入するため専決処分したものであります。


 報告第2号 専決処分事項の報告については、道路に係る事故1件、交通事故1件、工作物の損傷事故1件の損害賠償について専決処分したものの報告であります。


 議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正については、本年6月に支給する期末手当等の支給割合を引き下げるため改正するものであります。


 議案第2号 平成21年度田辺市一般会計補正予算(第1号)につきましては、6月に支給する市長ほか特別職及び議員の期末手当、職員の期末手当及び勤勉手当の支給割合を引き下げ、6,488万7,000円を減額するもので、議案第3号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第4号 平成21年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)、議案第5号 平成21年度田辺市診療所事業特別会計補正予算(第1号)及び議案第6号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)につきましても、職員の期末手当等をそれぞれ減額するものです。


 以上、提案いたしました議案について、ご説明申し上げましたが、詳細につきましては、関係部課長から説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いいたします。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    続いて補足説明を求めます。


 総務部長、岡本美彦君。


           (総務部長 岡本美彦君 登壇)


○総務部長(岡本美彦君)    それでは、議案書に基づきまして補足説明をさせていただきます。


 1ページをお願いします。


 2臨報告第1号 専決処分事項については、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分したもので、同条第3項の規定により、これを報告しご承認をお願いするものです。


 専決事項といたしましては、田辺市税条例等の一部を改正する条例から、和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び組合規約の変更についてまでの6件で、内容につきましては、2ページから順を追ってご説明申し上げます。


 まず、2ページから7ページまでの田辺市税条例等の一部を改正する条例につきましては、平成21年3月31日に交付された地方税法等の一部を改正する法律等に基づくもので、改正の主な内容は、個人住民税における住宅借入金と特別税額控除の創設と固定資産税の負担調整措置の継続です。


 個人住民税における住宅借入金等特別税額控除の創設につきましては、平成21年分以後の所得税において、住宅借入金等特別税額控除の適用があるもので、平成21年から平成25年までに入居したもののうち、所得税から控除し切れなかった住宅借入金等、特別税額控除について、所得税の課税総所得金額等の額に100分の5を乗じて得た額と同額を、9万7,500円を限度として住民税から控除するものです。


 固定資産税の負担調整措置の継続につきましては、平成21年度の評価がえに伴い、宅地等に係る負担調整措置の仕組みを継続するとともに、据え置き年度において地価が下落している場合に、簡易な方法により価格の下落調整ができる特別措置を継続するものでございます。


 次に8ページをお願いします。


 田辺市国民健康保険税条例等の一部を改正する条例につきましても、平成21年3月31日に交付された地方税法等の一部を改正する法律等に基づくもので、主な改正点は国民健康保険税のうち、介護納付金課税額の上限を9万円から10万円に変更するものです。


 次に10ページをお願いします。


 田辺市半島振興対策実施地域における固定資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例につきましては、平成21年3月31日に交付された半島振興法第17条の地方税の不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の一部改正に基づくもので、半島振興対策実施地域における特別償却制度の適用期限を本年3月31日から平成23年3月31日に2年間延長するものです。


 次に、11ページをお願いします。


 平成20年度田辺市の一般会計補正予算(第11号)は次に定めるところによる。


 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ360万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ426億8,698万円とするもので、あわせて地方債の補正についてそれぞれ専決処分をしたものです。


 内容につきましては、18ページの歳出をお願いします。


 なお、今回の専決予算で補正額がゼロの費目は、起債額の確定に伴う財源の更正を行ったもので、その説明は省略させていただきますので、ご了承賜りたいと思います。


 本ページの災害救助費の500万円の減額につきましては、災害援護資金貸付金の該当がなかったことによるもので、26ページの簡易水道事業特別会計繰出金の140万円につきましては、簡易水道事業に関する起債額の確定に伴い、一般会計からの繰出金を増額するものです。


 補正の財源といたしましては、市債の減少に伴い繰越金を措置しております。


 次に、27ページをお願いします。


 平成20年度田辺市の簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億7,531万5,000円とする。内容につきましては、龍神中央ほか2地区の簡易水道施設整備事業について、起債の額が確定したことに伴い、財源更正を行ったもので、予算総額の増減はございません。


 次に、31ページをお願いいたします。


 和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項の規定により、同組合に平成21年4月1日付で設立されました和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合を同日から加入させるため、組合規約の変更を行ったものです。専決処分事項については、以上でございます。


 続きまして、32ページをお願いします。


 2臨報告第2号 専決処分事項の報告については、損害賠償の額を定め、和解することについて、地方自治法第180条第1項の規定による指定に基づき専決処分したもので、同条第2項の規定によりこれをご報告申し上げるものです。


 まず、1件目の内容といたしましては、平成21年2月12日午前9時10分ごろ、Aさんが、軽乗用自動車を運転し、市道合口線を北東へ走行中、龍神村甲斐ノ川1424番1地先の山林からの落石により、当該車両の前方部が損傷したもので、この損害に対する賠償金として、本市が9万4,468円を相手方に支払うものです。


 次に、33ページ、2件目の内容といたしましては、平成21年4月9日午後3時45分ごろ、本市龍神行政局住民福祉課職員が、市民総合センターから帰庁するため、軽貨物自動車を運転し、湊1666番地先の県道田辺龍神線路上の交差点を秋津町方面へ直進しようとしたところ、当該県道を同方面から進行してきたBさん運転の軽乗用自動車に接触し、当該車両の左後部を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として本市が11万6,897円を相手方に支払うものです。


 次に、3件目の内容といたしましては、平成21年3月26日午後3時10分ごろ、本市計画課職員が、軽貨物自動車を運転し、耐震改修事業に係る現地調査のため、Cさん宅の車庫に駐車しようとしたところ、運転車両に設置していた拡声機が、当該車庫の屋根に接触し、これを損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が5万6,994円を相手方に支払うものです。


 次に、34ページをお願いします。


 2臨議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、本年5月1日に出された人事院勧告により、国家公務員に対して、平成21年6月に支給する期末手当及び勤勉手当に関する特例措置がとられることに準じ、改正を行うものです。


 今回の特例措置につきましては、民間企業における本年の夏季一時金が、昨年の夏季一時金に比べ大きく減少することが伺われることから、可能な限り、民間の状況を公務に反映することが望ましいこと。


 また、12月期で1年分を精算しようとすると大きな減額となる可能性があることを考え、必要な措置を講じたものです。


 本市におきましても、平成21年6月に支給する期末勤勉手当を0.2カ月分引き下げるとともに、議員及び市長等の特別職に係る期末手当の支給規定につきましても、同様の改正を行うこととしておりますので、よろしくお願い申し上げます。


 次に、36ページをお願いします。


 2臨議案第2号 平成21年度田辺市の一般会計補正予算(第1号)は次に定めるところによる。


 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ6,488万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ356億3,511万3,000円とするものです。


 内容につきましては、議案第1号でご説明申し上げました市長ほか、特別職及び議員の平成21年6月に支給する期末手当並びに職員の期末勤勉手当の額を暫定的に減額することによるもので、財源といたしましては、地方交付税を減額しております。


 続きまして、59ページの2臨議案第3号 平成21年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)から73ページの議案第6号 平成21年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)までの4件につきましても、一般会計と同様に職員の期末勤勉手当の額を減額することによるものです。


 以上をもちまして、補足説明を終わらせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


           (総務部長 岡本美彦君 降壇)


○議長(宮田政敏君)    以上をもって、提出者の説明が終了いたしました。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております8件については、審議の都合上、後日審議願うことにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 この場合、お諮りいたします。


 本日の会議はこの辺にとどめ延会し、明5月26日から5月28日の3日間は休会とし、5月29日午後1時から開会いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(宮田政敏君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 なお、5月29日の再開日には、常任委員の選任をお願いする予定でありますが、常任委員の所属については、希望がある場合は明後日、27日午後4時までに議長、または事務局あてにお届け願います。できる限り希望の線に沿って選任いたしますが、希望に添いかねる場合もありますので、あらかじめご了承願います。


 また、29日の休憩中に記念撮影を行いますので、よろしくお願いいたします。


延 会


○議長(宮田政敏君)    それでは、本日はこれをもって延会いたします。


              (午後 6時07分)





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成21年5月25日


                   臨時議長  吉 本 忠 義





                   議  長  宮 田 政 敏





                   議  員  川 ? 五 一





                   議  員  真 砂 みよ子





                   議  員  市 橋 宗 行