議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成19年 9月定例会(第6号 9月28日)




平成19年 9月定例会(第6号 9月28日)





             田辺市議会9月定例会会議録


            平成19年9月28日(金曜日)


           ──────────────────


 
 平成19年9月28日(金)午後1時開議


 第 1 3定報告第 1号 専決処分事項について


 第 2 3定議案第 1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正について


 第 3 3定議案第 2号 田辺市職員恩給条例等の一部改正について


 第 4 3定議案第 3号 田辺市農山村センター条例の一部改正について


 第 5 3定議案第 4号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 第 6 3定議案第 5号 田辺市火災予防条例の一部改正について


 第 7 3定議案第 6号 訴えの提起について


 第 8 3定議案第 7号 民事調停の申立てについて


 第 9 3定議案第 8号 町の区域の変更について


 第10 3定議案第 9号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域における


              住居表示の方法について


 第11 3定議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)


 第12 3定議案第11号 平成19年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)


 第13 3定議案第12号 平成19年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)


 第14 3定議案第13号 平成19年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計補正予算(


              第2号)


 第15 3定議案第14号 平成19年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1


              号)


 第16 3定議案第15号 平成19年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1


              号)


 第17 3定議案第16号 平成19年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)


 第18 3定議案第17号 田辺市土地開発公社定款の変更について


 第19 3定議案第18号 工事請負契約の締結について


 第20 3定議案第19号 工事請負契約の締結について


 第21 3定報告第 2号 平成18年度財団法人紀南文化会館の決算報告について


 第22 3定報告第 3号 平成19年度財団法人紀南文化会館の決算報告について


 第23 3定報告第 4号 平成18年度財団法人龍神村開発公社の決算報告について


 第24 3定報告第 5号 平成18年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について


 第25 委員会の継続審査について


           ──────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から第25まで


           ──────────────────


〇議員定数 30名


〇欠  員  0名


           ──────────────────


〇出席議員


             議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  小 川 浩 樹 君


             5番  佐 井 昭 子 君


             6番  出 水 豊 数 君


             7番  安 達 克 典 君


             8番  谷 口 和 樹 君


             9番  鈴 木 太 雄 君


            10番  塚   寿 雄 君


            11番  山 本 紳 次 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  中 本 賢 治 君


            14番  棒 引 昭 治 君


            15番  大 倉 勝 行 君


            16番  宮 本 正 信 君


            17番  高 垣 幸 司 君


            18番  陸 平 輝 昭 君


            19番  山 口   進 君


            20番  宮 田 政 敏 君


            21番  吉 田 克 己 君


            23番  松 本 平 男 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  山 本 勝 一 君


            27番  吉 本 忠 義 君


            28番  白 川 公 一 君


            29番  岡 ? 宏 道 君


            30番  田 中 康 雅 君


           ──────────────────


〇欠席議員       22番  久 保 隆 一 君


           ──────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市    長     真 砂 充 敏 君


           副市長        森   章 二 君


           収入役        福 田 安 雄 君


           教育長        中 村 久仁生 君


           水道事業管理者    大 江 潔 史 君


           政策調整部長     山 崎 清 弘 君


           企画部長       庄 堂 琢 磨 君


           総務部長       岡 本 美 彦 君


           財政課長       田 上 豊 和 君


           市民部長       中 瀬 政 男 君


           保健福祉部長     田 中   敦 君


           環境部長       池 田 正 弘 君


           商工観光部長     松 本 純 一 君


           農林水産部長     溝 口 博 一 君


           建設部長       橘   長 弘 君


           建設部理事      尾 崎 博 久 君


           中辺路行政局長    坂 本 茂 久 君


           消防長        山 本 久 雄 君


           教育総務部長     濱 田 和 男 君


           総務学事課長     栗 山   廣 君


           生涯学習部長     藤 畑 静 代 君


           ──────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長    福 井 量 規


            議会事務局次長   梅 田 敏 文


            議会事務局主任   中 田 信 男


            議会事務局主査   坂 本 明 人





開 議


○議長(鈴木太雄君)    定足数がありますので、ただいまからお手元に配付の日程により、平成19年第3回田辺市議会定例会6日目の会議を開きます。


             (午後 1時00分)


          ──────────────────





◎報告





○議長(鈴木太雄君)    22番、久保隆一君から欠席の届け出があります。


 それでは、日程に入ります。





◎日程第1 3定報告第1号 専決処分事項について上程





○議長(鈴木太雄君)    日程第1 3定報告第1号 専決処分事項についてを上程いたします。


 本件については、過日既に当局の説明が終了しておりますので、これより質疑を行います。


 1ページから9ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    討論なしと認めます。


 それでは、お諮りいたします。


 3定報告第1号は、原案のとおり承認することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定報告第1号は、原案のとおり承認することに決しました。





◎日程第2  3定議案第 1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正についてから


 日程第20 3定議案第19号 工事請負契約の締結についてまで一括上程





○議長(鈴木太雄君)    続いて、日程第2 3定議案第1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正


についてから、日程第20 3定議案第19号 工事請負契約の締結についてまで、以上19件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました19件については、過日の本会議においてそれぞれ所管の常任委員会に付託していたものであります。


 この場合、ただいま議題となっております19件について、各常任委員長の報告を求めます。


 まず初めに、総務企画委員会委員長の報告を求めます。


 10番、塚 寿雄君。


            (10番 塚 寿雄君 登壇)


○10番(塚 寿雄君)    総務企画委員会委員長報告をさせていただきます。


 本委員会は、去る9月20日の本会議において付託を受けた議案12件のうち、平成18年度各種会計歳入歳出決算6件を除く議案6件について、25日及び28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正について、同議案第2号 田辺市職員恩給条例等の一部改正について、同議案第8号 町の区域の変更について、同議案第9号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について、同議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分及び同議案第11号 平成19年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)の以上6件について、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑及び要望の主なものは、次のとおりであります。


 議案第1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正について、市長の給与に係る減額の考え方をただしたのに対し、「特に基準はなく、他市の状況等を勘案し、市長が自主的に判断したものである」との答弁がありました。さらに、飲酒運転の撲滅と再発防止への全職員に対する周知についてただしたのに対し、「8月の飲酒運転発生後、緊急に部長会や部課長会を開催し全職員への周知徹底を図ったのに加え、庁内のネットワークを利用して市長みずからが職員へのメッセージを掲示するとともに、全職員が参加する研修会冒頭に訓示を実施してきており、今後もあらゆる機会を通じて飲酒運転に限らず、交通ルールを遵守するよう指導徹底を図っていく」との答弁があり、これに対し委員から今後も定期的に職員に対し指導啓発をするよう要望がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成19年9月28日、総務企画委員会委員長、塚 寿雄。


            (10番 塚 寿雄君 降壇)


○議長(鈴木太雄君)    続いて、経済環境委員会委員長の報告を求めます。


 28番、白川公一君。


            (28番 白川公一君 登壇)


○28番(白川公一君)    経済環境委員会からの委員長報告をさせていただきます。


 本委員会は、去る9月20日の本会議において付託を受けた議案9件のうち、平成18年度各種会計歳入歳出決算6件を除く議案3件について、21日及び28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第3号 田辺市農山村センター条例の一部改正について、同議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分及び同議案第15号 平成19年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1号)の以上の3件について、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑の主なものは、次のとおりであります。


 まず、議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分についてでありますが、農林水産部関係では、市有林撫育費の市有林整備事業委託料についてただしたのに対し、「今年度、森林環境の保全に取り組むために創設された県の『紀の国森づくり基金活用事業補助金』を受け、市有林の整備を行うものである。龍神地内にある72.96ヘクタールの市有林で、伐採後植栽されていない部分が7.37ヘクタールあり、そのうち3ヘクタールにこの基金を活用し、平成19年度でクヌギ、コナラ、ケヤキなどの広葉樹を植栽するものである」との答弁がありました。


 次に、農林施設災害復旧費について、さきの台風に係る災害復旧の採択状況等について詳細説明を求めたのに対し、「今回は道路災害がほとんどであり、現場調査の結果、約半分が工事採択にかかるが、残りは採択基準にかからない状況である」との答弁があり、採択基準にかからない箇所の救済についてただしたのに対し、「道路災害については、小規模土地改良事業の採択により救済できるが、農地については、個人のものであり採択の対象にはならない。一方、水路の場合は農業用施設となり、小規模土地改良事業の採択も可能となる」との答弁がありました。


 また、今回の農地災害の受益者負担についてただしたのに対し、「基本は、国の補助金が50%、残りが市と地主の負担になるが、その後、補助率増高申請をすれば、そのときの災害の数や農業被害などにより補助率が上がり、95%以上の補助率になることもある」との答弁がありました。


 次に、商工観光部関係では、観光費の田辺・弁慶映画祭負担金にかかわって、この事業の目的・効果についてただしたのに対し、「クリエイティブ・インダストリ・ショーケースin関西(関西文化コンテンツ見本市)が大阪市、京都市、神戸市、田辺市で開催される。田辺市では、10月4日から6日にかけて田辺・弁慶映画祭を開催することになった。この映画祭は、日本・アジアの映画産業の将来を担う次世代監督や映像作家の作品を上映し、広くアピールする機会を創出するものであり、映画祭が開催されることによって、大阪、神戸、京都と並んで田辺市を全国的に発信し、広くPRすることができ、映画による地域情報の発信という効果が期待できる」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


            (28番 白川公一君 降壇)


○議長(鈴木太雄君)    続いて、建設消防委員会委員長の報告を求めます。


 30番、田中康雅君。


            (30番 田中康雅君 登壇)


○30番(田中康雅君)    建設消防委員会の委員長報告を朗読をもっていたします。


 本委員会は、去る9月20日の本会議において付託を受けた議案18件のうち、平成18年度各種会計歳入歳出決算9件を除く議案9件について、25日及び28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第4号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、同議案第5号 田辺市火災予防条例の一部改正について、同議案第6号 訴えの提起について、同議案第7号 民事調停の申立てについて、同議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、同議案第13号 平成19年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)、同議案第14号 平成19年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、同議案第16号 平成19年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)、及び同議案第17号 田辺市土地開発公社定款の変更についての以上9件について、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑及び要望等の主なものは、次のとおりであります。


 まず、議案第6号 訴えの提起についてでありますが、訴訟議決後の動向についての説明を求めたのに対し、「今回までに訴訟議決は4件あるが、訴訟による明け渡しが2件、訴訟前に折り合いがついたため分納中が1件、訴訟中に完納し折り合いがつき取り下げたのが1件である」との答弁がありました。


 次に、議案第7号 民事調停の申立てについてでありますが、住環境整備事業において建築した市営住宅の取り扱いについてただしたのに対し、「家賃については他の市営住宅のように世帯の所得に応じた応能応益の家賃ではなく、事業当初からの取り決めにより住宅の広さに応じた家賃を設定している。家賃以外については公営住宅法にのっとって管理していることから、他の市営住宅と同様に家賃の滞納者に対しては民事調停の申立て等の手続をすることになる」との答弁がありました。


 次に、議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分についてでありますが、都市計画総務費の公共下水道基本計画策定委託料の減額理由についてただしたのに対し、「当初予算では、委託料950万円を計上していたが、15社が入札した結果、落札率25.3%の241万5,000円の契約となった」との答弁があり、競争入札における結果としては理解しつつも、設計金額と比べて極端に低いことから、計画策定に当たっては十分監理・監督するよう要望いたしました。


 さらに、都市下水路等調査業務委託料について、新規事業が当初予算ではなく、今回の補正に至った理由をただしたのに対し、「背戸川上流の駅前広場から東側は土地が低く、大雨になるとたびたび床下浸水などするため、道路側溝など問題のある箇所を早急に調査したい」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成19年9月28日、建設消防委員会委員長、田中康雅。


            (30番 田中康雅君 降壇)


○議長(鈴木太雄君)    続いて、文教民生委員会委員長の報告を求めます。


 11番、山本紳次君。


            (11番 山本紳次君 登壇)


○11番(山本紳次君)    それでは文教民生委員会の委員長報告をさせていただきます。


 本委員会は、去る9月20日の本会議において付託を受けた議案8件のうち、平成18年度各種会計歳入歳出決算4件を除く議案4件について、21日及び28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、同議案第12号 平成19年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)、同議案第18号 工事請負契約の締結について及び同議案第19号 工事請負契約の締結についての以上4件について、いずれも全会一致により、原案のとおり可決いたしました。


 審査の過程における委員からの質疑の主なものは、次のとおりであります。


 議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分のうち、まず教育指導費について、特別支援教育支援員の配置校及び特別支援教育の対象者についてただしたのに対し、「特別支援教育支援員は8名を予定しており、配置先は田辺第一小学校、田辺第三小学校、芳養小学校、田辺東部小学校、会津小学校、上芳養小学校、東陽中学校、明洋中学校の8校を予定している。特別支援教育の対象となる児童生徒は、これまでの特殊教育の対象となっていた障害児だけではなく、学習障害や注意欠陥多動性障害の児童を含めた発達障害の児童生徒も対象となる。田辺市内では、小中学校の普通学級に在籍する児童生徒のうち153名が特別支援教育の対象と考えられる」との答弁がありました。


 次に、文化振興費について、コミュニティ助成事業の内容についてただしたのに対し、「コミュニティ助成事業は財団法人自治総合センターが実施している事業で、地域の方々が自主的に行うコミュニティ事業について、自治総合センターの100%補助で支援を行うものである。今回の事業内容については、中辺路町地区の杵荒神社で毎年10月に実施される奉納芝居の時代劇衣装16着分の費用について、伝統芸能保存会に250万円を支援するものである」との答弁がありました。


 次に、議案第18号 工事請負契約の締結について及び議案第19号 工事請負契約の締結について、設計額に対する落札率が高いことや、近似していることについてただしたのに対し、「市としては、できるだけ安い価格で工事の品質を確保したいと考えているが、予定価格の範囲内で競争された結果としての落札率であるので、高いか低いかの判断は難しい。今回は施工に必要な資材や労務費等の直接工事費が高い比率で充てられているため、経費節減できる範囲が限られていることも一つの要因として考えられる」との答弁があり、さらに、本体工事以外の設備工事について分離発注しないのかただしたのに対し、「これまで学校建築工事の発注方法は、分離・分割発注を基本的な考え方としており、今回の工事についても建築本体工事については分割発注し、電気設備工事及び機械設備工事は分離発注しているところである」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成19年9月28日、文教民生委員会委員長、山本紳次。


            (11番 山本紳次君 降壇)


○議長(鈴木太雄君)    以上で、各常任委員長の報告が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑はありませんか。


 15番、大倉勝行君。


            (15番 大倉勝行君 登壇)


○15番(大倉勝行君)    ただいま各常任委員会の委員長報告を聞かせていただきまして、文教委員会の委員長報告について質問をさせていただきたいと思います。


 東陽中学校の建設がスタートされるということでありますけども、本当に10数年来の念願の建設でありました。皆さん御存じのとおり、かつての戦前の女学校の校舎を使っている形であって、その校舎に愛着がありまして、なかなか残す残さないで、本当に大変な論争を繰り広げたわけでありまして、本当にことしになってようやくという形になったわけであります。本当に関係者の皆様、地元の役員の皆様の喜びはひとしおだろうと、そのように思います。私どもも本当によかったなと感じているわけですけども、その中にありまして、今回この議案書が出てきまして、予定価格、そして落札価格、そして落札率ですね。そして応募者の数を見まして、本当にがっかりしました。何と8社、少ないなという形で、本当にがっかりしました。


 特に、今委員長報告にありましたように、委員会でも落札率が高いのではないかという委員の発言もあって、それにこのようにこたえます。予定価格の範囲内で競争された結果としての落札率であるので、高いか低いかの判断は難しいという形で答えておりますけども、これ以上の答えはできないと、そのように思います。


 しかし、できないにしても人ごとのような答えでありまして、税金を扱ってどのように使うかということを託されたものに対して、もう少し言い方もほかにもあったんではないかなと。ほんまに遺憾にも感じるわけであります。


 そこで、本当に質問でありますけども、契約方法で条件付き一般競争入札という形になっております。条件付きという形になっておりますけども、そのことに条件とはどういうものがあったかというようなことを委員会で質問はあったのかどうかということを質問をいたします。


 そして、2番目に、応札業者、入札に参加した業者でありますけども、そのほかに落札業者以外の価格の質問はあったのかどうか。そしてそれはどのような質問だったのか。そして答えはどういう答えをしていただいたのか、ちょっと詳しく教えていただきたい。


 そして、競争入札に参加した2番目に低価格で入れた業者の金額はどうだったのか。そして一番最高額で入れた業者の額はどのぐらいだったのか。その率も少し金額を教えていただきたいと思います。


 よろしくお願い申し上げます。


            (15番 大倉勝行君 降壇)


○議長(鈴木太雄君)    15番、大倉勝行君の質疑に対する答弁を求めます。


 11番、山本紳次君。


            (11番 山本紳次君 登壇)


○11番(山本紳次君)    ただいま大倉議員からの委員長報告に対しての質問でございますけども、まず、1点目に契約の方法で条件付き一般競争入札となっておるけども、そのことについての委員会での質問があったかどうかという点につきましては、委員会ではそのことについての質問等は出ませんでした。


 2点目に、応札業者の応札価格についての質問があったかどうかというところで、まず委員からはそれぞれの工事請負契約議案第18号、第19号についての応札業者全体の価格がどうであったかという質問についてはございました。率についての質問は出ませんでした。価格についての質問のみございました。それと、応札金額について2番手と最後の価格を聞かせてほしいということですけども、金額についてこの場で言わせてもらうんですかね。率はないです。


 18号議案の落札金額は、4億6,500万に対して2番目が4億7,250万で一番最後が4億8,600万円。続いて、19号議案の落札価格が4億5,650万、2番手について4億6,580万、最後、4億8,300万という数字でございます。


 以上でございます。


            (11番 山本紳次君 降壇)


○議長(鈴木太雄君)    他に質疑ありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    討論なしと認めます。


 これより、ただいま議題となっております19件について、順次採決に入ります。





◎日程第2 3定議案第1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正について





○議長(鈴木太雄君)    それでは、3定議案第1号 田辺市長等の給与に関する条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第1号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第1号は可決いたしました。





◎日程第3 3定議案第2号 田辺市職員恩給条例等の一部改正について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第2号 田辺市職員恩給条例等の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第2号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第2号は可決いたしました。





◎日程第4 3定議案第3号 田辺市農山村センター条例の一部改正について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第3号 田辺市農山村センター条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第3号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第3号は可決いたしました。





◎日程第5 3定議案第4号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第4号 田辺市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第4号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第4号は可決いたしました。





◎日程第6 3定議案第5号 田辺市火災予防条例の一部改正について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第5号 田辺市火災予防条例の一部改正についてお諮りいたします。


 議案第5号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第5号は可決いたしました。





◎日程第7 3定議案第6号 訴えの提起について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第6号 訴えの提起についてお諮りいたします。


 議案第6号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第6号は可決いたしました。





◎日程第8 3定議案第7号 民事調停の申立てについて





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第7号 民事調停の申立てについてお諮りいたします。


 議案第7号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第7号は可決いたしました。





◎日程第9 3定議案第8号 町の区域の変更について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第8号 町の区域の変更についてお諮りいたします。


 議案第8号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第8号は可決いたしました。





◎日程第10 3定議案第9号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域におけ


               る住居表示の方法について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第9号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法についてお諮りいたします。


 議案第9号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第9号は可決いたしました。





◎日程第11 3定議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第10号 平成19年度田辺市一般会計補正予算(第4号)についてお諮りいたします。


 議案第10号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第10号は可決いたしました。





◎日程第12 3定議案第11号 平成19年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第11号 平成19年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第11号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第11号は可決いたしました。





◎日程第13 3定議案第12号 平成19年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第12号 平成19年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第12号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第12号は可決いたしました。





◎日程第14 3定議案第13号 平成19年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第13号 平成19年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)についてお諮りいたします。


 議案第13号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第13号は可決いたしました。





◎日程第15 3定議案第14号 平成19年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第14号 平成19年度田辺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第14号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第14号は可決いたしました。





◎日程第16 3定議案第15号 平成19年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第15号 平成19年度田辺市木材加工事業特別会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第15号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第15号は可決いたしました。





◎日程第17 3定議案第16号 平成19年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第16号 平成19年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)についてお諮りいたします。


 議案第16号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第16号は可決いたしました。





◎日程第18 3定議案第17号 田辺市土地開発公社定款の変更について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第17号 田辺市土地開発公社定款の変更についてお諮りいたします。


 議案第17号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第17号は可決いたしました。





◎日程第19 3定議案第18号 工事請負契約の締結について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第18号 工事請負契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第18号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第18号は可決いたしました。





◎日程第20 3定議案第19号 工事請負契約の締結について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定議案第19号 工事請負契約の締結についてお諮りいたします。


 議案第19号は、委員長の報告のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第19号は可決いたしました。





◎日程第21 3定報告第2号 平成18年度財団法人紀南文化会館の決算報告についてから


 日程第24 3定報告第5号 平成18年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告についてまで一括上程





○議長(鈴木太雄君)    続いて、日程第21 3定報告第2号 平成18年度財団法人紀南文化会館の決算報告についてから、日程第24 3定報告第5号 平成18年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告についてまで、以上4件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました報告案件4件については、過日既に当局の説明が終了しておりますので、これより質疑を行います。





◎日程第21 3定報告第2号 平成18年度財団法人紀南文化会館の決算報告について





○議長(鈴木太雄君)    それではまず、3定報告第2号 平成18年度財団法人紀南文化会館の決算報告について、質疑に入ります。


 議案書80ページから89ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第2号は、以上で終わります。





◎日程第22 3定報告第3号 平成19年度財団法人紀南文化会館の決算報告について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定報告第3号 平成19年度財団法人紀南文化会館の決算報告について、質疑に入ります。


 議案書90ページから95ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第3号は、以上で終わります。





◎日程第23 3定報告第4号 平成18年度財団法人龍神開発公社の決算報告について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定報告第4号 平成18年度財団法人龍神開発公社の決算報告について、質疑に入ります。


 議案書96ページから100ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第4号は、以上で終わります。





◎日程第24 3定報告第5号 平成18年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、3定報告第5号 平成18年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について、質疑に入ります。


 議案書101ページから105ページまでです。


 質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    質疑なしと認めます。


 それでは、3定報告第5号は、以上で終わります。





◎日程第25 委員会の継続審査について





○議長(鈴木太雄君)    続いて、日程第25 委員会の継続審査についてを議題といたします。


 この場合、閉会中の委員会の継続審査について報告いたします。


 各常任委員会、議会運営委員会、各特別委員会の委員長から、目下、委員会において審査、また調査中でありますお手元に配付の申出事件一覧表に記載のとおりの事件について、会議規則第105条の規定により、閉会中も審査または調査を継続いたしたい旨の申し出があります。


 それでは、ただいま報告いたしました委員会の継続審査について、お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、それぞれの委員会において閉会中も審査または調査を継続することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(鈴木太雄君)    異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、それぞれの委員会において閉会中も審査または調査を継続することに決しました。


 以上をもって、本定例会に付議されました議案は、閉会中の継続審査とされたものを除き、すべて議了いたしました。


 他に発言、その他ありませんか。


              (「なし」の声あり)





◎市長閉会のあいさつ





○議長(鈴木太雄君)    それでは、市長から閉会に当たってのあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    本日、平成19年第3回田辺市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 去る9月4日に開会いたしました本定例会も、議員各位のご理解とご協力のもと、本日無事に最終日を迎えることができました。本定例会におきましては、一般会計並びに各種特別会計の補正予算案を初め、条例の一部改正案など、さまざまな議案を提出させていただきましたが、議員各位には終始にわたり熱心なご審議をいただき、提出いたしておりました諸議案のうち、各委員会に付託された平成18年度各種会計の決算審査の部分を除き、原案のとおりご賛同賜りましたことに、この場をおかりいたしまして厚くお礼を申し上げます。


 また、今議会では14人の皆さんが一般質問に立たれ、それぞれに市政が抱える懸案事項、重要事項に関し、さまざまな観点からご質問やらご提言をいただきました。現在、行政が置かれている厳しい状況やさまざまな制約の中で、そのすべてに即座に対応していくのはなかなか困難な部分がございますが、しかしこうした課題や懸案は少し見方を変えれば、それ自体が将来への可能性につながる部分でもございます。


 皆様方からいただいた一言一句を真摯に受けとめ、可能な限り将来へとつなげていく方法を探ってまいりたいと考えておりますので、今後ともより一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。


 さて、ことしは9月に入ってからも残暑が厳しく、つい最近まで真夏を思わせるような暑さが続いておりましたが、それでも彼岸を過ぎたころから朝晩を中心に随分涼しくなり、ようやく秋の気配が感じられるようになってまいりました。つい先日には、北海道の大雪山系で初冠雪が見られたということで、残暑の中でも季節はしっかりと前へ進んでいることを改めて教えられた思いでございます。


 また、これから収穫期を迎える温州ミカンも徐々に色づき始め、スーパーなどの店先には、極早生の品種が並ぶようになってまいりました。ことしは、夏場の好天などの影響もあってか、小ぶりながらも例年より糖度が高く、味もよいとのことですので、この先台風などの影響を受けることなく、順調に仕上がって少しでも明るい話題につながってくれることを期待したいと思います。


 ところで、先月27日に安倍改造内閣が発足して、わずか半月余りで安倍総理が突然辞任するという異例の事態となり、その後、混乱停滞していた国会ですが、急遽行われた自民党総裁選挙の後、去る26日には新たに福田新内閣が発足し、ようやく落ちつきを取り戻しつつあります。福田総理は「自立と共生」を基本に、若者があしたに希望を持ち、お年寄りが安心できる、希望と安心の国を目指して取り組んでいく旨、話をされておりますが、しかし総理大臣が変わり、内閣が変わったからといって、直面する厳しい状況が変わるわけではありません。年金を初めとする社会保障制度の改革や消費税の引き上げを含む税制改革、また膨大な借金を抱える中での財政再建、そして低迷する地方の活性化等々、私たちの暮らしに直結する部分だけを見ても、実にさまざまな課題が山積しております。


 今後、こうした構造改革を進めていく中で、これまでと同様、そこに陰の部分が生じてくるのはある意味仕方のないことなのかもしれませんが、しかし新しい内閣にはそうした陰の部分をそのまま見過ごすのではなく、努めて手当てを施していくような配慮や、低迷する地域経済にあえぎながらも、頑張っている地方が本当の意味で自立できるような地方の実情に合わせた分権改革を着実に進めていただけるよう、期待したいと思います。


 田辺市も、合併して早2年半が経過いたします。厳しい状況にありながらも、住民生活の向上を目指して取り組んできた城山台学校給食センターを初めとする、幾つかの事業もようやくその成果が形となってあらわれてまいりました。しかし、こうした事業や施策を今後も引き続き実施していくためには、何より安定した財源の確保、持続可能な財政構造の確立というものが不可欠になってまいります。


 行財政改革による、行政のさらなるスリム化はもちろんのこと、地域に活力を呼び戻すための努力を今後も積極的に続けていくとともに、国に対してはさまざまな機会をとらえて地方の実情とそれに即した税制や交付税の仕組みづくりをしていただけるよう訴えてまいりたいと考えておりますので、議員各位におかれましても、さらなるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会に当たってのあいさつとさせていただきます。


 どうもありがとうございました。





◎議長閉会のあいさつ





○議長(鈴木太雄君)    私からも一言ごあいさつを申し上げます。


 去る9月4日に開会いたしました本定例会も本日をもって無事閉会の運びとなりました。


 連日の議員各位及び市長を初め、当局の皆様方のご活躍に深く敬意を表し、種々承りましたご協力に厚くお礼を申し上げます。


 また、提出された議案は、議員一人一人の終始極めて真剣なご審議により、各委員会において継続審査とされた案件を残し、すべて適切な決定を見ることができました。議長として喜びに堪えません。


 さて、先般の二度にわたる市職員の飲酒運転による不祥事については、特に係長という重要な職責にある中堅職員が起こしたということで、まことに遺憾であります。一義的には職員個々のモラルの問題ではありますが、それのみで片づけてしまってはならないと考えます。このような事件を二度と繰り返さないためにも、最大限の取り組みが必要であります。


 何よりも、職員が確固とした倫理観を持つこと。また常日ごろから繰り返し繰り返し注意を喚起していくことが重要であります。今回の事件を厳粛に受けとめ、これを教訓としつつ、一日も早い市民の信頼回復と二度と再発を許さない職場環境の構築に職員一丸となって取り組まれるよう重ねて強く要望するものであります。


 ところで、安倍構造内閣の突然の辞意表明を受けて、新しく福田内閣が発足が発足をいたしました。さきの参議院選挙で生じた衆参ねじれの構図という尋常ではない厳しい政治状況のもとで、多くの困難な課題を負っての船出となります。スタートしたばかりの福田内閣ではありますが、未曾有の難局にあって、まさに背水の陣を敷いて、国民の政治に対する信頼を取り戻し、安定した政治を軌道に乗せるため、一つ一つの局面を打開し、必要な政策を実行されることを強く期待するものであります。


 猛暑に明け暮れた日々も過ぎ、これから日増しに秋も深まってまいりますが、議員並びに当局各位のご健勝をお祈りし、最後になりましたが報道関係各位のご協力に心からお礼を申し上げ、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


 閉 会


○議長(鈴木太雄君)    それでは、これをもって平成19年9月4日招集の平成19年第3回田辺市議会定例会を閉会いたします。


              (午後 1時48分)





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成19年9月28日


                   議  長  鈴 木 太 雄





                   議  員  佐 井 昭 子





                   議  員  出 水 豊 数





                   議  員  安 達 克 典