議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成17年12月定例会(第1号11月28日)




平成17年12月定例会(第1号11月28日)





            田辺市議会12月定例会会議録


            平成17年11月28日(月曜日)


            ────────────────


 
平成17年11月28日(月)午後1時開会


 第  1 会議録署名議員の指名


 第  2 会期の決定


 第  3 3定議案第 37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算について


 第  4 3定議案第 38号 平成16年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第  5 3定議案第 39号 平成16年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第  6 3定議案第 40号 平成16年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第  7 3定議案第 41号 平成16年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第  8 3定議案第 42号 平成16年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別


                会計歳入歳出決算について


 第  9 3定議案第 43号 平成16年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 10 3定議案第 44号 平成16年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 11 3定議案第 45号 平成16年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 12 3定議案第 46号 平成16年度田辺市公共用地先行取得事業特別会計歳


                入歳出決算について


 第 13 3定議案第 47号 平成16年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 14 3定議案第 48号 平成16年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 15 3定議案第 49号 平成16年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 16 3定議案第 50号 平成16年度田辺市水道事業会計の決算について


 第 17 3定議案第 51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算について


 第 18 3定議案第 52号 平成16年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 19 3定議案第 53号 平成16年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 20 3定議案第 54号 平成16年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 21 3定議案第 55号 平成16年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 22 3定議案第 56号 平成16年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 23 3定議案第 57号 平成16年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 24 3定議案第 58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算について


 第 25 3定議案第 59号 平成16年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計


                歳入歳出決算について


 第 26 3定議案第 60号 平成16年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 27 3定議案第 61号 平成16年度中辺路町特別町民制度事業特別会計歳入


                歳出決算について


 第 28 3定議案第 62号 平成16年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 29 3定議案第 63号 平成16年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入


                歳出決算について


 第 30 3定議案第 64号 平成16年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算


                について


 第 31 3定議案第 65号 平成16年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 32 3定議案第 66号 平成16年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 33 3定議案第 67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算について


 第 34 3定議案第 68号 平成16年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 35 3定議案第 69号 平成16年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 36 3定議案第 70号 平成16年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 37 3定議案第 71号 平成16年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳


                入歳出決算について


 第 38 3定議案第 72号 平成16年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 39 3定議案第 73号 平成16年度大塔村鮎川財産区会計歳入歳出決算につ


                いて


 第 40 3定議案第 74号 平成16年度大塔村三川財産区会計歳入歳出決算につ


                いて


 第 41 3定議案第 75号 平成16年度大塔村富里財産区会計歳入歳出決算につ


                いて


 第 42 3定議案第 76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算について


 第 43 3定議案第 77号 平成16年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 44 3定議案第 78号 平成16年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 45 3定議案第 79号 平成16年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 46 3定議案第 80号 平成16年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 47 3定議案第 81号 平成16年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 48 3定議案第 82号 平成16年度本宮町三里財産区特別会計歳入歳出決算


                について


 第 49 3定議案第 83号 平成16年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決


                算について


 第 50 3定議案第 84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算について


 第 51 3定議案第 85号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 52 3定議案第 86号 平成17年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 53 3定議案第 87号 平成17年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 54 3定議案第 88号 平成17年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 55 3定議案第 89号 平成17年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別


                会計歳入歳出決算について


 第 56 3定議案第 90号 平成17年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 57 3定議案第 91号 平成17年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 58 3定議案第 92号 平成17年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 59 3定議案第 93号 平成17年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 60 3定議案第 94号 平成17年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 61 3定議案第 95号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 62 3定議案第 96号 平成17年度田辺市水道事業会計の決算について


 第 63 3定議案第 97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算について


 第 64 3定議案第 98号 平成17年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 65 3定議案第 99号 平成17年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 66 3定議案第100号 平成17年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 67 3定議案第101号 平成17年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 68 3定議案第102号 平成17年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 69 3定議案第103号 平成17年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 70 3定議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算について


 第 71 3定議案第105号 平成17年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計


                歳入歳出決算について


 第 72 3定議案第106号 平成17年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 73 3定議案第107号 平成17年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 74 3定議案第108号 平成17年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入


                歳出決算について


 第 75 3定議案第109号 平成17年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算


                について


 第 76 3定議案第110号 平成17年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 77 3定議案第111号 平成17年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出


                決算について


 第 78 3定議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算について


 第 79 3定議案第113号 平成17年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 80 3定議案第114号 平成17年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 81 3定議案第115号 平成17年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 82 3定議案第116号 平成17年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳


                入歳出決算について


 第 83 3定議案第117号 平成17年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 84 3定議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算について


 第 85 3定議案第119号 平成17年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳


                出決算について


 第 86 3定議案第120号 平成17年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 87 3定議案第121号 平成17年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決


                算について


 第 88 3定議案第122号 平成17年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算


                について


 第 89 3定議案第123号 平成17年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算に


                ついて


 第 90 3定議案第124号 平成17年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決


                算について


 第 91 4定報告第  1号 専決処分事項について


 第 92 4定議案第  1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正について


 第 93 4定議案第  2号 住居表示の実施等に伴う関係条例の整理に関する条例


                の制定について


 第 94 4定議案第  3号 紀南文化会館管理条例の一部改正について


 第 95 4定議案第  4号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について


 第 96 4定議案第  5号 田辺市皆地いきものふれあいの里条例の一部改正につ


                いて


 第 97 4定議案第  6号 田辺市龍神総合交流拠点施設条例の一部改正について


 第 98 4定議案第  7号 田辺市温泉センター条例の一部改正について


 第 99 4定議案第  8号 田辺市龍神ごまさんスカイタワー条例の一部改正につ


                いて


 第100 4定議案第  9号 田辺市熊野古道中辺路陶芸館条例の一部改正について


 第101 4定議案第 10号 田辺市キャンプ場条例の一部改正について


 第102 4定議案第 11号 田辺市地域産物展示販売施設条例の一部改正について


 第103 4定議案第 12号 田辺市おおとう山遊館条例の一部改正について


 第104 4定議案第 13号 田辺市林業開発センター条例の一部改正について


 第105 4定議案第 14号 土地区画整理法の一部改正等に伴う関係条例の整備に


                関する条例の制定について


 第106 4定議案第 15号 工事請負契約の締結について


 第107 4定議案第 16号 民事調停の申立てについて


 第108 4定議案第 17号 市道路線の認定について


 第109 4定議案第 18号 田辺市過疎地域自立促進計画(後期)の策定について


 第110 4定議案第 19号 平成17年度田辺市一般会計補正予算(第5号)


 第111 4定議案第 20号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予


                算(第2号)


 第112 4定議案第 21号 平成17年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1


                号)


 第113 4定議案第 22号 平成17年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2


                号)


 第114 4定議案第 23号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計補正予


                算(第1号)


 第115 4定議案第 24号 平成17年度田辺市診療所事業特別会計補正予算(第


                2号)


 第116 4定議案第 25号 平成17年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)


 第117 4定議案第 26号 和歌山地方税回収機構の設立について


 第118 4定議案第 27号 和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織す


                る地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更につい


                て


 第119 4定議案第 28号 和歌山県市町村職員退職手当事務組合を組織する地方


                公共団体の数の減少及び組合規約の変更について


 第120 4定議案第 29号 紀南地方児童福祉施設組合を組織する地方公共団体の


                数の減少及び組合規約の変更について


 第121 4定議案第 30号 紀南地方老人福祉施設組合を組織する地方公共団体の


                数の減少及び組合規約の変更について


 第122 4定議案第 31号 富田川衛生施設組合規約の変更について


 第123 4定議案第 32号 富田川治水組合を組織する地方公共団体の数の減少に


                ついて


 第124 4定議案第 33号 富田川治水組合を組織する地方公共団体の数の増加に


                ついて


 第125 4定議案第 34号 田辺市と白浜町との間における斎場に関する事務の委


                託の廃止について


 第126 4定議案第 35号 田辺市と白浜町との間における斎場に関する事務の委


                託について


 第127 4定議案第 36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと自


                然公園国民休養地の管理に関する事務の委託について


            ────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第127まで


            ────────────────


〇議員定数 30名


〇欠  員  0名


            ────────────────


〇出席議員


            議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  小 川 浩 樹 君


             5番  佐 井 昭 子 君


             6番  出 水 豊 数 君


             7番  安 達 克 典 君


             8番  谷 口 和 樹 君


             9番  鈴 木 太 雄 君


            10番  塚   寿 雄 君


            11番  山 本 紳 次 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  中 本 賢 治 君


            14番  棒 引 昭 治 君


            15番  大 倉 勝 行 君


            16番  宮 本 正 信 君


            17番  高 垣 幸 司 君


            18番  陸 平 輝 昭 君


            19番  山 口   進 君


            20番  宮 田 政 敏 君


            21番  吉 田 克 己 君


            22番  久 保 隆 一 君


            23番  松 本 平 男 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  山 本 勝 一 君


            27番  吉 本 忠 義 君


            28番  白 川 公 一 君


            29番  岡 ? 宏 道 君


            30番  田 中 康 雅 君


            ────────────────


〇欠席議員  なし


            ────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市    長     真 砂 充 敏 君


           助    役     森   章 二 君


           収入役        福 田 安 雄 君


           教育長        愛 須 恒 藏 君


           水道事業管理者    大 江 潔 史 君


           政策調整部長     山 崎 清 弘 君


           企画部長       庄 堂 琢 磨 君


           総務部長       岡 本 美 彦 君


           財政課長       田 上 豊 和 君


           市民部長       川 端 清 司 君


           保健福祉部長     中 瀬 政 男 君


           水処理対策課長    松 本 吉 弘 君


           商工観光部長     福 井 量 規 君


           農林水産部長     溝 口 博 一 君


           森林局長       重 根 誠 治 君


           建設部長       橘   長 弘 君


           理    事     堀   義 雄 君


           龍神行政局長     久 保 三七男 君


           消防長        津 田 正 視 君


           教育総務部長     杉 原 莊 司 君


           生涯学習部長     衣 田 秀 雄 君


            ────────────────


〇出席事務局職員


            議会事務局長     井 口 富 夫


            議会事務局次長    梅 田 敏 文


            議会事務局主任    中 田 信 男


            議会事務局主査    山 下 幸 恵


            議会事務局主査    笠 松 実 加


開 会


○議長(吉本忠義君)    それでは、地方自治法第113条の規定による定足数がありますので、ただいまから本日招集の平成17年第4回田辺市議会定例会を開会いたします。


              (午後 1時01分)


            ────────────────





◎市長招集あいさつ





○議長(吉本忠義君)    日程に先立ち、市長から本定例会招集あいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


             (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    本日、平成17年第4回田辺市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多用の中をご出席いただき、まことにありがとうございます。


 早いもので今年も残り1カ月余りとなり、北の方からは時折雪の便りを耳にする、そのような季節になってまいりました。暦の上では11月22日の「小雪」と12月7日の「大雪」とのちょうど半ばあたりということで、このころから雨が雪に変わり、季節も秋から冬へと移り変わる、そのような時期になるわけですが、しかし、昨今頻繁に言われております「地球温暖化」の影響などもあるのでしょうか、ここ数日来は、日中少し身体を動かすと汗ばむような小春日和の好天が続いておりますし、また、里山の紅葉もようやく見ごろを迎えるなど、季節自体が少々おくれ気味に動いているようで、冬の訪れはまだまだ当分先のようにも感じられます。


 特にここ数年は毎年のように暖冬傾向が続いており、冬らしい冬、冬らしい寒さというものを感じる機会が随分少なくなってまいりました。また、季節自体のメリハリが薄れつつあるのと同様に、かつては日々の暮らしの中にたくさんあった季節を感じるさまざまな事柄や営みが、利便性や効率性追求の陰で姿を消しつつあるように感じられる現在、果たして私たちが追い求めてきた経済中心の生活スタイルを、今後も相変わらず続けていくことが将来にとっても正しいことなのかという疑問に駆られることがございます。もちろん市民生活のさらなる向上は、私たちが目指すべき最大の目標ではありますが、その中身と方法について、そろそろ考え直してもよい時期に来ているのかもしれません。


 ところで、さきの衆議院議員総選挙が自民党の圧勝に終わり、去る10月31日には第三次小泉改造内閣が発足いたしました。今回の組閣で地元出身の二階氏が経済産業大臣に、また、本県出身の竹中氏が総務大臣及び郵政民営化担当大臣に、それぞれ就任されました。お二人の入閣は地元にとりましても何かにつけて頼もしいことであり、また、本当に喜ばしい限りであります。国の内外にさまざまな重要案件を抱え、それぞれに大変な時期かとは存じますが、国政の中心にあって、この国の将来と地元和歌山の発展のために大いにご活躍されますことを心から期待いたしたいと思います。


 一方、小泉内閣が発足して以来、最大の目標として押し進めてきた構造改革も地方分権改革や特殊法人改革、さらには郵政民営化などの一つの山場を乗り越え、一段と弾みがついたような感がございますが、その中の大きな柱の一つであります国と地方の税財政を見直すための「三位一体改革」については、現在、国から地方への3兆円の税源移譲に伴う、残り6,000億円の補助金削減をめぐり、その調整が山場を迎えております。中でも厚生労働省が提示した生活保護費の国庫負担割合の引き下げにつきましては、地方からの反発が非常に強く、全国知事会や全国市長会など地方6団体では、仮に補助金削減が実施された場合、生活保護事務の返上をも辞さない旨の決定をしており、また、先般には近畿市長会からも「生活保護費の国庫負担割合の見直しにかかる緊急アピール」を関係大臣ほかに対して行ったところであります。


 今後、この補助金削減をめぐる議論につきましては、近いうちに一定の結論が出されることになるとは思いますが、いずれにいたしましても、単なる数字合わせや地方への責任転嫁に終わるのではなく、国としての責任をしっかり認識した上で地方の財政負担が最小限に抑えられるような結論が導き出されますことを期待したいと思います。


 これから地方分権改革がさらに進んでまいりますと、一方では地方自治体の自己決定、自己責任の幅が広がり、それに伴い地域の特性や住民ニーズに応じた柔軟な地方自治運営が可能となり、さまざまな選択肢もふえてくる反面、他方では地方自治体間で住民サービスに格差を生じさせることにもつながり、特に都市部に比べて財政基盤が脆弱で、さまざまな基盤整備の立ちおくれが目立つ地方の自治体にとっては、逆に選択の幅が狭められることにもつながりかねない事態も多分に予想されます。


 同じ国でありながら、住む場所によって受けられる公共サービスに格差が生じるというのもいかがなものかとの思いもございますが、しかし程度の違いさえあれ、時代の流れがその(二極化の)方向にあることは現実であると思います。時代の流れに取り残されないための意識改革と自助努力、市民の皆さんを含めて、これから私たちが真剣に考えていかなければならない大きなテーマであると思います。


 さて、今議会におきましては、専決処分の報告1件、条例に関するもの14件、予算に関するもの7件、その他16件について、ご審議をお願いするものでございます。よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たってのごあいさつとさせていただきます。


             (市長 真砂充敏君 降壇)


開 議


○議長(吉本忠義君)    それでは、お手元に配付の日程により、本日の会議を開きます。


              (午後 1時09分)


            ────────────────





◎諸般の報告





○議長(吉本忠義君)    この場合、事務局長をして諸般の報告をいたさせます。


 議会事務局長、井口富夫君。


             (議会事務局長 井口富夫君 登壇)


○議会事務局長(井口富夫君)    報告申し上げます。


 去る11月21日付、田総第408号をもって市長から本定例会に提出の案件として、4定報告第1号 専決処分事項についての報告案件1件及び4定議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正についてなど議案37件並びに議案参考資料の送付がありました。いずれもお手元に配付しております。


 以上であります。


             (議会事務局長 井口富夫君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    それでは、日程に入ります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(吉本忠義君)    日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第82条の規定により、本定例会の会議録署名人として10番 塚寿雄君、11番 山本紳次君、12番 松下泰子君、以上3人の諸君を、また会議録署名の予備議員として、13番 中本賢治君、14番 棒引昭治君、以上2人の諸君を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第2 会期の決定を上程いたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から12月20日までの23日間といたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から12月20日までの23日間と決定いたしました。





◎日程第 3 3定議案第 37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についてから


 日程第90 3定議案第124号 平成17年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出


                 決算についてまで一括上程





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第3 3定議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についてから、日程第90 3定議案第124号 平成17年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算についてまで、以上88件を一括上程いたします。


 ただいま上程いたしました88件については、9月議会においてそれぞれ所管の常任委員会にその審査を付託し、かつ閉会中の継続審査としていたものであります。


 この場合、順を追って各常任委員長からの報告を求めます。


 まず初めに、総務企画委員会委員長の報告を求めます。


 4番、小川浩樹君。


             (4番 小川浩樹君 登壇)


○4番(小川浩樹君)    総務企画委員会委員長報告を朗読をもってさせていただきます。


 委員長報告。本委員会は、去る9月21日の本会議において付託を受けた議案56件のうち、閉会中の継続審査事件でありました、平成16年度及び平成17年度各種会計歳入歳出決算42件について、10月20日、21日及び11月28日にそれぞれ委員会を開催し、当局の説明を聴取し、慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第41号 平成16年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第42号 平成16年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第43号 平成16年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第55号 平成16年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第59号 平成16年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第64号 平成16年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第69号 平成16年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第73号 平成16年度大塔村鮎川財産区会計歳入歳出決算について、同議案第74号 平成16年度大塔村三川財産区会計歳入歳出決算について、同議案第75号 平成16年度大塔村富里財産区会計歳入歳出決算について、同議案第78号 平成16年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第82号 平成16年度本宮町三里財産区特別会計歳入歳出決算について、同議案第83号 平成16年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算について、同議案第84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第85号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第88号 平成17年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第89号 平成17年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第90号 平成17年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第98号 平成17年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第101号 平成17年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第105号 平成17年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第108号 平成17年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第109号 平成17年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算について、同議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第113号 平成17年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第114号 平成17年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第119号 平成17年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第120号 平成17年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算について及び同議案第124号 平成17年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算についての以上32件は、全会一致により、同議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第38号 平成16年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第52号 平成16年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第63号 平成16年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第68号 平成16年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分及び同議案第77号 平成16年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算についての以上10件は、起立多数により、いずれも認定することに決しました。


 各会計における予算の執行状況と併せて、行政効果等を主眼に審査を行いましたが、その中で委員からの質疑及び要望の主なものは、次のとおりであります。


 まず、議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算の所管部分についてでありますが、総務部関係では、一般管理費について、木造耐震診断の状況をただしたのに対し、「受診件数100戸のうち64戸が倒壊の危険ありという結果が出ている。補助事業については、年代的に昭和56年以前の木造住宅を補助の対象としており、完全には住民の要望にこたえられない部分もあるが、耐震診断の目標戸数の約1割は改修してもらえるよう目標を立てている」との答弁がありました。


 次に、橋谷避難路の整備及び今後の避難路整備工事の具体的な計画についてただしたのに対し、「橋谷避難路については、地元住民からも段差解消の要望もあり、土木課とも相談して実施していくという方向性を出している。また、昨年度から地域別に避難路や避難に適する場所を調査し、防災マップを作成している。このマップを参考に、文里地区においては、自主防災組織への補助金を使って自主的に手づくりの避難路をつくっていただいた。今後も津波からの避難について、自主防災組織と協議を行いながら、避難路の設置について検討を重ねていきたいと考えている」との答弁があり、これに対し委員から、自主防災組織だけではなく行政も避難住民等の実情に配慮をし、具体的に計画を立てて速やかに実施するよう要望がありました。


 次に、企画部関係では、広聴広報費について、町内会未加入世帯への対応についてただしたのに対し、「町内会へ加入している住民は、平成17年度で81.2%あり、以前に比べると加入率が低下しているので、自治会連絡協議会などと連携をとりながら加入促進に努めていきたいと考える。町内会未加入による広報の未配布についても、基本的に町内会に配布をお願いし、全戸配布を目標に取り組みを進めているが、未配布世帯に対して、公共施設等に置くなどの方法も検討していきたい」との答弁がありました。


 次に、議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算の所管部分のうち、総務部関係では、財産管理費に関連して旧4町村の庁舎の維持管理費についてただしたのに対し、「維持管理費のうち大半は各種点検維持補修の業務委託料と光熱水費である。空調設備の維持管理については、集中管理方式で行っている庁舎もあり、専門業者に委託する事情もあるが、各町村において個々に委託契約を締結しているので、今後は市全体として十分調査し、検討していく。光熱水費については、庁舎が行政局になり使用箇所や人員も減少したので、さらに削減が可能だと考える」との答弁がありました。


 次に、議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算の所管部分のうち、政策調整部関係では、企画総務費について、今後の企業誘致施策についてただしたのに対し、「新田辺市においては企業誘致に関する条例を設置している。旧中辺路町で実施していたような企業誘致施策と同じものは難しいが、商工観光部を中心に関係部課と協議をした上で、税や補助をはじめいろいろな角度から企業立地の優遇策を講じていきたい」との答弁があり、これに対し委員から、税制上の優遇措置だけではなく、積極的な施策を検討するよう要望がありました。


 次に、議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算の所管部分のうち、政策調整部関係では、定住促進対策費について、事業の効果と合併後の定住促進条例の適用についてただしたのに対し、「昭和58年から平成4年の制度発足までの10年間において、人口の減少が1,000人以上あったのに対し、制度発足後は13年間で20人の減少にとどまっていることから、制度が奏功したと考えている。また、平成14年から16年の間に事業の提供を受けた51人のうち、39人は大塔村に縁のない方の転入であり、PRもある程度行き届いていたと考えている。なお、条例の適用については、5年以上継続して大塔村に居住しなかった場合、転入奨励金を返還するという内容であるので、奨励金の最終交付者までは5年間の追跡調査を実施する必要がある」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成17年11月28日、総務企画委員会委員長、小川浩樹。


 以上でございます。


             (4番 小川浩樹君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    続いて、経済環境委員会委員長の報告を求めます。


 16番、宮本正信君。


            (16番 宮本正信君 登壇)


○16番(宮本正信君)    経済環境委員会の委員長報告を朗読をもっていたします。


 本委員会は、去る9月21日の本会議において付託を受けた議案23件のうち、閉会中の継続審査事件でありました平成16年度及び平成17年度各種会計歳入歳出決算19件について、10月17日、18日及び11月28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し、慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第39号 平成16年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第44号 平成16年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第49号 平成16年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第61号 平成16年度中辺路町特別町民制度事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第62号 平成16年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第86号 平成17年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第91号 平成17年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第95号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第107号 平成17年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分及び同議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分の以上17件は、いずれも全会一致により、同議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分及び同議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分の以上2件は、起立多数により、すべて原案のとおり認定することに決しました。


 各会計における予算の執行状況と併せて、行政効果等を主眼に審査を行いましたが、その中で委員からの質疑及び要望の主なものは、次のとおりであります。


 まず、平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分でありますが、商工観光部関係では、商店街活性化総合支援事業補助金にかかわって、世界遺産記念商品券発行事業の経済効果についてただしたのに対し、「世界遺産記念商品券は『紀伊山地の霊場と参詣道』の世界遺産登録を記念して、商業協同組合が昨年12月に発行したものである。発行してから日数が経過していないので、具体的な経済効果を示すことはできないが、本商品券は旧市町村の枠を越えて、地域一体となって取り組んでいるので、市民に対するPR効果は非常に高く、現在発行されている他の商品券よりも売れ行きは好調である」との答弁がありました。


 次に、海蔵寺地区まちづくり計画補助金にかかわって、海蔵寺地区が和風の街並みに整備される計画が作成されたようであるが、隣接するアオイ地区と銀座地区が洋風の街並みに整備されていることから、商店街全体の一体感を損なうように思うがどうかとただしたのに対し、「昨年度、海蔵寺地区の住民の皆さんが中心となって、商工会議所、県、市等が連携し、海蔵寺地区まちづくり計画について協議を重ね、海蔵寺地区を昔ながらの和風の街並みに整備する計画が策定された。現在、アオイ地区と銀座地区は近代的な洋風の街並みに整備されており、その2地区を結ぶ海蔵寺地区を和風の街並みに整備することについては、地域住民の皆様方にとっては、海蔵寺地区の個性である町屋風の雰囲気を残し、和風の街並みに整備することによって、地域活性化につなげたいという強い要望があり、こうした地元の意向を大事にして、昔ながらの町屋をイメージした和風の整備計画を策定した」との答弁があり、委員から各商店街の特徴を生かすことは重要であるが、今後は新市として商店街全体のまちづくり計画を作成する必要があり、計画策定に向けて検討するよう要望がありました。


 次に、農林水産部関係では、梅生育不良緊急対策事業費補助金にかかわって、梅の立枯れ問題について、科学的な原因究明がなされていない中、対策のための補助金を支出することはむだではないかとただしたのに対し、「梅の立枯れ問題について、市は田辺うめ対策協議会において、広島大学等研究機関と連携を図りながら原因究明に努めているところであるが、現時点で根本的な原因の究明がなされていないのが実情である。そのような状況の中、市は平成5年から改植と土壌改良に対して補助事業を実施しており、改植や土壌改良した梅は現在のところ順調に育っている。市としては、現時点ではこの対策が最善の方法であると認識しており、今後も原因究明に取り組むとともに、補助事業を引き続き推進していきたい」との答弁がありました。


 次に、イサキやマダイ等の各種放流育成事業補助金にかかわって、各種放流育成事業を実施することで漁獲量は増加しているのか。また、放流数を増加させれば漁獲量は増加するのかとただしたのに対し、「イサキやマダイ等の各種放流育成事業を実施する主目的は、漁獲量を増加させるだけのためではなく、資源の枯渇という観点からして、『捕る漁業からつくり育てる漁業の推進』、『魚は限られた貴重な資源である』ということを漁業者に意識づけすることであり、漁獲量についてはここ数年来、厳しい漁業環境の中でおおむね横ばいの状況で推移している。また、放流数を増加させれば漁獲量が増加するかどうかという点については、今後、県の水産試験場増養殖研究所と連携しながら研究していきたい」との答弁がありました。


 次に、紀州備長炭記念公園管理費にかかわって、紀州備長炭記念公園の入場者が増加している要因は何かとただしたのに対し、「平成15年度の入場者数が1万7,000人、平成16年度の入場者数が2万8,300人と1万人以上増加している。入場者が増加した要因は、高野龍神スカイラインが無料になったことや『紀伊山地の霊場と参詣道』が世界遺産登録されたことが考えられ、また最近では台湾や中国など外国人旅行者の観光ルートとして活用されていることによるものである」との答弁がありました。


 次に、平成16年度各市町村一般会計歳入歳出決算についての所管部分にかかわって、環境部関係では、旧市町村における不法投棄処理状況をただしたのに対し、「昨年度、『紀伊山地の霊場と参詣道』が世界遺産登録されたことで、県が不法投棄処理のための補助制度を設け、旧田辺市、旧中辺路町、旧大塔村において、県の補助制度を活用し、不法投棄処理を重点的に実施した。今年度からは、県の補助制度がなくなったので、市が単独で予算化し取り組んでいる」との答弁があり、委員から、不法投棄者を発見した場合の対策はどのようにしているのかとただしたのに対し、「現在、警察と連携を図り、不法投棄者を発見した場合には、始末書を書かせるなどの再犯防止対策に努めている。また、新田辺市においては、田辺市環境美化条例を制定しており、悪質な不法投棄者に対して、氏名等公表の規定を設けている。現在までこの規定を適用したことはないが、今後、悪質な不法投棄が発生するようなことがあれは、適用を考えていきたい」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成17年11月28日、経済環境委員会委員長、宮本正信。


             (16番 宮本正信君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    続いて、建設消防委員会委員長の報告を求めます。


 21番、吉田克己君。


             (21番 吉田克己君 登壇)


○21番(吉田克己君)    建設消防委員会の委員長報告を朗読をもって報告いたします。


 委員長報告。本委員会は、去る9月21日の本会議において付託を受けた議案42件のうち、閉会中の継続審査事件でありました平成16年度及び平成17年度各種会計歳入歳出決算33件について、10月19日、20日及び11月28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第40号 平成16年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第45号 平成16年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第46号 平成16年度田辺市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第48号 平成16年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第50号 平成16年度田辺市水道事業会計の決算について、同議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第53号 平成16年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第56号 平成16年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第60号 平成16年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第65号 平成16年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第72号 平成16年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第79号 平成16年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第80号 平成16年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第87号 平成17年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第92号 平成17年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第94号


 平成17年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第96号


 平成17年度田辺市水道事業会計の決算について、同議案第97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第99号 平成17年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第102号 平成17年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第106号 平成17年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第110号 平成17年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第117号 平成17年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第121号 平成17年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第122号 平成17年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算についての以上33件は、いずれも全会一致により認定することに決しました。


 各会計における予算執行状況と併せて、行政効果等を主眼に審査を行いましたが、その中で委員からの質疑及び要望の主なものは、次のとおりであります。


 まず、建設部関係では、平成16年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算についてでありますが、砂利採取事業の経営状況について説明を求めたのに対し、「現在二つの生コン業者をメインに取引きし、売上を上げている状況である。この先、当市砂利企業の他にも砂利販売を生業とする業者が出てくると思われる中で、さらなる競争意識を持ち、必要経費等十分考慮しながら、砂利単価の安定に努め、事業の経営を進めていきたい」との答弁があり、田辺市にとっての重要な財源として安定した経営に向けて、より一層の取組を要望いたしました。


 次に、平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分でありますが、第10款災害復旧費、村道宮代蕨尾線の災害復旧調査設計業務に関して、委託業務の内容説明を求め、委託料に対する考え方についてただしたのに対し、「この災害復旧箇所については、地形上、アンカー工法と法枠工という特殊な工法が必要であり、早急に調査を実施しなければならないことから、随意契約により発注し、ボーリング調査を行った上で、現在、工事を進めているところである」との答弁があり、委員から、工事については、今後もできるだけ公正さを保ち、発注及び監督に努めるよう要望いたしました。


 次に、消防本部関係では、平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分でありますが、第9款消防費に関して、消防団における現状の説明を求め、団員の高齢化に関しての見解及び今後の取組をただしたのに対し、「地域に密着した消防団は、消火活動だけでなくさまざまな役割が期待されており、その充実強化が必要になっているが、地域においては過疎化の進展などに伴い若年層が減少したこと等により、団員の確保が困難で平均年齢も高齢化しているところもある。団員の確保については非常に大きな課題として認識しており、今後は国に設置された団員確保のための検討会等の動向を見ながら団員の確保に向けての方策を考えていきたい」との答弁があり、広域的な大規模災害時には地元の消防団員の活動が重要になってくる上、特に旧町村では高齢化による問題がある中で、若い団員が積極的に活動できるような環境づくりへの取組を行うよう要望いたしました。


 続いて、平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分でありますが、第9款消防費において、備品購入費備考欄のその他の備品482万8,940円についての詳細説明を求め、予算計上のあり方をただしたのに対し、「旧本宮町では、財政課との協議の上、消防用指令車をその他の備品購入ということで、入札により451万5,000円で購入しているが、新市においては、車両等の高額な備品を購入する場合、備考欄に明確に表示するようにしている」との答弁がありました。


 次に、水道部関係でありますが、田辺市水道事業会計決算について、水道料金の徴収のあり方についてただしたのに対して、「平成16年度から水道部の内規として滞納整理の要綱を作成し、それに基づいて、督促、催告、再催告、給水停止という流れで進めているところであり、平成17年度においては、徴収担当の臨時職員を雇用し、未納整理に対して取り組んでいる。また、市営住宅家賃とは異なり、調停や裁判までは至っていないが、各年度とも最終的な収納率は99%を超えるに至っている」との答弁があり、収納率の高い点は評価しつつも、現年度過年度含めて3億円余りの未納額があるので、料金徴収対策については、今後より充実した取組を進めていくよう要望いたしました。


 また、田辺市水道事業の短期貸付金についての説明を求め、基金の運用についてただしたのに対し、「田辺市土地開発公社に、平成8年度から現在まで継続して貸付けている。公営企業の資金は、預金・その他の運用等の確実かつ有利な方法によって保管しなければならないと地方公営企業法施行令に定められており、水道事業と開発公社が相互にメリットがあるという判断で貸付をしている」との答弁があり、今後も健全な水道事業経営に向けて鋭意努力していくよう要望いたしました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成17年11月28日、建設消防委員会委員長、吉田克己。


             (21番 吉田克己君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    続いて、文教民生委員会委員長の報告を求めます。


 10番、塚寿雄君。


             (10番 塚 寿雄君 登壇)


○10番(塚 寿雄君)    文教民生委員会の委員長報告を朗読をもって行います。


 本委員会は、去る9月21日の本会議において付託を受けた議案33件のうち、閉会中の継続審査事件でありました平成16年度及び平成17年度各種会計歳入歳出決算24件について、10月18日、19日及び11月28日に委員会を開催し、当局の説明を聴取し慎重に審査をいたしました。


 その結果、委員会審査報告書に記載のとおり、3定議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第47号 平成16年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算について、同議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第54号 平成16年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第57号 平成16年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算について、同議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第66号 平成16年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第70号 平成16年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第71号 平成16年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第81号 平成16年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算について、同議案第84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第93号 平成17年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算について、同議案第97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第100号 平成17年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第103号 平成17年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算について、同議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第111号 平成17年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第115号 平成17年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第116号 平成17年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳入歳出決算について、同議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算についての所管部分、同議案第123号 平成17年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算についての以上24件は、いずれも全会一致により認定することに決しました。


 各会計における予算執行状況と併せて、行政効果等を主眼に審査を行いましたが、その中で委員からの質疑及び要望の主なものは、次のとおりであります。


 まず、教育総務部関係では、平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算に関して、進路指導委託料及び生徒指導対策委託料について詳細説明を求めたのに対し、「両委託料とも田辺市の小中学校校長会へ委託しており、進路指導に関しては進路先の開拓や卒業生の学校訪問など、進路指導にかかわるいろいろな取組に対して補助を行っている。また、生徒指導に関しては生徒会活動のリーダー研修会や校外生徒指導費に対し補助を行っている」との答弁があり、委員から、企業や事業所等とのつながりや開拓については非常に難しいものがあるとした上で、今後とも可能な限り取り組まれるよう要望がありました。


 また、西牟婁地方学校結核対策委員会負担金について詳細説明を求めたのに対し、「ツベルクリン反応、BCGの廃止に伴って、小中学校の全児童生徒が、問診表及び内科医による診察から、結核にかかっている疑いがあるかどうかの判定を当結核対策委員会が行っている。この委員会は田辺市をはじめ、上富田町、白浜町、日置川町、すさみ町により設置され、結核の専門医師等への謝礼金や交通費等を分担し運営している。また、この他、学童の心臓検診にかかわって、精密検査の要・不要を判定する委員会があり、精密検査を要する児童には学校から保護者の方にご連絡し、各医療機関で受診していただくようになっている」との答弁がありました。


 さらに、幼稚園費に関連して、全国的に幼保一元化が言われている中で、教育委員会におけるその方向性についてただしたのに対し、「幼稚園については少子化現象のあおりを受け、園児数の激減が目立ってきている。このようなことから、全体的な行政改革の一環として、合理化あるいは公立幼稚園の存続の必要性という観点から十分論議を重ね、一定の方向性を出さなければならないと考えている。幼保一元化については、今後の園児数の推移を見ながら、行政改革本部会議や推進会議において十分協議していかなければならない問題である。これらの状況を踏まえ、来年度以降の新規採用に際しては、幼稚園と保育園の両方の免許を有することなどを条件に考えており、将来的には人事交流を行えるよう協議しているところである」との答弁があり、委員から、今後、少子化の状況を十分に見きわめながら、これらの問題に取り組まれるよう要望がありました。


 次に、生涯学習部関係では、平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算の児童館費に関連して、3児童館の今後の位置づけについてただしたのに対し、「本来、児童館は同和対策事業で建設されたものであるが、今後は、地域だけの児童館というあり方だけにとどまらず、市域全体の児童館として効率よく有意義に使えるよう努めなければならない」との答弁があり、委員から、乳幼児をはじめ、全子供を対象とするいろいろな悩みや要求などを聞く拠点的な場としても提供できるよう要望がありました。


 また、保健体育総務費の総合型地域スポーツクラブの育成に関連して、スポーツクラブマネージャーの養成事業についてただしたのに対し、「国では、年に1度、スポーツクラブマネージャーの養成研修を実施しており、県においても同様の研修が行われている。各スポーツクラブの関係者にはできるだけ多くの方々に受講していただけるよう推進しているところである。また、スポーツ振興課としても担当職員はもちろんのこと、他の職員においても県の養成研修に鋭意参加している状況である」との答弁がありました。


 また、平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算の社会教育費において、地域で子供を育てる体制整備事業の概要説明を求めたのに対し、「本事業は国の委託事業で、地域の教育力の向上やボランティア体験活動の推進を目的とし、体験活動ボランティア活動支援センターを軸に、ボランティア活動に関する情報収集や子供に関する事業、あるいはボランティア活動に関するコーディネート等を実施している。また、龍神小学校、福井小学校の両校では、モデル事業として通学合宿を実施しており、こういった事業を生かすことにより、今後、地域におけるボランティア体制の確立や指導者の育成等に努めていきたい」との答弁がありました。


 次に、保健福祉部関係では、平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算に関して、保育所運営費負担金の決め方について詳細説明を求めたのに対し、「年齢区分ごとに児童一人当たりの保育に要する費用、いわゆる保育単価が国により決められており、市が民間保育所に保育を委託する際には、その単価、園児数及び保育期間を算定根拠として負担金額を決めている」との答弁があり、さらに予算額に比して決算額が低くなっていることについてただしたのに対し、「予算編成に当たっては、民間保育所への入園児数をあらかじめ想定しているが、保護者の就労状況等から、当初見込まれていた園児数に達しなかったことにより、不用額が生じる結果となった」との答弁がありました。


 また、母子家庭自立支援補助金に関して、予算に対し利用者数が少ないのではとの質問に対し、「利用要望に対しては、できるだけこたえられるよう予算確保に努めてはいるが、同様の制度が雇用保険でも用意されており、一定の資格条件に該当する方は当該制度を利用することが前提となっているため、この補助金交付には至らないケースもある。市としては、母子家庭の自立促進に向け、本制度のさらなる広報活動に努めたい」との答弁がありました。


 以上、委員長報告といたします。


 平成17年11月28日、文教民生委員会委員長、塚寿雄。


             (10番 塚 寿雄君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    以上で、各常任委員長の報告が終了いたしました。


 これより質疑に入ります。


 ただいまの委員長報告に対して、一括して質疑はありませんか。


             (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論は一括して行います。


 討論はありませんか。


 討論があるようですので、この場合、委員長の報告は、いずれも認定であります。


 よって、認定に対する反対討論の発言を許可いたします。


 1番、川?五一君。


             (1番 川?五一君 登壇)


○1番(川?五一君)    議長のお許しを得ましたので、反対の討論を行います。


 今回の決算審査は、合併前の5市町村の決算を審査するという大変膨大な量の審査となりました。審査の方法については、特別委員会での方式も検討されましたが、最終的には各常任委員会に所管部分の審査を付託することになり、委員会によっては旧市町村の委員がいないという状況もありました。審査する側の委員も、また答弁する側も退職や異動により過去の経過を十分に熟知していない場合もあるという中での審査になりました。ですから計数的な審査もさることながら、いつもにもまして、今後につながる行政の姿勢や税金の使われ方に対して重点的に審査を行いました。その中でやはり認めるわけにはいかないという問題点が幾つかありましたので、その点について指摘し、決算認定に反対の討論を行います。


 認定に反対する決算は5市町村の16年度一般会計と16年度国保会計及び平成16年度田辺市文里港整備事業特別会計です。以下、反対の理由について述べます。


 まず、平成16年度一般会計歳入歳出決算について反対理由の1点目は、「住民が主人公」が貫かれていないという点です。平成16年度は、今回の合併の形である5市町村による合併の議決を行った年度であります。私は合併すべてに反対というわけではありません。


 しかし今回の合併の経過や行政の姿勢には見過ごすことのできない点があったと考えています。行政に身を置く人たちは、交付税が削減される、段階補正の見直しがあり、小さな町村では財政的に立ち行かなくなるという理由で、合併せざるを得ないという考えに至った方が多いように見受けられますし、政府のねらいもそこにあったことは間違いありません。


 しかし、自治体の本質とはいったい何なのでしょうか。そして、行政に携わる職員の職務とは何でしょうか。「行政運営にはこれだけのコストがかかります、だから削減されたらやっていけません。よって、合併しかありません」、こうしたことを言うのが職員の仕事ではないはずです。与えられた財源の中でより有効な活用をし、福祉の向上に努めるのが公僕である職員や当局の責務であるはずです。その上で、なお財政的に困難であれば合併しないという選択肢にあわせて合併という選択肢を住民に提供し、民意を問うことが必要なことだったと考えています。


 しかし、残念ながら、今回の合併の経過を見る限り、住民の合意や判断によって合併を決めたという市町村は見受けられませんでした。また、合併が議決されてからも、合併後における住民生活の変化について十分な告知をされてきませんでした。だから、合併後に、「こんなはずではなかった」、「公共料金がこんなに値上がりするなんて知らなかった」という声が多く聞かれたのではないでしょうか。行政が取り組んだといわれる地区懇談会は回数・参加者とも圧倒的に少なく、民意の集約というにはあまりにも不十分です。こうした本当の意味で、住民が主人公であるといえない合併を進めた決算ということが5市町村に共通した反対の理由であります。


 反対理由の2点目は、税金の使い道という点です。私たち議員は、貴重な税金の使われ方をチェックしなければならないという責任を負うものでありますから、みずからが身を律しなければならないと考えています。そうした点から見たとき、議員研修会の後や一部事務組合で行われる懇親会の費用が一部公費から支出され、それによって飲み食いが行われるというのは、住民の理解を得られるものではありません。議会費や環境衛生などの一部事務組合にこうした支出が行われていることについて反対の意思を表明します。


 反対理由の3点目は、公平性の問題です。今、自治体は厳しい財政状況の中、個人や団体に対する補助金を削減する方向にあります。それ自体の是非はここでは論じませんが、そうした補助金に地域や団体による格差があってはならないことですが、現にこうした格差が残されていました。何よりも公平性を重視すべき行政として、こうした支出が行われていたことにも反対の意思を表明します。


 続いては、平成16年度国保会計についてです。国保会計そのものの大枠は、国の制度によって事細かに規定されており、単独の自治体での裁量は難しい制度であります。しかし、あくまで自治体の事務として取り組む中で、住民生活に配慮した運営が求められます。近年、医療費の高騰や収納率の低下によって、多くの自治体で国保税が引き上げられています。事実5市町村の16年度決算においても、龍神村以外の4市町村で国保税が引き上げられています。


 しかし、その一方で、住民の皆さんから納めていただいた保険料の額は減っています。基本的に国保というのは、農業や自営業などの方が加入される保険です。不景気の影響を一番受ける層の方たちが、国保税の引き上げによって、また負担の増加を強いられるという形になります。本当に払える保険料の設定や減免制度の拡充など行政にはまだまだ打つ手が残されているはずです。寒い現代社会の中でコートの襟を立てる住民に、寒風を吹きつけることでコートを脱がせようとするのではなくて、温かい風によってコートのボタンを外してもらうような施策への転換を求めるものです。


 続いては、平成16年度田辺市文里港整備事業特別会計についてです。この数年または十数年以内に南海地震や東南海地震の発生が予測される状況の中で、津波の危険性が高い地区に宅地造成を行うことの合理性に疑問を呈さざるを得ません。また、宅地そのものも田辺市土地開発公社が多くの宅地を抱えたまま、売れずに苦戦している状況もあり、現時点において文里港を整備する事業の必要性及び緊急性は認められないことから、当決算についても反対の意見を表明し、以上11件の決算の認定について反対の討論とします。


             (1番 川?五一君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    続いて、認定に対する賛成討論の発言を許可いたします。


 賛成討論の発言はありませんか。


             (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    それでは、これをもって討論を終結いたします。


 これより、ただいま議題となっております88件について、順次採決に入ります。





◎日程第3 3定議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    3定議案第37号 平成16年度田辺市一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第37号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第37号は認定することに決しました。





◎日程第4 3定議案第38号 平成16年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第38号 平成16年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第38号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第38号は認定することに決しました。





◎日程第5 3定議案第39号 平成16年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第39号 平成16年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第39号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第39号は認定することに決しました。





◎日程第6 3定議案第40号 平成16年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第40号 平成16年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第40号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第40号は認定することに決しました。





◎日程第7 3定議案第41号 平成16年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第41号 平成16年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第41号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第41号は認定することに決しました。





◎日程第8 3定議案第42号 平成16年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会


               計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第42号 平成16年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第42号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第42号は認定することに決しました。





◎日程第9 3定議案第43号 平成16年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第43号 平成16年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第43号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第43号は認定することに決しました。





◎日程第10 3定議案第44号 平成16年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第44号 平成16年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第44号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第44号は認定することに決しました。





◎日程第11 3定議案第45号 平成16年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第45号 平成16年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第45号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第45号は認定することに決しました。





◎日程第12 3定議案第46号 平成16年度田辺市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第46号 平成16年度田辺市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第46号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第46号は認定することに決しました。





◎日程第13 3定議案第47号 平成16年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第47号 平成16年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第47号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第47号は認定することに決しました。





◎日程第14 3定議案第48号 平成16年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第48号 平成16年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第48号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第48号は認定することに決しました。





◎日程第15 3定議案第49号 平成16年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第49号 平成16年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第49号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第49号は認定することに決しました。





◎日程第16 3定議案第50号 平成16年度田辺市水道事業会計の決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第50号 平成16年度田辺市水道事業会計の決算について、お諮りいたします。


 3定議案第50号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第50号は認定することに決しました。





◎日程第17 3定議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第51号 平成16年度龍神村一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第51号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第51号は認定することに決しました。





◎日程第18 3定議案第52号 平成16年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第52号 平成16年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第52号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第52号は認定することに決しました。





◎日程第19 3定議案第53号 平成16年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第53号 平成16年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第53号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第53号は認定することに決しました。





◎日程第20 3定議案第54号 平成16年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第54号 平成16年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第54号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第54号は認定することに決しました。





◎日程第21 3定議案第55号 平成16年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第55号 平成16年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第55号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第55号は認定することに決しました。





◎日程第22 3定議案第56号 平成16年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第56号 平成16年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第56号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第56号は認定することに決しました。





◎日程第23 3定議案第57号 平成16年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第57号 平成16年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第57号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第57号は認定することに決しました。





◎日程第24 3定議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第58号 平成16年度中辺路町一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第58号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第58号は認定することに決しました。





◎日程第25 3定議案第59号 平成16年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第59号 平成16年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第59号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第59号は認定することに決しました。





◎日程第26 3定議案第60号 平成16年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第60号 平成16年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第60号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第60号は認定することに決しました。





◎日程第27 3定議案第61号 平成16年度中辺路町特別町民制度事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第61号 平成16年度中辺路町特別町民制度事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第61号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第61号は認定することに決しました。





◎日程第28 3定議案第62号 平成16年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第62号 平成16年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第62号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第62号は認定することに決しました。





◎日程第29 3定議案第63号 平成16年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第63号 平成16年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第63号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第63号は認定することに決しました。





◎日程第30 3定議案第64号 平成16年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第64号 平成16年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第64号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第64号は認定することに決しました。





◎日程第31 3定議案第65号 平成16年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第65号 平成16年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第65号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第65号は認定することに決しました。





◎日程第32 3定議案第66号 平成16年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第66号 平成16年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第66号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第66号は認定することに決しました。





◎日程第33 3定議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第67号 平成16年度大塔村一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第67号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第67号は認定することに決しました。





◎日程第34 3定議案第68号 平成16年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第68号 平成16年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第68号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第68号は認定することに決しました。





◎日程第35 3定議案第69号 平成16年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第69号 平成16年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第69号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第69号は認定することに決しました。





◎日程第36 3定議案第70号 平成16年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第70号 平成16年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第70号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第70号は認定することに決しました。





◎日程第37 3定議案第71号 平成16年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第71号 平成16年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第71号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第72号は認定することに決しました。





◎日程第38 3定議案第72号 平成16年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第72号 平成16年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第72号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第72号は認定することに決しました。





◎日程第39 3定議案第73号 平成16年度大塔村鮎川財産区会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第73号 平成16年度大塔村鮎川財産区会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第73号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第73号は認定することに決しました。





◎日程第40 3定議案第74号 平成16年度大塔村三川財産区会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第74号 平成16年度大塔村三川財産区会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第74号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第74号は認定することに決しました。





◎日程第41 3定議案第75号 平成16年度大塔村富里財産区会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第75号 平成16年度大塔村富里財産区会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第75号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第75号は認定することに決しました。





◎日程第42 3定議案第76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第76号 平成16年度本宮町一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第76号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第76号は認定することに決しました。





◎日程第43 3定議案第77号 平成16年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第77号 平成16年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 本件については、起立により採決いたします。


 3定議案第77号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


             (起立多数)


○議長(吉本忠義君)    起立多数であります。


 よって、3定議案第77号は認定することに決しました。





◎日程第44 3定議案第78号 平成16年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第78号 平成16年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第78号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第78号は認定することに決しました。





◎日程第45 3定議案第79号 平成16年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第79号 平成16年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第79号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第79号は認定することに決しました。





◎日程第46 3定議案第80号 平成16年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第80号 平成16年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第80号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第80号は認定することに決しました。





◎日程第47 3定議案第81号 平成16年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第81号 平成16年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第81号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第81号は認定することに決しました。





◎日程第48 3定議案第82号 平成16年度本宮町三里財産区特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第82号 平成16年度本宮町三里財産区特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第82号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第82号は認定することに決しました。





◎日程第49 3定議案第83号 平成16年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第83号 平成16年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第83号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第83号は認定することに決しました。





◎日程第50 3定議案第84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第84号 平成17年度田辺市一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第84号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第84号は認定することに決しました。





◎日程第51 3定議案第85号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第85号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第85号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第85号は認定することに決しました。





◎日程第52 3定議案第86号 平成17年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第86号 平成17年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第86号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第86号は認定することに決しました。





◎日程第53 3定議案第87号 平成17年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第87号 平成17年度田辺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第87号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第87号は認定することに決しました。





◎日程第54 3定議案第88号 平成17年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第88号 平成17年度田辺市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第88号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第88号は認定することに決しました。





◎日程第55 3定議案第89号 平成17年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別


                会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第89号 平成17年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第89号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第89号は認定することに決しました。





◎日程第56 3定議案第90号 平成17年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第90号 平成17年度田辺市老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第90号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第90号は認定することに決しました。





◎日程第57 3定議案第91号 平成17年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第91号 平成17年度田辺市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第91号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第91号は認定することに決しました。





◎日程第58 3定議案第92号 平成17年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第92号 平成17年度田辺市駐車場事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第92号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第92号は認定することに決しました。





◎日程第59 3定議案第93号 平成17年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第93号 平成17年度田辺市介護保険特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第93号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第93号は認定することに決しました。





◎日程第60 3定議案第94号 平成17年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第94号 平成17年度田辺市文里港整備事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第94号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第94号は認定することに決しました。





◎日程第61 3定議案第95号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第95号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第95号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第95号は認定することに決しました。





◎日程第62 3定議案第96号 平成17年度田辺市水道事業会計の決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第96号 平成17年度田辺市水道事業会計の決算について、お諮りいたします。


 3定議案第96号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第96号は認定することに決しました。





◎日程第63 3定議案第97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第97号 平成17年度龍神村一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第97号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第97号は認定することに決しました。





◎日程第64 3定議案第98号 平成17年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第98号 平成17年度龍神村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第98号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第98号は認定することに決しました。





◎日程第65 3定議案第99号 平成17年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第99号 平成17年度龍神村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第99号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第99号は認定することに決しました。





◎日程第66 3定議案第100号 平成17年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第100号 平成17年度龍神村診療所事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第100号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第100号は認定することに決しました。





◎日程第67 3定議案第101号 平成17年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第101号 平成17年度龍神村老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第101号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第101号は認定することに決しました。





◎日程第68 3定議案第102号 平成17年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第102号 平成17年度龍神村下水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第102号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第102号は認定することに決しました。





◎日程第69 3定議案第103号 平成17年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第103号 平成17年度龍神村介護保険特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第103号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第103号は認定することに決しました。





◎日程第70 3定議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第104号 平成17年度中辺路町一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第104号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第104号は認定することに決しました。





◎日程第71 3定議案第105号 平成17年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会


                 計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第105号 平成17年度中辺路町住宅新築資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第105号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第105号は認定することに決しました。





◎日程第72 3定議案第106号 平成17年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第106号 平成17年度中辺路町砂利採取事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第106号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第106号は認定することに決しました。





◎日程第73 3定議案第107号 平成17年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第107号 平成17年度中辺路町木材加工事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第107号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第107号は認定することに決しました。





◎日程第74 3定議案第108号 平成17年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第108号 平成17年度中辺路町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第108号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第108号は認定することに決しました。





◎日程第75 3定議案第109号 平成17年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第109号 平成17年度中辺路町老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第109号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第109号は認定することに決しました。





◎日程第76 3定議案第110号 平成17年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第110号 平成17年度中辺路町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第110号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第110号は認定することに決しました。





◎日程第77 3定議案第111号 平成17年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第111号 平成17年度中辺路町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第111号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第111号は認定することに決しました。





◎日程第78 3定議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第112号 平成17年度大塔村一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第112号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第112号は認定することに決しました。





◎日程第79 3定議案第113号 平成17年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第113号 平成17年度大塔村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第113号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第113号は認定することに決しました。





◎日程第80 3定議案第114号 平成17年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第114号 平成17年度大塔村老人保健事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第114号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第114号は認定することに決しました。





◎日程第81 3定議案第115号 平成17年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第115号 平成17年度大塔村介護保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第115号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第115号は認定することに決しました。





◎日程第82 3定議案第116号 平成17年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第116号 平成17年度大塔村へき地直営診療所事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第116号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第116号は認定することに決しました。





◎日程第83 3定議案第117号 平成17年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第117号 平成17年度大塔村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


3定議案第117号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第117号は認定することに決しました。





◎日程第84 3定議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第118号 平成17年度本宮町一般会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第118号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第118号は認定することに決しました。





◎日程第85 3定議案第119号 平成17年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第119号 平成17年度本宮町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第119号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第119号は認定することに決しました。





◎日程第86 3定議案第120号 平成17年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第120号 平成17年度本宮町老人保健特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第120号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第120号は認定することに決しました。





◎日程第87 3定議案第121号 平成17年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第121号 平成17年度本宮町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第121号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第121号は認定することに決しました。





◎日程第88 3定議案第122号 平成17年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第122号 平成17年度本宮町下水道事業特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第122号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第122号は認定することに決しました。





◎日程第89 3定議案第123号 平成17年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第123号 平成17年度本宮町立診療所特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第123号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第123号は認定することに決しました。





◎日程第90 3定議案第124号 平成17年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算について





○議長(吉本忠義君)    続いて、3定議案第124号 平成17年度本宮町四村川財産区特別会計歳入歳出決算について、お諮りいたします。


 3定議案第124号は、委員長の報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、3定議案第124号は認定することに決しました。


休 憩


○議長(吉本忠義君)    この場合、午後2時45分まで休憩いたします。


              (午後 2時30分)


            ────────────────


再 開


○議長(吉本忠義君)    それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 2時45分)





◎日程第 91 4定報告第 1号 専決処分事項についてから


 日程第127 4定議案第36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと


                 自然公園国民休養地の管理に関する事務の委託につ


                 いてまで一括上程





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第91 4定報告第1号 専決処分事項についてから、日程第127 4定議案第36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと自然公園国民休養地の管理に関する事務の委託についてまで、以上37件を一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 市長、真砂充敏君。


             (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    ただいま上程されました議案は、専決処分報告1件、条例に関するもの14件、予算に関するもの7件、その他15件でございまして、その概要についてご説明申し上げます。


 まず、報告第1号 専決処分事項についてでありますが、和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更について及び和歌山県市町村職員退職手当事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び組合規約の変更については、市町村合併に伴いそれぞれの事務組合を構成する団体等の変更を行うため専決処分したものであります。


 議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正については、職員の給料月額及び議員、市長、職員等の期末勤勉手当に係る支給割合等を改定するもので、議案第2号 住居表示の実施等に伴う関係条例の整理に関する条例の制定については、住居表示の実施及びこれに基づく町の新設に伴い、所要の改正を行うものであります。


 議案第3号 紀南文化会館管理条例の一部改正について、議案第4号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について、議案第5号 田辺市皆地いきものふれあいの里条例の一部改正について、議案第6号 田辺市龍神総合交流拠点施設条例の一部改正について、議案第7号 田辺市温泉センター条例の一部改正について、議案第8号 田辺市龍神ごまさんスカイタワー条例の一部改正について、議案第9号 田辺市熊野古道中辺路陶芸館条例の一部改正について、議案第10号 田辺市キャンプ場条例の一部改正について、議案第11号 田辺市地域産物展示販売施設条例の一部改正について、議案第12号 田辺市おおとう山遊館条例の一部改正について及び議案第13号 田辺市林業開発センター条例の一部改正については、それぞれの条例で定める施設の管理について指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものであります。


 議案第14号 土地区画整理法の一部改正等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、土地区画整理法の一部改正等に伴い、議案第15号 工事請負契約の締結については、防災行政無線整備工事請負契約の締結について、議案第16号 民事調停の申立てについては、市営住宅の家賃及び駐車場使用料の滞納者に対し、当該家賃等の支払を求める民事調停の申立てについて、議案第17号 市道路線の認定については、道路法の規定により、議案第18号 田辺市過疎地域自立促進計画(後期)の策定については、過疎地域自立促進特別措置法の規定により、それぞれ議決をお願いするものであります。


 次に、議案第19号 平成17年度田辺市一般会計補正予算(第5号)につきまして、その概要をご説明申し上げます。今回の補正額は3億9,513万8,000円で、歳出の主なものを申し上げますと、給与改定及び職員配置の変動等に伴う人件費の更正等を行うほか、総務費では固定資産税評価替えに伴う電子計算機プログラム作成委託料、民生費では母子等医療費、衛生費ではひきこもり支援事業費、墓地還付金、農林水産業費では、緑の山村定住促進事業費補助金、漁港海岸整備事業費等、土木費では橋谷避難広場建設事業費、住環境整備事業費、道路、港湾等の県営事業負担金等、教育費では大塔中学校増築費、和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競争大会への参加経費等、諸支出金では国民健康保険特別会計繰出金等を計上いたしております。


 また、地方債補正は事業実施に伴う補正であり、今回の補正に要する財源としましては、国庫支出金、県支出金、諸収入、市債等をもって充てることにしております。


 議案第20号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、給与改定及び職員配置の変動等に伴う人件費の更正等及び療養給付費等の増加に伴う所要額を、議案第21号 平成17年度田辺市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきましては、給与改定に伴う人件費の更正等、議案第22号 平成17年度田辺市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、給与改定及び職員配置の変動等に伴う人件費の更正等及び保険給付費を、議案第23号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、給与改定に伴う人件費の更正等、議案第24号 平成17年度田辺市診療所事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、給与改定及び職員配置の変動等に伴う人件費の更正等及び本宮さくら診療所の診療科目の新設に伴う準備経費等を、議案第25号 平成17年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、給与改定及び職員配置の変動等に伴う人件費をそれぞれ補正するものであります。議案第26号 和歌山地方税回収機構の設立については、地方自治法の規定に基づき、平成18年4月1日から、地方税及び国民健康保険料の滞納処分に関する事務等を共同処理するため、規約を定め、和歌山地方税回収機構を設立するため議決をお願いするものであります。


 議案第27号 和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更について及び議案第28号 和歌山県市町村職員退職手当事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更については、市町村合併に伴いそれぞれの事務組合を構成する団体等の変更を行うもので、議案第29号紀南地方児童福祉施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更について、議案第30号 紀南地方老人福祉施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更について、議案第31号 富田川衛生施設組合規約の変更について、議案第32号 富田川治水組合を組織する地方公共団体の数の減少について及び議案第33号 富田川治水組合を組織する地方公共団体の数の増加については、白浜町と日置川町との合併に伴い、それぞれの組合規約の変更等を行うもので、議案第34号 田辺市と白浜町との間における斎場に関する事務の委託の廃止について及び議案第35号田辺市と白浜町との間における斎場に関する事務の委託については、白浜町と日置川町との合併に伴い、地方自治法の規定に基づき議決をお願いするものであります。


 議案第36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと自然公園国民休養地の管理に関する事務の委託については、和歌山県ふるさと自然公園国民休養地の管理に関する事務を和歌山県から受託することについて議会の議決をお願いするものであります。


 以上、提案いたしました議案についてご説明申し上げましたが、詳細につきましては、関係部課長から説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いいたします。


             (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    続いて、補足説明を求めます。


 総務部長、岡本美彦君。


            (総務部長 岡本美彦君 登壇)


○総務部長(岡本美彦君)    それでは、議案書に基づきまして補足説明をさせていただきます。


 1ぺージをお願いいたします。


 4定報告第1号 専決処分事項については、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したもので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認をお願いするものです。


 2ページをお願いいたします。


 2件の専決事項のうち、まず、和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、平成17年11月6日をもって和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合から那賀郡打田町、同郡粉河町、同郡那賀町、同郡桃山町、同郡貴志川町及び貴志川桃山清掃施設組合を脱退させ、同月7日から同組合に紀の川市を加入させるとともに、那賀郡休日急患診療所経営事務組合、那賀郡消防組合、那賀郡老人福祉施設組合、那賀郡町村児童福祉施設組合、那賀郡町村共同国保那賀病院経営事務組合、那賀郡衛生環境整備組合及び那賀郡広域事務組合の名称変更のため、組合規約を変更したものです。


 本件につきましては、平成17年11月7日をもって打田町、粉河町、那賀町、桃山町及び貴志川町が合併して「紀の川市」となったことに伴い、構成市町村等の変更を行ったものです。


 次に、6ページをお願いいたします。


 和歌山県市町村職員退職手当事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、平成17年11月6日をもって和歌山県市町村職員退職手当事務組合から那賀郡打田町、同郡粉河町、同郡那賀町、同郡桃山町、同郡貴志川町及び貴志川桃山清掃施設組合を脱退させ、同月7日から同組合に紀の川市及び田辺市周辺衛生施設組合を加入させるとともに、那賀郡老人福祉施設組合、那賀郡町村児童福祉施設組合、那賀郡衛生環境整備組合、那賀郡町村共同国保那賀病院経営事務組合及び那賀郡消防組合の名称変更のため、組合規約を変更したものです。


 本件につきましても、「紀の川市」の設置に伴い、構成市町村等の変更を行うほか、新たに田辺市周辺衛生施設組合が加入したものでございます。


 次に、7ページをお願いいたします。


 4定議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、本年8月の国の人事院勧告による国家公務員の給与改定等に準じて改正するものです。


 本年の国の人事院勧告では、公務員と民間との給与比較において、公務員の月例給が民間を上回っていることから、2年ぶりに月例給が引き下げられるとともに、配偶者扶養手当の引下げを行うこととなっております。一方、期末勤勉手当につきましては、民間の支給実績が公務員を上回っていることから、0.05月分の引上げを行うこととなっております。


 本市におきましても、国の人事院勧告に準じて改正を行うものでありまして、内容といたしましては、給料を0.3%引き下げるとともに、配偶者扶養手当につきましても、月額を1万3,500円から1万3,000円に引き下げることとしております。


 一方、期末勤勉手当につきましては、0.05月分引き上げ、年度計算で4.45月分といたしております。


 また、官民給与を均衡させるための減額調整につきましては、4月の給与に官民給与の較差率0.36を乗じて得た額を基本として、平成17年12月の期末手当で調整することにしております。


 なお、期末手当の0.05月分の引上げにつきましては、議員及び市長等の特別職に係る期末手当の支給規定につきましても、同様の改正を行うこととしておりますので、よろしくお願い申し上げます。


 次に、11ページをお願いいたします。


 4定議案第2号 住居表示の実施等に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、平成17年11月7日付けで実施しました第17次田辺市住居表示整備事業により、元町の一部区域及び芳養町の一部区域を、明洋一丁目、明洋二丁目及び明洋三丁目に変更し、住居表示を実施したことに伴い、明洋団地集会所その他関係施設の所在地の表示を変更するものです。


 次に、13ページをお願いします。


 13ページから49ページにわたります11件の議案につきましては、関連する議案でございますので、一括してご説明申し上げます。


 4定議案第3号 紀南文化会館管理条例の一部改正について、4定議案第4号 田辺市高齢者複合福祉施設条例の一部改正について、4定議案第5号 田辺市皆地いきものふれあいの里条例の一部改正について、4定議案第6号 田辺市龍神総合交流拠点施設条例の一部改正について、4定議案第7号 田辺市温泉センター条例の一部改正について、4定議案第8号 田辺市龍神ごまさんスカイタワー条例の一部改正について、4定議案第9号 田辺市熊野古道中辺路陶芸館条例の一部改正について、4定議案第10号


 田辺市キャンプ場条例の一部改正について、4定議案第11号 田辺市地域産物展示販売施設条例の一部改正について、4定議案第12号 田辺市おおとう山遊館条例の一部改正について及び4定議案第13号 田辺市林業開発センター条例の一部改正について、以上11件についてでありますが、公の施設の維持管理業務を設置者である地方公共団体が直接行わない場合、これまでは、公共的団体・出資法人等に限定して管理を委託することができる管理委託制度であったものが、平成15年6月公布、同年9月施行の改正地方自治法により、個人を除くすべての団体に施設の管理運営を代行させることができる指定管理者制度に移行されました。


 そして、既に管理委託制度により委託している公の施設については、平成18年9月1日までに現制度を改め、直営または指定管理者制度に移行することとなりました。


 これを受けまして、本市において管理委託制度を採用しております16本の公の施設管理条例のうち、現時点で指定管理者制度に移行すべきものと判断いたしました11本の条例につきまして、各施設の管理について指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものとし、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 次に、50ページをお願いいたします。


 4定議案第14号 土地区画整理法の一部改正等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、土地区画整理法の一部改正等に伴い、所要の規定の整備を行うほか、銀座地区及びアオイ地区土地区画整理事業における督促手数料を海蔵寺地区土地区画整理事業と同様に80円とするため改正するものです。


 次に、52ページをお願いいたします。


 4定議案第15号 工事請負契約の締結については、防災行政無線整備工事請負契約の締結について、田辺市議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決をお願いするものです。


 工事名は、防災行政無線整備工事。契約の方法は、指名競争入札。被指名者数は、6社。入札年月日は、平成17年11月17日。契約金額は、5億8,695万円。請負人は、大阪市中央区城見2丁目2番6号 富士通株式会社関西営業本部 本部長岡本貫義氏です。


 なお、工事概要等につきましては、別冊参考資料の1ページをご参照願います。


 次に、53ページをお願いします。


 4定議案第16号 民事調停の申立てについては、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、1年以上市営住宅の家賃及び駐車場使用料を滞納し、再三にわたる督促状、催告及び内容証明郵便による催告にも一切応じず、支払がない入居者10人に対して、当該滞納家賃等の支払を求める民事調停法に基づく調停を田辺簡易裁判所に申し立てるものです。


 なお、あわせて別冊参考資料の2ページから6ページまでをご参照願います。


 次に、54ページをお願いします。


 4定議案第17号 市道路線の認定について、道路法第8条第2項の規定により議会の議決をお願いするものですが、認定いたします路線は、稲成町75号線で、位置図につきましては、55ページをご参照願います。


 次に、56ページをお願いします。


 4定議案第18号 田辺市過疎地域自立促進計画(後期)の策定について、過疎地域自立促進特別措置法第6条第1項の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、市町村合併により過疎地域自立促進特別措置法第33条第1項の規定に基づき、田辺市全域がみなし過疎地域に指定されたことに伴い、平成17年度から平成21年度までの過疎地域自立促進計画を策定するものです。


 次に、57ページをお願いします。


 4定議案第19号 平成17年度田辺市一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億9,513万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ445億6,272万9,000円とするもので、地方債の補正につきましては、61ページをご参照願います。


 補正予算の内容につきましては、歳出の66ページからご説明をいたしますが、給料、職員手当等につきましては、先ほどの4定議案第1号でご説明いたしました給与改定並びに職員配置の変動及び共済費にかかる人件費の補正で、各費目ごとの説明は省略させていただきますので、ご了承願います。


 また、人件費につきましては、給与費明細を93ページから96ページに、工事請負費につきましては、工事明細を97ページに、県営事業負担金につきましては、箇所一覧を98ページから99ページに、あわせて別冊参考資料の7ページに事業箇所を掲載しておりますので、ご参照願います。


 それでは、66ページをお願いいたします。


 議会費の需用費から使用料及び賃借料につきましては、会派室にインターネットに接続できる環境を整備するために必要な経費を補正するものです。


 67ページをお願いします。


 総務管理費、企画費につきましては、全国過疎地域自立促進連盟和歌山県支部ほか2団体へ、新市として新規加入したため、その負担金を補正するものです。


 地籍調査事業費につきましては、68ページにわたりますが、入札による調査委託料の確定により、新規1地区の追加調査を行うとともに、事業費の確定に伴う予算の減額及び更正を行うものです。


 68ページの徴税費、賦課費につきましては、平成18年度における固定資産税の評価替えに対応するため、電子計算機プログラム作成委託料を補正するものです。


 次に、71ページをお願いします。


 社会福祉費、身体障害者福祉費につきましては、障害者自立支援法の成立に伴い、平成18年4月から施行される制度変更に対応するため、電子計算機プログラム修正委託料を補正するものです。


 次に、73ページをお願いします。


 児童福祉費、母子等医療費につきましては、受給者数の増加により、扶助費等を補正するものです。


 次に、74ページをお願いします。


 保健衛生費、保健衛生総務費の報償費から使用料及び賃借料につきましては、ひきこもり支援事業について、地域保健推進特別事業補助金の確定に伴い、予算の増額を行うもので、償還金利子及び割引料につきましては、平成16年度の精神障害者居宅支援事業費等の精算による国庫及び県支出金の返還金です。


 75ページをお願いいたします。


 環境衛生費につきましては、新市において、市営墓地における未使用区画を返還した場合の還付対象となる経過年限を引き延ばしたことに伴い、返還区画の増加が見込まれることから、還付金の補正を行うものです。


 し尿処理費につきましては、田辺市周辺衛生施設組合が県市町村職員退職手当事務組合へ加入したことに伴う負担金及び平成16年度の精算による富田川衛生施設組合負担金を補正するものです。


 次に、78ページをお願いします。


 林業費、山村振興費につきましては、本宮町森林組合における小径木の集出荷・流通促進等のためのユニッククレーン付きトラックの購入等に対する緑の山村定住促進事業費補助金の補正です。


 林業土木費、林業新設改良費の需用費及び委託料につきましては、補助内示の増額により、林道政城線の事業進捗を図るための測量調査委託料等を補正するものです。


 79ページをお願いします。


 水産業費、漁業集落環境整備事業費の委託料及び工事請負費につきましては、予算の更正を行うとともに、国有海浜地の払い下げ申請に伴う調査設計委託料を補正するものです。


 次に、80ページをお願いします。


 漁港海岸整備事業費の旅費から工事請負費につきましては、補助内示の増額により、芳養町井原海岸の局部改良工事費等を増額し、事業進捗を図るものです。


 81ページをお願いします。


 土木管理費、土木総務費の負担金補助及び交付金につきましては、道路事業19件、急傾斜地崩壊対策事業15件にかかる県営事業負担金及び負担額の確定した県道路協会負担金ほか2件の負担金を、償還金利子及び割引料につきましては、御所谷地区住環境整備事業における事業計画の変更に伴う国庫支出金返還金を補正するものでございます。


 次に、82ページをお願いします。


 道路橋梁費、道路新設改良費の委託料につきましては、現在、片側歩道となっている市道明洋団地古町線の一部区間について、両側歩道とするための測量調査設計委託料を補正するもので、工事請負費から補償補填及び賠償金につきましては、市道鍛冶ケ谷上平線について、隣接して施工中の県事業の進捗状況にあわせ、先行して用地を購入する必要が生じたことなどにより、予算の更正を行うものです。


 83ページをお願いします。


 港湾費、港湾建設費につきましては、文里港の整備にかかる県営事業負担金の補正です。


 都市計画費、街路事業費の賃金から補償補填及び賠償金につきましては、84ページにわたりますが、目良線の事業休止に伴う減額及び新規路線整備に向けた事前調査に要する委託料を補正するものです。


 次の海蔵寺地区沿道区画整理型街路事業費の需用費から補償補填及び賠償金につきましては、予算の減額と更正を行うもので、次の高速道路整備関連事業費の旅費から工事請負費につきましては、予算の更正により、巡谷池水路改良工事の進捗を図るものです。


 85ページをお願いします。


 橋谷避難広場建設費の需用費及び工事請負費につきましては、補助内示の増額により、予算を増額し、事業進捗を図るものです。


 住宅費、住環境整備事業費の賃金から補償補填及び賠償金につきましては、86ページにわたりますが、造成工事の進捗を図るため、補助金の増額により事業費を増額するものです。


 次に、88ページをお願いします。


 中学校費、大塔中学校増築費の工事請負費につきましては、工法変更等に伴い、工事費を増額するものです。


 次に、90ページをお願いします。


 保健体育費、保健体育総務費につきましては、市町村合併により市町村数が減少することから、和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競争大会へ、合併前の旧5市町村単位で参加するために必要な経費を補正するものです。


 次の学校給食費につきましては、平成18年度から給食にかかる光熱水費を保護者に負担してもらうこととなるため、電気、ガス、水道の使用料を正確に把握するための子メーターの設置費用を補正するものです。


 91ページをお願いします。


 特別会計繰出金、国民健康保険事業特別会計繰出金につきましては、保険基盤安定、財政安定化支援事業の額の確定等により補正するもので、次の老人保健特別会計繰出金につきましては、人件費の補正に伴い繰り出すものです。


 次の介護保険特別会計繰出金につきましては、保険給付費の増加等に伴い繰り出すもので、92ページの漁業集落排水事業特別会計繰出金につきましては、人件費の補正に伴い繰り出すものです。


 以上、今回の補正に要する財源といたしましては、国庫支出金、県支出金、諸収入、市債等を充てております。


 次に、100ぺージをお願いします。


 4定議案第21号 平成17年度田辺市の国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条 事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,327万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ88億5,737万円とするもので、内容につきましては、106ページの歳出をお願いいたします。


 総務管理費につきましては、一般会計同様人件費の補正及び額の確定に伴う国保連合会負担金の減額を行うものです。


 次の療養諸費につきましては、107ページにわたりますが、執行状況を勘案の上、一般被保険者療養給付費等を増額するもので、次の高額療養費につきましても、執行状況を勘案の上、一般被保険者高額療養費を増額するものです。


 108ページの出産育児諸費につきましても出産育児一時金を、次の葬祭諸費につきましても葬祭費を、執行状況を勘案の上、それぞれ増額するものです。


 109ページの老人保健拠出金及び介護納付金につきましては、額の確定によりそれぞれ補正を行うものです。


 110ページの償還金及び還付加算金につきましては、平成16年度の保険給付費等に係る国庫負担金の精算に伴う返還金です。


 以上、今回の補正に要する財源といたしましては、国庫支出金、療養給付費等交付金、県支出金、繰入金を充てております。


 次に、114ページをお願いします。


 4定議案第21号 平成17年度田辺市の老人保健特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ36万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ78億8,607万円とするもので、内容につきましては、繰入金を財源として、人件費を補正するものでございます。


 次に、120ページをお願いいたします。


 4定議案第22号 平成17年度田辺市の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,684万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ62億8,762万2,000円とするもので、内容につきましては、125ページの歳出をお願いいたします。


 総務管理費につきましては、人件費を補正するもので、次の支援サービス等諸費につきましては、当初の見込みよりも、要支援認定者数、サービス利用者が増加したことにより、居宅支援サービス給付費を補正するものでございます。


 補正に要する財源といたしましては、国庫支出金、支払基金交付金、繰入金等を充てております。


 次に、129ページをお願いいたします。


 4定議案第23号 平成17年度田辺市の漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ79万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億1,966万7,000円とするもので、内容につきましては、繰入金を財源として、人件費を補正するものでございます。


 次に、135ぺージをお願いします。


 4定議案第24号 平成17年度田辺市の診療所事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ60万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億3,872万7,000円とするもので、内容につきましては、138ページの歳出をお願いいたします。


 総務管理費につきましては、需用費として、龍神湯ノ又診療所の雨漏れ修繕費用、備品購入費として、平成18年4月に本宮さくら診療所へ整形外科を開設することから、医療事務用コンピュータ等の購入費及び人件費を補正するもので、次の医業費につきましても、整形外科開設に伴う医療用消耗器材費、薬品代の補正です。


 補正に要する財源といたしましては、諸収入を充てております。


 次に、144ページをお願いします。


 4定議案第25号 平成17年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)。


 第1条 平成17年度田辺市水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第2条 平成17年度田辺市水道事業会計予算(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。


 次のページにまいりまして、第3条 予算第4条中本文括弧書きを次のとおり改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するもので、内容につきましては、先ほどの一般会計同様、人件費の補正で、収益的収入及び支出の支出で392万5,000円の減額、資本的収入及び支出の支出で39万5,000円増額するものです。


 次に、152ページをお願いします。


 4定議案第26号 和歌山地方税回収機構の設立については、地方自治法第284条第2項の規定に基づき、平成18年4月1日から、地方税及び国民健康保険料の滞納処分に関する事務等を共同処理するため、和歌山県内全市町村を構成団体とする和歌山地方税回収機構を設立することについて議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、地方税及び国民健康保険料の滞納処分に関する事務及び滞納処分の停止等についての判定事務等を共同処理するため、和歌山地方税回収機構を設立するものです。


 次に、156ページをお願いします。


 4定議案第27号 和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、平成17年12月31日をもって和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合から海草郡野上町、同郡美里町、有田郡吉備町、同郡金屋町、同郡清水町、野上美里消防組合及び有田消防組合を脱退させ、平成18年1月1日から同組合に海草郡紀美野町及び有田郡有田川町を加入させるとともに、これに伴い組合規約を変更することについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、平成18年1月1日をもって野上町と美里町が合併し、紀美野町に、また吉備町、金屋町、清水町が合併し有田川町になることに伴い、構成市町村を変更するものです。


 次に、160ページをお願いします。


 4定議案第28号 和歌山県市町村職員退職手当事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、平成17年12月31日をもって和歌山県市町村職員退職手当事務組合から海草郡野上町、同郡美里町、有田郡吉備町、同郡金屋町、同郡清水町、野上美里消防組合及び有田消防組合を脱退させ、平成18年1月1日から同組合に海草郡紀美野町及び有田郡有田川町を加入させるとともに、これに伴い組合規約を変更することについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、紀美野町及び有田川町の設置に伴い、構成市町村を変更するものでございます。


 次に、162ページをお願いします。


 4定議案第29号 紀南地方児童福祉施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、平成18年2月28日をもって紀南地方児童福祉施設組合から、西牟婁郡白浜町及び同郡日置川町を脱退させ、同年3月1日から同組合に西牟婁郡白浜町を加入させるとともに、これに伴い組合規約を変更することについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、平成18年3月1日をもって白浜町と日置川町とが合併することに伴い、構成市町及び組合議会の議員定数の変更のほか、所要の改正を行うものです。


 次に、164ページをお願いします。


 4定議案第30号 紀南地方老人福祉施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、平成18年2月28日をもって紀南地方老人福祉施設組合から、西牟婁郡白浜町及び同郡日置川町を脱退させ、同年3月1日から同組合に西牟婁郡白浜町を加入させるとともに、これに伴い組合規約を変更することについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、平成18年3月1日をもって白浜町と日置川町とが合併することに伴い、構成市町及び組合議会の議員定数の変更のほか、所要の改正を行うものです。


 次に、166ページをお願いします。


 4定議案第31号 富田川衛生施設組合規約の変更については、地方自治法第286条第1項及び市町村の合併の特例に関する法律第9条の2の規定により、富田川衛生施設組合規約を変更することについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、白浜町と日置川町との合併に伴い、合併前の白浜町の区域内におけるし尿及び浄化槽汚泥の収集等に関する事務を共同処理するため、組合規約を変更するものです。


 次に、168ページをお願いします。


 4定議案第32号 富田川治水組合を組織する地方公共団体の数の減少については、地方自治法第286条第1項の規定により、平成18年2月28日をもって富田川治水組合から白浜町を脱退させることについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、白浜町と日置川町との合併に伴い、富田川治水組合から合併前の白浜町を脱退させるものです。


 次に、169ページをお願いします。


 4定議案第33号 富田川治水組合を組織する地方公共団体の数の増加については、地方自治法第286条第1項の規定により、平成18年3月1日から富田川治水組合に白浜町を加入させることについて、議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、白浜町と日置川町との合併に伴い、富田川治水組合に合併後の白浜町を加入させるものです。


 次に、170ページをお願いします。


 4定議案第34号 田辺市と白浜町との間における斎場に関する事務の委託の廃止については、地方自治法第252条の14第2項の規定に基づき、田辺市の区域のうち合併前の大塔村及び中辺路町の区域における斎場に関する事務の白浜町への委託を平成18年2月28日をもって廃止することについて、同条第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、白浜町と日置川町との合併に伴い、合併前の白浜町との間における合併前の大塔村及び中辺路町の区域における斎場に関する事務の委託を廃止するものです。


 次に、171ページをお願いします。


 4定議案第35号 田辺市と白浜町との間における斎場に関する事務の委託については、地方自治法第252条の14第1項の規定に基づき、平成18年3月1日から田辺市の区域のうち合併前の大塔村及び中辺路町の区域における斎場に関する事務の管理及び執行を白浜町に委託することについて、同条第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましても、白浜町と日置川町との合併に伴い、合併後の白浜町に合併前の大塔村及び中辺路町の区域における斎場に関する事務を委託するものです。


 次に、173ページをお願いします。


 4定議案第36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと自然公園国民休養地の管理に関する事務の委託については、地方自治法第252条の14第1項の規定に基づき、平成18年4月1日から和歌山県ふるさと自然公園国民休養地の管理に関する事務の管理及び執行を和歌山県から受託することについて、同条第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決をお願いするものです。


 本件につきましては、現在地方自治法第244条の2の規定による公の施設の管理委託制度により管理を受託している和歌山県ふるさと自然公園国民休養地について、同条の改正により当該管理委託制度が廃止されることに伴い、同法第252条の14の規定による事務委託制度に基づき、引き続き当該施設の管理を和歌山県から受託することとするものです。


 以上をもちまして、補足説明を終わらせていただきます。


 よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。


            (総務部長 岡本美彦君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    以上をもって、提出者の説明が終了いたしました。


 それでは、順次審議に入ります。





◎日程第91 4定報告第1号 専決処分事項について





○議長(吉本忠義君)    この場合、お諮りいたします。


 日程第91 4定報告第1号 専決処分事項については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略し、後日審議願うことにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、日程第91 4定報告第1号については、委員会の付託を省略し、後日審議願うことに決しました。





◎日程第 92 4定議案第 1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正についてから


 日程第127 4定議案第36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと


                 自然公園国民休養地の管理に関する事務の委託まで


                 一括上程





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第92 4定議案第1号 田辺市職員の給与に関する条例等の一部改正についてから、日程第127 4定議案第36号 和歌山県と田辺市との間における和歌山県ふるさと自然公園国民休養地の管理に関する事務の委託まで、以上36件について総括質疑を行います。


 質疑はありませんか。


             (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    質疑なしと認めます。


 それでは、ただいま議題となっております36件については、会議規則第37条の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。


 各常任委員会の付託事件は、ただいまお手元に配付いたしております議案付託表のとおりであります


 この場合、お諮りいたします。


 本日の会議はこの辺にとどめ延会し、明11月29日午後1時から再開いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 なお、一般質問の通告につきましては、明日11月29日午後4時までに事務局へ提出願います。締め切り後、質問順位を決定し、通知申し上げます。


延 会


○議長(吉本忠義君)    それでは、本日はこれをもって延会いたします。


              (午後 3時34分)


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成17年11月28日


                   議  長  吉 本 忠 義





                   議  員  塚   寿 雄





                   議  員  山 本 紳 次





                   議  員  松 下 泰 子