議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 田辺市

平成17年 6月定例会(第1号 6月15日)




平成17年 6月定例会(第1号 6月15日)





            田辺市議会6月定例会会議録


            平成17年6月15日(水曜日)


            ────────────────


 
平成17年6月15日(水)午前10時開会


 第 1 仮議席の指定


 第 2 議長の選挙


 第 3 議席の指定


 第 4 会議録署名議員の指名


 第 5 会期の決定


 第 6 副議長の選挙


 第 7 1定発議第 1号 田辺市議会会議規則の制定について


 第 8 1定発議第 2号 田辺市議会委員会条例の制定について


 第 9 1定発議第 3号 田辺市議会事務局設置条例の制定について


 第10 1定報告第 1号 専決処分事項について(条例関係)


 第11 1定報告第 2号 専決処分事項について(暫定予算関係)


 第12 1定報告第 3号 専決処分事項について(その他の事件関係)


 第13 1定議案第 1号 田辺市地域振興基金条例の制定について


 第14 1定議案第 2号 田辺市地域基盤整備基金条例の制定について


 第15 1定議案第 3号 田辺市地域活性化基金条例の制定について


 第16 1定議案第 4号 田辺市観光振興基金条例の制定について


 第17 1定議案第 5号 田辺市土地開発基金条例の制定について


 第18 1定議案第 6号 田辺市敬老祝金支給条例の制定について


 第19 1定議案第 7号 田辺市集落排水処理施設条例の一部改正について


 第20 1定議案第 8号 田辺市火災予防条例の一部改正について


 第21 1定議案第 9号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域における


              住居表示の方法について


 第22 1定議案第10号 町の区域の変更及び設定について


 第23 1定議案第11号 平成17年度田辺市一般会計予算


 第24 1定議案第12号 平成17年度田辺市国民健康保険事業特別会計予算


 第25 1定議案第13号 平成17年度田辺市老人保健特別会計予算


 第26 1定議案第14号 平成17年度田辺市介護保険特別会計予算


 第27 1定議案第15号 平成17年度田辺市分譲宅地造成事業特別会計予算


 第28 1定議案第16号 平成17年度田辺市公共用地先行取得事業特別会計予算


 第29 1定議案第17号 平成17年度田辺市文里港整備事業特別会計予算


 第30 1定議案第18号 平成17年度田辺市交通災害共済事業特別会計予算


 第31 1定議案第19号 平成17年度田辺市同和対策住宅資金等貸付事業特別会計


              予算


 第32 1定議案第20号 平成17年度田辺市簡易水道事業特別会計予算


 第33 1定議案第21号 平成17年度田辺市農業集落排水事業特別会計予算


 第34 1定議案第22号 平成17年度田辺市林業集落排水事業特別会計予算


 第35 1定議案第23号 平成17年度田辺市漁業集落排水事業特別会計予算


 第36 1定議案第24号 平成17年度田辺市特定環境保全公共下水道事業特別会計


              予算


 第37 1定議案第25号 平成17年度田辺市診療所事業特別会計予算


 第38 1定議案第26号 平成17年度田辺市駐車場事業特別会計予算


 第39 1定議案第27号 平成17年度田辺市砂利採取事業特別会計予算


 第40 1定議案第28号 平成17年度田辺市木材加工事業特別会計予算


 第41 1定議案第29号 平成17年度田辺市四村川財産区特別会計予算


 第42 1定議案第30号 平成17年度田辺市水道事業会計予算


 第43 1定議案第31号 紀南環境衛生施設事務組合を組織する地方公共団体の数の


              減少及び組合規約の変更について


 第44 1定報告第 4号 平成16年度田辺市土地開発公社の事業報告及び決算報告


              について


 第45 1定報告第 5号 平成16年度財団法人田辺市社会教育振興会の決算報告に


              ついて


 第46 1定報告第 6号 平成16年度財団法人紀南文化会館の決算報告について


 第47 1定報告第 7号 平成16年度財団法人龍神村開発公社の事業報告及び決算


              報告について


 第48 1定報告第 8号 平成16年度有限会社龍神温泉元湯の決算報告について


 第49 1定報告第 9号 平成16年度本宮振興株式会社の決算報告について


 第50 1定報告第10号 平成16年度株式会社奥熊野本宮の決算報告について


            ────────────────


〇会議に付した事件


 日程第1から日程第9まで


            ────────────────


〇議員定数 30名


〇欠  員  0名


            ────────────────


〇出席議員


            議席番号   氏   名


             1番  川 ? 五 一 君


             2番  真 砂 みよ子 君


             3番  久 保 浩 二 君


             4番  小 川 浩 樹 君


             5番  佐 井 昭 子 君


             6番  出 水 豊 数 君


             7番  安 達 克 典 君


             8番  谷 口 和 樹 君


             9番  鈴 木 太 雄 君


            10番  塚   寿 雄 君


            11番  山 本 紳 次 君


            12番  松 下 泰 子 君


            13番  中 本 賢 治 君


            14番  棒 引 昭 治 君


            15番  大 倉 勝 行 君


            16番  宮 本 正 信 君


            17番  高 垣 幸 司 君


            18番  陸 平 輝 昭 君


            19番  山 口   進 君


            20番  宮 田 政 敏 君


            21番  吉 田 克 己 君


            22番  久 保 隆 一 君


            23番  松 本 平 男 君


            24番  天 野 正 一 君


            25番  森   哲 男 君


            26番  山 本 勝 一 君


            27番  吉 本 忠 義 君


            28番  白 川 公 一 君


            29番  岡 ? 宏 道 君


            30番  田 中 康 雅 君


            ────────────────


〇欠席議員  なし





            ────────────────


〇説明のため出席したもの


            職  名       氏     名


           市    長     真 砂 充 敏 君


           教育長        愛 須 恒 藏 君


           政策調整部長     森   章 二 君


           企画部長       庄 堂 琢 磨 君


           企画部理事      福 田 安 雄 君


           総務部長       山 崎 清 弘 君


           総務課長       ? 田 和 男 君


           市民部長       川 端 清 司 君


           保健福祉部長     中 本 政 吉 君


           環境部長       岡 本 美 彦 君


           環境課参事      松 原   淳 君


           水処理対策課長    松 本 吉 弘 君


           商工観光部長     福 井 量 規 君


           農林水産部長     溝 口 博 一 君


           建設部長       橘   長 弘 君


           大塔行政局長     大 江 潔 史 君


           消防長        津 田 正 視 君


           教育総務部長     杉 原 莊 司 君


           生涯学習部長     衣 田 秀 雄 君


            ────────────────


〇出席事務局職員


            総務部理事      井 口 富 夫


            総務課参事      小 川   鏡


            総務課企画員     中 田 信 男


            総務課主査      岡 内 伸 午





開 会


○理事(井口富夫君)    おはようございます。議会担当理事の井口でございます。


 本定例会は、一般選挙後、初めての議会でございますので、地方自治法第107条の規定によりまして、議長が選挙されるまでの間、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになります。


 ただいま出席議員のうち年長者は、田中康雅議員でございます。


 田中康雅議員、議長席にお着き願います。


○臨時議長(田中康雅君)    おはようございます。ただいまご紹介をいただきました田中康雅でございます。


 年長の故をもって、地方自治法第107条の規定により、しばらくの間、臨時議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。


 それでは、地方自治法第113条の規定による定足数がありますので、ただいまから本日招集の平成17年第1回田辺市議会定例会を開会いたします。


              (午前10時03分)


            ────────────────





◎市長招集あいさつ





○臨時議長(田中康雅君)    日程に先立ち、市長から本定例会招集のあいさつ


のため発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


            (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    おはようございます。


 本日、新市が発足して最初の田辺市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には公私にわたり大変ご多用の中をご参集いただき、誠にありがとうございます。


 当地方も先週末に梅雨入りが発表され、これからしばらくは曇りや雨のぐずついた空模様が続きますが、しかし、これも特に自然とのかかわりが深いこの地域にとってはなくてはならない恵みの季節でもあります。現在、収穫の最盛期を迎えている当地方の梅も、これからの時期、こうした自然の恵みの中でさらに大きく育ってくれることを期待するところでございます。


 ところで、5月1日に新市が誕生して、早いものでちょうど1カ月半が経過するわけですが、この間、先月の22日に初めての市長選挙、市議会議員選挙が執行されるなど、新市の体制も徐々に固まりつつあります。本日、この場にご参集の議員の皆様方には、それぞれに厳しい選挙戦を勝ち抜いてこられた方ばかりであり、まずは新市の市議会議員に就任された皆様方に心からお喜びを申し上げたいと思います。


 私も皆様方と同様、市民の皆様方のご支援とご厚情をいただく中で、初代市長という大変な重責をお預かりすることになったわけですが、そのことは裏を返せば、それだけ多くの皆様方から大きな期待を寄せていただいているということであると認識いたしております。


 今、この場に登壇してみて、改めて自らに課せられた責任の重大さに身の引き締まる思いをいたしているところでございますが、この思いをいつまでも忘れることのないようしっかりと胸に刻み込み、私に託してくださった市民の皆様方の思いを真摯に受け止めて、その一つひとつに誠心誠意おこたえできますよう、そして、ようやく第一歩を踏み出した新市の調和と均衡ある発展のために、精いっぱいの努力を重ねてまいる覚悟でございます。


 今回の選挙を戦う中で、本当に限られたわずかな時間ではございましたが、新市のエリアを自らの足で歩き、それぞれの地域で大勢の住民の皆さんと直接お会いして、新市のまちづくりや政策について、私なりの思いや考えを聞いていただきましたし、また一方、住民の皆さんからは行政に対する生の声や地域の将来に対するご意見、ご提言などをたくさん聞かせていただきました。その中には、合併して大きくなったことに対する不安や戸惑い、それぞれの地域が抱える様々な課題などもございましたし、また、行政に対する厳しい指摘などもございましたが、こうした経験はこれから市政を担当させていただく上で本当に大きな「財産」になったと考えております。


 1,000平方キロメートルを上回り、近畿一広い面積を有する新市の中には、奥深く雄大な大自然をはじめ、世界遺産に登録された古い歴史や文化、数多くの温泉や面積の約9割にも及ぶ森林資源など、たくさんの地域資源が眠っていますし、また、こうした地域資源とともに長い歳月をかけてその地に根づき、はぐくまれたその土地ならではの特色というものも色濃く残っています。こうした特色は、ある意味、地域の“個性”でもあり、合併したからといってもその色合いを薄めたり、ましてや無理やり一つにしたりする必要などないと思います。むしろそれぞれの地域の特性や個性を上手に生かしながら全体としてバランスの取れたまちづくりを進めていくことによって、そこに住む住民の皆さんにとっては生活しやすく、安らぎや潤いを感じられる“まち”となり、市外から訪れる方々にとっては、様々な特色や側面を持った、実際の面積以上に幅広く奥行きある魅力的な“まち”となるのではないかと思います。


 いずれにいたしましても、新市のまちづくりはこれからがスタートです。今後、取り組まなければならない課題も数多く山積しておりますし、また、現在、私たちが置かれている厳しい状況を考えますとき、なかなか一朝一夕に進むものではございませんが、合併により“まち”が大きくなったこと、一つになったことのメリットを最大限に生かし、時代に即した住民サービスとは何なのか、本当に必要とされる住民サービスとは何なのかということをしっかりと見極め、市民の皆様方とも十分議論を重ねながら、住民と行政とが一体となった市政運営を目指してまいりたいと考えております。


 議員の皆様方には、これから様々な部分でご理解、ご協力、また、ご支援をいただかなければならないことも多々出てこようかと思いますが、どうか今後ともよろしくお力添えを賜りますようお願い申し上げます。


 さて、今回の議会におきましては、専決処分の報告3件、条例に関するもの8件、予算に関するもの20件、その他10件について、ご審議をお願いするものでございます。よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、招集のごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


開 議


○臨時議長(田中康雅君)    それでは、本日の会議を開きます。


              (午前10時13分)


            ────────────────


○臨時議長(田中康雅君)    なお、議事の進行につきましては、田辺市議会会議規則が制定されておりませんが、今議会に議員提出議案第1号として提案されます会議規則案に準じて進行したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


(「異議なし」の声あり)


○臨時議長(田中康雅君)    異議なしと認めます。


 よって、議事の進行につきましては、田辺市議会会議規則案により進めさせていただきます。


 議事日程は、お手元に配付しているとおりであります。一応全日程を記載していますが、臨時議長といたしましては、議長選挙まで、この日程により議事を運営いたしたいと思います。


 以後の日程につきましては、新議長が運営されますので、ご了承願います。


 それでは、日程に入ります。





◎日程第1 仮議席の指定





○臨時議長(田中康雅君)    日程第1 仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいま着席の議席といたします。





◎日程第2 議長の選挙





○臨時議長(田中康雅君)    日程第2 議長の選挙を行います。


 この場合、暫時休憩いたします。


              (午前10時14分)


            ────────────────


再 開


○臨時議長(田中康雅君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 4時40分)


○臨時議長(田中康雅君)    この場合、本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめ延長いたします。


 それでは、お諮りいたします。


 議長の選挙の方法は、いかがいたしましょうか。


              (「投票」の声あり)


○臨時議長(田中康雅君)    投票の声がありますので、投票により議長の選挙を行います。


 投票を行う前に、投票について説明いたさせます。


 理事、井口富夫君。


            (理事 井口富夫君 登壇)


○理事(井口富夫君)    投票について、ご説明申し上げます。


 この選挙は、地方自治法第118条の規定により公職選挙法第46条第1項及び第4項、第48条、第68条第1項並びに普通地方公共団体の議会の議員の選挙に関する同法第95条の規定が準用されるものであります。


 すなわち、公職選挙法第46条第1項及び第4項は、投票用紙に候補者一人の氏名を自書して投函し、投票用紙には、選挙人自身の氏名を記載してはならないとする投票の記載事項及び投函に関する規定であり、第48条は、身体の故障等により、自ら候補者の氏名を記載することができない選挙人は、申請して代理投票をさせることができるとする代理投票に関する規定であります。


 また、同法第68条は、無効投票の形式的無効原因に関する規定であり、さらに同法第95条は、当選人に関する規定で、この選挙に準用される普通地方公共団体の議会の議員の選挙については、有効投票の最多数を得、かつ有効投票の4分の1以上の得票があった者をもって当選人とするものであります。


 以上、この選挙においては、これらの規定が準用されることになります。


 以上でございます。


            (理事 井口富夫君 降壇)


○臨時議長(田中康雅君)    投票についての説明が終わりました。


 議場の出入口の閉鎖を命じます。


                (議場閉鎖)


○臨時議長(田中康雅君)    ただいまの出席議員は30人であります。


 投票用紙は、この用紙を用います。


 投票用紙を配付いたさせます。


               (投票用紙配付)


○臨時議長(田中康雅君)    ただいま投票用紙を配付いたしました。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○臨時議長(田中康雅君)    配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検させます。


                (投票箱点検)


○臨時議長(田中康雅君)    異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票願います。


 それでは、点呼いたさせます。


 理事、井口富夫君。


○理事(井口富夫君)    それでは点呼いたします。


 川?五一君、真砂みよ子君、久保浩二君、小川浩樹君、佐井昭子君、出水豊数君、安達克典君、谷口和樹君、鈴木太雄君、塚寿雄君、山本紳次君、松下泰子君、中本賢治君、棒引昭治君、大倉勝行君、宮本正信君、高垣幸司君、陸平輝昭君、山口進君、宮田政敏君、吉田克己君、久保隆一君、松本平男君、天野正一君、森哲男君、山本勝一君、吉本忠義君、白川公一君、岡?宏道君、田中康雅君。


○臨時議長(田中康雅君)    投票漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○臨時議長(田中康雅君)    投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 投票箱の閉鎖を命じます。


                (投票箱閉鎖)


○臨時議長(田中康雅君)    議場の出入口の閉鎖を解きます。


                (議場開鎖)


○臨時議長(田中康雅君)    ただいまから開票を行います。


 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、投票点検の立会人として、小川浩樹君、安達克典君を指名いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○臨時議長(田中康雅君)    異議なしと認めます。


 よって、立会人として、小川浩樹君、安達克典君を指名いたします。


 両君の立会いを求めます。


 それでは、開票を命じます。


                (開  票)


○臨時議長(田中康雅君)    それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数30票、うち有効投票数30票、無効投票数0票、投票総数は出席議員数と一致しております。


 続いて、得票数を報告いたします。


 14票、吉本忠義君、13票、森哲男君、3票、真砂みよ子君。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は8票であります。


 よって、吉本忠義君が議長に当選されました。


 吉本忠義君に通告いたします。


 あなたは選挙の結果、議長に当選されましたので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知いたします。





◎議長就任あいさつ





○臨時議長(田中康雅君)    この場合、当選人から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 吉本忠義君。


            (27番 吉本忠義君 登壇)


○27番(吉本忠義君)   一言ごあいさつ申し上げます。


 平成の大合併の新田辺市の8万6,000人、そしてまた1,027平方キロメートルという広大な面積の中において初議会が開かれまして、今回、初めての議長選挙にご推挙いただきまして、先輩の皆様方のご支援をいただき当選をいただきましたこと、心からお礼を申し上げたいと思います。


 また、この職責につきましては、大変な重荷と責任を感ずるわけでございますけれども、私もこの長い間の経験と公平無私、そして公平な行政運営、議会運営をとっていきたいと考えておりますので、今後とも浅学非才な私でございますけれども、一層のご支援とご協力を賜りますようお願いいたしまして、簡単でありますけれども、就任のごあいさつにいたします。


 どうもありがとうございました。


            (27番 吉本忠義君 降壇)


                (拍  手)


○臨時議長(田中康雅君)    それでは、議長が決まりましたので、議長席を交代させていただきます。


 議長は、議長席にお着き願います。


 皆さんどうもご協力ありがとうございました。


                (議長席交代)


○議長(吉本忠義君)    先ほど臨時議長から、議席の指定以降の議事日程については、新議長が決まってから運営されたいとのことでありましたが、特に日程の変更もございませんので、お手元に配付の日程に従って会議を進めさせていただきたいと思います。





◎諸般の報告





○議長(吉本忠義君)    この場合、諸般の報告をいたさせます。


 理事、井口富夫君。


            (理事 井口富夫君 登壇)


○理事(井口富夫君)    報告申し上げます。


 去る6月8日付、田総第111号をもって市長から本定例会に提出の案件として、1定報告第1号 専決処分事項についてなど報告10件及び1定議案第1号 田辺市地域振興基金条例の制定についてなど議案31件並びに議案参考資料の送付がありました。


いずれもお手元に配付しております。


 以上であります。


            (理事 井口富夫君 降壇)





◎日程第3 議席の指定





○議長(吉本忠義君)    それでは、日程第3 議席の指定を行います。


 議席の指定の前にお諮りいたします。


 議席の番号の順序は、いかがいたしましょうか。


             (「議長一任」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    議長一任の声がありますが、議長に一任願うことに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、議長に一任願います。


 議席の番号順は、議長席から向かって最前列の左端を1番とし、順次右へ数え、第二列目以降も同様に、順次30番まで数えることにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 それでは、議員の議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。


 議員の氏名と議席の番号を朗読いたさせます。


 理事、井口富夫君。


○理事(井口富夫君)    それでは、議席番号を朗読いたします。


 1番 川?五一君、2番 真砂みよ子君、3番 久保浩二君、4番 小川浩樹君、5番 佐井昭子君、6番 出水豊数君、7番 安達克典君、8番 谷口和樹君、9番 鈴木太雄君、10番 塚寿雄君、11番 山本紳次君、12番 松下泰子君、13番 中本賢治君、14番 棒引昭治君、15番 大倉勝行君、16番 宮本正信君、17番高垣幸司君、18番 陸平輝昭君、19番 山口進君、20番 宮田政敏君、21番 吉田克己君、22番 久保隆一君、23番 松本平男君、24番 天野正一君、25番 森哲男君、26番 山本勝一君、27番 吉本忠義君、28番 白川公一君、29番 岡?宏道君、30番 田中康雅君。


 以上であります。


○議長(吉本忠義君)    ただいま朗読したとおり、議席を指定いたします。





◎日程第4 会議録署名議員の指名





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第4 会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第82条の規定により、本定例会の会議録署名人として、1番 川?五一君、2番 真砂みよ子君、5番 佐井昭子君以上3人の諸君を、また会議録署名議員の予備議員として、6番 出水豊数君、8番 谷口和樹君、以上2人の諸君を指名いたします。





◎日程第5 会期の決定





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第5 会期の決定を上程いたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から7月19日までの35日間と決定いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から7月19日までの35日間と決定いたしました。





◎日程第6 副議長の選挙





○議長(吉本忠義君)    続いて、日程第6 副議長の選挙を行います。


 この場合、暫時休憩いたします。


              (午後 5時02分)


            ────────────────


再 開


○議長(吉本忠義君)    休憩前に引き続き会議を開きます。


              (午後 6時58分)


○議長(吉本忠義君)    お諮りいたします。


 副議長の選挙の方法は、いかがいたしましょうか。


              (「投票」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    投票の声がありますので、投票により副議長の選挙を行います。


 投票については、先ほど議長の選挙の際に、説明いたしましたとおり、公職選挙法の関係条項の規定が準用されることになります。


○議長(吉本忠義君)    議場の出入口の閉鎖を命じます。


                (議場閉鎖)


○議長(吉本忠義君)    ただいまの出席議員は30人であります。


 投票用紙は、この用紙を用います。


 投票用紙を配付いたさせます。


               (投票用紙配付)


○議長(吉本忠義君)    ただいま投票用紙を配付いたしました。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    配付漏れなしと認めます。投票箱を点検させます。


                (投票箱点検)


○議長(吉本忠義君)    異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票願います。


 それでは、点呼をいたさせます。


 理事、井口富夫君。


○理事(井口富夫君)    それでは、点呼いたします。


 1番 川?五一君、2番 真砂みよ子君、3番 久保浩二君、4番 小川浩樹君、5番 佐井昭子君、6番 出水豊数君、7番 安達克典君、8番 谷口和樹君、9番 鈴木太雄君、10番 塚寿雄君、11番 山本紳次君、12番 松下泰子君、13番 中本賢治君、14番 棒引昭治君、15番 大倉勝行君、16番 宮本正信君、17番 高垣幸司君、18番 陸平輝昭君、19番 山口進君、20番 宮田政敏君、21番 吉田克己君、22番 久保隆一君、23番 松本平男君、24番 天野正一君、25番 森哲男君、26番 山本勝一君、28番 白川公一君、29番 岡?宏道君、30番 田中康雅君、27番 吉本忠義君。


○議長(吉本忠義君)    投票漏れはありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 投票箱の閉鎖を命じます。


                (投票箱閉鎖)


○議長(吉本忠義君)    議場の出入口の閉鎖を解きます。


                (議場開鎖)


○議長(吉本忠義君)    ただいまから開票を行います。


 この場合、会議規則第31条第2項の規定により、投票点検の立会人として、9番鈴木太雄君、11番 山本紳次君を指名いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、立会人として、9番 鈴木太雄君、11番 山本紳次君を指名いたします。


 両君の立会いを求めます。


 それでは、開票を命じます。


                (開  票)


○議長(吉本忠義君)    それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数30票、うち有効投票数30票、無効投票数0票、投票総数は出席議員数と一致しております。


 続いて、得票数を報告いたします。


 27票、高垣幸司君、3票、川?五一君。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は8票であります。


 よって、高垣幸司君が副議長に当選されました。


 17番、高垣幸司君に通告いたします。


 あなたは選挙の結果、副議長に当選されましたので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知いたします。





◎副議長就任あいさつ





○議長(吉本忠義君)    この場合、当選人から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 17番、高垣幸司君。


            (17番 高垣幸司君 登壇)


○17番(高垣幸司君)   一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいまこの栄えある新田辺市の市議会副議長という大役を仰せつかることになりました。今朝ほどから新市長、あるいは新議長のごあいさつにもありましたとおり、私たちに今置かれております新田辺市の課題というのは本当に大なるものがあると思います。私もこれから新議長を支えながら、市民の幸せと田辺市の発展のために全力を尽くして頑張っていきたいと考えております。


 今後ともよろしくお願い申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。


            (17番 高垣幸司君 降壇)


(拍  手)





◎市長祝辞





○議長(吉本忠義君)    この場合、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


 市長、真砂充敏君。


             (市長 真砂充敏君 登壇)


○市長(真砂充敏君)    一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。


 本日、先ほどからの議長選挙、副議長選挙におきまして、合併後の新しい田辺市議会の初代議長に吉本忠義議員が、そして副議長に高垣幸司議員がそれぞれ就任されました。お二方のご就任を心からお喜び申し上げます。


 去る5月1日に五つの市町村が合併し、新市が発足してから早くも1カ月半が経過いたしましたが、旧市町村それぞれの個性や特性を生かしつつ、また新市建設計画にも示されております、自然と歴史を生かした新地方都市の創造に向けて、調和と均衡のとれたまちづくりを進めていかなければなりません。新しく就任されました吉本議長、それから高垣副議長、そして議員の皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りながら、これからの行政運営に鋭意努力を重ねてまいる所存でございます。


 どうか議員の皆様方におかれましては、今後ともより一層のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、お祝いの言葉にかえさせていただきます。


 ありがとうございました。


            (市長 真砂充敏君 降壇)


○議長(吉本忠義君)    この場合、議長席を副議長と交代いたします。





◎日程第7 1定発議第1号 田辺市議会会議規則の制定についてから日程第9 1定発議第3号 田辺市議会


事務局設置条例の制定についてまで一括上程


○議長(副議長 高垣幸司君)    続いて、日程第7 1定発議第1号 田辺市議会会議規則の制定についてから、日程第9 1定発議第3号 田辺市議会事務局設置条例の制定についてまで、以上3件を一括上程いたします。


 提出者の説明を求めます。


 27番、吉本忠義君。


            (27番 吉本忠義君 登壇)


○27番(吉本忠義君)    ただいま上程されました発議第1号、第2号及び第3号について、地方自治法第112条第1項の規定により提出いたします。


 提出者は、私、吉本忠義でございます。賛成者として、真砂みよ子議員、小川浩樹議員、鈴木太雄議員、宮本正信議員、宮田政敏議員、久保隆一議員、山本勝一議員であります。


 まず、発議第1号 田辺市議会会議規則の制定については、地方自治法第120条の規定に基づき、田辺市議会の会議の運営に関する手続き及び議会の規律等を定めるものであります。


 次に、発議第2号 田辺市議会委員会条例の制定については、地方自治法第109条、同法第109条の2、第110条及び第111条の規定に基づき、田辺市議会における委員会の組織及び運営に関する事項を定めるものであります。


 次に、発議第3号 田辺市議会事務局設置条例の制定については、地方自治法第138条の規定に基づき、議会の庶務的事務の処理等のため、議会事務局を設置するものであります。


 以上で、提案説明を終わります。


 ご審議の上、ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。


            (27番 吉本忠義君 降壇)


○議長(副議長 高垣幸司君)    提出者の説明が終了いたしました。


 この場合、議長席を交代いたします。


○議長(吉本忠義君)    質疑はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております3件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略することにいたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、ただいま議題となっております3件については、委員会の付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。


 討論は一括して行います。


 討論はありませんか。


              (「なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    討論なしと認めます。


 それでは、順次お諮りいたします。





◎日程第7 1定発議第1号 田辺市議会会議規則の制定について上程





○議長(吉本忠義君)    1定発議第1号 田辺市議会会議規則の制定については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、1定発議第1号は、原案のとおり可決いたしました。





◎日程第8 1定発議第2号 田辺市議会委員会条例の制定について上程





○議長(吉本忠義君)    続いて、1定発議第2号 田辺市議会委員会条例の制定については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、1定発議第2号は、原案のとおり可決いたしました。





◎日程第9 1定発議第3号 田辺市議会事務局設置条例の制定について上程





○議長(吉本忠義君)    続いて、1定発議第3号 田辺市議会事務局設置条例の制定については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、1定発議第3号は、原案のとおり可決いたしました。


 この場合、お諮りいたします。


 本日の会議はこの辺にとどめ延会し、明日6月16日から20日までの5日間は休会とし、6月21日午前10時から再開いたします。


 これに異議ありませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(吉本忠義君)    異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 なお、6月21日の再開日には、常任委員の選任をお願いする予定でありますが、常任委員の所属については、希望がある場合は、明日16日午後5時までに議長または事務局あてにお届け願います。できるだけ希望の線に沿って選任いたしますが、希望に添いかねる場合もありますので、あらかじめご了承願います。


延 会


○議長(吉本忠義君)    それでは、本日はこれをもって延会いたします。


              (午後 7時19分)


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


  平成17年6月15日


                   議  長  吉 本 忠 義





                   臨時議長  田 中 康 雅





                   副議長   高 垣 幸 司





                   議  員  川 ? 五 一





                   議  員  真 砂 みよ子





                   議  員  佐 井 昭 子