議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 御坊市

平成23年  9月 定例会 09月14日−05号




平成23年  9月 定例会 − 09月14日−05号







平成23年  9月 定例会



          平成23年9月御坊市議会定例会会議録(第5号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            午前10時02分開議

                平成23年9月14日(水曜日)

                            午前11時00分散会・閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第5号)

                     平成23年9月14日(水曜日)午前10時開議

 第 1       会議録署名議員の指名

 第 2 第51号議案 御坊市暴力団排除条例

    第52号議案 御坊市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例

    第53号議案 御坊市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例

    第54号議案 御坊市立湯川中学校学校用地の取得について

    第55号議案 平成23年度御坊市一般会計補正予算(第2号)

    第56号議案 平成23年度御坊市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

    第57号議案 平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第2号)

 第 3 請願書処理に関する件

    (日程第2及び日程第3の8件委員長報告・質疑・討論・採決)

 第 4 第60号議案 御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件

    (提案理由説明・質疑・採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第 1       会議録署名議員の指名

 日程第 2 第51号議案 御坊市暴力団排除条例から

      第57号議案 平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第2号)まで

 日程第 3 請願書処理に関する件

 日程第 4 第60号議案 御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件

 日程追加 委員会提出議案2号 農林漁業用軽油等に係る免税等措置に関する意見書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員定数14名

出席議員(14名)

   1番  田端卓司議員      2番  楠本文郎議員

   3番  田中数将議員      4番  松本隆史議員

   5番  小池佐左夫 議員    6番  山田勝人議員

   7番  平井俊哉議員      8番  村上宗隆議員

   9番  山本直治議員     10番  中野武一議員

  11番  森上忠信議員     12番  山本清司議員

  13番  西本和明議員     14番  向井孝行議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長    柏木征夫     総務部長  龍神康宏

 市民福祉           産業建設

       池口勝巳           柏木正之

 部長             部長

 企画課長  楠本光男     総務課長  田中昌圭

 財政課長  大川泰輔     税務課長  廣崎正樹

                環境衛生

 市民課長  高垣信廣           西本由美

                課長

 社会福祉           健康福祉

       松岡 進           立野勝之

 課長             課長

 国保年金           商工振興

       山本昌広           出口光宏

 課長             課長

 農林水産           都市建設

       内田 譲           蔵光信治

 課長             課長

 住宅対策           下水道

       最明靖夫           細川正勝

 課長             課長

 土地対策

       青木 務     会計管理者 阪口和弘

 課長

 水道事務

       前山 開     消防長   竹村倫一

 所長

 教育長   阪本保征     教育次長  田島昌明

 教育総務           生涯学習

       清水公洋           玉置哲史

 課長             課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

 事務局長  大崎惠司     次長    森田 誠

 議事係長  塩崎 完     主任    濱野義久

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

     午前10時02分 開議



○中野武一議長 これより本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○中野武一議長 日程に入るに先立ち、報告します。

 さきに設置されました平成22年度決算特別委員会の正副委員長を互選した結果、

       委員長に山田勝人議員

       副委員長に山本直治議員

がそれぞれ選任されましたので、報告します。

 次に諸般の報告をさせます。



◎事務局長(大崎惠司) 命により、報告します。

 平成23年9月14日付御総第91号をもって、市長から追加議案が送付されております。追加議案はお手元に配付のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○中野武一議長 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

            田端卓司議員

            楠本文郎議員

          及び田中数将議員

を指名します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 第51号議案 御坊市暴力団排除条例から第57号議案 平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第2号)まで



△日程第3 請願書処理に関する件



○中野武一議長 日程第2、第51号議案「御坊市暴力団排除条例」から第57号議案「平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第2号)」まで及び日程第3、「請願書処理に関する件」の8件を一括議題とします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 まず、総務文教常任委員長の報告を求めます。

 山田勝人議員。

   〔総務文教常任委員長 山田勝人議員 登壇〕



◆総務文教常任委員長(山田勝人議員) それでは、総務文教常任委員会の報告をいたします。

 当委員会に付託された議案3件につきましては、去る9日、当局の説明のもと慎重に審査した結果、議案3件についてはいずれも原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以下、特に質疑、意見のありました点について御報告申し上げます。

 まず、第55号議案「平成23年度御坊市一般会計補正予算(第2号)」歳出、第2款総務費、第1項総務管理費、第1目一般管理費中、新しい公共の場づくりのためのモデル事業補助金について、その目的及び事業内容について説明を求めたところ、虐待、いじめ、誘拐などの子供の人権問題に対して地域全体で取り組んでいくための事業であり、市内の任意団体であるハッピーママライフが、教育委員会などと連携しながら、藤田小学校、御坊小学校、野口小学校の3年生などを対象にワークショップなどを実施し、子供自身に虐待への予防方法や困ったときに周囲の大人に相談することの大切さなどを啓発していく、また、保護者などに対してもワークショップを実施し、虐待の早期発見や防止につなげていくとのことでした。

 次に、第10款教育費、第3項中学校費、第1目学校管理費中、湯川中学校テニスコート整備工事について、計画ではテニスコートは3面となっているが、最大何面のテニスコートを確保できるかをただしたところ、面積的に最大4面を確保できるが、多目的グラウンドとしての機能を持たせ、駐車場を確保するため3面としたとのことでした。

 これに関連して、複数の委員から、コートは人工芝で、地理的には駅が近く利便性のある場所であることから、将来的にはナイター設備を設置するなど施設の充実強化を図り、広くテニス競技者や愛好者などが有効活用できるよう工夫してもらいたいとの強い要望がありました。

 また、生徒の交通安全対策についても、複数の委員から、車道北側に接している水路にふたをして歩道を確保するなど、関係機関と連携し、今後も引き続き十分な安全の確保を図るよう強い要望がありました。

 最後に、総括的な質疑の中で、委員から、災害時の拠点避難所として、学校施設の機能をもう一度見直す作業が必要であり、情報収集のためのテレビケーブルや車椅子用スロープの体育館への設置、非常用電源の確保など避難施設の充実強化を積極的に図っていくべきとの提案がありました。

 以上が、本委員会での主な審査概要であります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告とさせていただきます。



○中野武一議長 次に、産業厚生常任委員長の報告を求めます。

 山本直治議員。

   〔産業厚生常任委員長 山本直治議員 登壇〕



◆産業厚生常任委員長(山本直治議員) それでは産業厚生常任委員会の報告をいたします。

 去る9日、委員会において当局の説明のもと慎重に審査した結果、議案5件はいずれも原案のとおり可決、また請願1件ついても全会一致で採択することに決定いたしました。

以下、特に質疑、意見のありました点について御報告申し上げます。

 まず、第51号議案「御坊市暴力団排除条例」の内容について説明を求めたところ、平成23年7月1日に条例化された県条例では本市の事務においての排除対象が含まれておらず、現状では暴力団と言われる者が市民文化会館等の使用や入札参加資格について排除する法的根拠がないため、市で条例を制定することによって、それを排除するものであり、県条例と相互に補完関係を持たせ、本市から暴力団の排除を推進するものであるとのことでした。

 次に第53号議案「御坊市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例」について、委員から東日本大震災を受けて被災された方への措置ということで改正するのかただしたところ、特に東日本大震災で被災された方だけを中心に措置するということではなく、東日本大震災を含む今後起こり得るすべての災害を考慮して、全国的に改正するものであるとのことでした。

 次に第55号議案「平成23年度御坊市一般会計補正予算(第2号)」中、第2款総務費の防災対策費に関連して、今回の台風12号に伴う日高川流域での災害については、椿山ダムの放流方法を市としても十分検証する必要があり、検証した結果をもとに今後のダムの運営管理について県と協議していくべきではないかという意見がありました。

 また日高川の河床整備や東裏川ポンプの運転など県に対し働きかけを行い、より一層の防災対策の充実を求めたいとの強い要望もありました。

 これに対し、日高川河床整備については時期を見て県に要望を行い、また東裏川ポンプの運転については県や関係町を交えて一度協議をしていきたいとのことでありました。

また今回市内の一部に避難勧告が出され、かなりの人が避難されたが、中には第1次避難所のあり方について理解されていない方がいるとの声も聞いているので、第1次避難所とはどういう場所だということを再度市民に対し周知していただき、混乱を避ける避難所運営に当たられたいとの要望がありました。

 次に第6款農林水産業費の野菜花き産地強化事業補助金について、補助対象及び補助率等について説明を求めたところ、事業内容としては耐用年数の経過したパイプハウスの更新に係る資材費に対して補助するもので、補助対象事業費は10アール当たり270万円を上限に県が25%、市が5%を補助するものであり、受益戸数12戸、受益面積0.76ヘクタール、17棟分を予定しているとのことでした。

 以上が、本委員会の主な審査概要であります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げ、委員長報告とさせていただきます。



○中野武一議長 ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。

   〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 これより討論を行います。

 討論の通告がありますので、楠本文郎議員の発言を許可します。

 楠本文郎議員。

   〔2番 楠本文郎議員 登壇〕



◆2番(楠本文郎議員) 上程された議案のうち第54号議案「御坊市立湯川中学校学校用地の取得について」に反対の立場から討論をいたします。

 開発公社が取得していた用地を御坊市が買い受けて学校用地にするということで、ここで問題になるのが金額が非常に高いということと、それから利便性において先ほど委員長報告にもありましたが、交通安全上どうなのかというところだと思います。これは改善を図っていく方向がありますから、その分については賛成できるのではないかと思われるところがあります。しかしよく見てみるとこの学校用地というものは、そもそも開発公社が非常に高い値段で購入した土地であるという点。しかも学校の本校用地ではなくてサブのグラウンドの用地に4億2,000万円をかけるということなのです。なぜこんなに高い用地を取得することになったのかという点でございます。

 これは10年前にさかのぼります。当時この6,400平方メートルの土地を、2000年、平成12年3月末に御坊市地域振興センターが大阪の不動産業者から購入をしています。1年半後の2001年、平成13年10月初めに4億620万円で市開発公社が買っているのです。この当時の市内の不動産関係者によると用地は当時2億数千万円程度の引き合いがあったと言われていました。さらに私がこの当時市長に対して質問をした中では、大規模な土地取り引きでの届け出が必要で、市は購入金額を知り得る立場にあったはずなのですが、これについては知らなかったという答弁に終始をいたしました。センターですが、これは当時の名前は市地域振興センターです。その地域振興センターの決算、2000年、平成12年決算では、資産の部に土地購入として2億5,760万円という記載がありました。登記簿でもセンター役員の3人の方が銀行から2億5,500万円の融資を受けていました。ここから地域振興センターが購入した価格は2億5,000万円台と推測できるわけで、わずか1年半土地を寝かせているだけで、4億円余りで市開発公社が買うという理不尽な流れではないかと私は指摘をしたわけでございます。そもそも御坊市地域振興センターというのは、第一火力発電所の地域振興補助金によって設立をされた健康食品センターから出発して、設立目的に施設の維持管理事業などを追加して変更された社名です。目的変更は用地を購入する直前の平成12年2月に名称変更されています。センターの長期借入金は、1999年、平成11年に1億3,000万円長期借り入れがあったものが、用地を購入した2000年に一たん2億5,660万円が加算され、開発公社に用地を転売した2001年、平成13年に長期借入金がなくなり役員の抵当権も抹消されたということになっています。つまりここから考えられることは、健康食品センター、地域振興センターの借金の穴埋めにこの土地の転売が利用されたと推定されたわけです。

 私はこのことを当時の一般質問や委員会で繰り返し質疑をしてまいりました。いわば政治生命をかけて、これは事実でなければ非常に大きな問題になることですから、腹を決めて市長に背任罪にも当たる行為ではないかとやりました。結果は背任罪にはなっていないわけですけれども、でもそれ以降毎年開発公社の決算で出てくるこの購入した土地の利息分の質問を重ねてきましたが、その間に私が指摘した部分に対しての反論はありませんでした。その後開発公社の利子については簿価、その土地の値段がペーパー上高くなるということから、市が利子については利子補給するという手だてが取られました。開発公社の理事長も市長から元助役、そして今は元部長に譲るという形になりました。しかし数千万円の利子が上乗せされるはずのところを市が肩がわりしてきたことには、変わりはないと思います。出発当時は住宅用地に売れるということでしたから背任罪にはならないという論理だったと思いますが、これはしかし高い買い物をして、結局高いがために住宅用地としては使うことができなかったという結論に達したということではないかと思います。その点については、私は市長の政治責任は明確にここにあると言わざるを得ないと思い、一般質問でもたださせていただいたわけでございます。

 こういう経過を指摘してきた以上、この学校用地に目的変更とするということについては、どうあってもこれはいかに学校用地に使うといえども賛成することはできないというのが反対理由でございます。

 ただし、6,300万円の補正予算が計上されています。これは学校用地サブグラウンドとしてテニスコートに使うがための費用ですから、この分については当然反対をするべきものではないという立場から、今回の上程された補正予算には賛成をするということをつけ加えて私の反対討論といたします。



○中野武一議長 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

   〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで討論を終了します。

 これより採決に入ります。

 まず、第51号議案「御坊市暴力団排除条例」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第51号議案は原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、第52号議案「御坊市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第52号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第53号議案「御坊市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第53号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第54号議案「御坊市立湯川中学校学校用地の取得について」を採決します。

 本件に対する委員長の報告は、可決です。

 本件は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 賛成多数であります。

 したがって、第54号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第55号議案「平成23年度御坊市一般会計補正予算(第2号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 賛成多数であります。

 したがって、第55号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第56号議案「平成23年度御坊市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第56号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第57号議案「平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第2号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第57号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、請願の採決に入ります。

 請願第2号「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置に関する国への意見書の提出を求める請願書」に対する委員長の報告は、採択であります。

 本件は、委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、請願第2号は採択することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 第60号議案 御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件



○中野武一議長 日程第4、第60号議案「御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件」を議題とします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

   〔市長 柏木征夫 登壇〕



◎市長(柏木征夫) 提案理由を御説明申し上げます。

 第60号議案「御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件」についてでございますが、本市教育委員会委員として御活躍賜っております阪本保征氏が9月30日に、また、吉中久氏が10月8日にそれぞれ任期満了となります。

 両氏とも、人格高潔で、教育、文化に対する豊富な見識と豊かな経験の持ち主であり、本市教育委員として最適であると存じ、再任いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の御同意を賜りたく提案するものであります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申しあげます。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

   〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております第60号議案「御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件」は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、第60号議案は委員会への付託を省略することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております第60号議案「御坊市教育委員会委員の任命について同意を求めるの件」は、同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、第60号議案は同意することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加の件



○中野武一議長 お諮りします。

 ただいま産業厚生常任委員会から委員会提出議案第2号「農林漁業用軽油等に係る免税等措置に関する意見書」が提出されました。

 これを日程に追加し、議題としたいと思います。

 御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、委員会提出議案第2号を日程に追加し、議題とすることに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 委員会提出議案第2号 農林漁業用軽油等に係る免税等措置に関する意見書



○中野武一議長 委員会提出議案第2号「農林漁業用軽油等に係る免税等措置に関する意見書」を議題とします。

 産業厚生常任委員長から提案理由の説明を求めます。

 山本直治議員。

   〔産業厚生常任委員長 山本直治議員 登壇〕



◆産業厚生常任委員長(山本直治議員) 提案理由の説明をさせていただきます。提案理由の説明は本文の朗読をもってこれにかえさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 農林漁業用軽油等に係る免税等措置に関する意見書。

 軽油引取税については、平成21年度の地方税法等の改正により一般財源化され、道路目的税から普通税になったことに伴い、従来、道路使用に直接関係を有していない等の利用により設けられていた免税制度が大きく変更され、農林漁業における燃油に係る軽油引取税については、法改正後も平成23年度末までの間は課税免除の措置が継続されているが、その廃止は今後の農林漁業経営に甚大な影響を与えるものと懸念される。また、農林漁業用A重油に対する石油石炭税の免除・還付措置については、これまでも数次の延長措置が講じられてきたが、この免税等措置が平成23年度をもって終了した場合、農林漁業経営にさらなる負担を強いることとなり、地域経済全体に対して大きな影響を及ぼすことが懸念される。

 また、制度の継続等は、農林漁業の振興だけでなく、食料自給率を向上させる観点からも有効であり、強く望まれるものである。

 よって、国においては、農林漁業の経営の自立化・安定化を図る観点から、燃油税制に係る特例措置について下記の事項を強く要望する。

 1農林漁業に使用する軽油に係る軽油引取税の免税措置について恒久化すること。

 2農林漁業用A重油に係る石油石炭税の免除・還付措置について恒久化すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

 御審議賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

 楠本文郎議員。



◆2番(楠本文郎議員) 質疑ではないのですが、形上は質疑ですね。全然気づいてなかったのですが、3行目のこの利用という言葉は理由と違うのですか。従来、道路使用に直接関係を有していない等の理由により設けられていた免税制度と思うのですが、いわゆる誤植ではないかと思うので、修正動議を出すまでもなくて、議長のいわゆる数字と字句等のという条項でできるものであれば、私はそれでいいと思うのですが。ちょっと確認しておきません。このまま出したらちょっと恥ずかしくなるから。



○中野武一議長 山本直治議員。



◆産業厚生常任委員長(山本直治議員) 楠本議員の質問のとおり多分そのとおりだと思います。字句の訂正は議長においてお願いしたいと思います。



○中野武一議長 よろしいですか。

   〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 これより討論を行います。

   〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで討論を終了します。

これより委員会提出議案第2号「農林漁業用軽油等に係る免税等措置に関する意見書」を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、委員会提出議案第2号は原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま意見書が議決されましたが、その条項、字句、数字その他の整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。

 御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、その条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決定しました。

 この際、しばらく休憩します。

     午前10時35分 休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後11時00分 再開



○中野武一議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 以上で、今期定例会の会議に付議された事件の議事はすべて終了しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会・閉会



○中野武一議長 本日はこれをもって散会し、平成23年9月御坊市議会定例会を閉会します。

     午前11時00分 散会・閉会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

            中野武一

            田端卓司

            楠本文郎

            田中数将