議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 御坊市

平成 5年 12月 定例会 12月16日−04号




平成 5年 12月 定例会 − 12月16日−04号







平成 5年 12月 定例会



      平成5年12月御坊市議会定例会会議録(第4号)



                        午前10時30分開議

                        平成5年12月16日(木曜日)

                        午前11時05分散会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第4号)



              平成5年12月16日(木曜日)午前10時30分開議

 第 1        会議録署名議員の指名

 第 2 第53号議案 市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例

     第54号議案 御坊市職員給与条例の一部を改正する条例

     第55号議案 市道路線の廃止について

     第56号議案 市道路線の認定について

     第57号議案 平成5年度御坊市一般会計補正予算(第3号)

     第58号議案 平成5年度御坊市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)

     第59号議案 平成5年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)

       (第53号議案から第59号議案まで7件質疑・委員会付託)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第 1        会議録署名議員の指名

 日程追加  議員提出議案第20号 道路予算拡大に関する意見書

 日程追加  議員提出議案第21号 平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書

 日程第 2 第53号議案 市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例から

       第59号議案 平成5年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)まで

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員定数20名

出席議員(19名)

  1番  山本清次君      2番  伊藤 勉君

  3番  西本和明君      4番  保田 保君

  5番  樽井昭三君      6番  向井孝行君

  7番  籠田 勉君      8番  大西紀夫君

  9番  楠本文郎君     10番  坂本 守君

 11番  竜田豊重君     13番  上田敏次君

 14番  増田 享君     15番  松本亀吉君

 16番  玉井甚一君     17番  小池重信君

 18番  岸元春雄君     19番  谷口重美君

 20番  中村茂任君

欠席議員(1名)

 12番  辻本順二君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長      柏木征夫君       助役       楠  崇君

 収入役     岩本好史君       市長公室長    柴本 寛君

 企画課長    酒井貞勝君       総務部長     川越祐紀男君

 財政課長    楠本 修君       税務課長     中島 武君

 市民部長    水田善得君       市民課長     岩崎善成君

 環境衛生課長  望月勝己君       同和室長     西本 勝君

 島団地対策室長 山本正見君       産業建設部長   黒祖辰男君

 農林水産課長  藤本亨治君       都市建設課長   木村幹男君

 住宅対策課長  田中秀幸君       失業対策課長   藤川光義君

 水道事務所長  平井 健君       消防長      西  弘君

 教育長     原多美男君       教育次長     柳原昌和君

 教育総務課長  塩崎佳久君       社会教育課長   中野正之君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

 事務局長    小竹博一君       次長       北野文彦君

 議事係長    大崎惠司君       調査員      米倉 守君

 主任      細川 哲君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

         午前10時30分 開議



○議長(坂本守君)  これより本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(坂本守君) 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

              中村茂任君

              山本清次君

            及び伊藤 勉君

を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加の件



○議長(坂本守君) お諮りいたします。

 ただいま竜田豊重君外5名から、議員提出議案第20号「道路予算拡大に関する意見書」が提出されました。

 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、議員提出議案第20号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議員提出議案第20号 道路予算拡大に関する意見書



○議長(坂本守君) 議員提出議案第20号「道路予算拡大に関する意見書」を議題といたします。

 職員をして議案を朗読いたさせます。

         〔事務局長朗読〕



○議長(坂本守君) 竜田豊重君から提案理由の説明を求めます。 竜田豊重君。

         〔11番 竜田豊重君 登壇〕



◆11番(竜田豊重君) 「道路予算拡大に関する意見書」について提案理由を簡単に御説明申し上げます。

 平成6年度予算編成においては、硬直性が批判される公共事業予算の配分見直しが焦点となっている中、生活者重視の立場から、住宅、下水道、公園などの生活関連基盤整備へ予算を重点配分する方向で検討されており、特に公共事業で最も事業規模の大きい道路のシェア引き下げが焦点となっています。

 しかしながら、当地方にとっては、国土幹線軸から離れた半島に位置している地理的条件から、高規格幹線道路はもとより、アクセス道路等の道路整備こそがすべての基盤整備の最たるものであり、生活関連事業であります。

 よって、政府におかれては、地方における道路整備の重要性を深く認識されるとともに、平成6年度の予算編成に当たっては、道路予算を大幅に拡大されるよう本意見書を提出するものであります。

 何とぞよろしく御賛同くださいますようお願い申し上げ、提案理由にかえさせていただきます。



○議長(坂本守君) これより質疑に入ります。

         〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第20号「道路予算拡大に関する意見書」については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) 御異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第20号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

         〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) これにて討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第20号「道路予算拡大に関する意見書」を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(坂本守君) 起立多数であります。

 よって、議員提出議案第20号は、原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加の件



○議長(坂本守君) お諮りいたします。

 ただいま竜田豊重君外5名から、議員提出議案第21号「平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書」が提出されました。

 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、議員提出議案第21号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議員提出議案第21号 平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書



○議長(坂本守君) 議員提出議案第21号「平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書」を議題といたします。

 職員をして議案を朗読いたさせます。

         〔事務局長朗読〕



○議長(坂本守君) 竜田豊重君から提案理由の説明を求めます。 竜田豊重君。

         〔11番 竜田豊重君 登壇〕



◆11番(竜田豊重君) 「平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書」について提案理由を簡単に御説明申し上げます。

 平成6年度予算編成において、関係各省庁では、公共事業の配分見直しが焦点となっている中、住宅、上下水道、廃棄物処理施設等の生活関連施設への比重を移すなどの方針が検討され、治水関係予算につきましても今までにない厳しい状況にあります。

 しかしながら、治水事業は国民の生命、財産を守り、安全で豊かな社会を実現するための生活に密着した根幹的な事業であり、最も優先的に実施されるべき重要な施策であります。

 そういう中で、本市における治水対策は今日依然として低い水準にあり、毎年多大な被害を被っており、特に本年度は7月、9月の集中豪雨及び台風14号の上陸に伴う出水等により甚大な災害が発生したところであります。

 よって、平成5年度発生の公共土木施設災害復旧事業等について、早期復旧に必要な予算を確保していただくとともに、平成6年度の治水事業予算のさらなる拡大を図り、質の高い国土の保全を強力に推進していただくため、本意見書を提出するものであります。

 何とぞよろしく御賛同くださいますようお願い申し上げ、提案理由にかえさせていただきます。



○議長(坂本守君) これより質疑に入ります。

         〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第21号「平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書」については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) 御異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第21号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

         〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) これにて討論を終結いたします。

 これより、議員提出議案第21号「平成5年度災害の早期復旧と治水関係事業の推進に関する意見書」を採決いたします。

 本案は、これを原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(坂本守君) 起立多数であります。

 よって、議員提出議案第21号は、原案のとおり可決されました。



○議長(坂本守君) お諮りいたします。

 ただいま意見書が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) 御異議なしと認めます。

 よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任にすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 第53号議案 市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例から

      第59号議案 平成5年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)まで



○議長(坂本守君) 日程第2、第53号議案「市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例」から、第59号議案「平成5年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)」まで、7件を一括議題といたします。

 ただいま議題となりました7件につきましては、提案理由の説明は既に終わっております。

 これより、質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

 山本清次君。

         〔1番 山本清次君 登壇〕



◆1番(山本清次君) 36ぺージの青少年対策費の総務費の中で、補正額が25万9,000円計上されておりますが、それはどこへ投与されるものかお聞かせください。



○議長(坂本守君) 社会教育課長。



◎社会教育課長(中野正之君) お答え申し上げます。

 青少年対策総務費の25万9,000円の補正につきましては、担当者2人分の人件費の補正でございます。



○議長(坂本守君) 山本清次君。



◆1番(山本清次君) 人件費と言われましたね。

 そのことで先日私、一般質問でも触れましたが、補導センター等の指導のあり方について教育長にお伺いしたかった点で少し質問をしたいと思います。

 その青少年の非行ということで、ある施設、例えば鑑別所なり、少年院なりに、強制収容されるというような事例がこれまで何件か出ております。私はこの点で少し疑問を抱くのですが、人権ということを考えれば、やはりその行った行動云々ではなしに、その指導のあり方として、簡単にその青少年が悪いからといって強制収容なり、何なりをすることがいいものかどうかということに、疑問を抱く一人でございます。そうする中で、この御坊市として、今後そのような事件が起きた時に、どのような措置を講じられるのか、とられていくのか、その点を教育長にまずお尋ねします。



○議長(坂本守君) 教育長。



◎教育長(原多美男君) 御質問のこの施設あるいは教護院への収容でございますが、これにつきましては、それぞれの行動に照らして、14歳以下は児童相談所、あるいはそれ以上になりますと家庭裁判所の方に、これは私どもで判断するのではなくて、その行動によって送られていると、書類送検をされていると思います。したがって、今議員が言われるように、補導センターで書類はつくるわけでございますが、家庭裁判所では調査員もあり、裁判もございます。

 それから14歳以下につきましては、中央児童相談所を通して指導があり、したがって、今後そういうふうな行動にならないような、予防の、いわゆる先日も申し上げましたが、各学校、地域、家庭において、そういう行動に走らないような、触れ合いと規律の指導を強めていきたい。しかし万一起こった場合におきましては、これはやっぱり14歳以下と14歳以上に分けて、法に触れる問題につきましては、私どもで、どうという歯どめは司法に一任しなければならないと考えてございます。私ども教育委員会としては、先ほど申し上げたように、予防と言いましょうか、そういう行動に走らないような日常の取り組みを市民ぐるみで、あるいは学校も関係機関を含めて進めていきたいと考えてございます。

 以上です。



○議長(坂本守君) 山本清次君。



◆1番(山本清次君) 私はその点で強く言っている点というところで、教育長の意見もわかりましたが、その指導のあり方というところですが、これもう10年来、20年来になりますか、この御坊市から、そのような措置が取られている件数が多々あります。その子らが大人になって、成人して生活をしていく上で、やはり偏った世界へ入る可能性も高いと思うんです。

 そういう中で、今回その市の方でも、検討委員会なりつくっていただけているということを聞きましたが、やはりそこの時点で、事件が起こったからするんではなしに、その起きるまでに家庭もちろんそうですし、学校もそうです。でも、その子らがやはりそんな非行に走るもとはと言えば、貧困もあり、また、ひがみもあり、いろんな問題が出てこようかと思います。そんな点を十分理解していただいて、この御坊市からはだれ一人そのような施設に収容されることのないよう、教育長と市長から強くお願いをしたいと思います。

 以上です。



○議長(坂本守君) ほかに質疑はございませんか。

 伊藤 勉君。

         〔2番 伊藤 勉君 登壇〕



◆2番(伊藤勉君) ただいま議長のお許しをいただきましたので、総括質問をいたします。

 まずは、第53号議案「市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例」及び第54号議案「御坊市職員給与条例の一部を改正する条例」についてでありますが、今回人勧に基づき、扶養手当及び住居手当、さらに超過勤務手当等、休日給についても、また時間外や休日の割増賃金に関する労働基準法の改正により今回対応されるということで、そのため適時適切な改善ということで、支給割合の見直しをされるということです。

 そこで質問ですけれども、今回の改正についてのポイントを中心に基本的な考え方を市長からお伺いしたいと思います。

 次に、第57号議案「平成5年度御坊市一般会計補正予算(第3号)」中の関係で、ただいま53号議案と54号議案にも関連するわけでありますが、総務費の中の職員手当等の超過勤務手当で2,600万計上されておりますけれども、それについての御説明をお願いしたいと思います。

 第3点目ですけれども、同じく第57号議案「平成5年度御坊市一般会計補正予算(第3号)」の関係で、今度商工費の商工振興費の、企業立地促進助成金2,445万9,000円計上されておりますが、これの御説明を産業建設部長からお示し願いたいと思います。

 以上です。



○議長(坂本守君) 答弁を求めます。

 市長。



◎市長(柏木征夫君) 自席の方から御答弁させていただきます。

 まず、今回の給与改定のポイントでございますが、人事院勧告に基づき平均にして1.92%の給与改定を行うものと、それから扶養家族等、特に子供の減っている中での改善、あるいは住宅手当の改善、それから時間外や休日の割増料金に関する労基法の改正に基づく対応等々でございまして、人事院勧告に基づき国の給与改定がなされたことに対する条例遵守でございます。

 以上でございます。



○議長(坂本守君) 総務部長。



◎総務部長(川越祐紀男君) お答えいたします。

 超過勤務手当の補正2,600万円につきましては、本年は例年にない災害が多うございまして、災害関係と、それから、ごみ分別収集のために、各地区へ説明に回っております。その説明会をする時間。それから固定資産税の評価替えに伴う職員の事務等がふえておりますので、それらをあわせ今後とも合計しますと2,600万円ぐらいは必要ということになります。

 以上です。



○議長(坂本守君) 産業建設部長。



◎産業建設部長(黒祖辰男君) 商工振興費の2,445万9,000円について説明をさせていただきます。

 御坊市の企業立地促進条例を適用いたしまして、固定資産税額に対する企業立地促進助成金として、1,795万9,000円、実質増加した常用雇用従業員の数に対する雇用促進助成金650万円、あわせて2,445万9,000円です。企業数は3社でございまして、名田町上野のライニング鋼管配管一式の企業、それから御坊市岩内のスカート及びスラックスの縫製製造業1社、それから熊野地内の木材加工企業あわせて3社に助成金として支出する2,445万9,000円でございます。



○議長(坂本守君) 伊藤 勉君。



◆2番(伊藤勉君) ただいま市長及び総務部長、そして産業建設部長から答弁をいただきましたけれども、順番に意見及び質問をしたいと思います。

 まず、1点目の53号議案の関係、そして54号議案の関係で、これについては市長から答弁をいただきましたが、これについて1点だけ質問。それは平均賃金は幾らぐらいにアップ、上昇したのかお聞きしたいと思います。

 それともう1点、御坊市の職員の給与に関して、県下的にどのような位置にあって、今の現状についての考え方をお聞きしたいと思います。

 次に、2点目の総務部長からは、超過勤務手当2,600万円の計上の説明をいただきまして、これについては了解をしたいと思います。

 次に、3点目の企業立地促進の関係で、説明をいただきましたけれども、これについてちょっと1点だけお聞きしたいのは、3社今聞きましたけれども、経営状況なんかについてどのような状況にあるか1点だけお聞きして、再質問を終わりたいと思います。



○議長(坂本守君) 市長。



◎市長(柏木征夫君) 御坊市の職員の給与を他市と比較としてということでございます。ラスパイレスでいきますと現在のところ、100.7ということでございまして、まだ5年の他市の状況は有田市しか出ておりません。それに比べて低いと言えます。



○議長(坂本守君) 総務部長。



◎総務部長(川越祐紀男君) お答えいたします。

 御坊市の平成5年11月1日現在の職員1人当たりの給料月額40歳で30万3,112円となってございます。

 以上です。



○議長(坂本守君) 産業建設部長。



◎産業建設部長(黒祖辰男君) 会社の経営内容でございますけれども、不況の中頑張っておられるということで、健全に経営されていると判断しております。



○議長(坂本守君) ほかに質疑はありませんか。

         〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております第53議案「市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例」から、第59号議案「平成5年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)」までの7件を、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

▲総務常任委員会





議案番号
件名


第53号議案
市長、助役及び収入役の給料その他の給与条例の一部を改正する条例


第54号議案
御坊市職員給与条例の一部を改正する条例


第57号議案
平成5年度御坊市一般会計補正予算(第3号)中
(歳入歳出予算の補正)
第1条第1項
第1条第2項「第1表歳入歳出予算補正」中
歳入 全款
歳出 第 1款 議会費
    第 2款 総務費(第3項戸籍住民基本台帳費を除く。)
    第 9款消防費
    第14款 予備費
(地方債の補正)
第3条 「第3表地方債補正」


第58号議案
平成5年度御坊市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)












▲文教厚生常任委員会





議案番号
件名


第57号議案
平成5年度御坊市一般会計補正予算(第3号)中
(歳入歳出予算の補正)
第1条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中
歳出 第 2款 総務費(第3項 戸籍住民基本台帳費のみ。)
    第 3款 民生費
    第 4款 衛生費
    第10款 教育費


第59号議案
平成5年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)










▲経済建設常任委員会





議案番号
件名


第55号議案
市道路線の廃止について


第56号議案
市道路線の認定について


第57号議案
平成5年度御坊市一般会計補正予算(第3号)中
(歳入歳出予算の補正)
第1条第2項「第1表 歳入歳出予算補正」中
歳出 第 5款 労働費
    第 6款 農林水産業費
    第 7款 商工費
    第 8款 土木費
    第11款 災害復旧費
(繰越明許費)
第2条 「第2表 繰越明許費」










 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の議決



○議長(坂本守君) お諮りいたします。

 委員会審査のため、12月17日及び12月20日の2日間、休会いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(坂本守君) 御異議なしと認めます。

 よって、12月17日及び12月20日の2日間、休会することに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(坂本守君) 今期定例会において、本日までに受理した請願書は、お手元に配付の請願付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたしましたから報告いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成5年12月御坊市議会定例会請願文書表





番号
第9号
請願者の
住所及び
氏名
御坊市熊野912
西崎武郎
御坊市野口1299ー5
北村菊造
日高郡美浜町和田2160
古山隆生


付託委員会
総務常任委員会


提出年月日
平成5年12月3日


件名
定住外国人の地方選
挙への参政権並びに
人権保障の確立を求
める意見書提出につ
いて
紹介議員
山本清次


請願要旨
定住外国人の地方選挙への参政権並びに人権保障の確立を求める意
見書を政府に提出されたい。










 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(坂本守君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

         午前11時05分 散会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



               坂本 守

               中村茂任

               山本清次

               伊藤 勉