議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 御坊市

平成23年  6月 定例会 06月24日−05号




平成23年  6月 定例会 − 06月24日−05号







平成23年  6月 定例会



          平成23年6月御坊市議会定例会会議録(第5号)

                            午前10時02分   開議

               平成23年 6月24日(金曜日)

                            午前10時45分散会・閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第5号)

                    平成23年 6月24日(金曜日)午前10時開議

 第 1       会議録署名議員の指名

 第 2 第37号議案 御坊市税賦課徴収条例の一部を改正する条例

    第38号議案 御坊市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

    第39号議案 御坊市営住宅管理条例の一部を改正する条例

    第40号議案 平成23年度御坊市一般会計補正予算(第1号)

    第41号議案 平成23年度御坊市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

    第42号議案 平成23年度御坊市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

    第43号議案 平成23年度御坊市介護保険特別会計補正予算(第1号)

    第44号議案 平成23年度御坊市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

    第45号議案 平成23年度御坊市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

    第46号議案 平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)

    第47号議案 平成22年度御坊市外三ヶ町国民健康保険事務組合一般会計歳入歳出決算認定の件

    第48号議案 和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更について

 第 3 請願書処理に関する件

    (日程第2及び日程第3の13件委員長報告・質疑・討論・採決)

 第 4 第49号議案 御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件

    (提案理由説明・質疑・採決)

 第 5 第50号議案 御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件

    (提案理由説明・質疑・採決)

 第 6 議員提出議案第2号 公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書

    (提案理由説明・質疑・採決)

 第 7 議員提出議案第3号 看護師などの大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書

 第 8 議員提出議案第4号 独立行政法人国立病院機構和歌山病院の充実を求める意見書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第 1       会議録署名議員の指名

 日程第 2 第37号議案 御坊市税賦課徴収条例の一部を改正する条例から

      第48号議案 和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更についてまで

 日程第 3 請願書処理に関する件

 日程第 4 第49号議案 御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件

 日程第 5 第50号議案 御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件

 日程第 6 議員提出議案第2号 公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書

 日程第 7 議員提出議案第3号 看護師などの大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書

 日程第 8 議員提出議案第4号 独立行政法人国立病院機構和歌山病院の充実を求める意見書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員定数14名

出席議員(14名)

   1番  田端卓司議員      2番  楠本文郎議員

   3番  田中数将議員      4番  松本隆史議員

   5番  小池佐左夫議員     6番  山田勝人議員

   7番  平井俊哉議員      8番  村上宗隆議員

   9番  山本直治議員     10番  中野武一議員

  11番  森上忠信議員     12番  山本清司議員

  13番  西本和明議員     14番  向井孝行議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長     柏木征夫         総務部長   龍神康宏

 市民福祉                産業建設

        池口勝巳                柏木正之

 部長                  部長

 企画課長   楠本光男         総務課長   田中昌圭

 財政課長   大川泰輔         税務課長   廣崎正樹

                     環境衛生

 市民課長   高垣信廣                西本由美

                     課長

 社会福祉                健康福祉

        松岡 進                立野勝之

 課長                  課長

 国保年金                商工振興

        山本昌広                出口光宏

 課長                  課長

 農林水産                都市建設

        内田 譲                蔵光信治

 課長                  課長

 住宅対策                下水道

        最明靖夫                細川正勝

 課長                  課長

 土地対策

        青木 務         会計管理者  阪口和弘

 課長

 水道事務

        前山 開         消防長    竹村倫一

 所長

 教育長    阪本保征         教育次長   田島昌明

 教育総務                生涯学習

        清水公洋                玉置哲史

 課長                  課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

 事務局長   大崎惠司         次長     森田 誠

 議事係長   塩崎 完         主任     濱野義久

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

     午前10時02分 開議



○中野武一議長 これより本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○中野武一議長 日程に入るに先立ち、諸般の報告をさせます。



◎事務局長(大崎惠司) 命により、報告します。

 平成23年6月24日付御総第41号をもって、市長から追加議案が送付されております。追加議案はお手元に配付のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○中野武一議長 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

           山本直治議員

           森上忠信議員

         及び山本清司議員

を指名します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 第37号議案 御坊市税賦課徴収条例の一部を改正する条例から



△第48号議案 和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更についてまで



△日程第3 請願書処理に関する件



○中野武一議長 日程第2、第37号議案「御坊市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」から第48号議案「和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更について」まで及び日程第3、「請願書処理に関する件」の13件を一括議題とします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 まず、総務文教常任委員長の報告を求めます。

 山田勝人議員。

     〔総務文教常任委員長 山田勝人議員 登壇〕



◆総務文教常任委員長(山田勝人議員) それでは、総務文教常任委員会の報告をいたします。

 当委員会に付託された議案2件及び請願1件につきましては、去る21日、当局の説明のもと慎重に審査した結果、議案2件については全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決定し、請願1件については、賛成少数で不採択と決定しました。

 以下、特に質疑、意見のありました点について、御報告申し上げます。

 第37号議案「御坊市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」について、改正内容の説明を求めたところ、第44条及び第45条は東日本大震災の被災者が本市に転入した場合、住民税の雑損控除や特別税額控除等の特例が受けられるよう追加したものであり、第46条は被災地のみの特例であり、平成24年度から10年間適用されるとのことでした。

 次に、第40号議案「平成23年度御坊市一般会計補正予算(第1号)」第10款教育費、第5項社会教育費、第1目社会教育総務費中、臨時職員の配置について説明を求めたところ、体育館や武道館などの施設管理や貸し出し事務、発明クラブの事務などを行うため臨時職員を配置しているとのことでした。

 これに関連して、委員から職員数削減の方向性や産休などによる補充のための臨時職員の配置は理解できるが、今回の配置は本来正職員が対応すべき業務内容であるとの意見がありました。

 次に、歳入、第19款諸収入、第4項雑入中、コミュニティ助成事業助成金について、その内容説明を求めたところ、財団法人自治総合センターから同志会に施設建設補助金として1,500万円、椿連合会に祭りの補助金として250万円が助成されるものであるとのことでした。また、同志会の集会所建設については、市補助金交付規則に基づき算出された641万円が市費から別途補助されるとのことでした。

 最後に、請願第1号「御坊市への使用済み核燃料中間貯蔵施設誘致に取り組まないことを求める請願書」について、現在、議会として中間貯蔵施設に関する取り組みは行っておらず、白紙の状態であり、今後関西電力から中間貯蔵施設に関する報告の申し出があるなど、必要があれば、その時点で、議会としてその取り扱いを協議すればよいことである。また、請願内容は今後の議員活動や自由な発言の制約につながるなどの反対意見があった一方、中間貯蔵施設は議会として将来的に勉強する必要はなく、請願内容は議員個人の活動を何ら制約するものではないという賛成意見があり、採決の結果、賛成少数で不採択となりました。

 以上が、本委員会での主な審査概要であります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告とさせていただきます。



○中野武一議長 次に、産業厚生常任委員長の報告を求めます。

 山本直治議員。

     〔産業厚生常任委員長 山本直治議員 登壇〕



◆産業厚生常任委員長(山本直治議員) それでは産業厚生常任委員会の報告をいたします。

 当委員会に付託された議案11件は、去る21日、当局の説明のもと慎重に審査した結果、いずれも原案のとおり可決すべきものであると決定いたしました。

 以下、特に質疑、意見のありました点について御報告申し上げます。

 まず、第39号議案「御坊市営住宅管理条例の一部を改正する条例」について、委員から、現在、実施されている募集に対して応募の割合状況及び次回の募集時期、戸数について説明を求めたところ、割合状況については、直近3年の数字で募集1戸に対して応募は4名から5名という状況であるとのことでした。また次回の募集時期については11月を予定しており、募集戸数については、現在修繕を行っている部屋もあり、また今後空き家が出る可能性もあるので最終的にどれくらい募集できるか今のところ未定であるとのことでした。

 また委員から今回の条例改正で条件が緩和されることから応募者がふえる半面、当せん者が減ることになるので、募集に際しては少しでも多くの部屋を確保することや抽せん回数をふやすなど考えて実施していただきたいとの要望がありました。

 また目的外で使用している居室があるという話を聞くが、担当課は把握されているのかただしたところ、話としては聞いていないが、そういうことがあるのなら実態を調査したいとのことでありました。

 次に、第40号議案「平成23年度御坊市一般会計補正予算(第1号)」中、第4款衛生費、LED防犯灯付替業務委託事業の進め方について説明を求めたところ、まず優先的に現在市内にある8地区の自主防犯組織に対して事業内容を説明し、実施の意向を伺いたいとのことで、もし希望がなければそのほかの町内会にも相談していきたいとのことでありました。

 また、委員からこの事業については県費補助が100%と大変歓迎できる事業であるが、今年度限りの単年度事業なので、今後も継続して実施していけるよう、関係各課で国、県の補助事業を探し、省エネ対策の積極的な取り組みを期待したいとの意見がありました。

 次に第6款、農林水産業費の有害鳥獣捕獲報償及び農作物鳥獣害防止対策事業補助金について、新たにどういう内容が加えられたのか説明を求めたところ、有害鳥獣捕獲報償については、本年度県の単独事業である農作物鳥獣害防止総合対策事業の交付要綱が改正され、銃器使用時のイノシシ、ニホンジカ、ニホンザルの有害捕獲について定額1万円の補助となったことから当初予算にその部分を増額するものであり、また農作物鳥獣害防止対策事業補助金についても申請者に対して要件が緩和されたことから申請者がふえたため、増額補正をするものであるとのことでした。

 委員から有害鳥獣については、まだまだ被害が減らないという農家の方からの意見もよく聞くので、今後とも対策を強化し少しでも減らしていく方向で進めていただきたいとの要望がありました。

 最後に第47号議案「平成22年度御坊市外三ヶ町国民健康保険事務組合一般会計歳入歳出決算認定の件」について概要説明を求めたところ、3月末時点においてのこの決算では赤字となっているが、5月末での実際の決算では御坊市国民健康保険特別会計に黒字として繰越金が出ることになる。しかしその黒字部分にいては、すべて御坊市だけのものではなく、国、社会保険庁への清算返還金を差し引き、残りは旧構成団体で案分し分配することになるとの説明がありました。

 以上が、本委員会の主な審査概要であります。

 皆さんよろしく御審議賜りますようお願い申し上げ、委員長報告とさせていただきます。



○中野武一議長 ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 これより討論を行います。

 討論の通告がありますので、楠本文郎議員の発言を許可します。

 楠本文郎議員。

     〔2番 楠本文郎議員 登壇〕



◆2番(楠本文郎議員) 上程された議案と請願について討論をいたします。

 市長提案の議案については、国民保険税の各最高限度額の引き上げについて、本会議でも質疑で申し上げたとおり御坊市の国保の財政上値上げするものではなくて、値上げということをやらなければ国や県からのペナルティーがあるかもしれないから引き上げるという理由ですから反対なのですが、それは既に本会議質疑の中で申し上げましたので、他の議案、請願について討論を行いたいということでございます。多分私が賛成討論をするというのは、久方ぶりだと思います。

 第40号議案一般会計の補正予算についての態度なのですが、この補正予算については不十分な点はそれぞれ委員会、本会議で指摘をしてきたつもりでございます。特に人事の問題については、ここ数年来大幅な職員の退職を迎えて補充をしていくという流れができてきたくらいに各課各係で非常に職員不足に悩むという部分が出てまいりました。その改善方向というのも答弁で善処していく旨が表明をされ、そのために臨時の職員で今対応しているという方向も示されましたから、一般会計の補正予算については、賛成をするという立場でございます。既にそういう点についても前段、総務文教それから産業厚生の各委員長報告にも盛り込まれているとおりでございます。

 さて、請願についてです。白紙であるということが確認された使用済み核燃料中間貯蔵施設問題についてです。委員会では、白紙だと確認をいたしましたが、請願者からさらには請願者ではない市民から私の方に意見が寄せられました。その意見は、市長が3条件をつけて取り組む意思がないと明確に意思表示をされたと。だから御坊市議会としても明確な意思表示をしてくださいというつもりで請願したのですという趣旨なのです。だから白紙というのは、私らもそう思っていると。それでも関西電力から言ってきたら、また検討するというのなら、やはり取り組む意思がないというのと違うじゃないかと、私らが求めているのは中間貯蔵施設の問題はもう取り組まないという議会の明確な態度なのだと。それは、前の期、その前の期ずっと取り組んできたから、もうやめようという提起なのだというのが請願者の意思だそうです。その立場からすれば、御坊市への使用済み核燃料中間貯蔵施設誘致に取り組まないでくれとこの言葉どおり判断してほしいという御意見でございます。理屈の上でいえば、関西電力は原発をまだ使用する表明をされています。この福島第一原発が世界的に大きな懸案事項になっているのは皆さん御承知のとおりです。その中でも関西電力は、使っていくと。原発を燃やすことを続ける限り、使用済み核燃料は排出されます。しかしもうマスコミ報道で御承知のとおり、それぞれの原発敷地内に確保されていた使用済み核燃料はいっぱいになってくると。つまり今すぐではないけれども、近い将来また使用済み核燃料を置いてくれという動きにならなければ仕方ないということになる。そしたら、前に議論してくれた御坊市さんお願いしますということを言ってくる可能性は十分にあるというのが理屈上の問題になりますね。そのときに御坊市議会がどんな態度なのかということが問われているのではないかと思います。申し入れが来たら検討するということをやめてくれという請願趣旨だということを理解するならば、私はこの請願趣旨に大賛成だということを申し上げて討論といたします。



○中野武一議長 以上で、通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 山本直治議員。

     〔9番 山本直治議員 登壇〕



◆9番(山本直治議員) 賛成の立場で討論に参加をさせていただきたいと思います。

 執行部提案のすべての案件については、賛成をいたします。

 また請願1件についても賛成の立場で私の意見を述べたいと思います。

 この問題を私が最初に聞いたのはほかの町に住んでいるときでございました。そのときの住民の皆さんの多くは不安を声にされました。私は、その皆様の不安の声を聞いて公の場で反対の態度を示させていただきました。今回3月11日の東日本大震災による津波により東京電力福島原発の事故で住民の皆様は原子力に対する考え、また放射能に対する不安は増大しております。多くの皆様からこの不安の声をいただきました。市長もかねがね言っておられますが、住民の皆さんは安心、安全の生活が第一だと言われております。私もその意見には大賛成でございます。我々議員も皆様の生活の安心、安全を守るのが第一義だと私は考えます。よって、住民の皆さんの不安を取り除くことが大変大事なことではないかと思います。私はこの市民の皆様の不安を取り除きたいという一点でこの請願に対して賛成をいたします。

 以上でございます。



○中野武一議長 ほかに討論はありませんか。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで討論を終了します。

 これより採決に入ります。

 まず、第37号議案「御坊市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第37号議案は原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、第38号議案「御坊市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 賛成多数であります。

 したがって、第38号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第39号議案「御坊市営住宅管理条例の一部を改正する条例」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第39号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第40号議案「平成23年度御坊市一般会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第40号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第41号議案「平成23年度御坊市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第41号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第42号議案「平成23年度御坊市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第42号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第43号議案「平成23年度御坊市介護保険特別会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第43号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第44号議案「平成23年度御坊市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第44号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第45号議案「平成23年度御坊市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第45号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第46号議案「平成23年度御坊市水道事業会計補正予算(第1号)」を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、可決です。

 本案は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第46号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、第47号議案「平成22年度御坊市外三ヶ町国民健康保険事務組合一般会計歳入歳出決算認定の件」を採決します。

 この決算に対する委員長の報告は、認定すべきであるとするものです。

 この決算は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第47号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定しました。

 次に、第48号議案「和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更について」を採決します。

 本件に対する委員長の報告は、可決です。

 本件は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、第48号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、請願の採決に入ります。

 請願第1号「御坊市への使用済み核燃料中間貯蔵施設誘致に取り組まないことを求める請願書」に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は、採択することに賛成の議員の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○中野武一議長 賛成少数であります。

 したがって、請願第1号は不採択とすることに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 第49号議案 御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件



○中野武一議長 日程第4、第49号議案「御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件」を議題とします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

 〔市長 柏木征夫 登壇〕



◎市長(柏木征夫) 提案理由を御説明申し上げます。

 第49号議案「御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件」についてでございますが、本案につきましては、本市公平委員として御活躍賜っております田端良一氏が7月10日をもって任期満了となりますので、引き続き田端氏を再任いたしたく存じます。

 田端氏は、人格高潔で、人事行政につきましても高い識見の持ち主でありますので、最適であると存じます。よって、ここに地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会の御同意を賜りたく提案いたしたものであります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております第49号議案「御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件」は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、第49号議案は委員会への付託を省略することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております第49号議案「御坊市公平委員会委員の選任について同意を求めるの件」は、同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、第49号議案は同意することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 第50号議案 御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件



○中野武一議長 日程第5、第50号議案「御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件」を議題とします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 柏木征夫 登壇〕



◎市長(柏木征夫) 提案理由を御説明申し上げます。

 第50号議案「御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件」についてでございますが、本案につきましては、本市の固定資産評価審査委員会委員として御活躍を賜っております湯川忠氏、橋本勝利氏及び井上明氏が来る7月10日をもって任期満了となりますので、引き続き再任いたしたく存じます。

 今回、選任の御同意をお願いしております3名とも固定資産の評価に精通され、豊富な経験をお持ちであり、最適任者でありますので、地方税法第423条第3項及び御坊市税賦課徴収条例第77条第2項の規定により、議会の御同意を賜りたく提案いたしたものであります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております第50号議案「御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件」は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、第50号議案は委員会への付託を省略することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております第50号議案「御坊市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるの件」は、同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、第50号議案は同意することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議員提出議案第2号 公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書



○中野武一議長 日程第6、議員提出議案第2号「公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書」を議題といたします。

 山本直治議員から提案理由の説明を求めます。

     〔9番 山本直治議員 登壇〕



◆9番(山本直治議員) 公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書について提案理由の説明を行います。

 過去に多くの災害が発生いたしました。その都度公立の学校等が避難所になってまいりました。今回の3月11日の東日本の大震災においても各学校がそういう避難施設になっておりました。しかし、これだけ多くの事件を経験し、多くの避難所として使ってきた中でもいまだに学校施設の防災機能の整備はされておりません。今回の東日本の災害におきましても避難した先には発電施設もなく、また暖をとる施設もなく、トイレも整備されていなかったというような状況が多く見られました。そうしたことで、政府に対してこのことをきちんと推進をしていただきたいという思いで今回の意見書の提案となりました。

 議員各位におかれましては、御審議賜り賛同いただきますようにどうかよろしくお願いいたします。

 以上です。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

 楠本文郎議員。



◆2番(楠本文郎議員) 本当に若干の質疑をさせてください。防災機能の整備というのがポイントなので、今ちょっと提案理由で説明が若干ありましたけれど、防災機能という場合には、どんな具体的な中身をイメージしていますか。



○中野武一議長 山本直治議員。



◆9番(山本直治議員) まず1点目は、電気関係、発電機の整備。またプール等の水を飲料水に使用できる浄化設備の整備。また毛布等の防寒、そして食料の備蓄等がございます。



○中野武一議長 楠本文郎議員。



◆2番(楠本文郎議員) 例えば電気ということになったら自家発電というものなんかもこの守備範囲に入るのでしょうか。それから、プールの水を飲料水にできるというとかなりの浄水施設で金額がかなり張るようなものというイメージがあるのですが、それはいかがでしょうか。

 以上2点。



○中野武一議長 山本直治議員。



◆9番(山本直治議員) 発電施設については、自家発電装置を常設するという形でございます。また、飲料水の確保に対する浄化施設の整備というのはかなりコンパクトでいい製品ができている話も聞いておりますので、そういう形で進めていただければと思います。

 以上です。



○中野武一議長 ほかに質疑はありませんか。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第2号「公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書」は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、議員提出議案第2号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで討論を終了します。

 これより議員提出議案第2号「公立学校施設における防災機能の整備の推進を求める意見書」を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、議員提出議案第2号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議員提出議案第3号 看護師などの大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書



○中野武一議長 日程第7、議員提出議案第3号「看護師などの大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書」を議題といたします。

 山田勝人議員から提案理由の説明を求めます。

 山田勝人議員。

     〔6番 山田勝人議員 登壇〕



◆6番(山田勝人議員) それでは議員提出議案第3号の提案理由を御説明申し上げます。

 現在、医療現場は長時間過密労働に加え医療技術の進歩や医療安全への期待の高まりなどで医療従事者の労働環境は厳しさを増すばかりであり、離職者も多く深刻な人手不足になっております。医療現場の実態はかつてなく過酷になっており、地域でも医師、看護師等の不足が深刻化しています。

 よって医療従事者の労働条件を抜本的に改善し、患者が安全で安心な医療、看護、介護が受けられるよう国に対し以下3項目を求めるものであります。

 1.ILO看護職員条約に基づき、看護師など夜勤交替制労働者の労働時間を1日8時間、週32時間以内、勤務間隔を12時間以上とすること。

 2.医療、社会保障予算を先進国(OECD)並みにふやし、医師、看護師、介護職員等を大幅にふやすこと。

 3.国民(患者・利用者)の負担を減らし、安全、安心の医療、介護を実現すること。

 以上、議員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第3号「看護師などの大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書」は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、議員提出議案第3号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで討論を終了します。

 これより議員提出議案第3号「看護師などの大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書」を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、議員提出議案第3号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議員提出議案第4号 独立行政法人国立病院機構和歌山病院の充実を求める意見書



○中野武一議長 日程第8、議員提出議案第4号「独立行政法人国立病院機構和歌山病院の充実を求める意見書」を議題といたします。

 西本和明議員から提案理由の説明を求めます。

 西本和明議員。

     〔13番 西本和明議員 登壇〕



◆13番(西本和明議員) それでは議員提出議案第4号の提案理由を御説明申し上げます。

 この意見書については、ただいま可決しました議員提出議案第3号と類似する内容になりますが、独立行政法人和歌山病院は、がん、循環器などの高度医療や研究とともに、民間では困難なさまざまな分野を担い、地域医療としても重要な役割を果たしております。

 しかし、政府は独立行政法人を原則禁止と掲げ、事業仕分けを実施し、独立行政法人の抜本的な見直しを行おうとしており、国立病院への運営費交付金が2011年度は75億円も減額され、診療事業にかかわる交付金も2億円が認められたにとどまり、地域医療や政策医療の遂行への影響が大変懸念されています。

 よって、いつでも、どこでも、だれでも安心して医療を受けられる体制の確立を図るためにも、病院運営に必要な予算や医師、看護師の人員確保、また縮小や廃止民営化することなく充実を図るなど国に対し意見書を提出するものであります。

 以上、議員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○中野武一議長 これより質疑に入ります。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで質疑を終了します。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第4号「独立行政法人国立病院機構和歌山病院の充実を求める意見書」は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、議員提出議案第4号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

     〔「進行」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 これで討論を終了します。

 これより議員提出議案第4号「独立行政法人国立病院機構和歌山病院の充実を求める意見書」を採決します。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○中野武一議長 全員賛成であります。

 したがって、議員提出議案第4号は原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま意見書が議決されましたがその条項、字句、数字その他の整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。

 御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○中野武一議長 御異議なしと認めます。

 したがって、その条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決定しました。

 以上で、今期定例会の会議に付議された事件の議事はすべて終了しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会・閉会



○中野武一議長 本日はこれをもって散会し、平成23年6月御坊市議会定例会を閉会します。

     午前10時45分 散会・閉会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

         中野武一

         山本直治

         森上忠信

         山本清司