議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 海南市

平成21年  5月 臨時会(1) 05月14日−01号




平成21年  5月 臨時会(1) − 05月14日−01号









平成21年  5月 臨時会(1)



                平成21年

            海南市議会5月臨時会会議録

                 第1号

            平成21年5月14日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第1号

平成21年5月14日(木)午前9時30分開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 議席の指定

日程第3 会期決定の件

日程第4 常任委員会委員の選任

日程第5 特別委員会委員の選任

日程第6 諸般の報告

日程第7 報告第1号 専決処分事項の報告について(和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更)

日程第8 報告第2号 専決処分事項の報告について(海南市税条例等の一部を改正する条例)

日程第9 報告第3号 専決処分事項の報告について(海南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

日程第10 報告第4号 専決処分事項の報告について(平成20年度海南市一般会計補正予算(第6号))

日程第11 報告第5号 専決処分事項の報告について(平成20年度海南市水道事業会計補正予算(第2号))

日程第12 報告第6号 平成20年度海南市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第13 報告第7号 平成20年度海南市水道事業会計予算繰越の報告について

日程第14 議案第32号 海南市副市長選任の同意について

日程第15 議案第33号 海南市教育委員会委員任命の同意について

日程第16 議案第34号 海南市教育委員会委員任命の同意について

日程第17 議案第35号 海南市公平委員会委員選任の同意について

日程第18 議案第36号 海南市監査委員選任の同意について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

      1番  中西 徹君

      2番  片山光生君

      3番  中家悦生君

      4番  上田弘志君

      5番  栗本量生君

      6番  磯崎誠治君

      7番  久保田正直君

      8番  尾崎弘一君

      9番  浴 寿美君

     10番  川端 進君

     11番  宮本憲治君

     12番  岡 義明君

     13番  矢本 伊君

     14番  寺脇寛治君

     15番  宮本勝利君

     16番  前田雄治君

     17番  前山進一君

     18番  川口政夫君

     19番  黒原章至君

     20番  榊原徳昭君

     21番  瀧 多津子君

     22番  河野敬二君

     23番  出口茂治君

     24番  山部 弘君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

   市長          神出政巳君

   副市長         宮脇昭博君

   収入役         濱井兵甲君

   総務部長        田中康雄君

   くらし部長       田中伸茂君

   まちづくり部長     田村彰男君

   下津行政局長      藤原憲治君

   水道部長        冷水茂則君

   病院事業管理者     小山 陽君

   市民病院事務長     伊藤明雄君

   教育長         西原孝幸君

   教育次長        児嶋俊治君

   消防長         岩崎好生君

   総務課長        岡本芳伸君

   財政課長        谷 勝美君

   税務課長        楠戸啓之君

   くらし部参事兼クリーンセンター所長

               山西一通君

   保険年金課長      平田喜義君

   子育て推進課長     坂部孝志君

   環境課長        榎 重昭君

   都市整備課長      畑中 正君

   区画整理課長      田村 博君

   業務課長        西本幹夫君

   工務課長        山縣弘幸君

   施設維持課長      筈谷公一君

   教育委員会総務課長   服部 博君

   生涯学習課長      有本勝則君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   事務局長        寺本順一君

   次長          坂部泰生君

   専門員         瀬野耕平君

   係長          岡室佳純君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前9時30分開会



○議長(出口茂治君) おはようございます。

 ただいまから平成21年5月14日招集の平成21年海南市議会5月臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 議員各位並びに当局の皆様には御出席をいただき、まことに御苦労さまでございます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(出口茂治君) 日程に入るに先立ち、市長から本臨時会招集のあいさつの申し出を受けておりますので、これを許可いたします。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 皆様、おはようございます。

 風薫る初夏の訪れを感じるきょうここに、平成21年海南市議会5月臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には公私御多用の中御参集賜り厚く御礼を申し上げます。

 まず、矢本 伊議員におかれましては、海南市議会議員補欠選挙におきまして、厳しい選挙の中見事当選をされました。まことにおめでとうございます。改めて心よりお喜びを申し上げます。

 さて、私、先般の市長選挙におきまして、市議会の皆様方を初め市民の皆様の温かい御支援によりまして、再度当選の栄に浴しました。4月16日に登庁させていただき、4月24日から海南市長として新市2期目の執務をさせていただいているところであります。

 懸案山積の中ではございますが、「元気 ふれあい 安心のまち 海南」の建設を目指し、まちづくりプランの実現に職員と一丸となり全力を傾注してまいる所存であります。議員の皆様方には、倍旧の御理解、御支援を賜らんことをお願い申し上げます。

 なお、本臨時議会で御審議をお願いいたします案件は、専決処分事項の報告及び承認を求める議案7件、副市長の選任等に御同意をお願いする議案5件、合わせて12件であります。議案内容については後ほど御説明申し上げますので、御審議の上何とぞ御賛同賜りますようお願い申し上げ、招集のごあいさつといたします。



○議長(出口茂治君) あいさつが終わりました。

 次に、去る4月1日付で病院事業管理者に任命されました小山 陽君からあいさつの申し出を受けておりますので、これを許可いたします。

 病院事業管理者 小山 陽君

   〔病院事業管理者 小山 陽君登壇〕



◎病院事業管理者(小山陽君) おはようございます。

 ただいま議長のお許しをいただきましたので一言ごあいさつを申し上げます。

 高いところからまことに恐縮でございますが、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 私、本年4月1日付で海南市病院事業管理者を拝命いたしました小山でございます。

 もとより微力ではございますが、県職員生活37年間の経験を生かし、海南市のため、また海南市民のため全身全霊を傾け病院事業の推進に取り組んでまいる所存でございます。

 今後の議会の皆様方の格別の御指導、御鞭撻をお願い申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(出口茂治君) あいさつが終わりました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△新任部課長自己紹介



○議長(出口茂治君) 次に、去る4月1日付の人事異動に伴う新任部課長の自己紹介の申し出を受けておりますので、これを許可いたします。

 企画課長 塩崎貞男

 総務課長 岡本芳伸

 税務課長 楠戸啓之

 情報課長 西坂公雄

 人権課長 田幡好章

 市民防災課長 猪尻義和

 市民課長 楠川安男

 野上支所長 武内真二

 総務部専門員 口井康秀

 選挙管理委員会事務局長 山本 明

 監査委員事務局長 宮井啓行

 農業委員会事務局長 森 保人

 くらし部長 田中伸茂

 くらし部参事兼クリーンセンター所長 山西一通

 高齢介護課長 脇 久雄

 保険年金課長 平田喜義

 環境課専門員 山本修平

 クリーンセンター企画員 西本弘次

 くらし部企画員 松井孝夫

 都市整備課専門員 西川福美

 土木課長 畠中康行

 まちづくり部企画員 三口素美雄

 下津行政局長 藤原憲治

 教育委員会教育次長 児嶋俊治

 生涯学習課長 有本勝則

 水道部長 冷水茂則

 業務課長 西本幹夫

 施設維持課長 筈谷公一

 施設維持課技監兼室山浄水場長 橋本好樹

 市民病院事務局次長 山東昭彦

 消防長 岩崎好生

 消防本部次長兼海南消防署長 谷山 桂

 消防本部警防課長 木地啓二

 消防本部予防課長 廣田芳三

 海南消防署警防第一課長 立花幸晴

 海南消防署警防第二課長 井上 豊

 海南消防署警防第三課長 中口雅博

 海南消防署東出張所長 久保田喜雄

 下津消防署長 和佐孝二

 議会事務局長 寺本順一

 議会事務局次長 坂部泰生

   〔各自自己紹介する〕



○議長(出口茂治君) 以上で、新任部課長の自己紹介を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(出口茂治君) これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において指名いたします。

 会議録署名議員に

    8番   尾崎弘一君

    16番   前田雄治君

    22番   河野敬二君

 以上3人の方を指名いたします。

 よろしくお願いいたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議席の指定



○議長(出口茂治君) 次に、日程第2 議席の指定を行います。

 4月19日執行の海南市議会議員補欠選挙において当選されました矢本 伊君の議席は、会議規則第4条第2項の規定により、議長において議席番号13番に指定いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期決定の件



○議長(出口茂治君) 次に、日程第3 会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって今期臨時会の会期は本日1日間とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 常任委員会委員の選任



○議長(出口茂治君) 次に、日程第4 常任委員会委員の選任を行います。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、矢本 伊君を教育厚生委員会委員に指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 特別委員会委員の選任



○議長(出口茂治君) 次に、日程第5 特別委員会委員の選任を行います。

 特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、矢本 伊君を大規模土地対策特別委員会委員に指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 諸般の報告



○議長(出口茂治君) 次に、日程第6 諸般の報告を行います。

 事務局長から報告させます。

 寺本事務局長



◎事務局長(寺本順一君) 報告いたします。

 平成21年5月7日付海総総第70号をもって、市長から議長あてに、報告第1号 専決処分事項の報告についてほか11件、合計12件の議案の提出がありました。提出された議案は、既にお手元に配付されているとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(出口茂治君) 以上で、諸般の報告を終わります。

 この際、当局入れかえのため暫時休憩いたします。

          午前9時44分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前9時48分開議



○議長(出口茂治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 報告第1号 専決処分事項の報告について(和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更)から日程第18 議案第36号 海南市監査委員選任の同意についてまで



○議長(出口茂治君) 次に、日程第7 報告第1号 専決処分事項の報告について(和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更)から日程第18 議案第36号 海南市監査委員選任の同意についてまでの12件を一括議題といたします。

 市長の提案理由の説明を求めます。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) それでは、改めまして今回御審議賜ります諸案件について御説明申し上げます。

 まず、専決処分事項の報告でありますが、報告第1号につきましては、平成21年4月1日付で和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合が設立され、同日付で和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合に加入のため、組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について、急を要したことからやむを得ず専決処分させていただいたものであります。

 次に、報告第2号及び報告第3号につきましては、いずれも地方税法等が改正され、3月31日に公布されたことに伴うものでございまして、報告第2号は、土地に係る固定資産税等の負担調整措置の延長等、海南市税条例等の一部を改正する条例について専決処分としたことの報告であります。

 また、報告第3号につきましては、国民健康保険税において、国民健康保険税の2割軽減の対象となる納税義務者の要件の見直し等について、海南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について専決処分としたことの報告であります。

 次に、報告第4号の平成20年度一般会計補正予算につきましては、事業費の確定に伴い、国庫支出金及び市債等が確定したため財源調整をするとともに、事業費の削減による予算の補正をしたものであります。

 また、報告第5号の平成20年度の水道事業会計の補正予算につきましては、一般会計から水道事業会計への繰り出し金の減額に伴い、資本的収入の減額を行うため予算の補正をしたものであります。

 これらの2件につきましては、いずれも急を要し、時期等の関係からやむを得ず専決処分をさせていただいたものであります。

 次に、報告第6号につきましては、平成20年度の一般会計の予算のうち、18事業の繰越明許費繰り越し計算書の報告であります。

 次に、報告第7号につきましては、平成20年度の水道事業会計において、県発注の工事が工期延長となったことに伴い、建設改良費の一部が年度内の執行に至らなかったため、平成21年度に繰り越しする報告であります。

 次に、議案第32号につきましては、副市長の選任の同意について、また議案第33号及び議案第34号につきましては、教育委員の任命の同意について、議案第35号及び議案第36号につきましては、公平委員会委員、監査委員の選任の同意について、それぞれお願いするものでございます。

 以上が提出議案の概要であります。

 何とぞ御審議の上、御承認、御同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより各議案について、順次審議に入ります。

 報告第1号 専決処分事項の報告について(和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更)について、当局の説明を求めます。

 岡本総務課長

   〔総務課長 岡本芳伸君登壇〕



◎総務課長(岡本芳伸君) 報告第1号 和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に関する専決処分事項の報告について御説明を申し上げます。

 平成21年4月1日に和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合が設立されたことに伴い、同日付で和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合に加入させるとともに、当該規約の変更について地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年4月1日付で専決処分をしたものでございます。

 変更の内容でございますが、構成の市町村等について規定してございます別表第1及び別表第2について、新たに和歌山県住宅新築資金等貸付金回収管理組合を加える改正をいたしてございます。

 附則でございますが、この規約は平成21年4月1日から施行したものでございます。

 以上、何とぞ御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 報告第1号 専決処分事項の報告について(和歌山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更)を報告のとおり承認することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は報告のとおり承認することに決しました。

 次に、報告第2号 専決処分事項の報告について(海南市税条例等の一部を改正する条例)について当局の説明を求めます。

 楠戸税務課長

   〔税務課長 楠戸啓之君登壇〕



◎税務課長(楠戸啓之君) 報告第2号 海南市税条例等の一部を改正する条例の専決処分事項について御説明を申し上げます。

 本条例は、地方税法の改正が去る3月31日法律第9号で公布され、4月1日から施行されましたことに伴い改正いたしたものでございまして、事務執行上急を要したため3月31日をもちまして専決処分させていただいたものでございます。

 本日、議長のお許しを得まして、お手元に今回の税制改正の要旨の資料を配付させていただいておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 今回の主な改正点は3点ばかりございます。

 まず1点目は、土地に係る固定資産の評価にかかわって、据え置き年度において地価が下落している場合には、簡易な方法によりまして価格の下落修正ができる特例措置が平成22年度及び平成23年度においても継続されることとなってございます。

 2点目は、平成21年度評価替えに伴いまして、土地に係る固定資産税の負担調整措置の仕組みを平成21年度から平成23年度まで継続する改正でございます。

 例えば、商業地等で申し上げますと、当該年度の評価額分の前年度課税標準額で算出した割合を示した負担水準を60%以上70%以下に集約させ、均衡化を促進して税負担の調整を行う仕組みでございます。

 以上2点につきましては、従来と同様の内容について適用期限を延長したものでございます。

 3点目は、上場株式等の配当及び譲渡益の個人住民税の課税についての改正でございます。

 前回の改正において、上場株式等の100万円以下の配当部分及び500万円以下の譲渡益の部分について、税率を10%とする2年間の特例措置が講じられ、平成20年12月末日をもって軽減税率を廃止することとされていました。しかし、今回の改正ではいずれの条件も撤廃され、すべて所得税7%、住民税3%の計10%の軽減税率とされ、平成21年1月1日から平成23年12月31日までの適用となってございます。

 なお、住民税の3%、いわゆる市県民税3%には市民税としての60%、県民税としての40%が含まれてございますので、税条例におきましては、住民税3%の6割で100分の1.8と表現させていただいてございます。

 以上、専決処分をさしていただきました税条例の改正概要でございます。

 続きまして、改正条文の御説明をさしていただきます。

 まず、1条による改正でございますが、第36条の2につきましては、これは寄附金税額控除に伴います条文の整備でございまして、給与所得等以外の所得を有しなかった者で、寄附金税額控除額の控除を受けようとする場合に係る申請様式の第5号の5の2様式を加えてございます。

 次に、第38条、第47条の2、第47条の3、第47条の5につきましては、特別徴収対象所得者、いわゆる年金特徴者に係る改正が行われましたが、その後、年金特徴者で給与所得及び公的年金等に係る所得以外の所得がある場合は、特別徴収から普通徴収の方法による改正がありましたことにより、各条文の整備を行いました。

 次に、第54条につきましては、本改正に伴います引用条文のずれを整備してございます。

 次に、第56条でございますが、医療関係者養成所に係る固定資産税の非課税措置の拡充がなされましたので、条文の整備を行いました。

 また、第58条の2につきましては、社会医療法人が救急医療等確保事業の用に供する固定資産に係る非課税措置の創設がなされたことに伴いまして、その適用を受けようとする者が市長に申請する内容について加えさせていただきました。

 次の第59条では、それらの非課税規定の適用を受けなくなった固定資産の所有者がすべき申告についての条文の整備でございます。

 次に、第93条でございますが当該条文中、「民法」の次に「(明治29年法律第89号)」を加えさしていただきました。

 続きまして、附則第8条につきましては、租税特別措置法等の改正に伴います条文の整備でございます。

 次に、附則第10条でございますが、関西文化学術研究都市建設促進法に規定される一定の家屋に対しての特例措置が平成21年3月31日以降の延長がなかったため条文の整備を行いました。

 次に、附則第10条の2第3項でございますが、高齢者の居住の安定確保に関する法律から引用した条文でございましたが、地方税法施行令附則から引用した表現に変更させていただいたことに伴います条文の整備でございます。

 次に、附則第10条の2第6項及び第7項につきましては、引用条文のずれが生じましたので整備を行いました。

 次に、附則第10条の3でございますが、阪神・淡路大震災に係る固定資産税の特例の適用を受けようとする者がすべき申告等の規定でございまして、これにつきましては地方税法の改正に伴い削除してございます。

 次に、附則第11条の2及び附則第12条につきましては、先ほど改正要旨で御説明さしていただきました3点目のうちの1点目と2点目の改正に伴う条文の整備でございまして、特例措置の延長でございます。

 次に、附則第12条の2でございますが、用途変更があった場合の固定資産税の算出方法についての特例でございますが、当市では本則における算出方法を用いてございますので、非適用の条文を3年間延長させていただいたものでございます。

 次に、附則第13条につきましては、農地に対する固定資産税の特例措置に係る条文の整備でございまして、特例の適用期限の延長でございます。

 次に、附則第15条の2につきましては、特別土地保有税に係る条文の整備でございます。なお、特別土地保有税は、現在のところ新たな課税は行わないこととなっております。

 次に、附則第16条の4、附則第17条、附則第17条の2、附則第18条、附則第19条、附則第20条の2、附則第20条の4につきましては、寄附金税額控除に伴いますそれぞれの規定の適用について必要な読みかえの整備を行ってございます。

 次に、附則第22条につきましては、引用条文のずれによります整備を行ってございます。

 次に、附則第30条及び附則第31条でございますが、先ほど改正要旨でも御説明さしていただきました3点のうちの2点目の改正に伴います固定資産税関係を条文整備させていただきましたが、同時に、都市計画税についても特例措置に伴います適用期限の延長が改正されてございますので、条文の整備を行ってございます。

 次に、附則第32条につきましては、附則第12条の2で固定資産税にかかわっての御説明をさしていただきましたが、都市計画税につきましても同様の整備を行いました。

 次に、附則第33条につきましては、附則第13条で固定資産税にかかわっての説明をさせていただきましたが、農地に対する土地計画税についても同様に、特例措置に係る条文の整備でございます。

 次に、附則第38条につきましては、固定資産税等の課税標準の特例でございますが、本改正により引用条文のずれが生じましたので整備を行ってございます。

 続きまして、第2条による改正でございますが、第1条につきましては、今回の改正に伴います税条例についての条項の整備でございます。

 次の第2条につきましては、個人の市民税に関する経過措置でございまして、改正要旨で御説明をさしていただきました3点のうちの3点目の上場株式の配当及び譲渡益の個人住民税の課税についての改正に伴います市民税関係の条文の整備でございます。

 最後に附則でございますが、この条例は平成21年4月1日から施行するとしてございます。

 なお、固定資産税に関する経過措置につきましては、特段の定めがあるものを除き、平成21年度以降の年度分の固定資産税について適用し、平成20年度分までの固定資産税については、なお従前の例によるとしてございます。また、平成21年4月1日以降に新築された貸家住宅に対して課すべき平成22年度以降の年度分の固定資産税について適用し、同日前に新築された貸家住宅に対して課する固定資産税については、なお従前の例によるとしてございます。

 次の都市計画税に関する経過措置につきましては、平成21年度以降の年度分の都市計画税について適用し、平成20年度分までの都市計画税については、なお従前の例によるとしてございます。

 以上、海南市税条例の改正概要でございます。何とぞ御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) おはようございます。

 ほんまにわかりまへんので。

 全体はわかりませんから質問しませんが、いわゆる上場株式の配当譲渡益に関する部分について質問をいたします。

 税務課長が登壇して、いわゆる10%でいくということが、本則20%ですね、所得税15%、住民税5%にいくということを、いわゆる資産家優遇云々などで10%、所得税7、住民税3にするということが、もとに戻されるということですね。

 それでね、お聞きをするんですが、地方税としてね、いわゆる県税も含めますけども、5%であればね、3年間税をかけた場合、3%であれば、もう県税も含んで答弁してください。1年間どのぐらい、海南市として税収が入らないのかどうか。その点をお聞きします。

 それから、いわゆる対象者数、それつかみぬくいと思いますが、税額と対象者数、よろしく。



○議長(出口茂治君) 当局から答弁願います。

 楠戸税務課長

   〔税務課長 楠戸啓之君登壇〕



◎税務課長(楠戸啓之君) 22番 河野議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 当該法改正にかかわって、税の影響についての御質疑でございますが、例えば、昨年度と本年度の株式等の譲渡にかかわって税額を調整ベースで見てみますと、上場株式等の場合は、昨年度が約1,000万円、本年度につきましては約70万円となってございますので、同一制度におきましても浮き沈みが激しく、予想のしぬくいものでございます。

 さらに、今回の改正によりまして、条件が撤廃されておりますので、より一層予想がしがたい状況になってございますので、現段階では予想はしておりませんので、御理解賜りたいと思います。

 件数につきましては、今のところ把握はできておりません。申しわけございません。



○議長(出口茂治君) 再度の御質疑ございませんか。

 他に御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 他の件については賛成する部分が多いんですが、この点についてはね、先ほど質問した点については、これはね、現下の経済状況の中でどさくさに大金持ち減税やりよったんよ。けしからん話なんですわ。あなたに怒ってもしゃあない話やけどよ。

 3月27日、自民党と公明党で国会通ってますわ、賛成多数でね。これはね、わからん、株が安なったあるという状況もありますけどもね、今の経済状況の中であったらね、これ見直しの、それでもまあおかしんですね。ずうっと今税制いじってますわな、細かいとこまで。ところがね、ほんまに大金持ちや株持ってる人だけにね、これをもとに戻すちゅうのはね、これはね、しかも、余裕のない人からよ、税を取れ取れってお国が言うてきてるんよ。ところが十分余裕のある人にね、税をね、制度としてまけてやってるんですよ。これはけしからんですからね。専決ですがね、この部分が非常にね、私どもね、大金持ちのための減税をね、これは貧困から庶民の生活を守る我が党がね、これは見逃せません。ですから、全体としてはね、ほかの部分については問題のない部分でも、改善点も非常によい部分ありますよ。しかし、この点は非常にね憤りを持って反対をいたします。



○議長(出口茂治君) 他に討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 報告第2号 専決処分事項の報告について(海南市税条例等の一部を改正する条例)を報告のとおり承認することに御異議ございませんか。

   (「異議あり」と呼ぶ者あり)

 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本案を報告のとおり承認することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕

 お座りください。

 起立多数。よって本案は報告のとおり承認することに決しました。

 次に、報告第3号 専決処分事項の報告について(海南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)について当局の説明を求めます。

 平田保険年金課長

   〔保険年金課長 平田喜義君登壇〕



◎保険年金課長(平田喜義君) 報告第3号 海南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例に関する専決処分事項の報告について御説明申し上げます。

 本条例は、去る3月31日に地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、同日付で海南市国民健康保険税条例の一部を改正し、平成21年度分の国民健康保険税から適用する必要が生じましたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分させていただいたものでございます。

 改正点につきましては、低所得者階層に対する国民健康保険税の負担の軽減措置として実施しております、いわゆる応益割保険税額の7割、5割、2割軽減のうち、従来世帯主からの申請により適用していました2割軽減におきましても、7割、5割軽減と同様、職権により適用されることとなったため条例第28条第2項の規定を削除するとともに、それに伴う条文の整備を行ったものでございます。

 なお、附則といたしまして、改正後の第28条の規定は平成21年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成20年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例によるものでございます。

 以上、何とぞ御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 報告第3号 専決処分事項の報告について(海南市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を報告のとおり承認することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は報告のとおり承認することに決しました。

 次に、報告第4号 専決処分事項の報告について(平成20年度海南市一般会計補正予算(第6号))について当局の説明を求めます。

 谷財政課長

   〔財政課長 谷 勝美君登壇〕



◎財政課長(谷勝美君) 報告第4号 専決処分事項の報告について御説明申し上げます。

 内容につきましては、平成20年度海南市一般会計補正予算(第6号)で、1億3,535万4,000円の減額補正を本年3月31日に専決処分させていただいたことについての報告でございます。

 歳出につきましては、仮称東部子ども園建設に伴う測量設計、塩津戸坂線改良工事ほか4線の道路新設改良事業及び小学校、中学校の耐震診断等の事業費が決定したことに伴う予算の補正をさせていただきました。

 また、歳入につきましては、国庫支出金や市債等が確定しましたので補正するとともに財源調整をさせていただきました。

 また、年度内に完了できなかった事業の繰越明許に関し、1件の追加及び5件の変更もあわせて補正してございます。

 以上、御報告申し上げますとともに、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 報告第4号 専決処分事項の報告について(平成20年度海南市一般会計補正予算(第6号))を報告のとおり承認することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は報告のとおり承認することに決しました。

 次に、報告第5号 専決処分事項の報告について(平成20年度海南市水道事業会計補正予算(第2号))について当局の説明を求めます。

 西本業務課長

   〔業務課長 西本幹夫君登壇〕



◎業務課長(西本幹夫君) 報告第5号 平成20年度海南市水道事業会計補正予算(第2号)専決処分事項の報告について御説明申し上げます。

 内容につきましては、一般会計からの水道企業会計に対する繰越金のうち、水道施設整備事業費債が確定したことによる減額補正を行ったことに伴い水道事業会計において繰入金となります他会計出資金1,380万円の減額補正を行ったものでございます。

 以上、御報告申し上げますとともに、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 報告第5号 専決処分事項の報告について(平成20年度海南市水道事業会計補正予算(第2号))を報告のとおり承認することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は報告のとおり承認することに決しました。

 次に、報告第6号 平成20年度海南市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について当局の説明を求めます。

 谷財政課長

   〔財政課長 谷 勝美君登壇〕



◎財政課長(谷勝美君) 報告第6号 平成20年度海南市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを御説明申し上げます。

 本件につきましては、下津行政局庁舎建設事業、定額給付金給付事業、子ども園建設事業、小野田28号線第2工区改良工事、阪井バイパス取付道路整備事業、内海小学校屋内運動場等整備事業、加茂第一小学校校舎等整備事業、その他合わせて18件の繰越明許費の繰越計算書でございます。

 繰越額の総額は、23億4,064万4,000円でございまして、その財源といたしましては国庫支出金及び地方債を充て、残額は一般財源等を充当しております。

 以上、御報告申し上げますとともに、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 これをもって、報告第6号の報告を終わります。

 次に、報告第7号 平成20年度海南市水道事業会計予算繰越の報告について当局の説明を求めます。

 筈谷施設維持課長

   〔施設維持課長 筈谷公一君登壇〕



◎施設維持課長(筈谷公一君) 報告第7号 平成20年度海南市水道事業会計予算繰越の報告について御説明申し上げます。

 内容につきましては、建設改良費のうち、配水管布設等工事費中、年度内に執行できなかった100万円を地方公営企業法第26条第1項の規定により平成21年度へ繰り越すため御報告申し上げるものでございます。

 詳細でございますが、本配水管布設工事は、重根地内で県が県道海南金屋線の新設工事を行うに伴い、当該道路内へ口径50ミリの配水管を延長105メートル布設するものでございますが、県の道路新設工事におきまして、道路の仕上がり方や附帯用水路の改修等について、地元住民の方々との協議に不測の日数を要したため、道路新設工事が9月末まで半年間延長されるとのことでございますので、水道部といたしましても、県の道路工事と合わせる形で本年9月末まで繰り越しさせていただきたく、御報告申し上げる次第でございます。

 以上、御理解賜りますようよろしくお願いします。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 これをもって、報告第7号の報告を終わります。

 この際、当局入れかえのため暫時休憩いたします。

          午前10時28分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時43分開議



○議長(出口茂治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、議案第32号 海南市副市長選任の同意について当局の説明を求めます。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 議案第32号 海南市副市長選任の同意について御説明申し上げます。

 海南市副市長、宮脇昭博氏が平成21年5月22日をもって任期満了となります。したがいまして、その後任者として再度同氏を選任いたしたく議会の同意をお願いするものでございます。

 宮脇昭博氏の経歴等につきましては、お手元の議案資料のとおりでございます。

 同氏は、人格、識見ともにすぐれ、行政経験豊富であることから、本市の副市長としてまことにふさわしい方だと存じますので、何とぞ御同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第32号 海南市副市長選任の同意についてを原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第33号 海南市教育委員会委員任命の同意について当局の説明を求めます。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 議案第33号 海南市教育委員会委員任命の同意について御説明申し上げます。

 海南市教育委員会委員、小島義英氏が平成21年5月19日をもって任期満了となります。したがいまして、その後任者として露峯明信氏を任命いたしたく議会の同意をお願いするものでございます。

 露峯明信氏の経歴等につきましては、お手元の議案資料のとおりでございます。

 同氏は、人格高潔で、教育文化に関しすぐれた識見を有しておられ、本市教育委員会委員としてまことにふさわしい方だと存じますので、何とぞ御同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

 4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) それでは、市長さんに3点ばかりお尋ねをさしていただきます。

 私は、この露峯明信さんという方は存じ上げてないんですけども、議案資料の略歴書を拝読さしていただきますと、特別支援教育に長く携わっておられて、経験と知識を有されてる方だというふうに拝察をいたしました。

 そこでお尋ねしますけども、同氏を新たに教育委員として選任をされて、議会の同意を求められておられるわけですけども、まず1点目に、神出市長として、本市の教育及び教育行政の課題、それとの観点で、この露峯明信氏に対してどのような役割と職責を求めておられるのか、まずこの1点ですね。

 それから2点目は、地方教育行政法に基づいて選任をされて同意の議案を出されてるわけですけども、確かに市長の説明で、まことに人格が高潔で、教育、学術、文化に関して識見を有しておられると、まことにふさわしい方だと、このように言われておられますが、私は、1つは、教育委員会の教育委員さんの構成等について、同じく地方教育行政法では、その構成について、教育委員の任命に当たっては委員の年齢、性別、職業等に著しい偏りが出ないように配慮するとともに、保護者である者が含まれるように努めなければならない、このように定められておるわけなんです。

 それで、現在私は、現在の教育委員さんのバランス、非常にいいなと思っておるんです。といいますのは、5人のうち教職及び教育行政に携わってこられた方が2名、それから社会教育とか文化に携わってる方が1名、それから一般の方及び子供を現在学校に通わしてる保護者の方1名、非常にバランスがとれてるなというふうに思っております。

 ところが、今回の露峯明信氏を教育委員として同意をしますと、このあれで言いますと、教職及び教育行政に携わってこられた方が、教育委員5人のうち3人を占めるわけですね。私は、やはりこの行政でも地方分権言われてますけども、教育でもやはり地方分権をどう進めていくのか、そして、いろんな、多様な教育にかかわる方々が教育問題を、教育行政の進め方を論議してやっていく時代に入ってると思うんです。

 そういった点で、5人のうち3名を教職や教育行政に携わった方々が占めるような状態になるわけですね。そういった点で、やはりちょっとバランスに欠けてくるんではないかと、このように私は思っております。

 それから、年齢も、現在は50代が3人、60代が2人、これが50代が2人、60代が3人になってくるんですね。やはりこういった点でも、もっと教育委員さんの、年いったら悪いちゅう意味じゃないんですよ。現在のやはり若い方を選んでいくということも、ひとつは考えていかねばならないんではないでしょうかと、そういった点でこの教育委員さんの構成について市長さんどのようにお考えになっておられるのかお聞きしたい。

 3点目は、同じく地方教育行政法の中では服務等で兼職禁止の規定が設けられておりますけども、現在この方は職業として和歌山大学非常勤講師という職になっておられますけども、この地方教育行政法による兼職規定に抵触しないかどうか、この点について、以上について、3点について御答弁を願います。



○議長(出口茂治君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 4番 上田議員の議案第33号にかかわっての3点の御質疑にお答えいたします。

 まず、1点目、露峯明信君と教育行政とのかかわりについての御質疑でございますが、この件につきましては市長部局もそうでありますし、教育委員会の今後の行政課題として、私、先般の市長選でも障害児の教育というものに今回マニフェスト的に掲げさしていただいておりますので、同氏が最適であるということで今回任命をさしていただきたいと考えたところでございます。

 2点目の教育委員会の委員構成についてという件であります。

 保護者である者等々、また若い方、年齢構成等についても御指摘があるわけでありますが、なかなか教育委員会との協議の中でも若い方に教育委員を受けていただくというのは、なかなか今般の選任の作業をしたときにも難しい問題でありまして、こういった形になりました。

 そして、また教育行政に携わった者が3名ということであります。この件につきましては、今後のまた教育委員さんを選ぶ際に重要課題として念頭に置き対処さしていただきたいと思います。

 また、3点目の兼業禁止の件でございますが、和歌山大学非常勤講師ということで、私どもも和歌山大学からこういった非常勤で授業をしてほしいという要望があれば、行かしていただいておりますので、兼業禁止には抵触しないのではないかというふうに考えておりますので、御理解いただきたいと思います。



○議長(出口茂治君) 他に御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第33号 海南市教育委員会委員任命の同意についてを原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第34号 海南市教育委員会委員任命の同意について当局の説明を求めます。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 議案第34号 海南市教育委員会委員任命の同意について御説明申し上げます。

 海南市教育委員会委員、西原孝幸氏が平成21年5月19日をもって任期満了となります。したがいまして、その後任者として再度同氏を任命いたしたく議会の同意をお願いするものでございます。

 西原孝幸氏の経歴等につきましては、お手元の議案資料のとおりでございます。

 同氏は、人格高潔で、教育文化に関しすぐれた識見を有しておられ、本市教育委員会委員としてまことにふさわしい方だと存じますので、何とぞ御同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第34号 海南市教育委員会委員任命の同意についてを原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第35号 海南市公平委員会委員選任の同意について当局の説明を求めます。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 議案第35号 海南市公平委員会委員選任の同意について御説明申し上げます。

 海南市公平委員会委員、中村雅行氏が平成21年5月22日をもって任期満了となります。したがいまして、その後任者として再度同氏を選任いたしたく議会の同意をお願いするものでございます。

 中村雅行氏の経歴等につきましては、お手元の議案資料のとおりでございます。

 同氏は、人格、識見ともにすぐれ、本市公平委員会委員としてまことにふさわしい方だと存じますので、何とぞ御同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第35号 海南市公平委員会委員選任の同意についてを原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第36号 海南市監査委員選任の同意について当局の説明を求めます。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 議案第36号 海南市監査委員選任の同意について御説明申し上げます。

 海南市監査委員、栗栖敬之氏は平成21年5月22日をもって任期満了となります。したがいまして、その後任者として再度同氏を選任いたしたく議会の同意をお願いするものでございます。

 栗栖敬之氏の経歴等につきましては、お手元の議案資料のとおりでございます。

 同氏は、人格高潔で、行財政運営に関しすぐれた識見を有しておられ、本市監査委員としてまことにふさわしい方だと存じますので、何とぞ御同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(出口茂治君) 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、先例により委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより討論を行います。

 討論ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより本案に対する採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第36号 海南市監査委員選任の同意についてを原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり同意することに決しました。

 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△収入役のあいさつ



○議長(出口茂治君) この際、収入役からあいさつの申し出を受けておりますので、これを許可いたします。

 収入役 濱井兵甲君

   〔収入役 濱井兵甲君登壇〕



◎収入役(濱井兵甲君) 本会議の貴重なお時間をいただきまして、私の退任のあいさつの機会をお与えいただきましたことにつきまして、出口議長様初め議員の皆様方に厚く御礼を申し上げます。

 私は、5月22日をもって任期満了となりました。

 顧みますと、平成17年4月1日に新海南市が誕生し、5月23日に本市収入役に就任いたしました。

 収入役制度は、明治21年(1888年)市町村制の発足時からの職でありましたが、地方自治法の改正により、その制度が見直されました。新海南市の最初の収入役であり、最後の収入役となったわけでございますが、私の生涯のうちで最も感銘を与えていただいた4年間でございました。

 この間、議員の皆様方から、常に温かい御指導、御鞭撻をいただき、おかげで大過なくきょうを迎えることができましたことを大変ありがたく、心から厚く御礼を申し上げます。

 議員の皆様方には、御健康に御留意をいただき、市政発展に御精進くださいますようお願いを申し上げます。

 私も、皆様方から賜りました御厚情をかみしめ、これからの人生を有意義に過ごしていきたいと考えております。

 結びに、海南市のますますの御発展と議員の皆様方の御健康、御多幸を御祈念申し上げ、退任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○議長(出口茂治君) あいさつが終わりました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長のあいさつ



○議長(出口茂治君) 次に、市長からあいさつの申し出を受けておりますので、これを許可いたします。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 閉会に際し、お許しをいただき、ごあいさつを申し上げます。

 本5月臨時会におきまして、議員の皆様方には公私とも御多用の中、慎重なる御審議を賜り、まことにありがとうございます。

 おかげをもちまして、今回提案させていただきました諸案件につきましては、いずれも御承認、御同意を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 本市を取り巻く環境は極めて厳しい状況でございますが、住民福祉の向上を目指し、職員一同とともに全力を傾注してまいる所存でございます。

 議員の皆様方には、今後とも格段の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 そして、後になりましたが、収入役、濱井兵甲氏が5月22日をもって任期満了となります。同氏は、昭和37年4月、下津町役場に奉職以来47年余の不断の御努力に対し深甚なる敬意を表し、市民を代表し衷心より感謝を申し上げます。

 くれぐれも健康に留意され、私どもに対し変わらぬ御厚誼を賜りますよう切にお願い申し上げます。本当にお疲れ様でした。

 以上、閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(出口茂治君) あいさつが終わりました。

 この際、私のほうから一言ごあいさつ申し上げます。

 先ほど、濱井収入役からごあいさつがございましたが、来る5月22日の任期満了日をもって勇退されることになりました。濱井収入役におかれましては、昭和37年4月から下津町職員として町の発展のため永年尽くされ、平成16年には下津町教育長として教育行政の推進に努められてまいりました。

 合併後の平成17年5月からは海南市収入役に就任され、すぐれた人格と豊富な識見をもって本市行政の発展と市政進展に尽くされてまいりました。その功績は言葉に言い尽くせないものがあり、ここに深甚なる敬意と感謝の意をあらわす次第でございます。

 濱井収入役におかれましては、退任後も健康に十分御留意され、海南市発展のために変わらぬ御指導をいただきますようお願い申し上げ、私からのごあいさつとさせていただきます。

 以上をもって今期臨時会に付議された事件の審議はすべて終了いたしました。

 よって平成21年海南市議会5月臨時会はこれをもって閉会いたします。

          午前11時9分閉会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

  議長  出口茂治

  議員  尾崎弘一

  議員  前田雄治

  議員  河野敬二