議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 海南市

平成20年  2月 定例会 03月11日−06号




平成20年  2月 定例会 − 03月11日−06号









平成20年  2月 定例会



                平成20年

            海南市議会2月定例会会議録

                 第6号

            平成20年3月11日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第6号

平成20年3月11日(火)午前9時30分開議

日程第1 議案第16号 平成19年度海南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第2 議案第17号 平成19年度海南市介護保険特別会計補正予算(第5号)

日程第3 議案第18号 平成19年度海南市港湾施設事業特別会計補正予算(第2号)

日程第4 議案第19号 平成20年度海南市一般会計予算

日程第5 議案第20号 平成20年度海南市国民健康保険特別会計予算

日程第6 議案第21号 平成20年度海南市老人保健特別会計予算

日程第7 議案第22号 平成20年度海南市後期高齢者医療特別会計予算

日程第8 議案第23号 平成20年度海南市介護保険特別会計予算

日程第9 議案第24号 平成20年度海南市産業廃棄物処理事業特別会計予算

日程第10 議案第25号 平成20年度海南市同和対策住宅資金貸付事業特別会計予算

日程第11 議案第26号 平成20年度海南市港湾施設事業特別会計予算

日程第12 議案第27号 平成20年度海南市簡易水道事業特別会計予算

日程第13 議案第28号 平成20年度海南市水道事業会計予算

日程第14 議案第29号 平成20年度海南市民病院事業会計予算

日程第15 議案第30号 中央公園進入路当整備工事の請負変更契約締結について

日程第16 議案第31号 市道路線の認定について

日程第17 議案第32号 市道路線の認定について

日程第18 発議第1号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書(案)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 議案第16号 平成19年度海南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第2 議案第17号 平成19年度海南市介護保険特別会計補正予算(第5号)

日程第3 議案第18号 平成19年度海南市港湾施設事業特別会計補正予算(第2号)

日程第4 議案第19号 平成20年度海南市一般会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(23名)

      1番  中西 徹君

      2番  片山光生君

      3番  中家悦生君

      4番  上田弘志君

      5番  栗本量生君

      6番  磯崎誠治君

      7番  久保田正直君

      8番  尾崎弘一君

      9番  浴 寿美君

     10番  川端 進君

     11番  宮本憲治君

     12番  岡 義明君

     14番  寺脇寛治君

     15番  宮本勝利君

     16番  前田雄治君

     17番  前山進一君

     18番  川口政夫君

     19番  黒原章至君

     20番  榊原徳昭君

     21番  瀧 多津子君

     22番  河野敬二君

     23番  出口茂治君

     24番  山部 弘君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

   市長          神出政巳君

   副市長         宮脇昭博君

   収入役         濱井兵甲君

   政策調整部長      森 孝博君

   総務部長        坂本寛章君

   保健福祉部長      緒方信弘君

   市民部長        中野真次君

   下津行政局長      前川順治君

   政策調整部参事     山本 盛君

   総務部参事兼財政課長  上田数馬君

   政策調整課長      岡本芳伸君

   総務課長        田中伸茂君

   税務課長        猪尻義和君

   情報システム課長    辻 順三君

   人権推進課長      有本勝則君

   収納対策室長      谷 勝美君

   保険年金課長      脇 久雄君

   高齢介護課長      平田喜義君

   市民課長        西本幹夫君

   市民環境課長      武内真二君

   下津行政局地域行政課長 平田喜昭君

   港湾防災管理事務所長  大畠通男君

   選挙管理委員会事務局長 妻木 茂君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   事務局長        千葉博己君

   次長          西谷利広君

   専門員         瀬野耕平君

   主査          栗山維希君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前9時30分開議



○議長(久保田正直君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第16号 平成19年度海南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)



○議長(久保田正直君) これより日程に入ります。

 日程第1 議案第16号 平成19年度海南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案については、既に説明書が添付されておりますので、内容説明は省略いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより質疑を行いますが、議事進行上、一括して御質疑いただくことにいたします。

 御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) おはようございます。きょうも元気よくいきましょう。

 まず9ページの国から国庫支出金ですね、200万来てますね。高齢者医療制度円滑導入事業補助金、これは一般会計の15号にもありましたね。あえて、もう一般会計飛ばしたんです。金額ちょっと、一般会計15号だれろ持ってないか。

 それとの関係で、国の補助の一般会計で民生費、そうですね、これは15号の14ページには450万でしたね。こっち200万になっちゃらな。この内容。金額がね片一方で450万で、こっち200万でね、その国からの補助金の額の内容が違うんですがね、その額の説明と国の補助の内容と、それから歳出の12ページに一般管理費で国庫支出金200万とありますね。それはそれで、まるまるシステム修正委託料にいくんですがね、その450万との関係を一般会計に入ってまうのか。ちょっとそれ一般会計のとこに出てませんからね。それも含めて、このシステム修正委託料、全体いわゆる高齢者医療制度のこの円滑に進めるための国の支出金ですがね、そこらちょっとその国の出方もいろいろ違いますが、それ含めて全体、それから歳出のシステム修正委託料のこの中身お教え願えますか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 脇保険年金課長

   〔保険年金課長 脇 久雄君登壇〕



◎保険年金課長(脇久雄君) 22番 河野議員の9ページの高齢者医療制度円滑導入事業費補助金についての御質疑に御答弁申し上げます。

 今回の補助金につきましては、国が全額支出する中で市負担がないという事業の中で、事業の目的につきましては、いわゆる後期高齢者医療制度の導入に伴いまして制度改正等当初予算にも計上していたところでございますが、それ以降に国の与党プロジェクトチーム等が出した70歳から74歳の方の一部凍結部分でございますとか、被用者保険の被扶養者の方の特別な経過措置等その作業等が出てきました。それに対するシステム変更等を内容としてございます。

 この国民健康保険の200万円について、主な内容につきましては、いわゆる70歳から74歳までの医療費の自己負担増の凍結対応に伴います高額療養費の判定チェック等への対応、自己負担額据え置き等への対応等のシステム変更、これに要する費用が170万円でございます。それと、70歳から74歳までの自己負担増に伴います高齢者受給者証の交付等のシステム変更等で30万円、計200万円等を考えてございます。

 一般会計等で予算計上、ちなみに参考として一般会計等へ計上してございましたのは、いわゆる徴収方法、普通徴収とか特別徴収の判定等のシステム変更、それと期割保険料計算等に対する凍結に伴いますシステム変更等についての費用ということで、450万円を計上させていただいていたものでございます。

 以上、御答弁申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) それはそれで、ようわかったんですがね、そしたらその国の450万ちゅうのは、わしちょっとここでやったら怒られるかわからんねけど、わからんので、もうここでやらしてもらうんやけどよ、どこへ出ちゃったんよ。歳入はあったけど、歳出出てなかったやろ、たしか。高齢者医療円滑導入補助金で出ちゃって、450万歳出てなかったやろ。探したけど、わからなんだんよ。今450万の徴収システムがあれやていうのわかったけどよ。15号へ戻って悪いんですが、関連しちゃうと思たんで、1回同じよに質問しよ思ちゃんので、申しわけありません。

 それとね、450万も200万も3月いっぱいでやらなあかん仕事なんよ。いけんの。与党プロジェクトチームで、ほんま与党はめちゃめちゃしよるからね、今。そんな間に合うか間に合わんかいうよなもん、絶対ぐあい悪いで、これ。しかも、高額療養費とか徴収システム変えるわけやろ。いわゆる年金から取る部分が出てくんのやろ。そやから、それも含めてこれ間に合うんですか。間に合うかどうかだけ、もう、450万も、この200万も間に合うんかどうかだけ。

 その450万は国保でやれへんのか、どこでやんのよ。ちょっとその15号へ戻って悪いんですが、えらい申しわけありませんが。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 脇保険年金課長

   〔保険年金課長 脇 久雄君登壇〕



◎保険年金課長(脇久雄君) 22番 河野議員の再質疑への御答弁を申し上げます。

 まず参考としまして、一般会計等で組んでございました450万円の歳出につきましては、3款1項1目社会福祉費13節委託料の中のシステム開発委託料、ここで計上等してございます。

 それと、このシステム開発委託料等について3月末で完成できるのかというような御質問かと思います。これについては業者とも相談し、3月末には完成できるということで今回計上させていただいたものでございます。

 以上、御理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) いや、おかしいで、あんた、そやけど。これ議会終わんのいつよ。もう発注しちゃんのか。発注できへんで。おれあなたとこ文句言うてん違うで。自公は自公のプロジェクト何とかチームって、けしからんて言うてんやで。国に言わなあかんで、こんなもん。できへんやろ450万も。

 わかったよ。もうこれ余りやると議長に怒られるんで言えへんけどよ。必死になって探してなかったからね。その2つの仕事をやらななあかんわけやろ。議会終わるの3月24日やろ。

   (発言する者あり)

 いや、そんなこと言うてる人もあるよってに。スムーズにいって3月24日やろ。あんた、それお年寄りに、私らも後期高齢者医療反対やから余計言うてるんやで。しかも、70歳から74歳の人ら別に分けてやで、74で中期かしらんけどよ。後期も変えるけど、74歳から下の人も変えんのやろ。おまんとこいけるいけるって、実際おまん24日かな。契約も結ばれへんで、24日まで。24日過ぎやな結ばれへんで。そんなことをやろうとしちゃうから、僕は課長に言うてんちゃうで。国のやり方も問題やし、あなたは事務としていけるって、実際上日程そんだけしかないのに、24日から何日でできんのよ。できます、できますって、今ごろいろいろ打ち合わせやっちゃったらおかしいで、あんた。まだこれ審議中やで。きょうは議会初めて本会議に上程されて議論しちゃんねで。そこらどうですか、部長。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長

   〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 22番の河野議員のシステム等にかかわっての再質疑に御答弁申し上げます。

 今回の補正において計上させていただいておるわけでございますが、期日との関係、間に合うのかといった御趣旨の御質問でございます。大変厳しい期間でございますが、やはりこの法に基づいて、国のそういった開催に応じて市町村にとってみましたら、やっていかないかんと、こういう事情もございますので、確かに議会議決いただいてからのということになるわけでございますが、その前提のもとに、ある程度業者との打ち合わせというんか、そういうことも一方やっていかなんだら間に合うことができませんので、そういうな執行の期日等については適正に処理をやっていくつもりでございますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第17号 平成19年度海南市介護保険特別会計補正予算(第5号)



○議長(久保田正直君) 次に、日程第2 議案第17号 平成19年度海南市介護保険特別会計補正予算(第5号)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、既に説明書が添付されておりますので、内容説明は省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより質疑を行いますが、議事進行上一括して御質疑いただくことにいたします。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第18号 平成19年度海南市港湾施設事業特別会計補正予算(第2号)



○議長(久保田正直君) 次に、日程第3 議案第18号 平成19年度海南市港湾施設事業特別計補正予算(第2号)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、既に説明書が添付されておりますので、内容説明は省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより質疑を行いますが、議事進行上一括して御質疑いただくことにいたします。

 御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 別にね、おかしいとか文句を言うわけじゃないです。単純な疑問だけに答えてください。補正前の額が……、あ、ごめんなさい。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって質疑を終結いたします。

 この際、暫時休憩いたします。

          午前9時45分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前9時51分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第19号 平成20年度海南市一般会計予算



○議長(久保田正直君) 次に、日程第4 議案第19号 平成20年度海南市一般会計予算を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、既に説明書が添付されておりますので、内容説明は省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議あり」と呼ぶ者あり)

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 議事進行的に発言をさせてもらいます。

 海南市の得意わざの前例踏襲、去年のとおりことしもするということが、この予算の説明書にもあるんです。

 例えば私、関心あるんが小渕恵三さんが言い始めた1999年のパソコンを学校へ入れてグローバル時代の読み書きそろばんということで、パソコンを置いていこうということになってるんですけどね、パソコンがどんなえ配置されるかって見たらですね、172ページの情報機器等リース料、これまだ若干わかる。それと備品購入費か、この2つがパソコンの配置のことを書いてるらしいんです。校用器具費って書いてるだけでね、パソコンてわからんのよ。つまりこのね説明書やったらね不親切であり、場合によったら不透明であるし、ごまかしをしようとしてわからんようにして賛成多数を取りつけたいという昔からの意思が働いてるんでないか。前例踏襲のやり方やと私は思うんです。そやさかいに、もう既に前から黒原議員さんが言うてられますけども、ここの説明のとこをふやしてですね、もっとちょっと事業名で書いてですね、わかるようにしてもらわんとやな、一々全部聞かんなことになる。一々聞いたら1週間かかるで、これ、質疑に。そやさかいに、これをこういう資料をつくるべきやと思うんやいしょ。このことに関して、しかし、もうきょうはこれ、ここに至ってるんやいしょな、そやさかいにこの運営をめぐって一遍議運を開いてやな、今後のことも含めて、これ何とかしてもらわんとやな、困るし、わからないしょ、これ。議運開くことをちょっと提案します。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午前9時53分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時48分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほどお聞きのとおり、10番 川端 進君から議事進行に関する発言がありました。

 ただいまの休憩中、議会運営委員会でその取り扱いを御協議いただいたところ、今議会での当初予算に対する内容説明は省略するという御決定をいただきました。したがって、その決定に従い議事を進めてまいりますが、この後、再度内容説明の省略をお諮りいたしますので、御了承願います。

 なお、来年度以降のことについては、議会運営委員会で方向づけをしていくということになりました。

 なお、この際、私から当局の皆さんに申し上げます。議員の質疑に対しては、できるだけ詳細、丁寧な説明をお願いいたします。

 次に、日程第4 議案第19号の議事を継続いたします。

 お諮りいたします。

 本案についても、既に説明書が添付されておりますので、内容説明は省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 これより質疑を行いますが、まず一般会計予算第1条歳入歳出予算のうち歳出から各款ごとに御質疑願うことにいたします。

 1款議会費について質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって第1款議会費に対する質疑は、これで終了いたします。

 次に、2款総務費について質疑を行います。

 本款については質疑の通告がございますので、まず初めに、通告による質疑を通告順に許可いたします。

 15番 宮本勝利君



◆15番(宮本勝利君) 通告制度がありますんで、通告をさしていただいたわけでございます。

 ページで申しますと60、総務費、目の7企画費でございます。企画費の中の節報償費92万4,000円、その中にですね、24万6,000円についての質疑をいたします。

 概要を見させていただきますと、昭南工業跡地用地、JR清算事業団用地について業者公募を行う、予算概要に説明があるわけでございますが、公社の健全化計画でですね、昭南工業跡地については平成21年度の処分、駅前の清算事業団については23年以降買い戻すということで、健全計画の期限が切迫しつつあるということであります。

 いよいよ一歩踏み出したかなという感がするわけでございますが、今議会の一般質問で中心市街地の活用について黒原議員あるいは前田議員からも発言がありました。やはり議員として活性化については大きな期待をかけてるわけでございます。

 そういうような観点に立ちまして、5点ばかり質疑をいたします。

 1点目、プロポーザルコンペとはですね、ハイカラな名称でですね、コンペの意味合いが少し理解しにくいということでございますんで、言葉の意味と、どのような形式というようなものをこの難しいプロポーザルコンペというんかという説明をお聞きしたいということです。

 それと2点目はですね、この事業公募に至ったそういう経緯をお伺いいたしたいということであります。

 3点目、実施要綱なり公募要項についての詳細にわかれば、これもお聞き、お尋ねいたしたいと思います。

 4点目、報償金の24万6,000円の使途についてお伺いいたします。

 5点目といたしまして、今年度までは政策調整部が中心活性化の分野を担当したわけでございますが、今回の予算書からはですね、政策調整課ということで、課で取り扱うわけでございます。しかしながら、駅東、これも今回予算書で金額が計上されております。駅前あるいは昭南跡地、市立高校の跡地利用、これは買い取るかどうかの協議もせないかんのですが、いよいよこれから具体的にですね、大きな事業が動いていくというときに、政策調整部というような大きな台所で運営してたのが、取り扱う部門としては小さくなるわけでございますね。それで今回、政策調整課のですね、職員はどのような人数体制でなっていくのか、その点もお聞きしたいわけでございますが、それで、これは市長にお尋ねするのかなと思うんですが、どういうことでですね、組織の編成をしましたかというようなこともお聞きしたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 15番 宮本勝利議員の報償費にかかわっての御質疑にお答えいたします。

 5点いただいたわけでありますが、最後の政策調整部が今回組織編成の見直しということで、4月から総務部の中で一緒にやっていただき、この政策調整課についても企画課という形で取り組みをしていこうということで現在準備をさせていただいております。

 先ほどご指摘いただきましたように特に昭南跡地については大規模土地活用事業ということで、今回プロポーザルコンペを実施ということで今準備を進めているところでございます。

 先般来の御質問にも担当者よりお答えいたしましたように、現在、中心市街地の活性化基本計画を策定するべく今取り組みをしておりまして、懇話会等でこういった駅前の商店街、そしてまた昭南跡地、そしてまた御指摘をいただきました市立高校が廃校になった後の跡地についてということで、もろもろ協議をしております。

 市民病院の建てかえ等についてもそうでありますが、そういったことについては今後企画課で担当し、それぞれの担当部署と連携をとりながら進めてまいりたいというふうに現在のところ準備をしている段階でございますので、また進捗状況にかかわって議員の皆様にも今後御説明をしながら、まちづくりを進めてまいりたいと考えているところでございます。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 15番 宮本議員の御質疑中、企画費、8節報償費について御答弁させていただきます。

 まず1点目がプロポーザルコンペとはという御質疑でございます。プロポーザルコンペにつきましては事業者の選定方法でございまして、民間事業者の資本力、企画力、経験豊かな事業ノウハウを最大限生かした事業提案を公募し、提出された提案書について募集要項等であらかじめ示した評価基準に基づき審査を行い、最もすぐれていると認める提案書の提出者と契約を締結するという選定方法でございます。

 続きまして、事業公募に至った経緯ということでございますが、先ほど議員から御指摘のありましたように、土地開発公社の経営の健全化に関する計画というものがございまして、昭南工業跡地につきましては処分予定年度が21年度でございます。海南駅前旧清算事業用地につきましては、処分年度を23年度以降としておりましたが、両用地ともですね、都市的立地性の高い用地でございまして、市の振興とか活性化につながる土地利用を推進していくということ、考えがございまして、中心市街地活性化基本計画とのかかわりや地域全体のバランスなど考慮して早期に活用方針を決めていきたいということで、そういうことで公募に至る経緯という部分でございます。

 次に、公募要項についてでございますが、募集要項につきましては、集客能力の面やにぎわい、また人の流れなどを重視した土地利用ができるよう現在要項案の作成に取り組んでおりまして、全国的にも同法の手法により土地利用を図っているところもございますので、これらの事例なども調査研究しながら早期に要項案をまとめたいと考えております。

 続きまして、報償金の件でございますが、92万4,000円中23万円が報償金でございまして、この審査会に係る委員謝金となっておりまして、計6回の審査会を開催することとしております。

 なお、現在予定しております審査委員といたしましては公認会計士、弁護士、不動産鑑定士、海南商工会議所代表、大学教授のほか、市からは総務部長、まちづくり部長の参画を予定してございます。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 15番 宮本勝利君



◆15番(宮本勝利君) 大体わかったわけでございますが、まだ実施要綱等はこれから考えていくということでございますがですね、もちろん業種、あるいはどういう事業者を募集するというのは、こちらも大体わかるんですが、しかしですね、やっぱりある程度の範疇というんですか、そういうのがあるんではないかと思うんですよ。そこらもう一つ、ちょっと詳しくお教え願いたいかなと思うんです。

 どんな業種でもかめへんよ、集客とにぎわいのあるような応募者であったら認めていくよというんであればですね、例えば場外車券というんですか、ああいうのもかなりにぎわいがあるでしょう。そういう意味合いでですね、何かその中心市街地活性化の懇話会の中でね、そういうようなある程度の方向づけというのが出てないんかなと。

 ほんでまあ、実施要綱についてはこれから詰めていくんだということですが、やはりですね、この問題は特に今までの課題でありますんで、慎重にて言うたら何ですが、慎重になって足がすくんだ場合は行かないんですが、積極的に、あるいは具体的にということを願うわけでございますが、その点につきましてどのようなお考えを持っているかということを再度お尋ねいたします。

 それと、大規模土地事業選考委員会のメンバーはわかったんですが、この懇話会のですねメンバーは、このたたき台を、あるいは募集要項を検討してきた懇話会のメンバーはどういうメンバーで組織されてきたんかなということで2点お伺いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 15番 宮本勝利議員の報償費にかかわっての再度の御質疑にお答えいたします。

 まず第1点、業者の選定ということであります。先ほど担当者より御答弁させていただきましたように、ねらいとしては集客、にぎわい、人の流れが増すというものであり、議員からも御発言いただいた誘致について、いろいろな具体的な業者がイメージされるわけでありますが、私どもといたしましては中心市街地の活性化につながり、現在中心市街地で商店街等々あるわけでありますが、その方々と余り競合しない中で共存できるような業者であればというふうなイメージを持っているわけでございますが、今後具体的にそういった現在までも営業活動といいますか、開発公社や政策調整部のほうへ進出希望の業者も来られているようでありますが、その点につきましては、先ほども議員からも御発言ありましたように慎重に、かつ大胆にそういった業者選定、これからプロポーザルコンペに参画していただく業者については選んでまいりたいというふうに思います。

 そしてまた、あと募集要項等々については、担当の政策調整課のほうで現在まで案について準備をしているところでございますので、今後、業者がプロポーザルコンペに応じていただいたときには、先ほど申し上げましたように審査会、先ほどの委員さん方で6回程度の審査会を開いて、慎重に最終決定まで運びたいというふうに考えておりますので、御理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 15番 宮本議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 懇話会のメンバーという御指摘でございましたので、現在行われている海南市中心市街地活性化基本計画策定懇話会委員のメンバーということで御報告させていただきます。

 20名の方が参画していただいております。まず1点目が団体名が海南商工会議所の専務理事ということで御参画いただいております。

 続きまして、株式会社まちづくり海南から事務局長が御参画いただいております。

 続きまして、社団法人海南青年会議所から理事長、4番目に海南市商店街振興組合連合会からは事務局長さんと役員さんの2名出ていただいております。

 続きまして、日方地区連合自治会からは会長さんで出ていただいております。

 7番目といたしまして、社団法人和歌山県宅地建物取引業協会海南支部の支部長さんにも出ていただいております。

 その次に、NPO法人子育て・あそびサポートぱおの理事長さんに出ていただいています。

 続きまして、海南市自治連絡協議会からは会長、同じく副会長ということで、ほか2名出ていただいております。

 続きまして、海南市老人クラブ連合会の会長さんでございます。

 続きまして、海南市女性団体連絡協議会会長さんでございます。

 続きまして、海南市男女共同参画推進の会の会長さんでございます。

 続きまして、海南市身体障害者連盟の副会長さんが出ていただいております。

 続きまして、下津DHCクラブ会長さんが出ていただいております。

 続きまして、下津町商工会の会長さんが出ていただいております。

 そして、海南市からは政策調整部長、産業経済部部長、都市整備部部長の以上20名の方でございます。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 15番 宮本勝利君



◆15番(宮本勝利君) 懇話会のメンバー聞かせていただいたんですが、予算書を見ますとですね、懇話会の組織を変えてですね、今度、選考審査委員会ということで協議するということで、懇話会のメンバーが来年度のこの予算時期にはですね、もう懇話会はどうなってるんか私わかりませんがですね、予算計上がないということでありますんで、この懇話会が以後、策定計画が決定いたしますとですね、これが協議会に発展していくんかなと、そういうふうに思うわけでございます。お尋ねします。



○議長(久保田正直君) 質問ですか。

   (「質問です」と呼ぶ者あり)

 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 15番 宮本議員の再々の御質疑に御答弁申し上げます。

 中心市街地活性化基本計画策定懇話会が終了した後どうなっていくのかということでございますが、懇話会に引き続きまして4月からは民間の代表者による中心市街地活性化協議会の準備的な(仮称)検討会議を立ち上げたく思っております。そして、その場で民間事業の掘り起こし等を行う予定でございます。

 その後、夏ごろをめどにいたしまして、商工会議所、まちづくり海南で海南市中心市街地活性協議会を立ち上げていただきまして、計画策定に取り組んでまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 次に、19番 黒原章至君



◆19番(黒原章至君) 予算のこれは説明書でよろしいんですね。予算に関する説明書の63ページ、64ページにかかわって全国瞬時警報システム整備事業、総合防災訓練事業、それと68ページになるんですが、評価更新データ作成事業、時点修正事業というこの3点についてお聞きいたします。

 まず、全国瞬時警報システムの整備事業につきまして4点ばかり、まずはお聞きしたいと思います。

 今なぜこの予算をこの20年度の予算に計上しているのでしょうかが1点目です。

 それと、601万円の予算の内訳を説明願いたい。

 3点目に、県下市町村における事例を教えていただきたい。

 4点目に、このシステムの主たる目的は何であるのかをお聞きしたいと思います。

 次に、総合防災訓練事業につきましてですが、訓練内容と、これは地域別な訓練内容になっているんでしょうか。その辺の訓練内容をまずは教えていただきたい。

 68ページの評価更新データ作成事業ですが、これは平成16年度では6,300万円、17年度5,000万円、18年度3,300万円、19年度が6,300万、本年度20年度、来期は6,500万と、このような予算立てになっております。そこら辺の委託関係についての予算の内訳、委託先を教えていただきたいと思います。

 まずは以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 19番 黒原議員の全国瞬時警報システムにかかわっての御質疑に御答弁申し上げます。

 まず1点目、今なぜこの予算を計上したかについてでございますが、国民保護法第44条によりまして、国は国民の生命、身体又は財産を保護するため、緊急の必要があると認めるときは警報を発令しなければならないと定められております。また、47条には市町村長による警報の伝達が定められており、警報の伝達方法として、市町村長はサイレン、防災行政無線、その他の手段を活用し、できる限り速やかに通知内容を住民及び関係のある公私の団体に伝達するよう努めなければならないとされてございます。

 全国瞬時警報システムは、地震や津波、緊急地震速報、弾道ミサイル情報といった対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、通信衛星を用いて、これらの情報を送信し、市町村の同報系防災行政無線を自動起動することにより、住民に緊急情報を瞬時に伝達するシステムでございまして、屋外にいる住民等にも緊急情報が伝達され、地域住民の安全と防災対策や危機管理に役立ち、有効性が大きいシステムであることから、国では全国瞬時警報システムの導入を推奨しているところでございまして、このシステムの整備に要する経費についても、地方債と後年度元利償還金への普通交付税措置を組み合わせた防災基盤整備事業の対象として支援がございます。

 以上のようなことから、市民の生命、財産に関する緊急情報の伝達体制を早期に確立するため、今回予算を計上させていただいたところでございます。

 次に、600万円の内訳についてでございますが、本システムを構築するためには同報系無線自動起動装置が304万8,000円、解析処理及び自動起動用パソコン66万9,000円、その他調整費用129万3,000円の合計600万円が必要となってまいりますが、このシステムの導入に要する費用については平成20年度の600万円のみでございまして、後年度負担としましては情報提供料として年額1万円が必要となります。

 次に、県下市町村における事例についてお答え申し上げます。本年度19年度に整備を進めているのが和歌山県、和歌山市、橋本市、紀美野町でございます。また、今後整備を予定している市町は紀の川市、田辺市、新宮市、湯浅町、日高町、那智勝浦町、古座川町、有田市、印南町の9市町と聞いております。

 次に、このシステムの主たる目的についてでございますが、対処に時間的に余裕のない即時に対応が必要な緊急情報を、人手を介さず同報系無線を自動起動させ、サイレンの吹鳴や音声放送により住民に伝達し、もって地域住民の安全と防災対策や危機管理に役立てようとするものでございます。

 なお、伝達する情報としましては、大津波警報、津波警報、緊急地震速報、弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報、津波注意報、震度速報、気象警報、土砂災害警戒情報、東海地震予知情報の12情報を予定してございます。

 続きまして、総合防災訓練事業にかかわっての御質疑に御答弁させていただきます。

 まず総合防災訓練の内容についてでございますが、この訓練は大規模地震による各種災害の発生を想定し、各防災関係機関が連携することにより、災害発生時に迅速かつ適切な行動ができるよう防災活動体制の確認と充実強化を図るため実施するものでございます。実施日は9月上旬を、実施場所は総合体育館及び市民運動場を予定しております。参加機関といたしましては、消防本部、消防団、自衛隊、警察、医師会、民間救助隊、関西電力、大阪ガス、自治会等々の方に参加をお願いしたいと考えております。

 今訓練項目といたしましては、災害対策本部設置訓練、情報収集・伝達訓練、一時避難訓練、避難誘導訓練、水門閉鎖訓練、倒壊家屋救助訓練、医療救護訓練、負傷者搬送訓練、ライフライン復旧訓練、炊き出し訓練などを想定してございます。

 次に、地域別の訓練内容になっているのかということについてでございますが、今回の総合防災訓練は、総合体育館及び市民運動場を主会場として実施することとしておりますので、各地域におきましては自治会や自主防災組織が主体となって、各地域の状況に応じ、一時難所への避難、被害状況の報告、消防活動などの訓練を行っていただくことを想定しておりまして、防災意識の向上と自主防災組織の結成及び活動の活性化に結びつけたいと考えております。

 なお、本市では、沿岸部においては津波による浸水、また山岳部においては崩壊など地域により被害状況は異なってくることから、おのおのの地域の状況に応じた訓練が必要になってくると思ってございます。

 今後におきましては、自治会や自主防災組織の方々と協議しながら、地域の状況に応じた防災訓練を可能な範囲で行ってまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 猪尻税務課長

   〔税務課長 猪尻義和君登壇〕



◎税務課長(猪尻義和君) 19番 黒原議員の評価更新データ作成事業及び時点修正事業につきまして御答弁をさせていただきます。

 まず、評価更新データ作成事業でございますが、これは土地及び家屋に係る評価データの更新を行うものでございまして、委託先につきましては予算が成立後、選定してまいりたいと考えてございます。

 それから、予算額でございますが、5,980万2,000円を計上させていただいてございます。

 次に、時点修正事業でございますが、これは本年1月1日から7月1日までの半年間の土地の価格の下落率を次年度の評価額に反映させるものでございまして、委託先につきましては、本市に精通しております不動産鑑定士にお願いしたいと考えてございますが、具体的な委託先につきましては先ほどと同様に予算成立後、選定してまいりたいと考えてございます。

 また、予算額につきましては519万8,000円を計上させていただいているところでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 19番 黒原章至君



◆19番(黒原章至君) ありがとうございます。

 まず、全国瞬時警報システム整備事業のことについてですけども、今のなぜこの予算を計上したのかというところからですけども、住民の安全と防災対策や危機管理に役立ち、有効性が大きいシステムであるというような説明でございました。

 しかしながら、前定例会中、片山議員さんとの質疑の中では、「このJアラートの緊急地震速報についてはタイムラグの問題があり、現実的には難しい問題があると考えております。そこで現在では有効でないところもある」と、このような説明があったわけです。数カ月の間で、この有効でないことが有効性が大きくなったということを私どもの今の話ではよくわからないので、その辺の違いちゅうんですか、有効になったことをやさしく、わかりやすく説明していただければと思います。

 それと、600万円なんですけども、これで20年度の予算は600万円であるという説明で、これは本当に600万円でもうこのシステムは完了するのかと。これからいろいろソフトとか、いろんなことに関して設備事業がまだまだ続いていくのかということがわかりませんので、その辺もお答え願いたいと思います。

 それと、もう海南市のほうも作動しているんだと思うんですが、緊急地震速報装置、これと今回のシステムの違いですね。前回のやつがもう不要になるのか、いや、両方並立してなければ、この情報ちゅうのは得られないのかと。同じようなものを2つする必要があるのかと。いや、これは別個のものであるのか。その辺をわかりやすく説明をしていただきたいと思います。

 それと、次に防災訓練のとこなんですが、内容はよくわかりましたが、やはり海南市というところは先ほど答弁にもありましたけど、海沿いでもあるし山岳もあるし、被害状況が違うでありましょうし、また一律な防災訓練、同じようなことをするんでなくて、地域別でやはり今後は西側のほうで水につかったところは東側の人が知らんふりするんではなくて、助けに行くというような、そういうことの訓練内容というんですかね、そういう地域絡みでの防災に対する取り組みというのもやっていただけたらなと私は思います。

 それと訓練、実地は大変いいことだと思うんですが、ある自治会のところによりますと、やはりバールを用意したり、壊れたときにはこういう道具が必要だから、最低こういういろいろな災害時のときには地区で用意せなあかんなて取り組んでるところもございますし、またやってないところもあるんですが、そんな中でですね、実地だけじゃなく、やはりそういうセミナー関係、どうしたら防災に対して有効的な手段がとれるのか、これはまた各地区で考えてくださいよちゅうような教室等も開いていくべきだと私は思うんですが、その辺のお考えをいま一度お聞かせください。

 評価更新データ作業のこの大変高い予算が毎年要るわけでございます。過去に我々が知る、僕の知ってる限りでは5年しかないので、この5年間の委託先ちゅうのはほとんど一緒なんでしょうかね。

 ただ、よくわからないので、データていうことの集積に関して、ある程度基礎のデータがある中で修正事業に関して数千万もかかるのかなというのが素朴な疑問であります。固定資産の評価データ等作成の委託料に関しましては、目的として固定資産、土地に係る評価更新業務等を行うと、このような説明も以前あったと思うんですが、これ18年度の決算ですが、予算が3,300万円にかえて2,730万も委託でされてると。ただ、そこらのこの更新するのにこの費用がかかるのかな、同じ内容で少し訂正する作業もあると思うんですけども、その辺よくわからないので、もう一つわかりやすく説明願いたい。

 それと、過去の委託先ですね。これはもうほとんど同じ業者でやってられるのか、毎年度違うのかというところ、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

   (「議事進行」と呼ぶ者あり)

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) ただいまの黒原議員さんの質問の中でですね、去る12月議会でですね、片山議員さんが一般質問をしてですね、それに対して問題があるということを認めた、是認したような答弁があって、その後、数カ月の間になぜこんなえして予算化するほど変わってきたんなという再質問があったんですよ。

 ところがですね、この12月議会の片山議員さんの質問なり、あるいはそれに対する問題があるということを認めた、是認した答弁ちゅうのが手に入らんと、私たちは議論に参加できやんのです。言うてることわからんのですよ。したがって、ちょっと休憩とってもうて、12月議会の議事録を一遍そこの必要な箇所だけコピーとって皆さんの手元に配ってほしい。お願いします。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午前11時32分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時50分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど10番 川端 進君から議事進行に関する発言で要求のあった資料は、お手元に配付いたしております。

 日程第4 議案第19号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 19番 黒原議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 まず、全国瞬時警報システムにかかわっての御質疑でございます。

 1点目が、有効性が12月議会以降どういうふうに変わったのかということでございますが、先ほども御答弁させていただきましたように情報を得ようとしております緊急地震速報に関しましては、タイムラグの問題がございます。ただ12の情報ということで総合的に考えて有効と判断させていただきました。

 続きまして、2点目の600万円で事業が完了するのかという御質疑でございますが、これも先ほど御答弁させていただきましたように、20年度予算をお認めいただければ20年度で事業が完成する予定でございます。

 それから、3点目の緊急地震速報と全国瞬時警報システムの違いということでございますが、緊急地震速報につきましては地震速報に特化した装置ということでございます。全国瞬時警報システムにつきましては、先ほど御答弁させていただきましたように大津波警報、津波警報、緊急地震速報、弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報、津波注意報、震度速報、気象警報、土砂災害警戒警報、東海地震予知情報の12ということで予定してございます。

 続きまして、総合防災訓練にかかわっての御質疑でございます。訓練とは別に、セミナー等の関係の教室を必要ではないかというような御指摘でございます。この件に関しましては、例年実施しております自主防災会議、年間2回ぐらい予定させていただいてますけども、その席で事例発表とか講師先生をお招きして講演をしていただいております。そういうことで啓発活動に取り組んでおります。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 猪尻税務課長

   〔税務課長 猪尻義和君登壇〕



◎税務課長(猪尻義和君) 19番 黒原議員の再度の御質問に御答弁をさせていただきます。

 まず委託先でございますが、委託先につきましては以前より同じ業者に委託をしてございます。

 それから、各年度における予算額の変動についてでございますが、固定資産、特に土地の評価につきましては3年に1度の評価替えの作業がございます。それで、平成21年度が評価替えの年に当たっておりますので、平成19年度において各標準値の本鑑定業務や準備作業等の経費も含め、通常年より約3,500万円程度の増額となってございます。

 また、その他、合併によりますイレギュラー的な経費や航空写真の撮影等の年度もございます。そういった形で年度により変動が生じるわけでございますが、通常は年間約3,000万円程度が必要となっております。

 それから、具体的な業務でございますが、平成20年度の予定業務を申し上げますと、大きく分けまして2つの業務がございます。固定資産評価更新データ作成業務と標準宅地の時点修正業務でございまして、内容といたしましては、固定資産評価更新データ作成業務につきましては、おおむね3項目ばかりございます。

 1つは、土地地番図のデータ更新業務でございまして、これは土地の移動、例えば所有権移転、分筆・合筆、地籍の更正、地図の訂正などによります土地の移動に対して、既存の地番図データの修正を行うものでございます。

 それから、家屋評価システム、シーバスと呼ばれるものでございまして、この家屋の評価計算に使用するシステムにつきましても更新を行ってまいります。

 それから、2つ目といたしまして、宅地評価における路線価評価地域と基準評価地域の更新及び検証業務でございまして、これは旧海南市と旧下津町とで評価方法に違いがございましたので、同じ方法に統一するものでございます。また、あわせて、すべての路線価格等を鑑定士も交えまして検証し、すべてにおいて再計算を行うものでございます。

 それから、3つ目といたしまして、宅地の各地評価データの作成及び農地・山林の評価データの作成業務でございまして、これにつきましても旧両市町の評価方法の統一の一つでございますが、特に宅地評価における補正率を統一するものでございまして、農地・山林評価につきましても同様に、統一した評価を評価方法とするものでございます。

 それから、以上が固定資産評価更新データ作成業務の概要でございまして、それから大きな2つ目でございます。標準宅地の時点修正業務、これは先ほども御説明申し上げましたが、21年度に行います評価替えの準備作業の一つでございまして、平成20年1月1日時点で本鑑定をとってございますが、現在もまだ若干ではございますが、土地の価格が下落傾向にございますので、平成20年7月1日までの半年間の下落率を算出いたしまして、21年度の評価額に反映させるものでございます。

 以上が主な概要でございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 19番 黒原章至君



◆19番(黒原章至君) どうもありがとうございます。よくわかりました。防災訓練等、また評価更新データの内容はよくわかりました。ありがとうございます。

 ただ全国瞬時警報システムの件ですが、私は緊急地震速報装置との違いで12項目の情報を今回このJアラートを活用しますと有効であるから整備するんだということだったと思います。そういうふうに判断をされたんで、それは事実で結構だと思うんですが、そしたら一応この僕が今手元にもらってるこういう資料の中でですね、人工衛星を用いて送信される緊急地震速報、津波警報等、対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を受信することにより防災無線を自動起動し、市民に瞬時に伝達するシステムの整備を行うというようなこういう説明書いただいてるんです。でも、今の話の中で12項目の情報を予定してるんだったら、そういうことも公表して、市民の皆様にもこういう12項目の情報を得られるんだということを出すべきじゃないんかなと思います。

 すべての資料でもゲリラとかミサイル攻撃、テロに関しての項目は一切載ってないんですが、今の説明であれば、すべての項目がこのシステムにより皆さんに情報が伝達できて、より安全なまちづくりになるんやていう趣旨のことをおっしゃっておられましたので、その辺の広報の仕方をよろしくお願いしたいと私は思います。

 もう1点、最後になりますけど、じゃ併設されてる緊急地震速報装置、これはもう使わなくなるんでしょうかね。それは同じようにやっぱり使っていくんでしょうか、その辺はよくわからないので、最後になりますが、その質問しますんで、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 19番 黒原議員の再々質疑に御答弁申し上げます。

 全国瞬時警報装置システムについての御質疑でございます。全国瞬時警報システムが整備された後、現在設置している緊急地震速報についてどうするのかというふうなご趣旨だと思います。

 これにつきましては、緊急地震速報装置につきましては本年3月1日より消防本部、下津消防署、本庁に設置しておりまして、3月1日よりは緊急地震速報装置から、それを感知しまして、市民の方に消防本部から同報系防災行政無線で地震速報をお知らせするようになっておりますが、全国瞬時警報システムが整備された後においても、それぞれの特性を考えて両機能を並行して運用していきたく考えておりますので、御理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) この際、昼食のため午後1時まで休憩いたします。

          午後0時2分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後1時開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4 議案第19号の議事を継続いたします。

 次の通告者の質疑を許可いたします。

 2番 片山光生君



◆2番(片山光生君) 通告に従いまして、質問をさせていただきます。

 午前中の黒原議員の質問と重複するところもあると思われますが、平成20年度の一般会計当初予算の概要には、「誰もが安全に不安なく生活しているまち」というタイトルの中で14ページに防災行政無線デジタル化事業が重点施策として挙げられています。4億2,600万円余りの予算が計上されていますが、この事業は相当な規模の事業であると推察されるわけでございます。これは当局の防災に対する並々ならぬ熱意がひしひしと伝わってまいります。

 そこで、私の質問に対する当局の答弁で、私なりにその思いというものをさらに強固なものにいたしたく、3点ばかり質問をさせていただきます。

 まず1点目といたしまして、予算の概要に載っています4億2,630万円の積算根拠を教えてください。

 次に、2点目といたしまして、デジタル化事業で、その整備内容を具体的に教えてください。

 最後の3点目といたしまして、本事業の完了年度及び事業費総額はどのように考えられているのか教えてください。

 次に、全国瞬時警報システムの整備事業について、予算の事業内容には気象庁から送信される気象関係情報、すなわち緊急地震速報、津波警報等対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を受信するとなっております。本市において関係のある気象関係情報を仕入れたいのであれば、現在本庁及び海南、下津の各消防署の3カ所に設置されている緊急地震速報装置で間に合うわけであります。よって別にこのシステムを是が非でも、是が非ですよ、でも導入しなくてもよいのではないでしょうか。

 私の昨年の12月の議会での一般質問における当局の答弁によりますと、この全国瞬時警報システムの緊急地震速報についてはタイムラグの問題があり、現実的には難しい問題があると考えているとのことでした。このことにつきまして、5点ばかり質問させていただきます。

 まず1点目といたしまして、このシステムはデジタル無線に接続するのが常識とされていますが、これはタイムラグの問題です。防災行政無線デジタル事業化が終了した時点で考えるのが妥当であると思いますが、いかがでしょうか。当局の見解を伺います。

 次に、2点目といたしまして、このシステムのメーカー名を教えてください。

 次に、3点目といたしまして、この予算を計上するに当たって、メーカーからの見積もりをとったと思いますが、1社だけなのか。また、そうであれば、その理由はどのようなものなのか。数社であれば合い見積もりをとった上での予算計上なのか教えてください。

 4点目といたしまして、このシステムにより、どのような情報を知り得たいのかお教え願います。

 最後に、5点目といたしまして、予算の概要によりますと、このシステムにより気象関係情報を知り得る目的であると書かれていますが、政策調整部の内部資料によりますと、ミサイル云々というような有事関係情報を知り得るためと書かれています。当局としては、本当にどちらの情報を知り得たいのか答弁願います。

 予算を財政課から内示をもらうために有事関係情報を得るためと称し、また議会では気象関係情報を得るためと称して予算を認めてもらう。このような相反する資料が存在するのはどういうことでしょうか。納得のいく説明を願います。ミスプリントとか単なる間違いでは済まされません。まさか議会に対して愚弄するような態度をとっているのではないでしょうね。念を押す意味で申し添えておきます。

 以上、御答弁のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 2番 片山議員の防災行政無線デジタル化事業にかかわっての御質疑に御答弁申し上げます。

 まず4億2,630万円の積算根拠についてでございますが、内訳といたしましては、デジタル移動通信設備整備工事として4億2,000万円、デジタル移動通信設備整備工事施行監理委託料として630万円の予算を計上してございます。

 デジタル移動通信設備整備工事4億2,000万の主なものといたしましては、統制局で6,198万1,000円、副統制局で601万5,000円、中継局で5,679万7,000円、アプローチ用多重無線装置で1億1,304万8,000円、移動局で1億5,616万1,000円でございます。

 次に、デジタル移動通信設備整備工事施行監理委託料650万円についてでございますが、この内容につきましては、工事関係図書の審査や工事検査の立ち会いなど仕様書どおりに工事が進捗しているかを監理する業務となってございます。

 次に、具体的な整備内容でございますが、防災行政無線につきましては、御承知のように同報系と移動系の防災行政無線がございまして、同報系につきましては、市内に点在している防災行政無線柱のスピーカーから市民に対して、災害時には気象警報や避難勧告などを伝達し、平常時には市からのお知らせを伝達する設備となってございます。

 一方、移動系防災行政無線につきましては、市と防災関係機関、生活関連機関とを無線で結び、災害時には防災情報の収集・伝達に活用し、平常時には一般行政事務の連絡などに活用する設備となってございます。

 来年度予算計上しております防災行政無線につきましては同報系ではなく、移動系防災行政無線の整備に係る工事費でございまして、デジタル移動通信システム全体の通信を統括するための統制局を防災センターに、また統制局とNTT回線で結ぶことにより、統制局と同様の機能を持つ副統制局を市役所に設置することとしてございます。

 また、本市では、1つの中継局だけでは市全域をカバーすることは困難でありますので、2つの中継局を設置する計画としてございます。そして、統制局と中継局とはマイクロ多重無線で結ぶ計画でございまして、そのために必要な無線装置や中継局車を整備することとしております。

 また、避難所となる小中学校や公民館などに設置する可搬型無線機や携帯型無線機などを整備することとしてございます。

 次に、事業完了の年度及び総額についてでございますが、この事業につきましては、予算計上いたしてございます事業だけの単年度事業となってございますので、事業完了年度は平成20年度でございまして、総額は4億2,600万円となってございます。

 続きまして、全国瞬時警報システム整備事業にかかわっての御質疑に御答弁申し上げます。

 まず1点目のシステムの導入は防災行政無線のデジタル化が終了した時点で考えるのが妥当ではないかとの御質疑についてでございますが、全国瞬時警報システムは同報系の防災行政無線を自動起動することにより放送するものであり、デジタル化が完成しなくても設置が可能となっておりまして、特にデジタル無線でなければならないということもございません。

 また、国から、全国瞬時警報システム関連設備を未設置の市町村においては、屋外にいる住民等に緊急情報が伝達されないことから、早急に設置するようにとの要請が来ておりまして、システムの整備に要する経費についても、充当率90%の地方債と元利償還金の普通交付税算入の支援がございまして、この支援についても今のところ平成20年度までの支援と聞いております。

 また、受信用のモデム、解析ソフトの国からの無償配備についても、平成21年までに導入する市町村が対象と聞いてございます。

 以上のような状況の中、市民の生命、財産に関する緊急情報の伝達体制を早期に確立する必要があるため、今回予算に計上させていただいたところでございます。

 次に、2点目のメーカー名についてでございますが、システムの機器は衛星モデム解析処理装置、同報無線自動起動機などで構成されていまして、消防庁から送信された情報を受信する装置の一部である衛星モデムについては消防庁から配備されることとなっていますが、その他の機器については各市町村で配備することとなっており、消防庁から整備する仕様書が提供されており、これをもとにシステムを整備をするため、特に限定されたメーカー製ではございません。

 次に、3点目のメーカーからの見積もりについてでございますが、国が全国の導入事例をもとに、システムの導入に要する予算額の調査を行っておりまして、今回予算を計上するに当たっては、この国の調査結果に加え、念のため1社から見積もりを徴し、予算額の参考としたところでございます。

 次に、4点目のこのシステムにより、どのような情報を知り得たいのかという御質疑についてでございますが、大津波警報、津波警報、緊急地震速報、弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報、津波注意報、震度速報、気象警報、土砂災害警戒情報、東海地震予知情報の12の情報について情報伝達の対象にすることを考えております。

 次に、5点目の参考資料としてお配りさせていただいております予算の概要の事業内容、概要と課の内部資料の表現が異なることについてでございますが、情報伝達の種類だけでも12の情報を考えてございましたので、概要説明では簡潔に「緊急地震速報、津波警報等」ということで明記させていただいております。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 2番 片山光生君



◆2番(片山光生君) それでは、再質疑をさせていただきます。

 全国瞬時警報システムについてです。この全国瞬時警報システムには、大きく分けて気象庁から送信される気象関係情報と内閣官房から送信される有事関係情報があります。この有事というのは、このテロとか弾道ミサイルですよね。これが予算の概要では、すっかり抜けています。大切な事業内容ではないですか。簡潔に明記したと答弁いただきましたが、なぜでしょう。私の12月議会での答弁は一体何だったんでしょうね。

 本当に欲しい情報は何なんですか。本当に欲しいのは、このミサイル飛んでくんのが欲しいんか、気象情報が欲しいんか、本当に欲しいのはどっちかということです。

 気象情報であれば現在のもので十分です。一番早く知りたい地震速報については、先ほども申しましたように現在本庁及び海南、下津の各消防署の3カ所に設置されている緊急地震速報装置で十分間に合い、また精度がよく、タイムラグが少ないです。

 再度お聞きしますが、本当に欲しい情報は気象情報ですか、有事関係情報ですか。まだ数えられる程度の事例しかないと聞き及んでいます。全国での都道府県での設置パーセントはいかがなものですか。

 また、和歌山県の設置は全国で何番目になりますか。お伺いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 2番 片山議員の再質疑に御答弁申し上げます。

 参考資料の予算の概要の事業内容についての件でございますが、先ほども御答弁申し上げましたように、情報伝達の種類だけでも12の情報を予定しておりますので、概要説明では「緊急地震速報、津波警報等」という記載をさせていただいたところでございます。

 次に、本当に欲しい情報は何かということでございますが、システムにより情報伝達の対象とすることを考えておりますのは、大津波警報、津波警報、緊急地震速報、弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報、津波情報、震度速報、気象警報、土砂災害警戒警報、東海地震予知情報の12の情報でありまして、どの情報についても必要な情報であると考えております。

 次に、全国瞬時警報システムの都道府県での設置パーセントについてでございますが、平成20年2月1日現在では23の都道府県で率にして約49%の都道府県で整備が終わり、情報の受信ができることとなっております。

 なお、この数値につきましては現在整備を進めている都道府県は含まれておりませんので、現在整備を進めている和歌山県はこの23のうちには含まれておりません。したがいまして、和歌山県が何番であるかについては把握しておりませんので、以上御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 2番 片山光生君



◆2番(片山光生君) ありがとうございました。

 ただいまの答弁では、12全部載せられやんて言いますけども、大きく分けて気象情報と有事関係情報、大体2つなんですよ。しかし、有事関係情報というのは、そのくらいのものだったら十分載せられると思うんですよね。それ載せてないちゅうのは、ちょっとこう腑に落ちやんのですよ。

 それで、12全部この情報を海南市は必要とするんかということですね。ほとんど12のうちで実際要るのは本当幾つかと思うんですよ。それで、全国で見ますと、日本海側であると青森県津軽市、ここは米軍の移動式早期警戒レーダーが配備され、三沢市は米軍基地、六ヶ所村は核燃料施設を抱えています。また、福井県には原子力発電所があります。海南市には弾道ミサイル攻撃されるようなものがありますか。

 都道府県別では日本海側では何県、太平洋側では何県設置しているのか。また、全国瞬時警報システムJアラートについては、気象庁から送信される気象関係情報を人工衛星を利用して地方公共団体に送信し、市町村の同報系防災行政無線を自動起動するシステムであるが、今回計上している防災行政無線デジタル化事業は同報系ではなく、移動系防災無線であると答弁いただきました。移動系防災無線では無用のシステムではないですか。

 デジタル化された同報系防災行政無線へ接続するのが常識だとされています。現在使われているスピーカーでの市民への伝達放送はアナログ方式でタイムラグが多過ぎます。なぜこのようなむだなお金を使おうとするのか。先ほどよりの話を聞いていると、海南市にはこのシステムは必要でしょうか。どうも今回の全国瞬時警報システムの予算には疑問が多過ぎるように思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 2番 片山議員の再々質疑に御答弁申し上げます。

 まず、海南市に弾道ミサイル攻撃がされるものがあるかという御質疑でございますが、本市の沿岸部には石油コンビナートがございまして、それについて県及び市の国民保護計画におきまして、緊急対処事態における攻撃対象施設に位置づけられております。

 次に、都道府県での導入状況にかかわっての日本海側での導入状況でございますが、先ほどお答えしました23都道府県のうち北海道、富山県、石川県、福井県、京都府、兵庫県、鳥取県、福岡県、佐賀県の9県となっております。太平洋側では北海道、岩手県、千葉県、静岡県、香川県、徳島県、熊本県、愛媛県の8県となっております。

 次に、デジタル化と全国瞬時警報システムとの関係でございますが、移動系防災行政無線のデジタル化は、現在運用している周波数の使用期限が平成23年5月31日と定められているため、この使用期限までにデジタル化をするものでございまして、一方、全国瞬時警報システムは同報系の防災行政無線を起動することにより放送するものでありますが、全国瞬時警報システムは同報系防災行政無線のデジタル化が完了していなくても設置が可能であり、県のほうからは全国瞬時警報システムが同報系防災行政無線がデジタル化されていなければ不都合が生じるという話も聞いてございません。この全国瞬時警報システムは国のほうも導入を推奨しているところでもあり、対処に時間的余裕のない緊急情報を住民に瞬時に伝達することができ、市民の安全と防災対策や危機管理に役立つものと考えておりますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 以上で通告による質疑は終了いたしました。

 次に、本款について他に御質疑のある方はございませんか。

 20番 榊原徳昭君



◆20番(榊原徳昭君) ありがとうございます。簡単なことで申しわけないですけれども、お聞きいたします。

 57ページ、目でいいますと文書広報費です。予算の概要ですと16ページ及び25ページ、安全・安心メール配信システム委託料118万7,000円なんですけれども、この予算の内訳詳しく教えていただきたいのと、委託先をお教え願います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 20番 榊原議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 安全・安心メールにかかわっての御質疑でございます。

 委託料とシステム使用料がございまして、安全・安心メール配信システム委託料といたしましては55万7,000円を予定しております。そして、安全・安心メール配信システム使用料としては63万円を予定しております。

 委託先につきましては、これから検討ということになるかと思います。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 20番 榊原徳昭君



◆20番(榊原徳昭君) まだ委託先決まってないんやけど、これは概略の予算ということでとっているということなんでしょうか。

 それと、ついでにお聞きするんですけども、配信される内容ですね。それもお教え願いたいと思うんです。

 そして、118万7,000円のことをお聞きしたんですけども、他市ではたしか初期導入費用に16万2,750円ぐらいでできたというふうに聞き及んでおります。月々のそのシステムというんですか、管理するのに4万3,575円で、その市でおきますと平成20年度の予算では52万2,900円、これは12カ月分ですけども、それでできてるというふうに聞き及んでいるんですけども、余りにも差があるように思うんですけども、いかがでしょうか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 20番 榊原議員の安全・安心メールにかかわっての御質疑に御答弁申し上げます。

 委託先は先ほど申し上げましたように今後の検討ということでございます。

 それで、委託料としましては先ほど申し上げましたように55万7,000円とシステム使用料で63万を予定しておりまして、システム使用料につきましては6月からということで考えております。

 そして、内容につきましては、配信する内容につきましては、その希望者のパソコンや携帯電話に即座に電子メールをお知らせするサービスでございまして、内容といたしましては災害生活注意情報、具体的には防災情報、道路施設障害発生情報等、続きまして火災情報と、そして防犯情報でございます。そして、不審者情報、行方不明者情報、公害関係の情報、それから学校情報ということで考えてございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 当局に申し上げます。質問者の質問趣旨を十分お考えの上、それにマッチした答弁を願います。

 この際、暫時休憩いたします。

          午後1時31分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後1時49分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4 議案第19号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 貴重な時間をお取りいただきまして、申しわけございません。

 20番 榊原議員の安全・安心メール配信事業にかかわる御質疑に御答弁申し上げます。

 紀の川市との比較で初期投資とランニングコストが違うではないかというふうなことでございますが、予算の計上に当たりましては数社から見積もりを徴しておりまして、それを参考に予算計上しております。紀の川市は入札による結果ということでございますので、入札の結果安くなったと考えておりますので、以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 20番 榊原徳昭君



◆20番(榊原徳昭君) ありがとうございます。わかりました。余りにも値段的に差があり過ぎたのでお聞きしたんです。

 個人的なことなんですけども、ちょっと私たちあるグループでらくらく連絡網というてやっぱり配信メールを利用してるんですけども、それは無料で配信メールが可能でありまして、無制限に利用できるという部分があるんです。ですから、そういうふうな部分もあるということも含めて、できる限り紀の川市さんがこの16万2,750円で初期導入費だったということにこだわらず、できるだけ安い値段で導入できるようにお願いしたいと思います。

 以上です。答弁は結構です。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 6番 磯崎誠治君



◆6番(磯崎誠治君) 総務管理費の財産管理費の下津行政局庁舎建設工事費、これは工事請負費ちゅう形で4億7,200万円出ております。その中で予算の概要等いろいろ調べてみましたが、私ちょっと見間違いか何か知りませんけども、行政局工事請負費に4億1,100万円出てますね。そして、庁舎整備事業費に6,000万円。これ足しますと4億7,100万円になってくるんです。ここの60ページに書いてんのが4億7,200万円になってますんで、後のこの100万円ていうのが一遍どんなえなってんのか、それちょっと聞かせてほしいんと、私よう探さんのです。

 それと、説明ではコミュニティーの防災機能を備えた庁舎にするんだていう話になっておりますので、以前ちょっと庁舎の建設について説明ちょっと聞いたときには、電気の発電装置はつくそうですが、飲料水の防火用水はつかないていうような話でした。やっぱり防災機能を整備しようと思たら、一番大事なのが飲料水であると思うんで、これ2年間で工事する中で、飲料水の確保というのをどのように考えておられるのかお聞かせ願いたいと思います。

 そして、この工事の大体スケジュール、どのような内容で進んでいくのか教えていただきたいと思います。

 それから次に、総務管理費の予算書の64ページ。64ページの洪水ハザードマップ作成委託料270万円、これは加茂川のはんらんを想定して、どっかに予算に強いまちをつくるんだというように書かれていますが、委託先まだ予算が決まってから委託すると思うんですけども、これこのマップができた後で避難先あるいは避難先への経路とか、そういう整備の動きはどのようになってくるのか。

 それと、けさから中央公園の進入路の問題でいろいろ調べてもらったコンサルが、コンサルには責任がなかったけども、後からこういうもんが出てきて、こんなえなったというような、後でまた工事費が追加されるていうようなことになってくるんで、今度こういうようなハザードマップをつくるのに、よっぽど信用できるようなところでやってもらわんと、ここまで浸水の予算はありますて言うたて、その予算のなかったとこが浸水あったりていうようなことになったらいかんので、そこらの一遍考えていうのを聞かせていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 上田総務部参事

   〔総務部参事兼財政課長 上田数馬君登壇〕



◎総務部参事兼財政課長(上田数馬君) 6番 磯崎議員の庁舎建設にかかわっての幾つかの質問のうち、私のほうから2点について御答弁申し上げます。

 まず庁舎工事の内訳でございますが、行政局の建てかえに関しまして、工事費として4億円掲載をしてございます。それから、ほかのいわゆる事務費として1,100万を計上させていただいておりまして、合計4億1,100万という形になります。

 それから、庁舎維持等補修工事費の7,200万というのを計上させていただいてございますが、いわゆる通常の庁舎維持、これまで1,200万程度予算を措置させていただいておりますが、残る6,000万については庁舎の冷暖房の設備が相当傷んでございますので、今回6,000万で改修をしたいというふうに考えてございます。

 内訳は以上でございます。

 それから、庁舎建設に係るスケジュールでございますが、この工事については相当高額となりますので、契約には議会の承認が必要でございます。新年度が始まり次第、入札ということになりますが、一般競争入札でと考えてございますので、業者が決定しても議決後でなければ本契約となりませんので、6月議会にお諮りをして御承認いただければ、そこから着工という形になります。

 その前に行政局のほうの移転が必要でございますので、7月の半ばには、現在予定として考えてございますのが、西別館のほうへ行政局が移転をし、教育委員会は交流センターのほうへというふうに考えてございます。移転が済んだ後で8月ごろに現庁舎を取り壊して、その後くい打ちとか、あるいは基礎とか、建屋内装などの工事を順次行いまして、建物そのものは21年の5月か6月ごろに完成できるんではないかというふうに考えてございます。

 その後、建物が完成いたしますと、行政局と教育委員会が事務所をもとのところへ戻ってまいりまして、6月の上旬ごろには事務所として事務を始められるんではないかというふうに思います。その後、新庁舎が開庁した後で西別館を取り壊した上、駐車場やあるいは外構工事、植栽などを経て、来年8月か9月ごろまでに完成したいなというふうに考えてございますので、よろしくご理解いただきますようお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 6番 磯崎議員のまず下津行政局庁舎建設工事にかかわっての耐震性貯水槽についての御質疑に御答弁申し上げます。

 下津行政局庁舎を建設する際、耐震性貯水槽を設置するのかというものでございますが、災害時の飲料水の備蓄につきましては、災害発生後3日間、市民の方が生活できる分の備蓄を目標としておりまして、最悪の場合を想定いたしますと、1人1日3リットルでございまして、海南市の人口で換算いたしますと3日間で約500トンの飲料水が必要になるものと想定しております。

 市では現在、ペットボトルで約1万3,000リットル分の飲料水を各地域の防災倉庫に備蓄しております。また、100トンの飲料水兼用耐震性貯水槽を海南福祉センター、総合体育館、下津小学校の3カ所の地下に埋設しております。さらに、緊急用飲料水製造装置を1基、可搬型の緊急浄化装置を5基保有しておりまして、これらをあわせますと飲料水備蓄の初動体制は、ほぼ達成できるものと考えておりますし、災害時の飲料水の確保と二次災害防止のため、水道部におきましても300立方メーター以上の配水池に緊急遮断面を設置する工事にも平成19年度から順次取り組んでいただいております。

 なお、合併協議の際、下津町役場の建てかえに合わせ耐震性貯水槽を設置することについてのことでございますが、なくべく早い時期に下津地域の飲料水の確保を図る必要があると考え、建設時期が早かった下津小学校の建設時に、その水を確保する必要があると考え、その地下に飲料水兼用の耐震性貯水槽を埋設したところでございます。

 以上のような状況から、今回の下津行政局調査建設工事には耐震性貯水槽の設置に係る費用は見込んでございませんので、御理解賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、洪水ハザードマップ作成委託料に関しての御質疑でございます。この整備事業に関しましては、平成20年度は加茂川ということで8.4キロございまして、橘本地域から海岸までの予定をしております。この洪水ハザードマップにつきましては、浸水が予想される区域の住民の避難に必要な浸水情報、避難情報を示した図面を住民に公表するものでございますので、したがって影響が出るところに関しましては避難先も変わってくるものと考えております。

 続きまして、信頼できる業者ということでございますが、この件に関しましては河川管理者である県当局と十分協議を行いながら、慎重に対応してまいりたく考えておりますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 6番 磯崎誠治君



◆6番(磯崎誠治君) 大体わかってきたんですけども、ちょっと聞き漏らしたんで、ま一遍聞きたいんですけど、庁舎等維持補修工事費7,200万円、そして庁舎をつくんのに、行政局の庁舎をつくんのに4億の工事費で4億1,100万円ていうのがもろもろの費用で、これ計上されてます。そうすると、その庁舎の整備事業で6,000万円で今まで上がってたんが1,200万上がってたやつで上がったという話で、この4億1,100万円と6,000万円を足したら4億7,100万円にしかならんですわ。100万円、だから僕さっきからちょっと計算合わんので、それもう一遍この私の悪い頭に合わして説明していただけますか。

 それから、ハザードマップつくっていただいて、これから防災で役に立てるために大変大事なことであると思うんですけども、そのハザードマップ大体いつごろできて、さっきちょっと質問させてもらいましたが、その避難経路の整備ていうのは今後どのようになってくるんか、そういう話も、まだちょっと答えもらってないと思うんで、そこらも、もう一度ちょっと聞かせてもらえますか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 上田総務部参事

   〔総務部参事兼財政課長 上田数馬君登壇〕



◎総務部参事兼財政課長(上田数馬君) 6番 磯崎議員の庁舎建設にかかわっての御質問に御答弁申し上げます。

 下津行政局の建てかえの4億1,100万の内訳でございますが、工事費が4億円でございます。それから、残る1,100万でございますが、59ページの委託料の中に工事監理委託料というのがございまして、この670万円と、それからこれは補助事業でございますので、職員給与あるいは消耗品などにも補助が使われますんで、その部分の430万をこの中に細かく掲げてございませんが、事務費として430万円ございます。これら合わせますと4億1,100万という数字になります。

 それから、もう一つの庁舎等維持補修工事費、これは基本的にこの本庁舎を維持管理するための経費でございまして、これまで例年1,000万から一千数百万の年間の維持コストがかかってございます。それとは別に、冷暖房が相当機器も老朽化しているということ、それから市民サービスが低下しているとか、そういった観点で今般庁舎の冷暖房を電気式の冷暖房に変えるというための工事費ということで6,000万を計上しているところでございますので、御理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 6番 磯崎議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 洪水ハザードマップ作成に関してでございます。この作成に当たっての完成時期はということで御質疑でございますが、防災関係の情報でございますので、できるだけ早期に完成させていただきたいと思ってございます。

 それから、避難路の整備ということでございますが、これに関してもハザードマップを作成していく中で地域の住民の方々と十分御協議をさせていただきながら、そして担当課との関係もございますので、担当課との協議を進めながら、できるだけ整備を進めてまいりたいと、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 他に御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) 今までの皆さんの質問と答弁を聞いておりますとね、特に今回はいろんな事業の予算が、ほかの庁用器具費とか使用料とかというわたって、全体のものが余り見えにくいと。質問すると、質問しただけに答えてくれるのはいいですけども、ちょっといつでも足らん答弁しかしてないように思いますので、重なるかわかりませんけどね、新規事業について、すべての新規事業ですよ。そのことについて一括して、まずお伺いしたいのはね、新規事業について、どのような検討をされてきたか。新規事業するについて、これはどういう事業で、どんなへいきたいという検討を必ずしてきて立ち上げてきたと思いますので、1つはそれ。

 それぞれの事業について他の市とか、あるいはこの庁内の他の部署に類似する事業、あるいはそれとどういう比較をしてきたのか、また整合性はどういうふうに考えてきたか。

 次に、費用を出すに当たって、この費用が適正な価格であるかどうかという根拠、費用対効果、そういったことを精査してきたのかということをお答えいただきたい。ただし、今までの質問の中で、その部分で答弁されたことについては、前に答弁してますということで割愛してくれても結構です。

 新規事業、どれが全部すべて、これとこれとこれて私にはわかりません。一つの大きな例えばさっきの下津行政局という形のやつやったらわかりますけども、それでもやっぱりほかにそのうちの費用のどっかの項目に入ってるというのがほとんどですから、そういう形で、ひとつまとめた形で教えていただきたい。

 次に、個々にまいります。

 まず一般管理費、委託料。これは文書管理システム保守管理委託料、郵送申請管理機器保守管理委託料、もちろんこれは今までにもあった事業ですけども、大幅にふえておりますので、その理由と委託先、内容お願いします。

 次に、14節、55ページの使用料及び賃借料、文書管理システムリース料、これも増額になっておりますけれども、その理由。

 次に、先ほど質問がございました安全・安心配信メール、これはもうわかりました。

 次、6、財産管理の報償金、これも減額になっておりますので、内容とその理由。

 14節、委託料の消防用保守点検委託料、これ前年度より増額になっているんですが、部が3つになったり部署が変わったりして一括されてるんかなと思うんです。しかし、一括されるならされるで、じゃ前年度と比べてどうなるかちゅうのは全然わかりません、前年度の予算と比較しても。その辺の内容を詳しく教えていただきたい。

 警備委託料も一括だと思うんです。これ私も想像ですが、これもいっぺ内容を説明。

 次に、防災諸費、これは先ほどから大勢の議員さんがいろいろ御質問なさっている。私まあ庁用器具費のJシステムの関連でミサイルやのテロていうのは他人事のように考えておりました。答弁を聞きますと、海南市もそういう範疇に入っていると。それではどうでもええわで置いといたら当局に失礼に当たると思いますので、ミサイルについていっぺ教えていただきたい。

 海南市に向かってくるミサイルは衛星で探知されて、この情報に入ってくると思うんですけども、衛星に探知されて落ちるまでの時間ていうのはどんなもんでしょうか。Jシステムにはタイムラグちゅうのあると前から言うてますわね。そのデジタル化された部分のタイムラグは解消されるでしょうけども、システム自体のタイムラグはありますわね。25から30ぐらいある。これについて、そのミサイルが落ちてくる前の時間差というのはどんなえ考えてるかというのをお聞きしたいんです。

 ほんで、テロ、特殊部隊ていうのはどういう想定のもとに海南市にかかわってくるんだろうかなという思いがありますので、それについても、ひとつお願いしたいと思います。

 それから、人権推進費でね、人権推進懇話会委員がことしから5人減ってるんです。その理由。それで、もちろん理由を問わな次へ進めやんので、まず。

 男女共同参画推進懇話会というのがまた始まりました。そのメンバーはどんな方々を予定しているのでしょうかというところまでですね。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 暫時休憩いたします。

          午後2時14分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後3時29分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4 議案第19号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 田中総務課長

   〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。

 5番 栗本議員の総務費に関する御質疑中、当課に関する数点について、御質疑について御答弁申し上げます。

 55ページ委託料のうち警備委託料814万4,000円、平成19年度より13万3,000円の増額につきましては、平成19年度予算につきましては2.1.6財産管理で計上いたしてございました現人権推進課、地籍課が入ってございます分室の警備費用13万3,000円が今回一括して警備委託料として計上したものでございます。

 次に、文書管理システム保守管理委託料の57万6,000円より63万5,000円、5万9,000円の増加につきましては、昨年10月、期間の経過により更新した文書管理に伴うサーバーの保守管理費で、これにつきましては更新したことによるバージョンアップ、これも伴い、増加したものでございます。

 次に、郵送申請管理機器保守管理委託料32万4,000円で、平成19年度8万6,000円より23万8,000円の増加につきましては、この機器の購入が昨年6月でございまして、半年間無料サービスすることになってございまして、平成19年度は3カ月分の支出となったものでございます。

 次に、文書管理システム等リース料40万5,000円につきましては、先ほど申し上げましたとおり昨年10月にサーバーを新規で入れたことに伴う増加と、入札に伴う若干の減額がございまして、平成19年、半年間22万8,000円より17万7,000円の増加となり、平成20年度40万5,000円の予算を計上させていただいたものでございます。

 なお、総務課の新規のものはございません。御理解よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 上田総務部参事

   〔総務部参事兼財政課長 上田数馬君登壇〕



◎総務部参事兼財政課長(上田数馬君) 5番 栗本議員の御質問に御答弁申し上げます。

 まず私どもの新規事業でございますが、3点ございまして、下津行政局の庁舎建設事業、それから庁舎整備事業、これは先ほど御答弁申し上げました空調の関係でございます。それから、58ページにございます地方公営企業等金融機構出資金、この3つがございます。

 地方公営企業等金融機構出資金につきましては、平成14年に経済財政諮問会議で政策金融改革が決定をされました。その後、閣議決定などを受けて平成19年の5月30日に地方公営企業等金融機構法という法律が公布されております。

 その内容でございますが、現在公営企業金融公庫というのがございますが、これを平成20年の10月1日に解散をいたしまして、同日に地方公共団体は共同して資金調達のための新組織として地方公営企業等金融機構をみずから設立をするというふうに定められてございます。この際に、新機構は旧公庫の権利義務一切を承継をするというふうに定めてございます。

 その出資金の考え方でございますが、都道府県が64億、それから市としては91億、このうち指定都市が27億、一般市が64億というふうに定められてございまして、町村が11億でございます。その一般の市の64億円につきましては、32億円が公庫の貸付残高の割合で按分、残り32億につきましては標準財政規模で按分するというふうに決定されてございまして、そういう考え方で計算いたしますと、本市の出資額が310万となったところでございます。

 それから、報償金の御質問がございました。この内容につきましては、入札監視委員会という第三者機関を設立をいたしまして、平成19年の予算では5人で4回ということを想定をしておりましたが、いろいろ検討の結果3人ということで、委員さんをこの2月14日に委嘱をさせていただきまして、初会合を開いてございます。その中で年2回の会議が適当ではないかというご判断いただきましたので、予算上は3人の2回という形で計上させていただいております。

 それから、消防用設備でございますが、庁舎の中にある自動火災報知設備、それから屋内消火栓設備、避難器具設備、それから誘導灯や消火器などを年2回点検しようということでございまして、市民の安全ですとか、あるいは職員の安全面から、こういうことを来年度から点検をしようということでございますので、新たに掲載をさせていただいたものでございますので、よろしく御理解いただきますようお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 5番 栗本議員の質疑に御答弁申し上げます。

 新規事業ということで政策調整課のほうでは4点上げさせていただいております。

 1点目は、大規模土地活用事業でございます。2点目が安全・安心メール配信事業でございます。3点目は、全国瞬時警報システム整備事業ということでございます。4点目は、海南市広報タイム事業ということで上げさせていただいております。

 まず1点目の大規模土地活用事業につきましては、現在海南市が海南市開発公社が所有しおります大規模土地のうち、中心市街地の活性化や定住人口の増加を図るため、昭南工業株式会社跡地用地及び海南駅前清算事業団用地について、事業者の公募を行うために設置する(仮称)大規模土地事業者選考審査会に係る謝金でございます。予算額としては報償費92万4,000円のうち23万1,000円を予定してございます。

 続きまして、安全・安心メール配信事業についてでございますが、これにつきましてはメール配信サービスということでございまして、自然災害や犯罪など発生した際、その情報を希望者のパソコンや携帯電話へ即座に電子メールでお知らせするサービスでございます。内容といたしましては、災害生活注意情報、火災情報、防犯情報、不審者情報、行方不明者情報、光化学スモッグ情報、学校情報等でございます。

 それから、他市との比較ということでございますが、現在実施しておりますのは和歌山市、橋本市、紀の川市、田辺市で実施されております。費用につきましては、数社複数の会社から見積もりをとって精査して予算計上させていただいております。

 続きまして、全国瞬時警報システム整備事業にかかわってでございますが、この全国瞬時警報システムでございますが、これにつきましては国民保護法第44条により、国は国民の生命、身体又は財産を保護するため、緊急の必要があると認めるときは警報を発令しなければならないと定められておりまして、また47条には、市町村長による警報の伝達が定められております。

 警報の伝達方法としては、市町村長はサイレン、防災行政無線、その他の手段を活用し、できる限り速やかに通知内容を住民に関係のある公私の団体に伝達するよう努めなければならないとされております。

 それから、他市の比較でございますが、和歌山県では19年度に整備を進めているのは和歌山県、それと和歌山市と橋本市、紀美野町でございまして、今後の整備予定といたしましては紀の川市、田辺市、新宮市、湯浅町、日高町、那智勝浦町、古座川町、有田市、印南町の9市と聞いております。

 それから、費用についての精査ということでございますが、費用については国が全国の導入事例をもとにシステムの導入に要する予算額の調査を行っておりまして、今回それで予算を計上するに当たっては、国の調査結果に加え、念のために1社から見積もりを徴し、予算額の参考としたところでございます。

 続きまして、広報タイム事業でございますが、正式には海南広報タイム事業でございまして、市政や地域に関する各種情報をより広く提供することで市からの情報提供に関する満足度を高めていくものでありまして、和歌山放送ラジオによるアナウンス情報ということでございます。電話またはスタジオによる情報により、市の魅力や情報を発信していきたいと考えてございます。

 それから、他市の事例でございますが、和歌山市と田辺市、すさみ町が実施されております。

 費用につきましては、和歌山放送からの見積もりを徴しております。

 なお、効果につきましては、広報、ホームページのほかに情報発信の媒体として海南市広報タイムを取り入れ、市からの情報提供の満足度を高めるということでございます。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 辻情報システム課長

   〔情報システム課長 辻 順三君登壇〕



◎情報システム課長(辻順三君) 5番 栗本議員の新規事業に関する御質問に関して当課にかかわる部分について御説明させていただきます。

 当課では1点だけ新規事業ございまして、予算書では62ページ、13節委託料、14節使用料の部分に加えております。予算の概要のほうでは30ページに説明がございます。

 その内容でございますが、ICカードユーザー管理システムの導入でございます。

 導入に至りました目的はですね、さらなる情報セキュリティーの強化ということで、経過といたしましては昨年11月に庁内で情報セキュリティー委員会というのを結成しておりまして、副市長以下委員で構成されております。そこにお諮りいたしまして、セキュリティーの強化ということで早期に導入すべきという結論をいただきまして、本予算に上げさせていただきました。

 他市との比較ではございますが、何分当市の情報システムを導入した業者で、そのICカードの確認がとれているところというのが1社しか今のところございませんでしたので、その1社だけでございます。その1社でも紀美野町で当市と同じシステムを導入しているのがありまして、そこでICカードを導入しているということで、そこと比較をさせていただきました。

 金額的な根拠でございますが、やはり1社しか今のところ動作確認がとれていないということで、その1社の見積もりで計上しております。

 委託料のうち53万4,000円の内訳でございますが、本市のシステム運営業者であります、委託業者であります和歌山海南地方産業情報センターにシステムの導入を依頼いたします。これは1台幾らということでシステム端末台数110台掛ける1台3,150円ということで、トータル34万7,000円、それとそのICカードの業者で保守をしていただきます。その保守料でございます。これがその業者の単位でございまして、200ユーザーまでということで、1カ月3万1,080円と約半年、新規導入しまして半年間ということで18万7,000円で、トータル53万4,000円の委託料。使用料及び賃借料の58万7,000円は、そのICカード約200枚、それとリーダーライター110台、ライセンス200ということのセットで1セット9万7,755円ということで、それの6カ月ということで約58万7,000円という金額になっております。

 以上、よろしく御理解のほどお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 有本人権推進課長

   〔人権推進課長 有本勝則君登壇〕



◎人権推進課長(有本勝則君) 5番 栗本議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 64ページ、人権推進懇話会委員の人数について変更があったのかとの御質疑でございます。人権推進懇話会委員は平成19年5月に2年任期で20人を委嘱してございます。64ページの予算書の説明欄では17名となってございますが、理由といたしましては人権推進懇話会の委員のうち公務員、小・中学校長2名、ハローワークの所長につきましては報酬を支払っておりません。委嘱の委員数と予算上の人数にそういうわけで差がございます。

 次に、65ページ、新規事業といたしまして男女共同参画推進懇話会ですが、平成18年度に男女共同参画基本計画を策定いたしました。この計画の中で、計画の進行管理のため、男女共同参画推進懇話会の設置について記載してございます。

 懇話会の委員の委嘱は10名を予定しておりますが、65ページの説明欄では9名となってございます。これにつきましても学校長1名を予定しているところでございます。

 選出につきましては、新年度になってから進めてまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 森政策調整部長

   〔政策調整部長 森 孝博君登壇〕



◎政策調整部長(森孝博君) 5番 栗本議員の武力攻撃事態におけるタイムラグの関係の質問につきましてお答えいたします。

 武力攻撃事態における情報伝達のタイムラグは、全国瞬時警報システムにおける内閣府から消防庁を経て防災無線で放送するまでの時間でございますが、地震情報と同様に5秒から23秒と聞いております。一方、弾道ミサイルの発射情報を入手してから着弾地域を特定することは極めて困難でありまして、短時間での着弾が予想されます。そういうことから、発射情報を入手してから着弾まで約数分と聞いてございます。

 現時点では以上のような状況でありまして、国防に係ることであり、詳細な情報は入ってきておりません。こういう事態はあってはならないわけでありますが、市としても市民等の生命、財産を守るためには早期の対応が必要であると考えておりますので、御理解賜りますようお願いいたします。

 それから、次にテロ特殊部隊による攻撃は本市にどのようにかかわってくるのかということについてでございますが、テロ特殊部隊による攻撃は、和歌山県及び海南市の日本における地理的位置、それから現状の国際情勢から判断して、大規模な着上陸侵攻の可能性は少ないものと考えております。

 しかし、小規模なテロ特殊部隊による攻撃については、西日本最大の都市が存在する大阪府に隣接することから、大阪府で事態が発生した場合に後方攪乱等をねらいとして起こる可能性があると考えられています。その場合、和歌山県に大量の避難住民の受け入れ要請が予測されているところでございます。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 有本人権推進課長

   〔人権推進課長 有本勝則君登壇〕



◎人権推進課長(有本勝則君) 答弁漏れがございましたので、改めて5番 栗本議員の御質疑に御答弁させていただきます。

 男女共同参画推進懇話会のメンバーでございますが、一応考えておりますのは男女共同参画基本計画策定検討委員、男女共同参画推進の会2名、それから企業から1名、和歌山大学の先生1名、それから学校長1名、それからPTA、育友会のほうから1名、それから学識経験者2名。それと、そこで8名ですが、あと2名につきましては一般公募ということで考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) 私が質問した内容はね、どこがやってるかという質問はしてないんですよ。類似都市があって、その類似の他市の実情を調べて比較検討してるかということで、どこがやってるかいうのは関係ない。あそこのあっちから聞いてもないこと、こっちも聞いてないことちょかちょか言うなて言いたなってくら、やじ飛ばされたら。

 長なるんでね……

   (発言する者あり)

 はっきり言うても……



○議長(久保田正直君) お静かにお願いします。雑音入れないでください。質問してください。



◆5番(栗本量生君) 今、答弁してくれた中でね、一応質問に沿って一番答弁してくれたんは危機管理のIC関連の方、ああいう形で答弁してほしい。しかし、理解ていう問題もあるよって、これ以上は大体何があるかとわかりましたから、それについては問いませんが、次移ります。

 Jシステムはもう結構です。わかったていうよりも、どうも現実的に合わないと思いますので。

 文書管理、安心・安全配信やな。これはね私が言うたのは、いいですか。よそと比較して自分とこが見積もりをとって、紀の川市は入札で安くなったんでしょうということであったと。これはもう構わんですよ。私はね予算を大体向こうはどのぐらいとって、うちはこのくらいになりましたというのが知りたい。他市の予算と比較して、自分とこはどうかと。その結果、入札して安なろうが何しようが、それはもう知ったことじゃない。ということです。おわかりいただけましたか。

 それと、予算の概要でね入ってないんで、どこで言うたらええかわかりませんので、まず総合計画のところで申し上げます。前の議会で市民交通傷害保険、これが廃止になりました。しかし、総合計画には、いまだに市民交通傷害保険の入会促進を図ると残っております。同僚にはタイムラグがあるのであってと言われましたけれども、やはりきちっと整理するべきでないかと思うので、その点についてお聞かせください。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 5番 栗本議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 安全・安心メールの関係でございますが、他市の予算と比較して計上したのかということでございますが、申しわけございません、他市の予算とは比較してございません。見積もりをとって、通常の予定価格の設定するための参考資料という形でとらせていただきました。御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 森政策調整部長

   〔政策調整部長 森 孝博君登壇〕



◎政策調整部長(森孝博君) 5番 栗本議員の総合計画と市民交通傷害保険との関係の御質問にお答えいたします。

 平成18年度に総合計画を策定いたしまして、総合計画の基本計画は10年間の基本構想を実現するための具体的な取り組み、その展開方針を定めたものとなっておりまして、前期5年、後期5年に分けて策定することとしておりまして、平成18年度には前期5年間の基本計画を策定しております。

 この基本計画には、市民交通傷害保険への加入を促進する旨の記載がありますことから、平成20年度からはそごを来す状態となりますが、市民交通傷害保険制度の廃止につきましては担当課と協議をし、市の広報3月号、そしてホームページで周知を行っているとともに、5月には、はがきでこれまでの加入者の方々に通知することも予定しております。

 また、総合計画の基本計画につきましては、他の市町村においても一般的に特に著しい社会経済情勢の変化等、特別の理由がない限り変更をしない取り扱いとしております。

 以上のようなことから、総合計画の基本計画の変更につきましては現在予定をしておりませんので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) 安心・安全についてはね、やっぱりさきの質問者にもね、そういう答弁するべきじゃないですか。あちらは入札したんで多分安かったでしょう、そらおかしいで、そんな答弁、わかってないんやったら。だから、私は問うたんで、もういいですけどね。

 その基本計画ちゅうのはもう変えらえやんのかえ。いや、もう開始してもてないのに、別にすぐ変えられなくても、1年ごっとに見直しをする中で、やっぱり措置せんとあかんのちゃうかと思う。どんな場合でも変えらえやんのかえ。制度そのものがまるっきりなくなったんのに変えらえやんという理由がよくわからんのです。

 基本計画ちゅうのは、この海南市の最も根本になる計画じゃないですか。その基本計画が、なくなってもた事業まで置いとかなあかんという理由がよくわからんのです。

 私は特にその懇話会にかかわってまいりましたから言うんやけども、なくなったらなくなった措置はちゃんとしてくれちゃんのはわかっちゃら。そのこと文句言うてるんやない。なくなったのに何で基本計画でこれから、言うたらそりゃ基本計画10年ですか、置いとくんかえ。そこがようわからんのです。なくなっちゃんのに毎年の見直し、それを上げていかなあかんということになりますよ。それはどうなるんでしょう。素朴な質問やで。もうこれで質問終わりやってに、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 森政策調整部長

   〔政策調整部長 森 孝博君登壇〕



◎政策調整部長(森孝博君) 5番 栗本議員の市民交通傷害保険制度と総合計画の関係についてお答えいたします。

 先ほども御答弁さしていただきましたように、一般的には特に著しい社会経済情勢の変化等、特別な理由のない限り変更をしない取り扱いとなっておりまして、今後のこの基本計画の見直しにつきましては、前期5年間終了した時点で後期の基本計画の策定時に見直しを図ってまいりたいと考えておりますので、御理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) この際、先ほどの2番 片山光生君の質疑に対する答弁が一部漏れていたので、補足答弁をさせていただきたい旨の申し出がありますので、これを許可いたします。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 大変失礼をいたしました。2番 片山議員の全国瞬時警報システム整備事業にかかわっての見積社、1社から見積もりとったということで御答弁させていただきましたけれども、そのメーカー名を答弁漏れしてございました。メーカーというか、見積もりを徴した業者についてでございますが、株式会社サイバーリンクスより見積もりを徴しておりますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 補足答弁が終わりました。

 本款について他に御質疑ございませんか。

 11番 宮本憲治君



◆11番(宮本憲治君) 2款1項7目、説明書では60ページから、予算の概要では25ページ、中心市街地活性化基本計画策定事業、市民病院基本構想策定事業、大規模土地活用事業に関連してお伺いいたします。

 この3つは互いにリンクしております。中心市街地活性化基本計画策定事業を行うに当たって、その中核となる中心的な事業を決めなければ、これ自体が素案も策定できない。そんな中で市民病院基本構想策定事業、あるいは新しく出てきました大規模土地活用事業というのが重要になってきます。こちらのほうのめどつかないと、最初の中活法のほうができない。

 そこでですね、策定実施のタイムスケジュールのほう示していただきたい。今、街のほうは急激に寂れつつあります。この12カ月直近で約750人の人口減少、毎月のように閉める事業者、零細業者ですけれども、出ています。その関係がありますので、新しくせっかくの事業を起こすのに、どうしても時間が遅いとですね、その効果が著しくおくれてしまう。

 例えばゆっくりしていて、市民病院の基本構想の策定、大規模土地事業者の関係等をゆっくりしていくんでしたら、最終的な中心市街地活性化基本計画の策定のほう、内閣府に出すのが恐らく今年度の末ぐらい、下手すれば来年度ぐらいになってしまうのではないか。そうすると、実際に進んでいくのがさらに2年後等と遅くなってくると思いますので、その点のところお伺いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 11番 宮本議員の中心市街地活性化基本計画等にかかわっての御質疑に御答弁申し上げます。

 タイムスケジュールということでございますが、大規模土地につきましては、できるだけプロポーザルを早く実施しまして、公募により決めてまいりたいと思います。

 それで、夏ごろをめどにしまして、優先交渉権者を決定していきたいと、このように思っています。

 それから、市民病院の基本構想の件でございますが、素案につきましては、これも5月ごろに素案をまとめさせていただきまして、その後、市民病院基本構想懇話会を立ち上げていただいてご議論いただきまして、その間に議会のほうへも御報告を申し上げながら、最終的に夏ごろをめどにして、これもまとめてまいりたいと考えております。

 それと、中心市街地活性化計画の基本的なスケジュールでございますが、これも同じように先ほども御答弁申し上げましたように、できるだけ早く募集要項を公表しまして、募集要項の説明会とか受け付けとか質疑応答とか応募提案者の受け付けとか事業所選考委員会をこれも夏ごろに行いまして、最終決定者を夏ごろに決定していきたいと、このように思っておりますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 11番 宮本憲治君



◆11番(宮本憲治君) 市民病院の基本構想の関係が夏ごろ、大規模土地活用のほうは夏ぐらいにめどが出てくる。それを受けて中心市街地活性化の協議会の設立というのが、それを受けて夏ぐらいにスタートするというふうに理解しました。

 それだと8月スタートで、やはり最終的には内閣府のほうの提出というのは年度末ぐらいまでになってしまう。その間なかなか動かないとあるんですけれども、これは一つ一つが非常に大きな事業、海南市にとっては大きな事業だと思います。その人員もエースの人間を投入すべきだと考えますけれども、新たに企画課のほうで指導して行うことになるようですけれども、そこの人員体制のほうをお伺いいたします。

 この大きな事業をやるのに十分な人員体制のほうが図られるのかどうか、その予定のほうお伺いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中総務課長

   〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 11番 宮本議員の企画課、今現在政策調整課でございますけども、一応20年度の機構改革で一応企画課ということで、私どものほうで名称は位置づけさしていただいてございます。

 今の現状の政策調整課につきましては、18名を配置してございます。20年度当初予算における予算上の配置につきましては、15名を予定してございます。これにつきましては、現政策調整課につきましては、今の企画部門と防災部門、この部門がございます。この防災部門については市民防災課のほうへ移行しますので、政策調整課の企画部門については増員という形になってございます。

 なお、これはまことに申しわけございませんが、予算につきましては実配置人数、職員の実配置の人数と実際配置された実配置人数、これは4月1日に配置されるものと考えてございますが、この人数には若干差があることもございますので、御理解のほう、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 11番 宮本憲治君



◆11番(宮本憲治君) 新しい企画課のほうが15名、物すごく大きな事業ですよね。事実上、海南市の将来を左右すると言っても言い過ぎではない大きな事業3つ。そこで15名というのは非常に手薄であると思います。多分エース級の方が投入されるのだと思うんですけれども、それにおいても少ないように感じられます。専従の人間が15名にしても、それ以外の各部署からの応援態勢等があると思うんですけども、そこの部分の説明願います。

 つまり大事なことですので、可能な限り手厚い配慮をして推し進めていただきたいと思います。これは最後は要望です。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 中心市街地活性化や市民病院や大規模土地の問題については、もう皆さん質疑がされましたので、私も重なることは避けます。よろしく委員会もありますから。

 ページでいきますと61ページですわ。その19節負担金、補助及び交付金、細かい数字で悪いんですがね、その中の関西空港連絡南ルート等早期実現期成会負担金4万、紀淡連絡道路5万、これはね県の構想にもなかったんですわ。ほんで、県のその中期計画に絵はかいてるけど、ない。国はあるんや。

 それぞれね関空も2つ、もうできるんかな、滑走路が。もうできましたか。この間、余計な話やけど、ドバイのあれやっとったけどね、まあ違わな、スケール。中東のね。それから、ところが、名古屋あり、近くには神戸あり、飛行場いっぱいあるわけで、その中でこのハブ空港やっていく中ていうんでは、今いろいろわからんこともないんやけどね、これ何で南ルートの南に橋が要るんか。ほんで、どういう活動してるんか。

 それから、紀淡海峡については今言うたように、県と国のあれが違うんやな。それどういう活動してるんか。それが1点目です。

 それからね、いわゆる防災の問題で、ずうっと論議をしてくれてたんやけどね、よういまだにわからんのや。ほんでね、昨年から防災会議とかね国民保護協議会などで論議してきちゃうはずや。どういう論議で全国瞬時警報システム等々が要るようになったのかね、そんな論議あったのかどうか。

 たまたま2008年3月の市報見たらね、これ見開きが、3月1日からやるわけやけどよ、現在でも緊急地震速報や防災行政無線できるんやろ。放送するて書いちゃある。おたくらがつくった資料や。何でね、その全国瞬時警報システム入れやなあかんのかわからん。

 ていうのはね、これいろいろ僕も調べてみた。そらまあそうじょな。防衛省が地方自治体にいろいろやりなさいて言えやなな。どこが言うているんかちゅうたら総務省の管轄のね、これ消防庁よ。消防庁は確かにね去年ことしでね全自治体の導入目指すて言うとんねん。そやけど、交付税ついて交付金ついたって、あんたとこやれへんとこやれへなよ、乳幼児医療の問題でも僕言うたけどもよ。ほで、全国的にはやな、整備に必要な資金負担と効果への懸念が自治体の足を踏みとどませるって、僕が持ってる資料にはあるんやけどね。

 ほんでね、その中でや、言いたいのはここや。ずうっといっぱい言うた。予算編成あるやろ、これ1ページ、これの予算の概要の。下から8段目ぐらい、「このため、平成20年度の予算編成に当たっては」てあらな。マイナスシリーングて書いたんね。確かに一般会計は0.8%の増や。ようずうっと行って「総合計画の実施計画との連携を図ることにより、中長期計画」云々であって、「真に必要な施策を選択し」てあるやろ。真に必要かどうか論議したんですか。真に必要かどうか。やるって書いちゃあいしょ、あんたとこ。どこが要るんですか、どこが。いろいろ聞いたら要る理由にならん。石油基地があるとか、わかってますよ。

 石油基地があるからアメリカの戦争のとき日方に爆撃あった話も聞きましたよ。下津へ行くついでに落としたそうや。アメリカと戦争せえへんし、ソ連もなくなったんですよ。北朝鮮の問題言うときますけどね、確かな情報ではね、いろいろ言うてますが、あれはね、ミサイルと違うんよ。あれはね、人工衛星のなんど打ち上げて失敗したんや。そんなんアメリカわかったんね。我々動く車は北海道でも動いてもGPSちゅうんか、あれは。GPSちゅうんか、よう知らんけど、わかる時代や、ほぼ。真に必要かどうかって、どこで論議したんな。僕はまだ足らんちゅうのはわかるんや、地震で。だからね、これほんま無駄や。

 ほでね、全国でどんだけの市がやってますか。どんだけの市が。ほで600万やったかな、その後年度負担は要らないって言い切れるんですか。これ間違いないですか。

 ほんまにね、大変な状況の中で予算組んでるわけでしょう、市長さん。私何遍聞いててもね、それぞれ部長も今答弁してくれたし、岡本課長も答弁してくれたけどね、必要やといっこも思わんね。地方自治体、国防言い出したらよ、海南市は独立するんですか。地方自治体は国防の仕事やるってなってませんよ。ミサイル飛んできたら我々ほな鉄砲持ってミサイル打ち返すんかえ。それこそ昔の竹やりでミサイルつつくんか。無駄の象徴や。ほやから全国の自治体が逡巡しちゃんのやろ。こんなもん絶対無駄や。何ぼどっこから聞いても無駄や。

 どんな論議をして真に必要かどうかね、話し合ったのか、あれしてくださいよ。これは何ぼ説明受けてもね、わかりません。

 それから、79ページ、辺地共聴施設整備事業補助金、市民生活費、これええんよな、ここ。ええですよね。これはわかるんや、1,250万円や。地デジ化に伴うてやられると。僕もね、これ私ども学習会したり、いろいろと住民の皆さんにお話聞いたけどね、案外あるんやな、海南の中でも。県は地デジ化に伴って余りありませんよって資料あるけども、紀美野町は大変なんで、町ぐるみやってる。海南で聞いたら生駒から電波とっちゃるちゅとこもあった。下津も結構あるみたいなんや。これびっくりしました。こういうね、まさに住民が困ってるところにね、予算をとってやるちゅうのは非常に私も歓迎しますからね、この点予算に反映されてる事業の内容をお教え願いますか。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 22番 河野議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 まず1点目でございます。1点目は、関西国際空港連絡南ルート等早期実現期成会負担金4万円の件でございます。この設置の目的につきましては、関西国際空港と地域社会の共存共栄を目指し、均衡ある南近畿の発展のために、関西国際空港と内陸を直結する第2の連絡ルートを初めとする交通ネットワークの早期整備を目指すということで結成されております。

 構成としましては、代表委員としまして泉南市と和歌山市、それから泉佐野市、阪南市、海南市、紀の川市、岩出市ということでなっております。町ということでは田尻町、岬町が加盟しております。

 主な要望内容につきましては、関西国際空港南ルートの早期具体化、阪神高速道路湾岸線や第二阪和道の早期延伸、京奈和自動車道の早期完成などを求めて運動するということになっております。

 続きまして、紀淡連絡道路実現期成同盟会負担金5万円の件でございますが、この目的は全国総合開発計画及び道路5カ年計画に位置づけられた紀淡連絡道路の早期実現を図ることにより、大阪湾ベイエリア地域の連携と交流を深めることを目的として設立されております。事務局としては、和歌山市でございます。会員としては25市町ございます。

 国民保護協議会の中で全国瞬時警報装置の議論があったのかということでございますが、これに関しては国民保護協議会の会議は19年度に1度開催させていただいておりますが、字句の訂正等、簡易な内容の協議会の議論でございまして、全国瞬時警報システムについての議論はされておりません。

 続きまして、3月1日から緊急地震速報が配信されるが、そういうことでは全国瞬時警報システムの目的とはそぐわないというのではないかというような趣旨の御質疑でございましたが、先ほど来より答弁させていただいておりますように、全国瞬時警報システムは12の情報がございまして、その中で緊急地震速報もございますが、緊急地震速報、現在海南市の消防本部と下津消防、本庁に設置しております緊急地震速報装置は緊急地震に特化したものでございますので、3月からその緊急地震速報を受信して防災行政無線で放送いたしますが、全国瞬時警報システムは12の種類ということでございますので、それぞれの特性を生かしながら並行して運用していきたいというふうに考えてございます。

 それから、全国の市の事例ということでございますが、先ほど御答弁させてもらいましたのは県内の事例でございまして、今手元には県内の事例しか持ってございません。それから、後年度負担ということでございますが、後年度負担につきましてはイニシアルコストの初期投資として600万円の予算を計上させていただいていまして、後年度には情報伝達料として1万円が発生するというものでございます。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 武内市民環境課長

   〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 22番 河野議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 辺地共聴設備事業補助金の事業の内容でございますが、現在2011年のアナログ放送の終了に伴いまして、放送中継施設のデジタル化が順次進められているところでございます。海南局はデジタル化が完了しまして、放送を開始しているところです。平成20年度は下津、平成21年度は下津大崎、海南木津、海南小野田、平成22年度下津西ノ浦を開局予定していると聞いているところでございます。

 テレビ難視聴地域におきましては、デジタル放送移行に伴い、難視聴解消施設を改修する必要がございます。難視聴地域解消のために共聴組合に対しまして改修費用の一部を補助するものでございます。

 補助金の内容につきましては、平成20年度は4組合を予定しているところでございます。施設改修費として2組合は500万円を、他の2組合につきましては333万4,000円として、その4分の3を補助するものでございます。予算額は、1,250万円を計上させていただいているところでございます。

 以上、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 森政策調整部長

   〔政策調整部長 森 孝博登壇〕



◎政策調整部長(森孝博君) 22番 河野議員の御質問中、全国瞬時警報システムが武力攻撃事態に対処するため真に必要かどうかという御質問でございますが、武力攻撃事態そのものにつきましては国の対応が重視されるところでございますけれども、我々市といたしましては、やはり市民の生命、財産等の保護がやはり大切でございまして、この武力攻撃事態に対しましては避難重視という形になるわけでございますが、いち早く情報を収集して市民の避難の対応を図るという意味から、まことに必要であると考えてございます。

 それから、先ほどちょっと課長のほうから答弁漏れがございましたが、全国瞬時警報システムの全国的な市の実施しているところでございますが、青森県つがる市、それから岩手県釜石市、埼玉県日高市、千葉県南房総市、東京都豊島区、それから福井県越前市、美浜町、長野県飯田市、三重県尾鷲市、兵庫県市川町、鳥取県南部町、香川県宇多津町及び愛媛県松山市、ここらが整備されているという情報を得ているところでございます。

 以上、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 地デジの辺地共聴施設整備事業補助金については、わかりました。私もびっくりしましたからね。生駒から電波もうちゃうちゅうことありましたから、この中でよくなっていくとこをお願いします。

 南ルートの関空の橋、これわからんな。答弁してくれたけどね。京奈和道路なんで関係あるんかいな。橋かける話やろ。こらわからん。もういいですわ。

 紀淡海峡はね、和歌山市に事務局があって25市町村入っちゃると。ほで早期実現て、早期実現ねごちゃんのかえ。負担されたらかなわんで、私ら。内容をいっこも言うてくれてないんよ、あんた。内容はどんな期成同盟会で、どんな活動してるのかって、私聞いたんよ。5万円出しちゃんのやからね、内容つかんじゃうはずや。

 和歌山市事務局で早期実現云々て言うけども、その早期実現これは言うてくれた、内容の一部やと思うけどもよ。内容どういう活動してるんですか。毎年出ちゃったんでね、1回聞いたろと思たから、ちょうど特定財源の問題がありますからね、ほんま無駄な話や。そやから、どういう毎年毎年活動してるんですか。今年度の予定は、活動の。

 次、何じゃらシステム、全国瞬時警報システムですわ。まことに必要って言うとな、部長さん、真に必要な施策と、まことに必要な施策どんなえ違うんですか。言葉の解説からやってくださいよ。

 ほでね僕さっき間違うた、私の調べでは全国11地区や、入れてんのや。県はね、市長さんね、さすがにね、入ってきちゃんのわかんのよ。でもね、それでも私はええことない思てますよ。だから、今でもこれいけます。3月からこの緊急地震速報を防災行政無線で放送しますということで、わざわざ知らせたあるわけやろう。今でもこれいけてるわけやいしょ。この防災行政無線を聞きやすいようにしたらええわけよ。僕はね、ミサイル飛んできたでとかね、そんなんね、自治体がね、ややこしい情報流すんはね、余計怖い、住民にとって。はっきり言いますわ。そういう可能性はない。福田さんのお父さんが言うとる、国会で。

   (発言する者あり)

 万々々分の1ないて言うとる。あるてごちゃごちゃ言うてる人もありますけどね。それは国がやったらええことや。ちょっと黙っといてください。

 自治体は絶対できませんよ、こんなもん。自治体は防衛の予算も何も持ってませんからね。そやから真に必要かどうかという点が私が最大疑問視してるとこですわ。地震に要るというんだったらわかりますよ。津波にも要るというのわかりますよ。実際それでいけるんですからね。国がオーケーて言うてきちゃる、これもわかりますよ。

 市長さん答えてください。私は予算編成のね、方針からあなた方が出したこれ、財政課名で出してますけども、これは市長さんが目通されてるわけですからね。私は真に必要かどうかという点では非常に疑問があるわけです。真に必要かどうか、それ答えてください。そこの点。

 あと細かいこといいですわ。武力攻撃であったって、一自治体騒いだって、どないもでえへん、たとえあったとしてもね。今の国際情勢の中で絶対そんなこと起こりません。たとえあったとしての話です。だから、そういうことは一地方自治体がすることではありません。その点、答えてください。

 それから、もう1回質問整理します。課長には紀淡連絡道のこの内容ですね、その2つです。よろしく。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

   〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 22番 河野議員の全国瞬時警報システム整備事業についての再々御質疑にお答えいたします。

 この事業につきましては、先ほど来お答えをしておりますように人工衛星を用いて送信される12の情報等、対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を受信することにより、防災行政無線を自動起動させ、市民に瞬時に伝達するシステムの整備ということで、真に必要な施策というふうに判断をいたしまして、皆さんに御承認をいただきたいというふうに考えております。



○議長(久保田正直君) 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 22番 河野議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 紀淡連絡道路期成同盟会の主な活動内容ということで御答弁させていただきます。国土交通省及び財務省に対しまして、紀淡連絡道路の早期実現に向けて要望活動を行っております。具体的には積極的に調査を進めるとともに、早期に事業化を図ることと、そして広域幹線道路として国道路線に指定することと、そして関連する広域幹線道路網の調査及び整備を促進すること等の要望活動を行ってございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 全体の予算言うてよ。海南市5万円やけどもよ。ほで年何回ぐらい開いちゃうぐらい言うてよ。無駄やて私考えてんのよ。やめるていうのは、やめにくいていうのはもうわかっちゃうよ、市長さん、それも。こんなもん。県と国の差があんのよ。県も遠慮してようやってないのに、国もあれ質疑してる中で出てきたんや、6つの橋な。東京湾にもう1個橋かけるちゅう。全国でもう非常に問題になったるとこですからね。せめてね、全体のその、海南市たったの5万ですけどね、期成同盟会の今活動内容言うてくれましたけど、全体の予算とね。

   (「5万は5万や」と呼ぶ者あり)

 黙っとれ。黙っときなさい、黙って。全体の予算の中からたった5万て言うてんのや。



○議長(久保田正直君) 私語を発しないでください。



◆22番(河野敬二君) あの人をとめてくださいよ、先に。



○議長(久保田正直君) 言うてらいしょ、私語を発しないでくださいて。



◆22番(河野敬二君) すんません、わかりました。

 全体の予算が……、えらい興奮しまして申しわけございません。少ないね、予算の中から5万ていうのは、やっぱりね、もったいない。すぐやめよとはなかなか、これも後で委員会でよろしくお願いしたいんですけどもね。ただ、どういう活動をされておるのか、どういう予算になってるのかね、もうちょっと詳しく教えてください。

 それから、全国瞬時警報システムについてはね、これはもう答弁いいですわ。もっと資料をね、委員会へ出してあげてください、論議すんのに。これ消防庁の管轄ですやろ。現状、間に合えへんから言うときますわ。消防庁のどこのセクションで、どういう予算取りで全国的にどうなってるのか。そして、今のね、私は11で、あなた13答えてくれた状況なんでね、そしてね、今やってる部分でのよ、今やってる地震などの部分とね、僕は過剰投資や思うんよ。過剰投資でないという、いっこもなかったよ、ずうっと私も質問して、皆さんも質問したけど。過剰投資でないという答弁がいっこもなかったんよ。それがよう言わんね、必要やと言うとるんやからね。それまで委員会までに、いわゆるま一回この総務省やな、総務省の消防庁やな、資料いただいて、県も持ってあると思うけどもよ、全国の設置状況、それから海南市が現在行ってる、このいわゆるミサイルは要りませんよ、ミサイルは。いわゆる津波や地震に対する部分とダブらないかどうかね。これ出してくださいよ。

 ほで、何でミサイルが必要なんかどうかもね、ミサイルや飛行機で攻撃してくるやつを逃げやなあかんちゅうとな、逃げられるはずないんよ、もし攻撃あっても。航空機攻撃、当地域に航空攻撃の可能性がある。ゲリラ特殊部隊、これはほぼないて言ってたけどよ、どんなこと想定しちゃんの、あんたら。大規模のゲリラはないとか言ってたけどよ、想定があるから要るんやろ。それもちょっと国へ聞いて国や県へ聞いて出しといてください、委員会。もういいですわ、えらいお騒がせしました、議長。1つだけ。



○議長(久保田正直君) 要望ですね。

   (「いや」と呼ぶ者あり)

 いや、ほかは。1つ答弁してもらって。

   (「ほかは要望です」と呼ぶ者あり)

 当局から答弁願います。

 岡本政策調整課長

   〔政策調整課長 岡本芳伸君登壇〕



◎政策調整課長(岡本芳伸君) 22番 河野議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 紀淡連絡道路期成同盟会にかかわっての御質疑でございます。活動内容につきましては、先ほど御答弁させていただきましたように国土交通省、財務省に対する要望活動でございます。

 それから予算、19年度予算ということで御報告させていただきますと、関連団体が25市町ということでございまして、1団体5万円で分担金が125万円で、あと繰越金が270万9,000円、雑収入等が1,000円で19年度予算案、当初予算としましては396万で実施してございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 8番 尾崎弘一君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(久保田正直君) この際、本日の会議時間は議事の都合によりあらかじめこれを延長いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆8番(尾崎弘一君) 55ページ、警備委託料なんですが、私一般質問で申し上げまして、その危機管理の体制を部長にかわされたんですが、その警備体制の中で、そういったことはどのようにされているのか。従来どおりなんか、最近の情勢を見て危機管理体制ができて、それがどう連絡するのか、多分どこへ連絡するちゅうのあると思うんですが、どこへ連絡するようになっているのか。

 それから、たまたま予算見ますと13万3,000円増えたんで、あれ、これええかなと思ったんやけども、ところが、栗本さんの聞きましたら、どっかから回ってきたと。それは別として、下津行政局にも270万ほど上がってまして、その体制ていうんですか、今まで当直事務で漠然とやってたということはあるかもしれませんが、一般質問で申し上げましたように、やはり危機管理というと、やっぱり職員もまじっていかないかんというようなことなりつつあります。これはやってほしいとかいうんと違うんですが、そういう傾向もあるんです。

 やはり私もギョウザのことで申し上げましたが、各課へ連絡来ましても職員がなかったらどうなんのか。それとも当直のほうへ集約するようにシステム上なってるのか。そこらもし進んでまして、なってんのやったら、そんなえお答えいただきたいんですが、私はもうずっと地震の質問からでも、とにかく休日とか夜中に事が起こると、そういうことがやはり必ず想定しとかんといかんと思います。

 そこで、予算の関係もありましたんで、ここで質問するんですけども、警備委託として、そういう危機管理的に連絡が入った場合、万全の体制になっているのかいないのか、ちょっとお聞きいたしたいと思います。

 それから、体制はこの地下を見ますと2人か3人になるときもあるんかな、ちょっとわかりませんので、下津との体制もついでに教えていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中総務課長

   〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 8番 尾崎議員の55ページ、委託料、警備委託料についての御質疑に御答弁申し上げます。

 まず御質問順序、若干前後しますが、警備体制については、市役所、下津行政局とも体制は変わってございません。本庁については2名体制ということで御理解のほど、よろしくお願いいたします。

 それと、以前の議員御質疑に、一般質問等での御質疑等についての危機管理体制についてでございますが、宿直の警備員から、そのルートに従いまして、連絡体制は整ってございます。ただ、どれだけの現実対応できるかというのは若干問題もあると思いますので、今後さらなる検討をしてまいりたいと考えてございますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 平田下津行政局地域行政課長

   〔下津行政局地域行政課長 平田喜昭君登壇〕



◎下津行政局地域行政課長(平田喜昭君) 8番 尾崎議員の行政局に係る警備体制についての御質疑に御答弁申し上げます。

 行政局の警備につきましては、現在のところ行政局本館、それから東、西、北の別館、それから倉庫、さらに駐車場及びその周辺の警備となってございます。常駐した警備員がおりまして、毎日終夜、午後5時から翌朝8時30分までの途中数回の見回り警備を行い、市民からの問い合わせや来庁者への対応を含め行ってございます。

 連絡体制につきましては、警備員さんからの連絡を受けまして、ルートによって各職員等に連絡をしてございます。

 以上でございます。よろしく御理解賜りますよう申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 8番 尾崎弘一君



◆8番(尾崎弘一君) 仕事の内容はわかりましたし、体制もわかりましたけども、そうすると県とかその関係機関から危機的なことが起こった場合、各課へ連絡来ると聞いてるんですが、そうすると先ほども言いましたように夜間の場合、警備員がそれを確認できるのでしょうか。例えば各課に、どっかへ入るとこがわかっとれば、そこへ見に行くとか、一般質問で申し上げましたようにファックス来たなり放っておいたとか、そういうやっぱり放っとくんでないけども、やはりそうしたミスがどうしても出るわけなんで、それをカバーするのが警備員の昼間の休日また夜間にあると思うんですが、そういうことはいわゆる職務上的にできてるんですか。それ1つお伺いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中総務課長

   〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 8番 尾崎議員からの警備委託についての御質疑に御答弁申し上げます。

 仮に災害とか、そういうような部分で起きますと、今、政策調整課のほうで防災のファクスがございます。そちらのほうへ、まずファクス入電ていうんですかね、ファクスが入ることになってます。それを警備のほうが回収しまして、必要なそのルートに従った連絡体制で連絡するようなってございますので、御理解のほどをひとつよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 平田下津行政局地域行政課長

   〔下津行政局地域行政課長 平田喜昭君登壇〕



◎下津行政局地域行政課長(平田喜昭君) 8番 尾崎議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 行政局におきましても本庁と同様、連絡を受けた場合には警備員がルートに従って連絡をするようになっております。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 他に御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) これもう簡単に、わからないので教えてください。

 新規の事業だと思うんですが、78ページ。

   (発言する者あり)

 これ付託されへんやろ。78ページの13委託料です。放置自転車のこの防止委託料ですが、これ今までにない新しい委託料になってます。

 そして、その上の7賃金、臨時職員さんのこの賃金ですが、これいつも海南駅で2名の臨時職員さんが立っていたもんだと思うんですが、これがことしから1名になるんでしょうかね。ちょっとこの放置自転車等防止委託料の説明と、そしてその臨時職員の関係を伺いたいと思いますんで、簡単によろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 武内市民環境課長

   〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 12番 岡議員の放置自転車等防止委託料に関連いたしました御質問に御答弁申し上げます。

 78ページにございます放置自転車等の防止事業でございますが、現在2名の臨時職員を雇用いたしまして実施しているところでございます。撤去台数は減少傾向にありますが、啓発主体の対策を講じているところから、今後も事業を継続してまいりたいというふうに考えているところでございます。

 次年度は現状の体制等を見直しまして、事業を実施しようとするものでございます。従来、臨時職員が行っていた現場での業務の一部を委託しようとするものでございまして、また、通勤・通学時間帯における啓発を重点的に行うということで、早朝の時間帯や遅い夕方の時間帯の啓発を行おうとするものでございまして、業務はシルバー人材さんに委託したいと考えているところでございます。

 臨時職員につきましては、2名から1名に減員するというところでございます。

 以上でございます。以上、御理解賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) 中身は大体わかりましたがね、海南駅においては、こういうふうにね、ずうっと従来からされてたんですが、黒江駅においては自転車の駐輪場がふやされましたね。しかしね、置くスペースがふえたにもかかわらずね、やはりね、県道にはまだ自転車等がね、多数置かれてるんですよ。海南駅よりね、黒江駅のほうが実際危ないんよ。ほいでね、そういうとこへね、放置自転車のこの委託でもシルバーさんに回ってもらうほうがいいん違うんかなと思うんやで、僕は。

 海南駅、先ほども言うたでしょう。課長さん答えていただいたけども、従来よりも、もううんと少ななってるて言うたよね。ほいで、なおかつ言えば体制、シルバーさんに1人はなったけど、体制はいっこも変わってないということやろ。ですからね、やはり黒江駅のほう、こういうふうに海南駅2名行くんだったらね、黒江駅のほうも考えたらどうでしょうかということです。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 暫時休憩いたします。

          午後4時55分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後5時2分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4 議案第19号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 武内市民環境課長

   〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 貴重なお時間をおとりいただきまして、まことに申しわけございません。

 12番 岡議員さんの御質問の放置自転車等の防止委託料に関しまして、黒江駅の現状の放置の状況でございます。対策につきましては、今後検討してまいりたいと考えてございます。

 以上、御理解賜りますようお願い申し上げます。

   (「議事進行」と呼ぶ者あり)



○議長(久保田正直君) 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) いや、ただいま休憩をした理由がよくわからない。



○議長(久保田正直君) 栗本議員にお答えいたします。

 市民環境の武内課長さんあるいは部長さんから休憩してくれという信号ありましたので、引き受けいたしました。よく考えて話し合いをしますと、部長さんなり課長さんが質問の要旨を勘違えてた。それは管理課だという判断をしたんですわ、黒江駐車場ちゅうことで。放置自転車は環境課になる。駐車場は管理課になる。そうやったらおまんとこ、間違うてへんかったら間違うてるちゅうて、これでもう一つ再度答えさせていただくさけに、再開してすぐ答えさせていただきますということで、今までの順序になってきたということですんで御了承願いたいと思います。

 再度の御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 他に御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 79ページ。りんかんコミュニティバスだと思うんですけど、コミュニティバス運行補助金1,385万2,000円。たびたび、りんかんコミュニティバスにつきましては私、得意わざのように発言さいてもうてます。無駄遣いであると、廃止すべきであるということなんですけども、当局のほうも聞く耳持ってくれてまして、年々減額してくれてるようで、これは評価したいと思うんですけども、評価に足るかどうかわからんので質問いたします。

 コミュニティバスの1日何便、何コース走行してるのか。そして、去年実績で言うて年間の乗客数はどれだけか。1便、片道何人乗ってることになるのか。その点お伺いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 この際、暫時休憩いたします。

          午後5時7分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後5時28分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第4 議案第19号の議事を継続します。

 当局から答弁願います。

 武内市民環境課長

   〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 10番 川端議員のコミュニティバス運行補助金にかかわっての御質疑に御答弁申し上げます。

 貴重なお時間をおとりいただきまして、まことに申しわけございません。

 まず1点目のコミュニティバスの1日何便で走行しているのかていう質問でございます。18年度につきましては、21便でございます。

 2点目のコミバスは何コースかという御質問です。3コースがございます。

 3点目の年間の乗客数についてでございますが、18年度末は7,082人でございます。

 4点目の1便当たりの乗車人員はについてでございますが、1.16人でございます。

 予算編成時におきました11月末時点におきましては、ダイヤ等、それから減便等を行っておる関係上、コミバスの1日の便数でございますが、19年度につきましては15便、1日15便を運行してございます。

 2点目のコースにつきましては、3コースのままでございます。

 3点目の乗客数でございますが、11月末時点での乗客数は4,091人です。

 4点目の1便当たりの乗車人員でございますが、1便当たりにつきましては1.63人となってございます。

 以上でございます。御理解賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 全体として評価できると思います。ぜひ頑張って廃止に向けて努力していただきたい。

 以上。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって2款総務費に対する質疑はこれで終了いたします。

 お諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ延会し、明日午前9時30分から会議を開きたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 本日はこれをもって延会いたします。

          午後5時31分延会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

  議長  久保田正直

  議員  中家悦生

  議員  川端 進

  議員  前山進一