議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 海南市

平成19年  3月 定例会 03月12日−05号




平成19年  3月 定例会 − 03月12日−05号









平成19年  3月 定例会



                 平成19年

             海南市議会3月定例会会議録

                  第5号

             平成19年3月12日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第5号

平成19年3月12日(月)午前9時30分開議

日程第1 議案第14号 平成19年度海南市一般会計予算

日程第2 議案第15号 平成19年度海南市国民健康保険特別会計予算

日程第3 議案第16号 平成19年度海南市老人保健特別会計予算

日程第4 議案第17号 平成19年度海南市介護保険特別会計予算

日程第5 議案第18号 平成19年度海南市産業廃棄物処理事業特別会計予算

日程第6 議案第19号 平成19年度海南市同和対策住宅資金貸付事業特別会計予算

日程第7 議案第20号 平成19年度海南市港湾施設事業特別会計予算

日程第8 議案第21号 平成19年度海南市簡易水道事業特別会計予算

日程第9 議案第22号 平成19年度海南市水道事業会計予算

日程第10 議案第23号 平成19年度海南市民病院事業会計予算

日程第11 議案第24号 市道路線の認定について

日程第12 議案第25号 海南市教育委員会委員任命の同意について

日程第13 議案第26号 海南市公平委員会委員選任の同意について

日程第14 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

日程第15 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について

日程第16 発議第1号 海南市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第17 発議第2号 海南市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について

日程第18 請願第1号 日豪EPA交渉に関する意見書の提出についての請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 議案第14号 平成19年度海南市一般会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(23名)

      1番  中西 徹君

      2番  片山光生君

      3番  中家悦生君

      4番  上田弘志君

      5番  栗本量生君

      6番  磯崎誠治君

      7番  久保田正直君

      8番  尾崎弘一君

      9番  浴 寿美君

     10番  川端 進君

     11番  宮本憲治君

     12番  岡 義明君

     14番  寺脇寛治君

     15番  宮本勝利君

     16番  前田雄治君

     17番  前山進一君

     18番  川口政夫君

     19番  黒原章至君

     20番  榊原徳昭君

     21番  瀧 多津子君

     22番  河野敬二君

     23番  出口茂治君

     24番  山部 弘君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

   市長          神出政巳君

   助役          宮脇昭博君

   収入役         濱井兵甲君

   総務部長        坂本寛章君

   保健福祉部長      緒方信弘君

   市民部長        前川順治君

   産業経済部長      田中康雄君

   保健福祉部参事     中野真次君

   総務部参事兼財政課長  上田数馬君

   市民部参事兼クリーンセンター所長

               浅野徳一君

   総務課長        田中伸茂君

   保険年金課長      脇 久雄君

   社会福祉課長      児嶋俊治君

   子育て推進課長     坂部孝志君

   高齢介護課長      谷口俊治君

   公害対策センター所長  榎 重昭君

   市民環境課長      武内真二君

   農林水産課長      北口和彦君

   商工振興課長      田村彰男君

   地籍調査課長      炭 典樹君

   農業委員会事務局長   松本光生君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   事務局長        千葉博己君

   次長          西谷利広君

   係長          瀬野耕平君

   主査          栗山維希君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前9時30分開議



○議長(久保田正直君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第14号 平成19年度海南市一般会計予算



○議長(久保田正直君) 日程第1 議案第14号 平成19年度海南市一般会計予算を議題といたします。

 歳出3款から質疑を行います。3款民生費について、御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) 民生費から1点お願いします。

 107ページの扶助費ですね、生活保護の扶助費です。ちょっと教えていただきたいんですが、昨年よりもちろん予算が上回ってきてますが、まず今年度ですね、今の現状の生活保護を受けておられるちょっと人数を教えてください。そして、この予算にかかわって、今の現状の人数と今度どれぐらいふえるということが予想されているのか。

 そしてもう一つは、この年々ずっとふえてるんですが、その原因というか、どういうふうに考えてられるか教えてください。

 そして、例のリバースモーゲージ制度かな、あれはどのような状態になってるんですか。もう導入するとかいろいろ国も言うてるんですが、そういった情報は入っているのでしょうか、ちょっと教えてください、お願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 児嶋社会福祉課長

  〔社会福祉課長 児嶋俊治君登壇〕



◎社会福祉課長(児嶋俊治君) 12番 岡議員からいただきました生活保護扶助費にかかわっての数点の御質疑に御答弁申し上げます。

 まず、人数予想どれだけふえていこうとしているのか、また現状はということでございます。

 平成18年、本年の4月でございますけれども、生活保護の世帯といたしましては378世帯、488名の方が生活保護を受けられておられます。それから、半期ちょっと見てみたんですけど、平成18年9月になりますと、379世帯、488名ということでございまして、1世帯ふえておりますが、人員としてはふえてはございません。ただ、毎年この生活保護につきましては、扶助費をお認めいただいてるわけですが、例年大体1割程度の保護者がふえてございます。ところが、本年度につきましては、ほぼ横ばいの状況でございます。これはごくごく一時的なものではなかろうかと思いますけれども、以上のようなことでございますので、本年度につきましては、当市におきましては、横ばいの状況、若干上向きになるとは思いますけれども、横ばいの状況の保護者数ではないかなというふうに予想をしてございます。

 ことしにつきましては、原因につきましては、いろいろ考えられるんですけど、その中では高齢者が大変多くなっていらっしゃいます。そういった方がことしにつきましては、もう既に亡くなられた方が9月末6人いらっしゃいます。こういったこと、また他管内へ転出した方、また施設入所をされた方等々、また年金等の蓄えが一定以上あったことなどにより、本年度につきましてはほぼ横ばいの状況になっている原因ではないんかなと思ってございます。

 リバースモゲージの導入につきましては、国等からの情報は入ってはございません。私のところでは入手ができていない状況でございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度、御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) 高齢者がふえているとか、そういうのが原因になっていると思うんですが、じゃなくって、去年は大方横ばいということを聞いたし、年々からいえばずっとふえているという形なんで、その原因です。高齢者も含めてですけども、どういうことでこういうふうにふえてきているのか、お考えかお聞きしたいんです。

 そして、リバースモーゲージの導入ですが、たしかもう、私の情報ではね、4月からもう導入されるって聞いたんで、それで4月っていったらもうすぐそこですからね、この予算にすぐかかわってくるので、全然情報入ってないというのはちょっとおかしいんですけども、入ってないと言われりゃまあ仕方がないんですけども、おかしいですね。もう一度、そこらちょっとお伺いしたいですが。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 12番 岡議員の再質疑にお答えいたします。

 ただいま課長から保護者のふえる原因ということで御説明させていただいたわけでございますが、統計とかいろいろそういうことで調査させていただきますと、本市の場合も同様ですけれども、やはり高齢者の増、社会経済の状況による不況とかいろいろなそういう中での就業の問題、なかなかまあ就業につきにくいと、こういったことが一番大きな原因でなかろうかと、こういうふうな分析をしております。

 2点目のリバースモーゲージ制度の導入についてでございますが、これもただいま課長が御説明いたしましたように、公文書で4月から云々ということは本市の方へは通知ございません。ただ、いろいろな国の状況等、新聞等で知ってる範囲でございますが、19年度から国の方ではやはり生活保護全般についての見直しをやっていくというふうな中で、いわゆる自分の所有地を持ってる保護者、そういった分についてはやはり見直していかないかんと、まあこういう中で本格的な検討に入ると、こういうことでございます。

 実施に当たっては、かなり細部にわたっての取り決めとかいろいろなことがございますので、まだそれについての具体的な方針、方向、そういったことはまだ、これから検討中というような把握をしておりますので、正式なそういった文書等はいただいておりませんので、御理解賜りますようお願いします。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 23番 出口茂治君



◆23番(出口茂治君) 94ページの老人福祉、目老人福祉総務費の中の節の負担金、補助金ですけども、その中のシルバーの人材センター補助金583万7,000円が計上されてございます。前年度は497万7,000円ということで、本年度17%増額されてございます。この予算の概要説明の中に、39ページに地域福祉社会の形成ということで、シルバー人材センター補助事業、高齢者の豊富な知識と経験を生かし、短期間就業することにより、社会参加と生きがいづくりの場を提供するため、シルバー人材センターへの支援を行うということで予算化していると思いますが、1点、本年度17%増額した理由、それからこれに対する補助金の金額の算定基準ですね、それを1点お伺いします。

 それから、2点目としまして、この本市のシルバー人材センターの会員数ですね、恐らくこれは会費年幾らか払って運営されていると思いますけども、その会員数と、それから事業の規模、現在どのくらいの、なんちゅうんですかね、売り上げちゅうんですか、そういったところわかればお示しいただきたいと思います。

 それから、旧海南市で何年か前にある議員からの一般質問、何回もありまして、シルバー人材センターを組織しようじゃないかという提案であったと思うんですが、当時周辺の市町ということで、たしか金屋町とか旧下津町、それから現在の紀の川市の貴志川町とか、そういうのが設立されているというように伺ったわけでございます。そういう記憶がございます。当時、旧海南市はなかったということで、下津町にはあったということで、下津町の方が歴史が長いわけですけども。そういう意味で、周辺の市町のシルバー人材センターの補助金というのはどういうふうになっているか、お教えいただきたいと。

 以上3点、よろしく御答弁をお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 23番 出口議員の御質問でございます。シルバー人材センターの補助金にかかわっての数点の御質問でございます。

 まず、1つ目のシルバー人材センターの補助金が18年度に比べて17%程度増加しているが、その理由はということの御質問です。

 平成18年度が497万7,000円で、平成19年度は583万7,000円です。金額にして86万円の増加となります。その理由ですけども、これはシルバー人材センターの職員の方の賃金、そういったことの増加です。平成18年度は海南、下津事務所両方あるんですけども、1.5人の3人で計算させてもらってましたのが、仕事量、受注が多くなったということで、海南、下津事務所とも2人ずつの計4人で算出しましたので、人件費が増加したのが主な原因です。

 ちょっと前後しますかわかりませんけども、次に海南市シルバー人材センターの会員数でございます。これは平成19年1月現在ですけども、合計で139名、海南事務所で63人、それから下津事務所で76人となっています。

 それから、シルバー人材センターの補助金の積算ですけども、今申し上げましたほとんどはシルバー人材センターの人員の賃金、職員さんの人件費です。そのほか、電算機器のリース料とかそういったことです。ほとんどはもう人件費となってございます。人件費にいたしまして、537万6,000円です。

 それから、事業規模というんですか、売り上げですけども、決算で17年度決算では事業費は1,200万3,535円です。それから、18年度の、これは予算ですけども、1,263万248円です。それから、19年度では2,295万6,200円と、予算上そうなってございます。

 それから、最後にシルバー人材センターの周辺市町村の補助金の状況ですけども、これちょっと、要は県下のシルバー人材センターについては9カ所、公益法人になって、まあ社団法人ですね、法人化しているのは9カ所と、それから海南市のようにまだシルバー人材センターの法人化されていないセンターが5カ所程度ありまして、ちょっと申しわけございませんけど、補助金のそれぞれの状況についてはちょっと把握してません。申しわけございません。



○議長(久保田正直君) 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 23番 出口議員の御質問にただいま課長から説明させていただいたんですけど、ちょっと補足させていただきます。

 17%増、86万円の増の理由でございます。課長から説明させてもらったわけでございますが、海南、下津事務所とも2人、2人の計4人ということで事務を行ってもらってるんですけれども、補助金の人件費の算出は18年度までは、単価700円、8時間、一月で20日働くちゅうことで、12カ月ということでやってたわけなんですけれども、実際は2名いらっしゃるんですけれども、1.5人というのは1人は8時間行くけれども、もう1人は午前中しか勤務できなかったと、そういう実態でございます。

 ただ、年々事業が多うなってきて、この事務の中でも一番ポイントになるのは、依頼があった場合に査定しにいかないかんわけなんで、それが事務の一番専門的な分野になるんですけども、そういった中へ頻繁に出ていたら、中の事務がだれもできないという、電話の問い合わせ等がいろいろなこともできないということで、今回事業も多うなってきてる中で、2人携わるんですけれども、0.5人の分を1日勤務できるような状態でお願いしたいということで、実質18年度では人数で1.5人、1.5人であれば3名ですけれども、2名、2名というとで4名分の実働の補助金を出していると、こういうような考え方でございます。

 それと、周辺への補助金の支出の問題です。ちょっと私も貴志川町へは2年ほど前に行ってきたんですけども、きちっとした数字は覚えてはおらないんですけれども、たしか国の補助金もここは受けられておりまして、ちょっと定かなあれではないんですけれども、国の補助金をもろうた場合は、市と同額の補助金、ちょうど同じ補助金を出すちゅうことで、確か600万円、600万円ぐらいの、1,200万円ぐらいの補助金を出してたような記憶をしております。

 それと、もう一つつけ加えさせていただきますと、本市の場合は貴志川とか金屋町もそうですけれども、かなりどうも古い設備です、車も含めて。そういったことへの、すべて補助金で整えて運営していただくと。こういうことですけれども、本市の場合は細々とやっていただくということで、人件費の分についてはやむを得ず出させていただいてるわけでございますが、あとの設備とか道具類については、基本的には会員数をふやしていく中で、7%の事務費をとっておりますので、そういったことを積み立てる中で、自主的な運営を今後ともお願いしたいということで、基本的には道具類というもんは一切出しておりません。

 以上でございます。御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 23番 出口茂治君



◆23番(出口茂治君) この補助金額がほとんどシルバー人材センターの人件費ということがわかりました。それで、この補助金、積算根拠が同じように人件費についてくる。この補助のシステムの背景ですね、先ほど和歌山県では公益法人、ほとんど社会法人だと思うんですけども、9カ所、残りが法人でないのが5カ所ということで、当然和歌山県のシルバー人材センター連合会のようなところへ加入してると思うんです。それが上の5万円の負担金ということにあらわれていますけれども、ちょっとこのシルバー人材センター協会というウェブサイトを見ますと、センターは原則として市町村単位で置かれており、国や地方公共団体の高齢社会対策を支える重要な組織として、高齢者等の雇用の安定等に関する法律、これは昭和61年にできているようでございます。に基づいて事業を行うと。都道府県知事の許可を受けた公益法人であるということで、ほとんど県から全国のこういう法人格の人材センターは、地方の人材センター事業協会へ加入しているようでございます。

 それで、本市の場合は、先ほど伺ったように公益法人でないというところで、若干シルバー人材センターという組織体として違う要素があるという意味で、先ほどそういう公益法人にすれば国からの補助金があるんやと。そんなように言われまして、たしか公益法人あるんでしょう、国からの補助金が得られるんだと思いますけども、現在公益法人、社団法人ではない団体に市独自で公益法人並みの地方自治体としての補助金が出していいものかどうか。これだけの高額を出していいのかどうか、これが1点ちょっと頭に引っかかるんで。行く行くは社会法人として成長していただいたらいいんですけども、その辺で、これは補助金が妥当か妥当でないかというのは、幾ら議論しても、これは皆、めいめい考え方も違いますし、それは議論するつもりはありませんけれども、人件費だけに使って補助金として出す。ほとんど全額出しているわけですね。これが1点、法律に基づく地方に課せられた必要な措置に相当するものかどうか、その辺ちょっと見解をお聞きしたいと思います。

 それから、海南市役所がどこまでこういった団体に関与しているか、関係ですね。シルバー人材センターは地方自治体、市町村に1団体というふうに位置づけられていると思うんです。海南市の場合は、下津事務所、それから海南事務所というようになっていますが、これは主体がどこになる、1団体としてはどこになるんかなというのが一つ、組織としての体制ですね、はっきりしていない。この辺、どう指導されるんかなと。たまたま海南市は新海南市になって、二本立てでいっているちゅうのは、旧下津町と旧海南市という関係でなっているんだと思うんです。

 この先ほど聞きました事業規模を見てみますと、確かに会員数も200人近いんですかね、200人ぐらいですね。事業が1,200万円前後、それから本年度は2,200万円ということで、約1,000万円の増額を見込んでいるということで、仕事も多くなってくるんだと思いますが。ここ一本化できないものか。

 といいますのは、合併は、やはり地域の一体化というのは大きな目標になっているんですね。旧下津町、旧海南市と一体化すると、これは法律でも合併のときに定められた法律にもありますけど、速やかに一体化せないかんという中で、いまだに旧下津町、旧海南市と、こういう二本立ての運営をするというのはいかがなものかと思います。1カ所に統合して、どっちが主になろうとそれは構わんですけれども、仕事が毎日、電話聞きとか査定に急がしいというのはわかりますけども、何も即回答しなくても今の留守電なり、あるいはファクスなり使って、すぐ答えないかん問題でないんで、そんなに人を配置しなくてもいけるんじゃないか。

 合併の一つの説明の中に、やはりこれからの時代はITが進むから役所と支所と離れて、支所がなくなって、あるいは出張所がなくなってもうまくいくんだというふうな話を聞いたことがあるんで、確かにそういう時代の流れはあるんですが、電話でも恐らくそういう受注をして、適切に仕事を査定して幾らと値決めしていくと、こういう話ですので、何もきょう、あす急がないかん問題はないと思うんですね。

 そういった意味で、なぜ下津、海南市事務所、二本立てでなっているのか、あるいはまた今後一本化する予定があるのか、その辺ひとつお聞きしたいと思います。それだけよろしくお答え願います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長。

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 23番 出口議員の再質疑に御答弁申し上げます。

 まず、市とシルバー人材センターとの関係というんか、位置づけがどうなっているんか、そしてシルバーへの補助金の支出のあり方というんか、そういったことの考え方、市の見解ということでございます。

 まず一つは、議員からもお話があったわけでございますが、このシルバーの根拠法令は、高齢者等の雇用の安定等に関する法律が根拠法令となっております。第5章の定年退職者等に対する就業の機会の確保ということで、国及び地方公共団体の講ずる措置、第40条でございますが、地方公共団体は定年退職者、その他の高齢退職者の職業、生活の充実、その他福祉の増進に資するため、臨時的かつ短期的な就業、これはシルバー人材センターに相当するわけです。ちょっと中を飛ばしてもらいますが、そういった就業を希望する者について、就業に関する相談を実施し、その希望に応じた就業の機会を提供する団体を育成し−シルバー人材センターの団体です、うちで言えば−その他就業の機会の確保のために必要な措置を講ずるように努めるものとするということで、地方公共団体の講ずる措置ということで、位置づけがそういうふうになっております、法との関係でいえば。

 だから、そういった退職者等の方々に対して、主として就業の機会を確保するためにシルバー人材センターへの補助金の支出を行っておるわけでございます。

 ただ、御質問にもございましたが、公益法人という問題でございます。市としては公益法人というような考え方で支出しております。ただ、これにつきましては要件がございまして、1年間の活動日数というんか、ちょっとこの数字は今ないんですけれども、18年度ではもう当然クリアしてるんですけれども、そういったことをシルバー人材センターの方では県と協議し、19年度からNPO法人としての法人化での申請をし、許可をもらえる見通しになっているということであって、考え方はそういった要件に今の時点では該当しなかったんでNPO法人化されておらないということだけであって、組織自体は公益法人というような形の中で、市としても補助金を出しておるところでございます。

 そして、下津と旧海南とのこの二本立ての問題でございます。今後一本化の予定ということでございます。組織としては一本化はなっております。総会とか役員会、すべて一本化の中で、当然市町村に1つということでございますが、そういった中で組織としては機能は一本化になっているんですけども、ただ実務的には御説明のとおり、旧海南では住民センター、旧下津では体育館ということで使ってもらってるんですけれど、問題は一本化にするしかいいのかどうか、運営上、そういったことがポイントになるかというふうに思います。当然、人件費等の効率化ということもあるわけなんですけれども、ただ、実際問題として、一遍にばたばたせんでも、ゆっくり聞きながら1つの事務所にやってやっていけるんでないかという御質問でございますが、ただ現場を見に行ったり、いろいろそういう場合はどうしても委員さん方とかいろいろ聞かせてもろうたら、2つの事務所の中で速やかに対応できるというんか、距離的な問題も含めてやはり都合がいいと、こういうような意見が多々ございます。

 そういった中での、だから、これは一本化にすればそういうような人件費等はできるけれども、このシルバー人材センターとしての法に基づく趣旨が、要は生かされるんがどちらがええかという観点について、今後一遍改めて十分協議、検討していく必要があるかと、こういうふうに思います。

 以上、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 23番 出口茂治君



◆23番(出口茂治君) どうも答弁ありがとうございました。よくわかりました。

 それでですね、話はわかりましたけど、法律に基づいて団体育成と就労の確保に努めるというのが行政の務めであるということであります。公益法人については、現在既にその資格はあるんだけれどもとおっしゃってました。事業規模ですね、それが条件に合致しないと公益法人にならないというふうに思ってございますが、幸い19年度NPO法人として立ち上げ、再度改めると、組織を改正、確立するというお話でございます。それはよくわかりました。

 それで、まずなぜそれがいいかというのは、補助金の問題もあると思いますけれども、やはりこういった事業というのは大勢の会員さんを抱えて、特定の仕事を引き受けて、それなりの報酬をいただくということでありますので、公益的な信用力というのは大変大事であると。そういった意味での法人化というのは、ぜひともやっていただければと、こんなに思います。

 それから、組織の一体化、これはいろいろ検討すると。今現在、実務上こういうふうに下津と海南とに分かれているというお話でございます。ぜひともそれは、いろいろな経費を削減して、会がより効率的に運営できるように、ひとつ真剣に一本化について御検討をお願いします。

 1点ですね、先ほど部長も述べられた高年齢者の雇用の促進の法律ですね、これは平成10年と16年に法が改正されまして、10年度にはシニアワークプログラム事業、それから平成16年には届け出制による労働者派遣事業が実施されました、こうあるわけですけども、今海南市の本センターには労働者派遣という、あるいはシニアワークプログラム事業というのは行っていないと思うんですけども、業を拡大するんであれば、そういった面でも応じていくように指導される御意思があるかどうか、一点お伺いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 23番 出口議員の再質疑にお答えいたします。

 シルバー人材センターにかかわっての再質疑でございます。先般、国の方で、これも新聞で読んだ範疇ですけれども、かなりシルバー人材センターについての国での信頼性ちゅうんか、相当余り自治体的にいろんな問題が生じておらないというような中で、今後シルバー人材センターを十分いろんな面で活用していくというような報道がございました。

 そういう意味で、本市におきましても、現在そういった面でのトラブルとかないということで、私自身もやはり信頼が、信用が一番大事であると、こういうふうに思っております。

 御質疑の労働者派遣事業ワークプログラム云々ということでございますが、もともと議員も御承知のとおり、この法律は高齢者云々の分ですけれども、国の方でいえば労政局の分野ということになるわけでございまして、当初この法律でいけば、うちでいう保健福祉部というふうな社会参加、健康づくり、生きがいづくりということがメーンになってきまして、したがいまして金もうけ云々という中では、うちの方ではなかなかやっぱりやっていけないということがあって、協議したんですけれども、最終的に今の高齢者問題全般的な中で考えていく上においては、やっぱり働くことということで元気になってもらうということで、保健福祉部が担当したんですけれども、御質問の労働者派遣云々ということになれば、またそういった面での労政局分野になりますので、ちょっと回答できないんですけども、担当部とも一遍協議して、検討していただくようにしてまいりたいというふうに思っています。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 9番 浴 寿美君



◆9番(浴寿美君) 93ページの13節の委託料、配食サービス事業委託料なんですけども、昨年より80万円ぐらい減ってるんですけども、予算概要のところの39ページには、「調理困難な70歳以上の高齢者等に週2回昼食を配食するとともに、安否の確認を行う」ということになってるんですが、高齢化が進んでいる中で予算が減っているという理由と、今配食している人数とを教えていただきたいです。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 9番 浴議員の御質疑に御答弁いたします。

 配食サービス事業委託料の件ですけども、18年度に比べて減っているのではないかということでございます。

 これ、額は確かに減ってるんですけども、18年度の9月末までの執行額等を考慮した結果、18年度予算では当初予算では400万4,000円とは思うんですけれども、18年度の決算の見込みにおきまして、309万4,000円程度でいけるんじゃないかなということで、少なくなってございます。確かに、配食ということで、料理するのが困難な方については今後も人数等、この予算で足りないことがあれば、また流用なり補正なり、そういったことで対処してまいりたいと考えてございます。



○議長(久保田正直君) 再度、御質疑ございませんか。

 9番 浴 寿美君



◆9番(浴寿美君) 人数、すみません。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) すみません、答弁漏れがございました。

 大体18年度の今申しました人数でございますけども、最近の19年の2月で大体配食で637食ぐらいになってございます。そして、19年度の予算におきましては9,100食、延べですけれども、9,100食の予算を組んでございます。

 すみません、これはもう一度言います。2月が637人で、推計では今全体で7,839食分が2月までに出てございます。あと、3月分があるんですけども、このままいけばこの予算の9,100食内でいけるんではないかと、こういうふうに思います。

 どうも失礼しました。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 11番 宮本憲治君



◆11番(宮本憲治君) 100ページ、民生費児童福祉費保育所費、15節工事請負費、18節備品購入費等々について、お伺いいたします。

 日方保育所の件なんですけれども、保育園児の親御さんたちに日方保育所の建て増し、建てかえの説明がなされてきました。しかし、その日方保育所の建てかえ計画自体が今年度予算には調査費、設計費等々ありません。その点について、建てかえ計画自体がどうなったのかをまずお聞きしたい。

 日方保育所というのはもともと90人規模の保育所でした。しかし、黒江保育所等が廃止され統合されて、160人を超える規模になっております。もちろん、1歳児等、年齢枠もふやしております。つまり90人の施設のところに160人がいた。もちろん統合時の約束でそういうのを改善すると、建てかえをする。黒江保育所は高い高台にありましたから、津波等は安全だったんですけれども、日方保育所は危ないんですよ。それに対しても、建てかえ等で3階以上にして十分な配慮をするという話でしたが、どうなってしまったかのか。

 仮に、建てかえ計画がなくなった、あるいは停止されていたのならば、建てかえするがために保育所のここにある工事、備品購入あるいは整備費等がとまっていてもそれは仕方がないと。なぜなら、建てかえて、そのときによくなるんだから、今直すのは不経済だ、そういう思いがありまして後回しになっておりました。仮に建てかえが当面されないのだったら、そちらの分の配慮はここにされているのかどうか。

 このもともと90人の施設のところに160人というのは、この間、問題になりました民間のくるみ保育所、ここは90人の認可に対して150人を超える子供たちを預かった、違法であるとマスコミ等にたたかれ、指導され是正しました。もちろん、市で行っていることですから、違法なことはないと思います。職員の手当等は十分にできているでしょう。しかし、少なくとも敷地に関しては、建物に関しては、変わっていない。90人でやっていたところに160人。第一に建てかえ計画がどうなったのか、建てかえ計画が停止あるいは廃止になったんなら、それにかわる整備、工事費等の手当、配慮の方はどうなっているのか。

 それと市長に、市長は子育てに対して重視しているという方針で市政の方のかじ取りをされていると思いますけれども、これについて、子育て支援という見地でどう思われているのか、御意見お伺いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

  〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 11番 宮本憲治議員より保育所の整備工事費にかかわっての御質疑にお答えいたします。

 子育て支援に対する取り組みでございます。合併の際の3つの重点事業でありますし、また今回の総合計画の基本計画でも6つのプランの中の1つに子育て支援ということで掲げさせていただいております。

 現在、また後ほど担当から御答弁あるかと思いますが、保育所のあり方についていろいろ協議をしているところでございます。先ほども御指摘ありましたくるみの件もそうでありますし、また民間保育所が北赤坂台の方にいよいよ4月オープンということもありまして、いろいろ保育所のあり方、また子供の人数の件等々、担当部局で慎重に検討し、本市の重点政策であります子育て支援につながるよう、今後私ども力を入れてまいりたいと思いますんで、御理解いただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 坂部子育て推進課長

  〔子育て推進課長 坂部孝志君登壇〕



◎子育て推進課長(坂部孝志君) 11番 宮本議員からいただきました御質問にお答えさせていただきます。

 まず、100ページの15節工事請負費でございます。

 90万円の予算計上をさせていただいてるところでございますけれども、これにつきましては、各保育所の緊急整備工事ということで、各保育所1所当たり15万円を計上させていただいておるところでございます。6カ所でございますので、90万円ということでございます。

 また、18節の備品購入費につきまして、園用器具費211万円でございますが、これにつきましては、保育所につきましてはまだエアコンの設備ができてないところもあるところでございます。それで、このエアコンの設備ですが、室山保育所、4歳、5歳児の保育室エアコンと、それから内海保育所の4歳、5歳児の保育室、それから日方保育所の2歳児の保育室、それからななさと保育所の4歳、5歳児の保育室にエアコンを設備するということで、その費用が211万円でございます。

 それから、図書購入費といたしまして、各図書、参考図書でございますが、1カ所当たり1万5,000円を計上させていただいておるところでございます。

 それと、先ほどの日方保育所の件につきましては、日方保育所は定員が平成18年、ことしもですが、定員が160名でございます。それで、平成19年1月1日現在の児童数を見てみますと166名。それと昨年年末にことしの4月からの入所申し込みをさせていただいたんですが、それによりますと、日方保育所のことし4月からの入所申し込みの人数が159名でございますので、定員よりも1名減ずるということで、今の施設の規模で賄えるんではないかということでございます。

 以上、御理解賜りますよう、お願いいたします。



○議長(久保田正直君) 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 11番 宮本議員の御質疑にお答えいたします。

 日方保育所の以前から言うてる建てかえ計画が現状どうなっておるのかということでございます。

 ただいま市長からも答弁されましたように、今後の日方保育所、市全般の保育所のあり方は、本市にとりましても重点施策の一つであるということで、担当部としても押さえております。ただ、現状としましては、日方保育所はそういった状況でございますが、市全般の保育所のあり方ということを、やはり行政としてまず全体の構想というもんを位置づけてやっていきたいということでございます。日方の部分だけ云々というよりも、まず全体として年次計画を立てて、以前からも申し上げましたように、三所構想ということの計画について、年次計画を立ててやっていきたいと。そういう中で、今回民間の五月山保育所も4月からオープンということで、そういったことも加味しながら今後のあり方について検討していきたいということでございます。

 そういった中で、いろいろ賛否両論のいろいろな御意見も今までいただいていたわけでございます。もう少し関係者の皆さん方と十分話をしながら、日方保育所も含めて、早期に建てかえができるような形にもっていきたいというふうな考え方を担当としては持っております。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 当局に申し上げます。

 11番 宮本憲治君の質問の中に、要請ないんかと、建てかえしないのなら、このままでいたら、それから職員の手当等はどうなんだ、そういう質問ありましたね。答弁漏れと思いますので、答弁願います。

 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 失礼いたしました。

 11番 宮本議員の御質疑にお答えいたします。

 日方保育所での90人から160人ということでの中での配置基準と、法との関係での要請についてでございます。

 適正配置ということで、県のいつも審査を得ているわけでございますが、そこに携わる人数、そういったことも最低基準以上の部分を満たしておるところでございます。

 御理解のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 11番 宮本憲治君



◆11番(宮本憲治君) 市長の方から五月山保育所、民間保育所もできたと、だから大丈夫だというような趣旨もあったと思うんですけれども、実際には五月山保育所というのは北赤坂なんですね。この4月から開始されるんですけれども、場所的には山の上です。日方保育所は黒江、日方、内海、この辺一帯の人が主な来られている園児のエリアです。エリアがずれている。実際に4月からの予定で、日方保育所は166人から159人、ほとんど減っていない。90人のところに行っているだけの話ですからね。もとの90人規模になった。五月山保育所が90人規模で新たに開かれるんで、そちらに大幅に移って、90人規模に戻ったんだから、今のままでも十分だ、それならまだわかる。減っていないじゃないですか。おまけに、五月山保育所は説明会を地元でやったんですけど、職員が来てなかったんですけど、私は行きました。駐車場が8台しかない。くるみもそうなんですけどね、今子供の送り迎え、特に雨のときなんかは車でやるんですよ。そうしたら駐車場が大事なんです。それが8台しかない、非常に使いづらい。おまけに、8台だったら無理じゃないのかなという住民の質問に対して、いや、うちは運動会しません、文化祭しません、発表会しません、だから大丈夫ですと、そういう運営をされるそうです。海南市の子供たち、あそこに通う子は運動会もないんですね、文化祭みたいな発表会もない。

 日方保育所、頑張ってます。現場の先生たち頑張ってます。たまたま私が保育園のときに教えてもらった先生たちがまだ現役で現場にいらっしゃって、いろいろ教えてくれます。必死で頑張ってるんですよ。90人の建物、90人の運動場、スタッフは手当てしてもろうてます。160人ですね、現在166人、来年度の予定も現在の今の時点で159人、若干ふえるでしょう。建設計画は事実上予算案の中には載ってきていない、設計の方も調査の方も載ってきていない。この先まだかかるということですよね。そうしたら、時間がかかるなら、とまっている現在の施設の方に、保育園からの要望の方に積極的にこたえていって手当てしていかなきゃいけないんじゃないですか。今の話だったら、一律に頭割りでしたね、各場所で。その辺の配慮をしていない。

 津波はどうなんでしょうかね。先日の私の市役所の建てかえのところで、津波、地震対策ありました。あそこ2階建てです。地盤も低い、土地が低い。津波だったら166人、来年度で159人の子供たち、1歳児もいますよ。保健福祉センターまで避難させなきゃいけない。市役所の職員よりも子供たち守ろうやないですか。

 その辺のことについて、市長の方の御意見と当局の方の御意見、お伺いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

  〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 11番 宮本憲治議員の保育所費にかかわっての再御質疑にお答えいたします。

 まず第1点は、保育所の今後のあり方ということであります。この件につきましては、先ほどもお答え申し上げましたように、現在の海南市での子供の出生数が約大体、年間360人前後でございますので、ここらを勘案の上今後適正に旧海南、旧下津に配置するよう担当部署に指示をしているところでございます。

 2点目の日方保育所の津波対策ということでございます。この件につきましては、この日方保育所は昭和57年の建設の建物でございまして、耐震基準は何とかクリアできるということで、現在日方保育所の方でも津波等があった場合、先生方の指導で子供さん、2階の方へ避難ということで、そういった訓練もしているところでございますが、保健福祉センターにも、近隣の避難所ということで訓練等をやっているわけでございます。しかし、議員ご指摘の点の津波対策については、今後も鋭意検討しなければならないという課題で担当部署で検討いただいてるところでございますので、万全を期して子供の安全というものについて取り組んでまいりたいと思いますので、御理解いただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 11番 宮本憲治君



◆11番(宮本憲治君) 予想される津波なんですけれども、日方保育所の場所ですと2階だと危ないんですよね。鉄筋3階建ての3階以上に避難する、そういうふうに指導されていると思います。避難場所の方も、地震が揺れた、市役所の職員が何人か駆けつけて、保育所の職員と共同して保健福祉センターの方に避難させる、そういう訓練をしております。しかし、実際はどうなんですかね。地震の混乱のしているときに、子供たちは泣き叫ぶでしょうね。1歳児からいます、166人です。現実問題として、非常に困難でしょう。市民病院もそうですよね。そっちも助けにいかないといけない。実際問題としては、子供たちの命を優先すべきだと考えます。

 全体の人数を考えてる、確かに出生率、海南市の分はどんどん落ちてます。この直近の1年間、12カ月で数えてみたら270人、生まれているのは。確かに少ない、しかし、偏住しているんですよ。保育所なんかもそうですけども、日方保育所は現在で166人、来年度も159人予定している。保育所によって、定員、全然すいてる所ありますよね。どうしても中心地、働いてますから、お父さんも、お母さんも。働いている家庭が預けてますから、仕事に行くには中心地あるいは和歌山、大阪。その便利を考えたら、なかなか1回野上方面まで向いて、預けてもう1回戻ってきて中心地、和歌山市というのは現実問題ではない。

 単純に、出生の人数で数えたらだめなんですよ。この地域ではどうか、この保育所の日方保育所では現実に、五月山保育所ができても159人、7人しか減っていないという現実があるんじゃないですか、もともと90人でやっていたところにね。子供を中心に考えましょうよ。

 市長は学童保育など推し進めてまいられました。子育て支援に理解のある市長です。信じておりますので、何とか子供たちの命と子育て支援で、住みやすくて子育てするなら海南や、そういう町になるように御配慮よろしくお願いします。

 要望でいいです。答弁の方、結構です。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 18番 川口政夫君



◆18番(川口政夫君) 91ページの隣保館及び住民センター費の中の1番の報酬、住民センター運営委員会委員報酬ていうのがあるんですけども、条例を見ますと委員は20人以内をもって組織するというのがあるですけども、ここ27人になってるんで、ちょっとその意味合いを教えていただきたいと思うんですけれども。

 それと、もう1点だけ。94ページの老人ホーム費、19節に社会福祉事業団補助金。去年は82万円、予算に上がってるんですけど、この666万4,000円に大幅にふえている、ちょっと理由を教えていただきたい。

 その2点、お願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 児嶋社会福祉課長

  〔社会福祉課長 児嶋俊治君登壇〕



◎社会福祉課長(児嶋俊治君) 18番 川口議員からいただきました、91ページの1節の報酬の住民センター運営委員会委員報酬62万4,000円、この内訳として27人、1人日額7,700円となってございます。このことにつきまして、条例の中では第4条運営委員会の条文の中で、委員会は20名以内をもって組織するということになっているのに、27人というのはどういうことかという御質疑かと存じます。

 議員おっしゃいましたように、委員さんは20名いらっしゃいます。あとの7名につきましては、この住民センターを円滑に運営するために、小委員会という組織を持ってございます。その方々に事前に、この20名の代表となる小委員会の委員さん方に特別に御審議いただくことがございますので、20名プラス7名の27名ということで要求をさせていただいているところでございますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 すみません、運営委員としては20名なんですけど、27人の内訳としましては、20名とプラス、この方々に事前に運営委員会……

  (「ダブってるの」と呼ぶ者あり)

 はい、ダブってございます。

 もう一度申し上げますと、委員さんは20名いらっしゃいます。その中で運営委員会ということで、年3回ほど開催をしていただくわけですが、事前に御審議いただく特別なことがございますので、その20名の中の委員さん7名さんにいろいろ御審議いただこうということで、委員報酬ということで要求させていただいているところでございますので、委員さんにつきましては20名でございます。

 以上でございます。よろしく御理解賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 18番 川口議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 94ページの老人ホーム費の19節の社会福祉事業団補助金にかかわっての御質疑でございます。

 本補助金につきましては、平成17年度までは社会福祉事業団そのものの運営のために事務費を担当する職員1人の人件費、役員報酬及び事務費等について補助をしていましたが、平成18年度には指定管理者制度の導入により、その管理運営につきましては社会福祉事業団を指定し、指定管理料を支払うことになりました。このことにより、例えば民間事業が指定管理者となった場合は、市はこの民間事業者に指定管理料のほかに補助金を出すことが考えられないことになるから、社会福祉事業団に指定管理料を支払いながら、さらに補助金を支払う必要がないのではということで、社会福祉事業団と協議をし、補助金は役員報酬などの分とさせていただきました。

 しかし、19年度の補助金につきましては、社会福祉事業団と協議をした結果、平成18年度も含め、介護施設の南風園の管理運営には大変厳しいものがあり、赤字経営となり、その上社会福祉事業団そのものにかかる経費までの負担は困難であるということで、また社会福祉事業団は市が設置した社会福祉法人であり、事業主体は海南市にあるため、補助金については平成17年度と同様の補助を行うこととするが、指定管理期限である平成20年度までは、社会福祉事業団の今後の運営を含め、そのあり方についても、検討していくというふうになってございます。



○議長(久保田正直君) 再度、御質疑ございませんか。

 18番 川口政夫君



◆18番(川口政夫君) ちょっとわかりにくかったんですけども、27人、その住民センターの運営委員。委員は20人で、その中の7人が事前に幹事会をすると。その部分の費用をここに載せているという形になるんですよね、予算としては。

 ちょっと、ほかの協議会の委員さんの報酬とかずっと見てる中で、非常にここだけ人数的な問題があったんで質問させてもらったんですけど、大体わかりました。ありがとうございました。

 事業団の補助金の方が、これは指定管理等の関係というのをもう一回教えていただきたいんですけど、指定管理をされてるのに、18年は少なかったんで、今度赤字になったんで、19年度に補助金を出すということでよろしいんでしょうか。もう一度、すみません。ここのところをもう一回教えていただきたい。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午前10時51分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時7分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 中野保健福祉部参事

  〔保健福祉部参事 中野真次君登壇〕



◎保健福祉部参事(中野真次君) 18番 川口議員の事業団に関しての再質疑に御答弁申し上げます。

 先ほど課長より御答弁させていただきましたが、18年度決算において、人件費等の支出が多額となり赤字経営となるため、社会福祉事業団は市が設置した社会福祉法人であり、また事業主体は海南市であるため、補助を行おうとするものでございますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 児嶋社会福祉課長

  〔社会福祉課長 児嶋俊治君登壇〕



◎社会福祉課長(児嶋俊治君) 18番 川口議員からいただきました91ページの隣保館及び住民センター費の中で、報酬の住民センター運営委員会委員報酬の中でいただきました御質疑に御答弁をさせていただきたい、おわびを申し上げたいと思います。

 この予算書の中では、住民センター運営委員会委員報酬につきましては、27人と昨年度もこの要求をさせていただいているところでございますけれども、「20人」と表示を改めさせていただきたいと存じますので、よろしく御理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 18番 川口政夫君



◆18番(川口政夫君) ありがとうございました。

 もう1点だけ、すみません。91ページの住民センターにかかわる件で、同メンバーで、そのうちの7人で事前に小委員会を開催されるということですけども、その中身はその後でやる委員会のことを事前に同じメンバーでやる必要があるんでしょうか。ちょとその辺、どういうことをお話しされているんか、差しさわりのない部分があれば教えていただけたらと思うんですけど。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 児嶋社会福祉課長

  〔社会福祉課長 児嶋俊治君登壇〕



◎社会福祉課長(児嶋俊治君) 18番 川口議員から住民センターにかかわっての小委員会の委員ということでの開催の内容といいますか議題といいますか、そういうことについて御質問いただきましたことにつきまして、御答弁申し上げさせていただきます。

 運営委員会は20名いらっしゃいまして、3回の年間の予定をいただいているところですが、必要に応じて、例えば運営委員会で御審議いただくために事前にこちらからも聞かせていただいたり、また必要な情報等をいただいたりして運営委員会を円滑に、また内容のあるような委員会という審議をいただくために、必要に応じて開催するということで、小委員会を開催させていただくところでございますので、御理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 民生の質問をさせていただきます。

 まず、浴議員、すみません。人の質問とって悪いんですが、僕もしようと思うとったんで。配食サービスですわ、93ページの。浴議員に答弁してくれてましたけどよ、理由を言わなあかん、理由を。ふやしていくっていうんはわかるんやで、高齢者がふえていったあるやろ。いろいろと内容の問題も言われとったやろ。なぜ減ってきたか、あんたら調査をしたの、減ってきたのか。それで、ふやす努力はしないの。やっぱりふやす努力をしていかなあかんと思う、いろいろともう細かいことは言いません、あえて。だから、その配達時間か食事の内容かいろいろあるやろ、それはどうなんですか。それは簡単な質問です。

 次、95ページですわ、介護保険。保険料の問題は一般質問でやりました、これ利用の関係やな。4目、5目介護保険事業費も減ってらな、4目。数字はもうそこに書いてあるとおりですね、1,200万円減ってらな。それから、地域包括支援センター、これ職員も7人を3人にしたんやな。地域包括支援センターは今1つやな。課長さん、1つやな。3つにする方向ちゃうんか、行く行くは。介護の大変な費用負担をしておきながらよ、地域包括支援センターをふやしていくというのはわかるけどよ、職員減らして実際に3つにしていく構想はどうなってんの、これ。僕もようわからんけど、下津区域に1つ、西部に1つ、東部に1つちゅう方向で持っているんちゃうん。

 それから、99ページ、保育所費ですわ。これも保育所全体云々のお話は先ほど質疑をしておりましたので、もう単純にいきます。99ページの給料ですね、3人ほど保育所の先生の、保育所の職員が減ってると思うんですが、極端なこと、ようわかります。日方が今ふえていると、よそはだんだん減ってきてると思うんですがね。それで、その理由ですね、3人減ってきている理由。

 それから、次、生活保護いきます。106ページから107ページです。職員1人ふやしてくれてます。ということは、そんだけ実態が多いということだと、岡議員の質問でいろいろありましたけどね。これね、老齢加算が減らされちゃうんやな。老齢加算、もし概算でええよってに、あったら何ぼぐらい。それからね、母子加算も減らされてきちゃうんやな。05年からことしにかけてな、3年で。16歳から18歳減らされて、ことしからすべて廃止の方向に向かってらな、母子加算も。15歳から下を全部廃止していくと。

 これ、老齢加算や母子加算があったらどのぐらいになる、実際。だから、ふえているからええちゅうもんちゃうんよ。最大の理由は、不況で仕事がないというふうに、保健福祉部長、答えちゃったな。不況で仕事がないのに、国はよ、これはあなたのところ直接責任あるんではないで、それはようわかるんやで。国は老齢加算や母子加算を減らしていってらな。これ、実際あったらもっとすごい額になると思いますし、もっとね。

 この数字を見たら、医療の部分は突出しちゃうちゅう、これもようわかるのよ。これ、僕も相談、何件かあった部分で、やっぱり我慢すんねん、もう。この間不況で仕事がないんで、医者代やっぱり我慢すんねん。医者へ行けやんようになって、ほんでこの間相談を受けて、何とかお医者さんへ行くように、担当の職員の皆さんも頑張ってくれてしてもろうたけどね。

 だから、やっぱりその国のとってることと、やっぱり実態と違うな。国は景気ようなってきたと言うとるけど、実際不況で、部長言われるように大変な状況やからね。実際、老齢加算や、もうややこしいこと言いません、老齢加算や、それから母子加算が実際出されとったらどのくらい、概算でいいですわ、もう。簡単な数字でいいですわ、どのぐらいに上積みされてるか。

 しかも、高齢者が多くなってくるとあなたが言うとったからね。数字で出やなんだらいいですよ。ほんまに、実際は大変な状況にあるのに、国が減らされてきちゃう、実態だけちょっとお聞きしたいので、よろしく。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 坂部子育て推進課長

  〔子育て推進課長 坂部孝志君登壇〕



◎子育て推進課長(坂部孝志君) 22番 河野議員からいただきました、99ページ、保育所費につきまして、給料一般職給54人ということで、昨年度、18年度では57名を計上しておりました。今回、平成19年度では54名ということで3名を減じております。その3名のうち、定年退職にかかる方が2人と、それから勧奨が1名の計3人がこの3月末で退職することになりましたので、54名ということで計上させていただいております。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 児嶋社会福祉課長

  〔社会福祉課長 児嶋俊治君登壇〕



◎社会福祉課長(児嶋俊治君) 22番 河野議員からいただきました生活保護の中での母子加算、また老齢加算についての御質疑に御答弁申し上げます。

 正確な数字は持ち合わせてはいないんですが、議員おっしゃいましたように、母子加算につきましても年々対象者が限定されてきて、また単価基準も落ちてございます。母子加算につきましては、約7,000円程度の減額というふうに考えてございます。老齢加算につきましては、今こういう制度はございませんが、約1万円、人によるんですけど、そんなふうに今のところ大きな数字でございまして、正確ではないかもしれませんけれども、そういった数字でよろしくお願い申し上げたいと思います。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 22番 河野議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 まず、1つ目の配食サービスの件ですけども、配食サービスをもっと増加さすちゅうんですか、そういった努力をしてるかどうかというような内容でございます。配食サービスにつきましては、その方の時間とか、その食事の内容等についても、今後利用者の方からも御意見を聞きますし、またPR、広報紙などにも配食サービスの件について掲載していきたいと思ってございます。

 それから、95ページの介護保険事業費での全体の中で本年度、前年度に比べて約1,200万円減額しているのはなぜかというようなことでございます。これは28節の繰出金、これが平成18年度はたしか7億4,842万3,000円ですか、今回7億3,641万7,000円ということで、ほぼ1,200万円の減です。

 それから、地域包括支援センターにもかかわってでございますけども、1カ所、現在は1カ所でやっているわけですけども、予定では3カ所する予定ではないのかということでございますけども、現在1カ所でございますけども、ただ人が?種の専門職の方とか、そういった方の確保が大変困難なことでございますし、今度その必要性を状況を考えながら、今後その必要に応じて2カ所なりふやしていきたいと思ってございます。

 以上、御答弁申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 保育園は減ってきた園もあるやろ、そこちょっとだけ教えてください。それから、生活保護の関係は一月ですね。どのぐらいの対象者が、約で、わからん。老齢はええわ、母子は大体どのぐらいの対象者の方が減らされるか。やっぱり、1カ月1万円、7,000円というのはすごいいい金額ですからね。老齢はええわ、大体高齢者が多いと思うんで。

 それから、給食よ。僕ね、今まででもよ、別に利用者の意見を聞いてくださいと何回も言うたはずよ。今まで調査はしてないんか。今後は意見を聞くって、今まで聞かなんだんか。いろいろと理由あるから、やっぱりお年寄りに、長計のアンケートを見てみいよ、どっさり金かけて、やらんでもええようなことやって。こんなん簡単やいしょう、利用者わかったあるから、弁当のときにアンケートつけたらすぐ回収できらしてよ。コンサルにやらさなできへんのか。ちっと聞きなさいよ、生の声を。今後意見を聞くって、そんな私、何回も言うたで、このことについては。隣の人も大分言うとったし。ね、頑張りや、あんたも。それは余計な話です。

 それから、介護保険事業よ。これ、4目、私はその金額の説明は1個も聞いてないで。金額減っちゃんのわかるよ、そろばん弾いたら。何で減ったか理由を1個も言わなんだな、あなた。理由を聞いてんねん、理由を。1,200万4,000円減っちゃいしょう、これ。わかるよ。理由は、介護保険事業の特に繰出金が減った理由を言ってください、理由を。

 それから、地域包括支援センターもわからんな、これ。何で3人減らされたんよ。介護保険高いのを必死になって払うてんのやろ。利用はね、大分辛抱しちゃあら、利用者は。介護度5のところでもいっぱい使えへんよ。それは、やっぱり1割の負担が大変やからや、介護度4の人でも。自分で抑えてあんのよ。そういう状況があるからね、そやから僕質問をしたんですよ。

 4目については、繰出金が何で減ったのか、利用が減ってるのかどうか、その理由を言うてください。5については、もう1回整理して言いますわ、必要性があって3カ所やるということはわかりました。そやけど、現実なんで職員減らしたり、予算も1,998万円減っちゃあらな。それはもちろん職員減らしたらな。何で職員を減らしたり予算が減るんですか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 坂部子育て推進課長

  〔子育て推進課長 坂部孝志君登壇〕



◎子育て推進課長(坂部孝志君) 22番 河野議員からいただきました再質疑に御答弁させていただきます。

 保育所の関係で、園児室についてということで、各保育所の園児室をご紹介させていただきます。室山保育所、ことし1月1日現在で41名のところ、この4月の申し込み受け付けでは29名です。それから、日方保育所、ことし1月1日現在では166名が、4月の受け付けでは159名。それから、内海保育所、1月1日現在で34名のところが、4月1日より28名。ななさと保育所、1月1日現在が51名、それが4月1日より39名。沖野々保育所、ことし1月1日現在では93名でしたが、申し込みでは96名です。こじか保育所、1月1日現在では218名で、申し込み受け付けでは175名。

 以上、公立の保育所の入所状況でございます。ただ、先ほど給与の件でございますが、人数減ってきたということでございますので、それに伴って退職された方の補充ということで、人数は減ったんですが、その分の補充といたしまして臨時雇用等をお願いしております。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午前11時29分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時42分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 田中総務課長

  〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 22番 河野議員の地域包括支援センターのうち、人件費に関する再御質疑に御答弁申し上げます。

 平成18年度予算当初では、包括支援センターの配置人数について現課より要望をお聞きした際、7名の要望がございました。その後再度調整する中で、4名でよいとのことでございます。これにつきましては、平成18年9月減額補正をいたしてございます。この3人分の予算につきましては、保健衛生総務費、これで対応いたしてございます。これにつきましては、保健婦さんの異動でございますので、よろしく御理解のほどお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 児嶋社会福祉課長

  〔社会福祉課長 児嶋俊治君登壇〕



◎社会福祉課長(児嶋俊治君) 22番 河野議員の生活保護にかかわって母子加算の対象者の人数はという御質問に御答弁申し上げます。

 平成19年2月末の現在におきましての母子加算の対象となる方につきましては、14世帯、26名でございます。

 以上、よろしく御理解賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 22番 河野議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 まず、配食サービスでございますけども、今まで本格的には実施していませんでしたので、今後配達時やアンケート調査等を実施してまいりたいと思ってございます。

 それから、介護保険事業費の繰出金の内訳ですけども、介護保険特別会計への繰り出しの要素については、1つには介護給付費がございます。これは18年度では5億7,179万8,000円が、平成19年には5億7,104万5,000円で、39万3,000円の減がございます。

 それから、介護予防事業費、これにつきましては、平成18年度が293万5,000円でしたが、平成19年度では177万8,000円と115万7,000円の減でございます。

 それから、包括任意事業費、これが18年度では352万7,000円で、19年度が277万7,000円で、差し引きで75万円の減がございます。その他の給付費以外の繰出金ですが、平成18年度では1億7,016万3,000円、19年度は1億6,045万7,000円でございます。それから、差し引きで970万6,000円の減がございますので、これらの事業費の減によるもので、それだけ市の繰り出しが減ることになります。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 生活保護はもうわかりました。7,000円というのはかなりの影響出てきますから、それはそれで、また国に何らかの形を言っていかなあかんということで、それはいいです。

 それから、地域包括支援センターもわかりました。配置がえということで、そやけどふやしていく方向で考えておいてください。

 介護保険の事業費の減という、そういうことですがね、事業費の減の理由を、いろいろ介護給付費が減ったとか予防費が減ったとか言われましたけれども、利用を抑えてるということですか。介護保険の対象者はふえてきてますやろ。全体として利用を被保険者が抑えたということで、利用を抑えてきてるということでいいわけですか、この事業費の減については。ほかに理由が考えられるか。わからんならわからんでいいですわ、それだけちょっと答弁してください。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 22番 河野議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 介護保険の給付費については、39万3,000円の減ですから、さほど減ではないんです。この介護予防事業費及び包括任意事業は、これらも減になっているんですけども、これの対象となる特定高齢者、利用者の対象となる特定高齢者が比較的少なかったということでございます。



○議長(久保田正直君) この際、昼食のため午後1時まで休憩いたします。

          午前11時49分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後1時開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 3款民生費について、他に御質疑ございませんか。

 17番 前山進一君



◆17番(前山進一君) 1点だけよろしくお願いします。

 子育て支援に関して、97ページ、ファミリーサポートセンターに関してのことでございます。子育て支援ということで、いろいろたくさんの事業があるわけですけども、子育てに関してはいろんな事業というんか、環境整備ということで、一つずつ積み上げていくということが非常に大事になってくると思うんです。その意味で、今回から4月1日からまたこのファミリーサポートセンターが開始していくということを聞いておるんですけども、そのことに関して、現在までの準備状況というんか、そういったことをまず教えていただきたいんですが。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 坂部子育て推進課長

  〔子育て推進課長 坂部孝志君登壇〕



◎子育て推進課長(坂部孝志君) 17番 前山議員の97ページのファミリーサポートセンター運営委託料に関係しまして、現在の状況ということで御答弁をさせていただきます。

 御承知のとおり、ファミリーサポートセンターは去年の10月1日に設置を行いました。平成19年4月から本格的に事業ができますように、この半年間で研修とか、それから市報等で会員の募集を行ってきたところでございます。順調に会員の登録が運びまして、3月1日現在で提供会員が39名、これは支援する側の会員でございます。それから、依頼会員13名、これは支援を受ける側の会員でございます。合わせて52名が登録されているところでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 17番 前山進一君



◆17番(前山進一君) いよいよ4月よりということで、今もお話がございました、その39名のいわゆる育児を、このことに関しては、育児を提供したい人と、それから援助してほしい人ということでの両方が相まって成立していくということになるんですが、援助していきたいという人が今39名ということに対して、援助してほしいという人が13名ということで、まだまだそんなものかな、少ないんかなと思うたりもするんですが、そういったみんなに情報を提供していくというんか、いろんな会報とか海南の市報なんかでも言われてると思うんですが、そういった取り組みというんか、そういったことをもう一度よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 坂部子育て推進課長

  〔子育て推進課長 坂部孝志君登壇〕



◎子育て推進課長(坂部孝志君) 17番 前山議員の再度の質問に御答弁させていただきます。

 援助を受けたい方が13名ということで、援助をしたい方が39名、援助を受けたい方が少ないんではないかというふうな御趣旨の質問でございます。何分にもこの事業自身が海南市で初めて取り組む、和歌山県下でも海南市、今回取り組むに当たりまして4番目になるところでございます。市報と研修会とか、そういうなんを開催させていただきまして、ここまで会員をふやしてきたところでございますけれども、ただやはり会員をふやしていくに当たりまして、4月から本格的な稼働というんですか、事業が行いまして、どんどん口コミでこのサポート自身が好評を得られてきた場合にはふえてくると思ってございますので、もうしばらく実績等様子見ながら進めたいと思ってございます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 簡単に3つばかり質問させてもらいます。

 91ページの住民センターの運営委員会の話ですけど、川口議員がいい質問をしてくれたんですけどね、最後ちょっと気になったのが、20人に改めると、記載を。それはそれでいいんですけどね、しかしその7人分を支給するお金を使うんですから、税金を使うんですから、7人分の運営にあたる小委員会。小委員会の位置づけとか、何の目的でやってどうするんやというようなことが条例に載ってないんですわ。規則に載っているんかな思って規則を見たら、規則にも載ってない、何も載ってないんよ。何にも載ってなかったら、ちょっとぐあい悪い、市民の税金を運用して支払う以上、何にも載ってないじゃぐあい悪いんと違いますか。どっかで規則か条例で決めるべきではないかな、正確に位置づけ、運用はこうするんやちゅうのは、何のためにするんやということを記入した規則もしくは条例が要るんでないかと思いますんで、その点質問します。

 それから、もう1個。シルバー人材センター、94ページですか、の補助金で、出口議員が午前中立派な質問をされてたんですけどね、ここの問題で2点あります。

 1つはこの補助金、シルバー人材センター補助金583万円、補助金交付要綱というのはつくってますか。これをつくっておいたら2つ事務所あるけども、組織は1個やとか、運営についてのこととか、その組織の性格とか、市との関係とか、そんなことが交付要綱の中で明らかになるんではないかと思いますんで、これもお金のことですから、よいさよいさでは済まんので、要綱があれば見せてもらいたい。なければ、どうやって公正さを担保しているんか証明してもらいたい。

 もう1個ですね、この増額したのがたしか1事務所1.5人の現状を2人にすると、1.5人を2人にするの2カ所やさかいにということで、その分だけ増額予算になっているちゅうような、たしかそんな答弁だったような気するんですけどね。それはですね、その総務の方で出てきた、栗本議員が質問された、例の市報のことに関係するんかどうかだけちょっとお伺いしたいんです、この増額について。

 それと最後、日方の保育所の話で、11番 宮本議員が質問されたんですけどね、90名の定員であったのを黒江保育所と統合するような形の中で159名が入っていると。それは違法性がないんかということをお尋ねしてくれたんですけども、それに対して違法性はないと、こういうような答弁でしたけども、私は腑に落ちやんのです。建物を直した形跡がないし、グラウンドを直した形跡もない。保育士さんはふやしているらしいんですけども、それにしても基準に合致した配置になっているかどうか。大丈夫やという答弁で、大丈夫か大丈夫じゃないか、数字を見せて明らかに言わな、こっちはそれが大丈夫やなってわからんさかいね。うちはチェック機関やから、やっぱり数字なり、配置の基準と現状との数字で見せてもらわんと納得できません。提出願います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 この際、暫時休憩いたします。

          午後1時10分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後1時41分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 貴重なお時間をいただきまして、申しわけございません。

 10番 川端議員の御質問にお答えいたします。

 私の方から住民センターの小委員会にかかわっての御質問にお答えさせていただきます。

 委員報酬ということで、条例、規則に載っておらないという中での小委員会の位置づけ、記述があいまいでないかといった御趣旨の御質問でございます。センター条例施行規則運営委員会ということで、第8条の8項に、7項までは一般的な内容を書いてるんですけれども、各項に定めるもののほか、委員会の議事及び運営に関し必要な事項は委員長が委員会に諮って定めると、第8条の8項ですけども、そういう形になっております。

 したがいまして、小委員会の位置づけでございますが、この形は以前からとっておりまして、重要案件については、委員会の中の委員さんから、20名というよりももう少しコンパクトな人数の中で、集中的に議論して決めていくしかいいんじゃないかと、そういった中での意見を尊重して、今まで執行してきたと、こういう経過がございます。

 また、私自身がかかわった運用面での実際の重要案件といたしましては、18年度から、野上中隣保館、沖野々隣保館の統合問題、この問題がありまして、十分当運営委員会で御議論いただいたと、こういう経過がございます。

 ただ、市としましては、そういった8項の中でそういった小委員会を設けるということで委員会が決定しましたので、それを尊重させてもらう中で、運用面で小委員会に出席された委員さん方に、この7,700円の報酬をお渡ししてきたと、こういうことが事実でございます。

 ただ、御指摘のように、確かに条例規則に小委員会が明確に位置づけされてない中で、またこの8条の8項を運用していく中で払ってきたことにつきましては、法的な観点から19年度の執行に当たりましては、再度精査し、適正な支出に努めていくよう改めて協議させていただきたいと、こういうふうに思いますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 谷口高齢介護課長

  〔高齢介護課長 谷口俊治君登壇〕



◎高齢介護課長(谷口俊治君) 10番 川端議員の94ページのシルバー人材センターの補助金にかかわってのお尋ねでございます。

 まず、海南市シルバー人材センター補助金要綱の件ですけども、この要綱につきましてはまだ現在素案を作成していますが、まだ決裁を取る段階には至っていませんが、平成19年の4月までは決裁をとり完成させたいと思ってございます。内容的には、その目的とか補助対象経費とか、申請の手続等を定めていきたいと思ってございます。

 それと、委託料の増額、特にこれは人件費の増額によるものでございますけども、それと市報との関係でございますけど、これは人員につきましてはあくまでもシルバー人材センターの事務職員の増員でありまして、市報の委託料とは、これは関係ございません。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 坂部子育て推進課長

  〔子育て推進課長 坂部孝志君登壇〕



◎子育て推進課長(坂部孝志君) 10番 川端議員からいただきました日方保育所の定員についてということで、先ほど来お手元に配付させていただいております。

 定員の件ですが、まず最低基準、児童福祉法における児童福祉施設最低基準と、2枚ものの部分でございます。これの第5章、保育所設置基準ということで、第32条の中に1項につきましては、満2歳に満たない幼児につきましては、ごめんなさい、2項ですね。乳幼児の面積は、乳児又は前項の幼児1人につき1.65平方メートル以上であること。そして、第6項、保育室または遊戯室の面積は、前項の幼児1人につき1.98平方メートル以上ということでうたわれてます。

 それで、もう1枚のコピーをごらんいただきたいと思います。これは日方保育所の今現在の保育室並びに他の用途に使っている室内の面積でございます。日方保育所につきましては、昭和58年3月に鉄筋コンクリートづくり2階建てで、総面積が864.6平方メートルでございます。それで、定員につきましては、この室別面積表の1階部分の保育室1、2、3と書かれておりますが、これが4歳から5歳児が今使用してございます。そして、右肩の方の2階の部分です。上から4、5となっておりますのは、3歳児が今保育室として使用してございます。それから、その下の乳児室、これにつきましては、現在2歳児が使用してございます。そして、ずっときまして教材庫というところに16.65平方メートルとなってるんですが、これが今1歳児用に使用してございます。

 それで、保育室の全面積を足しましたら約400平米ほどございます。それで、先ほどの基準面積1.98平米で割り戻しましたところ202名ということで、今現在定員数が160名でございますが、これは先ほど申し上げましたとおり昭和58年3月に今現在の保育所が建った時点で、160人にもう既になっておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 住民センターの方ですけどね、金銭の支出にあたっては適正にするちゅうんか、そんなようなお金の話で答弁くくられましたけどね。そうではなしに、この第8条の8項で、委員会の議事及び運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定めるというようなことでくくってしまうんは、非常に問題あるんちゃう。極端に言うたら、第1条、委員長は適宜行うと書いたら全部いけらいてよ、何もかも。そんなことやったらあかんで。やっぱりもう少し市民が見て、この条例っちゅうのは市民が見るんやさかいね。こんなんすんねんな、そのために小委員会つくっちゃうねんな。わからなあかん、お金だけの問題でないちゅうんやで。すぐできよがよ、規則やったら、条例やったら議会を通さんなんけどよ。再度一遍お考え、もしあれやったら市長さんに答弁してもろうても結構やけどね。条例なり規則の話やさかいに。金だけの問題じゃないんです。仕組みを明らかに、市民の前に明らかにするということが大切です。

 それと、シルバー人材センターですけどね、補助金交付要綱をいつつくった、来年度つくったかな、ちょっと年度おくれてつくるんやというようなことでありましたけどね、ことし予算が出ちゃいて。予算審議、今やってんねんで。それで補助金交付要綱ないわけ。なかったらどうすんの、恣意的にやるんちゃうかと思うさけね。つかみやるんとちゃうかということ心配するさけ言うてんねんで。これもう明らかにせなあかないてよ。要綱やったらすぐできるで、議会かけやんでええんやさけ。つくりなさいよ。

 これもう市長から聞こうかな、この補助金交付要綱。とりあえず、暫定的にでもこうするんやということを明らかにしといてもらわんと、透明性に欠けると思います。

 それから、もう1回くどいけど、市報の関係と1.5人から2人にする、0.5人を2つふやしたという話。ほんまに市報とシルバー人材センターと関係ないわの。ここの本会議で確実に答えてくださいよ。別に、今のところ随契なんやしてないやろ。絶対に関係ないて、ここで明言しといてくれますか。そうせんと、委員会審査へ影響するさかいね。その答弁頼みます。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 10番 川端議員の再質疑に御答弁申し上げます。

 委員の小委員会での位置づけ、仕組み等市民へ明らかにすると、これは当然の御指摘だというふうに思います。先ほども答弁申し上げましたように、今までは第8条8項に基づきまして、そういった運営をやってきておるわけでございます。再度御指摘を踏まえまして、そういった法的な点について問題がないか等も含めて、明らかにする方向での再検討をさせていただきたいというふうに思います。

 シルバーへの補助金、交付要綱ということ、これもまあ市民へ明らかにするという観点では同様な御趣旨かというふうに思います。いろいろな各団体とか、保健福祉部が担当しておるわけでございまして、個々のそういった事業体への交付要綱、今後他の部分も含めて明らかにする意味で、適正にそういったものをつくっていきたいと、現在もう案としてこしらえております。そういったことを19年度の運用面で適用してまいりたいと、こういうように思います。

 それと、市報への配布の委託費との兼ね合いでございますが、全く関係ございません。御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 一番最後の質問なんですけどね、委託費については市報と関係ないと、これはそうなんですけどね、質問の趣旨は、市報の配付をシルバー人材センターがまだ何も決まってない、予算も通ってないうちから決まったように言われて流布されている、ここが問題であって、そのことを聞いてるんですよ。委託費は関係ないかどうか知らん。これは事務局の方の金やからな。事業としてのシルバー人材センターが、市報の配付を事業として受けるということで、うわさが流布されているんで、そういうことはないかということを聞いているんですよ。何も、シルバー人材センターに決まっちゃうねんてというようなことで、鳥居に住んでいる僕でもわかるんやさけ、それじゃ困りますよ。それははっきり一遍明言してくれますか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 緒方保健福祉部長

  〔保健福祉部長 緒方信弘君登壇〕



◎保健福祉部長(緒方信弘君) 10番 川端議員の再質疑にお答えいたします。

 シルバー人材センターへの補助金の増額と19年度予定されております市報への委託費との関係でございます。それと、関係ないということをきちっと明らかにということでございます。ただ、私自身もこの市報への委託云々ということは最近伺ったところでございます。ただ、シルバーへの増額の補助金は、やはり18年度の実績を旧海南市でもやってきた中で、かなり多くなってきている、旧下津でも多くなってきている。実態的には1.5人しかないので増額をお願いしたいということを18年度の途中から言うてきておりますので、いや関係ないという意味合いで御説明しているんは、だから増額については実態に合わせた現状の事務局費での状況をいうてるわけなんで、今回の市報への関係ちゅうのは、私は最近聞いておるし、恐らくその方、言われている方も最近での話でないかというふうに思います。時間のずれちゅうんは、当然そういうことであるわけなんで、そういうことからしても関係がないというふうに思いますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 当局に申し上げます。

 10番 川端議員の質問は、市報の配布、それが早くからシルバーセンターが受けるという話が出てる。それはどういうことだと。それについて、当局からお答え願います。

 市長 神出政巳君

  〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 10番 川端議員のシルバー人材センターへの補助金にかかわっての再々御質疑にお答えいたします。

 市報の配布が既にシルバー人材センターに決まっているのではないかという御指摘でございます。先週の総務費での質疑の際にも、政策調整の方から御答弁申し上げましたように、昨年の10月にシルバー人材センターの方からこの市報配布の手数料についての見積もりを徴しました。そういった関連の中で、シルバー人材センターの関係者の方が、シルバー人材センターで市報の配布を受けるんだというふうにお話をされたのではないかなというふうに受け取っておりますので、今後この市報の配布の発注については慎重に検討させていただきたいと思いますんで、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって3款民生費に対する質疑はこれで終わります。

 次に、4款衛生費について質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 117ページやな、一般廃棄物処理基本計画策定委託料104万円のことですが、これどういう廃棄物の基本計画を立てていくのですか。これも、というのは、割合少ない数字ですが、これを聞くかということですが、広域で一般廃棄物の処理をやるということ、まだ市長さん、消えてませんやろ、広域で。ある市の我が党の議員の方にお聞きをしたんですがね、そのいろいろ調整やそのことでいろいろ市の幹部の皆さんが参加しておられるということもあるので、今言える範囲でいいですわ。広域も含めて下津の処理場はちょっといろいろと不備も出てきてるというふうに聞いてますしね、まさに地球温暖化云々の中で、今の現状と今私が言いました広域も含めてどうされていくのか、ここにそういうことも含まれているのか、それが1つです。

 それから、ちょっとページ戻りまして114ページですわ。斎場費の13節の委託料、霊柩車運行維持管理業務委託料、これは下津地域だけこういう霊柩車を走らしてるというふうにお聞きをしてるんですがね、斎場があるのは私は別に、冷水もふやしていただいておるんですがね、霊柩車をずっとこれからもそういう形で、下津地域の人は市が管理をしてずっとやられていくんですか。そして、その霊柩車運行維持管理業務委託料のこの内容についてもお教え願えますか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

  〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 22番 河野議員の一般廃棄物処理基本計画策定委託料にかかわっての御質疑にお答えいたします。

 この委託料についての御答弁は担当職員からいたさせたいと思いますが、私の方からは一般廃棄物の処理についての広域での取り組み、現状についての御質疑に先にお答えを申し上げたいと思います。

 まず、この話は以前にも一部事務組合の中でも私もお話をしたことがあるわけでありますが、現在五色台の斎場の運営につきまして、紀の川市と、そして紀美野町と海南市、2市1町で五色台斎場について事業を行ってるわけでありますが、その中で一般廃棄物につきましても話が出まして、特に紀の川市が現在5町が合併されて、いろいろ一般廃棄物の処理についてもお困りといいますか、現在海南のクモ池の処理場にも旧貴志川町の分を受け入れてるわけでございまして、そういった中で紀の川市はすぐに新しいごみ処理場を建設したい、また紀美野町におきましては、野上町の分が埋め立てて処分してるのも、これももう近々限界ということで、美里の分が海南で引き受けていると、そういった中で今話し合われている中で、先日、紀の川市議会で中村愼司市長さんが議員の御質疑に対して、単独の処理も考えてるが、また広域でも取り組みたいというふうにお答えしたというふうに、和歌山新報か何かの記事で私も読んだところでございます。そういった中で、先ほども冒頭申し上げましたように、五色台の組合議会の中で、参与会といいますか、課長さんたち、事務担当者が同じ所管をそれぞれの市や町でしておりますので、そういった話を今しかけているところでございまして、どういうふうにすれば最も経費的に安く効率的に上がるか、また新たにそういった施設を建てるとなると、地元の同意もいただかなければならないので、具体的な話になってきたら助役さんたちにも入っていただき、今後、副市長会でそういった話をしようというところで、今広域にも取り組もうかと、二刀流の構えでこれから進めたらどうかというのが現状でございますので、御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 浅野クリーンセンター所長

  〔市民部参事兼クリーンセンター所長 浅野徳一君登壇〕



◎市民部参事兼クリーンセンター所長(浅野徳一君) 22番 河野議員よりの一般廃棄物処理基本計画の内容について、御答弁申し上げます。

 業務実施方針といたしましては、行政資料及び既存の一般廃棄物処理基本計画を参考に、本市を構成する旧海南市及び下津町のごみ排出状況等について取りまとめるとともに、清掃事業の統一のための課題を整理するものとする。

 内容につきましては、自然環境や社会環境、土地利用状況、開発将来計画など基本的事項の把握、ごみの排出、収集から処理、処分までの流れ及びその内訳の整理、ごみの種類、排出量、性状、ごみの減量化及び再生利用の実績、ごみ処理体制等の課題などを踏まえ、平成20年から平成30年まで10年間の一般廃棄物処理基本計画を策定するものでございます。

 御理解賜りますよう、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 武内市民環境課長

  〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 河野議員の御質問に御答弁申し上げます。

 御質問は霊柩車運行維持管理業務委託料でございます。委託料の内容でございますが、1台9,500円の運行に170件の回数を見込んでございまして、161万5,000円、170件を見込んでございます。

 今後の議員御質問の、当分の間このような形でいつまでやるのかという御質問でございますが、現在下津斎場と五色台聖苑、海南市においては2つの斎場使用がございます。その中で全体を見ながら霊柩車の件も検討してまいりたい、当分の間、この形で進めてまいりたいというふうに考えてございます。

 以上、御理解賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 22番 河野敬二君



◆22番(河野敬二君) 廃棄物の処理計画はわかりました。また、いろいろな機会で、一般質問等々でお聞きをいたしますが、霊柩車、これ9,500円というのは、これ1回1台9,500円ということは、これは業者に払うお金なんですか。住民とか市民の方は無料ということなってるんですか。これ、委託料ということになるんですか。この車と書いてあるのは市の持ち物かな、市の持ち物よな。自動車はどこで管理してはるのか。ちょっとその全体の流れがわからんので、それも含めて説明してほしいんですわ。



○議長(久保田正直君) 武内市民環境課長

  〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 申しわけございません。河野議員の再質問に御答弁申し上げます。

 説明不足でまことに申しわけございません。霊柩車に関しましては、平成15年の3月から現在の乗用タイプのバンタイプの車両を使いまして運行しております。その運行に関しましては、個人に対しまして運行を委託してございます。それにかかる費用が9,500円、1件でございます。市民の方につきましては無料の扱いとなってございます。

 車の管理に関しましては、下津行政局の車庫、今工事中でございますが、一時下津斎場の方に置いておりますが、現在行政局の車庫におさめてございます。運行のたびにそこから出動ということでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) 115ページの五色台の五色台聖苑等支給金というのがありますが、これは旧下津町の方々が五色台を利用しようとする場合の支給金というか、補助金というか、そういう形だと思うんですが、これ去年と同じような予算立ってますが、何件旧下津町の住民の方が五色台を利用されたのか。去年のことですが、ちょっと教えてください。

 そして、先ほどの117ページの一般廃棄処理基本計画ですが、これ去年もたしかだれか、僕も聞いた、だれか聞いたと思うんやけども、去年も策定の計画費を策定のために委託するというんで費用を出してますわな。また、ことしもあるんですか。ちょっとそこら、去年のことはどないなったんかなと思うんやけども。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 浅野クリーンセンター所長

  〔市民部参事兼クリーンセンター所長 浅野徳一君登壇〕



◎市民部参事兼クリーンセンター所長(浅野徳一君) 12番 岡議員よりの御質問に御答弁申し上げます。

 117ページの13委託料、一般廃棄物処理基本計画策定委託料につきましては、18年、19年と2年で債務負担を起こしまして、2年計画で20年4月より実施するために策定するものでございまして、18年、19年で予算計上させていただいたところでございます。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午後2時16分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時19分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 武内市民環境課長

  〔市民環境課長 武内真二君登壇〕



◎市民環境課長(武内真二君) 申しわけございません。貴重なお時間をいただきまして、申しわけございません。

 12番 岡議員の御質問の五色台聖苑等を使用した支給金に関しまして、17年度の実績でございますが、火葬6件ございまして、3万円の6件で18万円の支給をしてございます。18年度はまだ終結しておりませんが、3万円の4件の支給をしてございます。3万円の4件でございます。

 以上でございます。御理解賜りますよう、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) わかりました。1件につき3万円ということで、これは合併後に施設のお互い使用を公平にしようという意味で、これは大いにわかるんです。これはもう質問じゃありませんが、下津の斎場も、だから反対に言えば、海南市民が自由に使えるように、これはもう当たり前のことですから、下津の人が五色台を利用するのは3万円補うわけでしょう。そのことをよう考えていただいて、もうこれ以上言いません。ありがとうございました。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 110ページ、節28病院への繰出金の話です。

 地方公営企業法第17条の2に、財政負担の原則というのがありまして、それによって一般会計から繰り出すべき金額、種類が定められてます。その公営企業法の17条の2に基づく金額は、この市民病院企業会計への繰出金の3億6,000万円の中の何ぼの金額がその法定で定められている17条の2の金額に当たるのかどうか。

 それから、県の健全化計画がまだ推進中だと思います。県から海南市の一般会計へ貸し付けで借りて、そしてそれをそのまま同じ金額を今度は繰り出しとして出しているはずで、この項目に入ってると思うんですけどね、何ぼ金額、単年度、ことしの予算では何ぼ県の健全化分として入ってるんか。

 それから、これを合わせたのと3億6,000万円の差し引きの繰り出し基準外、法に定められてる繰り出し以外に、自腹を切って一般会計から払ろうているわけですね。3億6,000万円から引いたら、それが幾らになるのか。それが1つの質問です、28節の繰出金。

 もう一つは、その下に野上厚生病院組合への繰出金がありますわな。これは多分17条の2に示される金額、7,415万円が全額ではなかろうかと思うんですけども、今言うた17条の2の財政負担金区分に基づく金額と県の健全化、繰り出し基準外、この3つに分けて数字的に教えていただきたい。これが1個です。

 もう1個は、これは市民部長に質問ちゅうことになるんかな。とにかくね、平成17年に合併直前に議会の勉強会ちゅうのをやったんです、保健センターで。そのときに、常盤大学の教授ちゅうのが来てくれてましてね、その人が言うには、もちろん本市は人件費が高いと、当然高いんですけどね。その人件費は別として、それ以外に衛生費が高い、なぜか知らんけど高いと、こう言うてました。それで、この診療費の繰出費の1つは、要するにあると思うんですけどね、私、今回一般質問で主として、自分の仕事を自分でまじめにやるだけでなしに、よその県内各地はどうしてるか、類似団体ではどうか、本来どうあるべきかということを考えながら仕事をしてもらいたいと言うてるんですけどね、この衛生費が他市に比べて高い要因はどこの項目にあるというふうに市民部ではとらえているのか、その点課題を言うてもらいたい。それによって、今後の改革していくべきターゲットが定まってくると思いますんでね、わかる範囲でよろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 この際、暫時休憩いたします。

          午後2時26分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時42分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 上田総務部参事

  〔総務部参事兼財政課長 上田数馬君登壇〕



◎総務部参事兼財政課長(上田数馬君) 10番 川端議員の繰出金についての御質問に私の方から御答弁申し上げます。

 市民病院の繰出金でございますが、地方公営企業法第17条の2に基づきまして、総務省から毎年度繰り出しの内容の通達がございます。これに基づく繰出額が、1億6,592万9,000円となってございます。また、基準外の繰出金として、残りの1億9,846万6,000円となってございます。このうち県の健全化計画に基づきまして、一般会計で起債を発行してございますが、この繰り出しの額が7,370万円となってございます。

 それから、野上厚生病院の繰り出しにつきましては、全額繰出基準に基づくものでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 前川市民部長

  〔市民部長 前川順治君登壇〕



◎市民部長(前川順治君) 10番 川端議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 まことに申しわけございませんが、衛生費についての類似団体等との調査はいたしてございませんので、今後調査研究をしてまいりたいと思いますので、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって4款衛生費に対する質疑はこれで終了いたします。

 この際、暫時休憩いたします。

          午後2時45分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時51分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 次に、5款農林水産業費について、質疑を行います。

 本款については質疑の通告がございますので、まず初めに通告による質疑を許可いたします。

 4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) それでは、1点だけさせていただきます。

 事務的なことなんですけども、131ページで、5款の3項水産業費、目水産業総務費ですね。事務分掌規則では農林水産課に水産係を置くとなっております。ところが、この予算の説明書を見ますと、職員給が計上されていないんですね。これはどういうことか、まずお聞きをしたいと思います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中総務課長

  〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 4番 上田議員の予算に関する説明書131ページ、5款農林水産業費、3項1目水産総務費についての御質疑でございますので、私の方より御答弁申し上げます。

 農林水産課の水産係については2名の職員を、水産業の振興にかかわる業務を担当してございますが、職員給を計上する科目につきましては、原則として人件費が補助対象とされる事業につきましては、当該事業科目に計上してございます。市の単独財源による事業や業務を行う職員の給料につきましては、所属の代表的な事務を計上する科目で計上いたしてございます。

 御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) 言わんとするところは答弁でわかりましたけどもね、これ、決算統計上もやはり水産業費と置いているんですからね、ここへ人件費部分も入れとかなかったら、水産業費の推移とかそういったものが、例えばそれぞれの施策を何人でやっているとかそういった点から見ても、これは水産業総務費へ職員給、水産係の職員給を置くのが妥当ではないかと私は思うんですけども、それはどうですかね。再度その辺だけお聞きします。

 これで見ますと、ほとんど農業総務費も一般財源、予算措置の財源内訳はほとんど一般財源ですんで、それともう一つ、基準財政需要額との関係で歳入で見たら、農業へは入ってないん違いますかね。

 そういったこの2点についてお伺いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中総務課長

  〔総務課長 田中伸茂君登壇〕



◎総務課長(田中伸茂君) 4番 上田議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 議員御指摘の水産業総務費の件につきましては、御指摘にもございます。ただ、一応現課、農林水産課の方と協議させていただきまして、今後検討してまいりたいと考えてございますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) それでお願いします。

 それと、議会選出の監査委員さんもおられますんで、監査の中にもかかわってきますんで、これはよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) 126ページの地籍調査の件、これについては市の方針としても大体24年ぐらいをかけてやるというような方向が出ておりますけれども、以前、前田議員の一般質問でも早くしてほしいということで、市長も答弁されてると思いますが、どうなんでしょうかね。この予算によると全然変わってないと私は思うんですけれども、今後この速度をアップしていく気持ちがあるのかどうか、部長以上の方で答えていただきたいんやけども、その辺市として今後どう考えているんかということをお伺いしたい。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中産業経済部長

  〔産業経済部長 田中康雄君登壇〕



◎産業経済部長(田中康雄君) 5番 栗本議員の地籍調査にかかわっての御質疑に御答弁を申し上げます。

 地籍調査は、今現在約30年の計画で進めておるところでございますけども、年間、今現在で年平均2.4%を消化をすればそのようなことになるということで、前回、前田議員の一般質問の折にも、できるだけ精度を高めながらも、できるだけ1年でも2年でも早く取り組んでまいりたいというふうな中で、本年度も2.2平方キロメートルの執行を予定をしているところでございますので、御理解のほどお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) それはようわかっているんです、それはようわかっている。私が今後市としてもっと早めていく気があるのかないのか。今の予算を見れば全然その気配がないし、今30年と言うたけど、この前計算したら24.何年という形で出ちゃった、後退しちゃう、まだ。ですから、その辺のところ、全体を通してそういう早くしてほしいという要望にこたえていく気があるのかないのか。やっぱりこんだけしか出せへんよと言うんか、あるいはもうちょっと民間の委託化でもして、もうちょっと早めていきたいとか、そんな考えはしなかったんだろうかということを聞いてるんです。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中産業経済部長

  〔産業経済部長 田中康雄君登壇〕



◎産業経済部長(田中康雄君) 5番 栗本議員の再質疑に御答弁を申し上げます。

 地籍調査の実施に際しましては、平成18年から民間委託も取り入れながら、直営施行とあわせて実施しているところでございまして、できるだけ早くということで人員体制とも関係をするわけでありますけども、できるだけ早期に実現できますように取り組んでいるところでございますので、御理解のほどお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) あのね、私が今言うてるのは、取り組んでいるところでございますということやけども、そういう形跡が見受けられないと。だから、今後もっとだれから見ても、ああやっているなというような形の中で、考えてくれるのかどうかということを聞いてるんですよ。今もやっていることやったら全然進まない。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田中産業経済部長

  〔産業経済部長 田中康雄君登壇〕



◎産業経済部長(田中康雄君) 失礼いたしました。

 5番 栗本議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。本年度の予算は委託料の中で測量等委託料として7,600万円を計上させていただいております。この点につきましては、昨年度は当初予算で6,000万円でございました。それで、今後も民間委託を進める中で、職員による管理監督が行き届くような形でできるだけスピードアップに努めてまいりたい、このように考えておりますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 16番 前田雄治君



◆16番(前田雄治君) 124ページ、一番上にありますイノシシ捕獲おり設置等委託料40万円と出ておりますが、下津町あたりもかなりイノシシやアライグマの被害がふえてるということでございます。40万円はどういうような内容であるか、それとイノシシの今の被害状況なり捕獲数、それらを答弁してください。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 16番 前田議員のイノシシ捕獲おり設置等委託料にかかわりましての御質疑に御答弁を申し上げます。

 まず、この40万円の内容でございますが、イノシシによる農作物被害の軽減を図るために捕獲おりを設置しようとするものでございます。19年度につきましては、1基8万円、5基を予定しておりまして、40万円を計上させていただいているところでございます。

 現在の被害状況等にかかわっての御質疑でございます。このほかにも有害駆除にかかわります有害鳥獣駆除委託料、林業費の中で125万円を計上させていただいております。また、今御質疑がありますイノシシ捕獲おり設置等委託料40万円を計上させていただいております。こういった取り組みを毎年続けさせていただいておるわけでございます。

 また、抜けましたが、原材料費として、農作物への被害を防止するための資材支給630万円も計上させていただいております。こういった取り組みにもかかわりませず、被害状況というのは市内全域にわたっております。山の方でのえさが不足する中、下の方へイノシシがおりてきていると。また、おりてくることによって栄養が豊富な作物を食べるということで栄養過多になって、1頭当たりに出産するときに、従来一、二頭だったものが、現在は5頭、6頭、多いときには7頭といった一度の出産を行うというようなことが報告されております。そうした中、市内全域の被害というのは非常に多いものがあります。

 現在の捕獲状況でございますが、17年度、ちなみに銃器による捕獲が23頭、わなによる捕獲が20頭でございました。また、18年度は現在の段階で銃器による捕獲が24頭、わなによる捕獲が142頭ということで、18年度はわなによる捕獲、それから捕獲おりによる捕獲が非常に多くなっております。これだけイノシシの頭数がふえているということでございます。また、このイノシシ捕獲おり設置事業、また有害鳥獣の駆除の成果があらわれた結果というふうに考えてございます。

 今後も被害軽減に向けた取り組みを進めてまいりたいというふうに考えてございますので、よろしく御理解を賜りますようお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 16番 前田雄治君



◆16番(前田雄治君) それのおりの委託先、どういうような方法でおりを配布しているか。それととられたイノシシの処分法どうなってるか、お教え願いたい。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 16番 前田議員からの再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 委託先についての御質疑でございますが、委託につきましては、猟友会の方に委託をさせていただいております。それから、処分方法につきましては、これも猟友会の方で処分をお願いしているところでございます。

 よろしく御理解を賜りたいと存じます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 24番 山部 弘君



◆24番(山部弘君) 1点だけ簡単に質問をさせていただきます。

 129ページ、一番下です。和海森林組合の補助金121万1,000円、この件についてお伺いをいたしたいと思います。

 昨年度よりはこれは減っておるというふうに思っておりますが、以前から毎年補助しておる関係で、ちょっとお聞きをしたいのですが、これへの森林組合への当初の補助金の支出の目的、これについてまず一つはお伺いをしたいと思います。

 それから、先ほども言いましたように、昨年度の予算では195万6,000円というふうに載っておりましたけれども、18年度ですね、19年度は減になっております。その理由について、お聞かせを願いたいと。あわせて、関連いたしまして、その金額の根拠、それについてもお伺いをしたいと思います。

 それから、この森林組合の構成、組合の内容、事業内容。それと運営への助成については、これはいつから、私ども大体覚えてるんですけれども、いつから助成がされておるのかという、この点についてお聞かせいただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 24番 山部議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 129ページ、和海森林組合補助金にかかわっての御質疑でございます。

 まず、当初の目的でございます。これは平成14年に合併いたしました、これは和歌山、海南、野上、美里、こういった森林組合の合併によりまして和海森林組合が新たに設立をされております。地域森林の振興と組合員の経済的、社会的地位向上に資するために設立された森林組合に対しまして、運営補助を行うため、これは新たな組合がきっちりとした運営形態をとれるまでの間支援するということで、補助金を出しているものでございます。

 まず、減額の理由でございます。当初、14年から5年をめどに補助するということで、14年から18年度まで和歌山、海南、紀美野町、合併いたしまして紀美野町となっていますが、2市1町で運営補助をしてきたところでございます。

 しかしながら、現在も事務局職員の削減、それから役員等報酬の減額、また事業の見直し等によりまして、経営改善に努めてきたところでございますが、運営状況が厳しいものがあり、新たな5年をめどとした補助でございましたが、19年度よりの補助について、森林組合からの要望があったところでございます。

 これにつきまして、県それから森林組合、和歌山市、紀美野町、海南市で組織しております和海地方森林組合運営協議会において協議をいたしました結果、19年度も支援するという方向で確認がなされたところでございます。森林組合より示されました今後の経営改善について、種々協議をいたしました結果、18年度までは2市1町で合計771万5,000円を補助しておりましたが、19年度につきましては、2市1町で500万円、ちなみに和歌山市が154万8,000円、紀美野町が224万1,000円、海南市が121万1,000円ということで、合計500万円を補助するということで協議が整ったところでございます。

 それから、金額の根拠などはただいま申し上げましたが、2市1町の均等割150万円と、あとの350万円につきましては、面積割で算出をしてございます。

 それから、組合の構成、また事業内容についてでございます。

 申し上げます。組合の構成につきましては、和歌山市それから紀美野町、それから海南市の森林業従事者をもって構成されております。

 事業の内容でございます。これは治山事業による森林整備、それから造林に関する事業、それから保育に関する事業、それから間伐に関する事業、草刈り等、利用者、組合員のための事業、それから県、市町村が行います緑の雇用事業に関連する事業でございますとか、市町村の先ほど言いました造林でありますとか保育事業、そういったものの事業を組合として行っているところでございます。

 それから、いつから助成しておったかということでございますが、これは先ほど申し上げましたように、14年度の合併に伴いまして設立された当初から、14年度から補助しているところでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 24番 山部 弘君



◆24番(山部弘君) なぜ聞いたかということをわかってくれてると思いますけれども、当初、平成14年度から和歌山市、海南市、当時の野上町、美里町と、先ほど課長の方から紀美野町というふうにお答えいただきましたけれども、この市町で合併をしたと、この組合が合併をしたということで、5年間運営を助成していこうかということで、5年間の期限つきでその後助成をしてきたように私は思いましたんで、今聞かせてもろうたんです。それが、先ほどお聞きいたしましたら、またその運営協議会か何かでこれから延長するんだと。したがって、19年度も予算を組んだということでありますけれども、それでお聞きしたいのは、当時その補助要綱的な、そういうようなものがあったと思うんですけれども、そういうようなものがなかったのですか。協議会の判断で今回また延長するというふうな形になったのかどうか。

 それと先ほどお聞きいたしましたけれども、それぞれの分担の金額ですけれども、均等割が150万円と、あとは面積割というふうにお聞きいたしましたけれども、当時は旧下津町は海南市の面積にも入っていなかったと、そういうふうに思うんですが、その分の面積分についてはどういうふうな換算に基づいて今回また負担をしていくのかと。

 それと、先ほどちょっと聞いたような気がするんですけれども、これから県の紀の国森づくり条例ですか、そういうものが新しく入ってくるという中で、十分そこらからも歳入があるんではないかと、この組合についてはというふうに思うわけですけれども、そんなことをあわせまして、どういうふうにお聞きをしているか、それとこれはいつまで続いていくのかという点について、再度お答え願いたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 24番 山部議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 まず、最初にこの補助に対しまして、当時は2市2町でございましたが、今現在は2市1町でございます。この補助についての要綱等があったのかという点でございます。

 先ほど申し上げました県、森林組合、和歌山市、当時は野上町、美里町であったわけでございますが、現在の紀美野町、海南市で組織する和海地方森林組合運営協議会におきまして種々協議がなされ、14年度からの均等割、面積割についての負担割合を決定してきたところでございます。

 そうした中で、18年度が和歌山市241万5,000円、紀美野町334万4,000円、海南市195万6,000円、合計771万5,000円であったわけでございます。

 これにつきまして、議員から下津町の面積等についての御質問もございました。17年に当初、下津町には森林組合がなかったわけでございます。17年度に海南市と合併した際に、面積割の配分が変わりまして、下津町の森林面積を計算いたしまして、当時ちょっと資料を持ち合わせておらないんですが、海南市がたしか170数万円であったかというふうに、これは確かでないのでちょっと失礼しました。その当時の面積割を加算いたしまして、18年度の195万6,000円になったところでございます。紀美野町につきましても、合併した際に、そうした措置がとられたところでございます。

 それから、森づくり基金についての御質疑がございました。19年度は新たな2市1町で500万円を支援するということで決定したわけでございますが、これの背景には先ほど議員からありました紀の国森づくり基金がございます。19年度からこれにつきましては、県の方で税として県民から負担をいただくというふうなことになってございます。ただ、この基金の運用につきましては、20年度からになるということで聞き及んでおります。先ほど言いました協議会の中で、20年度からはこの基金、約1年間に2億6,000万円、5年間ですので13億円の基金が積み立てられるわけででございますが、この基金の運用した事業を20年以降、森林組合においてこの基金を活用した事業展開を行っていただく。それと組合そのものの経営改善に向けた取り組みの中で乗り切っていただきたい、そういった協議の中での取り決めのもと、19年度合計500万円の支援をしていこうというふうに決まったところでございます。

 よろしく御理解賜りたいと存じます。

 申しわけございません。答弁漏れがございました。

 20年以降につきましてでございます。先ほど組合の方からは19年、20年、21年といった要望が出されておるところでございますが、先ほど言いました協議会におきまして、紀の国森づくり基金が実施される、基金として20年度からその基金を活用した事業展開が可能だということで、20年度以降については一応その森づくり基金を活用した事業展開の中で経営努力をしていただくということで協議をしておりまして、20年以降の支援、補助につきましては、19年度の状況を見ながら、再度、県、市、森林組合の中で協議をしてまいりたいというふうに考えてございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 20番 榊原徳昭君



◆20番(榊原徳昭君) ありがとうございます。簡単なことです。

 農業振興費、124ページなんですけども、その中で負担金、補助金及び交付金ということで、最後の方です、蔵出しみかんブランド推進事業補助金ということで200万円ばかり出てるんですけれども、去年の予算書の中にはこの補助金の節がないんですけれども、どこから予算が出されたのかなということと、それと、ことしで2回目になるんかな、続けられた成果のほどですけども、それにPRするということを書かれてるんですけども、成果はどういうふうな形で出ているのか否かということです。

 それと、水産業総務費の中の15節、131ページ、塩津漁港海岸水門改修工事費と約3,000万円ほどあるんですけども、その工事費ですね。その下の漁港建設事業費の中で、やはり15節工事費請負費、これは塩津の水揚げ場という簡単な言い方でいいんかな、出されている思うんですけども、これ、全然別な当然ことなんでしょうけども、そこの辺のちょっと説明をお願いしたいと思います。

 よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 20番 榊原議員の御質疑に御答弁申し上げます。

 まず、蔵出しみかんブランド推進事業補助金でございます。これにつきましては、18年、17年度につきましては、補正対応で予算計上をさせていただいておりました。下津の蔵出しミカンのPR活動に際しまして、旧下津町時代から京阪神、新潟それから北海道等々でのPR活動を推進してきたところでございます。今までは補正対応させていただいておりましたが、16年、17年、18年、この3年間の推進事業の成果を踏まえまして、19年度からはおおむね18年度の事業展開で出荷地でのPR活動が行えるということの中で、400万円程度の事業費を見込んでおります。それの2分の1ということで、200万円を計上させていただいたところでございます。

 それの成果につきましてでございますが、去年下津ミカンというのが地域ブランド商標をいただきました。そうしたことから、各産地での下津ミカンというブランド名に対する認識というものが変わってきてございます。それから、16年から先ほど申しました3年間にわたる積極的なPR展開の中で、各出荷先において好評をいただいておるところでございます。今後も下津ミカンのブランド力を高めるために、出荷先での積極的なPR活動というのは不可欠であるというふうに考えてございますので、19年度以降も今までの3年の成果を踏まえた中で、PR展開を図ってまいりたいというふうに考えてございます。

 続きまして、水産業総務費の中で、工事請負費、塩津漁港海岸水門改修工事費2,965万円についての御質疑でございます。

 内容につきましては、塩津漁港に昭和38年に設置された水門がございます。この水門が老朽化いたしまして、機能が低下していることから改修を行い、津波、高潮からの防護と円滑な避難を確保するための工事費でございます。

 具体的には、扉が腐食し、穴のあいている部分、それから門柱のセメントが下落し鉄筋が見えているといった部分の補修と、それから開閉装置を電動式に変更するための工事費でございます。

 続きまして、漁港建設事業費の地域水産物供給基盤整備工事費についてでございます。漁港整備事業につきましては、悪天候時の避難回数軽減、それから当地域の避難港としての役割を持たせるとともに、漁獲物の陸揚げ時間が短縮され効率化を図ってまいりたいということで実施しております。また、港内を利用した稚魚の中間育成が可能となるよう、確保された用地等における漁具の修理等の作業が軽減できるということで、就労環境の改善につながるものとして整備を考えているものでございます。

 この1億1,010万円につきましては、塩津漁港の物揚げ場のエプロン舗装として約800万円、それから戸坂漁協の消波ブロックの製作、それから据えつけに1億200万円を予定しておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 20番 榊原徳昭君



◆20番(榊原徳昭君) 1点だけ。蔵出しミカンですけども、ブランド認識アップということで、非常に熱心になされているのは結構ですけども、出荷量等は、ここの認識度アップについて出荷量はふえてるんですか。認識度アップする分、やっぱりテレビの放映とかコマーシャルとか、そういうような物の考え方はできるかとは思うんですけど、毎回16年度ですか、旧下津町のことを非常に勉強不足で把握してないんですけども、これはやはりずっと続けていこうという御意思のようにとらまえたんですけども、ただ単にブランドアップということに関しては、ほかの手法もあるかとは思うんですけども、そういうことも含めて出荷量はこのPRによって数段アップしたというふうなことはないでしょうか。数字で少し教えていただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 20番 榊原議員からの再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 蔵出しみかんブランド推進事業補助金にかかわりまして、このPR活動により出荷量等ふえているのかといった御質疑でございました。

 ブランド推進事業のこのPR活動によりまして、出荷量に変化といったものは特にないわけでございまして、ただ価格への、積極的なPR活動によりますそれぞれの主要出荷先の市場におきます価格への効果、こういったものは見られてるんではないかというふうに考えてございます。ただ、出荷量等についての数値は、現在資料を持っておらないんですが、そういったことでの影響というものが、非常に大きいのではないかというふうに考えております。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) ただいま榊原議員が質問されたことなんですけども、132ページの15節工事請負費。塩津で600万円、戸坂で1億200万円やったかな、これは継続的に事業をやっている部分と新規の事業があるんではなかろうかと思うんですが、そうなってますか。それと塩津は避難港、避難施設ちゅうことですか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 10番 川端議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 まず、地域水産物供給基盤整備事業工事費の1億1,010万円の内容でございますが、再度御答弁申し上げますが、19年度につきましては、塩津の物揚げ場、エプロン舗装、これで約800万円、それから戸坂の消波ブロック製作、据えつけに1億200万円を予定してございます。

 また、議員から塩津は避難港になっておるのかといった御質疑でございましたが、この地域水産物供給基盤整備事業におきまして、防波堤等の整備がなされた暁には、塩津を避難港として位置づけておるところでございます。この避難港としての役割を持たせるための事業として整備をしておるところでございます。

 それから、この整備につきましては、年度計画をもちまして整備を進めておるところでございまして、その計画に基づく工事を実施しておるところでございます。

 塩津、戸坂につきまして、年度計画をもちまして、それぞれ沖防波堤の工事でありますとか、物揚げの工事でありますとか、年度ごとに塩津、戸坂で工事の箇所を分けておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 10番 川端 進君



◆10番(川端進君) 新規じゃなしに、とにかく全体的に継続しながらやってると、こういうようなことですけれども、そうすると最初入札をした業者、落札した業者がずっと引き続き行われているということを保障したような形になるんじゃないですか。一般競争入札を導入すべきだという全国知事会の指示もある中で、入札をしないということになるんじゃないですか、その辺、入札に関しての御答弁をお願いします。

 それから、トータルとして避難港という形になるというふうな、塩津の方はそうでしたけども、実は私は世話やってね、海南鋼管の東側岸壁、いわゆる海南の築港ていうところなんです。昔の海南漁協の跡なんですけど、あそこの東側岸壁を2,500万円近くの金で漁船の避難施設として公費を投入して県費で県事業としてやってるんですよ。

 ところが、これは管理の仕事ですわな。部門が違いますわな、農水と。農水は漁業の避難港をするんやけども、私、世話して海南鋼管のところへつくった避難港、これも避難港なんですよ、初島とかね、戸坂と塩津とか。台風時にはとめてたんですけどね、こんなんつくったって1個も使うてないんやいてよ。この避難港としての整備をせえへんでも、今言った海南鋼管の東側岸壁の、せっかくつくっちゃある県費の施設を活用する、ここも活用するかどうかは管理の仕事になるんで、農水の方の仕事ではちょっとなくなりますけどね。

 ただ、要するに建設は農水で、管理するんが管理となっているんで港湾の方になるんで、そこの連携、縦割りで連携が悪いと思うんですよ。いっぺその海南鋼管の東側岸壁見てきてもろうて、いっぺ活用、管理の方と話してくれませんか、金もったいないで。

 特に、塩津の場合は、漁業組合員の人数が減ってきている中で、避難港の施設へ予算をかけていくと。現に、海南鋼管のところまでちょっと遠いけど来てもろうたら、あるんやさけよ、現に。そこら辺の調整はどんなふうに考えられるんかな。縦割りのその管理と建設が、この連絡が悪いんですよ。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 上田総務部参事

  〔総務部参事兼財政課長 上田数馬君登壇〕



◎総務部参事兼財政課長(上田数馬君) 10番 川端議員の地域水産物供給基盤整備工事費にかかわって入札についてのお尋ねでございますが、議員の一般質問に対しても御答弁申し上げましたように、一般競争入札で実施したいというふうに考えてございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田正直君) 北口農林水産課長

  〔農林水産課長 北口和彦君登壇〕



◎農林水産課長(北口和彦君) 10番 川端議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 議員から海南港湾の東側に県事業として整備した避難施設があるという中で、今後それの活用についての御質疑がございました。この箇所につきましては、私もこういう場所があるのは存じ上げてなかったわけですが、先日たまたまここにそういう施設があるということでお聞かせをいただきまして、私、現地を確認したところでございます。

 ただ、現状は遊漁船等が非常に係泊しておりまして、避難港としての活用が難しい状況にあるというふうに考えてございます。この施設にかかわりませず、全国的に遊漁船がそういった港湾でありますとか漁港周辺を占拠しているやに聞いておりますし、それの対策については非常に難しい面がございますが、議員御提言のように、避難港として活用できる地域でもあるということの中で、今後関係県並びに市の管理課等とも協議して、これらの対策について検討してまいりたいというふうに考えてございますので、よろしく御理解を賜りたいと存じます。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑なしと認めます。

 よって5款農林水産業費に対する質疑はこれで終了いたします。

 次に、6款商工費について質疑を行います。

 本款については、質疑の通告がございますので、まず初めに通告順による質疑を通告順により許可いたします。

 19番 黒原章至君



◆19番(黒原章至君) 1点だけお聞かせ願いたいと思います。

 134ページ、概要の方は46ページになるんですが、商店街チャレンジショップ支援事業、昨年とことしということでやろうと。昨年は18年度でして、来年もやりましょうという中で、今予算アップになったということは、多分18年度の実績がかなり商店街の活性等、空き店舗等の利用に物すごくプラスになったような事業であったんだなと、まだ決算は出ていませんが、というふうに推測するわけでございます。

 その18年度の事業内容というんですか、具体的にちょっと教えていただいた中で、1割ぐらい、100万円ぐらい上がってるよい事業なので、そこらをわかりやすくちょっと説明していただきたいなと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 19番 黒原議員からは、134ページの商店街チャンレンジショップ支援事業につきましての御質疑に御答弁を申し上げます。

 議員からは、昨年度より増額しており、その内容はとのことでございます。この商店街チャレンジショップ支援事業につきましては、市内の商店街への振興を図るため、商店街の空き店舗を借り上げ、その有効活用を図る事業を目的に、団体または個人に対しまして予算の範囲内で補助金を交付するものでございます。

 補助の対象者でございますが、小売業、一般飲食業、サービス業等を創業する団体または個人でございまして、創業しようとする空き店舗がその所在する商店街への代表者の方の承認を得た方が対象でございます。

 補助対象経費でございますが、賃借料と改修費、いずれも対象経費の2分の1以内でございます。

 賃借料につきましては、1店舗につき年60万円を限度に3年間以内、また改修費につきましては、1店舗につき50万円を限度として初年度のみの1回のみが対象でございます。現時点におきましては、サンサンタウン中央商店街、一番街商店街、駅前1丁目商店街等に4店舗が創業してございまして、徐々にでございますが、商店街のにぎわいを取り戻しつつございます。今後この制度が有効に活用されるよう、関係者の方々に周知をしてまいりたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質問ございませんか。

 19番 黒原章至君



◆19番(黒原章至君) ありがとうございます。

 ますます繁盛というか、活性できるようにしていただきたいなと思います。

 その中で、TMOさんにもこういう形で協力をして事業を展開するということが、市とはまた、悪いという感覚ではないんですが、ただ海南市も出資して、町の中での三セクみたいな形でTMOというまちづくり海南の方がまた別で事業していますよね。そこらの関係がかぶってきている中で、まちづくりの中で、商店街支援の復興するということに関しては、いいことだと思うんですけども、NPOさんと普通の中小企業、普通の一般の借り主と、またそのTMOさんはすごい性質違うと思うんですけども、これもやっぱり同格に扱うという方向なんでしょうか。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 19番 黒原議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。

 TMOともそういう補助金の中で商店街の空き店舗云々ということでございますが、この要綱でも示しますとおり、NPOもしくはTMOとも対象にしてございますので、御利用賜りたいと思います。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 19番 黒原章至君



◆19番(黒原章至君) 同じように扱うということで、それはそれでいいかとは思いますが、以前TMOさんで、多分駐車場の借り上げのときにいろいろちょっと問題もあったかと思います。メンバーの中で先に場所とったんちゃうかとかというようなことが懸念されますので、この事業に対してもその中のメンバーさんから先取りするようなことにはならないような、交通整理というんですか、そういうことだけはきっちりしていただいて、町の中心の活性のためには大いに役立てたらいいと思いますので、その辺の交通整理というんですか、基準をきっちりした中での、以前にもトラブルもあったということで、よく識別していただきたいなと思います。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 次に、4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) それでは、135から136ページで、まず6款1項の目でいいますと4目企業立地対策費で、昨年度はこの報酬で非常勤嘱託員報酬なかったんですね。予算の概要で説明をされております。具体的にもう少し、インキュベーションマネジャーと言うんですか、横文字で書かれた、内容もちょっとわかりにくいんで御説明をお願いします。

 それから、19節の負担金補助及び交付金で、工場設置促進助成金というものが、これはことしで、新年度で3回目になるんですか、私は非常に地域の経済が低迷しているということで、いわゆる企業誘致とか、そのもの一般的に否定するわけやないんです。それで、ことし予算を昨年から比べて大幅に増額されているということで、ことし予定されている工場設置の件数なり、業種ですね、これをまずお聞かせください。

 それと、この条例では助成措置ということで2つあるんですね。新たに海南市内に工場設置した場合に、3年間にわたって固定資産税相当額を助成していくというのと、雇用助成金というのがあるんですね。これで、今回予算措置をされておりますけども、該当する企業にいわゆる市内の雇用が見込めるのか、そういったものを見込んでおるのか、まずそこからお聞きします。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 14番 上田議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 135ページにかかわっての非常勤嘱託報酬の件でございます。議員からはインキュベーションマネジャー等々、そういう内容等でございます。

 この非常勤嘱託の報酬でございますが、現在私どもで実施しております和歌山リサーチラボ内において実施しておりますインキュベーター事業等で入居している企業等に対して、経営技術、ノウハウであるとか、相談をすることによりまして、成長するまで種々の支援をしていくと。あるいはまた、海南インテリジェントパーク進出企業への立地企業相互の交流とか、関連企業との連携を強化するための役割を担っていただく、また今度企業誘致を推進していくための専門的な有した方の民間の方を登用し、企業誘致等行ってまいりたいということでございます。

 それから、工場設置促進助成金にかかわってのことでございます。この対象企業ということでございます。3社でございます。臨海部に位置している3社でございます。水産関係でございますとか、電極の基盤軸をする会社とか、そういうところでございます。それで、雇用等の実態等でございます。現時点でございますが、平成18年度におきましても、雇用形態がさまざまでございますが、約40名程度の採用だと伺ってございます。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 再度の御質問ございませんか。

 4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) それでは、まず1節の企業立地対策費の1節報酬ですね。これは大体月15万円なんです。課長さんの答弁で、どういうことでするのか聞きました。そやけど、今まで置かれてなかったんですね。この19年度で初めてそういう支援を行っていくということなんです。

 説明の中でリサーチラボとか、株式会社和歌山リサーチラボのレンタルラボの支援を行いとあるんですけど、これは財源をずっと見ますと、ほとんどもう単独、市の単独ですか。これについて、株式会社和歌山リサーチラボとか、そういうあそこはもう一つ団体があるんですか、そういうところにも費用持ってもらうということは考えられなかったんかな。これは何名かな、1名と言ったんかな。1人月額と書いていますね。1人ですね、そういう検討をされたのか。やっていくことについては私もこれはだめだというんじゃなしに、そういうマネジャーさんを置いていくのに、そういう協議をなさったのかどうか。

 それから工場設置促進助成金ですけどね、今、課長の答弁で、全部が全部40人かどうかわかりませんけども、従業員規模が40人だということを言われたんですね。ここ、私の中で、いわゆる従業員の雇用は見込まれているんかちゅうの、これ聞いたんですよ。そこを新たに工場を立地する企業がいわゆる従業員さんを新たに雇用するのかどうか。

 といいますのは、今全国で問題になってるんですよ。どことも企業誘致ということで補助金をつけて、そしてこういう雇用がふえるということでやってるんですけどね、企業は来るんですけども、なかなか地元の人を雇ってくれない。今の請負とか問題になってるでしょう、請負とか派遣で来るからね。基盤の整備とかそういう固定資産税をまけるとかね、こういうことで今どことも自治体間で競争やってるんですけども、いざ来てみると地元なんかの雇用がなかなかふえない、ほとんど請負か派遣で県外から来るという、こういうことが起こっているんですね。ですから、本当に今この企業誘致とそれから雇用とどう結びつけていくのか、そういうことが今全国的に問題になっているんです。

 ですから、本市もこういう工場立地促進条例というのをつくって、たくさんの工場に来てもらおうと、そういう中でこの事業を展開されておられますので、そこを聞いてるんです。

 条例の中にもありますね。これで言いますと、指定の基準では常用従業員の数が10人、中小企業にあっては5人以上のもの、そして助成措置は市内に居住する者を新たに新規採用するのは10人、中小企業にあっては5人以上を雇用した場合、増員を、ふやした場合には1人当たり15万円の雇用促進助成金を交付しますよと、こういうことで成り立ってる条例なんですね。

 ですから、そのいわゆる工場できて、そして固定資産税を3年間、固定資産税額相当額を助成するのはいいんですけども、ここで言う条例で言っているという、市内に住んでいる方の雇用がどうふえてるか、どのように確保されているのか、そういう点で、どういう企業との話し合いなりをやっているかとか、そういうことをお聞きしたいんですよ。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 14番 上田議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 非常勤嘱託報酬にかかわっての件でございます。失礼しました。4番でございます。申しわけございません。

 非常勤嘱託のことでございます。議員からはそういうインキュベータールーム等で和歌山リサーチラボに入居している方ということで、協議していたのかということでございます。ただ、このインキュベーターに、これは発注ございまして、私どももそういう3年間の限度でございますが、やはり今後卵をふ化するためにも、やはりそういう専門的な方のノウハウ等をいただく中でご指導を仰ぐということで、ラボともそういう形でも協議してございます。ですから、工程も組みまして、市内に残っていただいて、今後の企業活動をしていただくためにも、そういう経費あるいは先ほども御答弁申しましたように、ノウハウ等を支援していくということでございます。

 それから、工場設置促進助成金にかかわっての説明で、議員からは詳しく御説明をしていただきました。まことにありがとうございます。それで、私どもといたしましても、企業等によりましても、この助成金を活用していただきながら、やはりそういう立地をしていただく中で、やはり今後こういう雇用の創出を生んでいきたいという形で、企業ともそういう形でお願いもしていきたいということでございます。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 4番 上田弘志君



◆4番(上田弘志君) たびたびすみません、どうも。

 そうしたらもう課長さん、結局、固定資産税相当額の助成はやってるけども、雇用助成金というのは、今までは出してないという、それに該当する企業、工場じゃないということですね。やはり、ここに問題あると思うんですよ、やっぱり。条例ではこの2つ、条例の目的とやっぱりこの制度がどのような趣旨でできたか、やっぱりもう一回課内なり部内で検討していただきたい。課長さんのところは産業の振興というのがありますけども、やはり雇用の問題というのは深刻ですから、やはり一方で固定資産税をまけておきながら、雇用がふえない、これじゃ市民の方は半分納得しても半分納得せんと思うわ。だから、大企業じゃないんですからね。亀山みたいにシャープがあればぱっと来ると、そういうことではない、もうちょっと地元に根づいたことを考えておられると思うんで、それだったら地元の職場がない人の雇用をどう伸ばしていくか、ここにもう一つ光を当てていただきたい。これは要望しておきます。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 以上で通告による質疑は終了いたしました。

 次に、本款について、他に質疑のある方はございませんか。

 1番 中西 徹君



◆1番(中西徹君) ちょっとお聞きしたいんですが、134ページ、3目の13委託料、伝統工芸事業委託料の、昨年も300万円とされているんですが、これのちょっと内容と目的と、大体、もしわかればでいいんですが、伝統工芸事業のこの継承されている方の人数とかわかれば教えてください。

 それとその下、負担金、補助及び交付金の、漆器組合補助金63万円等々、漆器組合に対する補助金が、私の見たところでは結構出てるように思うんですが、この海南市の漆器に対する年間売り上げとか出してるのかどうかお聞きします。

 あと一つ、このものづくり創造支援事業補助金、135ページの大体真ん中あたりなんですけど、これ400万円。この予算の概要を見ますと、いろいろ書かれてるんですが、知的財産権取得に対し補助を行うとありますが、これは昨年も同じ金額出てるんですが、これを行使された方というんかな、特許とか取られた方はいるのか、ちょっとお聞きします。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願いますます。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 1番 中西議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 134ページの伝統工芸事業委託料300万円にかかわってのことでございます。目的、内容等につきましては、これは紀州漆器産地、昭和53年2月に伝統工芸の、国の当時、通産省ですけども指定を受けまして、それの紀州漆器の伝統工芸の技術継承であるとかそういうことで、経営ノウハウということで、そういう委託料でございます。

 それで、内容でございますが、後継者の技術習得であるとか、それとかイベント、紀州漆器なり等でそういう伝統漆器展とか、あるいは講習会等々参加する中で、伝統工芸の育成をしていくということでございまして、これには後継者育成事業であるとか、伝統技術承継事業であるとか、伝統漆器の販路開拓等々の事業内容でございます。

 継続、この継承してる人数等でございますが、伝統技術継承事業等で5人ないし10人程度、毎年そういう形で漆器の従事者等で編成をしてございまして、そういう技術を伝承してもらってございます。

 それから、135ページのものづくり支援事業補助金400万円にかかわってのことでございます。

 議員からは、特許権とか実用新案等々を取った方おられるかということでございます。現時点におきましては、11件の知的財産権、これは特許権であるとか実用新案権、意匠権等々の11件程度、現状におきましてはございます。ついでに、ものづくりの件数では、現時点では3件程度ございます。

 ごめんなさい。漆器組合の売り上げというんですか、通称組合いわく約70億円弱ということで聞いてございます。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 1番 中西 徹君



◆1番(中西徹君) 70億円と聞いてちょっとびっくりしたんですが、この70億円が正確な数字なら私もいいと思うんですが、本当に今後補助金を出していく上に当たってね、やはり補助金を出した結果というんかな、そういうのがやっぱり具体的に把握できるような補助を出していっていただきたいんですよ。

 だから、この70億円って本当にこの数字やったらこの補助金納得いくんですが、やっぱり伝統工芸を守っていく中で、やはりいろいろな中国製品等々も入ってきて、ほとんどそういう売り上げともお聞きしますし、これからの財政厳しい中、そういう売り上げという数字を確実に出せるような体制をつくっていっていただきたいと私は思っています。すみません、これは要望です。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) 133ページから134ページにかけて、商工振興費です。

 この中で昨年までは中小企業の相談所への補助というのもありました、400万円。それは恐らく今回商工会議所の補助の中に含まれるようになったんだということだろうと思うんですがね、この中小企業の相談業務というのは非常にやはり今大変な中で、非常に重要なものだと思うんですが、どうしてこういうふうに商工会議所の補助の中に含めてしまったのかどうかというのをちょっと疑問がありますので、教えてください。

 そして、この商工振興費全体につきましては、今のところが大体大きく変わったところで、予算的にはさほど変わってないんです、残念ながら。今、御存じのように商店街も殺伐として大変な状況の中で、また去年と同じような予算をそのまま実行すると、言えば去年のままやと。この予算の金額をどうこう言うてるんじゃないんです。

 そこでですね、やはり市長さんの考えとしても、何とか商店街を活発に元気にもとに戻したいというお考えがあろうと思うんですけどね、そこらの意気込みがここの、特に商工振興費に対しては出てきていないんですね。そこで、市長さんのコメントをお願いしたいと思います。

 そして、136ページの中ほどのインキュベーター室借り上げですね。これ、たしか県も市も同じようなもん、あっこにあるんですね。そして、多分2年ほどで出やんなんねんな、ここ多分な、基本的に。借りて、新規で企業として立ち上げて、そしてもう2年部屋貸して面倒見て、あとはもう頑張れよという形だろうと思うんですがね、県の方は聞くところによると、間違いかもわからんけども、2年終わってもまた何らかの理由があれば延長できるとか、いろいろあろうと思うんですが、市の場合はそこらどういうふうに考えられているのか、お聞かせいただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 市長 神出政巳君

  〔市長 神出政巳君登壇〕



◎市長(神出政巳君) 12番 岡議員の商工振興費にかかわっての商工振興に対する意気込みはどうかという御質疑でございます。

 現在、平成18年度は、経済産業省の市町村の中心市街地活性化の取り組みに対する診断助言事業というものを採択いただいておりまして、商店街の方々を中心に商工会議所とかそういった方々と、本市における都市機能の充実や、にぎわいを取り戻すための方策を検討しております。

 今年度は先日の総務費のところでもお答えいたしましたように、政策調整部、総務部、そして産業経済部が中心となりまして、内閣府の認定を目指しまして、新たな中心市街地活性化基本計画の策定に取り組むこととしておりまして、商工振興には並々ならぬ決意をもって取り組んでまいりたいと思いますので、御理解いただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 12番 岡議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 134ページにかかわって、海南商工会議所補助金のことでございます。昨年は中小企業相談所400万円等々あったが、どうして含めたのかということでございます。

 この件に関しましては、商工会議所とも十分話をする中で、やはり中小企業相談所事業も当然会議所でやられておりまして、それら事務の合理化等も含めまして、やはり統合してより以上に会議所での小規模事業の業務ということで含めたわけでございます。

 それから、136ページにかかわってインキュベータールームのことで、インキュベーター室でございます。これは3年間でございます。議員からは、県のスタートアップはもう1年あるんじゃないかというようなことでございます。市の方はないのかということでございますが、現時点では市の方は3年で一応終了ということでございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 12番 岡 義明君



◆12番(岡義明君) 市長さん、国とのかかわりで、期間も相当かかると思います。ゴーサイン出てからでも、それからまたいろいろとかかってくると思うんで、やはりもう今、いっときも早く商店街を何とか活発にさせていかないとならないというところなので、やはり私としたらもう少し何らか考えられへんかなって、ここで私の考えもいろいろあるん、ここで例挙げてするわけにもいかんので、ぜひ商店街よろしくお願いしたいと思います。

 商工会議所のこの補助ですけども、今まで会議所ということで、60万円の補助だけだって、そしてそこへ別に中小企業の相談室料ということで400万円あったと、それ一緒くたにやってもうてね、やってもらう方がそれはええんやというけども、やってもたらその中小企業相談のその費用が薄まるおそれありますわな、流用されてもてよ、ほんまによ。それではっきりせんような補助金になってまうんよ。せっかく区別して商工会議所へ出しちゃあるのによ、460万円のうち400万円だけはこれはもう中小企業の相談費に使ってくださいよってやってんのに、一緒くたにやってもうて、薄まりませんか、使途が。何に使うたか、本当に余計わからなくなるような気がするんですが、いかがでしょうか。

 インキュベーターについては、いろいろ部屋も聞いたらいつもずっといっぱいになっているという形なんで、また継続してやるというのはなかなかまた大変なこともあろうかと思うんですが、そういう声もあるということで。

 1点だけ先ほどの。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 12番 岡議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 中小企業相談所の400万円を会議所の60万円のところへ統合すれば、その事業目的等薄まるのちゃうかということでございます。

 これにつきましても、先ほども御答弁申し上げましたように、会議所でも十分協議する中で、やはり事業目的という形もはっきりしてございますので、この400万円につきましては、薄まるものではございませんので、御理解賜ります。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 20番 榊原徳昭君



◆20番(榊原徳昭君) ありがとうございます。

 聞きたかったのは、今12番、岡議員がおっしゃった商工会議所の400万円の件だったんでいいんですけども、せっかくなんでちょっと1個だけ。

 138ページの熊野古道わくわくハイク委託料があるんです、500万円なんですけど、前年度、18年度は180万円ほどだったかとは思うんですけども、このアップの理由と内容、内訳ですか、それだけ教えていただいたら満足します。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 20番 榊原議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 138ページのわくわくハイク委託料の補助金のアップ等々のことでございます。

 これにつきましては、今年度500万円という形で計上させてもらってございます。これは熊野古道わくわくハイク、従来は180万円ということだったんですけども、これを今回は市の地域振興基金の運用費を活用しまして、やはり地域の熊野古道ハイクをもちろん、地域のそういう特産品である下津の農産物等、海南市の誇る特産品等を市内よりPRするという目的で、熊野古道ハイクプラスそういう地場産業のPRコーナーという形で設けてございまして、本来、熊野古道わくわくハイクのみでございましたけれども、この地域振興基金を活用することによって、地場産品を市内外に情報発信するということでございます。

 内容につきましては、市民交流センター等々での、月に週4ですけども、先ほど言いました地域産業のPRの特産の展示即売等であるとか、それとか熊野古道沿いの、現在ちょうちん等で熊野古道中心にちょうちんをつけて、そういう形で熊野古道の歓迎ムードをやっていますけれども、それなんかの備品購入、あるいは市民交流センターでの太鼓の、昨年下津のかぐのみ太鼓という形が昨年私どもの祭りのところで初めて、今までしてなかったんですけども、そういう形で披露されまして、太鼓のフェスティバル等々の予算に充当したいということでございます。

 ですから、熊野古道わくわくハイクにつきましては、熊野古道わくわくハイクあるいは地域産業のPRコーナー特産品設置等々の事業に充てることでございます。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 6番 磯崎誠治君



◆6番(磯崎誠治君) 2点ほどちょっとお聞かせ願いたいと思います。

 まず、商工振興事業費補助金1,500万円、これは去年と同じ形で出ていますので、これは3項目、それからその他の事業という形で4つの項目で補助金を分類して出していると思うんです。その4つの補助対象の金額、ちょっと教えていただけますか。

 それと、紀州漆器カタログ製作事業費、これは産業商工費の中の負担金補助金の中にあるカタログ製作事業補助金50万円とありますが、これはどういうことをされるのか。そしてカタログということですから、まずいろいろ1回だけつくってどんなところへ出すんか知りませんけども、それで終わるちゅうことはないと思うんです。毎年カタログというのは入れかえていかなあかんの違うんかなという、私は素人で考えるんですけども、今後もこのカタログ補助金というのは続くのかどうか、お聞かせ願いたいと思います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 6番 磯崎議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 商工振興事業費にかかわっての1,500万円の件でございます。

 4つの項目で昨年と同様の金額であるかということでございます。この1,500万円の内容でございますが、経営改善普及事業ということで1,385万9,000円、それから地域総合振興事業という形で74万1,000円、管理費ということで40万円、計1,500万円を計上いたしているところでございます。

 それから、紀州漆器にかかわってのカタログの件でございます。この紀州漆器カタログ製作事業補助金50万円でございますが、毎年漆器組合の方で「紀州のぬりもの」という形でカタログを作成をしてございます。2年ごとに作成されてございます。

 それから、それで今回第18集という形で、カタログを製作されるようです。部数につきましては、2万部作成する予定です。A4判のフルカラー、180ページの、出品業者も180社程度ございます。市の紹介ページ等々、これは観光であるとか市の観光事業も含めまして、180ページでございます。

 総事業費は約1,400万円でございます。この配布方法につきましては、三重方面であるとか東京であるとか、各そういう消費者、あるいはそういう店舗等に配布をしていきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 6番 磯崎誠治君



◆6番(磯崎誠治君) ありがとうございます。カタログの方はわかりました。

 商工振興事業費補助金の中で、経営改善普及事業、これが1,385万円9,000円で、この経営改善事業補助金の中には、多分補助対象事業費ていうて人件費にかかわる部分が出てくると思うんです。この金額はどのぐらいあるのか、この中で。去年よりも200万円ほどこの経営改善事業費というのがふえてるんですよね。大体200万円近くふえてます。それと、地域総合振興事業費というのはかなり減ってます、去年より。管理費も減ってます。だから、経営改善事業費の方へかなりウエートが上がってるように思いますんで、なぜこのように上がったのかお聞かせ願いたいと思います。

 それと、この経営改善普及事業費の中の人件費に当たる補助対象事業費は、同規模の市あるいは町の補助金とどのくらいの比率になるのか、もしわかっていれば教えていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 6番 磯崎議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 この経営改善普及事業費の中に人件費等あるが、その額はということでございます。

 補助対象職員設置費といたしまして、これは人件費といたしまして指導員3名、補助員2名、記帳選任職員2名の分でございますけども、それが1,088万5,000円でございます。

 それから、同他市の、私のところの方で今資料は持ってないんですけども、近隣の紀美野町では1,460万円程度支給をしてございます。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 6番 磯崎誠治君



◆6番(磯崎誠治君) ありがとうございます。

 1,088万5,000円ということは、去年と補助対象事業費というのはほとんど変わらないと思います。そうすると、事業費の方で今回かなりふえてるんですよね。ふえた理由をもし伺ってたら、その部分だけで結構ですから、教えていただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 6番 磯崎議員の再度の御質疑に御答弁を申し上げます。

 事業費等でかなりふえてるんじゃないかということでございます。

 ちょっと私の記憶では、経営改善普及事業費の中の指導事業費、あるいは商工会等指導環境推進費等でふえてるかと思います。



○議長(久保田正直君) 他に御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) 中西さんの答弁を聞いとって言うの大変失礼ですけどね、漆器業界の売り上げについて、自称70億円と答弁されましたね。随分現実と私違うように思うんです。ただ、まあ、海南市が地場産業の育成ということで、ほかにも言うたら和雑貨やの木工産業がある、それにもかかわらず大きな手厚い援助をしてきた。

 その漆器業界の実情を、自称70億円ですという形の中で、今までこういう施策をやってこられたんかなと、今あれからずっと考えているけど、不思議に思うたんです。その程度の海南市の施策かなと。全然つかんでいないんですか、売り上げの推移というのを。これ大事ですよ、だんだん下がってきて、どういう形でそれを対策していくかということが、振興の第一の目的じゃないんですか。それを自称70億円で済ませてまうような行政ですか。それをもう一回きちっと答えてください。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 5番 栗本議員の御質疑に御答弁を申し上げます。

 先ほどの漆器組合の販売額、70億円ということでございます。ことし自称というんですか、70億円というのは、それも当然組合からも聞いた数字でございますが、市で私ども握っておる資料というのが、やはり統計資料であるとか工業統計、あるいは製造業では、かなりの低い数字になって、議員おっしゃるとおり大事です。

 ただ、今漆器組合がそういう把握しておられます額につきましては、いろいろな製造、問屋含めての総称の70億円程度ということでございますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) 失礼ですが、海南市は何を基準にこういう漆器業界の振興策を練っておられるんですか。そういうほかの統計では下がってるのはわかってるけども、漆器業界では70億円ぐらいやとあなたは今おっしゃったよね。そういう形でやってると、本当に。漆器業界自身もわかってるでしょう、実際はこうなってると。わかってないのは海南市だけじゃないですか。それとも、わざと漆器業界のそういう自称というのを大事にしておられるんですか。しかし、それで本当の意味の振興策はとれないでしょう。そういうことを私は言っているんですよ。



○議長(久保田正直君) 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 5番 栗本議員の再度の御質疑に御答弁申し上げます。自称70億円という形で、市は何を基準にしているのかということでございます。

 この70億円というのは、今ちょっと持ち合わせもないんですけども、県の概況調査という形でそういう各地場産業団体に対して、そういう調査がございます。それによりますと70億円というような形ではうたわれております。

 以上でございます。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午後4時36分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後4時49分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(久保田正直君) この際、本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久保田正直君) 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 当局から答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 貴重な時間をとっていただきまして、まことに申しわけございません。

 5番 栗本議員の再々御質疑に御答弁を申し上げます。

 先ほど私、自称70億円というふうな形で言わせていただいたんですけれども、自称というのは適切でない言葉でございますので、訂正をさせていただきたいと思います。

 それと、70億円の根拠の資料でございますが、現時点ではちょっと今持ち合わせがございませんので、よろしく御理解のほどお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) 再度の御質疑ございませんか。

 5番 栗本量生君



◆5番(栗本量生君) ないと言われりゃ出せちゅうわけにいかへんので。しかし、申し上げておくだけにしますけどね、そんなことではだめですよ。議会軽視も甚だしいし、海南市のレベルはどうなっちゃうんだということに、しかも地場産業で長年かかって何とか建て直さそうというあなた方の努力を無にしてしまいますよ、根拠がなければ。しかも、ただ一つの根拠、県の資料までないというていたらくでもう何にも言えません。もっと何回でも聞ける一般質問か何かで、また今後ゆっくり議論いたしましょう。

 終わります。

 訂正すると先ほどおっしゃった、何訂正するの、それだけちゃんと。



○議長(久保田正直君) 先ほど商工振興課長さんが栗本議員の質問に対し、70億円は訂正いたしますという発言だったと思いますが、これに別条なかったら、訂正をしてください、申し入れてください。

 答弁願います。

 田村商工振興課長

  〔商工振興課長 田村彰男君登壇〕



◎商工振興課長(田村彰男君) 5番 栗本議員の再々御質疑の中で、私、自称70億円という形で答弁差し上げたところでございます。自称というのは不適切でございますので、自称という言葉を削除してもらいたいということでございます。

 以上、御理解を賜ります。



○議長(久保田正直君) この際、暫時休憩いたします。

          午後4時53分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後4時59分開議



○議長(久保田正直君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第1 議案第14号の議事を継続いたします。

 漆器業界の売り上げに関し、再度当局から答弁願います。

 田中産業経済部長

  〔産業経済部長 田中康雄君登壇〕



◎産業経済部長(田中康雄君) 貴重な時間をいただきまして、どうもすみませんでした。

 先ほど5番 栗本議員の再質疑の中で田村商工振興課長の方から漆器業界の売り上げ金額等に関しまして答弁をいたしましたが、この件に関しましては、当方であすまでに調査し、改めて御答弁申し上げたいと思いますので、どうか御理解のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(久保田正直君) お諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ延会し、明日午前9時30分から会議を開きたいと思います。これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。

 よってそのように決しました。

 本日はこれをもって延会いたします。

          午後5時1分延会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

  議長  久保田正直

  議員  磯崎誠治

  議員  岡 義明

  議員  瀧 多津子