議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 和歌山市

平成22年 12月 定例会 11月29日−02号




平成22年 12月 定例会 − 11月29日−02号









平成22年 12月 定例会



                平成22年

          和歌山市議会12月定例会会議録 第2号

            平成22年11月29日(月曜日)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第2号

平成22年11月29日(月)午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 議案第1号から同第3号まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 議案第1号から同第3号まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(40名)

  1番  南畑幸代君

  2番  中塚 隆君

  3番  薮 浩昭君

  4番  奥山昭博君

  5番  中尾友紀君

  6番  永野裕久君

  7番  山本忠相君

  8番  島 幸一君

  9番  松井紀博君

 10番  野嶋広子君

 11番  中村協二君

 12番  吉本昌純君

 13番  井上直樹君

 14番  芝本和己君

 15番  森下佐知子君

 16番  渡辺忠広君

 17番  岩井弘次君

 18番  松本哲郎君

 19番  寒川 篤君

 20番  メ木佳明君

 21番  古川祐典君

 22番  山本宏一君

 23番  尾崎方哉君

 24番  宇治田清治君

 25番  北野 均君

 26番  遠藤富士雄君

 27番  貴志啓一君

 28番  寺井冨士君

 29番  大艸主馬君

 30番  石谷保和君

 31番  中嶋佳代君

 32番  中橋龍太郎君

 33番  東内敏幸君

 34番  山田好雄君

 35番  佐伯誠章君

 36番  浅井武彦君

 37番  森田昌伸君

 38番  浦 哲志君

 39番  井口 弘君

 40番  和田秀教君

   −−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長         大橋建一君

 副市長        松見 弘君

 副市長        畠山貴晃君

 市長公室長      森井 均君

 総務局長       笠野喜久雄君

 財政局長       山口研悟君

 市民環境局長     上島 勲君

 健康福祉局長     坂本安廣君

 まちづくり局長    山本 牧君

 建設局長       内原久夫君

 会計管理者      川端正展君

 危機管理監      池永俊二君

 教育委員会委員長   中村 裕君

 教育長        大江嘉幸君

 教育局長       原 一起君

 消防局長       田中幹男君

 公営企業管理者    奥野久直君

 水道局長       眞野 廣君

 選挙管理委員会委員長 岩城 茂君

 代表監査委員     伊藤隆通君

 人事委員会委員    栗生建次君

   −−−−−−−−−−−−−−−

出席事務局職員

 事務局長       山田 良

 事務局副局長     尾崎順一

 議事調査課長     幸前隆宏

 議事調査課副課長   佐伯正季

 議事班長       中西 太

 調査班長       石本典生

 事務主査       村井敏晃

 事務主査       増田浩至

 事務副主査      小野田 靖

 事務主任       佐川恭士

 事務副主任      北野統紀

 事務副主任      窪田義孝

   −−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時01分開議



○議長(山本宏一君) ただいまから本日の会議を開きます。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(山本宏一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において

   宇治田清治君

   松本哲郎君

   寒川 篤君

 以上3人の諸君を指名します。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第1号から同第3号まで



○議長(山本宏一君) 次に、日程第2、議案第1号から同第3号までの3件を一括議題とします。

 これより、ただいま議題となっている3件の討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。大艸主馬君−−29番。

 〔29番大艸主馬君登壇〕(拍手)



◆29番(大艸主馬君) おはようございます。

 それでは、日本共産党議員団を代表して、提案された3件のうち、議案第1号、和歌山市職員給与条例等の一部を改正する条例案に反対する立場から討論いたします。

 本年10月14日、和歌山市人事委員会から提案された職員の給与等に関する報告及び勧告に基づく措置であります。

 そもそも、今回、民間給与の減少による公民較差の主な要因は、大企業が非正規労働者を景気の調整弁として利用できるよう政府が派遣法を拡大してきたことによるものであり、下請や中小企業への単価切り下げなどであります。毎年繰り返される人事院勧告による公務労働者の給与引き下げは、民間給与をさらに引き下げるという悪循環を形成するもので、労働者や中小企業への大きな影響を与えるものであります。

 加えて、今回、55歳を超える6級相当以上の職員の1.5%の減額措置も含まれており、消費不況を一段と加速させ、人生設計にも悪影響を与えるものとなっています。

 以上の理由により、議案第1号に反対する討論といたします。(拍手)



○議長(山本宏一君) 次に、石谷保和君−−30番。

 〔30番石谷保和君登壇〕(拍手)



◆30番(石谷保和君) おはようございます。

 議案第1号、同第2号、同第3号に反対するため、討論いたします。

 職員の給与というのは、それぞれのひっかかった会社で生涯でどれだけいただくか、また、交際費とかいろんな点を考慮してやっていかないで、ある部分だけを見てその都度その都度下げるわけなんです。今、経済が冷えてるから下げるんじゃなくして、給与をそのままにして、その下げる分を地域券みたいな形で発行して、和歌山市で商売してるそれぞれのところで使う、そういう形に持っていってこそ初めてよくなっていくと思うんです。

 こういう下げ方をやったら、決算のときに不用額でやって、単年度の黒字の中へ繰り入れてしまうおそれもあるんです。2億5,400万円というのは何に使うのかと。結局、年度内の不用額で落として、戻入して、単年度の黒字にされるおそれが非常に多いわけなんです。こういうことで果たしていいのかと。

 そして、当分の間、管理職のと。当分の間というのはいつまでのことなのか。例えば、1年間なのか、それとも半年なのか3年なのか全然わからないわけなんです。

 こういうふうにして、世間が何か公務員というのは楽してるから当たり前やと、こういう考えをつくってしまうわけなんです。公務員というのは、もともと民間の給与が高いときでも上げるんじゃなくして、入るときもずっと低く来てるんです。それぞれの生涯で比較をした場合、民間のほうが多いと思います。一部上場会社と比較をやった場合に、はるかに多いですよ。景気がよくなったときに、一般の会社というのはボーナス以外に大入り袋みたいなものをくれるわけなんです。

 だから、こういうことを出して1日ですぐこれを採決やらんといかんというのは、それは人事院の勧告もあるけれども、もっと地方地方によってやり方があると思うんです。給与を下げたからといって、それじゃ和歌山市に対してどれだけの効果があるかといったら何もないんですよ。余計景気が、経済が冷え込んでしまう。

 だから、そういう意味において私はこの議案第1号、同第2号、同第3号はとにかくすべきじゃないと。やはり、こういうときこそそのままでいってみんなに頑張ってもらう施策をすることが大事であって、市民もよく言うんです、給料をようけ上げてくれてもいいですよと。議員さんの給料も上げてくれてもいいですよと。経済をもっと活性化して活力のある和歌山市にしてください、そのためにお願いしているんですよと。そういうところが非常に欠けているんです。

 とにかく、今の政府にあっても地方にあってもそうですよ。足元ばかり見て、何かすればばたばたして、景気が悪くなったら職員の給与を下げようか、省庁の職員の給料を下げようか、それで納得してくれるやろうと。こういう迎合するような施策としか思えないわけなんです。

 市長、やはりここはこれを下げるとしてもその分をどうするか、2億5,400万円を戻入するのか、それとも和歌山市のために使うのか、そこのところをはっきりしてもらいたいんです。ただ単に戻入して単年度黒字ですよと財源にされてしまったら、これは職員も議員もすべて給料下がるんですよ。納得しませんよ。市長、やっぱりそこのところをひとつ考えてください。

 これで反対討論を終わります。



○議長(山本宏一君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(山本宏一君) 討論を終結します。

 日程第2の3件を採決します。

 まず、議案第1号を採決します。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(山本宏一君) 起立多数。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第2号、同第3号の2件を一括して採決します。

 この2件は、いずれも原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(山本宏一君) 起立多数。

 よって、議案第2号、同第3号の2件はいずれも原案のとおり可決と決しました。

 お諮りします。

 ただいま議案が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(山本宏一君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。

 お諮りします。

 本日の会議はこの程度にとどめ延会し、明11月30日は休会とし、明後12月1日午前10時から会議を開くことにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(山本宏一君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。

 本日はこれにて延会します。

          午前10時11分延会

   −−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

 議長    山本宏一

 議員    宇治田清治

 議員    松本哲郎

 議員    寒川 篤