議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 和歌山市

平成21年  6月 定例会 06月29日−07号




平成21年  6月 定例会 − 06月29日−07号









平成21年  6月 定例会



                平成21年

          和歌山市議会6月定例会会議録 第7号

            平成21年6月29日(月曜日)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第7号

平成21年6月29日(月)午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 一般質問

第3 承第1号、議案第1号から同第23号まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 一般質問(石谷保和君)

日程第3 承第1号、議案第1号から同第23号まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(39名)

  1番  南畑幸代君

  3番  中塚 隆君

  4番  薮 浩昭君

  5番  奥山昭博君

  6番  中尾友紀君

  7番  山本忠相君

  8番  島 幸一君

  9番  松井紀博君

 10番  野嶋広子君

 11番  中村協二君

 12番  吉本昌純君

 13番  芝本和己君

 14番  古川祐典君

 15番  森下佐知子君

 16番  渡辺忠広君

 17番  旅田卓宗君

 18番  岩井弘次君

 19番  松本哲郎君

 20番  寒川 篤君

 21番  メ木佳明君

 22番  山本宏一君

 23番  尾崎方哉君

 24番  宇治田清治君

 25番  北野 均君

 26番  遠藤富士雄君

 27番  貴志啓一君

 28番  寺井冨士君

 29番  大艸主馬君

 30番  石谷保和君

 31番  中嶋佳代君

 32番  中橋龍太郎君

 33番  東内敏幸君

 34番  山田好雄君

 35番  佐伯誠章君

 36番  浅井武彦君

 37番  森田昌伸君

 38番  浦 哲志君

 39番  井口 弘君

 40番  和田秀教君

   −−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長         大橋建一君

 副市長        松見 弘君

 副市長        畠山貴晃君

 市長公室長      藤原庸記君

 総務局長       笠野喜久雄君

 財政局長       名越一郎君

 市民環境局長     岩橋秀幸君

 健康福祉局長     有本正博君

 まちづくり局長    山本 牧君

 建設局長       千賀祥一君

 会計管理者      寺田 哲君

 危機管理部長     大西勉己君

 教育委員会委員長   中村 裕君

 教育長        大江嘉幸君

 教育局長       樫原義信君

 消防局長       田中幹男君

 公営企業管理者    奥野久直君

 水道局長       垣本省五君

 選挙管理委員会委員長 岩城 茂君

 代表監査委員     伊藤隆通君

 人事委員会委員長   田中昭彦君

   −−−−−−−−−−−−−−−

出席事務局職員

 事務局長       山田 良

 事務局副局長     前田明男

 議事調査課長     尾崎順一

 議事調査課副課長   幸前隆宏

 議事班長       中西 太

 調査班長       佐伯正季

 事務主査       藤井一成

 事務副主査      村井敏晃

 事務副主査      増田浩至

 事務副主査      小野田 靖

 事務副主任      北野統紀

 事務副主任      窪田義孝

   −−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時01分開議



○議長(宇治田清治君) ただいまから本日の会議を開きます。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(宇治田清治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において

   山本宏一君

   松本哲郎君

   寒川 篤君

 以上3人の諸君を指名します。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 一般質問



○議長(宇治田清治君) 次に、日程第2、一般質問を行います。

 6月26日の石谷保和君の質問に対する答弁を求めます。

 松見副市長。

 〔副市長松見 弘君登壇〕



◎副市長(松見弘君) おはようございます。

 30番石谷議員の公有水面埋立面積と課税面積に関する再質問にお答えをいたします。

 まず初めに、的確な答弁をすることができず、議会運営に多大な御迷惑をおかけいたしましたことを心からおわびを申し上げます。

 西防波堤沖公有水面埋立地の課税面積の件につきましては、金曜日から鋭意調査をいたしましたが、確定するには至りませんでした。

 西防波堤沖埋立地につきましては、相当の年数が経過していること、また、複雑な経過をたどっていることもあり、まことに申しわけございませんが、精査に時間を要すると思っています。関係先も含めて調査をいたしました後に、課税誤りが判明しましたときには適切に対処する所存でございます。

 重ねて不手際をおわび申し上げます。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 30番。

 〔30番石谷保和君登壇〕(拍手)



◆30番(石谷保和君) それでは、再々質問をさせていただきます。

 今、副市長から答弁いただいたんですけれども、公有水面の埋め立ては書類がなければ絶対わからないと思うんです。それが市にあるかどうかというのは探していただいて、それを精査していただいたら答えが出てくると思います。

 昭和53年8月1日、公有水面埋立免許願書。これは、申請者は住友金属工業株式会社社長から和歌山県知事仮谷知事に出されております。

 続いて、昭和56年11月18日、協定書。これは環境保全公社、仮谷さんと住友金属の社長との契約です。

 続いて、昭和56年、同じく11月18日に契約書というのがございます。これも保全公社と住友金属和歌山製鉄所です。

 そして、昭和56年、同じく11月18日、廃棄物処分作業請負契約書。これは住友金属の和歌山製鉄所の所長と環境保全公社の理事長がされております。

 続いて、昭和56年11月18日、住友金属工業株式会社の廃棄物埋立処分委託契約書。これも同じく和歌山製鉄所の所長と環境保全公社の理事長が契約されております。

 続いて、昭和56年12月1日、産業廃棄物処理業許可証、これは環境保全公社から宇治田省三さんに11月25日に出されて、12月1日に許可証が出ております。許可番号が292号です。

 そして、昭和57年4月に公社の概要というのが出ております。

 これを調べなくては公有水面の埋め立ての面積は出てきません。これを調べれば必ず、176万5,000平米だったと思います、それがきちっと出ますので、のり面とかどうのって、何ぼやっていてもわかりません。この書類をまず探して、そして精査をやっていただいて調べていただければ。

 要するに、第1工区、第2工区、第3工区とありまして、第2工区の85万3,000平米、第1工区の56万5,000平米、この税金を納めていただいたらいいことなんですよ。

 面積が今の多い少ないは、これは測量をしていないし、なぜこういうことになるかというのは私も経緯はわかりませんけれども、そういうところできちっと課税をして、やっぱり財政健全化のためにきちっと徴収すると。こういう心がけでやってもらいたいと思います。

 なぜこういうことを言うかというと、こういう経緯の中には、やはり住友金属を和歌山からなくしたらいけない、頑張ってもらわなくちゃいけない、こういう過程の中から、いろんな無理をしてここまで来たんですよね。

 ところが、景気がよくなったときに、我々はそんな今まで世話になったことなんかもう知らないよというような態度で、やはり松江地区なんか経済波及効果は全然ない、こういうところもあわせて、住友金属さんに聞く機会があればきちっとやってもらいたいと思うんです。

 ここへ来るまでの過程というのは、いろんな人がそれぞれ苦労して、何も住友金属さん一人で頑張ってここまでもったんじゃないんですよ。それまでの間にいろんな人が一生懸命やって、住友金属がよくなれば必ず松江地区も経済の波及がある、和歌山市も絶対あると、こういう期待でやったんです。

 ところが、そういうふうにやれば、住友金属ひとり勝ちになったらねたまれるかもわからんと。だれでも知っているんです、住友金属が景気がいいということを。そういうところをやはり市とやっても、市長、そこはリーダーシップを発揮して、住友金属と話をして、和歌山はこれだけ景気が冷えていると、もう少し活性化やってくださいよと、こういうことを言っても、苦しいときは先人の市長さんらがみんな苦労やって助けてきているんです。景気がよくなったからといって何も言わなければ、市民が困るんですよ。

 そういうことを踏まえて、一度住友金属さんときちっと、今言った願書、協定書、それぞれを精査して、それで埋め立てた面積が出た場合に当然住友金属さんと話し合いがあると思うんです。そのときに、やはり和歌山市の現状なり要望なりをなるべく早くして、そして結論を出してもらいたいと思います。

 これで再々質問を終わります。(拍手)



○議長(宇治田清治君) 以上で一般質問を終結します。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 承第1号、議案第1号から同第23号まで



○議長(宇治田清治君) 次に、日程第3、承第1号、議案第1号から同第23号までの24件を一括議題とします。

 これより、ただいま議題となっている24件の質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。森下佐知子君。−−15番。

 〔15番森下佐知子君登壇〕(拍手)



◆15番(森下佐知子君) おはようございます。

 議長のお許しを得ましたので、上程された諸議案に対する質疑を行います。

 まず、議案第1号、一般会計補正予算についてお尋ねいたします。

 第2款総務費中、選挙管理委員会費、委託料728万円について、その目的と費用の内訳、また、この6月議会に計上した理由は何でしょうか。

 第3款民生費中、社会福祉総務費76万円、児童館費100万5,000円、隣保館費159万6,000円の内容及び他の公共施設との整合性について説明をしてください。

 同じく第3款民生費中、街角ミュージアム開設委託料の内容はどのようなものでしょうか。

 次に、議案第9号及び第10号について、住宅の指定管理者制度導入拡大に伴い、追加する団地選定の根拠は何でしょうか。

 続いて、議案第18号について、この損害賠償請求事件の和解についての経過を明らかにしてください。

 続いて、議案第20号、歳入について、第21款市債3,760万円の補正にかかわる公用自動車購入の台数、その目的及びその必要性についてお伺いをいたしまして、第1問といたします。(拍手)



○議長(宇治田清治君) 松見副市長。

 〔副市長松見 弘君登壇〕



◎副市長(松見弘君) 15番森下議員の質疑にお答えをいたします。

 議案第1号、第3款民生費中、社会福祉総務費76万円、児童館費100万5,000円、隣保館費159万6,000円の内容と、他の公共施設との整合性についてという御質疑でございます。

 今回の補正につきましては、それぞれの福祉館、児童館及び文化会館へ新たに機械警備を導入するために要する管理委託料と通信運搬費でございます。

 理由につきましては、本年2月26日と2月27日の未明に、児童館と文化会館において窃盗事件が発生し、パソコン等が盗難に遭いました。幸い個人情報の流出はなかったものの、今後、個人情報の漏えい防止のためにも機械警備が必要であると考えたためでございます。

 また、他の施設につきましては機械警備を導入しておりますので、今回、補正予算を計上することにより、これらの公共施設との整合性が図れるものと考えてございます。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 千賀建設局長。

 〔建設局長千賀祥一君登壇〕



◎建設局長(千賀祥一君) 15番森下議員の質疑にお答えします。

 議案第9号及び第10号の指定管理者制度導入拡大に伴い追加する9団地の選定根拠についてであります。

 市営住宅の管理につきましては、平成19年度より河西地区の6団地690戸について3年間の指定管理者制度を導入しており、本年度末をもって指定期間が終了いたします。

 制度導入後、約2年が経過したところでございますが、管理運営に係る業務実績の検証を行った結果、家賃等の徴収率向上、空き家修繕工事の工期短縮等の制度導入による成果が見られたため、これらを十分反映できると考えられる入居募集の対象とする紀和駅、塩屋第2、北島、広瀬、吹屋町、東長町、薬種畑、中之島第2、湊御殿第2の9団地519戸を選定追加し、指定管理者制度の導入拡大を行うものであります。

 次に、議案第18号について、損害賠償請求事件の和解についての経過を明らかにされたいとのことです。

 平成18年3月、名義人の相続人厚美義人氏から住宅返還の誓約書が提出されていたにもかかわらず、返還期日を十分に確認しないまま、約1カ月前に市営住宅関戸団地18号を解体撤去しました。

 平成20年9月、相続人から、住宅内に残されていたとされるコレクション等が無断で廃棄されたとのことで、3,658万5,509円の損害賠償請求を起こされました。

 6回にわたる口頭弁論の結果、裁判官から和解するよう提案されましたが、平成21年4月17日の口頭弁論で、市としましては家賃相当損害額72万1,700円相当分の支払いを求めました。

 これに対し、4月22日の口頭弁論で原告側から家賃相当損害額を相殺した260万円への歩み寄りがあり、裁判官からもこの金額での和解を勧告されたため、これに応じるものであります。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 名越財政局長。

 〔財政局長名越一郎君登壇〕



◎財政局長(名越一郎君) 15番森下議員の質疑にお答えします。

 まず、議案第1号、第2款総務費、第5項選挙費、第1目選挙管理委員会費、第13節委託料728万円の目的と費用の内訳について、また、6月議会に計上した理由についてという御質疑でございます。

 議案第1号、第2款総務費、第5項選挙費、第1目選挙管理委員会費、第13節委託料728万円の目的と費用の内訳についての御質疑ですが、日本国憲法の改正手続に関する法律が平成22年5月18日から施行されるに当たり、投票人名簿等を調製するための情報システムを構築するSE委託料でございます。

 内訳は、投票人名簿調製に611万9,750円、期日前投票システム構築に116万250円でございます。

 また、平成21年6月市議会定例会への提出となりましたのは、国からの交付金の内示額通知が平成21年5月になったためでございます。

 次に、議案第20号の歳入につきまして、第21款市債3,760万円の補正における公用自動車購入の台数、目的、その必要性についてでございます。

 老朽化により修繕費等の維持管理経費がかさむ車を対象としまして、経費の削減と環境対策を目的としまして、環境対応車などへの買いかえが市債及び国庫補助対象となることから、軽自動車15台、普通自動車1台、ごみ収集車3台、合計19台を環境対応車やハイブリッド車への買いかえを行うものでございます。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 有本健康福祉局長。

 〔健康福祉局長有本正博君登壇〕



◎健康福祉局長(有本正博君) 15番森下議員の質疑にお答えします。

 議案第1号、第3款民生費、第3項児童福祉費のうち、街角ミュージアム開設委託料の内容は何かという御質疑です。

 この事業は、ふるさと雇用再生特別基金活用事業を利用し行うものでございます。

 事業内容については、和歌山駅、和歌山市駅等の駅前、または中心市街地の一角の空き店舗や民家の空き家等を活用し、例えば、街角図書館、街角おもちゃライブラリーのような文化的要素を持たせた場所を開設することで、子育て支援の充実と駅前商店街や中心市街地等の活性化にもつなげる事業です。

 また、実施時期については、議会で御承認いただいた後、早急に地域と密接に関係を築ける団体や企業等を事業内容も含めて市のホームページ等で公募し、プロポーザル方式により委託先を選定したいと考えております。

 事業規模については5〜6人で実施できるものを考えていることから、そのうちの3人を新規雇用者とし、ひとり親家庭の親の雇用も促進できるようにしたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 15番。

 〔15番森下佐知子君登壇〕(拍手)



◆15番(森下佐知子君) 御答弁をいただきましたので、再質疑をさせていただきます。

 多くは本日から行われる予定の委員会で詳細が明らかになることと思われますが、2点に限って再質疑をさせていただきたいと思います。

 まず、そのうちの1点目、民生費中、福祉館、児童館、文化会館の問題ですけれども、他の公共施設は既に機械警備が行われていたということであって、今回これをすることによって他の施設との整合性が図れるという答弁でした。

 なぜこの3施設だけ機械警備が行われていなかったのかなという素朴な疑問なんです。公共施設というのはすべて横並びであって、危機管理であるとか、そういう盗難に遭うかもしれないという点ではどれも同じ条件だと思うんですが、この3つの施設だけをやらなかった理由というのは特に何かあったんでしょうか。それについてお伺いいたします。

 それから、議案第18号の損害賠償請求事件の問題ですけれども、先ほど局長から経過を述べていただきまして、大体の経過は理解したところです。

 ただ、先ほどの経過を聞いておりますと、相手が、原告側が住宅を返還する義務がありながら返還していなかったことによって滞納が発生していたということが先ほどの答弁でわかったわけです。ということでいきますと、向こう側に過失があったということですよね。それを、市が返還誓約書が提出されていたにもかかわらず、期日を間違えて取り壊したと。そのことによって相手から損害賠償事件を起こされたということです。この問題というのは、もし市が間違えなければ全面的に相手に過失があったと思われるわけです。

 そういう点で、今回のこの事件、全く最初からいけば市がこのようなお金を払う必要はなかったと思われるんですが、この原因というのは一体どこにあったのか。その原因をちゃんと究明をされて、そのもとで再発防止をすることができるような原因なのかどうか、その辺をお伺いいたしまして再質疑といたします。(拍手)



○議長(宇治田清治君) 松見副市長。

 〔副市長松見 弘君登壇〕



◎副市長(松見弘君) 15番森下議員の再質疑にお答えをいたします。

 今まで福祉館、児童館、文化会館に機械警備が導入されていなかった理由は何かという御質疑でございます。

 今まで警備を必要とするような事件が起こらなかったため、機械警備を行っていなかったというのが実態であります。

 しかし、不幸にして盗難事件が発生したことは、施設を管理する者として危機管理意識が希薄であったと反省をしております。

 今後は、犯罪を未然に防ぐという観点から、また、個人情報の漏えいや盗難事件等を防止するためにも、機械警備を実施いたしたく予算を計上するものであります。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 千賀建設局長。

 〔建設局長千賀祥一君登壇〕



◎建設局長(千賀祥一君) 15番森下議員の再質疑にお答えします。

 議案第18号について、事故発生原因及び再発防止について。

 事故発生原因につきましては、当時は退去に関する業務及び用途廃止に関する業務は住宅管理第1課で、解体撤去業務については住宅補修課で、また、家賃等の徴収業務については収納対策課で行っており、本件に係る一連の業務が複数課にまたがることにより、連絡確認が十分でなかったことが原因の一つと考えております。

 現在は木造平家住宅における退去、用途廃止及び解体撤去業務は同一課にて行うため、連絡確認が十分行われていると考えております。

 今後は課内におきましても綿密な連絡を図り、再発防止に努めてまいります。

 以上でございます。



○議長(宇治田清治君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宇治田清治君) 質疑を終結します。

 ただいま議題となっている承第1号、議案第1号から同第23号までの24件は、お手元に配付の議案付託表のとおり、おのおの所管の常任委員会に付託します。

 本定例会において本日までに受理した請願は、お手元に配付の請願文書表のとおりであります。

 なお、本件は本定例会の最終日に上程し審議したいと思いますので、念のため申し上げます。

 以上で本日の日程は終了しました。

 お諮りします。

 明6月30日から7月6日までの7日間は、各常任委員会審査等のため休会とし、7月7日午前10時から会議を開くことにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宇治田清治君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。

 本日はこれにて散会します。

          午前10時27分散会

   −−−−−−−−−−−−−−−

  地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

  議長    宇治田清治

  議員    山本宏一

  議員    松本哲郎

  議員    寒川 篤