議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 和歌山市

平成21年  5月 臨時会 05月25日−02号




平成21年  5月 臨時会 − 05月25日−02号









平成21年  5月 臨時会



                平成21年

          和歌山市議会5月臨時会会議録 第2号

            平成21年5月25日(月曜日)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第2号

平成21年5月25日(月)午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 承第1号、議案第1号から同第3号まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 承第1号、議案第1号から同第3号まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(39名)

  1番  南畑幸代君

  3番  中塚 隆君

  4番  薮 浩昭君

  5番  奥山昭博君

  6番  中尾友紀君

  7番  山本忠相君

  8番  島 幸一君

  9番  松井紀博君

 10番  野嶋広子君

 11番  中村協二君

 12番  吉本昌純君

 13番  芝本和己君

 14番  古川祐典君

 15番  森下佐知子君

 16番  渡辺忠広君

 17番  旅田卓宗君

 18番  岩井弘次君

 19番  松本哲郎君

 20番  寒川 篤君

 21番  メ木佳明君

 22番  山本宏一君

 23番  尾崎方哉君

 24番  宇治田清治君

 25番  北野 均君

 26番  遠藤富士雄君

 27番  貴志啓一君

 28番  寺井冨士君

 29番  大艸主馬君

 30番  石谷保和君

 31番  中嶋佳代君

 32番  中橋龍太郎君

 33番  東内敏幸君

 34番  山田好雄君

 35番  佐伯誠章君

 36番  浅井武彦君

 37番  森田昌伸君

 38番  浦 哲志君

 39番  井口 弘君

 40番  和田秀教君

   −−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

 市長         大橋建一君

 副市長        松見 弘君

 副市長        畠山貴晃君

 市長公室長      藤原庸記君

 総務局長       笠野喜久雄君

 財政局長       名越一郎君

 市民環境局長     岩橋秀幸君

 健康福祉局長     有本正博君

 まちづくり局長    山本 牧君

 建設局長       千賀祥一君

 会計管理者      寺田 哲君

 危機管理監      小西博久君

 教育委員会委員長   中村 裕君

 教育長        大江嘉幸君

 教育局長       樫原義信君

 消防局長       田中幹男君

 公営企業管理者    奥野久直君

 水道局長       垣本省五君

 選挙管理委員会委員長 岩城 茂君

 代表監査委員     伊藤隆通君

 人事委員会委員長   田中昭彦君

   −−−−−−−−−−−−−−−

出席事務局職員

 事務局長       山田 良

 事務局副局長     前田明男

 議事調査課長     尾崎順一

 議事調査課副課長   幸前隆宏

 議事班長       中西 太

 調査班長       佐伯正季

 事務主査       藤井一成

 事務副主査      村井敏晃

 事務副主査      増田浩至

 事務副主査      小野田 靖

 事務副主任      北野統紀

 事務副主任      窪田義孝

   −−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時00分開議



○議長(遠藤富士雄君) ただいまから本日の会議を開きます。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(遠藤富士雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において

   森田昌伸君

   宇治田清治君

   松本哲郎君

 以上3人の諸君を指名します。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 承第1号、議案第1号から同第3号まで



○議長(遠藤富士雄君) 次に、日程第2、承第1号、議案第1号から同第3号までの4件を一括議題とします。

 ただいま議題となりました4件についての説明及び質疑は既に終わっておりますので、これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。大艸主馬君。−−29番。

 〔29番大艸主馬君登壇〕(拍手)



◆29番(大艸主馬君) おはようございます。

 それでは、日本共産党市会議員団を代表して、承第1号及び議案第1号に反対の立場から討論いたします。

 承第1号は、地方税法等の一部改正による市長専決処分であります。このうち、住宅ローン特別減税等生活対策によるものについて反対するものではありません。

 小泉構造改革以来顕著になった大企業、大資産家への優遇税制のうち、上場株式等の配当・譲渡益については、国・地方を合わせて本則20%の税率のところ10%の軽減税率を継続してまいりました。今回、新たに3年間延長するものです。本市では、5%のところ3%となり、その影響額は、2007年度3億1,478万円、2008年度3億2,613万円、2009年度1億1,031万円となるものです。

 本来、税とは、高額所得や不労所得などには重く、生活費は非課税とすべきです。今回の行き過ぎた資産家への優遇税率継続に反対するものです。

 議案第1号、和歌山市職員給与条例及び和歌山市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正案は、職員の6月期の期末手当及び勤勉手当の支給割合を0.2カ月分実質カットするものです。一般職員1人当たり7.8万円、2億6,000万円になります。

 総務省を通じ、地方の人事委員会に「技術的助言として通知」、市の人事委員会は「本委員会に対する信頼」として勧告に至ったものであることが人事委員会委員長の意見として報告されました。

 もともと、夏季手当はその年の7月までの1年間の民間給与実態調査に基づく人事院勧告で決められています。しかし、人事院はこのルールを破り、4月に臨時調査を実施し、通常1万1,000社の対面調査をするのに、今回は2,700社、郵送調査だけであること、しかもボーナスを決定した企業は1割しかない、このようなサンプル調査によるものであることが国会で明らかになっております。今後、民間の一時金引き下げの口実に使われる可能性もあります。

 本市は既に財政危機を理由に職員給与のカットも行われており、公務員の給与引き下げはさらなる民間労働者の給与引き下げに連動するものです。深刻な景気悪化の中で、家計を応援し、内需主導経済に切りかえるべきで、ルールある経済社会への歩みに逆行するものです。

 よって、承第1号及び議案第1号に反対するものであります。(拍手)



○議長(遠藤富士雄君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(遠藤富士雄君) 討論を終結します。

 日程第2の4件を採決します。

 まず、承第1号を採決します。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(遠藤富士雄君) 起立多数。

 よって、承第1号は原案のとおり承認と決しました。

 次に、議案第1号を採決します。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(遠藤富士雄君) 起立多数。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第2号、同第3号の2件を一括して採決します。

 この2件は、いずれも原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(遠藤富士雄君) 起立全員。

 よって、議案第2号、同第3号の2件は、いずれも原案のとおり可決と決しました。

 お諮りします。

 ただいま議案が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(遠藤富士雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決しました。

 以上で、本臨時会の日程は全部終了しました。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△議長のあいさつ



○議長(遠藤富士雄君) 閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本臨時会は、去る5月22日開会以来、本日まで、議員各位には諸議案の審議に連日御精励を賜り、加えて議会運営に当たりましても御理解と御協力を賜りまして、ここに閉会の運びとなりましたことを心から厚く御礼申し上げます。

 間もなく6月定例会が開催となりますが、議員各位におかれましては、一層御自愛を賜り、市政発展と市民福祉の向上のため、ますますの御活躍をお祈り申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。

   −−−−−−−−−−−−−−−



△市長のあいさつ



○議長(遠藤富士雄君) 大橋市長。

 〔市長大橋建一君登壇〕



◎市長(大橋建一君) おはようございます。

 閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。

 議員の皆様におかれましては、本臨時会に提出いたしました諸議案につきまして、慎重御審議の上、いずれも御賛同いただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、現在、国会におきましては、景気の底打ち感が見られない状況下にあって、過去最大のおよそ13兆9,000億円もの追加の経済対策を盛り込んだ第1次補正予算案が審議されております。

 この補正予算案の中で、経済危機対策の一つとして、地方の実情に応じたきめ細かな事業を積極的に実施できるよう、地域活性化・公共投資臨時交付金や、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を創設することとしておりますので、今後、国の動向を見きわめながら、景気対策として、市民の安心・安全と町の元気につながる施策を6月市議会定例会に上程できるよう検討してまいりたいと考えております。

 最後に、あと数日で5月も終わり、6月に入れば蒸し暑い梅雨の時期となります。議員の皆様におかれましては、健康に十分御留意いただき、なお一層の御活躍を御祈念申し上げ、閉会のあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○議長(遠藤富士雄君) これにて、平成21年5月22日招集の和歌山市議会臨時会を閉会します。

          午前10時10分閉会

   −−−−−−−−−−−−−−−

  地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。

  議長    遠藤富士雄

  議員    森田昌伸

  議員    宇治田清治

  議員    松本哲郎