議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 広陵町

平成29年第4回定例会(第1号12月11日)




平成29年第4回定例会(第1号12月11日)





 
         平成29年第4回広陵町議会定例会会議録(初日)





               平成29年12月11日








            平成29年12月11日広陵町議会


              第4回定例会会議録(初日)





 平成29年12月11日広陵町議会第4回定例会(初日)は、広陵町議場に招集された。





1 出席議員は、14名で次のとおりである。





   1番  ? 野 直 美          2番  吉 田 信 弘


   3番  山 田 美津代(副議長)     4番  吉 村 眞弓美


   5番  山 村 美咲子          6番  坂 野 佳 宏


   7番  吉 村 裕 之          8番  坂 口 友 良


   9番  堀 川 季 延         10番  奥 本 隆 一


  11番  谷   禎 一         12番  笹 井 由 明(議長)


  13番  八 尾 春 雄         14番  青 木 義 勝





2 欠席議員は、なし





3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は、次のとおりである。





  町     長  山 村 吉 由     副  町  長  松 井 宏 之


  教  育  長  植 村 佳 央     理     事  中 川   保


  まちづくり政策監 中 村 賢 一     企 画 部 長  奥 田 育 裕


  総 務 部 長  吉 田 英 史     危機管理監    林 田 哲 男


  福 祉 部 長  増 田 克 也     生 活 部 長  奥 西   治


  環 境 部 長  小 原   薫     教育委員会事務局長


                                池 端 徳 隆





4 本会議の書記は、次のとおりである。





  議会事務局長   北 橋 美智代


  議 事 課 長  鎌 田 将 二     書     記  津 本 智 美








○議長(笹井由明君) ただいまの出席議員は14名です。定足数に達していますので、平成29年第4回広陵町議会定例会を開会します。


 本定例会において貸与しておりますタブレットの議場への携帯につきましては、広陵町議会会議規則第102条のただし書きにより許可することといたします。


 それでは、これより本日の会議を開きます。


    (A.M.10:07開会)





日程番号      付 議 事 件


 1        会議録署名議員の指名


 2        会期及び日程の決定について


 3        諸報告


 4        平成29年度監査報告


 5 報告第14号 平成29年度広陵町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の報告につ


          いて


 6 議案第79号 広陵町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることにつ


          いて


 7 議案第80号 広陵町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正することについ


          て


 8 議案第81号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正す


          ることについて


 9 議案第82号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正す


          ることについて


10 議案第83号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正することについて


11 議案第84号 一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正することについて


12 議案第85号 広陵町立幼稚園預かり保育条例の一部を改正することについて


13 議案第86号 町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する


          条例の一部を改正することについて


14 議案第87号 平成29年度広陵町一般会計補正予算(第4号)


15 議案第88号 町道の路線認定について





○議長(笹井由明君) まず日程1番、会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により


 1番  ?野さん


 2番  吉田君


を指名します。


 次に、日程2番、会期及び日程の決定についてを議題とします。


 会期及び日程等については、さきの議会運営委員会において協議願っておりますので、その結果について議会運営委員長から報告願うことにします。


 議会運営委員長、山村さん!


○議会運営委員会委員長(山村美咲子君) 議会運営委員会は、12月5日に委員会を開き、平成29年第4回定例会の運営について協議いたしましたので、その結果を御報告申し上げます。


 まず、本定例会の会期でございますが、本日、12月11日から21日までの11日間の予定でございます。


 次に、本会議の日程でございますが、本日12月11日が本会議の初日、第2日目は13日、第3日目は14日、最終日は21日、それぞれ午前10時から開催します。


 本日の議事日程については、お手元に配付しております日程表のとおりとさせていただきます。


 本日、上程されます議案の取り扱いについてでありますが、報告第14号の専決処分に関する報告については、委員会付託を省略し、本日審議し、採決することとします。


 次に、議案第79号については、人事案件につき、委員会付託を省略し、趣旨説明を受けた後、質疑、討論の後に採決していただきます。


 次に、議案第80号から第88号までについては、提案趣旨説明を受けることとします。


 次に、2日目、12月13日の日程ですが、本日、議決されなかった議案第80号から第88号までの9議案についての質疑を行い、それぞれ所管の常任委員会に付託します。付託する案件については、議案第80号、第81号、第82号、第83号、第84号、第85号、第86号及び第87号の8議案を総務文教委員会へ、議案第88号の1議案を厚生建設委員会へ付託する予定でございます。


 また、請願第2号が吉田議員ほか10名を紹介者として受理しておりますので、総務文教委員会へ付託されます。その後、一般質問を行います。一般質問が終了しなかった場合は、翌14日に引き続き行います。


 なお、常任委員会については、18日、午前10時から総務文教委員会、午後1時30分から町道の路線認定のための現地確認を行い、午後2時から厚生建設委員会を開催します。


 以上、議会運営委員会の報告といたします。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。


 ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切ります。


 お諮りします。


 ただいまの委員長の報告のとおり、本定例会の会期は、12月11日から12月21日までの11日間とすることに御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、会期は12月11日から12月21日までの11日間に決定しました。


 続きまして、本日の日程ですが、お手元に配付した日程表のとおりで御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、本日の日程は、日程表のとおりと決定しました。


 それでは、日程3番、諸報告を行います。


 過日、町村議会広報研修会に広報編集委員会委員長の山田さん、同じく委員の山村さんが参加されましたので、その報告をお願いします。


 広報編集委員長、山田さん!


○広報編集委員会委員長(山田美津代君) 議場の皆さん、おはようございます。広報委員、山田美津代です。同じく広報委員の山村美咲子さんとともに2017年9月29日、平成29年度の町村議会広報研修会に行ってまいりましたので、その報告をさせていただきます。


 東京都千代田区のシェーンバッハ・サボーにおいて研修が行われました。プログラムとしまして、三つございますが、その1、皆様のお手元に報告書がございますので、読み上げます。


 「議会広報誌紙の文章「伝える広報」から「伝わる広報」へ」ということで、株式会社ことのは本舗代表取締役の小田順子氏より研修を受けました。


 内容は、東京中野区にこの方、情報システム課、広聴広報課に勤務をしていた、その経験を生かして、見やすく読みやすい文章のテクニックなどを講演していただきました。


 その1としまして、理解しやすい文章の書き方。


 見やすく(ビジュアルに)書く。


 ?図表やイラストを多く入れる。?漢字を少なくする。?改行、空白行を入れる。


 そして短く書く。(1文65文字以内で)


 結論から書く。


 皆様、1枚めくっていただきますと、読んでもらえない記事の例という資料をつけておきました。ここに写真のところに、東西市長の鈴木太郎ですということで、だらだらと書いてありますが、大きな矢印の下、この下に短くビジュアルにということで、こいのぼりを立てると我が子が成功するんだと、こういう短く、わかりやすく、ビジュアル的にしますと読んでもらえないだらだらした記事が読んでもらえる記事になるという例が載っておりました。


 もとへ戻っていただきまして、2番、伝わる文章の書き方としまして、Iメッセージではなく、Youメッセージで書く。これはどういうことかといいますと、I、私は私はというのではなく、あなたはこうなります、条例で決めたらこうなります、説明会に来てくれたら、こういうメリットがありますという、そういうYouメッセージで書くということが大事。そしてよく聞いて、よく考えてから書く。


 そして3番目、聴く方法ですね、この情報収集が大事。無料のSNSなどを活用するという、大変実になる研修を受けました。


 2番目としまして、「議会広報 広報紙×電子広報 なにがどう変わってきたか!」を広報アナリストの吉村 潔氏から研修を受けました。


 ?議会だよりを議員だけで作成しているのが全国で29.8%、議員+事務局、広陵もそうですが、65.3%、これを議員だけで作成へということを提案されておられました。


 ?定例会にない調査や研修会の模様をお知らせ。


 ?独自の企画をということで、住民との懇談会などでの声をインタビュー、町民の声を載せるということです。長野県の飯綱町などでは、私の提言として、例えば御祝い金など町外にもっとPRをとか、もっと店をふやしたらどうかとか、赤塩焼の復活に挑戦とか、3名の町民の方の声が載っている広報紙も紹介をされました。このように議会だよりにも町民の声をどんどん活用していくということも学んでまいりました。


 ?毎号特集を組んだり、地域の問題などヤフーなどで検索をしていく。先ほどの無料のSNSを活用する。ここにもかかわってまいりますが。


 ?ネットや新聞報道の速報性にはない情報の付加価値をつけて発行する。


 1枚めくっていただきまして、3番目、「第31回議会広報コンクールトップ2、優秀賞受賞紙から学ぶ」ということで、議会広報サポーターの芳野政明氏から研修を受けました。この全国2位になりましたのは、岩手県金ヶ崎町「議会だより かねがさき」です。こういう表紙なんですが、この表紙、カムバック双子ちゃんということで、双子ちゃんの小さいときに表紙に載せたのが、中学生になってもこういうふうに載せるということで、カムバック双子ちゃんの今どうしているかということなども裏表紙に書かれていまして、こんなんもすごくいいなと思いました。


 それから1ページめくっていただきますと、議員のふだんの姿をこうして撮って、親しみの持てる、そういう議員の姿を載せたりして、こういうのを使えるのではないかな、この広陵町にも生かしていきたいなというふうに思いました。


 そして「りふ 議会だより」が全国1位になったわけですが、りふ議会だよりの表紙は、こういう子供さんのね、とても色合いも洗練された表紙になって、中身も大変すばらしいものでした。


 その編集方針ですが、審議の結果だけでなく、審議の経過と内容をわかりやすく正確に住民に伝える。議会を傍聴しない住民に対しても傍聴したのと同程度の情報を提供する。議会と住民をつなぎ、議会活動を正しく理解してもらう。レイアウトは余裕のある紙面づくりを目指す。1ページ当たりの目安は、文字は40%内、見出しと写真も40%内、余白を20%、何か余白があると、そこに写真を入れたり、カットを入れたり、文字を入れたくなるんですが、読んだいただくためには余白がすごく大事だと、そういうことを学んでまいりました。半日の研修でございましたが、大変内容がすばらしく、今後の広報編集の参考になりました。トップ2の広報は、中学生が読んでも理解できるように事務局に頼らず、議員の力で編集されています。広陵町でも取り組めるところから努力していきたいと強く山村さんとともに思って帰ってきた次第でございます。ぜひ100号に向けて広報委員の皆様、そしてほかの議員の皆様のアイデアも取り入れて、記念あるこの100号、紙面づくり、読んでいただけるような広報を目指して、これからも精進していきたいと思っています。


 これで研修内容の報告を終わります。ありがとうございました。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。御苦労さまでした。


 次に、町監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成29年8月分9月分及び10月分の例月出納検査結果報告書の提出がありましたので、その写しをお手元に配付し、報告といたします。


 以上、諸報告を終わります。


 次に、日程4番、平成29年度監査報告に入ります。


 監査委員より、平成29年度監査結果報告書が提出されておりますので、報告願うこととします。


 監査委員、奥本君!


○監査委員(奥本隆一君) それでは、監査報告をさせていただきます。


 平成29年度定期監査の結果を御報告申し上げます。


 平成29年度定期監査は、平成29年10月3日から11月16日までの間において、各課を対象に事務事業の執行状況及び関係書類、並びに会計経理の状況、帳票の処理方法等について慎重に監査を実施いたしました。


 監査結果でございますが、各事務事業の執行については、おおむね所期の成果を上げており、また関係帳票の処理方法についても良好であることを確認いたしました。その内容につきましては、お手元に配付しております報告書のとおりでございますので、よろしく御一読願いまして、監査の結果報告といたします。


 監査委員 赤銅 修、奥本隆一。


 以上でございます。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。


 次に、日程5番、報告第14号、平成29年度広陵町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の報告についてを議題とします。


 お諮りします。


 報告第14号については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、報告第14号については、委員会付託を省略することに決定しました。


 なお、報告案件については、朗読を省略します。


 本件について、説明願います。


 吉田総務部長!


○総務部長(吉田英史君) 失礼します。


 それでは、タブレットにつきましては、会議システムのmoreNOTEの第4回定例会の議案ホルダーの中にあります議案書のほうを開いていただきますようお願い申し上げます。


 報告第14号、平成29年度広陵町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の報告について、御説明をさせていただきます。


 議案書の3ページのほうをお願いいたします。


 本件につきましては、9月28日付で衆議院が解散されましたので、10月22日執行されました衆議院議員総選挙の経費につきまして、9月28日付で専決処分をさせていただいたものでございます。


 今回の専決処分につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,424万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ108億5,772万5,000円としたものでございます。


 まず、歳出について御説明申し上げます。7ページをお願いいたします。


 2款総務費の衆議院議員選挙費でございます。計上につきましてはこの費目のみとなっております。まず報酬につきましては、投開票所及び期日前投票所の管理者及び立会人の報酬並びに選挙管理委員報酬、総額で144万6,000円を計上しております。


 次に、職員手当等につきましては、選挙事務に関する時間外勤務手当並びに投開票所等における事務従事者手当に557万4,000円を見込んでおります。


 次の報償費につきましては、ポスター掲示場の協力者謝礼といたしまして、5,000円分の32カ所分、16万円を計上しております。


 次に、需用費につきましては、選挙事務用品の購入、選挙投票所入場券の印刷などで105万円を計上しております。


 続きまして、役務費につきましては、投票所入場券、不在者投票の郵送料、計数機の点検委託料など212万6,000円を計上いたしております。


 次に、委託料につきましては、選挙システムの電算委託料、ポスター掲示場の設置撤収委託料、選挙公報配布委託料などで合わせて307万8,000円を計上しております。


 次に、使用料及び賃借料につきましては、ポスター掲示板の借料などで81万円を見込んでおります。


 以上が歳出の補正の内容で、歳出総額が1,424万4,000円の補正となっております。


 次に、歳入について御説明申し上げます。1ページ戻っていただきまして、6ページをごらんください。


 14款県支出金につきましては、衆議院議員選挙委託金としまして、1,310万5,000円と見込んでおります。


 次に、20款の繰越金113万9,000円ですけれども、今回の財源調整分として計上をしております。


 以上で、一般会計補正予算(第2号)の専決処分の報告とさせていただきます。御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(笹井由明君) 本件について、これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 報告第14号を承認することに御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、報告第14号は承認されました。


 次に、日程6番、議案第79号、広陵町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 お諮りします。


 議案第79号については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第79号については、委員会付託を省略することに決定しました。


 朗読させます。


 局長!


○議会事務局長(北橋美智代君) 朗読


○議長(笹井由明君) 本案について、説明願います。


 山村町長!


○町長(山村吉由君) 議案第79号、広陵町固定資産評価審査委員の選任について、御説明を申し上げます。


 固定資産評価審査委員を平成23年12月9日から2期6年お務めをいただいております奥 保男委員が、平成29年12月9日をもって任期満了となりました。奥氏には引き続き固定資産評価審査委員として推薦させていただきたく存じます。


 奥氏は、大和高田市役所に奉職され、総務課長、総務部次長、総務部長として御活躍され、退職されてからは、大和高田市シルバー人材センター専務理事として活躍をいただいており、平成17年3月に退職されておられます。ますます多様化、複雑化する審査申し入れに対し、これまでに培われてこられました豊富な経験と実績を生かし、審査の公正・公平と速やかな決定をお願いすることのできる最適任者として、固定資産評価審査委員会委員をお願いし、引き続き選任をさせていただきたいと考えております。なお、任期は3年でございます。何とぞよろしく御同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) これより本案について、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 本案について、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第79号は、原案のとおり同意されました。


 ただいま奥 保男氏が来られていますので、議場に入っていただきます。


         (奥 保男氏入場)


○議長(笹井由明君) 固定資産評価審査委員に選任同意されました奥 保男氏でございます。御挨拶をお願い申し上げます。


○(奥 保男氏) 挨拶


○議長(笹井由明君) 本日は、御苦労さまでございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。


         (奥 保男氏退場)


○議長(笹井由明君) 次に、日程7番、議案第80号から日程15番、議案第88号までの9議案については、本日、提案説明を受け、質疑については、12月13日に行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 それでは、これより議案ごとに議題とし、提案説明を受けます。なお、議案の朗読については、案件多数のため省略します。


 それでは、日程7番、議案第80号、広陵町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 奥田企画部長!


○企画部長(奥田育裕君) 失礼をいたします。


 それでは、議案第80号、広陵町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正することについて、御説明申し上げます。


 恐れ入ります。本日、お手元のタブレットの概要集のほうで御説明をさせていただきたいと存じますので、現在議案のほうを開いていただいている方は、少しお戻りをいただきまして、第4回定例会の下に議案関係資料というフォルダがあるかと思います。上から4つ目でございます。その議案関係資料のほうをタップしていただきまして、一番上の資料になります。H2904一部改正条例概要集という資料がございますので、そちらをごらんいただきたいと存じます。


 ごらんいただきました概要集のほうは、表紙をめくっていただきました1ページのほうでございます。なお、議案書のほうは9ページから10ページ、それから新旧対照表のほうは1ページから2ページでございます。よろしくお願いいたします。


 本条例の改正理由は、平成29年8月8日付の人事院勧告による一般職の国家公務員の給与改定に準じて、特別職の国家公務員の給与改定が実施されることに鑑み、本町においても国に準じて改定を行うためでございます。


 改正内容は、期末手当の引き上げでございます。改正内容の施行期日等が異なることから、第1条及び第2条の各条立てとなってございます。


 まず第1条関係でございます。


 期末手当の支給率を現行の1.70月分から1.75月分に改めるものでございます。施行期日は、公布の日から平成29年12月1日からの適用となってございます。


 次に、第2条関係でございます。第1条により改正された期末手当の支給率を平成30年度から6月支給分を現行の1.55月分から1.575月分に、12月支給分は、今回1.75月分としたものを1.725月分に改めるものでございます。施行期日は、平成30年4月1日となってございます。


 以上、どうか慎重なる御審議をいただき、原案御可決賜りますようお願い申し上げ、御説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程8番、議案第81号、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 奥田企画部長!


○企画部長(奥田育裕君) 失礼をいたします。


 それでは、議案第81号、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正することについて、御説明申し上げます。


 同じくタブレットの概要集の次のページでございます。2ページをごらんいただきたく存じます。なお、紙のほう、議案書につきまして、11ページから12ページ、新旧対照表は3ページでございます。


 本条例の改正理由は、平成25年11月にクリーンセンター広陵において発生したシルバー人材センター会員の事故に係る損害賠償請求訴訟が確定したことを受け、町長及び副町長の監督責任を踏まえた給料月額の減額を行うためでございます。


 改正内容は、平成30年1月1日から同年3月31日までの期間に支給する町長及び副町長の給料月額を、町長については20%、副町長については10%の減額と行うものでございます。施行期日は、平成30年1月1日となってございます。


 以上、どうか慎重なる御審議をいただき、原案御可決賜りますようお願い申し上げ、御説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程9番、議案第82号、教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 奥田企画部長!


○企画部長(奥田育裕君) 失礼をいたします。


 それでは、議案第82号、教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正することについて、御説明申し上げます。


 同じくタブレットの概要集は、次のページ、3ページをごらんいただきたく存じます。なお、紙の議案書は13ページから14ページ、新旧対照表は4ページから5ページでございます。


 本条例の改正理由は、平成29年8月8日付の人事院勧告による一般職の国家公務員の給与改定に準じて、特別職の国家公務員の給与改定が実施されることに鑑み、本町においても国に準じて改定を行うためでございます。


 また、教育長の給与につきましては、平成28年度の給与改定を見送っておりますので、今回、2カ年分の改定を実施するものでございます。


 改正内容は、期末手当の引き上げでございます。改正内容の施行期日等が異なることから、第1条及び第2条の各条立てとなってございます。


 まず第1条関係でございます。


 期末手当の支給率を現行の1.65月分から1.80月分に改めるものでございます。施行期日は、公布の日から平成29年12月1日からの適用となってございます。


 次に、第2条関係でございます。


 第1条により改正された期末手当の支給率を平成30年度からは6月支給分を現行の1.50月分から1.575月分に、12月支給分は、今回1.80月分としたものを1.725月分に改めるものでございます。施行期日は、平成30年4月1日となってございます。


 以上、どうか慎重なる御審議をいただき、原案御可決賜りますようお願い申し上げ、御説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程10番、議案第83号、一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 奥田企画部長!


○企画部長(奥田育裕君) 失礼をいたします。


 それでは、議案第83号、一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正することについて、御説明申し上げます。


 同じくタブレットの概要集、次のページの4ページでございます。なお、議案書、紙の議案書につきましては、15ページから18ページ、新旧対照表は、6ページから12ページでございます。


 本条例の改正理由は、平成29年8月8日付の人事院勧告を受け、一般職の国家公務員の給与改定が実施されることに鑑み、本町においても国に準じて改定を行うためでございます。


 改正内容は、給料表の切りかえ及び勤勉手当の引き上げでございます。改正内容の施行期日等が異なることから第1条及び第2条の各条立てとなってございます。


 まず第1条関係、給料表の改定でございます。


 400円の引き上げを基本といたしまして、初任給及び若年層の給料を1,000円程度引き上げるもので、平均改定率は、0.2%でございます。施行期日は、公布の日から平成29年4月1日からの適用となってございます。


 次に、勤勉手当の支給率の引き上げにつきましては、一般職及び技能労務職は、現行の0.85月分から0.95月分に、再任用職員は、現行の0.40月分から0.45月分に改めるものでございます。施行期日は、公布の日から平成29年12月1日からの適用でございます。


 次に、第2条関係でございます。


 第1条により改正された勤勉手当の支給率を平成30年度からは一般職及び技能労務職の6月及び12月支給分を現行の0.95月分から0.90月分に、再任用職員は、0.45月分から0.425月分に改めるものでございます。施行期日は、平成30年4月1日からとなってございます。


 以上、どうか慎重なる御審議をいただき、原案御可決賜りますようお願い申し上げ、御説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程11番、議案第84号、一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 奥田企画部長!


○企画部長(奥田育裕君) 失礼をいたします。


 それでは、議案第84号、一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正することについて、御説明申し上げます。


 続きまして、タブレットの概要集の5ページをごらんいただきたく存じます。なお、紙の議案書のほうは19ページから20ページ、新旧対照表は、13ページでございます。


 本条例の改正理由は、平成29年8月8日付の人事院勧告を受け、一般職の任期付国家公務員の給与改定が実施されることに鑑み、本町においても国に準じて改定を行うためでございます。


 改正内容は、特定任期付職員の給料表の改定でございます。1号級及び2号級の給料月額について、1,000円に引き上げを行うものでございます。施行期日は、公布の日から、平成29年4月1日からの適用となってございます。


 以上、どうか慎重なる御審議をいただき、原案御可決賜りますようお願い申し上げ、御説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程12番、議案第85号、広陵町立幼稚園預かり保育条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 池端教育委員会事務局長!


○教育委員会事務局長(池端徳隆君) 失礼いたします。


 議案第85号、広陵町立幼稚園預かり保育条例の一部を改正する条例につきまして、御説明を申し上げます。


 一部改正条例の概要集、タブレット、引き続きまして、6ページでございます。議案書は21ページから、新旧対照表は、ペーパーで14ページということで、この概要集、タブレットにより説明をさせていただきます。


 このたびの改正理由でございますが、保護者の働き方の多様化によりまして、幼稚園の預かり保育、この預かり保育とは、学校教育法の規定により、幼稚園の教育課程に係る教育時間の終了後に、保育を希望する園児を対象に行う教育活動でございます。昨今はニーズが高まり、利用者は増加傾向でございます。保護者の子育て支援として、幼稚園預かり保育の質を低下させることなく、引き続き安全、安心な保育を提供するため、本町は、平成27年度から極力負担増とならないように園児1人につき日額100円としてスタートしておりましたが、今般、諸般の状況を考慮し、近隣自治体の現行の利用料も参考として、日額200円に改定し、附則において、施行期日を平成30年4月1日からとさせていただき、あわせて経過措置を設ける改正をお願いするものでございます。


 お手元ペーパーでも、近隣市町村の預かり保育の状況、タブレットの中にも参考資料として同様の状況表を入れてございます。


 以上、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げ、説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程13番、議案第86号、町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 池端教育委員会事務局長!


○教育委員会事務局長(池端徳隆君) 続いて、議案第86号、町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例につきまして、御説明を申し上げます。


 一部改正概要集、タブレットは7ページでございます。議案書、ペーパーは23ページからとなります。新旧対照表も15ページでございます。


 このたびの改正でございますが、来る平成30年4月1日に開園予定の幼保連携型の認定こども園の位置づけとなる広陵北かぐやこども園を現行の町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例に追加するものであります。


 改正理由に記載のとおりでございますが、根拠となる上位法の公立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する法律において、幼保連携型認定こども園においても同様に、学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償が規定されているところでございます。


 このような取り扱いによる所要の改正でございます。附則に施行期日を記載させていただいております。


 以上、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願いを申し上げ、説明とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程14番、議案第87号、平成29年度広陵町一般会計補正予算(第4号)を議題とします。


 本案について、説明願います。


 吉田総務部長!


○総務部長(吉田英史君) 失礼します。


 タブレットにつきましては、概要集を開いていただいていると思いますけれども、戻っていただきまして、第4回定例会の中の議案のフォルダの議案書のほうを開いていただきますよう、お願い申し上げます。そちらの議案書の25ページをお願いいたします。


 それでは、議案第87号、平成29年度広陵町一般会計補正予算(第4号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正では、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4,204万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ108億4,291万円とするものです。


 内容につきましては、人件費に関する補正と要保護、準要保護、就学援助費の補正となっております。


 まず、人件費に関してですけれども、先ほどの議案の説明にありました人事院勧告に基づく給与改定により追加するもの、それから人員の未確保、職員の退職、異動等により不用額が生じ、減額をさせていただくものとなります。人件費は、各費目にわたっておりますので、39ページの給与費明細書により概要を御説明申し上げます。


 少し細かいですけれども、左側に給料費明細書ということでつけております。


 まず、特別職に関してですけれども、副町長の不在、また今議会で提案させていただいております、町長、副町長の減額措置等により、合計310万円の減となっております。


 次に、一般職ですけれども、給与費、共済費合わせまして、4,331万8,000円の減となっております。この内訳につきましては、右側のページの(2)給料及び職員手当の増減額の明細を見ていただきますと、給料で2,744万5,000円の減額、内訳は、給与改定に伴う増加分として179万2,000円、その他の増減分としまして2,923万7,000円の減となっております。これは説明欄に記載のとおり、人員未確保として採用予定であった人員が確保できなかったことによる減、職員の退職による減、また、異動等による減額となっております。職員手当につきましても、同様に、給与改定による増加分、人員の未確保等による減額分を差し引き、634万2,000円を減額しております。これらを合わせますと、給与費、共済費におきましては、人事院勧告に基づく給与改定分としましては、一般会計で約1,150万円の増額、人員未確保、退職等により約5,790万円の減額となっております。これを差し引きまして、約4,640万円の減額を行っております。


 次に、36ページに戻っていただきますよう、お願い申し上げます。


 下のほうの8款教育費の教育振興費ですけれども、要保護、準要保護、生徒就学援助費として437万4,000円を計上しております。これは国の補助単価の見直しがございまして大きくは、新入学児童・生徒学用品費が引き上げられました。また、平成30年度入学予定者から新入学児童・生徒学用品費につきまして、入学前の3月に前倒し支給するため、所要の費用を計上しております。


 次に、戻っていただきまして、29ページをお願いいたします。


 29ページは、歳入ですけれども、今回の減額分につきましては、財政調整基金からの繰入金の減額により、財源調整をさせていただいているものでございます。


 以上、一般会計補正予算(第4号)の説明とさせていただきます。御審議いただき、御可決賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(笹井由明君) 次に、日程15番、議案第88号、町道の路線認定についてを議題とします。


 本案について、説明願います。


 中川理事!


○理事(中川 保君) 議案第88号、町道の路線認定について、御説明させていただきます。


 議案書は、42ページでございます。


 道路法第8条第1項の規定によりまして、町道を認定するに当たり、同条第2項の規定によりまして、議会の議決をお願いするものでございます。今回は、新規2路線をお願いします。


 めくっていただいて、43ページに路線の名前と概要を示してございます。


 もう1ページめくっていただきますと、位置図を示してございます。ページの左側の中ほどに東西に柳板大谷線が走ってございます。この柳板大谷線のちょうど中ほどのところの南側に矢印で新規路線の位置を示しております。柳板大谷線から分かれて、宅地開発の区域内に入っていく疋相33号線、それからその疋相33号線から枝分かれした疋相34号線でございます。


 44ページの右側と45ページに詳細図を示してございます。


 いずれも区画道路でございまして、基本幅員は6メートルでございます。疋相33号線につきましては、延長163メートル、疋相34号線につきましては、延長50メートルでございます。


 以上、路線認定の説明とさせていただきます。よろしい御審議いただきまして、御可決賜りますようお願い申し上げます。以上でございます。


○議長(笹井由明君) 以上で、本日の議事日程は、全て終了しました。


 お諮りします。


 議案熟読のため、明日12月12日を休会としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、明日12月12日を休会とします。なお、12月13日は、議案に対する質疑並びに一般質問のための本会議とします。


 本日は、これにて散会します。


    (A.M.11:00散会)