議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 広陵町

平成29年第1回定例会(第4号 3月21日)




平成29年第1回定例会(第4号 3月21日)





 
        平成29年第1回広陵町議会定例会会議録(最終日)





               平成29年3月21日








             平成29年3月21日広陵町議会


              第1回定例会会議録(最終日)





 平成29年3月21日広陵町議会第1回定例会(最終日)は、広陵町議場に招集された。





1 出席議員は、14名で次のとおりである。





   1番  ? 野 直 美          2番  吉 田 信 弘


   3番  山 田 美津代          4番  吉 村 眞弓美


   5番  山 村 美咲子          6番  坂 野 佳 宏


   7番  吉 村 裕 之          8番  坂 口 友 良


   9番  堀 川 季 延         10番  奥 本 隆 一(副議長)


  11番  谷   禎 一         12番  笹 井 由 明(議長)


  13番  八 尾 春 雄         14番  青 木 義 勝





2 欠席議員は、なし





3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は、次のとおりである。





  町     長  山 村 吉 由     副  町  長  中 尾   寛


  教  育  長  松 井 宏 之     企 画 部 長  奥 田 育 裕


  総 務 部 長  吉 田 英 史     福 祉 部 長  増 田 克 也


  生 活 部 長  奥 西   治     事 業 部 長  廣 橋 秀 郎


  環 境 部 長  松 本   仁     新清掃施設建設準備室長


                                小 原   薫


  教育委員会事務局長


           池 端 徳 隆





4 本会議の書記は、次のとおりである。





  議会事務局長   阪 本   勝


  書     記  鎌 田 将 二     書     記  津 本 智 美





○議長(笹井由明君) ただいまの出席議員は14名です。定足数に達していますので、これより本日の会議を開きます。


    (A.M.10:01開会)





日程番号      付 議 事 件


 1 議案第 6号 広陵町男女共同参画審議会設置条例の制定について


   議案第14号 広陵町個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部を改正することに


          ついて


   議案第15号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び職員の育児休業等に関する条


          例の一部を改正することについて


   議案第16号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正することについて


   議案第17号 広陵町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正することについて


   議案第18号 職員の旅費に関する条例の一部を改正することについて


   議案第19号 広陵町税条例等の一部を改正することについて


   議案第24号 広陵町中学校給食運営委員会設置条例を廃止することについて


   議案第25号 平成28年度広陵町一般会計補正予算(第4号)


   議案第36号 第4次広陵町総合計画後期基本計画を定めることについて


 2 議案第 7号 広陵町立認定こども園条例の制定について


   議案第 8号 広陵町障がい者施策推進協議会設置条例の制定について


   議案第 9号 広陵町認知症初期集中支援チーム検討委員会設置条例の制定について


   議案第10号 広陵町農業委員候補者選考委員会設置条例の制定について


   議案第11号 広陵町空家等対策協議会設置条例の制定について


   議案第12号 広陵町上下水道事業経営審議会設置条例の制定について


   議案第13号 広陵町上下水道事業の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償


          に関する条例の制定について


   議案第20号 広陵町介護保険条例の一部を改正することについて


   議案第21号 広陵町地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正


          することについて


   議案第22号 広陵町廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正することにつ


          いて


   議案第23号 広陵町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正することについて


   議案第26号 平成28年度広陵町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


   議案第27号 平成28年度広陵町水道事業会計補正予算(第1号)


   議案第37号 指定管理者の指定について


 3 議案第28号 平成29年度広陵町一般会計予算


   議案第29号 平成29年度広陵町国民健康保険特別会計予算


   議案第30号 平成29年度広陵町後期高齢者医療特別会計予算


   議案第31号 平成29年度広陵町介護保険特別会計予算


   議案第32号 平成29年度広陵町墓地事業特別会計予算


   議案第33号 平成29年度広陵町学校給食特別会計予算


   議案第34号 平成29年度広陵町水道事業会計予算


   議案第35号 平成29年度広陵町下水道事業会計予算


 4 議員提出議案第2号 給付型奨学金の拡大等を求める意見書について





○議長(笹井由明君) 先ほど議会運営委員会が開かれ、本日の議事日程について協議されておりますので、議会運営委員長より報告願うこととします。


 議会運営委員会委員長、山村さん!


○議会運営委員会委員長(山村美咲子君) 議会運営委員会は、本日3月21日に委員会を開き、平成29年第1回定例会の最終日の議事日程について協議しましたので、その結果を御報告申し上げます。


 本日の議事日程でございますが、お手元に配付しております日程表のとおり決定しております。


 まず日程1番では、議案第6号、第14号、第15号、第16号、第17号、第18号、第19号、第24号、第25号及び第36号の10議案について付託されました総務文教委員会委員長より委員会報告をしていただきまして、その後に議案ごとに質疑、討論を行い、採決をしていただきます。


 次に、日程2番では、議案第7号、第8号、第9号、第10号、第11号、第12号、第13号、第20号、第21号、第22号、第23号、第26号、第27号及び第37号の14議案について付託されました厚生建設委員会委員長より委員会報告をしていただきまして、その後に議案ごとに質疑、討論を行い、採決をしていただきます。


 次に、日程3番では、議案第28号から第35号までの8議案について付託されました予算審査特別委員会委員長より委員会報告をしていただきまして、その後に議案ごとに質疑、討論を行い、採決をしていただきます。


 次に、日程4番において、本日提出されました議員提出議案1議案を議題といたします。


 議員提出議案第2号については、八尾議員より提出され所定の賛成者がありますので、提案趣旨説明をしていただきまして、質疑及び討論の後、採決をしていただきます。


 以上、本日の日程について議会運営委員会の報告といたします。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。


 ただいまの報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切ります。


 お諮りします。


 本日の議事日程は、委員長報告のとおりお手元に配付した日程表のとおりとすることに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、本日の議事日程は、日程表のとおり決定しました。


 それでは、日程1番、議案第6号、第14号、第15号、第16号、第17号、第18号、第19号、第24号、第25号及び第36号を議題とします。


 本案について、総務文教委員会委員長より委員会の審査結果について報告願うことにします。


 総務文教委員会委員長、堀川君!


○総務文教委員会委員長(堀川季延君) 総務文教委員会は、8日の本会議において付託されました10議案につきまして、10日に委員会を開き、慎重に審査しましたので、その結果を御報告申し上げます。


 まず初めに、議案第6号、広陵町男女共同参画審議会設置条例の制定については、所掌事項として第2条に行動計画を策定するとなっているが、本町の男女共同参画についての具体的な方向性が示されたものはあるのかとの質疑に対し、女性の活躍、女性の就業率を上げていくこと、子ども、子育てを中心とした方向で考えていく方針であるとの答弁がありました。


 非常勤特別職の報酬について、日額8,000円となっているが、半日当として4,000円を支給するという規定はあるのかとの質疑に対し、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例第3条第4項において、「日額に2分の1を乗じて得た額とする」との規定があるため、会議が4時間を超えない場合は、4,000円の支給になるとの答弁があり、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第14号、広陵町個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部を改正することについては、住民税を天引きするために、町が事業者へ従業員の税額を示された決定通知書を郵送しているが、この通知書にはマイナンバーの記入欄が設けられている。普通郵便で発送することにより、マイナンバーの大量漏えいが危ぶまれるのではないかとの質疑に対し、今のところ法令に基づき、個人番号を記載することとなっているため、アスタリスク処理等により個人番号を隠すことは考えていないが、間違って開封しないような注意書きを表面に記載して送付したいとの答弁がありました。


 また、個人番号が入っている通知文については、書留での郵送も検討しているところであるとの答弁がありました。


 「マイナポータル」を活用した子育てワンストップサービスが開始されるが、導入される予定はあるのかとの質疑に対し、平成30年から県が開始することになっており、今現在では、町においては行わないことになっているとの答弁を受けましたが、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第15号、職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び職員の育児休業等に関する条例の一部を改正することについては、育児休業等の対象となる子の範囲の見直しに追加された「養子縁組を結ぶことを前提とした里親委託制度」についての質疑に対し、本制度は、特別養子縁組をする前に、6カ月以上養育するという試験期間の後、裁判で審判がなされるものであるとの答弁があり、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第16号、一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正することについては、特定任期付職員と今回追加される理事との違いについての質疑に対し、特定任期付職員は、高度の専門性を備えた弁護士・公認会計士等の民間の人材を活用し、期間が限定される専門的な行政ニーズに効率的に対応するために配置される職員である。


 一方、理事については、町長からの特命事項に係る職務を遂行するための部の最上位責任者の位置づけと考えており、県から都市計画・開発指導の専門知識のある職員の派遣を依頼しているところであるとの答弁がありました。


 また、将来的には職員の人材育成や国とのパイプをつくるため、総務省からの派遣も検討していきたいとの答弁がありました。


 職員の中から将来的に理事になることはあるのかとの質疑には、プロジェクトが出てきたときは促進させるため、あり得ることであるとの答弁がありました。


 その他、質疑、答弁を受け、慎重な審査をいただいた結果、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第17号、広陵町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正することについては、犬猫死体処理の手当を削る理由についての質疑に対し、規定では道路上で死んでいる小動物の処理には、1件当たり1,000円を職員に支給することとなっているが、現在は委託業者により処理を行っているため、今回削除しても影響がないものと考えているとの答弁がありました。


 しかしながら、一方では、早朝の時間帯等、委託業者で処理ができない場合については、現在も管理職を中心とした職員で業務に当たっているとの答弁もありました。このため、本条例改正の上程に当たって、関係部署において協議は調っていたのかとの質疑がありましたが、理事者からは調整が不足していたという点があらわに出ているわけではあるが、特殊勤務手当そのものは、全て廃止するというのが国の方針であるため、本議案を提案させていただいたとの答弁がありました。


 その他、質疑、答弁を受け、慎重な審査をいただいた結果、反対者がありましたので、採決の結果、賛成少数で否決すべきものと決しました。


 次に、議案第18号、職員の旅費に関する条例の一部を改正することについては、公用車の台数には限りがあるため、やむなく私用車の利用もあるかと考えるが、事故が起こった場合の対応や私用車の自動車保険の加入状況については、どのように把握しているのかとの質疑に対し、自動車保険の加入状況については、個別に確認はしていないが、本人がけがをした場合については、公務災害の対象となるとの答弁があり、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第19号、広陵町税条例等の一部を改正することについては、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第24号、広陵町中学校給食運営委員会設置条例を廃止することについては、本設置条例の廃止に関し、委員にはどのように知らせているのかとの質疑に対し、第4条に「委員の任期は、委嘱の日から第2条の答申の終了の日までとする」との記載があるため、答申をもって目的が終わったと理解していただいているものと考えているとの答弁があり、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第25号、平成28年度広陵町一般会計補正予算(第4号)については、保育士の支援スタッフの任期についての質疑に対し、3年で運用しているとの答弁がありました。


 保育士は、経験が加味される仕事であるため、正職員で対応すべきではとの質疑に対し、正職員をふやすため、順次、計画的に採用を進めているところであるの答弁がありました。


 また、規定の保育の児童数に対して必要な保育士数については、できる限り正職員で対応するようにしているが、保育が困難な子供について、加配をしなればならない場合や早出、遅出の対応について保育士が不足する場合については、支援スタッフで対応しているとの答弁がありました。


 繰越明許費の理由についての質疑には、道路事業において用地交渉が難航したことによるものであるとの答弁がありました。


 国庫補助金が要望どおり採択されなかったことにより、道路・公園等の事業費が減額されているが、今後、どのように対応していくのかとの質疑に対し、国庫補助金の不足分については、翌年度においても引き続き要望してまいりたいとの答弁がありました。


 用地対策室の成果についての質疑に対しては、長年、手がつけられなかった道路用地について、地権者との交渉により解決した例もあるとの答弁がありました。


 小中学校へのクーラーの設置に伴う起債の償還期間と交付税算入額についての質疑には、償還期間は20年程度であり、交付税算入額は、約8,800万円であるとの答弁がありました。


 その他、質疑、答弁を受け、慎重な審査をいただいた結果、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第36号、第4次広陵町総合計画後期基本計画を定めることについては、三世代ファミリー定住支援の周知方法についての質疑に対し、定住支援補助金のパンフレットを町と包括連携を結んでいる南都銀行に配置しているとの答弁がありました。


 また、家を建てやすく、リフォームがしやすいような取り組みとして、住宅ローンの利率の減額があることについても周知してまいりたいとの答弁がありました。


 事務事業評価シートの準備はできているのかとの質疑には、平成27年度において、全ての事業の洗い出しを行い、施策レベルでの評価は行っており、今後も企画、行財政部門とが調整しながら行ってまいりたいとの答弁がありました。


 その他、質疑、答弁を受け、慎重な審査をいただいた結果、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。


 以上、簡単でありますが、総務文教委員会の審査結果報告といたします。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。


 ただいまの委員長報告に対し、各議案ごとに審議します。


 まず、議案第6号、広陵町男女共同参画審議会設置条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第6号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第6号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第14号、広陵町個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) このマイナンバー、かねてからいつも反対しているんですが、反対の討論をさせていただきます。


 平成28年1月から実施されているマイナンバー制度は、最初からトラブル続きです。当初3,000億円を投じたこの国家的事業は、システムふぐあいのため、7回も再起動をかけて修正するはめになりました。もともと一つの番号で個人情報を集約しようという目的そのものが無理な注文であり、ちょっとしたミスで大量の個人情報漏えいをもたらす危険があることを関係者も指摘をしていたところです。町においては、この条例制定の際に、個人情報管理がどのようになっているのか質問したところ、担当の奥田企画部長から何らの問題なく管理をしているものであり、さらに問題発生しないように専門の委員会でサポートしていただいているとの回答があったことを想起します。


 国民の側からの要望でもなければ、町の個人情報管理の必要性もないのに、国がそのように言ってきているからというので進めているこの事業に、広陵町では5,059万円ものお金をかけています。この結果、役場職員や企業経営者の側では、マイナンバーを記載した書類の管理を厳重に行う必要に迫られ、新たに仕事がふえた上に、コンビニでの住民票の取得が可能になり、便利になったと宣伝する割には、発行済みの個人カード、これは2,484枚で7.09%にすぎず、昨年12月からことし2月までの3カ月で84件の利用にとどまっており、町の収入は3万円程度です。よく議会の審議でも費用対効果の視点でなどと言いますが、全くの無駄遣いであることが明確ではないでしょうか。


 マイナンバーの記載は、義務だそうです。勝手なことを言うなと言いたい。余りに説得力のない制度であるだけに記載しない場合には制裁はありません。道理がないので無理強いできないということであると理解しております。


 さらに、事業主に対しても罰則規定のないことは国税庁のホームページにおいても明らかであり、広陵町議会では奥田企画部長が未記載でも罰則はないと明言していることを指摘しておきます。


 今回対象とする個人情報の範囲を広げようとしているわけですが、ソフトメーカーの側からいえば、改定のためにソフトの更新があるので大変有利な話ということになります。その分私たちの町に蓄えたお金が消費されるということになります。もうこのあたりで対象を広げることは断念すると同時に、マイナンバー制度からは全面的に撤退することを求めて、反対討論といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 7番、吉村君!


○7番(吉村裕之君) 賛成の立場から討論いたします。


 本議案につきましては、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律が一部改正され、各自治体が行う独自利用事務において情報提供ネットワークシステムを利用した情報連携を可能とし、医療等分野、その他の分野における個人番号の利用範囲、情報連携範囲が拡充されることによる所要の条例改正を行うものであります。


 今般の法改正によりまして、社会保障制度、税制、その他の行政分野における給付と負担の適切な関係の維持、また当該事務の対象となるものを特定する簡易な手続を設けることにより、住民の利便性の向上と負担の軽減、そして医学、医療など、その他社会全体の利益につながる利用を図ることができます。しかし、同時にこれまで以上に個人の特定や目的外で使用されることのないよう、個人情報保護の措置を講じる必要があります。


 したがいまして、情報提供等記録にかかわるもののほか、個人情報の適正な取り扱いに関し、必要な事項を定めるとともに、実施機関が保有する個人情報の開示、訂正及び利用停止等を求める権利を規定することにより、個人の権利利益の保護及び町政の適正な運営に資することを目的とする、広陵町個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部を改正することは必要であり、条例を改正しないことによる不利益を広陵町民に与えてはならないことから、議案第14号につきましては、賛成といたします。


○議長(笹井由明君) 他に討論はありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第14号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第15号、職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び職員の育児休業等に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第15号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第15号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第16号、一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第16号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第17号、広陵町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 5番、山村さん!


○5番(山村美咲子君) 先ほどの委員長報告の中で、関係部署の調整ができていないという御報告がございましたが、これにつきましては、私は非常に議会運営委員長という立場でも、非常に怒っております。お聞きしたいのは、委員会でどういう経過があったのか、経緯についてお聞きしたいとともに、やはりこういう関係部署の調整ができていない議案を出されては非常に議会に対して困るということも申し添えたいと思いますが、それについてはいかがでしょうか。


○議長(笹井由明君) 堀川総務文教委員長!


○総務文教委員会委員長(堀川季延君) この件に関しましては、10日に委員会を開催いたしまして、当然議案というものは、理事者側で調整できての上程というふうには理解しております。委員会の席上の中で少し担当課長、あるいは担当部長なりで意見のやりとりの中で、相反するような意見が述べられたというのも事実でございますが、その後の経過というのは耳にしておりませんので、この席上だけの結果ということでございます。


 私からはそれ以上のことは申し上げられませんので、議長のほうでまたよろしくお願いしたいと思います。


○議長(笹井由明君) ただいま委員長のほうから意見がございました。そうした意見に対して、理事者のほうのその後の経過の状況、そしてまた対処、そういったことについても町長にこの際、発言を認めたいというふうに思います。


 委員長に対する質問ですか。


 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 委員長に対して質問いたします。


 先ほど言われました町の中で要はまとまっていないという状況下のお話なんですけれども、私自体が認識しているのは、要は委員会の中で町から出された案件につきまして、議案につきまして、幹部職員の中から現地のことがわかっていないと、現場がわかっていないということで、要は反対意見が委員会の前で、委員の7人の前で公的に反対を述べられました。実際に役所の中でまとまっていないというふうな状態じゃなくして、公の場で反対意見を述べられたことに関しまして、理事者側はそれに対して何の注意もなしに、委員会に賛否を求められるような状態を起こしておられます。委員長の報告では、要は行政の中で賛成・反対がまとめられていなかったというふうな報告になっておりましたが、現状どんな形だったのか、もう一度御説明願いたいと思います。


○議長(笹井由明君) 堀川総務文教委員長!


○総務文教委員会委員長(堀川季延君) これも先ほどの私の答弁というか、答えに戻ってしまうんですけれども、やはり議案そのものについては、当然理事者側で統一した見解の中で上程されるべきものということでございます。総務文教委員会の副委員長の立場で現場というか、委員会の中にもおられた谷議員でもございますので、その様子というのは全て御理解されているものというふうに思いますが、その後の経過措置というのは、何ら私も耳にするところではございませんので、現状の報告にとどめさせていただいたわけでございます。


 以上です。


○議長(笹井由明君) ただいまの委員長の発言、答弁に対し、私のほうから町長に調整の経過、あるいはまたこの件に関して、その後どういった流れになっておったかというふうなところを確認の意味で発言を認めたいというふうに思います。


 山村町長、少し経過の説明をお願いしたいと思います。


○町長(山村吉由君) 今回のこの議案については、議員皆さん方に本当に御迷惑をおかけして、深くおわびを申し上げたいと思います。


 特殊勤務手当そのものについては、職員全員が廃止の方向に向かっているということは共通認識をいたしております。ただ、この議案の説明の中で、やはり職員が苦労して仕事をしてくれているというところがそんたくできていなかったのではないかという気がいたしますので、そういった上司としての思いを委員会の中で発言をしてしまったというふうに思っております。当人からは私にも報告、おわびがございまして、申しわけなかったという報告を受けてございます。職員を守る、これは上司の責務でもございますし、意味としてはわかるわけでございますが、社会全体がいわゆる重複給与と言われる特殊勤務手当を少なくしようという国の指導は以前からございまして、改正をせずに今日まで置いておりましたものを今回整理をするという意味で、もう特殊勤務手当そのもの支給件数が非常に少ないものについて廃止をしようということで、今回の議案の提案をさせていただいたところでございます。現場のことをよく知らないのではないかというふうに言われる方もございますが、私も職員のそういった現場については、日常的に報告も受けておりますので、そういったケース、早朝等については、やむを得ず管理職等が出向いているというのも、私も処理をしてくれという指示をする立場でございますので、職員が頑張ってくれているということも承知はいたしております。そんな中で、この特殊勤務手当そのものについては、廃止という方向で、国全体が進んでいるということでございますので、今回提案をさせていただきました。


 結果として、はずかしい場面をお見せしたわけでございますが、その点は深くおわびを申し上げまして最終判断は議員の皆さん方にお願いをいたしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(笹井由明君) ただいまの町長の答弁に対し、質問を認めたいと思いますが、質疑ございませんでしょうか。


 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 内容はわかりました。ただ、私もあの委員会から住民の方いろいろに聞かせていただきました。やっぱり犬猫が交通事故でそういうふうな形で死体がいてるということでとってくれということを頼んでおると。まだ道路のところで死んでいる部分に関しては処理はしやすいんだが、それを田んぼであるとか、そういうふうなところにあるやつはもう大変だと。よそで片づける人も大変だということをあるところからも聞いております。実際に、1回1,000円程度のものであれば、払ってやってもいいんじゃないかということの住民さんの意見も多数ありました。


 その中で、今回の問題は何かといいましたら、その内容というふうなものじゃなくして、町側の言ってみたら中できちっとまとめておらないものを議会へ提出されたということの問題が大きいわけです。その中で委員会の中でそういう意見が公に出ること自体おかしな話です。その出た意見に関して、町のトップの町長は何も指示をされなかった。そのときに本当にこの議案を進めたい、可決していただきたいということであれば、その場で注意、もしくはその人に退場というふうなことを指示されるべきやったと思います。それが行われずに、そのまま議会のほうに要は賛否を委ねるというふうなことに関してはいかがなものかというふうに思いますが、その辺は町長はどうお考えですか。


○議長(笹井由明君) 山村町長!


○町長(山村吉由君) 確かにおっしゃるとおりでございます。私もこの委員会の審議の中で、この案件の取り扱いについてどうするのかという委員長のほうからも協議の話がございました。審議をしていただくか、取り下げるか、その選択も意見としては出ておりましたが、私はやはり国の方向、また犬猫の死体処理については、もう民間事業者に処理を委託しているという中で、特異なケースでままあるということでございますが、民間に委託していながら、職員にまだその負担をさせているという契約の仕方にもやはり問題があるのではないかというふうに思いますので、今後そういったことの必要性が出ない契約もやはりしていかなければならないというふうに思いますので、この案件については、原案どおりに提案をさせていただいておりますので、御可決いただきたいというのが私のお願いでございます。


○議長(笹井由明君) 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 町長、私は内容は理解しているとお話をさせてもらっています。町長はそのときに、何も方針を示さずにされたということに関して、町長はどうですかというお尋ねをさせていただきました。


○議長(笹井由明君) 山村町長!


○町長(山村吉由君) おっしゃるとおり、適当でないというふうにも思います。


○議長(笹井由明君) ほかに。


 5番、山村さん!


○5番(山村美咲子君) 私も質問させていただいたのは、やはりこの議案を提案していただく町側の姿勢ですね。今後こういうことがあっては、私たち議会にとっては非常に困るということを申し上げました。そのとき、私は総務委員会に入っておりませんので、状況がわかりませんけれども、こうした提案された部署の違う方が、幹部職員がこういう発言を委員会でされるということがいかがなものかと、本当は発言された御本人様から考えも聞きたいというぐらいの思いでおります。私たちこの議案に対して、どう審議させていただいたらいいのかというのが今非常に思うところでございます。


○議長(笹井由明君) 山村町長!


○町長(山村吉由君) 先ほども谷議員さんにお答えしたとおり、対処については適切でないというふうに反省をいたしております。本人からも私に事後謝罪がございました。この場で本人の発言というよりも私が担当の意向を踏まえましておわびを申し上げたいと思いますので、御理解いただきたいと思います。以後、こういったことのないようにしなければならないというのは当然のことでございますので、議案については提案させていただく以上、何が何でも可決をいただくという努力をするのが我々でございますので、しっかりとした対応をしてまいりたいというふうに思いますので、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(笹井由明君) ほかにありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) 私の委員会での質問からこういうことになったんですけれども、3月17日の西小学校の卒業式のときに、ちょっとタイムリーに疋相のところで道路に犬の死体がありまして、それで疋相の区長さんがすぐに連絡したということを言われておられたので、あのときはどのように処理されたんでしょうか。委託業者がされたんでしょうか。多分区長さんは町に電話をしたと思うんですが、そこから委託業者のほうに連絡が行って、そして委託業者が引き取るという処理に行くということですよね。そのときに葬儀場の仕事を、私そのときも聞いたんですが、仕事をしているときにそういうことがあった場合、職員が行かないかどうか、そのことがすごく心配なんです。それで、今度のことがこのような結果を招いているのは、本当に私も町側の責任ってすごくあると思うんですね。こういう議案に出されるときにやっぱり直接担当する職員にきちっと話をして、そしてまとめて出されたものなのか、先ほど山村議員がお聞きしたように、その担当の部だけで聞いてしたのか、直接やっぱり関係するのは松本部長のほうだと思うので、そちらのほうの意見をちゃんと聞いたのかどうか、その辺私ちょっと確認しておきたいなと思います。その2点お願いします。


○議長(笹井由明君) 山村町長!


○町長(山村吉由君) 西小学校の卒業式、私も一緒でしたので、その話を聞かせていただきましたが、その後の追跡を私はしておりませんので、確認した後でないと。内容としては、委託業者に委託をして処理をするというのが手順でございますので、役場へ連絡が入れば、委託業者に連絡をして指示をするという手続になってございます。


 調整ができていないのかということについては、やはり調整不足ということについては、認めざるを得ないということでございます。


○議長(笹井由明君) 以上で、質疑を終わりたいと思います。


 しばらく休憩します。


    (A.M.10:40休憩)


    (A.M.10:49再開)


○議長(笹井由明君) 会議を再開します。


 議案第17号について、委員長報告に対する質疑を打ち切ります。


 次に、討論に移りたいと思います。


 討論ありませんか。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) 反対の立場で討論いたします。


 総務文教委員会を私も傍聴をいたしておりましたが、びっくりしております。提案した企画部では、この業務は職員が行っていないという認識だったのが、環境部からは住民の方からの緊急の要請に基づいて対応していると。議案を提案する前に関係部局の協議が調わないままこの提案がなされたということで、議案としての体をなしておりません。企画部は環境部に実態を確認すべきであったり、反対に環境部は企画部に対して事実を通報すべきものでございました。そういうことがありますから、町長の先ほどの発言というか、報告がありましたから、今回のことについては内容的に不適切とか、内容的に間違っているとかということを脇に置いて、そのようなかしのある手続をされたという意味で、一旦否決をして、差し戻して再度提案されるようにお願いをして反対討論をいたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 14番、青木君!


○14番(青木義勝君) 私は、本議案の議案の内容について賛成の立場で討論させていただきます。


 私は、この特殊勤務手当、以前から公務員である者はこのような人が大変嫌がるとか、いろんな困難とか、多少危険というのは私は当然特殊勤務手当をつけるべきではないというのは、ずっと前からもその話がさせていただいたこともあるわけです。よって、この削除される議案に対しては、私は賛成でございます。


 そして私も総務委員でしたので、当時の委員会での審議内容について、私も大きな声で町長に対しまして、このような内部協議も調っていないものを出していくことに対しては何ていうことだということで、議会軽視だと。やはりしっかりと出してくるのが当然だと。これは町長の大きな責任だと私は思っております。それは私は委員会で徹底して言いました。その意味で、それは別として、この本議案の議案に対しては、私は当然削除すべきだと、こう思っておりますので、賛成といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ございませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案に対する委員長の報告は否決です。


 ここで原案について採決をいたします。


 議案第17号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立4名であり、賛成少数であります。


 よって、議案第17号は否決されました。


 次に、議案第18号、職員の旅費に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第18号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第19号、広陵町税条例等の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第19号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第24号、広陵町中学校給食運営委員会設置条例を廃止することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) 賛成の立場で討論させていただきます。


 一言述べさせていただきたいと思うんです。


 この運営委員会では、ランチルームとか、アレルギー対策とか、食育のための見学とかする窓とか、防災対策、地産地消などたくさんの意見が出されておられました。これらの意見に十分応えたセンターの内容になっていると私は今思えません。また、運営委員会自身の進め方もある運営委員さんから会議前にも打ち合わせで質問事項まで決まっていて、センター方式へ誘導されたようだ。恣意的な運営委員会だったと不信感をあらわにされていることがあるなどおかしい運営のされ方でした。最後の採決の方法も不信を招くものでした。7対6の採決は、自校方式賛成の委員2人の欠席、委員長にまで賛否に参加してよいという1人の委員の発言で強行採決されて、これが後の教育委員会や議会でのセンターに決定されるもとになって、今の香芝市との共同や連携や無償貸付やおかしなことになってきました。おいしくない給食への保護者の不満は自校方式でやると言われた町長が態度を変えて、センターに決めたことで、保護者の不信も買うことにもなっていきました。この運営委員会は、これで廃止になりますが、今後の各種委員会で、こういう不信を生むことの内容ない委員会が開催されるよう意見を述べて賛成をいたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第24号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第25号、平成28年度広陵町一般会計補正予算(第4号)を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第25号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第36号、第4次広陵町総合計画後期基本計画を定めることについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) 反対の立場で討論させていただきます。


 あらかじめ議員からの意見を受け付けるように取り計らっていただきまして、これに8名の議員が応じたとのことです。日本共産党議員団も問題点の指摘にとどまらず、新たな提案を含めて町の求めに応じたところです。その中で特に2点申し上げたいことがございます。


 この計画でも人口が減少することを前提に文章を組み立てていますが、結婚したり、子供をもうけることをためらう要因を明確にして、それへの対応策が必要となっているのに、この計画にはそのような視点が見当たりません。子ども医療費軽減、就学援助、給付型奨学金制度の拡充、雇用は正社員が当たり前の世の中をつくり、可処分所得をふやすこと、消費税の増税中止と減税廃止、中小企業対策、時間外労働はせいぜい年360時間に抑制すること、保育園の新設と預かり時間の拡大、育児休業や介護休業の充実などやることはたくさんあります。そうしたことを国や県にも働きかけながら、我が町独自制度としても整備をする必要があるのではないかと考えます。


 さらに公共施設の縮減計画については、人口減を前提にしながら利用者の少ない場合には、施設の廃止も含めて検討してはどうかというのが、その考え方です。これは住民の側から望んでするのではありません。あくまで施設の管理上、そのようにしてはどうかと町が提起するものであり、住民本位のまちづくりという原則から逸脱するものであります。


 計画案には賛成できるものもありますが、大きな問題点をはらんだ計画でもあり、これをそのまま承認するわけにはいきませんので、反対といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 7番、吉村君!


○7番(吉村裕之君) 賛成の立場から討論いたします。


 第4次広陵町総合計画後期基本計画につきましては、広陵町民にとってはまちづくりに主体的に参画、協働するための共通目標として、また広陵町行政におきましては、将来にわたって持続的に経営していくための総合的な経営指針、そして国、奈良県、周辺自治体への広陵町の主張としての役割を持つ地域づくりの最上位に位置づけられる計画として策定されております。その策定に当たっては、平成28年5月より公募委員を初めとする各種団体の長、知識経験者、大学教授を委員として4回にわたり開催されました策定懇話会での審議や前期基本計画の点検と評価による課題の反映、住民アンケート調査、中学生議会、住民懇談会、パブリックコメント等や議会議員からの意見を含めた町民ニーズの把握、また人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略を中心に既存の計画との整合性を図り、時代の流れ、社会情勢、また財務状況等できる限りさまざまな要素を踏まえ、策定されたものであることから、議案第36号につきましては、賛成といたします。


 今後は、適正な数値目標による進行管理、並びに評価ルールと評価責任者を定めた上で政策・施策評価及び全ての事業に対して事務事業評価シート等を作成するとともに、第三者行政評価委員会の設置及び住民への評価の公表と説明責任を果たし、住民、行政、議会が一体となって、広陵町の新たなまちづくりに向け、計画の実現に努力していただくことを期待いたしまして、賛成討論といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第36号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。


 次に、日程2番、議案第7号、第8号、第9号、第10号、第11号、第12号、第13号、第20号、第21号、第22号、第23号、第26号、第27号及び第37号を議題とします。


 本案について、厚生建設委員会委員長より委員会の審査結果について、報告願うことにします。


 厚生建設委員会委員長、八尾君!


○厚生建設委員会委員長(八尾春雄君) 御報告いたします。


 厚生建設委員会は、8日の本会議において付託されました14議案につきまして、10日に委員会を開き、慎重に審査しましたので、その結果を御報告申し上げます。


 まず初めに、議案第7号、広陵町立認定こども園条例の制定については、4点の質疑がありました。


 まず、開園時間について、全ての子供が7時30分から可能なのかとの質疑については、現在の幼稚園児は、引き続き8時30分からであること。第2に定員超過の対応については、定員を超えた1.2%を2年以内であれば預かること。第3に校区割があるのかについては、認定こども園では校区設定がないこと。第4に保護者組織については、PTA連絡協議会への加入となるのかとの質疑については、PTA連絡協議会への加入の方向で進めていること等の答弁があり、これら全ての事項について詳細を詰めている段階であること、さらに保育園の保護者と幼稚園の保護者では保護者組織のあり方に困難もあるが、しっかり協議していきたいとの答弁がありました。


 反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第8号、広陵町障がい者施策推進協議会設置条例の制定については、障害者差別解消法に関連し、広陵町としてPRをもっとしていってはどうかとの質疑に対し、合理的配慮については、職員向けに研修を行い、合理的配慮とはどういうものか、その障がいの特性にもよりどういうことに配慮しなければならないのか、窓口での対応でこういうところには気をつけないといけないという研修は行っている。一般の方に向けても社会福祉課の窓口ではパンフレットを置くなど、今後も機会を設け、合理的配慮についての理解を求めていきたいとの答弁がありましたが、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第9号、広陵町認知症初期集中支援チーム検討委員会設置条例については、支援チーム検討委員会の概要はとの質疑に対し、支援チームのあり方や地域での認知症施策について検討する委員会であり、そのメンバーについては、サポート医、医師会等が国から示されている。現在、町としては認知症施策で畿央大学と連携しながら、多職種の中で支援チームのあり方を考えており、これが検討委員会になると考えている。それを踏まえて初期集中支援チームとは、個別の困りごとの案件、初期で認知症の可能性があるような方が出てきたときに、かかりつけ医、認知症疾患医療センターにつながり、確定診断ができるようなシステムで進めていくというのが、初期集中支援チームである。その確定診断については、専門的なところであり、専門施設と協議を進めており、チーム結成に向けて動いているところであるとの答弁がありましたが、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第10号、広陵町農業委員候補者選考委員会設置条例の制定については、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第11号、広陵町空家等対策協議会設置条例の制定については、空き家についての優遇税制を見直しを先にやってもらってはどうか。耐震性に欠ける空き家のあっせんはどうかと思うがとの質疑に対し、広陵町の方針としては空き家をいかに有効に利用していくかをまず最優先で図ってまいりたいという考えである。耐震も考えた上で、安価な費用でできる範囲のリフォームで業者も事業ができる。借りる方もある程度耐震化を考えた上での安い借家を借りれるという全てのものにとって有効なものが進められているという事例もあるので、固定資産にこだわるのではなく、できるだけ空き家として活用できるものについては、民間も利用した再活用を進めていくというのが、広陵町の方針だと思っているとの答弁がありました。


 そのほか各委員から種々の質疑がありましたが、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第12号、広陵町上下水道事業経営審議会設置条例の制定については、国保との報酬金額の差の経緯はとの質疑に対し、国保運営協議会については、会議のみのものではなく、年間を通じての運営状況を見ていただくことで、年額2万円と設定している。平成30年度に向けて報酬の見直しも考えていきたいとの答弁がありましたが、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第13号、広陵町上下水道事業の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の制定については、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第20号、広陵町介護保険条例の一部を改正することについては、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第21号、広陵町地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正することについては、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第22号、広陵町廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正することについては、以前の改正はいつか。近隣の市町村との兼ね合いはどうかとの質疑に対し、前回の改正については、平成5年の段階で当時の基準単価を150円から170円に改正を行った。約24年前に実施をして、それ以来、改正はしていない。近隣と比べると表面上では、広陵町が一番高いが、補助金は支給していないが、ほとんどの市町村は転売交付金という事業者側と交渉した中で一部補助を出す、あるいは一定の基準料をとるとか、それぞれで工夫をされているので、単価としては広陵町が一番高いが、行政側での税金での負担はないので、広陵町が高いわけではない。平均以下と判断しているとの答弁がありました。


 そのほか、種々の質疑がありましたが、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第23号、広陵町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正することについては、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第26号、平成28年度広陵町下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第27号、平成28年度広陵町水道事業会計補正予算(第1号)については、質疑及び反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第37号、指定管理者の指定については、民間に委託するに当たってのメリットはとの質疑に対し、民間の自由にある程度のサービスの向上にもなる。我々ができないこともできたり、グッズ販売とかサービス施設的なことも充実するのではないかと、コースの改良など専門的な方がおられるので、パークゴルフ場の質の向上につながるという思いはあるとの答弁がありました。


 そのほか、各委員から種々の質疑がありましたが、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で可決すべきものと決しました。


 以上、厚生建設委員会の審査の結果報告といたします。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。


 ただいまの委員長報告に対し、各議案ごとに審議します。


 それでは、議案第7号、広陵町立認定こども園条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 質問いたします。


 認定こども園の条例の制定なんですけれども、よくこの認定こども園というのは、幼稚園、保育園を一体化したこども園ということで、幼児保育、また幼児教育というふうなものを充実させていこうということのものだと思います。実際、この建物につきましては、他市町村では、それ相当の期間を要して検討して着手、そして運営していくことになるんですけれども、広陵町の場合は、要はプレハブの園舎の増築に関しての是正として隣の土地を購入し、認定こども園を建築するようになったということになります。実際にその辺の短期で、そういうふうな幼稚園の考え方、それから保育園の考え方を融合させて本当に認定こども園がきちっと形で発進できるのかと、時間が足らないのではないかというふうには思うんですが、その辺について意見等はなかったのでしょうかということが1点。


 それとあと、プレハブ園舎につきましては、3月15日、毎日新聞で当初から許可をとらずに建築したという経過に基づきまして、ただ、今、建物自体は危険だというふうなことが新聞に報道されております。実際に、その建物を建てることによって、この認定こども園というものが発進してきたわけですけれども、その認定こども園だけのことじゃなくして、そのプレハブのことについてもどのように考えておられるのかというふうなことも話がなかったのかということをお尋ねしたいと思います。


○議長(笹井由明君) 八尾厚生建設委員長!


○厚生建設委員会委員長(八尾春雄君) 新しい制度でございますので、幼稚園と保育園の合体ということが果たして時間的に十分に準備できるのかという議論があったかどうかということだと思います。この件については、そのような言葉遣いはされませんでしたけれども、子供たちを何時から預かるのがいいかとか、それから現場の教職員の皆さんがどんな働き方をするのだろうかとか、あるいは保護者組織のあり方についてどうかとか、それぞれまだはっきりしていない面が多いものですから、それぞれ戸惑いをもって受けとめているということが審議の中でも明らかになっておりますので、現時点で確定したものはこれだと、こういうのが示されませんでしたのでお答えとしては、間に合うか、間に合わないかというのは常任委員会の手のひらには乗らなかったと、こういうことだと思います。


 二つ目の毎日新聞の記事ですが、私も見ておりますが、このことについての安全性の議論というのは特になかったというふうに思います。


 以上です。


○議長(笹井由明君) ほかにありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) ほかにないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) 反対の立場で討論いたします。


 幼保一元化などと言って、性格や目的の異なる二つの施設を無理やり合同したいという無謀な計画となっています。これまでの審議の中、保育園型と幼稚園型のクラス編成とすることまではわかりましたが、同じ地域の子供たちが同じ場所で一緒に過ごすという説明に終わっており、教育や保育の本質に触れた議論がなされておらず、そのしわ寄せは当面は教職員に行き、最終的には保護者と子供たちに行くことを心配をしています。審議会の答申では、いずれ民営化することも提起されていることも問題です。また、議会答弁でも保育園を規定する指針は残り、幼稚園を規定する指導要領は残った上に、認定こども園を独自に規定する法令が存在するとの答弁がありました。これでは何を基準に働いたらよいのかさっぱりわかりません。


 先日、研修に伺った奈良市帯解認定こども園では、幼稚園教諭と保育士の間でみずからの労働をどのように位置づけたらよいのか激しい議論となり、奈良教育大学の幼稚園課程の先生に協力を仰いでようやく制度がスタートしたことが報告されていました。広陵町でも同様の議論になっていることは何度も関係者で打ち合わせ会議を開いているが、いまだ結論をまとめるところにまでは至っていないとの答弁でも推定できます。


 では、なぜ町は保育園の建てかえを選択せず、認定こども園を選択したのかが問われます。保育所の建てかえでなく、認定こども園にしようとする大きな原因は、国が保育の負担金を一般財源化の名でなくしてしまったことにあります。


 公立保育所が10年間で約2,500カ所も減少しています。これだけ問題が深刻になっているときに、国や自治体が先頭に立たなくてどうするのか。自治体が公立保育所建設を進められるように、国の責任を果たすことを求めます。


 また、土地の確保が大きな課題となっています。国有地の無償提供、土地確保のための国庫助成制度の緊急創設が必要です。公立保育所に対する新たな国の財政支援制度をつくること、公立保育所に対する国の新たな財政支援制度を創設し、保育所の建設や分園の設置、改修への補助、運営費の国庫負担分の復活などを求めます。同時に地域の保育ニーズと待機児童の実態を国や自治体が正確につかんで、責任をもって対策を進めることを求めていきます。


 もう一つの柱が保育士さんの賃上げと配置基準の引き上げです。


 保育士さんの低賃金は、国の基準が低過ぎることによってもたらされています。認可保育所の運営費、いわゆる公定価格を算出する際の人件費が低過ぎることが全産業平均より月10万円も賃金が低い事態をつくり出し、保育士不足の最大の原因となっています。国の基準を直ちに見直すべきです。保育士の配置基準が実情に見合わないために、賃金を国の基準よりさらに下げて、保育士やパートを配置しているために、一層の低賃金をつくり出しています。これを放置してきた国の責任は重大です。保育士の賃金を引き上げること、保育士の配置数の適正化など国の運営費を引き上げ、労働条件を改善すること、保育士の専門性にふさわしい処遇にすることが大事です。


 国の基準は、経験年数による賃金の上昇は11年たったら頭打ちという仕組みになっています。経験が大事な仕事であるにもかかわらず、早期退職を前提とする賃金の設定になっています。これを直ちに是正することを求めます。


 さらに、保育士の研修や仕事の準備、事務の時間、確保ができる運営費に改善していくことが必要です。


 さらに、支援スタッフ制度を含む非正規の使い捨てをやめ、正規化を進めることを求めます。


 また、谷議員の質問にもあったように、短期間で今進められているという指摘がありましたように、きのう、きょう、認定こども園の認定を取り消すという報道がありました。これを見て、やはり保護者の皆さんの間で認定こども園って大丈夫なのかなという不安が広がっているのではないかというふうに私は思うんです。現に子供が早く帰るのを見て、かわいそうだと思っておられる保護者の声も聞いています。一応説明会を開いたということを言っておられましたけれども、やはりもっと丁寧な、そういうふうに思っておられる保護者がおられることは確かなんですから、もっと説明会を丁寧に、また再度開いていくということも大事ではないかと思います。


 そして3年後に西小学校が今度また認定こども園にするような計画を検討されておられますけれども、これも私は時期尚早だというふうに思っております。この辺をやはりもっと丁寧にしていかないと、保護者、やっぱり子供たちにしわ寄せがいくようなそんな認定こども園になってはいけませんので、その辺もっと丁寧にやっていただきたいと思っています。


 保育園を抜本的に重視して建てかえるなら、私は保育園にすることを求め、認定こども園を推進することには反対なんですけれども、やるんだったら丁寧にせえということを求めて、反対をいたします。


○議長(笹井由明君) ほかに。


 5番、山村さん!


○5番(山村美咲子君) 賛成の立場で申し上げます。


 山田議員のおっしゃるように丁寧にするということについては、私も賛成でございます。このことにつきましては、再三、町のほうにも要望させていただいております。建物だけではなく、やはり人的配置を大事にしていただきたい、しっかりと保護者も子供たちも安心できるような認定こども園にしていただきたいという要望はさせていただいているところであります。


 今回のこの条例に関しまして、きちっとこうして条例を設けながら進めていただくというのは非常に必要なことであります。この認定こども園というのは、同じ年齢の子供たちが親が働いている、働いていないにかかわらず、同等の幼児教育を受ける場として非常に重要な役割を果たすのではないかと思います。特に、私はこの広陵北かぐやこども園につきましては、給食の調理室にアレルギー対応もされているということを設計図を見せていただいて、非常に子供たち、21世紀を担う子供たちの健全育成のためにすばらしい施設にしていただけるという期待を持っております。今非常に、保育士さん、また幼稚園の教諭たちが一緒になってカリキュラムづくりをされているということで、この平成28年度中に統一したカリキュラムをつくっていただき、平成29年でこのカリキュラムを同時に保育所、また保育園と幼稚園でしていただくということで、前段階に入っていただくということをお聞きしているところでございますので、非常にこのカリキュラムづくりをしっかりとしていただいて、1年間かけて人的配置を考えていただき、また子供たちに対して、また保育士、教諭に対してもしっかりとこういう準備をしていただいて、平成30年4月の開園に向けていっていただけるものだと認識をしております。


 この子ども・子育て制度についても山田議員おっしゃいましたけれども、一昨年よりこの子ども・子育て支援制度が始まりまして、やはりこういうことで子育て支援というのが充実されるということで取り組んでいるところであります。


 また、保育士の勤務環境にいたしましても、今本当に国のほうでしっかりと議論される中で改善をされているところでありますので、私はこの議案に対しては賛成をさせていただきます。


○議長(笹井由明君) ほかにありませんか。


 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 先ほど山田議員から私の名前も出ましたけれども、この認定こども園につきましては、賛成はさせていただきます。ただ、短期の認定こども園の設立ということで、物すごく心配はしております。それもできるだけきちっとした形でやっていただけるということと、あと福祉部長、前のときに確認しましたが、この認定こども園について安全対策はきちっとできているのかと。小さい子供さんがたくさんの時間をそこで過ごすということで安全対策はきちっとやっているのかということに関しましては、幼児の安全が最優先やということで回答をいただいております。これから建てる建物については、十分な安全を確保していただくことが保護者の願いでもあると思います。ただ、先ほど言いました現在、使われているプレハブ園舎につきましては、国、それから県のほうからの意見としまして、きちっとした安全性を確保をせないかんと、それは建築主、所有者の責任であるということが要は新聞紙上で書かれております。そこで今なお、そのままの状態で、小さい子供さんが使っておるわけです。早急にその分に関して対処をし、実行していただくと、安全を確保していただくということをお願いして、今回のこの制定については、賛成とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) ほかに討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第7号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第8号、広陵町障がい者施策推進協議会設置条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第8号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第9号、広陵町認知症初期集中支援チーム検討委員会設置条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第9号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第10号、広陵町農業委員候補者選考委員会設置条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第10号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第11号、広陵町空家等対策協議会設置条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第11号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第12号、広陵町上下水道事業経営審議会設置条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第12号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第13号、広陵町上下水道事業の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の制定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第13号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第20号、広陵町介護保険条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第20号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第21号、広陵町地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第21号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第22号、広陵町廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) 反対の立場で討論いたします。


 下水道施設の整備が進み、し尿処理受託企業の経営が厳しくなっているからというのが今回の提案理由になっています。しかしながら町の事業は委託先の経営のためにあるのではありません。町の事業を成立させるために委託という手法を用いているのではないかと思います。


 よって、委託先が希望すれば、現在町が行っている事業を見直すことも検討したらよいことだし、基本的には委託を受けるのかどうかという問題になると思います。くみ取りから水洗化は衛生上の改善であり、時代の趨勢でもあります。これからも同様の問題が生じてくることも考えられます。そのような中で、現在、下水道につなぐことを選択せず、従来からの方式を継続している方は、恐らく経費の負担やこれからの利用について考えたからこそ、そのようになっていると思いますので、値上げはなじみません。下水道が町内面積の98%をカバーするところにまで事業が進んできました。現在、くみ取りを選択している方々の意見や見込みを町において確認していただいた上で、今後の方針を検討するようにお願いして反対討論といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 10番、奥本君!


○10番(奥本隆一君) 反対者がありますので、賛成の立場で討論させていただきます。


 料金を値上げせずに事業が継続できれば、それにこしたことはないんですけれども、今の状況を見ますと、下水道の普及等により、し尿収集が減少傾向にある中にあって、収集にかかる人件費や経費も増加しております。今後も安定したし尿収集事業の継続を行うため、料金改定はやむを得ないものと考えますので、議案第22号については、賛成といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ございませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第22号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第23号、広陵町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正することについてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第23号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第26号、平成28年度広陵町下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第26号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第27号、平成28年度広陵町水道事業会計補正予算(第1号)を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第27号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第37号、指定管理者の指定についてを議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 3番、山田さん!


○3番(山田美津代君) 反対の立場で討論いたします。


 聞いたこともないような和歌山県の社団法人に指定管理を依頼する議案ですが、パークゴルフ場はオープンしてから1年間は無料にした後に有料にした経緯のある施設です。利用者は現在、町外の方が多くなっています。指定管理にしますと、利用料金がどのようになるのか注目されますが、単に業務委託の場合には、受託者がみずからの収入とすることができないのに対して、指定管理となりますと、みずからの収入とすることができるし、条例の定める範囲で料金設定が可能になります。せっかくオープンして収益も上がっている施設について、町の収入にしないで聞いたこともないような団体に委ねてよいのかどうか、ここが問われています。せめて町内企業や町内団体への業務委託という選択も考えられたのではないかと思います。しかしながら根本的に言って、これからの公共施設をどのように運営していくのかという問題について、町は指定管理者選定委員会の設置を条例制定して、この方向にシフトしようとしていますが、賛成することはできません。直接町が責任を果たす体制を堅持していただきたいと考えます。


 導入の説明では、民間の活力やノウハウを生かすのだなどと言ってますが、民間の中身はもうけを出すためにどうするのかという視点であって、公共の福祉を増進するために、自治体イコール町が存在するという地方自治体の根本に立ち返ってみれば、こうした指定管理者制度は廃止が相当です。よって、この議案には反対といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 10番、奥本君!


○10番(奥本隆一君) 反対者がありますので、賛成の立場で討論させていただきます。


 私もパークゴルフをやっておるので、この議案にはとても興味があるんですけれども、提案されている業者さんは聞いたこともない団体であるということなんですけれども、指定管理者選定委員会の議事概要を拝見させていただいても、熱意をもってパークゴルフの普及にかかわりを持たれていることが伺えます。また、経験が豊富であり、地域産業を含めての企画実績もされているということです。また、施設管理につきましても、スタッフの雇用に配慮いただける等の説明もありました。町が責任をもって、事業者の監督をされることで、広陵パークゴルフコースのすばらしい環境が維持され、広陵町民が元気に、また広陵町を県内外に発信していただき、全国からパークゴルフファンが集う拠点づくりとしての展開も考えられておられることから、この議案第37号につきましては賛成といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 私もこの件に関しましては、賛成の立場で討論させていただきます。


 町は、指定管理者制度というのを非常に周りの市町村から考えて遅く導入されました。周りの市町村では、もう5年も10年も前から指定管理者制度を使っております。町は初めての指定管理者制度になっております。


 今回の指定管理者、業者さんに関しましては、ちょっと不安な部分も私は持っております。ただ、このまま町が全ての建物を維持管理していくという時代ではありません。民間委託する部分に関しては民間委託していかないかんというふうな時代になっております。ですので、指定管理者の制度については、賛成なんですけれども、ただ、町はこの建物自体、福祉向上の目的で建物を建てられた部分が民間企業になって、利益誘導に走られるという懸念も正直ございます。それにつきましては、町がしっかりとした管理をし、町民の福祉に寄与する運営をしていただけるように、しっかり監視してやっていただきたいという願いを込めて賛成といたしたいと思います。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第37号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第37号は原案のとおり可決されました。


 次に、日程3番、議案第28号、第29号、第30号、第31号、第32号、第33号、第34号及び第35号を議題とします。


 本案について、予算審査特別委員会委員長より委員会の審査結果について報告願うことにします。


 予算審査特別委員会委員長、坂口君!


○予算審査特別委員会委員長(坂口友良君) それでは、予算審査特別委員会の報告を行います。


 予算審査特別委員会は、去る3月8日の本会議において付託されました8議案について、13日及び14日に委員会を開き、審査しましたので、その結果を御報告します。


 初めに、議案第28号、平成29年度広陵町一般会計予算でありますが、まず、総括事項として、まちづくり基本条例制定の進捗状況についての質疑に対し、平成29年度は、地域に出向いてワークショップ等を行い、住民の声を集約し、その後、後期基本計画の中に明示しているとおり、残りの5年間の中で実現していきたいとの答弁がありました。


 骨格予算は最低限必要な経費を盛り込んで予算編成をするものと考えているが、道路橋梁維持費等の工事請負金額が昨年度と同程度となっている。どのような配慮をもって骨格予算となっているのかとの質疑に対し、住民生活と密着する部分については、継続的な事業と同程度の予算を組ませていただいたとの答弁がありました。


 職員採用計画についての質疑には、現在職員数は209名であり、類似団体と比べて40名程度少ない状況にあるが、定年退職者の補充を基本として、過度にならないように、計画的に採用を行っていきたいとの答弁がありました。


 そのほか、香芝市との相互連携協定、保育園増築の件、パークゴルフ場の指定管理者、職員力の増強の手だて等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、歳入については「みどりのふるさと応援寄附金」についての質疑に対し、実績としてパークゴルフ場の維持管理費に145万1,100円、福祉事業に22万円、教育・子育て支援に1万2,000円、その他として374万176円の寄附があったとの答弁がありました。


 教育受託事業収入が大幅に減額となっている理由についての質疑には、平成28年度において、中学校給食センター建設に伴う香芝市からの受け入れ事業収入として計上されていた5億1,000万円の予算がなくなったことによるものであるとの答弁がありました。


 税を滞納した場合の対応についての質疑に対し、納期限から20日以内の間に10日間の猶予期限を設けた督促状を送付している。その後においては、法律上では差し押さえをしなければならないが、町では再度、催告の通知の送付や自宅訪問等により分割納付の相談を行っており、それでも納付いただけない方について、最終的に差し押さえを実施しているとの答弁がありました。


 図書館の財産貸付収入として10万円が計上されているが、その内容はとの質疑に対し、移住定住プロジェクトに基づき、図書館に相談窓口を兼ねたカフェを民間業者が設置することとなっており、その貸付収入であるとの答弁がありました。


 人権啓発活動地方委託金の内容についての質疑には、7月に実施する「人権のつどい」の開催に伴う経費について、法務省から委託金としていただくものであるとの答弁がありました。


 巣山古墳整備に関する補助金について、町の要望どおりの額となっているのかとの質疑に対し、補助金は年々減額されているため、財源不足分については、事業年度を翌年度以降にずらしながら整備を進めているとの答弁がありました。


 かぐやちゃんグッズの取り組みについての質疑に対し、靴下やペットボトルカバーの作成を予定しており、イベントや町の施設での販売を考えているとの答弁がありました。


 ほかに、町税の状況、「県政奈良」配布事業委託金、はしお元気村の現状等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、歳出でありますが、まず、総務費では、新清掃施設建設基金積立金についての質疑に対し、基金の原資として、平成29年度は、ごみ袋の売り上げ収入が3,360万円、利子が22万円と見込んでいる。


 また、現在の基金残高は、2億400万円程度であるとの答弁がありました。


 かぐや姫まつり運営委託料が減額されている理由はとの質疑に対し、平成29年度は、「第32回国民文化祭」と同時開催するため、所要の経費を他の予算科目と按分して計上しているためであるとの答弁がありました。


 防犯灯のLED化についての質疑には、平成26年度から実施しており、対象となる2,820基中、現在まで1,889基の工事を終え、実施率は67%であるとの答弁がありました。


 コンビニ交付の実績についての質疑には、12月から2月までの間において、84件の利用があったとの答弁がありました。


 行政改革の現状に対する質疑には、平成28年度においては、委員会の開催はなかったが、平成29年度から積極的に取り組んでいきたいとの答弁がありました。


 映画「天使のいる図書館」を今後どのように活用していくのかとの質疑には、映画の影響により図書館への来館者もふえているため、今後、4市1町で構成されている葛城地域観光協議会において、映画にちなんだロケ地めぐりやイベント等を共同で行っていきたい。


 また、町においても上映会やTシャツ、かばん等のグッズの販売を検討していきたいとの答弁がありました。


 そのほか、支援スタッフ賃金、財務書類作成関係業務委託料、職員研修等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、民生費では、社会福祉協議会の活用についての質疑に対し、財務基盤を支えるため町がやるべき事業を委託し、支えることによって、福祉の底上げにつなげていきたいとの答弁がありました。


 ボランティアの輪を広げる取り組みについての質疑には、ボランティアについては、現在、社会福祉協議会が取りまとめているが、任せ切りではなく、町も活動内容について報告を受けながら提案できるようにしていきたいとの答弁がありました。


 はしお元気村の部屋等を公民館活動に開放していく考えはとの質疑に対し、一時的な利用を認めていくことは可能と考えるが、仕分けをして利用ができるような条例の制定についても、今後検討していきたいとの答弁がありました。


 そのほか、老人福祉センターマイクロバス運行業務委託料、児童措置費補助金等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、衛生費では、平成28年度の食育推進会議の開催回数と活動実績についての質疑に対し、会議は3回開催しており、食育の推進を町全体で盛り上げていくことについて、住民の代表や各関係機関との間で共通認識を持つことができた。


 また、食育推進計画の概要版を全戸配布し、各種イベントにおいても周知を行ったとの答弁がありました。


 一般廃棄物処理基本計画策定についての質疑には、山辺・県北西部広域環境衛生組合において、平成28年度中に処理基本計画を策定することとなっており、整合性を持たせるため、組合の計画を参考に本計画を策定していきたいとの答弁がありました。


 「ゴミ分別アプリシステム」は、いつから利用できるのかの質疑に対し、平成29年4月から利用可能となるため、公共施設へのチラシの配布、区長・自治会長会定例会の場での説明、ごみ減量推進員を通じての積極的なPR等を行っていきたいとの答弁がありました。


 各種計画策定をコンサルタント業者に委託しているが、職員自身が自力で作成する考えはあるのかとの質疑に対し、職員の資質を高める上では重要であると考えるが、知識あるコンサルタント業者の提案も必要なため、使い分けていきたいとの答弁がありました。


 そのほか、し尿処理費の修繕料等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、農商工費では、広陵ブランドPR事業委託料の内容についての質疑に対し、「活力あふれるまちづくり」ブランド戦略展開事業として、靴下のPRポスターやブランドロゴを作成し、将来的には、タレント等を起用しながら靴下のPRを行っていきたいとの答弁がありました。


 町の観光施策として、たくさんの方が来ていただく手だてについての質疑に対し、夢のある観光事業を行えたらと考えている。箸尾地域がにぎわうための会議の開催や町内一円でのレンタサイクルの展開、また外国人に人気のある体験型の催しについても、今後、検討していきたいとの答弁がありました。


 そのほか、着ぐるみ作成委託料等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、土木費では、橋の設置計画についての質疑に対し、基本的には従来から川を越えるために設置された道路と道路をつなぐ橋梁に対し、かけかえを行っているとの答弁がありました。


 そのほか、橋の財源等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、消防費では、避難所であるミニ体育館のトイレ改修計画についての質疑に対し、中央体育館の改修状況を鑑みて、必要に応じて改修していきたいとの答弁がありました。


 同報防災無線電話とはとの質疑に対し、周囲の環境により屋外放送が聞き取りにくい場合の対応として、固定電話から防災無線で放送された内容を聞くことができるように設置するものであるとの答弁がありました。


 そのほか、防災無線の音達等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 次に、教育費では、各学校のトイレの洋式化率についての質疑に対し、東小学校50%、西小学校30%、北小学校22%、真美ヶ丘第一小学校91%、真美ヶ丘第二小学校21%、広陵中学校20%、真美ヶ丘中学校30%であるとの答弁がありました。


 パートナーシップ事業についての質疑に対し、十分に活用されていない面もあるが、特技、技能をお持ちの多くの方にボランティアとして登録いただいているため、活用していけるように進めていきたいとの答弁がありました。


 特色ある学校づくり補助金についての質疑に対し、学校独自で特色のあるものに対して補助金を交付しており、平成28年度には、真美ヶ丘中学校において、不登校調査のためのアンケート費用に対して補助を行っているとの答弁がありました。


 教員の激務に対処するため、どのような取り組みを行っているのかとの質疑には、校園長会において、県からの通達等を配布しており、また、毎週水曜日をノー残業デーとして取り組んでいるところであるとの答弁がありました。


 映画「天使のいる図書館」の反響についての質疑に対し、電話での問い合わせも多く、映画を見た後、図書館に来られる方もいらっしゃるため、館内にPRコーナーを設けているとの答弁がありました。


 また、上映後の取り組みとして、図書館協会を通じて発信していく予定はあるのかとの質疑には、協会の会議において協議していきたいとの答弁がありました。


 町立図書館は、指定管理者制度になじまないと考えるがとの質疑に対し、公共施設等総合管理計画に基づき、全ての公共施設について検討、議論していく上で、図書館のみを別に扱うという考えはないとの答弁がありました。


 放課後子ども育成教室について、希望される方を全員受け入れる方針なのかとの質疑に対し、年々希望者はふえており、施設のスペース、スタッフ数にも限度があるため、今後は待機者も出てくると考えているとの答弁がありました。


 ミニ体育館の改修状況についての質疑には、LED化については、平成29年度に行う真美ヶ丘体育館で最終となり、また、床面の改修工事については、平成29年度に西体育館の改修を行い、平成30年度に北体育館の改修を行うことにより、全ての体育館の改修を終えることになるとの答弁がありました。


 そのほか、奨学給付金等について質疑があり、それぞれに適切な答弁を受けました。


 以上、各分野にわたり、質疑をいたしましたが、いずれも適正に御答弁いただきましたものでありますが、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第29号、平成29年度広陵町国民健康保険特別会計予算については、平成30年度からの国民健康保険制度改正の状況についての質疑に対し、現在、制度の運営方針を県の国民健康保険担当課長を主体としたグループワーキングで検討されており、これをもとに市町村長会議で検討しているところである。


 ことし8月ごろの方針決定を受けて、納付金と標準料率が示されることとなっており、これを参考に町としてどれだけの料率を求めていくかを決定することになるとの答弁がありました。


 保険料がどれだけ平準化になるのかとの質疑には、県としては、県内どこに住んでいても同じ世帯構成、同じ所得水準であれば、同一の保険料を目指しているが、おおむね6年間の激変緩和措置等も検討されているとの答弁がありました。


 データヘルス計画についての質疑に対しては、保健事業等、共同化ができる部分は共同化を図っていき、市町村単独事業については、努力支援制度により別途交付金が交付される見込みであるとの答弁がありました。


 その他、種々の質疑があり、いずれも適切な答弁を受けましたが、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第30号、平成29年度広陵町後期高齢者医療特別会計予算については、質疑はありませんでしたが、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第31号、平成29年度広陵町介護保険特別会計予算については、事業所を利用していただくため、この予算では、どういう工夫がされているかとの質疑に対し、事業所にとっては、とても厳しい内容であると認識している。


 今後の介護保険の安定性を図るため、自立支援に向けての取り組みを事業所と協力しながらサービスを考えているとの答弁がありました。


 また、認知症対策についての考え方など、各委員から種々の質疑があり、いずれも適切な答弁がありましたが、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第32号、平成29年度広陵町墓地事業特別会計予算については、これからの墓地事業の見解についての質疑に対し、適切な答弁がありました。


 反対意見もなく、採決の結果、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第33号、平成29年度広陵町学校給食特別会計予算については、小学校の食材の業者選定について、このままの状態でいくのかとの質疑に対し、小学校5校に配送となり時間的な問題もある。


 また、町内の納入業者についても高齢化等もあり、一概に入札でとは言えないが、今後慎重に検討していかなければならないと考えているとの答弁がありました。


 その他、食育、小学校給食調理室の老朽化対策について質疑があり、いずれも適切な答弁を受けましたが、反対者があり、採決の結果、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第34号、平成29年度広陵町水道事業会計予算については、検針業務について包括委託料が計上されているが何か変わったことがあるのかとの質疑に対し、今までの検針業務は、個人委託であったが、昨年12月から包括委託で休開栓、窓口業務、滞納整理と検針も含めて民間委託しているとの答弁がありました。


 また、検針を効率的に2カ月に1回としている自治体もあるが、広陵町の場合は毎月検針の方針に変わりはないのかとの質疑に対し、滞納に対応できるように使用者の立場を考え、毎月検針がよいと考えているとの答弁がありました。


 その他、水道管入れかえ工事、水道管材料の供給状況等、各委員から種々の質疑があり、いずれも適切な答弁がありました。


 反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で原案どおり可決すべきものと決しました。


 最後に、議案第35号、平成29年度広陵町下水道事業会計予算については、公営企業法にのっとった予算編成での緩和措置、是正措置、切りかえによる下水道料金への影響はどのように考えているのかとの質疑に対し、公共性があれば事業としなければいけないので、一般会計からの繰り入れが認められていることから、上水道と同じ運営となるとの答弁がありました。


 そのほか、各委員から種々の質疑があり、いずれも適切な答弁があり、反対意見もなく、採決の結果、何ら異議なく、全員一致で原案どおり可決すべきものと決しました。


 以上、予算審査特別委員会の審査結果報告とします。


○議長(笹井由明君) ありがとうございました。


 しばらく休憩をします。


    (P.M. 0:03休憩)


    (P.M. 1:29再開)


○議長(笹井由明君) 休憩を解き、再開をいたします。


 午前中の委員長報告に対し、各議案ごとに審議します。


 それでは、議案第28号、平成29年度広陵町一般会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) それでは、平成29年度の一般会計予算に対する反対討論を行いたいと思います。


 まず、奈良市でも橿原市でも何やら新しい年度の一般会計の審議が大変注目をされているところですが、少しコメントをしておきたいと思います。


 職員さんの給料であるとか、いわゆる義務的経費といいますか、必ず出さなければいけないものもこの予算に入っているわけでございます。


 それから政策経費といいまして、住民の生活を応援せなあかんと、もっと利便性を改善せなあかんと、こういう前向きの前進のするような予算もあれば、逆にこれまで確保されていたものが大いに後退をすると、こういうものもあるわけでございます。奈良市も橿原市も私つまびらかに内容を把握しておりませんけれども、今、反対討論をしますというふうに言っていますので、反対の理由は述べますが、それ以外のところは特に述べないということですから、それはそれとして受けとめていただけたらと思います。


 必要なものも、また前進したものも含めた一般会計予算になっておりますから、その点反対すると、それにも反対するのかと、わしらの給料もらえなくなるんじゃないかと、こういうことにならないようにお願いをしたいと思います。


 予算審査特別委員会のときにも申し上げましたように、今回の予算は、骨格予算ということで事実上、平成27年度の決算報告に対する評価で山村吉由町政の評価を定める必要があると、こういうことで言っておったことは記憶もされておるかと思います。私はこの中で5つの問題を言っております。


 一つは安保関連法の関係でございます。事態が進みまして、5月20日にはPKO活動を終息させて日本に戻すと言うけれども、安倍総理大臣は危険だから戻るのではないと。本来の役割を終えたから戻るのだと。しかし、これはいささか強気の発言でございまして、このままであれば死人が出そうだというので引き上げざるを得ないとこういうことだろうと思います。これに関連しまして、我が広陵町では、自衛隊の求めに応じて中学生の名簿を閲覧させている、このことがいまだに続いておるわけであります。やめろというふうに言いましたけれども、そのことについては耳を貸さないと、こういう姿勢でございます。委員会審議の中では特に申しませんでしたけれども、これはこれとして大事な点でございます。


 二つ目は、個人情報のことについて、先ほど議案審議のところでマイナンバー法を撤退してはどうかと、こういうことを山田美津代議員からも討論をいたしました。これは費用対効果という点でいっても、個人の情報の管理上の問題からいっても、もうこういう制度はなくしてもらう必要があろうかと、こういうことでございます。


 三つ目は、中学校の給食の問題でございます。


 センターにするのか、自校にするのかという議論は、ほぼ終息しているように見えますけれども、今、温かいものは温かく、冷たいものは冷たくとか、地産地消を進めるとかいうようなことなんかについても、根源はやっぱりそこにあるように思っております。センターということを最終的に選択をされたと。それも株式会社に委託をすると。株式会社が仕事をする場合には、社会奉仕をするために受託をするわけでありません。自分の会社がもうけが出るようにということを前提にして受託をするわけでございまして、公務労働とは趣の異なる仕事をそのように外部に委託するというのは、すべきでないと、このように思っておるところであります。


 先ほどの議論で外部に仕事をもっと出してはどうかと、遅きに失したではないかという意見をお持ちの議員さんもおられるようでございます。公務労働というのは、もう少し考えてみたいと思うんですが、例えば私の近くに真美ヶ丘中学校という学校がございます。この学校は、黒字か赤字かと。必要な経費は、調達をして帳尻が合うようにしているわけですが、費用は、例えば先生方の経費は県が持っております。これを皆、町が負担をして支払うということになれば、収入がまるでありませんから大赤字でございます。しかし、公教育でございまして、義務教育でございますから、これが必要なものでございます。自治体が、あるいは保護者がそこに子供を通わせて、しっかりと教育をさせるというのが任務だから公の仕事としてこれをやっているわけです。私学ということありますから、それにはそこまでいきませんけれども、金がもうかるかもうからないかが公的な労働、公務労働の本質ではないんだということをむしろ逆の場合があるんだということをあえて申し上げたいわけであります。


 さらに、給食の特別会計予算のところでも申し上げたいと思いますが、香芝市との関係では当然入るべき金が入らないということも、そのままの話でございまして、きちんとしたらどうかという話にも突っぱねておられるということが大きな原因でございます。


 元気号のことについても触れておりますが、各議員はそれぞれ住まいの近くで、高齢者の皆さんのいろんな御要望を承りますので、不便だと。前に進んでいるから、進んでいるからこそ出てくる話かもしれませんけれども、これは住民の皆さんからの御要望をしっかり承るという活動が甚だ不十分の中で起きている問題でございます。


 真美ヶ丘ニュータウンは、バスが走っているから便利だろうというふうに思っておられるかもしれませんが、私の道路、上田部奥鳥井線を挟んだ馬見北4丁目にお住まいの方はバスは走っておりません。わざわざ坂道をおりてきて、しかるべきところにバス停までたどり着かなければいけないということですから、こういう公共交通の問題もまだ解決しておらないわけでございます。


 ごみ袋の問題についても引き続き基金に蓄えるということで、指定ごみ袋の使用が個別の申し込みになるんだという理由で有料化が続いております。


 6番目には、公共施設の削減計画でございます。これは知らせれば知らせるほど皆びっくりをいたします。私たちの知らないところで私たちの大切な公民館や集会所やいろんな施設が利用頻度が少ないので、整理をされそうだというようなことで、これは事実を一つ一つ明らかにしていかなくてはいけませんけれども、こういう問題についても進めようと、こういうことになっております。


 これらの評価を称して、6つの悪というふうに称したわけですけれども、今回の予算審議の中では、これらの問題が引き続き、やはり克服しなければいけない大きな課題であるということがはっきりしておったかと思います。


 加えて、もう一つだけ申し上げたいと思うのでございます。


 先ほどの議案審議の中で、いろんな委員会とか、審議会とか、条例の制定がございました。それぞれの委員会で議論をしていただいて、話を取りまとめていく、計画をしていくというときに、町の職員がみずからの力で計画だとか、レポートをまとめるというふうにもっと努力をしてもらわんといかんですね。いろんな計画がコンサルタントの協力といいますか、お金を払ってつくってもらっているという関係があります。具体的な中身まで詳しくは承知しておりませんけれども、職員が、特に幹部職員の皆さんは、一つ一つのそういう計画を自分の力でつくるようにしなければ、行政にかかわる者としての力量が上がらないのではないかと。こういうやり方も安易にアウトソーシングするようなやり方については、やはりきちんと見直して反省をしていただきたいというふうに思っております。


 総じて105億円という金額も骨格予算とは言いながらも通常予算に匹敵する金額で、大きなものがございます。今申し上げた、少なくとも申し上げた7つの項目について、改善が見られませんので、反対をいたします。


 以上です。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 9番、堀川君!


○9番(堀川季延君) ただいまの議案第28号、平成29年度広陵町一般会計予算について反対者がありますので、賛成の立場で討論させていただきます。


 町長の施政方針にもありますように、平成29年度は第4次総合計画後期基本計画の初年度となる予算であります。町長の任期が6月末日ということもありまして、骨格予算の考え方をもって、政策的な経費は一部抑えた予算にはなっておりますが、小中学校のトイレの洋式化推進を初め、放課後子ども育成教室の時間延長や各小学校への図書館司書の配置など、子育て教育に手厚い予算が計上されております。


 また竹取公園と馬見丘陵公園一帯をにぎわい、交流の場として奈良県と包括協定を締結し、町内外を問わず、観光と健康増進を願うまちづくりとしての基本構想の策定も打ち出されております。


 こういった少子高齢化対策事業を柱に継続事業や住民生活に密着したきめ細やかな予算が網羅されております。ただいま反対者のほうから6つの大きな悪ということでお話しいただきましたが、既に予算化されて久しい内容のものもございますし、実際に実働しているようなものもございます。一応一般会計予算につきましては、ただいまのような理由をもちまして賛成とさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 11番、谷君!


○11番(谷 禎一君) 今、八尾議員から反対の意見がございました。まさにそのとおりだと思います。実際に骨格予算として町長は6月までの任期の部分として提出されたものなので、それを反対ということでとめるわけにもいかんと思います。実際のところ、言われた部分に関しては、町の職員さんみずからが自分のことと考えていただいて、認識していただくということをもって賛成討論にしたいと思います。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第28号を原案どおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第29号、平成29年度広陵町国民健康保険特別会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) 平成29年度国民健康保険会計の反対討論を行います。


 国が各地方自治体から上がっている悲鳴ですね、国保会計がこのままではもたないということで悲鳴を上げて、1,700億円の金を地方自治体に応援をする意味で届けたわけですけれども、我が広陵町は、これを被保険者に返すことなくちゃっかりと基金ということで蓄えると、こうなりました。これは平成30年度から国民健康保険が広域連合になると。広陵町も保険者だし、奈良県も保険者だという説明がありましたから、実際の仕事の仕方がどういうふうになるのかはわかりませんけれども、県が言っているのは、医療がどういうふうに受けられるのかの差というのは考慮しないと、地域によってはお医者さんがたくさんおられるところと、そうでないところがあるけれども、そうではないと。同じ条件の人には同じ条件で負担をせよということで、実際には、保険料が上がるのではないかということが大変心配されます。実際に共産党地方議員団で奈良県の担当部局と直接交渉をしたことがありますが、自治体によっては、任意の一般会計からの繰り入れについてこれまで自治体として努力をしてきたわけだけれども、それはどうなるのかと、心配をしておりましたところ、県はそのような任意の繰り入れはすべきでないということをそれぞれの自治体に言っているようでございます。


 荒井知事が言っている奈良モデルというのがありますけれども、ここで思い返すと消防がそうだし、水道がそうだし、後期高齢は国の制度でもありますけれども、そういうものだし、自治体の枠を超えて行う中で、県が指導性を発揮して、言ってみれば県が命令したことは地方の自治体は受け入れなさいと、こういうことをやってきていることが大変気になるわけであります。我が広陵町の国民健康保険の運営の仕方については、県の意向も確認をしたらいいですけれども、あくまで被保険者の声をしっかりと受けとめるということがなければいかんのではないか。年収が300万円で所得が192万円の方の協会けんぽと国民健康保険の比較をしまして、事務局にお尋ねをしましたところ、ほぼ国保の場合が収入の16%もの掛金を負担しなければいけないということで、大変困難な事態に陥っていることがわかりました。このことについてどうなんだということを事務局とやりとりしてもなかなか前に進みませんけれども、これはやはり二十数年前には国保会計の半分が国の援助金で賄われていたという時代から来ると、どんどんと国から来る金が減って、被保険者のところに負担をしなければいけないというような環境になってくると、こういう中で起きている問題でございます。


 よって、被保険者としての暮らしをやっぱりもう少し役場の職員さんもよく見ていただいて、寄り添ってしていただきたいという趣旨で、例えば65歳以上の方々だけの世帯においては、減免の制度がありますよということを個別に伝えたらどうかということも私提案をいたしましたけれども、物の見事にけっちんをくらいまして、それはできませんと、こういうことになっておるわけであります。そういう総合的な意味合いで、これ以上高くなる国民健康保険、このままにしておくわけにはいかないという意味を込めまして反対をいたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 9番、堀川君!


○9番(堀川季延君) 反対者がありますので、賛成の立場で討論させていただきます。


 この議案につきましては、平成30年度の県単位化を見据えての予算となっておりまして、定められた制度の中で保健増進事業の推進を初め、医療費の適正化対策にも重点を置いた予算となっております。


 また、財政調整基金の取り崩しを行うことで、現行の税率を維持しているものであります。当然特別会計という性格もございますので、医療費支出に伴う一定の収入財源というのは必要でございますので、このことからも国民健康保険特別会計予算につきましては、何ら問題なく賛成とさせていただきます。


○議長(笹井由明君) ほかにありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第29号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第30号、平成29年度広陵町後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) 一般会計のところで具体的に数字を言いましたから余り長く言うつもりはありませんけれども、75歳になったらこれまでとは違った制度にしたのは、平成20年4月1日からでございました。家族に会社勤めの人がいたら、その被扶養家族になったら保険料は負担しなくてもよかったのに、75歳になった途端急に金を払えという制度に変わったわけでございます。


 導入当初、政権はいろいろ配慮して激変緩和措置も講じて、高齢者の医療費が高くなるので何とかいうようなことをいろいろ言っておりました。9割の減免を行うということで、9年間この中で特別減免というのをやられたんですけれども、ことしの1月25日に厚生労働省の社会保障審議会の答申の中で、いよいよ平成29年度、30年度、31年度の3年間にかけて割引なしにすると、こういう方向が出ましたので、9割減免を受けていた方については、最高で10倍の掛金を負担しなければいけないと。


 町長の答弁では、ちょっとそれと違ったコメントもありましたから、また確認まで至っておりませんけれども、これは事務方も認識しておられましたが、2025年問題といいまして、昭和22年生まれの方が75歳に達したときに、その年度にお生まれになった方が300万人を超えるという、団塊の世代でございます。昭和22年、23年、24年、それぞれ300万人ずつ生まれておられますので、このときの医療費が非常に大きくなるのを今から想定して段取りにかかると。だからいよいよ後期高齢者医療制度の本領発揮といいますか、いよいよ高齢者の医療費は、高齢者で払いなさいということが本格的に進む、そのタイミングがまさに今でございます。後期高齢者医療制度は廃止をせよということで頑張ってまいります。それが反対討論でございます。


 以上です。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 5番、山村さん!


○5番(山村美咲子君) この後期高齢者医療制度といいますのは、若い世代と高齢者の負担を明確にして、公平でわかりやすい制度とするために、平成20年4月から始まった制度でございます。若い世代が高齢者を支えるとともに、高齢者も保険料と医療費の一部を負担することで、国民皆保険を引き継いでいく支え合いの仕組みであるという。また高齢者の福祉の増進を図ることを目的にされた制度でございます。今八尾議員がおっしゃいました減免のことでありますけれども、75歳以上が加入するこの後期高齢者医療制度というのは、低所得者の保険料の均等割部分を9割また8.5割軽減する特例を当面継続ということで、また保険料の所得割部分を5割軽減する特例は経過措置を設けた上で平成18年度に解消する、会社員の妻など被用者保険の扶養者だった人についてはということで、こういう軽減措置もされておりますので、私はこの後期高齢者医療制度につきましては、賛成をさせていただきます。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第30号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第31号、平成29年度広陵町介護保険特別会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) 介護保険特別会計予算に対して反対討論を行います。


 介護の社会化ということで従来であれば、家族がいろいろお世話をしていたのが、もう耐えられないと、これは制度を設けて、社会全体で支えようではないかというのが介護保険の出発点でございました。制度が進むに従いまして、施設ができたり、新しい仕組みができたりして、喜ばしい点もあったわけですけれども、費用がかかるというので被保険者負担をどんどんと今は被保険者負担が100分の22というふうに引き上げられたり、それから施設では、要介護3以上の方でなければ預かることはいたさないということを言ってみたり、それから要介護2以下の福祉用具の貸与を縮小する計画があったり、いろいろな改悪を盛り込みながら全体の経費を抑えるという流れにどうもなっているようでございます。これはもう話が違うので、年金から頼んでもいないのに勝手に介護保険料を差っ引いて、それで実際に利用してみたいと思ったら利用ができなくなったというようなお話があちこちから聞こえてまいります。制度の趣旨をもう一度しっかりと受けとめてやり直すぐらいの覚悟でなければ、この介護の世界というのはなかなかうまくいかないんじゃないかと。特にこの事業として展開しておられる方が国から来る金がどんどん減らされると。兼業せざるを得ないような事業所まで出てくる。閉鎖も考えると。広陵町ではないというふうに何か言っておられましたけれども、寸前だろうと思っております。もう少し温かい対応をしていただきたいなと、こういう趣旨で反対を述べます。


○議長(笹井由明君) ほかに。


 5番、山村さん!


○5番(山村美咲子君) この介護保険というのは、老後の安心を支えるため限られた財源の中で介護基盤をどう整備するかが問われているところでございます。八尾議員は事業者の立場で今意見を言われましたが、私自身も介護をする家族を抱えており、利用する者といたしましては、この介護保険制度というのは非常に必要なものだと認識しております。特に公明党といたしましても、高齢者が住みなれた地域で医療、介護、生活支援サービスを安心して設けることができるよう地域包括ケアシステムの構築を進めていきたいと今訴えているところであります。


 また、今年度の予算書にありました認知症対策でございますが、この認知症の人やその家族に対して、看護師などの専門家がチームとなって、初期の支援や生活のサポートを行う体制の整備ということで認知症初期集中支援チームということがこの予算の中に含まれております。これは本当に2018年4月には、全市町村にチームを設置することが認知症施策推進総合戦略で含まれているところでありますけれども、広陵町におきましては、いち早くそうしたことをしっかりと体制づくりをしていただき、広陵町の認知症の方々のために予算をとっていただき、またシステムづくりをしていただいているところでございますので、私はこの予算について賛成をいたします。


○議長(笹井由明君) ほかにございませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) ほかに討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第31号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第31号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第32号、平成29年度広陵町墓地事業特別会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第32号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第32号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第33号、平成29年度広陵町学校給食特別会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) 焦点を絞って反対討論をしますけれども、二つです。


 町が直接行わなければいけない調理業務を民間に委託してしまったと。株式会社ですから、利益を出すことが目的の株式会社に委託するというのは、公務労働としてはなじまないのではないかということを再度指摘をしておきたいと思います。


 それから急に変わりましたが、香芝市との合同で中学校給食のセンターができました。土地使用料については、結局無償にしますということを議会も議員も賛成するというようなことになっております。全会一致ではなかったですから、少なくとも3名は賛成をしておりませんけれども、こういう問題についても収入の計上がない欠陥予算だということを指摘して反対します。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


 1番、?野さん!


○1番(?野直美君) 賛成の立場で討論します。


 学校給食センターに関連する経緯、用地の使用などに関して、その取り扱いについて適正でない旨をもって反対の理由とされておりますが、いずれも議会において議決、承認を得て円滑な運営がなされているものであります。学校給食は安全・安心を大前提として適正かつ円滑な運営に努めることは申すまでもありません。理事者側からは栄養士が丸2年たったので、食育の取り組みができるのではないか。また、先ほどの反対討論にもありましたが、民間委託をする際、やはり民間委託をするということで、急に欠員が出た場合の対応、そちらのほう、人員の確保ができるということでやはり一番それが安全・安心な給食ではないか。食育に対しての取り組みもできるのでおいしい給食に向けての実現に至るのではないかと思います。


 このことから学校給食特別会計予算の内容につきまして、必要かつ妥当なものであり、何ら不備を認めるものではないことを申し添えまして、賛成といたします。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 本案について、反対者がありますので、起立により採決します。


 議案第33号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         (賛成者起立)


○議長(笹井由明君) 起立11名であり、賛成多数であります。


 よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第34号、平成29年度広陵町水道事業会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第34号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第34号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第35号、平成29年度広陵町下水道事業会計予算を議題とします。


 先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議案第35号は、委員長の報告のとおり、原案可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第35号は原案のとおり可決されました。


 次に、日程4番、議員提出議案第2号、給付型奨学金の拡大等を求める意見書については、八尾君から提出され、所定の賛成者があり、成立しておりますので、これより議題とします。


 朗読させます。


 局長!


○議会事務局長(阪本 勝君) 朗読


○議長(笹井由明君) 本案について、提案趣旨の説明をお願いします。


 13番、八尾君!


○13番(八尾春雄君) 読み上げまして、提案をいたします。


 給付型奨学金の拡大等を求める意見書。


 大学など高等教育の学費負担の重さは、充実した学生生活を望む若者の前に立ちふさがり、障害となっている。若い世代に不安定雇用が広がるもとで、経済的理由から奨学金を返済できない人もふえている。政府は2012年9月、中等・高等教育の漸進的無償化を求めた国際人権規約第13条第2項(b)及び(c)の留保を撤回した。これにより、日本は高校・大学など「中等・高等教育の無償化」を目指すことになった。


 公立高校授業料への所得制限の導入は、無償化への歩みを後退させるものであり、クラスに分断を持ち込み、保護者・学校現場の混乱を招くことも危惧される。教育の無償化は、憲法でうたわれた「教育を受ける権利」及び教育基本法における「教育の機会均等」から要請されることである。主要国では、既に返済の必要のない給付型奨学金が整備されており、その多くで大学授業料の無償化、ないしは低額措置が実施されている。OECD(経済協力開発機構)の調査では、GDP(国内総生産)に占める日本の高等教育予算は0.5%と加盟34カ国中で最低水準になっている。


 こうした中、政府は、平成29年度予算で初めて給付型奨学金を創設しようとしている。平成29年度は下宿先から私立に通う成績優秀者と児童養護施設出身者の計約2,800人に先行実施される。平成30年度以降は、高校側が在校中の成績や課外活動の成果を基準に対象者を決め、1学年約2万人に給付するものとなっている。こうした経緯を踏まえ、次の事項を実現するよう強く要望する。


 記


 1、給付型奨学金制度を拡大すること。


 2、国立大学の学費減免制度など負担軽減策を拡充すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成29年3月21日 奈良県広陵町議会


 衆議院議長 大島理森様、参議院議長 伊達忠一様、内閣総理大臣 安倍晋三様、内閣官房長官 菅 義偉様、文部科学大臣 松野博一様


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(笹井由明君) これより本案について、質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。


 討論ありませんか。


 4番、吉村さん!


○4番(吉村眞弓美君) 一言申し上げまして、賛成をさせていただきます。


 公明党は、結党以来、誰もが公平に良質な教育を受けることのできる社会を目指して、義務教育における教科書無償配布を初め、奨学金の抜本拡充など、これまでさまざまな教育費用負担軽減策を実現しております。そんな中で、今回の実現することとなりました給付型奨学金制度、無利子奨学金の充実、所得連動返済型制度導入、これらの大きな三本柱が実現する運びとなりました。大学等奨学金事業の充実のため、これらの政策は画期的な一歩であると考えています。その上で、今後も奨学金制度を初めとする日本の未来を担う子供たちの可能性をひらく教育視線をさらに拡充していくべきだと考えておりますので、この意見書については、賛成をさせていただきます。


○議長(笹井由明君) ほかに討論ありませんか。


          (「なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。


 議員提出議案第2号は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


          (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井由明君) 異議なしと認めます。


 よって、議員提出議案第2号は原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の議事日程は、全て終了しましたので、これで会議を閉じます。


 本定例会に付議されました事件は、全て終了いたしました。


 平成29年第1回定例会は、これにて閉会します。


    (P.M. 2:09閉会)








 以上、会議の顛末を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。








       平成29年3月21日








            広陵町議会議長   笹 井 由 明





            署名議員      青 木 義 勝





            署名議員      ? 野 直 美