議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 広陵町

平成22年第1回臨時会(第1号 4月16日)




平成22年第1回臨時会(第1号 4月16日)





 
         平成22年第1回広陵町議会臨時会会議録(第1号)





                平成22年4月16日




















               平成22年4月16日第1回


                広陵町議会臨時会会議録





 平成22年4月16日第1回広陵町議会臨時会は、広陵町議場に招集された。





1 出席議員は、13名で次のとおりである。





   1番  山 田 光 春          2番  竹 村 博 司


   3番  青 木 義 勝          4番  吉 田 信 弘


   5番  笹 井 正 隆          6番  坂 口 友 良


   7番  乾   浩 之          8番  長 ? 好 郎


   9番  八 代 基 次         10番  八 尾 春 雄


  11番  山 田 美津代         13番  松 浦 敏 信


  14番  山 村 美咲子





2 欠席議員は、なし。





3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は、次のとおりである。





  町     長  平 岡   仁     副  町  長    山 村 吉 由


  教  育  長  安 田 義 典     総 務 部 長    竹 村 元 延


  財 政 部 長  坂 口 佳 隆     福 祉 部 長    奥 本 隆 一


  事 業 部 長  吉 村 元 伸     教育委員会事務局長  植 村 和 由


  水 道 局 長  松 井 純 二





4 本会議の書記は、次のとおりである。





  議会事務局長   松 井 宏 之


  書     記  北 橋 美智代     書     記    菊 川 佳 昭





○議長(笹井正隆君) ただいまの出席議員は13名です。定足数に達していますので、平成22年第1回広陵町議会臨時会を開会します。


 これより本日の会議を開きます。


   (A.M.10:06開会)


 本日の議事日程はお手元に配付したとおりです。





日程番号      付 議 事 件


 1        会期の決定について


 2        会議録署名議員の指名


 追加日程     議長の辞職について


 追加日程     議長の選挙


 追加日程     副議長の辞職について


 追加日程     副議長の選挙


 追加日程     常任委員の所属変更について


 追加日程     議会運営委員の辞職について


 追加日程     議会運営委員の選任について


 3 議案第19号 広陵町監査委員の選任につき同意を求めることについて





○議長(笹井正隆君) まず、日程1番、会期の決定についてを議題とします。


 会期については、さきの議会運営委員会において本日1日とすることにあらかじめ決定されております。


 お諮りします。本臨時会の会期を本日1日とすることにご異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日と決定しました。


○議長(笹井正隆君) 次に、日程2番、会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により


 4番  吉 田 君


 6番  坂 口 君


を指名します。


○議長(笹井正隆君) しばらく休憩します。


   (A.M.10:07休憩)


   (A.M.10:08再開)


○副議長(乾浩之君) 休憩を解き再開します。


○副議長(乾浩之君) お手元に配付しましたとおり、議長の笹井君から辞職願が提出されています。


 お諮りいたします。議長辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○副議長(乾浩之君) 異議なしと認めます。よって、議長の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 議長の辞職についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定によって、笹井君の退場を求めます。


         (笹井正隆議員退場)


○副議長(乾浩之君) お諮りいたします。笹井君の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○副議長(乾浩之君) 異議なしと認めます。よって、笹井君の議長の辞職を許可することに決定しました。


 笹井君の退場を解きます。


         (笹井正隆議員入場)


○副議長(乾浩之君) 前笹井議長から辞職のあいさつがございますので、しばらくご清聴ください。


○5番(笹井正隆君) 議員の皆様、この1年間大変お世話になりました。皆さんのおかげでどうにかこうにか一生懸命議長の大役を務めさせていただいたと自分は思っております。今後とも私は一議員に戻り、平岡町長が推進されます安心安全な町、また人にやさしい、人がやさしい町について、行政、理事者、議員ともども今後一致団結して広陵町発展のために、私は一議員に戻り頑張っていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。


 本日はどうも今までのご加護に対しまして、簡単ではございますが御礼にかえさせていただきます。本日はありがとうございました。


○副議長(乾浩之君) ありがとうございました。


○副議長(乾浩之君) ただいま議長が不在となりました。


 お諮りいたします。議長の選挙を直ちに日程に追加したいと思いますが、これに異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○副議長(乾浩之君) 異議なしと認めます。よって、議長の選挙を直ちに日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。


 議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。議長選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選の方法としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


         (「異議あり」の声あり)


○副議長(乾浩之君) 異議がありますので、選挙の方法は投票で行うことにいたします。


 しばらく休憩いたします。


   (A.M.10:12休憩)


   (A.M.10:13再開)


○副議長(乾浩之君) 休憩を解き再開します。


 議長の選挙の投票を行います。


 議場出入り口を閉鎖いたします。


         (議場閉鎖)


○副議長(乾浩之君) ただいまの出席議員数は13名であります。


 立会人を指名いたします。会議規則第31条第2項の規定により、立会人には、1番、山田光春君、2番、竹村君、3番、青木君を指名いたします。


 投票用紙を配付させます。


         (投票用紙配付)


○副議長(乾浩之君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


         (「なし」の声あり)


○副議長(乾浩之君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


         (投票箱点検)


○副議長(乾浩之君) 異状なしと認めます。


 投票は単記無記名です。


 白票は無効といたします。


 投票用紙をご記入ください。


 ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


         (議会事務局長点呼、投票)


○副議長(乾浩之君) 投票漏れはありませんか。


         (「なし」の声あり)


○副議長(乾浩之君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 ただいまから開票を行います。1番、山田光春君、2番、竹村君、3番、青木君、開票の立ち会いをお願いいたします。


         (開 票)


○副議長(乾浩之君) ただいまの開票結果について、事務局長より報告させます。


○議会事務局長(松井宏之君) 開票の結果を報告申し上げます。


 投票総数13票


 そのうち


 有効投票 13票


 無効投票  0票


 有効投票中


 笹井正隆議員 6票


 八代基次議員 5票


 八尾春雄議員 2票


 以上のとおりであります。


 この選挙における法定得票数は4票であります。以上です。


○副議長(乾浩之君) ただいまの報告により、笹井君が議長に当選されました。


 議場の出入り口の閉鎖を解きます。


         (議場開鎖)


○副議長(乾浩之君) 議長に当選されました笹井君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をします。


 新議長の笹井君からあいさつがございます。笹井君!


○5番(笹井正隆君) 一言、ごあいさつ申し上げます。


 このたび、不肖私、議員皆様方のご推挙によりまして、広陵町議会議長の要職につくことになりました。まことに身に余る光栄でございます。私は議会議員としてその経験も浅く、また浅学非才でありましてその器ではないことをよく承知しておりますが、ここに皆様の推挙を受けました上は、一身挺してそのご厚意に報いたい覚悟でございます。


 なお、議会の運営につきましては、不偏不党、公平無私の立場を堅持いたすところであります。何とぞ議員皆様方のご支援とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 次に、理事者各位に申し上げます。我々議会といたしましては、至らずに摩擦を起こすようなことはもとより避けなければなりませんが、同時に安易な妥協に陥ることがあってはならないと思います。広陵町発展のため正しく相携えて、3万4,000の町民の信託にこたえなければならないと考えております。ご協力のほどよろしくお願い申し上げまして、私の就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○副議長(乾浩之君) 議員の皆様には、議事進行にご協力をいただきましてありがとうございました。


 新議長と交代いたします。


         (議長席の交代)


○議長(笹井正隆君) しばらく休憩します。


   (A.M.10:28休憩)


   (A.M.10:30再開)


○議長(笹井正隆君) 休憩を解き再開します。


○議長(笹井正隆君) お手元に配付しましたとおり、副議長の乾君から辞職願が提出されています。


 お諮りします。副議長の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、副議長の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。


 副議長の辞職についてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定によって、乾君の退場を求めます。


         (乾浩之議員退場)


○議長(笹井正隆君) お諮りします。乾君の副議長の辞職を許可することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) ご異議なしと認めます。よって、乾君の副議長の辞職を許可することに決定しました。


 乾君の退場を解きます。


         (乾浩之議員入場)


○議長(笹井正隆君) 前乾副議長から辞職のあいさつがございますので、しばらくご清聴ください。


○7番(乾浩之君) 議員の皆様、1年間本当にありがとうございました。何分未熟な私でございましたが、皆さんのご指導でいろいろと勉強させていただき、ありがとうございました。今後ともまたよろしくお願いして、簡単ではございますがあいさつにかえさせていただきます。本当にありがとうございました。


○議長(笹井正隆君) ありがとうございました。


○議長(笹井正隆君) ただいま副議長が不在となりました。


 お諮りします。副議長の選挙を直ちに日程に追加したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を直ちに日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。


 副議長の選挙を行います。


 お諮りします。副議長選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選の方法としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


         (「異議あり」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議がありますので、選挙の方法は投票で行うこととします。


 しばらく休憩します。


   (A.M.10:34休憩)


   (A.M.10:34再開)


○議長(笹井正隆君) 休憩を解き再開します。


 副議長の選挙の投票を行います。


 議場の出入り口を閉鎖します。


         (議場閉鎖)


○議長(笹井正隆君) ただいまの出席議員数は13名であります。


 立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により、立会人には、4番、吉田君、6番、坂口君、7番、乾君を指名します。


 投票用紙を配付させます。


         (投票用紙配付)


○議長(笹井正隆君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。2枚重なっておりませんか。よろしくご検討願います。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 配付漏れはなしと認めます。


 投票箱の点検をします。


         (投票箱点検)


○議長(笹井正隆君) 異状なしと認めます。


 投票は単記無記名です。


 白票は無効とします。


 投票用紙をご記入ください。


 投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票を願います。


         (議会事務局長点呼、投票)


○議長(笹井正隆君) 投票漏れはありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 ただいまから開票を行います。4番、吉田君、6番、坂口君、7番、乾君、開票の立ち会いをお願いします。


         (開 票)


○議長(笹井正隆君) ただいまの開票結果について、事務局長より報告させます。事務局長!


○議会事務局長(松井宏之君) 開票の結果をご報告申し上げます。


 投票総数13票


 そのうち


 有効投票 13票


 無効投票  0票


 有効投票中


 乾浩之議員   6票


 山村美咲子議員 5票


 山田美津代議員 2票


 以上のとおりであります。


 この選挙における法定得票数は4票であります。以上です。


○議長(笹井正隆君) ただいまの報告により、乾君が副議長に当選されました。


 議場の出入り口の閉鎖を解きます。


         (議場開鎖)


○議長(笹井正隆君) 副議長に当選されました乾君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をします。


 新副議長からあいさつがございます。新副議長、演台でお願いします。


○7番(乾浩之君) 一言ごあいさつさせていただきます。


 今回、議員の皆様のご推挙によりまして、副議長の要職に就任させていただくことになりましたこと、このうえなく光栄に存じます。同時にまたその責任の重大さを痛感し、議長の足手まといにならないように頑張ります。議長ともどもまた1年間頑張りますので、皆様よろしくお願いしときます。ありがとうございました。


○議長(笹井正隆君) しばらく休憩します。


   (A.M.10:47休憩)


   (A.M.11:42再開)


○議長(笹井正隆君) 休憩を解き再開します。


○議長(笹井正隆君) お手元に配付したとおり、常任委員の所属変更届が提出されました。


 お諮りします。常任委員の所属変更についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、常任委員の所属変更についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。


 常任委員の所属変更についてを議題とします。


 総務文教委員の笹井正隆、八尾春雄君、松浦敏信君から厚生建設委員へ、厚生建設委員の竹村博司君、乾浩之君、山田美津代君から総務文教委員へ、それぞれ常任委員の所属を変更したいとの申し出があり、お諮りします。申し出のとおり、それぞれ常任委員の所属を変更することにご異議ございませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、それぞれ常任委員の所属を変更することに決定しました。


 それでは、各常任委員会の委員構成が変わりましたので、局長より報告させます。事務局長!


○議会事務局長(松井宏之君) それでは常任委員のそれぞれの委員さんの報告をさせていただきます。


 総務文教委員会、山田光春議員、竹村博司議員、青木義勝議員、吉田信弘議員、乾浩之議員、八代基次議員、山田美津代議員の7名でございます。


 続いて、厚生建設委員会の委員でございます。八尾春雄議員、松浦敏信議員、笹井正隆議員、坂口友良議員、長?好郎議員、山村美咲子議員、以上でございます。


○議長(笹井正隆君) 先ほど各常任委員会において委員長及び副委員長が辞職されております。新しい委員長及び副委員長を互選されました。その結果、総務文教委員長、山田光春君、副委員長、竹村博司君。厚生建設委員長、八尾春雄君、副委員長、松浦敏信君と決定されましたのでご報告します。


○議長(笹井正隆君) 次に、お手元に配付したとおり、議会運営委員会から辞職願が提出されました。


 お諮りします。議会運営委員の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。


 議会運営委員の辞職についてを議題とします。


 お諮りします。議会運営委員の辞職を許可することにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員の辞職を許可することに決定しました。


○議長(笹井正隆君) ただいま議会運営委員が不在となりました。


 お諮りします。議会運営委員の選任についてを日程に追加したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員の選任についてを日程に追加することに決定しました。


 議会運営委員の選任についてを議題とします。


 先ほど協議されました結果を事務局長より報告させます。松井事務局長!


○議会事務局長(松井宏之君) 議会運営委員会委員の皆様の報告をさせていただきます。


 吉田信弘議員、山村美咲子議員、青木義勝議員、長?好郎議員、山田美津代議員、松浦敏信議員、以上6名でございます。


○議長(笹井正隆君) ただいまの報告のとおり決定することにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、ただいまの報告のとおり決定しました。


 なお、委員長及び副委員長については、先ほど委員会において互選されました結果、委員長、吉田信弘君、副委員長、山村美咲子君と決定されましたのでご報告します。


 続きまして、その他の委員についても協議されましたので、事務局長から報告させます。松井事務局長!


○議会事務局長(松井宏之君) その他の委員についてご報告申し上げます。


 初めに、広報編集委員会の委員でございます。委員には、乾浩之議員、山村美咲子議員、坂口友良議員、松浦敏信議員、八代基次議員、山田美津代議員の以上6名が広報編集委員に選任されております。なお、委員長につきましては、広陵町議会広報発行規定第4条第1項第2号により、副議長をもってこれに充てると規定されておりますので、委員長には副議長の乾浩之議員、副委員長には山村美咲子議員がそれぞれ互選されておりますので、ご報告申し上げます。


 続きまして、香芝・広陵消防組合の議員でございます。議員には、議長は充て職となっております。その他3名の議員でございます。山田光春議員、竹村博司議員、坂口友良議員、以上4名の方が香芝・広陵消防組合の議員に選ばれております。


 続いて、国保運営協議会の委員でございます。山田光春議員、吉田信弘議員、坂口友良議員、長?好郎議員、八代基次議員、山田美津代議員、以上6名の方が国保運営協議会の委員に選ばれております。


 都市計画審議会の委員でございます。竹村博司議員、青木義勝議員、乾浩之議員、八尾春雄議員、山村美咲子議員、以上5名の方が都市計画審議会の委員に選ばれております。


 続いて、消防委員会の委員でございます。八代基次議員、八尾春雄議員、松浦敏信議員、山村美咲子議員、4名の方が消防委員に選ばれております。


 それから、管理サービス公社の理事でございます。理事には、山田美津代議員、松浦敏信議員、2名が選任されております。


 それから、介護保険計画策定委員会の委員でございます。山田光春議員、八尾春雄議員、2名の方が策定委員に選ばれております。


 事務局の報告、以上でございます。


○議長(笹井正隆君) それでは、日程3番、議案第19号、広陵町監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 お諮りします。議案第19号については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号は、委員会の付託を省略することに決定しました。


 地方自治法第117条の規定によって、長?君の退場を求めます。


         (長?好郎議員退場)


○議長(笹井正隆君) 朗読させます。事務局長!


○議会事務局長(松井宏之君) 朗読。


○議長(笹井正隆君) 本案について説明願います。平岡町長!


○町長(平岡仁君) 議案第19号、広陵町監査委員の選任につき同意を求めることにつきまして、提案趣旨のご説明を申し上げます。


 このたび監査委員に長?好郎氏をお願いするものでございます。


 長?氏は、議員活動2期目を迎えられ、この間、議会の要職として平成17年度に議会運営委員会委員長、平成19年度に総務文教委員会委員長、平成20年度に副議長を務められるなど、経験豊富で議会選出監査委員として適任者でございます。


 議員各位にご同意を賜りますようお願いを申し上げ、まことに簡単でございますが提案趣旨の説明とさせていただきます。


○議長(笹井正隆君) これより本案について質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議案第19号に同意することにご異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○議長(笹井正隆君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号は、同意されました。


 長?君の退場を解きます。


         (長?好郎議員入場)


○議長(笹井正隆君) 以上で本日の議事日程はすべて終了しましたので、会議を閉じます。


 本臨時会に付議されました事件はすべて終了しました。


 平成22年第1回臨時会をこれにて閉会します。


   (A.M.11:55閉会)








以上、会議の顛末を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。





       平成22年4月16日





            広陵町議会議長   笹  井  正  隆





            署 名 議 員   吉  田  信  弘





            署 名 議 員   坂  口  友  良