議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 広陵町

平成21年第2回定例会(第4号 8月12日)




平成21年第2回定例会(第4号 8月12日)





 
         平成21年第2回広陵町議会定例会会議録(第4号)





                平成21年8月12日




















              平成21年8月12日広陵町議会


              第2回定例会会議録(最終日)





 平成21年8月12日広陵町議会第2回定例会(最終日)は、広陵町議場に招集された。





1 出席議員は、13名で次のとおりである。





   1番  山 田 光 春          2番  竹 村 博 司


   3番  青 木 義 勝          4番  吉 田 信 弘


   5番  笹 井 正 隆(議長)      6番  坂 口 友 良


   7番  乾   浩 之(副議長)     8番  長 ? 好 郎


   9番  八 代 基 次         10番  八 尾 春 雄


  11番  山 田 美津代         13番  松 浦 敏 信


  14番  山 村 美咲子





2 欠席議員は、なし。





3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は、次のとおりである。





  町     長     平 岡   仁   副  町  長   山 村 吉 由


  教  育  長     安 田 義 典   財 政 部 長   笹 井 由 明


  総 務 部 長     枡 田   進   福 祉 部 長   竹 村 元 延


  事 業 部 長     吉 村 元 伸   教育委員会事務局長 松 井 定 市


  水 道 局 長     植 村 和 由   収納対策部長    坂 口 佳 隆


  社会福祉協議会事務局長 奥 本 隆 一





4 本会議の書記は、次のとおりである。





  議会事務局長   松 井 宏 之


  書     記  北 橋 美智代      書     記  菊 川 佳 昭





○(笹井議長) ただいまの出席議員は13名で定足数に達しております。


 これより本日の会議を開きます。


   (A.M.10:02開会)


 本日の議事日程はお手元に配付したとおりであります。





日程番号      付 議 事 件


 1 議案第38号 平成21年度広陵町一般会計補正予算(第2号)


 2 議案第35号 広陵町地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の制定について


   議案第36号 広陵町国民健康保険条例の一部を改正することについて


   議案第37号 広陵町都市公園条例及び広陵町自動車駐車場条例の一部を改正することについて


 3 議員提出議案第3号 北朝鮮の核実験に抗議する決議について


 4 議員提出議案第4号 ヒブワクチンの早期定期予防接種化を求める意見書について





○(笹井議長) まず、日程1番、議案第38号を議題とします。


 本案について、総務文教委員長より委員会の審査の結果について報告を願うことにします。総務文教委員長、八代君!


○(八代総務文教委員長) それでは、報告いたします。


 総務文教委員会は、8月3日の本会議において付託されました1議案について、8月10日に委員会を開き、慎重に審査いたしましたので、その結果をご報告いたします。


 議案第38号、平成21年度広陵町一般会計補正予算(第2号)につきましては、クリーンセンターの剪定枝資源化事業にて、剪定枝をチップ化して、希望する住民に無償提供して燃料の節約を図るとは具体的にどういう内容かという質問がありました。


 答弁として、一般から出る剪定枝を細分化することにより、雑草の抑制として多くの農家の方等に利用していただくことで、ごみ処理費用の節約につながることや、そのための剪定枝破砕用機械の購入及び保管施設の工事費であるということの説明を受けました。


 また、次の質問に、新型インフルエンザ対策事業について、現在までの対応や町内で感染者が出たことに対するその現状と対策についての質問に対し、答弁として、新型インフルエンザ対策の経過として、町対策本部の設置やマスク、消毒液の公共施設への配備など、また発生から現在までの対応の経緯につきまして説明を受けました。


 続いて、地上デジタル放送への完全移行に伴うテレビの購入については、320台を一括購入するのか、また入札をするのか、その方法についての質問に対し、答弁として、購入に関してはテレビ本体の購入だけではなく、アンテナ工事や撤去工事、電子黒板、デッキなども含まれていることや、購入に関しては、町に有利になるよう、入札、一括購入等、今後、協議検討して方向性を決めたいとの説明を受けました。


 また、電子黒板の利用目的についての質問に対し、答弁として、実際のものを見て学び、興味、関心を深めるという授業方法の改革が目的であるということの説明を受けました。


 次に、緑化フェア周辺道路植栽設置委託料の内容についての質問に対し、答弁として、県道を含む町内主要道路のガードレールに沿ってプランターを設置するとの説明を受けました。


 また、県支出金緊急雇用創出事業交付金について、現在の雇用問題をめぐって、職を失った方への支援をどのように進めるかという質問に対し、答弁として、町が実施する事業については入札をし、民間会社に委託することによる間接的な雇用の増加を図っていることの説明を受けました。


 続いて、竹取公園駐車料金無料化に伴う歳入減の補正予算は次の議会に上程するのかとの質問に対し、答弁として、今議会に駐車場使用料無料化の条例改正の議案を上程しているところであり、その採決の結果に伴い今後調整するとの説明を受け、以上が質問と回答の概要であります。


 採決の結果、議案第38号は、何ら異議なく全員一致で可決すべきものと決しました。


 以上、簡単ではありますが、総務文教委員会の審査の結果の報告といたします。以上です。終わります。


○(笹井議長) ありがとうございました。ただいまの委員長報告に対して、審議します。


 それでは、議案第38号、平成21年度広陵町一般会計補正予算(第2号)を議題とします。先ほどの委員長報告に対して、質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論はありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論はないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議案第38号は、委員長の報告のとおり原案可決することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議案第38号は、原案のとおり可決されました。


○(笹井議長) 次に、日程2番、議案第35号、第36号及び37号を議題とします。


 本案について、厚生建設委員長より委員会の審査の結果について報告を願うことにします。厚生建設委員長、坂口君!


○(坂口厚生建設委員長) それでは、報告を行います。厚生建設委員会は、8月3日の本会議において付託されました3議案について、8月11日、委員会を開き、慎重に審査いたしましたので、その結果についてご報告を行います。


 議案第35号、広陵町地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の制定については、安部新田を流れる尾張川の浸水に関連する質問があり、答弁として、新尾張川への流入の件や転倒ゲートの管理及び非常時の連絡先等について、新尾張川の設計に関して、集水面積により10年確率の水量計算がされているものであることの説明がありました。


 今後の対応として、ゲリラ豪雨に対して、本町に被害が出ないような工事がされるよう、高田土木事務所に申し入れをするとの答弁を受けました。


 次に、地区計画の整備計画において、建築物の制限に掲げる建築物の中に、畜舎などはペットショップと書きかえる方がよいのではないかとの質問に対し、答弁として、法令的にペットショップという用語がないことや、畜舎にはおりやゲートが含まれることなど、また高さ制限については調整区域でもあるため、新たに最高限度を15メーターとしたことの説明を受け、採決の結果、議案第35号は、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案第36号、広陵町国民健康保険条例の一部を改正することについては、出産育児一時金が10月から4万円上がることについて、この制度は時限立法であるのかという質問に対し、答弁として、平成23年3月31日までの時限の暫定措置であり、今後の継続については再度検討がされていくとの説明がありました。


 また、医療機関への支払い方法についての質問に対し、答弁として、被保険者本人が医療機関に一たん支払いをして、後から受給をされる方法か、あるいは希望により、医療機関から直接出産育児一時金を請求してもらう方法があることの説明を受け、採決の結果、議案第36号は、全員一致で可決すべきものと決しました。


 次に、議案37号、広陵町都市公園条例及び広陵町自動車駐車場条例の一部を改正することについては、竹取公園駐車場料金が全面無料化になった場合、PRが必要ではないのかとの質問に対し、答弁として、広報、ホームページ等において無料化のPRを行うとの答弁を受けました。


 また、公園内で施設等が傷んでいる箇所等が見受けられるが、今後の使用の見通しについての質問に対し、答弁として、傷んでるところは補修をするとともに、今後は計画的に整備を進めることとの答弁をいただきました。


 次に、公園活性化委員会の立ち上げについての質問に対し、答弁として、何らかの形で進めたいとの答弁がありました。


 次に、竹取公園駐車場料金について、今後改正することはないかとの質問に対し、答弁としては、来年中はないとの答弁がありました。また、行政サービスの向上の中での町側の行政改革に関しての質問については、答弁として、行政改革についてはまだまだむだなところがあれば改善を加えていくことや、環境のよい町として多くの人に住んでもらうこと、町外の人にも楽しんでもらうまちづくりを進めていくことの説明を受け、採決の結果、議案第37号は、全員一致で可決すべきものと決しました。以上で、厚生建設委員会の審査の結果報告といたします。ありがとうございます。


○(笹井議長) ありがとうございました。ただいまの委員長報告に対して、各議案ごとに審議します。まず初めに、議案第35号、広陵町地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の制定についてを議題とします。先ほどの委員長報告に対し、質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議案第35号は、委員長の報告のとおり原案可決することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議案第35号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第36号、広陵町国民健康保険条例の一部を改正することについてを議題とします。先ほどの委員長報告に対して、質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議案第36号は、委員長の報告のとおり原案可決することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議案第36号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第37号、広陵町都市公園条例及び広陵町自動車駐車場条例の一部を改正することについてを議題とします。先ほどの委員長報告に対して、質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議案第37号は、委員長の報告のとおり原案可決することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議案第37号は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程3番、議員提出議案第3号、北朝鮮の核実験に抗議する決議については、八代君から提出され、所定の賛成者がありますので、これより議題とします。


 朗読させます。局長!


○(松井議会事務局長) 朗読。


○(笹井議長) 本案につきまして、提案趣旨の説明をお願いします。八代君!


○(八代議員) それでは決議文を朗読いたします。北朝鮮の核実験の抗議をする決議であります。北朝鮮政府は、5月25日、核実験を強行し、それは北朝鮮に対していかなる核実験または弾道ミサイルの発射もこれ以上は実施しないことを要求した国連安保理決議1718(2006年10月14日)や北朝鮮が一切の核兵器及び現在の核計画を放棄すると合意した六カ国協議共同声明(2005年9月19日)にも明確に違反する暴挙である。


 今日、世界の中で核兵器廃絶に向かう新たな機運が生まれつつある。このときに行われた今回の核実験は、そうした動きに対する乱暴な挑戦であり、北東アジアの平和と安定への重大な逆流である。


 我が国は、世界で唯一の被爆国であり、多くの町民が核兵器の廃絶を願っている。


 よって、広陵町議会は、北朝鮮の行動に対し厳しく抗議する。また、北朝鮮政府に対し、これ以上の核実験を厳に慎むこと、核兵器及び核兵器開発計画を放棄すること、無条件で6カ国協議に復帰することを強く求める。以上、決議する。以上です。


○(笹井議長) これより、本案について質疑に入ります。質疑ありませんか。10番、八尾君!


○(八尾議員) 文言のところで表題に、北朝鮮の「核実験の」とありますけど、「核実験に」の誤植だと思いますので、訂正をお願いしたいと思います。済みません、申しわけないです。


○(笹井議長) ほかにありませんか。9番、八代君!


○(八代議員) 大変申しわけありません。決議する日、本日の日付を朗読漏れいたしました。平成21年8月12日、広陵町議会、これをちょっと追加させてください。申しわけありませんです。


○(笹井議長) ほかにありませんか。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑がないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論はないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議員提出議案第3号を決議することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第3号は、決議されました。


 次に、日程4番、議員提出議案第4号、ヒブワクチンの早期定期予防接種化を求める意見書については、坂口君から提出され、所定の賛成者がありますので、これより議題とします。


 朗読させます。局長!


○(松井議会事務局長) 朗読。


○(笹井議長) 本案につきまして、提案趣旨の説明をお願いします。坂口君!


○(坂口議員) それでは、ヒブワクチンの早期定期予防接種化を求める意見書の説明を行います。


 お手元の資料をちょっと見てください。ヒブワクチンは、インフルエンザ菌b型による乳幼児の細菌性髄膜炎の感染症に対する予防効果が期待できるものです。現在、100カ国以上で既に利用されている。


 細菌性髄膜炎は、抗生物質の治療にもかかわらず約5%の子供たちが死亡し、15%から20%の子供たちに後遺症が残ってしまう恐ろしい病気である。日本では、細菌性髄膜炎の3人に2人はヒブが原因で起こっており、その患者数は、日本外来小児学界によると、5歳までの子供で全国に少なくとも年間600人以上に上る。


 近年では、抗生物質に対するヒブの耐性化が進み、難治化する傾向にある。また、ヒブは飛沫感染することから、保育園、幼稚園など集団生活機会の増加により、子供たちが集団感染するおそれがある。そのために、罹患前の予防が非常に有効であり、ワクチンを定期予防接種化した国々では発症率が大幅に減少し、WHOも1998年にヒブワクチンの定期接種を勧告している。


 我が国においては、ヒブワクチンが2007年1月に承認されたが、任意接種のため患者の費用負担が多く、ワクチンの導入にはいまだに高い壁がある。ヒブワクチンは国内の細菌性髄膜炎の多くを防ぐことが期待できるとともに、医療費の削減に貢献する度合いが極めて高いことから、細菌性髄膜炎の予防に関する早期定期予防接種化が急がれる。


 よって、国におかれては、速やかに細菌性髄膜炎を予防接種法による定期接種対象疾患(一類疾病)に位置づけることを強く希望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成21年8月12日、広陵町議会。あて先は、参議院議長、江田五月殿、内閣総理大臣、麻生太郎、厚生労働大臣、舛添要一様に出したいと思います。よろしくお願いいたします。


○(笹井議長) これより、本案について質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑はないようですので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論はないようですので、討論を打ち切り、採決します。


 お諮りします。議員提出議案第4号は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第4号は、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の議事日程はすべて終了しましたので、会議を閉じます。


 本定例会に付議されました事件はすべて終了しましたので、平成21年第2回定例会をこれにて閉会いたします。


   (A.M.10:30閉会)








以上、会議の顛末を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。





       平成21年8月12日





            広陵町議会議長   笹  井  正  隆





            署 名 議 員   八  代  基  次





            署 名 議 員   八  尾  春  雄