議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 広陵町

平成21年第2回臨時会(第1号 4月15日)




平成21年第2回臨時会(第1号 4月15日)





 
         平成21年第2回広陵町議会臨時会会議録(第1号)





                平成21年4月15日




















              平成21年4月15日広陵町議会


               第2回臨時会会議録(初日)





 平成21年4月15日広陵町議会第2回臨時会(初日)は、広陵町議場に招集された。





1 出席議員は、14名で次のとおりである。





   1番  山 田 光 春          2番  竹 村 博 司


   3番  青 木 義 勝(議長)      4番  吉 田 信 弘


   5番  笹 井 正 隆          6番  坂 口 友 良


   7番  乾   浩 之          8番  長 ? 好 郎(副議長)


   9番  八 代 基 次         10番  八 尾 春 雄


  11番  山 田 美津代         12番  吉 岡 章 男


  13番  松 浦 敏 信         14番  山 村 美咲子





2 欠席議員は、なし。





3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は、次のとおりである。





  町     長     平 岡   仁   副  町  長   山 村 吉 由


  教  育  長     安 田 義 典   財 政 部 長   笹 井 由 明


  総 務 部 長     枡 田   進   福 祉 部 長   竹 村 元 延


  事 業 部 長     吉 村 元 伸   教育委員会事務局長 松 井 定 市


  水 道 局 長     植 村 和 由   収納対策部長    坂 口 佳 隆


  社会福祉協議会事務局長 奥 本 隆 一





4 本会議の書記は、次のとおりである。





  議会事務局長   松 井 宏 之


  書     記  北 橋 美智代      書     記  菊 川 佳 昭





○(青木議長) ただいまの出席議員は14名で定足数に達しております。


 これより平成21年広陵町議会第2回臨時会を開会いたします。


 これより本日の会議を開きます。


   (A.M.10:01開会)


 本日の議事日程はお手元に配付したとおりであります。





日程番号      付 議 事 件


 1        会期の決定について


 2        会議録署名議員の指名


 3        (株)出の土地等取得に関する調査特別委員会の調査報告について


 4        広陵町選挙管理委員会の委員の選挙


 5        広陵町選挙管理委員会委員の補充員の選挙


 追加日程     議長の辞職


 追加日程     議長の選挙


 追加日程     副議長の辞職


 追加日程     副議長の選挙


 追加日程     各常任委員会の委員の所属変更について


 追加日程     議会運営委員会の委員の辞職について


 追加日程     議会運営委員会の委員の選任について


 6 議案第32号 広陵町監査委員の選任につき同意を求めることについて





○(青木議長) まず、日程1番、会期の決定についてを議題といたします。


 本臨時議会の会期は、先の議会運営委員会において本日1日とすることにあらかじめ決定をされております。会期をそのように決定することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日と決定いたしました。


○(青木議長) 次に、日程2番、会議録署名議員の指名でございますが、会議規則第119条の規定により


 7番  乾   君


 8番  長 ? 君


に指名をいたします。


○(青木議長) 次に、日程3番、(株)出の土地等取得に関する調査特別委員会の調査報告についてを議題といたします。会議規則第76条の規定により、委員会報告書が提出されましたので、この内容について報告願うことにいたします。調査特別委員長、4番、吉田君!


○(吉田調査特別委員長) 皆さん、おはようございます。


 お手元に調査特別委員会の最終報告書を配付させていただいております。その中での抜粋になりますので、あとは熟読をお願い申し上げます。


 それでは、最終報告をさせていただきます。


 株式会社出の土地等取得に関する調査特別委員会は、昨年12月議会で設置が決議され、平成20年度末を期限として調査を実施してまいりました。去る3月16日には、中間報告を議会に報告しておりますが、本日ここに中間報告に加えるところの追加、訂正分をご報告し、合わせて最終報告といたしますので、よろしくお願いいたします。


 中間報告書の中で更に奈良県行政文書開示決定により入手した同名文書(ただし日付は平成20年11月4日付)においては、「党派を超えた町議会議員、中略させていただきます、の声」なる記述が追加されており、両文書の関係について現在調査中ですとしていたところを、さらに奈良県行政文書開示決定により入手した同名文書(ただし日付は平成20年11月4日付)においては「党派を超えた町議会議員、中略、の声」なる記述が追加されている。両文書の関係について質問したところ、副町長より国に提出した平成20年11月4日付文書が公文書であること、平成20年11月5日付文書は何通も作成した取り下げ文書の一つであるとの回答があった。委員から、「党派を超えた町議会議員、中略、の声」なる記述も事実でない事柄であるうえ、今回の問題を調査する特別委員会の要請に対して奈良県行政文書開示決定により入手した文書の存在が明らかにならなければ、そのままうそを通そうとする姿勢であり、またずさんな対応であることを指摘し、反省と改善を求めたと追加訂正し、皆様のお手元のとおり最終報告書といたします。


 そしてまた、最終結論及び指摘事項といたしまして、次のとおり報告いたします。


 最終結論といたしまして、株式会社出の土地取得に関し、議会であらかじめ確認された5項目にわたり調査した結果について、今回の調査案件に関して広陵町行政には種々の問題のあることが判明いたしましたので、事実を指摘し、理事者側の皆さんの反省を求め、速やかに改善されることを希望いたします。


 指摘事項といたしまして、9つにわたり意見を述べます。


 その1つ、売却側作成の鑑定書で土地価格の交渉を行うことはできない。2つ目、広陵町側に不利になる現況のままでの購入をしているが、その理由は不明である。3つ目、株式会社出より引き継いだ糸くず等について、ごみの山ではないかとの質問に、町長は宝の山と回答したが、どう見てもごみの山としか見えない。4つ目、平成19年4月から3カ月間の賃貸借契約を結び、町は賃料を負担しているが、速やかに購入すれば賃料を支払う必要はなかった。5つ目、シルバー人材センター本部を移転させるために建物改修工事を行ったが、土地建物所有者との間で書面による了解を得ていない。(重要事項を口頭了解でよしとしている。)6番目、シルバー人材センター本部建築費用のうち、800万円を社団法人全国シルバー人材センター事業協会からの奨励金で充当したが、同協会は偽り、その他不正の行為によって奨励金の支給を受けた場合は返還を求めることがあるとしている。土地建物所有者との間で書面による了解が立証できない場合には、この規定に抵触する可能性がある。7番目、仲介業者、仲介不動産業者のY氏は固定資産評価委員として町長と一体の立場にある人物であった。仲介開始時に解任すべきであった。8番目、内閣総理大臣あての地域防災拠点施設整備モデル事業に係る事業計画の中止についてなる文書が2種類あり、国に提出した文書と当委員会に提示された文書が異なる。また、いずれも事実でないことが記載されている。こんなずさんな手法は、即刻改めていただきたい。9番目、最後に、では議会として反省すべき点や改める点がなかったかどうか。今後において議会と町長との関係を整理しておく必要がある。終わりに、町が進めてきた防災センターの建設について、昨年5月に唐突に町長より見直し発言があり、今回の調査特別委員会の設置に至りました。重要な方針変更があれば、事前に町長から全員協議会の場において説明があってしかるべきであるのに、また再三の要求にも応じなかったという問題が残っています。今回、明らかにされたことが今後どのように行政運営に生かされるのか、議会として注視していきたいと思います。


 以上で、株式会社出の土地取得に関する調査特別委員会の委員長報告といたします。終わります。


○(青木議長) ありがとうございました。それでは、ただいまの委員長報告に対しまして質疑に入ります。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(青木議長) 質疑がないようでございますので、質疑はこれにて打ち切ります。


 以上で(株)出の土地等取得に関する調査特別委員会の調査報告についてを終わりといたします。


○(青木議長) それでは次に、日程4番、広陵町選挙管理委員会の委員の選挙を行います。


 本件については、本日4月15日をもって任期が満了することに伴い行うものであります。


 お諮りをいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選といたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定をいたしました。


 お諮りをいたします。指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、議長より指名をいたします。


 選挙管理委員会の委員に中嶋明範氏、広陵町大字的場35番地の1、昭和9年3月26日生まれ、続きまして秦泉寺麻夫氏、広陵町馬見南3丁目13番7号、昭和6年11月30日生まれ、続きまして植村量平氏、広陵町大字寺戸306番地の4、昭和17年1月6日生まれ、続きまして吉中功氏、広陵町大字南郷16番地、昭和19年8月22日生まれ、以上の方を指名いたします。


 お諮りをいたします。ただいま指名いたしました方々を選挙管理委員会の委員の当選人とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました方々が選挙管理委員会の委員に当選されました。


○(青木議長) それでは次に、日程5番、広陵町選挙管理委員会委員の補充員の選挙を行います。


 本件については、先ほどの選挙管理委員会の委員と同様、本日4月15日をもって任期が満了することに伴い選挙を行うものであります。


 お諮りをいたします。先ほどの件と同様に、選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選といたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りをいたします。指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、議長より指名いたします。


 それでは、選挙管理委員会委員の補充員に竹井宗男氏、広陵町大字三吉303番地の5、昭和25年1月28日生まれ、続きまして鈴木實氏、広陵町馬見北4丁目10番4号、昭和14年5月6日生まれ、続きまして山本育男氏、広陵町大字広瀬312番地、昭和21年12月22日生まれ、続きまして吉井英一郎氏、広陵町大字疋相136番地、昭和32年9月29日生まれ、以上の方を指名いたします。


 それでは、お諮りをいたします。ただいま指名いたしました方々を選挙管理委員会の委員の補充員の当選人とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました方々が選挙管理委員会委員の補充員に当選されました。


 お諮りをいたします。補充員の順序については、先ほど議長が指名いたしました順序とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(青木議長) ご異議なしと認めます。よって、補充員の順序は先ほどの議長が指名したとおり、第1順位、竹井宗男さん、第2順位、鈴木實さん、第3順位、山本育男さん、第4順位、吉井英一郎さんに決定をいたしました。


 しばらく休憩をいたします。


   (A.M.10:20休憩)


   (A.M.10:22再開)


○(長?副議長) それでは、休憩を解き再開いたします。


 お手元に配付しましたとおり、議長の青木君から辞職願が出されています。


 お諮りします。議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(長?副議長) ご異議なしと認めます。よって、議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定をいたしました。


 議長の辞職についてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定によって、青木君の退場を求めます。


         (青木義勝議員退場)


○(長?副議長) お諮りします。青木君の議長の辞職を許可することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(長?副議長) ご異議なしと認めます。よって、青木君の議長の辞職を許可することに決定しました。青木君の退場を解きます。


         (青木義勝議員入場)


○(長?副議長) 前青木議長から辞職のごあいさつがございますので、しばらくご清聴ください。


○(青木議員) 改めまして、議長として退任のごあいさつとお礼のごあいさつをさせていただきます。思い返しますと去年の今日、絶大なご支持で皆様方に厚かましくも3回目の議長をさせていただきまして、そして1年間、後ろの長?副議長とともに、微力でございますが、議会運営をさせていただきましたことを本当に私が議長で、この年度、1年間、いろんなことがありまして、本当に広陵町議会始まって以来、可否同数で議長が判断をしていかないかんというような体験もさせていただきまして、そのような厳しい状況でございましたが、皆様方の温かいご支援で何とか乗り切らせていただきまして、このようないろんな体験を今後、一議員として広陵町議会及び広陵町の町政発展のために、また微力でありますが頑張らせていただきたいなと、こう思っているわけでございます。


 また、この6月には皆様もご存じのように新しく改めて新町長さんが来られます。また、その町長さんに対しましても議会議員として住民の皆様に付託を受けましたことに、代弁者として一生懸命に対応して代弁者の役目を果たし、議会議員の責務を全うしていきたいなと、こう思っているわけでございますので、今後ともひとつ皆さんよろしくお願いをいたしまして、私のお礼の言葉とさせていただきます。本当に1年間ありがとうございました。


○(長?副議長) ありがとうございました。ただいま議長が不在となりました。


 お諮りします。議長の選挙を日程に追加したいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(長?副議長) ご異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決定しました。


 議長の選挙を行います。


 お諮りします。議長選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選の方法といたしたいと思いますが、それに異議ありませんか。


         (「異議あり」の声あり)


○(長?副議長) 異議がありますので、選挙の方法は投票で行うことといたします。


 しばらく休憩します。


   (A.M.10:27休憩)


   (A.M.10:28再開)


○(長?副議長) 休憩を解き再開いたします。


 議長の選挙の投票を行います。


 議場の出入り口を閉鎖します。


         (議場閉鎖)


○(長?副議長) ただいまの出席議員数は14名であります。


 会議規則第31条第2項の規定により、5番、笹井君、6番、坂口君、7番、乾君を立会人に指名します。それでは、投票用紙を配付させます。


         (投票用紙配付)


○(長?副議長) 投票用紙の配付漏れはございませんか。


         (なしの声あり)


○(長?副議長) 配付漏れはなしと認めます。投票箱を点検してください。


         (投票箱点検)


○(長?副議長) 異状なしと認めます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名をご記入ください。


 投票をこれから行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


         (松井議会事務局長点呼、投票)


○(長?副議長) 投票漏れはありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(長?副議長) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 ただいまから開票を行います。笹井君、坂口君、乾君、開票の立ち会いをお願いします。


         (開 票)


○(長?副議長) 選挙の結果を報告します。


 投票総数14票


 そのうち 有効投票 14票 無効投票  0票


 有効投票中 笹井君 8票 青木君 6票


 以上のとおりであります。この選挙における法定得票数は4票であります。


 よって、笹井君が議長に当選されました。


 議場の出入り口の閉鎖を解きます。


         (議場開鎖)


○(長?副議長) ただいま議長に当選されました笹井君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。


 新議長からごあいさつがございます。


○(笹井議長) 一言、議員皆様に御礼申し上げます。議長就任に当たり、議員各位の多数の支持をいただきまして、議長という大役をお受けし、心から感謝申し上げます。同時に責任の重大さも痛感しています。今後は副議長とともに一生懸命努力をし、頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 また、平岡町長を初め、理事者の皆様におかれましてもご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。


 誠に簡単でございますが、議長の就任のあいさつとさせていただきます。本日はどうもありがとうございました。ありがとうございます。


○(長?副議長) 議員の皆様には議事進行にご協力をいただきまして、本当にありがとうございました。それでは、新議長と交代をさせていただきます。ありがとうございました。


         (議長席の交代)


○(笹井議長) しばらく休憩いたします。10時55分まで休憩いたします。10時55分から再開いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


   (A.M.10:42休憩)


   (A.M.10:56再開)


○(笹井議長) 休憩を解き再開します。


 お手元に配付しましたとおり、副議長の長?君から辞職願が提出されています。


 お諮りします。副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) 異議なしと認めます。よって、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 副議長の辞職についてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定によって、長?君の退場を求めます。


         (長?好郎議員退場)


○(笹井議長) お諮りします。長?君の副議長の辞職を許可することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、長?君の副議長の辞職を許可することに決定しました。長?君の退場を解きます。


         (長?好郎議員入場)


○(笹井議長) 前長?副議長から辞職のあいさつがございますので、しばらくご清聴ください。


○(長?議員) 皆さん、1年間、青木議長の補佐役として務めさせていただきました。本当にありがとうございました。


○(笹井議長) ありがとうございました。ただいま副議長が不在となりました。


 お諮りします。副議長の選挙を日程に追加したいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決定しました。


 副議長の選挙を行います。


 お諮りします。副議長選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選の方法といたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議あり」の声あり)


○(笹井議長) 異議がありますので、選挙の方法は投票で行うことといたします。


 しばらく休憩します。


   (A.M.11:01休憩)


   (A.M.11:01再開)


○(笹井議長) 休憩を解き再開いたします。


 副議長の選挙の投票を行います。


 議場の出入り口を閉鎖します。


         (議場閉鎖)


○(笹井議長) ただいまの出席議員数は14名であります。


 会議規則第31条第2項の規定により、8番、長?君、9番、八代君、10番、八尾君を立会人に指名します。投票用紙を配付させます。


         (投票用紙配付)


○(笹井議長) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 配付漏れなしと認めます。投票箱の点検をします。


         (投票箱点検)


○(笹井議長) 異状なしと認めます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名をご記入ください。


 投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順番に投票を願います。


         (松井議会事務局長点呼、投票)


○(笹井議長) 投票漏れはありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。


 ただいまから開票を行います。長?君、八代君、八尾君、開票の立ち会いをお願いします。


         (開 票)


○(笹井議長) 選挙の結果をご報告します。


 投票総数14票


 そのうち 有効投票 14票 無効投票 0票


 有効投票中 乾君 14票


 以上のとおりであります。


 この選挙における法定得票数は4票であります。よって、乾君が副議長に当選されました。


 議場の出入り口の閉鎖を解きます。


         (議場開鎖)


○(笹井議長) ただいま副議長に当選されました乾浩之君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。


 新副議長からあいさつがございます。壇上へお願いします。


○(乾副議長) 皆様、ありがとうございました。絶大なるご支援ありがとうございます。また、笹井議長とともに1年間、頑張らさせていただきますから、またどうかご支持、ご支援のほど、よろしくお願いしときます。ありがとうございました。


○(笹井議長) ありがとうございました。


 先ほど各常任委員会の委員より、所属変更が提出されました。


 お諮りします。各常任委員会の委員の所属変更についてを日程に追加し、議題とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) 異議なしと認めます。よって、各常任委員会の委員の所属変更についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 各常任委員会の委員の所属変更についてを議題とします。


 しばらく休憩いたします。


   (A.M.11:14休憩)


   (P.M. 0:02再開)


○(笹井議長) 休憩を解き再開いたします。


 先ほどの各常任委員会の所属変更について、協議されました結果を事務局長より報告させます。松井事務局長!


○(松井議会事務局長) 協議の結果を報告させていただきます。


 総務文教委員会の委員でございます、初めに。委員としまして、山田光春議員、青木議員、吉田議員、笹井議員、八代議員、八尾議員、松浦議員、以上7名でございます。


 続きまして厚生建設委員会の委員でございます。坂口議員、山村議員、竹村議員、乾議員、長?議員、山田美津代議員、吉岡議員、以上7名でございます。


○(笹井議長) ただいまの報告のとおり決定することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) 異議なしと認めます。よって、各常任委員会の委員の所属変更は、報告のとおり決定しました。


 なお、各常任委員会の委員長及び副委員長については、先ほど各委員会において互選されました結果、総務文教委員長、八代議員、副委員長、八尾議員、厚生建設委員長、坂口議員、副委員長、山村議員と決定しておりますので、ご報告いたします。


○(笹井議長) 次に、先ほど議会運営委員会の委員から辞職願が提出されました。


 お諮りします。議会運営委員会の委員の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 議会運営委員会の委員の辞職についてを議題とします。


 お諮りします。議会運営委員会の委員の辞職を許可することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員の辞職を許可することに決定しました。


○(笹井議長) ただいま議会運営委員会の委員が不在となりました。


 お諮りします。議会運営委員会の委員の選任についてを日程に追加したいと思いますが、これに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


 ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員の選任についてを日程に追加することに決定しました。


○(笹井議長) 議会運営委員会の委員の選任について議題とします。


 先ほど協議されました結果を事務局長より報告させます。松井事務局長!


○(松井議会事務局長) 議会運営委員会の委員の報告を申し上げます。


 八尾議員、吉田議員、竹村議員、長?議員、松浦議員、山村議員、以上6名の方々でございます。


○(笹井議長) ただいまの報告のとおり決定することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、ただいまの報告のとおりと決定しました。


 なお、委員長及び副委員長については、先ほど委員会において互選されました結果、委員長には八尾議員、副委員長には吉田議員と決定しておりますので、ご報告いたします。


 続きましてその他の委員につきましても協議されましたので、事務局長から報告させます。松井事務局長!


○(松井議会事務局長) その他の委員についてご報告申し上げます。


 初めに広報編集委員会の委員でございます。乾議員、山田光春議員、坂口議員、八代議員、八尾議員、松浦議員、以上6名の方々でございます。


 なお、委員長につきましては、広陵町広報発行規程第4条第1項第2号の規定により副議長をもってこれに充てると規定されておりますので、広報編集委員会の委員長には乾副議長、続けて副委員長につきましては、先ほど委員より互選されまして山田光春議員が副委員長に決定されておりますので、ご報告申し上げます。


 それから、消防委員でございますが、坂口議員、山田美津代議員、松浦議員、山村議員、以上4名の方々でございます。


 それから、地域包括支援センター運営協議会の委員でございますが、山田光春議員、八尾議員の2名が運営委員会の委員に決定されております。


 それから、香芝・広陵消防組合につきまして1名、笹井議員さんが議長に上がられましたので1名欠員出ました。その関係で竹村議員が残り任期の香芝・広陵組合の議員さんに任命されておりますので、ご報告申し上げます。以上です。


○(笹井議長) しばらく休憩します。


   (P.M. 0:09休憩)


   (P.M. 0:09再開)


○(笹井議長) 休憩を解き再開いたします。


○(笹井議長) お諮りします。議案第32号については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略して、本日議決することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) 異議なしと認めます。よって、議案第32号は委員会付託を省略し、議決することに決定しました。


 それでは、日程6番、議案第32号、広陵町監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 地方自治法第117条の規定によって、竹村議員の退場を求めます。


         (竹村博司議員退場)


○(笹井議長) 朗読させます。松井事務局長!


○(松井議会事務局長) 朗読。


○(笹井議長) 本案について説明願います。平岡町長!


○(平岡町長) 議案第32号について、提案理由のご説明を申し上げます。このたび監査委員に竹村博司氏をお願いするものでございます。竹村氏は議員活動2期目を迎えられておられます。この間、議会の要職として平成18年度に厚生委員長、平成19年度に副議長を務められ、経験豊富で議会選出監査委員に適任でございます。


 議員各位にご同意をお願いを申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。


○(笹井議長) これより、本案について質疑に入ります。質疑ありませんか。質疑ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 質疑がないので、質疑を打ち切り、討論に入ります。討論はありませんか。10番、八尾議員!


○(八尾議員) 最初に、提案された監査委員の選任については竹村議員で異議なく同意するものであります。


 そのことを申し上げたうえで、きょうの議会が3月議会が終了して初めての臨時議会になりましたので、3月議会での審議と採決について、黙過できない重要な問題があるので、少し時間をいただいて討論をしたいと思います。


                (不規則発言あり)


○(笹井議長) ちょっと待ってください。


 しばらく休憩します。


   (P.M. 0:14休憩)


   (P.M. 0:14再開)


○(笹井議長) 休憩を解き再開します。


 ほかに討論ありませんか。


         (「なし」の声あり)


○(笹井議長) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決いたします。


 お諮りします。議案第32号を原案どおり同意することに異議ありませんか。


         (「異議なし」の声あり)


○(笹井議長) ご異議なしと認めます。よって、議案第32号は、原案のとおり同意されました。


 竹村君の退場を解きます。


         (竹村博司議員入場)


○(笹井議長) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしましたので、会議を閉じます。


 本臨時会に付議された事件はすべて終了いたしました。


 平成21年第2回臨時会をこれにて閉会いたします。


  (P.M. 0:17閉会)








以上、会議の顛末を記載し、その相違ないことを証し、ここに署名する。





       平成21年4月15日





            広陵町議会旧議長   青  木  義  勝





            広陵町議会新議長   笹  井  正  隆





            署 名 議 員    乾     浩  之





            署 名 議 員    長  ?  好  郎