議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 香芝市

平成 9年12月定例会 決議 決議第2号




平成 9年12月定例会 決議 − 決議第2号







決議第2号



          補助金交付事務の適正化を求める決議(案)



 上記議案を、香芝市議会会議規則(平成4年議会規則第1号)第14条の規定により、別紙のとおり議決を求める。





                        平成9年12月10日提出



                         提出者

                          香芝市議会議員

                           吉 川 政 重



                         賛成者

                          香芝市議会議員

                           大 倉 勝 彦

                           中 川 廣 美







          補助金交付事務の適正化を求める決議(案)





 現在、我が国の社会経済状況は正に危機的状態にあり、国、地方あげての行財政改革が急務となっております。そのような中、これまで潤沢な財政を背景にして長年続けられてきた補助金行政についてもその交付の在り方について見直しの必要が叫ばれております。最近も、厚生省が所管の社会福祉法人に交付した補助金に対して、会計検査院が違法支出の疑いがあるとの理由で返還を指導したり、また、本市においても一部住民から市補助金の支出について住民監査請求が提出されるなど、補助金交付事務の適正化が重要な課題となっております。もちろん、行政運営上、補助金制度は現在も重要かつ有効な手段であることは否定されるべきではありませんが、その必要性、行政効果、住民サービスへの貢献度合いなど交付にあたっては十分留意されるとともに、せっかく交付された補助金が、当初の目的にかなう運用がなされているかについても、事後調査を行うなど補助金交付事務の適正化を強く要望するものである。

 以上決議する。



                        平成9年12月  日

                        香芝市議会