議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 香芝市

平成 9年 9月定例会 意見書 意見書第5号




平成 9年 9月定例会 意見書 − 意見書第5号







意見書第5号



    直ちに諫早湾の水門を開き、事業計画の再検討を求める意見書(案)



 上記の議案を地方自治法第99条第2項の規定により、別紙のとおり議決を求める。





                        平成9年 9月 9日提出



                         提出者

                          香芝市議会議員

                           芦 高 省 五



                         賛成者

                          香芝市議会議員

                           藤 本 みや子

                           竹 下 正 志







    直ちに諫早湾の水門を開き、事業計画の再検討を求める意見書(案)





 諫早湾の水門が閉められ、干潟に生息するムツゴロウなど280種を超える生物が死滅の危機に瀕している。

 今日、農地造成という諫早干拓計画の根拠が失われ、干拓計画の継続のために割り込ませた防災計画も真に災害に役立つかどうか、再検討が迫られている。にもかかわらず、政府は水門を閉じ、自然が数千万年かけてはぐくんできた貴重な干潟と、そこをすみかとする生物、野鳥を根こそぎ死滅させようとしている。

 よって政府は、潮受け堤防にある2基の水門を直ちに開き、干潟と干潟の生物、鳥類の命を救うこと。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。



                        平成9年 9月  日

                        奈良県香芝市議会



  内閣総理大臣

  農林水産大臣  宛

  自治大臣