議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 香芝市

平成 8年 6月定例会 決議 決議第5号




平成 8年 6月定例会 決議 − 決議第5号







決議第5号



         香芝市議会政治倫理確立に関する決議(案)



 上記議案を、香芝市議会会議規則(平成4年議会規則第1号)第14条の規定により、別紙のとおり議決をもとめる。





                        平成8年 7月 5日提出



                         提出者

                          香芝市議会議員

                           吉 川 政 重



                         賛成者

                          香芝市議会議員

                           小 川 正 晴

                           藤 本 みや子

                           川 村   治







         香芝市議会政治倫理確立に関する決議(案)





 市政が市民の厳粛な信託によるものであることを認識し、その担い手である市議会議員が全体の奉仕者として、その信託に応えるため、自らを律し、政治倫理確立に努めるため次の事項を遵守する。



1.香芝市議会議員は、市民の代表者としての品位と名誉を損なうような一切の行為を謹み、その職務に関し、不正の疑惑をもたれる行為をしないよう自ら努めるものとする。



1.香芝市議会議員は、地方自治法(以下「法」という。)第92条の2(議員の兼業禁止)の規定により、香芝市及び関係事業に対する請負が禁止されていることを再確認しつつ、議員若しくは、議員の二親等以内の親族が実質的に関与する企業に対する請負については、自粛するものとする。



1.香芝市議会議員は、法第92条(議員の兼職の禁止)の趣旨を厳粛に受け止め、香芝市が実質的に関与する団体等の常勤の職員となることを自粛するものとする。



1.香芝市議会議員は、政治倫理に反するとの疑惑をもたれたときは、自らその解明にあたるとともに、その責任を明らかにするよう努めるものとする。



 以上、決議する。



                        平成8年 7月  日

                        香芝市議会