議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 桜井市

平成25年第2回定例会(第1号) 本文




2013年06月07日:平成25年第2回定例会(第1号) 本文

◯議長(東山利克君) ただいまより平成25年第2回定例会を開催いたします。
 市長より招集の挨拶があります。


◯市長(松井正剛君)(登壇) 皆さん、おはようございます。
 本日、平成25年第2回定例市議会を招集させていただきましたところ、お忙しい中ご出席賜りましたこと、厚く御礼を申し上げます。
 今議会に提出いたします案件は、報告案件が6件、条例の制定3件、条例の一部改正3件、広域消防組合の設立1件となっております。これら13案件につきまして、議会の適切なるご議決をいただきたく今議会に提案させていただきます。どうぞご審議のほど、よろしくお願いを申し上げます。


◯議長(東山利克君) これより諸報告を行います。
 監査委員より、平成25年4月30日現在における例月出納検査結果報告の送付があり、お手元まで配付いたしておりますので、ご清覧おき願います。
 次に、要望第3号、速やかな取調べの可視化(取調べの全過程の録画)の実現を推進する意見書を採択することに関する要望書の提出があり、お手元まで配付いたしておりますので、ご承知おき願います。
 次に、会議の出席報告を行います。
 去る5月17日に奈良県市議会議長会が奈良市において開催され、出席いたしました。事務報告、会議出席報告の後、平成24年度議長会会計決算と平成25年度議長会会計補正予算について協議の上、いずれも承認されました。
 次に、去る5月22日には第89回全国市議会議長会定期総会が東京・日比谷公会堂において開催され、出席いたしました。会務報告の後、平成23年度各会計決算、平成25年度各会計予算、その他諸議案をいずれも可決、承認の上、役員改選があり、奈良県からは理事市に奈良市、評議員市に大和郡山市、葛城市、桜井市が、それぞれ選任されました。また総会において永年勤続者の表彰があり、本市では議員10年以上として、岡田光司君、土家靖起君、東俊克君、私、東山利克が表彰を受けられましたことをここにご報告申し上げるとともに、心からお祝いを申し上げます。
 なお、表彰状の伝達は後ほど行うことにいたします。
 これをもって諸報告を終わります。
 これより表彰状の伝達を行います。
              (表彰状伝達)(拍手)
 以上で表彰状の伝達は終わりました。
 それでは、ただいまから受賞者を代表されまして、土家靖起君のご挨拶があります。


◯10番(土家靖起君) おはようございます。ただいま全国議長会の方から、10年以上ということで表彰いただいたわけでございますけれども、4名の議員を代表して一言御礼、ご挨拶を申し上げたいと思います。
 私たちは10年という年月を経てきたわけでございますけれども、今後も緊褌一番、心を引き締めて、市民の信託に応えていきますために最善の努力をいたしてまいりたいなと、このように思っておるわけでございまして、今後とも、各議員の皆さん方におかれましても、一層お力添えをいただきますように心からお願いを申し上げまして、粗辞ではございますけれども、表彰に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。本日はどうもありがとうございました。(拍手)
───────────────────────────────────────


◯議長(東山利克君) ただいまより本日の会議を開きます。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 署名議員は、会議規則第122条の規定により
              7番  藤 井 孝 博 君
             11番  東   俊 克 君
の両名を指名いたします。
───────────────────────────────────────
 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日より21日までの15日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 ご異議なしと認めます。よって今期定例会の会期は、本日より21日までの15日間と決定いたしました。
───────────────────────────────────────
 日程第3、市長より提出議案の理由説明を求めます。


◯市長(松井正剛君)(登壇) 提案理由説明の前に、先ほど全国議長会から表彰されました岡田議員、土家議員、東議員、3人の方には本当におめでとうございます。これからも桜井市発展のため、どうかよろしくお願いを申し上げます。議長も一緒でございます。ありがとうございます。
 本日、ここに招集いたしました第2回定例会に提出しております諸議案につきまして提案理由の説明を申し上げます。
 今回提出しておりますのは、報告案件6件、条例の制定3件、条例の一部改正3件、奈良県広域消防組合の設立に関する協議の計13件であります。
 まず、報第7号、専決処分の報告、承認を求めます平成25年度桜井市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第1号)につきましては、国と県の制度を活用するとともに、きめ細やかな戸別徴収を進め、また法的整理も行うなど、未収債権の整理・回収を積極的に行いました結果、単年度収支が黒字となり、累積赤字が減少いたしましたが、平成24年度の本特別会計の収支決算において8,952万599円の財源不足を来すこととなり、同不足額を繰上充用金で補填すべく、平成25年5月31日付をもって専決処分をしたところであります。
 次に、報第8号、専決処分の報告、承認を求めます平成25年度桜井市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、管理経費の節減や月極定期利用の拡大に努めてまいりましたが、駐車場利用者の減少に歯どめがかからず、使用料収入が予定通り確保できなかったことにより、平成24年度の本特別会計の収支決算において、6,698万254円の赤字となりますことから、同不足額を繰上充用金で補填すべく、同じく5月31日付をもって専決処分をしたところであります。
 なお、平成24年度の一般会計の収支決算につきましては、現在、その作業を進めているところであります。今後、決算審査及び決算認定等の手続きを経なければなりませんが、市民や議員の皆さまのご協力をいただきながら行財政改革や経費の削減に取り組んできましたことに加え、歳入では、市税が昨年度より減収となりましたが、徴収業務などの取り組みにより見込みを上回る収入を確保できたことや、地方交付税が昨年度より増額となったことなどから、実質収支で約7億3,000万円、単年度収支では約4億4,300万円の黒字となり、3年連続で黒字決算となる見込みであります。
 なお、平成25年度においては国の経済対策により景気は緩やかに持ち直しているものの、地方における経済情勢は確実な回復には至らず、また今後の地方財政対策も不透明であるため、引き続き行財政改革を着実に実行し、将来のまちづくりや課題解決に取り組んでまいります。
 次に、報第9号、平成24年度桜井市繰越明許費繰越計算書の報告につきましては、さきに繰越明許をいただきました防災情報通信設備整備事業等について、翌年度において施行します繰越明許費繰越計算書の報告であります。
 次に、報第10号、平成24年度桜井市水道事業会計継続費繰越計算書の報告につきましては、拡張事業について翌年度において施行します継続費繰越計算書の報告であります。
 次に、報第11号、平成24年度桜井市水道事業会計予算繰越計算書の報告につきましては、送配水管整備改良事業及び、取水及び浄水事業について翌年度において施行します繰越計算書の報告であります。
 次に、報第12号、桜井市土地開発公社、桜井市清掃公社、桜井市医療センター及び桜井市文化財協会の経営状況を説明する書類の提出につきましては、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、平成24年度決算及び平成25年度予算についての書類を提出するものであります。
 次に、議案第20号、桜井市附属機関設置条例の制定につきましては、地方自治法第138条の4第3項及び第202条の3第1項の規定に基づき、本市に設置する附属機関について、その名称及び審議等をする事項を規定するものであります。
 次に、議案第21号、桜井市子ども・子育て会議条例の制定につきましては、子ども・子育て支援法第77条第1項の規定に基づき、子ども・子育て会議の設置、並びにその組織及び運営に関し、必要な事項を規定するものであります。子ども・子育て会議を中心に、子ども・子育て支援事業計画を策定し、本市における子ども支援、子育て支援を計画的に進めてまいります。
 次に、議案第22号、桜井市税条例の一部改正につきましては、地方税法の改正に伴い、平成26年1月1日から延滞金の率を改定すること、市民税に係る住宅取得控除の適用期限を平成29年居住分まで延長すること等、所要の改正を行うものであります。
 次に、議案第23号、桜井市国民健康保険税条例の一部改正につきましては、地方税法の改正に伴い、引用する同法の条項番号が変わるため、所要の改正を行うものであります。
 次に、議案第24号、桜井市立図書館条例の一部改正につきましては、平成26年4月1日以後における図書館の研修室の利用において、入場料を徴収するイベント等を開催する場合の利用料金の額を新たに設定するため、所要の改正を行うものであります。
 次に、議案第25号、奈良県広域消防組合の設立に関する協議に関し議決を求めることにつきましては、消防組織法第31条の規定に基づき、消防の事務を処理する一部事務組合を設立することについて、地方自治法第290条の規定により、一部事務組合を構成する一市町村として議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第26号、桜井市職員の給与の臨時特例に関する条例の制定につきましては、国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律附則第12条の規定に基づき、本年7月1日から平成26年3月31日までの間、職員の給料月額、期末手当等を臨時に減額するため条例を制定するものであります。
 以上、今期定例会に提出しました諸議案につきまして、その概要の説明を申し上げましたが、何とぞ、慎重にご審議の上、適切なるご承認、ご議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。
 よろしくお願いいたします。


◯議長(東山利克君) 市長の理由説明は終わりました。
───────────────────────────────────────
 以上で、本日の日程は全部終了いたしましたので、会議を閉じることにいたします。
 以後の日程について申し上げます。
 明8日より12日まで休会とし、13日午前10時より再開し、一般質問を行いますから念のために申し上げておきます。なお、一般質問の質問者は10日午後5時までに所定の発言通告書により、議長まで提出願います。
 本日はこれをもって散会いたします。
○午前10時17分散会
───────────────────────────────────────