議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 橿原市

平成19年9月定例会(第4号) 本文




2007.09.21 : 平成19年9月定例会(第4号) 本文


              午前10時05分 開議
◯議長(細川佳秀君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。
 直ちに日程に入ります。
────────────────────────────────────────
 日程第1 議第36号 橿原市議会の議員の定数を定める条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第1、議第36号、橿原市議会の議員の定数を定める条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件については閉会中の継続審査の申し出がありますので、この際、委員会の経過報告を受けることにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、委員長から経過報告を求めることにいたします。橿原市議会議員定数に関する特別委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては、9月6日に橿原市議会議員定数に関する特別委員会を開催し審査いたしました。
 本議案については、議席にご配付申し上げている委員会録のとおり、閉会中の継続審査にすべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 お諮りいたします。本件に対する委員長の申し出は閉会中の継続審査であります。本件は委員長の申し出どおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
────────────────────────────────────────
          日程第2 議第37号 橿原市議会情報公開条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第2、議第37号、橿原市議会情報公開条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 本件につきましては、9月6日に総務常任委員会を開催し審査いたしました。
 まず、公金を郵便局で支払いをすることは今までなかったが、今後は使用する予定があるのかと問われたのに対し、郵便局と通常の銀行業務と同じように取り扱う取り決めを進めているとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第37号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第3 議第38号 政治倫理の確立のための橿原市長の資産等の公開に関する条例
            の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第3、議第38号、政治倫理の確立のための橿原市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 本件につきましては、9月6日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第38号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告どおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第4 議第39号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の
            制定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第4、議第39号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 本件につきましては、9月6日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第39号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
     日程第5 議第40号 橿原市手数料徴収条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第5、議第40号、橿原市手数料徴収条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。建設常任委員長、松田君。
             (4番 松田ゆみ子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(松田ゆみ子君) 本件につきましては、9月6日に建設常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第40号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
     日程第6 議第41号 橿原市土地開発公社定款の変更について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第6、議第41号、橿原市土地開発公社定款の変更についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 本件につきましては、9月6日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第41号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第7 議第42号 奈良県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第7、議第42号、奈良県住宅新築資金等貸付金回収管理組合規約の変更についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 本件につきましては、9月6日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第42号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第8 議第43号 訴えの提起について(市所有地明渡し請求及び損害賠償請求)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第8、議第43号、訴えの提起について(市所有地明渡し請求及び損害賠償請求)を議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 本件につきましては、9月6日に総務常任委員会を開催し審査いたしました。
 まず、平成19年6月1日から明け渡しを行う日までの賃料相当分の損害金とあるが、なぜ平成19年6月1日なのかと問われたのに対し、この公共用地について昭和57年1月から四条町の自治会に対して貸付使用許可をしている。四条町から平成19年3月末で市のほうに返還したいとの申し出があり、それに対し、いろいろ事務手続きの期間を要したため、実際には6月1日に市のほうで直接維持管理していく決定をしたとの答弁がありました。
 次に、区画の広さを問われたのに対し、訴えを提起している占有区画については8台分の使用についての明け渡しであるとの答弁がありました。
 次に、裁判になるということは相手にも言い分があるということで、相手側が使用ができるという根拠は何なのかと問われたのに対し、昭和57年当時に自治会から当事者が使用許可を得て、手続きはその当時から継続しており利用する権利があるということと、この地域の環境改善事業で土地の買収等でいろいろ協力したという2点を主張しているとの答弁がありました。それに対し、当時のことは市役所の中できちんと調整ができているのかと問われたのに対し、相手の言い分は昭和57年から28年間にわたって置いているということに対する既得権が1点、もう1点は地区改良事業で本人が所有している土地を協力しており、そのときに本人は自分で代替地を見つけるということで、違う場所で家を建てたと役所としてなっているが、これについて本人は100坪の権利がまだ残っていると主張しており、当時の職員と話をして、役所としてはそういうことはないとのことである。この件については顧問弁護士と連絡を取り、指導を受けながら今日まで来ており、相手の主張する2点については市としては認められないということで、今現在相手にもはっきり申し上げている。したがって、訴訟に持ち込むということも相手に言っているとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第43号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第9 議第44号 訴えの提起について(市営住宅明渡し請求及び家賃等支払請求)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第9、議第44号、訴えの提起について(市営住宅明渡し請求及び家賃等支払請求)を議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。建設常任委員長、松田君。
             (4番 松田ゆみ子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(松田ゆみ子君) 本件につきましては、9月6日に建設常任委員会を開催し審査いたしました。
 まずこれは10年前からの事件かと問われたのに対し、平成10年からしている家賃の訴訟とは別で、単独の事案であるとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第44号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第10 議第45号 平成19年度橿原市一般会計補正予算(第1号)について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第10、議第45号、平成19年度橿原市一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) 本件につきましては、9月10日に予算特別委員会を開催し審査いたしました。
 まず、整備された八木駅前南でバスやタクシーの乗り場へ行くのに屋根がなく、雨に濡れるところが2カ所あるが改善しないのかと問われたのに対し、1カ所は八木駅前の3号歩行者専用道路の工事の関係で、将来工事の際には外す必要が生じてくるので、今回の工事では見送っている。駅前広場から西向きの道路については、道路の上なので屋根を省いているとの答弁がありました。それに対して、横断歩道のある道路上に屋根をつけることは法的に不可能なのかと問われたのに対し、道路専用の問題と建築基準法の問題、道路法の問題が関係してくると考えるが施工は可能ではないかとの答弁がありました。
 次に、駅前広場には障害者の方の乗降場所があるが、一般車両が止まっていて、障害者の方が利用できなかったり、その場所に長時間車が止まっていて、バスがターンできないところを見かけるが、人に優しい橿原市として表示などで改善できないかと問われたのに対し、関係部局と調整を図りながら、マナーアップに取り組んでいくとともに、道路表示、標識等不足している部分については今後十分に対応していかなければならないと考えているとの答弁がありました。それに対し、横断歩道の上に駐車している車もあるがと問われたのに対し、取り締まる部局と調整を図り、当面重点的な取り締まりをお願いするとの答弁がありました。
 次に、耳成山の観光トイレの建設について、トイレの面積、建築場所、完成時期、管理体制はどのように考えているのかと問われたのに対し、大和三山の名勝指定を受けたことや、藤原京及び関連資産群が世界遺産の予備登録されたことで、耳成山周辺に観光トイレの設置が急がれる状況となったため、耳成山南側公園内のトイレの建て替えを前提に考えており、場所、大きさ等は公園管理担当課とこれから十分協議していきたい。管理については専門業者がよいのか、地元自治会にお願いするのがよいのかをさらに詰めていきたい。また、完成時には再来年のサクラの咲く時期には間に合わせたいとの答弁がありました。それに対し、観光トイレの広さはどれぐらいを想定しているのかと問われたのに対し、耳成山周辺は地元の方々が散策される場所でもあり、4月1日に開所した香久山観光トイレを基本にそれ以上の規模で考えていきたいとの答弁がありました。
 次に、農地及び農業用施設災害復旧事業補助金は、先日の大雨の災害復旧と理解しているが1カ所40万円以上の工事費がかかるときに、激甚災害の指定を申請することができるということであるが、補助金としての上限はあるのかと問われたのに対して、今回の補正は7月16日、17日の大雨の災害に対してであり、40万円以上が対象となり、市内6カ所を申請している。また補助金としては90%前後の補助が出るが国からの査定官が9月末にしか奈良県に来られないとの答弁がありました。それに対し、市内のどこが対象になったのかと問われたのに対し、農業施設や農地によって補助率が変わってくるが、場所では鳥屋町が2カ所、五条野町が1カ所、南浦町が3カ所、以上6カ所であるとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第45号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告どおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第11 議第46号 平成19年度橿原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
             について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第11、議第46号、平成19年度橿原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) 本件につきましては、9月10日に予算特別委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第46号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第12 議第47号 平成19年度橿原市老人保健特別会計補正予算(第1号)に
             ついて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第12、議第47号、平成19年度橿原市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) 本件につきましては、9月10日に予算特別委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 議第47号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────

 日程第13 議第48号 平成19年度橿原市介護保険特別会計補正予算(第1号)に
             ついて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第13、議第48号、平成19年度橿原市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) 本件につきましては、9月10日に予算特別委員会を開催し審査いたしました。
 まず、介護給付費準備基金の運用計画はどうなっているのかと問われたのに対し、平成18年から20年度までの3年間、第3期の介護保険事業計画に基づいて事業を執行している。平成18年度については第3期の1年目が終わったところであり、3年間を通して給付金全体を見ているので、19年度、20年度の執行状況を見て、20年度に足りなくなったときには、この積立金から取り崩して給付費に充てる計画になっているとの答弁がありました。
 次に、積立金で市独自の介護サービスができるのではないかと問われたのに対し、介護給付費は介護保険制度の中で使われるものに限られており、市が独自に拡大したサービスを行う場合には、この介護給付費は使えなく、市の単独財源によって、そのサービスを執行しなければならないとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第48号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
  日程第14 認第1号 平成18年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第14、認第1号、平成18年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月11日、12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第1号、平成18年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定に反対をいたします。
 まず全体として、市財政の不自由さを示す指標としての経常収支比率が3年連続90%以上を超え、平成18年度は95.8%になっています。多額の歳出と市債の発行はさらなる財政の硬直化を招くことは明白であります。そのことは市当局も認識しているにもかかわらず、新たな施設、温水プールなど、ごみ焼却場周辺整備の計画を具体的に進めています。これが1点。
 2点目は、市民の安全を守り、その確保とは全く逆行する弾道ミサイル攻撃など武力攻撃事態4類型を想定し、国民を監視する有事法体系の中で唯一平時から住民や自治体を拘束する規定をもつ国民保護法のもとでの橿原市国民保護計画作成を行った。そのために市民の税金が使われています。
 第3点として、この500億円以上もある市債の発行をしている中で、福祉や教育の部分で改善されている部分がありますけれども、市民の暮らしに直結をする施策、自治体としての本来の仕事、責務は、行政改革の名のもとで学校給食の民間委託や、そして幼保一体化、それから幼稚園の統合計画を進めています。さらには指定管理者制度も推進しています。法が失効しているにもかかわらず、同和教育、同和行政で団体に補助金を渡しているという部分も含めて、それを見直し、早期終結をし、一般行政に移行すべきことを提案して反対をいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ほかにありませんか。小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 平成18年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定について賛成いたす者でございます。
 平成18年度は三位一体の改革により、国・県補助金、地方交付税が大幅に削減される厳しい財政状況下で、税収の確保等に努めながら、市民のニーズに応えるため、行財政の効率化や事務事業の見直し等による行財政改革にも積極的に取り組まれました。そして長年の懸案であったし尿処理施設を完成させ、また災害に備えて小中学校の体育館や校舎の耐震補強工事に取り組まれています。また高齢者対策とともに、乳幼児対策として休日夜間応急診療所の充実を図るとともに、さらに市制50周年記念事業を通じて橿原市をアピールされました。今後も厳しい財政状況ではありますが、本市の適正を生かした魅力ある街づくりに向け、また健全な財政運営に努力されることを願って賛成といたします。
 議員各位のご賛同をいただきますよう、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第1号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第15 認第2号 平成18年度橿原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に
            ついて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第15、認第2号、平成18年度橿原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第2号、平成18年度橿原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に反対をいたします。
 限界を超えた負担の強要により、全国で5世帯に1世帯、480万世帯が国民健康保険税(料)を滞納せざるを得ないほど家計を圧迫しています。本市も国民皆保険の原則にもかかわらず、1点目、3,243件の短期保険証、32件の資格証明書を発行しています。そのことを中止して正規の保険証を市民に送付すべきであります。
 確かに人間ドック、脳ドックの検診、これを拡充し、予防医学の推進、拡充により、保険医療費の伸びを少しでも抑えることは必要ですけれども、まず病気になったとき保険証1枚で安心して医者にかかれる街にすべきであります。
 2点目は、加入者の職業別世帯数構成で53.8%が無職という、この調査実態の中で、法的減免、申請減免の拡充施策は依然として不十分であります。そのため反対します。
 あわせて国保税を払いきれない加入者に対して、親身な相談活動、一人一人の個別の事情に応じた分納など、柔軟な対応に心を砕くことを提案して反対討論といたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第2号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
日程第16 認第3号 平成18年度橿原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第16、認第3号、平成18年度橿原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第3号、平成18年度橿原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定に反対をいたします。
 2006年10月より医療制度改革という名のもとで70歳以上の高齢者に対する入院費用に伴う食費、居住費の負担が押しつけられています。さらに来年4月より70歳から74歳の層の医療費の負担は1割から2割に引き上げられると。昨日の新聞で、それが議員立法として今国会で提出されると言われていますけれども、法律としては1割から2割に引き上げられ、70歳未満はすべて3割にさせられました。これは国の医療費の抑制政策そのものです。本市としては高額療養費、自己負担額等の見直しに対して軽減策を講じていくべきことを提案して反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第3号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
日程第17 認第4号 平成18年度橿原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第17、認第4号、平成18年度橿原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
(24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第4号、平成18年度橿原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定に反対します。
 平成16年(2006年)4月より、基準額1カ月4,110円、20%以上介護保険料が引き上げられました。決算特別委員会で軽減策の基準など見直しの答弁がありましたが、平成18年度は保険料の軽減者は1名もいないほど、実態とは乖離している基準でございます。身体や生活の状態が変わらないのに、要介護度だけ軽く変更され、福祉用具の利用制限、そして取り上げが行われています。地域包括センターを充実させ、地域の高齢者の生活を総合的な拠点として発展させる体制が不備でございます。一般財源投入により減免制度の拡充をしっかり進めることを提案して反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第4号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第18 認第5号 平成18年度橿原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定
            について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第18、認第5号、平成18年度橿原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第5号、平成18年度橿原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定に反対をいたします。
 税金の公平というのは、その人の負担能力に応じて課税されているかで決まります。低所得者ほど逆進性の高い負担割合が高くなる大型間接税、消費税が転嫁されているので反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第5号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第19 認第6号 平成18年度橿原市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決
            算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第19、認第6号、平成18年度橿原市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第6号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第20 認第7号 平成18年度橿原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定につ
            いて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第20、認第7号、平成18年度橿原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第7号、平成18年度橿原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定に反対をいたします。
 まず、橿原市が管理運営している4つの駐車場がございます。平成11年度より近鉄畝傍御陵前駅の立体駐車場は総額約8億3,000万円余をかけて建設いたしました。もちろん今日に至るまで利用率は20%以内にとどまり、313台収容可能な立体駐車場が50台から60台の平均駐車率になっています。
 平成11年度当初から赤字を生み出し、今日に至るまで約2億円以上の累積額になっています。市財政に与える影響は大きいと言わなければなりません。事業評価制度に基づいて熟慮せず箱モノ施設を今後安易に建設してはならないことを提言して反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第7号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第21 認第8号 平成18年度橿原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出
            決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第21、認第8号、平成18年度橿原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第8号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
日程第22 認第9号 平成18年度橿原市墓園事業特別会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第22、認第9号、平成18年度橿原市墓園事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第9号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告どおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第23 認第10号 平成18年度橿原市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
             認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第23、認第10号、平成18年度橿原市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第10号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第24 認第11号 平成18年度橿原市共有財産処分特別会計歳入歳出決算認定
             について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第24、認第11号、平成18年度橿原市共有財産処分特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第11号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
  日程第25 認第12号 平成18年度橿原市上水道事業会計決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第25、認第12号、平成18年度橿原市上水道事業会計決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件については、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付しております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第12号、平成18年度橿原市上水道事業会計決算認定に反対をいたします。
 税の公平というのは、その人の負担能力に応じて課税されているかで決まります。今現在消費税が5%で本当に低所得者の人は、その課税負担に内税でそれをぼやかされていますけれども、その負担は高くて生活が厳しい状況になっています。その中で低所得者ほど逆進性の高い、負担割合が明らかに高くなる消費税が転嫁されています。あわせて消費税が導入されてから、1989年4月1日から3%で導入され、今日に至るまで188兆円という税収が国庫に入っているわけですけれども、その約8割、150兆円が大企業への減税に、穴埋めに使われています。
 本来消費税というのは21世紀が、我が日本民族、日本国が超高齢社会になると、そのために消費税の導入が必要であると言ったにもかかわらず、その消費税は一部は社会福祉に使われていますけれども、多く方により重い負担になっているため反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 認第12号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
 お諮りいたします。日程第26、決第8号から日程第30、決第12号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、日程第26、決第8号から日程第30、決第12号については委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
   日程第26 決第8号 国民健康保険税(料)の引き下げを求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第26、決第8号、国民健康保険税(料)の引き下げを求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 決第8号、国民健康保険税(料)の引き下げを求める意見書(案)について説明をいたします。これは奈良県知事に対しての意見書です。
 本来憲法第25条で、国民の健康で文化的な生活が保障されているわけです。それに基づいて今から46年前、昭和36年に国民皆保険制度として生まれたのが国民健康保険制度です。ここに書かれてますように、国民健康保険制度を相互扶助の制度のように言う人もいますけれども、あくまでも国民健康保険制度は社会保障制度です。
 しかし度重なる制度改悪がされました。まず中曽根内閣のときに国庫負担率が非常に引き下げられました。それによって地方自治体の国保財政は本当に苦しいものになり、そこから国保税はどんどん上がりました。さらには小泉総理が厚生大臣のときにはペナルティを課して、そして地方自治体が国民健康保険証、正規の保険証を渡さずに、そして資格者証や短期保険証を発行できるようにしました。
 今、国民健康保険税(料)というのは、社会保険と違って事業主と折半ではありません。だから社会保険や共済年金保険、この制度で勤めてらっしゃったら、それを退職されて国保制度に加入されたら、その重さは如実に痛感されるわけです。200万円、300万円の所得で40万円、50万円という国保税を支払わざるを得なくなっています。ですから奈良県に対して、国民健康保険税(料)1世帯1万円の補助制度をつくってほしいと、こういうことで意見書を皆さんに趣旨を説明しています。
 どれぐらい予算が要るかと言いますと、県単独で20億円です。大体25万世帯ですけども、高額の所得者、例えば市会議員の竹森のように61万円払っていても、それは我慢してもらうと。約20万世帯に20億円の財源があればできると。なら、できないのかと言うたら、そうではなくて、奈良県の一般会計の予算は市長もご存じのように4,500億円です。その中で知事がどういうふうに県の施策の中で予算化するか。それに対しての橿原市議会として1世帯1万円引き下げの補助制度を創設するように市議会として要望していただきたいと思います。
 議員諸氏のご賛同を賜りますよう心からお願いいたします。
 以上、提案を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 これより決第8号について起立により採決いたします。本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
────────────────────────────────────────
     日程第27 決第9号 後期高齢者医療制度実施についての意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第27、決第9号、後期高齢者医療制度実施についての意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 決第9号、後期高齢者医療制度実施についての意見書についての趣旨を述べさせていただきます。
 昨年医療保険法が改定されました。2008年4月から実は75歳以上、私の母親もそうですけども、高齢者を対象として後期高齢者医療保険制度、嫌ですね、前期・後期、75歳以上の高齢者の方に対して、新たな医療制度を開設することになりました。この制度の発足によって保険制度の内容など、さまざまな問題が指摘されています。
 まず、いわゆる受ける医療費は定額制包括払いになって、もうそれ以上のその医療は受けられない。つまり75歳と74歳、それ以下と分けるわけです。まあ医療差別をするわけです。例えば診療回数が制限される。終末期患者は病院から出されると。これでは戦前戦後、それこそ日本の国を支えてきた高齢者に対しての、もうひどい仕打ちと言わなければなりません。安心して年をとって医者にかかれる。日本のように世界第2の経済力を持った国で、そんなことができないはずがありません。ところが広域連合にして、そういうことを進めるわけです。ですから奈良県の広域連合もどのようなスケジュールで進んでいるかと言いますと、保険料の試算、保険料率の設定作業、市町村広域連合等への説明です。そして11月に皆さんのお力で1人、日本共産党の議員、宇陀市の高橋重明をお選びいただきましたけれども、この議会でそれを説明するということになってますけれども、実際のところここに書かれています、まず保険料を払えなかったら、75歳以上の高齢者に資格者証を発行するわけです。そんな無慈悲なことをしないようにしてほしいと。保険給付を差し止めると。1年半以上滞納した人にはもう保険給付を一時差し止めるんやと。高齢者の意見はどこで反映するのか、ちゃんと反映できるようにすること。十分な医療をきちんと日本の国をこれまで支えてくださった、この世代の方に対して、きちんとそれを関係機関に働きかけること、これを橿原市議会としてこの後期高齢者医療制度実施についての意見書として奈良県の広域連合に提出したいと思っています。
 ぜひとも皆様のご賛同を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、趣旨説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 これより決第9号について起立により採決いたします。本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
────────────────────────────────────────
日程第28 決第10号 「地域安全・安心まちづくり推進法」の早期制定を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第28、決第10号、「地域安全・安心まちづくり推進法」の早期制定を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。松田君。
             (4番 松田ゆみ子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(松田ゆみ子君) 本件につきましての提案理由を説明させていただきます。
 近年子どもをはじめ、地域住民を巻き込んだ凶悪事件が頻発化しておりますが、防犯に対する国民の関心が高まっております。地域住民がみずから防犯活動を行う防犯ボランティア活動も盛り上がりを見せる中、防犯ボランティア団体の活動を多角的にサポートするための法律制定が強く求められております。犯罪に強いまちづくりへの自発的な取り組みや、防犯意識の向上のための活動を国や自治体が総合的かつ計画的に支持することを責務とする、仮称といたしまして、「地域安全・安心まちづくり推進法」を早期に制定し、以下に掲げる施策を積極的に推進されるよう強く要望いたします。
 議員各位のご賛同をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑討論を終わります。
 これより決第10号について起立により採決いたします。本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
   日程第29 決第11号 いじめ・不登校対策のための施策を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第29、決第11号、いじめ・不登校対策のための施策を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。松田君。
             (4番 松田ゆみ子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(松田ゆみ子君) 本件につきましての提案理由を説明させていただきます。
 教育現場ではいじめや不登校の問題が深刻になっております。いじめの発生件数も小中高の学校数全体の2割に当たる2万件を超え、各地で深刻ないじめが発生し続けております。またいじめを苦に子どもたちの自殺が相次ぎ、改めていじめ問題に大きな関心が集まっております。不登校も学年が上がるにつれて増加する傾向にあります。いじめや不登校で苦しんでいる子どもたちにどう手を差し伸べていくのか、各地でさまざまな試みがなされております。子どもたちの笑顔と希望があふれる教育環境づくりに向け、下記の事項について早急に具体策を講じるよう強く要望いたします。
 議員各位のご賛同をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 これより決第11号について起立により採決いたします。本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
      日程第30 決第12号 割賦販売法の改正を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第30、決第12号、割賦販売法の改正を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) 本件に関しまして提案理由の説明をいたします。
 クレジット契約は代金後払いで商品が購入できる利便性により、消費者に広く普及している一方で、強引悪質な販売方法により、高額かつ深刻な被害を引き起こすことになっています。特に最近では住宅リフォーム、呉服、貴金属などの高額商品を次々と販売するなど、悪質商法、マルチ商法の被害が大きな社会問題となっています。こうした被害は販売業者が顧客の支払能力を考慮せずにクレジット販売を行えるようになっており、クレジット会社も顧客の支払能力をチェックせずに契約できることで発生しています。クレジット被害を未然に防止し、消費者が安心し、安全なクレジット契約が提供されるためにも割賦販売法を抜本的に改正することが必要不可欠であります。
 つきましては、皆さんのお手元にご配付しております意見書をもって、国に強く働きかけたいと考えております。
 議員皆様のご賛同をお願いし、提案理由とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。前口君。
             (20番 前口洋一君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯20番(前口洋一君) 提案者に1点だけお聞きをいたします。
 この手元にご配付いただきましたこの意見書の記書きの1番でございますが、「実効的な過剰与信規制を行う」とございますが、ちょっと私の頭ではわかりかねますので、わかりやすくご説明いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 提出者、杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) ご質問ありがとうございます。先ほど提案理由を説明させていただきましたが、販売業者が顧客の支払能力を考慮せずにクレジット販売しており、クレジット会社も顧客の支払能力をチェックせずに契約できることと。一応難しい言葉で申しますと、「債務者の返済能力を超えた与信を禁止し」という文言になっております。
 だからこの説明でおわかりと思いますが、力以上の、能力以上の、支払能力を超えた信用を顧客に与えてしまうということでございますので、よろしくご理解をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 これより決第12号について起立により採決いたします。本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 お諮りいたします。ただいま可決されました意見書すべての送付先については、議長にご一任願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、可決されました意見書すべての送付先については議長に一任されました。
 この際、暫時休憩いたします。
              午前11時21分 休憩
             ─────────────
              午後 2時13分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 お諮りいたします。日程第31、同意第6号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、日程第31、同意第6号については委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
   日程第31 同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 日程第31、同意第6号、監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。
 職員をして、議案を朗読させます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 同意第6号、監査委員の選任につき同意を求めることについてでございます。
 本件につきましては、識見を有する者の中から選任する監査委員2名のうち1名が、来る9月22日に任期満了となりますので、引き続き堀井清市氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご同意のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 これより同意第6号について採決いたします。本件はこれに同意することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本件はこれに同意することに決しました。
 ただいま同意されました監査委員よりごあいさつを受けることにいたします。代表監査委員。
           (代表監査委員 堀井清市君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯代表監査委員(堀井清市君) ただいま全会一致でご同意いただきました監査委員の堀井でございます。その職務を誠心誠意執行してまいりたいと、かように思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 以上をもちまして本定例会に付議されました事件はすべて議了いたしました。
 議員各位におかれましては、終始慎重なるご審議を賜るとともに、議会運営にご協力をいただきまして、予定どおり閉会の運びとなりましたことを厚くお礼申し上げます。
 また理事者におかれましても、各議員から出されました意見なり要望なりを十分に尊重していただき、今後市政全般にわたり一層努力を賜りたいと存じます。
────────────────────────────────────────
                 閉会あいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 閉会に当たり市長よりごあいさつを受けることにいたします。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本定例会におきましては、政治倫理の確立のための橿原市長の資産等の公開に関する条例の一部改正をはじめ、その他諸議案についてご提案いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては慎重なるご審議を賜り、本日ここに全議案滞りなく議了いただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 また、本定例会は私にとりまして3期目の任期最後の定例会でもございます。あわせて今日までの数多くのご協力、またご支援を賜りましたことに対し、この席を借りまして厚く御礼を申し上げる次第でございます。本当にどうもありがとうございました。
 さて、この3期目の4年間におきましても、我が国を取り巻く社会経済情勢は極めて厳しい状況下であり、近年の地方分権や情報化、少子高齢化、国際化等の急激な社会情勢の変化を受け、厳しい財政状況の中、地方自治体は従来の行政運営手法から脱却し、行政経営の視点を踏まえて、より効率的、効果的な行政サービスへの移行が求められておるところでございます。このような中で本市も財政の健全化を図ることを重点課題としながら、透明、効率を目指す行財政改革の推進と地方分権への対応を図るとともに、健やかで安心して豊かに暮らせる街、橿原の実現に向け、総合的な地域福祉政策や生活関連の社会資本整備などを推進してまいりました。
 特にこれまでの本市の大きな取り組みでありました近鉄八木駅南側の街路整備や、駅前広場の建設、都市環境基幹施設のごみ焼却処理施設クリーンセンターかしはら及び、し尿処理施設浄化センターの建設をはじめ、少子高齢化社会の進展に対応した施策の充実、教育の振興、地震防災対策の充実などにつきましても、着実にその進展を見ました。また国の名勝に指定されました大和三山など、我が国を代表する美しい橿原市の景観を後世に残すため、本市の景観形成施策の基本事項を定めました橿原市景観条例の制定や、飛鳥・藤原の旧都として、その関連資産群の世界遺産登録に向け、世界遺産暫定一覧表に記載されたことなどにつきましても、議員の皆様をはじめ、市民各位の絶大なるご協力のもとに成し得たものであると、心より深く感謝を申し上げる次第でございます。
 願わくば再び市政を担当する機会を得ましたならば、今後も橿原市の発展のため、取り残された重要課題について、なお一層挺身する決意でございますので、今後とも皆様方のお力添えをいただけますよう切にお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、閉会のごあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) それではこれをもって平成19年橿原市議会9月定例会を閉会いたします。どうもご苦労さまでした。
              午後2時21分 閉会