議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 橿原市

平成19年3月定例会(第1号) 本文




2007.03.05 : 平成19年3月定例会(第1号) 本文


              午前10時04分 開会
◯議長(竹田清喜君) おはようございます。
 これより平成19年橿原市議会3月定例会を開会いたします。
────────────────────────────────────────
                市長あいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 市長より招集のあいさつを受けることにいたします。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日ここに平成19年橿原市議会3月定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、何かとご多忙の折にもかかわりませず、ご出席をいただきましてまことにありがとうございます。
 先の議会におきましては、私事、健康上の理由から急に欠席をさせていただきまして、大変失礼をいたしました。また今議会においては藤本助役が療養のため欠席をさせていただくことになり、重ねてお許しを願う次第でございます。
 さて、本定例会におきましては、施政方針に基づき編成いたしました平成19年度一般会計予算をはじめ、橿原市副市長の定数を定める条例の制定などにつきましてご審議をお願いすることといたしております。
 何とぞよろしくご審議賜りますことをお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、開会のごあいさつとさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) それではこれより本日の会議を開きます。
────────────────────────────────────────
            日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第80条の規定により、1番、若林俊男君、10番、小川和俊君、19番、河合 正君を指名いたします。
────────────────────────────────────────
              日程第2 会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は本日から3月23日までの19日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日から3月23日までの19日間と決しました。
────────────────────────────────────────
              日程第3 議長報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第3、議長報告を行います。
 議会事務報告、平成18年11月・12月・平成19年1月分の例月出納検査結果報告、平成18年度監査の結果報告(12月〜2月実施)、国道165号線大和高田バイパス高架下の利用承認を求める陳情書、公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める陳情については、ご配付申し上げたとおりでございますので、よろしくご清覧おき願います。
 これをもって議長報告を終わります。
────────────────────────────────────────
      日程第4 橿原市議会議員定数に関する特別委員会経過報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第4、橿原市議会議員定数に関する特別委員会の経過報告を受けることにいたします。橿原市議会議員定数に関する特別委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては、2月20日に橿原市議会議員定数に関する特別委員会を開催し、4名の参考人の意見を拝聴いたしました。
 意見陳述等の内容は、議席にご配付申し上げている委員会録のとおりでございます。
 以上、経過報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わり、経過報告を終わります。
────────────────────────────────────────
           日程第5 都市開発特別委員会経過報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第5、都市開発特別委員会の経過報告を受けることにいたします。都市開発特別副委員長、森下君。
             (3番 森下みや子君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(森下みや子君) 槇尾委員長に代わりましてご報告いたします。本件につきましては、2月26日に都市開発特別委員会を開催し審査いたしました。
 まず、八木駅前南整備事業の進捗状況について理事者から説明があり、質疑もなく、本件について理事者の説明を終了しました。
 次に、関連事業の報告について理事者から説明があり、それに対して質疑を行いました。
 まず、橿原3号歩行者専用道路と近鉄のバリアフリー整備を一体化として進めるとの報告があったが、近鉄との交渉の中、市との考え方の開きを埋めていくことは大事だと思う。近鉄のバリアフリー整備及び橿原3号歩行者専用道路にかかる総費用は総額25億円だったと思うが、その中での近鉄との負担の割合はどれくらいになると見込んでいるのかと問われたのに対し、25億円の部分について協議をしているところであるが、現段階では公表できる状況ではない。今後協議を重ねて公表できる段階になれば発表する機会をもっていきたいと考えているとの答弁がありました。
 次に、橿原3号歩行者専用道路は、歩行者専用道路となっているが、自転車やバイクの通行はどうなるのかと問われたのに対し、自転車の通行については降りて押しての通行は可能であるとの答弁がありました。
 次に、近鉄との負担について、この事業は補助対象事業だと考えるが、この事業は国の補助金、地方交付税算入、残りが橿原市の負担になると思うが、国からの補助金の割合がいくらになるのかと問われたのに対し、近鉄の負担はコンコースと近鉄の構内のバリアフリーについては、バリアフリー法で明確となっており、国が3分の1、近鉄が3分の1、地方公共団体が3分の1となる。橿原3号歩行者専用道路部分について、橿原市としては近鉄八木駅バリアフリー部分と橿原3号歩行者専用道路部分を同時に施工することによって、近鉄の乗降客の流れがスムーズになるということで、市としては近鉄のメリットがあるということで協議しているが、近鉄としては、これは通路、公共の施設であるため負担はできないと言っている。橿原3号歩行者専用道路部分の事業については補助金事業と考えており、近鉄の負担がない場合は全体の40%が国の費用、残りの60%が市の支出となる。また近鉄からの負担があった場合は、全体から近鉄の負担分を引いた残りの4割が補助事業で、残りが市の支出となるとの答弁がありました。
 次に、橿原3号歩行者専用道路部分をつくったからといって、近鉄にメリットはないとは言わないが、近鉄が負担しなくても市だけで必ず行うということでよいのかと問われたのに対し、この件については近鉄に受益のメリットがあると確信しているので、負担を求めていきたいとの答弁がありました。
 次に、橿原3号歩行者専用道路部分を駅構内の延長として考えられなかったのか。必ずしも通路を分けなくても、人は駅の南から北へ行けるのに、なぜ橿原3号歩行者専用道路部分を通路として確保しなければならなかったのかと問われたのに対し、橿原3号歩行者専用道路部分の位置については、北側の駅前広場と南側の駅前広場をつなぐことから、駅前広場の駅に接するいずれかの場所ということで、既に決定された部分が東側にあるが、これを西側にもってきた。それと駅との関係であるが、駅のバリアフリー整備というのは、駅と周辺の道路とは、北側は7段、南側は4段ほどの階段があり、この階段の解消も同時にバリアフリー整備をし、橿原3号歩行者専用道路部分との段差がなくなっていくので、駅構内と道路部分との境がわからなくなっていくが、事業手法の関係で区域を割っている。したがって、駅から降りてくればコンコースと橿原3号歩行者専用道路部分が一体的なものになり、かなり広いものとして整備ができるとの答弁がありました。それに対し、現在は駅と通路の部分に壁があるが、その壁がなくなるということなのかと問われたのに対し、壁がなくなるとの答弁がありました。
 次に、駅北側をバリアフリーするには、かなり勾配をつける必要があると考えるがどのようになるのかと問われたのに対し、北側の部分と南側の部分が緩いスロープでつながることになり、駅のほうも駅の構内から緩い勾配をつけてきて、改札口を出たところはほぼフラットにコンコースとつながることになるとの答弁がありました。
 次に、近鉄八木駅のバリアフリー部分と、北と南の連絡通路となるのに、なぜ橿原3号歩行者専用道路が別に必要なのかと問われたのに対し、八木駅のバリアフリー整備をするには、橿原3号歩行者専用道路の東部分から西向きに勾配をつけなければ、駅の抜本的なバリアフリーにはならない。もう少し事業が煮詰まってきたら詳しく説明をするとの答弁がありました。
 次に、この事業の完成のめどはいつごろと考えているのかと問われたのに対し、この都市再生の事業については5カ年事業を目指しており、平成18年・19年度で最終の法的手続関係を終えて、工事としては20年度から22年度までの3カ年でやり遂げたいと考えているとの答弁がありました。
 次に、橿原3号歩行者専用道路部分の道路の幅は決まっているのかと問われたのに対し、変更後の橿原3号歩行者専用道路部分においては、道路幅は決まっていないとの答弁がありました。
 次に、行政で行われる事業については強制執行という方法があるが、この事業でできるのかと問われたのに対し、橿原3号歩行者専用道路を西側に変更すれば、近鉄の区域の土地を使う必要があるので、必ず近鉄との協議が必要である。近鉄との協議に際しては、現在の店が西側に4店舗がある。また東側についてはミスタードーナツから北側の奈良交通の券売場までについては商店を撤去してもらわなければならないので、ある程度協議を済まし、近鉄の理解した中でしか、都市計画決定できないのではないかと考えているとの答弁がありました。
 次に、現在ある歩行者専用道路では自転車に乗ったまま通過する人がいて、ぶつかりそうになっているので、歩行者と自転車や単車の通路部分については分けるような検討を願いたいとの要望がありました。
 次に、懸案事項の1つである区画整理事業、区域内の市有地約1,150坪の活用について、この事業は具体的に動いているのかと問われたのに対し、今のところは具体的には動いていないとの答弁がありました。それに対して、八木駅前南整備事業で残っているのは、この1,150坪の土地活用である。この事業は八木駅前を活性化しようと始まった事業だと思う。過去議員の中からもいろいろな意見があり、また市長の思いもあったが、計画が頓挫した。早急に八木駅南として立派なものをつくることが、八木駅前南整備事業の最後の仕事と思うが、市長の考えはと問われたのに対し、この問題は本市の事業として重要な課題である。来年早々には議会や地域の関係者にも入っていただき委員会を立ち上げて、来年度中には平城遷都1300年の時期に間に合うような決定をしていきたいと思っているところであるとの答弁があり、それに対して、今市長から委員会を立ち上げるとの答弁があったが、担当者からはホテル形式のものを建てるとの説明であったと思うが、どうなのかと問われたのに対し、県からの要望があるのでホテルを含めて委員会で検討していただくとの答弁がありました。
 次に、駅の周辺を整備しながらコミュニティバスを運行していくという計画をしていると聞いているが、コミュニティバスについては、まちづくりの交付金で事務を進めているところであるとの答弁がありました。それに対し、具体的にどういうコースを走らせるのかと問われたのに対し、計画としては県立医大から万葉ホール、藤原京から香久山公園の周辺を考えているところであるとの答弁がありました。
 次に、コミュニティバスを走らせることで市が負担していることを説明すべきだと思うが、どれくらいの負担になるのか試算しているのかと問われたのに対し、市の負担としては年間2,500万円と試算している。またコミュニティバスの料金等についても検討中であるとの答弁がありました。
 次に、(仮称)観光交流センター等の建物を建てるとの説明を受けたが、何階建てを予定しているのかと問われたのに対し、4階建てを考えているが、橿原警察署から交番用地の要望があるので5階建てになるかもわからないとの答弁がありました。
 次に、建物を建てる場合、土地の面積一杯に建てられないのかと問われたのに対し、この区域は商業区域であり、建ぺい率・容積率が80%の400%であるので、建ぺい率を80%使えば5階建てになるとの答弁がありました。
 以上の結果、本件について質疑及び理事者の報告を終了しました。
 以上、報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わり、経過報告を終わります。
────────────────────────────────────────
             日程第6 市長の行政経過報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第6、市長の行政経過報告を受けることにいたします。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 恒例によりまして、平成18年12月議会での報告以後行ってまいりました主な行政経過について、ご報告を申し上げます。
 1 12月7日、「第58回人権週間」の啓発行事の一環として、「育てよう 一人一人の人権意識 思いやりの心・かけがえのない命を大切に」を重点目標に、本市人権擁護委員、法務局の職員とともに、啓発活動を近鉄八木駅前周辺において行いました。
 2 12月23日から25日までの3日間、市制50周年記念イベントの最後を飾る「クリスマスイルミネーション」を、奈良県橿原文化会館前広場において開催いたしました。
 ペットボトルによるクリスマスツリーやグラスキャンドルによるイルミネーションの幻想的な雰囲気の中、市民団体によりますゴスペルや音楽演奏でクリスマスムードを盛り上げました。
 3 12月28日から30日までの3日間、市民の方々に穏やかな新春を迎えていただくために、橿原市消防団員延べ351名が夜間年末火災警戒を実施し、火災発生の防止に努めました。
 4 1月6日、「平成19年御所市・高取町・明日香村・橿原市・大和高田市・中和広域消防組合連合消防出初式」を、御所市民会館において実施いたしました。当日は雨天のため、会館内での式典となりましたが、本市消防団からは93名が参加し、長年にわたる功績を称え37名の団員が、知事表彰、市長表彰、消防協会長表彰、支部長表彰及び警察署長感謝状の贈呈を受けました。
 5 1月8日、成人式を、奈良県橿原文化会館において開催いたしました。新成人となられた1,384名の方々のうち1,108名の出席のもと、人生の新しい門出をお祝いいたしました。
 6 1月10日から15日までの6日間、第13回姉妹都市「橿原と宮崎の物産展」を、宮崎市において開催いたしました。
 物産展では、宮崎市の23業者と本市の19業者が出店し、両市の物産品を一堂に集めた展示即売により地場産業の需要開拓と販路拡大を図り、観光コーナーでは、パンフレット等を配置し、友好親善の絆を更に深めました。
 7 1月28日、畝傍山を周回する「第34回畝傍山一円クロスカントリー大会」を、橿原運動公園をスタート・ゴール地点として開催いたしました。当日は天候にも恵まれ、今回から新設した男子60歳以上の部を含め、男女年齢別15部門とファミリーなどのペアで走るのんびり部門の計16部門に約750名の参加があり、市民のスポーツ意識の高揚と健康・体力づくりに努めました。
 8 2月3日、4日の2日間、「環境啓発パネル展」を、ダイヤモンドシティ・アルルにおいて開催いたしました。
 パネル展では、人力による発電を体験していただき、エネルギーの節約を訴え、地球温暖化、水質汚濁など地球環境問題に、私たちの暮らしが大きく関わっていることを知り、暮らしの見直しを考えていただきました。
 また、2月6日から12日までの7日間、引き続き環境啓発パネル展を、かしはら万葉ホールにおいて開催いたしました。
 9 2月6日、「水質改善強化月間」の一環として、一人ひとりが生活排水を減らす工夫をし、きれいな川を取り戻すことを目標とした街頭キャンペーンを、近鉄大和八木駅前周辺において実施いたしました。
10 2月17日から22日までの6日間、「リサイクルフェア」を、リサイクル館かしはらにおいて開催いたしました。
 フェアーには、約670名の来館者があり、粗大ごみから再生した自転車や家具を低廉な価格で販売するなど、ごみの再資源化についての理解を深めていただきました。
11 2月25日、市内の子育て家族を応援するために、かしはらキッズランドを、奈良県橿原文化会館において開催いたしました。
 会場では、遊びの広場、地域子ども教室の活動紹介コーナー、絵本の読み聞かせコーナー、クラフトコーナーを設置し、約500名のご家族に楽しいひとときを過ごしていただきました。
 また、午後からは、スプリングコンサートを、714名の観覧者のもと開催いたしました。コンサートでは、観客席と一緒に踊ったりと、笑顔あふれる家族にふれあいの場を提供いたしました。
 次に、主な工事の進捗状況は次のとおりでございますので、よろしくご高覧くださいますようお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって行政経過報告を終わります。
 一般質問の通告については文書をもって発言内容を詳細に記載の上、議案上程日の3月7日午後5時までに提出願います。
 続いての日程は役員改選となりますが、この際、本会議を休憩し、直ちに全体協議会を開催しますので、議員は委員会室にご参集ください。
 それでは暫時休憩いたします。
              午前10時26分 休憩
             ────────────
              午後 1時45分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 休憩中の本会議を再開いたします。
────────────────────────────────────────
               日程第7 役員改選

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第7、役員改選についてを議題といたします。この際、副議長と交代いたします。
              (議長 副議長と交代)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 議長と交代いたしました。議事の都合により私が代わって議長の職務を行います。
 議長、竹田清喜君から議長辞職願が提出されております。
────────────────────────────────────────
                 議長の辞職

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) それでは議長の辞職の件を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、竹田清喜君の退席を求めます。
             (21番 竹田清喜君 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 職員をして辞職願を朗読させます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) お諮りいたします。竹田清喜君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) ご異議なしと認めます。よって、竹田清喜君の議長の辞職を許可することに決しました。
 竹田君、出席願います。
             (21番 竹田清喜君 出席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) ただいま議長が欠員となりました。
────────────────────────────────────────
                  議長選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) これより議長選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
                 (議場 閉鎖)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) ただいまの出席議員数は23人であります。
 投票用紙を配付させます。
                (投票用紙 配付)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
               (職員 投票箱を点検)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 異常なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載のうえ、点呼に応じて順次投票を願います。
 それでは点呼を命じます。
                 (職員 点呼)
                  (投 票)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 投票漏れはありませんか。
 投票漏れなしと認めます。投票を終了します。
 議場の閉鎖を解きます。
                 (議場 開鎖)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に松田ゆみ子君、杉井康夫君、前口洋一君を指名いたします。よって、3名の立ち会いをお願いいたします。
             (立会人 所定の位置につく)
                  (開 票)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数23票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票23票、無効投票0票。有効投票中、細川佳秀君13票、槇尾幸雄君8票、竹森 衛君2票、以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、細川佳秀君が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました細川佳秀君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の旨を告知いたします。
 当選されました細川佳秀君より、議長就任の受諾及びごあいさつを受けることにいたします。細川佳秀君。
             (17番 細川佳秀君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(細川佳秀君) 議員多数のご推挙により議長を拝命いたしました細川でございます。
 何分浅学非才でございますので、今後の議案運営がスムーズにいきますよう議員各位のご協力をよろしくお願いいたしたいと思います。
 また引き続き、議会と理事者側が切磋琢磨しながら、よりよい市民生活向上のために頑張っていくつもりでございます。どうか今後ともよろしくご指導お願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。
 本日はどうもありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(岡 史朗君) それでは新議長と交代いたします。
              (新議長 議長席につく)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 議員諸氏には円滑な議会運営にご協力をお願いいたします。
────────────────────────────────────────
                 副議長の辞職

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 副議長、岡 史朗君から副議長辞職願が提出されておりますので、副議長の辞職についてを議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、岡 史朗君の退席を求めます。
             (2番 岡 史朗君 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 職員をして辞職願を朗読いたさせます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) お諮りいたします。朗読のとおり岡 史朗君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、副議長の辞職を許可することに決しました。
 岡 史朗君、出席願います。
             (2番 岡 史朗君 出席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいま副議長が欠員となりました。
────────────────────────────────────────
                 副議長選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これより副議長選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
                 (議場 閉鎖)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの出席議員数は23名であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
                (投票用紙 配付)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
               (職員 投票箱を点検)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異常なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載のうえ、点呼に応じて順次投票を願います。
 点呼を命じます。
                 (職員 点呼)
                  (投 票)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 投票漏れはありませんか。
 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                 (議場 開鎖)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に松田ゆみ子君、杉井康夫君、前口洋一君を指名いたします。よって、3名の立ち会いをお願いいたします。
             (立会人 所定の位置につく)
                  (開 票)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 選挙の結果を報告いたします。
 総投票数23票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票23票、無効投票0票。有効投票中、広田順則君12票、福井達雄君9票、西川正克君2票、以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、広田順則君が副議長に当選されました。
 当選されました広田順則君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の旨を告知いたします。
 当選されました広田順則君より、副議長就任の受諾及びごあいさつを受けることにいたします。広田順則君。
             (11番 広田順則君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(広田順則君) 今回の役員選挙におきまして、皆様方の温かいご支持を得まして、副議長という大役を仰せつかり身の引き締まる思いでございます。今後は議長を補佐しながら橿原の街づくり、人づくりに、さらなる努力をする所存でございます。
 どうか今後ともよろしくご協力のほどをお願い申し上げまして、就任のあいさつに代えさせていただきます。
 どうもありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 暫時休憩いたします。
               午後2時07分 休憩
             ────────────
               午後4時10分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 休憩中の本会議を再開いたします。
────────────────────────────────────────
      同意第1号 監査委員選任につき同意を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 同意第1号、監査委員選任につき同意を求めることについてを議題といたします。
 この際、地方自治法第117条の規定により、若林俊男君の退席を求めます。
             (1番 若林俊男君 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 職員をして議案を朗読させます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 同意第1号、監査委員選任につき同意を求めることについてでございます。
 本件につきましては、本市監査委員のうち、議会の議員から選出されております委員の辞任に伴いまして、その後任者として若林俊男氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により同意を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご同意のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) お諮りいたします。本件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、本件については委員会の付託を省略することに決しました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) これをもって討論を終わります。
 これより同意第1号について採決いたします。
        (「議長動議、無記名投票を求めます」と平沼君呼ぶ)
              (「賛成」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいま平沼君から同意第1号に関し、無記名投票による採決を求める動議が提出されました。本動議に賛成の諸君は挙手をお願いいたします。
             (挙手する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 本動議は会議規則第15条の規定により賛成者がありますので、成立いたしました。
 ただいま成立いたしました動議は同意第1号に関し、無記名投票による採決を求めるものであります。
 本動議を議題とし、再び挙手による採決を行います。本動議に賛同の諸君の挙手を求めます。
             (挙手する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの結果、本動議の賛成者が出席議員の5分の1以上と認めます。よって、本動議は可決されました。
 同意第1号について投票により採決いたします。
 議場の閉鎖を命じます。
                 (議場 閉鎖)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ただいまの出席議員数は20名であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
                (投票用紙 配付)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) この際、念のために事務局より説明いたさせます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務局次長(木下法幸君) お手元にお配りいたしました投票用紙に同意に賛同される方は「賛成」とお書きください。反対される方は「反対」とお書きください。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
               (職員 投票箱を点検)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異常なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票記載は用紙に同意案件に賛成、もしくは反対と記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 点呼を命じます。
                 (職員 点呼)
                  (投 票)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 投票漏れはありませんか。
 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                 (議場 開鎖)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に松田ゆみ子君、杉井康夫君、前口洋一君を指名いたします。よって、3名の立ち会いをお願いいたします。
             (立会人 所定の位置につく)
                  (開 票)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 選挙の結果を報告いたします。
 総投票数19票、有効投票19票、有効投票中、賛成10票、反対9票、以上のとおりであります。
 よって、本件は同意することに決しました。
 若林君の出席を願います。
             (1番 若林俊男君 出席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 暫時休憩いたします。
               午後4時21分 休憩
             ────────────
               午後4時57分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 この際、会議時間を延長いたします。
 暫時休憩いたします。
               午後4時58分 休憩
             ────────────
               午後6時01分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 休憩中の本会議を再開いたします。
────────────────────────────────────────
                常任委員の選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 常任委員の選任を行います。
 選任については委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名いたします。
 職員をして、その所属、氏名を総務、文教、厚生、建設、各常任委員会の順に発表させます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務局次長(木下法幸君) 発表いたします。
 総務常任委員会、岡 史朗君、森下みや子君、平沼 諭君、杉井康夫君、河合 正君、西川正克君。
 文教常任委員会、岩佐広子君、奥田 寛君、水本ひでこ君、前口洋一君、松本元二郎君、槇尾幸雄君。
 厚生常任委員会、若林俊男君、福井達雄君、松木雅徳君、竹田清喜君、増田喜代信君、竹森 衛君。
 建設常任委員会、松田ゆみ子君、小川和君俊、広田順則君、高見精一君、細川佳秀君。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) お諮りいたします。ただいま発表いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員に指名することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。
 ただいま選任されました各常任委員会の正副委員長の互選を行っていただくため、本会議休憩中に各常任委員会を招集いたします。
 総務常任委員会は議長室に、文教常任委員会はロビーに、厚生常任委員会は委員会室に、建設常任委員会は応接室にそれぞれご参集を願います。
 それでは暫時休憩いたします。
               午後6時03分 休憩
             ────────────
               午後6時03分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 各常任委員会で正副委員長の互選を行っていただきました結果をご報告申し上げます。
 総務常任委員長に森下みや子君、同じく副委員長に杉井康夫君が、文教常任委員長に奥田 寛君、同じく副委員長に水本ひでこ君が、厚生常任委員長に増田喜代信君、同じく副委員長に松木雅徳君が、建設常任委員長に松田ゆみ子君、同じく副委員長に高見精一君が、それぞれ互選されましたので、ご報告申し上げます。
────────────────────────────────────────
            上水道事業特別委員会委員の辞任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 上水道事業特別委員辞任の件を議題といたします。
 この際、地方自治法第117条の規定により、若林俊男君、松田ゆみ子君、福井達雄君、広田順則君、水本ひでこ君、前口洋一君、竹森 衛君、松本元二郎君の退席を求めます。
               (該当各議員 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 職員をして辞任願を朗読させます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) お諮りいたします。ただいま職員が朗読いたしましたとおり、それぞれの諸君の辞任を許可することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、辞任を許可することに決しました。
 退席者の諸君は出席願います。
               (退席各議員 出席)
────────────────────────────────────────
            上水道事業特別委員会委員の選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 続いて上水道事業特別委員の選任を行います。
 委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、森下みや子君、奥田寛君、水本ひでこ君、松木雅徳君、増田喜代信君、竹田清喜君、竹森 衛君、松本元二郎君、以上8名を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8名の諸君を上水道事業特別委員会の委員に選任することに決しました。
 次に議事の都合上、副議長と交代いたします。
               (議長 副議長と交代)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(広田順則君) 議長を交代いたしました。
────────────────────────────────────────
             都市開発特別委員会委員の辞任

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(広田順則君) 次に都市開発特別委員辞任の件を議題といたします。
 この際、地方自治法第117条の規定により、森下みや子君、平沼 諭君、岩佐広子君、高見精一君、細川佳秀君、松木雅徳君、西川正克君、槇尾幸雄君の退席を求めます。
               (該当各議員 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(広田順則君) 職員をして辞任願を朗読させます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(広田順則君) お諮りいたします。ただいま職員が朗読いたしましたとおり、それぞれの諸君の辞任を許可することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(広田順則君) ご異議なしと認めます。よって、辞任を許可することに決しました。
 退席者の諸君は出席願います。
               (退席各議員 出席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(広田順則君) 役目を終えましたので、議長と交代いたします。
               (議長 議長席につく)
────────────────────────────────────────
             都市開発特別委員会委員の選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 続いて都市開発特別委員の選任を行います。
 委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、松田ゆみ子君、福井達雄君、平沼 諭君、岩佐広子君、杉井康夫君、前口洋一君、西川正克君、槇尾幸雄君、以上8名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8名の諸君を都市開発特別委員会の委員に選任することに決しました。
 次に、橿原市議会市町村合併問題検討特別委員会並びに橿原市議会議員定数に関する特別委員会の委員辞任の件を審議することになっておりますが、議事の都合上、仮議長を選出しなければなりません。
 ここでお諮りいたします。2つの特別委員会委員辞任の議事の都合のため、仮議長の選任を議長に委任する件を案件に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、仮議長の選任を議長に委任する件を案件に追加し、議題といたします。
────────────────────────────────────────
            仮議長の選任を議長に委任する件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) お諮りいたします。地方自治法第106条第3項の規定により、仮議長の選任を議長に委任願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、仮議長の選任を議長に委任することに決しました。
 それでは仮議長に前口洋一君を指名いたします。
 この際、仮議長と交代いたします。
               (議長 仮議長と交代)

-------------------------------------------------------------------------------

◯仮議長(前口洋一君) ただいま議長からご指名をいただきましたので、私が特別委員会委員辞任の件の議事を進めてまいります。
────────────────────────────────────────
 橿原市議会市町村合併問題検討特別委員会並びに橿原市議会議員定数に関する特別委員
 会委員の辞任

-------------------------------------------------------------------------------

◯仮議長(前口洋一君) 橿原市議会市町村合併問題検討特別委員会並びに橿原市議会議員定数に関する特別委員会に所属する委員からそれぞれ辞任願が提出されていますので、委員辞任についてを議題といたします。
 この際、地方自治法第117条の除斥の規定により、広田順則君、細川佳秀君の退席を求めます。
               (該当各議員 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯仮議長(前口洋一君) 職員をして辞任願を朗読いたさせます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯仮議長(前口洋一君) お諮りいたします。職員朗読のとおり辞任を許可することにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯仮議長(前口洋一君) ご異議なしと認めます。よって、それぞれの諸君の辞任を許可することに決しました。
 退席の諸君は出席を願います。
               (退席各議員 出席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯仮議長(前口洋一君) これで仮議長の役目を終えましたので、議長と交代します。
               (議長 議長席につく)
────────────────────────────────────────
 橿原市議会市町村合併問題検討特別委員会並びに橿原市議会議員定数に関する特別委員
 会委員の追加選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 橿原市議会市町村合併問題検討特別委員会並びに橿原市議会議員定数に関する特別委員会委員の追加選任についてを議題といたします。
 各委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、岡 史朗君及び竹田清喜君を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、岡 史朗君及び竹田清喜君を橿原市議会市町村合併問題検討特別委員並びに橿原市議会議員定数に関する特別委員に追加選任することに決しました。
 それではここで各特別委員会の正副委員長の互選を行っていただくため、本会議休憩中に各特別委員会を招集いたします。
 上水道事業特別委員会は応接室に、都市開発特別委員会はロビーにそれぞれご参集願います。また両委員会終了後に橿原市議会市町村合併問題検討特別委員会を招集いたしますので委員会室にご参集願います。また続いて終了後に橿原市議会議員定数に関する特別委員会も開催願います。
 それでは暫時休憩いたします。
               午後6時17分 休憩
             ────────────
               午後6時17分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) それでは再開いたします。
 本会議休憩中に特別委員会の正副委員長の互選を行っていただきました結果を申し上げます。
 上水道事業特別委員長に松木雅徳君、同じく副委員長に竹森 衛君が、都市開発特別委員長に前口洋一君、同じく副委員長に西川正克君が、また、橿原市議会市町村合併問題検討特別委員長に槇尾幸雄君、同じく副委員長に水本ひでこ君が、橿原市議会議員定数に関する特別委員長に竹森 衛君、同じく副委員長に若林俊男がそれぞれ互選されましたので、ご報告申し上げます。
────────────────────────────────────────
      推第1号 橿原市農業委員会の選任委員の議会推薦について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 次に推第1号、橿原市農業委員会の選任委員の議会推薦を行います。
 この際、地方自治法第117条の除斥の規定により、福井達雄君、高見精一君、松本元二郎君の退席を求めます。
               (該当各議員 退席)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 職員をして議案の朗読をいたさせます。
                 (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) お諮りいたします。本件については職員が朗読いたしましたとおり3名の諸君を推薦いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、橿原市農業委員会の選任委員に福井達雄君、高見精一君、松本元二郎君を推薦することに決しました。
 退席者の諸君は出席願います。
               (退席各議員 出席)
────────────────────────────────────────
            中和広域消防組合議会議員の選出

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 次に中和広域消防組合議会議員の選出を議題といたします。
 中和広域消防組合規約第5条の規定に基づき、本市議会議員の中から6名を選出するものであります。
 お諮りいたします。選出の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 中和広域消防組合議会議員に森下みや子君、広田順則君、細川佳秀君、増田喜代信君、竹田清喜君、竹森 衛君、以上6名の諸君を指名し、中和広域消防組合議会議員に選出することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を中和広域消防組合議会議員に選出することに決しました。
────────────────────────────────────────
          橿原・高市広域行政事務組合議会議員の選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 次に橿原・高市広域行政事務組合議会議員の選挙を行います。
 橿原・高市広域行政事務組合規約第5条の規定に基づき、本市議会議員の中から5名を選挙するものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選にすることに決しました。
 お諮りいたします。指名推選については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 橿原・高市広域行政事務組合議会議員に平沼 諭君、広田順則君、奥田 寛君、細川佳秀君、槇尾幸雄君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました5名の諸君を橿原・高市広域行政事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました5名の諸君が橿原・高市広域行政事務組合議会議員に当選されました。
 以上をもって、橿原・高市広域行政事務組合議会議員の選挙を終わります。
 この際、本会議を休憩して全体協議会に切りかえます。
               午後6時23分 休憩
             ────────────
               午後6時26分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 お諮りいたします。本日はこれにて散会し、3月7日午前10時に再開いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(細川佳秀君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれにて散会し、3月7日午前10時に再開することに決しました。改めて再開通知はいたしませんから、ご了承願います。
 それでは本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでございました。
               午後6時27分 散会