議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 橿原市

平成18年9月定例会(第4号) 本文




2006.09.22 : 平成18年9月定例会(第4号) 本文


              午前10時04分 開議
◯議長(竹田清喜君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。
────────────────────────────────────────
 日程第1 議第39号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例
            の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第1、議第39号、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては、9月7日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第39号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第2 議第40号 橿原市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第2、議第40号、橿原市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては、9月7日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第40号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第3 議第41号 橿原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の
            一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第3、議第41号、橿原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては、9月7日に総務常任委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第41号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第4 議第42号 橿原市保健福祉センター条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第4、議第42号、橿原市保健福祉センター条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。厚生常任委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件につきましては、9月7日に厚生常任委員会を開催し審査いたしました。
 まず、第9条中の「法第5条第6項に規定する生活介護その他市長が必要と認める障害福祉サービスに改める」というのは、具体的にどのようなサービスに該当するのかと問われたのに対し、自立支援給付として、介護給付の中で居宅介護、重度訪問介護、行動援護、重度障害者包括支援、療養介護、生活介護があり、訓練等給付として、自立訓練等があると答弁があり、それに対し、それはいわゆる障害者自立支援法の現行から新体系に移行する中の生活介護の部分であるが、その後に「その他市長が必要と認める障害福祉サービス」というのは、今言った必須以外のサービスを考えるということかと問われたのに対し、自立訓練が該当するとの答弁がありました。
 次に、第14条の利用料金の変更はあるのかと問われたの対し、平成18年4月1日より障害者自立支援法が施行され、その時点で1割負担となっており、今回については、利用者負担については変更はないとの答弁がありました。
 次に、第14条の「厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額」とは具体的にいくらかと問われたのに対し、自立支援法において算定した費用であるとの答弁がありました。
 次に、第14条第3項「費用」をあえて「特定費用」という文言に変えた理由は何かと問われたのに対し、電気代等にかかる部分となり、法的に名称が変更になったものであるとの答弁がありました。
 次に、この10月1日から障害者自立支援法が全面施行になるが、低所得者に対する市としての助成制度の考えはと問われたのに対し、障害者自立支援法の自己負担については、国のほうで最低、生活保護移行防止まで軽減策を設けている。市としては10月以降市町村事業として移行される部分の事業があり、その事業については介護給付と併せて負担を上限設定するが、その他の部分での軽減措置は、現在のところ検討していないとの答弁があり、それに対し、やはり低所得者に対する配慮をしてもらいたいとの要望がありました。
 次に、基本的には障害者についても、介護保険制度に一括する方向に向いているように思うが、そうすると利用者も原則1割の負担をしたときに、低所得者が今までの状況から見たら、普通の支出以上の大変な状況になるのではと思うが、橿原市の現状はどうなっているのかと問われたのに対し、確かに4月以降、食費等実費負担となり、負担は若干増えているが、ただ、国の制度として受給されている年金の中で負担が収まるという範囲での検討はされている。またいろいろ減免措置が講じられており、最終的には生活保護にまでは移行しないという形をとられているとの答弁がありました。
 次に、原則応益1割負担をしたときに、障害者の方が将来の生活に不安を感じておられ、障害者の自立支援であるのに法律はそうなっていない。独自軽減措置を各自治体でどんどん進めており、橿原市も全国の調査をしていると思うが、そのあたりの考え方はと問われたのに対し、他県では軽減措置が設けられているところがあり、県内各市町村に問い合わせをしながら検討をしているが、県内では軽減措置を設けるところはなく、その状況を見ながら現在進めている状況である。よく地域の実態を勘案した上で、各関係団体ともよく相談をしながらやっていきたいとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告を申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声がございますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第42号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第5 議第43号 橿原市母子家庭医療費の助成に関する条例及び橿原市心身障害
            者医療費の助成に関する条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第5、議第43号、橿原市母子家庭医療費の助成に関する条例及び橿原市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。厚生常任委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件につきましては、9月7日に厚生常任委員会を開催し審査いたしました。
 質疑はなく、討論において竹森委員より、改正前は食事の自己負担等も含めて2万4,000円であるが、改正後は5万2,000円に引き上げられる。負担を増やすように制度を変えるということは、心身に障害をお持ちの方や、母子の方が医療費の助成を受けようとしたときに、当然負担は2倍以上になっているわけで、市民の暮らし、特に心身に障害をお持ちの方や、母子の方の暮らしが厳しくなるため反対すると反対討論があり、起立による採決を行った結果、起立多数により、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告を申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。西川君。
             (23番 西川正克君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(西川正克君) 議第43号、橿原市母子家庭医療費の助成に関する条例及び橿原市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部改正について反対をいたします。
 条例の改正によって、母子及び心身障害者の70歳以上の方の負担が現行では2万4,000円の自己負担ですが、改正をされますと、食費4万2,000円、居住費1万円と計5万2,000円の負担になり2万8,000円の値上げがされてしまいます。今は対象が母子家庭3世帯と限られていますけれども、将来的には増える可能性もあります。
 以上の理由で反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第43号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第6 議第44号 橿原市国民健康保険条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第6、議第44号、橿原市国民健康保険条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。厚生常任委員長、松木君。
             (18番 松木雅徳君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(松木雅徳君) 本件につきましては、9月7日に厚生常任委員会を開催し審査いたしました。
 まず、出産育児一時金の現在と今後の支払方法、また市内で何名の方が年間出産されているのかと問われたのに対し、現在の支払方法は、申請時に即現金で渡している状況であるが、10月1日から5万円引き上げになるので、事故を防ぐ意味からも今後はできるだけ振り込み、もしくは委任払いの推進でいきたいと思っている。件数は17年度で213名の方に支給しているとの答弁がありました。それに対し、市に出生届を提出したときに、その場ですぐいただけるのは大変ありがたく、今後振り込みという形になるが、できるだけ早く振り込みをしてもらいたいとの要望がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告を申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第44号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第7 議第45号 工事請負契約の締結について(平成18年度八木駅前南広場築
            造及び周辺整備工事)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第7、議第45号、工事請負契約の締結について(平成18年度八木駅前南広場築造及び周辺整備工事)を議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。都市開発特別委員長、槇尾君。
             (26番 槇尾幸雄君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(槇尾幸雄君) 本件につきましては、9月7日に都市開発特別委員会を開催し審査いたしました。
 質疑はなく、八木駅前南の整備は橿原市の玄関口としてふさわしい事業を推進するよう意見が出されました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) この工事請負契約につきましては、決算委員会で質問させていただきましたので結構なんですけども、1つだけ。
 事業進捗は大変しております。きょうも歩いてまいりますと突貫工事みたいな感じでやっていただいております。しかし、地元の方からよく聞かれるんですが、法務局の前、そしてまたセブンイレブンの横等、道路がきれいになってきておりますが、「いつごろ通れるようになるのかな」と聞かれますので、細かな説明は結構ですので、「大体これぐらいになったら、車が通れるというふうになるでしょう」というような、ちょっとお答えを聞きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 槇尾委員長、答弁願います。
             (26番 槇尾幸雄君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(槇尾幸雄君) ただいま杉井議員の質問でございます。先ほども言ったように、細部にわたっていつできるというのはわかりませんが、できるだけ早くやるということでございますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 都市整備部長。
             (説明員 木村萬緑君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備部長(木村萬緑君) 今、杉井議員のお尋ねの車を通す時期ということで、それについてお答えいたします。
 法務局の通り、そして今セブンイレブンのところですね。それにつきましては現道、今ある道ですから、これにつきましては、現在の規制のままで通れるのは、もう月開けには通せるのかなと。全体の供用と言いますと、昔で言います池の部分とか、それにつきましては今回の工事、案件となっている工事が終えましたらということですので、来年の4月には通していきたいという計画で進んでおります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第45号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第8 議第46号 平成18年度橿原市一般会計補正予算(第1号)について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第8、議第46号、平成18年度橿原市一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、広田君。
             (11番 広田順則君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(広田順則君) 本件につきましては、9月11日に予算特別委員会を開催し審査いたしました。
 まず、し尿処理場の建設に対しての調査業務の委託、検査業務の委託をするにあたって委託料を500万円ずつ計上しているが、どのような内容であるのかと問われたのに対し、建設中のコンクリート製の水槽で発生したひび割れが、構造的な問題があるのではないかというふうに報道され、このことについて検証をするための調査費用を計上したものであります。請負業者の西原環境テクノロジーも第3者機関の調査結果をつけて報告しているが、あくまでも西原環境テクノロジーの報告であるので、市としても独自に調査をして、安心で安全であるということが最も重要なことであり、今の段階で工事を続行していくことに問題がないかなどの検査を行うものであります。これとは別に、竣工検査の一環としても必要な検査をするという二重のチェックをして万全を期したい。検査内容は、コンクリートの圧縮強度試験、塩化物の含有試験、クラックの補修状況を調べ、鉄筋の配筋状態等の結果を得たいとの答弁がありました。それに対し、調査内容はコンクリートを抜いたコア検査、非破壊検査等の万全を期して行うことであるが、積算の500万円で収まる予定なのか。それ以上の費用を計上するような事態が発生することを予測しているのかと問われたのに対し、調査内訳はコア抜きで150万円、ひび割れ検査で100万円、非破壊検査で250万円の概算見積もりであるので、業者に実施に向けた見積もりをお願いしている段階で、500万円以内で収まる予定であるとの答弁がありました。
 次に、調査を委託した結果に対する対応で、あえて本市が費用負担する必要があるのか。また重大な問題が発生した場合、支払いの段階において、西原環境テクノロジーに対して費用負担についてどういう進め方をしていくのか。例えば、最後の工事費12億9,000万円を支払う中から差し引くのかと問われたのに対し、検査費用の負担は、検査という性格上、すべてにおいて独立性を保った検査が必要であるので補正予算に計上しております。今後かかる費用負担については、責任の所在を明確にして発注者として正当に対応していきたい。費用負担は工事費と相殺できる性格のものではないと考えます。西原環境テクノロジーとしての見解において法的な問題も出てくる場合は、弁護士の力も借りて対応していきたいとの答弁がありました。
 次に、本来工事の検査を市で行うのはほとんどなく、なぜ検査をするのか。6月議会、厚生常任委員会協議会等で質疑されたが、新聞報道が本当なのか、理事者の答弁が本当なのか、巷のうわさが本当なのか、これがわからない状態で、市がこのような検査費用を出すのはおかしいのではないかと問われたのに対し、6月議会では、コンクリートの性質であるので支障ないと答えたが、新聞に掲載されたので、業者は細部の検査を行い、異常なしの結果が出されました。しかし、市民の方が疑問を抱いているので、市も財団法人日本建築総合試験所に検査をお願いし、市の費用をもって検査をすることになります。公平中立的な立場の機関に実施してもらうのが適当でないかということで補正予算に計上いたしました。検査結果後、責任はどこにあるかを見極め対応していきたいとの答弁がありました。
 次に、検査をするときには立ち会うことが可能であるのかと問われたのに対し、検査の立ち会いについては、機械などを使用することでもあり、安全性もあるので、その点を理解いただきたいとの答弁がありました。
 次に、3月予算委員会で緊急通報システムの有料化の問題が議論になり、有料化になって、高齢者に対してこのシステムを進める気持ちになれないということが起こっているが、補正予算を組むにあたって無料化を検討できなかったのか。また今後どうしていくのかと問われたのに対し、国の補助金がなくなったことで市でも見直しを行っていました。電話の設置については、従来から市のほうで設置するが、レンタル料は自己負担していただくような予算となりました。345台のうち大半の人は、必要と言えば必要である、使っていない、荷物などを置いている等があり、今後当初予算に向けて内容を再度調べて、絶対必要であるかどうかを検討していきたいとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第46号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第9 議第47号 平成18年度橿原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
            について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第9、議第47号、平成18年度橿原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、広田君。
             (11番 広田順則君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(広田順則君) 本件につきましては、9月11日に予算特別委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 議第47号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第10 議第48号 平成18年度橿原市老人保健特別会計補正予算(第1号)に
             ついて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第10、議第48号、平成18年度橿原市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、広田君。
             (11番 広田順則君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(広田順則君) 本件につきましては、9月11日に予算特別委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第48号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第11 議第49号 平成18年度橿原市介護保険特別会計補正予算(第1号)に
             ついて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第11、議第49号、平成18年度橿原市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。予算特別委員長、広田君。
             (11番 広田順則君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(広田順則君) 本件につきましては、9月11日に予算特別委員会を開催し審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第49号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第12 認第1号 平成17年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第12、認第1号、平成17年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 現在、委員長が議席におられませんので、決算委員会のご報告につきまして副委員長が代わってご報告いたします。
 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 皆さんのところに配付されている決算特別委員会録の中で4点質問させていただきたいと思います。
 まず2ページの市長が答えた合併の問題ですけれども、これまでの市町村合併というのは、その手法として合併特例債、スケールメリットのような形で、それをまあニンジンをぶら下げるように進めてきたわけですけども、借金が膨れ上がって問題が起こっていますけれども、今後これは特例債も含めて財政的にはどうなっていくのかということが1点、これが1点でございます。
 それからもう1つ、2つ目は7ページの、一般質問でも議論をされましたけれども、コミュニティバスの問題でございます。検討委員会が開かれていないというのは、このバスをどういう目的で走らせるのか。それをしっかりどう定めるのか。どこに目標を置いて進めていくのか。
 例えば、堺市がこの6月から月6回、高齢者に「おでかけ応援バス」というのを走らせてます。65歳以上の方で、例えば介護保険証、健康保険証、運転免許証など、証明できるものを添えていけば、1乗車100円で乗車できると。こういう形でもう少し明確な運行の仕方を考えられないか。これが2点目です。
 それから3点目は、17ページの子どもが病気になったときに、平日でも夜12時まで診療をやっていると。これはすばらしい施策なんですけども、それを今後どのように発展させていこうとしているのか。平日でも、例えば休日のように朝までやろうと、そういう考え方があるのかどうか。
 それから最後に22ページ、融資の枠ですけれども、答弁では1億700万円が未執行ということですけども、これからも引き続き15億円という、この貸付枠の限度額は引き続き保っていくのか。
 この4点について質問をいたします。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) ただいまの竹森議員さんの4点の質問でございますが、委員会の質疑の中で大雑把な質疑はされておりますけれども、その内容はご報告させていただいております決算委員会録の内容にとどまっております。
 この質問者の意図はですね、この報告の内容をより一層深めた理事者の考え方をきちんと把握しておきたいという、その上で採決に臨まれるというような姿勢であろうと思いますので、この際、委員長に代わりまして、理事者から答弁していただきますように依頼いたしますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 安田理事。
             (説明員 安田宗義君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯理事(安田宗義君) 竹森議員さんの合併特例債も含めて財政的にどうかという1点目のご質問についてお答えさせていただきます。
 合併につきましてはご承知のとおりでございますけれども、従来までの旧法につきましては、14年4月から合併特例債等があったわけでございますけれども、17年4月から新たに新合併特例法というのが定められました。それによりますと、従来合併特例債の充当になっておりました事業につきましては、標準全体事業費、市町村建設計画に基づいた標準全体事業費の95%を起債として対象するということでございました。その当時は3市町村等の中で合併が何十億、何百億というようなことの限度額があったわけでございますけれども、新法ができましてからは合併特例債は廃止されました。それに代わりまして合併推進債というのが設置されたわけでございます。これも起債の充当率90%と交付税算入40%があるわけでございますけれども、従来までのような限度額は定めておらないということでございます。これは市町村基本計画、合併市町村の基本計画におきまして、平成22年3月31日までに合併し、さらには今後10年間に行われる公共事業につきまして、1件ずつの審査を行ってそれを対象にしていくということでございます。特にハード事業につきましては、旧市町村間の道路なり、橋梁なり、そういった庁舎、子育て支援事業、そういったものに策定されると。で、従来まではソフト事業とか、基金とか、そういったものにも対象になっておりましたけれども、今回の新法ではそういうものは対象になっておらないということでございます。
 それから交付税につきましては、特例期間が今まで10年、その後5年間の緩和措置ということがあったわけですけれども、改正されましたからは、今年からになりますと、19年・20年の合併になりますと7年間と、さらに5年間の激減緩和されると。それから県のほうが今年の9月11日に、新奈良県市町村合併支援プランというのを策定されました。従来までも1億円を乗じた額が合併市町村数にされておったわけですけれども、それらと同じようなことをされながら、さらには合併する市町村が多い場合については、充当率を上げていく。そして法定協議会に対しての助成をさらに続けていく。それから職員の派遣なりとか、それから講演会、シンポジウムの情報提供、そういったものにつきましても従来以上の補助を進めていこうというふうなことで、現在支援プランを立てられておるところでございます。
 合併の考え方につきましては、決算の中で市長が答弁したところでございますので、そういうご報告をさせていただきます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 市民経済部長。
             (説明員 松尾和美君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民経済部長(松尾和美君) ただいま竹森議員さんからのご質問の1点目のコミュニティバスをどういう目的でということでございます。
 これにつきましては、本年度国庫補助金の内諾を得るべく、国土交通省のまちづくり交付金及びバス利用促進事業補助金の枠取りのための申請を行ったところでございます。ただ目的につきましては、まちづくり交付金の分につきましては、街づくりの活性化や観光の観点からという1点がございます。それと以前にも実証運行をしておりましてご存じのように、現実独立採算や費用対効果という観点からよりも、むしろ福祉政策の一環としてもあるかなと思っております。
 ただ先ほど、堺市の料金の100円ということでございます。これにつきましては、まだ現在のところ補助金の関係等、今現在協議を内部で検討しているところでございます。
 それから2点目の融資の枠の範囲でございます。15億円の限度額を保っていくのかということでございます。
 これにつきましては、今後当面この15億円につきましては、そのまま保ってまいりたいと思っております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 健康福祉部長。
             (説明員 荒巻嘉彦君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(荒巻嘉彦君) ただいま竹森議員のほうからご質問がございました。
 平成17年度より休日応急夜間診療所において夜間の小児科医の常駐を図りまして、子を持つ親により安心して利用していただけるように体制づくりを努めていたところでございます。このことにより、突然のぜんそくで困っていたときでも対応していただき、重症になりかけていたのを適切な判断で小児の2次輪番につなげていただき、大事に至らなかったということで助かりましたとのお礼をいただいたり、また小さい子どもを持つ親御さんは、昼間に受診したが、また熱が上がってどのように対応したらよいのかと問い合わせに小児科医師がいることにより、専門的なアドバイスをいただき、安心して電話を切られる親御さんや、またすぐに来所されて診察を受けられている親御さんもおられ、大変喜ばれているところでございます。このことについて、来年度におきましては深夜の小児医療についても拡大をしていく予定をしておるところでございますので、さらに努力をしてまいりたいと、このように思っております。
 なお、現在の1階の診療所の待合室が大変狭隘でありますし、真冬におきましては大変寒い状況でございます。市長のほうからも何とか方法を考えて改善をと、このように指示もされておりますので、検討を加えているところでございますので、よろしくお願いします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 河合君。
             (19番 河合 正君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(河合 正君) 私も直接委員長に対する質疑という内容じゃないんですけれども、議事録を読みましてちょっと私と認識と違いますので、改めてお伺いしたいと思います。私、予算委員会の傍聴もしておりませんでしたので、実際どのような言葉のやりとりがあったのか知りませんが、議事録だけでちょっと判断いたしておりますので。
 文章で言いますと、1ページ目の最後のところでございます。旧六十八銀行の建物の件に関して、同僚議員が固定資産税の猶予対策は考えられないのかという質問に対して、減免はできないという、バチッと答えが出ているんですけれども。
 ただこの内容の中で、細かい文章で申しわけないです。まず50年以上という由緒ある建物でございますけれども、これは昭和3年に出来上がったもので、50年以上には違いないですけども、50年と80年とでは戦前戦後の感覚、並びに昭和3年と言いますと、奈良県でも珍しく鉄筋コンクリートの建物としてできた、ほとんど奈良県でも珍しい初期のものであると。ですから50年以上が価値を生むんじゃないですけども、そういうふうな認識が欠けているということ。
 それから指定に当たって、「あくまでも本人がそういった申請をされまして」というふうにございます。いろんな例がございますけども、ほとんどの国の重要文化財であるとか、登録文化財、あるいは市の指定文化財はちょっとわからないですけども。ほとんどが国なり、市なりが、このものがすばらしいものであるから、ぜひ文化財に指定されたらどうか、してくれというのがほとんどであって。ある程度のケースは渋々、やっぱり私権を制限されますので、渋々「じゃあ結構です」というふうなケースがほとんどだと思います。その結果、どういうふうな書類になりますと言うと、国なりのほうは、私のほうから、いわゆる所有者のほうからお願いしますという文書になって、申請になるわけでございます。実際は、国から「お前やれ」と言いながら、「あんたからお願いしました」という文書を残しております。当然書面上は本人が申請したという形になります。こういうふうな認識を持って対処されようと思っているのか。
 当市は本当なら日本的に、また世界的に埋蔵文化財に対しては、すばらしいスタッフを持っており、すばらしい見識を持っておりますけども。こういった建造物、ましてや近代建造物に対して、このような見解でいいのかどうか。特に文化財関係の人にも見解をお伺いして、ちょっと答弁をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) ただいまの河合議員さんのご質問でございますが、要点といたしまして、その重要文化財に指定するという作業を国がやってくることにつきまして……。(「運用だけじゃないです」と河合君呼ぶ)
 そういう全体かもしれませんが、そういう文化財指定を国がやっていくということにつきまして、市のほうで固定資産税の減免をしていってはどうかというような意図、考え方ということというふうに認識をさせていただきました。
 これにつきましては、決算報告の中で……。基本的な考え方は決算報告の中で、総務部長がしないというふうに言っていただいております。ただその河合議員さんのお考えの中で、文化財課としてどのように考えるのかということも聞きたいということが入っておりましたので、この点につきまして、総務部長のほうからも、また文化財課のほうからも、ぜひご答弁いただけたらなと思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 総務部長。
             (説明員 山本勝昭君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(山本勝昭君) ただいま河合議員さんのご質問、決算委員会でそういったご質問が出まして、私もそういった意味で、あの建物につきましては、通常の一般的な、そういう重要文化財としておると、そういう部類のものでないと。こういった中で、一般にそういうものとは若干意味合いが変わってくると、当然非課税とこういった措置はできないものであると、私はそういう判断で確かにお答えをさせていただきました。
 ただその後、私も勉強不足もございましたので、その後すぐ課税課のほうにも指示をいたしまして、こういった部類につきましては、どういったそういった措置ができるのか。そういった分野について早速指示をいたしまして、今研究をさせているところでございます。私がその中で非課税は確かにちょっと無理があるかなと、こういう感じをしておりますけども。他の方法、若干法的に調べた中にあることも若干調べていますので、そういったことを今後調べまして適正に対応していきたいと、このように考えておりますので、よろしくご理解をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 教育総務部長。
             (説明員 守道文康君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育総務部長(守道文康君) ただいまの河合議員さんのご質問にお答えいたします。
 ただいまの物件そのものについては、今ご質問にございましたように大変古い物件でございますし、昭和初期の近代建築として大変価値があると、そういうようなことで国はもちろんでございますけれども、本市としてもやはり登録文化財ということで働き掛けをして、今日正式に登録文化財としての指定をいただいたわけであります。そういう意味で、結果として本人申請をもって、この書類が完備するわけでありますけれども、これはあくまで所有権については、やはり現在ももって個人が持っておられる物件ですので、一方的に貴重な文化財的な価値があると言えども、国なり県、また市が一方的に指定、また登録をするというふうなことはでき得ませんので、所有者のご理解をいただいて申請をいただいたと、その結果、登録指定文化財になったと、こういうことでございますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第1号、平成17年度橿原市一般会計歳入歳出決算認定に反対をし討論を行います。
 まず、防災暮らしの問題などで耐震補強診断事業、それから小児科医の平日夜間常駐体制、学童保育所の開設整備など、市民のニーズに応える部分は広がっていますけれども、根本的な問題として、本市の財政状況を判断する指標、財政力指数、経営収支比率など4つの観点から主にとらえてみると、依然として硬直化している。起債制限比率も類似都市比較で高くなっておりますし、投資的経費比率も前年比5%以上下回っているものの、高い数値を占めています。そして毎年基金の取り崩しも避けられない状況になっています。一方では今後ハード事業の借金返済が重く当然のしかかってきますけれども、都市再生整備計画でのいわゆる事業の税金の使い方の配分の再検討、温水プール建設への調査費を計上していることなど、歳出削減とは逆方向の土地取得もし、推進しようとしていることを凍結すべきであります。第3次行政改革実施計画により、本来自治体としてやるべき仕事を経費削減のもとで民間に委託したり、幼保一体化、幼稚園の統廃合計画、そして公の施設の管理運営を民間に開放する指定管理者制度の導入を実施に移しました。
 また総額34億2,500万円を投入して行われている橿原市し尿浄化槽汚泥高度処理施設の建設を巡って、施工上の問題が生じています。発注者である橿原市としての責任が問われる事態となりました。その際の透明性、説明責任が不十分であるため反対をいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 平成17年度橿原市一般会計決算認定について賛成いたす者でございます。
 平成17年度は市税収入が増加したものの、国の三位一体の改革や、地方財政計画の抑制により、国、県補助金、地方交付税が大幅に削減されるなど、年々厳しくなる財政状況下でございました。市民の要望に応えるための生活関連施設の充実整備を初め、防災や子どもたちを守る安心して暮らせる街への取り組み、福祉や医療、教育にも積極的に取り組まれております。このほか事務事業の見直し等による行財政改革にも積極的に取り組まれております。本市は今年で市制50周年を迎えることができました。今後も橿原市民のため、健やかで安心して暮らせる街づくりに努められることを願って賛成といたします。
 議員各位のご賛同をいただきますよう、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第1号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第13 認第2号 平成17年度橿原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に
            ついて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第13、認第2号、平成17年度橿原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第2号、平成17年度橿原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について反対をし討論を行います。
 平成17年度より国民健康保険税が平均18.7%引き上げられました。未納状況は値上げされたことにより、その未納状況が引き続き所得ゼロから300万円未満の加入者の未納額は全体の83%以上、3億1,000万円を超えています。支払限度額を超えている加入者の現実的な独自の減免措置、例えば生活保護基準の1.3倍までにするなどを実施すべきであります。それが不十分で生活実態をとらえていないと思います。また現在の資格者証を発行している加入者、それから短期保険証の発行も中止をし、国民皆保険制度も守り、正規保険証を交付すべきであります。あわせて国民健康保険運営協議会のメンバーも公募にて加入者が委員として参加でき、実質的な審議を深められるように改善を求めることを提案して反対をいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第2号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第14 認第3号 平成17年度橿原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい
            て

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第14、認第3号、平成17年度橿原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第3号、平成17年度橿原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について反対をし討論を行います。
 高齢者は税、保険料の負担の重さに怒り悲鳴を上げておられます。制度が改定される内容は後退させられる。75歳以上の後期高齢者に対して新たな保険制度を導入し、月額1万5,000円以上の方々からの年金からも保険料を天引き徴収するものです。現在でさえも度重なる医療費の負担により受診抑制が広がっています。入院の食事代などの軽減を含む市独自の施策が不十分であるため反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第3号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
日程第15 認第4号 平成17年度橿原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第15、認第4号、平成17年度橿原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第4号、平成17年度橿原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について反対をし討論を行います。
 改定介護保険制度のもと、昨年10月から特別養護老人ホームなど、介護施設の居住費・食費は介護保険の対象外となり、原則として全額が利用者の負担になりました。それにより現在でも全国で1,300人を超える施設退所者が生まれています。低所得者には負担の軽減、補足給付があると言っていますけれども、基準となる合計所得の額が低く抑えられ、極めて不十分であります。我が市もその国の施策に準じています。
 介護保険では唯一の保険者は市町村であり、介護保険事業計画や基盤整備、独自の負担軽減制度の実施など、その役割が重要であります。介護保険料が大幅に値上げされ、介護給付が制限される中で独自の施策が盛り込まれていない、不十分である。その点を指摘して反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第4号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第16 認第5号 平成17年度橿原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定
            について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第16、認第5号、平成17年度橿原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第5号、平成17年度橿原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について反対をし討論を行います。
 租税の民主的な体系の1つは、生活費非課税の原則です。低所得者層に対して当然重い負担が率的に課せられる消費税が転嫁されているために反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第5号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第17 認第6号 平成17年度橿原市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出
            決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第17、認第6号、平成17年度橿原市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいま質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第6号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第18 認第7号 平成17年度橿原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定につ
            いて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第18、認第7号、平成17年度橿原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第7号、平成17年度橿原市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について反対をし討論を行います。
 元来、市施設はその緊急性・必要性・採算性などを慎重にも慎重を期して計画をし、それを実施に移さなければなりません。その計画を踏まえずに建設した近鉄畝傍御陵前駅東立体駐車場は平成11年度からの運営以来、1日平均約17%、いわゆる20%も満たない利用率にとどまっています。工夫をされて利用拡大を図っているけれども、これまで起債の返済を含めると1億9,880万円の累積赤字を生んでいる。これからの施設建設をした場合、指定管理者制度の導入になっていくことは必至でありますし、市民の税金を投入して建設をし、民間に委託、管理運営を任すやり方になります。今後この施設の教訓を生かして不要不急のハコモノ事業は中止すべきであるということを提案して反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第7号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第19 認第8号 平成17年度橿原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出
            決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第19、認第8号、平成17年度橿原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第8号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
日程第20 認第9号 平成17年度橿原市墓園事業特別会計歳入歳出決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第20、認第9号、平成17年度橿原市墓園事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第9号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第21 認第10号 平成17年度橿原市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
             認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第21、認第10号、平成17年度橿原市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第10号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
 日程第22 認第11号 平成17年度橿原市共有財産処分特別会計歳入歳出決算認定
             について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第22、認第11号、平成17年度橿原市共有財産処分特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声が出ておりますので、これをもって質疑討論を終わります。
 認第11号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり認定されました。
────────────────────────────────────────
日程第23 認第12号 平成17年度橿原市上水道事業会計決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第23、認第12号、平成17年度橿原市上水道事業会計決算認定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。決算特別副委員長、奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 本件につきましては、9月12日に決算特別委員会を開催して審査した結果、これを認定すべきであると決定いたしました。なお、審査の内容については、既にご配付いたしております決算特別委員会録のとおりですので、ご了承願います。
 以上、ご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 認第12号、平成17年度橿原市上水道事業会計決算認定について反対をし討論を行います。
 まず、21世紀高齢化社会への対応と言いながら、1989年以来、国民に約170兆円の消費税の負担を課し、社会保障関係の法律をどんどん後退させています。低所得者に対しての負担割合、これは高くなって逆進性が強い。これは導入負担される前からそう言われましたけれども、大型間接税、消費税の5%が転嫁されているので反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 認第12号について起立により採決いたします。本件にかかる委員長の報告は認定であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり認定されました。
 お諮りいたします。日程第24、決第13号から日程第25、決第14号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、日程第24、決第13号から日程第25、決第14号については委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
日程第24 決第13号 ドクターヘリの全国配備へ新法制定を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第24、決第13号、ドクターヘリの全国配備へ新法制定を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。若林君。
             (1番 若林俊男君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(若林俊男君) ドクターヘリの全国配備へ新法制定を求める意見書の提案理由の説明を申し上げます。
 1分1秒を争う救急医療の切り札としてのドクターヘリの全国配備が強く要望されております。しかし、現状は全国でまず北海道、長野県、岡山県、千葉県、愛知県、福岡県、神奈川県、和歌山県の9道県の10機、静岡の場合は2機が運行されているわけです。山間僻地を抱える私たち奈良県には防災ヘリは運行されていますけれども、ドクターヘリの配備はされておりません。ただ和歌山県と三重県と奈良県の3県知事で協定を結んでおりまして、車で救急病院まで1時間以上かかる地域、例えば十津川や上北、下北山村の場合はドクターヘリを使用できるよう話し合いができています。しかし、このドクターヘリの全国配備の導入が進まない理由は、県や病院の財政負担があまりにも大き過ぎることが指摘されております。そんなために救急救命に大きな効果ができるドクターヘリの全国配備を推進するために、国が体制整備に財政を含めた措置を図る新しい法律の制定を求めるものです。
 安心安全の街づくり推進のために、議員の皆さんの同意をよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 これより決第13号について起立により採決いたします。本件は原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立全員であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第25 決第14号 最低保障年金制度の創設を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第25、決第14号、最低保障年金制度の創設を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 提出者から提案理由の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 最低保障年金制度の創設を求める意見書の趣旨を述べたいと思います。
 まず、高齢者の方々が一体どういう形で今現在暮らしてらっしゃるか。例えばここに書かせていただいていますように、国民年金受給者の900万人が月平均4万6,000円です。みんな20万円、30万円で高齢者が年金で暮らしてらっしゃるかと思ったら、それは大変な間違いです。さらには無年金者が100万人にもなろうとしていると。それから保険料を実際納められない方が1,000万人を超えていると。こういう状況で人間らしく生きるということで、最低年金の保障制度、だれでも1人7万円ということで、それを提案をしたいと思います。
 既にここに書かせていただいていますように、2005年10月時点では1,236の自治体で最低年金保障制度を含む年金制度の改善を求める意見書を地方自治体が出しています。2つに1つです。ですから皆さんご賛同をいただきたいわけですけれども。
 それによって国民一人一人の購買力が高まって、やっぱりお金がなければ当然物が買えない。青木雄二さんという、もう亡くなられましたけれども、『ナニワ金融道』という漫画、単行本18冊発行されましたけれども、「銭の安定は心の安定、家族の安定」と、こういうふうに言ってらっしゃいます。それはやっぱり生きるために最低限のお金が必要です。ですからここに、まあいろいろと「財源は消費税に求めないこと」と書かれてますけれども、実際に今現在でも150兆円以上の、国民が貯めている財源があります。ですから国民一人一人が安心して憲法第25条に明記されているような生き方がちゃんと育くまれるように、橿原市議会として国に意見書を上げたいと思いますので、皆さんのご賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 これより決第14号について起立により採決いたします。本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
 お諮りいたします。ただいま可決されました意見書の送付先については、議長にご一任願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、可決されました意見書の送付先については議長に一任されました。
 この際、暫時休憩いたします。
              午前11時42分 休憩
             ─────────────
              午後 0時40分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 お諮りいたします。日程第26、同意第5号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、日程第26、同意第5号については委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
日程第26 同意第5号 人権擁護委員の委員候補者の推薦について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第26、同意第5号、人権擁護委員の委員候補者の推薦についてを議題といたします。
 職員をして議案を朗読させます。
                (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 同意第5号、人権擁護委員の委員候補者の推薦についてでございます。
 本件につきましては、本市選出の人権擁護委員の委員2名が来る9月30日に任期満了となりますので、その後任者といたしまして引き続き吉村徳久氏を、また新たに堀内博子氏をその候補者に推薦いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご同意のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 これより同意第5号について採決いたします。本件はこれに同意することにご異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件はこれに同意することに決しました。
 以上をもちまして本定例会に付託されました事件はすべて議了いたしました。
 議員各位におかれましては、終始慎重なるご審議を賜るとともに、議会運営にご協力をいただきまして予定どおり閉会の運びとなりましたことを厚く御礼申し上げます。また、理事者におかれましても各議員から出されました意見なり要望を十分に尊重していただき、今後市政各般にわたり一層の努力を賜りたいと存じます。
────────────────────────────────────────
                 閉会あいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 閉会に当たり、市長よりごあいさつがございます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 本定例会におきましては、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正を初め、その他諸議案について提案いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては慎重なるご審議を賜り、本日ここに全議案滞りなく議了いただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げます。
 本定例会中、ただいま議長からもご指摘がございましたように、議員の皆様方から賜りました貴重なるご意見なり、またご質疑等につきましては、十分にその意を踏まえまして今後の市政執行に当たってまいる所存でございますので、議員各位におかれましては、なお一層のお力添えを賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが閉会のごあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) それではこれをもって平成18年橿原市議会9月定例会を閉会いたします。どうもご苦労さまでした。
               午後0時46分 閉会