議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 橿原市

平成18年6月定例会(第3号) 本文




2006.06.23 : 平成18年6月定例会(第3号) 本文


              午前10時09分 開議
◯議長(竹田清喜君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。
────────────────────────────────────────
日程第1 議第32号 橿原市税条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第1、議第32号、橿原市税条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては6月14日に総務常任委員会を開催し、審査いたしました。
 質疑はなく、討論において西川委員より、この条例は所得200万円以下の、いわゆる低所得者層にとっては所得割の税率が3%から6%の倍になっており、増税である。たばこの税率もアップされており、庶民にとっては増税ということになるため反対するとの反対討論があり、起立による採決の結果、起立多数により本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 議第32号、橿原市税条例の一部改正について反対をいたします。
 まず第1点は、税のフラット化は直接税中心、総合累進、生活費非課税という民主的原則に立てば、納税者から見るトータルでは現行とは変わらないけれども、重税感はぬぐいきれず、個人住民税において累進をなくすのは、所得再配分機能を弱めるという問題点があります。これが第1点です。
 第2点は、既に老年者控除が廃止されています。今月15日に市・県民税の納税通知書が市民に届いていますけれども、それ以降、16日以降来庁を含めて約600件の問い合わせが高齢者から、年金所得者から寄せられています。この老年者控除の廃止で高齢者に重い負担が課せられており、さらに今回の市税条例の改正で定率減税の廃止によって現行の個人住民税所得割額7.5%の減税が2006年度で廃止され、2007年度6月徴収分から増税になり、ことしから連続して定率減税廃止により個人の市民生活への大きな影響が出ます。具体的な試算として、サラリーマン片働きで子ども二人の世帯で年間収入500万円では3万5,000円、年間収入800万円では11万円以上の増税になり、市民全体にとって4億円を超える負担となります。
 以上の理由をもって反対討論といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第32号について起立により採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第2 議第33号 橿原市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第2、議第33号、橿原市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては6月14日に総務常任委員会を開催し、審査いたしました。
 質疑はなく、討論において西川委員より、橿原市の消防団員というのは、みずから基本的には職業を持ちながら活動しておられる方々ばかりで、危険を伴う活動であるということを考えると、むしろ上げるべきだと考えるため反対するとの反対討論があり、起立による採決の結果、起立多数により本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 議第33号、橿原市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について反対をいたします。
 大規模災害時の初期消火や救助活動において、これらの活動を実際に担うのは地域の自治体消防を初め、消防団の役割が大きいということは言うまてもありません。年々減少傾向にある消防団員とその高齢化、サラリーマン化、皆さんもご存じだと思いますけれども、今消防団員に占めるサラリーマンで団員の比率は2004年度で69.8%、これぐらい進んでいます。橿原市は2005年4月1日現在、10分団226名、女子消防団員25名が自主防災組織との連携を強めて、住民との防災街づくりに欠くことのできない存在でございます。消防団員の方々が日ごろの訓練や災害の現場で負傷されたときの補償金額を下げるというのは時代に逆行すると考えます。橿原市として消防団員の公務災害補償を補う施策を充実することを提案して、反対討論といたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第33号について起立により採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第3 議第34号 橿原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の
            一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第3、議第34号、橿原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。総務常任委員長、小川君。
             (10番 小川和俊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(小川和俊君) 本件につきましては6月14日に総務常任委員会を開催し、審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第34号について採決いたします。本件にかかる委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第4 議第35号 橿原市地区公民館条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第4、議第35号、橿原市地区公民館条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。文教常任委員長、水本君。
            (15番 水本ひでこ君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(水本ひでこ君) 本件につきましては6月14日に文教常任委員会を開催し、審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。西川君。
             (23番 西川正克君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(西川正克君) 議第35号、橿原市地区公民館条例の一部改正について反対をいたします。
 これは多地区公民館を指定管理者に管理を行わせる条例でございます。地区公民館条例には平等利用の点や、営利を目的とした事業を行えるなどの不備と言える点がございます。また利用料金を上限に合わせており、値上げが可能になっているということから、この条例に反対をさせていただきます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第35号について起立により採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第5 議第36号 橿原市営住宅条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第5、議第36号、橿原市営住宅条例の一部改正についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。建設常任委員長、前口君。
             (20番 前口洋一君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯20番(前口洋一君) 本件につきましては6月14日に建設常任委員会を開催し、審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第36号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告どおり決することにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第6 議第37号 橿原市多地区公民館の指定管理者の指定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第6、議第37号、橿原市多地区公民館の指定管理者の指定についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。文教常任委員長、水本君。
            (15番 水本ひでこ君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(水本ひでこ君) 本件につきましては6月14日に文教常任委員会を開催し、審査いたしました結果、原案どおり可決すべきであると決定いたしました。
 以上ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。西川君。
             (23番 西川正克君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(西川正克君) 議第37号、橿原市多地区公民館の指定管理者の指定について反対討論をさせていただきます。
 多地区自治会は管理委託の経験がないと、それから地区公民館を指定管理者にするときに問題となりました平等利用の点で支障を来す可能性があると。それからまた、料金の設定についても金額についての資料の提示がございませんでした。上限に設定されるという可能性も考えられます。
 以上の理由から反対をさせていただきます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 議第37号について起立により採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第7 議第38号 市道路線の認定及び変更について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第7、議第38号、市道路線の認定及び変更についてを議題といたします。
 本件に関し委員長の報告を求めます。建設常任委員長、前口君。
             (20番 前口洋一君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯20番(前口洋一君) 本件につきましては6月14日に建設常任委員会を開催し、審査いたしました。
 まず、市道として認定されている中で、今新しいものは基準に基づいて認定されているようであるが、それ以前の部分で、基準以下であっても経緯があって市道になっている部分があると思うが、その割合はどのくらいあるかと問われたのに対し、市道の認定基準としては基本的には6メートル、ただし物理的状況等により、やむを得ない場合は4メートルとしており、それ以下の市道は市制施行以来、以前からの町村道を引き継いで市制施行と同時に市道となったものである。それ以外については、認定基準どおり議会で審査いただいて認定しているとの答弁がありました。
 次に、境界が定かでないような市道があるように認識しているが、それはどれくらいの状態なのかと問われたのに対し、所有者なりに土地利用上必要な都度、境界明示申請を上げていただき、地元役員、各関係者立ち会いのもとに境界を決めている。今現在、すべての境界がはっきりと決まっているわけではないが、その都度、現況に合わせて、過去の経緯等を踏まえ、地元役員、関係者立ち会いのもとで境界を決めているとの答弁があり、それに対し、境界明示をし、中心線から仮に2メートルほどセットバックをし、最低限そこで線を引いた場合、その後、道全体がすべてが道路に使われればよいが、例えば部分的に家が建つなりして、その部分だけがへこんでしまった場合、その後の管理のありかたが難しいように思うが、基本的にセットバックした部分については、地権は市に移管されているのかと問われたのに対し、底地はあくまで個人のもので、将来的に例えば4メートルなりに拡幅できるという前提の上で、建築基準法上のセットバックであるとの答弁がありました。
 以上の結果、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。
 以上、ご報告申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声がございますので、これをもって質疑、討論を終わりますす。
 議第38号について採決いたします。本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決されました。
 お諮りいたします。日程第8、決第6号から、日程第14、決第12号までの7件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、日程第8、決第6号から、日程第14、決第12号までの7件については、委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
 日程第8 決第6号 「仕事と生活の調和推進基本法」(仮称)の制定を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第8、決第6号、「仕事と生活の調和推進基本法」(仮称)の制定を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提案者の説明を求めます。杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) この意見書につき説明をいたします。
 我が国はついに人口減少社会に突入した。厚生労働省の人口動態統計によると、昨年11月までの1年間に出生数が死亡数を概数で8,340人下回り、人口が年間で初めて自然減となった。今後約30年間は15〜64歳の生産年齢人口が減少し続けることになる。そうした中で女性の就労率が高まっていくことは確実である。少子化社会への対応を考えたとき、今後の働き方として男性も女性もともに仕事と子育て、介護など、家庭生活との両面に困難を感じることがない働き方が可能になるような環境整備、社会システムの構築が非常に重要になってくる。つまり働き方や暮らし方を見直し、仕事と生活の調和を図ること、いわゆるワーク・ライフ・バランスの実現がこれからの我が国にとって重要課題である。ワーク・ライフ・バランスは働く者にとって望ましいだけではなく、企業にとっても両立支援の充実している会社が順調に業績を伸ばしている事例が多数あり、就労意欲の高まり、労働生産性の向上などのメリットが少なくない。
 厚生労働省の研究会がワーク・ライフ・バランスについてまとめた報告書(平成16年6月)は、「政府には『仕事と生活の調和』の実現に向けた環境整備に早急に着手することが期待される」としている。ワーク・ライフ・バランスは労働政策に限るものではなく、省庁の枠を超えて総合的に施策が実行できるよう、「仕事と生活の調和推進基本法」(仮称)を制定すべきである。
 社会経済情勢の変化に対応した豊かで活力ある社会が実現できるよう、ワーク・ライフ・バランス形成の促進を図るため、同基本法によって政策の基本方向を定め、総合的かつ計画的に施策を実行することを強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。
 議員諸氏のご賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 決第6号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第9 決第7号 出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び
           金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する
           法律」の改正を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第9、決第7号、出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し、提案者の説明を求めます。杉井君。
             (12番 杉井康夫君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(杉井康夫君) この意見書の説明をいたします。
 今日、個人破産申立件数は2004年に年間20万件を突破し、2003年の経済的理由による自殺者が年間8,800人を超え、潜在的多重債務者が200万人にも及ぶと言われており、多重債務者は深刻さを極めています。多重債務者の問題の大きな原因はクレジット、サラ金、商工ローン業者等の高金利にあります。2003年7月、闇金対策法の制定の際、出資法の上限金利については同法施行の3年をめどに見直すとされ、その時期は2007年1月とされています。現在、我が国の公定歩合は年0.10%、銀行の貸出約定平均金利は約2%以下という低金利状況下であるにもかかわらず、出資法の上限金利、年29.2%は大変な高利であり、利息制限で定める年15%から20%の制限金利も現在の経済状況を踏まえれば高利と言わざるを得ず、これを超過する金利はもはや市民の生活の中や中小企業を立ちいかなくするものとして容認できません。
 議員諸氏の手元に詳細はお渡ししておりますので、ご清覧の上、よろしくご賛同をお願いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑、討論を終わります。
 決第7号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 全員起立であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────
日程第10 決第8号 「共謀罪法案」の撤回を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第10、決第8号、「共謀罪法案」の撤回を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提案者の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 「共謀罪法案」の撤回を求める意見書についての説明をさせていただきます。
 「共謀罪」と聞きますと、よほど凶悪で重大な犯罪じゃないかと連想しがちですけれども、今回の法案では対象となる罪は619にも達する極めて広範囲なものでございます。その共謀の名のもとで、平穏な市民生活の多くが一気にすべての処罰対象とされることになります。言葉ではなく、目くばせでも警察が犯罪思想に通じあったと決めつければ共謀罪、思想を罰すると、そういう勢い内心に立ち入って自白の強要や密告の奨励、スパイや盗聴など無法な捜査がまかり通ることになります。橿原市民にとっても市民の自由と基本的人権の侵害、そして萎縮作用ははかり知れません。日本国憲法のもとで民主主義の刑法の大原則は在刑法定主義でございます。予め国民に何が罪であるか明示し、違反すればどのような罰を受けるか法律で明確に定めなければなりません。処罰の対象も害悪をもたらす現実の行為であり、いかなる思想信条、内心であろうと、それ自体を処罰してはなりません。刑法の人権保障機能と言われるゆえんでございます。
 その観点から見れば、今回の共謀罪という法案は日本の国の法律にしてはならないと考えております。ですので、橿原市議会として、政府に対して撤回を求める意見書を出すに当たって、議員諸氏の賛同をよろしくお願いいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 決第8号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
────────────────────────────────────────
日程第11 決第9号 地方交付税の制度堅持と総額確保を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第11、決第9号、地方交付税の制度堅持と総額確保を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提案者の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 決第9号、地方交付税の制度堅持と総額確保を求める意見書についての趣旨の説明をさせていただきます。
 「三位一体の改革」、言葉はきれいですけれども、地方交付税は5兆1,000億円も削減されております。本市も約11億4,000万円を超える大幅削減となっています。これによって、当然市長を含め理事者の予算編成は毎年毎年厳しい財政運営を余儀なくされているわけですけれども、実は、またことし総務大臣は来年度から人口と面積を基準に配分すると、新型交付税の導入を計画している。3年間で5兆円規模を目指すと提案しています。ですから、それに対しては地方六団体は先月末、地方自治危機突破総決起集会を開いて、もう削減ありきの交付税見直しは断固阻止と決議をされています。
 国の責任を投げ捨てて、地方の財政の保障をどんどん揺るがしていく、ある意味では地方自治の原則、憲法の5つの原則のこの根幹を揺るがして、住民の福祉の増進を図り、地域の行政需要に対応する上での重大な障害になることは必至であります。これは議会、理事者等も含めて、もう力を合わせて、地方交付税の制度の堅持と、そして総額確保を求める、この意見書を政府に上げて、そして地方自治体のあり方をしっかり守るべきである、そういう立場で橿原市議会として意見書を政府に上げるためにこの意見書の提案をさせていただきました。ぜひとも議員諸氏の賛同をよろしくお願いいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。河合議員。
             (19番 河合 正君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(河合 正君) ただいまの趣旨説明に対して、ちょっとお尋ねしたいんです。
 この意見書の内容に関しましては、例年例年、地方自治体が非常に困っておりまして、意見として取り上げていただきにくいけれども取り上げて、内容としましては非常に賛同いたすところでございますけれども、この中の文言でちょっと気になるところがございましたので、質問させていただきます。
 「記」の中の1番目、「地方公共団体の行財政運営に責任を負うため」という文言がございます。これは私、理解できなかったのでご説明お願いしたいんですが、いわゆる主語が何であるのか。
 ですから、国が責任を負うのか、地方自治体が責任を負うのか、ちょっと理解できませんので、そのところを説明をお聞きした上で、その可否を決断したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 「地方公共団体の行財政運営に責任を負うため、地方交付税制度の財政保障、財源調整という2つの機能を堅持し、その充実を図ること。」、これはもちろん地方公共団体がこういう責任を負えるために、政府がちゃんと地方交付税の制度の財源保障を行えと、そういうことで。そうしなければ、もう地方自治体は予算編成等、ちゃんと組めないということで。政府がやっぱり日本国憲法の地方自治の原則のもとで、その責任を果たすべきであるということで、「充実を図ること」ということの要望項目の中の1つになっております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 決第9号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第12 決第10号 教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第12、決第10号、教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提案者の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 決第10号、教育基本法の改定ではなく、その理念の実現を求める意見書についての説明をさせていただきます。
 今回政府が出してきた、この教育基本法の改定というのは、教育内容への国家介入の歯止めがなくなっていくと、戦前のように教育の自由が根底から覆されていくような内容になっていきます。
 改めて、教育基本法の前文は皆さんもよくお読みだと思いますけれども、第1条の教育の目的というのは、「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。」ということで。今回の政府の提案でも、このなぜ変えるのかということを明確に説明をされていません。
 やっぱり今現在私たちも戦後教育を受けているわけですけれども、今日のこの、ここに趣旨説明の中の意見書の中に書かれていますけれども、日本の教育というのは教育格差の広がり、例えば私立学校、私立大学等では、親の都合でたくさん退学を余儀なくされています。学力の問題や不登校、いじめ、校内暴力、虐待、少年犯罪など、子どもの成長、発達をめぐって重大な課題に直面しています。子どもと教育をめぐるさまざまな問題を解決することは、国民は、そして議員諸氏も切に願ってらっしゃると思います。そのために教育の原点である教育基本法の目指す理念や内容が、この間教育の現場や教育行政によってどのように実現されてきたのか。今日の課題を解決し、子どもの成長、発達を保障するための必要な施策は何かなど、これまでの教育行政の総点検を行う国民的な対話と討論を行うことが必要であります。子どもたちが行き届いた教育を受けられるように、暮らしや福祉、教育のために国民が支払っている税金をそこに還元していく、そういう国づくりがあわせて必要だと考えています。よって、この教育基本法改定ではなくって、その理念の実現を求める、先ほど第1条の教育の目的を朗読しましたけれども、その実現を求める意見書というものを、国に対して、政府に対して橿原市議会として上げていただきたいと思います。
 議員諸氏のご賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 決第10号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
────────────────────────────────────────
 日程第13 決第11号 「奈良県少年補導に関する条例」の施行中止を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第13、決第11号、「奈良県少年補導に関する条例」の施行中止を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提案者の説明を求めます。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 奈良県知事、柿本善也知事に対してですけれども、奈良県少年補導に関する条例の施行中止を求める意見書について説明をさせていただきます。
 まずこの条例は奈良県議会3月議会で可決をされました。知事が出した条例案としては異例の9名の反対がありました。それは知事が明確な趣旨説明を議会に行わず条例化に踏み切ったものであります。それが7月1日から施行になるわけですけれども、その施行中止を求める意見書案でございます。
 まず何が問題かと言いますと、第1点は、警察が子どもたちを取り締まりの対象と見て、警察職員の権限を拡大し、子どもへの監視を強化することが少年非行の防止と少年の健全な育成につながるとの発想は、国連のリヤド・ガイドラインや子どもの権利条約から見ても逆行していて、根本的な誤りがあることが1点。
 第2点に、26項目の不良行為、皆さんもホームページで検索していただければ、それが書いてますけれども、定めていますけれども、不登校の子どもも対象とされる危険や、インターネットの有害サイトの閲覧、他人に性的な不安を覚えさせる行為など、監視の範囲があいまいで歯止めがないこと。
 第3番目に、条例で定められる警察権限の拡大は現行法の範囲を大きく逸脱しており、少年の内心の自由、財産権、プライバシー権の侵害に当たり、憲法第13条から導かれる警察比例の原則に反する。また、自治体の条例制定権を超えることから条例化すべきではないことなど7点にわたって明らかにしている部分に関して、今3点言ってるわけですけれども、まあ聞いてください。
 4番、少年指導員については、これまでのボランティアに権限を持たせるということは、注意や指導の質を権力的なものにすること。
 5番、保護者の責務で少年が不良行為を行わないように、適切な指導及び監督を行うこととしているけれども、これでは親も子どもも追い詰めることになり、その結果、親子関係の悪化や子どもの非行化を後押しすることになりかねない。
 6番、県民の責務として、不良行為少年を発見したときの行為をやめさせる努力義務や、保護者、学校、警察などへの通報する努力義務を定めているけれども、このような義務付けは保護者の意向に関係なく、地域住民や関係機関の一定の価値観により行動規制をする危険性がある。また、それを望まない住民の良心の自由を脅かす恐れがあり、監視し合う息苦しい地域を生み出すことになる。
 7番、条例化の民主性、必要性に欠ける。
 この7点で、知事に対して7月1日、もうあと1週間余りですけれども、施行の中止を求める意見書を知事に対して、橿原市議会としてご賛同いただきいて意見書を上げたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。平沼議員。
             (7番 平沼 諭君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(平沼 諭君) ちょっとお聞きしたいのですけれども。
 つい最近、橿原市と奈良県の条例というのを調べたんですけれども、驚くほど条例というのは少ないわけでありまして。橿原市の場合は、これだけたくさんの予算の執行やいろんな、ありとあらゆることに条例を持ってるのが、たしか200本を切ってると思うんですわ。で、県の方はまださらにそれよりも少なくて、百数十本、100本あるかな、ないかなというふうに思っております。正確な数字はあれですが。
 そこで我々は、条例というのはいっぱいあるんやというふうに思いがちなんですけれども、独自の条例というのは、もうほとんどないと言って差し支えがないほど少ないと。だからそういった意味では、やっぱりこういう奈良県の中で、県で条例が制定されたことについては県民の当然の権利である、例えば直接請求によって県民が訂正するなり、改廃するなり、そういう手段に委ねるのが、僕は最もふさわしいことだというふうに思うわけであります。
 そこで提案者にお聞きしたいのでありますが、現在奈良県下で、この条例に対して県議会では可決成立してありますけれども、県民のほうからこれの改廃を求める条例を提出するという、そういう運動が現在起こっているのか、またそういう準備がされているのか、そのことについて1点だけお聞きをしたいと思います。
 私はそういう主権者に委ねるのが最もいい方法だというふうに、私の意見であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 今のご質問に対して、「少年補導条例を考える会」という会がございまして、6月の県議会に請願書を提出するということになっています。
 その根拠といたしましては、駅頭で成年の皆さんに「この条例をご存じですか?」ということで言えば、「知っている」というのが65%、「知らない」というのが43%。もう1つ、「もっと議論をして意見を聞いてほしい」というのが、173人の中で154人のそういう意見が、これは1つのアンケートの結果ですけれども意見が出ています。ですから、それに基づいて6月県議会に請願書を提出すると、そういう形でこの少年補導条例を考える会が具体的に進めていることをお答えいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 平沼君。
             (7番 平沼 諭君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(平沼 諭君) 提案者に質問したときに、少し言葉足らずだったと思います。
 提案者もご存じのように、我が国において唯一の立法機関、法律をつくるところは国会というふうに定まっております。しかし、地方議会、市町村及び都道府県の県議会は条例をつくることができる。これは国の唯一の立法の精神と明らかに区別されて、住民が条例をつくる権限を有している、この1点が私はすばらしい制度だというふうに思っているわけであります。そういった意味では、県議会で選挙で選ばれた方々が条例という形で、議会の意思として制定されたことを訂正する手段のない場合は、こういう議会の決議とかいうのは極めて当然だと思うのでありますけれども、先ほど言いましたように、私自身はこれを訂正する手段がある場合には、そういう住民の権利に委ねる、これが議会の1つのものの考え方であろうというふうに思います。
 私が先ほど聞いたのは、この橿原の議会でこういう意見書を出すよりも、むしろ住民の直接請求に委ねるほうがいいと思うのですが、提案者のお考えはいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) まあ議会としても、やっぱりあいまいなこの形で子どもたちを取り締まるということに対しては橿原市議会としてはおやめくださいと、橿原市の中にも不登校や、それからそういう子どもさんがいるわけですから、それも対象になるということに対して、議会としては意見書を上げるべきだと考えていますけれども、あわせて、平沼議員がおっしゃるように、そういう直接請求の方法もあると思いますけれども、議会として知事に対して、何よりも明確な趣旨説明が議会でなかったということが、これは大きな問題点ですし。やっぱりまあ実際に知事もこれをしっかり理解してるのかどうかということも理解し難いと思いますので、条例提案者として趣旨説明をしないというのは正しくないので、これはやっぱり橿原市議会としては、知事に対して、こういう条例提案者として趣旨説明をしないような条例を可決したわけですから、それは実際に施行中止を求めるという意見書を出すべきだと、こう思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 決第11号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立少数であります。よって、本件は否決されました。
────────────────────────────────────────
日程第14 決第12号 脳脊髄液減少症の研究・治療との推進を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第14、決第12号、脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提出者の説明を求めます。若林君。
             (1番 若林俊男君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(若林俊男君) 脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書についての提案説明させていただきます。
 この病気は交通事故等の強い衝撃で脳や脊髄の周りの脳脊髄液が、脊髄を覆っている一番外側の膜である硬膜から漏れ出すという病気だそうです。鞭打ち症の主な原因とされまして、症状は頭痛やめまいや睡眠障害、うつ、倦怠感など多岐にわたっております。最近この病気の研究に取り組んでいる医師等により、ブラッド・パッチ療法という、髄液漏れが起きている部分に患者自身の血液を注入して漏れを防ぐと、こういう療法で鞭打ち症が改善したという、こういう報告が相次いで関心を深めています。
 そこで、この研究を更に推進して、新しいブラッド・パッチ療法を含む治療法を早急に確立すること、この治療法に対する保険適用等も推進するために意見書を提出するものです。
 きょうのようなうっとうしい日に、鞭打ち症の方々が苦しんでおられます。一日も早く解決を図るために、議員の皆さん方のご賛同をよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。
           (「質疑、討論省略」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 質疑、討論省略の声がありますので、これをもって質疑、討論を終わります。
 決第12号について起立により採決いたします。本件は原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 起立多数であります。よって、本件は原案どおり可決されました。
 お諮りいたします。ただいま可決されました意見書3件の送付先については、議長に一任願いたいと存じますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本3件の送付先については議長に一任されました。
 この際、暫時休憩いたします。
              午前11時07分 休憩
             ────────────
              午後 2時15分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 まず奥田君より発言の申し出がありましたので、許可することにいたします。奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 議長のお許しを得て発言させていただきます。
 過日20日に行いました一般質問の中で、私の質問の中で堀井代表監査委員に対して誤解を招く不適切な表現、発言がありましたので、この場を借りてお詫びを申し上げます。申しわけございませんでした。
 また、不適切と堀井代表監査委員が感じられる発言部分につきましては会議録から削除、訂正をお願いさせていただこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ただいまの発言を受けまして、会議録は議長のほうで調整することにいたします。
 次にお諮りいたします。日程第15、同意第3号及び日程第16、同意第4号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、日程第15、同意第3号及び日程第16、同意第4号の2件については委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
日程第15 同意第3号 教育委員会の委員選任につき同意を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第15、同意第3号、教育委員会の委員選任につき同意を求めることについてを議題といたします。
 職員をして、議案を朗読いたさせます。
                (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 同意第3号、教育委員会の委員選任につき同意を求めることについてでございます。
 本件につきましては、教育委員会の委員1名が任期満了となりましたので、新たに平盛裕子氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。
 何とぞよろしくご同意のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これより質疑に入ります。質疑ございませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 これより同意第3号について採決いたします。本件はこれに同意することにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件はこれに同意することに決しました。
────────────────────────────────────────
日程第16 同意第4号 人権擁護委員の委員候補者の推薦について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 日程第16、同意第4号、人権擁護委員の委員候補者の推薦についてを議題といたします。
 職員をして、議案を朗読いたさせます。
                (職員 朗読)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 同意第4号、人権擁護委員の委員候補者の推薦についてでございます。
 本件につきましては、人権擁護委員の委員1名が辞任したため、その後任として新たに菅生重政氏を推薦いたしたく、議会の意見を求めるものでございます。
 よろしくご同意のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) これをもって討論を終わります。
 これより同意第4号について採決いたします。本件はこれに同意することにご異議ございませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) ご異議なしと認めます。よって、本件はこれに同意することに決しました。
 以上で本定例会に付議されました事件はすべて議了いたしました。
 議員各位におかれましては、終始慎重なるご審議を賜るとともに、議会運営にご協力をいただきまして予定どおり閉会の運びとなりましたことを厚く御礼申し上げます。
 理事者におかれましては、各議員から出されました意見なり要望を十分に尊重していただき、市政の発展に努力を傾注されるよう期待いたします。
────────────────────────────────────────
                 閉会あいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) 閉会に当たり、市長よりごあいさつを受けることにいたします。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 本定例会におきましては、橿原市税条例の一部改正についてを初め、その他諸議案について提案をいたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、慎重なるご審議を賜り、本日ここに無事全議案滞りなく議了いただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 本定例会中に議員の皆様方から賜りました貴重なるご意見なり、またご質疑等につきましては、十分にその意を踏まえまして今後の市政執行にあたってまいる所存でございますので、議員各位におかれましても、なお一層のお力添えを賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが閉会のごあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(竹田清喜君) それではこれをもって平成18年橿原市議会6月定例会を閉会いたします。どうもご苦労さまでした。
              午後2時23分 閉会