議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 橿原市

平成17年12月定例会(第1号) 本文




2005.12.08 : 平成17年12月定例会(第1号) 本文


                午前10時02分 開会
◯議長(河合 正君) おはようございます。ただいまより平成17年橿原市議会12月定例会を開会いたします。
────────────────────────────────────────
                 市長あいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 市長より招集のあいさつを受けることにいたします。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日ここに平成17年橿原市議会12月定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては何かとご多忙の折にもかかわりませず、ご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。
 本定例会におきましては、橿原市税条例の一部改正を初め、平成17年度一般会計補正予算等につきまして、ご審議をお願いいたしております。何とぞよろしくご審議を賜りますことをお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、開会のごあいさつとさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) それでは本日の会議を開きます。
────────────────────────────────────────
            日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第80条の規定により、11番、広田順則君、18番、松木雅徳君、26番、槇尾幸雄君を指名いたします。
────────────────────────────────────────
               日程第2 会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は本日から12月19日までの12日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日から12月19日までの12日間と決しました。
────────────────────────────────────────
               日程第3 議長報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第3、議長報告を行います。
 議会事務報告、平成17年8月・9月・10月分の例月出納検査結果報告、平成17年度監査の結果報告(9月〜11月実施)、橿原市内建設業者の育成と倒産防止に係る、平成18年度建設関連予算に関する要望について、障害福祉サービスを利用する利用者の負担増に反対する陳情、「義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書」及び「30人以下学級の実現を求める意見書」の議会採択を求める要請書、「障害者自立支援法」の円滑な施行に伴う要望。以上の件につきましては、議席にご配付申し上げましたとおりでございますので、よろしくご清覧おき願います。
 これをもって議長報告を終わります。
────────────────────────────────────────
             日程第4 市長の行政経過報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第4、市長の行政経過報告を受けることにいたします。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 恒例によりまして、平成17年9月議会での報告以後行ってまいりました主な行政経過について、ご報告を申し上げます。
 1 8月5日から10月10日まで、第16回特別展「生命の森の昆虫たち」を昆虫館
  において開催し、27,467名の入館者に昆虫と森の不思議さ、面白さを紹介いた
  しました。
 2 9月3日、男女共同参画社会をめざす「女と男のつどい」をかしはら万葉ホールに
  おいて、約700名の参加のもと開催いたしました。つどいでは、弁護士であり、内
  閣府男女共同参画会議議員である住田裕子氏による「輝く未来へステップアップ」と
  題した講演会を行いました。
 3 9月11日、衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査が執行されました。
  本市の当日有権者数は99,337人であり、小選挙区の投票者数は66,169人
  で投票率は66.61%、比例代表の投票者数は66,146人で投票率は66.5
  6%、国民審査の投票者数は65,300人で投票率は65.74%となりました。
 4 9月17日、18日の2日間、かしはら商工まつり「まほろばフェスタ」を、県橿
  原文化会館前広場において開催いたしました。本市の特産品の展示即売会場やイベン
  トコーナー、観光PRコーナーを設置して、商工・観光の振興に努めるとともに、ス
  テージではバラエティショーなどを行い、来場者の方々に楽しいひとときを過ごして
  いただきました。
 5 9月19日、第4回橿原市消防団合同訓練大会を、総合運動公園駐車場において実
  施いたしました。各分団の消防団員がポンプ車応用操法による消火技術を競い合い、
  消防技術の向上を目指しました。
 6 9月21日から30日までの10日間、「交通事故のないやすらぎの大和路づくり」
  のスローガンのもと秋の交通安全県民運動が実施されました。
   本市では、期間中、交通事故の発生率の高い交差点において重点的に街頭啓発を行
  ったほか、23日には、橿原市・高取町・明日香村の3市町村の高齢者を対象とした
  「橿原・高市交通安全マナーアップ実践運動推進大会」を開催し、交通マナーの向上
  を呼びかけました。また、27日には、市役所前においてシートベルト、チャイルド
  シートの着用推進啓発を実施いたしました。
 7 9月29日、「第49回橿原市敬老会並びに金婚祝賀会」を県立第一体育館におい
  て開催し、市内在住の75歳以上の方と結婚50年を迎えられたご夫婦の計2,22
  6名の方々に、演芸を通して楽しい1日を過ごしていただきました。
   また、75歳の方890名、77歳の喜寿の方875名、88歳の米寿の方263
  名、90歳以上の方923名、及び金婚を迎えられたご夫婦に記念品を贈り、お祝い
  を申し上げ、今後のご健康とご長寿を祈念いたしました。
 8 10月8日、9日の2日間、「第4回橿原夢の森フェスティバル」を橿原神宮森林
  遊苑において、約45,000名の参加のもと開催いたしました。
   八木中学校吹奏楽部とバトン部によるパレードに始まり、メインステージでは、キ
  ャラクターショーなどを行い、同時に姉妹都市の「宮崎の物産と観光展」も開催し、
  参加者に好評を博しました。
 9 10月10日、市民スポーツの祭典「第50回市民体育大会総合開会式」を県立第
  一体育館において開催いたしました。市民体育大会は、この日を中心として、30種
  目の競技大会を実施し、延べ10,000名の市民参加のもと、市民のスポーツ意識
  の高揚と体力づくりの向上に努めました。
 10 10月11日から17日まで全国で展開された「違反建築物防止週間」の一環とし
  て、11日に、近鉄八木駅周辺において街頭啓発を行いました。また、15日には、
  「建築物安全安心フォーラム2005」を、県社会福祉総合センターにおいて約20
  0名の参加のもと開催し、近畿大学教授の村上雅英氏による地震に対する備えについ
  ての講演や弁護士の馬場勝也氏による悪質リフォームに関するセミナーなどにより、
  正しい建築手続きに関する啓発を行いました。
 11 10月15日、「ムーンライトIN藤原京2005」を開催いたしました。第1部
  では、かしはら万葉ホールにおいて、飛鳥藤原宮跡発掘調査部部長の安田龍太郎氏ら
  による「藤原京と人・歌・ロマン」と題した講演やパネルディスカッションを行いま
  した。第2部では、藤原宮跡特設会場において、大和三山やコスモス花大路、大極殿
  跡がライトアップされ、鴨公小学校児童のブラスバンドによる演奏やタレントの浜村
  淳氏による「飛鳥京〜藤原京」と題した講演を行いました。
 12 10月16日、「ごみの減量とリサイクル」「ポイ捨て防止」をテーマとしたポス
  ター及び標語作品の表彰式をリサイクル館かしはらにて行いました。
   これらは、市内各小学校4年生を対象に募集したもので、902点の応募があり、
  入賞したポスター35点と標語作品15点は、9月16日から10月16日まで、リ
  サイクル館かしはらで展示いたしました。
 13 10月16日、橿原市消防団第6分団と金橋地区自治会の主催による「金橋地区防
  災訓練」を金橋小学校運動場において、約600名の市民参加のもと行いました。
   訓練では、地域住民による炊き出し訓練のほか、消防団員の指導による応急手当、
  心肺蘇生法及び天ぷら油やプロパンガス火災を想定した消火訓練、さらに連携協力し
  て実践さながらに模擬ハウスの消火訓練等に励んでいただきました。
 14 10月19日、橿原市戦没者合同追悼式をかしはら万葉ホールにて行い、1,56
  4柱の英霊のご冥福をお祈りいたしました。
 15 10月20日から11月10日までの22日間、本市の男女共同参画社会の実現を
  めざす条例制定に向けて、広く市民の皆さんの意見を聴くために、橿原市男女共同参
  画推進条例案骨子を公表し、パブリックコメントを実施いたしました。
 16 10月26日から30日までの5日間、「第23回生きがい対策推進事業作品展示
  会」を、老人福祉センター千寿荘及び千塚資料館にて開催いたしました。展示会では、
  本事業参加者の作品419点を展示し、仲間づくりの輪を広げていただきました。
 17 10月29日から11月1日までの4日間、70名の市民参加のもと、「第39回
  姉妹都市宮崎市親善訪問観光団」が宮崎市を訪問し、両市の一層の友好と親善を深め
  ました。
 18 10月30日、大和三山が国の名勝に指定されたことを記念して「大和三山万葉浪
  漫ウォーク」を行いました。900名の参加者が橿原神宮前駅から畝傍山、香久山を
  経て、藤原宮跡で奈良大学教授の上野誠氏の講演を聴講したのち、耳成山までの約1
  0キロの行程を歩きました。
 19 11月3日、「平成17年度橿原市市政有功労者表彰式」をかしはら万葉ホールに
  て行い、市政有功者9名、功労者39名、善行者1名、一般表彰1名、善行児童2名
  の計52名を表彰いたしました。
 20 11月4日、「違反広告物追放推進ボランティアの認定式」を市役所にて行い、9
  団体72名を認定いたしました。今後は、行政と協同して、はり紙、はり札、立看板
  等の除却を行い、美しい街づくりに取り組んでいただきます。
 21 11月5日、6日の2日間、市内の農産物の品質向上と普及、消費拡大を目的とし
  た「第35回橿原市農業祭、第50回農産物品評会」を、中央体育館において開催い
  たしました。品評会には、329点の出品があり、また、農産物の即売会は、約4,
  500名の来場者に好評をいただきました。
 22 11月15日、本市と大阪府羽曳野市、和歌山県田辺市による三市災害相互応援協
  定の調印式を、天王寺都ホテルにて行いました。この協定は、阪神淡路大震災を教訓
  に、三市相互の人的、物的支援による応援体制を確立するために平成8年に締結した
  ものですが、今年、田辺市が合併されたことや、締結から10年を迎えることから、
  今後も三市が大災害に備えた体制を維持するため、改めて締結したものです。
 23 11月17日、「橿原市男女共同参画に関する条例の意見交換会」を、かしはら万
  葉ホールにおいて、約60名の参加のもと開催いたしました。橿原市男女共同参画推
  進会議会長の松井静子氏らによる基調講演に続いてパネルディスカッションを行い、
  市民の活発な意見が交換されました。
 24 11月17日から20日までの4日間、橿原市、橿原商工会議所及び橿原物産協会
  の共催によります「第12回橿原のうまいもん市」を、近鉄百貨店橿原店において市
  内18業者の参加を得て開催し、多数の来場者で賑わいました。
 25 11月17日から20日までの4日間、「第49回橿原市美術展覧会」を、かしは
  ら万葉ホール展示ギャラリーにおいて開催いたしました。日本画35点、洋画88点、
  彫塑工芸38点、書道41点、写真64点の合計266点の出展があり、これらの作
  品と本市に寄贈していただきました岡橋萬帆氏の遺作を多くの市民の方に鑑賞してい
  ただきました。
 26 11月19日、20日の2日間、美術館や博物館に広く接する機会を提供するため
  に文化庁の提唱する「関西文化の日」に、昆虫館、こども科学館、千塚資料館の入館
  料を無料としたところ、昆虫館1,361名、こども科学館1,509名、千塚資料
  館80名の来場者がありました。
 27 11月20日、八木を愛する会との共催で、八木町の歴史や文化を育み豊かで快適
  なまちづくりを目指す「まちおこしフェスタIN八木」を、JR畝傍駅周辺において
  開催し、多数の来場者で賑わいました。また、本市の都市再生事業の一端を担い、ま
  ちの賑わいを育む拠点としてのJR畝傍駅舎をアピールするため、「畝傍駅貴賓室公
  開と写真展」も実施し、約2,000名の来場者がありました。
 28 11月26日、国土交通省近畿運輸局との共催で「交通バリアフリー教室」を、近
  鉄橿原神宮前駅構内にて、50名の市民参加のもと行いました。教室では、車椅子や
  アイマスクをつけての乗車券の購入、電車やバスの乗り降りを体験していただき、ハ
  ンディキャップをもった方への手助けについて理解を得ることができました。
 29 11月27日、昨年までの健康福祉まつりと社会福祉大会を合同開催とした「健康
  と社会福祉の祭典〜ふれあい・いきいき祭り〜」をかしはら万葉ホール及び婦人青少
  年会館前広場において開催いたしました。
   かしはら万葉ホールでは、タレントの太平サブロー氏による講演、地域グループの
  活動発表を行うとともに、健康チェックや体験コーナー、親と子のふれあい広場を設
  けました。また、婦人青少年会館前広場では、非常食の炊き出しや献血コーナーを設
  け、多数の来場者に楽しいひとときを過ごしていただきました。
 30 12月5日、「第57回人権週間」の啓発行事の一環として、基本的人権の擁護、
  人権尊重の一層の普及と高揚を図るための街頭啓発を、近鉄八木駅前にて行いました。
 次に、主な工事の進捗状況は次のとおりでございますので、よろしくご高覧くださいますようお願いを申し上げまして、経過報告といたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって市長の行政経過報告を終わります。
 一般質問の通告については文書をもって発言内容を記載の上、提出願います。なお、通告締め切りについては本日午後5時といたしますので、予定議員は遅滞なく提出願います。
 この際、暫時休憩いたします。
              午前10時52分 休憩
             ────────────
              午前11時10分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 休憩中の本会議を再開いたします。
────────────────────────────────────────
       日程第5 議第67号 橿原市税条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第5、議第67号、橿原市税条例の一部改正についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第67号、橿原市税条例の一部改正についてでございます。
 本件につきましては、市内において新たに鉱泉浴場の営業が開始されていることについて、地方税法第701条の規定により、平成18年4月1日から入湯税を課するために、市税条例に入湯税の規定を設けるものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は総務常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
      日程第6 議第68号 橿原市地区公民館条例の制定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第6、議第68号、橿原市地区公民館条例の制定についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第68号、橿原市地区公民館条例の制定についてでございます。
 本件につきましては、地区公民館の管理を平成18年4月1日から指定管理者に行わせることについて、管理業務、その他必要な事項について定めるため、新たに地区公民館条例を制定し、あわせて従来の橿原市公民館設置及び管理に関する条例等の一部の改正を行うものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は文教常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
      日程第7 議第69号 橿原市長期継続契約に関する条例の制定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第7、議第69号、橿原市長期継続契約に関する条例の制定についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第69号、橿原市長期継続契約に関する条例の制定についてでございます。
 本件につきましては、地方自治法等の一部改正により、長期に継続して締結できる契約の範囲が拡大されたことに伴いまして、事務の合理化、効率化や継続的、安定的なサービスの供給及び調達コストの低減などを図るために、長期継続契約について規定する条例を新たに制定するものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 議第69号、橿原市長期継続契約に関する条例の制定について。
 第2条、「(長期継続契約の範囲)」の第1項の「物品を借り入れる契約で、商慣習上複数年度にわたり契約を締結することが一般的であるもの。」、この条項に該当する橿原市が今後この物品を借り入れる契約で、複数年度にわたり契約を締結することが、現在の借入状況の中で、今後それが見込まれるものは一体何なのか。具体的にどういう借り入れを進めようとしているのか。この契約に該当するようなものは具体的に何なのか、質問をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 総務部長。
             (説明員 安田宗義君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(安田宗義君) 物品を借り入れる契約ということで現在予定しておりますのは、橿原市が使用しております事務用機器、それから機械装置、器具、こういった関係につきまして一応物品の借り入れをすると。まあコンピュータ等ですね、そういったもの等にわたりまして借り入れをすると。それと区分けしてますのは、第2項でありますように役務、物品と役務の区分けをしておるということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は建設常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
  日程第8 議第70号 橿原市水洗便所改造資金貸付基金条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第8、議第70号、橿原市水洗便所改造資金貸付基金条例の一部改正についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第70号、橿原市水洗便所改造資金貸付基金条例の一部改正についてでございます。
 本件につきましては、公共下水道の水洗化率の向上を図るために、下水道の使用が開始されてから3年間を経過しない日までに、水洗便所改造資金の貸付申請を行っていただく場合は、貸付限度額について45万円を80万円に、償還月数について30月を40月に改めるものでございます。
 ただし、平成21年3月31日までは従来の特例措置を延長し、すべての貸付限度額を80万円とするものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は建設常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
 日程第9 議第71号 橿原市営住宅条例及び大和都市計画事業近鉄八木駅南土地区画
            整理事業施行に関する条例の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第9、議第71号、橿原市営住宅条例及び大和都市計画事業近鉄八木駅南土地区画整理事業施行に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第71号、橿原市営住宅条例及び大和都市計画事業近鉄八木駅南土地区画整理事業施行に関する条例の一部改正についてでございます。
 本件につきましては、土地区画整理法第3条の土地区画整理事業の施行の規定が改められたことにより、条文の引用法令の整備を行うものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は建設常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
      日程第10 議第72号 市道路線の認定及び変更について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第10、議第72号、市道路線の認定及び変更についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第72号、市道路線の認定及び変更についてでございます。
 本件につきましては、道路法第8条第2項の規定に基づきまして、木原町25号線ほか9路線の認定及び石川町10号線の変更について議会の議決を求めるものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は建設常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
 日程第11 議第73号 本市の行政区域内への明日香村の公共下水道施設の設置及び
             当該施設の本市住民の使用に関する協議について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第11、議第73号、本市の行政区域内への明日香村の公共下水道施設の設置及び当該施設の本市住民の使用に関する協議についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第73号、本市の行政区域内への明日香村の公共下水道施設の設置及び当該施設の本市住民の使用に関する協議についてでございます。
 本件につきましては、明日香村との境界に隣接する橿原市五条野町の住民の一部が明日香村の公共下水道施設を使用することについて、地方自治法第244条の3第3項の規定によりまして、公の施設の区域外設置にかかる協議等について議会の議決を求めるものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 本件は建設常任委員会に付託いたします。
────────────────────────────────────────
 日程第12 議第74号 平成17年度橿原市一般会計補正予算(第3号)について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第12、議第74号、平成17年度橿原市一般会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 議第74号、平成17年度橿原市一般会計補正予算(第3号)についてでございます。
 本件については、第1条で歳入歳出予算の総額を定めております。第2条では債務負担行為の期間及び限度額を定めております。
 その内容といたしましては、障害者自立支援システム構築事業で2,200万円、学校給食調理業務委託事業で4,900万円を追加し、市制50周年記念式典委託事業の廃止を定めております。
 第3条では地方債の限度額の変更を定めております。
 続きまして、歳出の概要を申し上げますと、総額で6億9,510万円の増額補正をいたしております。
 その内容といたしましては、人件費では人事院勧告による給与費の減額を計上いたしておりますが、退職者の増による退職手当の増加により1億6,036万7,000円の増額をいたしております。その他といたしましては、アスベスト対策経費、市制50周年記念事業費、国庫補助内示の増による、し尿処理施設建設事業費、国庫補助金の交付認可に伴う社会福祉施設整備費補助金等を増額いたしております。
 これに見合う歳入といたしましては、市税、国庫支出金、寄附金、繰入金、繰越金、諸収入、市債を追加し、歳入歳出の均衡を図ったものでございます。
 よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 お諮りいたします。本件については11人の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ご異議なしと認めます。よって、本件は11人の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。
 お諮りいたします。ただいま設置されました予算特別委員会の委員選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、若林俊男君、森下みや子君、平沼 諭君、岩佐広子君、長谷川雅章君、奥田 寛君、水本ひでこ君、前口洋一君、竹田清喜君、竹森 衛君、槇尾幸雄君、以上11人の諸君を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました11人の諸君を予算特別委員会の委員に選任することに決しました。
 ただいま設置されました予算特別委員会の正副委員長の互選を行っていただくために、本会議休憩中に予算特別委員会を委員会室に招集いたします。
 それでは暫時休憩いたします。
              午前11時29分 休憩
             ────────────
              午前11時41分 再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 休憩中の本会議を再開いたします。
 休憩中に予算特別委員会の正副委員長の互選を行いました結果、予算特別委員長に竹森 衛君、同じく副委員長に森下みや子君が互選されましたので、ご報告申し上げます。
 お諮りいたします。日程第13、承第5号及び日程第14、決第17号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ご異議なしと認めます。よって、日程第13、承第5号及び日程第14、決第17号については、委員会の付託を省略することに決しました。
────────────────────────────────────────
 日程第13 承第5号 橿原市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
            等に関する専決処分の報告について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第13、承第5号、橿原市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例等に関する専決処分の報告についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
             (市長 安曽田 豊君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(安曽田 豊君) 承第5号、橿原市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例等に関する専決処分の報告についてでございます。
 本件につきましては、一般職の職員の給与に関する法律等の一部改正による国家公務員制度の改革に準じて、12月1日を基準日とする期末手当の支給事務に急を要したため、特別職の期末手当及び一般職の職員の平成17年度にかかる給与表、期末手当等の改定について、橿原市報酬及び費用弁償等に関する条例、橿原市の常勤の特別職の職員の給与及び旅費に関する条例、及び橿原市の一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の専決処分を行ったものでございます。
 よろしくご承認くださいますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。奥田君。
             (13番 奥田 寛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(奥田 寛君) 承第5号の専決処分について質問をいたします。
 もともとこの人事院勧告に準拠するという形で自動的に行ってきているわけですけれども、あえて専決でなく議決でやるべきであるという指導もあるように聞いております。実際に京都の市議会なんかでは11月に臨時議会を開きまして、自民党の議員団などが中心になりまして否決をしているというふうに聞いております。
 あえて専決をやる理由としては、労組との交渉の日程とか、そういうような話も聞いておりますけれども、これはスケジュールの調整は何とかつかないんですか。毎年、毎年、同じことをやっているんであったら、当然労組との交渉のスケジュールの見直しですね、15日早めるとか、そういうような手段をもって、専決をあえてしなければならないタイミングというのを変えていただきたいなというふうに思うわけでございます。
 もう1つはですね、今回一般職、今まあ大雑把な給料がザーッと下がることによりまして、期末手当のほうを若干上げると、そういう改定であるというふうに聞いておりますけれども、特別職、特に市議会議員なんかはこれに準拠いたしますと、月々の給料が下がらないままに期末手当だけがちょっとだけ上がる形になってしまうと。特別報酬審議会等を開いていただいて月々の給料を下げるような仕組みをこれからつくっていくのであれば、その特別報酬審議会なりというのをいつごろ開く予定をもっておられるのか。そのへんをお尋ねしたいと思います。
 よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 企画調整部長。
             (説明員 西本清文君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画調整部長(西本清文君) 今、奥田議員さんがお述べの、1つは議決でやるべきではないかということでございます。おっしゃるとおりでございます。本来、そういう形で臨時議会をお願いして議決でやるというのが本意ではございます。おっしゃるとおりでございます。ただ、先ほども言いましたように労使間の交渉であるとか、そういうことが日々の業務を持ちながらの交渉でございますので、時間的なスケジュールでかなり押してまいって来るということで、それとの話し合いの結果が11月末ぐらいになってしまうという中で、万やむを得ず専決をやらせていただいておると。
 それで今後そういう形の中で、労組との話し合い等々についてのスケジュールを早めてはどうかということでございますので、おっしゃるように一応そういう形で今後努力はいたしたいと思いますけれども、万やむを得ず交渉が長引く場合もございますので、その節にはまた専決もお願いしなければならない。ただ、本来はおっしゃるように臨時議会をお願いするというのが本意ではございますが、そういういろんな労使のスケジュールの関係でなかなかその時期までに詰まらないというのが現状でございます。
 もう1点の、市議会議員さん等々の報酬審議会のことでございますが、これはかねて3年前に報酬審議会を開いて現在の報酬に決定をさせていただいているということでございまして、これにつきまして、議員お述べの一般職等が平成18年4月1日から5年にかけて給料の大幅なダウンという形の勧告が出てございまして、これにつきましては、今いろいろ交渉なり、いろいろな検討の中で、来年の3月議会で給料改定条例の提出を申し上げまして、またご審議を願うという運びを予定しておるわけでございますが。それに伴いまして3年前に報酬審議会を開いてそのままの報酬でございますが、それにつきまして報酬審議会を開いてやるのかどうかというのは、今後さらに慎重に検討してまいりたいと思います。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。竹森君。
             (24番 竹森 衛君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(竹森 衛君) 承第5号、橿原市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例等に関する専決処分の報告について反対討論をいたします。
 まず今回の改正で、全体として議員など特別職の給与・手当等が増え、行政職、そして企業職、一般職の給与が減っています。勤勉手当の支給月数が0.05カ月分引き上げられていますけれども、いわゆる本給、この月額を平均1,389円、0.36%引き下げています。この賃金の引き下げ、給与の引き下げは民間企業へも大きく影響し、今現在、大企業143社でため込み利益が204兆円になっていても、これが賃下げの口実を与え、民間労働者への賃下げ競争を加速させるものであります。
 今回も不利益の給与への不遡及の原則を守らず、本年4月に遡り、全体として1,392万円もの給料の減額になります。給料の引き下げの人事院勧告が続くのは、公務員の労働基本権の代償措置の役割をますます有名無実にするものであるために反対をいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって討論を終わります。
 承第5号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり承認されました。
────────────────────────────────────────
  日程第14 決第17号 「真の地方分権改革の確実な実現」に関する意見書

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 日程第14、決第17号、「真の地方分権改革の確実な実現」に関する意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 本件に関し提案者の説明を求めます。前口君。
             (20番 前口洋一君 登壇)

-------------------------------------------------------------------------------

◯20番(前口洋一君) 「真の地方分権改革の確実な実現」に関する意見書について説明をいたします。
 政府与党においては、去る11月30日、三位一体の改革についての合意が決定されたところでございます。この政府与党合意は地方への3兆円の税源移譲として所得税から個人住民税として行われ、建設国債対象経費である施設設備費国庫補助負担金の一部についても税源移譲の対象とされています。また、私たちが一番懸念しておりました生活保護費の地方への負担転嫁を行わなかったのは評価するものでありますが、地方の改革案になかった児童扶養手当、児童手当、義務教育費国庫負担金の負担率の引き下げなど、真の地方分権改革の理念に沿わない内容や課題も多く残されております。
 今後真の地方分権の確実な実現に向けて、地方の改革案に沿って、平成19年度以降もさらなる改革を強力に推進する必要がございます。平成18年度の地方税財政対策において真の地方分権改革を実現するよう、この意見書により国に強く求めるものでございます。
 つきましては、議員諸氏のご賛同をよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ただいまの説明に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) これをもって討論を終わります。
 決第17号について起立により採決いたします。本件に賛成の諸君の起立を求めます。
               (起立する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) 起立全員であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 お諮りいたします。ただいま可決されました意見書の送付先につきましては、議長に一任願いたいと存じますが、これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ご異議なしと認めます。よって、本件の送付先については議長に一任されました。
 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 お諮りいたします。本日はこれにて散会し、明日から改めて通知するまで休会にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(河合 正君) ご異議なしと認めます。よって、本日はこれにて散会し、明日から改めて通知するまで休会することに決しました。
 それでは本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでございました。
              午前11時49分 散会