議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 大和郡山市

平成20年  6月 定例会(第2回) 06月12日−01号




平成20年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−01号







平成20年  6月 定例会(第2回)






 ◯平成20年第2回大和郡山市議会定例会会議録(第1号)
    ───────────────────────────────────
          平成20年6月12日 (木曜日) 午前10時5分 開会
    ───────────────────────────────────
諸  報  告
    1. 1・2・3・4月分例月出納検査及び定期監査の結果について
    2. 平成19年度大和郡山市繰越明許費繰越計算書について
    3. 平成19年度大和郡山市水道事業会計予算繰越計算書について
    4. 大和郡山市土地開発公社に関する報告について
    5. 財団法人大和郡山市文化体育振興公社に関する報告について
議 事 日 程
 日程第1  会議録署名議員の指名について
 日程第2  会期の決定について
 日程第3  駅前周辺整備特別委員会の中間報告について
 日程第4  報告第12号  専決処分報告について(平成20年度大和郡山市国民健康保険事業特別
              会計補正予算(第2号))
 日程第5  報告第13号  専決処分報告について(平成20年度大和郡山市住宅新築資金等貸付事
              業特別会計補正予算(第1号))
 日程第6  報告第14号  専決処分報告について(平成20年度大和郡山市下水道事業特別会計補
              正予算(第1号))
 日程第7  報告第15号  専決処分報告について(平成20年度大和郡山市老人保健医療事業特別
              会計補正予算(第1号))
 日程第8  報告第16号  専決処分報告について(平成20年度大和郡山市介護サービス事業特別
              会計補正予算(第1号))
 日程第9  同意案第3号 人権擁護委員の推薦について
 日程第10  同意案第4号 人権擁護委員の推薦について
 日程第11  同意案第5号 人権擁護委員の推薦について
       (日程第4 報告第12号から日程第11 同意案第5号までは即決)
 日程第12  議案第32号  大和郡山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
 日程第13  議案第33号  奈良県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
 日程第14  議案第34号  市営片桐東団地F棟建設工事請負契約について
 日程第15  議案第35号  平成20年度大和郡山市一般会計補正予算(第2号)について
       (日程第12 議案第32号から日程第15 議案第35号までは提案理由説明のみ)
    ───────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
    ───────────────────────────────────
                    出 席 議 員(24名)
                          1番  出 口 真 一 君
                          2番  福 田 浩 実 君
                          3番  甲 谷 悦 夫 君
                          4番  上 田 健 二 君
                          5番  高 橋 朋 美 君
                          6番  林   浩 史 君
                          7番  西 川 健 次 君
                          8番  東 川 勇 夫 君
                          9番  田 村  俊  君
                          10番  北 門 勝 彦 君
                          11番  西 川 貴 雄 君
                          12番  牛 島 孝 典 君
                          13番  尾 口 五 三 君
                          14番  金 銅 成 悟 君
                          15番  吉 川 幸 喜 君
                          16番  池 田 篤 美 君
                          17番  辻 本 八 郎 君
                          18番  田 房 豊 彦 君
                          19番  仲   元 男 君
                          20番  丸 谷 利 一 君
                          21番  遊 田 直 秋 君
                          22番  石 田 眞 藏 君
                          23番  乾   充 徳 君
                          24番  田 村 雅 勇 君
    ───────────────────────────────────
                    欠 席 議 員(なし)
    ───────────────────────────────────
               説明のため出席した者
                       市   長  上 田  清  君
                       副 市 長  水 野 敏 正 君
                       教 育 長  山 田 勝 美 君
                        総務部長  吉 村 安 伸 君
                      市民生活部長  萬 田 善 三 君
                   福祉健康づくり部長  矢 舖 健次郎 君
                      産業振興部長  澤 田 茂 利 君
                      都市建設部長  砥 出 恵 市 君
                      上下水道部長  田 中 利 明 君
                       消 防 長  西 本  博  君
                        教育部長  上 田 邦 男 君
                        財政課長  水 本 裕 丈 君
    ───────────────────────────────────
               事務局職員出席者
                        事務局長  岩 本 正 和
                       事務局次長  岡 田   豊
                       次長補佐兼
                              西 垣 素 典
                   議事係長兼調査係長
    ───────────────────────────────────







               午前10時5分 開会



○議長(辻本八郎君) ただいまから平成20年第2回大和郡山市議会定例会を開会いたします。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 市長より招集のあいさつがございます。

 市長。

          (上田 清君登壇)



◎市長(上田清君) おはようございます。本日ここに平成20年第2回大和郡山市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、何かと御多忙のところ御出席をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。

 今定例市議会に御提案申し上げました議案等につきましては、既にお手元にお配りをいたしておりますとおり、専決処分報告5件、同意案3件、条例の一部改正議案等3件、平成20年度一般会計補正予算案1件でございます。

 何とぞ慎重に御審議をいただき、それぞれの議案等につきまして御議決並びに御承認を賜りますようお願いを申し上げまして、平成20年第2回大和郡山市議会定例会招集のあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 次に、議会運営委員会の結果を委員長より報告願います。

 9番 田村議会運営委員会委員長。

          (田村 俊君登壇)



◆議会運営委員会委員長(田村俊君) ただいまから議会運営委員会の結果について御報告申し上げます。

 今期定例会は、本日から6月25日までの14日間といたします。

 本日は、まず諸報告5件があります。次に、日程に入り、日程第1で会議録署名議員の指名を、日程第2で会期の決定を行います。日程第3で、閉会中に開かれました駅前周辺整備特別委員会の中間報告を行います。日程第4 報告第12号から日程第11 同意案第5号までは即決でお願いいたします。次に、日程第12 議案第32号から日程第15 議案第35号までの4議案の提案理由の説明を求めます。

 13日は、議案熟読のため、休会いたします。

 16日に再開し、日程第1で議案第32号から議案第35号までの4議案に対する質疑の後、各委員会に付託をいたします。

 17日から20日までは、本会議を休会し、各常任委員会を開会いたします。

 23日と24日は、一般質問を行います。

 25日は、日程第1で、議案第32号から議案第35号までの4議案に対する各委員長報告について質疑、討論、表決を行います。次に、日程第2 議員提出議案第2号及び日程第3 議員提出議案第3号については即決でお願いいたします。

 本定例会の会期及び議事日程並びに委員会招集日表と議案付託表につきましては、お手元に配付されているとおりでございます。議員各位におかれましては、御協力のほどよろしくお願いいたしまして、報告を終わります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) これより本日の会議を開きます。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) ただいまの出席議員数は24名であります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 諸報告に入ります。

 1・2・3・4月分例月出納検査及び定期監査の結果については、既に皆様のお手元に御配付申し上げております。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 次に、平成19年度大和郡山市繰越明許費繰越計算書について、御質疑ありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、本件についてはこの程度で打ち切ります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 次に、平成19年度大和郡山市水道事業会計予算繰越計算書について、御質疑ございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、本件についてはこの程度で打ち切ります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 次に、大和郡山市土地開発公社に関する報告について、御質疑ありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、本件についてはこの程度で打ち切ります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 次に、財団法人大和郡山市文化体育振興公社に関する報告について、御質疑ありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、本件についてはこの程度で打ち切ります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) これより日程に入ります。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員を会議規則第81条の規定により、議長より指名いたします。

              13番 尾 口 五 三 君

              21番 遊 田 直 秋 君

 以上2議員の方にお願いをいたします。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から6月25日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よって会期は14日間と決定いたしました。

 なお、本定例会の会期及び議事日程並びに委員会招集の内容につきましては、皆さんのお手元に配付いたしておりますから、御清覧おき願います。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 日程第3 閉会中に開会されました駅前周辺整備特別委員会の中間報告を求めます。

 10番 北門駅前周辺整備特別委員長。

          (北門勝彦君登壇)



◆駅前周辺整備特別委員長(北門勝彦君) おはようございます。ただいまから駅前周辺整備特別委員会の中間報告を申し上げます。

 委員会は、去る6月3日午前10時から開会し、理事者から駅前周辺整備の経過と現状についての説明を受けました。

 初めに、近鉄九条駅前周辺整備事業の実施状況について説明がありました。

 近鉄九条駅前周辺整備事業については、一部の事業を残して、3月31日に工事を終え、4月1日から道路の供用を開始しております。供用開始に伴う市道三ノ丸北郡山何和九条線の交通規制については、地元自治会の協力を得まして、現在のところ大きなトラブルなどの報告は受けておりません。また残事業については、引き続き立ち退き交渉を重ねていきたいと考えております。なお、駅舎の整備などを含めた近鉄九条駅前周辺整備事業の現時点での総事業費は、約27億 5,000万円余りとなっておりますとの説明がありました。

 続いて、質疑に入りました。

 その主なものは、4月1日から駅前通りが一定区間一方通行になったが、市民から逆走があると聞いている。現状、設置されている標識などはあるが検討する必要があるのではないか、に対し、担当課といたしましても、一方通行に変更した区間につきましては、職員みずからで2週間余り始点と終点に立って周知徹底を行ってまいりましたが、我々が指導しているにもかかわらず逆走される方もおられました。所管の警察へも見回りなどを強化していただくようにお願いしており、現状、交通規制標識としては、県交通規制課及び郡山警察署と協議をして設置している標識などで対応していますので、これ以上の標識は今のところ特に必要はないと考えておりますが、現在標識のないところには今後検討をしてまいりますとの答弁がありました。

 また、九条2号踏切の交差点のところからは、北向きの一方通行になっているが、わかりづらいので具体的に標識などでわかりやすくする必要があるのではないか、に対し、この交差点につきましては南向き、北向きの両方向に行けるため、一方通行の始点ということがわかりにくいということでありますので、対策について検討させていただきますとの答弁がありました。

 以上が駅前周辺整備特別委員会の中間報告であります。議員各位の御理解をお願いいたしまして、報告を終わります。



○議長(辻本八郎君) ただいまの中間報告に対する質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、本件についてはこの程度にとどめます。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 日程第4 報告第12号から日程第8 報告第16号までの5報告を一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

 副市長。

          (水野敏正君登壇)



◎副市長(水野敏正君) それでは、ただいま御上程いただきました専決処分報告5件につきまして、一括して提案の説明を申し上げます。

 日程第4 報告第12号 平成20年度大和郡山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分報告について御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、平成19年度の決算において実質収支が1億 3,850万 6,015円の赤字決算となったことに伴い、その補てん措置として第11款 繰上充用金、第1項 繰上充用金1億 3,850万 7,000円の増額補正を行い、歳入歳出予算の総額を 100億 7,573万 2,000円といたしたものでございます。

 歳入につきましては、第3款 国庫支出金、第2項 国庫補助金の普通調整交付金を同額充当いたしております。

 なお、本補正予算につきましては、前年度の決算確定後の赤字補てんでございますので、平成20年5月30日付をもちまして専決処分いたしたものでございます。

 日程第5 報告第13号 平成20年度大和郡山市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告でございます。

 今回の補正予算は、平成19年度の決算において実質収支が10億 799万 4,016円の赤字決算となったことに伴い、その補てん措置として第2款 繰上充用金、第1項 繰上充用金10億 799万 4,000円の増額補正を行い、歳入歳出予算の総額を10億 5,063万 9,000円としたものでございます。

 歳入につきましては、第1款 諸収入、第1項 雑入の回収管理組合返戻金を充当いたしております。

 なお、この本補正予算につきましても、前年度の決算確定後の赤字補てんでございますので、平成20年5月30日付をもちまして専決処分いたしたものでございます。

 日程第6 報告第14号 平成20年度大和郡山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告でございます。

 今回の補正予算は、平成19年度の決算において実質収支が2億 5,802万 1,703円の赤字決算となったことに伴い、その補てん措置として第4款 繰上充用金、第1項 繰上充用金2億 5,802万 2,000円の増額補正を行い、歳入歳出予算の総額を36億 7,402万 2,000円としたものでございます。

 歳入につきましては、第6款 諸収入、第2項 雑入の歳入欠陥補てん収入を同額充当いたしております。これは、予算上歳入欠陥での編成ができないことによる措置でございます。

 なお、この本補正予算につきましても、前年度の決算確定後の赤字補てんでございますので、平成20年5月30日付をもちまして専決処分いたしたものでございます。

 日程第7 報告第15号 平成20年度大和郡山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告でございます。

 今回の補正予算は、財源であります支払基金交付金及び国・県支出金が概算納付制度となっており、その精算が翌年度に行われることから、平成19年度決算は1億 2,042万 5,155円の赤字となったところでございます。これを補てんするための補正予算として第4款 繰上充用金、第1項 繰上充用金1億 2,042万 6,000円を増額し、また精算による支払基金審査支払交付金の超過交付分の償還金として第3款 諸支出金、第1項 償還金8万 6,000円を増額補正し、歳入歳出予算の総額を15億 7,081万 2,000円といたしたものでございます。

 歳入につきましては、医療費精算による支払基金交付金 3,392万 8,000円、国庫支出金 8,148万4,000円、県支出金 510万円を第5款 諸収入、第2項 雑入の過年度収入で受け入れたものでございます。

 本補正予算につきましても、平成20年5月30日付をもちまして専決処分いたしたものでございます。

 日程第8 報告第16号 平成20年度大和郡山市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告でございます。

 今回の補正予算は、平成19年度の決算において実質収支が 170万 3,956円の赤字決算となったことに伴い、その補てん措置として第3款 繰上充用金、第1項 繰上充用金 170万 4,000円の増額補正を行い、歳入歳出予算の総額を 3,151万 5,000円としたものでございます。

 歳入につきましては、第1款 サービス収入、第1項 介護給付費収入で居宅介護サービス計画費収入を同額充当いたしております。

 なお、本補正予算につきましても、前年度の決算確定後の赤字補てんでございますので、平成20年5月30日付をもちまして専決処分いたしたものでございます。

 以上、専決処分報告5件でございます。何とぞよろしく御承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(辻本八郎君) ただいま提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

 8番 東川勇夫君。

          (東川勇夫君登壇)



◆8番(東川勇夫君) ただいま水野副市長のほうから専決処分5件について御説明をいただきました。5件とも、どの事業も赤字決算ということで、大変どれも財政厳しい中で赤字になっていると思います。特に、報告第13号 住宅新築資金等貸付事業におきましては10億の大台にも乗っております。この5件の赤字の理由ですね、できたらお聞かせいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(辻本八郎君) 総務部長。

          (吉村安伸君登壇)



◎総務部長(吉村安伸君) おはようございます。8番東川議員の御質問にお答えいたします。

 専決処分報告5件の理由ということでございます。

 まず、1点目、報告第12号 平成20年度大和郡山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の件でございます。

 平成19年度決算におきまして、歳入全般につきましては平成18年度に比べ大幅な増額となりましたが、歳出におきます医療給付費の伸びが大きく、結果といたしまして赤字となったものでございます。

 次に、報告第13号 平成20年度大和郡山市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 これにつきましては、平成19年度決算において、歳入面で西田中町地内B地区の小規模住宅地区改良事業による新築資金等の貸付繰上償還もなく、平成18年度に比べまして貸付金償還額が減少した反面、歳出面では、その前年にあった貸付金の繰上償還による市債の繰上償還により若干増となり、平成18年度より単年度の実質収支が悪化し、10億円の大台に乗ったということでございます。

 次に、報告第14号 平成20年度大和郡山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 平成19年度決算の歳出において、平成18年度赤字決算における繰上充用金及び歳入におきます使用料の伸びが思ったよりも伸びず、また一般会計より繰入金が減少したことにより、赤字となったものです。

 報告第15号 平成20年度大和郡山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 本特別会計は、診療報酬等の請求が年度内で完了しないことから、国庫支出金、県支出金が概算で支払われることにより、概算払い額が少ない場合は赤字に、多い場合は黒字となります。平成19年度は概算払いが少なかったため赤字となり、翌年度におきます精算処理により収支が均衡となるものでございます。

 最後、5件目、報告第16号 平成20年度大和郡山市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)です。

 本特別会計は、平成18年度に創設され、介護サービス計画費収入が歳入の大半でございます。平成18年度決算も実質収支が赤字となりましたが、本制度の事業趣旨も利用者に周知されたことにより、計画収入も増加し、単年度の実質収支は黒字となりましたが、平成18年度決算に係る繰上充用も行ったために赤字となったものでございます。

 以上でございます。



○議長(辻本八郎君) 8番 東川勇夫君。

          (東川勇夫君登壇)



◆8番(東川勇夫君) ただいま吉村総務部長から、まず赤字のそれぞれの理由を聞かせていただきまして、それなりに理解はできるものですが、大変財政厳しい折、本当に運営も大変だなと思います。

 そこで、報告第12号 国民健康保険事業、これは1億 3,850万の赤字ということで、平成20年度の予算から繰り上げされているわけですが、そこでこの20年度の事業に支障はないのかということです。

 それと、報告第15号の老人医療事業、これは国・県なりの補助が入ってくれば赤字にはならないという形に理解していいのか、この2点をもう一度答弁いただきたいと思います。



○議長(辻本八郎君) 萬田市民生活部長。

          (萬田善三君登壇)



◎市民生活部長(萬田善三君) 8番東川議員さんの2回目の御質問でございます。

 報告第12号、第15号の件につきまして順にお答え申し上げます。

 国保会計でございますが、この赤字によって20年度予算への影響ということでお答え申し上げます。

 歳入予算における保険税につきましては、去る3月議会において医療分、介護分、支援分を含めまして1世帯当たり平均18.6%、金額にしますと3万 3,034円の増額の料金改正でございます。医療費の伸びを見込み、2年間は持ちこたえてほしいというぎりぎりの値上げでございました。当然、平成19年度の赤字分も補てんできる余裕のある改正でございませんので、今回の繰上充用に係る1億 3,850万円は歳入の予算の先食いとなり、医療費の伸びにもよりますが、今年度後半の事業運営に影響が出てくるものと推測しております。

 報告第15号の老人保健特別会計につきましては、東川議員おっしゃいましたように、この件につきましては一応実質的に収支は均衡が図られるということで御理解賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(辻本八郎君) ほかに御質疑ございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 討論を省略し、直ちに採決に入るに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よってこれより採決に入ります。

 報告第12号から報告第16号までの5報告を一括採決いたします。

 報告第12号 専決処分報告について、報告第13号 専決処分報告について、報告第14号 専決処分報告について、報告第15号 専決処分報告について、報告第16号 専決処分報告について、以上5報告を承認することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よって報告第12号から報告第16号までの各号は承認することに決しました。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 日程第9 同意案第3号から日程第11 同意案第5号までの3議案を一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

 市長。

          (上田 清君登壇)



◎市長(上田清君) 日程第9 同意案第3号から日程第11 同意案第5号までにつきましては、人権擁護委員の推薦についてでございますので、あわせて御説明を申し上げます。

 まず、同意案第3号、灰藤好明氏は、平成17年10月1日に同委員に委嘱されまして、1期務めていただいております。同氏は、人権擁護委員としての活動状況も適切であり、まことに適任と存じ、引き続き任務を遂行していただきたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定によりまして議会の同意をいただこうとするものでございます。

 続きまして、高村善次氏、亀岡静代氏が、平成20年9月30日任期年満了をもって退任されることにより、新たに推薦させていただくために御同意をお願いするものでございます。

 同意案第4号 榊 洋子氏は、昭和46年に片桐小学校において教職につかれ、平成20年3月に退職されるまでの間に、市立片桐小学校教頭、斑鳩町立斑鳩小学校教頭等を歴任され、学校教育に尽力してこられました。

 同意案第5号 笠見由紀子氏は、市立矢田小学校PTA役員として地域の子供たちの通学や学校生活の安全に力を注がれ、その後大和郡山市交通安全母の会の発足に尽力をされました。現在は、大和郡山市交通安全母の会会長として、また奈良県交通安全母の会連合会副会長として、交通事故のない平和なまちづくりに貢献しておられます。

 豊富な経験と人格、見識をともに備えられた両氏は、人権擁護委員としてまことに適任と存じ、人権擁護委員法第6条第3項の規定によりまして議会の同意をいただこうとするものでございます。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。



○議長(辻本八郎君) ただいま提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御質疑がないようでありますので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 討論を省略し、直ちに採決に入るに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よってこれより採決に入ります。

 同意案第3号 人権擁護委員の推薦について、同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よって同意案第3号は同意することに決しました。

 次に、同意案第4号 人権擁護委員の推薦について、同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よって同意案第4号は同意することに決しました。

 次に、同意案第5号 人権擁護委員の推薦について、同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(辻本八郎君) 御異議なしと認めます。

 よって同意案第5号は同意することに決しました。

    ───────────────────────────────────



○議長(辻本八郎君) 日程第12 議案第32号から日程第15 議案第35号までの4議案を一括議題といたします。

 朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。

 副市長。

          (水野敏正君登壇)



◎副市長(水野敏正君) それでは、ただいま御上程いただきました4議案につきまして、提案の説明を申し上げます。

 日程第12 議案第32号 大和郡山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について御説明申し上げます。

 本案につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴いまして、本市もこれに準じ、所要の改正を行うものでございます。

 主な内容につきましては、一般職の国家公務員の扶養手当の引き上げに伴い、これを算定基準といたしております消防団員の公務災害補償における扶養親族加算額を引き上げるものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用するものでございます。

 日程第13 議案第33号 奈良県後期高齢者医療広域連合規約の変更について御説明申し上げます。

 本案につきましては、奈良県後期高齢者医療広域連合の意思決定機能の充実を図るため、所要の変更を行うものでございます。

 主な内容につきましては、副広域連合長の選任について、新たに広域連合の運営に関し識見を有する者を加え、その人数、任期について定めるものでございます。

 なお、この規約は、奈良県知事の許可のあった日から施行するものでございます。

 日程第14 議案第34号 市営片桐東団地F棟建設工事請負契約について御説明申し上げます。

 当工事の内容につきましては、新町地内の敷地面積1,037.02平方メートルに建築面積339.30平方メートル、延べ床面積771.54平方メートル、鉄筋コンクリートづくり3階建て9戸の市営住宅を建設するものでございます。

 本案につきましては、共同企業体による条件つき一般競争入札によりクラハラ・木村組特定建設工事共同企業体、代表者、大和郡山市井戸野町 124番地の2、株式会社クラハラ、代表取締役倉原定と1億 7,010万円で議会の議決を経て契約せんとするものでございます。

 日程第15 議案第35号 平成20年度大和郡山市一般会計補正予算(第2号)についての御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算にそれぞれ 2,839万 9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を 271億 6,462万 4,000円とするものでございます。

 それでは、歳出より順次御説明を申し上げます。

 第2款 総務費は 1,700万 6,000円の増額補正となっており、これは、第1項 総務管理費、第6目 財産管理費におきまして消防団矢田分団詰所及び納庫の用地取得に係る費用の補正でございます。

 第9款 消防費は 240万円の増額補正となっております。これは、第1項 消防費、第4目 災害対策費におきまして有限会社公友社様からの寄附金によるAED購入費用として50万円、財団法人自治総合センターより宝くじ普及広報事業費を財源とするコミュニティ助成金の内示のありました南市場自主防災会への防災資機材購入費用に対する補助金として 190万円を増額するものでございます。

 第10款 教育費は 899万 3,000円の増額補正となっております。その内訳は、第1項教育総務費、第3目 教育振興費で、国からの委託を受け実施いたします幼児教育の改善・充実調査研究の費用として 373万 6,000円、県からの委託を受け実施いたします地域ぐるみの学校運営支援体制整備である学校支援地域本部事業の費用として 275万 7,000円、第5項 社会教育費、第1目 社会教育総務費で、さきに申し上げましたコミュニティ助成金の内示により、矢田小学校放課後子ども教室運営委員会への太鼓等の備品に対する補助金として 250万円を増額するものでございます。

 次に、歳入についてでございますが、先ほど御説明申し上げました寄附金50万円、歳出に対する特定財源といたしまして国庫支出金 373万 6,000円、県支出金 275万 7,000円、諸収入 440万円の増額補正を行い、不足する財源につきましては前年度繰越金によって補い、収支の均衡を図っております。

 以上、4議案の提案の説明でございます。何とぞよろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(辻本八郎君) ただいま提案理由の説明が終わりました。

 本日の会議はこの程度にとどめ、これをもって散会いたします。

 明13日は議案熟読のため休会いたします。

 次回は6月16日午前10時より会議を開きます。

 本日はどうも御苦労さんでした。

               午前10時42分 散会