議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 大和高田市

平成23年3月定例会(第1号) 本文




2011.03.03 : 平成23年3月定例会(第1号) 本文


           午前10時4分開会
◯議長(朝井啓祐君) ただいまより、平成23年3月大和高田市議会定例会を開会いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 本日、議会が招集されましたところ、議員各位には何かとご多用の中ご出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。どうかご精励をいただきますとともに、議事運営に格別の協力をお願い申し上げます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 市長より招集のあいさつがございます。吉田市長。
           〔市長(吉田誠克君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(吉田誠克君) 本日、3月定例市議会を招集申し上げましたところ、議員各位には、何かとご多忙の折、ご出席を賜り、心から厚く御礼を申し上げます。
 さて、今議会におきましてご審議をいただきます案件であります。平成23年度当初予算案10件、平成22年度補正予算案7件、条例案件10件、工事の契約案件4件、訴訟の提起1件、指定管理の案件2件、以上34議案を上程しております。何とぞよろしくご審議をいただき、議決を賜りますようお願い申し上げます。
 甚だ簡単ではございますが、開会のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) この際、閉会中において、所管事項の調査として議会運営委員会が開催されておりますので、報告を受けます。議会運営委員会委員長、13番植田龍一議員。
           〔議会運営委員会委員長(植田龍一君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会運営委員会委員長(植田龍一君) 去る2月24日に開催いたしました議会運営委員会の結果は、お手元に配付の運営予定表のとおりでありますので、説明を省略させていただきます。
 次に、一般質問につきましては、一問一答方式とし、制限時間は、市政会が4時間、公明党と日本共産党が1時間30分とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 次に、「奈良社会保険病院の公的機関としての存続のため、公的存続法の早期成立を求める意見書」及び「大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書」を議会運営委員会のメンバーで提出させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 次に、予算特別委員会につきましては、議場で行わせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 以上、報告といたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、閉会中において、所管事項の調査として総務財政委員会が開催されておりますので、報告を受けます。総務財政委員会委員長、5番稲葉吉彦議員。
           〔総務財政委員会委員長(稲葉吉彦君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務財政委員会委員長(稲葉吉彦君) 去る2月18日に、閉会中継続調査申し出により総務財政委員会を開催し、「財政健全化プログラム(第2回見直し)」についてを協議いたしましたので、その概要を報告いたします。
 今回の見直しは、前回、平成22年11月の見直しの後、平成23年度の地方財政計画に基づく予算編成における数値、現時点での平成22年度の決算見込み、及び今後の新たな財政負担を加味した収支見込みの修正が行われたものです。
 前回の見直しでは、平成22年度の単年度収支は4億3,100万円の黒字と見込まれていましたが、4億4,400万円と上方修正されました。この結果、平成22年度末の実質収支赤字は1億700万円となる見込みとなりました。しかし、平成23年度以降は、新たな財政負担も生じることから、平成24年度末の実質収支黒字の見込みを前回の1億6,800万円から9,200万円と減額修正されるものです。
 今回の財政収支見込みの主な修正点として、歳入においては、長引く景気低迷により、市税収入全体で平成21年度決算と比べて減収傾向が続くものと見込まれており、また、特別交付税並びに臨時財政対策債では、平成22年度よりも大幅な減収が見込まれています。
 一方、歳出においては、人件費で引き続き減少見込みとなっていますが、平成23年度以降、議員年金廃止による公費負担の増などの要因を収支見込みに反映されています。また、扶助費では、生活保護費、障害者自立支援費において前回の収支見込みよりもさらなる増加見込みに修正し、子ども手当についても、3歳未満児に対して月額2万円に引き上げとなる増加分が見込まれています。なお、医療事業関係の特別会計繰出金についても、医療費のさらなる増加に対応すべく、前回の収支見込みより増加されています。
 以上が前回の収支見込みとの大きな相違点であり、同時に、他の要因も加味した結果、平成24年度一般会計では9,200万円の実質収支黒字の見込みとなり、前回の報告数値より約7,600万円減少するものと予測されています。
 平成23年度以降の地方財政制度は、今後大きく変動することも予想され、財政収支についても影響を受けるものでありますが、まず、一般会計実質収支の早期の黒字化を図り、かつ実質収支が赤字である普通会計、特別会計及び累積赤字を有する病院会計、並びに土地開発公社においても、将来的に安定した財政基盤を確立するため、「大和高田市財政健全化プログラム」、「IT推進中期計画」、「市立病院改革プラン」、「土地開発公社経営健全化計画」を推進していくとのことでありますので、職員一丸となって取り組まれますよう要望しておきます。
 以上、報告といたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) これより、本日の会議を開きます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
会議録署名議員の指名について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により
     18番  中 谷 修 一 議員
     1番  萬 津 力 則 議員
     2番  西 村 元 秀 議員
の3人の諸君を指名いたします。ご了承願います。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
会期の決定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、会期についておはかりいたします。
 本定例会の会期は本日より3月16日までの14日間といたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) ご異議なしと認めます。よって、会期は14日間と決定いたしました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、本定例会に地方自治法第121条の規定により出席を要求いたしました者は、お手元に配付の要求書の写しのとおりであります。ご了承願います。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、監査委員より例月出納検査結果報告書が提出されておりますので、お手元に配付いたしておきましたから、ご精覧おき願います。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、お手元に配付の請願文書表のとおり、請願第1号国民健康保険税の引き下げに関する請願書が提出されておりますので、本件は民生文教委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第1 議第1号平成23年度大和高田市一般会計予算 外 33 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) これより、日程に入ります。
 日程第1、議第1号平成23年度大和高田市一般会計予算ほか、議第2号から議第34号までの34議案を一括して議題といたします。
 議案の朗読を省略して、市長の予算編成方針の説明を求めます。吉田市長。
           〔市長(吉田誠克君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(吉田誠克君) ただいま上程になりました平成23年度一般会計予算案をはじめとする各議案の説明をさせていただく前に、新年度予算編成における考え方を申し上げ、議員並びに市民皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 最初に、平成23年度一般会計当初予算においては、年度当初に統一地方選挙が控えている関係上、骨格予算で編成をしております。その中でも、最重要課題と位置づけております財政健全化をさらに推進する予算であり、行財政改革への取り組みである「財政健全化プログラム」、「IT推進中期計画」、「土地開発公社経営健全化計画」、「市立病院改革プラン」を着実に実行するものであります。
 また、骨格予算ではありますが、住民生活の向上を目指し、実施時期などにおいて、早急に取り組みを必要とする事業につきましては、当初予算で計上した次第であります。
 なお、特別会計並びに企業会計におきましては、事業の継続性などを勘案し、年間予算として編成したものであります。
 以上のような方針のもとに編成をいたしました新年度予算の概要につきまして説明をさせていただきます。
 議第1号から議第10号までは、平成23年度一般会計をはじめとする各会計の当初予算案であります。
 最初に、一般会計についてであります。
 予算総額は232億5,000万円、借換債を除く実質額での前年度比較では、11億3,310万円の増、率にして5.3%の増となっております。
 新年度予算の要旨として、歳入では、景気低迷の影響を受け、市税、特に個人市民税を中心に、前年度より1億500万円の減となっております。しかしながら、地方交付税、臨時財政対策債の合計で、前年度当初予算より2億3,000万円の増となり、一般財源の確保に努めた次第であります。
 次に、歳出では、人件費において、職員の退職に伴う効果などで前年度より1億6,300万円の減、また、公債費についても、実質額で前年度比較9,200万円の減となっており、財政健全化の要因となっております。
 一方、扶助費においては、長期にわたる経済・雇用情勢などの悪化に伴い、生活保護費で2億4,300万円の増、並びに障害者自立支援費1億5,800万円の増など、前年度予算額との比較では6億4,000万円の増額措置を講じており、社会保障の充実を図っております。
 次に、普通建設事業では、土地開発公社経営健全化計画に基づき、日之出西本町駐車場用地の買い戻しとして8億200万4,000円を計上し、引き続き、公社の経営健全化に努めております。
 また、生活環境の維持・向上に必要となる工事費等においても、当初予算で計上した次第であります。
 次に、保健衛生面の充実として、13歳から15歳までを対象とする子宮頸がん予防ワクチン、並びにゼロ歳から4歳児までを対象とするヒブ・肺炎球菌予防ワクチン接種への公費助成として7,543万3,000円を予算計上、また、高齢者への対策として、地域の居場所づくり推進事業費682万1,000円の予算計上、次に、教育分野の充実として、夏場の学習環境の改善を図るため、小学校の全教室に扇風機を設置する費用として384万7,000円の予算措置、また、学校運営をサポートする地域ボランティアなどへの学校支援活動事業396万円の予算計上、並びに、地域活性化交付金を活用しての「かたらい教室」の指導員並びに家庭児童相談員を増員し、相談体制の充実を図るものであります。
 なお、引き続き、新年度におきましても、地域活性化への支援として、商都たかだ活性化補助金200万円、地域づくり補助金100万円を予算計上しております。
 以上、住民生活の向上に必要であり、かつ迅速に対応すべき事業においては、当初予算で計上したものであります。
 次に、国民健康保険事業特別会計についてでありますが、予算総額は81億6,350万円、対前年度2億150万円の増であり、その要因としては、保険給付費の増加によるものであります。
 次に、国民健康保険天満診療所特別会計であります。予算総額は1億6,270万円、医療機器の買いかえ、職員退職金などで、前年度より2,730万円の増となっております。
 次に、住宅新築資金等貸付金特別会計であります。予算総額は5,600万円で、公債費の減少により、前年度より1,120万円の減となっております。
 次に、下水道事業特別会計についてであります。予算総額は21億6,120万円、対前年度3,410万円の増であり、引き続き、下水道事業の推進を図るものであります。
 次に、駐車場事業特別会計であります。予算総額は4,400万円、維持管理経費などで前年度より110万円の増となっております。
 次に、介護保険事業特別会計についてであります。予算総額は46億1,800万円、介護給付費の増加により、前年度比較で2億7,290万円の増となっております。
 次に、後期高齢者医療保険事業特別会計でありますが、予算総額5億4,820万円であり、県広域連合負担金の増加により、対前年度1,120万円の増となっております。
 なお、老人保険医療事業特別会計につきましては、平成22年度末をもちまして廃止するものであります。
 次に、水道事業会計であります。予算総額は、収益的支出と資本的支出の合計で25億8,116万円、前年度より1,811万8,000円の減となっております。配水管布設工事費など4億5,353万円を予算計上し、水道施設の整備等に努めるものであります。また、今後10年間における水道事業計画を策定すべく、水道ビジョン策定費として500万円を予算計上しております。
 次に、市立病院事業会計についてであります。予算総額は、収益的支出と資本的支出の合計で72億9,819万5,000円、前年度より9,445万2,000円の増額となっております。市立病院改革プランのもと、収支の均衡、不良債務の解消などを目指して、積極的に取り組んでいくものであります。
 また同時に、医療のさらなる充実を目指し、集中治療室でありますHCU7床の新設工事費として3,492万1,000円、医療機器購入費9,923万4,000円を予算計上しております。
 以上、一般会計をはじめとする全会計につきまして、その概要をご説明申し上げた次第であります。
 続きまして、議第11号から議第17号までの平成22年度補正予算案についてご説明を申し上げます。
 一般会計補正予算におきましては、総額14億7,095万4,000円の増額補正となっております。主な内容といたしましては、(仮称)土庫認定こども園建設に係る工事費、備品購入費として2億5,325万円を予算計上し、平成24年4月の開園を目指すものであります。
 また、地域活性化交付金事業として、公共施設の補修工事、学校図書の充実など、5,890万円を予算計上しております。
 その他の所要分として、職員退職金の追加6億9,821万3,000円、国保会計・病院事業会計への繰出金として3億6,572万1,000円などの予算措置を講じております。
 その財源といたしましては、国・県支出金、退職手当債などを確保いたし、収支の均衡を図っております。
 次に、国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、3,654万2,000円の減額補正であり、共同事業拠出金など、今後の決算見込みを勘案したものであります。
 次に、住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算では、貸付金の繰上償還及び借換債の許可に伴い、長期債償還元金において3,317万2,000円を増額するものであります。
 次に、下水道事業特別会計補正予算では、1,306万9,000円の増額補正であり、流域下水道維持管理負担金の増、及び事業の進捗を勘案して予算の組み替えを行うものであります。
 次に、後期高齢者医療保険事業特別会計補正予算では、県広域連合負担金の精算分として55万3,000円を増額するものであります。
 次に、水道事業会計補正予算においては、今年度よりの水道料金の値下げに伴い、水道事業収益で3,800万円、水道事業費用において2,415万円の減額補正を計上しております。
 次に、病院事業会計補正予算においては、収益的支出、資本的支出の合計で8,149万4,000円の増額補正であり、看護専門学校教員の退職金2,534万8,000円、地域活性化交付金を活用しての病院西館1階廊下の改修工事費1,300万円などを予算計上する次第であります。
 続きまして、条例案件についてご説明を申し上げます。
 議第18号大和高田市職員定数条例の一部改正についてであります。市立病院における職員定数を35人増とし、看護体制の充実を図るものであります。
 次に、議第19号大和高田市の職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてであります。法改正に準拠し、一部、非常勤職員においても育児休業等が取得できる規定を定めるものであります。
 次に、議第20号大和高田市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正であります。民生委員会推薦会の委員など、5つの審議会等委員報酬の支給について、年額制から日額制に変更するものであります。
 次に、議第21号大和高田市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正でありますが、県教職員に準じ、高田商業高校教諭の部活動指導手当を現行の2,400円から3,000円に引き上げるものであります。
 次に、議第22号大和高田市心身医療費助成条例の一部改正についてであります。県条例の改正に準拠し、県外から転入された医療費助成の該当者に対し、助成期間の空白が生じないよう、制度の見直しを行うものであります。
 次に、議第23号大和高田市国民健康保険条例の一部改正であります。現在支給されております出産育児一時金42万円を、新年度以降、恒久化するものであります。
 次に、議第24号大和高田市国民健康保険税条例の一部改正でありますが、地方税法の改正により国保税の課税限度額が4万円引き上げられ、現行の限度額69万円から73万円に改定するものであります。
 次に、議第25号大和高田市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理に関する条例及び大和高田市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等に関する条例の一部改正であります。土地占有者等において、不適正な廃棄物を発見したときの通報に関する規定、及び引用の条項の整備を行うものであります。
 次に、議第26号大和高田市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部改正でありますが、農業委員の定数を2名削減し、現行の16名から14名へと改正するものであります。
 次に、議第27号大和高田市公民館条例の一部改正であります。社会教育の効率的な運営を図るため、公民館運営審議会を廃止し、社会教育委員の会議に統合するものであります。
 続きまして、議第28号から議第31号につきましては工事の契約案件であります。(仮称)土庫認定こども園新築工事2億3,625万円、浮孔小学校耐震改修工事4億5,339万円、片塩小学校耐震改修工事3億9,900万円、並びに片塩中学校耐震改修工事3億4,944万円の工事請負契約の締結に当たり、条例の規定に基づき議決を求めるものでございます。
 次に、議第32号訴訟の提起であります。サンライズ市営住宅への不正入居者に対し、市営住宅の明け渡しなどを求めて、所定の手続をとるものであります。
 最後に、議第33号並びに議第34号につきましては、総合福祉会館、高田温泉さくら荘を引き続き社会福祉協議会に指定管理するものであります。
 以上、ただいま一括上程になりました議案につきまして、その概要を申し上げた次第であります。よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) おはかりいたします。本日の会議はこれで打ち切り、あすから3月6日まで休会し、3月7日に再開いたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) ご異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これをもって延会いたします。
           午前10時32分延会