議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 大和高田市

平成22年12月定例会(第2号) 本文




2010.12.02 : 平成22年12月定例会(第2号) 本文


           午前10時開議
◯議長(朝井啓祐君) ただいまより、平成22年12月大和高田市議会定例会を再開いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) これより本日の会議を開きます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第1 議第64号平成22年度大和高田市一般会計補正予算(第4号) 外 1 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 日程に入ります。
 日程第1、議第64号平成22年度大和高田市一般会計補正予算(第4号)及び議第71号の2議案を一括して議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
 8番上田浄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(上田浄君) 議第64号平成22年度一般会計補正予算歳出の教育費についての質疑を行います。
 学校耐震補強工事の予算といたしまして、13億3,547万9,000円が計上されました。片塩小学校、片塩中学校、浮孔小学校の3校を対象としたものですが、これらの校舎は、市内で最も老朽化しており、いずれも昭和40年代に建てられたものであり、40年以上経過した学校施設であります。
 そこで、今般の工事が緊急性のある耐震補強工事のみを実施するものだとしたら、少し疑問が残ります。一般的には、学校施設の耐震補強工事と同時に徹底した大規模改造工事に順次取り組まれていくのが通常のあるべき姿であります。安心して子どもを学校に通わせることができる学校施設をぜひとも実現していきたいというのが我々の願いであります。
 さらに、市民の希望と夢でありました近代的できれいな学校への建替え工事が耐震補強工事にすりかえられているような気がしております。
 以上の点について、市長はどのように考えられているのでしょうか。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 教育委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育委員会事務局長(吉村和則君) 8番上田浄議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 学校施設の経年劣化による老朽化は、年々進んできているのが現状でございます。近年は、児童生徒の安全・安心な学校施設の環境づくりから耐震補強工事を最優先させて工事を進めておりますが、この耐震補強工事とあわせて国庫補助対象となる大規模老朽改修工事を行う予定でございます。また、学校施設につきましては、毎年定期的に点検しながら維持補修に努めております。
 今後も学校施設整備を計画的に進める予定でございますので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 8番上田浄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(上田浄君) 先日も和歌山を震源地とする大きな地震がございました。ともかくも、急いでこのような耐震補強工事をしなきゃならないことはわかります。順次、古い校舎を学校施設の耐震工事、またそれにあわせた近代的な学校施設の工事を計画的に実施していただくよう切にお願いいたします。
 ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) ほかにありませんか。
 5番稲葉吉彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(稲葉吉彦君) 同じ問題のところで質問をしたいと思うんですが、これは、耐震化に耐える校舎をつくるというのは緊急の課題です。しかも、各学校の校舎及び体育館というのは、そういう台風時などの、あるいは災害時などの市民の緊急避難場所にもなっているわけで、その避難場所が耐震化に耐えられないと。これでは何のために避難場所にしているのかわからないと、こういうことになるわけです。そういうこともありまして、今般、これは特例的な扱いで、文部科学省が、国庫としては3分の2を補助すると。通常2分の1という補助を引き上げたと、こういう経緯があります。私たちは、これでもまだ不十分だというふうに思うんですが、しかし、それは一定の改善がされたわけでありますが、問題は、これが23年度で終わってしまうということなんです。あとはまたもとどおり、そのままでいきますと、2分の1に下がってしまうと。こういうことになるわけで、これはやはり高田市の状態から見ましても、その間に全部耐震工事が終わるというふうにはなりにくいわけでありますから、2分の1に戻るということは、財政負担がそれだけ大きくなるということにもなるわけです。
 それで、ちょっと市長にお聞きしたいんですが、こういう重要な問題について、市長は現在、奈良県の市長会の会長をされておられるわけですが、市長会としては、国に対して何らかのアクションを起こす、要望を出すと、こういうことで取り組まれているのかどうか、その点について質問したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 教育委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育委員会事務局長(吉村和則君) 5番稲葉議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 学校施設耐震化の補助率引き上げは、平成20年から3か年の特別措置となっております。しかしながら、全国において国が示す耐震化率はいまだ達成されておりません。この状況を受けて、耐震化の加速策が延長されるよう、本年度当初より各団体において全国的な規模で運動を行っていただいております。近畿市長会におきましては、平成22年5月に耐震化施策の延長要望がまとめられ、6月の全国市長会総会において決議、国会議員及び文部科学省に重点要望として提出され、要請活動を行ってまいりました。また、全国公立学校施設整備期成会におきましても、6月に市長会と同様の決議がされ、今日に至るまで継続的に要請運動を行っているところであります。
 奈良県におきましても、同様の要請が関係省庁に行われました。本年11月に再度、近畿市長会から支部提案として全国市長会へ要望がされており、各団体におきまして国への要請活動を継続して行っていただいております。
 今後、国の動向に注視しながら対処してまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 5番稲葉吉彦委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(稲葉吉彦君) 今お聞きしますと、かなり市長会としては強力に国に対して働きかけをしていただいておるという点は安心しましたし、その市長らのご努力に対して敬意を表したいと思います。
 同時に、それは一生懸命やっていただいているんですが、あと、高田で、校舎は大体基本的に完了したと、補正予算で完了するとお聞きしているんですが、体育館が残るところがあると聞いているんですが、どことどこが残りますか。それをお聞きして質問を終わりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 教育委員会事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育委員会事務局長(吉村和則君) 体育館は、8小学校ございまして、IS値0.3以上のところは高田小学校、そして、土庫小学校がIS値0.3以上で今のところ大丈夫ということでございます。6校ございまして、今回、片塩小学校の校舎と同時に片塩小学校の体育館を行いますので、残り5校の小学校の体育館を今後整備していかなければならないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) ほかにありませんか。
 13番植田龍一議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(植田龍一君) 議第71号審議会等の会議の公開に関する条例についてお伺いいたします。
 本年3月の予算特別委員会にて審議会等の会議の開催回数、委員の報酬、年額、月額、日額など、公開・非公開と、その理由などについて説明をいただきました。議会からの指摘事項につきましては、その後検討していただくとのことでしたが、このたび審議会等の会議を公開にするという条例が提案されました、各種審議会、委員会、協議会など、会議の種類はたくさんありますが、この審議会等の範囲は、どのようになっているのでしょうか。「等」に入るもの、入らないものをお示しください。例えば、農業委員会であるとか教育委員会、緑化推進協議会などは、この「等」に入っているのかどうか。これらの市から委員に対して報酬が出ている会議については、原則この範囲に入れ、公開にしていかなければならないと考えますが、いかがでしょうか。
 また、その中で、非公開の規定はどのようになっているのでしょうか。非公開にしなければならないのはどういったものがあるのか、条例にも書かれておりますが、わかりやすくお示しください。そして、これらの会議の公開での開催に当たり、市民への周知の方法は、どのようにお考えなのか、お伺いいたします。原則として、市の広報に載せていただくことは可能なのでしょうか。
 以上よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(高橋信夫君) 13番植田龍一議員のご質問にお答え申し上げます。
 本年3月議会でのご指摘を踏まえまして、早速4月以降で会議を公開しているものもございますが、今回、条例という形で法制的な整備を行うものであります。この条例案にて対象となる審議会等は、現在34ございますが、教育委員会等の行政委員会につきましては、法令等の規定によりそれぞれの会議規則の中に公開・非公開について規定されておりますので、これらはこの条例案の対象からは除かれております。なお、その他の会議につきましても、この条例に準じて公開を目指していきたいと考えております。
 次に、条例案に示しております公開・非公開についてでありますが、審議会等の会議につきましては、原則公開といたします。しかしながら、会議の内容が、不服申立、苦情、あっせん及び調停にかかるものについては非公開といたし、個人情報や権利・利益を害するおそれのある場合については非公開とすることができるとしております。
 次に、市民への会議の開催の周知方法についてでありますが、市ホームページ及び市広報誌に会議の開催情報欄を設ける。市庁舎1階ロビーに掲示板を設けるなど、できる限り市民の目に触れる機会をつくるよう現在考えているところであり、各行政委員会においても会議の周知方法について工夫していただけるよう働きかけていきたいと考えております。
 以上、よろしくご理解賜りますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 13番植田龍一議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(植田龍一君) ご答弁ありがとうございます。34の審議会がこれに当たると、また行政委員会とかで今回の条例に入らないものもあるということでしたが、また、非公開について、特定の個人情報を審議する場合など、情報公開条例に沿った内容だということです。周知方法につきましては、市のホームページや広報誌に会議の開催情報欄を設けていただき、市役所1階のロビーにも掲示板を設けていただけるということです。この条例の目的は、第1条に、市民の知る権利を尊重し、審議会等の会議を公開することにより透明かつ公正な会議の運営を図るとともに、市民の市政に対する理解と信頼を深め、もって市民参加による開かれた市政の実現を一層推進することとあります。今までのようにホームページだけでは一部の市民にしか伝わらず、インターネットを使われない市民には全く開かれていないということになります。市民の知る権利を尊重するという目的を果たすためにも、急に開かなければならなくなるような会議以外は、先ほどご答弁いただいたとおり、会議の開催予定を毎月広報誌で示していただきますようにお願いしたいと思います。また、農業委員会や教育委員会など、今回の条例に含まれない会議につきましても、同様に周知していただけるという、努力していただけるということでしたが、これらにつきましても、同じようにこの広報のところに載せていただきますようにお願いしたいと思います。また、詳しくは総務財政委員会にて審議されると思いますので、そのときに委員さんから質問が出ると思いますが、これらが公開になれば、市民からより一層会議の開催回数や委員の人数、報酬額、出席状況なども注目されると思います。34の審議会の種類と月額、年額で報酬が支払われている会議の開催回数や委員の人数、報酬、出席状況など、総務財政委員会までにこれらの資料をお示しいただけますようにお願いいたしまして、質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) ほかに質疑もないようですので、本件2議案は総務財政委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第2 議第66号平成22年度大和高田市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 外 3 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、日程第2、議第66号平成22年度大和高田市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)ほか、議第67号、議第68号及び議第73号の4議案を一括して議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 質疑もないようですので、本件4議案は民生文教委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第3 議第65号平成22年度大和高田市下水道事業事業特別会計補正予算(第2号) 外 4 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 次に、日程第3、議第65号平成22年度大和高田市下水道事業事業特別会計補正予算(第2号)ほか、議第72号及び議第74号から議第76号までの5議案を一括して議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 質疑もないようですので、本件5議案は環境建設委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) 以上で本日の日程は終了いたしましたので、これで散会し、あす3日から12月8日まで休会とし、12月9日に再開いたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(朝井啓祐君) ご異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
           午前10時19分散会