議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 大和高田市

平成21年5月臨時会(第1号) 本文




2009.05.29 : 平成21年5月臨時会(第1号) 本文


           午前10時5分開会
◯議長(島田保継君) ただいまから、平成21年5月大和高田市議会臨時会を開会いたします。
 本日、議会が招集されましたところ、議員各位には、何かとご多用の中出席を賜り、厚く御礼申し上げます。どうかご精励をいただきますとともに、議事運営に格段のご協力をお願い申し上げます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 市長より招集のあいさつがございます。吉田市長。
           〔市長(吉田誠克君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(吉田誠克君) 本日、臨時会を招集申し上げましたところ、議員各位には、何かとご多忙の折、ご出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 今回の臨時会におきましては、人事院勧告の実施に伴います条例案件1件を上程しております。
 何とぞよろしくご審議をいただき、議決を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会のあいさつといたします。よろしくお願いをいたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) この際、閉会中において、所管事項の調査として議会運営委員会が開催されておりますので、報告を受けます。議会運営委員会委員長、13番植田龍一議員。
           〔議会運営委員会委員長(植田龍一君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会運営委員会委員長(植田龍一君) 平成21年5月第3回大和高田市議会臨時会の開催に当たり、去る5月20日に開催いたしました議会運営委員会の結果は、お手元に配付の運営予定表のとおりでありますので、説明を省略させていただきます。
 次に、大和高田市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正についてを議会運営委員会のメンバーで本日提出させていただくことになっておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上、報告といたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) これより、本日の会議を開きます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
会議録署名議員の指名について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により
     5番  稲 葉 吉 彦 議員
     6番  堂 本 正 信 議員
     7番  友 田 順 子 議員
の3人の諸君を指名いたします。ご了承願います。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
会期の決定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 次に、会期についておはかりいたします。
 本臨時会の会期は本日1日といたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ご異議なしと認めます。よって、会期は1日と決定いたしました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 次に、本臨時会に地方自治法第121条の規定により出席を要求いたしました者は、お手元に配付の要求書の写しのとおりであります。ご了承願います。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第1 議第39号一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) これより、日程に入ります。
 日程第1、議第39号一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略して、市長の説明を求めます。吉田市長。
           〔市長(吉田誠克君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(吉田誠克君) ただいま上程になりました案件につきまして、ご説明を申し上げます。
 議第39号一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正であります。
 現下の社会情勢を踏まえ、本年5月1日に人事院より、6月期の期末・勤勉手当につきまして、支給月数を暫定的に引き下げる旨の勧告が出されたところであり、本市におきましても人事院勧告どおり実施するものであります。
 一般職につきましては、国に準じ、期末・勤勉手当の支給月数を現行の2.15か月から1.95か月へと0.2か月、暫定的に引き下げるものであり、また、特別職においても、期末手当の支給月数を現行の1.60か月から1.45か月へと0.15か月、暫定的に引き下げるものであります。
 以上、よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 議第39号についての質疑を行わせていただきます。
 今回の一般職の職員の給与等に関する条例については、これは人事院勧告をそのまま各自治体に持ち込む傾向が全国的にもあり、各自治体が独自に対応することにはなっておりません。公務員の労働基本権制約の代償機能を果たすために設けられました人事院勧告については、国家公務員に対するものであり、この勧告をそのまま本市をはじめ各自治体に持ち込むことには問題があると私たちは考えております。各地域における社会的・経済的状況は異なるものであり、住民の生活実態も当然に異なってきます。とりわけ本市では、職員給与の一律3%カット、そして、地域手当のカットが現在も行われています。こうした状況を十分に検討した上で、本市が独自の視点で提案したのかどうか、その経過について明らかにしてください。
 また、職員給与については労使合意があるかどうかが重要だと考えますが、その点についてはどのような話し合いが行われたのか、これについてもお尋ねをいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(高橋信夫君) 太田議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 まず、職員の給与削減が行われている状況を検討した上で、条例改正を提案されたのかとのおただしでございますが、ご承知のとおり、現在、本市におきましては、集中改革プランのもと、職員一丸となって財政の健全化に取り組んでいるところであります。その中にありまして、職員給与等につきましても削減を行っている状況ではありますが、今回の人事院勧告は現下の大変厳しい市民生活の実態を踏まえた勧告である趣旨を尊重し、本市におきましてもこの勧告どおり職員の本年6月期の期末・勤勉手当について0.2か月分を凍結することとしたものであります。
 なお、このことにつきましては、同様の奈良県人事委員会の勧告も参考にしたところであります。
 次に、労使間で職員給与についてどのような話し合いが行われてきたのかとのおただしでございますが、今回の人事院勧告を受け、市職員組合とは再三話し合いの場を持たせていただきました。そして、最終的には両者において一定の合意となったところであります。
 今後とも、職員の給与をはじめ、待遇や職場環境のあり方等について、両者間での協議を基本として対応してまいりたいと考えておりますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) よろしいですか。
 ほかにありませんか。2番西村元秀議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2番(西村元秀君) 私の方からちょっと質疑をさせてもらいたいなというふうに思います。一応、給与のことですので、給与の関係のことからいろいろとご質問させていただきたいなと。
 まず、先ほど太田議員からも言われましたように、市職員さんの給与につきましては、基本給が3%、そして、地域給がゼロということで、また、管理職手当も減額されているというような中だというように聞いておりますけども、この中で、多分ここら辺には定期昇給制度という意味があると思いますけども、まずは根本的に定期昇給というのはどういうようなお考えをお持ちなのか、また、地域手当、地域給というのはどのようなお考えを持っていただいているのか、お聞かせ願いたいなというようなことでございます。
 2点目ですけども、財政健全化という中で、集中改革プランの中で定員の適正化ということで、大変職員さんが減らされているという中で、平成19年度からこれは多分計画がなされたと思いますけども、これは、計画の中では平成22年度には613名ですか、これを計画されていたと思いますけども、この達成率を見ますと、平成20年度には613名ということで、大変な前倒しで行われたということでございまして、ほんなら、予測としては平成22年度には554名ということで、これぐらい職員さんが減っていくという中で、多分、職員さんの仕事量につきましても1.5倍からそのようになって、また、市民サービスの向上に向け、精いっぱいの取り組みを職員さんがやっているというような状況ではないかなというような思いでございます。その中で、やはり、市職員さんのやりがいの方策としてどのようなお考えを持っておられるのかということと、やはりこれだけ削減することによって、人員につきましては目標を達成できたのであれば、やはりその目標に向かっていった職員さんの労苦に報いるためにも賃金の方にはね返さすということも考えなければいけないかなというような思いでございます。
 また、給与の面で特別管理職さんがいろいろなことで減額されているということで、今回の交渉におきましても何か不平等なことがあったように聞かされておりますけども、まあ言うたら、同じように、私は、課長さんなり次長さんなり部長さんには同じサラリーマンである以上、やはり同じような待遇をしなければいけないかなというような思いでおります。
 もう1点は、さきほど述べさせてもらいましたように、やりがい方策の中で、これから管理職さんの賃金については格差を設けなければ、課長に手を挙げるとか、私はなりたいという人がだんだん少なくなってくるのではないかなというような思いでおります。そこら辺の考えをよろしくお願いしたいなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(高橋信夫君) 西村議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 1点目の定期昇給と地域手当のことでありますけども、定期昇給につきましては、職員の年数と経験、それと、年数がたつことによりましていろいろ子ども等、生活がありますから、そういうところから定期昇給という形で、年々上がっていく仕組みになっております。それと、地域手当につきましては、高田市の一般的労働者の賃金水準を見まして、国との本来の基準との差につきまして地域手当で調整するものであります。
 それと、2点目のご質問でありますが、まず、定員適正化計画でありますけども、平成22年の4月を目標とする現在の定員適正化計画につきましては、平成20年4月に達成をしたところであります。この達成に向けましては、集中改革プランのもと、組織の見直し、あるいは業務の見直し、また、職員の意識改革によるところであると思います。それと、職員の給与につきましても、現在、職員のご理解のもと独自の抑制策を講じているところでありますけれども、現下の厳しい経済社会情勢を受け、人事院勧告がマイナス勧告されるという状況である中、職員のやる気、あるいは職員の士気の向上につきましては、本市を取り巻く行財政状況の環境等を見た場合、さらなる改革を進めていかなければならないという状況であること等を考え合わせまして、また、市民サービスを低下させないということを基本姿勢として総合的に検討してまいりたいと考えております。特に管理職員につきましては、これらの状況を十分理解していただき、管理職としての自覚をさらに強めていただき、率先して改革に取り組んでいただくことが将来の高田市、また、職員の処遇改善等につながるものと思っておりますので、その辺、よろしくご理解のほどお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 2番西村元秀議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2番(西村元秀君) どうもありがとうございました。もう質問はしませんけども、要望だけで終わりたいなというように思いますけども、まずは、先ほど、人員適正化計画の中で、やはりこれだけ目標が達成したのであれば、あめとむちとは違いますけども、少しは還元をしなくてはいけないかなというふうに思います。
 先ほど定期昇給でいろいろ答えられましたけども、本来、定期昇給というのは、100人の従業員がいると、5人がやめると新しい人が5人入るということで、定昇というのは全然、人件費は余り変わらない、総額は変わらないということだけ認識をしていただきたいということでございます。
 言いましたように、やはり、これだけ人数が減るということは、何かが効率化されたかもわかりません。しかしながら、市民の意見等がだんだん多様化している中で、そのことにこたえるには、やはり職員さんの賃金を上げるということが一番大事かなというように思いますので、そこら辺のことをもう1度検討をお願いしたいなというような思いでございますので、よろしく。
 また、管理職さんにつきましても、やはり、何らかのメリットがなければ、これから育っていかないかなと思いますので、そこら辺の差の方もきちっとつけることによって、「私はなりたい」と、やる気を持って言い切れるのではないかなというような思いでございますので、よろしくお願いしたいなというように思います。
 また、8月に人事院勧告があると聞いていますので、そのときに十分に今までのこのような集中改革プランに職員が一丸となって頑張っていることを認識しながら、やはりきちっとした検討をお願いしたいというように思いますので、これで質問を終わらせていただきます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ほかにありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ほかにないようですので、本件は委員会付託を省略して審議をいたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ご異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。
 これより討論に入ります。
 討論はありませんか。4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 日本共産党市議団を代表いたしまして討論いたします。
 今回行われました一時金カットという異例の人事院勧告は、これは与党が求めていたもので、人事院が政治的圧力に追随し、内需拡大による景気回復に逆行するものである、このように考えております。
 先ほども言いましたように、人事院制度は公務員の労働基本権剥奪の代償として、第三機関として公正な立場から国家公務員の労働条件の改善に取り組む機能を果たすべき役割が課せられています。こうした任務をないがしろにして政治的圧力に屈したこの事実は見過ごすことができません。公務員の一時金削減は、中小企業の賃金抑え込み、地域別最低賃金の審議にも冷や水を浴びせるものと言わなければなりません。
 今回の人事院勧告に歩調を合わせるように、奈良県の人事委員会も同様の勧告を行いました。県下の自治体においても、この一時金カットが持ち込まれることになります。質疑でも述べましたが、一般職の職員の給与等に関する条例については、全国的にも人事院勧告をそのまま各自治体に持ち込む傾向があり、本市も例外ではありません。これは、人事院勧告については、国家公務員に対するものであり、この勧告をそのまま各自治体に持ち込むというのは非常に問題があると思います。とりわけ本市におきましては職員給与の3%カット、そして、地域手当の削減がすでに行われております。このように各地域における状況は異なるものであり、住民の生活実態も異なります。日本経済にとって内需の拡大による景気回復が求められている状況のもとで、そのための政府補正予算が提出される。その一方で、内需を冷やす一時金削減を前倒しで行うことは、極めて矛盾した態度と言わざるを得ません。
 こうした理由から、議第39号については反対であることを表明して討論を終わります。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ほかにありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ほかに討論もないようですので、これより本件を採決いたします。
 おはかりいたします。本件は原案どおり可決することに賛成の諸君は起立願います。
           〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案どおり可決することに決しました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第2 発議第2号大和高田市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正につ
     いて

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 次に、日程第2、発議第2号大和高田市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 議案の朗読を省略して、提案者の説明を求めます。議会運営委員会委員長、13番植田龍一議員。
           〔議会運営委員会委員長(植田龍一君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会運営委員会委員長(植田龍一君) ただいま上程になりました発議第2号、大和高田市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正については、本年5月1日に人事院より6月期の期末手当及び勤勉手当につきまして、支給月数を暫定的に引き下げる旨の勧告が出されたところであり、本市議会議員の期末手当についても支給月数を現行の1.60か月から1.45か月へと0.15か月引き下げるものであります。
 どうぞよろしくご審議のほどお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) これより質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 質疑もないようですので、本件は委員会付託を省略して審議をいたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ご異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。
 これより討論に入ります。
 討論はありませんか。4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 日本共産党市議団を代表いたしまして討論させていただきます。
 この議員報酬についても、発議ということで、人事院勧告に伴い、引き下げが提案されております。日本共産党市議団といたしましては、これまでいろいろな機会を通じて議員報酬の引き下げを訴えてまいりました。公務員給与は民間企業の賃金、また、最低賃金など日本経済全体への影響がありますが、議員報酬についてはそのような心配はないと考えます。
 こうした理由から、今回の発議については賛成であることを明らかにして討論といたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ほかにありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ほかにないようですので、本件を採決いたします。
 おはかりいたします。本件は原案どおり可決することにご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決いたしました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 以上で日程は終了いたしました。
 この際、おはかりいたします。お手元に配付しております閉会中の継続調査申し出一覧表のとおり、各委員長より継続調査申し出書が提出されております。申し出どおり決することにご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) ご異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 以上で、本臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしましたので、これで閉会いたしたいと存じます。
 議員各位におかれましては、ご精励をいただき、厚く御礼申し上げます。各執行機関におかれましては、議会の意思を十分尊重の上、市政を執行されますよう要望しておきます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) 市長の閉会のあいさつがございます。吉田市長。
           〔市長(吉田誠克君)登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(吉田誠克君) 臨時会の閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。
 提案いたしました案件につきまして議決を賜りましたことに、心から厚く御礼を申し上げます。また、このたび、議員提案により、期末手当において減額措置を講じていただき、ここに敬意を申し上げる次第であります。
 なお、来月におきましても定例市議会が予定されており、今後とも議員各位のより一層のご協力をお願い申し上げ、簡単ではございますが、閉会のあいさつといたします。
 ありがとうございました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(島田保継君) これをもって、平成21年5月大和高田市議会臨時会を閉会いたします。
           午前10時30分閉会


本会議録の正当なることを証明するため、ここに署名する。

                  議 会 議 長    島  田  保  継
                  署 名 議 員    稲  葉  吉  彦
                  署 名 議 員    堂  本  正  信
                  署 名 議 員    友  田  順  子