議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 大和高田市

平成21年3月定例会(第3号) 本文




2009.03.10 : 平成21年3月定例会(第3号) 本文


           午前10時開議
◯議長(植田龍一君) ただいまより、大和高田市議会3月定例会を再開いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) これより、本日の会議を開きます。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第1 議第1号平成21年度大和高田市一般会計予算 外 20 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 日程に入ります。
 日程第1、議第1号平成21年度大和高田市一般会計予算ほか、議第2号から議第11号まで、議第20号、議第21号、議第23号、議第25号、議第26号及び議第31号から議第35号までの21議案を一括して議題といたします。
 これより、質疑に入ります。
 議事の進行上、一般会計の歳入について、質疑はありませんか。4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 歳入について質問させていただきます。
 国の補正予算で地域活性化・生活対策臨時交付金が6,000億円規模、雇用対策で4,000億円規模で準備され、具体化が進んでおります。年度末にこれだけの規模で補正予算の対応は、地方自治体としても近年例がないのではないでしょうか。これについては、また総務財政委員会で議論されることと思います。今回、2009年度予算を見ましても、地方交付税の1兆円の増額措置がとられております。無条件の1兆円の増額とは言えませんが、小泉内閣の三位一体の改革での地方財政の締めつけ、削減路線そのままからは手直しを施したものとなっております。
 本市としても、地方交付税が昨年度と比較いたしまして、1億7,000万円の増額となっております。それだけにこの補正予算、そして2009年度予算での財政措置を有効に活用する。そして、住民の暮らしを守り、要求を実現するためには、これまで以上に積極的な姿勢で臨み、知恵と力を発揮することが市としても求められると思います。
 そこで、本市としまして、補助制度を活用して11名を最長半年間、臨時雇用し、市内防災倉庫の点検・修理、幼稚園の補助などに活用すると、このようになっておりますが、この内容についてもう少し詳しく教えてください。また、どのような経過で決まったのかも教えていただきたいと思います。
 これまで、行政側が人件費がかかり財源がないという理由でできなかった事業を積極的に今後展開していただきたいと思います。この交付金の基金は2011年度までの期限ですから、すぐに取り組むと同時に新年度以降の要求も柔軟にくみ取るべきだと考えますがいかがでしょうか。この点についてお聞きしたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(木下安松君) 太田議員さんの緊急雇用創出事業について、ご質問にお答え申し上げます。
 本事業は、雇用情勢が下降局面にある中、企業の雇用調整などにより解雇や継続雇用の中止による離職を余儀なくされた非正規労働者、中高年齢者などの生活の安定を図るため、自治体が民間企業、シルバー人材センター等に事業を委託し、次の雇用へのつなぎとして一時的な雇用・就業機会の創出を行う事業でございます。
 この財源につきましては、国よりの交付金を県において基金として、県の直接実施や対象自治体への100%補助を行うものであり、事業費に占める対象者の人件費割合が8割以上であること、雇用就業期間が6か月未満であることが要件となっております。
 ご指摘の防災倉庫資機材整理及び修繕事業の雇用についてでございますが、緊急雇用創出の具体的な事業イメージに照らし、防災への取り組みとして平成8年から平成10年にかけて設置いたしました市内22か所の防災倉庫の点検を行ったところ、応急修理をしております扉の修復をあわせて、災害時における資機材を迅速に活用していく上で、倉庫内に整理棚を設置し、防災資機材を再度整理していく必要が生じましたことから、今回この経費として人件費3名を22日間雇用いたしまして44万9,000円と原材料費11万円を予算計上させていただいているところでございます。
 また、教育委員会におきましても、実社会で豊富な経験を有し、幼稚園教育に携わるためにふさわしい資質と能力を備えた社会人を市立幼稚園の非常勤職員に雇用する経費といたしまして、人件費8名を6か月継続雇用、749万8,000円と需用費8園、40万円を予算計上させていただいております。
 園行事をはじめとする子どもたちのさまざまな教育活動に、豊かな社会経験を生かしていただけるよう雇用対策を図ってまいります。
 次年度以降につきましても、この基金を活用し市民サービスの向上につながる雇用対策に努めてまいりますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 答弁いただきまして、私はこの点で本当に大事だなと思うことは、今回のこの補助制度なんですけれども、単に雇用対策というふうに狭くとらえるんではなしに、やはり、雇用対策イコール、マンパワー事業の拡大と創出というふうにとらえるということが、非常に大事ではないかなというふうに思います。
 マンパワー事業の最たるものは、お年寄りや子どもや障害者、こうしたところに対する福祉の仕事、また共有といった分野だと思います。
 先ほども質問で言いましたように、これまで行政側が財源がないということでできなかった事業を今後さらに展開をしていただきたいと思いますし、先ほども答弁がありましたけれども、今後も柔軟に対応していただくような旨の答弁もいただきましたので、また、詳しくは予算特別委員会の中で議論をしていきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君)  歳入についてほかに。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ないようですので、次に歳出について質疑はありませんか。4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 歳出について質問させていただきます。
 今回、JR高田駅におきまして、高齢者・障害者などの移動の円滑を図るため、交通事業者が実施するエレベーターの新設の3基に対しての補助として21年度、1基の設置に1,250万円、そして22年度、2基の設置に2,500万円、それぞれ事業費の6分の1、補助することになっております。国や県からの補助は一体どうなっているのか、また、これから高齢化社会を迎えるに当たって、これまでも公民館にエレベーターを設置してほしいといった要求など、さまざまなバリアフリーに対する市内への要望が出されております。
 公共施設や道路のバリアフリーについて、市としてどのようにお考えなのか、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 環境建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境建設部長(木綿谷弘之君) 太田議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 人にやさしい鉄道駅整備事業は、交通事業者が行う福祉整備に係る設備投資に対して支援を行い、鉄道駅のバリアフリー化を促進するものでありまして、国庫補助採択基準は、おおむね1日当たり5,000人以上の利用者のある既存の鉄道駅が対象となっております。また、この事業は、国、県、市の協調補助が原則となっておりまして、補助率は国が3分の1、県及び市がそれぞれ6分の1でございます。
 平成21年度はJR高田駅の東側に1基のエレベーターを設置しました。さらに平成22年度には、駅構内におきまして残りの2基のエレベーターの設置を予定しております。市の補助限度額は、さっき議員さんのほうからお話ありましたように1基当たり1,250万円となっております。
 次に、道路等のバリアフリー化についてでありますが、高齢者・障害者等の利便性及び安全性の確保を図るため、今後は旅客施設を中心とした地域より、市道及び市の管理道路等における要改修箇所の調査を行いまして年次計画を策定した上、道路維持費の予算にて安心安全の歩行空間の確保に向け、検討してまいりたく考えておりますので、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) ご答弁いただきましてありがとうございます。
 さきの近鉄大和高田駅の整備事業でございますけれども、これは総事業費が約34億3,000万円のうち、本市の負担が約5億5,000万円と大体16%。今回もJRにエレベーターを設置する際には、16.6%と、このJRの事業に本市が補助をするような、こういう形になっております。
 他の市町村などでは、駅の改修に市単独で財源をまかなわなければならないといったことも聞いておる中で、今回、財政難の中、このような形でこの補助事業として算入いたしまして、できるだけ市の持ち出しを少なくして今回の事業を展開するといったやり方をこれからも引き続き検討していただきたいと思っております。
 そして、近鉄の大和高田駅やJR高田駅といった市への玄関口がバリアフリーになろうとしております。答弁にありましたように、これから改修箇所の調査を行って安心安全の歩行空間を確保できるように検討したいという答弁がありました。これからますます高齢化が進みますので、早急に検討を始めて取り組みを進めていただきたいと思います。また、この点についても予算特別委員会の中で議論していきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ほかにないようですので、次に国民健康保険事業特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、国民健康保険天満診療所特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、住宅新築資金等貸付金特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、老人保健医療事業特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、下水道事業特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、駐車場事業特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、介護保険事業特別会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、後期高齢者医療保険事業特別会計予算について、質疑はありませんか。
 4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 後期高齢者医療保険事業特別会計について質問いたします。
 今回この後期高齢者医療制度が始まって1年になります。この保険料が払えない人が全国で数十万人いるともお聞きしております。実施1年となる4月になりますと、これまではなかった高齢者からの保険証の取り上げ、これが国の制度として始まることになります。本市として、対象となる高齢者に対して、どのように対応されるのか、その点についてお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 保健部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯保健部長(杉浦實君) 太田議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 後期高齢者医療制度におきましては、災害その他、特別な事情もなく保険料を1か年以上滞納された場合には資格証明書の交付が義務づけられているところでございます。しかしながら、資格証明書の運用に当たっては、昨年6月の国の制度改正方針の中で、相当な収入がありながら保険料を納めない悪質な者に限って適用するとされているところであり、さらに国においては、全国で統一的な運用を図るため今年度末を目途に一定の基準を示すとしております。
 これらの国の考え方や基準を踏まえ、保険者である奈良県後期高齢者広域連合では、資格証明書について老人保健制度では発行していなかったことや高齢者の心身の特性を勘案する必要があること、また一方では、保険料負担の公平性と財源の確保を図る必要があることも考慮に入れ、慎重に県内統一の運用基準を定める方針と聞いております。
 本市といたしましては、今後示される広域連合の基準に沿った運用をしてまいりたいと考えておりますので、よろしくご理解賜りますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 4番太田敦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯4番(太田敦君) 先ほどご答弁をいただきましたように、老人保健では保険証の取り上げというのは原則ありませんでした。今回、後期高齢者医療制度に入りまして1年間の滞納の場合は当初、保険証の取り上げということも制度として決まっておったわけですけれども、先ほどの答弁を聞きまして、よっぽど悪質でない限りは基本的には発行するというふうに、私は受け取りましたので、ぜひともそういう運用をしていただきたいと思います。また、これについても、委員会の中でも議論していきたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ほかにないようですので、次に、水道事業会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、市立病院事業会計予算について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、条例議案5件について、質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、指定管理者の指定議案5件について、質疑はありませんか。
 8番上田浄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(上田浄君) 議長、先ほどは失礼いたしました。
 それでは、指定管理者の指定について、公明党を代表して8番上田浄が、疑問や不明確な点をただすため、質疑いたします。今議会に上程されました議案のうち、議第33号から議第35号まで共同浴場の指定管理者の1年更新の議決を求める議案に関してでございますが、私の住んでいる地域の土庫の共同浴場が本年度中に閉鎖されてしまいましたので、議案が上程されていません。他の地域の共同浴場は、このままこうして継続運営されていくのに、何ゆえ土庫共同浴場だけが廃止されてしまうのか、市の共同浴場事業の整合性という観点から、その理由をお尋ねいたしたいと存じます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 環境建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境建設部長(木綿谷弘之君) 上田浄議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 平成20年6月初旬、土庫共同浴場運営会より利用者の減少、重油の高騰等により赤字経営が続き、運営が困難であると判断されまして、閉鎖したいとの申し入れをいただきました。
 本市におきましても、今後の共同浴場のあり方、運営会の経営状況等々を総合的に勘案いたしました。土庫共同浴場運営会と協議を重ねました結果、平成20年10月末日をもちまして閉鎖といたしましたので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 8番上田浄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(上田浄君) ご回答ありがとうございました。地元運営会の財政上の理由を挙げられましたが、再度お尋ねいたします。市の共同浴場事業の整合性という観点からお尋ねいたしますが、共同浴場事業の責任主体は本市なのか地元運営会なのか、どちらでございましょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 環境建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境建設部長(木綿谷弘之君) 上田浄議員の再度のおただしでございます。
 共同運営会とは指定管理者制度にのっとりまして契約を締結いたしております。そういう中でやはり、運営の継続いかんに関しましては、やはり運営会の方のご意向に沿う形で行ってまいりたいと考えております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 8番上田浄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(上田浄君) 再度のご回答ありがとうございました。土庫共同浴場については、私は若いころよりよく利用させていただいておりましただけに愛着を持っておりました。使用料金の安さや、ときには、無料となる日もありました。土庫地域住民の方々もきっと残念がられていると思います。今でも自宅にお風呂のない方もいらっしゃるかと思います。地域住民の方々によくご理解賜るよう、周知徹底をお願いいたします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) おはかりいたします。本件21議案は、8人をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審議をいたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ご異議なしと認めます。よって、本件21議案は、8人をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託することに決しました。
 おはかりいたします。ただいま設置されました予算特別委員会の委員の選任につきましては、議会委員会条例第8条第1項の規定により
    1番  萬 津 力 則 議員   2番  西 村 元 秀 議員
    4番  太 田   敦 議員   8番  上 田   浄 議員
    9番  平 郡 正 啓 議員   10番  奥 本 英 子 議員
    11番  泉 尾 安 廣 議員   12番  島 田 保 継 議員
以上の8人の諸君を指名いたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8人の諸君を予算特別委員会の委員に選任することに決しました。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第2 議第12号平成20年度大和高田市一般会計補正予算(第6号) 外 2 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、日程第2、議第12号平成20年度大和高田市一般会計補正予算(第6号)ほか、議第22号及び議第24号の3議案を一括して議題といたします。
 これより、質疑に入ります。質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 質疑もないようですので、本件3議案は総務財政委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第3 議第13号平成20年度大和高田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号) 外 5 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、日程第3、議第13号、平成20年度大和高田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)ほか、議第15号、議第17号から議第19号まで、及び議第27号の6議案を一括して議題といたします。
 これより、質疑に入ります。質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 質疑もないようですので、本件6議案は民生文教委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第4 議第14号平成20年度大和高田市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第2号) 外 6 件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、日程第4、議第14号、平成20年度大和高田市住宅新築資金等貸付金特別会計補正予算(第2号)ほか、議第16号、議第28号から議第30号まで、議第36号及び議第37号の7議案を一括して議題といたします。
 これより、質疑に入ります。質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 質疑もないようですので、本件7議案は環境建設委員会に付託いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日程第5 奈良県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 次に、日程第5、奈良県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。
 選挙を行う前に、今回の選挙は、広域連合議会議員のうち市議会議員区分での欠員1名に対し、2名の立候補者がありましたので、奈良県後期高齢者医療広域連合規約に基づき各市議会において選挙が行われることになったものであります。
 また、会議規則第32条の規定には、選挙結果報告及び当選人の告知をしなければならないと規定されていますが、この選挙は広域連合規約第8条の規定により、県内各市議会の選挙における得票総数による当選人を決定することになっておりますので、選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は、この場では行えません。
 おはかりいたします。選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票総数までを報告することに、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ご異議なしと認めます。よって、選挙結果の報告につきましては、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票総数までを報告することに決しました。
 おはかりいたします。選挙の方法は、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によりたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は投票によることに決しました。
 奈良県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を投票によって行います。
 議場の閉鎖を命じます。
           〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ただいまの出席議員は17名であります。投票用紙を配付いたします。
 なお、候補者名簿につきましては、お手元に既に配付しておりますので、参照願います。
           〔投票用紙配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。
 投票用紙には被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 点呼を命じます。
           〔点呼・投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 投票漏れはありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 投票漏れはなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
           〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) これより開票を行います。
 おはかりいたします。
 議会会議規則第31条第2項の規定により、立会人に18番中谷修一議員、1番萬津力則議員の両名を指名いたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ご異議なしと認めます。よって、18番中谷修一議員、1番萬津力則議員の両名を指名いたします。
 両名の立ち会いをお願いいたします。
           〔開票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数は17票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。うち、有効投票17票、無効投票0票です。
 有効投票中、辻本八郎議員13票、竹森衛議員4票。
 以上のとおりであります。
 ただいまの選挙結果につきましては、奈良県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙長へ後日、報告いたします。
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) 以上で、本日の日程は終了いたしましたので、これで散会し、あすから3月17日まで休会とし、3月18日に再開いたしたいと存じますが、ご異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(植田龍一君) ご異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日はこれをもって散会いたします。
           午前10時34分散会