議事ロックス -地方議会議事録検索-


奈良県 奈良市

平成10年 12月 定例会 12月01日−01号




平成10年 12月 定例会 − 12月01日−01号









平成10年 12月 定例会



平成10年奈良市議会12月定例会会議録(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   平成10年12月1日(火曜日)午前10時25分開会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議事日程

  日程第1 報告第31号  平成9年度奈良市歳入歳出決算の認定について

       議案第93号  市長専決処分の報告及び承認を求めることについて

       議案第94号  平成10年度奈良市一般会計補正予算(第4号)

       議案第95号  平成10年度奈良市下水道事業費特別会計補正予算(第2号)

       議案第96号  平成10年度奈良市老人保健特別会計補正予算(第2号)

       議案第97号  平成10年度奈良市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

       議案第98号  平成10年度奈良市市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)

       議案第99号  平成10年度奈良市水道事業会計補正予算(第1号)

       議案第100号 奈良市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について

       議案第101号 奈良市特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について

       議案第102号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について

       議案第103号 奈良市常勤の監査委員の給与に関する条例の一部改正について

       議案第104号 奈良市水道事業の管理者の給与に関する条例の一部改正について

       議案第105号 奈良市税条例の一部改正について

       議案第106号 奈良市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について

       議案第107号 奈良市地域ふれあい会館条例の一部改正について

       議案第108号 奈良市営住宅条例の一部改正について

       議案第109号 奈良市改良住宅条例の一部改正について

       議案第110号 奈良市下水道条例の一部改正について

       議案第111号 奈良市立高等学校及び幼稚園における授業料等に関する条例の一部改正について

       議案第112号 奈良市水道事業給水条例の一部改正について

       議案第113号 市営住宅明渡請求に関する訴えの提起について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に付した事件

  第1、陳情第40号 金正日の弾道ミサイル攻撃から日本を守るための陳情書

  第2、日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員(41名)

              1番  榧木義秀君

              2番  池田慎久君

              3番  山中賢司君

              4番  森田一成君

              6番  蔵之上政春君

              7番  金野秀一君

              8番  大井国崇君

              9番  岡田佐代子君

             10番  松村和夫君

             11番  山口裕司君

             12番  中村篤子君

             13番  矢追勇夫君

             14番  松田末作君

             15番  峠 宏明君

             16番  上原 雋君

             17番  森 純男君

             18番  山口 誠君

             19番  船越義治君

             20番  島崎光治君

             21番  松石聖一君

             22番  黒川恵三君

             23番  田中美智子君

             24番  原田栄子君

             25番  中西義次君

             26番  山本 清君

             27番  吉田文彦君

             28番  米澤 保君

             29番  堀田征男君

             31番  北尾好章君

             32番  岡本志郎君

             33番  大谷 督君

             34番  日和佐穣甫君

             35番  小林照代君

             36番  横田利孝君

             37番  中村誠一君

             38番  扇田善次君

             40番  浅川清一君

             41番  中村重信君

             42番  和田晴夫君

             43番  横井健二君

             44番  橋本和信君

 欠席議員(1名)

             30番  福西 靖君

 欠番

              5番

             39番

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 説明のため出席した者

            市長       大川靖則君

            助役

            消防局長事務取扱 桐木 弘君

            助役       山中俊彦君

            収入役      岩井健司君

            市長公室長    南田昭典君

            企画部長     岡本信男君

            総務部長     南 哲也君

            税務部長     南畑幸則君

            市民部長     山田 進君

            民生部長     大花章義君

            福祉部長     庄司健一君

            環境清美部長   香村侃彦君

            経済部長     村田勝彦君

            建設部長     澤井利雄君

            都市計画部長   藤岡啓太郎君

            都市整備部長   吉村隼鷹君

            水道局長     辻谷清和君

            業務部長     嶋田英隆君

            給水部長     木田 享君

            浄水部長     木村誠二君

            教育委員長    青山 茂君

            教育長      河合利一君

            教育総務部長   宮脇紀夫君

            社会教育部長   佃 忠治君

            監査委員     吉田 肇君

            財政課長     中嶋 肇君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議会事務局職員出席者

            議会事務局長   北尾義次

            議会事務局次長

            調査課長事務取扱 福田惠一

            庶務課長     小林 勉

            議事課長     遠藤忠臣

            議事課長補佐   福井 進

            調査課長補佐   吉村安弘

            議事係長     福井俊史

            速記       谷口藤男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午前十時二十五分 開会



○議長(浅川清一君) ただいまより奈良市議会十二月定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長招集あいさつ



○議長(浅川清一君) 市長より招集のあいさつがございます。

 市長。

   (市長 大川靖則君 登壇)



◎市長(大川靖則君) 十二月定例議会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日はここに十二月定例市議会を招集申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましては、大変御多忙の折にもかかわりませず御出席をいただきましてありがとうございます。

 まず初めに、三十六万六千人の市民を代表して、十月七日御逝去されました故小嶋高年議員に対し、長年奈良市の市政の発展に多大の御尽力をくださった御功績に心から感謝を申し上げ、御冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

 なお、今議会において御審議をお願いせんといたしております案件は、平成九年度奈良市一般会計外九特別会計の決算の認定一件と、さきの平成十年九月二十二日の台風七号被害に伴う市長専決処分の報告及び承認を求めることを初めとする補正予算、条例の一部改正並びに市営住宅明渡請求に関する訴え等議案二十一件であります。その提案の趣旨及び内容につきましては、後刻、各案件が上程されますその都度、御説明申し上げたいと存じております。

 なお、今会期中に人事院勧告によります給与改定に基づく給与条例の改正及び補正予算についての追加提案及び人事案件につきましても、成案次第提案申し上げたいと存じております。

 さて、国におきましては、今日の最大の懸案であります景気対策といたしまして、去る十一月十六日総額約二十四兆円に及ぶ緊急経済対策が閣議決定され、十一月二十七日より臨時国会において審議されております。本市におきましても、その趣旨に従い、補正予算を本議会に御提案申し上げるものであります。深刻な景気対策につきましては、一日も早い景気回復を図るため、国、地方が一体となって取り組まなければならないと考えているところでございます。

 ことしも残すところあと一カ月になりました。この一年を振り返ってみますと、ことし二月一日は奈良市制施行百周年を迎え、盛大なる記念式典を初めとして多くの記念事業を市民の皆さんとともに開催してまいりました。そして、にぎわいの市民参加によって市民意識の高揚を果たしてまいることができました。

 いよいよ百周年記念事業のメーンの一つであります古都奈良の文化財が、京都市で開催されていますユネスコの世界遺産委員会で、あす十二月二日、登録決定の審議をされることになっております。これが決定に当たっては、はかり知れない多くの関係者、関係機関の御尽力のたまものと、浅川議長を初めとする議員の皆様の御協力、そして議会の御推薦をいただいたことも大きな弾みとなって、念願の世界遺産登録決定になることを確信しているところでございます。私は、これが登録決定によって、奈良市制百周年の記念の誇りとして、千三百年の歴史の中で、先人たちの全知全能によって築かれた偉大なる文化財に学び、今後の奈良市の進む力向を定めることができるものと決意を新たにしているところでございます。どうか議長を初め議員の皆様のなおー層の御協力をよろしくお願い申し上げます。

 年末大変慌ただしくなってまいりましたが、御提案申し上げました各議案の御審議をよろしくお願いを申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

 よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○議長(浅川清一君) 会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(浅川清一君) 会期についてお諮りいたします。

 本定例会は、本日より十二月十八日までの十八日間といたしたいと思いますが、そのようにいたしまして御異議 ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅川清一君) 異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(浅川清一君) 会議録署名議員を指名いたします。

   三番    山中君

   十七番   森君

   三十四番  日和佐君

 以上三名の方にお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△監査報告



○議長(浅川清一君) 監査委員ょり報告書四件が出ておりますが、既に皆様のお手元に御配付申し上げております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第四十号 金正日の弾道ミサイル攻撃から日本を守るための陳情書



○議長(浅川清一君) 次に、受理した陳情書一件は、お手元に配付いたしております陳情文書表のとおりであります。

 御清覧おき願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 報告第三十一号 平成九年度奈良市歳入歳出決算の認定について 外二十一件



○議長(浅川清一君) 日程に入ります。

 日程第一、報告第三十一号 平成九年度奈良市歳入歳出決算の認定について及び議案第九十三号 市長専決処分の報告及び承認を求めることについてより議案第百十三号までの二十一議案、以上二十二件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

   (市長 大川靖則君 登壇)



◎市長(大川靖則君) ただいま一括御上程に相なりました案件につきまして、その提案の趣旨並びに内容について御説明申し上げます。

 まず、報告第三十一号 平成九年度一般会計及び九特別会計の決算の認定について、地方自治法第二百三十三条第三項の規定に基づき、決算状況の御報告を申し上げます。

 その内容及び実績等につきましては、別に添付申し上げております主要な施策の成果及びその他予算の執行実績書に記載申し上げておりますので、御清覧をいただき、御了承賜りたいと存じます。

 まず、一般会計につきましては、当初予算成立後五回にわたり補正予算の措置を講じ、その執行におきましては議決の精神を遵守し、市民の皆様が抱かれている夢の実現に向けたまちづくりを目標として、適正執行及び収入確保に努めてまいりました。

 その結果、歳入におきましては、市税、地方消費税交付金等の一般財源が予算に比して減収となりましたが、歳出におけます人件費、扶助費及び他会計への繰出金にそれぞれ不用額が生じたほか、一般行政経費の節減等により、実質収支額として十六億六千八十九万二百二円の黒字決算となった次第であります。

 なお、このうち九億円につきましては、奈良市財政調整基金条例第三条に基づき、五月二十九日付で基金へ積み立てをいたした次第であります。

 次に、特別会計についてであります。

 そのうち、住宅新築資金等貸付金特別会計につきましては、貸付回収金のうち滞納繰越分が収入欠陥となったことが要因で赤字決算となっております。なお、貸付回収金の長期滞納者に対しましては、その回収に向け鋭意努力をしているところであります。

 また、老人保健特別会計につきましては、医療費に対応する支払基金交付金、国・県負担金が、負担割合に対し未収入になったことにより赤字決算となりましたが、これにつきましては翌年度に精算収入されることになっております。

 なお、これらの特別会計の赤字額の補てんにつきましては、平成十年度歳入をもって繰上充用する措置を五月二十二日付で専決処分し、六月定例議会において御報告申し上げ、御承認を賜ったところであります。

 他の七特別会計は、黒字もしくは収支均衡の決算結果となっております。

 以上、御報告申し上げました平成九年度の各会計の決算認定につきまして、よろしく御審議の上、御認定賜りますようお願い申し上げます。

 引き続きまして、議案関係について御説明申し上げます。

 まず、議案第九十三号 市長専決処分の報告及び承認を求めることについてであります。本件は、地方自治法第百七十九条第一項の規定に基づき、専決処分により措置いたしました事件について、議会に御報告申し上げ、御承認を仰がんとするものであります。

 その内容は、一般会計補正予算(第三号)についてであります。去る九月二十二日の台風七号の被害に伴う災害復旧等に対し、緊急にその対策を講じる必要から、十月五日付をもって専決処分し、所要の措置を講じたものであります。その補正額といたしましては二億一千万円で、全額普通交付税で財源対応を図ったものであります。

 次に、議案第九十四号から九十九号の各会計の補正予算についてであります。今回の補正予算につきましては、国の経済対策に基づく国庫補助対象事業を初めとする投資的経費並びに奈良市特別職報酬等審議会の答申に基づく市三役等の給料、議会の議員及び行政委員会の委員の報酬月額の改定に伴う所要経費、その他緊急かつ義務的な行政経費について編成することといたした次第であります。また、繰越明許費につきましては、現時点において年度内の事業完了が見込めないものについて、今回所要の措置をとらせていただいております。

 まず、一般会計についてであります。その内容のうち、投資的経費につきましては、国庫補助認承等の増額に伴う街路並びに公園整備事業、その他、JR奈良駅付近連続立体交差事業等について補正措置を講じるものであります。

 以上、投資的経費といたしましては、五億四千百三万九千円であります。

 次に、一般行政経費といたしましては、市政広報用電光掲示板設置経費、乳児保育促進対策経費、中小企業への融資枠拡大に伴う経費のほか、報酬等改定に伴う経費等で七億九千四万四千円、また特別会計への繰出金として六千五百十一万九千円の補正措置を講じるものであります。

 以上、一般会計におきます所要経費は十三億九千六百二十万二千円となり、その財源といたしましては、国庫支出金等の対応特定財源と、残り一般財源五億九千七百三十九万三千円につきましては、普通交付税をもって充当し、収支均衡を図ることといたした次第であります。

 次に、繰越明許費につきましては、街路事業ほか三事業について、十五億四千二百九十万円の繰り越し措置をいたすものであります。

 次に、下水道事業費特別会計についてであります。下水管渠布設事業及び東部地域の農業集落排水施設整備事業における国庫補助認承の増額に伴い、四億四千五十万円の補正措置を講じるものであります。また、これらの事業について、繰越明許費として十四億三千八百六十万円の繰り越し措置をいたすものであります。

 次に、老人保健特別会計であります。老人医療費支給及び審査支払手数料等で三千万円の補正措置を講じるものであります。

 次に、土地区画整理事業特別会計についてであります。JR奈良駅周辺地区及び西大寺駅南地区土地区画整理事業における国庫補助認承の増額に伴い、二億五千万円の補正措置を講じるものであります。また、繰越明許費として、JR奈良駅周辺地区並びに西大寺駅南地区の土地区画整理事業について五億一千三百八十万円の繰り越し措置をいたすものであります。

 次に、市街地再開発事業特別会計についてであります。西大寺駅北地区市街地再開発事業において、事業の費用対効果分析業務委託等で一千百四十万円の補正措置を講じるものであります。

 次に、水道事業会計についてであります。公共下水道工事等の増加に伴う配水管等支障移設工事のための建設改良費用として一億八千二百十七万八千円、負担金収入として一億八千五百万円の増額措置を講じるものであります。

 次に、議案第百号 奈良市報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正より議案第百四号 奈良市水道事業の管理者の給与に関する条例の一部改正までの五議案につきましては、いずれも奈良市特別職報酬等審議会の答申に基づき、各条例において報酬等の改定のための所要の措置を講じるものであります。

 次に、議案第百五号 奈良市税条例の一部改正についてであります。地方税法の改正により用途変更された宅地等について、平成十一年度の固定資産税及び都市計画税の調整措置の適用に際しての経過措置が設けられたことに伴い、本市の条例について所要の措置を講じるものであります。

 次に、議案第百六号 奈良市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてであります。し尿の収集及び運搬に係る手数料において、下水道使用料との公平性並びに奈良県下及び近隣市との均衡の見地から、本市の清掃業務審議会の答申内容を受けて、これらの手数料を引き上げる所要の措置を講じるものであります。

 次に、議案第百七号 奈良市地域ふれあい会館条例の一部改正についてであります。右京三丁目地内に建設中の地域ふれあい会館が近く完成し、供用開始の運びとなりますので、設置、管理について条例措置を講じるものであります。

 次に、議案第百八号 奈良市営住宅条例の一部改正についてであります。西九条町三丁目地内に市営住宅建てかえ事業として建設中の第十一号市営住宅四戸が近く完成するための条例措置と、これに伴い、第十五号市営住宅の廃止する措置をあわせて講じるものであります。

 次に、議案第百九号 奈良市改良住宅条例の一部改正についてであります。古市町地内に建設の小集落改良住宅二戸が完成し、近く供用開始の運びとなりますので、設置及び家賃について条例措置を講じるものであります。

 次に、議案第百十号 奈良市下水道条例の一部改正についてであります。国の規制緩和推進計画に基づき、排水設備工事の指定工事店制度の見直し通達により、本市の排水設備公認業者制度について名称変更、指定要件の緩和等を行うことの条例措置を講じるものであります。

 次に、議案第百十一号 奈良市立高等学校及び幼稚園における授業料等に関する条例の一部改正についてであります。県立高等学校の授業料の改定に伴い、これとの整合性を図るため、市立高等学校の授業料及び幼稚園の保育料について所要の改定措置を講じるものであります。

 次に、議案第百十二号 奈良市水道事業給水条例の一部改正についてであります。本市の水道事業は、市勢の発展に伴う水需要の増加にこたえ、市民に安全な水を安定供給するため、水源の確保や施設の拡張整備に努め、あわせて水源の水質保全にもたゆまぬ努力を続けてまいりました。平成十一年四月には、昭和五十四年から建設事業に参画してまいりました比奈知ダムが供用開始されることにより、本市としては水源が安定化されるものであります。また、このダムの完成によって、一日最大二十四万九千百立方メートルの水源が確保でき、奈良市の将来の水需要を十分賄えることになります。

 一方、財政状況につきましては、平成六年度料金改定以降、社会情勢の変化に対応し、基本計画事業の施工年次の繰り下げ並びに維持管理費用等の節減を図って、経営の安定化に努めてまいりました。しかしながら、比奈知ダムが本年度に完成し、平成十二年度から布目ダムの第二次精算が始まることにより、今後、ダム建設事業費に対する割賦負担金等の費用負担が発生し、財政基盤は弱まってまいります。このことから、水道財政の健全化に資するため、さきに設置について御議決いただきました奈良市水道事業等料金審議会に対しまして、水道事業等料金の適正化についての諮問をいたし、過日、健全な事業運営確保のための最小限度の負担増を求めることはやむを得ないという答申を得たところであります。

 料金改定に当たりましては、審議会の答申を十分尊重し、県内及び類似団体の水道料金の実態をも勘案して、改定案を作成いたしました。特に市民の生活用水については、できる限り負担を軽くすることを基本に、従前からの料金体系を継承してまいるものであります。

 具体的な内容といたしましては、料金算定期間を平成十一年度から平成十四年度までの四カ年間とし、現行料金の場合、平成十四年度末で約三十七億七千万円の累積欠損金並びに同程度の不良債務が生じる見込みとなります。この欠損金を解消するために、供給単価を現行の一立方メートル当たり百六十一円二十八銭から平均一二・二〇%引き上げ、百八十円九十六銭とさせていただいたところであります。

 次に、簡易水道料金についてでございますが、簡易水道事業は、従来から環境衛生事業として一般行政分野にも関連する性格を有していることから、赤字を補てんするため、一般会計から応分の繰り出し措置をいたしているところであります。現在、簡易水道の設置箇所は十七カ所でありますが、平成三年度から東部地域等水道整備事業として、水道未普及地域の解消と簡易水道の上水道化を目指して、平成十四年度末を目標に、順次、水道事業に編入するための事業を進めているところであります。このことから、簡易水道料金については、上水道料金との均衡の範囲で改定をいたすものであります。

 具体的には、料金算定期間は、上水道事業と同様とし、引き上げ率は、上水道料金の改定率を勘案して二二・三五%とさせていただいたところであります。

 なお、水道事業、簡易水道事業とも改定料金は、平成十一年三月一日から施行し、平成十一年四月分として徴収する料金から適用いたしたく、条例措置を講じるものであります。

 次に、議案第百十三号 市営住宅明渡請求に関する訴えの提起についてでございます。市営住宅を不法占用している相手方に対し、当該市営住宅の明け渡しを求めるための訴えの提起を行うことについて、議会にお諮りするものであります。

 以上、一括御上程に相なりました案件につきまして、その概要を申し上げた次第でございます。

 よろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(浅川清一君) 三番山中君。



◆三番(山中賢司君) 動議を提出いたします。

 ただいま議題にされております日程第一、報告第三十一号外二十一件につきまして、市長より説明がありましたが、我々議員といたしましても詳細に検討いたしたいと存じますので、本日はこれで散会し、明二日より六日までの五日間は議案熟読のため本会議を休会し、七日午前十時より再開されたいと存じます。

 各位の御賛同をお願いいたします。



○議長(浅川清一君) 四番森田君。



◆四番(森田一成君) ただいまの動議に賛成いたします。



○議長(浅川清一君) ただいま三番山中君より、議案熟読のため明二日より六日までの五日間は本会議を休会し、七日午前十時より再開されたいとの動議が提出され、賛成者もあり、動議は成立いたしました。

 本動議のとおり決することにいたしまして御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅川清一君) 異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 本日は、これで散会いたします。

   午前十時五十五分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     奈良市議会議長   浅川清一

     奈良市議会議員   山中賢司

     奈良市議会議員   森 純男

     奈良市議会議員   日和佐穣甫