議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 上郡町

平成19年第3回定例会(第4日 6月18日)




平成19年第3回定例会(第4日 6月18日)





             上郡町議会会議録  (第4日)


 平成19年6月18日午前10時より上郡町議会会議場において平成19年第3回定例


議会を再開した。


 
1.開会日時  平成19年6月18日  10時00分


2.出席議員は次のとおりである。


      1番  外 川 公 子      2番  橋 本 正 行


      3番  松 本 行 人      4番  大 政 正 明


      5番  由 田 五千雄      6番  藤 本 祐 規


      7番  山 本 守 一      8番  阿 部   昭


      9番  赤 松 初 夫     10番  小 寺 政 広


     11番  高 尾 勝 人     12番  沖   正 治


     13番  田 渕 重 幸     14番  村 上   昇


     15番  工 藤   崇     16番  正 木   悟





3.欠席議員は次のとおりである。


      な  し


4.本議会に出席した議会職員は次のとおりである。


   議会事務局長  名 古 正 憲


5.地方自治法第121条の規定により、議長より会議事件説明のため出席を求められた


者は次のとおりである。


   町長        山 本   暁  副町長      前 川 清 之


   教育長       尾 上 高 徳  技監       上 林 敏 明


   企画総務課長    松 石 俊 介  税務課長     東 末 守 史


   住民課長      金 持 弘 文  健康福祉課長   高 橋 道 夫


   産業振興課長    安 達 良 二  農業委員会事務局長


                               木 本 善 典


   建設課長      身 野 智 重  都市整備課長   松 本   優


   会計課長      野 村 元 政  学校教育課長   山 本 善 彦


   社会教育課長    桝 本 貴 幸  上下水道課長   岡 本   博


   企画総務課副課長  前 田 一 弘





6.会議事件は次のとおりである。


(1)議案第43号 平成19年度上郡町一般会計補正予算の件


(2)議案第44号 平成19年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件


(3)議案第45号 平成19年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件


(4)常任委員会の閉会中の所管事務調査について


(5)議員派遣の件について





7.会議の大要は次のとおりである。





○議長(正木 悟君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより定例会を再開いたします。


 地方自治法第121条の規定により、町長をはじめ各関係課長の出席を求めております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 日程第21、議案第43号、平成19年度上郡町一般会計補正予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 2ページ、商工費で川まつりのことですけど、7月29日ということで町長がぜひやろうということで予算もつけていただき、議会も了承し、町民も喜んでいるところですが、参議院の選挙が7月22日の予定であったのが、年金記録の不備問題とか、またそれに関連して国家公務員の天下り禁止と言われる法案が何とか安倍総理は通そうとしておる。要するに、国家公務員がコンピューターの会社に天下りして、その質の悪いコンピューターで、年金記録の入札参加したものですから、結局バックアップもできないし、記録の不備も見つけることができない。大きな大もとは、国家公務員、また官僚のあり得ない怠慢であると同時に、天下りの弊害が出ているのだということでニュースで言っております。


 それで安倍総理は7月22日の参議院選挙を延ばして参議院を延長してでも、何とかこの法案を通して与党の議席奪還に向かいたいというマスコミもあります。ということは、もしこれが1週間延びたとしたら、川まつりの29日に参議院選挙が来たら、川まつりどうもできないようになるのではないか。先のことだけれども今マスコミで取り上げられておりますので、その対応についてはこのまま22日の参議院選挙でおさまって、29日に川まつりができればいいけれども、そうではない場合には、警察当局の警備等にもお世話になっている関係上、できるだけ早くそのところの情報をとらまえて対応も考えておかなければならないのではないかと思うのです。そこのところお考えであれば、ご答弁いただきたいし、そんなことはないのだ。大丈夫だというのであればそのままいくしかないと思うので、そこのところどうでしょうか。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 今、ご指摘につきましては、私も懸念しているところでございまして、これにつきましてはこの半ばには決まると思うんですけれども、その時点で考えさせていただきたい。場合によっては変更もあり得るということだけはお話しさせていただいておきます。でないと、万が一のときに異常なことが起こりますと困りますのでそう思っております。ただ、できる限り29日にやっていきたいという希望を持っております。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 3ページ、お願いします。3ページの土木費で、公有財産購入費、土地購入費ということで説明では安室道路の通学路の用地買収ということなんですが、平米単価なり、あるいは延長距離とか面積をお尋ねします。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 今、ご質問ございました、公有財産購入費につきましては、今言われましたように安室線の通学路の整備に伴うものでございまして、その事業区間内に三差路がございます。その三差路について、児童の安全から考えれば三差路の改良も必要であるのではないかという地元役員さん、また関係者の人と立ち会ったときに、今そういういお話がございまして、交差点部の改良及び取りつけをするがために、その事業用地がふえたということでございまして、今現在事業用地として確定していますのは、82平米、単価は一応3万5,000円を予定しておりまして290万と。それで当初は200万置いていますので90万の補正をお願いしたいというものでございます。


 以上でございます。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより、議案第43号、平成19年度上郡町一般会計補正予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。


 日程第22、議案第44号、平成19年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより、議案第44号、平成19年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。


 日程第23、議案第45号、平成19年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより、議案第45号、平成19年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。


 日程第24、常任委員会の閉会中の所管事務調査についてを議題といたします。


 常任委員会及び議会運営委員会の所管事務について、それぞれの委員長から会議規則第75条の規定により、お手元に配付しております申出書のとおり、閉会中の継続調査をしたい旨の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 各常任委員長及び議会運営委員長からの申出書のとおり、それぞれ閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。


 日程第25、議員派遣の件についてを議題といたします。


 上郡町議会規則(昭和62年議会規則第1号)第121条の規定に基づき、議員を派遣したいと存じます。


 お諮りいたします。


 皆様のお手元に配付しております議員派遣の記載のとおり、議員を派遣することにご異議ありませんか。


 11番。


○11番(高尾勝人君) これに異議あるものではありませんが、上から4段目、合併協議会6月28日の予定が午前10時となっておるんですが、午後2時の誤りではないかと思うんですけれども。もしそうであったら訂正してもらいたい。


○議長(正木 悟君) 休憩します。              (10時11分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。            (10時11分)


  午後だそうです。


○11番(高尾勝人君) そのように訂正お願いします。


○議長(正木 悟君) お諮りいたします。


 今期定例会の会議に付議されました案件は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、今期定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 以上をもって、本日の会議を閉じます。


 ここで、町長から閉会に当たり、ごあいさつの申し出がありますので、許可いたします。


 山本町長。


○町長(山本 暁君) 6月定例議会の閉会に当たりまして、議員の皆様に一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例議会に提案させていただきました、報告5件、承認5件、財産処分及び取得2件、条例改正1件及び平成19年度補正予算の議案3件につきましてご審議を賜り、すべて原案どおり可決いただきました。まことにありがとうございます。厚く御礼申し上げたいと思います。


 さて、現在社会はこれまでに考えられないほどのスピードで動いております。また、競争の激しい時代となっており、当町におきましても協議がいよいよ大詰めを迎えました合併問題、行財政改革、少子高齢化対策等、多くの課題が山積いたしております。


 このような厳しい状況を打開していくためには、議会をはじめ町民の皆様と情報の共有を進め、信頼される町政を進めていくことが最も重要であろうと考えております。地方分権が進む中、今後も社会の時流を見誤ることなく、効率的で実効性のある町政の運営に取り組んでいきたいと考えております。


 さて、これからは日増しに大変暑い季節を迎えてまいります。委員の皆様方には今後ともお忙しい日々をお迎えになることと存じますが、健康に十分に留意され、ますますのご活躍とご健勝をご祈念いたしまして閉会のあいさつといたします。どうもありがとうございました。


○議長(正木 悟君) これをもって、平成19年第3回上郡町議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労さまでした。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例議会も去る6月12日に開会され、ただいま無事閉会の運びとなりました。この間、議員各位には、当面する町政の諸案件について、終始極めて真剣にご審議を賜り、無事議了いたしましたことは、これひとえに各位のご協力のたまものであり、心から厚くお礼を申し上げます。


 また、町長以下、執行部の皆様には、審議に際し、いろいろとご協力をいただき、深謝申し上げます。なお、議員各位には、今後とも幅広い活動を通じ、これまで以上に研鑽を積まれ、町政の発展と町民の福祉向上のためにご精励を賜りますとともに、これからは日増しに暑さが厳しくなってまいります。皆様におかれましては、くれぐれもご自愛の上、健やかにお過ごしされますようお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。                 (10時14分)


              閉           会











地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





 平成  年  月  日








            上郡町議会議長  正 木   悟





            上郡町議会議員  大 政 正 明





            上郡町議会議員  由 田 五千雄