議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 上郡町

平成19年第2回定例会(第8日 3月23日)




平成19年第2回定例会(第8日 3月23日)





             上郡町議会会議録  (第8日)


 平成19年3月23日午前10時より上郡町議会会議場において平成19年第2回定例


議会を再開した。


 
1.開会日時  平成19年3月23日  10時00分


2.出席議員は次のとおりである。


      1番  外 川 公 子      2番  橋 本 正 行


      3番  松 本 行 人      4番  大 政 正 明


      5番  由 田 五千雄      6番  藤 本 祐 規


      7番  山 本 守 一      8番  阿 部   昭


      9番  赤 松 初 夫     10番  小 寺 政 広


     11番  高 尾 勝 人     12番  沖   正 治


     13番  田 渕 重 幸     14番  村 上   昇


     15番  工 藤   崇     16番  正 木   悟





3.欠席議員は次のとおりである。


      な  し


4.本議会に出席した議会職員は次のとおりである。


   議会事務局長  名 古 正 憲


5.地方自治法第121条の規定により、議長より会議事件説明のため出席を求められた


 者は次のとおりである。


   町長        山 本   暁  助役       前 川 清 之


   教育長       尾 上 高 徳  技監       上 林 敏 明


   企画総務課長    松 石 俊 介  税務課長     東 末 守 史


   住民課長      金 持 弘 文  健康福祉課長   木 本 善 典


   産業振興課長    安 達 良 二  建設課長     身 野 智 重


   都市整備課長    松 本   優  学校教育課長   山 本 善 彦


   社会教育課長    桝 本 貴 幸  会計課長     野 村 元 政


   上下水道課長    岡 本   博  企画総務課課長補佐


                               前 田 一 弘





6.会議事件は次のとおりである。


(1)議案第29号 平成19年度上郡町一般会計予算の件





7.会議の大要は次のとおりである。





○議長(正木 悟君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより定例会を再開いたします。


 地方自治法第121条の規定により、町長をはじめ各関係課長の出席を求めております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 日程第41、議案第29号、平成19年度上郡町一般会計予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 一般会計の審議については、3つに分割して行います。まず、歳入全般、4ページから21ページについて質疑をお受けいたします。


 6番。


○6番(藤本祐規君) 8ページのゴルフ場利用税交付金についてお伺いをしたいと思うんですが、このゴルフ場利用税なんですが、これは年々少しずつですけれども上がってきているんですね。今、ゴルフ場の経営が非常に厳しい状況にあるということをよく聞くんですが、このゴルフ場利用税は非常に上郡町においても非常にありがたい税金だと思うんですね。まず、この税が交付される趣旨をご説明していただきたいのですが。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) ゴルフ場利用税交付金、説明のときに申し上げましたように、1人1日800円から1,200円という芝の質によっての利用税に課税されます。これは県税でありますけれども、そのうちの7割がゴルフ場が所在する市町村に交付されるということで、19年度は5,700万円を見込んでおります。昨年が5,500万で若干ふえておりますし、徐々にふえている傾向にあるとは思っていますけれども、人数的に見ますと年間8万2,000人程度ということで、ピーク時ですと3倍ぐらいのゴルフ場利用税が入っておったときもあります。これは充当といいますか、その使い道はあくまで一般財源ですので、使途は限られておりませんが、従前ですとその一部は水質検査とか、そういうものに使ったということがございますけれども、特段これに使ったというものはございません。あくまで一般財源措置としてという使い方でございます。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) もともとこのゴルフ場利用税が各市町村に交付されるというのは、例えばゴルフ場の近隣の整備であるとか、ゴルフ場に行く道、こういうのを整備していくために使われるものとして交付されることになりましたよね。一般財源ですから、その使い道についてはさまざま特定されることはない。それはそれでいいんですけれども、今ゴルフ場利用税を撤廃しようという運動が数年前からこの運動が盛んに行われておりますけれども、撤廃されると今年度は5,700万というのは非常に大きい額だと思うし、この上郡町を見ても非常にありがたいお金だと思うんですよ。今後の見通し、これが撤廃されるかどうかという見通しについては、どういうふうになっておりますか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) その見通しというお話は、県の説明会でも出ておりませんが、以前から私もゴルフしますが、ゴルフ場ではそういう要望的なこともありましたけども、市町村の財政から見るとこれは撤廃してほしくないという考え方ですので、そういうお話があれば、極力残してほしいというようにさせていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) わかりました。続けて行っていいんですか。


 10ページ、土木使用料の住宅使用料なんですが、以前に総務委員会で新しくハイツあゆみに移ったときに、住宅使用料家賃が数千円上がるという説明を受けておるんですけれども、この住宅使用料なんですが、ここに計上されております金額は、新しい住宅に入った場合の金額なんですか。今住んでおられる住宅の家賃なんですが、これはどっちで計上されているんですか。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) ただいまの平成19年度の住宅家賃収入の積算のことでございますけれども、基本的に現在、ハイツあゆみB棟48戸建設してございますけども、この分につきましての家賃につきましては、基本的に入居者の対象が今現在、霞ヶ丘住宅、それと緑ヶ丘住宅ということでなってございます。それで、あくまでも入居者の収入、それと4タイプございます各住居、これに入りまして、家賃が決定されるものでございますので、当初予算のものにつきましては、現行、家賃の実績に基づいて予算措置をさせていただいております。特にこのB棟の48戸の増額部分については見込んでいないという状況です。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 新しくハイツあゆみが新しく建っておりますね。本当ならば4月に入居予定だったわけですよね。今、工事のおくれで8月になったんですよね。新しいハイツあゆみの家賃で計上するべきですよね。違うんですか。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) 先ほど言いましたように、要するに移転の入居者でございますので、この措置として激変緩和措置という家賃の体制になります。激変緩和措置といいますのは、6年目に新家賃で全額徴収するということで1年目は6分の5をそれぞれ減額して、要するに6分の1ずつ増額になってくるということでございまして、特に収入の問題がかかわりますので、確定が当初予算の積算の段階では困難であるということで見込んではございません。それと、18年度に入りまして、ハイツカメリアの特高賃、これの入居の関係で空き家が少し目につき出したということで、この辺も減額の見込みになりますので、そこら辺で積算が非常に複雑な見通しになるということから、実績に基づいた家賃の予算化をさせていただいたという状況です。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) ちょっと詳しくまたお聞かせいただきたいので、きょうここでのやりとりは時間とると思うので、また詳しくお聞かせください。


○議長(正木 悟君) 休憩します。             (10時16分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (10時17分)


 5番。


○5番(由田五千雄君) 5ページの町税、目の5都市計画税についてお聞きいたします。


 ことしは昨年に比べて533万7,000円の増収になって入っておりますが、これはどういう形でふえたのでしょうか、お尋ねいたします。


○議長(正木 悟君) 税務課長。


○税務課長(東末守史君) この都市計画税でございますが、土地そのものの賦課の件数が昨年に比べまして若干件数がふえてまいっております。それと、竹万の区画整理等もございまして、土地につきましては、課税標準額が若干ふえてきておりますので、それらが要因いたしまして、約533万7,000円の増を見込んでおります。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 5番。


○5番(由田五千雄君) 昨年でしたか、評価がえを行いますということがあったんですが、これも関係しているんでしょうね。


○議長(正木 悟君) 税務課長。


○税務課長(東末守史君) 評価がえにつきましては、平成18年度に評価がえをやっておりますので、18年には価格が評価がえの分で若干増がありますが、19年は評価がえはございませんので、18年、19年においては個々の負担調整でふえてきている部分が、ここにふえてきているところでございます。


○議長(正木 悟君) 5番。


○5番(由田五千雄君) わかりました。昨年度にできているということですね。


 それで、実は、私は都市計画税に対しては疑問というか、基本的にはよくないなと思っているんですけれども、これは従来からいろいろ検討されてきた結果、こういう形が推移していると思うんですけれども。住民の申しますのには、都市計画税は裏山の山林までにもかかっておるんやと、そういうことを言うんですが、そういうことはあるんでしょうか。


○議長(正木 悟君) 税務課長。


○税務課長(東末守史君) あくまでも都市計画区域内にある土地について都市計画税はかかってまいります。市街化区域の中にある分についてかかってまいります。市街化区域の中の土地にかかってまいりますから、市街化区域の中にある土地については、通常の固定資産税が100分の1.4ですが、都市計画税につきましては100分の0.3が都市計画税として付加されることになります。


○議長(正木 悟君) 5番。


○5番(由田五千雄君) そのあたり、そういう決まりになっているようですけれども。裏山の土地が区域に入っているとそれがかかるということですね。実際に、山が都市の計画の中に入って、それが開発されて利用されていくとかいうような山では、そういったことも考えられるのですが、きつい私の地域の裏山の斜面にかかってくるというようなことになると矛盾するんだと思うんですが、いかがなんですか。


○議長(正木 悟君) 助役。


○助役(前川清之君) 市街化区域の中に、そういった山林区域まで入っていないと思っておりますので、確認はしますけども入っていないと思います。


○議長(正木 悟君) 7番。


○7番(山本守一君) 16ページ、5目総務費委託金の10節徴税費委託金、この中で県民税徴収事務費市町交付金、これが前年から比べたら2,000万強ふえてきておるんですけども、これについては何か特別なことがあるんですか。


○議長(正木 悟君) 税務課長。


○税務課長(東末守史君) 先ほどの県民税の徴収事務費の市町交付金でございますが、18年までは町が住民税を徴収いたしまして、それから県の分の税負担率によりまして町から県へ納税しておりましたが、それに対する納税した額の7%が18年度は町へ交付金としておりておりました。ところが、19年、20年につきましては、ちょうど18年の税制改正を受けまして、1件当たり4,000円という交付金の改正になりまして、1件当たり4,000円という格好で計算してまいりまして、今のところ約8,300人ぐらいの件数がありますので、それとことしの19年3月、4月、5月、6月から新しく住民税を付加されるんですが、3月、4月、5月分につきましては、従来どおりの6%ということでございますので、それらを計算いたしますと、ここへ上げています3,721万6,000円を見込んでいる状況でございます。


○議長(正木 悟君) 7番。


○7番(山本守一君) わかりました。要するに県民税を7%事務費交付されておったものが1戸当たり4,000円の交付に変わったということ、わかりました。


 次に、17ページ。30目土木費委託金の中で、5節土木費委託金、この中で河川費環境美化等委託金、これは説明で千種川、鞍居川というご説明だったと思うんですけど、安室川が対象になっていないのはどういうことなんですか。これは前年もそういうことですね。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 今言われました千種川等の河川整備ですが、2級河川、千種川、鞍居川、安室川も入っております。


○議長(正木 悟君) 7番。


○7番(山本守一君) 河川環境美化等委託金というのは、安室川も300万の中に入っているということ。済みません。失礼しました。終わります。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 10ページ、土木使用料の住宅使用料の過年度分ですけれども、107万1,000円だけども、これは確認しますが新しくハイツあゆみやカメリアに入るときには、今までの滞納分をちゃんと払って新しく入ってもらうというのがルールだけども、そういうもんじゃないですよね。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) この過年度分につきましては、議員のおっしゃるように、ハイツカメリア、それとハイツあゆみのものは該当ございません。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 13ページ、歳出とも絡みますが一番上の放課後子供教室推進事業補助金で、国と県が3分の1ずつ出しておりますね。再度、ほかの議員さんもお聞きになったんですけど、これは2つの校区でやるということ。非常にいいことだということと、もう一つは、これ補助金があるから制限があったりするのか、町の独自のいろんな現状を見て設定することができるのか。どこにするつもりか、どんな内容か、簡単で結構です。ご答弁ください。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) この13ページの放課後子供教室推進事業補助金でございますけども、予算上の予定といたしましては、モデル校として3校の予定にしております。3つでございます。申しわけございません。歳出の説明で、企画総務課長の方が説明申し上げましたけれども、私の方の連絡不行き届き申しますか、調整で2校と申し上げたかわかりませんけれども、3校の予定でまず予算を計上させていただいております。この3校という意味は、全国ベースで文科省の方が全国の市町村約1万校を対象としてやるようにということで、各県下の都道府県へ下りてまいりまして、兵庫県の全体の枠としては聞いておりませんが、県教委の方からは上郡町といたしまして、3校お願いしたいということがきまして、いろいろ内部で検討いたしまして、3校をモデル校としてやらせていただきたいという申請をしております。それがまず1点と、それから補助金につきましては、これはいろいろ補助対象経費の中でございまして、すべてが認められるというわけではございませんので、主に歳出のところに出てきますが、保障費関係のそれぞれ安全指導員とか、そういった方々の謝金、そういったものや、またそれに係る事務消耗品とか、また会議を行います、そういった運営委員さんに対しての謝金とか、そういったものが補助対象経費としてなっております。そういったものを積算して、大体400万程度の予算を見ております。この131万2,000円掛ける3が補助対象経費となりますけども、町単で見る部分も幾らか出てまいりますので、約400万程度の予算でこの事業を今年度実施したいと考えております。


 以上でございます。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 結局は、今私が尋ねた具体的なことは何も出ていないわけやね。それだけ聞きたい。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) はい。またどこどこの学校をするとか、どの上郡にするとか、高田にするとかいうことは決まっておりません。それで9月、2学期ごろから実施したいと申し上げましたのは、この予算を認めていただきまして、4月に入りましてから、各学校関係も含めまして地域の方々ともいろいろお話をさせていただきまして、ご協力をいただきまして、実施できるところから順次やっていきたい。もし仮に3校が2校になるかもわかりませんし、3校が5校になるかもわかりません。ふえるときにつきましては、減るときもそうでございますけれども、議会のお許しをいただきまして、補正予算等で対応させていただきたいと思っております。今のところ、県の枠といたしましては、仮にふえてもその分はその申請時点で言っていただければ補助金はつけていただくということまで聞いておりますので、至急4月に入りましてから調整をさせていただきたい。事業の実施につきましては、2学期ごろからと考えております。現在のところ決まっておりません。


 以上でございます。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 長いこと答弁いただいてありがとうございました。17ページ、教育費委託金の小学校英語活動推進委託金、これは10分の10だから県のことだろうと思う。文科省が小学校から英語入れておるという動きの中にあるのかどうかということと、もう一つは私の持論で申しわけないんだけれども、英語もいいけど、日本語もきちっと教えないといけないと基本的に思うんです。


 例えば、日本語のすばらしさというのは、日本人の人格形成にかかわるのですね。よく早くから早期に英語を教えて、外から見たら日本人だけど中身は外国人か日本人かわからないような精神構造を持った子供も出てきておると考えるんです。日本語は非常にすばらしい。「おはようございます」、「おはよう」、外国は「グッドモーニング」だけです。目上の人には「おはようございます」、同級生には「おはよう」、「ありがとう」でもそうです。「あなたYou」という言葉1つでも、日本語はいろんな使い分けをして社会関係を取り持ってきた。すばらしい世界でも類を見ない日本語なんですね。それを子供に書かせ、読ませ、そして上手にしゃべらせる。駆使させるということがなくて、外国語をぽんと早くから入れると、私は子供に負担だけではなくて、本当に世の中混乱すると思うんです。国際化だから英語は必要です。しかしながら、この小学校や低学年の方から、例えば保育所から英語をどんどん入れることは人格を破壊をもたらすという心配をしているんですが。教育長、どう思われますか。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 今、おっしゃるような意見というのは、随分あちらこちらから出ております。それでもう一方は、小学校のできるだけ低学年までに英語になれておく。臨界期というのがあるんだそうです。英語の語感とかそういうものになれる。だから、そこまでに英語を入れておく方が、後々英語を実際に使えるようにするのにいいという考え方が1つございます。


 それから、もう一つは、先ほど工藤議員がおっしゃいましたように、日本語というのは1つの現象でも随分言いあらわし方がありますし、細かい表現、細かいところまでいろんな表現の仕方がございます。また、日本人のアイデンティティを保つためにも、ぜひ必要なことだと思います。その兼ね合いを考えながらやっていく必要があるのではないかと思います。ともすると、一方、保育所の経営とか、あるいは私立の場合、特に英語ということをいわゆる「売りにする」といった傾向があります。そういうことを考えております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) ありがたいご答弁で。朝、子供に幼稚園や小学校や保育所の子供に「おはよう」と言ったら、「グッドモーニング」と言われたらびっくりします。やっぱり、「おっちゃん、おはようございます」です。そういう日本語をきちっとコミュニティがとれる人間にしていかないといけないと私は思うんですね。だから伊吹文科省の大臣も言っています。早くから英語を詰め込んだらいけないと。日本人を育てるんだということを言っています。伊吹さん、いいことを言うなと。いろいろ問題がある大臣ですけど。


 そこで、これは後からも出てきますけど、英語の教育をするときに、私はじっと見ていたら、外人を呼んできてもゲームばかりしているわけです。それで、日本語で「すごい」だけです。何も英語の教育にならない。英語に接するということは最初ゲームから入るけど、本当にヒアリングができて、本当に言葉がきちっと日本語のなまりがあってもいいけど、できるという教育システムになっていなくて、ただゲームをして終わって、外人を見ただけで終わりという教育体制になると。そういうことは絶対教育長、避けてくださいね。英語だったら、本当の本物の英語を身につけると。ある程度の発達段階から。教育長、おわかりですか。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 中学校の段階でALTを入れておるわけでございますけども、そういったご指摘のような授業を何回か見ております。前の教育長も英語の担当だったので、よく議論をしたんですけども、中学校を卒業すると高等学校に進学するという、そこに入学試験というのがあるというのは厳然たる事実があるわけでございます。したがって、ある程度書くということ、あるいは文法ということもある程度理解をする必要がある。だから、そういった面で、ALTの使い方については十分研究して、そういう前提を置いて研究してみる必要があるということは言っております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 21ページ。町債。できるだけ借金をしないようにという各議員もおっしゃり、町長も事業するのに借金をしてやらなければならないという体制があるから、むだな借金はしたくないというのは当然でありますが、ここでお尋ねします。安室ダム水道用水供給企業団出資債、これも相当長い間、借金を続けておりまして、事業する見通しもないのに借金ばかり続けて、起債というのは後年度の町民に負担をかぶせるわけですから、そういう意味では今までの起債、累計幾らありますか。よろしいわ。なかったら、大体の頭は入っておるんだけど。たくさんあるということは確かでしょう。ここまで。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) 2点お尋ねをさせていただきます。ページ数は9ページ。地方交付税の本年度は18億5,800万ということで比較しますと、昨年と230万減っておるんですね。それで普通交付税が16億5,800万で、特別交付税が2,000万、こういうことでなっておるんですが、これはどっちが減っているんですか。普通交付税で減らされておるのか、また特別交付税の方を減らすという見方をしておるのか、これをまず最初に聞かせていただきたい。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 地方交付税でございますが、本年度の予算、対前年度の予算と比較しますと、普通交付税におきましては700万の増にしております。特別交付税については3,000万円の減としております。対前年、合わせて2,300万ということで1.2%減ということでございます。


 先般、特別交付税額が決定されてまいりまして、本年度18年度ですが、最終特別交付税の決定額は1億9,110万円ということで2億円を切ったということで非常に残念と思っています。片や8月算定の普通交付税の最終決定額が17億5,379万6,000円、合わせますと19億4,489万6,000円ということで、前年度の交付税額から見ますと0.98%の減となったと。非常に悔しい思いをしております。特別交付税は年々減額される傾向にありまして、その辺も見込んで2億円という最低ラインで見ておったけれどもということでございます。


 ただ、普通交付税につきましては、新型交付税導入というお話もいろいろありまして、計算しますと新型交付税は600万程度ふえる形になるんですけども、これも人口面積と、いろんな単位費用の要素がございますので、ことしの8月算定でもって、それははっきりしていくだろうという考え方でございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) そこでお尋ねしたいのは、この地方交付税の関係は、合併をやらなかったとか、したとかいうことの差というものはどういうように出ているのか。それとよその状況だな。よそのうちと同じような人口のところを見て、佐用なんかはちょっと多いけども、その辺の調査をしておるかどうか。この辺のつかみも今後やっぱり十分しておかないと、合併みたいなのはやめておいたらいいと言ってみても、よそはたくさんもらっているのに、上郡は少ないということになると、皆さん方のあらゆるものに影響してくるわけですから。だから、ある程度生活をしていこうと思ったら、隣近所と似たような生活をお互いしていかないといけない。そういうようなことがあるので、特に合併をしなかったというようなところは減らされてきているから、その辺のつかみは全体のものは頭へ染みとおるぐらい入れておかないと、これは私は今後大きな問題があるだろうと思うので、その辺ちょっとお尋ねします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 当然、おとといだったと思うんですけども、特別交付税の決定がまいりましたときにも、近隣を調べておくように指導をしております。ちょっと聞きますと、やはり合併されているところは当然、私ところよりも大きく交付されております。普通交付税については一本算定ということですから、その辺の中身が見えてこないことには比較できませんが、大きくは減っていないのは確かだということで、今、調査しておりますのでお知らせしたいと思います。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) そうすると、一遍調べたら、皆さんにも何か機会があったらこれだけ合併しておるところとしていないところの差というものはかなり出ておるということを報告してもらいたい。しかし、皆さん要らんというのなら、私だけでも結構です。それぐらいにして、神妙にこの問題はしていかないと、前の安則氏がこういう問題を起こしたんです。合併が寸前、決まりかけしようというところで、あの人が帰ってしまった。だからそういうやり方をして、大勢にこれは迷惑がかかっておる。私はそういうことはずっと頭に来ておる。ばかなことをするのものだ。そういう問題が出てしまったと。だからそれだけの分が皆さんの関係で減らされてきておるのですよということを真に頭に入れておいてもらわないと、ぐあいが悪いだろうということで、私はこの問題を特に一点取り上げさせていただいた。こういうこと。


 それから、次に、もう一点お尋ねしたいのは、11ページ。ちょっとこれもお聞きしたいのです。これは衛生手数料の11ページのし尿のくみ取り手数料、これはかなり金額が大きいですね。それから、塵芥処理手数料、ごみですか。これはどこがやっておるのですか。私はこのようなところももう一つつかみが薄いので、し尿はあそこだろうなというように思うんだけど、このごみの関係はどこがやっておるのかなと。それで金額が大きいから、し尿のくみ取り手数料がどれぐらい払って、どうなっているのかということを聞かせていただきたいと。こういうことで質問させていただきます。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) し尿くみ取り手数料でございますけども、これは住民の方がバキューム車で行かれたときに払う手数料でございます。それから、塵芥処理手数料は、これは住民の方が持ち込んだときの手数料でございます。これは可燃ごみ、それから不燃ごみ、それから最終処分と合わせたものでございます。それから、し尿浄化槽汚泥処理手数料につきましても、汚泥を処理した分、し尿処理場に持ち込みしますので、その分の手数料でございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) ちょっとその金額を大体どれぐらいな数入れて、ごみならトン当たりで、どういうやり方しているのか。し尿の場合には、いっぱいになるのか僕はわからないけれども、一応の基準はあると思う。適当に5万円払っておきなさいというわけにはいかないと思う。その基準をちょっと聞かせておいてくれと言っているんです。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) し尿の持ち込み処理ですけども、年間約2,700キロリットルを見込んでございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) それで2,700と言われるけども、そうするとこれで割ったら出てくるのか。7,780円になるのか。その辺の単価の出し方はどういう出し方をしておられるのか。何か条例で決められているのか。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 18リットルが140円でございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) これは1つの何か決めているわけだな。これは条例か何かで。その辺をきちっと言ってもらって納得したら何も言う必要はない。私はわからないから聞いているんです。そういうことだから、何も別にどうこうではないんですよ。そういう決め方は基準があるからこうだと言うのだったら、それはいいんです。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) これは、手数料条例で決まっておる分でございます。


○14番(村上 昇君) わかりました。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) この予算の審議なんですが、この段階で本町の基準財政収入額、基準財政需要額と標準財政規模、これを知りたいんです。それと、経常収支比率、公債費負担比率をお願いします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 18年8月算定によります交付税の結果で申し上げますと、基準財政需要額が39億5,415万円、基準財政収入額が22億35万4,000円、この差が先ほど申し上げました普通交付税の17億5,379万6,000円ということでございます。標準財政規模ですが、45億9,737万円、これが俗に言う標準財政規模でございます。経常収支比率、ちょっとここには持っておりませんが、ピーク時では99.9というような数字が一時出ましたが、昨年度はたしかこれより下がって95程度だったと思います。公債費比率につきましては、17年が14.2、これは公債費比率ですが17.2、18年度で14.5、最近言われております実質公債費比率にしますと、それぞれ0.1をプラスしたものが公債費比率なっております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 今、財政、どこの地方自治体も財政状況が大変厳しいということで言われていますし、特にご存じのように夕張市が問題にされていますが、その点上郡町は本当に職員一同本当に健全財政、そういうところで取り組んで、本当に鋭意努力されていますことをまず敬意を表します。ただ1点、僕が感じているのは経常収支比率、今、課長もおっしゃいましたように99.9%という本当に群を抜いて高かったのは、それがこの2〜3年徐々にですが下がっていくことについても、やはり町民の皆さんはじめ、職員、ちょっとこれは言い過ぎか知らないけど、議会の努力もあると思うんですが、それは評価しているんですが、それについてもやはりまだ標準といいますと、70から80台の間にはまだ遠いということで、ぜひとも皆さんの努力で80台に近づけてほしいと思います。それでは、それは終わります


 もう一点、21ページの雑入、これは昨年度オール電化手数料352万8,000円があったんですが、本年度は入っていないんです。というのはハイツあゆみを2棟目やっていますし、これがなぜ抜けているのかなと思いまして。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) 建設年度に予算の参入してございます。18年度の歳入予算に入ってございます。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) わかりました。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 20ページの30目雑入のところでちょっとお尋ねします。


 水泳教室会費、確かに延べ数約2,300人とお聞きしたんですが、それで計算すると、月々会費を納めていると思うんですが、1人当たり500円余りと私の計算ではなるんですが、そういうことなんでしょうか。素朴な質問です。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 2,300というのは、ちょっと私もわかりませんけれども、予算につきましては、ただいま人数ですけども、18年度の前年度の実績見込みをこれは延べでございますけども、2万3,700人ほど見ております。これは、冊子の方にも出てくるんですけども、教室の会費、保険等もございまして、これは教室の入会金と会費をいただくようにしておりまして、1,500万の根拠につきましては、前年度と同様の額でございますけども、月125万の12カ月分と見ておりまして、先ほども言いました延べの人数で言いましたけれども、大人が数で申しましたら、この実績見込みで申しましたら、18年度の41名と子供が427名、新年度予算につきましては、大人50名、子供430名程度見ております。


 以上でございます。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 今、41人と427人というのは実数ですね。その辺の今の説明、確かに延べ人数2,300といったことは間違いなんですけども、今、課長はそれは存じ上げませんと言ったんですが。それでもう一つは、私は探したんですが、わかりませんのでお尋ねします。大人、年会費で1万2,000円か幾らか払って、1年中通用する年会費がありますね。それは何人ぐらい現在、おりますか。年会費の人数ですが。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) この水泳教室につきましては、まず入会金といたしまして、入会時のみ2,000円いただくことになっております。それから、年会費といたしまして、1,000円いただくことになっておりまして、それで会費につきましても週1回の方、2回、3回と違います。先ほどお尋ねの回数無制限というのは、アクアチョイスというコースでございまして、月5,000円の会費を持っておりまして、教室1つなんですけども、現在のところその無制限につきましての数字は今、つかんでおりませんので、また後日、至急スポーツセンターに行きましてご報告申し上げますので、申しわけございません。よろしくお願いいたします。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 今、私の質問とはちょっと違ったお答えだったと思うんですが、教えてください、後から個人的でいいですから。


 もう一つは、私が申し上げておるのは、年会費大人が1万2,000円のがあるでしょう。私も実はその会員ですので、お尋ねしているんですが、その人数も一緒にお答えください。後で結構ですので。


 どうも、以上です。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


 11番。


○11番(高尾勝人君) 3点ほどお尋ねしたいのですが。非常に積極予算で1億9,281万9,000円の町税を見込まれておりますが、これは原因としては税移譲であったり、法の改正であったりするのは大きな要因であろうとは思います。その中で、4ページですが、10節の滞納繰越分、それが、町税、個人・法人合わせて871万2,000円、それから固定資産税が2,363万9,000円、いろいろもろもろ滞納を処理していただいて、努力されようとしている姿勢がここに出ているのではないかと思います。トータルで3,565万4,000円の滞納処理をする計画になっておりますが、非常に敬意を表するわけなんですが、どのような方法で効果的にやられようとしておられるのか。従前の方法ではなかなか監査委員さんの指摘であったように、従前のようではなかなか達成しにくいのではないかと私は危惧しておりますので、それを教えていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 税務課長。


○税務課長(東末守史君) 徴収担当につきましては、平成18年度で17、18で徴収担当チームを立ち上げて、徴収に当たったのですが、これではもう一つ難しい面もあるということで、19年度はこの徴収につきましても内容の検討、それから最終的には、法的手段といいますか、それと過去の分の精査とか、それらをきっちりやっていかないとだめだということで、ことしにつきましては、県の県税事務所の方にも町税の徴収担当の支援担当というのができてまいりまして、18年度中におきましても支援担当の支援を約1週間受けて、職員の研修なり、今後の進め方も研修したんですが、19年はそれを県の方への職員をある程度こちらへお願いして、その辺の指導を仰ぎながら、今後の進め方をいかにやるかということをまずは研修でノウハウを身につけなければできない部分はかなりあると考えておりますので、その辺を19年度につきましては、県の指導を仰ぎながら、法的手段にも耐え得るようなことを考えなければならないと考えておりますので、その辺を19年はやっていきたいと考えております。


○議長(正木 悟君) 11番議員の質問の途中ですけれども、ここで休憩します。再開は11時15分。


                              (11時00分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (11時15分)


 11番。


○11番(高尾勝人君) 先ほど、税務課長の方から非常に前向きなお答えをいただいたので納得しているわけなんですが、今おっしゃられたように、努力していただいて、今予算しておりますのが100%目的を達成するように努力していただきたいと考えているところであります。


 続きまして、18ページをお願いしたいと思います。


 5目不動産売払収入の件であります。5節土地売払収入2億3,000万の予算計上されておりますが、説明におきましては、町営住宅高嶺住宅の土地売払だという説明を受けております。つきましては、それにつきまして、何平米で平米単価は幾らなのかということをお聞かせ願いたいということと、あわせてその売却する場合に一括して売られるのか、また分割してやられるのか、どういう方法でやられるのか、また、それについて、今現時点で見込みはどうあるのかということもあえてお尋ねします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 土地売払収入2億3,000万円の内訳でありますけれども、2件を予定しております。1件は旧高嶺町営住宅ということで、6,840平米を見込んでおります。1億9,018万程度と見ております。もう一件は、大持地内にあります旧ほたるヶ丘住宅の跡地と、これが1,061平米を予定しております。3,982万円、合わせまして2億3,000万ということですが、旧高嶺町営住宅の売却方法については、まだまだ検討する余地がございまして、現在、それを検討しているという状況でございます。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) ぜひ町民の皆さんにわかるように透明感を持った公募式にするのかということで、十分検討していただいて、より有利な方法をとっていただきたいと考えます。お願いしておきます。


 それから、続きまして21ページになるのですが、30目雑入の15節の一番最後の欄、物件移転補償金でありますが、16億9,050万が予算計上されております。ご説明によりますと、上郡中学校の移転補償だということでございますが、70%の金額を予算化されているということになっておりますが、合わせて今、現状トータル幾らを見込んでおられるのか。残りの30%は完了後だという説明であります。トータルの金額をお答え願いたいのとあわせて、内容概略の内訳はせんだっての総務委員会で提示されているように聞いておりますし、確認しておるわけなんですが、恐らくあれは決定した金額ではないと思いますので、決定された金額がもし手元にあればお知らせしていただきたいと思います。15節雑入についてお聞きします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 担当部署で私どもお聞きしているのは、補償金総額が24億1,500万円、これの70%が16億9,050万円の計算になります。残りの7億2,450万円が翌年度以降への財源ということで、基金措置等にしてございます。その内容については担当課の方からよろしくお願いしたいと思うのですが。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) 今、細かい資料がありませんので、申しわけないのですけれども、今ちょっと持っておりません。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そしたら近い総務委員会の中で、なるべく早い時期に提示していただいて、これから本工事が進んでいく予定でありますし、実施設計においてもそろそろ成果が出てこなかったら当然、工事の方に影響が出てくるだろうと思っております。ですから、早い時期にその旨を総務委員会の方でぜひ検討していただくようにお願いしておきます。


 それから、同じ21ページなんですが、15目土木債の15節土地区画整理事業債3億1,650万のうち、3億900万円が駅前の土地区画整理事業債として見込まれております。つきましては、駅前区画整理事業が現在どの程度の進捗率にあるのか、そしていつごろ完成する予定であるのか、また今後残っております工事を全完するにかかる実行予算が今手元にあれば教えていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) ただいまのご質問でございますけれども、現在、平成22年度の施行期間ということで、ご承知のように76億1,400万で事業を進捗してございます。18年度末の事業費ベースでは、77%の進捗となります。今後の見通しでございますけれども、本年度、事業費並びに事業期間の見直し年度ということになってございますので、詳細についてはその辺の調査が終わった段階でわかるのではないかと思ってございます。事業の1点としましては、物件移転、これにつきましては現在18年度末、繰り越しの物件移転を退けまして、18年度末で69物件が今後の事業費に入り込んでくるものと思っております。


 あとは都市計画道路の駅西線については、20年度の供用開始を目指してございます。もう一本の上郡駅前線につきましては、まだ東側の物件移転ができてございませんので、その移転を行いながら、20年度から事業着手をしていきたい。それとあわせまして、駅前広場の整備も着手していきたいといった状況でございます。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 私があえてお聞きしたかったのは、課長がお答えになられましたように、事業費ベースの進捗が77%だということなんですが、町民の方々は特にその駅前の方々は特にどうも歩みが遅いというので、果たしてこれがいつごろまでにできるのだろうか。果たして予定されている事業ができるのだろうかと、非常に心配をされております。ことし見直しをするということでありますけれども、そこらもあわせて確実に、私が思いますのも実際使っている予算は恐らく実行されている部分との比率がどうしても先食いしているように私としては感じられるので、そこらもあわせて余り予算が膨らまないように今の状況の中で早い工事完遂をお願いしたいと思っております。町民の方々は非常にそこら辺を心配されている方が多いように聞いておりますので、ぜひともそのようにやっていただきたい。


 そして、歳出のところであえて質問したいと思っておりますが、3億5,000万ほどですか。ことしの工事費が。そのうちでほとんどが95%ぐらいが補償費であって、実際の工事費は3,000万ほどしかない。3,000万といいますと、1本の道、50メートルほどつけたら、大体消化してしまうような予算ですね。今年度の工事予定がどのぐらいになられているのか。私はまだ手元に資料がないのでわかりませんが、歳出のときにまたお尋ねしますが、とにかく町民の方々はその旨を心配されているということで、お伝えをしておきたいと思います。ぜひとも進捗率と使った予算とが合致するように、だれが見てもなるほどなと思うような執行をしていただきたいと、あえて苦言を申し上げて、私の質問は終わります。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


 ないようでありますから、次に歳出ですが、22ページから56ページの衛生費までについて質疑をお受けいたします。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 40ページの福祉センター運営費の使用料及び賃借料の土地借上料であります。町長や議会の理解があって総合庁舎に福祉センターが移ったわけでありますが、残りの現在の福祉センターの処分をどうするのかと。空き家のまま置いておって老朽化して使えそうにもありませんし、貸すこともできないだろうと思うのですが、これが土地使用料をずっと支払うのも不効率だし、どうされるのかなということを私も社協に出させていただいている理事としても知っておきたいと思うんですが、もし方針が決まっておりましたらで結構です。お尋ねします。決まっていなかったらいいわ。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) お答えいたします。旧総合庁舎に社会福祉協議会が3月18日に移転しました。その後、あそこは現在16条の条例によりまして休業という形にさせていただいています。今後につきましては、再開ということは耐震的にも難しいということを聞いておりますので、今後取り壊しとか、そういった方向に向かう可能性もあると思うんですけども、現在のところはそこまでは決まってございません。今、休業という形にさせていただいております。よろしくお願いします。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 要望として、空き家で置いておってもいろいろ問題があったら困るので、取り壊しも金もかかるしというけど、いつかはどっちかしないといけないので、お金もかかることだけど方法の方を考えていただくようにお願いしておきます。


 47ページ。民生費の15節工事請負費の430万5,000円、これは一般質問でもお尋ねした0歳児の保育室の増設のことだと思いますが、もし町長がここに建てずに審議会なり町長の命令で例えば、空き教室のある幼稚園なんかにできるとなれば、子供にとっては本当に環境のよいことで、現に保育所におる先生も子供もすべてによいことになろうと。お金も要らないことになろうということなんです。そういうような方向ができるのか、健康福祉課長、または教育委員会の課長にお尋ねしたいのです。そういうことは私は、一応予算に上げておるので、ここで建てるということになるんですが、途中でその方針が変えることもできようと思うんですけどね。そこは可能なのかどうか、課長がご答弁しにくかったら、町長もご答弁しにくいかもわからないけど、何らかのご答弁をいただきたいのですが。このままだったら私もちょっと心苦しいんですわ。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) お尋ねのつばき保育所の増築の件でございますけれども、委員会等でもご説明は申し上げましたけれども、現在、乳幼児、0歳児の保育というものがこの4月に入所受付をした段階で、私立の高田陽光さんの方で受けていただいておったキャパシティーがオーバーしたということで、2名の方をどうでも、措置をしなければならないということになりました。それですぐにということも、今そういったつばきの方の受け入れ状況がないので、今回、保育室ということで14.59平米を現地見聞もいただいたように、中庭のところを増築するんですけれども。途中でこの方向転換というか、それをなしにしてということができるかというお尋ねですけれども、この分についてはとりあえずこの10月には入所しなければいけないので、今、ここでそういう転換をしても、それまでに間に合うかどうかということもわからないという予測が立たないということなんで、この分についてはこのまま執行させていただきたいと、担当の方では考えております。よろしくお願いいたします。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 工藤議員が前におっしゃっておりました赤松幼稚園の転用等につきまして、まだ調べていないのですけれども、補助金をいただいておりますので、適化法に該当するかどうか、こちらで研究させていただきます。


 二枚看板でいけるかどうか。保育所、幼稚園、そういった事柄、将来的には認定こども園ということも考えられる。それらで補助金をいただいておりますのがうまく処理できるかどうかということ、研究させてもらいます。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) お互いの担当課はそれが正式な答弁だと思います。それ以上言えませんので、町長も両方の統率する立場にありますので、できたら子供にいい環境を与えるためにも、これを突破口として解決していただきたいということをお願いしたいんですけどね。ご答弁いただけるようだったら。嫌だったらいいですけど。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 今、両方から話がございましたような状況がございます。そういうことを検討しながらやっていきますと、時間に間に合わない可能性もありますので、このままその部分についてはやらざるを得ない部分がある。というのは1つは保育所はそういう0歳児を受け入れないといけないということになっております。そういうところで、施設をつぶしてほかのものに転用してしまっていますので、まずそれはしないといけないかなと思っていますけれども。これよりも基本的には先ほど来、話がございましたように、きちっと対応していきたいと考えております。その節につきましては、予算化も含めましてですけれども、条例を設置し、審議していただいた上できちっとするわけですけれども、当面の話をしますと今、各関係課が言ったとおりになっております。その辺、ご理解いただきながらぜひ近々のうちに結論を出していきたいと思っております。


○議長(正木 悟君) 8番。


○8番(阿部 昭君) 27ページのJR上郡駅のバリアフリーの整備ということで予算計上されていますが、これは非常にありがたいことです。


 それからもう一つは、利用促進協議会の件も出ておるんですが、実は新快速を通す前に、この促進協議会でお願いしたいのは、自動改札機、これは大阪から帰ってくるときでも切符を買わないといけないのです。そういった往復の切符を買いなさいと宣伝しているんですが、往復の切符を買いますと、姫路の駅で途中下車できないんですね。だから往復の切符買う人はいないんですよ、大阪に行くのに。そこら辺から一歩前進の方法はとれないものかと。きょう、この予算を見て感じましたので質問いたします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) JR上郡駅の利用促進ということで、新快速の直通電車等の復活はもちろんですが、あわせて今行っている要望の中に自動改札機も当然入れております。JR側の回答では、JRが設定しておりますアーバンエリアの区域には優先的にしているということで、相生・赤穂は入っていますが、有年・上郡入っていないと。それをシステムな変更がありますのでという回答だったんですが、聞きますとどうも古いシステムが上郡に入っているから、今は時期ではないという回答をいただいております。優先的にはどうも岡山へ行く方向なんですけども、これは当然要望もありますから、粘り強くやっていくつもりでおります。


 あわせてバリアフリーについては、弧線橋のエレベーター2機と身障トイレほか点字ブロック案内板というものもろもろ含めての事業で、19、20という2カ年で取り組む予定です。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 28ページの14節の使用料及び賃借料2,984万円と非常に金額が大きいんですけども、この中に住基ネットの機械の借上料が含まれておるというご説明だったかと思うんですね。まず1点は、全体の住基ネットの機械が何%なのかということと、それとこの使用料及び賃借料については、リース契約として契約はできないのかというまずこの2点お聞きしたいんですが。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 使用料及び賃借料2,984万円の中に住基ネット部分としましては、204万8,000円を含んでおります。ここで借上料ですから、すべてリース契約の機器で、本年度の支払い予定の金額でございます。以上です。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) いろんな問題を抱えながら、この住基ネットが始まったわけなんですけれども、今、この住基カードの普及率というのは上郡町にとってどれぐらいなんですか。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) ちょっと覚えてはいないんですが、かなり低かったと思うんで、1けただったと思うんです。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) この住基カードが発行されるということになって、数年経っておるわけですけれども、全然ふえていない。それは住民の方が必要ないだろうという判断をしておるのか、それとも自治体の方が普及させる努力をしていないのか、これはどっちかわかりませんけれども。これから先、この住基カードについては、多分そんなに普及していかないのではないかなと僕は思っているんですね。この住基カードについて、上郡町はもうやめようと、脱退といいますか、これについては廃止といいますか、やめようというようなことはこれ、可能なんですか、これから先。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 今もういろいろと啓発、パンフレットをつくったりして理解を求めて、今でも1週間のうちに何件かの方はお見えになっておられます。やはり県といたしましても、やはりそういうのを進めていくという方向でおりますので、やはり何%向上という形でも通達も来ておりますので、それに向けて町としても対応していかないといけないと思っております。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) わかりました。次、29ページ。研修センター管理運営費なんですが、まず需用費の消耗品費、施設修繕料、機器等修繕料、これご説明では畳の老朽化による張りかえであるとか、厨房の機器の修繕とご説明があったわけですけれども、実際、具体的に厨房のどういうものを修繕するのか。この消耗品費としては、どういうものを使うのかという具体的にもう少し説明していただきたいんです。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) まず、消耗品でございますが、非常に年数がたって損傷がひどいということで、本年は部屋数としましては14室分で156枚を予定しております。8,400円の単価ですが、掛けていただくと131万1,000円になります。施設修繕及び機器等の修繕については特にというのは想定はしていないんですが、通常の事務修繕に要している実績から、この辺の予算措置をさせていただきました。過去は空調機なり、冷却水の揚水ポンプなり修繕も発生しておりますし、危機等では厨房では風呂のボイラー、厨房では冷蔵庫関係、相当大きな冷蔵庫を入れておりますので、その辺の修繕がそろそろということも想定しましての予算措置とさせていただいております。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 条例では、60万円までは杵屋の負担ということになっておると思うんですね。この畳の修繕についても60万円については負担していただくことになっておると思うんです。今の説明だったら全部町が負担するという説明だったと思うんですね。これはちょっとおかしいのではないかと思うんですけれども。どうなんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 協定の中の維持管理の9条にあるんですが、維持管理費のうち、その他の附属施設の修理費が1件60万円以下のものは「乙」負担ということで、杵屋さんになりますが、60万円を超える場合は「甲」、町になります。この1件の扱いを適用して131万1,000円という解釈で、1枚という設定では想定してございません。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) そうしたら施設修繕料についても、機器等修繕料についても、1つが200万なんですか。例えば、厨房の中の修繕しないといけないものがありますね。それを1つ修理することによって250万かかるという意味なんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 過去の18年度の例でいきますと、冷却水の揚水ポンプで121万8,000円、修理代かかっております。これは町の負担ということなどから、1件60万円の金額の基準で行っております。過去の例で60万以下のどんな修理をやっているかといいますと、昨年度ではガスコンロなり、掃除機なり、空調関係、照明器具、すべて60万円以下については杵屋さん負担ということで、現在では49万程度は杵屋さん負担では直していただいております。この予算については、1件200万という想定ではなくて、予想されるものを含めてということで、具体的にどれだと予算は実はおりてございません。こういう実績から必要であろうということです。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) わかりました。次、12節の役務費なんですが、建物保険料15万8,000円と、前年度は建物保険料は1万6,000円だったんです。約10倍にはね上がっておるんですけれども、建物保険料が。何で10倍も上がっているんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 申しわけございません。これは積算ミスだと思います。1万6,000円だと思います。済みません。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) こっちが間違いなんです。15万8,000円が間違いなんですか。建物保険料、年間1万6,000円なんですか。


○議長(正木 悟君) 休憩します。             (11時43分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (11時45分)


 5番。


○5番(由田五千雄君) 30ページの75目の防災費についてでございますが、これを見ますと、まずお尋ねしたいのは次の31ページの西播磨地域広域防災総合訓練負担金が出ているんですけれども、これはどういう訓練の計画があるんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 西播磨地域、主体的に西播磨市町長会というのがございますが、姫路市中心の広域の組織がございます。これの持ち回りで西播磨地域の防災総合訓練を行っております。18年度はたつの市で行っておりまして、それぞれグループ分けになっております。19年は赤穂郡と赤穂市のグループの当番ということで入ってまいります。それに今回、ここには出ておりませんが、県の総合防災訓練も入って、相当大きなことになろうかと思うんですが、日程的には9月の初めということで、それに向かって進めてございます。昨年4万2,000円の負担で、今回84万2,000円ということで開催市町のどうしても経費等で負担を過去の例から行っておりまして、そういった中身から今回84万2,000円という負担で措置をさせていただいております。


○議長(正木 悟君) 5番。


○5番(由田五千雄君) ここ私も防災についていろいろとご意見を申し上げておりまして、こういった具体的な総合訓練をやるべきだという主張をしておりましたのですが、こういう機会がめぐってきたということで、これは非常にいいことだと思うんですけれども、ことしはそこに主力を置きましょうということなんでしょうか。ほかの防災のソフト面だとか、あるいは通信関係とか、もう少し全然そんなのは入っていないのですね。町独自の。これはちょっとお粗末だと。いろいろと河川改修とか、あるいは土手に県がつくってくれた木製の堤防ができたとか、いろいろと配慮があって、そういう状況が進んでいるんですが、私はさっき申しましたように、もう少し具体的なソフト面、例えば各地域の公民館あたりを第1次避難拠点として使えるような、そういう備品なり、あるいは通信連絡の機器なり、そういうことを整備していってほしいなと思うんですが、来年の課題になりますが、私はその中心としてはどういう訓練ができるのかなということですが、1つ来年度は次に向けてお願いしたいと思います。それが防災の方なんです。


 もう一つは、37ページに社会福祉総務費の中の一番右に民生委員推薦会委員報酬というのが上がっております。これはどういう会なんでしょうか。民生委員を推薦してつくる場合にこういうメンバーがおって機能するんかなと想像しますけども、これはどういう組織であって、どういう仕事をするのかということを質問します。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 民生委員の推薦会の報酬のお尋ねでございます。民生委員さんの方につきましては、その上の段の報酬ということで48名の方にご活躍を日々いただいておりますが、この民生委員さんの任期が3年になっておりまして、本年度が改選の時期になってございます。民生委員さんにつきましては、民生法におきまして、厚生大臣の方からの委嘱を受けて県から通達が来るんですけれども、その前段の委員を選ぶ手法として推薦委員会を設けなさいというのがございます。それで推薦委員会というのをことし12月が委員さんの任期になっておりますので、それまでに19年度に入りましてから、推薦委員会を立ち上げて、そこで推薦していただくということでございます。その推薦委員さんにつきましては、各地元の自治会なり、民生委員さんの方からまた適切な方をこちらの方に推薦していただくということで、本推薦委員会、民生委員さんを選ぶための推薦委員さんということで位置づけてございます。


○議長(正木 悟君) 5番。


○5番(由田五千雄君) いろいろとこういった委員というのは委員会制度があって、いろいろな形で構成をしていったり、つくっていっているわけですけれども、これは恐らく国の戦後できた民生委員会制度の根幹になって、その辺からのアメリカの指導でこういう流れがずっと続いているのだろうかと思うんですが、従来町などのいろいろな委員会は、いろいろな自治会とか、婦人会とか、そういったところを基盤にしながら、そういう人たちの自治会の役員の方が推薦持ち上げていってくるという、私も自治会長しておった時分にそういう形で推薦しておりましたのですが、このあたりことしは切りかえ期なので活動が盛んになるのでたくさんつけましたという話なんですが、このあたりももう少し、財政改革ではないけれど、絞れないかなと思いますが、いかがでしょうか。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 報酬の減ということをお尋ねかと思いますけれども、これは推薦会というのは必ず立ち上げなければならないのです。その回数については何回やるかということは町の方で裁量はあるんですけれども、おおむね3回ぐらいは寄っていただかないと適当な推薦はできないのではないかということで、単価が7,800円で13人の方に3回ほど寄っていただくということに4月から12月までの間にということを計上させていただいておりますので。1回でもいいじゃないかという話になると、それはなかなかそれはそれで決まればいいんですけれども、ちょっと余り委員会としては妥当ではないかと思いまして、3回を組ませていただいております。


○議長(正木 悟君) 5番。


○5番(由田五千雄君) 結構です。わかりました。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 先ほど藤本議員からご指摘がありました29ページのピュアランドの建物保険料でございます。正しくは本年度の数字が正しくなってございます。昨年はどうしたのかということになるんですが、改めて予算が不足しますので、途中で流用させていただいたということで大変申しわけございません。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 若干質問いたします。まず27ページの総務費、19節の負担金です。智頭線利用促進協議会負担金11万円です。この金額についてはいいんですけど、町長、おとどしになるんですけれども、議長の代理ということで総会に参ったんです。僕は何回も言いますように、JRのことを言ったんですけど、利用促進ということだから智頭線に乗るということが目的だと思いまして、そのとおりに電車に乗って行ったんですけど、来たほかの人が、ほかのすべてが自動車で来ておるんです。これ見てびっくりしたわけなんです。そのときの総会の中身が、ローカル線の利用者が3万7,000人ほど減っているという中身だったんです。これを見たとき、こんなことじゃだめだと思ったんです。町長、ぜひともやはり利用促進というのですから、職員なりあるいはこういう促進協議会のトップが率先して利用を促進するということで、まず乗るということが大事だと思うんですが、町長、その点だけお気持ち、そういうことをお願いします。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) JRも含めまして、私は行けるところはJR使ったり、まだ智頭線を使うところまでいっていませんけれども、それは必ず乗せていただこうと思っております。近隣につきましては、車で行かせていただきますけれども、基本的には姫路以東については電車で行こうかなと考えております。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) ぜひともお願いします。続きまして、29ページ。今、藤本議員が質問した、同じ研修センター管理運営費なんですけど、この金額もさることなんですが、研修センターがご存じのように指定管理者制度になって運営されていますが、この議会なり町民に対して中身の経営状況なり、そういうことが一切見えないんですね。例えば、細かいことを言いますと、夕食が予約がないと食べられないということ、申し込めないということも、僕は当時そこへ行って初めてわかったという状況があったんですね。そういうことも含めまして、経理状況なり、委員会報告にもそういうことが出ていない。指定管理者制度というのは1つの制度なんですけど、中身の情報公開というのはまさしく行政としてはやっぱりやらねばいけないし、ましてや町民の財産ですから、町民が知られるような状況にしていかねばならないのに、一切これが出てこないという状況はどうなんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) ご指摘のとおり、そのレストラン部門であったりということで、情報が余り知れ渡っていないというのは大変申しわけなく思っております。利用状況からも余り伸びていないということもございますし、その理由を考えるとレストランを自由に使いたいという声もかなり聞きます。そういうことを踏まえて、指定管理者とのいろいろな協議を行ってまいりたいと思っております。まず、それが逆に指定管理の委託料にはね返ってくることもございますので、十分踏まえて検討させていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) ぜひお願いします。ご存じのように最終年度になります。今までの去年、ことしの決算、そういうことはやっぱり僕らの子供会や獅子保存会でも決算報告がありますから、行政の財産でやっている事業が決算報告がないというのもまたおかしな話ですので、ぜひともお願いします。


 それで、町長、この指定管理者制度なんですけど、この制度について町長、ほかの町内にはいろんな施設もありますし、いろんなところもあります。そういう指定管理者制度について町長の考え方なり、これからの取り組みの姿勢をお聞きしたいのですが。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) この制度につきましては、私もいろいろな自分自身が団体をやっておったものですから、その対象にもなったことがあります。対応の仕方はそれぞれ検討しないといけないと思いますけれども、今のところ町の事務自体の合理化を図っていくためには、積極的に対応していこうというのがこれまでのいきさつだと思いますし、私もその姿勢を変えるということは今のところは考えておりません。ただし、いろいろな問題があると思いますので、その辺は議会とも、あるいは町民の意見も聞きながら、だめなものはだめだというようなことで、やっていきたいと思っておるところでございます。ですので、この制度のいいところだけをとるというのは、非常に難しいのですけれども、そういうような対応の仕方を今のところやむを得ない部分もあるんですけれども、やっていきたいと思っております。それにつきましては、やる時点では必ず相談させていただきますし、議案にも上げさせていただこうと思っております。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) あと4点ほどお願いします。


○議長(正木 悟君) ここで休憩します。再開は午後1時。  (11時59分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (13時00分)


 10番。


○10番(小寺政広君) 34ページと35ページの県会議員と参議院選挙なんですけど、これの委託料の中で、看板設置撤去委託料というのがあるのですが、参議院選挙のところはこれが141万7,000円で、県会議員の選挙は13万5,000円、こういう差、これは僕らみんな選挙しているものでわかるのですが、139カ所、場所は同じなのになぜこう差が出ているんですか、それをお聞きいたします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) ご存じだと思いますが、県会議員選挙の告示は3月30日、ということは18年度でございますので、18年度予算で措置しております。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) わかりました。僕の方がうっかりしてまして、どうも済みません。38ページをお願いします。民生費の19節負担金補助及び交付金ということで、ご存じのように今、補助金の見直しとか交付金の見直しというところへ進んでいますが、これ多分、昨年の今持ち合わせていないんですが、昨年より大分多くなっているんです。間違いだったら失礼ですが、1,355万9,000円ふえているのです。この理由と、それからそれぞれの各種団体に出している補助金とか、負担金の中で上がっているところもあるし、下がっているところもあるという、この予算のつけ方の方針なり考え方をお願いします。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) ルール分に出しているものはほとんど変わっていないと思うのですが、特にふえたものの要件としましては、児童デイサービスの事業市町負担金、これが新たに建設が始まったということで800万円ほどふえてございます。それから、地域活動支援センター補助金、これも昨年度はなかったんですが、障害者自立支援法が設置されまして、新たに設けられた補助金でございまして、精神の方が通所される恵風いわゆる仁泉病院等に設置されておりますところに出す補助金でございます。主なところはそういうところでございます。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 47ページに移ります。民生費の児童館費ですが、これ本当にそこで利用される方は本当によくご存じで、利用も盛んにされているのですが、もう一つ町民全体について、この児童館で取り組んでいる事業とか、児童館そのものが余り知られていないように僕自身が見受けられるのですが、そのPRといったらおかしいんけど、町民にもっと利用してほしいということで、どんどん積極的に町行政が主体的にもっと宣伝してもいいような施設だと思うのですけど。そういうところのPRとかそういうのはどうされているのですか。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) ご存じのように児童館は一時の子供が帰宅した後の遊び場として、1人っ子とかかぎっ子といったような対策で設けられたと聞いております。目的といいますのは、健全な遊びを与えて子供に情操をはぐくむといったようなことが趣旨でございまして、これは当然ながら子育て等にも影響があるんですけれども、町全体としての施設でございます。そういった意味で、今現在母親クラブといった事業をやってございまして、お母さん方はそれぞれの趣味や学習、それから子供たちも一緒にそこに集って、児童厚生委員が保育士の資格も持ってございますので、一緒に遊ぶといったような施設でございます。そういうクラブ等につきましても、広報等で募集をかけております。そういうことで、町全体としては町広報等で募集しておりますので、特にとりたてて力を入れて啓発するということは考えておりませんけれども、ごくそういった広報の仕方はやってございます。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 26ページの13節委託料のところなんですが、清掃委託料、その一番上の、これはたしか年2回、これは来年度はということを私は耳にしたように思うので聞くんですが、年2回120万、額は小さいんですけど。一度にお願いします。今の一番下の宿直のことなんです。これは、私が聞きたいのは、年2回の清掃業者にということなんですが、これは1回でもいいんじゃないかという私自身のそれなんです。まずそれをお願いします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 清掃委託、庁舎の清掃については、平成17年度まで毎月のように頻繁に行っておりました。18年度については、財政的なことも考慮しまして、職員で行うということで取り組んでまいりましたが、やはり相当汚れがひどくなっておるということで、維持管理上、好ましくないことも考えまして、最低、年2回のフローリングの磨きとかを入れる予定にしてございます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 今の言い方では特にフローリングが中心なんですね。ワックスがけとか何かになると思うんですが。それはそれでよろしいです。その一番下の宿直の件は、これは単純な質問なんですけども、時給幾らぐらいでお願いしているのですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 毎日の夜間の宿直については、シルバー人材センターに委託してございます。それが当直者に即にはね返るものでなく、委託料ですので、委託契約の中身としましては、1日5,500円で365日の2人という委託内容、及び年末年始6日間については、1,000円の割り増しという委託契約になっておりまして、そのトータルが422万9,000円ということでございます。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 聞き漏らしたんですが、これ5,500円掛ける2掛ける365ですか。わかりました。


 27ページ、13節同じく委託料なんですが、1,350万ぐらいあります。自治会長活動委託料というのは多分私は1回どこかで見直すということを聞いたことがあるんですが、これは見直した後の数値ですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 本年度1,349万8,000円は、前年度と同額にしてございます。その17年度から見ますと1割減ということになってございますが、19年度にさらに見直すという約束のもとの同額ということで、いろいろ今後の活動も含めて町の配付もお願いしておりますけれども、含めて集中的に検討するということになってございます。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) ちょっと2〜3お聞きしたいと思います。ページ数が後先になるかもわかりませんけれども、ご容赦願いたいと思います。


 まず、30ページの防災費、これについて由田議員いろいろと質問出たんですけども、この中で今回防災会議の委員の報酬ですか、これは1名1回という説明を聞いたんですけども、それが8,000円ということで、予算は8,000円になっておるんです。これは7,800円を8,000円という数字で、これは結構なんですけれども、しかしながら補正の段階において、7万円の減ということでこれが8名分という説明だったと思うんですよ。これが今回1名、実際の防災会議の委員といったら何人おられるのですか。この報酬にかかわる、この予算化された報酬のメンバーといったら何人ぐらいおるのですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) はっきり人数を覚えていませんが、ここに対象となっております充て職の方は消防団長、その他の方については公の機関の方ということで、報酬が出せないという約束のもとで、1名だけになっております。総人数は覚えておりません。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 補正減になったのは8名というのは8回分ですか。消防団長が8回防災会議を開いて、8回とも欠席になったという意味なんですか。これは。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 補正のときには、防災会議のみの説明をしておりましたが、実は国民保護法の絡みのものも同時に補正減させていただきました。国民保護法の協議会の中で報酬対象に予算化をしておりましたが、ほとんど辞退されたということの結果を踏まえて補正はさせていただきました。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 気になっているのが、小寺議員も質問出ましたけれども、ピュアランド指定管理者制度、これについては今年度で終わりということで終わるんですけども、これ3年契約これで終わるんですよ。今の経営状況がどうのこうのということもあったんですけども、これぼちぼちと来年度の契約がどう進むのか。業績内容がどうなっているのかは当然ですけれども、それによっては指定管理者制度が継続になるのかならないのかと、そういう心配も小寺議員の質問の中でも夕食が予約がなければだめだとか、いろいろなことで減になってきているのではないか。こういう私は近くにおっても心配しておるのですけれども。当初から心配しておったんですよ。本当に3年間で済んだときに、満了になったときに、引き続きこの金額で契約ができるんだろうかというような心配もあったんですけど、今度の予算の中で最後ということでいかがですか。これ自信を持って来年度も契約できるような話はしているのですか。ぼちぼちやっておかないと困るんではないかと思うんですが。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) おっしゃるとおり、20年度ではゼロという協定になっておりまして、ここまでは契約が残ると思うんですが、今後のためにも本年度から協議を進めたいと思っております。余り利用が少ないようでも困りますし、逆に利益が上がった場合、2分の1が町にいただけるという話もなっていますので、その辺も踏まえて今後協議は進めたいと思います。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういうことで速やかに1年といったらすぐ来ますので、早くから詰めていくことは必要だと。それが詰まらない場合には、次の指定管理者をお願いしないといけない。また募集しないといけないので、相当時間が要ると思うんです。スパンが。その点も考慮に入れて早くこの分だけは詰めていただきたいと思っておりますので、その点、総務委員会なりでその都度報告をお願いしたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。


 それと37ページ、民生委員報酬、これは262万8,000円、これはこれでわかるんですけども、これと対照になるように、38ページの民生委員活動補助金、これが289万2,000円、これがあるんですけども、いろいろ努力していろいろな活動してくれた補助金、これは県からの10分の10という多分補助金だろうと思うので、これについてお伺いしたいのですが。県の補助金が歳入の方で281万5,000円、こっちでは10分の10です。それがこっちでは、予算の歳出の方では289万2,000円と、これは差が7万7,000円あるのかな。町の方が10分の10にかかわらず7万7,000円の上積みという形に歳出なっているんですけれども、この7万7,000円はどこに7万7,000円出金されるのですか。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 民生委員の活動補助金につきましては、民生委員の活動ということで6万円掛ける48名、それプラス1万2,000円で289万2,000円です。補助金との差額につきましては、これは民生委員の協議会の方に支出しておりまして、そこで活動費として使用していただいております。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういう説明を聞いたらそうかなと思うんですけれども、やはりこれ大変厳しい中での各種団体の補助金はいろいろと今回も相当平等に減していったと思うんです。それに10分の10の県の支出金の補助金を活動費としての、それが町が独自で7万7,000円上積みしてきたということの根拠なんですよね。そこがちょっと今、言う説明ちょっとわかりにくいんですよ。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 従来からこういう支出をしておるんですけれども、当然ながら研修等に出張というか、そういったこともしていただくので、そこで使っていただくということにしているのです。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 同じことを聞くのは申しわけないけど、やっぱりその従来からという言葉はどうも私は理解できないので、やはりお互いに苦しいときはつめしていくと。報酬はちゃんと一人前かどうかわかりませんが、報酬は報酬でいただいておると。よく見たら同額の金額です。それはまた活動費は県からもらったものに何で町が7万7,000円上積みしないといけないのか。その範囲内で、10分の10ということは、その中で範囲内で活動してもらうと。細かく言えば、活動の中身ですね。1人6万円という金額が、その6万円の内訳にしても、いろいろと問題があるのではないかと思いますので、やはりあえて7万7,000円の上積みはどうだったのかと思うんですけど、課長の説明を理解して、了解するということにしますけども。余りきつくは言いませんけれども。


 それから、24ページ。委託料、これは研修委託料はどこに研修委託、何の研修を委託されておるのかということ。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 今回新たにお願いをしております。10万5,000円でありますけれども、一昨年の人事院勧告に基づきまして、企業構造の改革ということで人事評価制度を取り入れるという勧告が出ております。その人事評価をするに当たっては、慎重に評価側、非評価側も研修する必要があろうということで、民間のそういう専門会社があるんですが、これを単独で研修をお願いしますと相当高額なことになるということで、太子町、佐用町と私ところの3町でいろいろお話し合いをしまして、それでは3町で取り組もうかということになりまして、31万5,000円、消費税込みですが、それを3町で案分したという予算措置にさせていただいております。内容については、評価側に立ちますとりあえず先行として、課長の研修、全課長23人を予定しておりますけれども、3回予定ということでその話を進めておるということでございます。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういうことで、了解しておきますけども。最後、おさえとして防災会議のことを予算、8回の8名分と1回分はどうにも理解できませんので、報酬は役員の充て職で、その人には報酬が要らないとなっておるんですが、これは改めてまた見せていただきたいと思いますので、ここではあえて言いませんけども。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) 簡単なことを1点だけお願いします。25ページ、10目13節の委託料で、西播磨情報番組制作委託料というのが書いてあります。簡単なご説明があったように思うんですけど、これの中身はどうなのかということと、過去どういう番組が制作されたのかということをちょっと伺います。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 西播磨情報番組制作委託料、いわゆるサンテレビへ制作をお願いしてございます。これを1町単独でやりますと大きなお金になりますので、西播磨の市町が共同で行おうということで、従前から取り組んでおります。土曜日の午前9時だったと思うんですが、サタデーナインですか、それの番組を年2回で回っていくという情報番組でございます。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) そうすると年2回上郡町について放映されたということなんですか。今のお答えは。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) その番組の中で特集として市町の番組の時間を多くとって放送しているということで、過去年2回行っております。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) 町長も上郡町のセールスマンを務めるというご発言もあったように覚えておりますので、町の宣伝をよろしくお願いしたいと思います。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 若干質問をいたしますが、歳入のところでお話しさせていただきましたが、とにかく町民の方々の税金、県なり国なりのいろいろな補助をいただきまして、上郡町の19年度の事業が進んでいくようになっています。今は、歳出もあれなんで、当然町民の方々が当然納得していただける。私どもも含めて納得していただける予算組でなければならないと思います。それで何点かについてお聞きいたします。


 まず、30ページの70目諸費の中の24節、これは15番議員さんも指摘がございましたが、実はたびたび安室ダム企業団の会議の中で、正式会議の中ではございませんが、雑談の中で相生市なり赤穂市なりの議員さんの方から存在意義について、もう一遍そろそろ必要性についても考えたらどうかなというような時期に来ているのじゃないかなという声も上がっているように記憶しておりますが、これについて水源開発事業出資金ということになっておりますが、これは何を目的とした事業なのかということを明確に言っていただいて、それの負担割合20%の負担割合だということになってこようかと思いますので、そこら辺もここら辺でしっかり協議をした上で、今後将来どうするかというように考えていく時期に来ているのじゃないかなと、このように私は判断しております。お答えを願います。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 新たな水源開発する場合の費用については、一般会計負担ということで、この安室ダムの開発のときにもそういう申し合いの中で2市1町の負担金、出資金として設定をしております。事業費の442の割合、相生、赤穂は4、上郡は2という負担割合で行っておりまして、毎年同額の956万2,000円が予算措置というようになっております。今後のという話で、正副管理者の中でもそういう話は始まっております。なかなか難しい問題であると思いますけれども、ほっておけない話ということで、正副管理者の中でも当然議論は出ております。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 課長の答弁ですので、あえて追加のお話をさせていただきますが、当然、今先ほど申し上げましたように、首長同士のお話し会も当然必要ですが、せっかくの組合議会というものがあるんですから、その中で全議員さんの意向調整をするなり、真剣な議論を進めていただきたい。協議をしていただきたいとそろそろその時期に来ていると私は判断しておりますので、それを1つお願いしたい。そしてどうしても必要性があるのなら仕方がないですが、しっかり協議をしていただきたいと思います。


 続いては飛びますが38ページ、民生費の19節、いろいろ補助金とかたくさんの項目が上がっているわけなんですが、個別にはお聞きいたしませんが、総務課長にあえてお聞きしますが、それぞれの補助金が第4次行革の中でいろんな補助金の要綱をつくりました。それに基づいて予算措置がされているのかどうか。ある程度加味した予算になっているのかどうかをお聞きします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 行動プランに基づいて団体等の補助金については措置をしております。ただそれ以外の運営的なもの、あるいは県の絡みのものというのは別個になりますから、その事業量に応じての予算措置という考え方でございます。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そうしたら行動プランがここに忠実に守られていると解釈しておったらいいわけですね。わかりました。それはそれで理解いたします。


 次に参りますが、39ページに飛びます。10目の老人福祉費の件ですが、これはせんだっての厚生経済常任委員会の中でもお話がございまして、実は独居老人の方の安否の確認のためのヤクルト配付をやめたいんだというお話が出ました。そのときに委員さんからも、このぐらいの予算のことをどうだという意見も出ました。そして、当然、ひとり暮らし、また高齢者の方々、寝たきり老人も含めて安否確認ということは非常に重要な役目だと思うんですね。そのヤクルト配付の訪問事業が廃止になったのは、それでやむを得ないことだとは認識しますが、そしたらこうなった場合に、独居老人の方、寝たきり老人の方の安否確認をどういうふうにされていこうとしているのか、これに対応するべく事業はどこに値するのかということでございますが、それについてどう考えているか、お尋ねします。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 乳酸菌の配付につきましては、委員会等でもご理解いただきまして、廃止ということになったんですが、その廃止というのはやはり見守りがそれなりの効果、そういったことに成果を上げないとだめだということで、今回は3日に1回でそれも置くだけで、声もかけていただけないということで廃止という形にはしたんですけれども、それ以外に代替案、それにかわるものとしては緊急通報システムとか、それから民生委員さん、あるいは老人会等での個々のコミュニケーションによる見守り、そういったマンパワーによる見守りをして、今強化していくということを重視したいということで、お願いしたわけでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 課長の答弁でございますけれども、要するに効果が薄かったという部分は、行政の指導が足らなかったんではないかなと、このように今の答弁から推測できます。ですから、私の申し上げたいのは、こういうふうに弱い立場の人をやはり見守ってあげる、費用を充てるということは行政の仕事だと思いますので、余り切り捨て、切り捨てという世の中の流れ、この時勢ということもありますけれども、やはりそこに費用を充てていくべきではないかと思います。それで対応を今のヤクルト配付の事業にかわるべき何か対応策を考えていただきたいと思います。ただいまの民生委員のどうのこうのとかいうお話がございますけれども、それでは足らないからヤクルト配付で安否を確認という制度があったものと私は思っておりますが、やはりそれの対応策を何らかの形でやっていただきたいと思います。


 例えば、24時間の介護システムを利用するとか、そういうようなことで対応すべきではないかと思いますので、これは意見として申し上げます。


 続いて、46ページなんですが、15目の保育所費、7節賃金ですが、全般的に言えることなんですが、それぞれの所管の課によって一般職員何人分とか、臨時職員何人分というのが列記されたりされなかったりというようなことがばらばらになっています。やはり予算書ですから、説明すべき内容、人員ぐらいのことは書くべきではないか。私は思いますので、お聞きしますが、この7節賃金の3,433万2,000円の臨時職員は何人の対応になっているかお聞きします。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) これは、つばき保育所と梨ヶ原保育所の保育士の臨時職員でございまして、これはつばきは13名分だったと記憶しております。ちょっと梨ヶ原の方はわからないんですけど、合わせて25名ぐらいになるのではないかと記憶しておりますが、申しわけございませんが、はっきりした人数は把握していないので、申しわけないです。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) いいですけども、その「ぐらい」だとか、人員配置ですから、やはりきちっと答えるように準備しておくべきだと思いますよ。ぐらいというようなことでは、怠慢じゃないかと思います。25人と理解しておきます。


 それから続いて、51ページですが、これは7目の訪問看護費のことなんですが、これは先ほど質問させていただいた安否確認の件の引き続いてのことなんで、これは先ほどのお答えをもってしていただくと理解しておきます。何かで対応していただくと理解しておってよろしいですかね。町長、どうですか。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 安否確認につきましては、いろいろな考え方があるわけですけれども、これまでの実績につきまして、先ほどのヤクルトの話もございます。そういう中で、今のところそういう実績についての検証を若干させていただいた上で、あれはそういうことが余り効果がないのじゃないかと一応削除させていただいたんですけれども、そういう中で、これにつきましても、できるだけ沿えるような格好にしていきたい。また、ほかのそういう制度なり、あるいはそういうチャンスがあれば、取り入れる方向は考えたいと思いますけれども、今のところそういうものがないものですから、対応しておりません。ですので、その辺行政の怠慢、あるいは指導の部分が欠けておるのじゃないかなという話もございましたけれども、それは若干そういうところがあったかなと思いますけれども、そういう指導をしているような格好ではないように思っておりますが、よろしくお願いしたいと思います。その点につきましては、削除させていただくという結果になっております。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そういうことなんで、この7節の賃金で訪問看護費の中で、報告は3人だと報告を受けておりますが、その中で対応できるのなら、十分これを活用していただいたらなと私は考えます。再度、課長の方の答弁をお願いします。


○議長(正木 悟君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) これは訪問看護費の分でございまして、訪問看護ステーションにおります看護師でございます。これは24時間体制でそれぞれ病気のケア、あるいは介護の寝たきりのケア、こういったものを医師なり、あるいは介護保険の方からの認定審査におきまして、見守りというよりも自宅での医師の指導による療養という、医療面でございます。これは元気老人は入ってございません。そういうことでご理解をいただきたいと思います。一般的な見守りにつきましては、先ほど申しましたようにやはりこれから予防介護重視といったようなことも介護保険でうたわれておりますので、いろんな町の独自の支援事業というのを考えていかなければならない時期に来ているということは認識ございます。よろしくお願いいたします。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そういうことで、施政方針のときにもお尋ねしましたが、私の意見としても申し述べましたが、やはり介護予防、予防の時代ですから、その面を重視して実際病気にかかってから医者にかかったり、いろんな手当てをしてもらうのは割高になることははっきりわかっておるわけですね。ですから、病気にならないように、少しでも元気なまま暮らしていただけるようにするのが行政の努めだと思います。そういうことで、よろしく今後とも検討していただきたいとあえて申し添えておきます。


 次に参りますが、52ページ、10目環境衛生費、1節報酬です。環保審の委員の報酬が上がっておるわけなんですが、議会の中でもいろいろ環保審のスケジュールが3月30日に18年度の事業として、この3月30日に開催される。これは本当に笑い話みたいなことで恥ずかしくて町民にはこんなことを言われませんわ。ですから、もう少し真剣に考えて、これだけ環境が大事な時代だということは皆さん、住民の方は小さい子供でもわかっておる案件ですから、3月年度末の最後の日に審議会をするというような、こんなやっつけ仕事も甚だしいように思います。その点について、もう少し真剣味を持って、仕事をしていただきたいと強く思いました。


 それについてどうですか。考えは。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 環境保全対策審議会の今回予定している内容は、やはり18年度の検査項目の公表、そこで報告ということで予定しております。それでしたら時期をずらして新年度入ってからことしは今回開かせていただきますけれども、次回からは早く年度当初でするのであれば、前年度の報告をそこでするのであれば可能かなと思うのですが、その当該年度の分をしようとしまして、そういうような結果になったということでございます。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) いろいろな空気の、ガスの、大気の調査とか、水質検査の結果、県に委託しております結果の報告だと理解しておりますが、もっともっと私としては審議会たるものは大気の検査をこうだったから問題ありませんでしたとか、何カ所かで水質検査しましたが問題ありませんでしたとかいうようなものではないと思うんですね。もっと環保審というのはもっともっと重みのある審議会だと思っております。ですから、町内においてもいろんな事業を今、特に河川改修で大きな事業を進めております。ですから、そういうときにこういう仕事があるのだけれども、例えば環境に影響がないかとか、そういうことを審議するのが、僕は環保審の仕事だとこのように従前から申し上げてきた経過がありますが、いまだにその体質は変わっていないように思います。町長の諮問として、そういうことを取り入れてやるべきではないかなと、そういう環境問題のことは非常に大事なことですから、生態系に影響があるかとか、チスジノリのことで中学生が表彰されましたですね。そういう時代です。そういうことを重きに考えてやっていただきたいと思っております。町長、その環保審のあり方について、どう思われますか。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) おっしゃる趣旨はよくわかりますが、できるだけ早いことを前年度の分について発表していこうという考え方でやられたと思うんですけれども、実態はどういうことになっているか。もう少し詳しく調べた上で検討する分は検討し、直す点は直していきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そういうことではなくて、審議会というのは、当然政令に基づいた環保審ですが、町長がある程度これを審議せいということで、諮問をすることだと、審議をお願いすることだと思いますので、単なる結果の報告だけではなくて、今言ったようにいろんな環境が次々と変わってきている。ですから、その中で河川改修を今進めていっているけれども、何か問題ないかなというようなことを審議していくというのが環保審だろうと私は認識しておりますが、そこら辺について町長の考えはどうですか。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 今、言われるような趣旨でお話しされているのだったら、そう考えさせていただく方が至当だと思っております。だから問題点が出た場合に、環境問題として取り上げるところはここでするんだというような格好をしていかないとだめだろうと思いますので、これが条例で設置された審議会ですので、そういうように尊重しながらやっていく。今のところは検査結果だけを報告するような形になっておりますので、環境で非常に問題が起こる、あるいはそういうことになれば、そんな話をさせていただけたらどうかなと思っております。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そういうことだと思います。町長もそういうご答弁いただいたので、ぜひともそういう方向性を持ってやっていただきたいと思います。予算がどうのこうのというつもりはさらさらありません。


 続きまして、55ページ、10目塵芥処理費でございますが、13節の委託料です。その中の下から2番目、公害監視業務委託料という1,040万の予算計上でございますが、これについて19年度、本年度はどういう事業、業務を委託しようとされているのか、お尋ねいたします。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 公害監視業務委託料の1,040万でございますが、これは栗原の最終処分場と岩木の環境センターの不燃物の処分場のところで、栗原につきましては、公害監視ということですから、地元の方が持ち込み等の監視を行うということで、月報で今現在上がってきておりますのは、日に2人監視しているということで上がっております。岩木の公害監視の件につきましては、持ち込み手数料の半額と1名分の監視委託料ということで覚書、並びに契約の内容どおり行っております。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 課長の苦しい答弁はよくわかるんですが、以前に本会議の中で我々の先輩議員が深く追求した時期がございました。それから私もそれなりにいろいろ調査させていただきましたが、やはり町民に納得していただける、先ほど言いましたが、せっかくの予算ですから、せっかくの税金ですから、やはり納得していただいてこそやはり山本町長が、信頼と愛の風とおっしゃっていらっしゃいます。信頼を得るということは町民にすべからず納得していただけるということが前提にあろうかと思います。徴税につきましても、やはりいろいろ努力されてやっておられます。前提にこういうことがあれば、不可解な部分が残ったままでは信頼を得られないだろうと、私はそのように考えております。これについてはいろいろ流れがありまして、現在引きずってきている大きな問題ですが、やはり出発点が間違っていたのと違うかなと。いろいろ学見の人にお聞きしても、そういう意見もいただいたこともございます。やはり当然見直すべきは見直すべきであろうかと思っております。ですから、ゆめゆめ、去年は偽装とか裏金とかいうことで日本じゅうは揺れ動きましたが、そういうことにならないように私の方からあえて言っておきます。偽装予算にならないように、裏金づくりの温床にならないように、このことだけは肝に銘じて業務執行をしていただきたいとあえて申し添えます。それについて、町長、何か感想ありませんか。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) よくわかりにくいところもあったわけですけれども、私もいきさつはそれほど詳しくございませんので、現在のところ議会で決めていただいたものでございますので、その対応はそれでいいのではないかと思っております。また、問題があればそのときに対応していきたいと思っております。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 繰り返し申しますが、やはり透明に公正に予算執行をしていただきたい。そうでなければ納税意識も薄れてきますということなんで、十分精査をされて対応していただきたいと思っております。


 以上、意見を申し上げ、私の質問を終わります。


○議長(正木 悟君) 暫時休憩します。           (13時44分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (13時44分)


 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 申しわけございません。臨時保育士の人数ということでお尋ねでございました。私も調理員とか、そういったもののカウントを認識甘くしておりまして、いいかげんな数字を言ってしまって申しわけなかったのですが、まずつばき保育所に調理員が1名と純然たる保育の保育士が8名、計9名です。それから梨ヶ原保育所につきましては、同じく調理員が2名おります。午前中だけの方と1名と常勤の方と。それから普通の純然たる保育士が6名ということで、梨ヶ原保育所は8名、合計しまして17名がこの臨時職員の人数でございますので、おわびし訂正をさせていただきます。失礼しました。


○議長(正木 悟君) 13番議員、まだその前に1人手を挙げておられた方がおられますので待ってください。


 1番。


○1番(外川公子君) 参画と協働ということで、多分企画総務費の方に入るかとは思うんですけれども、何ページとかではなくて、情報公開について特に予算組されている部分というのがあるのかどうか、ちょっと教えていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 特にというのはございませんが、一般質問でもお答えしましたように、文書広報費だったか、ホームページでの例規集の公開というお話がありまして、先般、内部的にいろいろ協議を詰めました結果、早い時期ということで4月中には公開の段取りで、今打ち合わせをやっておるという状況で、通常の予算がここだというのはございませんが、そういう方向にしてございます。そのほかについては、通常の情報公開という形でございます。


○議長(正木 悟君) 1番。


○1番(外川公子君) 今言われた例規集の公開のところはページ数は25ページでよろしいんでしょうか。私はあけているところはそこなんですけど。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 28ページにございます電子計算費の例規集データ更新、この部分がデータの費用でございます。1,200ページを予定しておりまして、それを公開に向かっていくということでございます。


○議長(正木 悟君) 1番。


○1番(外川公子君) 一般質問のときにお聞きいたしまして、住民に向けてのわかりやすい予算の使い方について、もう少し工夫のある公開があるべきではないかとお尋ねしましたところ、そういうこともやっていかなくてはいけないので、考えておると私はお聞きしたと思うんですけれども、特に今回の予算ではそういう部分は見えないのですが、その点ではお考えはないのでしょうか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) お答えした時期が予算編成の答えが出た時期なんですけども、自前で可能なものであれば表現は可能なんですが、全体のホームページのつくり、あるいは広報でもそうですけども、委託の関係もございますし、新たなホームページの絡みですと専門的にはモジュール化の影響もします、どこに影響するかというリンク先のことまでいきます。それらを含めますと、これを組み立てた業者との中身の精査の中で金額を弾かないと出てこないということもありますので、取り組みはございますけれども、予算化としてははね返してはございません。


○議長(正木 悟君) 13番。


○13番(田渕重幸君) 先ほど11番議員の質問でありますけれども、55ページ、公害監視委託料について質問されましたけども、これは私のところの地元が請け負った事業でございまして、平成12年4月1日から管理運営が始まっておるのではないかと理解しておりますけれども、今の話を聞いておりますと、下栗の人間が悪いように聞こえましたけど。


○議長(正木 悟君) 私語は慎んでください。


○13番(田渕重幸君) 前も私が町長が変わるたびにこの話が出てくるんですね。この前、安則町長さんが変わったときも、だれか一般質問されました。そのときに私も一般質問立って質問しましたけども、別に何も下栗がどうだって、好きこのんで受けたわけではないんですよ。迷惑施設は回り持ちでたまたま、船坂の番にあったということの中で、順番でいろいろ話、上郡もやった、岩木の人がもう一遍岩木で預かろうという話を進めたらしいですけど、岩木の人間が話がまとまらなかった。そういうことで、この船坂の方に話が回ってきた。船坂の連合会長が、こういうふうにして話がまとまったけどどうにもならないと。シモムラの会長だったと思います。シモムラの方でも話をやったんだけども、話がまとまらないのだということで、私、ちょっと話を聞きまして岩木の方も満杯になって、上郡の処分場がどうにもならないのだということで、話を聞きましたので、そうしたら下栗で一遍話をしてみたろうか、いい場所があるからというようなことで話を進めてやらせてもらいました。何も、下栗がやりたくて、金が欲しくてやったのではないのですから。


○議長(正木 悟君) 今の13番議員の質問に対してご答弁を願います。


 行政の方から報告をしていただきます。


○住民課長(金持弘文君) 栗原の契約の関係なんですが、今、田渕議員さんが言われたとおり、12年4月1日の契約でございまして、平成12年から15年間という内容でございます。埋立の計画要領が5万立米に達するまでということで確認も取り交わして、それによって上郡町と自治会との契約書で履行しているということでございます。岩木につきましても、当初53年から覚書で履行しておりますけども、平成12年3月に変更しておりまして、現在の条件で覚書を変更しまして、そのとおり上郡町が履行しているということでございます。


○議長(正木 悟君) 町長、補足することはございませんか。


○町長(山本 暁君) 前に言ったとおりです。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 先ほど田渕議員が言われたことを私は聞いておるわけではないんです。そういうプロセスのこととか、重々承知しておるんです。金額のことを言うているのじゃさらさらないわけですね。


 先ほど言わせてもらったように、偽装予算にならないようにということですよ。きちっとした今、合併を迎えてあっちもこっちも合併した後も、いろんな問題が出てきて、姫路市の方でもそうです。ですから決してそういうことにならないように予算措置をすべきだということを申し上げておるわけです。だから、この金額がどうのこうのとかいうわけではさらさらありません。そんなことは重々承知しております。先ほど申し上げましたように、先輩議員もこのことについては、何人もの方が追及しております。ですから、その時点で、私としてはその時点で、これは直すべきだったなと私は思っているわけです。だから、出発点が悪かったと私は思いますが、しかしながら、今、現時点に至っては、これがやはり町民に対して納得していただけるような予算配分をしなかったら納得がしにくいのじゃないかと思うわけです。


 ですから、何か行政手法的に何かあればということも事前に相談したはずです。その結果、全然答えも返っておりませんが、今に来ておりますが、やはりその予算措置をこのままでいったらなかなか町民の方も理解しにくい部分があるのじゃないかということであります。そういうことを私はあえて言っているわけなんです。偽装予算にならないようにしてくれということを私はあえて言うとるわけです。


○議長(正木 悟君) わかりました。11番議員、意見として承っておきます。


○議長(正木 悟君) ここで休憩します。再開は2時時10分。(13時56分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (14時10分)


 ほかにございませんか。


 14番。


○14番(村上 昇君) 2点ほど私も疑問点があるので言います。23ページの議会の研修費ということで12万9,000円置いておられる。これは置かないと言っていたけど、よく考えてみると僕はこうじゃないかなと。恐らく兵庫県の町会議員の年に一遍ある研修で要るということで置いておってのではないかなと、こういう想像なんですよ。ほかにあったら言うてもらいたい。それとほかにも民生委員の研修を置いていますね。ページ数は民生のところを見てください。5万6,000円置いておられる。そういうことで議会の方は研修は置かないんだということで全員協議会までやって困っておられるのなら仕方ない。やめておこうじゃないかということで、我々も了解をさせていただいたいんです。そのかわりにほかのところもできるだけ研修は予算を置かないんだと、こういう話も出ておったように僕は思うので、その辺どうなっているのかだけ、なるほどな、絶対これは必要なんだということであれば、これは了解もしないとならないしということはわかっておるのですが、その辺ご説明してください。納得すればそれでいいんですよ。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) お尋ねの研修というお話ですが、この23ページの議会費の研修については局長研修なり、職員研修ということで予算措置をさせていただいております。その他についても通常の職務につく場合もありますし、職員の能力につく場合もありますが、そういう研修についてはやはり置かせていただきますが、通常の活動的な研修の委託料については、予算措置はしていないという考え方でございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) それなら私がちょっと誤解していたのかわからない。それならよくわかりましたのでそれは結構です。


 次に、もう一点だけ聞きたいのだけど、50ページ、自動車の保険料も、自動車は入らないといけないというのは当然のことだと思うので、保険入るなということは言っておらないのです。どういう決め方で決めていっているのか、これは難しい問題があると思う。保険屋がたくさんあるのやから、私のところもしてもらえませんかと役場へやってきますでしょう。そのときに決め方として特命というのか、あなたのところがいいと担当官が勝手に決めておられるのか、それとも入札といってもこれは非常に難しい問題がある。だからこの保険料全体について僕は思っている。この中に何ページに載っているのだというと、今言う50ページに出ております。これは見てもらったらだれでもわかること。ほかにもたくさんあります、保険料。だからこの自動車の保険料は非常に決めるのにどういう決め方をしておるのか、納得がいけば我々文句言うこともないし、非常に難しい問題だと思う。ちょっとその辺でお尋ねをしたいということです。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 自動車の保険料にしろ、建物の保険料にしろ、基本的には全国町村会なんですが、こういう建物、あるいはこういう自動車の共済に加入しております。これが基本です。その上に例えばマイクロバスとか、ワゴン車等の搭乗的な保険がある場合もあります。これは一部任意という考えがありますけれども、基本的なスタンスとしては全国町村会の共済に入っているという保険料に設定してございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) 町村会のそういうところに入っておるところを選んでしておられるのですか。そういうことで皆、たくさん入っているでしょう。ただ1社だけではない、そういうところへ入るといったら入れるんでしょう。その辺、聞かせてください。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 個人の民間の直接ではなくて、町村会との契約になっていますので、そういう共済事業です。したがって、事故率は低ければ割戻金も歳入で組んでおりますし、そういう共済事業に加入します。相手方はあくまで町村会です。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) そうすると共済に入る場合はどうしたら入れるんだ。それはだれでも入れるんだろう。入っておけばそういう中で、そういう入っておるところを認めるというのか、それとも共済のそういうところへ入っている共済で入っていると意味ですか。ちょっと意味がつかみにくい。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 全国町村会が事業運営していますので、これは対象者は自治体しか入れません。自治体のものしか入れません。個人では入れません。それに加入していますから、当然全国組織ですので、非常に保険料が安いというメリットもありますし、逆に共済が出る場合でも有利な形で出ておると。年間の保険料が余れば当然割り戻しが入ってくるということで、非常にメリットがありますし、民間よりも保険料も安いという考え方でございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) そうすると、一遍また見せてもらうわ。本当にそういうようになっておるのか、あるところが僕に言うた人がおる。あそこのところたくさん数まとめて入っておられると。私らのところは言ってもなかなか入らないと。大分前に僕は聞いたことがある。だからその辺の問題をきちっとそういうところへ入っておるやつできちっとしておられるのなら言うことないけども。固まってたくさんA社とB社の差がつくとか、C社との差がついているのはどういう理由かというのが僕はちょっと言われたことがある。だから、その辺について、あなたのところできちっとまた見せてください。ゆっくりと見せてもらって納得がいけばそれでいいんですから。それだけ申し上げておきます。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) この予算で、公費で支出の場合は公有建物、あるいは公有自動車共済という共済事業に加入しております。今、おっしゃっているのからしますと、片一方全国町村会の事業に職員の個人の共済事業もあります。個人の車が入れる事業もあります。その場合ですと、以前は加入多かったのですが、最近は車両共済が非常に高いということで民間に職員が変わっておられるケースがあります。これは個人の考えなので、私は何とも言えませんけれども、その辺のことで言われたのかなということで、公有についてはすべて町村会が主体でございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) それで今、ちょっと意味がわかった。だけど一遍見せてもろて、なるほどなと言ったら何もそんなこと言う必要はない。だけど言う人もおられる。だからちょっと申し上げただけで、私が誤解しているなり、またそういう人にもちゃんと言うとかないといけないので。あなたたちそんな誤解してもらったら困りますよということで、ひとつ進めたいと思いますので。また見せてください。納得いけばそれでいいんです。わかりました。


○議長(正木 悟君) ほかにないようですから、続いて56ページの農林水産業費から最後の100ページについて質疑をお受けいたします。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 63ページの商工振興費の節工場設置奨励金178万1,000円についてですが、光菱電気等というようなご説明がありました。これは企業立地促進条例に基づくもので、その固定資産分の支給をするものでしょうか。それでこの内容は具体的には新規設置なのか、光菱電気等は増設だと思いますが、もし私の質問の趣旨がそうであれば、具体的なことをお尋ねしたいのですが。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) 議員ご指摘のとおりでございまして、工場設置に伴います奨励金でございます。光菱電気ほか2社へと私はご説明申しましたが、内容につきましては、堀田株式会社の増設の1回目、末広堂新設に伴います3回目の奨励金でございます。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 新しくこの前開設した、シーダム、あれは増設に入っていないの。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) その分につきましては、本予算上には計上してございません。まだ建物が建築中でございまして、建ってそういう資産なり、償却資産等出てまいりまして、検討する段階になろうと思います。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 次、72ページ、まちづくり交付金事業の一番下ですね。工事請負費のところで第2公園とせせらぎの道とありましたよね。このせせらぎの道というのはどんなものか、要は建てるときにはいろいろ箱物や道路でもいいものを建てていただいたらいいんだけど、あとの管理費の負担が多ければ、よく考えないといけないところなんだけど、このせせらぎの道というのは、例えば水か何かポンプアップして流してポンプアップして、相当の管理費とかそういうのがかかるということを意味しているの。ただ道の名前がせせらぎというだけの話ですか。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) このせせらぎの道と申しますのは、竹万区画整理の区域の中でございまして、山陽本線沿いから今現在、排水路ができておるんですけれども、それに沿って県道の方にイオンタウンのところの県道のアンダーのところまでが、せせらぎの道という地元の区画整理の地域づくりの中で命名された道でございまして、現在、整備計画としましては車道と歩道を併設しまして、その排水路の上に庄版で3カ所のふれあいの広場、それを整備する計画で今年度、18年度地元の検討部会の方に基本構想を出していただいております。それで、19年度で実施設計と工事施工するというものでございます。延長は443メートルになります。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 大層な機械設備やいろいろ投資して、後から電気代やいろんな管理費がたくさん要るのかと思って心配しただけの話で、自然をせせらぎの道として整備するだけの、改良するだけの話なんですね。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) 基本的には、管理費というのは今、現在地元ともお話ししておりますけれども、草花を植えたりとか、そういったものについては地元でできるだけお願いをしていこうというもので、機械的な維持管理等はございません。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 84ページの教育振興費で13節の委託料、調査委託料というのは、中学校とか小学校に学力検査等の検査をするということですよね。これは国の方針ではないかと思うんですが、お願いしたいことは国は学力検査して低学力の問題が国際的に日本が低学力だと心配していることで学力検査をするのはそれはいたし方ないと思いますが、ここで教育長にお願いしておきたいのは、フォローしてもらいたい。例えば、検査しっ放しでどこの学校が1番だったとか、このクラスがどうだっただけでしたら、本当に子供らに意欲と学校の先生らに負担をかけるだけでしょう。だから大変ですが、例えば平均点が70点だったらあと30点をどうするか、例えば個人が学力検査して70点取ったら、あとの30点分を先生らが残って教えて、できるだけ100点にして、将来これが子供の就職や進学に役立って基礎的な学力をつけて、学校で楽しく授業を行えるようにしないといけないわけで、この検査だけぽんとやって、ランクつけて、はい、終わりでは、これは教育にならないと思うので、教育長、そういう意味では先生らに負担を強いるわけではなくいろんな研修や何かの小委員会の数を減らして、子供に直接向き合って、子供がわかる喜びと、進路を保証していくという方に使っていただきたいと私は思うわけです。だから、絶対評価という意味です。そういう意味では教育長、これはどういうシステムで行われ、どういうお考えなのかお尋ねします。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 国が行う学力検査というのは4月16日に決定しております。6年生、中学校3年生の国語と小学校算数、中学校は数学でございます。検査の内容はもちろん1つは学力検査、もう一つはいろいろ生活習慣とか、学力にまつわる周りの事柄、例えば食事の問題とか、夜の早寝早起きの問題とか、そういった問題、そういった事柄とアンケートと同時に行います。学力とそういうようなこととどういう関係があるかということで、後々の指導に役立てるような検査ということになっております。私も詳しいまだ実施要綱を読んでおりませんけれども、そう聞いております。


 それから、その結果をどうするかということは、学校長に任せるということになっておるのですけれども、一応上郡町では、ある程度のまとまった方針というのを出していきたいと思っております。ただ、工藤議員ご指摘のように要らざる競争心、そういうものをかき立てるということもあり得るわけです。したがって、それら弊害をなくすような工夫というのはもちろん考えていかなくてはいけないと思っております。だから、公表の仕方につきましても工夫が要ると思います。


 それから、後々のフォローアップはおっしゃるとおりでございます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 59ページ、13節委託料ですが、この特産品商品化委託料、これそのものには何も問題はないんですが、今、上郡町は特産品、名産品いろいろ開発して、各場所で売っておると思うんですね。例えば、ピュアランドであるとか、楽房円心であるとか、駅前の観光案内所などで、この特産品を販売しておると思うんですけれども、駅前の観光案内所でこの特産品を売ってくれているおばさんたちは、完全にボランティアであると聞いておるんですけれども、これは町としては確かにありがたいことではあると思うんですけれども、私は上郡町の特産品というものをもっともっと売っていくと、もっと広く知ってもらうという観点から、100%ボランティアではなくて、幾らかは報酬なり、そういうものを出していくべきではないかなと思うんですけれども、その辺はどうお考えなんでしょうか。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) お尋ねの観光案内所の件でございますが、実はちょうど転換期になってございます。それで今現在やっておられる方が昨年度でもって10年をという機をもって辞退をされたそうでございますが、まだそのときには何も計画が立っていなかったということで、平成18年度1年間でもって新規、新たな骨組み、対応を考えるようにということで宿題をいただいてございました。そして、今議員のご質問のとおり4月1日からということで昨年度より広報等々でもちまして、ボランティアの再度募集をし直してございます。それで、このたび観光案内所の中で、補助ということで160万円をお願いをし、有償ボランティアという形の方向で進めてございます。せんだって、第1回目のお集まりをいただきまして、本議会の方に上程をし、なおかつ可決後にはということで、この29日に再度寄っていただく予定をしてございまして、新たに有償ボランティアという形で進めていくべく段取りを進めている最中でございます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 6番。


○6番(藤本祐規君) わかりました。それともう一点。84ページ、先ほど工藤議員がご質問された内容と一緒なんですが、全国一斉学力テストの委託料ですね。私はこれは実施した結果については公表していくべきであろうと考えております。先ほど教育長の答弁を聞きましたので、これは私の意見として申し上げておきます。私は以上です。


○議長(正木 悟君) 8番。


○8番(阿部 昭君) 68ページ、都市計画が上がっていますが、一般質問でも出させてもらったんですが、都市計画税を約1億入っていますね。都市計画税いただいているからには、その税金を払っている方に還元してあげることも必要なんじゃないかなと。全部一般税で取り上げてしまって、余りそっちの方には力が入らないということになると、これは税金払う人は寂しい思いをする。少なくとも私はこの間、住居表示のことをお話ししたんですが、住居表示が1個もない。地名もない。そういうことで都市計画だと言えるかどうか、私はそこら辺、非常に疑問に思っております。ですから、都計審の方でもそういう問題が上がっているのかどうか。そこら辺のこともあわせてお聞きしたいんですが。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) ただいまのような都市計画審議会におきましては、都市計画の今年度やりました例えば、千種川の河川改修に伴います都市計画道路の変更、それから新都市のごみ処理場の都市計画決定とか、そういった都市計画の設定、あるいは変更といった審議をしていただいておる審議会でございまして、そういったものは私もことし1年でございますので、過去にあったかどうかわかりませんけれども、今年度においてはそういった話は今のところお聞きしてございません。


○議長(正木 悟君) 8番。


○8番(阿部 昭君) やはり都市計画税をいただいているからには、その都市らしき計画、そういうものが必要ではないかと思うのですが、町長はどのようにお考えでしょう。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) よくわかります。ご趣旨はそうやと思います。私の方もそういう形で区画整理したところだったものですから、比較的スムーズにいったんですけれども、そこへ行けばこれがこうだということがよくわかる。次が何ぼだということがわかります。左回りに表示がされておりまして、何丁目の何番地までずるりっとわかると、絵にかけるという状態になって、非常に便利なんですけれども、今の上郡は非常にそれがおくれているので、実態としてはそれを直していくのは大変な金がかかる部分があると思います。土地の番号と住所のあれは違う部分があったりしますので、その辺は区画整理の機会にそういうふうに進めていきたいと思いますし、できるものならそれをできるだけやっていきたいと思うのですが、その辺、金との話し合いの部分がたくさんあると思っております。私は、できる限りそういうことをはっきりして、まちらしい形に整えるべきではないかという思いはずっと持っております。


○議長(正木 悟君) 8番。


○8番(阿部 昭君) できるところから進めていただきたいことをお願いしまして、終わります。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) 81ページ、14節使用料及び賃借料のスクールバスのところなんですが、460万を計上しております。実際、岩木の方だと思うんですが、何人ぐらいの児童が利用しているのか、そこをちょっとお尋ねしたいのですが。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) ただいまのスクールバスの借上料ですけれども、これは上郡駅を出発して、大持を通って岩木へ上がって、それから赤松小学校の方へ抜けるというバスなんですけれども、人数は倉尾石堂の子供たちが乗っておりまして、人数はたしか6名だったように思います。あとは保護者、一般の方もバスを利用されておる方もおられます。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) その一般の方は何人ぐらいでしょうか。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) 一般の方は買い物に行かれる方とか、病院へ行かれる方とかということで、その日によって全然違いますので、ちょっとそのことは聞いておりません。


○議長(正木 悟君) 9番。


○9番(赤松初夫君) ちょっと私はその辺が誤解しておったんですが。当然、料金は払って乗っているんだと思うんですが、私は児童だけだと思っていたもので、児童だけであれば、ワゴン車とか何か利用して、そういう大きなバスではなくて、小さいバスででもと思っただけの話です。一般の方が利用しているとなるとまた別問題になるんですけども。料金の方お願いします。1人当たりの料金。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) 一般の方の料金ははっきり今、資料がないのでわかりませんが、後でちょっと調べて送ります。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) まず59ページと64ページ、同じですからまとめてお願いします。農業振興費の19節畦畔管理推進事業というのが補正で減額になってしまったんですけど、今回全く上がっていないんです。これはなぜこうなったのかということと、64ページの商工費で15目の観光費、観光協会補助金の中で330万円が増になっています。これはやはり川まつりの費用かどうか、そのように判断していいかどうか、お答えをお願いします。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) セントピーチの関係でございますが、昨年度は希望者がございませんでした。その希望者というのはやはり一つ一つ苗でポットで法面に植えていくわけでして、現在、金出地、釜島、正福寺、大枝新の畦畔で一部やってございまして、特に釜島、正福寺が生育が大変よろしくてするんですが、なかなか名乗りを上げられる方がおられません。そういう関係でことしはちょっと見送るという形ですが、JAと普及所を含めての現在その関係での協議会ではございませんが、取り組んでおられる方との会議は継続してやってございます。


 それと観光協会の補助金330万円ということは、本年度は川まつりの関係で300万円を計上してございます。それに伴いまして増額になった経過でございます。一応川まつりを実施するという計画を現在企画検討という形で、4月になりましたら実行委員会等予定を計画してございます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 先ほど畦畔管理のことなんですが、希望者がないということで、せっかく貴重な財源を計上しても希望者がなかったということで、本当にそういうことがあるんですけど、上げた以上、その事業がある一定の目的や計画性なり、必要性があったと思うんですね。だから上げたので、希望者がなかったというのも残念ですが、やはりそういうことは大事にして進めていきたいということを希望します。


 続きまして、65ページの土木費の土木総務費なんですけど、これは僕この項目委託料、登記委託料で質問しているんですけど、これご存じのように法定外公共物、いわゆる赤線・青線が17年度で国から市町村へ移管したということがありまして、もう既に17年度終わっていますから移管されたと思うんですが、これは僕、自治会の末端の役員もしていまして、いまだに赤線と青線で本当に困って平行しているです。いろんな利害関係とかそういうのが現実にありまして、赤線の上に物が建ってしまっていたか、どうせい、こうせいと今動かせと言ってもできないことで、僕、正直言って、こんなもの国から移管されなかった方がよかったなと思うぐらいなんです。これは町は本当に大変だと思いますし、そういう問題も出ていると思います。町としての方針、これどう対応、あるいはいろんな声も町に現実に届いていると思うんですよ。その辺のところどう町は対応されるか。あるいは一定の解決方針、問題解決する手法とか、そういう話なんかはされているのですか。恐らくこれからどんどん出てくると思うんです。その点、1点だけして、この質問は終わります。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 今言いました法定外の関係でございますが、そもそも町に移管されたという以前から、今言われるような問題はございます。しかしながら、事務移譲の関係で町におりてきたということで、その事務は行っておりますが、問題としては数々あります。だけども赤線・青線の敷地内に建物を建てているものを強制的に退けということもなかなか難しいということがございまして、そこら辺については、増改築とか、退ける折とか、そういったときに退けてくださいねとかいう適時指導がてら指導しているという状況でございます。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) ぜひそのようにお願いします。ただ、そのときに公平というふうに、同じような基準、こっちのところはそのままで、こっちのことはお金で解決した。こっちのことは全く絶対だめだから立ち退けと、そうじゃなくてやはり一定の基準の中におさまるように、町内だけでもしてほしいと思います。それは要望とします。


 最後になりますが、97ページの財政調整基金、本当に厳しい状況の中で7億5,200万円、財調に積み立てるということで、本当に僕はこれは敬意を表しているんですが、本年度見込額はどうなっているのか。補正で何ぼかやっておるんですけど、本年度末の見込額をお願いします。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 18年度決算見込みでの残高としましては、3億1,100万円を見込んでおります。これに今回の7億5,268万を足しますと10億超えるということになりますが、これはあくまで20年度以降の財源確保になりますので、それは残らないだろうということでございます。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) 3点ほど伺います。最初が63ページ、10目19節の下から2行目の研究開発型企業向けオフィス賃料補助金というのがありますけれども、このオフィスの場所はどこなのかということと、どういうことをやっているのかということを伺います。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) これは、テクノポリスにおきまして、そこに事務所がございます。そこへ使う賃借料ということで使っていただける方に補助する制度にのっとりまして補助するものでございます。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) ちょっと場所がわからなかったんですが。テクノポリスのどこですか。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) 3町協の事務所内でございます。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) 2番目は、73ページ、22節補償補てん及び賠償金、物件移転補償金ということで、これは先ほどもどなたか質問されたかもしれませんけれども、1期工事分につきましては、家賃滞納に対する対応措置というのはおやりになったと聞いておりますけれども、今建っている2期に対してはどういうおつもりなのか、伺いたいと思います。


○議長(正木 悟君) 都市整備課長。


○都市整備課長(松本 優君) この22節の物件移転補償金、基本的にはハイツあゆみのB棟48戸への移転、基本的に先ほど来も言いました霞ヶ丘住宅、緑ヶ丘住宅の対象者に対して移転補償費を出すというものでございます。それでお聞きの話は、滞納者がおる手当てという話だと思います。その辺につきましては、この移転補償費で、もし滞納がある場合は相殺でやるという対応をしてまいります。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) わかりました。理解しました。それから、97ページにお願いします。55款5項10目利子です。いろいろ借金の分はいろいろな分があって、古い分はかなり利子が高いころに借りて、そして昨年度ぐらいまで、あるいは今年度もあるかもしれませんけれども、かなり借りかえということで、全体として利子の負担を軽減するということが行われておりましたけれども、借りかえ分というのはもう大体なくなったんでしょうか。その辺のことを伺いたいと思います。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) おっしゃるように、年度の古いものであれば、7%という時代の利子もございます。ほとんどが政府資金でございますので、なかなか繰上償還には乗っていただけません。大変厳しいです。繰上償還ということも予想して計画的には行いたいんですが、そのための減債基金というのがございますが、そこに資金をためておかないと一挙にということで昨今の財政状況下ではなかなか繰上償還までの財源は至っていないということで、それが余裕でもできれば当然考えていかないとならないと思っています。


○議長(正木 悟君) 4番。


○4番(大政正明君) 大変だと思いますが、よろしくお願いします。以上です。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 簡単に聞かせてもらいますけれども、62ページ、これは林業振興費の方です。一番下段に緊急防災林整備事業補助金、これは県の10分の10の満額を補助金で事業やるんだろうと思うので、みどり税投入、この分についてどこの場所をおやりになるのか。大体総延長が何メートルぐらいの事業になるのか。ちょっとそれをお願いしたいのです。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) 時間をいただきたいと思います。しばらくお待ちください。


 これは、先ほど議員がおっしゃいましたとおり、間伐等に充当するものでございまして、本年度は間伐土どめ等の柵工事に対する補助でございまして、場所につきましては、調べまして後日、後ほど報告させてもらいます。済みません。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 続いて、63ページ。商工振興費、この分の商店街活性化事業補助金、これについて昨年度もあっただろうと思うんです。このときには県の補助が多分ついたと思うんです。多分、今回はないんだろうと思う。この分について同じ30万、昨年も30万、10万、10万で各3つの商店街、これ10万でやると地元からもそういう要望があってつけたのか。それとも、昨年は県の補助金があるからといってこれ持ってきたわけ。町の補助金をつけたわけ。ことしは同じシステムになっておるのか。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) そのとおりでございまして、3地区でございます。栄町と駅前と市町ということで、同じようなシステムで行う事業でございます。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) それから、私は補正のときから心配していたんですけれども、教育長、指導主事の分、報償費を補正で済ましたんだけど、これ当初では上がっていないんですけれども、この分のこれからの処置の仕方、どのようにお考えなのか、方針だけ聞かせていただいたらと思います。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 町長部局と、いろいろ今まで折衝をしてきまして、差額が相当県費と町費と出てくる。これからもこういった状況が続くだろうということで、何とか指導主事の給料を町費並みにというようなことはできないだろうかという相談もございました。人数についても相談もございました。それらについて、給料の面についてはなかなか本人の不利益になるというようなことになると難しい点がある。どこの市町村もそこでいろいろ苦慮しているわけでございますけれども。とりあえず人数を減ということでいってみたいというようなことを考えております。それで、報償費の関係でございますけれども、報償費でなくて、給料手当等で賄える努力をするということで上げておりません。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 大変心配しているんです。これは人事にかかわってくる問題で、人事も今からのことでどういう方向に進むのかなと。ただそれが報償費で差額が要らないようになるのか、どういうような形になるのか、補正で組むのなら新年度も出てくるんだろうと思うので、当初にないからどういうような扱いをするのか、ちょっと心配で多分どなたか知らないけれども、これに該当する本人さんも大変苦労しておる、悩んでおるのではないかと思っておりますので、その点、妥当な手法で、きっちりと本人さんも満足のいって仕事ができるような方向を決定していただきたいと私は思っておりますので、よろしくお願います。補正のときに余りまた変なことにならないように気をつけてください。


 それと、90ページの公民館費、これについて館長・主事の賃金、これは主事さんはどこにおられるのかな。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 以前、非常勤のときに館長と主事と分けておりまして、今、現在啓蒙するということで、名前が残っております。ですので、もう一時最初は非常勤の特別職の館長があったときにつきましては、館長、主事と分けておったんですけれども、一緒になったときに、いろいろ事務上のことがございまして、館長と主事の兼務辞令を当初一緒になったときに出しました。今は、館長だけの辞令を出しております。一緒に兼ねるということで、そういう意味合いがございますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) ということは、館長という肩書の中の辞令は出ておるわけやね。主事は兼務外しておるわけやね。そういう説明で理解しておきます。


 続いて、同じところですけれども、公民館の講座講師謝礼、この分についてはどこの部分を公民館の講座謝礼がこうなっているのかなと思って。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 同じく90ページの報償費の126万4,000円のうちの公民館講座講師謝礼の86万4,000円のお尋ねでございますね。それにつきましては、この公民館の中でいろいろ今、チラシも入れておりますように、講座を持っております。いろいろな講座の中で、そういった講師の謝礼、また生涯支援センターの中に図書館がございまして、図書館事業の中でお話し会等もございますし、そういったものを含めまして、公民館主催の講師の謝礼です。例えば、ただいま先ほど申しましたように、チラシを入れておりますのは今、生活文化講座受講生募集ということで、歴史講座でありますとか、折り紙教室でありますとか、四季の園芸教室でありますとか、そういうもろもろの教室を主催で開催しております。その生涯学習支援センター主催の講師の分ということでご理解いただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 地区公民館ではなしに支援センターの謝金かな。その割に支援センターということが全然出てこない。公民館と支援センターは別のものでしょう。条例で。設置は同じ条例ではないはずなんだ。初め不思議でどこに支援センターが出てくるのか、予算書を繰ったけれどもひとつも出てこないので、それにしても地区公民館の講座の謝金がおかしいなと思ってみたり、今言った条例の違う部分の設置でやっておるので。公民館とは、支援センターとは。これはきちっと分けてもらわなかったら、こっちは理解がしにくくて、余分な質問になりましたけども。そういうことできちっと今度から分けてお願いしたいと思いますので。わかりましたか。済みませんけど。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 議員のご指摘のとおりでございます。目の本来なら名前から変えなければならないと思いますので、本年度十分に検討させていただきまして、次回の予算組みのときから、きちっと仕分けさせていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 同じ課長、お願いしたいんですけど。この公民館の建設補助金、これは何館、どこどこの館の補助金になっておるのですか。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 92ページ、19節の2,100万6,000円の中で、下から2段目の公民館建設補助金1,191万の内訳でございます。公民館の名前を挙げるのでございましょうか。それぞれ、排水整備、また建物施設の公民館整備とあるんですけども、一緒に含めて申し上げます。仲町公民館、宇野山、佐用谷、釜島、正福寺、上町、桜ヶ丘、西野山、小山、宿西、尾長谷西と聞いております。11館になると思います。その分の予算計上でございます。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) これ11館やね。地区公民館の補助金は最高が250万で、下水接続で50万で300万と、こういう形で1,000万を切る建物においては、それによっての補助制度が設けられとるんだけども、1,000万超えたものについては、250万と下水接続の場合は50万で300万。それにしたら補助が、申請があっての金額が合わないのじゃないかと思う。どういうふうに試算されておるのか。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 冒頭で申しましたように、特に上郡地区の公民館につきましては、排水だけの補助をいただきたいということで、自治会から上がっております。ご指摘のとおり、新築の場合は250万プラス50万の300万ありますので、全部公民館を新しくされるということだったら、3掛け4で1,200万ということで、そのうち仲町とか、宇野山、佐用谷、全部50万の排水整備で切っておりますで、そういう金額の内訳になっております。


○議長(正木 悟君) 社会教育課長。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 新築を聞いておりますのは、西野山と小山と聞いております。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) まず、76ページの上郡町教育審議会委員の報酬ということで上がっておるんです。これでどういうメンバーの方が審議会に入っておるのか、これは我々全然聞いておりませんし、一遍どういう方だと。それで委員長はだれがやられて、具体的に今どういうような話、どういう問題を中心にやっておるのか、中心の内容について、僕は大体わかっておりますけれども、どういうメンバーでどういうようにやられておるかということをまず最初に聞かせていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 今、ちょっと名簿を持っておりませんので、全部わかりませんけれども。大学教授の岩崎先生、それから県にお勤めの大山さん、それから山野里にお住まいの木村公男さん、それから現職の者は、山野里小学校の安西教諭、中学校の若尾教諭、それから、校長では片山校長、園長では工藤園長、それから谷内保育所長、それから公民館の坂越主事、それから小山の島津元校長、山本幸子元校長、それから木村写真館、元地域教育委員です。それから、行政におられました前川正弘さん、会長が明石在住の松本 誠さん、以上のようなメンバーでございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) それは大体それでわかりましたけども、そうするとかなりおられますね。15名で39万の報酬を出しておるということですか。そうすると、委員長という方は明石から来ておられるんでしょう。そうすると汽車賃をみないといけない。それから、今大学の教授の名前が入っておったが、この人も遠いんですか。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 大学の岩崎先生は高田台にご在住でございます。明石からの旅費は出しております。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) そこで、15名で39を割ればわかるんだが、委員長にはやはり当然高いものを払って当たり前ですね。同じ率ですか。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) 委員長、副委員長ということで差はつけておりません。全部同じということでしております。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) そうすると、明石から来ると汽車賃が要る。だから私はできれば近くの上郡の人を選んで遠いところの人が上郡のことについてわからない。一般論は言えると思う。だから、私はできれば上郡町内なり、この周辺、なるべく近いところのそういう優秀な人が僕はたくさんおられると思う。なぜ松本さんを明石の遠いところで、あの人何も教育者でもないし、僕は何もないと思うんだけども。個人的に私が攻撃しているようにとられるかもわからないけど、そういう意味ではないんですよ。遠い遠い明石から何もわざわざ呼ばなくてもいいと。この近辺の方。汽車賃も余分に要ることだしということで、あの人が教育者であって、あの人は昔新聞社におったというように僕は聞いておるんだけれども、そういう人を委員長にすえてやっておられるんだろうと思うだけども。なぜそういう人を委員長にして遠い遠いところの人がやられておるのか、ちょっと聞かせてください。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 実は、テクノの小中一貫校の話がありまして、そのときに検討委員会をしたわけです。そのときに武庫川女子大の河合先生という方がまとめ役として入っておられました。その方に実はお願いしたんですけれども、ほかにいろいろ検討委員会とか、そういうものをお引き受けということで忙しいということで、オブザーバーとしては加えていただいて結構ですけれども、会長という形では引き受けできないということでした。それで困ったなと思っておりましたら、前町長の紹介で、以前にいろんなそういった審議会のまとめ役をしておるということで、お話を1回明石へ行ってさせていただきました。やってやろうということでお願いをいたしました。そういういきさつでございます。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) 安則町長がやられたんだろうとは思いますけれども、安則さんがやっておるからどうこうと言っているのじゃないのだけど、遠いところの人でそういう委員長をするのは地元のよくわかっておる人がおられるのではないかと。汽車賃も余分に払わないといけないし、そういうようなことで、ひとつ十分に一遍検討し直しを僕は要望しておきます。中の方でおられる方はこれは優秀な地元の方々で、どうこうではない。委員長が何も明石から呼んできてする必要がないじゃないかと。この近くにおられるのじゃないかと。だから一遍それは十分に審議をしていただきたいということで、この点は要望しておきます。何かあれば。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 冒頭、この会が始まるまでに工藤議員の質問に対してお答えをしたような形で、早急に結論を出して、次に正式にそれぞれの問題につきまして、審議会というようなご意見を聞く機関をつくりましてやりたいと思います。その際には、村上議員が言われたような扱いを当然させていただくつもりでおります。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) 教育長、大変だけど、一応常識のある線でいきましょう。何も遠いところからしなくても上郡の優秀な人がたくさんおられる。だからそういう意味で申し上げておるので、そういう線でひとつ教育長に非常にえらい目に遭わせるだろうと思いますけれども、その辺よろしく頼みます。


 それから、2点目、85ページの公有財産の購入の問題でこれだけの金額が上がっておるのですが、これはどうこう言うとるのではないんです。いよいよ購入の値段を議会で議決すれば、そういうようなことで完全にあの場所に決まったというのは、大体決まっとるのですけれども、そうなると非常に遠い、奥の方から来る連中が。この間もうちの奥の方の連中がかなわない、あれだけ遠いところまで、うちらの娘なり息子を行かさないといけないという意見も出てきている。だからそこで今になってそんな変えるといっても変えられないだろうと僕は思うので、いいことを言ったら、バス代だ、スクールバスを出して迎えにいけと言っても、クラブ活動に影響が出ますよと言った。クラブ活動しているものが、バスは何時といってピストン運転でどんどんというわけにもいかないでしょう。2回ぐらいな程度に絞らないといけないというようなこともあるから、そうすると新宮が一遍そういうスクールバスを出してもそういうような問題もあるからということで、何かバス代を出しておったと。そういうことで自分が好きなバスに乗るとか、親が迎えにくるといっても当然、ガソリン代も要る。自動車もちびるわけですから。そういうことについても、遠いところへ決められたのだから、それぐらいのことは覚悟してもらわなかったら、遠いところのものがかなり苦情が出ております。村上さんらで決められたのかと。私は何も決めていないと。最終的に議会で議決しておるから、あなたも責任ありますと。そんなことを言ったら物を言えません。そういうようなことで、そういうことをしてもらなかったらかなわないですわというような話が非常に出ておる。そこで、そういうようなことについても、今後の検討課題として、一遍考えていただきたい。教育長、どう思いますか。教育長ばかり言うと悪いんだけど、どうですか。


○議長(正木 悟君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 遠いということは十分理解をしております。ただ、そこまでのことができるかどうか。町長部局と相談をいたしまして、決定をしていきたいと思っております。今までに、中学生がスクールバスを利用したというのは、赤松の地区で橋が落ちて通学できない、自転車通学できないという場合に、補助を出して、河野原、楠、あの辺の子をバスに乗せてその料金をこちらで支払ったという例がございます。そういった過去の例等の整合性を考えて、十分町長部局と話し合いをしていきたいと思います。ただ、相当困難であるということは思っております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) これはお金のことがあるから、教育長でなかなか問題あると思うので、町長、ちょっとその辺どう思われるか、ちょっと一言お聞かせ願いたいと思います。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) ご心配の点、重々わかっております。検討させていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) よろしく頼みます。以上でございます。ありがとうございました。


○議長(正木 悟君) ここで休憩します。再開は3時25分。 (15時10分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (15時25分)


 1番。


○1番(外川公子君) 64ページの19節負担金補助及び交付金のところの観光協会補助金、先ほど300万が川祭りの費用とお聞きしました。残りが従来の観光協会への補助と思いますけれども、その内訳はどのようになっているか、その対象先というのがどのようになっているか、内容を知りたいと思いますので、教えてください。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) お尋ねの観光協会の補助金でございますが、今年度は650万円を計上させていただいております。その中に川まつりに300万円、それと観光案内所の補助に160万円、それとさくら園の整備等々に100万円、イベント並びに観光の宣伝等々に65万円を予定してございます。それと今やっております桜並木の照明等々に25万円という内訳でございます。


○議長(正木 悟君) 1番。


○1番(外川公子君) そうしますと、従来どおりといいますか、そんなに変わりのない内訳と言ってよろしいんでしょうか。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) そのとおりでございまして、若干観光案内所につきまして、先ほど答弁の方にさせていただきましたとおり、有償ボランティアということで若干この部分はふえてございます。全体的には減ってはおりますが、この部分のみちょっとふえております。


○議長(正木 悟君) 1番。


○1番(外川公子君) それで、観光についてはもう少し組織なんかも考え直して、これからやっていかなくてはいけないと施政方針のときに質問したときにご答弁いただいたと思うんですけれども、やはり上郡町の観光資源というものをアピールする組織としての働きもあるべきだと思うんですけれども、特にそのような形としての予算組みというのは置いておられないのでしょうか。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) その件につきましては、イベント、桜まつりであるとか、各テクノでの催し物であるとか、吉永の閑谷学校での、もしくは赤穂の義士祭等々へ観光案内所から、またうちの職員がPR等に伺っておるものも含まれておりますし、観光宣伝費とパンフレット、またマップでございます。そういう等々にも宣伝をしていく予定をしてございます。


○議長(正木 悟君) 1番。


○1番(外川公子君) もちろんいろんなところへ行ってPRというのも大事だとは思うんですけれども、もともとの観光協会がどのような事業をしたいとか、こういうふうに戦略を組んでやっていきたい。そのような形の上での補助、指導、そういう動きというか、観光協会独自の動きというものに対する事業、そういったものはないんでしょうか。


○議長(正木 悟君) 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) 独自といいますのは、今言いましたようなことに加えまして、県の神戸駅でしたか、あそこに特産品を展示するコーナーがございます。そこへはうちの職員が持っていっての展示等をやっているものが別にございまして、そういうものでありますとか、先ほど観光案内所のことについて若干触れましたが、今までは月水金ということで、お休みをいただいてございました。今度内規等々も新たに作成し直しまして、月曜日を定休日とし、あと火曜日から日曜日までは開けて運営をする。またはその中に観光用の自転車等々、貸付をすると。それも無償でやりたいということで、先日2台購入をして、既に実施をしてございます。そういうものに向けてもやってございますし、せんだって厚生の方の委員会でもっと名物品を内外的にPRをし、売っていってはどうかというご指摘を受けまして、せんだって智頭急行の中でせんべいなり、特産品を売る検討をいろいろやってございます。何とかいけるんではないかという形で、まだこれは協議中でございまして、行く行くはスーパーはくと内での販売になろうという期待も含めて、まだ決定はしておりませんが、期待をしているところでございます。


○議長(正木 悟君) 1番。


○1番(外川公子君) かなり具体的なお話が聞けてありがたいなと思いました。神戸に向かって発信されるという、それもなんですけれども、近隣で例えばテクノにありますレストランはりまの販売店なんかをのぞきまして、上郡のものを置いていない。赤穂、相生の道の駅、いろいろ佐用方面でもありますけれども、なかなか見かけることがないという実態があると思うんです。そこら辺についてもぜひ検討していただいて、食べ物についてはやはり広く皆さんに、まず試食していただかないといけない。ということは町内の飲食店さんにもご協力いただいて、「もろどん」や、「だんじ」や、「がんも」とかありますけれども、そういうのもメニューに入れていただくとか、ピュアランドもそうですよね。そんなこともいろいろなことが考えられると思いますけれども、この観光協会を中心にいろいろな戦略が練られることを期待しております。終わります。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 3点ほどお尋ねしたいのですが、72ページお願いします。35目、まちづくり交付金事業費のうち、13節委託料、15節工事請負費、この件につきましては、15番議員より竹万の第2及び第4公園、また、せせらぎの道の整備事業でという説明を受けております。これについては、その説明で理解しているわけなんですが、関連して近場の話をお聞きしたいのですが、新雲津橋、今、雲津橋という名前に変わっておるみたいですが、雲津橋が最近、ほぼ完了していまして、10日ほど前に名盤も入ったようなことでありますが、あの位置が、あの山際からずっと東側にかけて、以前に水の公園ということで財産取得をしたことを覚えておるわけなんですが、それについて、その当時、水の公園の財産取得する際に、どういうプランだということもお聞きしたんですが、これから検討してプランをつくるということになったままで、あの用地がどのように有効利用されるかということが、私はまだ理解ができないので、この際あえて質問したいと思います。


○議長(正木 悟君) 技監。


○技監(上林敏明君) たしか平成13年ぐらいだったと思うんですけど、水辺のプラザということで、南部幹線道路の雲津橋の取り合いと、将来公園用地にするところを将来道路が着くということで先行取得をしておくということで買収させていただいております。当座の間は残土処分場として利用するということで、将来的に公園にするという計画で進んでおりまして、今のところは残土処分場として利用しておるという状況でございます。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 技監のおっしゃられること、当然、その当時を考えてみれば公共下水事業の残土処分ということで持って行き場がないということで、いい手法を考えておられてやったんだなと理解するんですが、そうしたら水辺の公園の計画そのものはまだ存続しておるわけなんですね。それをお聞きします。


○議長(正木 悟君) 技監。


○技監(上林敏明君) そのときは、将来的に公園にするということで、今のところまだ計画ははっきり消えてはおりません。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) そうしたら、計画が消えていないということなんで、早急に有効土地利用ということですから、せっかく財産取得した用地ですから、有効に使っていただきたいと思います。計画した以上は、やめるならやめる。するならするで、今するということなんで、計画をしていただきたいと思います。


 それから、85ページですが、15目学校建設費に移りますが、13節委託料1,980万、これは造成に係る管理委託料かなと理解しますが、それをお尋ねするのが1件。


 それから、15節の工事請負費が7億3,000万、これをご説明では造成工事が主で、校舎建築にかかる費用は一部だというご答弁、説明だったと記憶しているわけなんですが、それがそうなのか、もしそうであれば造成に幾ら、例えば校舎の方に幾らとお答え願いたいと思います。


 それから、17節の公有財産、先ほど14番議員からも質問がありましたが、土地開発公社からの買い戻しということになりますが、それについて購入予定の面積及びそれの単価を一応どの程度見込んでおられるのか、お聞きします。


 以上、3点お願いします。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) ただいまのご質問ですけれども、委託料で管理委託料ということなんですけれども、これにつきましては、19年、20年度の造成、それから建設関係のうちの約3分の1、30%ほどの相当額を管理委託料として置いております。それから同じく15節の工事請負費につきましても、19年度、20年度の全体工事費の中の3割程度相当額を計上しておるということでございます。


 それから、17節の公有財産購入費ですけれども、購入面積は3万1,459平米ということでございます。これも前の委員会なり、いろんなところで発表しておりますけれども、平米当たり8,600円ということでございます。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 設計委託料なんですが、予算計上されているのは1,980万しかないんですね。そしてざっとこの7億3,000万の工事費からいうと0.027%しかない。今、3分の1を見ているということなんだけども、これ3掛けしても、0.3%ぐらいにしかならないわけやね。3倍しても。僕、ちょっと心配しておるのは、町営住宅でああいうことになりまして、土木委員会で検討されることになっておりますが、そういうことを、これで対応できるのかなと心配したものですから、そういう心配がなければいいんですよ。十分な予算配分されているかどうかだけ、再度答えてください。


○議長(正木 悟君) 学校教育課長。


○学校教育課長(山本善彦君) この積算につきましても、都市整備課の方で積算していただいておると聞いておりまして、これでとりあえず、19年度については30%相当ということで、予算化させていただいております。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許可します。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 反対討論を行います。


 国の交付税の削減、補助金の削減を中身とする不十分な三位一体改革による厳しい財政状況にもかかわらず、今年度当初予算編成に当たり、町民の安全確保と福祉向上を目指し、町長、また担当課長等、尽力されておられることにまず感謝を申し上げます。


 また、山本町長におかれましては、町民の信頼を取り戻すには、公約を実現することのみであるというご発言や、山積するおのおのの課題に的確に、また正面から向き合い、解決しようとしておられる態度が見え、また現実を見てそれを的確に判断なさる姿勢、また率直で謙虚なご発言などから、信頼と愛の風というスローガンは失礼ながら、ひょっとして本物かもしれないと大いに期待するものであります。


 しかしながら、次の財政施策に納得いかざる点がありますので、平成19年度予算に対する反対討論を述べさせていただきます。


 1つ目、町長の公約の1つであるお年寄りや子供への学校給食を計画すべきであります。確かに合併協定では、合併後3年を目途に指定管理者制度での給食センターを上郡に建設する合意がありますが、合併しようとしまいと、上郡町において一日も早いお年寄りや子供の給食事業の実施は必要なことであり、上郡独自でもまずできることから着手するべきものであります。それは、中学校建設を理由にしても、赤穂市に理解を求めることは可能であると考えておるのであります。


 2つ目の理由は、安室ダムの水道用水供給企業団についてでありますが、毎年3,000万円を超える負担をし、将来の住民に負担を強いる起債もふやしております。以前、同企業団議会の監査委員の指摘にもありました。これはまず将来における同事業の必要性の調査を行い、今、当時の目的を失った同事業の見直し、廃止の政治的決着に向け、全力で取り組まれるという内容のことだったと記憶しております。これを町長、2市1町の町長、市長にお願いをいたします。


 3番目に、人権啓発であります。町民を人権意識のおくれた存在と位置づけ、人権啓発の名で行われてきた同和事業は、既に平成13年に時限立法の終結とともに終わりました。ことしも行われる、毎年の校区を指定した、押しつけ的な人権事業や、隣保学習などはやめ、身近な地域同士の安全コミュニティ、ふれあいのまちづくりにこそ生きた人権授業があるのではないかと思います。そのような文化、交流、福祉のレベルを上げる一般行政対応に早く移行するべきであります。


 4番目に、都市計画税は不公平であり、見直しを、また廃止を含め検討すべきものであります。


 最後に、町長が教育審議会について、法に違反している部分もあり改めるとおっしゃっていただいて、ほっといたしましたが、予算に載っておりますので言いますが、条例や法律に違反し、現実のまちづくりにそぐわない、かつ上郡町の将来を誤らせる内容を含む責任の所在の明確でない教育審議会は即刻やめ、町長が早急に学校統廃合、幼稚園・保育所のあり方など、個別に諮問するか、方針を出す必要があると思うのであります。


 以上、述べた一部の予算案に問題点があると判断し、本議案に反対討論といたします。


○議長(正木 悟君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許可します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第29号、平成19年度上郡町一般会計予算の件を、起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第29号は、原案のとおり可決されました。


 本日は、これをもって休会といたします。


 再開は、3月27日火曜日、午後1時から再開いたします。


 つけ加えて説明をさせていただきます。


 なぜ午後にしたかと申しますと、副議長と議運の委員長と3人で日程をいろいろ検討させていただいた結果、27日には特別会計もすべて議了するということで、午後からやらせていただくということでお願いしようかということになりましたので、ご協力お願いいたします。


 それから、3時55分から第1委員会室で、全員協議会を開催いたしたいと思いますので、委員会室へお集まりを願います。


                              (15時43分)


              休           会