議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 上郡町

平成19年第2回定例会(第3日 3月 9日)




平成19年第2回定例会(第3日 3月 9日)





             上郡町議会会議録  (第3日)


 平成19年3月9日午前10時より上郡町議会会議場において平成19年第2回定例議


会を開会した。


 
1.開会日時  平成19年3月 9日  10時00分


2.出席議員は次のとおりである。


      1番  外 川 公 子      2番  橋 本 正 行


      3番  松 本 行 人      4番  大 政 正 明


      5番  由 田 五千雄      6番  藤 本 祐 規


      7番  山 本 守 一      8番  阿 部   昭


      9番  赤 松 初 夫     10番  小 寺 政 広


     11番  高 尾 勝 人     12番  沖   正 治


     13番  田 渕 重 幸     14番  村 上   昇


     15番  工 藤   崇     16番  正 木   悟





3.欠席議員は次のとおりである。


      な  し


4.本議会に出席した議会職員は次のとおりである。


   議会事務局長  名 古 正 憲


5.地方自治法第121条の規定により、議長より会議事件説明のため出席を求められた


 者は次のとおりである。


   町長        山 本   暁  助役       前 川 清 之


   教育長       尾 上 高 徳  技監       上 林 敏 明


   企画総務課長    松 石 俊 介  税務課長     東 末 守 史


   住民課長      金 持 弘 文  健康福祉課長   木 本 善 典


   産業振興課長    安 達 良 二  建設課長     身 野 智 重


   都市整備課長    松 本   優  学校教育課長   山 本 善 彦


   社会教育課長    桝 本 貴 幸  会計課長     野 村 元 政


   上下水道課長    岡 本   博  企画総務課係長  細 川 大 蔵





6.会議事件は次のとおりである。


(1)兵庫県後期高齢者医療広域連合の議員の選挙の件


(2)同意第 1号 上郡町公平委員会委員の選任につき同意を求める件


(3)同意第 2号 上郡町監査委員の選任につき同意を求める件


(4)議案第 1号 委託変更契約締結の件(公共下水道事業上郡浄化センター建設工事)


(5)議案第 2号 上郡町道の路線変更の件


(6)議案第 3号 町営土地改良事業計画変更承認の件


(7)議案第 4号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減


          及び規約の変更の件


(8)議案第 5号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の変更の件


(9)議案第 6号 播磨高原広域事務組合規約の変更の件


(10)議案第 7号 安室ダム水道用水供給企業団規約の一部変更の件


(11)議案第 8号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の変更の件


(12)議案第 9号 にしはりま環境事務組合規約の一部変更の件


(13)議案第10号 赤相農業共済事務組合規約の変更の件


(14)議案第11号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定の


          件


(15)議案第12号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一


          部を改正する条例制定の件


(16)議案第13号 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改


          正する条例制定の件


(17)議案第14号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改


          正する条例制定の件


(18)議案第15号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件


(19)議案第16号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例制定の件


(20)議案第17号 上郡町収入役事務兼掌条例を廃止する条例制定の件


(21)議案第18号 上郡町副町長定数条例制定の件


(22)議案第19号 上郡町特別職報酬等審議会条例等の一部を改正する条例制定の件


(23)議案第20号 上郡町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例制定


          の件


(24)議案第21号 上郡町行政財産使用料徴収条例制定の件


(25)議案第22号 上郡町健康保険条例の一部を改正する条例制定の件


(26)議案第23号 上郡町福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定の件


(27)議案第24号 平成18年度上郡町一般会計補正予算の件


(28)議案第25号 平成18年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件


(29)議案第26号 平成18年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件


(30)議案第27号 平成18年度上郡町特別会計農業集落排水事業補正予算の件


(31)議案第28号 平成18年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件





7.会議の大要は次のとおりである。





○議長(正木 悟君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより定例会を再開いたします。


 地方自治法第121条の規定により、町長をはじめ各関係課長の出席を求めております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 日程第8、兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙の件を議題といたします。


 本件については、兵庫県後期高齢者医療広域連合規約、第8条に基づき議会議員を選出するものであり、関係市町の定数は1名で、当該関係市町の長、副市町長、議会議員の中から1名を選出するものであります。


 お諮りいたします。


 この議員の選出については、さきの全員協議会において内定しておりますので、指名推薦にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、指名いたします。


 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員に、山本 暁上郡町長を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました山本 暁町長を、兵庫県後期高齢者医療広域連合議会の議員に選出することにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、指名のとおり決しました。


 日程第9、同意第1号、上郡町公平委員会委員の選任につき同意を求める件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 ただいまの上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(山本 暁君) それでは、同意第1号の提案理由説明を申し上げます。


 本件につきましては、上郡町公平委員会委員の深澤 一さんが5月28日付をもちまして任期満了となりますが、引き続き同氏を選任したく提案した次第でございます。


 深澤氏は、昭和26年3月に上郡高校を卒業され、赤佐信用金庫、現在の兵庫信用金庫に入庫され、平成5年3月営業推進部担当部長で退任されました。清廉潔白で公平委員に適任の方だと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。ご意見も伺います。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより同意第1号、上郡町公平委員会委員の選任につき同意を求める件を起立により採決を行います。


 本件について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、同意第1号は、これに同意することに決しました。


 日程第10、同意第2号、上郡町監査委員の選任につき同意を求める件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 ただいまの上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 町長。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 同意第2号の提案理由の説明を申し上げます。


 本件につきましては、上郡町監査委員の中谷尊一氏が3月31日付をもちまして退任されますので、新たに西後竹則さんを選任したく提案した次第でございます。


 西後氏は、昭和44年に上郡高校を卒業、播磨信用金庫、現在の兵庫信用金庫に入庫され、平成15年に退職されました。同氏の公正で豊富な見識は、監査委員に適任な方だと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申します。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。ご意見も伺います。質疑はありませんか。


 2番。


○2番(橋本正行君) この人の経歴は聞いたんですけど、資格というものはどういうものを持っているんですか。監査委員の資格、それは聞いていない。


○議長(正木 悟君) 休憩します。             (10時08分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (10時08分)


 これより同意第2号、上郡町監査委員の選任につき同意を求める件を起立により採決を行います。


 本件について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(正木 悟君) 起立全員であります。


 よって、同意第2号は、これに同意することに決しました。


 日程第11、議案第1号、委託変更契約締結の件(公共下水道事業上郡浄化センター建設工事)を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 上下水道課長。


○上下水道課長(岡本 博君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 11番。


○11番(高尾勝人君) この議案1号の締結の件については、さほど異論がないんですが、あえてここで質問、質疑をさせていただきたいんですが、従前から委員会等々で随意契約云々という議論をなされてきた経過がございます。そして、このたび200万円の減額ということなんですが、2年間の工事が無事終わったということで、200万円の減額措置ということなんですが、それに伴って下団の方で個別に入札をされていると、それも当たり前のことなんでやっておられると思います。それの調書みたいなものはとられておりますか。下団の方からの報告をいただいておりますか。そのどれがどういうことになって、精査されておるのかということを若干、大きな要因だけお聞かせ願いたい。


 それと前段に申し上げました随意契約の云々という検討をなされているのかどうか。これはあえて庁舎全体のことでございますけれども、あえて質問をしておきたいと思います。


 以上、その2点について。


○議長(正木 悟君) 上下水道課長。


○上下水道課長(岡本 博君) お尋ねの件でございますが、まず最初の随意契約の件でございます。随意契約につきましては、これは以前から随意契約のことについていろいろ議論されているということは私もお聞きしております。それで、なぜ随意契約かということなんでございますけれども、自治体と地方公共団体と事業団との委託協定もこれも例外なく地方自治法に定められておりますように、一般競争入札を原則、それから指名競争入札を原則ということがあります。それで例外的に随意契約とか、せり売り、こういうものが認められております。


 それで、なぜ日本下水道事業団との契約が随意契約に該当するかということでございますけれども、この地方自治法の施行令によりまして、その性質または目的が競争入札に適しないものという条項がございまして、これに適しないものについては、随意契約によることができるというのがございます。それで、この下水道事業団につきましては、地方公共団体における下水道事業の推進を目的として、日本下水道事業団法という特別法があるんですが、それに基づいて設置された国、国交省の認可法人、公的法人ということでその組織形態においては、地方公共団体が主体となって運営する地方共同法人であることということになってございまして、それぞれ地方公共団体の代表者等の発言によって、この日本下水道事業団が設立されたというような経緯がございまして、随意契約を行っているということでございます。


 それから、その変更の要因でございますけれども、下団からの報告でございますが、入札減によりまして、この200万円の内訳でございますが、150万円が入札減、それから残りの50万円が一部設計変更によるものとなってございます。それで、その工事ですが、工事の方大きく分けますと建設工事、仮設なんですが、その建設工事、それから汚泥処理の設備工事、機械工事ですが、それと電気設備工事、この3つに分けて下団の方が入札しております。それで、それぞれ建設工事については、40万円の減、汚泥処理設備については100万円の減、それから電気設備工事につきましては、10万円の減ということで、合わせまして150万円の入札減となっております。


 それから、設計変更につきましては、機械設備工事のスクリューコンベアというのがあるんですが、それが必要ではなくなったということで、50万円の減ということになりまして合わせて200万円の減となってございます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 随意契約の検討をされていますかということをお尋ねしたんです。要するに、今、国の世論の中でも当然皆さんご承知のとおり、随意契約の悪さ、お金の不透明さ、官制談合につながりやすい体質、それから役人の天下りの温床になっているという論点から、この際、随意契約は極力やめるべきだという議論もなされているはずです。ですから、地方自治体といえども、そこら辺も十分考えてできるだけこの2億5,000万、このぐらいの工事は十分町内でもできると思うんですよ。その旨、強く訴えたはずです。


 それから、今、折しも径600φのスクリューコンベアが廃止になったというお話を、私は初めて聞いたんですが、あの設計図、基本設計、大まかの設計図面でもって説明を受け、それをもって私たち議員は賛同して議決をしているわけです。ですから、その内容は変わっておるというのは今、初めて知ったわけなんですが、そういうことは僕は行政としてあってはならないことだと考えますが、それはどうですか。


○議長(正木 悟君) 上下水道課長。


○上下水道課長(岡本 博君) その機械設備工事のスクリューコンベアにつきましてですが、発注する時点では採用する脱水機種が特定できないということで、標準仕様で配置計画を立案していたということでございますが、契約後に採用機種の機器寸法を用いて配置計画を再検討し、スクリューコンベアを削減したということになってございまして、このスクリューコンベアを削減したことを委員会とか議会で事前に報告させていただいたということは私少し承知しておりませんので、もし言っていなかったといたしましたら、申しわけなかったと思っております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) ちょっと休憩してほしいと思います。


○議長(正木 悟君) 休憩します。             (10時20分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (10時20分)


○11番(高尾勝人君) 契約事ですから。議決をもらった件については、当然議決の変更、契約の変更ということになると、やはりきちっと設計変更して、改めて問う必要性があるのではないかと私は考えるのですが、私は議長でその席に出ておったじゃないかという話があったのですが、総務委員会と重なっておりまして出ておりませんでした。報告も聞いておりません。ですから、聞かなかったという責任もありますが、あえてその質問をさせていただいております。


 ですから、言いたいのは、随意契約がそういうことで非常に不透明さを招いている現状を考えたら考え直す必要があったんじゃないかなという意見も多々あったはずなんです。それを1つも検討もせずにだらだらやっておられることに不信感を持っております。


 それから、200万円の減額ということも、きちっと見積もりなり、精算調整の報告はいただいておると思いますけれども、後処理をつじつま合わせのような随意契約だから、世間からつつかれておるから、何となく幾らかでも返しておこうかというような安易な結果しか見てとれない。前のときもそういうことを申し上げたことがありますが、やはりそこら辺もきちっと精査して、変更ある場合はきちっと議会でしてもらうように、あえてこの場で申し上げておきたいと思います。それについて所見を言ってください。


 町長の答弁どうですか。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 随意契約につきましては、その理由が成立すればできるということになっているわけですけれども、この契約についてはかなり前の契約で、そのときにかなりの議論があったかどうか私は承知しておりません。そういう中でございますけれども、これからは今後、来年度のことになると思いますけれども、これはできるだけその随意契約というものは省いていきたいと考えております。


 それともう一つ、この件につきましては、追加工事でございますので、随意契約はやらざるを得ない。新たな人が入ってくると、その同じところの取り合いもありますので、できないということになりますので、中身によってはできる分とできないものがあろうかと思います。パイプを途中からこの分だけ、別入札するという形のものにできない場合がありますので、中身は精査しないといけないでしょうけども、追加の場合は大体入札された契約、入札率に基づいて随意契約でやっていくという形になっているのが多いようですので、この辺はそういう方式でやらざるを得ない場合もありますし、あるいは全然違う、追加でありながら場所も違う、工法も違う、やり方も違うことにつきましては、随意契約ではなしに、新規に契約している。あるいは新規工事としてやっていくと、こういうのが一般的だろうと思っております。


○議長(正木 悟君) 11番。


○11番(高尾勝人君) 町長の前向きな非常に今後、随意契約を検討していると、極力抑えていきたいというような趣旨だと思いますので、その旨を了承しまして、私の質疑を終わります。


○議長(正木 悟君) 14番ありますか。14番。


○14番(村上 昇君) 一言だけね。あなたが議長をしておられた、その当時。だからそういうことについては言わない方もおかしいんだけど、やっぱりその辺を今後きちっとしてもらわないといけません。議長しておるものが、それは今現在起きておるものなら別だ。新たにこれが出てきたなら意見は幾らでも言われたらいいけど、当時、あなた、議長しておられた。それがこの当時2億5,000万ですか。このときには私も意見言ったことがある。2億5,600万だったかな。そのときはいろいろ聞きました。だけども、今言うように、あなたが議長されておるのだから当然、その担当部局も議長には言うておかないといけない。それだけ僕は言っておく。やっぱりその辺をよく精査して自分の頭の中で物を言ってもらわないと、ややこしくて仕方ない。議長しておる者までが、自分はあと気に入らなかったから意見を言うんだということでは困るので、やっぱりきちっとこういうことになるのでということを議長には、今後は言ってもらうようにだけしてもらいたいということだけ言っておきます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 休憩します。             (10時25分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (10時25分)


○11番(高尾勝人君) あえて私の名誉のためですから言っておきますが、議長のときだったからどうのこうのということには当然、その委員会はラップしておりまして、総務委員会に在籍しておりましたから、当然、その報告も受けていないわけなんです。ですから、あえてそういうことなのでわからなかった。ですから、行政の方はそういうことに十分配慮して報告しないといけないことはきちっと報告して、その都度議員の皆さんに了解を求める手続は踏んで欲しい。それは強く訴えておきたいと思います。


 以上です。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第1号、委託変更契約締結の件(公共下水道事業上郡浄化センター建設工事)を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第1号は、原案のとおり可決されました。


 日程第12、議案第2号、上郡町道の路線変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 10番。


○10番(小寺政広君) まずは、落地山本線ですが、黄色の部分、変更前路線が田んぼの中がどこかでそのままになってしまっているのは、現状はどうなんですか。その1点まずお願いします。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) あくまでも終点の変更ということでございまして、黄色で矢印しています、この部分につきましては、現在はございません。終点の変更ということで処理しております。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 現在は、多分既に田んぼになっているところなんですね。わかりました。それで、これで今3路線がふえたんですが、町道の総延長距離は幾らになったんですか。町道全体の総延長距離。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 19年3月末、この3路線含めまして実延長が約327キロメートルになります。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) どうもありがとうございます。ところでなんですが、最近の高齢化ということで、各自治会、あるいは集落で町道の法面の草刈り、あるいは側溝のことをやっています。ご存じのように最近どこも高齢化されて、その草刈りさえ大変だということで行政懇談会なり、あるいは議員に対して、町道の草刈り何とかしてほしいということが盛んに言われていまして、恐らく課長さんや行政の方もそういうことをよくご存じだと思います。これから町道がどんどんふえていく、こういう状況でなってきまして、327キロメートルといったら、法面2倍にしますから約800キロのそれをどう管理していくかということ、そういう方針なんかお持ちなんですか。これ、本当に町がやろうと思ったら莫大な費用が要るということも懸念はされる状況なんです。今、現在挙がっている法面の草刈り、どうしていくかということも本当に大きな問題になっていくと思うんですが、その辺のところの町の方針だけお聞きします。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 今現在も町道の維持管理につきまして、通学路の中でその集落間、その区間について自治会で管理するエリアから外れた部分、そういうものについては町の方でしております。


 しかしながら、その地域の中の生活用道路については、あくまでも地域の中で維持管理をお願いしたい。あくまでも327メートル、すべて町が管理するということについては、不可能であると考えております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) そこだけなんですけどね。そのことさえも今、集落が今申し上げましたように、高齢化で草刈りもできないような状況の集落が出てきます。ご存じのように、今申し上げましたように、こういう要望が議員にもあるいは行政にも届いていると思うんです。それをこれからどうしていくかということが大変な課題になります。本当に、この800キロの管理をしようと思ったら、町のお金を全部使っても間に合わないような管理になると。将来に向けて方針、あるいはそういうところ目を向けてほしいんですが。町長、どうですか、この件につきまして。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) 今の問題は非常に頭の痛い問題です。皆さん方の議論を重ねていただきながら、どういう格好でやっていくかということは、お知恵を拝借したいと思っております。というのは、これは住民参画の部分もかなりあるんじゃないかなと思っております。地域をよくする。もちろん町道ですので、町の責任ですけれども、その部分についても限界があろうかと思っております。何せ、ここから東京まで草刈りしないといけないということになりますので、その辺も認識はいたしております。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第2号、上郡町道の路線変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第2号は、原案のとおり可決されました。


 日程第13、議案第3号、町営土地改良事業計画変更承認の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) 工事変更で、全体の今、表の中で3番の分で説明ずっとアンダーラインの部分でいうと全体的に数字が減ったということやね。この事業費が膨らむということはどういうことでなるのかなということ。


○議長(正木 悟君) 建設課長。


○建設課長(身野智重君) 事業費につきましては、その実施及び精算によるものでございまして、事業費の中には工事費、用地補償費、換地費、確定測量費、測量試験費、工事雑費が含まれております。それぞれ管理者会議の中で議論していただきまして、管理者会議の議を得ているものでございます。


 以上です。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第3号、町営土地改良事業計画変更承認の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第3号は、原案のとおり可決されました。


 日程第14、議案第4号、兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第4号、兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第4号は、原案のとおり可決されました。


 日程第15、議案第5号、兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第5号、兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第5号は、原案のとおり可決されました。


 日程第16、議案第6号、播磨高原広域事務組合規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 15番。


○15番(工藤 崇君) この播磨高原のいろんな施設については、私はこれは注意しておかないといけないと思うんだけど、後から出てくるごみ処理場の建設費用負担の按分の件も上郡町が5,800万円も平等割と人口割を15と85にすることによって、負担増になってしまった。別表の今、担当課長がご説明になったように、負担割合は例えば運営管理は今から協議すると、それから建設推進については均等割するということをうたってあるけど、上郡町が例えばテクノに建設した小中学校、また新宮が受け持ってくれた火葬場等は平等割、人口割は30、70であったはずだ。それを壊してしまっている。これをこのままそうかと言ってしまったら、また平等な負担割合ではなくて上郡町に押しつけられそうな気がする。テクノというのを推進してきて、一番頑張ったまちは、もちろん3町の中でもいろいろあるだろうけど、上郡町が一番多い一角を協力してきたわけだし、力を入れてきたわけ。それから、下水についても一番に手を挙げてどうぞと言ってきたわけです。いろんな意味で、何か負担の割合がどんどん上郡町に押しつけられている感じがする。


 ここで負担方法に戻るけども、管理運営とそれから建設推進に均等割といっているけど、これちょっとよく精査して説明してもらえますか。このままいったらまた、佐用が負担が少なくて上郡町が多くなるというようなことに、これもくろんでおられるのと違うかと思うだけどね。どうですか。課長。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) お尋ねの別表の第15条関係については、木戸口公園の事務処理の追加に伴って号番号の変更ということで、今回は負担割合の変更の案件ではございません。ただ、木戸口公園のサッカー場の整備について若干説明を申し上げますが、事業実施期間は19年度から23年度の予定ということになってございます。設計の概要は、公園種別としては運動公園、面積は9ヘクタール、総事業費は29億円ということで、この財源内訳にしましては、国庫支出金が11億2,000万円、地方債が16億1,000万円、その他県費が1億7,000万ということに、全体計画になっております。特に、19年度の整備内容としましては、人工芝のサッカー場の建設ということで少年用コート3面とJリーグサイズのコート1面という計画になっておりますし、ナイター設備についても19年度は基礎部分の整備に入っております。あわせて防球ネットの設置、公園用地については、企業庁より買収という19年度整備内容になっております。この19年度の事業費が9億5,600万で、そのうち国庫支出金が3億8,500万少しですね。それから地方債が5億1,500万、その他、県費、いわゆる企業庁負担ということで5,700万若干という数字になっております。


 これらの過去の協議を進めておりましたが、市町負担は一切なしという約束のもとでの整備に入ったということで、企業庁負担での考え方での整備ということでございます。


 今後、そういう負担割合が変更ないかということですけども、そういう考えは現在持っておりません。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) ちょっとよくわからないのだけど、建設に係る第3条1項8号は均等割でしょう。建設の推進に係る事業は負担がないのに何で均等割とここにうたうんですか。それから、その上の第6号及び第7号の運営管理についての、これは運営管理だからこういうようにうたっておかないといけないけれども、例えば、今までやってきたように3町で30、70でやってきたように、お互い合意できるような内容になるのか、それとも声が大きくてあつかましい方が勝って、上郡町はしゅんとなってまた負担が15、85みたいにやられるのかどうか、そこを心配しているんです。そうでしょう。そうですかといってあとむちゃくちゃですよ。テクノの3町といっても、上郡町はいつも泣かされておる。どうですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 別表の部分は建設ではなくて、事務に要する経費ということですので、従来どおりの負担割合ということです。建設については先ほど申し上げましたように、サッカー場については、すべて企業庁負担ということで町負担はございません。


○議長(正木 悟君) 15番議員、ある程度質問していただいたらこれは総務委員会に付託することになっておるので委員会に対してある程度のことを申し上げてください。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第6号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第6号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 ここで暫時休憩します。再開は11時15分。        (10時58分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (11時15分)


 日程第17、議案第7号 安室ダム水道用水供給企業団規約の一部変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 15番。


○15番(工藤 崇君) もう意見だけにしておきますが、議案については賛成ですけれども、安室ダムの水道用水企業団の存続自体は見直さないといけない時期に来ていると思うんです。最初は私らの安室川の流域で安室ダム、今でもですが、金出地ダムと同様、治水について非常に助かっております。しかしながら、水道用水については、将来重厚長大の工業団地ができたり、水を使うような施設は今から見込めません。それで、これは議会、2市1町が決めたことでありますけれども、県にも政治的ないろんなお願いをして、そしてこの治水の安室ダム企業団については、廃止も含めて検討の方向にしないと、物すごい額の起債、または支出をしておりますので、虫のいい話かもしれませんが、これは水を使いません。それをしまいに、事業を実施しますと高い水道料金で町民にはね返る恐れがありますので、できたらダムの見直しもしているところですから、安室ダム、金出地ダムは必要ですが、その点を水道用水企業団の存在自身を検討していただくということを町長にお願いして、意見といたします。以上。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第7号、安室ダム水道用水供給企業団規約の一部変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第7号は、原案のとおり可決されました。


 日程第18、議案第8号、兵庫県市町交通災害共済組合規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第8号、兵庫県市町交通災害共済組合規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第8号は、原案のとおり可決されました。


 日程第19、議案第9号、にしはりま環境事務組合規約の一部変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 15番。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 私は議会の組織、議員の選挙の方法等は賛成でありますが、別表の負担割合については納得できません。実は、議員全員はご存じなんですけれども、繰り返して申しわけないですが、以前の前町長のときの提案で、この負担割合が事業建設費や起債償還の負担割合が平等割30から人口割70が、平等割15%、人口割85%に変わりますというようなことを言うので、おかしいな、今言いましたテクノの学校も、それから火葬場もすべて運営費も何もかも30、70で仲よくやっていたんです。そういうことなのになぜこんなことになるのかとお聞きしたら、金持課長が、負担割合どうなるんだと言ったら、30、70よりも15、85にした方が上郡町が当時は9,000万円ほど上郡町が負担増になるというようなことをおっしゃった。後から訂正されて5,800万だったかされたんですね。やっぱりだなと。そのとき、それはほとんどの議員さんは、これはだめだと。30、70だったのだったらそれをすべきだと。いろんな理屈をつけてするべきじゃない。上郡町も一生懸命テクノに協力してきたのだから、そんなことをしたらいけない。どこが減るのかといったら、一番減るのは佐用町ですね。これはやられたなということで、いろいろ皆さん議員さんが意見を出してだめだと言っていたら、これは決まっていないんです。まだ提案ですということで、では後で決まるときにはねじを巻かないといけないなと、許せないなということを皆で言っていたら、何と決まっていたという話です。


 そこでは、例えば姫路市長、たつの市長、宍粟市長、上郡町長、佐用町長の中で、この案が全員協議会に出されたときは決まっておったらしいんです。何ということですか、本当に。それで、不思議なことに赤穂も合併協議会でこの問題が出ました。厚生常任委員会でまた委員さんがこのことについて審議されて、これはだめだという話になったら、22日に厚生委員会あったんだけど、26日に赤穂の市会議員さん知っていたわけですね。早いです。何ぼ負担しないといけないんだという質問が出た。金持課長、5,800万といったかな、30、70の割合よりもプラス5,800万円負担しないといけませんといった。それ以上なかったけど。合併を本当にしようと思ったら、これは赤穂市民、上郡町民に要らない負担をかけないための協議会でしょう。それを踏まえたらこんな15と85というようなことは出てこないわけです。これは何としてもこんなことは許されない。


 やっぱりこういう負担割合などについては、上郡町が今まで頑張ったんだったら、その場所で山本町長に言うんじゃないけども、元町長に頑張ってもらわないといけなかったんです。私らは言うところがありません。決まってしまったら、ここでしかないんです。そんなばかなことはないです。だから、今から上郡町はどんどんほかの町と組んで、孤立して、うまいことあしらわれて負担もどんどんさせられる。ひょっとして合併できなくなったら、この5,800万円、町が払わないといけないです。5,800万円の負担増の金がどこにありますか。あと全部削らないといけないです。職員を削り、福祉も削らないといけない。1円でも100円でも欲しいときに、こんなことを簡単に、失礼ですが、前の町長、決められたなと思って。しりふきは全部議会と町長です。


 もうここでしか言うところないけど、町長、何か言うてください。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) このことにつきましては、私も今、議員の発言のような経緯だったということについては、承知しております。そういう中で感想的なことを言えと、こういうことだろうと思うわけですけれども、非常にこれからの状況の中で、こういう変更をするときに、よっぽど気をつけておかないといけないというのは肝に銘じておりますのが一つ。


 それから、もう一つ、このあり方については、ある意味では物によっては、上郡町の方が楽になる場合もあり得ると。平等割が減ってきたということなんですね。だから、計算の仕方にもあるんです。それから、物にもよるということですと、必ずしもここで余り言っていると、ほかのところで得しておるかわからないわけです。だから、計算上のことなんですけど、これは基本的には私はこういう経緯の中で、議員さんも出られた方もいらっしゃるわけですけれども、この上郡町も幾らか安くなるような方向みたいな感じの部分も計算の中に入れていると思うんですね。だからその辺も加味していただいて、今回無理かもしれませんけど、この辺をご理解いただきたいと私は思います。


 だから、その辺、ちょっとわかりにくい説明だったとは思いますけれども、感想的な話として受け取っていただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 町長も苦しい答弁ですね。これは出しておる以上は議決してもらわないといけないから。私は納得できないけど。しかし、筋から言って、30、70で来たものを、その都度、その都度、情勢に変化して15、85に今からずっとするのだったらいいですよ。赤穂市との合併協議会の負担割合は30、70です。大体どこでもそうです。均等割と人口割、これは必ずほとんど30、70でやっています。都合のいいときだけ15、85にするのはどういうことかといったら、佐用町が非常に得をするのじゃないか。金持課長、上郡町が5,800万円負担を増して、あとのまちはどれぐらい減るのですか。ちょっと教えてください。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 前段でございますけども、この規約の変更、附則でうたわれておるんですけども、恐らく17年3月に議決されたものだと思うんです。この議員定数の見直し、それから建設段階までの必要な見直しというのは、附則でうたわれております。それをこのたび受けまして、建設段階に入るということで、論点が出てきたんですね。これはなぜかといいますと、市町合併が絡んでいまして、均等割をしますと、今、旧11町で最初進めておったものが、やはり今3市2町になってございます。そういうことを表に出されそうになったわけなんですね。だから、11町でしなくても3市2町でできるのじゃないかという均等割の部分もございました。その話の中でも、そういうことも大分シミュレーションでもこういうことを考えなさいということで、私は担当課長会議で出ていったんですけども、そういうことでいろんなケースを想定してやって、やはり旧11町の枠組みは残してもらわないと、均等割が非常に高くなると、上郡町にとって。もともとの発足が11町でなっておるのだからということで、それを推し進めてきました。そうすると、割合を見直すのならどこだということから、今から工事に係る総事業費、建設の工事に係る平等割に属する事業費、人口割に属する事業費を、今表に出ているのが約92億円ということで、ざっと出ておるんですけども、それを割り振りしたわけです。ですから、用地取得の中でも進入道路とか、進入道路の工事費だとか、それから計画の支援事業、それから周辺整備というのはこれは平等に値するだろうと。2町であっても5町であっても必要なものはあるだろうということで、その費用は平等割にしようと。


 それから、人口割に属する、例えば熱回収施設の建設は、スケールが大きくなるとか、小さくなるとかいうことがございまして、そういうところとか、土地の造成の広さとか、土地の用地の買収の、それは建設用地の敷地なんですが、そこの部分についてはやはり人口割に値するのではないかということで、92億円を案分して、それを事業費ベースで割りますと事業比率が平等割が15、人口割が85ということで落ちついたというのが経緯なんです。やはり旧11町の平等割の部分については残してくれということで強く言っていましたので、こういう結果になったということでございます。


 それから、今、各構成町の負担割の件でございますけれども、金額はこの92億というのはざっくりの92億でございまして、全然設計もなしの何もなしの92億ですから、これが余りひとり歩きしますと、金額はぐあい悪いと思うんですけども、率ではなく、やっぱり金額の方がよろしいでしょうか。そしたら、今の試算ベースで、姫路市が約2,800万減ります。宍粟市が3,800万ふえます。たつの市が5,200万円ふえます。上郡町が5,800万円ふえます。佐用町が1億2,100万減ると、これが今の率でいきますとこうなっているということであります。92億というのがベースになっていますけれども、これは恐らく大分変わってくると思いますけれども、それで了承していただきたいと思います。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 例えば、30、70でずっといって、時々こっちが泣いてこっちが泣くとか、いろいろあります。しかし、これから15、85でずっといくんだったらまたいいけども、それのときだけ、負担割合の計算をした後で率を決めたようにしか思えない。佐用が1億何ぼ減って、上郡町が5,800万も出すと。上郡町のあの金出地流域に持ってくるなと言っているのに。私はごみ焼却場は必要で賛成ですが、こっちに持ってくるなと言っているのにこっち持ってきて、金もいっぱい取っていくと。そんな非人情なことをよく決めてやなと。金出地でも一生懸命住民同意が取れずに、町長も苦労しておられます。私らもごみ焼却場は早くできないといけないと思っている。そんなことをしておいて、佐用とかが計算して、どっちが得か考えた上で、いろんな理由をつけて理屈をつけて、このときだけ負担割合をぽっと変えたことはしてはいけないと思う。佐用が泣いて、佐用の負担がふえて、上郡町が減るんだったらまだよろしい。これは見え見えです。私はこれについては、町長にも金持さんにも頑張ってもらって悪いけど、少なくとも15、85を20、80にするとか、ちょっとでも上郡町の負担がないようしましょうと。上郡町に申しわけない。テクノで頑張ってきた、そういう経緯も何も、思いというか、上郡町に対する尊敬も何もないような、金だけのことでやって、ああいうのは後からテクノで仲よくしましょうと、できますか。


 私は、以上、意見言うときます。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) ちょっと時間かかりますけども申しわけございません。


 今、工藤議員の方が負担割合とかいろいろなことで不満が出てきたんですけども、しかしながら負担割合を決めるのは、課長、聞くけど、この第9号、テクノでは議決されておるのかな。にしはりまの方は。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) この規約の議決は事務組合の議決事項ではないのです。構成町の議決を持って、これの知事の承認でこれが交付されるということでございますので。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) 説明を受けて、議決は伴わなくても理解はしているんですね。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) たしか、去年の8月6日の議会のときにご報告をさせていただいたと思います。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) そこで、負担割合云々という話ではなしに、それ以前に私はずっと言い続けてきたことがあるんですけども、議員の定数、これは以前から話をさせてもらったんですが、そもそも最初の改正案前の8人、8人ね、佐用と宍粟、これは多勢に無勢なんです。当然議会でやるときには、こんなもの賛成か反対か、当然そういうものは最後には数の問題が出てくる。だから今度改正されて、ようやくここで改正されたなと思ってやれやれと思ったら、4、4です。4、4でプラス8です。あと2市1町がやっても6人です。その中で確認書のように姫路市とか、たつの市が危うい話になっています。余り力が入るか入らないかの話です。どちらでもいいというような考えも成り立つ、人間だからそういう考えも成り立ってくると思うんです。だから、最終的にはどうしても4、4の8で、どういうことでも負けると言ったら言葉が悪いんですけども、自分らの思うような公平的な議論にならないと思うんです。だから、この分を全員で2人かな。議長が議長になっておるので、私も大変苦労しましたけども。そこらきっちり事務局の方で議論していただいて、表へ出てきて決めるのではなしに、中で調整してもらうような方法を考えてもらわなかったら、いつまででも同じことでしょう。負担割合はだれが決めるんだということになるんです。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 議員定数の関係なんですけども、これもやはり3市2町の枠組みで、団体を5団体でするとなれば、当然2人ずつということも話をされました。やはり11町残してほしいと。負担の関係で、そういうことでずっと進めていったときに、それを2人にしてしまうというのは、おかしいんじゃないかということも発言されまして、ただ、8人が4人になったのは、負担割合が30から15になったのではなしに、これはただ8人をただ半分にするという提案をされまして、宍粟市の白谷市長さんも申されましたけれども、そういうような形でいこうという話で提案されたのを記憶しております。


○議長(正木 悟君) 12番。


○12番(沖 正治君) ここで言うても話にならないので、そこら辺をよく念頭に置いて、今後、こういう構成数は検討してもらうような方向で、ようやく半分になったなと。やれやれやなという気持ちは私もあるんですけど。8人行くと多勢で無勢でどうにも1人でやいやい言ってみても、どうしても人間、感情に走りまして、最後には変なことになるんですけども。やはりこれはお互いに平等の発言力を持たしてもらうと。もとの11町がどうであろうが、1つの組織を1つの事業を起こそうと思ったら、やっぱりその11町ではなしに、3市2町です。それが一緒になってやるのなら、お互いに平等権を与えて、あとの分担金のことまで入ってくるから、人数をうちはたくさんくれると言っているんです。その事業を遂行するためには、3市2町が共同してやるなら、人口が多い少ないは別です。そういう観点から考えてもらわなかったら、ちょっと私は不平等だなと思っておりますので。半分になっただけでもまあまあかなという気は何ぼかありますけどね。そういうことでよろしくお願いしたいと思います。


○議長(正木 悟君) 14番。


○14番(村上 昇君) 今、工藤議員と沖議員の方からいろいろその問題が出まして、昨今この上で3市2町のにしはりま環境事務組合の会議があったんです。そこでこの問題については、僕は工藤議員が今言っていたとおりだ。そういう問題もおかしいじゃないかということと、定数問題は沖さんが言った、大体僕もそういう意見だ。だから、8名を4名にしたということで、減らすのは減らしておられる。だけども平等で、これは仲よく、もしごみをやるということが決まったら、仲よくやっていかないといけないのだから、とにかく最終的には私は要望、意見として、絶対将来は早くやってくださいよと。2名に変えてくださいという意見は、僕の方から要望意見で出しております。


 それから、金の方については、僕はやいやい言うた。佐用が何ぼ、どこが何ぼと黒板に書いて説明しなさい。どれだけふえておるか。しかし黒板に書かないんだ。もうそれは今現在、その前のときに大体了解をつけておりますからと言うから、了解つけるといって私は初めてやないか。何を言うておるんだということで、かなり文句は言うたんですけども、しかしその前、そのときに行っておったのはだれなのか。そのときに、もっとやってもらわないといけないじゃないか。決まってしまったような方向づけになった時点で報告しておられる。今度、議会で諮るようにと言っているのだろうが、だけども沖さんも言われただろうと僕は思うけども、決めてしまっていると。山本町長もどうにもならない。前の安則町長が決めてしまっているということだ。


 だから、そういうことは絶対許せないことだ。その理屈がどうだこうだと言うけども、5,800万もふえるような金額を、それでよろしいというようなことを町長が受けてしまっているのはおかしい。だから上手に逃げたらいい。これは大きいから一遍相談しないと議会がどう言うかわからない、困ったことだといってやってもらわないと、こんなものだめだ。だから安則さんは全部その式で行ってしまう。全くおかしい。だから、上郡議会で気に入らなかったら、山本町長は通してやってくれと言われているけど、これは本当に困った問題ですよ。


 そして、建設費にこの金額をかけている。建設費が一番大きい。あとの総務費や何だかんだと言ったって配分は知れているでしょう。だから、建設費にかけられるということはふえてきます。一律が減るんですから。だれが見てもわかる。


 だから、そういうことでこれは私も今後上がっていくんだけども、なるべくそういう問題についてはしないと、上郡町は金をたくさん持っておるんだったら言わない。けんかまでして、文句言っても仕方ないと思うけど、気の毒だと思って。また皆さんにも迷惑かける。職員から議員から皆、迷惑かかる。金があるときなら、ちょっとぐらい嫌なことやめておこうかとなるんだけども。実際、そういうようなことで決めてしまっているんだと。そう言っても仕方ないです。庵逧会長はそういう答弁だ。だから、それ以上仕方ないと思って、議会にかけるだろうから、議会のときに上郡が団結するのかどうか。しかし、山本町長が言われている。これは弱ったものだ。本当にこれは残念です。金があるときだったら僕は言わない。ないから本当に弱ったものだと。しかし、町長が言うように、一律のパーセント、80持ってきているんだから、うちは人口少ないから、そういうような問題はあるとは思う。しかし、建設費にかけているから。総務費ぐらいのものの関係にかけるのなら知れた金額で済むのかもわからないけど、建設費にかけている。


 だから、これは一策の佐用のテクニックだと僕は思う。そこへ姫路市にしたって減っている。そりゃ言わないですわ。それから、たつのは言わないといけないけど、たつのはもう7年ほどか、8年ほど、11年だったか、それでいいとなってしまっている。嫌なことはやめておこうと、そうだろうと僕は思う。だからその辺を沖さんと同じような読み方ができます。だから、上郡町議会でよくもんでもらって、しかし町長がそう言っているものを否決させてもらうんだといってやると、また上とすごい摩擦があるだろうなと思うけども、しかし、私は言うております。正木議長は今度目議長になっておられるから、意見言えない。腹ではそう思っておったと思いますけれども。それは言いたかったと思います。なめておるのかと。上郡一番大きいんだ。


 そういうことで、ちょっと皆様方にご報告を兼ねて、どうなるか審議を十分していかないといけないと思います。そういうことです。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) いろんな方から意見、質問ありましたが、私は確認書が今現在、ご存じのように、18年1月に確認書を結ばれています。償還額についても、負担割合の変動が出ていますね。15%にする。ご存じのように起債は20年や25年という起債期間があると思うんです。まだ、起債を起こしていないと思うんですが、恐らくそうなると思います。確認書はご存じのように姫路市は11年、当分の間が11年ということになっていますが、償還額、姫路市、たつの市の両市の負担分は、その後どうなるかということは明確になっておるんですか。その辺のところが確認書の関係で、不確定であるし、この議案に対しても僕自身どうしたらいいかわからないところがありますから、ぜひご回答をお願いします。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 確認書の件でございますけども、例えば精算というのは、そういう具体的な話は全く私も聞いておりませんので、そこで恐らく協議になると思うんですけども、それにいたしましても、やはり構成市町の議決が必要だということになりますので、そこでもまた調整が図られると思うんですけども、そういった話は今のところ聞いてございません。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) そのようなあやふやな状態で、もしこれやって、11年済んで、11年で協議の中で姫路が脱退します、たつのが脱退しますとなった場合、あとの起債のお金が割合はどうするのか、そのときに払ってくださるのかどうか。まとめて脱退する時点で、残りの分をやるかどうかということぐらいの確認は、恐らくできていないと、どうするんだということも当然出てくると思うんですけども、だれが考えても。それがちょっとそこらのお金じゃないものですから、起債の返還額にしても。そういう話は一切ないんですか。確認とか、そういうことはないんですか。そういう残りの起債をどうしていくかということさえも。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) そこから脱会するというはっきりとした明文化はされていないということもありますし、だからそういう話は全く出ていないということでございます。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) そうなんですけどね、そういうこともあり得るという確認書でしょう。確認書を読んだら。当分の間加入すると。当分の間は11年とすると書いているから。当然そのことは想定されて恐らく話も出ているのかなと思ったんですが、一切そういう話はないんですね。これは確認ですけれど。


○議長(正木 悟君) 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) そういう話は全くございません。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(正木 悟君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第9号、にしはりま環境事務組合規約の一部変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第9号は、原案のとおり可決されました。


 日程第20、議案第10号、赤相農業共済事務組合規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 産業振興課長。


○産業振興課長(安達良二君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第10号、赤相農業共済事務組合規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第10号は、原案のとおり可決されました。


 ここで休憩します。再開は午後1時。            (11時54分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (13時00分)


 日程第21、議案第11号、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


 15番。


○15番(工藤 崇君) この条例は、早出、遅出勤務について拡大していく。子育て支援をしていくということで賛成でありますが、8条2の2項の小学校に就学している子のある職員であって、規則で定めるものとありますが、これは小学校就学の(1)では、式に達するまでの子のある職員と同じように規則は要らないんじゃないですか。小学校の就学している子のある職員ということで、それでいいんじゃないかと思います。何の規則が要るんですか。制限があるということですか。私の質問のところがわかりますか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 第8条2の条例にされている規則では、新たに改正を、これも行う予定なんですが、小学校就学の式に達するまでという定義のところの定義を規則でうたっております。この定義は満6歳に達する日以後の最初の3月31日までを言うということで、定義規定をここで規則で明記したということで、条例をより詳しくしたということでございます。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) ちょっとよく説明はわからないけど、付託するんだったらよろしい。私の答弁とちょっと食い違っているけど。そこのところの規則が、条件を厳しくするんだったら意味ないし、小学校まで全部入れるんだったら別に規則で定めなくてもいいという心配があっただけの話で、総務でやるんですね。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第11号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第11号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第22、議案第12号、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第12号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第12号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第23、議案第13号、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 私、町長が公約で退職金は要らないんだというようなことをおっしゃったんですけど、私はもらってもらったらいいと前言うたんですね。心根というのは非常にすばらしいと思うんだけど、腹が減っては戦はできぬといいまして、余るほど町長がお金を持っておられるのならいいけど、それは町長おっしゃったように、やめられて寄附されたらいいことで、腹が減っては戦ができぬと、町長、助役、教育長は大将なんです。先頭を切って合併問題、また今から合併できなかったらこのかじ取りをしてもらわないといけないので、ほかの1郡1町、赤穂市より広い面積、人口だけが少ないだけで、町で低い市町から比べて給与でしょう。助役もそうです、教育長もそうです。それが教育長なんかだったら現場の部下の校長よりも低いといいます。私は別に持ち上げているんじゃないですよ。よいしょしているんじゃないんです。腹が減っては戦ができぬ。そして町長や助役や教育長の給与の引き下げは職員の給与の引き下げとタイアップすることが多いですから、これ以上、職員の給与を下げたらなりませんわ。そういう意味で、苦しいといってもやっぱり身分保障をまず大事にしなかったら、子供の保護とか、福祉とか守って職員の給与も守って、そのかわりもっと働けよというようなことをしなかったら、何もかも減ればいいんだという町民もおります。私は反対です。町長もきちんと退職金もらってもらいたいし、それで給与も下げないでほしいし、一生懸命頑張ってもらいたいと思うんですが、町長どう思いますか。答申があるから言いにくかったらよろしい。私はそう思いますよ。そうしないとだめです。何でも下げたらいいのじゃないですよ。それはそうですよ。私は町長によいしょしているんじゃないですよ。町長、答弁いただけるようだったらお願いしたいんですけど。


○議長(正木 悟君) 町長。


○町長(山本 暁君) ありがとうございます。いろいろ配慮いただきまして。一応、退職金のことは別にいたしまして、それなりの対応をしたいと思っておりますけれども、これにつきましては、今、答申がございますので、それを尊重する立場にあります。そういうことでございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 答申の人にも言うておいてください。もうこれ以上、答申は余りしないでくれと。要するに国のいろんな人勧とかあって、そういう制度はしようがないです。しかし、できるだけ町長の給与を下げなかったら上郡町が破産するんだというたら、議員も一緒になって職員もそこに手をつけないといけないけど。それはだめです。これは賛成しますけどね。これから町長、諮問するときはよく言っておいてください。諮問委員に町長が言うたら、教育審議会みたいになってしまうけど、よろしいね、町長。以上。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第13号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第13号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第24、議案第14号、教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第14号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第14号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第25、議案第15号、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第15号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第15号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第26、議案第16号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


 10番。


○10番(小寺政広君) 1点質問いたします。職員ですが、職員の範囲、ご存じのように職場では、正職員と臨時、あるいは嘱託職員がおるんですが、今手当、全員が従事した場合、危険な作業、あるいはこれに該当するような作業をした場合、手当出ているんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) ここで言う職員といいますのは、正規職員のことを指しております。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) 臨時とか嘱託は現在も出ていないし、この条例もそういうことではないということですね。なぜそうなんですか。同じ作業ですよ。同じ危険を伴う作業だし、塵芥に伴う作業、正職員は出て、臨時や嘱託職員は出ない。それはおかしいんじゃないですか。それこそ不公平というのですか、人間として不公平を感じますよ。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) そういったことのために臨時職員、嘱託職員については日額単価での調整でもって通常よりは高く設定してあるという考え方でございます。


○議長(正木 悟君) 10番。


○10番(小寺政広君) その辺、ちょっとまだ納得できないんですけど、これ付託ですね。その辺のところ委員会、特にこれは総務、ぜひ納得できるように委員会の方で審査お願いします。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第16号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第16号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 続いて、日程第27、議案第17号、上郡町収入役事務兼掌条例を廃止する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第17号、上郡町収入役事務兼掌条例を廃止する条例制定の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第17号は、原案のとおり可決されました。


 日程第28、議案第18号、上郡町副町長定数条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第18号、上郡町副町長定数条例制定の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(正木 悟君) 起立多数であります。


 よって、議案第18号は、原案のとおり可決されました。


 日程第29、議案第19号 上郡町特別職報酬等審議会条例等の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第19号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第19号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第30、議案第20号、上郡町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 単年度で債務負担行為で将来を約束するような法律になっておったのを、当該年度で複数契約をやるというのですね。お尋ねしたいのは、当初予算で複数年の契約を先にやってしまうということで、それで毎回の単年度の債務負担を起こさなくて、議会に諮らなくていいという事務の効率化と、もう一つは一括して契約することによって、安く上がることができるということをねらっているんですか。それはどういうことですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) このたびの法改正の趣旨は、通常社会通念上行われているこういったものは、金額にもよりますけども、債務負担行為の設定までしなくても事務上効率が上がるという考え方。それから、例えば警備保障等にありますと、4月1日から直ちに契約しないといけないようなもの、こういったものを債務負担設定とか、年度の補正とかいう時期的なことも考えて、通常幅は広くなっていないんですけど、通常考えられる慣習上の範囲ということで、限定されております。そういった趣旨から事務上のある程度簡素化をもねらったものと思っております。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 長期的に単年度の予算で先までの契約して安く上げるということは含まれていないんやね。そういうことが入札やそういうものの状況で、契約上でそれも効率があるということじゃないんやね。ただ事務上のことだけなんやね。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 当然、そういった全体の経費の節減にもつながってくると思っております。


○議長(正木 悟君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第20号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第20号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第31、議案第21号 上郡町行政財産使用料徴収条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


 15番。


○15番(工藤 崇君) この条例は何を想定したものなんですか。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 行政財産の目的外使用の場合の徴収条例を定めております。現在、そういった行政財産目的外に使っている場合もございますが、きちっと明確な条例がなかったということから、今回それを明確にしたいという考え方でございます。


 といって、従来は無料かといいますと、そうではなくて、必要経費の相当分を雑入で受けておったということから、この使用料の単価等も設定したということでございます。


○議長(正木 悟君) 15番。


○15番(工藤 崇君) そうしたら、この役場の庁舎の屋上にある電話会社のやつからきているんでしょう。それが聞きたいわけです。だからそれでちゃんと町も今からだったらいろんな広報なんかでも、一般企業のを入れて、できるだけ広報を宣伝することによって町民の税金だけでなくて、企業からも負担してもらおうということをやっていますね。インターネットの中身は知らないけど。そういうこともこれから拡大して、できるだけ行政が企業の宣伝、金もうけするとは何事だというけども、やっぱり使えるものは使ってもらって、町民の税金の負担とこちらの歳入の拡大を含めないといけないわね。そういうことの一端として長い目で考えているとか、ただぽんと問題が出たからぽんとするのか、そうじゃなくて全体的にどう考えておられるのかをご答弁願いたいわけです。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 屋上の電話、携帯アンテナのこともしかりなんですが、地方自治法の改正の中には、例えば、行政財産の庁舎の一部を貸すことができるというような改正も行われております。当町の庁舎はそういう考えは今のところないんですけども、そういったことを含めまして、行政財産全般にわたりまして、使用については明確な使用料徴収条例が必要だろうという考え方で、当然将来に向かっての考え方で設定しております。


 以上です。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


 11番。


○11番(高尾勝人君) これは新規条例ということなんで若干お尋ねしたいんですが、第2条の第2項、使用料は年額で定めるということから始まっておりますが、使用料の算定の基礎となる使用の期間が1年に満たないときは、その期間に1年に満たない端数があるときは月割り、要するに10カ月だったら10カ月分でもらいますよという判断やね。今度、1月に満たない端数があるときはこれを1月と計算する。ですから10カ月と1日。そういう場合はどうなるんですか。それだけちょっと確認します。


○議長(正木 悟君) 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) ここの定義にしておりますのは、契約上、使用期間が1カ月未満という想定をしておりまして、1カ月を超える場合の端数については、当然、切り捨てるという考え方でございます。


○議長(正木 悟君) ほかにございませんか。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第21号は、議会運営委員長から報告があったとおり、総務文教常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第21号は、総務文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第32、議案第22号、上郡町健康保険条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第22号は、議会運営委員長から報告があったとおり、厚生経済常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第22号は、厚生経済常任委員会に審査を付託することに決しました。


 日程第33、議案第23号、上郡町福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 住民課長。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 提案理由の説明が終わりました。


 本件は、委員会に審査を付託したいと思いますが、この際、質疑があればお受けいたします。


              な           し


○議長(正木 悟君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 ただいま、議題としております議案第23号は、議会運営委員長から報告があったとおり、厚生経済常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              異   議   な   し


○議長(正木 悟君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第23号は、厚生経済常任委員会に審査を付託することに決しました。


 ここで暫時休憩します。再開は2時15分。         (13時57分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (14時15分)


 日程第34、議案第24号、平成18年度上郡町一般会計補正予算の件、日程第35、議案第25号、平成18年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件、日程第36、議案第26号 平成18年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件、日程第37、議案第27号 平成18年度上郡町特別会計農業集落排水事業補正予算の件、日程第38、議案第28号 平成18年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件、以上5件を一括議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(正木 悟君) 議案の朗読が終わりました。


 これより、上程予算案並びに第1表以下事項別明細書の説明を各担当課長から求めます。


 企画総務課長。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○健康福祉課長(木本善典君) 議案説明。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○健康福祉課長(木本善典君) 議案説明。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○上下水道課長(岡本 博君) 議案説明。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○産業振興課長(安達良二君) 議案説明。


○建設課長(身野智重君) 議案説明。


○産業振興課長(安達良二君) 議案説明。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○建設課長(身野智重君) 議案説明。


○都市整備課長(松本 優君) 議案説明。


○学校教育課長(山本善彦君) 議案説明。


○社会教育課長(桝本貴幸君) 議案説明。


○企画総務課長(松石俊介君) 議案説明。


○産業振興課長(安達良二君) 議案説明。


○住民課長(金持弘文君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) ここで休憩します。再開は3時25分。 (15時11分)


              休           憩


○議長(正木 悟君) 再開いたします。           (15時25分)


 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 議案説明。


○上下水道課長(岡本 博君) 議案説明。


○議長(正木 悟君) 議案の朗読と説明が終わりました。


 本日は、これをもって休会といたします。


 再開は3月15日午前10時であります。


 議員各位と各管理者の課長さんが説明をスムーズにしていただきまして、延刻になるかと思っておったんですけれども、早く終わりました。ありがとうございました。


 なお、ここで皆さんにご連絡申し上げます。


 本定例会において付託されました各案件について、休会中に審査をお願いするわけでありますが、各常任委員会の開催日が決まりましたので、お知らせいたします。


 総務文教常任委員会並びに厚生経済常任委員会を3月12日から開催いたします。なお、総務文教常任委員会を第1委員会室、厚生経済常任委員会を第2委員会室でいずれも午前10時より開催されますので、出席方よろしくお願いいたします。


 どうもご苦労さまでした。                 (15時40分)


              休           会