議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 上郡町

平成18年第1回定例会(第8日 3月27日)




平成18年第1回定例会(第8日 3月27日)





             上郡町議会会議録  (第8日)


 平成18年3月27日午前10時より上郡町議会会議場において平成18年第1回定例


 議会を再開した。


 
1.開会日時  平成18年3月27日  10時00分


2.出席議員は次のとおりである。


      1番  外 川 公 子      2番  橋 本 正 行


      3番  松 本 行 人      4番  大 政 正 明


      5番  由 田 五千雄      6番  藤 本 祐 規


      7番  山 本 守 一      8番  阿 部   昭


      9番  赤 松 初 夫     10番  小 寺 政 広


     11番  高 尾 勝 人     12番  沖   正 治


     13番  田 渕 重 幸     14番  村 上   昇


     15番  工 藤   崇     16番  正 木   悟





3.欠席議員は次のとおりである。


      な  し


4.本議会に出席した議会職員は次のとおりである。


   議会事務局長  安 達 良 二


5.地方自治法第121条の規定により、議長より会議事件説明のため出席を求められた


 者は次のとおりである。


   町長        安 則 眞 一  助役       前 川 清 之


   教育長       尾 上 高 徳  技監       上 林 敏 明


   教育次長      本 田 吉 住  企画管理課長   松 石 俊 介


   税務課長      寺 尾 義 照  住民課長     松 本   優


   健康福祉課長    木 本 善 典  産業振興課長   高 橋 道 夫


   農業委員会事務局長 野 村 元 政  下水道課長    大 国 安 弘


   建設課長      東 末 守 史  都市整備課長   金 持 弘 文


   管理課長      山 本 善 彦  会計課長     田 中 天 憲


   水道事業所長    岡 本   博  ピュアランド担当課長


                               桝 本 貴 幸


   企画管理課副課長  中 山 直 樹





6.会議事件は次のとおりである。


(1)議案第35号 平成18年度上郡町一般会計予算の件


(2)議案第36号 平成18年度上郡町特別会計住宅改修建設資金貸付事業予算の件


(3)議案第37号 平成18年度上郡町特別会計国民健康保険事業予算の件


(4)議案第38号 平成18年度上郡町特別会計老人保健医療事業予算の件


(5)議案第39号 平成18年度上郡町特別会計介護保険事業予算の件


(6)議案第40号 平成18年度上郡町水道事業会計予算の件


(7)議案第41号 平成18年度上郡町特別会計簡易水道事業予算の件


(8)議案第42号 平成18年度上郡町特別会計農業集落排水事業予算の件


(9)議案第43号 平成18年度上郡町特別会計公共下水道事業予算の件





7.会議の大要は次のとおりである。





○議長(高尾勝人君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより定例会を再開いたします。


 地方自治法第121条の規定により、町長をはじめ各関係課長の出席を求めております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 3月24日に引き続き、平成18年度一般会計予算の歳出58ページから102ページについての質疑をお受けいたします。


 質疑はありませんか。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 64ページ、10目商工振興費、19節負担金補助及び交付金の2番目、工場設置奨励金についてお尋ねをします。たしか、タナック、末廣堂への助成だとご説明があったと思います。この工場設置奨励金というのは、数年度にわたって上郡町に工場等を立地した企業に対して、町税を免除して誘致を図ろうとする条例であろうかと思いますが、これについて今、ご説明があった企業でいいのかどうか。ほかにあるのか。またもう一つは、町長の交際費の中で、フジプレミアム株式会社新工場の竣工式のお祝いをされておりますが、私が今までお聞きしたところ、新都市におけるフジプレミアム工場というのは、液晶の分野で非常にすぐれた研究、また中身を持った将来性のある企業だと思い、新都市の上郡町地域に立地することがほとんど可能であると期待しておったわけでありますが、突然上郡町の地域からほかの地域に移ったということを聞いて、本当にがっかりした思いがあります。そこで、町長はこのフジプレミアムに工場の竣工式のお祝いをしたのはいいけれども、それまでにこの企業の立地についての働きかけ等を上郡町域にするように努力をされたのかどうか、お尋ねをいたします。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) 64ページのお尋ねの工場設置奨励金497万8,000円につきましては、対象企業はタナックさんと末廣さんでございまして、タナックさんにつきましては483万3,000円、末廣さんにつきましては145万円でございます。タナックにつきましては、本年度で終了でございます。末廣さんにつきましては、平成19年度まで固定資産相当額等を補助金として助成するものでございます。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 今のご質問の件ですが、フジプレミアムさんがどこへ出てくるかということについては、事前に企業庁からそういうことでのお話はございませんでした。したがいまして、フジプレミアムさんが正式に出てくるという時点で私も知ったということで、今、15番議員さんが言われた上郡町に出てくることになっておったということなんですが、そういうことではありませんで、企業庁からそういうお話を聞いて、こちらが知ったということでございます。ただし、雇用の機会をつくり出すということについては、それ以降、いろいろお話をさせていただきまして、上郡高校から毎年5名、6名の採用をしていただいているというのが現実でございます。


○議長(高尾勝人君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 企業庁さんから情報があったというけれども、そういう企業誘致条例までもって上郡町は新都市の熟成を願い、企業の張りつき、また公共施設の張りつきをすることによって、新都市も熟成し、上郡町も潤うという方針をきちっと持っており、また、優良企業の張りつきこそがこの上郡町の財政難を救う1つの大きな方向であることを自覚しておれば、町長はそういう情報を担当課、または県とよく話をして、何かいい企業の話はありませんかと。上郡町にぜひおいでくださいというような動きをすることが町長の責務であろうと思うんです。それは町長は建前は県から決まった後で報告があったというけれど、私はそうは思いませんよ。やはり上郡町に雇用促進し、潤沢な税収を得るためにも、企業に対して県とよく意思疎通をして、企業立地にも応援を願うという姿勢がなければ、町長は知らなかった、知らなかったと言うけれども、そんなことで上郡町は歳出ばかり減らして、歳入の確保の働きをせずに、結果的にしようがなかったばっかりで、上郡町はここまで来ているんじゃないですか。


 私は、町長はそうおっしゃいますけど、それは額面どおりのことで、本来なら企業庁とよく連絡をとって、それは何でもかんでも上郡町にテクノの工場や公共施設を上郡町に持ってこいというわけにもいきませんが、1つぐらいは上郡町に持ってくるぐらいの折衝と努力を重ねることが町長の仕事ではないかと私は思うんです。上郡町はただ1町だけでもっているんじゃないんです。赤穂市だけのつき合いでもっているのじゃないんです。相生とか県とか近隣の市町とうまくやって、上郡町そのものを町民が安寧できる生活を保障するために、まず予算の拡幅をする。自主財源の獲得をするために一生懸命頑張らなければならない。その先頭に町長は立たなければならないのです。工藤議員が言うように、どこに行くかわかっていなかったというようなことは、私は私の知っている情報では、そういうことではないと。町長のご努力が足らなかったと思うんです。私の言っていることわかりますか。


 あなた、一生懸命町民にいろんな迷惑をかけないために、上郡町としてそういう歳入、自主財源の確保の努力をする。補助金でもそう、企業立地でもそう、そうやらなかったら、上郡町にいろんな福祉もいろんな建設も施設もなかなかできないわけでしょう。それでだめだったらしようがないです。いろんな力関係もありますし、いろんな状況もありますから。しかし私は町長の姿勢に、このフジプレミアム1つにしても、全体的に町長の姿勢が私はなっていないと思うんですが。町長、どうですか。残念でなりませんが。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 企業庁と企業誘致に関しましては、出先機関の播磨科学公園都市にも出先機関があります。本庁に管理者がおられます。そういう意味で、企業誘致については情報交換というか、頻繁にやっているつもりです。したがいまして、どの企業がということではございませんが、そういうことについてのご協力を再三再四やっております。その中で、現在建設が進んでおりますが、クリタスエンジニアリングさん、それについても企業はまだ明らかにすることはできないのだけどもという進行形のときに、何とかそういう方向のことで動いているということについて、協力要請をして、現実にはそういうことでオープンになって、今、工場が立っておりますけれども、そういう意味で企業庁の管理者、また出先機関等、そういう意味でもう少しこういう企業が出てこないかなという話はさせていただいております。


 ただし、その企業名がどうだということについては、ある程度の時期が来ないとオープンにできないという状況で今、話を詰めさせていただいております。


○議長(高尾勝人君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 次、65ページ。目観光費、負担金補助及び交付金の川まつりに関する観光協会補助金が550万円減ったということと、地域おこしイベント補助金についてお尋ねいたします。それは下から3行目。川まつりの実行委員会でも前、町長の施政方針にもお尋ねしたとおりでありますが、2月の時点で町長から500万円の補助金が川まつりについては出せないのだというお話を会長さんの方にされて、やむなく先月ですからもう時間もないし、中止という方向しかとれなかった。町長の方針は町民とともにまちづくりをするんだという方針を公約して掲げておられるのに、前年度の川まつりの実行委員会からも同じことを言いますが、ある団体からそこまで金がないのだったら、縮小して川の右岸と左岸2つやっているのを片一方にするなり、また今回は中止するなりして、何かの方法をとらなければ続かないのじゃないかと。できるだけ川まつりは子供らが例えばたいこをするにしても、学校の行事に組み入れて発表の場として喜んでおると。子供からお年寄りまで。他市町からも来ておられるので、今さらやめることは結局は上郡町のマイナスの宣伝になってしまうので、できるだけ規模を小さくしても続ける方がいいのじゃないかというような熱い町民の思いが前年度からあったと思うんですが、町長の財政計画でどうなっているのか。2月に500万円出さないと、500万円出さないんだったらもっと早く言っていただいたら、何らかの形で町民の協力を得て、どういう形であれ存続を縮小してでもやろうかというようなことが出てくるかもわからなかったんですね。そういうような行き当たりばったりのことで町民を悲しませるようなことが、私は町長のすることかと。私はこの前の会議でも議長と私、厚生経済常任委員会で出させておりましたので、議会でやれという意見もありましたけど、あえて申しました。


 そういうことで、町長の姿勢を問うということと、もう一つは地域おこしはやろうということで、補助金を出していただいておる。これはありがたいことでありますが、この整合性と地域おこしイベントは何をやるんだと、具体的にはどこに補助金を出すんだということをお答え願いたい。この2つ。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 川まつりの件でございますが、何とかやる方向で検討してまいって、規模も縮小してということでぎりぎりまで検討してまいりました。最終的に、花火だけを何とかする方向にならないかといって、いろいろ検討したんですが、花火をすることによって、いろいろ警備であるとか、いろんなことが重なりまして、結局それ自身が何とかならないかということで、ぎりぎりまで川まつり実行委員会の会長さんとも話をさせていただきましたけれども、そういう意味で、難しいということでぎりぎり2月に入って、そういうご相談をさせていただいた。そういう意味では、私自身も長年続いておる川まつりが継続できないということは非常に心苦しく残念に思っておりますが、そういう意味では、一般質問でもお答えしたように上郡町の足腰を強化するために、一時お休みということで決断をさせていただきました。その前段の十分の検討が、それぞれの川まつり実行委員会でも十分なされていなかったということにつきましては、ぎりぎりまで検討したんですけども、そういう状況に陥ったということにつきましては、当方としても十分でなかったと反省をしております。


 しかしながら、将来に向けての足腰を強化するということで、そういう選択をさせていただいたと。それから地域おこしイベント、同じように地域おこしイベントがそれぞれございます。それにつきましては、費用を節約してということで昨年からある程度費用を削減させていただいた。それにつきましても、どういうふうにするかということの検討の中で、やはりそれはいろいろイベントもございますが、それについては、地域でいろいろ協力してもらっていることの火を消さないためにということで、それは応援をしようということで決断をさせていただいたということでございます。


○議長(高尾勝人君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 地域おこしイベントの補助金は、内訳は何ですか。具体的には。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) 150万円の内訳でございますが、船坂地区で行われております安室ダムまつり、高田地区で行われております平家まつり、赤松地区で行われております白旗城まつりにそれぞれ50万円ずつ支出するものでございます。地域の自治会が中心となって統括された組織でございますので、やはり地域の特色を生かした永続的な地域おこしイベントということがありますので、今回それに対する助成をいたすものでございます。


○議長(高尾勝人君) 15番。


○15番(工藤 崇君) 川まつりについても、ぎりぎりやる方向で検討したけれども、2月までずれ込んで結論が500万削らざるを得なかったというのは町長の理由であって、町の財政的な、財政を握る町長の理由であって、町民はやるものだと、2月の上旬まで、今度も大規模にやろうぜと会長自身が言っていたと、会長みずからがおっしゃっていました。そんなことを町長のぎりぎりまでやろうと思っていたかもしれないけど、川まつりを続けるためには、町民の理解と何とかこの33回、34回の続けてやった火を消さないためにもどうするかと。町民の応援と理解を得なければならないわけでしょう。やるときだけお願いします。やらないときだけぎりぎりになって金を出しませんといったら、やめということと一緒でしょう。町長の行政の説明と、町長のイベントを続けたいのならどうするかということの姿勢を町民に問うことについてのやり方が間違っているといっているので、やりたいのは山々だけど2月になって500万円がどうしても都合がつかなったというのは、それは町行政のやることと違います。普通の一般の家庭でもそんなことはしません。自分の身の丈に合ったことでどうしようかということを、もう半年も1年も前から自分の家計をやりくりして方針を立てるんでしょう。そんな1カ月前に突然金を削りましたといって、やろうと思っていましたけれども、どうにもなりませんでしたと。どうもならないのだったらもっと早くから言っておったらよかったんです。そんな大きなイベントを。やっぱりみんなで心配して、みんなで盛り上げるというのが川まつりの趣旨なんでしょう。町長、あなたの独断と偏見じゃないですか、それでは。


 それだけ言って、次。86ページ。10目教育振興費、13節委託料、調査委託料でご説明では、中学生の学力検査を導入するということを説明であったと思います。


 卒業式等で各校長先生らとお話をすることがありまして、中学校も保護者あての中学校だより、また町民あての学校の取り組みの中学校だよりなんかをいただきまして、説明を聞きますと、上郡中学校はことしも進学進路が非常に成績がよかったと。それとTK式標準学力検査の結果でも現在の2年生の生徒さん、全体ですが全国の平均を上回っておると。学力検査で頑張っておりますよというご報告をいただきました。国も今、学力の低下を憂いて、ほかの国と比べて非常に日本の生徒は優秀、保護者も熱心なんだけども学力が伴っていない。就職、進学、それが低学力に今、国があえいでおるということから方針を転換いたしまして、いいか悪いか、全国的に学力検査をして現状を見ようという動きになっております。その中で、校長先生等いわく、私どもの学校もほかのまちに負けないように基礎学力をつけるように頑張りたいと思いますと私にお話をされておりまして、とっても心強いことでありまして、これは小学校、中学校が一生懸命先生らと保護者と子供が頑張って近隣よりもいい成績をとるようになったということは非常にありがたいことであります。これは1つは評価してほしいし、またこれを学力検査の競争があるから頑張るのではなくて、つまずいている子供を拾い上げて、その子に一生懸命個別に教えてあげて、その子の進路を補償できる。将来こういうものになりたいんだと。例えば、こういう仕事をしたいんだというようなことを可能にするような教育の中身であってほしい。もちろん学力検査のいい成績をほかのまちに負けずにとるということは一番大事ですが、そこにも困った子を助ける、そういうきっかけにしてほしいと思うわけです。要するに教育の本質は子供の健全な、また健康で健全な発達を補償することにあると思います。そういうことで非常に心強いお言葉を中学校の先生、小学校の先生にいただきましたので、その点、せっかく中学校の学力を検査するのであれば、ただ検査しておまえは何点だっただけじゃなくて、その足らずを教育委員会、教師がその子のわかっていないところを教えるということでもって、将来に夢を与えていく、そういうことを取り組んでほしいと思いますが、どうお考えですか。


○議長(高尾勝人君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 工藤議員からそういう説明がありましたけれども、全く学力に対する考え方はそのとおりだろうと思うんです。それでそういう全人的なものが整って初めてペーパーではかれるようなものも出てくるのではないか。ある1つの断面ではないかというとらえ方をしております。私どもが一番気にかけておりますのは、前にPISAのこともこの議会で申し上げましたけれども、みずから学ぶ意欲、そういうものが世界的に見て日本の子供たちが一番欠けているのではないかということを言われます。こういう基礎的な学力をつけながら、そういうみずから学んでいこうという姿勢ができるような方向に持っていくのが最終目標であると考えております。


 したがいまして、これは単に子供たちの学力を伸ばしたらいいという問題ではありません。特に最近問題になっておりますのは、二極化といいますか、できる子とできない子が全く分かれておる。ふたこぶラクダのような形になっておるというようなことがよく言われますが、そういう傾向は本町でもございます。全体的にまとまって上向きになるような方向に考えていきたいと思っております。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 5点ほど質問をさせていただきたいと思います。


 まず、64ページ。この64ページは今、工藤議員の方からかなり言われておったと思うんですが、それに対しましてちょっとこの497万8,000円の内訳というか、どこに何ぼ出したということは聞かせていただいたんだけども、どういう理由でこういうことをされておるのかということをまず聞かせていただきたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) 村上議員さんもご承知かと思うんですが、上郡町には企業を誘致するときには、企業誘致促進条例という条例がございます。この条例に基づきまして新しい企業が町内で新築、新しい工場を設置した場合につきましては、翌年度から固定資産相当額に対する助成金を町の方からそれぞれの企業に交付するものでございまして、この対象となりましたのは、ご存じのように播磨科学公園都市が3町の方へ、企業庁の方において工場立地する場合に、周辺の町においてもこういう条例をつくって、より一層収入増に図るような形をつくった条例でございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) そこで私はご意見があるんですが、金額的に497万で2社に分けて300何万と150万と、今言われたと思うのですが、私はそれぐらいのものでは工場はそう簡単に上郡の場所に来るかどうかや。よその状況を私はこれを調べてみたら、どことは僕は言いませんよ。調べてもらったらわかる。5年間は税を無料にするとか、いろいろやっておられる。よそはもっともっと、そういうところにはいろいろなものも来ている、ぼちぼちでも。だから小さいんですよ、こんなもの。こんなことならしなくてもいい。これぐらいの金額では。だから5年間なり10年間なり8年間でもよろしい。税は無税にする。水道料金半分ぐらい見る。よそがしないぐらいな戦略を僕は張るべきだと言いたい。こんな子供だましでもないけども、これぐらいのことではこれから企業を上郡にひっぱってくるというのならば、なるほどというぐらいのことを提案をすることが僕は必要ではないかと思う。町長、どうですか。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 雇用の機会を多くつくるということについては、今、村上議員が言われたこと私も同感であります。それについて今後どうしていくかという検討課題として考えていかなければならないことであるけども、今のこういう奨励金ということにつきましても、今山野里の団地であるとか、テクノの方に上郡町域に進出しているところにつきましても、それはそれでそういう応援していることが役に立っているということは事実でありますので、そういう意味でこれからの検討課題ということにさせていただきたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 町長、そう言ってくださったら結構なことだ。僕はそう思いますよ。だから担当課の課長も町長とよく話をしてもらって、もう少しなるほどと、よそが無税を5年間やっておることがある。この近所も。それよりまだもう一つ上回ったような戦略を張って、そうして今財政も非常に厳しいと思いますけれども、それぐらいのことをやらなかったら、上郡のそういうところへなかなか来ない。上郡の場合には、その山陽道とか、そういう道路の関係も非常に離れておるので、テクノの上から上がるというのがあっても、かなり離れておる。しかしテクノの中に来れば、それは問題ないですけども、そういうことで道路網の問題も上郡の場合には問題があるんです。だから、よそよりも思い切った戦略を張っていただきたい。町長そう言われたんだから、やっていただけると思いますが、目先の欲ばかり考えてみても仕方ないだろうと思いますので、よろしくお願い申し上げます。


 それから次に、65ページをお願いしたいと思うんですが、観光協会の補助金として、320万ということでございますが、これでちょっと僕は観光協会で320万出されて実際に観光協会の方は努力されておると僕は思うけれども、どういうものに実際に使っておるのかということをまず聞かせてもらいたい。できるだけ細かく説明をしてください。よろしく。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) それでは、観光協会補助金320万円の内訳でございますが、上町にございます桜トンネルのところに、ちょうちん飾りということでせんだって設置をいたしております。それとこのピュアランド下の桜園にもせんだって、ちょうちん等飾りつけをいたしております。それの電気代、またトイレ等に要する経費として合わせて60万円予算を置いております。またテクノ金出地ダムウォークということで、これ秋に開催予定でございますが、40万円予算化しております。また、観光案内所の運営経費といたしまして、ボランティアでやっていただいておりますので、経費といたしまして70万円予算化いたしております。


 また、観光PR等でございますが、50万円を予定いたしております。また、金出地のふれあいまつりということで、20万円予定いたしております。また桜園の年次的な整備ということで、この観光協会、将来の桜園としてふさわしいような形の整備事業として80万円予算化いたしておるところでございます。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 内容については細かく聞かせていただいたので大体意味はつかんだんですが、私は観光協会にそういう形で、そこから出すということもこれはぜひ必要だと思うんです。しかしながら、観光協会のちょうちんだ、どこのイベントだということだけではなくして、もっとまちづくり、むらづくりをやるためには、もう少しぶどうをつくっておるようなところにも出すとか、そしてそういうところと一体になってお客を呼び込むとか、何かそういう形のものも観光協会の中で今後やっていただくようなご指導を僕はするべきではなかろうかと、こういうように思うんですが、担当課長、どうですか。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) 今、村上議員さんがおっしゃっておられることはそのとおりでございます。この観光PR、50万円予算化されておるのですが、たとえで言いますと船坂のぶどう園とか、それから栗部会の方々が生産されております栗という形のところで、やはりそこの主体性を持った観光イベントを実施される場合には、この経費の中から一部充当していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 担当課長だけに、そういういろいろ私が言ったことでご理解を得ても、町長最高機関の偉い人がおってのですから、町長の方はどういうようにお考えになられますか。その件について。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) したがいまして、上郡町に外から観光客を呼び込むと、町内だけでなくて外からということについて、当然、そこで例えばピュアランドでとまっていただくとか、そこからぶどう園に行っていただくとか、そういうことの工夫は当然しなければならないことで、そういう意味で産業振興というか、観光振興、そういうことですね。それについては引き続き努力をしていきたいと。それは当然のことだと思います。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 努力ということは非常にだれでもやってもらえるように錯覚するんですけど、努力じゃない。次からひとつ考えようと、これぐらいの発言を担当課長はちょっと言いにくいかもわからない。町長やっぱり言ってもらうということが必要ではないかと思うので、それだけ申し上げておきまして、次の問題に入らせていただきたいと思います。


 次に、草刈りの委託料で河川費でたしか60万円を置いておると思うんですが、69ページ見てもらったらわかると思うんですが、この69ページに600万、60万なら話はわかる。600万円という非常に大きな金額が置かれておるから、どこの草刈りをしているのかなと。それと我々の方は鞍居なんかは、ほとんど鞍居川は県の管理になっておると思いますけども、地域のものが出て、1日ぐらいまで時間をかけて草刈りをやったりしているんですけども、この600万円といったら非常に大きいから、どこをやっているのかなと。これ600万円も出して。それと妥当な600万僕は出ておると思うんですが、まずどこをやっているのですか。ちょっと教えてください。


○議長(高尾勝人君) 建設課長。


○建設課長(東末守史君) 先ほどの草刈りの件ですが、県土木の方と協定をいたしまして、ちょうど千種川の川向いの親水公園、それから桜トンネルのところの河川敷、それからこの千種川の全部堤防沿いをずっと隈見橋からずっと與井新の楢原のところまでずっとの堤防、それから安室川のクリーンセンターから中央運動公園にかけましての法面、平成17年度で面積にいたしまして、6万平方メートルの草刈りを業者委託をいたしまして、それの2分の1を県、それから町が2分の1という格好で半分については、県の方から町の方へ補助をいただいております。その業者選定にいたしましては、各年度当初に業者見積もりを森林組合、シルバー等も含めまして、業者見積もりいたしまして、一番最低価格業者と契約しているのが現状でございます。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 内容について、それだけやっておるとかなりかかるだろうと、これぐらいはという予測はつきます。そこで僕は言うんですが、あれは千種川のそういうようなところは県が管理するところではないのですか。まずちょっと聞いてみたいんや。県ではないのですか。


○議長(高尾勝人君) 建設課長。


○建設課長(東末守史君) 河川の管理そのものは二級河川になりますと土木事務所になりますが、この都市計画区域内につきましては、地元の環境整備ということで、町の方もそれについて2分の1を町が持って両方でやっているというのが現状でございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) それらの意味はよくわかりました。ただ、これだけ財政えらいときだから、なるべく県に2分の1ではなしに、もうちょっとたくさん出してくれと。東末さん、あなたなかなかえらいと思うよ。えらいと思うけども、そういう事態だ。今まで2分の1出ておったので、もう辛抱しておこうかというのではなしに、えらくて仕方ないので少しでも助けてくれというようなことをしょっちゅう県に言ってもらうということも必要ではないか。するかしないかはわかりませんけれども、なかなか。相手があることだ、非常に難しいと思うけども。しかし、今までとはちょっと上郡の財政もえらいから、何でもかんでも県にお願いをして努力をしてみると、だめなら仕方ないけども。何回も言う必要は僕はあるんじゃないかということだけお願いをしておきます。その問題はそれで終わりです。


 それから、次に、駅前の土地区画整理の71ページを見ていただきたいと思うんです。駅前の土地区画整理で、昨年と前年と比べますとかなり金額がふえておるのです。ふえておることはいいことだと思うんですが、反面、国が全部補助金を出してくれるわけではない。ここに書いておるように。地方債も発行し、あらゆる率によって出しているんだろうと思うんですけども。この辺についてよく考えていただかなくてはならない。しかし早くやってしまうということも1つの方法だろうけど、金がたくさんあるときには何ぼでもどんどん早くやってもらったらいいんです。だけども、今、工藤議員からも出ておったと思いますが、川まつりもやめておこうか。また職員の賃金も下げないと仕方ない。あらゆる補助金も下げないといけない。こういう時期には余り無理をしないで、昨年ぐらいは仕方ないというようなやり方ができないのかどうか。駅前の人から言ったら、早くやってもらいたいと思っておるかもわかりませんけれども。しかし、そういう事態のときには、工事の問題等々についても、減らせというのは余り言いにくいことなんだけども、いろいろな方策を考える必要のある時期ではないのですか。そういうことをちょっと質問しているんだが、おわかりでしょうか。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 区画整理事業につきましては、平成22年までの事業認可をいただいておりまして、21年度まで補助がつくようになっております。それを国の方は枠配分を定められまして、その中で事業費の残りの国の補助を出すということで配分してございます。そのために短期間で残りの補助金を支払うとなりますと、それ相当の裏財源が必要だということもございまして、ちょっと財政困難な折り、非常に申しわけないのですが、その分、相当分を手当てしていただきまして、残りの物件補償、並びに工事費の方に充てるということでございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 今の課長が言う意見がそうかもわかりません。しかしながらよく考えてもらわないと、町民の状態を大変いじめたような状態だ。あらゆる役員さんの手当も5%ほど削らないといけない。職員の賃金も下げないといけない。議員の給料も下げないといけない。まだ定数まで減らさないといけない事態が来るかもわかりません。そういう事態のときには、よく考えてもらって、国が補助金をつけるからと言っても、それはしておいたら悪いとは言わない、金さえあったら。だけどもその辺は十分に担当課長なんかは頭を使ってもらって、当然町長が考えるべきのことかもわかりませんけれども、そういうことが調整がつくならば、やめておけと言っているのではない。時間を延ばすことができるのか。法律上、21年ということになっておるのだったら、うちだけが言ってみてもなかなか難しいように僕は思いますけれども、そういうことも十分に今後考慮してもらいたいということだけ申し上げておきます。


 それからもう一点あります。74ページを見ていただきたい。物件移転補償金、1,170万ですか。この問題については大体住宅の関係が新しいものができたから、そこへ移動する補償じゃないかなと僕は思っているのですが、この問題はどうですか。そういうことですね。ちょっとお聞きしたいんですが。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 今回、建てかえ住宅のハイツあゆみへの高嶺住宅住居の方への立ち退き、物件移転の補償金でございます。内訳といたしましては39戸の方で単価がハイツカメリア10、以前行われました金額同等の30万円の計上をいたしてございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 私はこれ何で聞いたかということがあるんですが、これはどういう意味で言ったかということです。なぜ言ったかです。この問題については厚生常任委員会に出ておらなかったと思う。当然、これ30万が多いとか少ないとか、またはこれはだめだと僕は言うとるのではない。だけども一応厚生常任委員会というものがあるんだから、こんな非常に大きな金額1,000万から動く金については、やっぱり厚生に出してもらって、そこで十分審議して30万円が少ないかもわからない。もうちょっと50万にふやしてやってくれという意見も出るかもわからない。そういう意見をやってもらわないといけない。なぜできなかったんですか。ちょっとそれ聞きたいなと思って。どうですか。町長、どうですか。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 厚生経済で話がどうなったか私にも記憶がないのですが、担当課から。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) ただいまのご質問でございますけども、これにつきましては、都市整備課で土木の方の常任委員会になりますので、厚生経済ではこの予算については説明は控えてございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 土木ではやったんたのか。これ出ておりましたか。1,100万の大きいですよ、これ金額。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 30万円の件につきましては、16年から設計段階に入ったときに地元の方にいろんな説明、住宅ストック総合活用計画の説明並びに建てかえの説明し、それから17年に入りまして、対象が高嶺住宅でございましたので、高嶺住宅へ出向きまして、状況、建てかえに入ったいろいろお願いなりしていきました。そういう金額的にはこちらの方からは提示しなかったんですが、やはり気になるのは入居者の方は幾ら出るんですかという話がありまして、それについてはカメリアのときには30万出ておるようですということで、その例に倣ってという話はさせてもらいましたけど、今回これだけ出るという話はしてございませんけれども、土木委員会の中でそういう話が中で幾らというのは、私はちょっと言っていないと思います。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 実際は、これ金額が1件当たり30万といったら相場かどうかということですけど、問題はそういうところでこれを1,000万から出るんですから、やっぱり十分に意見を聞いてやってもらうというのは常識的な話ではないかと思う。これ、都市整備課になるのか。厚生違うのか、あの方の問題は。30万出すというの。全然関係ないのか。ちょっとそれも教えておいてください。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) この物件移転補償につきましても、国庫補助対象になってございます。まちづくり交付金事業で1つのメニューとして事業をやっている関係で、いろんな住宅を含め公園、ふるさとの川整備の関連の公園とか、そういうものもすべて都市整備課が窓口になりまして一括で国庫の補助要望並びに申請していっておる関係で、住宅管理におきましては、住民課が今現在管理してございますけれども、補助の方は私どもの方が申請しまして、計上も私どもの方でしていただいております。縦割りじゃなくして、やはり中の話にしましては住民課、都市整備課一体となって交渉並びにお願いにいっておりますので、予算の置き方といたしましては以上のような形で私どもの方に置いてございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) それである程度意味はわかるんだけど、委員会に何で出さなかったのかということを僕は言っているので、だからそれは今後はそういう金額がかなり大きいです。5万や10万のお金と違います。だからやはりいくらまちづくり何とかから金をもらってしているのだと。その30万は、まちづくりで、住宅の補償で出ておるんですか。何も出ないやろう。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 中身につきましては、すべてが補助対象になるというわけではないのです。やっぱり基準額がございまして、中の17万1,000円に対しまして4割が国庫の補助ということになってございます。あと13万9,000円、差し引きますとなるんですが、この分につきましては、やはり町の単費になるということで、やはり今までずっと説明会、それから交渉していく上で、やはり前例、ハイツカメリアの話を出さざるを得なかったということで、そういう話をさせていただいたというところでございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 委員会でそういう問題は出すようにしてください。それだけ要望してその問題は置いておきます。私はこれで終わり。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 2点お伺いをします。まず、60ページの産業振興費なんですが、産業振興費の負担金補助及び交付金で、地域担い手育成総合支援協議会補助金20万円とありますが、金額的にはそんなに大きくはないんですが、この補助金については前年度は予算計上されておりませんでした。そして、これは施政方針にもあったように、大きく変わってくる米政策により必要かと思うんですが、今まで農業を支えてきた1ヘクタール未満の小規模農家に対して、まち、当局は今後どのような支援をしていく考えであるのか、お伺いをいたします。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) お尋ねの件の1ヘクタール未満の農家をどのような形で支援していくかということでございますが、今現在それぞれの集落内におきまして、1ヘクタール未満の方々の生産者がたくさんおられると思います。平成19年度からそういう方々が一同になった集落営農組織を設立されて国から支援があります品目横断的、米とか麦、大豆、そういうようなものを生産されますと、それぞれに対しまして国の方から交付金が支給されるという制度が19年度からあります。また、単独で1ヘクタール未満の方々が自分で農業を永続的に続けていきたいと、その場合であれば、認定農家になられまして、5ヘクタール以上の生産、農地を確保されまして、農業に生産されるということになりますと、先ほど申し上げましたような形の品目横断的な形で国の方から交付金が支給されます。


 また、平成16年度から国の方で政策として取り組んでおります産地づくり交付金といいまして、小麦とか麦、また野菜等をつくられた場合につきましても、それぞれ10アール当たり、それぞれの交付金が支給されるということで、やはり転作された場合につきましての奨励金ということで、国の方がそういう制度を設けております。そういう制度をやはり先ほど前段で申しました集落営農並びに認定農家の方々になる方への、やはり支援として町として、この平成18年度から続けていくためには、やはり担い手支援協議会というものを設立いたしまして、その組織におきましては、町の農業委員会、またJA西、それから県の農林事務所とでやはりそういう組織をつくりまして、そういう組織を育成していくということが大きな課題になっておりますので、今回、この協議会を設立いたしましたので、事務費的な面を20万円お願いするものでございます。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 次、教育費なんですが、この教育費全体的な観点からお伺いしたいと思うんですが。教育費には、非常に大きなお金がかかっておる。私はこの教育費に関しては、どんどんというわけではありませんけれども、それなりにお金をかけていかなければならないと思っておるのですが、以前に指摘したと思うんですが、上郡町においても異常な性教育が行われている実態があるということを指摘させていただきました。この18年度において、そういうような学校教育の中で、異常な性教育というものが廃止されていく方向性であるのかということをまずお聞きしたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) 藤本議員から、さきの議会でそういうようなご指摘があったんですけれども、それ以降、校長会等で各学校の実態について調査をいたしました。どこまでが異常でどこまでが正常かというのはなかなか難しいところがあるのでございますけれども、いわゆる行き過ぎた性教育というのは国の方針としてもやらないというような方向がございます。本町もその方向でいきたいと思っております。また事実、そうなっておると思っております。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 教育長の答弁、そういうような方向で、これから進めていっていただきたいということを強く希望いたしまして、質問は終わります。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 10番。


○10番(小寺政広君) 数点、質問いたします。


 本当に当初予算は大事な項目ですから、議員の役目として質問してまいります。よろしくお願いします。まず、56ページから102ページ。これは、私感じたんですが、植栽管理費について廃止されていますね。一方、廃止されていないところもありました。廃止されているところは、児童館とか保育園、幼稚園や小学校、中学校とあります。なぜこのようになって。また廃止したところは植栽管理がどうするのか、質問いたします。だから56ページから102ページ、植栽管理費というのがそれぞれ項目挙がっているのですが、その中で廃止されているところ、児童館費とか、保育所、幼稚園、小学校の項目の中では昨年まで植栽管理費があったんですが、ないんですね。計上されていない。それは当初予算の説明でもあったと思うんですが。植栽管理費を抜いて、どなたがされて、なぜこういうことになったんですか。一方、公園とか道路とか、そういうところは植栽管理費がついていますし、現に上がっています、計上されていますから。そのことを質問しています。


○議長(高尾勝人君) 休憩します。   (10時55分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開します。   (10時55分)


 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) 先ほどもいろいろと財政難ということがありまして、植栽につきましても18年度を何とか1年間先送りにするということがありまして、17年度で通常よりもきつく剪定する。そういうような形でやっております。


 それから、もう一点は、職員の方でできる範囲での剪定関係を実際やっております。そういうような格好で何とか、草ぼうぼう、木が茂ったままにしておくというのは教育上、余りよくないということがありまして、それらについては職員の方で剪定等を行っておるという状態です。1年間辛抱して次のときには何とかお願いしたいということを考えております。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) それはおかしいと思いますよ。財政が厳しいなら、別に公園費でも道路のところでもやめたらよろしいんじゃないですか。あえて子供たちが学校教育現場とか、子供たちの学習の場、子供たちのための場所を削るとか、削りやすいところは削っていくということなんですか。そういう姿勢なんですか。行政は、当局は。町長どうなんですか。こんな腹が立ちますよ。こういう姿勢は。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 大規模で自分たちでできないところ、身近で自分たちである程度できるところということで、学校の植栽、そこらは学校でみんなで見ていきましょうと。んなの力ということで業者委託したらそれで済むという話ですけど、地域は地域でということでただし基本的に大きいやつとか、物理的にそういうことができないところについては委託をしますけれども、例えばすぐ自分の職場の周りでということについてはみんなで頑張りましょうというふうな考え方で対応させていただいております。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 町長、それは一緒です。公園費だって、それだったら地域の人に頼むとかできます。本当に財政が問題だったら。それで皆さんができる範囲でやるというのだったら。今、管理課長が言われていましたように、ちょっときつめにやって長くもつと一緒です。全部植栽管理なんか外せる。私が思うのは、こんな幼稚園とか小学校とか保育園とか、本当に大事な子供を育てるような、そういうところをまず一番先に削ってしまって、ほかは同じようについている。そういう姿勢が町長の平生言われています施政方針に言われています、そういうようなことは全く逆なことがまず初め一般会計予算書見ましてびっくりしまして、質問するんですが、こういう姿勢ではだめだと思います。やはり子供たちが育つ場、そういうところはやはり丁寧にする。そういう植栽を管理している大人たちが管理している場を見て、子供たちがすごいことをやっている。こういうことをやっているということも本当に学習の場になるんですから。そういう子供たちと一緒に、先生方と一緒に、子供たちがそういう大人が違っているところ、自分らの校庭に植えている木や花を大事にして大人たちが守る姿勢も教育の一環ですから、私はあえてこれ削るんだったら、まず公園とかそういう道路の、あるいは沿道の植栽を削って、ここは残すべきだと思うんです。どうですか。町長、本当に。どうしてもこれは納得できませんけどね。私、この姿勢は。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) だから植栽を管理をしないということではなくて、先生も一緒になってやりますということでやっていくということですから、見本を見せていないということではなくて、どこかへお願いしてということではなくて一緒にやりましょうということを対応していこうとしているわけでございます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 僕も学校とか、小学校、幼稚園もときたまお邪魔するんですけど、先生の今、教育労働実態、大変厳しいところで頑張っておられます。その上に先生が、職員の方がちょっと無理だという状況があるんです、事実。だからあくまでこういうことは金額を半額にするのだったらわかりますけど、ゼロにするということは恐らく放置されると思うんです。だからその辺、教育課長、しっかり言ってくださいよ。あなたがされたのですから。そういうこととか、1年間、ぼうぼうにならないようにちゃんと職員とか、教職員ではなくて、管理課長、教育関係の職員も含めてちゃんとやってくださいよ。どうですか。管理課長。


○議長(高尾勝人君) 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) 言われるとおりで、あと答弁のしようがないのですけれども、実際、町の職員とか学校の先生方、管理職の方で出られる範囲でということ、あるいはPTAが年間に何回か、いろいろそういうふうな環境づくりもやっておりますし、いろいろ協力を連携し合いながら、私の責任としてやっていきたいと考えております。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 暫時休憩します。再開は11時15分。  (11時01分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開します。              (11時15分)


 10番。


○10番(小寺政広君) 今、管理課長の答弁、ありがとうございます。本当に職員が手が足りなかったら、私も言ってくださいね。本当に行きますから。遠慮なしに言ってください。


 次に移りまして、61ページの畦畔管理12万5,000円、これは具体的に、新設ですから、新しくどういうことか説明お願いいたします。61ページです。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) 61ページの負担金補助の一番下段ですが、畦畔管理推進事業補助金でございます。上郡町は農業地域の関係で言いますと、中山間地域に指定されております。また、その中山間地域の指定の中でもそれぞれの農会におきまして、圃場整備等が整備されております。その関係があって、畦畔には長大な法面がございます。その管理や草刈作業の省力化を図って、将来の農業経営に安定させるような研究、また研修を進めていきたいと考えておるところでございまして、やはり法面にはセントビーチグラスといいまして、一度植えつけしますと、永年草刈りをする必要もなく、やはり農家にとっても最良の方策だと考えておりまして、本年度におきましては釜島、正福寺、奥、岩木、金出地、それぞれの農会において試験的に実施するということでございますので、そういう事務費的な経費を助成するものでございます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) わかりました。説明受けましてわかったんですが、この1点、セントビーチグラス、これは多分日本の在来種じゃないと思うんですね。こういう日本の在来種でない植物なり、動植物というのですか、そういうことが日本で具体的にはブラックバスというんですか、そういうことも大きな問題になっているということもあるわけです。これは純粋に科学的とか、あるいは自然科学的なことだと思うんですが、そういうおそれがあるようなことも学会の方では、あるいは学者の方では意見があるということをお聞きしたんですが、この点についてちょっとどのようなことがあるか教えてください。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) このセントビーチグラスというのは、インドネシア、ああいうところの熱帯性に生える日本で言いますと、芝系統でございます。そういうものを日本で生育させるのに、日本の風土、気候に合うような改良がされておるということで、数年前からいろんな全国の農協さんにおいていろんな形で研究がなされております。その研究の成果として、岡山県のJAにおきまして、そういうような安全性を確保されて、それぞれ圃場整備後の法面に種子の吹きつけ等が積極的に行われておるということでございますので、恐らく安全性については十分確保されておるとお聞きいたしておるところでございます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 続きまして、64ページなんですが、これも新設なんですが、研究開発型企業向け融資ということで、補助、助成金ということで出ていますが、これも具体的に、新設ですからどのようなことですか。説明をお願いします。


○議長(高尾勝人君) 産業振興課長。


○産業振興課長(高橋道夫君) 64ページの負担金補助金の研究開発型といいまして、播磨科学公園都市にあります従来企業庁が事務従事しておりました建物がございます。その建物の2階に企業向けのオフィスを5から6室設けております。そこへ企業の事務所が入りやすいように県2分の1、町2分の1が助成する補助金でございます。法人関係が進出するということをお聞きいたしておるところでございます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 続きまして、65ページの観光費、観光協会補助金、今、先ほど工藤議員の質問がありましたが、その関連につきまして質問いたします。既に工藤議員からの答弁の中でも町長言われましたように、やる方向で検討してきたと。いろいろぎりぎりまで協議したが、中止を選択したという答弁ですが、町長、私の聞く範囲では、決めたことはいいんですよ。当事者同士、あるいは関係者同士が努力されまして、そういうことを決めたんですから、それはそれで私は尊重しますけれど、その結果が私らの耳に入っているところは、この後がいい状況で後に続くような状況ではないというような声が入ってきているわけなんです。やはりこのような大事なことはやっぱり時間をとって、じっくりと話し合うということが本当に大切だと思うんです。町長が施政方針で言われましたように、町長は地方自治の実態とその危機感を共有し、ともに考え、ともにつくる住民参加型のまちづくりを基本として町政運営に全力で取り組んでまいりますと言っていましたね。町長の方針だと思います。だからこの観点からいうと、この花火大会についてやるやらないの協議の中で、本当にそれが見えてこないのです。私1議員としても。いろんな関係の人とお話を聞きましたら、やはり町長、どこか足らなかったところがあったと思うんです。


 私らの與井の獅子舞するのでも、来年の獅子舞は1年ほど前で、次はどうしようかと協議しながらやって、秋の獅子舞や、まつりなどに、臨んでいくんです。これが今、工藤議員が言いましたように、これは後で聞いたんです。2月に初めて話を出したということを聞きまして、それは当事者にとっては実際担う人にとっては、それは大変なことで、協議するどころじゃなくて、これはやむを得ないというのはこれは、僕ら自身もまつりをする僕ら自身でもそう思いますから、やはり町長、もっと事前に慎重に川まつりの大事さを認識されて、当事者と協議するということが必要だったと思うんです。連合自治会なんかは、企画管理課長、これ担当の課でしょう。課長自身も事前からそういう、ことをもっともっと早く連合自治会なり、そういうところでも協議できたんじゃないんですか。課長、どうなんですか。その辺のところ。


○議長(高尾勝人君) 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 観光協会、花火の優先的にお話があって自治会へ流すものですから、それを受けての話ということになっております。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) それやったら、やっぱり2月だったんですか。話が出たのは。そうですね。2月。答弁お願いします。


○議長(高尾勝人君) 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 予算の最終調整時期ですから2月ということです。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 今も申し上げましたように、やはり2月は遅過ぎます。予算を計上するため協議を開いたという感じで、もう既に決定、そのようなつけないということが腹の中であったようなところで持っていったような状況ですから、これはやはり遅過ぎると思うんです。このような大事な川まつり、本当にまちから灯が消えるような、文字どおり灯が消えるような花火が消えるようなことになってしまって、やはりこれは町長も言われましたように、やっぱり継続していくということ。そして一たん切ったら、次再開するのは大変な努力が要るということも町長ご存じだと思います。だからそういうことも含めてもっと協議をしていただきたいし、これはちょっと無理かわかりませんが、再協議ということは町長、どうですか。もう一度再協議して、何とか川まつりやろうという方向で、議会だって町長、ご存じのように、議会費を810何万減額しておるんですよ。議会も精いっぱい努力して、町の財政のために努力しようという姿勢を見せているんですよ。この800何ぼを、そこでどうなんですか、町長、再協議してもう一度川まつりを何とかということは。どうですか、町長。今の時点でどうですか。考えられませんか。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) その件については、川まつり実行委員会の会長といろいろ協議をしてまいりました。時期的に十分の話し合いができていなかったというのも確かですけれども、その後しました川まつり実行委員会で、こういう状況でいろいろ考えたけれども、ことしは見送りにしますということを実行委員会で最終結論、そういうことで決まった。そういう状況ですから、やはり継続してやることが意味があるので、やったりやらなかったりということではなくて、ちゃんと足腰をきたえてやる状況をつくるということが必要であろうと。今、10番議員が言われたように、ことしはそういう意味ではある程度そういうことも、川まつり実行委員会の方でも、ことしはそうしようということで了解をいただいたというか、決めていただきましたので、ことしはそういう格好で進めさせていただきたいと思っております。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 町長、ことしはやめるけど、来年はいけるような方向で協議は終わったんですか。大事なことですから。今のままだったら不信感とわだかまりばかりが残って、来年、再来年ということがつながらないような気持ちがするんです。いろんな当事者とか町民の方から声を聞きまして、それが心配でこうして町長に質問しているんです。何とか上郡町、この上郡町を盛り上げたいという気持ちなんです。どうですか。町長。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) したがいまして、それについてはこれから来年に向けてどうするかというのは協議をさせていただきたいと思います。そういうことで、とりあえずことしはそういう状況だからということを決めさせていただいたということでございます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) わかりました。ぜひともよろしくお願いします。


 次、66ページ。土木総務費の委託料、これは登記委託料なんですが、町道未登記との説明ということなんですが、これはご存じのように、17年度で法定外公共物、それが町移管になったこともあるんですが、この関係もあるわけなんですか。それとも今まで未登記だったものを新たに登記するということで、こういうことが上がっているのですか。その点、お願いします。


○議長(高尾勝人君) 建設課長。


○建設課長(東末守史君) 今おっしゃられていますように、法定外公共物が、あれにつきましては利道水路が町へ移管されたということで、今、ここで上げさせてもらっています登記委託料につきましては、どうしても新しく道路をつける場合になりますと、地元の施工で、地元が寄附されて道路を拡幅されているという部分がございまして、新たにそれを拡幅とか出てまいりますと、どうしてもそれらの所有者が旧のまま寄附はしてあるのですが、登記がまだ未登記になっている部分が出てまいりますので、それらについての登記委託料ということで、年々事業にかかわる部分から1つずつ解消していくという状況でございます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) わかりました。ぜひともこういうことははっきりとやっていただきたい。というのは土木水道委員会で、神明寺の長嶺さんの所有の土地の問題が、あれは30年前にやったやつが未登記だということで、結局町の瑕疵だということで裁判所もそういうことになりまして、今、使用料を出してずっと使っていくようになっていますから、ぜひともこれははっきりとしてもらって、後々問題を残さないように全力を挙げてやっていただきたいと思います。


 次、75ページ、消防費。常設消防費の委託料3,581万円が減額になっています。なぜこのような金額が、莫大な金額が減額になっているかお聞きします。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) 予算の説明でも申し上げましたように、常備消防費の消防業務委託料、赤穂市に委託している部分でございますけども、平成17年度で高規格救急車の更新をしております。その金額が今年度減額になっているものです。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) わかりました。続きまして、80ページ。目15、国際交流推進事業費、これは町長の施政方針のときでもちょっと質問しましたが国際交流です。要するにホームステイ。


 教育長、これ管理課長もそうなんですが、今までホームステイ、本当に大きな成果があったと思うんです。それをいきなり中止して考慮するということ、これが僕ちょっと腑に落ちないのです。継続しながら考慮するということもできるんじゃないですか。やっぱりこの国際交流化時代に英語ホームステイ、ある英語を学ぶということは本当に大事なことですから、520万円の半額にしてでも続けながら考慮するということ。教育問題といったらまさしくそうだと思います。一たん切ってしまって考慮すると。それは大人のことですから。やっぱり子供たちが一生懸命毎日毎日勉強する。毎月毎月一生懸命勉強する、それをやめて大人の都合で考えて、それから勉強しなさい。これはちょっと僕の考えでは腑に落ちないんです。やはり半額にしても、人数半分にしても、これをしながらやっていく、考慮して今改善していく方法を見出すというのも大事な方法だと思うんですが、教育長どうですか。


○議長(高尾勝人君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) この件に関しましては、希望者の数の問題と、あるいは公平感に欠けるというような意見、あるいはほかに方法があるのではないかというような文教常任委員会でもいろいろ意見をお聞きしました。また、実際にこれは一たん中止をして見直しということについては、中学校にも相談をかけて中学校もそういう方向でよかろうというような意見を聞いて決断したようなことでございます。こちらが勝手に切ったわけではございません。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) もちろん、教育長が勝手にするとかいうのじゃないですけれど、本当に僕が今、申し上げましたように、半分にしてでも、3分の1にしてでも、こういう事業は続けるということが大事だと思うんです。そういう意見、ありがとうございます。


 続きまして、87ページの教育振興費なんですが、委託料、管理基本設計5,800万円、もちろんこれ新しい中学校の移転のことだと思うんですが、ご存じのように準備委員会で、第1候補地ということで山野里平野地区になりまして、そのときに、通学路の安全の確保を前提と言われていました。やはり私何で質問するかというと、私の家の前が寺前踏み切りで、いつも子供たちがあそこで通学するんですが、踏み切りでずっと待ったり、いろんなことがありますから、それを毎日目にしているものですから、やはり特に踏み切りや通学路の大事さというのはわかりますから、特にあそこは踏み切りがありますから、そういう点も踏まえての設計や委託料になるんですか。基本設計というのは。


○議長(高尾勝人君) 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) その中で、ちょっと説明の中でうまいこと説明できなかったんですけども、委託料5,800万のうち、管理委託料が800万と基本設計委託料が5,000万ということになっています。まず、おわびしなければならないのは、管理委託料の内容としましては、地質調査を行うためのボーリングとか、あるいは地質調査を行うための測量関係の委託料ということで計上させていただいておりまして、起債の表現としては、測量とか調査委託料とするのが正しかったんじゃないかなと思っております。管理委託料の800万の方ですけども。先ほど安全というようなことで、通学路の話が出ておりましたけれども、その通学路につきましては、またはっきりとした場所はまだ今決まっておりませんが、そこへ今度の新しく移転するところの学校までの通学路を再度学校とか、いろいろ相談しながら安全第一にルートを決めていくということを考えております。


 ですから、通学路のための委託料はこの中には含んでおりません。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 8番。


○8番(阿部 昭君) 72ページです。駅前の開発の件なんですが、ここに補償補てん及び賠償金が5億2,900万円、これは11件と聞いていますから、約1件につき5,000万かかっていますね。あと来年から、あと4年間続くわけです。平成22年には完成ということで町長は約束してくれました。施政方針について。話のついていない家はあと何件あって、どのぐらいの金額の予定をしているのか、またその補償金の算定基準がありましたら教えてもらいたいと思います。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 今、ご指摘の物件移転補償、18年度は11件分を予定してございます。今の進捗でございますが、要移転戸数というのがございまして、それが200戸ございまして、今113戸済んでございます。進捗率で申しますと施政方針の中で町長が申し上げましたとおりでございますが、駅前につきましては、17年度が終わりますと事業費ベースで69.4%の進捗率ということでございます。


 今、22年でということで、期限も迫ってまいってございますが、この補助の関係は当初全体の補助の配分表というのがございまして、それに基づいてずっと逐次補助をいただいております。補助も相当、今、減額になってはございますが、21年度までにすべて補助は完了するということで、今国との調整をしてございます。


 これは、全体の中の全体事業の中の補助金でございまして、ですからこれから先する分についての補助もこの中に入っておるというのでございます。ですから、例えば22年でこれがご指摘のすべてが完了してしまうというのは、恐らく物理的には不可能かなと。頑張っていきますけども、といいますのは補助事業に対しましての事業年度は年度別はそうだということでございまして、あと残り単独分がございます。補助に対する単独分がございます。それについては、その以後に対しましてもやはりすべて事業を完了していく義務、それに基づいた補助を先にいただいておりますので、全体の国庫の入る枠がつくのは21年度でございますが、22年度はまた町の単独でもってしないといけないということになってございます。


○議長(高尾勝人君) 8番。


○8番(阿部 昭君) あと話のついていないのが87件ありますね。それを単純に計算しても、4億から5億、そのうち国からの補助というのはどのぐらいあるんですか。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 補助というのは通常費とか、交付金とかで判別されておるのですが、通常費につきましては、2分の1、それから交付金に関しましては現在では10分の5.5ついてございます。それで、交付金につきましては、今、現在ついているのは現在行っておりますが、この分が唯一。通常費につきましては、終了してございます。ですから、通常費でありますと裏起債が可能だとか、交付金でありますと裏起債がつかないというルールがございまして、やはり有利な、単年度に考えますと起債がつくということで、財源的には通常費というのが一番いいんですけども、それは終了してございます。交付金が残っておるというのが現状でございます。


○議長(高尾勝人君) 8番。


○8番(阿部 昭君) 算定基準としましては、答えられる範囲内でどういうふうな形で計算するんですか。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 補償の算定基準でございますか。補償につきましては、これは毎年度見直しされる公共の補償基準がございます。県の基準がございまして、それに基づきまして、それの資格を持ったコンサルタントの方が積算してまいります。ですからだれでもできるという問題ではありませんし、そういう内訳を熟知した規設の内訳に基づいた公共保障に基づいたものでやっていかないといけないということでございます。


 内訳につきましては、当然建物、それから建物の解体、取り壊しも入ってまいります。それから工作物、庭園とか、立ち木、流木がありましたらそれも入れます。それから、機械で何か作業をされていましたら、それの相当分とか、それから住居の仮住居が必要なところは仮住居の使用料、それからそのおうちが借家であれば借家人の保障とか、それから動産移転料、中身の移転料とか、保管料とか、そういう雑費が全部加算されまして、補償額が決まってまいります。ですから、それをこちらで操作するということは不可能でございまして、やはり基準に持った公共補償でもった積算がそのまま評価額ということになります。


○議長(高尾勝人君) 8番。


○8番(阿部 昭君) いずれにしても、大変な金額を要する一大事業ですので、最後まで町長はやると言っていますので、最後までよろしくお願いいたします。


 以上で終わります。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) ちょっと2〜3お聞きしたいんですけども、今、駅前の方の71ページですけども。駅前土地区画整理の件で8番議員から質問を受けたように、いろいろ細かい数字も出てきているんですけども、大きく分けたら交付税、起債とかいろんな面であるんだろうと思うんだけど、現在は進捗状況何%ぐらいで、それによって交付税とか起債がどこまで進んでおるのかなということをお聞かせ願いたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 先ほど申しました進捗率は事業費ベースで69.48%というのが今17年度末の予定でございます。まだ相当残事業残っておりますが、それらの内訳、財源の内訳というのをおっしゃられたと思うんですが、国費でざっと2億5,000万、ことし含めて3億6,000万が国費でございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) あとは3億ほど補助金残があるということやね。この進捗状況に合わせて、起債は別やで。起債は借金と一緒だから、借金が有利という話は私は理解できないのやけど、そういうことで。あとはいいです。


 それと同じ71ページで、これは公園費の委託料で清掃委託料の23万1,000円、これは説明の中では高嶺住宅の都市公園のトイレのあれかなと思ったりしているんだけど、これはどこの23万1,000円の委託料になっているのか。説明では高嶺住宅と聞いている。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 23万1,000円の清掃委託料につきましては、これは駅舎、苔縄駅、河野原円心駅の年1回のすべて駅舎の清掃でございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) 駅舎なら駅舎と書くで、日本語聞こえるんだから。これ高嶺住宅とここへ説明書いている。細かく、23万1,000円のやつ。その説明はそういう説明しておると思う。だから駅舎、苔縄駅とかそういうところの駅舎だけの説明だったら、駅舎と書いているはずや。ここで鉛筆で。だから23万1,000円、高嶺の都市公園の中の公園の清掃かなと思って、委託料と思って、今度移転するので。だからあそこにだれもいないので、当然、移転してしまったら。その掃除はだれがするんですか。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) これは見積もり入札でもって執行してございます。そういうクリーン事業者といいますか、清掃業者に委託してございます。公園費の説明でございますが、今、沖議員ご指摘の高嶺というのは、中には上がってこないと思うんです。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) だから今度、高嶺が向こうに移転するので、そこが高嶺が多分、トイレの掃除しておったと思う。高嶺の自治会の中で。今度向こうへ移転したときにだれがするのかなと思って、そこから見たら高嶺住宅と書いておるから、この清掃委託料が。金額は23万1,000円、丸々ではない、ほかのところもあったんだけど、そこは含まれていなかったということ。結局、この中では。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 具体的にこの公園費の説明の委託料、13節の委託料につきましては、都市公園、条例公園等のふれあい公園の維持管理にする経費であるということの説明を申し上げたと思うんですが、高嶺というのがちょっと、まちづくり交付金事業の住宅建てかえの方でしたら、高嶺住宅というのは申し上げたと思うんだけど、言葉自体が。公園費の委託料の中での高嶺の公園というのがないと思います。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) これはあと今も言葉として発言したんだけども、あとはだれが管理委託するのか。公園のトイレ。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) あの公園というのは高嶺住宅だけの公園ではございませんので、やはりあの付近の使われる、例えば大酒自治会なり、松の尾も一部絡みますか。あの付近の使われる方への、また委託が変わってくると思うんです。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) 細かい話で申しわけないのだけど、これも一緒や。現在25日から移転可能になって移転しておられるのを。きのうも何人か移転している人見たんだけども、当然、これ4月1日の段階で、どこがしてもらうかということは決めておく必要がある。今みたいに使う人がどうや、こうやと。公の公園の中でだれが使うんだといったら、近隣の人が使うわけやない。だれが使うかわからない。しかしその管理というものはトイレとかそういうことがあるので、公園の草むしりは別としてでも、そのもの自体が高嶺自治会が、今までしておったわけや、そこが退くというようになったときはだれかが掃除しないといけない。その委託を4月1日には、松の尾にするのか、大酒にするのか、だれにしてもらうのか。してくれる人を委託でしてもらうのか、ボランティアでしてもらうのか、それはきちっと話をつけておかないといけない話なんだ。現在、これは。それがまだ決まっていないということなんやな。それを早急に決めないといけないことだろうと思う。それだけよく覚えておいてください。


 それと、もう一つ、同じことになるんだけども、74ページのテレビ共聴組合負担金360万、これはどの部分の、説明の中では多分、ハイツあゆみの分の共聴加入金かなと思っておるんだけど、それで間違いないのかな。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 間違いございません。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) そこで、これ高嶺自治会が向こうへ行くと、そのテレビの共聴組合の負担金ということで、向こうで当然だろうと思う。現在ある高嶺の方が引っ越しということで、現在古い高嶺の方にはテレビの共聴、同じ組合があったんですよ。しかし高嶺の住民のすべての人も入っていますけども、近隣の人が9件ほど入っておると思う。これを先に言ったらよかったのか、後から言ったらよかったのか、これはさておいて、これも聞くけども。高嶺住宅が引っ越した後、20戸を残すという話があったんだけども、あとの古い建物については、いつごろに撤去する計画を持っておるのですか。更地にするというのか、撤去するというのか、20戸は残すことを聞いているんですけども、あとの20戸のほどのものはどうするのか。いつごろに。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) ストック総合活用計画の報告書の中には、そういった中でも程度のいい住宅を残してと。あとは仮設住宅に使うということでうたってあると思うんですが、最終的には処分して次の建てかえの資金を補うというような形で表現してあったと思うんですが、具体的に今現在、仮設となりましてもやはり補修もし、住んでもらう。次にどこに建てかえ、総合計画ではございますけれども、今現在、まだ具体的な次、何年度にどこへ行くという全体の計画はございますが、実施段階の計画がございませんので、まだ具体的にはいつというのはまだ未定でございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) これ、未定ではなしに、25日から引っ越ししてもらうわけだ。向こうのハイツあゆみの方に。ここは空き家になるということだ。老朽化が進んだから向こうへ建てたわけや。しかしながら20戸というものは次の建てかえ住宅のために、仮に住んでもらうために残すのが20戸や。あと20戸は入らないわけや。そこまで修理する必要もなければ何もない。これが老朽化の中に空き家になるということは危険きわまる話なんだ。だからいつごろに撤去するのか、20戸は置いてほかのものはいつごろに撤去するのかなと。更地にするのかなということを私は質問しているんです。補修するのは20戸の移転するための仮に安室の住宅だとか、緑ヶ丘の住宅かどうかわからないけども、移転のための仮住まいのための20戸を置くという話だから、それは当然補修しないといけないけども、あとの残った20戸はいつごろに更地にするかということを聞いているんです。


○議長(高尾勝人君) 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 今の事前に引っ越ししていただく、立ち退きしていただくという方には、説明もし、交渉し、ほぼ行っていただけるというものと確信しておりますが、具体的にいつ壊すからどうのという話は、その交渉の中ではしてございません。今回の予算の中にもそういう取り壊すという費用は置いてございませんので、すべて完了したら、またその後、どれを残してどれを壊すというのは、またそこで協議し、またその実施に当たるということでございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) もう少しわかりやすく、私の質問がわかりにくいのかどうかわかりませんけども、すべてが完了するということは移転が完了するという話だろうと思う。移転はいつまでにしてもらう計画でしておるのですか。1年もかかるんですか。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) ただいまのご質問の現高嶺住宅に入居されておる移転の日時としましては、基本的には4月中と、これにはいろいろ事情がございまして、引っ越しセンターのそういった年度末、年度始めの移転の一般家庭が、非常に多いということから、当初4月の中ごろを目途に移転をという説明会をしておりましたけれども、そういった移転の引っ越しセンター等の混んでおる状況から見て、基本的にそういう格好です。それで、ただいまの沖議員のご質問のこのストック総合活用計画に基づいては、この17年、18年でハイツあゆみの2棟の建設、その後、19年に、次の事業の緑ヶ丘住宅が移転についての検討、その中で残す建物、一応計画では28戸仮住居に使うということでございますので、そういった取り壊しとかいったものは19年度に詳しく検討をされるのではないかと思っておりますけれども。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) いつこれまた9戸ふえたの。28戸になって、いつごろ28戸になったの、初め20戸という計画で話が進んでおりました。いつの間にか説明は28戸だと。いつこうなったのか。ストック活用計画云々と、そういう言葉を使うんだけど、また起債だと何かごまかすような言葉に聞こえるんだ。すぐに。端的に言ったら、最初は20戸こういう計画で残しておったわけ。しかし後の残った分はどうするんですかと。老朽化が進んでおるからといって、ストック計画で建てかえしているんだから、老朽化が進んだものはいつまででも置いておくこと自体が危険きわまるもので、安全性に欠ける。近くの住民に対したら。これはいつに、これは仮に28戸でも結構ですけども、あとの残った分はいつごろに撤去するのか。今回予算化していない、予算化していないから私は今、聞きよるんです。


○議長(高尾勝人君) 暫時休憩します。 (11時56分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開します。   (11時57分)


 ここで暫時休憩し、再開を午後1時といたします。    (11時57分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開します。           (13時00分)


 引き続き質疑を続けます。


 都市整備課長。


○都市整備課長(金持弘文君) 仮住居、高嶺住宅の関係でございますが、ストック総合活用計画におきましては、19年度計画、20年度緑ヶ丘28、21年度緑ヶ丘20戸、この建設に当たりましての政策空き家としての仮設住居として使用するということで、報告書にうたっております。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういうことやなしに、やはりストック活用計画といったら、その分について一つ一つきちっと全体を見回した中で考えてもらわないことには、町の安室住宅だとか、緑ヶ丘住宅、霞ヶ丘住宅、当然、この中に含んでくると思うんだけども、やはり1つの型をつけるときには、事業が終わるときには、その事業最後まで計画立ててもらうと。


 なぜかというと、えらいこだわって申しわけないけども、老朽化ということの中で新しく膨大な予算を入れて建てかえをやったと。なぜ老朽化がひどいということでやったんだから、そのものを空き家でおくということはどのぐらい安全性、また危険性、特にあの公園と住宅の間の道路については、小学校の通学路なんですよ。そこをいつまででも空き家でおくということは、これは大変地域の人にしたら不安な状態だろうと思うし、そのものをきちっと何年には撤去すると、あとの建てかえの霞ヶ丘とか、また緑ヶ丘とか、安室住宅の建てかえは建てかえでまた検討する話であって、何年、何年と出てくるけども、あの部分が引っ越しするということは、25日から引っ越ししたらその後が空き家になるんですよ。それでまた新築のものやったら空き家でも何とかなるだろうと思うけども、老朽化したものはどこでだれでも入ってきて、火をつけるとか、どういう人があそこに住まいするやら、わからない間に、夜中に住まいしてみたりとか、いろんな危険きわまりないことが多いので、まして子供の通学路に指定された道路やから、隣接が。そこを考えてもらわなかったら。今の前にも出た建てかえによって、踏み切りがどうのこうのと言うが、踏み切りは道路があるからよろしい。遮断機もあるから。あそこはだれも張り番がおらないのです。そこを私は言っているので。通学路ということでやはりそれは予算のないことはよくわかっております。財政厳しいということは。しかしながら安全性というのが一番で、それはきちっとした計画の中で進めてもらいたいと。


 それについて町長、どんな意見ありますか。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) そういう意味では、老朽化したものをそのまま置いておくということ自身が問題だろうと思います。したがいまして、それがきちっと今、計画できているかというとまだできていないないのが現状です。したがいまして、そこら辺をこれからちゃんと検討していくといいますか、老朽化するから住めない状況になっておるから、引っ越してもらったけど、その後どうするかということについて、検討していかなければならない。検討してまいります。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) 町長、今ああいう答弁あったんだけど、課長の方もそのように努力するというのは私は余り信用しませんので、計画するということもきちっと18年度、ことしは予算がないので、19年度にそこら短期間で、本来なら今回にそういうものを置いてやるべき話だと思う、即座に。それがどっちの課長かわからないけども、どこの担当かわかりにくい話になっておるけど、余りにも高嶺住宅、建てかえ住宅、そういう中でとにかく向こうに移ってもらいたいばかり、課長は思ったように思う。もし移ってくれなかったら困るなと。この人らが2人でも3人でも行かないと言ったら困るなと、そればかり思って、とにかく向こうへ行ってもらうことばかりに必死な中で頭にあったと思う。そういうぐるりが見えていなかったと思う。ぐるりまできちっと見渡した中で、物事の計画をしてもらわなかったら。火事がいって、自分らはだしで走ってもわからないような状態、今の状態は。やはりきちっと靴はいて、きちっと考えてもらわなかったら。きつく言うけどそういうように思いますので。


 それに伴いまして、一番冒頭に言ったんですが、テレビの共聴組合、このものをどういうふうに対処していくのかなと。新しい方には360万加入負担になると思う。しかしながら、高嶺住宅、従来からあそこに共聴組合があるんです。それに住宅以外の人が9件ほど多分加入しておると思うんです。あの建物の中に皆、テレビのケーブル線が入っていると思う。今言った話、老朽化で何か事故があったとき、その線が切れたら。そのときどこが責任を持つのかなと。建物は町の建物です。そこで事故があったときに、テレビの線が切れたとか、何か事故があったときの責任はどこが負うのかなと。この部分はどこまで現在ある高嶺住宅の共聴組合と行政がどこまで話が詰まっておるのか。どっちに聞いていいかわからないので、もしわかっておる方で結構です。どちらでも。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) ただいまの現高嶺住宅の共聴組合と共聴組合の引き込みの件だと思うんですけども、基本的に高嶺住宅の入居者と議員がおっしゃるように隣接の9戸の方が今まで1つの組合ということで活動をしておったと聞いております。先ほど、せんだって、自治会長から共聴組合は一応高嶺と周辺の9戸とは分断して、一応の解散をしたと。その後のことでございますけども、その9戸の方につきましては、今の高嶺の共聴の支線から引き込みをしているということで、事業者ともお話し合いをしまして、先ほど金持都市整備課長が言いましたように、将来の解体といった時点には9戸については事業者と9戸と話し合いをして、本線の引き込みを責任を持ってしていただくという話には今のところなってございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういう答弁で、これは業者さんとその話もし、もしそれ解体するときには、その線の引き込みを業者がするのか。それとも行政がするのか、どっちがするという確認になっておるのですか。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) 住宅内の引き込み線につきましては、住宅管理の町がせざるを得ないかなと思っております。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) その9戸の分ね。住宅の人は全部向こうへ行くわけや。残った9軒の人は住宅の建物に線を結線しておるので、それが事故が起こったときにお金がかかる。工事費が。それをどこが見るかといったら、業者が見るか、行政が見るかというんです。どっちが見るんですか。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) 9軒の方についての支障が出たときは、事業者と9軒の話し合いということにしております。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) ひつこく聞くんだけど、業者と9戸の人との話し合いがついているということは、それはだれがその話をしたのか。高嶺の自治会長さんとそういう話がついているんですか。それとも9軒の人の代表者かだれかとそういう話をしたというどっちの説明なんですか。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) 9軒の代表者の方と電気屋さん、事業者の方と話し合いをしてございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) わかりました。続いてですけども、93ページの公民館建設補助金975万、これ4件、計算すると4件分になりますな。


○議長(高尾勝人君) 教育次長。


○教育次長(本田吉住君) ただいまのご質問ですけれども、93ページの19節、負担金補助及び交付金の中の公民館建設補助金975万円でございますが、これにつきましては、説明いたしましたとおり、井上自治会、別名自治会、中野自治会、高山自治会の公民館の建設補助を予定してございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) そこで去年、せんだってもたびたび委員会も出、いろいろ来たんですけども、やっぱり懸案である高田台自治会、これの補助金がここについていないということは高田台自治会館建てる、そこら辺の話は、次長、またどういう話が今、現在そこまで進んでおるんですか。補助金が全然なかったのか。どういうふうな進め方をしようと思っているのか、あれだけ必要である、必要であるというのは15年度から始まっておるんです。それが現在、補助金の申し込みがないということはどういう話で、去年からでも我々、議会に出てきた話でも去年から出ているんです。それが現在どういうふうに進んでいるか、ちょっと説明してください。


○議長(高尾勝人君) 教育次長。


○教育次長(本田吉住君) 高田台の公民館の建設に係る分については、古正参事の方へお聞きしましたところ、まだ補助金の要望等については出ておりませんということでございます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) だから、こういう話はきちっとああいうようなことになっておるのですから、やっぱりきちっと行政も責任持って高田台の公民館、自治会館、どういうふうな方向で建てるべきかと。当然、こんなもんは年度変わるまでに詰めておかないといけない話なんです。当初で。それで今の説明はそういうこと全然補助金の申請も何もないと。これいつまでほかすつもりでおるのかと、これだれに聞いていいのかわからないけど。これ企画課長に聞いていいのか。その後、町長に聞いていいのか。どちらでも結構です。答弁してください。今後どう進めていくのかということを。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 高田自治会とは話し合いをしておりますが、まだどうこうという話の決着はついておりません。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) 話はついていないという、次長からも古正公民館長の方もそういう話だったという説明もあったんですけども、そうだろうと思います。あれほど高田台の住民が必要であると、コミセンであろうが何であろうが、とにかく必要なんだという中で論議されてきたわけです。それがやはりことしの当初の予算の中で反映されるべきだと私は思うんです。それが今聞いたら高田台の自治会、これ補助金の申請もありませんと。当然、こんなもん申請が出てきて当たり前です。しかしながらこの条件が飲めなかったか飲めたかわからないけど、これはどうなっておるのかと思って。これを早く進めないことには、これだけ財政厳しい中で、いろんなところで予算を削った中で、3,100万の用地代はどうなるんですか。15年度に買収した3,100万の。これ塩漬けなんですよ。15年、16年、17年、18年、4年間塩漬け状態です。私が冒頭に言いましたように。3,100万は大きなお金ですよ。今の予算の反映から見たら。


 といって今、聞いてみたら全然そういう話は現在詰まっておりませんと。やはりこれは責任を持って行政からも連合自治会と話し合いをして詰めていくことが当然必要だろうと思うんですけど、それは全然議論は進んでいないと。進んでいないだけのもんではどうにもなりません。その3,100万どうするんですか。そこのところの明快な答弁を。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) そういう意味で言いますと、まだ話し合いはしておりますが、詰まっておりませんのでそれについてもどうということの結論が出ていないのが現状です。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) これ何ぼ議論しても答えが出ておるので何とも言えませんけれども、やはり3,100万、この分の成り行きも経過もこれははっきり言えば、やはり高田台自治会との約束の中で建設時に買い戻しますと、それまでは町の方で代替で買っておいてくださいと。しかしうちが建設するときにはそれを3,100万のものを買い戻しますという約束になっておるのだろうと思うので、もしこれ建設できなかったら3,100万いつがきても、買い戻してもらわれないわけです。いつまでも3,100万眠ったままでおるのです。こういうものはきちっと整理してもらわなかったら。どういう整理をしていくかということも考えないといけないだろうけども、まずは。整理をしてもらわないことには、3年間も塩漬けにしたら、終いに不必要な出費になりますよ。何でこんな出費したのかと。不必要だったのと違うかと。やっぱりこれは高田台の連合自治会長、きちっとひざを交えて、どういう方向でしていくかというめどを、計画を立ててもらわないことには、高田台の連合自治会でも多分困っているのではないかなと。明快な答えがもらえないということで、行政の方から。だから自治会も困っておると。しかし、行政は行政で買い戻してもらわなかったら困るわけです。この分だけはきちっと対応してもらうように。何ぼ少なくても18年度の1年間、きちっと対応して19年度にはすきっとした形で3,100万のかただけは取ってもらわないことには。これはどうにもなりません。来年も当然、財政厳しいのは続くだろうと思うので、そういうことでよろしくお願いしたいと思いますけれども、町長、再度その分、確約だけしてください。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 前向きに進むように話し合いをさせていただきます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) 議長、ちょっと一遍休憩してくれるか。


○議長(高尾勝人君) 休憩します。   (13時16分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開します。   (13時17分)


 ほかにありませんか。


 1番。


○1番(外川公子君) 社会教育費のことでちょっとお尋ねしたいんです。


 89ページですけれども、社会教育総務費の1番の報酬のところで、社会教育委員さんの報酬が、ことしは8名中の7名でその金額で上がっているとお聞きしました。昨年の事項別明細書には37万8,000円となっていて、これが半額になっているんですけれども、この金額はどういうことでしょうか。ちょっとお聞きしたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 教育次長。


○教育次長(本田吉住君) これにつきましては、回数の減でございます。


○議長(高尾勝人君) 1番。


○1番(外川公子君) それから、読書シンポジウムのことでお聞きしたいんですけれども、93ページです。読書シンポジウム、去年までは読書シンポジウム補助金と書いてありまして、ことしは委託料と変わっているのですけど、何か内容が変わったということなんでしょうか。


○議長(高尾勝人君) 教育次長。


○教育次長(本田吉住君) 本年度は、シンポジウム委託料として30万円上げてございますが、あくまでもシンポジウムに関して、委託するということで名前を今度変更させていただいております。


○議長(高尾勝人君) 1番。


○1番(外川公子君) 名前が変わったというだけで内容的には従来どおりのことと理解してよろしいのでしょうか。


○議長(高尾勝人君) 教育次長。


○教育次長(本田吉住君) 内容的には変わらないと思います。この委託料の中で去年と同様の事業、これを進めていただくということです。


○議長(高尾勝人君) 5番。


○5番(由田五千雄君) 緊縮財政をどう成立させるかという課題の中で、いろいろ皆さんもご質問していただいておりますけれども、私も要求ばかりになるかもわかりませんけれども、80ページ、1つは教育費の中の20目の国際交流推進事業の報酬、外国青年英語指導助手報酬、つまり中学校へ外国から招聘して英語をやっていただいている、あの青年が、ことしは青年が来ていますけれども、これが去年の270万、ことしは360万と100万出ておるのですけれども、これはその人の賃金を上げたということか、あるいはほかのものを含んでいるかということが1つと。もう一つは、聞くところによると宿舎が、この青年が泊まっているところが非常に施設が悪い、その1つは便所が昔ながらのぽっとんと落ちるやつだと。そういうことを聞きます。外国から招聘して、どういう気持ちで来られているかは知りませんけれども、多分、夢を外国に求めてやってきて、この日本の暮らしもなじみたいとか、あるいはそんな中で活動したいといった希望に燃えた青年が来ていると思うんです。その青年が、旧態依然の上郡町でもぽっとん便所はほとんどなくなっているんだろうと思うんです。それがそういうところを宿舎にしていると。これはどうもいただけない。前の女の子だったか、途中で帰ってしまったというようなこともあって、いい住居環境の中で生活していただかないといけないというのか、その女の子はそれが原因かどうか知りませんけれども、そういうことで今さっきも出ておる、カメリアなり、あゆみのいいホテルができたんですから、あのあたりを1室確保して泊まらせて、そこからとか、例えば、そういう環境を十分整えて、外国の人にさすが日本はいい国だと帰っても、母国へ帰ってみやげ話ができるような、日本へ行ったら、経済成長云々言いよるけど、まだ昔ながらのぽっとん便所だと言われる恥ずかしさ、情けなさも感じます。2つの点についてお願いします。


○議長(高尾勝人君) 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) まず、1点ですけれども、報酬が増額になっておるということなんですけれども、実はこれは一昨年、先ほど言われておりましたALTが途中で帰られまして、採用月、今度新しいALTが来るのが7月ということになっておりまして、その3カ月分の報酬がなかったということで、報酬につきましての1カ月30万というものについては、今と変わっておりません。


 その次に2点目のことなんですけれども、ALTの宿舎、宿なんですけれども、今現在お願いしておるところなんですけれども、そこは確かに言われるように水洗化されていないということなんです。けれども、これもことしちょっと家主さん等にお願いしまして何とか水洗化できないだろうかというお願いをしております。ところが、ALTの30万の中からまた家賃の補助はあるのですけれども、家賃を支払っていかなければならないということもありまして、ALTと相談しながらとまっておる住居を相談して決めておるというのが現状なんです。だから、これについても家主さんに水洗化できるように現在お願いしておるところですので、そういうことでご理解いただいたらと考えております。


○議長(高尾勝人君) 5番。


○5番(由田五千雄君) 理解というよりか、善処をぜひ実現しなければならないと思いますが。


○議長(高尾勝人君) 教育長。


○教育長(尾上高徳君) ちょっとまだ家主の方に先日お伺いしましたところ、工事が完了したということを聞いております。


○議長(高尾勝人君) 5番。


○5番(由田五千雄君) ありがとうございました。もう一つ、これも教育の方ですが。84ページの負担金補助及び交付金のところの通学費補助金、これはどういうところに補助金をどのように出しているのですか。私いつも気になるのは、このところ私は十分調査していないんですけれども、赤松小学校を中心にしてバスを借り上げして、送迎をしているというところが目につくんですけれども、そのバスが非常に神姫バスの大きな40人乗りぐらいの大きなバスが走るんですね。そして見てみると1人か2人かの数えるほどもないぐらいの子供が乗っているというような状況を見受けるんですけれども、つまり地球温暖化にも関係するし、経費の上でもあんな大きなバスを動かすとなると経費もかさむのではないかなと思っていつも見るたびに思うんですけれども、いわゆる通学費の内容と赤松小学校のバスの借り上げについて質問します。


○議長(高尾勝人君) 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) 先ほど言われておりました通学費の補助金ですけれども、19万3,000円につきましては、バス通学費の補助金ということで河野原の生徒が6名、細野の生徒が2名、楠の生徒が2名ということで計10名に補助金を出しております。それからもう一つは、遠距離通学者というのがありまして、これは播磨高原だったと思うんですけれども、1名、この方らに通学費の補助金として出しております。それからバスの借上料ですけれども、バスは通学路線では今のところ神姫バスにお願いしておるわけですけれども、小さい小型のバスを走らせるといいましても、あれでも一番小さいということもありまして、それ以外のバスはちょっと法律上、走らせることができないのではないかと解釈しております。ちょっと具体的なことが現在わかりませんけれども、そう聞いております。


○議長(高尾勝人君) 5番。


○5番(由田五千雄君) 遠距離とか、河野原何人というのは、これはいわゆる神姫バスの路線バスの利用の補助ですね。そしたら神姫バスの方の借り上げはどのぐらいになっていますか。


○議長(高尾勝人君) 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) 神姫バスの方の借り上げでは83ページに書いてありますように、460万という借上料を予算化させていただいております。これは11カ月分ということでございます。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 5番。


○5番(由田五千雄君) 神姫バスとの契約の関係で、あるいは向こうの営業の関係で、そういうバスの大型というか、ある規格の中でやっているんだという話のように見受けられますがそうですね。神姫バスさんと契約という話を前提に、今までそういう経歴がありますからしますけども、この辺を今私の言ったような観点から見直す必要はお感じになりませんか。


○議長(高尾勝人君) 管理課長。


○管理課長(山本善彦君) 確かに言われるとおりだと思うんですけれども、それはちょっと詳しく調査してみないと何とも言えませんので、また今後の1つの課題と考えさせていただきたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 5番。


○5番(由田五千雄君) ぜひ検討してみてください。そういった点で、いろいろとメリットがあると思うんです。以上です。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 16番。


○16番(正木 悟君) 65ページの観光費について質問をさせていただきたいと思います。


 まず、最初に平成18年度の町長の施政方針の中で一番表のページに「ともに考え、ともにつくる安全・安心な活力あるまちづくりを目指して」ということが一番最初にうたってあります。私は非常にこれは大切なことで、これは立派なことだと聞いて、いろいろと感心して聞いておったんですけれども、まずこの私が今読み上げましたことを町長は着実に実行して18年度の予算を組んでおられると思いますが、間違いないでしょうか。まずそれをお尋ねいたします。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) そういうつもりで組んでまいりました。ただ、例えば川まつりの件であったり、そういう面であったり、いろいろご指摘をいただきまして十分じゃなかった点もあるということは認識をしております。基本的には、そういうことでということで川まつりの件に限らず、そういうことを進めていくということで、ただ上郡町の財政状況もかんがみ、そういうお願いもしましてさせていただいたのはそうでございます。したがいまして、100点かといいますと100点でないかもしれませんけれども、そういう基本姿勢で取り組ませていただきました。


○議長(高尾勝人君) 16番。


○16番(正木 悟君) こういうことを約1時間ほどかかって方針を述べられ、それに対して各議員が質問をされたわけであります。皆、これは当然、今さら私も申し上げるまでもなく、町長が申されたとおり、施政方針のこの中で予算を組んでおられる。それが当然であります。しかしながら、いろいろと複数の議員が川まつりのことについて質問をされました。大体は町長がどういうことを考えてやられたかということはわかりましたんですけれども、それは私が判断しますと施政方針の中に組み込まれていることに違うと、はっきり間違っているというふうに私自身は感じております。なぜならば、施政方針のその4、観光レクリエーションの振興という見出しの次に、にぎわいを生み出すまちづくりの中で、にぎわいを生み出すことのまちづくりを進めることが元気なまちづくりとなるものであると考えていると、このように述べられております。全く私も同感です。そのとおりだろうと思います。


 しかしながら、川まつりはことしで33回か34回を迎えております。途中で1回何か天災か何かがあって中止したような記憶があるので、32回か33回は間違いなしに、この川まつりはやっておると、このように記憶しております。川まつり、上郡の一大イベント、これ以上のものは町長、ほかにあるとお考えでしょうか。まずそれをお答え願いたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 今言われるように、町を挙げての一大イベントです。したがいまして、地域のイベントがございますが、それとは規模が違うし、町を挙げてということで上郡町の一大イベントです。それはもう十分に認識をしております。


○議長(高尾勝人君) 16番。


○16番(正木 悟君) 今、町長も認識しておられると、そういう中で私はこれ反対ではないんですけれども、白旗城まつり、平家まつり、ダムまつり、3つにそれぞれ50万円ずつ予算を置いておられます。それはそれで私は結構なんですけれども、赤穂市においては義士祭、大石内蔵助のおまつり、相生市においてはペーロン、これ皆、全市挙げての一大イベント、上郡町では町長も認識されておりますように、川まつりは上郡町の一番イベントの最たるものであると。それを今年度は中止されて、今申し上げましたそれぞれの校区のおまつりのみ予算を組んでおられます。これは今も申し上げましたように反対はするものではございませんが、その前に、なぜそれだけ3つのイベントに予算を組まれるのであれば、上郡町の一番大きな大切なイベントの予算をなぜ置いてから、なおかつこの3つのイベントにも予算を置いていただけるのが、この町長の施政方針演説の中で、町長がうたわれておることには当てはまると私は思っております。にもかかわらず、ことしは川まつりはやらない。そのイベントによって町の活性化を図り、というようなことがうたってあります。そして、夏の夜を彩る、あの花火、あれは大人も子供の方が期待をして待っておるように私は思います。そういう夢も何もないようなことをなぜ施政方針の中でうたっておられるにもかかわらず、予算化をされなかったか。まして、3つのイベントと川まつりのイベントと町の活性化につながるものといえば、これはだれが考えても、それぞれはそこそこの地域の村おこしであります。町全体の村おこしにはつながりません。その辺を町長、どう施政方針で述べられておるのにもかかわらず川まつりを今年度は廃止される。こういうことをやられますと、上郡町は現在財政事情が非常に厳しいというようなことは、町民ほとんどの方が知っておられます。そういう中でこそ、上郡町の30何回続いておるイベントを何とか町長の努力によって続けていただけたらならば、町民も「ことしも川まつりができたんだな。来年も1つまたやってもらわないといけない。それには我々も頑張って協力していかないといけない。」というような町民の気持ちも高まるはずであります。


 それが、一昨年、長い間これも21回ほど上郡町でやってきました若鷲旗杯の剣道を廃止しております。また今回、30何回やっておる川まつりをやめられると。夢も希望もないように私は思います。こんなことでは、到底上郡町の発展というものはないと思います。


 もう一度、お尋ねをいたします。施政方針で述べられたことが、これを基本にして組まれたと言っておられますけれども、私は今申し上げたところに疑念がありますので、もう一回、何とかこのイベントだけは続けていくというお気持ちがあるかないか。これ各議員にも答弁されておりますけれども、しつこいようですが、もう一回お尋ねいたします。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 地域のイベントと川まつり、両方ともうまく運用できたらいいんですけども、私の判断で地域のイベントは残して川まつりをやめたということですが、やめたというのはずっとやめるということではなくて、ことしはお休みをさせていただきたいということでさせていただきます。今、正木議員さん言われるように、町民も楽しみにしておるということも事実であります。したがいまして、そういう意味では、復活をするという努力をしたいと思います。ずっとやめる、未来永劫ということではなくて、そういうことで今、ご指摘されたとおり、町民がよかったなというように努力をしていくつもりでございます。ことしにつきましては、そういう中で苦しい選択をさせていただいた。それについては私も十分でなかったと思っております。したがいまして、再度再開できるように足腰を固めるというか、そういう意味でご理解をいただきたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 16番。


○16番(正木 悟君) 私、2〜3日前に、ある会が発行しておられる「はばたき」というものを発行されて、その中を読んでおりますと、17年度の川まつりのよかったこと、反省しないといけないこと、だから18年度の川まつりにはさらなる努力をして町民の皆さんに喜んでもらい、川まつりが盛り上がっていくように努力をしたいと、このようなことがこれは年齢は多分40代ではないかなと想像はしておるんですけれども、そういう町民の中には大いに川まつりというものに期待を寄せ、希望を持っておられることは間違いございません。だから、町民に何ぼ上郡が苦しくても、やはり町長は上郡のまちを大事にして、町民の夢を育てていき、そして活性化を図っていただけるんだなというような希望が持てる行政を、やはりやっていただかなければならないと思います。ほとんどの方が私は川まつりは望んでおられると、このように思っております。どうか、今年は今、答弁いただきました、今年はやめても、ずっとやめるということではなしに、何とかやりたいというようなことをお聞きいたしましたから、これで終わりますけれども、やはり町民に何回でも申し上げますけれども、活力あるまちづくり、夢のある町民の方々が夢を持てる、そういう行政を心がけていってくださいますように、要望いたしまして終わります。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) 正木議員の答弁で、ことしだけというような話もあるし、足腰が強くなるまで、川まつりのことですけれども、花火大会ですけども、そういうことも考えておるとなったんですけども、このままずっとなくなるという意味ではなかっただろうと思う。だから、来年、復活するだけのお気持ちでおるのか、それが足腰がもし弱ったままでおるなら来年もやめるというのか、そこで私らも町民に相当聞かれておるんですよ。ことしだけですかとか、どんどん聞かれておるんです。だから今言う足腰云々という答弁が出たんですけども、これはいつまで足腰が丈夫になるのを待ったらいいのか、それとも来年は必ず足腰が強くなるという自信が持てるのか。これだけはっきりさせてください。私、町民に答弁するの困りますので、聞かれたときに。沖さん、ことしだけ川まつり、花火やめるのですかと言われたとき、ちょっとわからないといういいかげんな話もできませんし、これだけちょっとはっきりとしておいてください。担保だけお願いします。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) そういう意味では、再開した、調子が悪いからやめたということでなくて、継続するのであればちゃんと継続するようにしたい。じゃあ、来年そういうことに努力をするということは努力をします。したがいまして、来年確実にできるかどうかというのは、先ほども言われたように町の財政をはっきりするということが主眼にしたいと思いますけども。先ほど正木議員さんも言われたように、その目標に向かって努力したいと思います。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結し、これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 国の自治体に対する補助金や交付税の削減を中身とする不十分な三位一体改革により、上郡町も厳しい財政状況にある中、各担当課が町民の安全と福祉向上を目指し尽力されていることにまず敬意を表し、感謝申し上げたいと思います。


 しかしながら、上郡町民が安心して住み続けられるまちづくりの最高責任者である安則町長の町政に臨む姿勢と、財政施策に納得いかざる点がありますので、平成18年度予算案に対する反対討論を述べさせていただきます。


 1つ目の問題は、安則町長の資質と姿勢であります。町長は施政方針で、「私が町長就任以来3年余が経過したが、これまで変わることなくふるさと上郡町の発展を念頭に置き、地方自治の実態とその危機感を共有し、ともに考え、ともにつくる住民参加型のまちづくりを基本目標にし、町政運営に全力で取り組んできた。」とおっしゃいますが、私はそう思いません。町長はご自分は変わることなく云々とおっしゃいますが、町長就任当初から、朝令暮改で方針が一貫せず、町内は混乱のきわみでありました。また、危機感を共有しと人事のようにおっしゃいますが、その危機感の大きな原因は町長そのものにあると思うであります。


 また、町民とともに考え云々ともおっしゃいます。しかし例えば、ハイツあゆみの建設問題にいたしましても、町長の公約でもあり今まで進めてきたお年寄りや子供たちの待ち望む給食センター建設を突然取りやめ、国県の手厚い補助があるにしても、区画整理事業等もある中、20億円を超えるまちづくり交付金制度の中での町営住宅建設等に財政的見通しを持たずに飛びつきました。そのあげく、18年度当初予算編成が成り立たず、歳入では財政調整基金以外の基金がなくなった中で、異例の水道事業会計から2億5,000万円の繰り入れを始め、歳出では突然の各種事業の中止や削減、報酬等の引き下げと目を覆うばかりの内容であります。この数字合わせの行き当たりばったりの当初予算編成のどこに、町民とともに考え、ともにつくった内容がありましょうか。私は町営住宅は必要であると考えております。あれをやめ、これをという取捨選択ではなく、知恵を出し、町民の協力で町営住宅も給食事業も同時に実施できる方策も見い出せると信じるものであります。


 また、大切なことは、懸案事業を憂いなく実施するために、まず上郡町の身の丈に合ったしっかりした財政計画と優先するべき事業方針がまずあって、その中に町営住宅建設や各種事業計画も位置づけるべきであります。みずからが公約し、予算化してきた給食センターの事業を、合併相手の赤穂市と相談するごとき節操のない町政運営方針と、財政の逼迫を回避する財政再建計画も立てずして、上郡町をこのような見通しの持てない危機的な状況に至らせたことは、国などからの厳しい財政圧迫を差し引いて考えても、町長の失政とその責任は重大であります。


 2つ目に、合併問題であります。町長は不退転の決意で赤穂市との合併をやり遂げるとおっしゃいます。しかし今まで町長の見通しの甘さと判断力の欠如から、平成14年度から今年度まで複数の合併協議会の運営費、議会解散費、出直し選挙費等で1億円を超える経費、すなわち町民の税金を費やしたあげく、法定期限内の合併申請が間に合わず、合併特例債も利用できない状況をつくり出しました。その結果、今では合併の成就はおぼつかない状況にあります。万が一合併ができても、上郡町は子々孫々まで屈辱的な状況に置かれることは明らかであります。これは残念ながら、当初から町長に対して何度も私が指摘してきたとおりになっているのであります。この状況をつくり出した町長は、町広報で合併問題で町は揺れ動いておりますが、これは町が将来に向けて変わりつつある過程であると前向きにとらえているということに及んでは、全く後先も見えず、無自覚、無責任のきわみであります。


 3つ目に、町長みずからの公約問題であります。先ほど述べましたお年寄りや子供たちに地産地消の学校給食センター、ITによる町政全般の情報公開の充実、企業の誘致や育成などなど、就任3年たってもいまだに影形さえも見えておらず、町長任期満了のこの18年度の施政方針、当初予算にもその確たる方針はありません。町民は言います。安則さんに期待したが、ことごとく裏切られた、安則さんの言うことや公約は町民のためではなく、結局自分のためだったのだと言い切ります。町民の期待を裏切り、口先だけで実行力の伴わない安則町長の無責任極まりない態度は、上郡町の最大の汚点であります。


 4つ目。この緊迫した財政状況のもと、将来も使う見通しのない安室ダムの水道用水企業事業に毎年3,000万円近く負担し続けております。同企業団議会の監査委員も指摘しました。まず、将来における同事業の必要性の調査を行い、今、当初の目的を失った同事業の見直し、廃止に政治的解決に向け全力で取り組まれんことを切望いたします。


 5つ目に、町民を人権意識のおくれた存在と位置づけ、人権啓発の名で行われてきた同和事業は既に平成13年に時限立法の終結とともに終わりました。ことしは高田で行われる、毎年校区を指定した押しつけ的な人権事業などをやめ、人々が喜ぶ地域のコミュニティの重視や地域同士の交流、文化、福祉のレベルを上げる、一般行政対応に早く移行すべきあります。


 6つ目に、不公平な都市計画税を廃止を含め見直しをするべきであります。


 7つ目に、神戸空港ができた今、需要見通しがなく、だれの目から見ても大きな赤字運営が指摘される播磨空港を建設すれば、その負担が上郡町にも按分されます。同空港整備協議会の負担を続け、建設の推進につき合うことは、上郡町民を苦しめることになります。早急にこの協議会のつき合いをやめるべきであります。


 以上、安則町長の政治姿勢と今述べた一部の予算案に問題点があると判断し、本議案に対する反対討論といたします。


○議長(高尾勝人君) ほかの反対討論を許します。


 6番。


○6番(藤本祐規君) 私は議案第35号、平成18年度上郡町一般会計予算の件に対して、反対の立場から討論を行います。


 今、行財政改革の難しいところは、一体何が成果であり、町民の幸せ、上郡町の発展へとつながるのか、そして血税を使って何を高めるべきなのかが大きく問われるところであります。少し前までは目に見えるハード事業をすれば、それが発展だとし、あるいは新しい制度や事業を始めれば、それが華々しい成果に思えるときもありました。しかし、地方自治行政の課題成果とは、町民生活のビジョン、理想像をしっかりと定めて、それにどれだけ近づくことができるかという物指しではかるものではないでしょうか。


 さて、今議会で提案されている予算では、安則町政のスタンスが一層はっきりとあらわれました。無計画なコスト削減のみを考え、借金依存体質の行き当たりばったりの計画であり、町民に背を向けた誤った行財政改革路線を走り続けようとしていることです。町長は、住民の参画を得ながら次世代にも誇れるまちづくりの実現に努めてまいる。そして、住民自治は徹底した情報公開と住民参加、あるいは住民と行政との協同によって実現されますと、言葉では語られますが、実態はそれに反していると感じます。


 そして、工場誘致問題や川まつり補助金カットに見る、雇用と地元商工業の発展、地域経済を守り支援する姿勢も欠如していると感じるところであります。今回の予算では、町民のための行政を進めるという自治体本来の役割ではなく、町民に多くの失望を与えることしかできません。


 以上のような観点から、この上ない無計画さに理解することができないため、18年度予算に反対の意を表明いたします。


○議長(高尾勝人君) ほかに反対討論ありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。


 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより、議案第35号、平成18年度上郡町一般会計予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第35号は、原案のとおり可決されました。


○議長(高尾勝人君) 暫時休憩します。再開は2時10分。  (13時55分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開します。             (14時10分)


 日程第47、議案第36号、平成18年度上郡町特別会計住宅改修建設資金貸付事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 10番。


○10番(小寺政広君) 5ページ、民生費の5目、貸付事業費で、時間外手当ということで昨年度より8万6,000円上がっておるわけなんですが、これは時間外手当、昼間恐らく行かれていると思うんですが、やはり効果が上がらないからということなんですか。昼間行ったら人がいないし、当事者もいないということで時間外手当が増額しても可能性があるなり、それなりの理由があるということで8万6,000円の増額になっていると思うんですが、その点どうなんですか。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) これにつきましては、議員のおっしゃるように勤めもございますので、土曜、日曜、あるいは夜間といった対応をさせていただきたいということで予算計上させていただいております。


○議長(高尾勝人君) ほかに質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これよりを議案第36号、平成18年度上郡町特別会計住宅改修建設資金貸付事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第36号は、原案のとおり可決されました。


 続いて、日程第48、議案第37号、平成18年度上郡町特別会計国民健康保険事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) 9ページ、職員手当等の時間外勤務手当、これは17年度のいろいろと残業の分を見てみますと、大概遅くまで電気がついて職員がずっと残業しておったと思うんですけども、昨年度を見るとどうもサービス残業が相当あったように思っております。それを一々職員に聞いて、どうやこうやという話ではないんですけれども、あれから見ると相当健康福祉課に伴うものだろうと思うので、これは今度サービス残業とそういうようなことにならないというようなことの予算だろうと思いますので、やはり法律的にもサービス残業は成り立たないものであるので、前にも一遍質問させてもらいましたけれども、課長が気持ちよく職員に対して残業命令が下せるように、職員も気持ちよく残業ができるような体制を、この予算でいけるかいけないか。課長の方からちょっと。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) おっしゃるとおり、私ども大変時期的に忙しい時期もございまして、それ以外にも大変職員の方にも一生懸命やっていただいております。極力サービス残業、俗に言うそういった残業にはならないように日中努力してもらうように務めております。ただ、日中、来客等もございまして、若干デスクワークができないことがございますので、居残っていただくこともございます。本年度、若干ふえておりますのは、それもございますし、昨年からの職員の異動ということで、単価が若干上がったことも要因しておりますので、そういうことでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういうようなことで頑張ってお願いしたいと思いますし、これ町長に対してですけれども、これは私が議員という立場では大変越権行為ということになりますけれども、やはり人事異動のときには適材適所できちっとそういうようなことがないように、うまく人事の方をお願いしたいと。そこら辺もきちっと隅々まで見渡しての人事だろうと思いますので、日ごろから町長がいつも言われておりますように、適材適所ということを人事についてはそういうようにお考えを持っているということも聞いておりますので、その点をよく精査をしながら、よろしくお願いしたいと思います。要望にしておきますので。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第37号、平成18年度上郡町特別会計国民健康保険事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第37号は、原案のとおり可決されました。


 日程第49、議案第38号、平成18年度上郡町特別会計老人保健医療事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第38号、平成18年度上郡町特別会計老人保健医療事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第38号は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第50、議案第39号、平成18年度上郡町特別会計介護保険事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 10番。


○10番(小寺政広君) 5項の介護サービス等諸費なんですが、地域密着型介護サービス給付費1,593万9,000円があります。これは新設グループホーム等という説明がありましたが、現在、上郡に施設があるんですか。人数的にどのぐらいの予算か、お聞きします。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) ご存じのとおり、介護保険事業第3期の事業計画を大幅に改正を行っております。このたびこういったサービスの費目が新たに加わったものに地域密着型介護サービス給付といったものがございます。これは、いわゆる居宅サービスでございますけれども、認知症の方のデイサービス、あるいはグループホーム、そういったものを一体的に拠点としてそこでサービスを行うということで、今まででしたら1カ所ごとに分かれてサービスを行っていたのですが、その1カ所で地域に密着した、地元で小規模的に行いなさいという形になってきたものでございます。


 今回は、この給付費を置かせていただいておるのですけれども、現在の3期の計画の中でございますグループホームの利用計画とか、あるいはデイサービスを利用しておられる方、そういう方の数字的には今のところ資料がないのですけれども、何人かおられるという予測のもとに新たに給付費を計上させていただいております。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 町内に施設とか、該当するような施設、新しくできるとか、そういうのではないのですか。今現在ある介護サービス施設、ほうらいの里とか、そんなところでもあるということなんですか。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) ほうらいなんかでやっておりますのは、従来のデイサービスでございます。当然ながら認知症の方もそこへ行っておられますけれども、そういったものも、そこから抜粋、抜き出しまして、これはグループホーム、これは現在上郡町にはございませんけれども、近隣にはございます。そういったものも一体的にくっつけて小規模な形で一緒にやるということで、形としては全く新しい形のサービスでございます。部分的にはデイサービスなどはございます。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 歳入の中で、今年度の予算額と前年度の予算額、比較が3,775万9,000円という数字が出ておるんだが、これはどうなんですか。どういう関係でこれだけの数字が出ているんですか。わかりましたか。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 保険料のことかと思うんですけど。これは対前年比3,775万9,000円の増となっておりますけれども、今申し上げましたように、3期の介護保険計画の中で、第1号被保険者の保険料、これを新たに設定いたしました。従来標準型3,300円、月額であったものを3,900円ということに今回設定いたしまして、平成18年、19年、20年の計画といたしております。当然ながらそういった第1号被保険者の方の保険料も上がるということでございますので、この増額が出ております。


 以上でございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) そこでお尋ねをするんですが、3,300円を3,900円になった。大きな上がりだと思うんですが、この周辺の地域での状況はどうですか。この辺で3つ、4つ挙げてください。どれぐらいの状況になっておるのか。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) ちなみに赤穂市が3,800円、町で言いますと太子町が4,000円、佐用はたしか3,800円だったと思います。相生はちょっと今記憶しておりませんけれども、多分その辺だと思うんですけれども、いずれもこの議会でご承認いただくということで、まだ未定稿のものが私どもの方に参っておりますので、若干ずれはあるかもわかりませんけれども、大体その前後で落ちついております。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) 私もわからないのだけど、3,300円を3,900円といったら600円上がるわけや。かなり生活にこたえる。そういう関係については、どういうことでこの600円の値上げを決定したのか、いきさつを説明してみてください。それによってまた意見がある。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) これにつきましては、当然ながら介護保険のサービスの給付の総額を見込みまして、3年間の給付を見込みまして、この保険料を算定いたしております。サービスの利用、絶対数そのものが高齢化とともにふえておるということが第1の原因だと考えております。当町も現在、今認定者が730名ぐらいの方がおられます。介護保険は当初よりも3割か4割ぐらいの増加ということで、一番の原因はそれが原因だと思います。それと施設的なものが今、計画をしておりますので、先ほど申し上げました、グループホームなんかも絶対上郡には要るのではないかと。幾らか必要ではないかというふうなサービスも見込んでの給付を設定いたしました。そこから算定いたしまして、保険料を算定いたしました。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) これは一般会計からでも入れようと思ったら入れられるんだろう。しかしうちの財政上からは入れられないと思うんだけど、財政の楽なところやったら、一般会計からもちょっと見ようと。200円ぐらい1人当たり見ようとか、300円見ようとかこれはできるんですな。それをせいと言っているのではないですよ。今の財政上は。だけどできるかできないかを聞いているんです。どうですか。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 原則的には一応特別会計の中で賄うのが原則でございますけれども、一般会計の繰入金につきましては、職員の給与費分の繰り入れというものをいただくようになっております。今年度もこれにつきましても6,600万円ほどの繰り入れをお願いしておるところでございます。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) ちょっと職員のどうやこうやと、ちょっと意味がわからないので教えてください。


○議長(高尾勝人君) 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 職員の給与費相当額でございます。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第39号、平成18年度上郡町特別会計介護保険事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第39号は、原案のとおり可決されました。


 続いて、日程第51、議案第40号、平成18年度上郡町水道事業会計予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 15番。


○15番(工藤 崇君) 1点だけお尋ねします。


 一般会計でも出ておりましたように、11ページ、他会計繰出金の2億5,000万円、一般会計へ繰り出しておりますが、水道事業において確認しておきますが、これのしわ寄せを水道料金の値上げ等で町民に負担を転嫁するというような事業運営をなさらないつもりでありましょうね。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) そのようなことはあってはならないということで、前回のご説明でも申し上げましたが、利益積立金というのを18年度末で1億持ってございます。万が一、現在18年度、この新年度予算がご可決いただければという前提なんですが、その前提でこの前見ていただいたような18年度の期間損益の試算をしております。それをしましたところ赤字とはなっておりませんし、万が一赤字になるようなことがございましても、利益積立金が18年度末で1億になりますので、その方で例えば2,000万の赤が出れば5年間は持ちこたえられると、3,000万の赤字が出れば3年間は持ちこたえられるというようなことで、計算をいたしておりますが、2億5,000万を繰り出したことによって、水道料金を値上げしなければならないというようなことはないように努めます。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 15番。


○15番(工藤 崇君) それはありがたいご答弁ですが、例えば、合併に関して赤穂市の水道料金は全国で下から2番目の安い料金が赤穂市の1つの自慢なんですね。合併するに当たって、その落としどころをつけるのに、赤字にならないのであれば少しでも上郡町の水道料金を減らしていって、そこの間をうまく調整すれば合併協議を行うに当たって、赤穂市の反発はやわらぐと、すなわち協議がスムーズに進む可能性のある1つの大きな水道料金は事業であろうと思いますが、そういうお考えはあなたが決めるわけではないですけど、合併協議会で決めるんですけど、そういうことは可能なんですか。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) それについては、合併の事務担当の会でございまして、話は進めておる最中なんですが、その水道料金に当たっては現在のところ当分の間は2つの体系、現在は赤穂市は赤穂市の料金体系、上郡町は上郡町の料金体系で、まだそれを合併してからどのぐらいの期間、それを続けていくかということはまだ決まっていないのですが、そういうような二本立ての料金体系で執行していくというお話は出ています。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) 一般会計の方で一応こういう流れが来ております。しかしながら特別会計の方で確認の方にさせていただきたいと思うんですけども、今も目的を持っての積み立てということははっきりしました。水道料金に還元できるのかといったら、できませんと。ほかの目的で集めておりますということで、積み立てておりますということを説明受けておりますので、今も工藤議員からあったように、5年間償還となった、5年になるのかな5,000万だったら。5年間は絶対水道料金を上げられないということだけは確認とれましたということで。


 それともう一点、今も赤穂と上郡の水道料金の差、その中で仮に5億ということの現在そういう余裕があるということの中で、結構これも早く赤穂の方に伝わると思いますので、それも赤穂の方から協議会の中でそういう無理な話が早く進めて、何とか今度から水道料金を下げろとか、その金で。そういう意見が出てくる可能性もあるのではないかと、所長については目的外ですと、水道料金には返還できないということを明言されたし。しかし、今5億余りの余裕があると。事業するに当たってのそういうお金だろうということであろうと思いますけども、赤穂からすると、やはり水道料金の1つのネック、市民に対してのあれかなというところで、そのお金で何とか水道料金を値下げできないかと。この間の法人税ではありませんけども、何とか下げてこいというようなことが合併協議の中で出たときには、それは所長に聞いてもわからない話で、出るか出ないかわからない話で、出たときには困るのじゃないかなと。私はそういうように思いますし。


 もう一点は、この地方公営企業法、これには全然抵触していないということをもう一遍、確認だけさせてもらうのと、それともう一点、適正な金利、事業所が企業債の中で納めている金利、どのぐらいあるのかなと、それに見合うような金利をもらうべきというようなことで、適正な金利をそれも設定していただきたいと。それと支払い日を年に何回、どの時期にこうだということもやはり一般会計の方ときちっと話し合いの中で、日にちの設定ということをお願いしたいと思います。


 いろいろ申しましたけども、その点についてのもしお考えがあったらお聞かせ願いたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) まず、その地方公営企業法に抵触していないかということでございますが、それには抵触してございません。損益勘定留保資金ということで、そのお金については繰り出すことができるということでございます。


 それから、あと金利と、それから償還についてでございますが、金利についてはここでご可決いただいてからのお話になると思いますが、今の案としては1年間に0.2%ということを考えております。この0.2%と申しますのは、私ども水道事業が留保資金を現在運用している銀行の利率が0.12%でございます。それよりも金利的には高いということで、余り資金運用ということも大きな声では言えないのですが、そういうようなことも考えてしております。


 それから、償還の期日、回数でございますけども、これは前回も申し上げましたように、元金均等償還ということで、18年度でご可決いただければ、19年度から丸々2億5,000万円繰り出しいたしましたとしましたら、5,000万ずつ5年間、それに0.2%の利子を付していただいて、水道会計の方へ入れていただくというふうにしております。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) それと事業関係ですけども、赤松の水源地、また與井新の水源地、認可変更ということも今度予算の中で出ておったと思うんですけども、それを2つ同時でも結構ですので、同じ町民ですので、30日に大枝新のあれがあるのは。そういうことで同じすばらしい水を町民に供給するのは、所長の仕事だろうと思うので、速やかに2つ同時着工でもよろしい。それだけのお金があればできるはずだから。だからそういうものは早く変更認可だけではなしに、事業に着手するようにお願いしたいのと、それと老朽化のものを早く入れかえすると。老朽化はどこだと、水漏れがするまで待つわけではない、どこが古いということがわかっておるのだろうから、管の耐久年数もあろうと思うので、それも早く割り出して、その分も速やかに工事着手していただきたいと思いますので、今5億何ぼかわかりませんけども、そのぐらいのお金があればできると思いますので、速やかにお願いしたいと思いますので、町民満遍なく平等に、水道料金平等にいただいているので、平等な水を供給するのが当然行政の仕事だろうと思うので、その点お願いしておきまして、終わります。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 6番。


○6番(藤本祐規君) 同じく11ページの他会計繰出金なんですが、先ほども所長言われておったように損益勘定留保資金というのは、基本的に資本的収支に資金不足が生じたときにそれに充てるという性質のものですよね。それが他会計に対して、今回一般会計に対して繰り出すということ。これはこの手法そのものには問題はないんですよね。別に。これ議会の議決が要るとかそういうことに関して、ないですね。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) そのとおりです。議会の議決をいただかなければならないというのは、先日も申し上げましたが、法定の積立金で減債基金とか、利益積立金があるところがございました。今現在、上郡町の水道事業会計には、法定積立金としては利益積立金と減債積立金がございます。それ以外に任意の積立金で、建設改良のための積立金とか、それから災害を受けた場合、災害発生したときの積立金、これは任意の積立金で20分の1以上を減債基金なり、利益積立金に積み立てた残額が出れば、それに積み立ててもいいですよという制度がございます。しかしながら、こういう今私が申しましたような4つの積立金、それを例えば目的外に一般会計に繰り出すとか、そういうことをするときには議会の議決が必要でございますけれども、この損益勘定留保資金というお金を一般会計に繰り出すというときには、予算的な議決は必要ですが、議会の議決は必要ないということです。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) そこでお伺いしたいのですが、この11ページの款項のところに他会計繰出金と目が一般会計繰出金と記載されておるんですけれども。先日の工藤議員の利息の件、先ほどの沖議員の質問でもそうなんですが、水道事業会計としては2億5,000万円に対して年間0.2%の利息をとるということになっておるんですけれども、繰出金という性質上、利息をとるということは僕は必要ないのではないかと思うんです。もし水道事業会計が、これを2億5,000万円に対して利息をとるのであれば、ここの目のところが貸付金というふうになるのではないかと思うんですけれども、それはどうなんですか。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) ちょっとへ理屈みたいになって申しわけないのですが、確かに藤本議員のおっしゃるように、そういうようなことも言えます。ただ、言葉足らずといいますか、この一般会計繰出金としてこの説明のところにでも括弧で、今おっしゃられたように長期貸付金なり、そういうことをうたっておけば誤解がないのですが、ただ繰出金という範疇の中には、繰出金は大きい款として考えていただいたら、その中に負担金とか補助金とか、出資金とか、長期貸付金、そういうような項目があるんです。そういう意味で大きい意味でここへ一般会計繰出金というふうな形で書かせていただいたんですが、それで誤解のないように、これから以後のこともあるので、ちょっと予算書の方を見ていただいたらと思うんですけども、バランスシート、前回ご説明しましたけれども、予算書の方の12ページなんですが、申しわけありません。予算書の方の上水会計の方の12ページをお願いしたいと思います。


 ここに12ページの方に平成18年度の水道事業の損益計算書というのが、予定貸借対照表、いわゆるバランスシートでございますが、これの左側の方の資産の部の中ほどですが、(3)の投資として、イの長期貸付金、ここに2億5,000万計上してございます。こういうような形で、水道の方としてはバランスシート上では整理させていただいております。


 それで、今、藤本議員さんおっしゃったように、そういう説明不足、そういうことでいえば、一般会計繰出金の後に括弧書きででも長期貸付金と書いておくというのが正解だったかもしれません。


 以上です。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 当然、次からの歳入のところに利息として50万円が歳入として入ってくるわけですから、やっぱり事項別明細の方にもそれは長期貸付金として目のところを、そういうように括弧書きでするとか、貸付金にするとかというふうにしていただいておいた方がよかったかなと思いますので、それだけ意見として言っておきます。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) ご存じのように、現在の水道料金は平成12年度に改定されたのです。私が入りまして次年度のときで、その審議に加わった覚えもあります。そのときに、当局そのときは岩本所長だったと思うんですが、値上げ改定の理由に、大変水道会計が財政が逼迫しておると。本来なら50何%の値上げをしなければならないが、そのとき21.何%だったと思います。それが今の現在の料金になっておる。それも3年後には見直さなければならないという条件のもとで、提案されて可決しました。そういうことを言うと、水道財政も大変厳しい状況にあると思うんですね。推測すると。今、議案書の中の予算書、今、所長が言われました12ページと11ページ比べましても、流動資産合計、17年度末では12億3,300万が計上されまして、19年度3月31日末は5億5,100万ほどになって、減額が6億8,200万円という減額になっています。この数字、バランスシートから見ますと。本年度はご存じのように説明の中でも見ましたし、国庫補助事業はしない。普通の一般の管理的な業務を行うというところです。それにもかかわらず、6億8,200万円が減額になっている。流動資産ですよ、このバランスシートから見ますと。そういう状況で本当に、もちろんこれは決まりましたんですが、2億5,000万円貸し出すとか、あるいは値上げしないで、財政的に余裕があると言えるのですか。その点まずお聞きします。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) ですから、絶対と言われれば何が起こるかわかりませんので、100%絶対ということはこの場で言い切ることはできませんけれども、先ほど工藤議員さんのご質問にも申し上げましたように、利益積立金1億円、そのために積み立てております。ですから、3条の収益的の方の赤字、黒字の判断は3条予算の収益的収支で行います。ここが赤字になれば、これを水道が赤字会計になったと判断をするのですけれども、ここへ利益積立金を補充して赤字を防ぐということになります。


 しかしながら、この2億5,000万円の繰り出し、これが原因で赤字になることはありません。それ以外の経常経費がふえたとか、そういうようなことが何かの理由でそういうことが異常に増えれば、それはそれが原因で赤字になるということは考えられますけれども、この2億5,000万円が直接影響して赤になるということはありません。それと水道の事業計画といたしましては、先ほど12番議員さんもおっしゃっていただきましたけれども、あと残り赤松水源と與井水源が残っております。上水が。ですからそれをなるべく早くしなければならないのですけれども、本年度予算を認めていただければ、早速土木委員会の方とも協議しながら認可変更の事務を進め、それが終われば実施計画、それから事業着工と進んでまいるんですが、それまでの間、少しでも利益積立金を積み立て、留保資金を温存し、将来に備えたいと考えております。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) これの6億8,200万円が減額になったのが、恐らくどの事業なっておるのですか、この減額は。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) それはこのバランスシート上ではあれです。工事費の支払いが、この大枝新の浄水場の工事費の支払いがありますので、それを18年度、今度ここで支払いしますので、その分が減ってバランスシート上はその分は19年度末は減っておるということになります。


○議長(高尾勝人君) 10番。


○10番(小寺政広君) 一体、水道事業は幾らぐらいの剰余金あるんですか、これ総額、今猶予がある。それと戻ります。これは済んでしまったことなんですけど、12年度に言った51%ほど値上げしなければもうつぶれると言っていたこと、どうなるんですか。3年後には見直すと言ったんですから、それに基づいて私ら可決したんですから。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) 当時の資料も見てみたんですが、そういうことで経常経費を削減するなり、それから職員も9人いたんですが、今現在職員数も減らし、それから施設の維持管理、そういうものを一部民間委託を進めるということで、経営努力させていただきました。そういうことで、その当時、値上げ当時は、3年後にはまた値上げをしなければならないというようなことになっておったみたいですが、現在、12年から5年経過しておりますけれども、値上げをせずに延期しているということでございます。


○議長(高尾勝人君) ほかにはありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第40号、平成18年度上郡町水道事業会計予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第40号は、原案のとおり可決されました。


 続いて、日程第52、議案第41号、平成18年度上郡町特別会計簡易水道事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 14番。


○14番(村上 昇君) 6ページを1つ。一般管理費の中で、委託料の中で簡易水道の会計事務委託料589万4,000円とかなり大きな委託料の金を会計の方で払っておるのだろうと思うんですが、これ内容をちょっと教えてください。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) 一般管理費の13節委託料のうち、簡易水道会計事務委託料589万4,000円でございますが、これにつきましては、この簡易水道の会計の事務を本来ですと、簡易水道会計というのは一般会計でしていただく事務なんですが、それを水道事業を持っているということで、上水道事業の方がその事務を委託を受けているということでございます。簡易水道の事務を便宜上、委託を受けておるということで、うちの水道の職員の人件費相当分を、ここへ委託料として計上しております。


○議長(高尾勝人君) 14番。


○14番(村上 昇君) もっと安く上がるのと違うか。これは高い、500何万といったら。もっと合理化してもらわないといけない。わかりますか。500何万といったら高い。臨時の方の女性ぐらい使って、300万ぐらいで十分できます。それで僕はここ指摘した。どうですか。高いです。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本 博君) ご指摘のとおりだと思いますが、簡易水道町内各所に7カ所散らばっておりまして、それの管理等もございますので、そういうお金になっておるんですが、今、村上議員さんのおっしゃったことは加味しまして、来年以降気をつけたいと思います。


○議長(高尾勝人君) ほかにはありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 まず本案に対する反対討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。


 次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


              な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。


 これをもって討論を終結いたします。


 これより議案第41号、平成18年度上郡町特別会計簡易水道事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第41号は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第53、議案第42号、平成18年度上郡町特別会計農業集落排水事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第42号、平成18年度上郡町特別会計農業集落排水事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第42号は、原案のとおり可決されました。


 続いて、日程第54、議案第43号、平成18年度上郡町特別会計公共下水道事業予算の件を議題といたします。


 本案の朗読と説明が終わっておりますので、これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第43号、平成18年度上郡町特別会計公共下水道事業予算の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              全   員   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立全員であります。


 よって、議案第43号は、原案のとおり可決されました。


 本日は、これをもって休会といたします。


 なお再開は、3月28日火曜日、午前10時であります。


 どうも、ご苦労さまでした。                (14時56分)


              休           会