議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 上郡町

平成17年第6回定例会(第3日12月12日)




平成17年第6回定例会(第3日12月12日)





             上郡町議会会議録  (第3日)


 平成17年12月12日午前10時より上郡町議会会議場において平成17年第6回定


 例議会を開会した。


 
1.開会日時  平成17年12月12日  10時00分


2.出席議員は次のとおりである。


      1番  外 川 公 子      2番  橋 本 正 行


      3番  松 本 行 人      4番  大 政 正 明


      5番  由 田 五千雄      6番  藤 本 祐 規


      7番  山 本 守 一      8番  阿 部   昭


      9番  赤 松 初 夫     10番  小 寺 政 広


     11番  高 尾 勝 人     12番  沖   正 治


     13番  田 渕 重 幸     14番  村 上   昇


     16番  正 木   悟





3.欠席議員は次のとおりである。


     15番  工 藤   崇


4.本議会に出席した議会職員は次のとおりである。


   議会事務局長  安 達 良 二


5.地方自治法第121条の規定により、議長より会議事件説明のため出席を求められた


 者は次のとおりである。


   町長        安 則 眞 一  助役       前 川 清 之


   教育長       尾 上 高 徳  技監       上 林 敏 明


   教育次長      本 田 吉 住  企画管理課長   松 石 俊 介


   税務課長      寺 尾 義 照  住民課長     松 本   優


   健康福祉課長    木 本 善 典  産業振興課長   高 橋 道 夫


   農業委員会事務局長 野 村 元 政  下水道課長    大 国 安 弘


   建設課長      東 末 守 史  都市整備課長   金 持 弘 文


   管理課長      山 本 善 彦  会計課長     田 中 天 憲


   水道事業所長    岡 本   博  ピュアランド担当課長


                               桝 本 貴 幸


   企画管理課課長補佐 前 田 一 弘





6.会議事件は次のとおりである。


(1)同意第 4号 人権擁護委員の推薦につき同意を求める件


(2)議案第76号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減


          及び規約の変更の件


(3)議案第77号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の


          増減及び規約の変更の件


(4)議案第78号 兵庫県市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増減及


          び規約の変更の件


(5)議案第79号 兵庫県町土地開発公社定款の変更の件


(6)議案第80号 上郡町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定の件


(7)議案第81号 平成17年度上郡町一般会計補正予算の件


(8)議案第82号 平成17年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件


(9)議案第83号 平成17年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件


(10)議案第84号 平成17年度上郡町水道事業会計補正予算の件


(11)議案第85号 平成17年度上郡町特別会計簡易水道事業補正予算の件


(12)議案第86号 平成17年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件


(13)議案第87号 平成17年度上郡町特別会計研修センター管理運営事業補正予算の


          件





7.会議の大要は次のとおりである。





○議長(高尾勝人君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより定例会を再開いたします。


 地方自治法第121条の規定により、町長をはじめ各関係課長の出席を求めております。


 ここでご報告をいたします。


 工藤議員より、治療入院のため欠席の届けが出ております。


 それでは、直ちに本日の会議を開きます。


 日程第10、同意第4号、人権擁護委員の推薦につき同意を求める件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 ただいまの上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(安則眞一君) それでは、同意第4号の提案理由を説明申し上げます。


 本案につきましては、上郡町擁護委員会の委員の山本清美氏が平成18年3月31日付をもちまして任期満了となりますので、引き続き同氏を推薦したく提案した次第でございます。山本氏は、昭和28年3月、岡山県和気閑谷学校を卒業、連合婦人会で積極的に活動され、平成5年からは赤穂郡連合婦人会長及び兵庫県連合婦人会理事、平成7年からは兵庫県連合婦人会幹事を務められました。平成8年からは3期にわたり人権擁護委員として活躍していただいております。


 なお、同氏は、昭和9年11月24日生まれで71歳になっておられますが、現在、上郡町における人権擁護委員の代表として、龍野人権擁護委員協議会及び西播磨人権啓発活動地域ネットワーク協議会で活躍されており、また赤穂保護区更生保護助成会の一員として活躍されております。


 今回、法務大臣への推薦に当たり、女性委員の確保といったこと、また現在活発な活動をされておられ、今後も活躍が期待されることから同氏を推薦いたしたく、提案した次第でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。ご意見も伺います。質疑はありませんか。


 6番。


○6番(藤本祐規君) 町長に数点お伺いしたいんですが。この推薦される山本清美女史がどうとかということではないんですが。町長は、法務大臣に人権擁護委員を推薦されるわけですから、町長の人権に対する考え方、人権といってもいろいろ子供の人権から個人情報の保護など、さまざまな人権がございます。そこで、町長の人権に対するお考え、どういうような理念をお持ちなのか、お伺いをしたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 先ほどのご質問、人権、いろんな面でございます。子供のこと、それから障害者のこと、いろいろございます。この間も人権フェスティバルがあったわけですけども。人権、それぞれいろいろ歴史はございますけども。最終的には相手の気持ちに立って物事が考えられるかということが一番肝要なことであると、そういうことを子供も親も地域もそういうことについて啓発活動を務めて、そういう相手のことに立って物事が進められるという社会をつくるのが肝要だろうと思っております。そういうことに対しまして、それぞれの地域でいろいろ問題も発生してきます。そういう視点に立って、擁護委員といいますか、そういう方も活動していただくということで、そういう意味で、山本さんに引き続きそういう社会実現のためにお願いしたいということで推薦をさせていただきました。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) これ、ちょっと町長にお答えをいただかなくてもいいんですが、町長のお考えはそれでわかったわけですけれども。そもそもあえてお伺いしたいんですが、この人権擁護委員の仕事ですね。どういうような人権擁護委員の方は活動を、仕事をされているのか、ちょっと具体的にご説明をしていただきたいと思うんですが。町長じゃなくても結構です。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) ただいまのご質問でございますけども。人権擁護委員の先生方におかれましては、皆さん広報にも啓発をしております人権相談の窓口を年7回、ちょっと今手元に資料ないんですけども。福祉センターの方と龍野法務局等でしていただいております。それと、先ほど町長が申しました龍野人権擁護委員協議会、ここの中で各法務局でそれぞれ人権についての研修等を実施していただいております。また、西播磨人権啓発活動ネットワークと各龍野支局内の各市町のそういったフォーラムとか、研修会にも参加していただいておるといった状況です。


○議長(高尾勝人君) 6番。


○6番(藤本祐規君) 先ほど町長が人権とは、相手の立場に立って考えるというようなことを言われたわけですけども。上郡に人権擁護委員が一体何名いて、どこのだれが人権擁護委員なのかということが広く町民に知らされていないのが私は実態ではないかと思うんですね。人権擁護委員とは、わかりやすく言うと上郡町の人権に対する番人といいますか、人権侵害に対する見張り番というか、そういうことが仕事だと思うんです。しかしながら上郡町民に広く人権擁護委員がどこのだれでということが広く知られていない。これをやっぱりもっと改善というか、広く町民の方に知ってもらうように務めていただきたいと思うんですが、それに対してご答弁を。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) ただいまの各委員の紹介といいますか、周知につきましては、広報、あるいはチラシ等で法務局が出しておるもので周知はされてございます。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) 私も1点だけちょっとお聞かせ願いたいんですけども。


 今も話が出たように、山本清美さんですね、この人を云々という話ではないんですけれども。従来から本会議で前回も同じような質問をさせていただいたんですけども。こういう委員につきましては、すべての委員につきましてはやはり70を超すと新しい委員には推薦しないと。やはりあとのまた立派な方に、その人にも経験していただいて次々と2期でも3期でもできる間はやっていただくと。それが年が来ますと、また新しい人にお願いしたいと。それが1つの上郡町としても人材の育成とか、いろんな面で何も幼稚園や小学生の人材育成やない、こういうものにつきましてもそういうようなことで、人の育成ですか、そういうことになっていこうという中で、70を超しますと新しく推薦をしないというような申し合わせの中であったんですけども。それが最近そういう話が崩れてきたように思うんですけども。この申し合わせというものをどういうふうに理解しているのかなと。その点を先、理解の方だけお聞かせ願いたいと思うんですけども。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 今、沖議員が言われるように、世代を交代して新しくやっていくということについては私も異論がございませんで、そういう意味でなるべく次の世代にバトンタッチしていくということについて努めたいと思います。それで、今回の推薦に当たってもそこら辺もいろいろ検討しまして、住民課の方ともいろいろ調整をさせていただきました。そういう方向でするということについてはやぶさかではないんでございますが、今回、そういう中でそういうことに該当する人ということで、女性で何とかということで協議をした結果、今の状況で山本さんに引き続きお願いするのが一番よかろうということで、なるべく若い方という方向については、そういうふうに努めたいと思います。今回の山本さんの今までの実績等も考えて、もう少しお願いしたいということでお願いしました。長期的にはそういう面では、今、沖議員が言われるような方向で何も人権擁護委員だけではなくて、いろいろ行政の委員につきましては、いろいろな委員の方がおられますけども、そういう方向では考えていきたいと。


 したがいまして、今回はいろいろ検討した結果、70を超えておられますけども、そういうことで対応させていただきたいということでご理解をお願いしたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) 今回の場合、そんなことでこういうように名前も挙がり、またこの人がいろいろと県なり近隣で、いろいろと長年すばらしい活動をしてきたという紹介があったんですけども。それはそれとして、このものをやはりケース・バイ・ケースでそのつど考えていくのか。1つのけじめとして線を引いて考えていきたいんだと。これはどちらを選ぶかというのは大変難しい問題だろうと思うけども。やはり上郡町にも女性はいろいろと多数、老人クラブがよみ方が変わって高年クラブ、その中にも相当な女性の数も多いという中で、やはりそれぞれの方に立派な方をきちっと推薦していただき、後継者、山本先生がもしこれ途中に病気でもしたら、だれかをつくらないといけないので、後がいないからだめだ、女の人がいませんということが言えるのか、言えないのか。余り極端な話になりますけども。そういうこともあろうと思いますので。やはりこれをケース・バイ・ケースでそのつど考えていくというのか、それとも1つの線を引いて人材育成に努めていって、上郡町のますますのいろんな面での発展、そういうものを考えていくのか。そこら辺の答弁だけ明快にしていただいて、私の質問を終わりたいと思いますけど。


○議長(高尾勝人君) 町長。


○町長(安則眞一君) 今、沖議員が言われるように、明確に何が何でもと。70を超えたら適任でも難しいですよというのも1つのルールの決め方かと思います。原則的にはそういう方向では物事は考えていきたいと思います。今回、そういう意味でいいますと、そうでなかった。ケース・バイ・ケースでどうしてもという場合には、ある程度そういう方向に進めようといいながら、そうするのかということですけども。若い世代に引き継ぐということにつきましては、私も異論はございませんので、そこら辺はそこらも十分検討してやっていきたいと思いますが、なるべく若い世代に引き継ぐということにつきましては、その原則で進めていきたいと思っております。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖 正治君) そういうのはどちらにもとれるような答弁だったんですけども。やはり今回、初めてではございませんので、この点につきましては、従来からのそういう話があったと。申し合わせがあったという中で、前回にも74〜75の方がおっただろうと思いますし、これが引き続きそういうようなことがありますので、これが町長の考えとしては、その都度、その都度考えるべき事柄でもあろうというのも1つの理解もできますけども。やはり連続してこういうようなことが出てくるということは、やはりそれが余りにも町長のその都度、その都度考えていくという何事もそういう姿勢でおられるんかなということで、私はそういう方で理解させていただいて質問を終わりたいと思います。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。


 これより同意第4号、人権擁護委員の推薦につき同意を求める件を起立により採決を行います。


 本件について、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、同意第4号はこれに同意することに決しました。


 日程第11、議案第76号、兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第76号、兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第76号は原案のとおり可決されました。


 日程第12、議案第77号、兵庫県町議会議員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第77号、兵庫県町議会議員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第77号は原案のとおり可決されました。


 続いて、日程第13、議案第78号、兵庫県市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第78号 兵庫県市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第78号は原案のとおり可決されました。


 日程第14、議案第79号、兵庫県町土地開発公社定款の変更の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第79号、兵庫県町土地開発公社定款の変更の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第79号は原案のとおり可決されました。


 日程第15、議案第80号、上郡町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 住民課長。


○住民課長(松本 優君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 12番。


○12番(沖 正治君) このもの云々という話ではないんですけども。上郡竹万506番地となっておりますけども、このものについては自治会とかいろんな関係の中でどういうような扱いになってきよるのか、それがこの場で説明ができたらお願いしたいなと思うんですけども。


○議長(高尾勝人君) 住民課長。


○住民課長(松本 優君) ちょっと理解できなかったんですけども。


○議長(高尾勝人君) よろしいですか。


○12番(沖 正治君) はい。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


              な           し


○議長(高尾勝人君) ないようですから、これをもって質疑を終結いたします。


 これより議案第80号、上郡町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定の件を起立により採決を行います。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


              多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。


 よって、議案第80号は原案のとおり可決されました。


 引き続き、日程第16、議案第81号、平成17年度上郡町一般会計補正予算の件、日程第17、議案第82号、平成17年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件、日程第18、議案第83号、平成17年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件、日程第19、議案第84号、平成17年度上郡町水道事業会計補正予算の件、日程20、議案第85号、平成17年度上郡町特別会計簡易水道事業補正予算の件、日程第21、議案第86号、平成17年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件、日程第22、議案第87号、平成17年度上郡町特別会計研修センター管理運営事業補正予算の件、以上7件を一括議題といたします。


 局長をして議案の朗読をさせます。局長。


              議   案   朗   読


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。


 これより、上程予算案並びに第1表以下事項別明細書の説明を各担当課長から求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 議案説明。


○健康福祉課長(木本善典君) 議案説明。


○住民課長(松本 優君) 議案説明。


○健康福祉課長(木本善典君) 議案説明。


○建設課長(東末守史君) 議案説明。


○住民課長(松本 優君) 議案説明。


○管理課長(山本善彦君) 議案説明。


○教育次長(本田吉住君) 議案説明。


○企画管理課長(松石俊介君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) ここで暫時憩します。再開は11時15分。(11時02分)


              休           憩


○議長(高尾勝人君) 再開いたします。            (11時15分)


 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 議案説明。


○水道事業所長(岡本 博君) 議案説明。


○下水道課長(大国安弘君) 議案説明。


○ピュアランド担当課長(桝本貴幸君) 議案説明。


○議長(高尾勝人君) 議案の説明が終わりました。


 本日はこれをもって休会といたします。


 なお再開は、12月15日午前10時であります。ご苦労さまでした。


                               (11時43分)


 ここで皆様にご連絡いたします。


 本定例会において付託されました案件について、休会中に審査をお願いいたします。なお、各常任委員会の開催日が決まりましたので、お知らせいたします。13日火曜日、午前10時から、厚生経済常任委員会を第1委員会室において開催されます。委員各位の出席方よろしくお願いいたします。


 皆さんに続いてご連絡いたします。


 ただいま即刻、直ちに全員協議会を第1委員会室において開催いたします。お疲れのところ申しわけありませんが、議員各位の出席方よろしくお願いいたします。


              休           会