議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 上郡町

平成17年第5回臨時会(第1日11月29日)




平成17年第5回臨時会(第1日11月29日)





                   上郡町議会会議録








 平成17年11月29日午前10時より上郡町議会議場において平成17年第5回臨時議会を開会した。


 
1.開会日時  平成17年11月29日  10時00分


2.閉会日時  平成17年11月29日  11時15分


3.出席議員は次のとおりである。


      1番  外 川 公 子      2番  橋 本 正 行


      4番  大 政 正 明      5番  由 田 五千雄


      6番  藤 本 祐 規      7番  山 本 守 一


      8番  阿 部   昭      9番  赤 松 初 夫


     10番  小 寺 政 広     11番  高 尾 勝 人


     12番  沖   正 治     13番  田 渕 重 幸


     14番  村 上   昇     16番  正 木   悟


4.欠席議員は 次のとおりである。


      3番  松 本 行 人     15番  工 藤  崇


5.本議会に出席した議会職員は次のとおりである。


   議会事務局長  安 達 良 二


6.地方自治法第121条の規定により、議長より会議事件説明のため出席を


  求められた者は次のとおりである。


   町    長  安 則 眞 一    教育長        尾 上 高 徳


   技    監  上 林 敏 明    教育次長       本 田 吉 住


   企画管理課長  松 石 俊 介    税務課長       寺 尾 義 照


   住民課長    松 本   優    健康福祉課長     木 本 善 典


   産業振興課長  高 橋 道 夫    農業委員会事務局長  野 村 元 政


   下水道課長   大 国 安 弘    建設課長       東 末 守 史


   都市整備課長  金 持 弘 文    管理課長       山 本 善 彦


   会計課長    田 中 天 憲    ピュアランド担当課長 桝 本 貴 幸


   水道事業所長  岡 本   博    企画管理課課長補佐  前 田 一 弘


7.会議事件は次のとおりである。


   議会運営委員長報告


 1 会議録署名議員の指名


 2 会期決定の件


 3 町長挨拶(提出案件に対する説明)


 4 議案第68号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件


 5 議案第69号 平成17年度上郡町一般会計補正予算の件


 6 議案第70号 平成17年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件


 7 議案第71号 平成17年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件


 8 議案第72号 平成17年度上郡町水道事業会計補正予算の件


 9 議案第73号 平成17年度上郡町特別会計農業集落排水事業補正予算の件


 10 議案第74号 平成17年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件


 11 議案第75号 平成17年度上郡町特別会計研修センター管理運営事業補正予算の件


8.会議の大要は次のとおりである。


○議長(高尾勝人君) みなさんおはようございます。開会に先立ち一言ご挨拶を申し上げます。


 朝夕がめっきり寒くなり山々の紅葉も色鮮やかとなってまいりました。今年も残すところ一ヶ月余りとなり大変慌しくなってまいりましたが、議員の皆様におかれましては、本日ここに平成17年第5回上郡町議会臨時議会を開催致しましたところ、ご多用の中ご出席を賜りまして誠にありがとうございます。


 本日の臨時議会に提出されます案件といたしましては、条例の一部改正1件、補正予算7件の計8件であります。いずれの議案に致しましても重要な案件でありますので、十分にご審議を賜り適切妥当なるご決定を賜りますようお願い申し上げまして開会のご挨拶といたします。


 ただいまから先例により議会運営委員長から平成17年第5回上郡町議会臨時会の議会運営について報告をしていただきます。


 村上委員長。


○議会運営委員長(村上昇君) 議会運営委員会の報告をさせていただきます。日時につきましては、平成17年11月22日火曜日、午前10時から。場所につきましては、第一委員会室。出席者につきましては、私村上昇、沖正治、大政正明、由田五千雄、田渕重幸、正木悟、議長である高尾勝人。欠席者はなしでございます。次に説明のために出席した者の職氏名でございますが、安則町長、松石企画管理課長でございます。協議案件につきましては、平成17年第5回臨時議会の議会運営についてでございます。安則町長から挨拶を受け、続いて松石企画管理課長から平成17年第5回臨時議会に提出される案件と内容について説明を受けました。今期臨時議会に提出されます案件と致しましては、条例の一部改正1件、補正予算7件の計8件であります。なお本案件は、人事院勧告による給与改定に伴い町村会の指導により行うものとして提案させていただきます。


 次に会期については、本日11月29日火曜日の一日間と決めさせていただきました。


 次に議事日程については、各議員のお手元に配布しております議事日程表のとおりでありまして、議事日程終了しだい閉会することにいたしました。なお、議案の取扱いについてでありますが、即決といたします。


 以上報告いたします。よろしくお願いします。


○議長(高尾勝人君) 議会運営委員長の報告が終わりました。


 開会致します。


 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますのでこれより第5回上郡町議会臨時議会を開会致します。地方自治法第121条の規定により町長をはじめ各関係課長の出席を求めております。


 ここでご報告いたします。前川助役より公務のため欠席の届けが出ております。松本行人議員より所用のため欠席の届けが出ています。工藤崇議員より病気入院のため欠席の届けが出ております。


 これより本日の会議を開きますが、その前に昨日11月28日に提出議案修正が議会運営委員会開催後にもかかわらず3課にわたりなされているようでありますが、この件につきまして議長として誠に遺憾に思っています。余りにも軽率であり慎重さに欠ける議案作成業務であろうと。また修正処置についても議会軽視と言わざるを得ない。この件について町長並びに担当課長の修正内容並びに原因、そしてさらに今後の対策について所見を求めることとします。


 町長。


○町長(安則眞一君) 平成17年11月臨時議会の議案修正等につきまして一言お詫びを申し上げたいと思います。このたび、臨時議会提出案件の議案につきまして配付させていただきました後訂正箇所が複数件見つかりまして、これの訂正に当たりましては機能的にすみやかに行わなければならないところ、複数の担当課から訂正するなど大変ご迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げたいと思います。文章や計数などにあってはならないミスとなってしまったことに対しまして、深く反省して今後はより慎重な議案作成をしてまいる所存でございます。申し訳なく思っております。その経過、内容につきまして担当課から説明をさせていただきたいと思いますのでご了解いただきたいと思います。


○議長(高尾勝人君) 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 大変ご迷惑をおかけしております。当課から提出しております案件の議案のまず条例の改正のところでございます。68号の4ページを修正をしております。修正箇所をまず申し上げますと、4ページの附則第5項の最初の行の右端になりますが条例番号、張り替えたあとが22条となってございます。そしてそれから3行目に左から「第5項の5」、その後「または第26条の26」、そして後半の「及び第7項の7」、そして下から3行目に左端にあります「13条の13」、そして5ページになりますが第6項のところの3行目中ほど「第22条の22」。この6箇所の訂正をさせていただきました。この原因でありますけれども、この給与条例については町村会準則により条例改正を行ってございます。町村会準則によります条例番号あるいは項番号をそのまま使用しておりまして、町の条例との条例番号が異なっておるところがあります。それを確認もせずにそのまま使っておったということで、大変ご迷惑をおかけしました。併せて議案をまとめる担当課として非常に責任を感じております。そして今後はそういうことのないように慎重に取り扱っていきたいと思っております。大変ご迷惑をおかけしました。


○議長(高尾勝人君) 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本博君) このたびは水道事業所の議案の更正ということで大変申し訳ございませんでした。水道事業所の訂正箇所でございますが事項別明細書になります。事項別明細書の3ページ資本的支出になってございます。資本的支出のうち1目の拡張費、2目の改良費がございますが、それぞれ補正前の額、それから補正後の額が違っております。まず1目の拡張費でございますが補正前の額が489,723,000円、補正後の計でございますが488,241,000円に訂正させていただいております。それから2目の改良費264,788,000円、補正後の計が254,931,000円にそれぞれ更正させていただいております。それから前へ戻っていただきまして、平成17年度上郡町水道事業会計補正予算実施計画の2ページになってございすが、その下段、資本的支出の表でございますが同じく拡張費の既決予定額489,723,000円、合計の488,241,000円。改良費の264,788,000円、合計の254,931,000円。この額をそれぞれ更正させていただいております。この原因といたしましては、事項別明細書の作成時に表計算ソフトで自動計算をさせておるんですが、その補正前の額を引っ張ってくる時に入力ミスという単純なミスでございます。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、今後このようなことのないように気をつけますのでよろしくお願いしたいと思います。どうもすみませんでした。


○議長(高尾勝人君) 下水道課長。


○下水道課長(大国安弘君) 公共下水道事業の補正予算の事項別明細におきまして下水道整備事業費におきまして、入力におきましてその他のところへ金額を入れたもので、それにつきまして自動計算をしましたところミスがおきました。以後このようなことのおきないように慎重に議案の作成にあたらせていただき、このようなことのないようにしますのでどうもすみませんでした。


○議長(高尾勝人君) 町長の所見と担当課長の説明を終わります。


 それではこれより本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は会議規則第120条の規定により議長から指名致します。議席16番正木悟議員と、議席1番外川公子議員の両君に指名致します。


 日程第2、会期決定の件を議題と致します。


 お諮り致します。会議規則第5条の規定に基づき本臨時議会の会期は本日11月29日の一日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             異   議   な   し


○議長(高尾勝人君) ご異議なしと認めます。よって、本臨時議会の会期は議会運営委員長の報告のとおり本日一日間と決しました。


 日程第3、町長の挨拶と提出案件に対する説明をお願いします。


 安則町長。


○町長(安則眞一君) 平成17年11月臨時議会の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。11月も下旬となり、霜月の名のとおり朝夕の冷え込みも厳しくなり初霜の便りも聞かれる今日この頃でございます。議員の皆様方におかれましては大変ご多忙の中をご出席賜り厚くお礼申し上げます。


 それでは、本日提出しております案件につきましてご説明を申し上げます。まず、議案第68号につきましては本年の人事院勧告による国家公務員の給与改定に伴い町村会準則に基づいて職員の給与に関する条例の一部を改正するものでございまして、12月1日からの施行をお願いするものでございます。次に議案第69号から議案第75号は平成17年度一般会計並びに特別会計の国民健康保険事業、介護保険事業、水道事業、農業集落排水事業、公共下水道事業、研修センター管理運営事業の補正予算でございます。今回の補正予算は、おもにこの度の条例改正及び人事異動等に伴う人件費の補正予算でございまして、一般会計につきましては議員報酬の減額改定に伴います歳出減も含めた補正でございまして、補正前、補正後の総額の変更はございません。次に特別会計につきましても、おもにこの度の条例改正並びに人事異動等に伴う人件費の補正予算でございまして、特別会計国民健康保険事業につきましては、事業勘定では5,118,000円を追加し補正後の総額を1,557,082,000円とし、直診勘定では14,933,000円を減額し補正後の総額を56,749,000円とし、次に特別会計介護保険事業につきましては、1,646,000円を減額し補正後の総額を1,088,260,000円とし、次に水道事業会計におきましても同じく人件費減に伴う減額補正でございます。次に特別会計農業集落排水事業につきましては、3,363,000円を追加し補正後の総額を251,965,000円とし、特別会計公共下水道事業につきましては、404,000円を減額し補正後の総額を926,517,000円とし、次に特別会計研修センター管理運営事業につきましては、指定管理者制度導入に伴う人件費の減による補正も含めまして10,200,000円を減額し補正後の総額を166,820,000円とするものでございます。以上、条例改正1件、平成17年度補正予算7件、合計8件の案件を提出させていただいております。どうかよろしくご審議の上、適切なるご決定をお願い申し上げ、ご挨拶と提案理由の説明と致します。どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(高尾勝人君) 町長の挨拶と提出案件に対する説明が終わりました。


 日程第4、議案第68号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますのでこれをもって質疑を終結致します。これより議案第68号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって、議案第68号は原案のとおり可決されました。


 日程第5、議案第69号平成17年度上郡町一般会計補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) 提案理由説明。


○税務課長(寺尾義照君) 提案理由説明。


○住民課長(松本優君) 提案理由説明。


○健康福祉課長(木本善典君) 提案理由説明。


○住民課長(松本優君) 提案理由説明。


○農業委員会事務局長(野村元政君) 提案理由説明。


○産業振興課長(高橋道夫君) 提案理由説明。


○建設課長(東末守史君) 提案理由説明。


○都市整備課長(金持弘文君) 提案理由説明。


○住民課長(松本優君) 提案理由説明。


○管理課長(山本善彦君) 提案理由説明。


○教育次長(本田吉住君) 提案理由説明。


○企画管理課長(松石俊介君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 12番。


○12番(沖正治君) 私のこれ理解が足らないのだと思うのですが、これだけちょっとここで聞いておきたいと思うんですけれども、5ページと7ページの表がありますね。その中で中段のところに職員数の異動状況という欄で、補正後171、補正前169。この数字と、次のページの昇給期間短縮というところの補正後と補正前の表が出ているのだけど、この分について170と168という数字が1名違う。この分の1名の差はどこで出てくるのか。


○議長(高尾勝人君) 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) お尋ねの給与費明細書の5ページの補正後の数字171人中には教育長の数字が含まれております。7ページの職員に係る昇給期間短縮の人数補正後170には教育長を含まないという統一の様式になっておりまして、その差でございます。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。14番。


○14番(村上昇君) 1点だけお尋ねをしたいんですが、この給料改正によりまして、5%減額、期末手当は0.05上げるとこういうようなことなんですが、大体どの位の金額が減額されるかそれだけ1点お聞きしたい。


○議長(高尾勝人君) 企画管理課長。


○企画管理課長(松石俊介君) この度の先ほど可決いただきました条例改正によりましての影響額を試算しますと、一般会計ベースでいきますと合計額としては全体で554,000円のマイナスという効果額になっております。内訳としまして給料として704,000円の減、管理職手当が16,000円の減、調整手当が46,000円の減、扶養手当が81,000円の減、期末勤勉は0.05月数引き上げになりますので293,000円の増。これの合計をしますと554,000円の減額ということでございます。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますから、これをもって質疑を終結致します。これより討論を行います。まず本案に対する反対討論の発言を許します。


             な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


             な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終結致します。これより議案第69号平成17年度上郡町一般会計補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第69号は原案のとおり可決されました。


 日程第6、議案第70号平成17年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますからこれをもって質疑を終結致します。これより議案第70号平成17年度上郡町特別会計国民健康保険事業補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第70号は原案のとおり可決されました。


 続いて日程第7、議案第71号平成17年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 健康福祉課長。


○健康福祉課長(木本善典君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますのでこれをもって質疑を終結致します。これより議案第71号平成17年度上郡町特別会計介護保険事業補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第71号は原案のとおり可決されました。


 日程第8、議案第72号平成17年度上郡町水道事業会計補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 水道事業所長。


○水道事業所長(岡本博君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質議に入ります。質疑はありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますからこれをもって質疑を終結致します。これより議案第72号平成17年度上郡町水道事業会計補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第72号は原案のとおり可決されました。


 日程第9、議案第73号平成17年度上郡町特別会計農業集落排水事業補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 下水道課長。


○下水道課長(大国安弘君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますからこれをもって質疑を終結致します。これより議案第73号平成17年度上郡町特別会計農業集落排水事業補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


            多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第73号は原案のとおり可決されました。


 日程第10、議案第74号平成17年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(安達良二君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 下水道課長。


○下水道課長(大国安弘君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようでありますからこれをもって質疑を終結致します。これより議案第74号平成17年度上郡町特別会計公共下水道事業補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第74号は原案のとおり可決されました。


 日程第11、議案第75号平成17年度上郡町特別会計研修センター管理運営事業補正予算の件を議題と致します。


 局長をして議案の朗読をさせます。


 局長。


○局長(高尾勝人君) 議案朗読。


○議長(高尾勝人君) 議案の朗読が終わりました。これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 ピュアランド支配人。


○ピュアランド支配人(桝本貴幸君) 提案理由説明。


○議長(高尾勝人君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 12番。


○12番(沖正治君) ちょっとこれから外れるかもわかりませんが、税収の問題をちょっと。賄料とかいろんなことで組み替えとかいろんなことをやっているという中で、お聞きしたいんですが、上郡町においてもやっぱり商工会の中で地元業者育成ということで補助金も出しております。そういう中で今度のピュアランドの場合にはいろいろと地元育成という中で町の方もやっておったと思うんですけれども、今度本社がグルメさんになった時にこの分の地元業者育成の観点からいうと仕入れ業者はどんな形になってきているのかと。それに伴いまして地元業者からやはり仕入れしていくと所得税というんですか、また税務の方にお聞きしたいと思うんですけれども、いま現在どういうような形の中で、12月の定例会でと思ったんですけれどもそれを過ぎるとほとんど確定した段階になると思うので、ちょっとこの段階で申し訳ないんですけど地元業者育成の観点からどういうような方法で今現在調整がついているのか、その辺をお聞きしたいと思うんです。


○議長(高尾勝人君) ピュアランド支配人。


○ピュアランド支配人(桝本貴幸君) 現在、ピュアランド、町といたしまして取引しておりますそれぞれの業者につきましては、全て指定管理者の杵屋さんに業者名等を打ち明け致しまして杵屋さんの方で全て呼ばれまして見積り等をとられました。その中で杵屋さんの考えておられる他社との見積りの中で金額的に折り合いがつけばできるだけ町内の業者の方で引き続きお願いするということで、当然私ども町の方もお願いしておりましたのでそのようにしております。結果的にそれを最終まとめたものをまだお聞きしていないんですけど、ちょっと間違ったことを言いましたらあれなんですが、今お聞きしておりますのが引き続いて購入することが決まっておる業者につきましては、お米、野菜、お土産関係とか他社から入れておりましたそれはよそになりました。町内の特産物的なもの、いわゆるJAさんの方から入れていただいております円心せんべいとかそういった諸々の物につきましては全て町内の特産関係ということで引き続き商品を入れるということに聞いております。それから魚も現在と同じだと聞いております。お酒はやはりよその方が安かったということで、町内以外の杵屋さんとの取引の業者の方で入れるというふうにお聞きしております。大体以上です。細かい仕入れ材料等がございますのでたくさんの項目、品目があります中で、先ほど申しましたように町といたしましてできるだけ引き続いてということをお願いしておりましたので、全て業者さんの方には連絡を入れまして面接日を設けましてピュアランドの中で面接入札等を行った結果というふうに聞いております。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖正治君) いま説明を聞いてそういうことだろうと。いずれにしても運営については杵屋さんということで、杵屋さんの都合でいろいろとそういう形になってくるのは当然だろうと思うんですけど、この点について税務課長、グルメ杵屋さんになって町の税収はどうなるのかな。


○議長(高尾勝人君) 税務課長。


○税務課長(寺尾義照君) 基本的には法人税になろうかと思いますけれども、例えば内部の大型器具を改修とかした場合におきまして、ほとんど町の方が介入する形になってございますが償却資産等が発生するようなことがございましたらそちらの方の税金を頂きます。


○議長(高尾勝人君) 12番。


○12番(沖正治君) 杵屋さんの収益、それがあがった場合の税収と、地元業者から仕入れすると地元業者の税収そのものは町に入ってきていたわけや。今度は杵屋さんがやった時には税収は入ってきませんな、杵屋さんの本社が大阪やから。全て、ゴルフ場と一緒でなにがあるところによって税収だから、当然杵屋さんの場合には本社が大阪になるわけや、税収全てのものが。地元業者で買うと当然地元業者が収益になるので、上郡町の業者であれば上郡町の税収に入って跳ね返ってくると。これひとつの流れなので、その辺の観点がやはり当初そういう話の中でできるだけ地元業者の方にお願いしたいという話もあったので、できるだけそういう方向で今の間にきちっと。JRの話じゃないけど、杵屋さんの本社が大阪だから杵屋さんの都合で考えるべきだと思うけれども、やはりそこで管理料とか支払った中での指定管理者になっておるのでその点も考えていただきたいなと。またほかにもありますけどこれはまた12月の議会で。ただ期間的に12月入るとその辺のことが確定した後での話になろうと思いますので、ここであえてちょっと発言をさせていただいたり質問もした。税収ということも最終的には考えてもらわないと、財政が大変という中で一円でも上郡町に税収が落ちるような方法をとっていただきたいなと。せめてピュアランドというものは町民の意向によって建てたものが税収までがよそへいってしまうということになると、大変残念やと思うので、細かい話になりますけどその辺もきちっとできるだけピュアランドを活用していただいて町民にも利用していただいて税収が上郡町に落ちると、賄料についても杵屋さんに仕入れしていただくと上郡の税収に入ると。その辺まで考えていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。


○議長(高尾勝人君) ほかにありませんか。


             な           し


○議長(高尾勝人君) ないようですのでこれをもって質疑を終結します。


 これより討論を行います。まず本案に対する反対討論の発言を許します。


             な           し


○議長(高尾勝人君) 反対討論なしと認めます。次に本案に対する賛成討論の発言を許します。


             な           し


○議長(高尾勝人君) 賛成討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。これより議案第75号平成17年度上郡町特別会計研修センター管理運営事業補正予算の件を起立により採決を行います。本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


             多   数   起   立


○議長(高尾勝人君) 起立多数であります。よって議案第75号は原案のとおり可決されました。


 お諮り致します。以上をもって今期臨時議会の会議に付議されました案件は全て議了致しました。よって、会議規則第7条の規定によりこれをもって閉会と致したいと思います。これにご異議ありませんか。


             異   議   な   し


○議長(高尾勝人君) ご異議なしと認めます。よって今期臨時議会は閉会することと決しました。以上をもって本日の会議を閉じます。


 ここで町長から閉会にあたりご挨拶の申し出がありますので許可致します。


 安則町長。


○町長(安則眞一君) 11月臨時議会の閉会にあたりまして議員の皆様方に一言ご挨拶を申し上げます。条例改正及び平成17年度補正予算の議案8件につきましてご審議を賜りすべて原案どおりご可決いただきまして誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。さて、いよいよピュアランド山の里の指定管理者制度導入も目の前に迫り行政改革への取り組みも新たな一歩を踏み出そうとしております。しかし、当町の財政状況は非常に厳しく行財政組織等審議会等におきましても活発な議論を頂いておりますが、町の行政改革大綱の策定に向けて全力を上げて取り組んでいき、かつしっかりと実施していきたいと考えております。どうぞ今後とも議員の皆様方の全面的なご協力をお願い申し上げまして簡単ではございますが閉会のご挨拶といたします。本日は本当にありがとうございました。


○議長(高尾勝人君) 以上をもって平成17年第5回上郡町議会臨時議会を閉会致します。どうもご苦労様でした。


                                (11時15分)


             閉          会








 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





   平成17年  月  日








            上郡町議会議長  高 尾 勝 人





            会議録署名議員  正 木   悟





            会議録署名議員  外 川 公 子