議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成29年第5回定例会(第1日12月 5日)




平成29年第5回定例会(第1日12月 5日)





   平成29年第5回(第470回)市川町議会(定例会)会議録(第1日)





 
 平成29年12月5日、平成29年第5回(第470回)市川町議会定例会は市川町役場に招集された。





〇応招(出席)議員   11人 


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 堀 田 佐 市 │    │ 7  │         │ 欠員 │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 重 里 英 昭 │    │ 8  │ 中 岡 輝 昭 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 本 間 信 夫 │    │ 9  │ 内 藤   亘 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 長 尾 克 洋 │    │ 10  │ ? 橋 昭 二 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 正 木 幸 重 │    │ 11  │ 中 野 史 子 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 山 本 芳 樹 │    │ 12  │ 津 田 義 和 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────┘


〇不応招(欠席)議員


        な し





〇議事に関係した事務局職員


  局長      岡 本 勝 行      主査      柴 田 裕 也


                       主事      後 田 かおる





〇会議に出席した職員及び委員


  町長      岩 見 武 三      町参事     尾 花 哲 也


  副町長     藤 原   茂      建設課長    仲 井 正 昭


  総務課長    竹 内 勝 史      地域振興課長  広 畑 一 浩


  住民税務課長  後 藤 範 一      水道局長    平 井 康 行


  住民税務課参事 坂 本 和 昭      教育長     山 下 茂 樹


  健康福祉課長  内 藤 克 則      教育課長    原 田 和 幸


  会計管理者兼出納室長


          平 井 真由美





議 事 日 程





日程第1.


  会議録署名議員の指名


日程第2.


  会期の決定


日程第3.


  議案第43号ないし第55号


 〔一括上程提案説明〕


日程第4.


  議案第56号 市川町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて


 〔提案説明・質疑・討論・採決〕





      午前9時30分開会


○議長(津田 義和君)


 皆さん、おはようございます。


 開会に先立ち、去る11月26日に逝去されました石川登議員の御冥福を祈り、1分間の黙祷をささげたいと思います。


 皆さん、御起立をお願いいたします。


 黙祷。


        〔全員黙祷〕


 お直りください。御協力ありがとうございました。


 開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 師走に入り慌ただしさを感じるとともに日ごとに寒さを増し、冬の訪れを実感する季節になってまいりました。


 議員各位におかれましては極めて御健勝にて御参集賜り、本日ここに第5回市川町議会定例会を開会できますことは、町政発展のためまことに御同慶にたえません。


 さて、今期定例会は条例の制定、改正、平成29年度補正予算、そして本日即決案件となっております、市川町固定資産評価審査委員の選任につき同意を求めることについてなど、重要案件を御審議願うこととなっております。


 議員各位におかれましては、年末を控え殊のほか御多忙とは存じますが、格段の御精励を賜り、住民福祉向上のため十分なる御議論の上、適切妥当な結論が得られるようお願いを申し上げまして開会の挨拶といたします。


 ここで、町長より挨拶があります。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 おはようございます。


 本日、平成29年第5回市川町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私御繁忙の中、御参集いただきありがとうございます。


 11月26日に御逝去されました石川議員に対し謹んで哀悼の意を表し、御冥福をお祈りいたします。


 それでは、前回定例会以降の町の主な動きをお知らせをいたします。


 まず、9月30日、「豊穣の国・はりま」大物産展、銀の馬車道フォーラム、全国一斉日本酒で乾杯セレモニーが姫路市内で行われました。


 10月1日、中播広域シルバー人材センター20周年記念式典が開催されました。


 4日、100歳慶祝訪問をいたしました。


 6日、ポートタウンゼント市からの訪問団の歓迎会を開催をいたしました。


 12日、老人クラブ連合会グラウンドゴルフ大会が開催をされました。


 14日、つるい元気農園収穫祭が開催をされました。


 同日、地域安全郡民大会が市川町文化センターで開催をされました。


 27日、神崎郡議会議長会研修会が市川町保健福祉センターで開催されました。


 28日、ゆうあい運動会が開催されました。


 29日、婚活事業を開催をいたしました。男女10組の参加があり、3組のペアが誕生いたしております。


 31日、姫路少年刑務所教誨事業後援会理事会が姫路少年刑務所で開催をされました。


 11月に入りまして3日、市川町文化協会芸能発表会が開催をされました。


 5日、鶴居地区防災力強化訓練を実施をいたしました。


 同日、中播磨地域夢会議が姫路市で開催をされました。


 6日、西播磨市町長会県知事要望会が開催をされました。


 11日、人権文化実践発表会を鶴居中学校で開催をいたしました。


 12日、市川商工祭が開催をされました。


 18日、子ども広場を開催をいたしました。


 19日、リフレッシュパーク市川において秋の収穫祭を開催をいたしました。700名を超す来場者がありました。


 21日から22日にかけて、市川町区長会研修旅行に同行いたしました。


 24日、中播磨地域づくり懇話会が姫路総合庁舎で開催をされました。


 26日、兵庫西農協市川支店ふれあいフェスタが開催をされました。


 28日、住宅金融支援機構と協定の締結を行いました。


 29日、市川高校、上垣光さんがドバイで開催されるアジアユースパラ競技大会水泳競技に日本代表で出場が決定をし、その激励会を開催をいたしました。


 29日、全国町村長大会が東京で開催されました。


 12月に入り、2日から3日にかけて東京で町イチ!村イチ!が開催され、本町から特産品を出展し、町のPRを行いました。


 4日、元市川町議会議員、大北勝氏が高齢者叙勲を受章され、その伝達式が町長室で行われました。


 以上が前回の定例会以降の町の主な動きでございます。


 さて、本年も余すところわずかとなってまいりました。本年は8月18日未明からの集中豪雨で甚大な被害をこうむり、また9月においては台風の襲来による被害があるなど、夏から秋にかけて大変な年でありました。ただいま被害箇所の早急な復旧に取り組んでおるところでございます。


 また、平成30年度予算編成におきましては引き続き行財政改革に取り組む一方、まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本施策に沿った事業を重点的施策として優先的に予算配分を行い、住民のきずなを大切に元気で輝き誇れるまちづくりに取り組んでまいりたいと考えております。


 本日提案させていただく議案につきましては、慎重に御審議くださいますようお願い申し上げますとともに、今後とも議員各位の御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして開会に当たっての挨拶とさせていただきます。


○議長(津田 義和君)


 町長の挨拶は終わりました。


 ただいまの出席議員は11人で定足数に達しておりますので、平成29年第5回市川町議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告申し上げます。


 本日提案されます議案は、議案表のとおり議案第43号、市川町行政組織条例の制定についてほか全14件であります。


 地方自治法第121条第1項の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 本日の議事日程並びに今期定例会の運営については、11月28日に議会運営委員会を開催しました結果、御案内のとおりであります。御協力のほど、よろしくお願いいたします。


 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 会議録署名議員の指名については、会議規則第127条の規定により、5番、正木幸重君、6番、山本芳樹君、以上両君にお願いいたします。





◎日程第2.





 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、本日より12月22日までの18日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、今期定例会の会期は、12月22日までの18日間と決定しました。





◎日程第3.





 議案第43号ないし第55号を一括議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 平成29年第5回市川町議会定例会に提案をさせていただきます議案は、議案第43号、市川町行政組織条例の制定についてほか12件であります。


 詳細につきましてはそれぞれ担当より説明をいたしますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(津田 義和君)


 総務課長、竹内君。


○(総務課長)


 おはようございます。


 それでは、議案第43号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第43号 朗読〕


 次のページをごらんください。概要説明です。


 本条例は、限られた財源と人材の中で住民ニーズに的確に対応した質の高い町行政を展開し、市川町総合計画及び市川町まち・ひと・しごと創生総合戦略に掲げている本町の重要施策の着実な推進に対応できる組織とするため、行政組織機構を見直すものです。


 内容については以下のとおりです。


 第1条は、町長の権限に属する課の設置規定です。各課の事務執行体制をより効果的にさせるため、現在の総務課を総務課と企画政策課、住民税務課を税務課と住民環境課、建設課を建設課と下水道課に分課させ、5課から8課に増設します。


 総務課におきましては、総務係、企画調整係、危機管理係、財政係及び契約管財係の5係で組織されており、業務が広範多岐にわたり必要かつ十分な事務効率性の確保が困難な状況にあるため、総務課から町政の総合企画調整等に関する事務を独立させ、政策立案の充実、強化等を図り、本町の実情に即しながら柔軟で戦略的なまちづくりを継続的に実施していけるよう企画政策課を設置します。


 住民税務課は、税務課と住民環境課に分課することにより住民環境課において今後本格化するごみ処理場整備事業への対応を強化し、また空き家、空き地の適正な管理をさらに推進し、安全面や景観にかかわる問題にも対応していきます。


 建設課におきましては、最重要施策の一つである下水道事業に関する事務を下水道課として建設課から独立させることにより、将来的な人口減少を踏まえた新たな生活排水処理計画に基づく適切な生活排水施設整備を計画的に実施し、町内全域の快適な生活環境の早期改善に向けて取り組んでいきます。


 第2条は、それぞれの課の主な分掌事務を規定しています。


 次のページをお願いします。


 企画政策課に土地利用の推進に関する事務を新たに加え、住みよい定住できるまちづくりを目指し、土地の利活用施策の推進体制を強化します。


 その他の分掌事務は、機構を見直すことにより効率的な事務処理や意思決定の迅速化によるさらなる行政サービスの向上を目指し、それぞれ新しい組織に振り分けています。


 附則は施行期日で、平成30年4月1日から施行します。


 済みません、1カ所訂正をお願いします。


 1ページめくっていただいて、概要説明の上から4行目でございます。3行目から「組織とするめ」になっているんですが、ここに「た」を入れていただきますようお願いします。訂正させていただきます。よろしくお願いします。済みませんでした。


 以上、御審議のほどよろしくお願いします。


 失礼しました。続きまして、議案第44号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第44号 朗読〕


 以下は省略をさせていただきまして、概要説明により説明をいたします。次のページをめくっていただきたいと思います。


 概要説明です。本条例は、雇用保険法等の一部を改正する法律(平成29年法律第14号)により、育児休業、介護休業等育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成3年法律第76号)及び地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)が改正されたこと等に伴い改正するものです。


 現在、非常勤職員の育児休業の承認は、原則として養育する子が1歳に到達するまでとし、例外として保育所に申し込みをしていても入所ができない場合は1歳6カ月までの延長が認められていますが、一般的な保育所入所の年度初めまでの間に育児休業期間が終了する場合があり、保育所に入れない等の理由でやむなく離職するなど雇用の継続に支障が出る事態を防ぐため、さらに6カ月延長できるよう改正するものです。


 第2条第3号及び第2条の3は、規定を加えることに伴う字句の整理です。


 第2条の4は、養育する子が2歳に達するまで育児休業を延長することができる規定を加えるものです。


 また、規定を加えたことにより第2条の4を第2条の5に繰り下げています。


 第3条第7号は、規定を加えることに伴う字句の整理です。


 附則第4項から第7項までは、市川町職員の給与に関する条例(昭和42年条例第11号)附則第20項の規定により、平成30年3月31日まで給与が減ぜられて支給される55歳を超える特定の職員の育児短時間勤務職員等に関する給与条例の特例で、減額支給の据置期間が終了するため規定を削除するものです。


 済みません、訂正をお願いします。1つ上の行の段です。下から3行目です。減額支給の措置期間が終了するため規定を削除するものです。済みませんでした。


 附則は施行期日で、公布の日から施行します。ただし、附則第4項から第7項までを削る改正規定は、平成30年4月1日から施行します。


 次のページをごらんいただきたいと思います。


 市川町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーライン部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 3ページめくっていただきますようお願いします。続きまして、議案第45号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第45号 朗読〕


 以下は省略をさせていただきまして、概要説明にて説明をいたします。


 2ページめくっていただいて、概要説明をお願いいたします。


 概要説明です。本条例は、平成29年8月の人事院勧告による国家公務員の月例給及び勤勉手当の引き上げ等が国において閣議決定されたことに伴い、特別職及び議会議員の期末手当を改正するとともに、町長、副町長及び教育長の給料月額において来年度も引き続き減額を実施するため改正するものです。


 第1条及び第2条の規定は、市川町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の改正です。


 第1条の規定は、平成29年12月の特別職の期末手当を同年6月分を含め0.1月分、在職期間が基準日以前6カ月未満の特別職においては、在職期間に応じて引き上げています。


 第2条の規定は、第1条の規定において平成29年6月分を含め12月で0.1月分引き上げた期末手当を平成30年度以降は6月と12月に均等に配分して引き上げるため改正するものです。


 また、第2条の規定の附則第40項から第42項までは町長、副町長及び教育長における平成30年度の給料月額の特例で、平成30年度においても引き続き給料月額からそれぞれ10%減額するため改正するもので、附則第40項において町長の給料月額を7万4,700円、附則第41項において副町長の給料月額を6万3,650円、附則第42項において教育長の給料月額を5万8,900円減額しています。


 第3条及び第4条の規定は、市川町議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の改正で、特別職と同様、第3条の規定において平成29年12月の議員の期末手当を同年6月分を含め0.1月分引き上げ、第4条の規定において12月で0.1月分引き上げた期末手当を平成30年度以降は6月と12月に均等に配分して引き上げるため改正するものです。


 附則は施行期日で、公布の日から施行し、平成29年4月1日から適用します。ただし、第2条及び第4条の規定は、平成30年4月1日から施行します。


 次のページをごらんいただきたいと思います。


 次のページは第1条関係で、市川町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 その次のページは第2条関係で、同じく市川町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページは第3条関係で、市川町議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 その下は第4条関係で、同じく市川町議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページをごらんいただきたいと思います。引き続きまして、議案第46号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第46号 朗読〕


 以下省略をさせていただきまして、概要説明にて説明をいたします。3枚めくっていただいて、概要説明をお願いいたします。


 概要説明です。本条例は、平成29年8月8日の人事院勧告に基づき、同年11月17日、地方公務員の給与改定等に関する取り扱いについて閣議決定されたことに伴い改正するものです。


 第1条の規定による改正は、手当の種類、勤勉手当、給料表等の改正です。


 第5条は給与の種類の規定で、本年7月から宿直業務を委託したため、給与の種類として定めている宿日直手当を日直手当に改めるものです。


 第8条の3は引用字句の整理です。


 第19条は宿日直手当の規定で、第5条と同様、宿直業務を委託したため宿日直手当から宿直に関する規定を削るものです。


 第23条は勤勉手当の規定で、平成29年12月の勤勉手当として同年6月分を含め12月に0.1月分引き上げる改正です。また、別表第1の給料表の改正においては、民間給与との比較により初任給を初め若年層を中心に平均0.2%引き上げています。


 第2条の規定による第22条の改正及び附則第20項から第23項までを削る改正は、55歳を超える特定の職員に対する給与の減額支給の措置期間が終了するため、関係する規定を削除し字句を整理するものです。また、同条の規定による第23条の勤勉手当の改正は、第1条の規定により平成29年6月分を含め12月で0.1月分引き上げた勤勉手当を、平成30年度以降は6月と12月に均等に配分して引き上げるため改正するものです。


 附則第1条は施行期日で、公布の日から施行します。


 附則第2条は、給与の内払いについて規定しています。


 附則第3条は、規則への委任について規定しています。


 附則第4条は、市川町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正で、55歳を超える特定の職員に対する給与の減額支給の措置期間が終了するため、関係する規定を削除するものです。


 1ページめくっていただきたいと思います。第1条関係で、市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 1ページめくっていただいて、第2条関係の市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。


 3ページめくっていただきたいと思います。附則第4条関係で、市川町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案になっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。


 また、1ページめくっていただきますと、参考資料として行政職給料の比較表をつけております。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いします。


○議長(津田 義和君)


 建設課長、仲井君。


○(建設課長)


 おはようございます。


 それでは、議案第47号を提案し説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第47号 朗読〕


 次のページをお願いします。概要説明。本条例は、農地の集積・集約化の促進、防災・減災対策の強化等を図る土地改良制度の見直しのため、土地改良法(昭和24年法律第195号。以下「法」という。)の一部が改正され、平成29年9月25日から施行されたことに伴い改正するものです。


 第4条の分担金の額についての規定及び第6条の急施の場合の特例についての規定において引用する法の条項が改正されたため、字句を改めています。


 附則は施行期日で、公布の日から施行し、平成29年9月25日から適用します。


 次のページをお願いします。次ページ以降が新旧対照表となります。左側が現行で右が改正案となり、アンダーラインが改正部分となります。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 地域振興課長、広畑君。


○(地域振興課長)


 おはようございます。


 議案第48号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第48号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。概要説明でございます。


 本規約は、農業災害補償法の一部を改正する法律(平成29年法律第74号)が平成29年6月23日に公布、平成30年4月1日から施行されることに伴い改正するものです。


 現在、中播農業共済事務組合は神河町、市川町、福崎町及び姫路市で農業災害補償法(昭和22年法律第185号)に基づき農業共済事業を執行していますが、法律の題名が改正されるとともに新たに農業経営収入保険事業が創設され市町が行う事務として追加されることから、第3条の組合の共同処理する事務の規定を改正しています。


 附則は施行期日で、平成30年4月1日から施行します。


 次のページをお願いいたします。中播農業共済事務組合規約の一部を変更する規約の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案でございます、アンダーライン部分が変更部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 総務課長、竹内君。


○(総務課長)


 それでは、議案第49号を提案し説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第49号 朗読〕


 次のページ以降は歳入歳出補正予算事項別明細書でございます。以下省略をさせていただきまして、別冊の概要説明にて説明をさせていただきます。議員の皆様におかれましては、補正予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 別冊の概要説明をお願いいたします。平成29年度市川町一般会計補正予算(第5号)の概要説明です。


 今回の補正は、総額1億8,886万5,000円の増額補正です。


 歳出の主なものは、人事院勧告による制度改正及び異動等に伴う人件費、ふるさと納税推進事業費、医療助成費、認定こども園建設事業費、農業総務費、道路改良費等の増額と一般管理費等の減額補正です。これらの財源は、国・県支出金、寄附金、繰入金、町債等を充てております。


 詳細については次のとおりです。


 まず、歳入でございます。補正予算書の9ページ、10ページとあわせてごらんいただきたいと思います。


 まず1、分担金及び負担金です。民生費負担金の児童福祉費負担金は、決算見込みによる利用者負担金(町立)の増額と利用者負担金(私立)の減額です。


 2、国庫支出金。民生費国庫負担金の社会福祉費負担金は、決算見込みによる更生医療給付費負担金及び養育医療給付費負担金の増額です。また、児童福祉費負担金は、決算見込みによる施設型給付費負担金の増額です。


 3、県支出金です。民生費県負担金の社会福祉費負担金は、決算見込みによる更生医療給付費負担金及び養育医療給付費負担金の増額です。また、児童福祉費負担金は、決算見込みによる施設型給付費負担金の増額です。


 民生費県補助金の社会福祉費補助金は、決算見込みによる高齢重度心身障害者特別医療費助成事業補助金、乳幼児医療費助成事業補助金及びこども医療費助成事業補助金の増額です。


 農林水産業費県補助金の農業費補助金は、追加内示に伴う中山間地域等直接支払制度推進事業補助金の増額です。


 総務費県委託金の統計調査費委託金は、内示に伴う住宅・土地統計調査委託金の増額です。


 4、寄附金。指定寄附金は、決算見込みによるふるさと市川応援寄附金の増額です。


 5、繰入金です。補正予算書の11ページ、12ページとあわせてごらんいただきたいと思います。財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴う減額です。ふるさと市川応援基金繰入金は、ふるさと市川応援寄附金の増に伴う増額です。


 6、諸収入です。過年度収入は、前年度における鹿緊急捕獲拡大事業負担金の精算による増額です。


 7、町債です。総務債の総務管理債は、避難所等井戸設置事業に係る緊急防災・減災事業債の補正です。


 民生債の児童福祉債は、認定こども園整備事業として甘地保育所の改修に係る公共施設等適正管理推進事業債の増額及び一般単独事業債の補正です。


 農林水産業債の農業債は、リフレッシュパーク市川下水道整備事業に係る一般単独事業債の増額です。


 土木債の道路橋梁債は、事業量の増に伴う道路整備事業債の増額です。


 教育債の小学校債は、鶴居小学校体育館屋根改修事業に係る一般単独事業債の補正です。中学校債は、鶴居中学校大規模改修事業に係る一般単独事業債の補正です。社会教育債は、公民館体育館屋根改修事業及び駐車場舗装事業に係る一般単独事業債の補正です。また、保健体育債はスポーツセンタープール等改修事業に係る一般単独事業債の増額です。


 続きまして、歳出でございます。


 まず、人件費(普通会計分)でございます。議員の皆様におかれましては、補正予算書の31ページをごらんいただきたいと思います。


 特別職の給与費明細書でございます。上段が補正後、中段が補正前、下段が比較となっています。


 期末手当の支給率の欄をごらんいただきたいと思います。人事院勧告に伴い期末手当の支給率が0.1カ月増になることにより、補正後が4.35カ月に変更となります。


 比較の計欄をごらんいただきたいと思います。長等及び議員の合計で50万7,000円、共済費は9万6,000円の増額となり、合計60万3,000円の増額となっております。


 引き続きまして、32ページをごらんいただきたいと思います。一般職の給与費明細書でございます。


 まず、総括でございます。総括でも上段が補正後、中段が補正前、下段が比較となっています。


 まず、職員数の欄でございます。人事異動に伴い、1名減となっております。


 給与費の給料につきましては、178万4,000円の減額です。


 職員手当につきましては、人事院勧告に伴う制度改正、業務量増に伴う時間外勤務手当、また人事異動等に伴い1,315万4,000円の増額。


 共済費につきましては、共済組合の負担金率改正等に伴う183万4,000円の増額で、合計1,320万4,000円の増額となっております。


 その下は職員の手当等の内訳となっております。後ほどごらんいただきたいと思います。


 次のページをごらんいただきたいと思います。33ページの真ん中のイの初任給のところでございます。高校卒、大学卒の初任給につきまして、一般行政職、技能労務職とも制度改正により国の制度と同様、当初予算より1,000円の増となっております。


 次のページをごらんいただきたいと思います。35ページの真ん中のオの期末手当・勤勉手当の欄をごらんいただきたいと思います。制度改正によりまして支給率が0.1カ月増になることにより、補正後は4.4カ月になります。以下については、後ほどごらんいただきたいと思います。


 それでは、補正予算書の概要説明書の3ページに戻っていただきたいと思います。人件費以外の科目について御説明をさせていただきます。


 3ページの真ん中あたり、2の総務費です。補正予算書の13ページ、14ページをあわせてごらんいただきたいと思います。


 2、総務費です。一般管理費は、要望増に伴う集会所整備事業補助金の増額です。会計管理費は、職員の病気休暇取得に伴う臨時職員賃金の補正です。


 15ページ、16ページをお願いします。ふるさと納税推進事業費は、決算見込みによるふるさと応援寄附金記念品、広告料、ふるさと納税ホームページ使用料、ふるさと市川応援基金積立金等の増額です。


 防災諸費は、地方債の補正による財源内訳の変更です。


 賦課徴収費は、決算見込みによる過誤納還付金の増額です。


 17ページ、18ページをお願いします。基幹統計費は、内示に伴う住宅・土地統計調査に係る報酬及び旅費の増額です。


 3、民生費です。社会福祉総務費は、今回の補正による介護保険事業特別会計及び国民健康保険特別会計繰出金の増額と、後期高齢者医療特別会計繰出金の減額です。


 医療助成費は、決算見込みによる医療扶助費の子供、高齢障害者、乳幼児及び養育医療分の増額です。


 補正予算書の19ページ、20ページをお願いします。心身障害者福祉費は、決算見込みによる更生医療給付費の増額です。


 児童福祉総務費は、申請増に伴う防犯灯設置補助金の増額です。


 認定こども園建設費は、認定こども園整備事業として甘地保育所の改修に伴う工事請負費と、工事期間中に入所児童を鶴居幼稚園及び鶴居保育所で受け入れするための保育用備品の搬出等に係る運搬委託料の補正です。


 児童措置費は、決算見込みに伴う施設型給付費負担金の減額と保育所運営費負担金の増額です。


 補正予算書の21ページ、22ページをお願いします。4、衛生費です。ごみ処理費は、一般廃棄物埋立最終処分場の緊急修繕に伴う需用費の増額です。


 し尿処理費は、下水道事業会計の補正に伴う補助金の増額です。


 5、農林水産業費です。23ページ、24ページをお願いします。農業振興費は、申請増に伴うスズメバチ危害防止対策事業補助金の増額です。


 農村地域農政総合推進事業費は、追加内示に伴う中山間地域等直接支払制度推進事業に係る消耗品費の増額です。


 リフレッシュパーク市川運営費は、地方債の補正による財源内訳の変更です。


 6、土木費です。道路維持費は、要望増に伴う道路修繕工事費の増額です。


 道路改良費は、補正予算書の25、26ページをお願いします。事業量の増に伴う道路工事費の増額です。


 7、教育費です。事務局費は、今回の補正による学校給食特別会計繰出金の増額です。


 小学校費の学校管理費は、27ページ、28ページをお願いします。一番上なんですが、旧瀬加中学校漏水等の緊急修繕に伴う需用費の増額です。


 体育施設管理費は、地方債の補正による財源内訳の変更です。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 暫時休憩します。


 なお、再開予定は11時5分とします。


      午前10時46分休憩





      午前11時03分再開


○議長(津田 義和君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 教育課長、原田君。


○(教育課長)


 それでは、議案第50号を提案いたします。


 補正予算書の学校給食特別会計の部分をごらんいただきたいと思います。


 朗読いたします。


 〔議案第50号 朗読〕


 次の4ページ以降は歳入歳出補正予算事項別明細書ですので、概要説明において説明させていただきます。


 概要説明書の5ページをごらんいただきたいと思います。補正予算書とあわせてごらんください。概要説明書5ページです。


 平成29年度市川町学校給食特別会計補正予算(第1号)概要説明。今回の補正は、主に人事院勧告による制度改正等に伴う人件費と事業費の増額補正です。


 歳入。一般会計繰入金は、今回の補正に伴う増額です。繰越金は、前年度繰越金の増額です。


 歳出。総務費の一般管理費は、主に人事院勧告による制度改正等に伴う人件費の増額です。内訳は、給料6万6,000円、職員手当等3万8,000円の減額、共済費15万9,000円の増額で、合計5万5,000円の増額です。事業費は、給食材料費の増額です。


 以上、提案をさせていただきます。よろしく御審議のほど、お願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 健康福祉課長、内藤君。


○(健康福祉課長)


 それでは、議案第51号を提案し説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第51号 朗読〕


 4ページ以降につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので省略をさせていただきまして、別冊の概要説明書をもって説明をさせていただきます。概要説明書は6ページでございます。


 平成29年度市川町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)概要説明でございます。


 今回の補正は、主に人事院勧告による制度改正等に伴う人件費の増額補正です。議員各位におかれましては、補正予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 まず、歳入でございます。補正予算書8ページから9ページでございます。


 まず、繰入金は今回の補正に伴う職員給与費等繰入金の増額です。


 続きまして、歳出でございます。補正予算書は10ページから11ページでございます。


 総務費の一般管理費は、主に人事院勧告による制度改正等に伴う人件費の増額です。内訳は、給料28万円、職員手当等20万9,000円、共済費20万円の増額で、合計68万9,000円の増額です。


 それでは、国民健康保険特別会計補正予算書の12ページをごらんいただきたいと思います。12ページは給与費明細書でございます。


 総括欄をごらんいただきたいと思います。


 職員数につきましては、補正前と同じでございます。給与改定及び異動に伴う変更となっております。給与費の給料につきましては28万円、職員手当20万9,000円、共済費20万円の増額で、合計68万9,000円の増額となっております。これより以下につきましては、職員手当の内訳、給料及び職員手当の増減額の明細となっております。


 次の13ページ以降につきましては、給料及び職員手当の状況となっておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 引き続きまして、介護保険事業特別会計補正予算書をお開きください。


 それでは、議案第52号を提案し説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第52号 朗読〕


 次の4ページ以降につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書となっておりますので省略をさせていただきまして、別冊の概要説明書をもって説明させていただきます。概要説明書は7ページでございます。


 平成29年度市川町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)概要説明でございます。


 今回の補正は、主に人事異動等に伴う人件費の減額と総務費及び地域支援事業費の増額でございます。議員各位におかれましては、補正予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 まず、歳入でございます。補正予算書は8ページから9ページとなっております。


 まず、国庫支出金の総務費国庫補助金は、制度改正に伴う介護システム改修補助金の増額です。また、地域支援事業交付金(介護予防・日常生活支援総合事業)は、決算見込みによる現年度分の増額です。


 県支出金の地域支援事業交付金(介護予防・日常生活支援総合事業)は、決算見込みによる現年度分の増額です。


 支払い基金交付金の地域支援事業支援交付金は、決算見込みによる現年度分の増額です。


 一般会計繰入金は、今回の補正に伴う職員給与費等繰入金と決算見込みによる地域支援事業繰入金の増額でございます。


 続きまして、歳出でございます。補正予算書は10ページから13ページとなっております。


 まず、総務費の一般管理費は、主に人事異動等に伴う人件費の減額と介護システムの修繕に係る需用費の補正及び制度改正に伴うシステム改修委託料の増額です。人件費の内訳は、給料56万6,000円、共済費10万7,000円の減額、職員手当等4万7,000円の増額で、合計62万6,000円の減額です。また、認定審査会共同設置負担金は、神崎郡要介護認定審査会のシステム改修に伴う負担金補助及び交付金の増額です。地域支援事業費の介護予防・生活支援サービス等諸費は、決算見込みによる審査支払い手数料及び生活支援サービス費の増額です。また、包括的支援事業・任意事業費は、主に人事院勧告による制度改正等に伴う人件費の増額です。内訳は、給料8万1,000円、職員手当等4万3,000円、共済費10万9,000円の増額で、合計23万3,000円の増額です。


 基金積立金は、今回の補正に伴う介護給付費準備基金積立金の減額でございます。


 それでは、介護保険事業特別会計補正予算書の14ページをお開きください。


 14ページは給与費明細書でございます。総括欄をごらんいただきたいと思います。


 職員数につきましては、補正前と同じでございます。給与改定及び異動等に伴う変更となっております。給与費の給料につきましては48万5,000円の減、職員手当は9万円の増、共済費は2,000円の増、合計39万3,000円の減額でございます。


 これより以下につきましては、給料及び職員手当の増減額の明細となっております。


 次の15ページ以降につきましては、給料及び職員手当の状況となっておりますのでごらんいただきたいと思います。


 引き続きまして、後期高齢者医療特別会計補正予算書をお開きください。


 それでは、議案第53号を提案し説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第53号 朗読〕


 次の4ページ以降につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書となっておりますので省略をさせていただきまして、別冊の概要説明書をもって説明させていただきます。概要説明書は8ページとなっております。ごらんください。


 平成29年度市川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)概要説明でございます。


 今回の補正は、主に人事異動等に伴う人件費の減額補正です。議員各位におかれましては、補正予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 まず、歳入でございます。補正予算書は8ページから9ページとなっております。


 まず、繰入金は今回の補正に伴う職員給与費等繰入金の減額です。


 続きまして、歳出でございます。補正予算書は10ページから11ページとなっております。


 総務費の一般管理費は、主に人事異動等に伴う人件費の減額です。内訳は、給料161万8,000円、職員手当等117万1,000円、共済費95万5,000円の減額で、合計374万4,000円の減額でございます。


 それでは、後期高齢者医療特別会計補正予算書の12ページをお開きください。


 12ページは給与費明細書でございます。総括欄をごらんいただきたいと思います。


 職員数につきましては、補正前と同じでございます。給与改定及び異動等に伴う変更となっております。給与費の給料につきましては161万8,000円の減、職員手当は117万1,000円の減、共済費は95万5,000円の減となり、合計374万4,000円の減額でございます。


 これより以下につきましては、給料及び職員手当の増減額の明細となっております。


 次の13ページ以降につきましては、給料及び職員手当の状況となっておりますのでごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 町参事、尾花君。


○(町参事)


 それでは、補正予算書の下水道事業会計のところをお開きいただきたいと思います。


 議案第54号を提案し、説明をいたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第54号 朗読〕


 次のページでございます。平成29年度市川町下水道事業会計補正予算(第1号)実施計画でございます。補正予算の概要説明書により説明をさせていただきます。別冊の概要説明書の9ページをお開きいただきたいと思います。


 平成29年度市川町下水道事業会計補正予算(第1号)概要説明でございます。


 議員の皆様におかれましては、補正予算書、実施計画とあわせてごらんいただきたいと思います。


 今回の補正は、主に人事異動等に伴う人件費の増額、舗装復旧工事費の増額、交付金事業の事業内容の変更に伴う事業費の補正でございます。


 収益的収入及び支出。補正予算書は3ページでございます。


 収入。舗装復旧工事収益は、事業量の増加に伴う水道局負担分の増額でございます。


 補助金は、今回の補正に伴う一般会計補助金の増額でございます。


 支出。管渠費は、舗装復旧工事の事業量の増加に伴う増額です。


 総係費は、制度改正及び異動等に伴う給料、手当、法定福利費の増額です。


 支払い利息及び企業債取扱諸費は、起債等の確定等に伴う利息の減額でございます。


 資本的収入及び支出。補正予算書は4ページとなってございます。


 収入でございます。他会計補助金は、今回の補正に伴う増額でございます。


 支出。管渠整備費は、制度改正に伴う給料、手当、法定福利費の増額と管渠整備に伴う委託料、水道施設移転補償費の減額及び工事請負費の増額でございます。


 再度、補正予算書の5ページのほうをごらんいただきたいと思います。補正予算書5ページでございます。平成29年度市川町下水道事業予定キャッシュフロー計算書でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページ、お開きいただきたいと思います。6ページでございます。平成29年度市川町下水道事業予定損益計算書でございます。下から3行目でございます。当年度純損失につきまして1億5,212万9,000円となりまして、前年度繰越欠損金は3億9,937万6,740円で、当年度未処理欠損金につきましては5億5,150万5,740円となる予定でございます。


 次のページでございます。平成29年度市川町下水道事業予定貸借対照表となってございます。7ページから9ページまでを貸借対照表として載せております。ごらんいただきたいと思います。


 10ページをお開きいただきたいと思います。給与費の明細書でございます。


 まず1、総括でございます。職員数につきましては、補正前と同じでございます。給与費でございます。一番下の合計欄をごらんいただきたいと思います。給料91万3,000円、手当177万円、計268万3,000円、法定福利費92万4,000円で、合計360万7,000円の増額でございます。


 以下は手当の内訳、それから2の給料及び手当の増減額の明細、それから3といたしまして給料及び手当の状況となってございます。後ほどごらんいただきたいと思います。


 15ページをごらんいただきたいと思います。15ページから17ページにつきましては、財務諸表等に係る注記でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 水道局長、平井君。


○(水道局長)


 それでは、補正予算書の水道事業会計をお願いいたします。


 議案第55号を提案いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第55号 朗読〕


 次のページ以降につきましては、平成29年度市川町水道事業会計補正予算(第2号)実施計画となっております。これにつきましては省略をさせていただきまして、別冊の概要説明にて説明をさせていただきます。議員各位におかれましては、実施計画とあわせましてごらんいただきたいと思います。


 それでは、補正予算書の概要説明の一番最後のページをお願いいたします。


 概要説明でございます。平成29年度市川町水道事業会計補正予算(第2号)概要説明。


 今回の補正は、人事院勧告による制度改正及び異動に伴う人件費及び支払い利息の減額と、決算見込みによる企業債の増額と国庫補助金、建設改良費の減額補正です。


 収益的収入及び支出。収入についてはございません。


 補正予算書の4ページ、5ページをごらんいただきたいと思います。


 まず、支出でございます。人事院勧告による制度改正及び異動等により、給料11万3,000円、法定福利費9万円の増額、手当13万1,000円の減額です。支払い利息の企業債利息は、決算見込みによる減額です。


 資本的収入及び支出。収入でございます。西川辺配水池増設工事費等の決算見込みによる企業債の増額と、国庫補助金の減額です。


 補正予算書の6ページをごらんいただきたいと思います。支出でございます。人事院勧告による制度改正により、給料1万6,000円、法定福利費10万1,000円の増額、手当40万1,000円の減額です。決算見込みによる分担金の増額と、西川辺配水池増設工事費等の決算見込みによる委託料、工事請負費の減額です。


 補正予算書の7ページのほうに戻っていただきたいと思います。7ページにつきましては、平成29年度市川町水道事業キャッシュフロー計算書でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは、給与費明細書でございます。


 1、総括でございます。ページの真ん中の比較の欄をごらんいただきたいと思います。比較の合計のみを読み上げます。職員数につきましては、異動はございません。給与費の給料でございます。12万9,000円の増、手当53万2,000円の減、法定福利費19万1,000円の増、合計で21万2,000円の減額となっております。


 その下は手当の内訳となっております。ごらんいただきたいと思います。


 次のページ以降につきましては、給料及び手当の増減額の明細等になっております。ごらんいただきたいと思います。


 2枚めくっていただいて、13ページをお願いいたします。13ページにつきましては、平成29年度市川町水道事業予定損益計算書でございます。下から3行を朗読いたします。


 当年度純損失1,893万4,000円、前年度繰越利益剰余金3,344万3,216円、当年度未処分利益剰余金1,450万9,216円となっております。


 続きまして、次のページをごらんいただきたいと思います。次のページ以降につきましては、平成29年度市川町水道事業予定貸借対照表でございます。ごらんいただきたいと思います。


 ページをめくっていただいて、17ページをお願いいたします。17ページ以降につきましては、財務諸表等に関する注記でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 以上で説明は終わりました。


 質疑は12日の本会議で行います。





◎日程第4.





 議案第56号、市川町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 議案第56号、市川町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを提案をさせていただきます。


 詳細につきましては、担当より説明をいたしますので、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 総務課長、竹内君。


○(総務課長)


 それでは、議案第56号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第56号 朗読〕


 以上でございます。御同意のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(津田 義和君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第56号、市川町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを採決します。


 本案を同意することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、議案第56号は、同意されました。


 以上で本日の日程は終わりました。


 明6日より議案熟読のため本会議を休会し、12月12日午前9時30分に再開したいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、そのように決定します。


 本日はこれで散会します。早朝より御苦労さまでした。


     午前11時47分散会