議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成28年第4回定例会(第3日 6月22日)




平成28年第4回定例会(第3日 6月22日)





   平成28年第4回(第462回)市川町議会(定例会)会議録(第3日)





 
 平成28年6月22日





〇応招(出席)議員   12人


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 堀 田 佐 市 │    │ 7  │ 石 川   登 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 重 里 英 昭 │    │ 8  │ 中 岡 輝 昭 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 中 野 史 子 │    │ 9  │ 内 藤   亘 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 長 尾 克 洋 │    │ 10  │ ? 橋 昭 二 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 津 田 義 和 │    │ 11  │ 本 間 信 夫 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 山 本 芳 樹 │    │ 12  │ 正 木 幸 重 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────┘





〇不応招(欠席)議員


        な し





〇議事に関係した事務局職員


    局長    岡 本 勝 行      主査      柴 田 裕 也


                       主事      後 田 かおる





〇会議に出席した職員及び委員


  町長      岩 見 武 三      水道局長    高 松 卓 也


  副町長     藤 原   茂      健康福祉課長  内 藤 克 則


  総務課長    平 井 康 行      住民税務課長  後 藤 範 一


  会計管理者兼出納室長


          平 井 真由美      教育長     ? 永 真 蔵


  建設課長    尾 花 哲 也      教育課長    原 田 和 幸


  地域振興課長  広 畑 一 浩





議 事 日 程





日程第1.


  報告第 8号 兵庫県町土地開発公社の決算報告について


         〔討論・採決〕


日程第2.


  議案第34号 平成28年度市川町一般会計補正予算(第1号)


         〔委員長報告・質疑・討論・採決〕


日程第3.


  議案第35号 中播公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて


         〔提案説明・質疑・討論・採決〕


日程第4.


  議案第36号 市川町教育委員会教育長の任命につき同意を求めることについて


         〔提案説明・質疑・討論・採決〕


日程第5.


  議案第37号 市川町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


         〔提案説明・質疑・討論・採決〕


日程第6.


  議案第38号 市川町農業委員会委員の任命につき認定農業者等が委員の過半数を占めることを要しない場合の同意について


〔提案説明・質疑(委員会付託省略)・討論・採決〕


追加日程第1.


  議案第39号 市川町農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて


         〔提案説明・質疑・討論・採決〕


日程第7.


  市川町選挙管理委員及び補充員の選挙


日程第8.


  委員会の閉会中の継続調査の申し出について





      午前9時30分開議


○議長(正木 幸重君)


 皆さん、おはようございます。早朝より参集賜りありがとうございます。


 ただいまの出席議員は12人で、定足数に達しておりますので、市川町議会を再開し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告申し上げます。


 本日追加提案されます議案は、議案表のとおり、議案第35号、中播公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて外3件であります。


 地方自治法第121条第1項の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 付託事件については、委員会審査を終わり、結果報告書が提出されましたので、その写しを配付しております。後刻、委員長より詳細に報告がございます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。よろしく御協力のほどお願いいたします。


 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 報告第8号を議題とします。


 これより討論に入ります。討論はございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 報告第8号、兵庫県町土地開発公社の決算報告についてを採決します。


 本報告を承認することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、報告第8号は、承認されました。





◎日程第2.





 議案第34号を議題とします。


 これより委員会審査の報告を求めます。


 総務建設常任委員長、重里英昭君。


○総務建設常任委員会委員長(重里 英昭君)


 皆さん、おはようございます。総務建設常任委員長の重里英昭です。


 報告第6号について、6月10日の本会議におきまして当委員会に付託となりました案件は、議案第34号、平成28年度市川町一般会計補正予算(第1号)1件であります。


 6月13日に委員会を開催し、審査をいたしました。その経過と結果について報告いたします。


 議案第34号、平成28年度市川町一般会計補正予算(第1号)を報告します。


 今回の補正は、総額811万5,000円の増額補正です。


 歳入、歳出の主なものを報告します。


 総務費の企画費、一般コミュニティ事業助成金は、川辺地区自主防災会が申請した川辺地区公民館11区に設置するAEDの整備費200万円のほか1件です。


 次に、農林水産業費の青年就農給付金は、新たに認定を受けられた1名の青年就農給付金の補正です。45歳未満の方を対象に、新規で農業に取り組まれる方で、年額最高150万円が給付され、最長5年にわたって給付されます。1年目は150万円の給付で、2年目以降は所得要件があり、絶えず満額が助成されるわけではなく、給付がストップする場合もあるとの説明でありました。県の新規就農者確保事業補助金150万円を財源といたします。


 有害鳥獣用備品購入費137万円は、行政からの要請を受け、業務として有害鳥獣駆除活動を行う際に利用するデジタル簡易無線機15台ほかの購入費用で、市川町猟友会と相談しながら機種等を決めていくとの説明でした。


 歳出の財源を補うものとして、財政調整基金繰入金281万9,000円を補正しています。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 以上で総務建設常任委員会の審査の経過と結果の報告を終わります。


 各位におかれましては、当委員会の決定どおり賛同願いますようにお願い申し上げます。


 これで報告を終わります。


○議長(正木 幸重君)


 委員会審査の経過並びに結果の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。討論ございませんか。


        〔討論なし〕


 それじゃあ以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第34号、平成28年度市川町一般会計補正予算(第1号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、議案第34号は、原案どおり可決しました。





◎日程第3.





 議案第35号、中播公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 おはようございます。議案第35号、中播公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを提案させていただきます。


 詳細につきましては、担当から説明をいたします。


○議長(正木 幸重君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 おはようございます。それでは、議案第35号を提案いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第35号 朗読〕


 次のページをごらんいただきたいと思います。参考資料となっております。朗読いたします。


 参考資料。森本佳也氏略歴。1、学歴。昭和45年3月、市川高等学校卒業。2、職歴。昭和45年4月、大河内町役場入庁。平成24年3月、神河町役場退職。3、公職歴。平成23年4月、神河町上小田区副区長、現在に至る。平成26年8月、中はりま森林組合理事、現在に至る。


 以上でございます。御同意のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 1番、堀田佐市君。


○1番(堀田 佐市君)


 ちょっとお尋ねしますけども、これ、前任者も神河町の方で、このたびも神河町の人なんですけども、これはもうずっと神河町がすることになっておるんですか。それとも3町から順番に回って選んでいくのか。選任されていくのか。その辺のとこをちょっとお尋ねします。


○議長(正木 幸重君)


 副町長、藤原茂君。


○副町長(藤原 茂君)


 お答え申し上げます。


 中播公平委員会委員は定数が3名でございまして、今回、神河町の浦上健治氏が任期満了となるため、神河町の出身の方から選任をさせていただいたということです。


 ちなみに、福崎町は田郷正則さん、市川町は松下洋一さんでございます。


 そういうことで、ちょうど3町で、定員が3人ですので、各町1名ずつという形になっております。以上です。


○議長(正木 幸重君)


 ほか、ございませんでしょうか。


        〔質疑なし〕


 ないようです。以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。討論ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第35号、中播公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを採決します。


 本案を同意することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第35号は、同意されました。





◎日程第4.





 議案第36号、市川町教育委員会教育長の任命につき同意を求めることについてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 議案第36号、市川町教育委員会教育長の任命につき同意を求めることについてを提案させていただきます。


 詳細については、担当から説明をします。


○議長(正木 幸重君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 それでは、議案第36号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第36号 朗読〕


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは参考資料となっております。朗読をいたします。


 山下茂樹氏略歴。1、学歴。昭和54年3月、神戸大学教育学部初等教育科卒業。昭和62年3月、兵庫教育大学大学院学校教育研究科卒業。2、職歴。昭和54年4月から昭和55年3月、市川町立川辺小学校教諭。昭和55年4月から平成4年3月、市川町立市川中学校教諭。平成4年4月から平成9年3月、香寺町立香寺中学校教諭。平成9年4月から平成12年3月、東播磨教育事務所指導主事。平成12年4月から平成15年3月、兵庫県立こどもの館児童指導専門員。平成15年4月から平成18年3月、中播磨教育事務所指導主事。平成18年4月から平成21年3月、中播磨教育事務所主任指導主事。平成21年4月から平成23年3月、神河町立大河内中学校校長。平成23年4月から平成24年3月、神河町立神河中学校校長。平成24年4月から平成28年3月、福崎町立田原小学校校長。3、公職歴。なし。


 以上でございます。御同意のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。ございませんか。


 1番、堀田佐市君。


○1番(堀田 佐市君)


 私ばっかり、申しわけないですけども、このかわられる方がどうこういうあれではないんですけども、現在、?永教育長さんがずっとしてこられて、その旨を確認した上で、もう退職いうか、やめられるいうことになったのか、それとも?永先生がもうしないと、もうやめるということの了解のもとでなったのか、ちょっとその辺だけ聞かせてほしいんですけど。尋ねよることわかりますか。?永先生了解のもとで、それはもう一度了解はしとってんやろうけど、何の理由でもうやめてしもうてんかなと思うてね。ちょっとそんな思いもするんです。


○議長(正木 幸重君)


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 ?永教育長の意思の確認ということが一つだと思うんですが、私といたしましては、大変すぐれた教育長であるというふうに思っております。したがって、慰留については何度となくお願いをいたしましたが、本人の意思がかたくて、やむを得ないというふうに判断をいたしました。


 やめられる理由の中には、新しい教育委員会制度に移っていくということも含めて、若い人に譲って、市川町の後の教育について若い人に任せてやっていくべきであるという、そういった旨の希望というんですか、意思が大変強かったので、残念ですが、慰留ができなくて、新しく選ばせていただいたということでございます。そういうことでいいんでしょうか。


○議長(正木 幸重君)


 ほかにございませんでしょうか。


        〔質疑なし〕


 それでは、以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第36号、市川町教育委員会教育長の任命につき同意を求めることについてを採決します。


 本案を同意することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、議案第36号は、同意されました。





◎日程第5.





 議案第37号、市川町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 議案第37号、市川町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを提案させていただきます。


 詳細については担当から説明をします。


○議長(正木 幸重君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 それでは、議案第37号を提案いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第37号 朗読〕


 次のページをごらんいただきたいと思います。参考資料となっております。朗読いたします。


 長尾まち子氏の略歴。1、学歴。昭和49年3月、尾道市立尾道短期大学経済学科卒業。2、職歴。昭和49年4月、兵庫県入庁。平成17年4月、兵庫県中播磨県民局県民生活部青少年指導専門員。平成19年4月、兵庫県中播磨県民局県民生活部県民運動課長。平成21年4月、兵庫県西播磨県民局県民室西播磨生活科学センター生活科学専門員。平成23年4月、兵庫県西播磨県民局県民室西播磨生活科学センター消費生活課長。平成24年3月、兵庫県退職。3、公職歴。平成27年11月、市川町教育委員会委員、現在に至る。


 以上でございます。御同意のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第37号、市川町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを採決します。


 本案を同意することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、議案第37号は、同意されました。





◎日程第6.





 議案第38号、市川町農業委員会委員の任命につき認定農業者等が委員の過半数を占めることを要しない場合の同意についてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 議案第38号、市川町農業委員会委員の任命につき認定農業者等が委員の過半数を占めることを要しない場合の同意についてを提案させていただきます。


 詳細につきましては、担当から説明をします。


○議長(正木 幸重君)


 地域振興課長、広畑君。


○(地域振興課長)


 それでは、議案第38号を提案いたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第38号 朗読〕


 次のページをごらんください。概要説明でございます。朗読をいたします。


 農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)の一部が改正され、平成28年4月1日から施行されたことにより、農業委員の任命に当たっては、原則として認定農業者等(法第8条第5項各号に掲げる者)が農業委員の過半数を占めなければならないことが定められました。


 しかし、実際には自治体により原則どおりの委員構成とすることに困難が生じる場合もあり、その場合、実態に即し、法において例外が認められています。


 このたび、任命の同意を受けようとする12人のうち認定農業者等は3人のため、農業委員の過半数を認定農業者等で占めることができません。また、認定農業者等に準ずる者(農業委員会等に関する法律施行規則(昭和26年農林省令第23号。以下「法施行規則」という。)第2条第1号イからヌまでに掲げる者)は2人のため、合わせても5人となり、例外として規定されている法施行規則第2条第1号の認定農業者等または認定農業者等に準ずる者が農業委員の過半数を占める規定にも満たされないため、同条第2号により農業委員の4分の1以上を認定農業者等またはこれに準ずる者としたいので、法第8条第5項ただし書及び法施行規則第2条第2号の規定により、議会の同意を求めるものです。


 以上でございます。御同意を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結します。


 この際、お諮りします。議案第38号については、委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、議案第38号については、委員会付託を省略し、これより討論に入ります。討論ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第38号、市川町農業委員会委員の任命につき認定農業者等が委員の過半数を占めることを要しない場合の同意についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、議案第38号は、原案どおり可決しました。


 お諮りします。ただいま岩見町長から、議案第39号、市川町農業委員会委員の任命につき同意を求めることについてが提出されました。これを日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、議案第39号、市川町農業委員会委員の任命につき同意を求めることについてを日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定しました。





◎追加日程第1.





 議案第39号、市川町農業委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 議案第39号、市川町農業委員会委員の任命につき同意を求めることについてを提案いたします。


 詳細につきましては、担当から説明をいたします。


○議長(正木 幸重君)


 地域振興課長、広畑君。


○(地域振興課長)


 議案第39号を提案いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第39号 朗読〕


 以上でございます。御同意を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第39号、市川町農業委員会委員の任命につき同意を求めることについてを採決します。


 なお、本案は、人事案件であるため、1名ずつこれを行います。


 議題のうち、まず、松尾政範氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、松尾政範氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、高橋茂信氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、高橋茂信氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、佐伯栄氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、佐伯栄氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、岡本博明氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、岡本博明氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、山下秀介氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、山下秀介氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、村岡敏一氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、村岡敏一氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、尾?壽氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、尾?壽氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、藤岡英樹氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、藤岡英樹氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、?橋まり子氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、?橋まり子氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、内藤勝彦氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、内藤勝彦氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、村田敏朗氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、村田敏朗氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。


 次に、長尾重則氏を市川町農業委員会委員に任命することに同意する諸君は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、長尾重則氏を市川町農業委員会委員に任命することは、同意されました。





◎日程第7.





 市川町選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 続いて、お諮りします。指名の方法については、議長において指名することにしたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。よって、指名推選により、議長において指名することに決定いたしました。


 それでは、指名いたします。


 選挙管理委員に、東川辺、?橋義昭君、下牛尾、岡本明雄君、甘地、安積俊郎君、美佐、鎌田紀六君、以上の方を指名いたします。


 お諮りします。ただいま議長が指名いたしました方を選挙管理委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました東川辺、?橋義昭君、下牛尾、岡本明雄君、甘地、安積俊郎君、美佐、鎌田紀六君、以上の方が選挙管理委員に当選されました。


 次に、選挙管理委員補充員に次の方を指名いたします。


 第1順位、保喜、村田久美子君、第2順位、上牛尾、檜本幸美君、第3順位、小谷、藤末康男君、第4順位、谷、古家好隆君、以上の方を指名いたします。


 ただいま議長が指名いたしました方を選挙管理委員補充員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました第1順位、保喜、村田久美子君、第2順位、上牛尾、檜本幸美君、第3順位、小谷、藤末康男君、第4順位、谷、古家好隆君、以上の方が順序のとおり選挙管理委員補充員に当選されました。





◎日程第8.





 委員会の閉会中の継続調査の申し出を議題とします。


 お諮りします。各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会の各委員長からの所管事務の閉会中の継続調査の申し出を許可することに御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、各委員長の申し出どおり許可することに決定しました。


 以上で本日の日程は終わりました。


 今期定例会に付議されました議案を議了しましたので、第4回定例会を閉会したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、平成28年第4回市川町議会定例会を閉会します。


      午前10時16分閉会





◎議長挨拶





 閉会に当たりまして、一言御挨拶申し上げます。


 今期定例会は、去る6月2日に招集され、本日までの21日間にわたる会期でありました。


 今期定例会の議案は、専決処分の報告、補正予算、人事案件等の重要案件でございました。


 議員各位におかれましては、本会議の一般質問、委員会の付託審査を通して終始極めて熱心に御審議いただき、それぞれ適切妥当な結論をもって全議案が議了できましたことは、町政のため、まことに御同慶にたえません。


 理事者におかれましては、今期定例会で成立しました議案の執行に際しましては、議案に対する質疑、一般質問並びに委員会審査の中での指摘、要望のあった事項については十分にしんしゃくされ、住民福祉の充実のため、一層の努力をされるよう期待いたします。


 さて、ことし7月に行われます参議院選挙の投票日も約2週間後に迫っております。昨年、公職選挙法の改正により、投票可能年齢が引き下げられ、高校生も含めた18歳以上の若者、全国で約240万人が新たに投票権を得ることになりました。そしてこの夏の参議院選では、日本の選挙制度が始まって以来初となる18歳、19歳の年齢の方も含めた選挙投票が行われます。現在、若年層は他の年齢層と比べて投票率が低いと言われておりますが、この法改正を機に、若い世代の意見が政治、政策にももっと反映されること、そして日本の将来を背負う若者たちがこの国と自分たちの住む町の政治、政策に興味、関心を持ち、積極的に選挙へ参加していく契機となることを強く願います。


 6月も終わりを迎え、これから夏本番の暑い日が続くと予想されますが、ことしもさらに日本各地において大雨や地震により人命、家屋への被害が発生しております。市川町におきましても、防災・減災対策、危機管理体制の強化も含め、町民の皆さんが安心して生活できるよう、緊張感を持って災害に備えていただきたいと思います。


 最後になりましたが、天候不順の折、議員皆様並びに理事者の皆様におかれましては、各自身の健康に十分御留意いただき、住民福祉向上のため御精励賜りますようお願い申し上げまして、閉会の挨拶といたします。ありがとうございました。





◎町長挨拶





 平成28年第4回市川町議会定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。


 最初に、本定例会で御審議をいただきました議案は、報告1件、議案1件、追加議案5件でございました。全議案につきまして、いずれも適切妥当な結論を賜り、ありがとうございました。それぞれの審議の過程で述べられました御意見等を十分そんたくし、町政に反映してまいります。議員各位におかれましては、今後とも御指導、御鞭撻を賜りますようお願いをいたします。


 さて、全国的に少子高齢化が急速に進む中、国においては、まち・ひと・しごと創生法の施行により、人口減少対策などを中心に、石破茂地方創生担当大臣を陣頭に、地方創生事業を推し進めています。


 本町におきましても、本年1月に策定した市川町まち・ひと・しごと創生総合戦略及び本年度からの新たな市川町総合計画に沿って、地域の発展に資する事業を展開してまいります。事業の推進につきましては、「住民の絆を大切に 元気で輝き誇れる“いちかわ”」の実現に向けて取り組んでまいります。議員各位の御協力をお願い申し上げます。


 また、今月から町内各地の行政懇談会に回らせていただいておりますが、懇談会におきましては、本年度予算計上している地方創生関係事業等を中心に説明するとともに、日ごろの町政に対する町民の皆さんの御意見等をお聞きし、今後の町政に反映していきたいと思っております。


 終わりに、梅雨とはいえ、雨は少ないようですが、最近の気象変動は激しく、各地で集中豪雨が発生しております。当地域においてもいつこうした豪雨による災害が発生するかもわかりません。万一に備えてまいりたいと思います。


 梅雨が明ければ、いよいよ夏本番。議員各位におかれましては、十分御自愛をいただき、町民福祉向上のために御活躍されますようお願いをいたしまして、閉会の御挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。