議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成28年第4回定例会(第1日 6月 2日)




平成28年第4回定例会(第1日 6月 2日)





   平成28年第4回(第462回)市川町議会(定例会)会議録(第1日)





 
 平成28年6月2日、平成28年第4回(第462回)市川町議会定例会は市川町役場に招集された。





〇応招(出席)議員   12人


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 堀 田 佐 市 │    │ 7  │ 石 川   登 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 重 里 英 昭 │    │ 8  │ 中 岡 輝 昭 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 中 野 史 子 │    │ 9  │ 内 藤   亘 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 長 尾 克 洋 │    │ 10  │ ? 橋 昭 二 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 津 田 義 和 │    │ 11  │ 本 間 信 夫 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 山 本 芳 樹 │    │ 12  │ 正 木 幸 重 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────┘





〇不応招(欠席)議員


        な し





〇議事に関係した事務局職員


    局長    岡 本 勝 行      主査      柴 田 裕 也


                       主事      後 田 かおる





〇会議に出席した職員及び委員


  町長      岩 見 武 三      水道局長    高 松 卓 也


  副町長     藤 原   茂      健康福祉課長  内 藤 克 則


  総務課長    平 井 康 行      住民税務課長  後 藤 範 一


  会計管理者兼出納室長


          平 井 真由美      教育長     ? 永 真 蔵


  建設課長    尾 花 哲 也      教育課長    原 田 和 幸


  地域振興課長  広 畑 一 浩





議 事 日 程





日程第1.


  会議録署名議員の指名


日程第2.


  会期の決定


日程第3.


  報告第8号及び議案第34号


   〔一括上程提案説明〕





      午前9時30分開会


○議長(正木 幸重君)


 皆さん、おはようございます。開会に当たり、一言御挨拶申し上げます。


 若葉の緑が日ごとにすがすがしく感じられるきょうこのごろとなりました。


 議員各位には、極めて御健勝にて御参集賜り、まことにありがとうございます。


 本日ここに平成28年第4回市川町議会定例会が開催されますことは、町政のため、まことに御同慶にたえません。


 さて、今期定例会は、平成28年度一般会計補正予算等、重要案件を御審議願うこととなっております。議員各位におかれましては、住民福祉の向上のために十分審議を尽くしていただき、適切妥当な結論が得られることをお願い申し上げまして、開会の挨拶といたします。


 ここで、町長より挨拶があります。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 おはようございます。平成28年第4回市川町議会定例会の開会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。


 議員各位におかれましては、公私ともお忙しい中、本定例会に御参集いただき、ありがとうございます。


 最初に、4月14日に端を発しました九州熊本地方を震源とする地震が発生してから一月半が経過いたしました。いまだ多くの方が避難を余儀なくされております。5月23日現在で死者が69名、行方不明者1名、家屋の倒壊等6万9,421棟、また8,911人の方が自分の家に戻れず、避難生活を送られております。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。


 また、関西広域連合を中心とした支援については、兵庫県は熊本県益城町を支援することとしてチーム編成を組み、職員を派遣しているところです。市川町においても、県からの要請により7月6日から13日までの8日間、2名の職員を派遣する予定としております。


 それでは、前回定例会以降の町の主な動きをお知らせしたいと思います。


 まず、4月1日に辞令交付を行い、夜には市川町消防団の分団長会議に出席をしております。


 6日には防犯指導委員会総会が開催をされました。


 14日には県市町懇話会が開催されました。


 22日には市川町区長会が開催され、29日にはリフレッシュパーク市川において春のグルメ祭inリフレッシュパーク市川を開催をし、町内外から約700名の来場者がありました。


 5月に入りまして、2日に春季慰霊大祭が姫路護国神社で開催をされました。


 11日には神崎保護区保護司会総会が市川町就業改善センターで開催をされました。


 21日には市川町人権文化推進協議会総会が開催をされ、午後から姫路お城まつりのパレードに市川町からは沢のおかげ踊り保存会の皆さんが参加、また、岐阜県中津川市からは加子母地区木遣り音頭保存会の皆さんも参加をされました。


 22日には市川町消防操法大会が開催され、小型動力ポンプの部で優勝は笠形分団、準優勝は鶴居分団となっております。優勝の笠形分団については、来る7月3日に開催される中播磨地区消防操法大会に町代表として出場いたします。


 5月31日には人権擁護委員協議会定期総会が開催され、6月1日には戦没者慰霊祭が文化センターにおいて開催されました。


 主なものは以上でございます。


 6月に入りますと梅雨の時期を迎えることになり、大雨による災害が発生しやすくなります。市川町におきましても、いつ何どき大雨により被害が出るかわかりません。防災には最大限注意を払っていきたいと考えております。町民の皆さんにも、自分の命は自分で守るという意識を持っていただくことが、これからはさらに大切であると考えております。日ごろから水害の場合の避難先を常に認識し、災害の場合は実践行動に移し、災害時の被害を最小限に抑えていただきたいと考えております。


 行政といたしましても、気象情報に注意を払い、防災情報の発信に努め、安全・安心な暮らしができるまちづくりを目指していきたいと思っております。


 今期上程いたします議案は、報告1件、議案1件でございます。議員各位におかれましては、慎重に御審議をいただき、適切妥当な議決を賜りますようお願いを申し上げ、開会の挨拶とさせていただきます。


○議長(正木 幸重君)


 町長の挨拶は終わりました。


 ただいまの出席議員は12人で定足数に達しておりますので、平成28年第4回市川町議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告を申し上げます。


 本日提案されます議案は、議案表のとおり、報告第8号、兵庫県町土地開発公社の決算報告について外1件であります。


 地方自治法第121条第1項の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 本日の議事日程及び今期定例会の運営については、去る5月26日に議会運営委員会を開催しました結果、御案内のとおりであります。御協力のほどよろしくお願いいたします。


 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 会議録署名議員の指名については、会議規則第127条の規定により、11番、本間信夫君、1番、堀田佐市君、以上両君にお願いいたします。





◎日程第2.





 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、本日より6月22日までの21日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、今期定例会の会期は、本日より6月22日までの21日間と決定しました。





◎日程第3.





 報告第8号及び議案第34号を一括議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岩見武三君。


○町長(岩見 武三君)


 報告第8号、兵庫県町土地開発公社の決算報告について、議案第34号、平成28年度市川町一般会計補正予算(第1号)についてを提案をいたします。


 詳細につきましては、担当から説明をいたします。


○議長(正木 幸重君)


 会計管理者兼出納室長、平井君。


○(会計管理者兼出納室長)


 報告第8号を報告いたします。まず、朗読いたします。


 〔報告第8号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。平成27年度事業報告書及び計算書類でございます。


 まず、1ページをお願いいたします。平成27年度兵庫県町土地開発公社事業報告書。事業の概況でございます。朗読いたします。平成27年度における事業の概況について、次のとおり報告いたします。受託事業実績は、1町1件で土地取得面積2,616平方メートル、事業費1億8,490万1,000円となりました。一方、土地処分状況は3件、総額1億898万5,000円となり、うち27年度で処分が完了した土地は1件、9,115万9,000円となりました。この結果、年度末の借入金残高は2億1,451万5,000円となりました。


 次に、事業収支では、平成19年度から職員を兵庫県町村会へ転籍させ経費の削減を図って、結果、本年度は2年ぶりに80万5,462円の黒字となりました。なお、この収益分については全額、未処分利益剰余金に積み立てし、翌年度繰越金剰余金を1,945万618円といたしました。


 2ページ目をお願いいたします。2、事業の執行状況で、1、公有地の取得事業、?土地の取得につきましては、平成27年度、福崎町において1件ございました。


 次に、?土地の処分につきましては、平成25年に取得しました市川中学校の駐車場の用地で27年度買い戻し額、元金相当額1,186万円、利息相当額28万5,418円、計1,214万5,418円、27年度末土地現在額3,558万円となっております。


 3ページをお願いいたします。財務の概況でございます。1、予算執行実績、?収益的収入及び支出、収入でございます。収益的収入合計、決算額で申し上げます。1億1,054万5,895円となっております。


 4ページをお願いいたします。支出でございます。収益的支出合計、決算額は1億974万433円です。当期純利益は80万5,462円となっております。


 5ページ目をお願いいたします。?資本的収入及び支出でございます。収入でございます。資本的収入合計、決算額は1億8,490万1,000円。支出、資本的支出合計は、決算額で2億9,388万6,000円となっております。


 6ページをお願いいたします。借入金の概要でございます。長期借入金、期末残高は2億1,451万5,000円となっております。


 続きまして、監査の実施状況でございます。監事による監査につきましては、平成27年4月17日に決算監査を行っております。


 次に、一般庶務事項として、理事会の概要でございます。理事会を2回開催しております。


 7ページをお願いいたします。その他の会議の開催状況でございます。7回開催をいたしております。


 8ページをお願いいたします。8ページは役員に関する事項でございます。後ほどごらんいただきたいと思います。


 9ページをお願いいたします。役員の異動状況でございます。こちらも後ほどごらんいただきたいと思います。


 10ページは役職員数に関する事項、行政官庁許認可事項、法人登記に関する事項でございます。これらにつきましても、後ほどごらんいただきたいと思います。


 11ページをお願いします。平成27年度兵庫県町土地開発公社計算書類でございます。平成27年度兵庫県町土地開発公社損益計算書、平成27年4月1日から平成28年3月31日まででございます。単位は円です。下ほどの当期純利益80万5,462円、前年度繰越準備金1,864万5,156円と合わせまして、当年度末未処分利益剰余金は1,945万618円となっております。


 12ページをお願いいたします。平成27年度兵庫県町土地開発公社貸借対照表、平成28年3月31日現在でございます。こちらにおきましては、後ほどごらんいただきたいと思います。


 13ページをお願いいたします。平成27年度兵庫県町土地開発公社キャッシュフロー計算書、平成27年4月1日から平成28年3月31日まででございます。こちらにつきましても、後ほどごらんいただきたいと思います。


 14ページをお願いします。平成27年度兵庫県町土地開発公社財産目録でございます。平成28年3月31日現在で、資産の部、期末合計は2億5,196万5,618円、負債の部、期末合計2億1,451万5,000円、差し引き正味資産3,745万618円となっております。


 15ページをお願いいたします。附属明細表でございます。1、現金及び預金明細表、普通預金は345万618円、定期預金3,400万、合計3,745万618円となっております。


 次は、公有用地明細表でございます。計で申し上げます。中ほどの27年度当初額1億3,859万9,000円、27年度取得額1億8,490万1,000円、27年度買い戻し額、合計で1億960万2,893円、27年度末現在額2億1,451万5,000円となっております。


 次に、投資有価証券明細表でございますが、該当はございません。


 16ページをお願いいたします。長期借入金明細表でございます。期末残高は2億1,451万5,000円となっております。


 次に、資本金明細表でございます。出資団体12町、出資額1,800万円。市川町としましては150万円を出資しております。


 次に、引当金明細表でございますが、平成19年度から職員を兵庫県町村会へ転籍しておりますので、該当はございません。


 17ページをお願いいたします。平成27年度兵庫県町土地開発公社監査報告書でございます。ごらんいただきたいと思います。


 18ページ以降につきましては、平成28年度事業計画及び資金計画を添付しております。後ほどごらんいただきたいと思います。


 以上をもちまして、平成27年度兵庫県町土地開発公社の事業報告書及び計算書類の報告を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 それでは、議案34号を提案し、まず朗読をいたします。


 〔議案第34号 朗読〕


 次のページをごらんいただきたいと思います。第1表、歳入歳出予算補正。まず歳入でございます。款、項、補正額、計の順に読み上げます。


 45款国庫支出金、1万2,000円、3億9,599万8,000円。5項国庫負担金、1万2,000円、2億9,616万5,000円。


 50款県支出金、208万9,000円、3億5,232万6,000円。5項県負担金、6,000円、1億8,518万7,000円。10項県補助金、208万3,000円、1億3,688万5,000円。


 65款繰入金、281万9,000円、3億2,124万2,000円。10項基金繰入金、281万9,000円、3億1,325万円。


 75款諸収入、319万5,000円、8,992万2,000円。15項雑入、319万5,000円、8,426万7,000円。


 歳入合計、補正前の額56億2,821万1,000円、補正額811万5,000円、計56億3,632万6,000円。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは歳出でございます。同じく款、項、補正額、計の順に読み上げます。


 10款総務費、444万2,000円、11億6,504万7,000円。5項総務管理費、444万2,000円、10億1,860万円。


 15款民生費、2万4,000円、15億8,108万円。5項社会福祉費、2万4,000円、11億1,175万7,000円。


 30款農林水産業費、364万9,000円、3億624万3,000円。5項農業費、227万9,000円、2億5,548万1,000円。10項林業費、137万円、5,054万7,000円。


 歳出合計、補正前の額56億2,821万1,000円、補正額811万5,000円、計56億3,632万6,000円となっております。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは、歳入歳出補正予算事項別明細書でございます。これ以降につきましては省略をさせていただきまして、別冊の概要説明にて説明をいたします。


 別冊の概要説明をお願いいたします。平成28年度市川町一般会計補正予算(第1号)概要説明。今回の補正は、総額811万5,000円の増額補正です。歳出の主なものは、一般管理費、企画費、農業振興費等の増額です。これらの財源は、国県支出金、繰入金、諸収入を充てております。詳細については次のとおりです。


 まず歳入でございます。1、国庫支出金。民生費国庫負担金の社会福祉費負担金は、新規に育成医療給付費負担金の補正です。


 2、県支出金。民生費県負担金の社会福祉費負担金は、新規に育成医療給付費負担金の補正です。農林水産業費県補助金の農業費補助金は、青年就農給付金事業の新規採択による新規就農者確保事業補助金と、農地集積協力金交付事業補助金の前年度未交付分の交付決定に伴う増額です。


 3、繰入金。財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴う増額です。


 4、諸収入。雑入は、一般コミュニティ助成事業及び地域防災組織育成助成事業の採択に係るコミュニティ助成事業助成金と、農地中間管理事業推進業務委託金の前年度未交付分の交付決定に伴う補正です。


 次のページをごらんいただきたいと思います。歳出でございます。1、総務費。一般管理費は、熊本地震に係る町職員の被災地応援派遣に伴う職員手当、旅費、需用費等の増額です。企画費は、一般コミュニティ助成事業及び地域防災組織育成助成事業の採択に伴う一般コミュニティ事業助成金の補正です。


 2、民生費。心身障害者福祉費は、新規申請に伴う育成医療給付費の補正です。


 3、農林水産業費。農業振興費は、前年度に一部未払いとなっていた農地集積協力金と、給付対象者の新規採択に伴う青年就農給付金の増額です。林業振興費は、有害鳥獣駆除業務に使用する簡易無線機等の購入費の補正です。


 4、教育費。事務局費は、教育委員会制度改正に伴い教育長の身分が特別職となることによる給料、職員手当等及び共済費の一般職分から特別職分への組み替えです。


 もう一度補正予算書に戻っていただきたいと思います。補正予算書の12ページをお願いいたします。補正予算書の12ページにつきましては、特別職の給与費明細書でございます。上段が補正後、中段が補正前、下段が比較となっております。比較の欄をお願いいたします。教育長の身分が特別職となることから、長等が1名増、給与費合計が444万2,000円増、共済費が190万5,000円の増となり、合計634万7,000円の増額となります。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページにつきましては、普通会計の一般職の給与費明細書でございます。1、総括の欄をごらんいただきたいと思います。教育長の身分が特別職になること、また熊本地震職員派遣に伴う手当の増に伴います増減でございます。比較の計で、職員数1名減、給与費の計で381万8,000円の減、共済費は190万5,000円の減で、合計572万3,000円の減額となっております。


 以下、それぞれの明細となっております。後ほどごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(正木 幸重君)


 以上で説明は終わりました。


 質疑は、10日の本会議で行います。


 以上で本日の日程は終わりました。


 明3日より議案熟読のため本会議を休会し、6月10日午前9時30分に再開したいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、そのように決定いたしました。


 本日はこれで散会します。早朝より御苦労さんでございました。


      午前10時01分散会