議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成26年第4回定例会(第1日12月 2日)




平成26年第4回定例会(第1日12月 2日)





 岩見 武三君    堀次 幸夫君


 津田 義和君    正木 幸重君


 内藤  亘君    堀田 佐市君


 本間 信夫君    多田 満広君


 山本 芳樹君    重里 英昭君


 尾塩 克己君    稲垣 正一君





 岡 本 勝 行     後 田 かおる


             藤 田 雅 彦





 岡 本 修 平     ? 永 真 蔵


 岡 本 哲 夫     中 塚 進 悟


 平 井 康 行     坂 本 和 昭


 原 田 和 幸


 尾 花 哲 也


 広 畑 一 浩


 高 松 卓 也


 内 藤 克 則


 中 岡 輝 昭





   平成26年第4回(第452回)市川町議会(定例会)会議録(第1日)





 
 平成26年12月2日、平成26年第4回(第452回)市川町議会定例会は市川町役場に招集された。





〇応招(出席)議員   12人


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 稲 垣 正 一 │    │ 7  │ 堀 次 幸 夫 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 津 田 義 和 │    │ 8  │ 正 木 幸 重 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 内 藤   亘 │    │ 9  │ 堀 田 佐 市 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 本 間 信 夫 │    │ 10  │ 重 里 英 昭 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 山 本 芳 樹 │    │ 11  │ 多 田 満 広 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 尾 塩 克 己 │    │ 12  │ 岩 見 武 三 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────┘





〇不応招(欠席)議員


        な し





〇議事に関係した事務局職員


    局長    岡 本 勝 行      主事      後 田 かおる


                       係長      藤 田 雅 彦





〇会議に出席した職員及び委員


  町長        岡 本 修 平    水道局長    高 松 卓 也


  副町長       岡 本 哲 夫    健康福祉課長兼保健福祉センター所長  総務課長      平 井 康 行            内 藤 克 則


  会計管理者兼出納室長           住民税務課長  中 岡 輝 昭


            原 田 和 幸    教育長     ? 永 真 蔵


  建設課長      尾 花 哲 也    教育課長兼


  地域振興課長    広 畑 一 浩    公民館長兼スポーツセンター所長


                               中 塚 進 悟





議 事 日 程





日程第1.


  議員派遣について


日程第2.


  会議録署名議員の指名


日程第3.


  会期の決定


日程第4.


  報告第9号及び報告第10号並びに議案第36号ないし第49号


   〔一括上程提案説明〕


      午前9時30分開会


○議長(岩見 武三君)


 皆さん、おはようございます。


 開会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。


 師走に入り、慌ただしさを感じるとともに、日ごとに寒さも増し、冬の訪れを実感する季節になってまいりましたが、議員各位には、極めて御健勝にて御参集賜り、本日ここに第4回市川町議会定例会を開会できますことは、町政発展のため、まことに御同慶にたえません。


 さて、今期定例会は、条例の制定、改正、補正予算等の重要案件を御審議願うことになっております。


 議員各位におかれましては、年末を控え、殊のほか御多忙とは存じますが、格段の御精励を賜り、慎重に御審議の上、適切妥当な結論が得られるようお願い申し上げまして、開会の挨拶とします。


 ここで、町長より挨拶があります。


 町長、岡本修平君。


○町長(岡本 修平君)


 おはようございます。


 平成26年第4回市川町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私ともお忙しい中、御参集をいただきまして、ありがとうございます。


 それでは、まず最初に、前回の定例会以降の町の主な動きをお知らせをしたいと思います。


 まず、10月4日に文化センターで地域安全神崎郡民大会が開催をされました。


 8日から10日にかけては町村会町長行政視察が栃木県の茂木町で開催をされました。


 15日に神崎郡町議会議員親善グラウンドゴルフ大会が福崎町で開催をされております。


 18日には文化センターで子ども広場が開催され、また、同日、神崎郡体育協会30周年記念事業が神河町グリンデルホールで開催をされました。


 19日には人権交流集会が文化センターで開催をされております。


 24日には文化センターにおいて市川文化祭美術展が開催され、同日、神崎郡全議員研究会が保健福祉センターで開催をされております。


 26日には岩手県盛岡市で開催をされました全日本合唱コンクール全国大会で市川中学校合唱部が見事銅賞に輝きました。


 また、31日には人権教育実践発表会が福崎町で開催をされました。


 11月に入りまして、3日に芸能発表会が文化センターで開催、また、8日には人権文化実践発表会ヒューマンフェスティバルが鶴居小学校で開催をされております。


 9日には山崎断層の地震を想定しました瀬加地区地域防災力強化訓練を旧瀬加中学校体育館を主会場として実施をしております。


 10日から19日まで、姉妹都市でありますポートタウンゼント市の中学生及び随行の教師含めて10名が市川町を表敬訪問し、交流を深めております。


 15日にはJA兵庫西市川支店の農業祭が文化センターで開催、翌16日には市川町体育館で町民卓球大会が開催され、同日、文化センターで市川町の商工祭が盛大に開催されました。また、このときにはひまりんダンスの披露も行われております。


 18日から19日にかけては東京で町村長大会が開催をされております。


 21日には兵庫県市町振興課の副課長、城下氏によります地方行財政の現状と課題について講演をいただきました。議員各位におかれましては、お忙しい中、御出席を賜り、ありがとうございます。


 25日には播但線事務主管者会議要望会に出席をいたしました。


 また、27日から28日にかけては区長会研修が鳥取県で開催をされております。


 以上、前回の議会以降の主な町の動きでございます。


 議員各位も御存じのとおり、国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所が発表しております市川町の人口は2040年には8,500人を下回り、大幅に減少するという予想が出ております。また、あわせて高齢化率も非常に高くなるというふうに言われております。市川町は、財政につきましても交付税の依存率が非常に高く、税収も今後大きく見込めない中、多くの懸案事項を抱える市川町におきましては、大変厳しい財政状況下にあることは議員各位におかれましても御存じのことと思います。先ほど申しました21日に開催をいたしました兵庫県市町振興課の副課長の講演の中にもありましたように、今後、多額の投資を必要とする事業、建設投資につきましては特に、人口減少を見据え、計画的かつ効果的に行うため、既存の計画の見直し、変更を行わなければならないと考えております。今後とも住民の皆様に町の財政状況を説明するとともに、情報開示をしながら、しっかりと理解をしていただきますよう努めていきたいと考えておりますので、御協力をよろしくお願いしたいと思います。


 今、ちなみにふるさと納税の状況でございますが、12月1日現在で申請件数が4,925件、額にして約1億1,580万円となっております。特に市川町産のお米とお肉に人気が集中しており、市川町といたしましては、今後も新しい特産品の発掘とPRに力を注いでまいりますので、議員各位におかれましても御協力をよろしくお願いしたいと思っております。


 これからは寒さがますます厳しくなりますが、議員各位におかれましてはますます御健勝で御活躍をいただきますよう祈念をいたしまして、私の開会の挨拶とさせていただきます。


○議長(岩見 武三君)


 町長の挨拶は終わりました。


 ただいまの出席議員は12人で、定足数に達しておりますので、平成26年第4回市川町議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告申し上げます。


 本日提案されます議案は、議案表のとおり、報告第9号、専決処分した事件の承認について外15件であります。


 地方自治法第121条第1項の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 本日の議事日程並びに今期定例会の運営については、11月26日に議会運営委員会を開催しました結果、御案内のとおりであります。御協力のほど、よろしくお願いします。


 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 議員派遣についてを議題とします。


 議員派遣については、お手元に配付のとおり、市川町議会会議規則第129条第1項ただし書きの規定により、議長において決定し、議員を派遣したので報告します。





◎日程第2.





 会議録署名議員の指名については、会議規則第127条の規定により、9番、堀田佐市君、10番、重里英昭君、以上両君にお願いいたします。





◎日程第3.





 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、本日より12月19日までの18日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、今期定例会の会期は、本日より12月19日までの18日間と決定しました。





◎日程第4.





 報告第9号及び報告第10号並びに議案第36号ないし第49号を一括議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岡本修平君。


○町長(岡本 修平君)


 本日、平成26年第4回市川町議会定例会に上程をしております報告並びに議案は、報告2件、議案14件でございます。それぞれ詳細につきましては担当より御説明をいたしますので、よろしく御審議をいただきますようお願いを申し上げます。


○議長(岩見 武三君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 おはようございます。


 それでは、報告第9号を説明いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔報告第9号 朗読〕


 以下、歳出事項別明細書の省略をさせていただきまして、概要説明にて説明いたします。


 ページをめくっていただきまして、補正予算書の概要説明をお願いいたします。議員におかれましては、予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 平成26年度市川町一般会計補正予算(第4号)概要説明。


 今回の補正予算は、市川中学校合唱部が岩手県盛岡市で開催される全日本合唱コンクール全国大会出場に伴う補正です。


 詳細については次のとおりです。歳出。予算書の4ページをごらんいただきたいと思います。総務費、財政調整基金費は、今回の補正に伴う財政調整基金積立金の減額です。2、教育費、中学校費の教育振興費は、市川中学校合唱部の全日本合唱コンクール全国大会出場に係る負担金補助及び交付金の補正です。


 以上でございます。御承認のほど、よろしくお願いいたします。


 引き続きまして、報告第10号を説明いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔報告第10号 朗読〕


 以下、歳入歳出の補正予算事項別明細書を省略させていただきまして、概要説明にて説明いたします。


 ページをめくっていただきまして、補正予算の概要説明をお願いいたします。議員におかれましては、予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 平成26年度市川町一般会計補正予算(第5号)概要説明。


 今回の補正は、総額1,060万4,000円の増額補正です。


 歳出は、衆議院の解散に伴う衆議院議員選挙費の補正です。財源は、県支出金を充てております。


 詳細については次のとおりです。歳入。予算書の6ページをお願いいたします。1、県支出金、総務費県委託金は、衆議院議員総選挙に係る衆議院議員選挙費委託金の補正です。


 歳出。予算書の7ページ、8ページをお願いいたします。1、総務費、衆議院議員選挙費は、衆議院議員総選挙に伴う報酬、職員手当、使用料及び賃借料等の補正です。


 以上でございます。御承認のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 教育課長、中塚君。


○(教育課長兼公民館長兼スポーツセンター所長)


 それでは、議案第36号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第36号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。概要説明でございます。


 本条例は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)及び子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の制定により、各施設の利用に係る費用は、市町村が定める額を利用者負担金として徴収するため、本条例を制定するものです。


 以下、制定内容を逐条で説明します。


 第1条は、趣旨について規定しております。


 第2条は、利用者負担額は政令で定める額を限度として規則で定めることについて規定しています。


 第3条は、利用者負担額の減免について規定しています。


 第4条は、他に必要な事項の規則への委任について規定しています。


 附則第1項は、施行期日について規定しています。


 附則第2項は、私立幼稚園の利用者負担額の経過措置について規定しています。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いします。


 次のページをお願いいたします。続きまして、議案第37号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第37号 朗読〕


 次のページをお願いします。概要説明です。


 本条例は、市川町子どものための教育・保育に関する利用者負担額を定める条例で幼稚園の利用者負担額を定めることに伴い、改正するものでございます。


 以下、改正内容を説明いたします。


 第4条は、保育料の規定で、幼稚園の利用者負担額は、市川町子どものための教育・保育に関する利用者負担額を定める条例に規定する額としています。


 附則は、施行期日について規定しております。


 次のページをお願いします。次のページは、市川町立幼稚園設置条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左側が現行、右側が改正案となっております。アンダーライン部分が今回の改正部分でございます。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


 続きまして、次のページをお願いいたします。議案第38号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読します。


 〔議案第38号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。概要説明でございます。


 本条例は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の制定に伴い改正するものでございます。


 以下、改正内容を説明します。


 第1条は、目的及び設置の規定で、市町村は、子育て支援事業に関し必要な情報の提供に加え、必要な情報の収集を行うこととされたため、文言を追加するものです。


 附則は、施行期日について規定しています。


 次のページをお願いします。次のページは、市川町地域子育て支援センター設置条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左側が現行、右側が改正案でございます。アンダーライン部分が改正部分となっております。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 それでは、議案第39号を提案し、説明いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第39号 朗読〕


 以下、省略をさせていただきまして、概要説明にて説明いたします。ページをめくっていただきまして、概要説明をお願いいたします。


 概要説明。本条例は、人事院勧告による国家公務員の月例給及び勤勉手当の引き上げ等が国において閣議決定されたことに伴い、市川町職員の給与に関する条例の一部を改正するものです。


 第1条は、平成26年12月の勤勉手当として、同年6月分を含め12月に0.15月分を引き上げています。


 また、別表第1は給料表の改正で、若年層に重点を置いて平均0.3%を引き上げています。


 第2条につきましては、第1条で、平成26年6月分を含め12月で0.15月分を引き上げたものを平成27年度以降は6月と12月に均等に配分して引き上げるために改正するものです。


 附則第1項及び第2項は施行期日で、公布の日から施行し、第1条別表第1の給料表の改正は平成26年4月1日から、勤勉手当の改正については同年12月1日から適用します。ただし、第2条の規定は、平成27年4月1日から施行します。


 附則第3項は、給与の内払いについて規定をしております。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは、市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、第1条関係の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは、市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、第2条関係の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーライン部分が改正部分でございます。


 また、行政職の給料比較表も参考資料としてつけております。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


 ページをめくっていただきまして、議案第40号に入らせていただきます。


 議案第40号を提案し、説明いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第40号 朗読〕


 以下、省略をさせていただきまして、概要説明にて説明いたします。ページをめくっていただきまして、概要説明もお願いいたします。


 概要説明。本条例は、人事院勧告により国家公務員の月例給及び勤勉手当の引き上げ等が国において閣議決定されたことに伴い、特別職及び議会議員の期末手当を改正するとともに、町長及び副町長の給料月額において来年度も引き続き行財政改革による減額を実施するため改正するものです。


 第1条及び第2条は、市川町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例改正で、第1条は、平成26年12月の期末手当として、同年6月分を含めて12月に0.15月分を、基準日以前6カ月未満の在職者は期間に応じて引き上げています。


 第2条につきましては、第1条で平成26年6月分を含め12月で0.15月分引き上げたものを平成27年度以降は6月と12月に均等に配分して引き上げるため改正するものです。


 また、第2条附則第31項及び第32項は、行財政改革による町長、副町長の給料月額の減額を平成27年度においても行うため改正するものです。


 附則第31項は、平成27年度における町長の給料月額を14万9,400円、20%減額する特例を定めています。


 附則第32項は、平成27年度における副町長の給料月額を12万7,300円、20%減額する特例を定めています。


 第3条及び第4条は、市川町議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正で、特別職と同様、第3条において、12月で0.15月分を引き上げ、第4条において、27年度以降の期末手当を6月と12月に均等に配分して引き上げるための改正です。


 附則は施行期日で、公布の日から施行し、平成26年4月1日から適用します。ただし、第2条及び第4条の規定は、平成27年4月1日から施行します。


 次のページをごらんいただきたいと思います。次のページは、市川町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例、第1条関係の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページは、同じく市川町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例、第2条関係の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページは、市川町議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例、第3条関係、第4条関係の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーラインの部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 健康福祉課長、内藤君。


○(健康福祉課長兼保健福祉センター所長)


 それでは、議案第41号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第41号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。概要説明でございます。朗読をさせていただきます。


 本条例は、健康保険法施行令等の一部を改正する政令(平成26年政令第365号)により、出産育児一時金の総支給額については、産科医療補償制度掛金の引き下げに伴い、出産育児一時金の基本額を引き上げ、総支給額を現行の42万円に維持することとされたため、改正するものです。


 第11条第1項は、出産育児一時金を1万4,000円引き上げて40万4,000円に、産科医療補償掛金加算を1万4,000円引き下げて1万6,000円に改正するものです。


 附則第1項は施行期日で、平成27年1月1日から施行します。


 附則第2項は経過措置で、平成27年1月1日以降の出産から適用します。


 次のページをお開きください。このページは、市川町国民健康保険条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっております。また、アンダーライン部分が改正部分となっております。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。御承認賜りますよう、御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 住民税務課長、中岡君。


○(住民税務課長)


 それでは、議案第42号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第42号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。


 概要説明。本条例は、平成26年4月23日に公布された次代の社会を担う子どもの健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法等の一部を改正する法律(平成26年法律第28号)により、児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)が改正され、平成26年12月1日から施行されたことに伴い、改正するものです。


 附則第5条第7項第1号及び第2号は、上位法令の改正に伴う引用条文の改正です。


 附則は施行期日で、公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用します。


 次のページをお願いします。市川町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案でございます。アンダーライン部分が今回の改正部分でございます。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。以上です。


○議長(岩見 武三君)


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 それでは、議案第43号を提案し、説明いたします。


 まず、朗読いたします。


 〔議案第43号 朗読〕


 以下、歳入歳出補正事項別明細書は省略をさせていただきまして、概要説明にて説明いたします。ページをめくっていただき、補正予算の概要書をお願いいたします。議員におかれましては、予算書にあわせてごらんいただきたいと思います。


 平成26年度市川町一般会計補正予算(第6号)概要説明。


 今回の補正は、総額3億2,412万円の増額補正です。


 歳出の主なものは、人事院勧告による制度改正及び異動等に伴う人件費等、企画費、心身障害者福祉費、児童措置費、農業総務費、地域振興事業建設費、体育施設管理費、現年発生農林水産施設補助災害復旧費等の増額と財政調整基金費及びし尿処理費の減額補正です。これらの財源は、国、県支出金、寄附金、繰入金、町債等を充てております。


 詳細については次のとおりです。


 まず初めに、歳入でございます。予算書の9ページをあけていただきたいと思います。1、分担金及び負担金。民生費負担金の児童福祉費負担金は、児童数の増に伴う私立保育所の増額です。


 2、国庫支出金。民生費国庫負担金の社会福祉費負担金は、決算見込みによる障害者自立支援給付費負担金及び障害児施設負担金の増額です。また、児童福祉費負担金は、児童数の増に伴う保育所運営負担金の増額です。


 総務費国庫補助金の総務管理費補助金は、国の好循環実現のための経済対策として創設されたがんばる地域交付金の補正です。


 民生費国庫補助金の児童福祉費補助金は、決算見込みによる子育て世帯臨時特例給付金給付事業費補助金の増額と、地域子ども・子育て支援新事業への円滑な移行を図ることを目的とした保育緊急確保事業費補助金の補正でございます。


 次に、県支出金でございます。予算書の10ページをごらんいただきたいと思います。民生費県負担金の社会福祉費負担金は、決算見込みによる障害者自立支援給付費負担金及び障害児施設負担金の増額です。また、児童福祉費負担金は、児童数の増に伴う保育所運営費負担金の増額です。


 総務費県補助金の総務費補助金は、追加の決定を受けた市川町・姫路市・岐阜県中津川市の3市町による「運命の木」ゆかり3市町交流事業に伴うふるさとづくり推進事業補助金及び社会保障・税番号制度の導入に伴う税システムの整備に係る社会保障・税番号制度システム整備費補助金の増額と、県と市町村に共通する地域課題に対応した財政支援を行えるよう創設された市町振興支援交付金の補正と同交付金への組み替えによるコミュニティバス運行費補助金の減額です。


 民生費県補助金の社会福祉費補助金は、地域児童福祉事業等調査の実施に伴う社会福祉統計事務費交付金の補正と決算見込みによるこども医療費助成事業補助金の増額です。また、児童福祉費補助金は、保育緊急確保事業費補助金への制度変更に伴う地域子育て支援拠点事業補助金の減額及び一時預かり事業補助金の増額、また、私立保育所における保育士の処遇改善を図ることを目的とした保育士等処遇改善臨時特例事業補助金の補正です。


 予算書の11ページをごらんいただきたいと思います。衛生費県補助金の保健衛生補助金は、保育緊急確保事業費補助金への制度変更に伴う乳児家庭全戸訪問事業費補助金及び養育支援訪問事業費補助金の補正と追加内示に伴う自殺対策強化基金市町補助金の増額です。


 農林水産業費県補助金の農業費補助金は、危険ため池の耐震化対策整備計画策定に係る農村地域防災減災事業補助金と、屋形地区ほ場整備事業に伴う調査設計に係る農業水利施設保全合理化事業補助金及び交付決定による農地集積協力金交付事業補助金の補正です。また、林業費補助金は、事業量に増に伴う鳥獣被害防止総合支援事業補助金及び治山事業補助金の増額と、市町振興支援交付金への組み替えに係る特定外来生物被害対策事業補助金、シカ肉加工流通支援事業補助金、シカ緊急捕獲拡大事業補助金及びシカ有害捕獲専任班支援事業補助金の減額です。


 予算書の12ページをごらんいただきたいと思います。災害復旧費県補助金の農林水産施設災害復旧費補助金は、台風19号豪雨による現年発生農林水産施設災害復旧費補助金の補正です。


 4、寄附金。寄附金は、一般寄附金及びふるさと市川応援寄附金の増額です。


 5、繰入金。財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴う補正でございます。


 予算書の13ページをごらんいただきたいと思います。6、諸収入。雑入は、確定に伴う協働のまちづくり活動支援事業交付金の補正と図書館整備支援事業交付金の増額です。


 過年度収入は、前年度保育所運営費等国・県負担金の精算による増額です。


 7、町債。農林水産業債の農業債は、県営事業の事業量の増に伴う農地等保全管理事業債の補正です。


 教育債の中学校債は、決算見込みによる学校教育施設等整備事業債の減額です。


 予算書の14ページをごらんいただきたいと思います。災害復旧費は、台風19号豪雨による農林水産施設災害復旧費の補正です。


○議長(岩見 武三君)


 暫時休憩します。なお、再開予定は10時45分とします。


      午前10時30分休憩





      午前10時45分再開


○議長(岩見 武三君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 総務課長、平井君。


○(総務課長)


 それでは、引き続きまして、歳出のほうから入らせていただきます。


 まず初めに、概要説明のほうでいきます。概要説明で、人件費、普通会計分でございます。議員におかれましては、補正予算書の38ページをごらんいただきたいと思います。38ページの給与費明細書をごらんいただきたいと思います。


 38ページは給与費の明細書、特別職の分でございます。真ん中辺の給与費の期末手当のところをごらんいただきたいと思います。人事院勧告に伴い、期末手当の支給率が0.15月増額になることにより、補正前が3.90、補正後は4.05に変更になります。一番下の比較でございます。金額にいたしまして、長等が18万2,000円、議員が41万5,000円、長等の共済費が8万1,000円の増となり、合計67万8,000円の増額となります。


 引き続きまして、39ページをごらんいただきたいと思います。39ページは一般職の給与費明細書でございます。


 まず初めに、総括でございます。総括で、補正後、補正前の比較で、このたび人事院勧告及び人事異動に伴い、職員数が1名増、給料が605万4,000円、職員手当が1,181万1,000円、共済費が405万2,000円で、合計2,191万7,000円の増額となります。その下の職員手当の内訳はごらんいただきたいと思います。


 そして、42ページをお開き願いたいと思います。42ページの真ん中の期末手当、勤勉手当でございます。制度改正によりまして支給率が0.15カ月増になることにより、補正前が3.95、補正後が4.10カ月に変更になります。以下については、給与費明細については後ほどごらんいただきたいと思います。


 それでは、引き続きまして、歳出の説明に入らせていただきます。補正予算書の17ページをあけていただきたいと思います。


 総務費。一般管理費は、要望増に伴う部落集会所整備事業補助金の増額でございます。


 続きまして、文書広報費は、郵便後納料に不足が生じるための役務費の増額です。


 会計管理費は、ふるさと市川応援基金の増に伴う郵便振替手数料の増額です。


 財産管理費は、国庫補助金等の補正による財源内訳の変更です。


 予算書の18ページをごらんいただきたいと思います。企画費は、決算見込みによるふるさと応援寄附金記念品、送料、ふるさと市川応援基金積立金等の増額とクレジット決済及びふるさと納税ホームページ使用料の補正です。


 財政調整基金費は、今回の補正に伴う財政調整基金積立金の減額です。


 19ページをごらんいただきたいと思います。19ページ、ふるさとづくりの推進事業費は、市川町・姫路市・岐阜県中津川市の3市町による「運命の木」ゆかり3市町交流事業に係る需用費、委託料及び原材料費の補正です。


 20ページをごらんいただきたいと思います。賦課徴収費は、社会保障・税番号制度の導入に係るシステム作成委託料の増額です。


 3、民生費でございます。21ページをごらんいただきたいと思います。社会福祉総務費は、今回の補正による国民健康保険特別会計及び後期高齢者医療特別会計への繰出金の増額と介護保険事業特別会計繰出金の減額です。


 22ページをごらんいただきたいと思います。医療助成費は、決算見込みによる医療扶助費のこども医療分の増額です。


 国民年金事務費は、システム更新により電算等システム使用料からシステム作成委託料へ組み替えたことによる増減です。


 23ページをごらんいただきたいと思います。心身障害者福祉費は、決算見込みによる介護サービス給付費及び障害児福祉サービス給付費の増額です。


 24ページをごらんいただきたいと思います。児童福祉総務費は、要望増による防犯灯設置補助金及び防犯カメラ設置補助金の増額です。


 25ページをごらんいただきたいと思います。


 保育所費は、私立保育所における保育士の処遇改善を図ることを目的とした保育士等処遇改善臨時特例事業補助金の補正です。


 児童措置費は、措置児童数の増による保育所運営負担金の増額です。


 子育て世帯臨時特例給付費は、決算見込みによる子育て世帯臨時特例給付金の増額です。


 次に、衛生費でございます。26ページをごらんいただきたいと思います。


 予防費は、追加内示に伴う自殺対策強化基金事業に係る報償費、需用費及び役務費の増額です。


 27ページをごらんいただきたいと思います。母子衛生費は、県補助金の補正による財源内訳の変更です。


 ごみ処理費は、要望増に伴うごみステーション格納箱設置助成金の増額です。


 し尿処理費は、下水道事業会計の補正に伴う補助金の減額です。


 次に、農林水産業費、29ページをごらんいただきたいと思います。農業総務費は、事業量の増等に伴う県営事業負担金と要望増に伴う農業施設整備事業補助金の増額です。


 農業振興費は、交付決定に伴う機構集積協力金推進事業に係る需用費の増額です。


 地域振興事業建設費は、農村地域防災減災事業(危険ため池の耐震化対策整備事業)及び農業水利施設保全合理化事業(屋形地区ほ場整備事業)に係る調査設計委託料の補正です。


 30ページをごらんいただきたいと思います。林業振興費は、治山事業の事業量の増に伴う工事請負費の増額と確定によるシカ緊急捕獲拡大事業負担金及び追加要望に伴う鳥獣被害防止総合支援事業補助金の増額です。


 次に、消防費でございます。32ページをごらんいただきたいと思います。非常備消防費は、消防車購入及び共済事業により交付された消防指令車に係る役務費と公課費の増額です。


 消防施設費は、追加要望による消防車等購入費の増額です。


 次に、教育費でございます。33ページをごらんいただきたいと思います。事務局費は、今回の補正による学校給食特別会計繰出金の増額です。


 次に、36ページをごらんいただきたいと思います。36ページ、図書館費は、雑入の補正に伴う財源内訳の変更です。


 体育施設管理費は、町スポーツセンター体育館及び武道館の耐震診断委託料の補正です。


 次に、災害復旧費でございます。36ページ、37ページをお願いいたします。現年発生農林水産施設補助災害復旧費は、台風19号豪雨により農林水産施設が被害をこうむったことによる職員手当、委託料、工事請負費等の補正です。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 教育課長、中塚君。


○(教育課長兼公民館長兼スポーツセンター所長)


 それでは、議案第44号を提案し、説明をいたします。学校給食特別会計の1ページをごらんいただきたいと思います。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第44号 朗読〕


 続きまして、4ページ以降につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので、省略をさせていただきまして、別冊の補正予算の概要説明書により説明をいたします。議員の皆様には補正予算書を見ながらお願いをしたいと思います。


 補正予算概要説明書の7ページをお願いいたします。平成26年度市川町学校給食特別会計補正予算(第1号)概要説明。


 今回の補正は、人事院勧告による制度改正に伴う人件費と事業費の増額補正です。


 歳入。補正予算書では6ページになっております。一般会計繰入金は、今回の補正に伴う増額でございます。繰越金は、前年度繰越金の増額です。


 歳出。補正予算書は7ページとなっております。総務費の一般管理費は、人事院勧告による制度改正に伴う人件費の増額でございます。内訳は、給料16万9,000円、職員手当等62万1,000円、共済費33万1,000円の増額で、合計112万1,000円の増額となっております。事業費は、給食材料費の増額でございます。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 健康福祉課長、内藤君。


○(健康福祉課長兼保健福祉センター所長)


 それでは、議案第45号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読させていただきます。


 〔議案第45号 朗読〕


 4ページ以下につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので、省略をさせていただきます。


 別冊の概要説明書をもって説明させていただきます。概要説明書は8ページとなっております。ごらんいただきたいと思います。平成26年度市川町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)概要説明でございます。


 今回の補正は、人事院勧告による制度改正及び異動等に伴う人件費の増額補正でございます。議員各位におかれましては、補正予算書とあわせてごらんいただきたいと思います。


 まず、歳入でございます。補正予算書は6ページとなっております。一般会計繰入金は、今回の補正に伴う職員給与費等繰入金の増額でございます。


 続きまして、歳出でございます。補正予算書7ページでございます。総務費の一般管理費は、制度改正及び異動等に伴う人件費の増額でございます。内訳は、給料53万2,000円、職員手当等52万8,000円、共済費39万円の増額で、合計145万円の増額でございます。


 それでは、国民健康保険特別会計の補正予算書の8ページをお願いしたいと思います。8ページは給与費明細書でございます。総括欄をごらんいただきたいと思います。職員数について、補正前と同じでございます。給与改定及び異動等に伴う変更になっております。給与費につきましては、給料53万2,000円、職員手当52万8,000円、共済費39万円、合計145万円の増額となっております。


 これより以下、職員手当の内訳、給料及び職員手当の増減額の明細、そして次の9ページは給料及び職員手当の状況となっておりますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 それでは、引き続きまして、介護保険事業特別会計補正予算書をお開きいただきたいと思います。議案第46号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第46号 朗読〕


 次の4ページ以下につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので、省略をさせていただきます。


 別冊の概要説明書をもって説明させていただきます。概要説明書は9ページとなっております。ごらんいただきたいと思います。平成26年度市川町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)概要説明でございます。


 今回の補正は、主に人事異動等に伴う人件費の減額補正でございます。


 まず、歳入でございます。補正予算書は6ページとなっております。一般会計繰入金は、今回の補正に伴う職員給与費等繰入金の減額でございます。


 続きまして、歳出でございます。補正予算書は7ページ、8ページとなっております。総務費は、主に人事異動等に伴う人件費の減額でございます。内訳は、給料104万4,000円、職員手当22万8,000円、共済費40万6,000円で、合計167万8,000円の減額でございます。地域支援事業費は、人事院勧告による制度改正及び異動等に伴う人件費の増額でございます。内訳は、給料13万9,000円、職員手当23万5,000円、共済費7万8,000円で、合計45万2,000円の増額でございます。


 それでは、介護保険事業特別会計補正予算書の9ページをお願いしたいと思います。9ページは給与費明細書でございます。総括欄をごらんいただきたいと思います。職員数につきましては、1名減となっております。給与改定及び異動等に伴う変更でございます。給与につきましては90万5,000円の減、職員手当は7,000円の増、共済費は32万8,000円の減、合計122万6,000円の減額でございます。


 これより以下、職員手当内訳、給料及び職員手当の増減額の明細、そして10ページの給料及び職員手当の状況となってございます。後ほどごらんいただきたいと思います。


 引き続きまして、後期高齢者医療特別会計補正予算書をお開きいただきたいと思います。議案第47号を提案し、説明いたします。


 まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第47号 朗読〕


 次の4ページ以下につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書となっておりますので、省略をさせていただき、別冊の概要説明書で説明をさせていただきます。概要説明書は10ページでございます。平成26年度市川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)概要説明でございます。


 今回の補正は、人事院勧告による制度改正等に伴う人件費の増額補正でございます。


 まず、歳入でございます。補正予算書は6ページとなっております。一般会計繰入金は、今回の補正に伴う職員給与費等繰入金の増額でございます。


 続きまして、歳出でございます。補正予算書は7ページとなっております。総務費の一般管理費は、制度改正等に伴う人件費の増額でございます。内訳は、給料2万2,000円、共済費2万5,000円の増額と職員手当2万6,000円の減額で、合計2万1,000円の増額でございます。


 それでは、後期高齢者医療特別会計補正予算書の8ページをお願いしたいと思います。8ページは給与費明細書でございます。総括欄をごらんいただきたいと思います。職員数につきましては、補正前と変わりございません。給与改定及び通勤手当減に伴う変更となっております。給与につきましては2万2,000円の増、職員手当は2万6,000円の減、共済費は2万5,000円の増、合計2万1,000円の増額でございます。


 これより以下は、職員手当の内訳、給料及び職員手当の増減額の明細、そして9ページの給料及び職員手当の状況となっております。後ほどごらんいただきたいと思います。


 御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 建設課長、尾花君。


○(建設課長)


 議案第48号を提案し、説明をいたします。


 まず、朗読をいたします。


 〔議案第48号 朗読〕


 次のページをお開きください。4ページでございます。平成26年度市川町下水道事業会計補正予算(第1号)実施計画でございます。補正予算の概要説明書により説明をさせていただきます。別冊の概要説明書11ページをごらんいただきたいと思います。平成26年度市川町下水道事業会計補正予算(第1号)概要説明でございます。議員の皆様におかれましては、補正予算書の実施計画とあわせてごらんいただきたいと思います。


 今回の補正は、主に人事異動等に伴う人件費の増額と交付金事業の事業内容の変更に伴う事業費の減額補正です。


 収益的収入及び支出。収入でございます。補正予算書は4ページをごらんいただきたいと思います。下水道使用料は、決算見込みによる減額です。補助金は、今回の補正に伴う他会計補助金の増額です。


 支出。同じく補正予算書は4ページでございます。処理場費は、遠方監視装置の通信用専用回線が不要になったことによる減額と処理場等電気代の増に伴う増額です。総係費は、主に職員の異動等に伴う給料、手当、法定福利費の増額と会計システム保守委託料の増額及び兵庫県土地改良事業団体連合会特別賦課金の精算による減額です。


 補正予算書は5ページをごらんいただきたいと思います。支払い利息及び企業債取扱諸費は、起債等の減額に伴う利息の減額です。


 資本的収入及び支出。収入でございます。補正予算書は同じく5ページでございます。企業債は、事業内容の変更に伴う公共下水道事業債の減額と農業集落排水事業債の増額です。国庫補助金は、内示減額に伴う減額です。他会計補助金は、今回の補正に伴う減額です。工事負担金は、賦課対象区域の見直しによる受益者分担金の減額です。


 支出でございます。管渠整備費は、職員の異動等に伴う給料、手当、法定福利費の増額と国庫補助金の内示額減に伴う委託料、工事請負費、補償費の減額です。


 概要説明は以上でございます。


 再度補正予算書7ページをお開きいただきたいと思います。平成26年度市川町下水道事業予定キャッシュフロー計算書でございます。後ほどごらんいただきたいと思います。


 次のページをお開きください。平成26年度市川町下水道事業予定損益計算書、平成26年4月1日から平成27年3月31日までのものでございます。下から4行でございますが、当年度純損失1億4,876万8,000円の予定でございます。当年度繰越欠損金7億6,669万6,630円、その他未処分利益剰余金変動額が2,606万2,147円でございます。これらを合わせまして、当年度未処理欠損金は8億8,940万2,483円の予定となってございます。


 続きまして、9ページ、平成26年度市川町下水道事業予定貸借対照表でございます。後ほどごらんいただきたいと思います。


 2ページ開いていただきまして、12ページでございます。給与費の明細書でございます。補正後、損益勘定支弁職員数3名、資本勘定支弁職員数2名、合計5人につきましては変更はございません。給与費につきましては259万円の増、法定副利費91万8,000円の増、合計350万8,000円の増額となってございます。


 次に、手当の内訳でございます。扶養手当6万円の増、通勤手当2万円の増、期末・勤勉手当110万7,000円の増となってございます。


 次のページ、13ページでございます。給料及び手当の増減額の明細、ごらんいただきたいと思います。


 中ほど以降につきましては、給料及び手当の状況、後ほどごらんをいただきたいと思います。


 以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 水道局長、高松君。


○(水道局長)


 議案第49号を提案し、説明いたします。


 朗読いたします。


 〔議案第49号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。平成26年度市川町水道事業会計補正予算(第1号)実施計画でございます。補正予算書の概要説明書により説明させていただきます。概要説明書の12ページ、一番最後のページでございます。補正予算の実施計画とあわせてごらんいただきたいと思います。朗読いたします。


 平成26年度市川町水道事業会計補正予算(第1号)概要説明。


 今回の補正は、給水量の減による給水収益の減額と異動等に伴う人件費の減、修繕費、手数料等の減、動力費等の増、建設改良費の起債の増、工事負担金の減額補正です。


 収益的収入及び支出。収入。給水量の減による給水収益の減です。


 支出。異動、給与改定、制度改正の給料、手当、法定福利費の減額で、給料384万6,000円、手当128万2,000円、法定福利費176万円の減額です。修繕費、水質検査手数料、路面復旧費、賃借料、企業債利息等の精査による減額と賃金、動力費、材料費の増額です。


 資本的収入及び支出。補正予算書の7ページでございます。収入。下水道事業等に係る工事負担金の減額と工事負担金の減による石綿管更新事業の起債借り入れの増額です。


 支出。異動と制度改正による給料、手当、法定福利費の増額で、給料42万2,000円、手当63万2,000円、法定福利費35万6,000円の増額です。


 補正予算書の8ページに戻っていただきたいと思います。補正予算書の8ページをお願いいたします。平成26年度市川町水道事業予定キャッシュフロー計算書でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。給与費明細書でございます。総括の比較の欄の合計のみを朗読いたします。職員数、一般職1人減。給与費、給料342万4,000円の減、手当94万4,000円の減、計436万8,000円の減、法定福利費136万4,000円の減、合計573万2,000円の減。


 次のページをお願いいたします。10ページでございます。給料及び手当の増減額の明細、給料及び手当の状況でございます。ごらんいただきたいと思います。


 続きまして、14ページをお願いいたします。平成26年度市川町水道事業予定損益計算書でございます。平成26年4月1日から平成27年3月31日まででございます。下から4行目より朗読いたします。当年度純損益が895万8,000円の予定でございます。前年度繰越利益剰余金3,173万9,960円、その他未処分利益剰余金変動額2億3,110万7,943円、当年度未処分利益剰余金2億5,388万9,903円でございます。


 次のページをお願いいたします。平成26年度市川町水道事業予定貸借対照表でございます。ごらんいただきたいと思います。


 18ページをお願いいたします。財務諸表等に係る注記でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。


○議長(岩見 武三君)


 以上で説明は終わりました。


 質疑は9日の本会議で行います。


 以上で本日の日程は終わりました。


 明3日より議案熟読のため本会議を休会し、12月9日午前9時30分に再開したいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、そのように決定いたします。


 本日はこれで散会します。早朝より御苦労さんでした。


     午前11時33分散会